JPH08308424A - 磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床 - Google Patents

磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床

Info

Publication number
JPH08308424A
JPH08308424A JP7122099A JP12209995A JPH08308424A JP H08308424 A JPH08308424 A JP H08308424A JP 7122099 A JP7122099 A JP 7122099A JP 12209995 A JP12209995 A JP 12209995A JP H08308424 A JPH08308424 A JP H08308424A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
aquaculture
juveniles
blade
magnetizing
bed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7122099A
Other languages
English (en)
Inventor
Keigo Matsumoto
啓吾 松本
Original Assignee
Keigo Matsumoto
Sasaki Shoko Kk
佐々木商工株式会社
啓吾 松本
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Keigo Matsumoto, Sasaki Shoko Kk, 佐々木商工株式会社, 啓吾 松本 filed Critical Keigo Matsumoto
Priority to JP7122099A priority Critical patent/JPH08308424A/ja
Publication of JPH08308424A publication Critical patent/JPH08308424A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A40/00Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production
    • Y02A40/80Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production in fisheries management
    • Y02A40/81Aquaculture, e.g. of fish

Abstract

(57)【要約】 【目的】 貝類の稚貝を磁力に依る成長の促進と死角の
ない構造で、稚貝が養殖床のどの部分に付着しても成育
が良好な養殖方法。 【構成】 主軸に任意の角度に小幅の板状ボンド磁石を
多数取付て成り立つ。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は養殖真珠に関するもので
ある。
【従来の技術】
【0002】養殖真珠の母貝としてクロチョウ貝、シロ
チョウ貝、マベ貝、アコヤ貝等があるが、アコヤ貝の例
を記す。アコヤ貝の母貝を得る方法は3つある。 (1)天然に成長したアコヤ貝の母貝を採集する方法。 (2)杉の葉束や合成樹脂の各種採苗器を、海中に漬け
天然の稚貝を採取して、母貝迄育てる方法。 (3)選別された成貝を用い、放卵、受精、幼生を経て
成長した稚貝を、種苗として購入し、母貝まで育てる方
法。 があるが、現在でも一部で(2)の方法が使用されてい
るが、主流は(3)の方法である。
【0003】通常30cm角位の農業用黒色遮光網の様
な物に、多数の稚貝が付着した市販の種苗を購入し、温
度が18度〜20度の海水中の中に稚貝が脱落しない程
度の細かい篭網の中にビニール被覆した金属フレームを
入れ、その中に前記の種苗を吊り下げ、種苗を囲む様に
特開平1−317347号公報に開示の貝類の養殖床及
び養殖方法の養殖床を取り付けると、稚貝は種苗を離れ
て、養殖床に移り付着する。当初は、稚貝が一面に付着
した養殖床も稚貝が成長すると過密になり、当初取り付
けた養殖床の半分を他の養殖床に移し、新しい養殖床を
交互に取り付けると、稚貝は最適生活密度を求めて移動
し、新しい養殖床と元の養殖床とほぼ均一に分散して付
着する。
【0004】この様な事を繰り返して、約1ケ月位で稚
貝を人手で強制的に採り出し、プラスチック製杉葉型養
殖床(未出願、図示なし)が多数入った篭に移すと、稚
貝は自力で移動して篭の内面やプラスチック製杉葉型養
殖床に付着する。プラスチック製杉葉型養殖床は、初め
に記述した特開平1−317347号公報の貝類の養殖
床及び養殖方法の提案に比べ、葉が短く、硬く、疎に葉
が成形されており、稚貝が付着する場所が少ないため、
過密になりにくいので、稚貝の成長には良い利点があ
り、多く使用されている。
【発明が解決しようとする課題】
