JPH08206746A - 深絞り装置 - Google Patents

深絞り装置

Info

Publication number
JPH08206746A
JPH08206746A JP7034586A JP3458695A JPH08206746A JP H08206746 A JPH08206746 A JP H08206746A JP 7034586 A JP7034586 A JP 7034586A JP 3458695 A JP3458695 A JP 3458695A JP H08206746 A JPH08206746 A JP H08206746A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
punch
blank
blank holder
die
bending member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7034586A
Other languages
English (en)
Inventor
Masahiro Suganuma
雅弘 菅沼
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Isuzu Motors Ltd
Original Assignee
Isuzu Motors Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Isuzu Motors Ltd filed Critical Isuzu Motors Ltd
Priority to JP7034586A priority Critical patent/JPH08206746A/ja
Publication of JPH08206746A publication Critical patent/JPH08206746A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 プレス加工機のプレスストローク以上の絞り
深さを有する製品を簡易な構成の型を用いて1ストロー
クで成形する。 【構成】 プレス加工機に取付けるパンチ1の周囲にブ
ランクホルダー3を摺動可能に設置し、ブランクホルダ
ー3がブランク4の周縁部を押圧する前は、パンチの先
端部及び該先端部に設置した予備曲げ部材5をブランク
ホルダー3より突出させ、ブランクホルダ3ーがブラン
ク4を押圧すると前記予備曲げ部材の先端部がパンチの
先端部と面一となるように構成した。予備曲げ部材5は
パンチ1の先端部よりスプリング6の付勢で突出保持さ
れる突条5としたり、パンチの先端部より突出保持され
る弾性体とする。ブランクホルダーがブランクの周縁部
を押圧する前に、パンチの先端部に設けた予備曲げ部材
5がブランク4に接触してこれを押圧して予備曲げを行
い、引き続きパンチ1とダイ2で深絞りを行う。この際
予備曲げ部材5は、絞り成形圧力によりその先端部がパ
ンチの先端部と面一に変位する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、自動車の外板、例えば
バンタイプ自動車のルーフ等のような深絞り形状のパネ
ルの成形に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の絞り成形では、ブランクホールダ
ーがパネルブランクをダイに押付けた後、パンチがパネ
ルブランクに成形のための接触を開始する方式であり、
絞り成形の深さはプレス加工機の有するプレスストロー
クの範囲内に限定されている。従って、さらに大きな絞
り成形の深さを要するパネルデザインでは別のプレス型
(パンチ型とダイ型)により2次加工を必要としてい
る。
【0003】図5は、従来の絞り成形工程を示す図であ
る。図5Aはプレス加工機が停止状態にあり、31はパ
ンチ、32はダイ、33はブランクホルダーを示し、パ
ネルブランク34はダイ32の上にセットされた状態に
ある。ブランクホルダー33とパネルブランク34との
間隙にはプレスアプローチlを設けている。図5Bはプ
レス加工機が作動を開始し、パンチ31はブランクホル
ダー33と共に固定したダイ32に向けて下降し、ブラ
ンクホルダー33がパネルブランク34に接触しこれを
押圧する状況を示す。この状態ではパンチ31の下端3
1aはパネルブランク34に接触して成形動作を起こす
には至っていない。この際のパンチ31の下端31aと
ダイ32の底面32aの距離mがプレス加工機のプレス
ストロークであり、パネルの絞り成形はこのプレススト
ロークmにより行われる。
【0004】図5Cはパンチ31がブランクホルダー3
3とは別個にプレスストロークmを下降してパネルブラ
ンク34をダイ32に押付けて絞り成形を行った状況で
あり、nは絞り深さを示す。この間、ブランクホルダー
33はパネルブランク34の周辺をダイ32の上部に適
宜な力で押圧し、絞り成形過程でパネルに皺が発生する
のを防止する。以上で絞り成形動作は終了し、ダイ3
1,ブランクホルダー33は上昇して図5Aの状態に戻
り、成形済みのパネルを取り出し、新たなパネルブラン
クをセットして次加工のサイクルに入る。前記のように
絞り成形はプレス加工機のプレスストロークmにより行
われ、絞り深さnはプレスストロークmより大きくする
ことはできない。通常のプレスストロークは概ね300〜3
50mmである。
【0005】実開昭61−111613号公報には、同
一プレス加工機に取付けるプリベンド装置によりブラン
クの予備曲げを行い、次いでこのブランクを曲げ型に挿
入して加工機の2ストロークで曲げ成形を行い、曲げ成
形品のスプリングバックを防止する装置が記載されてい
る。
【0006】実開平1−105019号公報には、ダイ
の底部にパネルブランクの下面を吸着する上下動可能の
バキュウムカップを設け、パネルブランクの絞り成形を
行う前にバキュームカップによりパネルブランクを吸着
し、下方に湾曲させてからパンチ、ダイにより成形する
深絞り加工装置が記載されている。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】従来の絞り成形では、
絞り深さがプレス加工機の有するプレスストロークの範
囲内に限定され、それより深さの大きい製品デザインの
要求には別途の2次絞り加工を必要とし、コストアップ
となる。上記実開昭61−111613号公報に記載さ
れた装置では、同一加工機で2ストロークを必要として
加工能率が低下し、また専用の装置を型以外に必要とす
る。また、実開平1−105019号公報に記載された
装置は、成形型にバキュウムカップとそのバキューム
源、上下駆動装置及びそれ等の制御を必要とし型が高価
なものとなり結果としてコストアップとなる。
【0008】本発明は、プレス加工機のプレスストロー
ク以上の絞り深さを有する製品パネルを2次加工を必要
とせず、また高価な型や余分なプレス加工機のストロー
