JPH08207829A - 車両のパフォーマンスロッド - Google Patents

車両のパフォーマンスロッド

Info

Publication number
JPH08207829A
JPH08207829A JP1657495A JP1657495A JPH08207829A JP H08207829 A JPH08207829 A JP H08207829A JP 1657495 A JP1657495 A JP 1657495A JP 1657495 A JP1657495 A JP 1657495A JP H08207829 A JPH08207829 A JP H08207829A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
performance rod
suspension
rod
parts
performance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1657495A
Other languages
English (en)
Inventor
Akihiko Kaneko
昭彦 金児
Original Assignee
Suzuki Motor Corp
スズキ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Suzuki Motor Corp, スズキ株式会社 filed Critical Suzuki Motor Corp
Priority to JP1657495A priority Critical patent/JPH08207829A/ja
Publication of JPH08207829A publication Critical patent/JPH08207829A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 部品点数が1つで済み、溶接作業を行う必要
がなく、しかも狭い隙間(空間)であっても配置できる
ような断面形状に任意に成形可能でありかつ充分な強度
をも確保し得るような車両のパフォーマンスロッドを提
供する。 【構成】 金属材料を押出し成形することにより閉断面
枠状部22とこの閉断面枠状部22の内部に延びるリブ
23,24とを一体成形して得られる押出し成形部材を
パフォーマンスロッド素材21aとし、パフォーマンス
ロッド素材21aを適宜形状に屈曲成形すると共に、パ
フォーマンスロッド素材21aの両端箇所γ1 ,γ2
上部部分を切削することによりパフォーマンスロッド素
材21aの両端箇所の天部を開放せしめ、この開放され
た両端部分γ1 ,γ2 をエンジンルーム1内の左右一対
のサスペンションタワー4への取付部とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ストラット式サスペン
ションを備えた四輪自動車等において、エンジンルーム
の左右両部にそれぞれ配設されるサスペンションタワー
の変形を防止するためにこれらのサスペンションタワー
(ストラットサポート)を互いに連結するパフォーマン
スロッドに関するものである。
【0002】
【従来の技術】四輪自動車のサスペンション型式の1つ
としてストラット式のものが広く採用されている。図8
は、ストラット式サスペンションを備えた従来公知の四
輪自動車を示すものであって、同図において、1は車体
前部に形成されたエンジンルーム、2は前輪の車軸を懸
架するストラット式サスペンションアッセンブリ、3は
このサスペンションアッセンブリ2の主要構成部材であ
るサスペンションストラットである。
【0003】上述のエンジンルーム1の左右両部箇所に
は、図8に示すように、サスペンションストラット3の
頭部3aを収容するためのサスペンションタワー(スト
ラットサポート)4がそれぞれ突設されている。そし
て、これらのサスペンションタワー4の天井部4aにサ
スペンションストラット3の頭部3aが取付けられてサ
スペンションタワー4と車軸(図示せず)との間にサス
ペンションストラット3が介在され、これにより車体が
サスペンションストラット3を介して車軸上に支持され
ている。
【0004】また、上述のサスペンションタワー4には
大きな荷重がかかるため、従来では通常、左右一対のサ
スペンションタワー4の変形を防止する目的のためにこ
