JPH08243634A - Aluminum sheath press - Google Patents

Aluminum sheath press

Info

Publication number
JPH08243634A
JPH08243634A JP4859295A JP4859295A JPH08243634A JP H08243634 A JPH08243634 A JP H08243634A JP 4859295 A JP4859295 A JP 4859295A JP 4859295 A JP4859295 A JP 4859295A JP H08243634 A JPH08243634 A JP H08243634A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
container
aluminum
part
billet
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4859295A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shogo Matsuzaki
省吾 松崎
Original Assignee
Showa Electric Wire & Cable Co Ltd
昭和電線電纜株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide an aluminum sheath press where the squeezed aluminum flows well, the air inside a container is excellently discharged outside, the clearance of a filling port can be increased in size, and the air inside can be sufficiently discharged. CONSTITUTION: A first container heating means 23 and a second container heating means 24 are correspondingly provided on a first container part 21 and a second container part 22 of a container 20, and the temperature is controlled so that the temperature on the side of an aluminum billet 1a to be newly filled may be higher than the temperature on the side of an aluminum billet 2b which is already present. A tapered member 42 capable of being advanced or retracted in a slidably contacted manner with the tip part of a dummy block 40 is provided, and the tapered member 42 is retracted to increase the clearance when the new aluminum billet 1a is filled.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】 本発明は、アルミシースプレス機に関し、更に詳しくはコンテナ内の空気抜きが良好に行われる構造を備えたアルミシースプレス機に関するものである。 The present invention relates to relates to aluminum sheath press, and more particularly relates to an aluminum sheath press having a structure in which an air vent in the container is satisfactorily performed.

【0002】 [0002]

【従来の技術】 アルミシース電線を製造する場合、アルミシースプレス機を用いて概略次のようにして行われる。 BACKGROUND ART When producing an aluminum sheath wire is carried out as summarized below with reference to the aluminum sheath press. すなわち、図7は該アルミシースプレス機の一部を描いた模式図であるが、図において、所定温度、例えば430〜530℃に予備加熱されたアルミビレット1a That is, FIG. 7 is a schematic view depicting a portion of the aluminum sheath press, in FIG., A predetermined temperature, aluminum billet 1a preheated to e.g. four hundred and thirty to five hundred thirty ° C.
が、センタピース3を備えたコンテナ2内に、ダミーブロック4を介して油圧機のラム5により押し出され、図示の左右方向から装填される。 But in the container 2 provided with a center piece 3, pushed by the ram 5 of the hydraulic machine through a dummy block 4 is loaded from the left and right directions shown. 一方、センタピース3及びコンテナ2も所定温度、例えば500℃に加熱されており、コンテナ2内には前工程でのアルミビレット1b On the other hand, center piece 3 and the container 2 are also heated to a predetermined temperature, for example 500 ° C., the aluminum billet 1b in the step prior to the container 2
が残存している。 There has been remaining.

【0003】 次に、ダミーブロック4に押圧されたアルミビレット1aの先端部は、既にコンテナ2内に残存するアルミビレット1aの端部に押し付けられる。 [0003] Then, the distal end portion of the pressed aluminum billet 1a to the dummy block 4 is already pressed against the end of the aluminum billet 1a remaining in the container 2. さらにダミーブロック4により加圧力が加えられると、アルミビレット1aの先端部が潰れ、コンテナ2内に残存するアルミビレット1bとの接合が行われると同時に、該コンテナ2内の空気が外部に排出される。 Further pressure by the dummy block 4 is added, crushed tip of the aluminum billet 1a, at the same time bonding the aluminum billet 1b remaining in the container 2 is carried out, the air in the container 2 is discharged to the outside that. この空気が充分に排気されずにコンテナ2に残存していると、半溶融したアルミビレット1a(1b)中に混入して気泡となり、これがセンタピース3のニップル6から押し出されるアルミシース内に入りピンホールを形成する原因となる。 When this air is left in the container 2 without being sufficiently evacuated, it becomes bubbles mixed in the semi-molten aluminum billet 1a (1b), which enters the aluminum sheath is extruded from the nipple 6 of the center piece 3 cause to form a pinhole. このため、コンテナ2外への空気の排気はアルミシース電線を製造する場合に極めて重要の工程となっている。 Therefore, the exhaust air to the container 2 outside has a crucial step in the production of aluminum sheath wire.