【0005】前記特開平1−317347号公報の貝類
の養殖床及び養殖方法の養殖床(1)に種苗より初めて
移着した時は稚貝の大きさは0.5mm位と小さいた
め、養殖床(1)の小片(10)の全面に付着する
が、、少し稚貝が成長して大きくなると、過密状態にな
るので、養殖床(1)の半分を別の篭に移し、新しい養
殖床(1)を交互に並べる。稚貝の成長を見ながら、こ
の様な事を3回位繰り返して、稚貝が5mm位になる
と、人手で稚貝を採り、新しいプラスチック製杉葉型養
殖床(図示なし)に移す。この折り、稚貝と一緒に養殖
床(1)の針金(4)より、小片(10)が多く抜ける
欠点があった。これは針金(4)で撚り合わせてある構
造に問題がある。又、小片(10)の先端部分に稚貝が
付着しやすく、又、集まる習性がある。この先端部分に
付着した稚貝は、成長が良いが、内側に付着した稚貝は
成長が悪く、奥の方に付着した稚貝は更に成長が悪く、
成長状態にばらつきが大きく出る欠点があった。
【0006】プラスチック製杉葉型養殖床(図示なし)の
形は、天然の杉葉を模しており、葉の長さと幅が天然杉
葉の2倍以上あるが、成形の都合で、葉の取り付けが疎
にしか製造出来ないため養殖床を、多く使用しなければ
ならない。これは稚貝の付着する場所が少ないので、多
く使用れば海水の流入が悪くなるので、稚貝の成長が悪
くなる。好ましい状態にすると、養殖床と篭が多く必要
となり、資材のコストが高くなると言う欠点がある。
【0007】前記特開平1−317347号公報記載の
養殖床も、プラスチック製杉葉型養殖床も共に、昔から
行われていた天然の杉葉の束で採苗して、稚貝を養殖し
ていた杉葉を、プラクチックの小片(10)や杉葉型の
造花に替えただけで、何らかの新規な技術的思考が入っ
ていなかった。
【課題を解決するための手段】
【0008】本発明では新しい技術として、磁力を用い
稚貝の成長を促進する事と、着磁羽根の簡単な構造を特
徴とした。磁力が稚貝に及ぼす効果のメカニズムは学術
的にはまだ解明されていないが、海水中の溶存酸素量が
多くなると思われる。
【0009】この発明を図により説明をすると、図2は
請求項3記載の養殖床(5)の切欠拡大斜視図である。
図2の形の養殖床(5)を用いたのが図1で篭網(1)
を透視して内部を展示してある。またこの図2の変形が
図3である。金属芯(9)は鉄線、銅線、合金線が使わ
れるが、通常亜鉛メッキ鉄線が使われている。被覆樹脂
(8)は黒色のポリエチレンが好ましい。磁気羽根(1
1)は黒色のポリエチレンに、永久磁石粉末を多量に配
合したものを、押出成形でテープ状に成形したものを用
いる。永久磁石粉末の配合量を増やすと、成形品の表面
が粗面になる。又ゴム着磁羽根(13)も永久磁石粉末
を大量に配合してあるので粗面になり、稚貝が付着しや
すい。稚貝の生根はポリエチレン単体の平滑な面であっ
ても良く付着するが、粗面の方が更に付着しやすく少々
の振動でも脱落することがない。養殖床(5)の形式は
請求項3の養殖床が好ましいが、漁場の条件により、請
求項4記載の養殖床や、請求項5及び請求項6記載の多
段型養殖床も利用出来る。
【0010】養殖床(5)を包む篭網(1)の目合い
は、稚貝が通り抜けない程度の目合の網を選択して使用
されている。従来品は天然杉葉を、プラスチックに変え
ただけの発想に対し、本発明は磁力と形態の異なった新
しい視点からの発想が本発明の特徴である。
【作用】
【0011】図1は請求項3記載の養殖床(5)を取り
付けた篭の内部斜視図である。薄い板状の着磁羽根(1
1)は主軸(7)より斜めに、上下両方に交互に出てい
るので、養殖床(5)を水平に重ねて置いても立体的で
ある為、大きな空間が出来る。空間が多いと海水の流通
も良く、下側に付着した稚貝も上側と変わらず成長が良
い。着磁羽根(11)は細かく多段着磁してあるので、
着磁羽根(11)同士が接触しても、消磁される事はな
い。
【0012】主軸(7)に金属芯(9)が入っているの
で、任意の角度、位置に曲げられるため、大変使いやす
い。成長した稚貝を養殖床(5)から人手で採る時は、
着磁羽根(11)の縦方向にしごけば簡単に採れる。こ
れは着磁羽根(11)の表面が平らで直線状で、簡単で
大きな立体構造と、材料のポリエチレンが好ましい硬さ
のため、稚貝を傷付ける事もなく養殖床(5)より取り
外せる。請求項4記載のゴム着磁羽根(13)の場合も
同様である。
【実施例1】
【0013】主軸(7)の金属線(9)は直径1.5mm
の亜鉛メッキ鉄線(銅、真鍮、ステンレス等の線材の事
もある)被覆樹脂(8)は低密度ポリエチレン(三井石
油化学工業株式会社製商品名ウルトゼックス3021
F)に黒色顔料を2部配合し押出成形機で幅8mm、厚
さ2.5mmの楕円形の被覆成形品を作り、長さ45c
mに切断した。 着磁羽根(11)は押出成形機のノズ
ルをスリット型にして、樹脂は低密度ポリエチレン(三
井石油化学工業株式会社製、商品名:ミラソンNE02
3H)に永久磁石粉末フェライトを70部混合したペレ
ットに、黒色顔料ペレット2部を加えて押出成形機にて
幅25mm、厚さ1.5mm、長さ150mmの着磁羽
根(11)の素材を作り、着磁機により任意の磁力に両