れらのサスペンションタワー4をパフォーマンスロッド
5にて互いに連結する構成を採用している。図9は従来
のパフォーマンスロッド5を示すものであって、このパ
フォーマンスロッド5はクランク状に屈曲されたロッド
状のパイプ部材6とこのパイプ部材6の両端に溶接にて
一体に結合された板金製のブラケット部材7とをそれぞ
れ有するものである。なお、ブラケット部材7はプレー
ト材を屈曲成形して成る部材であって、パイプ部材6に
溶接にて連結される連結部8とこの連結部8に連設され
た取付板部9とで構成されている。そして、前記取付板
部9には、先端側において開放されたほぼU字状の開口
10が形成されると共に、この開口10の両側箇所に一
対のボルト挿通孔11が形成されている。
【0005】かくして、パフォーマンスロッド5の一対
のブラケット部材7が図8に示すように左右一対のサス
ペンションタワー4の天井部4a上に配置された状態で
ボルト挿通孔11を利用して前記天井部4aにボルト締
めされ、これにより、パフォーマンスロッド5が左右一
対のサスペンションタワー4の間に掛け渡されるように
構成されている。なお、サスペンションタワー4へのパ
フォーマンスロッド5の取付状態の下では、前記ブラケ
ット部材7の開口10内にサスペンションストラット3
の頭部3aの上端が収容配置されるようになっている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述の
如き従来のパフォーマンスロッド5では、次のような問
題点があった。すなわち、従来のパフォーマンスロッド
5はその構成部材として1本のパイプ部材6及び左右一
対のブラケット部材7の少なくとも3つ以上の部材を必
要とするので部品点数が多く、しかも2つのブラケット
部材7をパイプ部材6の両端に溶接結合する作業を行う
必要があるため、製作が面倒でコスト高になってしまう
不具合がある。さらに、パイプ部材6へのブラケット部
材7の取付けは既述のように溶接結合のため、溶接時に
生じた溶接歪を矯正するための面倒な作業も必要とな
り、さらにコストアップとなる。
【0007】また、左右一対のサスペンションタワー4
を連結するパフォーマンスロッド5のパイプ部材6はフ
ロントフード13とエンジン14との間の狭い空間(隙
間)15を通ることになるので(図7参照)、パイプ部
材6を構成するパイプ材の断面の大きさが制約され、パ
イプ径を強度向上のために図7において一点鎖線で示す
如く充分に大きく設定することができないのが実状であ
る。なお、パイプ部材6の強度向上のためにはパイプ部
材6を構成するパイプ材の肉厚を厚くすればよいのであ
るが、このようにするとパフォーマンスロッド5の重量
が重くなる上に、材料コストが高くなるという不具合を
生じる。
【0008】本発明は、このような問題点に鑑みてなさ
れたものであって、その目的は、部品点数が1つで済
み、溶接作業を行う必要がなく、しかも狭い空間(隙
間)であっても配置できるような断面形状に任意に成形
可能でありかつ充分な強度をも確保し得るような車両の
パフォーマンスロッドを提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上述の目的を達成するた
めに、本発明では、エンジンルームの左右両部にそれぞ
れ配設されるサスペンションタワーの変形を防止するた
めにこれらのサスペンションタワーを互いに連結する車
両のパフォーマンスロッドにおいて、金属材料を押出し
成形することにより閉断面枠状部とこの閉断面枠状部の
内部に延びるリブとを一体成形して得られる押出し成形
部材をパフォーマンスロッド素材とし、前記パフォーマ
ンスロッド素材を適宜形状に屈曲成形すると共に、前記
パフォーマンスロッド素材の両端箇所の上部部分を切削
することにより前記パフォーマンスロッド素材の両端箇
所の天部を開放せしめ、この開放された両端部分を前記
サスペンションタワーへの取付部としている。
【0010】
【作用】車両のパフォーマンスロッドを上述の如く構成
することにより、従来のようにブラケット部材をパイプ
部材の両端に溶接結合する必要がなくなり1つの部品点
数で済むこととなる。また、押出し成形にてリブを具備
するパフォーマンスロッド素材を製作するようにしてい
るので、必要強度に応じた断面形状を有し、かつ、エン
ジンとフードとの間の狭い空間に対応した断面形状に任
意に成形可能となる。