【0004】 上記コンテナ2内に空気が残存する様子を、図8及び図9を用いてさらに詳しく説明する。 [0004] The manner in which the air within the container 2 remains, described in more detail with reference to FIGS. 図8 Figure 8
はダミーブロック4によってコンテナ2内に予備加熱されたアルミビレット1aが装填される様子を示している。 Shows a state in which aluminum billet 1a preheated to the container 2 by the dummy block 4 is loaded. そこで、該アルミビレット1aが装填されると、その先端部が潰れ、コンテナ2内の空気は、空隙部7を矢印の装填口方向に移動し外部へと排気される。 Therefore, when the aluminum billet 1a is loaded, collapse the distal end, the air in the container 2 is exhausted to the outside to move the air gap 7 to the loading port direction of the arrow. しかし、 But,
図9に示すように潰れたアルミビレット1cがコンテナ2の空隙部7をすべて埋め尽くさずに若干でも間隙を残していると、この間隙に空気が溜り前記ピンホール形成の原因となる。 When aluminum billet 1c which collapsed as shown in Figure 9 has left a gap even slightly without completely filled all the void portions 7 of the container 2, the air in the gap becomes a cause of reservoir the pin hole formation. そこで、従来よりアルミビレット内への空気の混入を極力避けるべく種々の工夫がなされている。 Therefore, various contrivances have been made to minimize avoid contamination of air into the aluminum billet conventionally.

【0005】 例えば、特公昭52−9189号公報及び特公昭54−2613号公報には、アルミビレットをコンテナの内部に挿入した後、コンテナの装填口の外側より装填口及びダミーブロックのまわりを気密状態に保ち、このコンテナ内部の空気を充分排気すると共に、気密状態を保ちつつアルミビレットを押し出すようにしたアルミニウム押出用プレス機が示されている。 [0005] For example, Japanese Patent Publication No. Sho 52-9189 Patent Publication and Sho 54-2613, after the aluminum billet inside the container, the airtight around the loading opening and the dummy block from the outside of the container of the loading aperture keeps, while sufficiently evacuating the air inside the container, for aluminum extrusion to extrude the aluminum billet press is shown while maintaining an airtight state. また、特公昭32−2010号公報には、受器(コンテナ)中に導入されるべき予熱された被押出物(アルミビレット) Further, in JP-B-32-2010, receiver object extrudate is preheated to be introduced into the (container) (aluminum billet)
が、雌型と反対の端において冷却を受けることにより、 But by receiving cooling at the end opposite the female,
コンテナ壁とアルミビレットとの間に存在する空気を毎回の押出工程前にコンテナから排出するような処理方法が示されている。 Processing method so as to discharge the air present from the container before each extrusion step between the container wall and the aluminum billet is shown.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】 しかしながら、特公昭52−9189号公報及び特公昭54−2613号公報に示されたプレス機では構成が複雑であるため、安価に製作できない難点がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the press machine shown in Japanese and Sho 54-2613 Patent Publication No. Sho 52-9189 for configuration is complicated, there is a drawback that can not be manufactured at low cost. また、特公昭32−201 In addition, JP-B-32-201
0号公報に示された処理方法は工程が簡単であるが、コンテナ壁とアルミビレットとの間に存在する空気を完全に排出できるかどうか不明である。 Processing method shown in 0 JP Although process is simple, it is not known if fully discharged air present between the container wall and the aluminum billet. 本発明は、上記のような各課題を解決するためになされたもので、構成が簡単で安価に製作でき、かつ、コンテナ内から確実に空気を排出することができるアルミシースプレス機を提供することを目的とするものである。 The present invention has been made to solve each problem as described above, the configuration can be simple and inexpensive to manufacture and reliable to provide an aluminum sheath press machine capable of discharging air from the container it is an object of the present invention.

【0007】 [0007]

【問題点を解決するための手段】 本発明の第1のアルミシースプレス機は、アルミビレットの先端部を、所定の温度に熱したコンテナ内で潰して既に入っているアルミビレットの端部と接合すると共に、ダミーブロックを押し込んで前記コンテナ内部の空気抜きを行うアルミシースプレス機において、既にアルミビレットが入っている第1コンテナ部分と、予熱されたアルミビレットが新たに挿入される第2コンテナ部分とにそれぞれ対応して、第1コンテナ加熱手段と、第2コンテナ加熱手段とを設けたことを特徴とするものである。 First aluminum sheath press of the present invention, in order to solve the problems] includes an end portion of the aluminum billet a tip portion of the aluminum billet, it is already crushed in a container heated to a predetermined temperature together joined in aluminum sheath press which performs removal of air inside the container and push the dummy block, a second container portion already a first container portion containing the aluminum billet, is preheated aluminum billet is newly inserted corresponding respectively to the preparative, a first container heating means and is characterized in that a second container heating means.