クも要せず安価に提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、プレス加工機
の可動ヘッド又は固定ベッドに取り付けるパンチの周囲
にブランクホルダーを摺動可能に設置し、ダイの方向へ
付勢して絞り加工中にブランクの周縁部をダイの周縁部
に押圧する深絞り装置において、前記ブランクホルダー
がブランクの周縁部を押圧する前は、前記パンチの先端
部及び該先端部に設置した予備曲げ部材を前記ブランク
ホルダーより突出させ、前記ブランクホルダーがブラン
クを押圧すると前記予備曲げ部材の先端部がパンチの先
端部と面一となるように構成した深絞り装置であって、
前記予備曲げ部材はパンチの先端部よりスプリングの付
勢で突出保持される突条としたり、パンチの先端部より
突出保持される弾性体とするものである。
【0010】
【作用】ブランクホルダーがブランクの周縁部を押圧す
る前に、パンチの先端部に設けた予備曲げ部材がブラン
クに接触してこれを押圧して予備曲げを行い、引き続き
パンチとダイで深絞りを行う。この際予備曲げ部材は、
絞り成形圧力によりその先端部がパンチの先端部と面一
に変位する。
【0011】
【実施例】図1は、本発明の第1実施例を示す。本実施
例は図示しないダブルアクションのプレス加工機に取付
けられ、プレス加工機は成形加工開始前の停止した状態
にある。パンチ1はダイ2に正対してセットされ、パン
チ1の周囲にはパンチ1とは別個に摺動可能なブランク
ホルダー3を設け、パンチ1とブランクホルダー3はダ
ブルアクションのプレス加工機によりそれぞれ別個の上
下の成形加工の動作を可能としている。パネルブランク
4はダイ2の上にセットされた状態にあり、パネルブラ
ンク4の上面とブランクホルダー3下端の距離aがプレ
スアプローチである。
【0012】ダイ1に設けた孔7に突条からなる予備曲
げ部材5を摺動可能に嵌着し、ダイ1に固設する保持部
材8との間にスプリング6を介装してダイ1の先端部よ
り突出した状態で保持する。また保持部8にはエアー抜
き孔9を設ける。なお、スプリング6に代え、圧縮性流
体により弾発付勢しても良い。成形加工開始前の停止し
た状態では、パンチ1の下端はブランクホルダー3より
下方に突出し、予備曲げ部材5の下端は更にパンチ1の
下端より突出した構成としている。
【0013】次いで、本発明の作動について説明する。
図2に、成形加工の各ステップの状況を示す。図2Aは
図示しないプレス加工機によりパンチ1とブランクホル
ダー3が共に下降した状況で、予備曲げ部材5の先端が
パネルブランク4の上面に接触し、スプリング6の付勢
力がパネルブランク4の反力より大きく、これに予備曲
げ変形を生じさせる。この状態では、ブランクホルダー
3はパネルブランク4をダイ2の上面に押圧せず、予備
曲げの効果によりパネルブランク4のより広い面積の部
分を絞り成形の対象とすることがことができる。
【0014】図2Bはパンチ1とブランクホルダー3の
下降が進み、ブランクホルダー3がパネルブランク4に
接触してダイ2の上面に押圧した状態である。パンチ1
はダイ2にパネルブランク4をブランクホルダー3の押
圧力に抗して押込みを開始し、この際予備曲げ部材5の
先端はパネルブランク4に生ずる反力により後退する。
この際のパンチ1の最凸部とダイ2の最凹部との距離が
プレスストーロクbであり、このプレスストーロクはプ
レス加工機により限定される。
【0015】図2Cは図示しないダブルアションのプレ
ス加工機によりブランクホルダー3が適宜な力でパネル
ブランク4をダイ2の上面に押圧し、これと別個にパン
チ1は下降を継続してパネルブランク4をダイ1に押し
付け、深絞り加工が完成した状態を示す。図2Dは絞り
加工を終了後、パンチ1,ブランクホルダー3が共に上
昇後退して初期位置に停止した状態を示す。絞り加工の
終了したパネル4’を取り出し、新たなパネルブランク
をセットして次の加工サイクルに入る。
【0016】絞り加工の終了したパネル4’の最上面と
最下面の距離が絞り深さcであり、プレスストーロクb
より大とすることができる。通常のプレスストロークは
概ね300〜350mmであるが、本装置では、プレス加工機に
より限定されるプレスストロークb以上の絞り深さcの
深絞り加工ができ、概ね400〜600mmの深絞り加工が可能
となった。また、パネルブランク4のより広い面積の部
分を絞り成形の対象とすることにより、深絞りを行って
も材料の切れが発生せず、ブランクホルダー3の押圧力
により絞り部に皺の発生も生じない。
【0017】図3は、シングルアクションのプレス加工
機で深絞りの可能な第2実施例を示す。図3は図示しな
いシグルアクションのプレス加工機に取付けられた状態
で、プレス加工機は成形加工開始前の停止した状態にあ
る。図1に示す第1実施例では固定していたダイを、こ
の実施例ではダイ11をシグルアクションのプレス加工
機の可動ヘッドに設置し、パンチ10をプレス加工機の
固定ベッドに設けたもので、ブランクホルダー12はパ
ンチ10に対し、図示しない機構により図に示す位置を
最上限とし下方へ摺動可能とし、かつ適宜な押圧力で上
方へ付勢する。パンチ10には前記第1実施例と同様
に、予備曲げ部材13を摺動可能に嵌着し、パンチ10
に固設する保持部材15との間にスプリング14を介装
してパンチ10の先端部より突出した状態で保持する。
また保持部15にはエアー抜き孔16を設ける。
【0018】本実施例では上型のダイ11が単独の動き
でよいので、安価なシグルアクションのプレス加工機を
用いて深絞り加工を可能とするものである。本実施例の
作動については、パネルブランク4が自重による予備曲
げ効果も得られる他は、図1に示す第1実施例と実質的
に同様である。
【0019】図4に、第3実施例を示す。本実施例は、
図3に示す実施例における予備曲げ部材及びこれを付勢
するスプリングに代え、自体が伸縮自在な硬質ゴムや発
泡体とした弾性部材21をパンチ17の先端の凹所20
に設置し、パネルブランク4をダイ18の下降により弾
性部材21により予備曲げを行い、、次いでブランクホ
ルダー19でパネルブランク4を押圧し、深絞り加工を
行うものである。本実施例はシングルアクションのプレ
ス加工機を対象とする構成といているが、第1実施例に
おけると同様にダブルアクションのプレス加工機に適用
してもよい。
【0020】
【発明の効果】本発明は、簡単な型構成の装置を用い、
プレス加工機の1工程でプレストローク以上の深さの深
絞り加工を能率よく行うことが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施例の説明図。
【図2】第1実施例の作動の説明図。
【図3】本発明の第2実施例の説明図。
【図4】本発明の第3実施例の説明図。
【図5】従来のプレス成形工程の説明図
【符号の説明】
1,10,17 パンチ 2,11,18 ダイ
3 ブランクホルダー 4 パネルブランク 5,13,21 予備曲げ部材