【0011】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図1〜図7
を参照して説明する。なお、図1〜図7において図8と
同一の部分には同一の符号を付してその詳細な説明を省
略する。
【0012】図1は本発明に係るパフォーマンスロッド
を備えた四輪自動車20の車体前部を示すものであっ
て、この四輪自動車20のエンジンルーム1内に形成さ
れた左右一対のサスペンションタワー4の上部において
これらが1本のパフォーマンスロッド21にて互いに連
結されている。
【0013】上述のパフォーマンスロッド21は、合金
材料を押出し成形して得られるストレート形状の成形部
材(押出し成形部材)をパフォーマンスロッド素材21
aとし、このパフォーマンスロッド素材21aを図2に
示す如く屈曲成形してその両端の天部を切削加工して開
放状態にして成るものである。本例におけるパフォーマ
ンスロッド素材21aは、図3に示すように、断面形状
が「目」の字形状に構成されており、具体的には、断面
矩形の閉断面枠状部22と、この閉断面枠状部22の底
壁22a及び天壁22bの間に連結されて上下方向に沿
って延びるように一体成形された一対のリブ23,24
とをそれぞれ具備している。
【0014】なお、パフォーマンスロッド素材21aの
閉断面枠状部22は、フロントフード13とエンジン1
4の間の狭い空間15(図7参照)に配置されるので、
図3に示すように、その断面の高さ寸法Hが相対的に低
く幅寸法Wが相対的に長い偏平な形状に設計されてい
る。かくして、押出し成形により得られたパフォーマン
スロッド素材21aの外観は、左右方向にストレートに
延びる長手状の偏平な矩形筒体として成形される。
【0015】上述の如く押出し成形により得られたスト
レート形状のパフォーマンスロッド素材21aは、次の
工程において、適宜形状に屈曲成形されると共に所定箇
所が切削加工されるようになっている。すなわち、この
作業に際しては、図2に明示するように、ストレート形
状のパフォーマンスロッド素材21aの両端の近傍箇所
をそれぞれ下方に向けて傾斜させ、これらの傾斜部分α
1 ,α2 の間の中間部分βと両端部分γ1 ,γ2 とを互
いにほぼ平行状にして全体としてクランク形状に成形す
る。そして、この屈曲成形の後に、図4において斜線で
示した前記両端部分γ1 ,γ2 の天部P(具体的には天
壁22b及びリブ23,24の上部部分)を切削加工し
て開放部28とする。さらに、切削加工部分に対応する
パフォーマンスロッド素材21aの底壁22aの両端部
分γ1 ,γ2 に、サスペンションタワー4への取付けの
ための複数のボルト挿通孔(取付孔)30及びサスペン
ションストラット3の頭部3aの上端を収容する1つの
逃げ穴31とを図2及び図5に示すようにそれぞれ形成
し、これらの両端部分γ1 ,γ2 をサスペンションタワ
ー4への取付部とする。これにより、自動車部品の1つ
としてパフォーマンスロッド21を得るようにしてい
る。
【0016】一方、上述のサスペンションタワー4の内
部には、図5及び図6に示すように、サスペンションア
ッセンブリ2を構成するサスペンションストラット3,
サスペンションストラット3の頭部3aのマウントゴム
33及びサスペンションスプリング34等が収容され、
サスペンションストラット3の頭部3aがサスペンショ
ンタワー4の天井部4aに取付けられている。なお、図
5において、35はホイールハウスパネルである。
【0017】次に、上述の如き構成のパフォーマンスロ
ッド21を左右一対のサスペンションタワー4の間に取
付ける場合の作業に付き述べると、以下の通りである。
まず、図5に示す如く、パフォーマンスロッド21の両
端部分(取付部)γ1 ,γ2の底面を左右一対のサスペ
ンションタワー4の天井部4a上に載置し、上面が開放
された開放部28及び複数のボルト挿通孔30を利用し
て前記両端部分γ1 ,γ2 を図5に示すように前記天井
部4aにボルト36及びナット37にて締付固定する。
この際、前記天井部4aに取付けられているサスペンシ
ョンストラット3の頭部3aの上端をパフォーマンスロ
ッド21の逃げ穴31内に挿通して収容した状態で配置
する。これにより、パフォーマンスロッド21が左右一
対のサスペンションタワー4の間に掛け渡された状態で
架設され、サスペンションタワー4の変形防止が図られ
る。
【0018】また、パフォーマンスロッド21の傾斜部