【0008】 本発明の第2のアルミシースプレス機は、アルミビレットの先端部を、所定の温度に熱したコンテナ内で潰して既に入っているアルミビレットの端部と接合すると共に、ダミーブロックを押し込んで前記コンテナ内部の空気抜きを行うアルミシースプレス機において、前記ダミーブロックのテーパ状先端部外周に接し、軸方向に進退可能に設けたテーパ部材を有することを特徴とするものである。 A second aluminum sheath press of the present invention, the distal end portion of the aluminum billet, while joining the ends of the aluminum billet are already crushed in a container heated to a predetermined temperature, the dummy block in pushing in the aluminum sheath press which performs removal of air inside said container, in contact with the tapered tip portion outer periphery of the dummy block, is characterized in that it has a tapered member provided to be movable forward and backward in the axial direction.

【0009】 [0009]

【作用】 本発明の第1のアルミシースプレス機は、既にアルミビレットが入っている第1コンテナ部分と、アルミビレットが新たに挿入される第2コンテナ部分とにそれぞれ対応して、例えば誘導加熱体から成る第1コンテナ加熱手段と、第2コンテナ加熱手段とを設け、第1 [Action] first aluminum sheath press of the present invention, already a first container portion containing the aluminum billet, corresponding respectively to the second container portion of aluminum billet is newly inserted, for example, induction heating a first container heating means consisting of the body, and a second container heating means is provided, the first
コンテナ加熱手段により第1コンテナ部分を例えば53 The Container-heating unit 1 a container part for example 53
0℃に保持されるように加熱制御する。 0 heating control so as to be held in ° C.. 一方、第2コンテナ部分は第1コンテナ部分よりも温度が高くなるように、例えば530℃に維持されるように第2コンテナ加熱手段により加熱制御する。 The second container portion such that the temperature is higher than the first container portion to the heating control by the second container heating means so as to maintain, for example, 530 ° C.. これによりダミーブロックにより押し込まれる予熱されたアルミビレットの潰れが増大し、半溶融したアルミビレットの装填口方向への流れが良好となり、コンテナ内の空隙部を完全に満たす。 Accordingly collapse increases the preheated aluminum billet is pushed by the dummy block enables good flow of the loading opening direction of the semi-molten aluminum billet, completely fills the void portion in the container.
このため、コンテナ内の空気が確実に抜け、次のアルミビレット押し出し工程でアルミビレット内に気泡が形成されず、押し出し後のアルミシースはピンホールの発生のない信頼性の高いアルミシース電線が製造できる。 Therefore, air is reliably omission in the container, the bubbles are not formed in the aluminum billet with the following aluminum billet extrusion step, the aluminum sheath is high aluminum sheath wire of no occurrence of pinholes reliability preparation after extrusion it can.

【0010】 本発明の第2のアルミシースプレス機は、ダミーブロックのテーパ状先端部外周に接し、軸方向に進退可能にテーパ部材を設けたので、最初のアルミビレット先端部潰し工程では、前記テーパ部材をダミーブロックの後方に退かせ、コンテナ充填口との間隙を大きくする。 [0010] The second aluminum sheath press of the present invention is in contact with the tapered tip outer periphery of the dummy block, since there is provided a retractable tapered member in the axial direction, the first aluminum billet tip crushing step, the the tapered member so retire behind the dummy block, increasing the gap between the container filling port. これによりコンテナ内で潰れたアルミビレットの流れが良好となり、該コンテナ内の空気がアルミビレットの流れに押されて確実に外部に排出される。 Thus the flow of aluminum billet collapsed in the container becomes good, the air in the container is discharged reliably outside by being pushed by the flow of aluminum billet. 一方、アルミシース押出し時には、テーパ部材をダミーブロックのテーパ状先端部外周に接して前方に押し出し、 On the other hand, when the aluminum sheath extrusion, extruded forward against the tapered member to the tapered tip portion outer periphery of the dummy block,
コンテナの内壁に密着させる。 It is adhered to the inner wall of the container. これによりコンテナ内は気密状態となり、該コンテナ内に空気が巻き込まれないので、前記と同様にアルミビレット内に気泡が形成されず、押し出し後のアルミシースはピンホールの発生のない信頼性の高いアルミシース電線が製造できる。 Thereby the container becomes airtight, the air inside the container is not involved, not bubbles are formed in the same manner as described above in the aluminum billet, an aluminum sheath after extrusion is high incidence of unreliable pinhole aluminum sheath wire can be produced.

