JPH08208152A - トラクションシーブエレベータ - Google Patents

トラクションシーブエレベータ

Info

Publication number
JPH08208152A
JPH08208152A JP7308515A JP30851595A JPH08208152A JP H08208152 A JPH08208152 A JP H08208152A JP 7308515 A JP7308515 A JP 7308515A JP 30851595 A JP30851595 A JP 30851595A JP H08208152 A JPH08208152 A JP H08208152A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
elevator
traction sheave
machine
shaft
rope
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7308515A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3014952B2 (ja
Inventor
Esko Aulanko
アウランコ エスコ
Jorma Mustalahti
ムスタラウチ ヨルマ
Harri Hakala
ハカラ ハリ
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kone Corp
Original Assignee
Kone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=8541731&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JPH08208152(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application filed by Kone Corp filed Critical Kone Corp
Publication of JPH08208152A publication Critical patent/JPH08208152A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3014952B2 publication Critical patent/JP3014952B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B11/00Main component parts of lifts in, or associated with, buildings or other structures
    • B66B11/0035Arrangement of driving gear, e.g. location or support
    • B66B11/0045Arrangement of driving gear, e.g. location or support in the hoistway

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Civil Engineering (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Structural Engineering (AREA)
  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)
  • Cage And Drive Apparatuses For Elevators (AREA)
  • Devices For Conveying Motion By Means Of Endless Flexible Members (AREA)
  • Pulleys (AREA)
  • Valve-Gear Or Valve Arrangements (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 別個の機械室を必要とせず、建設と設置が容
易で簡単な構造のトラクションシーブエレベータを提
供。 【解決手段】 このトラクションシーブエレベータは、
エレベータガイドレール(10)に沿って動くエレベータカ
ー(1) と、カウンタウエイトガイドレール(11)に沿って
動くカウンタウエイト(2) と、エレベータカーおよびカ
ウンタウエイトを懸架する1組の巻上げロープ(3) と、
駆動機械装置(6) とを有し、駆動機械装置(6) は、駆動
機械により駆動され巻上げロープ(3) に係合するトラク
ションシーブ(7) を有する。エレベータの駆動機械装置
(6) はエレベータシャフトの最上部に配置されている。
駆動機械装置(6) は1本またはそれ以上のガイドレール
(10、 11、 11a) の上方端部に取り付けられている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トラクションシー
ブエレベータに関するものであり、このエレベータは、
エレベータガイドレールに沿って動くエレベータカー
と、カウンタウエイトガイドレールに沿って動くカウン
タウエイトと、エレベータカーおよびカウンタウエイト
が懸架された1組の巻上げロープと、駆動機械により駆
動され巻上げロープに係合するトラクションシーブを含
む駆動機械装置とを含む。