面に多極着磁し、主軸(7)の上に、これを並べて、超
音波ウエルダで融着すると、接着部(10)を介してで
主軸(7)の一面に接着する。この時の融着熱を利用し
て着磁羽根(11)を上下とも90度の角度に固定する
と図2の養殖床(5)が出来る。この時、角度を変える
と図3の養殖床(5)が出来る。
【0014】図4は着磁羽根(11)の角度を示す側面
図で、11aと11bは約90度、11cと11dは約
90度、11aと11cも90度と各着磁羽根(11)
は90度の角度にした。又両面多極着磁状況をNSで表
示してあり磁力は平均320ガウスである。この様にし
て作られた養殖床(5)を図1の如く篭の中のフレーム
(3)の中心に種苗(4)を吊り下げ、囲む様に養殖床
(5)を配置し、外側を篭網(1)で包み、ロープ
(2)で海水中に吊り下げる。2日程で、稚貝は養殖床
(5)の全面に付着する。この頃の稚貝は0.5mm前
後であるので、篭網(1)の目合いは40目で稚貝が脱
落しない目合である。 1週間位経過すると、稚貝が成
長し、フレーム(3)に養殖床(5)を付けたまま24
目の篭網(1)と取り替える。この事により海水の流通
が良くなり、稚貝の成長も良くなると過密になるので、
稚貝の成長を見計らって、約半数の養殖床(5)を取り
出し、新しいフレーム(3)の入った篭網(1)の中
に、稚貝の付いた古い養殖床と新しい養殖床(5)を交
互に入れる。
【0015】始めのフレーム(3)には新しい養殖床
(5)を取り去った数だけ新しい養殖床(5)を追加す
る。この様な事を数回繰り返す。この間に篭網(1)の
目合いは1分目、1.5分目、2分目、3分目と稚貝の
脱落しない程度の網と取り替える。約2ケ月で15mm
位の大きさに育つと養殖床(5)をフレーム(3)より
取り外して人手で稚貝を採り、提灯篭の中へ直接入れ
る。稚貝の成長に従い網目の大きい篭に入れ替えなが
ら、以後約2年で成貝となり、真珠養殖業者に母貝とし
て出荷される。
【実施例2】
【0016】着磁羽根(11)は実施例1の材質は熱可
塑性樹脂のポリエチレンに永久磁石粉末を混入してあっ
た為、着磁羽根(11)が接着部(10)の融着熱で軟
化するので、着磁羽根(11)を任意の角度に固定出来
るが、ゴムを材料としたゴム磁石羽根(13)の場合
は、加熱しても軟化せず、強く加熱すると分解して磁性
を失う性質があるが、手作りの為に小ロットの製品や着
磁方法に変化を付けたりした、細かい対応が出来る利点
があるので大変便利である。
【0017】ゴム磁石板は通常1m又は、500mmの
幅で、厚さは0.5mmないし3mm、長さが10m位
を1単位で作られる。養殖床の場合は厚さ2mm、幅2
5mmに切って、長さは150mmに切ったゴム磁石羽
根(13)は平均400ガウスのものを、線径1mmの
被覆金属線(12)(鉄線、銅線は錆びるので、樹脂に
より被覆する。)を2本撚り合わせ、ゴム磁石羽根(1
3)を締め付け部(14)を介して直交に19枚連設
し、終わりは又被覆線のみ撚り合わし、全長45cmに
した。使用状況では前記実施例1記載と同様な結果が得
られた。
【発明の効果】
【0018】本発明は始めに使用した養殖床(5)か
ら、稚貝の適性生活密度を保つ様に成長に合わて、新し
い養殖床(5)を入れ替え補充するだけで、稚貝は自力
で新しい養殖床を移動するので、始めに使用した養殖床
(5)は、養殖床(5)が不要な大きさに成長するまで
使用できる。その間、網目を成長に合わせて大きい目合
に替えるだけで良い。本養殖床(5)は前記従来品に比
べて着磁羽根(11)の幅が広く長いのと、図4に示す
如く各羽根の間に死角がなく、皆均一な空間があるの
で、海水の流通が良く、磁力の作用と併せて酸素やプラ
ンクトンが平均して、稚貝に接するので稚貝の成長が促
進される。貝の成長は稚貝の初期段階で優良な稚貝を得
る事が、2年後の良好な母貝に育てるために大変重要で
ある。
【0019】磁力により稚貝の成長が良くなるのは、理
論的に解明されていないが、従来の養殖床の場合、1.
5cmの大きさまで育つ確率が約30%であったが、本
発明では約50%まで改善され、さらに内容的にみて
も、大きさが揃っており、大変健康状態が良いと思われ
た。本養殖床(5)はプラスチックやゴムが主要材料で
あるため、腐食する事がないので、何度でも使用できる
利点があり、経済効果は多大である。この技術は他の貝
類の養殖に広く利用出来ると予想される。
【図面の簡単な説明】
【図1】 養殖床(5)を用いた篭の内部の展開説明図
【図2】 養殖床(5)の一部切欠拡大斜視図
【図3】 他の養殖床(5)の一部切欠拡大斜視図
【図4】 着磁羽根の側面拡大図
【図5】 金属線で直交連設したゴム磁石羽根(13)
の養殖床(5)の斜視図
【図6】 多段型養殖床の斜視図
【符号の説明】
1 篭網 2 ロープ 3 フレーム 4 種苗 5 養殖床 6 副軸 7 主軸 8 被覆樹脂 9 金属芯 10 接着部 11 着磁羽根 11a 着磁羽根 11b 着磁羽根 11c 着磁羽根 11d 着磁羽根 12 被覆金属線 13 ゴム磁石羽根 14 締付部 15 副軸(6)と主軸(7)の接着部