【0011】 [0011]

【実施例】 以下に、本発明の一実施例を図を参照して詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, a description will be given of an embodiment of the present invention in detail with reference to FIG. 図1は、本発明の第1のアルミシースプレス機のコンテナ部分のみを示した断面図である。 Figure 1 is a cross-sectional view showing only the first container portion of the aluminum sheath press of the present invention. 図において、コンテナ20は、第1コンテナ部分21と第2コンテナ部分22とを有している。 In the figure, the container 20 has a first container portion 21 and the second container portion 22. また、第1コンテナ部分21内には第1コンテナ加熱手段23を、第2コンテナ部分22内には第2コンテナ加熱手段24をそれぞれ有している。 Further, in the first container portion 21 of the first container heating means 23, it is in the second container portion 22 has a second container heating unit 24, respectively. これらの加熱手段23,24は、例えば誘導コイル等からなる誘導加熱体を使用するが、勿論これに限定されるものではなく、他の物理的、化学的等の加熱手段を広く使用することができる。 These heating means 23, 24 is, for example, using an induction heating body formed from the induction coil or the like, but the present invention of course is not limited to this, other physical, be widely used heating means chemical such as it can.

【0012】 また、この実施例では上記の加熱手段2 Further, in this embodiment above the heating means 2
3,24をコンテナ20の内部に設けているが、それぞれに対応する第1コンテナ部分21の外部及び第2コンテナ部分22の外部に設けても良い。 Are provided 3,24 inside the container 20, but may be provided outside the external and the second container portion 22 of the first container portion 21 corresponding to each. また、それらの加熱手段23,24をさらに複数に分割して設けても良い。 Also, it may be provided to split the heating means 23, 24 further into a plurality. このように加熱手段23,24を分割して設けることによりコンテナ20の第1コンテナ部分21と第2コンテナ部分22とで異なる温度制御を行うことができる。 Can be performed in this way different temperatures controlled by providing dividing the first container portion 21 of the container 20 and the second container portion 22 to heating means 23, 24.

【0013】 すなわち、第1コンテナ部分21は、その内部に既にアルミビレット1bが入っているので、この実施例では約500℃になるように第1コンテナ加熱手段23により温度制御する。 [0013] That is, the first container portion 21, since already contains an aluminum billet 1b therein, the temperature is controlled by a first container heating means 23 as in this embodiment is approximately 500 ° C.. また、第2コンテナ部分22は、新たにアルミビレット1aを導入する部分であるから、第1コンテナ部分21の温度よりも高い温度、 The second container portion 22, newly since a portion for introducing the aluminum billet 1a, a temperature higher than the temperature of the first container portion 21,
例えば、約530℃になるように制御する。 For example, it controlled to be about 530 ° C.. このように新たに導入されるアルミビレット1aの第2コンテナ部分を、第1コンテナ部分22より若干高い温度に制御することにより潰れ易くなり、アルミビレット1aの流れが良好となるため、それに伴いコンテナ20の空隙部7 Thus the second container portion of the newly introduced is aluminum billet 1a, easily crushed by controlling the temperature slightly higher than the first container portion 22, since the flow of aluminum billet 1a becomes good, the container with it 20 of the gap portion 7
内に溜っている空気がコンテナ20外へ確実に排気されるようになる。 Air is accumulated within becomes to be reliably discharged to the container 20 outside.

【0014】 なお、上記の構成により第1の発明の目的は基本的に達成できるが、第2コンテナ部分22の熱を第1コンテナ部分21に伝達しないように、第1コンテナ加熱手段23と第2コンテナ加熱手段24との間に冷却部25を設けるのが好ましい。 [0014] The object of the first invention by the above configuration basically be attained, but so as not to transfer heat of the second container portion 22 to the first container portion 21, the first container heating means 23 first preferably, a cooling portion 25 between the two containers heating means 24. そして、この冷却部25内には冷却媒体としてスチーム、油その他の化学物質等を介在させる。 And, in this cooling section 25 steam is interposed oil and other chemicals such as a cooling medium. また、上記の実施例を説明するための図1には、第1コンテナ加熱手段23,第2コンテナ加熱手段24及び冷却部25のいずれもコンテナ20の空洞部26を取り囲むように環状に図示してあるが、必ずしも環状である必要はなく、半円弧状にしていずれか一方の側に設けるようにしても良い。 Further, in FIG. 1 for describing the above embodiments, the first container heating means 23, both of the second container the heating means 24 and cooling unit 25 shown annularly so as to surround the cavity portion 26 of the container 20 it is, but need not necessarily be circular, may be provided on either side of the semicircular arc.