【0002】
【従来の技術】エレベータの開発研究の目的の1つは建
物の空間の効率的かつ経済的利用にある。従来のトラク
ションシーブ駆動のエレベータでは、駆動機械装置用に
確保されるエレベータ機械室または他の空間はエレベー
タに必要な建物空間のかなりの部分をとっている。問題
は、駆動機械装置に必要な建物空間の容積ばかりでな
く、建物におけるその場所にある。機械室の配置に関す
る多くの解決策があるが、それらは概して、少なくとも
空間の利用と外観に関して建物の設計をかなり制約して
いる。例えば、建物の屋根に機械室が配置される場合は
外観を損なう感じを与える。特別な空間を作れば、機械
室によって概して建物の費用が増加することになる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】巻上げモータを含む巻
上げ装置をエレベータシャフト内に有するトラクション
シーブエレベータは、エレベータを導入するための有利
かつ柔軟な方式である。本出願人により先に出願されて
いるフィンランド国特許出願第932977号は、上方に駆動
機械を有するトラクションシーブエレベータを開示して
いるが、その場合、機械装置とその関連機器は実質的に
カウンタウエイトの通路より上方に配置されている。本
出願人により出願された他のフィンランド国特許出願第
941719号は、上方に機械室を備えたトラクションシーブ
エレベータを開示しているが、この場合、駆動機械装置
は、エレベータシャフトの上部でシャフト壁とエレベー
タカーに必要な空間またはその空間のオーバーヘッド拡
張部との間に配置される。これらの両方式では、機械装
置はエレベータシャフトの壁または天井によって支持さ
れている。場合によっては、機械装置を壁または天井に
取り付けることは、とくにその構造物を強化する必要が
ある場合は、かなりの費用が絡む。いずれにしても、機
械装置を壁または天井に取り付けることは、壁または天
井などに穴をあけるなど、その取付け現場での設置作業
が絡む。
【0004】これらの特許出願第932977号および第9417
19号に開示されているエレベータの着想をさらに発展さ
せる必要性を満たすため、新規の形式のトラクションシ
ーブエレベータを本発明として提供する。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明のトラクションシ
ーブエレベータは、エレベータシャフトの頂上部におい
てエレベータカーにとってその通路で必要なシャフト空
間および/またはこの空間のオーバーヘッド拡張部とエ
レベータシャフトの壁との間の空間に駆動機械装置が配
され、この駆動機械装置は、1本またはそれ以上のガイ
ドレールの上方端部に取り付けられていることを特徴と
する。本発明の他の実施例は従属請求項に記載の特性を
特徴としている。
【0006】
【発明の実施の形態】次に添付図面を参照して、適用例
を挙げて本発明を詳細に説明する。
【0007】本発明により提供されるトラクションシー
ブエレベータを図1に概略図にて示す。エレベータカー
1とカウンタウエイト2がエレベータの巻上げロープ3
に懸架されている。巻上げロープ3は、エレベータカー
1をエレベータカー1の重心を通る垂直線に対して実質
的に中心で、または対称に支持している。同様に、カウ
ンタウエイト2の懸架は、カウンタウエイトの重心を通
る垂直線に対して実質的に中心に、または対称になって
いる。しかし、エレベータカーおよび/またはカウンタ
ウエイトの対称的懸架は、本発明を実施するための条件
でなく、その実施に関する好ましい解決策にすぎない。
図1において、エレベータカー1は、ロープ溝を設けた
転向プーリ4(図には転向プーリが1つだけ示されてい
る。)を用いて巻上げロープ3により支持され、カウン
タウエイト2は溝付き転向プーリ9によって支持されて
いる。転向プーリ4は好ましくは実質的に同じ面内で回
転する。巻上げロープ3は概して、横に並んだ数本のロ
ープ、通常は少なくとも3つのロープからなる。巻上げ
ロープ3に係合するトラクションシーブ7を有するエレ
ベータの駆動機械装置6は、エレベータシャフトの最上
部に配置されている。
【0008】エレベータカー1とカウンタウエイト2
は、それらを案内するエレベータガイドレールおよびカ
ウンタウエイトガイドレール10、11、11a に沿ってエレ
ベータシャフト内を走行する。エレベータカーとカウン
タウエイトをガイドレールに支持するエレベータガイド
およびカウンタウエイトガイドは、図示しない。
【0009】図1において、巻上げロープ3は次のよう
に走っている。巻上げロープの一方の端部は、シャフト
の最上部内のカウンタウエイト2の通路より上方の固定
手段13に固定されている。固定手段13からロープは、カ
ウンタウエイト2に回転可能に取り付けられている転向
プーリ9に会うまで下降する。転向プーリ9を巻回する
と、ロープ3は再び駆動機械6のトラクションシーブ7
へ上昇し、これをロープ溝に沿って通過する。トラクシ
ョンシーブ7からロープはエレベータカー1へ下降し、
その下を通ってエレベータカー1をこのロープに支持し
ている転向プーリ4を経由し、続いてシャフトの最上部
内の固定手段14へ上昇する。ここでロープ3の他方の端
部が固定される。好ましくは、シャフトの最上部内の固
定手段13、14のうちの少なくとも一方はビーム20内にあ
る。
【0010】エレベータシャフトに配置されている機械
装置6は、その幅に比して平たい構造であり、トラクシ
ョンシーブ7を駆動するモータへの給電に必要な機器ば
かりでなく、必要なエレベータ制御機器に必要となる機