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 着磁羽根(11)を有する養殖床(5)
    を用いて磁力により、稚貝の成長を促進させる養殖方
    法。
  2. 【請求項2】 着磁羽根(11)の材質はゴム又は合成
    樹脂に、永久磁石材料の粉末の混練物により成形された
    薄板片の片面、又は両面に着磁を施されている事を特徴
    とする養殖床。
  3. 【請求項3】 金属芯(9)と被覆樹脂(8)よりなる
    主軸(7)の片面又は両面に着磁羽根(11)を接着部
    (10)を介して形成した事を特徴とする養殖床。
  4. 【請求項4】 2本の金属線又は被覆金属線(12)の
    間に、ゴム着磁羽根(13)を交互に締付部(14)を
    介して、交直連設する事を特徴とした養殖床。
  5. 【請求項5】 金属線又は被覆金属線(12)を2本撚
    り合わせ、その間に任意の位置に請求項3、及び請求項
    4記載の養殖床を固定する事を特徴とする多段型養殖
    床。
  6. 【請求項6】 金属芯(9)に合成樹脂被覆(8)した
    副軸(6)の任意の位置に請求項目3、及び請求項4記
    載の養殖床を接着部(15)を介して形成した事を特徴
    とする多段型養殖床。
JP7122099A 1995-05-22 1995-05-22 磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床 Granted JPH08308424A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7122099A JPH08308424A (ja) 1995-05-22 1995-05-22 磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7122099A JPH08308424A (ja) 1995-05-22 1995-05-22 磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08308424A true JPH08308424A (ja) 1996-11-26