【0015】 以上のように第1の発明では、第2コンテナ部分22の温度を第1コンテナ部分21の温度よりも高く制御することができるので、例えば上記のようにそれぞれ500℃と530℃とした場合、既にコンテナ20の空洞部26に入っているアルミビレット1bの先端部1dも530℃となり、より潰れ易くなる。 [0015] In the above manner the first invention, since the temperature of the second container portion 22 can be controlled higher than the temperature of the first container portion 21, for example a so 500 ° C. respectively 530 ° C. as described above If it already distal portion 1d becomes even 530 ° C. aluminum billet 1b contained in the cavity 26 of the container 20, more likely collapse. また、 Also,
潰れたアルミニウムが出て行く出口方向が高温側となっているためアルミニウムの流れが良好となり、空気抜きが確実に行える利点がある。 Collapsed exit direction aluminum leaves becomes good flow of aluminum because it is a high temperature side, there is an advantage that the air vent can be performed reliably.

【0016】 次に、第2の発明について説明する。 [0016] Next, a description will be given of a second aspect of the present invention. なお、この発明は第1の発明と同様にアルミシースプレス機として産業上の利用分野を共通とし、かつ、コンテナ内の空気抜きを確実に行うという解決すべき課題においても共通している。 Note that the present invention is also common in the problems to be solved that a common relates as aluminum sheath press similar to the first invention, and reliably perform air vent in the container. 以下に、この第2の発明を図2乃至図6を参照して詳細に説明する。 Hereinafter, the second invention is described with reference to FIGS be described in detail. 第2の発明の特徴は、 Feature of the second invention,
ダミーブロックのテーパ状先端部外周に接し、軸方向に進退可能に設けたテーパ部材を有する点である。 Contact with the tapered tip outer periphery of the dummy block, a point having a tapered member provided to be movable forward and backward in the axial direction.

【0017】 すなわち、図2において、ダミーブロック40には、そのテーパ状先端部41の外周41aに摺接して軸方向Aに進退可能なようにテーパ部材42が設けられている。 [0017] That is, in FIG. 2, the dummy block 40, tapered member 42 so as to be moved forward and backward in an axial direction A sliding contact is provided on the outer periphery 41a of the tapered tip 41. このテーパ部材42は、環状に形成され、その背面に油圧シリンダ44のロッド43の一端が接続されている。 The tapered member 42 is formed in an annular shape, one end of the rod 43 of the hydraulic cylinder 44 is connected to the back. 従って、油圧シリンダ44を作動させることによりロッド43が出没し、このロッド43に接続されたテーパ状部材42がテーパ状先端部41の外周41aに摺接して進退できることになる。 Thus, the rod 43 is retractable by actuating the hydraulic cylinders 44, tapered member 42 connected to the rod 43 is able to advance and retreat in sliding contact with the outer circumference 41a of the tapered tip 41.

【0018】 なお、図2は油圧シリンダ44の電源がオフでテーパ部材42が後退した状態を示している。 [0018] Incidentally, FIG. 2 is the power of the hydraulic cylinders 44 shows a state where the tapered member 42 is retracted off. 一方、図3は油圧シリンダ44の電源がオンでテーパ部材42が前進した状態を示している。 On the other hand, FIG. 3 is the power of the hydraulic cylinders 44 shows a state where the tapered member 42 is advanced by one. 従って、図2の状態ではテーパ状先端部41の端面の面積が小さくなり、テーパ部材42と外周41aとの間に形成される隙間45 Thus, in the state of FIG. 2 becomes small area of ​​the end face of the tapered tip 41, a gap is formed between the tapered member 42 and the outer periphery 41a 45
は大きくなる。 It increases. 一方、図3の状態ではその端面の面積が大きくなり、隙間45は零となる。 On the other hand, the area of ​​the end surface is large in the state of FIG. 3, the gap 45 becomes zero.