分α1 ,α2 及び中間部分βは、図6に示すように、エ
ンジンルーム1内に配置されたエンジン14を回避する
ために前記両端部分(取付部)γ1 ,γ2 よりも上方側
に配置され、前記中間部分βがエンジン14とフロント
フード13との間の狭い空間15を横切るように配置さ
れる。
【0019】このような構成の本例のパフォーマンスロ
ッド21によれば、押出し成形にて得られたパフォーマ
ンスロッド素材21aを屈曲成形及び切削加工(機械加
工)することによりパフォーマンスロッド21を製作す
るようにしているので、従来のように複数の部材を必要
とすることなく単一の部材にてパフォーマンスロッド2
1を構成できることとなる。また、フロントフード13
とエンジン14との間の空間15が狭く、従来構造のパ
フォーマンスロッド5では強度向上のために大径化が不
可能であったところでも、本例のパフォーマンスロッド
21によれば、断面形状の外径寸法すなわち高さ寸法H
及び幅寸法W,リブ23,24の本数及び板厚,閉断面
枠状部22の底壁22a及び天壁22bの板厚を任意に
設定できるので、充分な強度を確保したパフォーマンス
ロッド21を上述の狭い空間15内に配置することが可
能となる。
【0020】以上、本発明の一実施例につき述べたが、
本発明はこの実施例に限定されるものではなく、本発明
の技術的思想に基づいて各種の変形及び変更が可能であ
る。例えば、既述の実施例では、2本のリブ23,24
を閉断面枠状部22に一体成形するようにしたが、これ
に限らず、3本以上のリブを設けるようにしてもよく、
またリブを1本だけ設けて断面が「日」の字状となるよ
うに構成してもよい。
【0021】
【発明の効果】以上の如く、本発明は、金属材料を押出
し成形することにより閉断面枠状部とこの閉断面枠状部
の内部に延びるリブとを一体成形して得られる押出し成
形部材をパフォーマンスロッド素材とし、前記パフォー
マンスロッド素材を適宜形状に屈曲成形すると共に、前
記押出し成形部材の両端箇所の上部部分を切削すること
により前記押出し成形部材の両端箇所の天部を開放せし
め、この開放された両端部分を前記サスペンションタワ
ーへの取付部としたものであるから、従来のように複数
の部材を必要とすることなくパフォーマンスロッドを構
成でき、部品点数を1つで済ますことができる。そのた
め、パフォーマンスロッドの管理コストを低減できると
共に、従来のような溶接作業が不要となって溶接歪を矯
正する作業を行わずに済むため、パフォーマンスロッド
の製作コストの低減が可能となる。しかも、パフォーマ
ンスロッドの寸法を高精度に維持できる。
【0022】また、押出し成形にてパフォーマンスロッ
ド素材を作るようにしているため、その断面形状を必要
強度に応じた形状に任意に設定することができることと
なり、エンジンとフードとの間の狭い空間にパフォーマ
ンスロッドを配置しなければならない場合であっても、
充分な強度を確保したパフォーマンスロッドを狭い空間
に配置することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るパフォーマンスロッドを備えた四
輪自動車の車体前部の斜視図である。
【図2】本発明に係るパフォーマンスロッドの斜視図で
ある。
【図3】図2におけるC−C線断面図である。
【図4】本発明に係るパフォーマンスロッドの端部を図
2において矢印X方向から見た正面図である。
【図5】図1におけるA−A線断面図である。
【図6】図1におけるB−B線断面図である。
【図7】本発明に係るパフォーマンスロッドがエンジン
とフロントフードとの間の空間に配置されている状態を
示す断面図である。
【図8】従来のパフォーマンスロッドを備えた四輪自動
車の車体前部の斜視図である。
【図9】従来のパフォーマンスロッドの斜視図である。
【符号の説明】
1 エンジンルーム 2 ストラット式のサスペンションアッセンブリ 3 サスペンションストラット 3a 頭部 4 サスペンションタワー(ストラットサポート) 4a 天井部 13 フロントフード 14 エンジン 15 空間 20 四輪自動車 21 パフォーマンスロッド 21a パフォーマンスロッド素材 22 閉断面枠状部 22a 底壁 22b 天壁 23,24 リブ 28 開放部 30 取付孔 31 逃げ穴 α1 ,α2 パフォーマンスロッドの傾斜部分 β パフォーマンスロッドの中間部分 γ1 ,γ2 パフォーマンスロッドの両端部分