器をも含んでいる。これらの両機器8は、機械装置6に
関連して取り付けられ、これと一体化されていることも
ある。機械装置6とその関連機器8のすべての主要部
は、ガイドレール11a の上端部によって支持されてい
る。機械装置はまた、他のガイドレールの上端部によっ
て支持してもよい。この点に関して、「ガイドレールの
上端部」とは、ガイドレールの上面、すなわちガイドレ
ールの長手方向の部分であってガイドレールに沿って動
くガイドがその最上位置に到達しない部分を称する。と
くに適用可能なのは、2本のエレベータガイドレール1
1、11a の最上端面にビーム20が載っている方式であ
る。このようなビーム20は機械土台として働き、これに
は、機械装置6、エレベータの電気駆動装置を有する機
器装置8、巻上げロープの固定手段13、および非常調速
機(図示せず)が装着されて単一の集合体を形成してい
る。
【0011】駆動機械装置6は、一般にエレベータシャ
フトに、水平の力を吸収するが垂直の支持力は実質的に
吸収しない補強要素21によって固定する必要がある。垂
直の力はガイドレールを介して建物へ伝達され、この負
荷は、レールの最下部でガイドレール固定手段によっ
て、またレールクリップによっても、建物へ伝達され
る。補強要素21は、例えば、金属板でできたブラケット
で構成することができ、このブラケットは、一方の端部
が駆動機械装置へ、また他方の端部がシャフトの壁また
は天井へ取り付けられる。簡易な補強要素は、ネジ等で
ある。このようなガイドレール固定手段でも、必要な横
方向の補強を行なうのに使用することができる。エレベ
ータ機械装置がその土台に載っているため、エレベータ
機械装置の重心とロープの力の印加点がエレベータ機械
装置の支持点より直接上方になることは、通常ないの
で、機械装置を様々な振動の揺動モードにすることがで
きる。別個の補強要素21を用いて、点検中の機械装置の
発生し得る揺れを止めることは、ビームとその固定手段
を別の水平方向の補強を必要としないくらい頑丈にしな
ければならない場合より、かなり安価で、簡単である。
【0012】本発明の様々な実施例は上述の例に限定さ
れることなく、特許請求の範囲内で改変することができ
ることは、当業者に明らかである。例えば、エレベータ
シャフトの最上部とカウンタウエイトまたはエレベータ
カーとの間に巻上げロープを通す回数は、本発明の基本
的利点に関して非常に決定的ではないが、ロープを複数
回、張ることによって更なる利点を達成することができ
る。また、巻上げロープは必ずしもカーの下を通す必要
はなく、また機械装置を主にカウンタウエイトガイドレ
ールとエレベータガイドレールの両方によって支持して
もよいことは、当業者に明らかである。
【0013】エレベータカー、カウンタウエイトおよび
機械装置をエレベータシャフトの断面に上述の例と異な
る方法で配列することができることも、当業者に明らか
である。例えば、リュックサック型のエレベータでは、
巻上げロープの両端部は、ロープ懸架装置が両端部を固
定する必要のある場合、機械の土台として働くビームに
有利に固定することができる。
【0014】さらに、モータへの給電に必要な機器、お
よびエレベータの制御に必要な機器を機械装置6に関連
する以外の他の場所、例えば別個の制御盤に配置するこ
とができることは、当業者に明らかである。同様に、本
発明により実現されるエレベータを既述の例とは異なる
方法で装備することができることは、当業者に明らかで
ある。
【0015】
【発明の効果】本発明により提供される利点は次のもの
がある。 − このエレベータは設置が有利である。なぜならば、
垂直な力がガイドレールを介して建物へ伝達され、建物
の構造物に別個の機械固定手段を必要としないからであ
る。ガイドレールを建物に固定する固定手段の強度は、
これらの固定手段をグリップ力のために一般に充分に強
固な設計にする必要があるので、ことさら増加する必要
はない。 − このエレベータは実現するのに簡単な構造を有して
いる。機械装置、機械土台、エレベータ電気駆動装置、
ロープ固定装置および非常調速機を工場で一つに組み立
てて、試験済みの単体のアセンブリを作ることができ
る。 − 建物へのエレベータの取付け点の数が少ないので、
建設と設置工程が容易である。 − 本発明のトラクションシーブエレベータは、別個の
機械室を必要としないので、明らかに空間の節減が達成
できる。 − 本発明はエレベータシャフトの断面積の効率的な利
用が可能である。機械装置以外の他のエレベータ機器の
ための余地がある。 − 機械を定位置に容易に巻き上げることができる。な
ぜならば、機械全体をガイドレールとともに巻き上げる
ことができるからである。ガイドレールと機械装置の設
置に用いるホイストの配置は、巻上げ機械装置がシャフ
トの横方向の部分に配置されるので、問題がない。機械
装置はシャフト頂上部の近くまで容易に巻き上げること
ができる。設置工事者は、機械装置へほとんど妨げられ
ずに接近できるので、機械装置を定位置に設置し固定す
ることができ、他の必要な作業を行なうことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるトラクションシーブエレベータを
示す概略図である。
【符号の説明】
1 エレベータカー 2 カウンタウエイト 3 巻上げロープ 6 駆動機械装置 7 トラクションシーブ 10、11、11a ガイドレール
フロントページの続き (72)発明者 ハリ ハカラ フィンランド共和国 05830 ヒビンカア、 パイバランカトゥ 15 エー 2