【0019】 次に、上記のように構成されたアルミシースプレス機の動作を図4乃至図6を参照して説明する。 Next, it will be described with reference to FIGS. 4 to 6 The operation of the aluminum sheath press as described above. まず、コンテナ内のアルミビレット先端部を潰す場合は、図4に示すようにコンテナ20の空洞部26内に予熱されたアルミビレット1aを押し込む。 First, when the crush aluminum billet tip in the container pushes the aluminum billet 1a preheated in the cavity 26 of the container 20 as shown in FIG. このとき油圧シリンダ44の電源はオフ状態であり、ロッド43は該シリンダ44内に引き込まれている。 Power in this case the hydraulic cylinder 44 is in the OFF state, the rod 43 is retracted in the cylinder 44. 従って、テーパ部材42はアルミビレット1aの装填口27から離れているため、隙間が大きく形成され、コンテナ内で潰れたアルミビレット1cの装填口27側への流れが促進される。 Therefore, the taper member 42 because it has separated from the loading mouth 27 of the aluminum billet 1a, gap is larger, flow of the loading mouth 27 side of the aluminum billet 1c collapsed in the container is facilitated.

【0020】 次に、ダミーブロック40が前進して押し込みが開始されるが、油圧シリンダ44の電源は未だオフ状態であり、テーパ部材42は後退した状態にあるので隙間が大きく形成されている。 [0020] Next, the dummy block 40 pushes advances is started, the power of the hydraulic cylinder 44 is still turned off, tapered member 42 is formed a gap is large because it is in a retreated state. このため、空隙部7 Therefore, the gap portion 7
に溜った空気は、図5に示すように、押し出し方向とは反対の矢印の方向に、潰れたアルミビレット1cの流れに追いやられ装填口27からコンテナ20外へ排気される。 The air accumulated, as shown in FIG. 5, the extrusion direction in the opposite direction of the arrow, is exhausted from the loading mouth 27 is relegated to the flow of the crushed aluminum billet 1c to the container 20 outside.

【0021】 次に、アルミシース押し出し動作時は、 [0021] Then, when the aluminum sheath extrusion operation,
図6に示すように、油圧シリンダ44の電源がオンとなりロッド43と共に、テーパ部材42が前進し、ダミーブロック40のテーパ状先端部41の外周上を摺動して、その端面と面一となる位置で停止する。 As shown in FIG. 6, together with the rod 43 power of the hydraulic cylinder 44 is turned on, the taper member 42 is advanced, and slides the outer periphery above the tapered tip 41 of the dummy block 40, and its end surface flush and stops at a position. すなわち、 That is,
上記の状態ではテーパ状先端部41の端面の面積が、テーパ部材42の端面の面積分だけ追加されたことになり、この増大した端面によりアルミビレット1aを押し出す。 In the above state, the area of ​​the end face of the tapered tip 41, will have been added by the area fraction of the end face of the tapered member 42, pushes the aluminum billet 1a This increased end surface. また、テーパ部材42とテーパ状先端部41の外周及びテーパ部材42の外周と空洞部26の内壁とは密着しているため、外部から空気を巻き込むこともない。 Further, since the close contact with the outer periphery and the outer periphery and the inner wall of the cavity 26 of the tapered member 42 of the tapered member 42 and the tapered distal portion 41, nor to involve air from the outside.

【0022】 第2の発明は以上のように構成したので、概略次のような効果がある。 [0022] Since the second invention is configured as described above, advantages can be summarized below. アルミビレットを潰す時は、ダミーブロックとコンテナ装填口の間の隙間が大きいためにコンテナ内部の空気が抜け易い。 When collapsing aluminum billet, the dummy block and the container inside the deflated for the gap between the container loading mouth is large easily. 通常の動作時には、一体型のダミーブロックと同一面積になるようにしてあるため、従来と同様の押し出しができ、かつ、アルミビレットを封入することができる。 During normal operation, because you have to be a dummy block in the same area of ​​the integrated, it is similar to the conventional extrusion, and can be enclosed aluminum billet. 従来ではダミーブロックを引き抜く時に、コンテナ内部が真空状態となって抜け難かったが、上記第2の発明ではダミーブロックで押し切った後、再度テーパ部材を後退させてダミーブロックとコンテナ空洞部との間の隙間を大きくすることにより、外部から空気が導入でき、 When the conventional pulling out the dummy block, a container but inside was hardly come off a vacuum, between the after Oshiki' a dummy block in the second invention, the dummy block and the container cavity by retracting the taper member again by increasing the gap, it can be introduced air from the outside,
その結果、ダミーブロックが抜け易くなる。 As a result, the dummy block is easily removed. なお、上記の実施例ではテーパ部材を進退させるのに油圧シリンダ使用したが、勿論これに限らずエアシリンダに置き換えることや他のリンク機構等を介して動作させるようにしても良い。 In the above example it was used a hydraulic cylinder for advancing and retracting the tapered member, but may be caused to operate course through replacing the air cylinder or other link mechanism or the like is not limited thereto.