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 エンジンルームの左右両部にそれぞれ配
    設されるサスペンションタワーの変形を防止するために
    これらのサスペンションタワーを互いに連結する車両の
    パフォーマンスロッドにおいて、金属材料を押出し成形
    することにより閉断面枠状部とこの閉断面枠状部の内部
    に延びるリブとを一体成形して得られる押出し成形部材
    をパフォーマンスロッド素材とし、前記パフォーマンス
    ロッド素材を適宜形状に屈曲成形すると共に、前記パフ
    ォーマンスロッド素材の両端箇所の上部部分を切削する
    ことにより前記パフォーマンスロッド素材の両端箇所の
    天部を開放せしめ、この開放された両端部分を前記サス
    ペンションタワーへの取付部としたことを特徴とする車
    両のパフォーマンスロッド。
JP1657495A 1995-02-03 1995-02-03 車両のパフォーマンスロッド Pending JPH08207829A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1657495A JPH08207829A (ja) 1995-02-03 1995-02-03 車両のパフォーマンスロッド

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1657495A JPH08207829A (ja) 1995-02-03 1995-02-03 車両のパフォーマンスロッド

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08207829A true JPH08207829A (ja) 1996-08-13

Family

ID=11920067

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1657495A Pending JPH08207829A (ja) 1995-02-03 1995-02-03 車両のパフォーマンスロッド

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08207829A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015080949A (ja) * 2013-10-21 2015-04-27 日野自動車株式会社 車両のサスペンション構造
JP2016117339A (ja) * 2014-12-19 2016-06-30 スズキ株式会社 車両前部構造
CN107190693A (zh) * 2016-08-17 2017-09-22 岑溪市东正动力科技开发有限公司 一种高速公路用道路高效清洗装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015080949A (ja) * 2013-10-21 2015-04-27 日野自動車株式会社 車両のサスペンション構造
JP2016117339A (ja) * 2014-12-19 2016-06-30 スズキ株式会社 車両前部構造
CN107190693A (zh) * 2016-08-17 2017-09-22 岑溪市东正动力科技开发有限公司 一种高速公路用道路高效清洗装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7021703B2 (en) Vehicle rear body structure
EP2459401B1 (en) Structural i-beam automotive suspension arm
US5472063A (en) Front body structure of automotive vehicle
US6733040B1 (en) Closed channel structural member having internal reinforcement for vehicle body and frame assembly
EP0765800B1 (en) Body frame for motorcycle
US7575244B2 (en) Structural I-beam automotive suspension arm
JP3470033B2 (ja) 自動車の車体フレーム構造
EP0278479B1 (en) Vehicle structure, especially chassis frame structure
US6409216B2 (en) Suspension frame construction
EP1439109B1 (en) Front structure for vehicle
US6398262B1 (en) Modular subframe assembly for a motor vehicle
JP3788175B2 (ja) サスペンションフレーム構造
US4268053A (en) Wheel fender assembly
US5123696A (en) Rear body structure for an automotive vehicle
US5213386A (en) Space frame construction
US4369981A (en) Fuel tank fitting structure
US5412860A (en) Method of making a back-rest frame for a seat
US7390047B2 (en) Front part structure of vehicle body
EP1982856A1 (en) Automobile body frame structure
EP1100714B1 (en) Automotive vehicle cast frame components
US6435584B1 (en) Extruded node for attaching body mount bushings to tubular vehicle frame components
US6786536B2 (en) Body structure of motor vehicles
US20050082782A1 (en) Assembly of motor vehicle body and a power train and chassis module
US20020163173A1 (en) Contoured hip/straight member vehicle frame
US6702309B2 (en) Rear suspension for vehicles