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 エレベータガイドレールに沿って動くエ
    レベータカーと、カウンタウエイトガイドレールに沿っ
    て動くカウンタウエイトと、エレベータカーおよびカウ
    ンタウエイトが懸架された1組の巻上げロープと、駆動
    機械により駆動され巻上げロープに係合するトラクショ
    ンシーブを含む駆動機械装置とを含むトラクションシー
    ブエレベータにおいて、前記駆動機械装置は、エレベー
    タシャフトの頂上部において前記エレベータカーにとっ
    てその通路で必要なシャフト空間および/または該空間
    のオーバーヘッド拡張部と該エレベータシャフトの壁と
    の間の空間に配され、該駆動機械装置は、1本またはそ
    れ以上のガイドレールの上方端部に取り付けられている
    ことを特徴とするトラクションシーブエレベータ。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のトラクションシーブエ
    レベータにおいて、前記駆動機械装置は、機械の土台を
    構成し2本のガイドレールの上方端部に取り付けられて
    いるビームによって支持されていることを特徴とするト
    ラクションシーブエレベータ。
  3. 【請求項3】 請求項1または2に記載のトラクション
    シーブエレベータにおいて、前記駆動機械装置は前記エ
    レベータシャフトに、水平の力を吸収するが、どんな垂
    直の支持力も実質的に吸収しない補強要素によって固定
    されていることを特徴とするトラクションシーブエレベ
    ータ。
  4. 【請求項4】 請求項1、2または3に記載のトラクシ
    ョンシーブエレベータにおいて、前記機械装置、前記エ
    レベータの電気駆動装置を含む機器装置、前記巻上げロ
    ープの少なくとも一方の端部のロープ固定手段、および
    非常調速機が機械の土台に取り付けられて単一の集合体
    を形成していることを特徴とするトラクションシーブエ
    レベータ。
JP7308515A 1994-11-03 1995-11-02 トラクションシーブエレベータ Expired - Lifetime JP3014952B2 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
FI945171A FI96198C (fi) 1994-11-03 1994-11-03 Vetopyörähissi
FI945171 1994-11-03