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 プレス加工機の可動ヘッド又は固定ベッ
    ドに取り付けるパンチの周囲にブランクホルダーを摺動
    可能に設置し、ダイの方向へ付勢して絞り加工中にブラ
    ンクの周縁部をダイの周縁部に押圧する深絞り装置にお
    いて、前記ブランクホルダーがブランクの周縁部を押圧
    する前は、前記パンチの先端部及び該先端部に設置した
    予備曲げ部材を前記ブランクホルダーより突出させ、前
    記ブランクホルダーがブランクを押圧すると前記予備曲
    げ部材の先端部がパンチの先端部と面一となるように構
    成したことを特徴とする深絞り装置。
  2. 【請求項2】 前記予備曲げ部材をパンチの先端部より
    スプリングの付勢で突出保持される突条とした請求項1
    記載の深絞り装置。
  3. 【請求項3】 前記予備曲げ部材をパンチの先端部より
    突出保持される弾性体とした請求項1記載の深絞り装
    置。
JP7034586A 1995-01-30 1995-01-30 深絞り装置 Pending JPH08206746A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7034586A JPH08206746A (ja) 1995-01-30 1995-01-30 深絞り装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7034586A JPH08206746A (ja) 1995-01-30 1995-01-30 深絞り装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08206746A true JPH08206746A (ja) 1996-08-13