【0023】 [0023]

【発明の効果】 以上のように、第1の発明は第2コンテナ部分の温度を第1コンテナ部分21の温度よりも高く制御することができるので、既にコンテナの空洞部に入っているアルミビレットの先端部も高温となり、より潰れ易くなる。 As it is evident from the foregoing description, the first invention can be controlled higher than the temperature of the temperature of the first container portion 21 of the second container part, aluminum billet already in the cavity of the container also the tip becomes hot, more likely collapse. また、潰れたアルミニウムが出て行く装填口方向が高温側となっているため該アルミニウムの流れが良好となり、空気抜きが確実に行えるなど効果がある。 Further, the loading port outgoing direction crushed aluminum becomes good flow of the aluminum because it is a high temperature side, there is an effect such venting can be performed reliably. また、第2の発明はダミーブロックのテーパ状先端部に摺接して前進・後退できるテーパ部材を設けたので、アルミビレット装填口の隙間を変えることができ、 The second invention is provided with the tapered member that can advance and return in sliding contact with the tapered distal portion of the dummy block, can change the gap between the aluminum billet loading port,
コンテナ内部の空気を抜き易くなるなどの効果がある。 There is an effect, such as easily disconnect the container inside of the air.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 第1の発明であるアルミシースプレス機のコンテナ部分を示す断面図である。 1 is a cross-sectional view showing the container portion of the aluminum sheath presses a first invention.

【図2】 第2の発明であるアルミシースプレス機のダミーブロック部分を示し、テーパ部材が後退状態の部分断面図である。 Figure 2 shows a dummy block portion of the aluminum sheath press a second aspect of the invention, the tapered member is a partial cross-sectional view of the retracted state.

【図3】 上記のテーパ部材が前進した状態の部分断面図である。 3 is a partial cross-sectional view of a state in which the tapered member is advanced.

【図4】 上記第2の発明におけるアルミビレット先端部の潰し工程を説明するための断面図である。 4 is a sectional view for explaining the crushing process of the aluminum billet tip of the second invention.

【図5】 上記第2の発明における充填されたアルミミビレットの押し込む工程を説明するための断面図である。 5 is a sectional view for explaining a process of pushing the aluminum Mi billet filled in the second invention.

【図6】 上記第2の発明におけるビレット押し出し工程を説明するための断面図である。 6 is a sectional view for explaining the billet extrusion process in the second invention.

【図7】 従来のアルミシースプレス機のコンテナ部分を模式的に示した断面図である。 [7] The container portion of the conventional aluminum sheath press is a sectional view schematically showing.

【図8】 上記従来のコンテナ部分にアルミビレットを充填する際の空気の排気状態を説明するための断面図である。 8 is a sectional view for describing an exhaust state of air when filling the aluminum billet of the above-mentioned conventional container portion.

【図9】 潰れたアルミビレットの流れを説明するための断面図である。 9 is a cross-sectional view for explaining the flow of crushed aluminum billet.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1a,1b アルミビレット 1c 潰れたアルミビレット 20 コンテナ 21 第1コンテナ部分 22 第2コンテナ部分 23 第1コンテナ加熱手段 24 第2コンテナ加熱手段 25 冷却部 40 ダミーブロック 41 テーパ状先端部 41a 外周 42 テーパ部材 1a, 1b aluminum billet 1c collapsed aluminum billet 20 container 21 first container portion 22 and the second container portion 23 first container heating unit 24 second container heating unit 25 cooling unit 40 the dummy block 41 tapered tip 41a periphery 42 tapered member