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08208152A true JPH08208152A (ja) 1996-08-13
JP3014952B2 JP3014952B2 (ja) 2000-02-28

Family

ID=8541731

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7308515A Expired - Lifetime JP3014952B2 (ja) 1994-11-03 1995-11-02 トラクションシーブエレベータ

Country Status (10)

Country Link
EP (1) EP0710618B2 (ja)
JP (1) JP3014952B2 (ja)
AT (1) ATE194588T1 (ja)
DE (1) DE69517915T3 (ja)
DK (1) DK0710618T4 (ja)
ES (1) ES2148402T5 (ja)
FI (1) FI96198C (ja)
GR (1) GR3034264T3 (ja)
PT (1) PT710618E (ja)
SI (1) SI0710618T2 (ja)

Cited By (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11322208A (ja) * 1998-05-08 1999-11-24 Toshiba Corp エレベータ制御装置
JP2001019316A (ja) * 1999-07-09 2001-01-23 Mitsubishi Electric Corp エレベーター装置
KR20010021184A (ko) * 1999-08-03 2001-03-15 마코토 오키추 엘리베이터 장치
JP2001187678A (ja) * 1999-12-28 2001-07-10 Mitsubishi Electric Corp エレベータ装置
WO2001081227A1 (fr) * 2000-04-24 2001-11-01 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
WO2001089975A1 (fr) * 2000-05-26 2001-11-29 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
JP2002504469A (ja) * 1998-02-26 2002-02-12 オーチス エレベータ カンパニー エレベータかごと昇降路側壁との間に配置された駆動モータを有するエレベータ装置
WO2002018257A1 (fr) * 2000-08-29 2002-03-07 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
JP2002087741A (ja) * 2000-09-19 2002-03-27 Toshiba Corp エレベータ
JP2002179355A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
JP2002179356A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
WO2002079068A1 (fr) * 2001-03-29 2002-10-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Mecanisme de fixation pour monte-charge
CN1124225C (zh) * 1996-12-03 2003-10-15 英万蒂奥股份公司 模件化构造的电梯
JP2006021922A (ja) * 2004-07-09 2006-01-26 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの制御装置
JP2006021921A (ja) * 2004-07-09 2006-01-26 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの制御装置
US7025177B1 (en) 1999-07-19 2006-04-11 Lg Industrial Systems Co., Ltd. Elevator system without machine
US7178636B2 (en) 2003-03-25 2007-02-20 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator system
JP2007277015A (ja) * 2007-07-31 2007-10-25 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
JP2007284254A (ja) * 2007-07-09 2007-11-01 Hitachi Ltd トラクションエレベーター
CN101927931A (zh) * 2009-06-17 2010-12-29 株式会社日立制作所 电梯设备
JP2012246145A (ja) * 2004-03-15 2012-12-13 Inventio Ag 大荷重用エレベータ
JP2015508366A (ja) * 2012-01-06 2015-03-19 オーチス エレベータ カンパニーOtis Elevator Company エレベータ昇降路におけるバッテリの取り付け

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ATE273916T1 (de) * 1996-11-11 2004-09-15 Inventio Ag Aufzugsanlage mit im aufzugsschacht angeordneter antriebseinheit
EP0841283B1 (de) * 1996-11-11 2003-04-16 Inventio Ag Aufzugsanlage mit im Aufzugsschacht angeordneter Antriebseinheit
US5899300A (en) * 1996-12-20 1999-05-04 Otis Elevator Company Mounting for an elevator traction machine
US5931265A (en) 1997-03-27 1999-08-03 Otis Elevator Company Rope climbing elevator
DE19718626C1 (de) * 1997-05-02 1999-01-21 Thyssen Aufzuege Gmbh Seilgetriebener Aufzug
US6488124B1 (en) * 1997-09-26 2002-12-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Elevator
JP2001527016A (ja) 1997-12-23 2001-12-25 インベンテイオ・アクテイエンゲゼルシヤフト 駆動プーリを有するケーブルエレベータ
US6860367B1 (en) 1998-09-29 2005-03-01 Otis Elevator Company Elevator system having drive motor located below the elevator car
KR20010041289A (ko) * 1998-02-26 2001-05-15 로이드 디. 도이간 오버헤드 구동 모터를 갖는 엘리베이터 시스템