Family

ID=14827628

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7122099A Granted JPH08308424A (ja) 1995-05-22 1995-05-22 磁性養殖床による稚貝の養殖方法及び養殖床

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08308424A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101419114B1 (ko) * 2012-05-16 2014-07-14 박송범 가두리방식의 해삼양식장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101419114B1 (ko) * 2012-05-16 2014-07-14 박송범 가두리방식의 해삼양식장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105379646B (zh) 一种小龙虾养殖池塘种植水稻的方法
Fisheries Aquaculture Department
CN104430079B (zh) 蔬菜、水稻、花卉种植与网箱套养结合的装置和方法
Hardy Scallop farming
CN102232362B (zh) 一种海马生态养殖方法
CN104823883A (zh) 一种罗氏沼虾虾苗的繁育方法
Coeroli et al. Recent innovations in cultivation of molluscs in French Polynesia
Ellenby Resistance to the potato-root eelworm
CN102077801B (zh) 一种海参养殖方法
CN104108797A (zh) 一种由水生动植物立体配置的水体净化系统及其净化方法
CN101035428B (zh) 饲养水生动物的方法
CN103975879B (zh) 一种贝壳金黄色速长葡萄牙牡蛎新品系的培育方法
CN103314902A (zh) 一种河蟹无公害池塘高效养殖方法
CN1826881A (zh) 河蟹养殖方法
CN100423634C (zh) 一种克氏原螯虾的稻田养殖方法
CN101347106A (zh) 一种海水池塘虾蟹贝立体化精养技术
CN102771422A (zh) 一种对虾精养池塘多元复合混养杂食性和肉食性鱼类的方法
CN101366363A (zh) 青虾规模化育苗方法
CN103636540B (zh) 一种长江刀鲚池塘大棚生态早繁方法
Khan et al. Seaweed mariculture: scope and potential in India
Heslinga et al. The domestication of reef-dwelling clams
NL1039058C2 (en) Phytoseiid predatory mite releasing system and method for production.
CN103222435B (zh) 一种金乌贼快速生长品系的选育方法
KR101768577B1 (ko) 로티퍼를 먹이생물로 하는 한해성 양식품종의 양식방법
CN103404470B (zh) 一种黄鳝网箱生态育苗的方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20060314

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Effective date: 20090129

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090210

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090511

A602 Written permission of extension of time

Effective date: 20090514

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Effective date: 20090810

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090810

A521 Written amendment

Effective date: 20090810

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090901

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20091201

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20091216

A521 Written amendment

Effective date: 20100301

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100803

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101203

A521 Written amendment

Effective date: 20101215

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20110112

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110621

A521 Written amendment

Effective date: 20110715

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20110802

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20110822

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140826

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150