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 アルミビレットの先端部を、所定の温度に熱したコンテナ内で潰して既に入っているアルミビレットの端部と接合すると共に、ダミーブロックを押し込んで前記コンテナ内部の空気抜きを行うアルミシースプレス機において、 既にアルミビレットが入っている第1コンテナ部分と、 The tip of claim 1] aluminum billet, while joining the ends of the aluminum billet are already crushed in a container heated to a predetermined temperature, aluminum performing removal of air inside the container and push the dummy block in the sheath press, a first container portion which has already entered an aluminum billet,
    予熱されたアルミビレットが新たに挿入される第2コンテナ部分とにそれぞれ対応して第1コンテナ加熱手段と、第2コンテナ加熱手段とを設けたことを特徴とするアルミシースプレス機。 A first container heating means in correspondence with the second container portion preheated aluminum billet is newly inserted, the aluminum sheath press, characterized in that a second container heating means.
  2. 【請求項2】 前記第1コンテナ加熱手段及び前記第2 Wherein said first container heating means and the second
    コンテナ加熱手段は、誘導加熱体から成ることを特徴とする請求項1のアルミシースプレス機。 Container heating means, the aluminum sheath press machine according to claim 1, characterized in that it consists of the induction heating body.
  3. 【請求項3】 前記第1コンテナ加熱手段と、前記第2 Wherein said first container heating means, the second
    コンテナ加熱手段との間に冷却部を設けたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のアルミシースプレス機。 Aluminum sheath press according to claim 1 or claim 2, characterized in that a cooling section between the container heating means.
  4. 【請求項4】 アルミビレットの先端部を、所定の温度に熱したコンテナ内で潰して既に入っているアルミビレットの端部と接合すると共に、ダミーブロックを押し込んで前記コンテナ内部の空気抜きを行うアルミシースプレス機において、 前記ダミーブロックのテーパ状先端部外周に接し、軸方向に進退可能に設けたテーパ部材を有することを特徴とするアルミシースプレス機。 The tip of 4. Aluminum billet, while joining the ends of the aluminum billet are already crushed in a container heated to a predetermined temperature, aluminum performing removal of air inside the container and push the dummy block in the sheath press contact with the tapered tip portion outer periphery of the dummy block, aluminum sheath press machine and having a tapered member provided to be movable forward and backward in the axial direction.
JP4859295A 1995-03-08 1995-03-08 Aluminum sheath press Pending JPH08243634A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4859295A JPH08243634A (en) 1995-03-08 1995-03-08 Aluminum sheath press

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4859295A JPH08243634A (en) 1995-03-08 1995-03-08 Aluminum sheath press

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08243634A true true JPH08243634A (en) 1996-09-24

Family

ID=12807684

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4859295A Pending JPH08243634A (en) 1995-03-08 1995-03-08 Aluminum sheath press

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08243634A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1264646A1 (en) * 2001-06-07 2002-12-11 Alcan Technology & Management AG Device and method for the manufacturing of profiled metal rods
US7254974B2 (en) 2003-07-09 2007-08-14 1500999 Ontario Inc. System and method for bending strip material to create cutting dies
JP2016504195A (en) * 2012-12-21 2016-02-12 エクスコ テクノロジーズ リミテッドExco Technologies Limited The mantle of the extrusion press container and for the

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1264646A1 (en) * 2001-06-07 2002-12-11 Alcan Technology & Management AG Device and method for the manufacturing of profiled metal rods
US6637250B2 (en) 2001-06-07 2003-10-28 Alcan Technology & Management Ltd Device for manufacturing a metal profile
US7254974B2 (en) 2003-07-09 2007-08-14 1500999 Ontario Inc. System and method for bending strip material to create cutting dies
JP2016504195A (en) * 2012-12-21 2016-02-12 エクスコ テクノロジーズ リミテッドExco Technologies Limited The mantle of the extrusion press container and for the

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5038455A (en) Method of manufacturing tube coupling bodies
US5363544A (en) Multi-stage dual wall hydroforming
US3360826A (en) Device for forming a socket at the end of a pipe
US5460026A (en) Method of and apparatus for the cutting of an opening in a hollow body
US2966872A (en) Forming shaped hollow metal articles and equipment therefor
US3120679A (en) Plastic bottle and method and apparatus for making same
US5469729A (en) Method and apparatus for performing multiple necking operations on a container body
US4292831A (en) Process for extruding a metal tube with inwardly thickened end portions
US3029468A (en) Apparatus for making plastic articles
US4150087A (en) Tube of thermoplastics with thickened end
US5490408A (en) Method of and apparatus for extruding a billet of a light metal alloy
US2904830A (en) Air relief valve for a plastics extrusion ram
US4865797A (en) Method and an apparatus for the extrusion of plastic pipes
US4078415A (en) Process of manufacturing shaped bodies by cold shaping
US3505039A (en) Fibrous metal filaments
US2903130A (en) Method of extruding tubes
US3685933A (en) Apparatus for producing an assembly of interconnected and relatively movably displaceable molded parts
US2216201A (en) Method of making tubular inserts
US3487196A (en) Die for electrical upsetting
US2168641A (en) Die mechanism
US2337804A (en) Tube-extrusion apparatus
US1395217A (en) Cascade extrusion-die for cold or hot spinning of metals
US20040113557A1 (en) Ceramic discharge chamber for a discharge lamp
US4063868A (en) Mold device for the production of hollow bodies from thermoplastic materials
US5954116A (en) Shot sleeve and shot unit for a die casting machine