Family

ID=12418434

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7034586A Pending JPH08206746A (ja) 1995-01-30 1995-01-30 深絞り装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08206746A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100412665B1 (ko) * 2001-06-15 2003-12-31 현대자동차주식회사 패널의 비정상 굴곡 방지를 위한 프레스 금형구조
KR100471220B1 (ko) * 2002-04-12 2005-03-08 현대자동차주식회사 금형의 패널 굴곡 방지장치
JP2006205245A (ja) * 2005-01-31 2006-08-10 Toyota Motor Corp 絞り加工品およびその製造方法
JP2007111725A (ja) * 2005-10-19 2007-05-10 Nippon Steel Corp 形状凍結性に優れたプレス成形方法及びプレス金型
CN103406416A (zh) * 2013-08-27 2013-11-27 山东威高集团医用高分子制品股份有限公司 压力蒸汽灭菌器密封圈环座加工装置
CN103658290A (zh) * 2013-12-27 2014-03-26 上海第二工业大学 基于拉深的钣金件局部变形调节装置以及调节方法
JP2017202525A (ja) * 2016-05-13 2017-11-16 アウディ アクチェンゲゼルシャフトAudi Ag 複雑なシート状の金属部品を深絞り成型するための方法およびそのためのプレス装置
EP2512702B1 (de) * 2009-12-17 2020-04-29 ThyssenKrupp Steel Europe AG Verfahren und vorrichtung zur herstellung eines halbschalenteils

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100412665B1 (ko) * 2001-06-15 2003-12-31 현대자동차주식회사 패널의 비정상 굴곡 방지를 위한 프레스 금형구조
KR100471220B1 (ko) * 2002-04-12 2005-03-08 현대자동차주식회사 금형의 패널 굴곡 방지장치
JP2006205245A (ja) * 2005-01-31 2006-08-10 Toyota Motor Corp 絞り加工品およびその製造方法
JP4561984B2 (ja) * 2005-01-31 2010-10-13 トヨタ自動車株式会社 絞り加工品およびその製造方法
JP2007111725A (ja) * 2005-10-19 2007-05-10 Nippon Steel Corp 形状凍結性に優れたプレス成形方法及びプレス金型
EP2512702B1 (de) * 2009-12-17 2020-04-29 ThyssenKrupp Steel Europe AG Verfahren und vorrichtung zur herstellung eines halbschalenteils
CN103406416A (zh) * 2013-08-27 2013-11-27 山东威高集团医用高分子制品股份有限公司 压力蒸汽灭菌器密封圈环座加工装置
CN103658290A (zh) * 2013-12-27 2014-03-26 上海第二工业大学 基于拉深的钣金件局部变形调节装置以及调节方法
JP2017202525A (ja) * 2016-05-13 2017-11-16 アウディ アクチェンゲゼルシャフトAudi Ag 複雑なシート状の金属部品を深絞り成型するための方法およびそのためのプレス装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2006773C (en) Method and device for pressing sheet material with a deformable punch under a ram
JP4611205B2 (ja) 板材のプレス成形方法およびプレス成形装置
JPH0929349A (ja) 可変ビードを利用した絞り成形方法および装置
JP2680905B2 (ja) 薄板材をプレス加工するための装置
CN207103562U (zh) 一种薄板冲孔模具结构
JPH08206746A (ja) 深絞り装置
JP2006142371A (ja) 絞り成形方法及び絞り成形装置
JP3459004B2 (ja) プレス成形方法及びその装置
JP5385732B2 (ja) プレス成形装置及びプレス成形方法
JPH1177176A (ja) エンボス成形加工方法及びエンボス成形金型
CN105268848B (zh) 用于成型汽车后背门板的成型模具
JP2015066584A (ja) プレス成形方法及びプレス成形金型
JP2002143937A (ja) 絞り加工装置および絞り加工方法
JP2006255781A (ja) 絞り成形装置
JP2505346B2 (ja) ダイ成形金型
JP2000233232A (ja) フランジ加工用プレス成形装置
JPH0890094A (ja) 段付絞り製品成形装置
CN217393489U (zh) 一种冲压模成形结构
CN215614467U (zh) 一种汽车骨架的稳定冲压模具
JP2596437B2 (ja) 縁曲げ加工装置
JPH065724U (ja) プレス金型
JPH08215770A (ja) プレス成形方法及びそのプレス装置
JP2518827Y2 (ja) 絞り加工装置
JP2002113536A (ja) 成形素材の成形性向上方法およびその装置
JP3840714B2 (ja) ヘミング加工方法およびヘミング加工装置