DE29924759U1 (de) 1998-02-26 2005-06-23 Otis Elevator Co., Farmington Zugelement für einen Aufzug
US6138799A (en) * 1998-09-30 2000-10-31 Otis Elevator Company Belt-climbing elevator having drive in counterweight
US7299896B1 (en) 1998-09-29 2007-11-27 Otis Elevator Company Elevator system having drive motor located adjacent to hoistway door
US7874404B1 (en) 1998-09-29 2011-01-25 Otis Elevator Company Elevator system having drive motor located between elevator car and hoistway sidewall
PT1066213E (pt) * 1998-02-26 2006-09-29 Otis Elevator Co Sistema de elevador com motor de accionamento montado em altura
DE29924339U1 (de) * 1998-07-13 2002-10-02 Inventio Ag Seilaufzug
JP4115015B2 (ja) * 1998-09-08 2008-07-09 東芝エレベータ株式会社 エレベータ制御装置
FI981987A0 (fi) * 1998-09-15 1998-09-15 Kone Corp Hissijärjestely
US6305499B1 (en) 1998-09-30 2001-10-23 Otis Elevator Company Drum drive elevator using flat belt
US6478117B2 (en) 1998-10-30 2002-11-12 Otis Elevator Company Elevator system having governor positioned under controller in hoistway at top floor level
US6848543B2 (en) 1998-10-30 2005-02-01 Otis Elevator Company Single wall interface traction elevator
US6039152A (en) * 1998-10-30 2000-03-21 Otis Elevator Company Elevator system with controller located under elevator landing
US6202793B1 (en) 1998-12-22 2001-03-20 Richard N. Fargo Elevator machine with counter-rotating rotors
US6085874A (en) * 1998-12-22 2000-07-11 Otis Elevator Company Rail-climbing elevator counterweight having flat machines
US7246688B2 (en) 1998-12-23 2007-07-24 Otis Elevator Company Elevator door system
FI111622B (fi) * 1999-01-27 2003-08-29 Kone Corp Vetopyörähissi ja taittopyörän käyttö
US6691833B1 (en) * 1999-02-05 2004-02-17 Inventio Ag Elevator without a machine room
JP4200603B2 (ja) * 1999-06-03 2008-12-24 三菱電機株式会社 エレベーター装置
DE19931396C2 (de) * 1999-07-07 2003-02-13 Schmitt & Sohn Aufzugwerke Seilzug-Aufzuganlage
ES2156833B1 (es) * 1999-10-15 2002-04-01 Autur S A Ascensor mejorado.
DE19963297B4 (de) * 1999-12-27 2005-02-24 Aufzugfabrik Wilhelm Nunn Gmbh & Co. Aufzug
AT410784B (de) * 2000-10-12 2003-07-25 Manfred Grubbauer Aufzuege Ges Aufzug
US6672013B1 (en) 2000-11-02 2004-01-06 Otis Elevator Company Method of installing elevator rails
WO2002100752A1 (es) * 2001-06-11 2002-12-19 Mac Puar, S.A. Disposición de máquina y bancada dentro del hueco para ascensores
CN1236990C (zh) 2001-08-23 2006-01-18 三菱电机株式会社 电梯装置
KR100560555B1 (ko) * 2001-08-29 2006-03-15 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터 장치
GB2395191B (en) * 2001-11-05 2005-10-19 Otis Elevator Co Traction sheave elevators
DE10154171A1 (de) * 2001-11-05 2003-05-28 Otis Elevator Co Modernisierung von Hydraulikaufzügen
GB2411887B (en) * 2001-11-05 2005-12-14 Otis Elevator Co Modernization of hydraulic elevators
EP1312575B1 (de) * 2001-11-16 2008-03-26 Inventio Ag Aufzugsanlage mit im Aufzugsschacht angeordneter Antriebseinheit und Steuerungseinheit
DE10205170B4 (de) * 2002-02-07 2005-07-21 Wittur Ag Treibscheibenaufzug
JP2004142927A (ja) 2002-10-28 2004-05-20 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ装置
KR100633950B1 (ko) * 2002-12-24 2006-10-13 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터 장치
DE102005002607A1 (de) * 2005-01-20 2006-08-10 System Antriebstechnik Dresden Gmbh Treibscheibenaufzug
DE102005060838B3 (de) * 2005-12-20 2007-03-01 Aufzugswerke M. Schmitt & Sohn Gmbh & Co. Seilaufzug

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE1740974U (de) * 1955-04-21 1957-03-07 Hans Lutz Maschf Triebwerksanordnung auf aufzuege.
DE69423519T2 (de) * 1993-06-28 2000-12-14 Kone Corp Aufzugsmaschinerie
FI94123C (fi) 1993-06-28 1995-07-25 Kone Oy Vetopyörähissi
FI93939C (fi) 1993-06-28 1995-06-26 Kone Oy Yläkoneistoinen vetopyörähissi
ES2148420T3 (es) * 1994-06-09 2000-10-16 Aldo Loiodice Sistema de elevacion autoportante y disposicion para montar el motor principal.

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1124225C (zh) * 1996-12-03 2003-10-15 英万蒂奥股份公司 模件化构造的电梯
JP2002504469A (ja) * 1998-02-26 2002-02-12 オーチス エレベータ カンパニー エレベータかごと昇降路側壁との間に配置された駆動モータを有するエレベータ装置
JPH11322208A (ja) * 1998-05-08 1999-11-24 Toshiba Corp エレベータ制御装置
JP2001019316A (ja) * 1999-07-09 2001-01-23 Mitsubishi Electric Corp エレベーター装置
US7025177B1 (en) 1999-07-19 2006-04-11 Lg Industrial Systems Co., Ltd. Elevator system without machine
KR20010021184A (ko) * 1999-08-03 2001-03-15 마코토 오키추 엘리베이터 장치
JP2001187678A (ja) * 1999-12-28 2001-07-10 Mitsubishi Electric Corp エレベータ装置
WO2001081227A1 (fr) * 2000-04-24 2001-11-01 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
WO2001089975A1 (fr) * 2000-05-26 2001-11-29 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
WO2002018257A1 (fr) * 2000-08-29 2002-03-07 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
JP2002087741A (ja) * 2000-09-19 2002-03-27 Toshiba Corp エレベータ
JP4557401B2 (ja) * 2000-09-19 2010-10-06 東芝エレベータ株式会社 エレベータ
JP2002179356A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
JP2002179355A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
WO2002079068A1 (fr) * 2001-03-29 2002-10-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Mecanisme de fixation pour monte-charge
US7178636B2 (en) 2003-03-25 2007-02-20 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator system
JP2012246145A (ja) * 2004-03-15 2012-12-13 Inventio Ag 大荷重用エレベータ
JP2006021921A (ja) * 2004-07-09 2006-01-26 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの制御装置
JP2006021922A (ja) * 2004-07-09 2006-01-26 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの制御装置
JP4566639B2 (ja) * 2004-07-09 2010-10-20 東芝エレベータ株式会社 エレベータの制御装置
JP2007284254A (ja) * 2007-07-09 2007-11-01 Hitachi Ltd トラクションエレベーター
JP4577333B2 (ja) * 2007-07-09 2010-11-10 株式会社日立製作所 トラクションエレベーター
JP2007277015A (ja) * 2007-07-31 2007-10-25 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
CN101927931A (zh) * 2009-06-17 2010-12-29 株式会社日立制作所 电梯设备
JP2015508366A (ja) * 2012-01-06 2015-03-19 オーチス エレベータ カンパニーOtis Elevator Company エレベータ昇降路におけるバッテリの取り付け

Also Published As

Publication number Publication date
FI945171A0 (fi) 1994-11-03
ES2148402T3 (es) 2000-10-16
DE69517915T2 (de) 2000-11-09
FI96198C (fi) 1996-05-27
DE69517915T3 (de) 2007-04-19
EP0710618B1 (en) 2000-07-12
DK0710618T3 (da) 2000-09-04
JP3014952B2 (ja) 2000-02-28
ES2148402T5 (es) 2007-02-01
DK0710618T4 (da) 2006-08-14
EP0710618A2 (en) 1996-05-08
DE69517915D1 (de) 2000-08-17
SI0710618T2 (sl) 2006-12-31
EP0710618B2 (en) 2006-06-21
EP0710618A3 (en) 1997-05-28
GR3034264T3 (en) 2000-12-29
FI96198B (fi) 1996-02-15
SI0710618T1 (en) 2000-10-31
PT710618E (pt) 2000-12-29
ATE194588T1 (de) 2000-07-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3014952B2 (ja) トラクションシーブエレベータ
FI94123B (fi) Vetopyörähissi
EP0749930B1 (en) Traction sheave elevator
KR100424162B1 (ko) 트랙션시브엘리베이터
KR100853662B1 (ko) 견인 로프풀리 엘리베이터
KR101143336B1 (ko) 엘리베이터 케이블 인장 장치
US7025177B1 (en) Elevator system without machine
JPH0840675A (ja) トラクションシーブエレベータ、巻上装置および機械用空間
JPWO2002024566A1 (ja) エレベータ装置
JP4713494B2 (ja) エレベータと装置
JP2003146555A (ja) エレベータ
WO2002098782A1 (fr) Dispositif ascenseur
EP1520831B1 (en) Elevator with reduced head and pit, even without machine room
JP3700412B2 (ja) トラクションエレベーター
KR101014215B1 (ko) 엘리베이터를 구성하기 위한 방법 및 엘리베이터 배송을위한 시스템
JP2000095461A (ja) トラクションエレベータ
KR20000025369A (ko) 엘리베이터의 로핑 방법
JP2000007253A (ja) 小形エレベータ装置
JPH05306083A (ja) エレベータ装置
KR102414241B1 (ko) 엘리베이터 케이지의 진동저감장치
JPH0348142Y2 (ja)
EP1113975B1 (en) Elevator arrangement
JP2000103582A (ja) トラクションエレベータ
JP2000203776A (ja) エレベ―タ
JP2001171940A (ja) エレベーター

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19991116

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071217

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111217

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121217

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121217

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131217

Year of fee payment: 14

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term