JPH08180120A - Medicine history management system - Google Patents

Medicine history management system

Info

Publication number
JPH08180120A
JPH08180120A JP31957294A JP31957294A JPH08180120A JP H08180120 A JPH08180120 A JP H08180120A JP 31957294 A JP31957294 A JP 31957294A JP 31957294 A JP31957294 A JP 31957294A JP H08180120 A JPH08180120 A JP H08180120A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
patient
hospital
medication history
group
unified
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31957294A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Noriyuki Kato
Morimasa Minoshima
紀幸 加藤
守昌 蓑島
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a medicine history management system which enables the medicine history of a patient who visits doctors in a hospital group to easily be referred to at the respective hospitals.
CONSTITUTION: A host hospital has a communication I/F 24 for connecting the hospitals in the group through a network, a prescription data file 110 for recording the medicine histories of all patients examined at the hospitals in the group and performing centralized management, and a host computer 4 which performs a process for assigning the uniform patient numbers common to all the hospitals in the hospital group to new patients at all the hospitals in the hospital group; when a request specifying the uniform patient number of a patient is received from a hospital in the hospital group, the medicine histories of the patient prescribed for at all the hospitals in the hospital group are taken out of the prescription data file 110 and sent.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は薬歴管理システム、特に患者がグループ内のどの病院で診療されてもその患者に対する薬歴をグループ内のどの病院からでも容易に参照できる薬歴管理システムに関する。 The present invention relates to a medication history management system, and more particularly to a medication history management system to be medical care in any hospital a medication history for the patient can be referenced from any hospital even easily in the group of patients in the group .

【0002】 [0002]

【従来の技術】図4は、それぞれの病院内における従来の薬歴管理システムを示した図である。 BACKGROUND ART FIG. 4 is a diagram showing a conventional medication history management system within each hospital. 病院内では、L In the hospital, L
AN(ローカルエリアネットワーク)が構築されており、各診察室等に設置された複数の端末装置2とホストコンピュータ4とが接続されている。 AN (Local Area Network) is constructed, and a plurality of terminal devices 2 and the host computer 4 that is installed in each examination room or the like is connected. ホストコンピュータ4には外部記憶装置が接続され、医事データベース6、管理ファイル8、処方データファイル10、薬品マスタファイル12及び汎用マスタファイル14に分類している。 The host computer 4 is an external storage device connected, medical database 6, management file 8, the prescription data file 10, are classified in medicine master file 12 and the universal master file 14. 医事データベース6には、診察にかかった費用等会計処理に関する情報が記録されている。 The medical database 6 information on expenses accounting took the examination are recorded. 管理ファイル8には、プリンタの接続先等システム環境を管理するための情報が含まれている。 The management file 8 contains information to manage the connection destination such as a system environment of the printer. 処方データファイル10には、患者に対する処方の内容である薬歴が記録されている。 The prescription data file 10, is medication history is the content of the prescription for the patient are recorded. 薬品マスタファイル12には、薬品に関する情報が含まれている。 The medicine master file 12, which contains information about chemicals. そして、汎用マスタファイル14には、 Then, in the general-purpose master file 14,
医師の氏名、薬品の用法、効能等診療には必ずしも必要ではなく前述したいずれかのデータベースに含めることのできない若しくは分類しにくいその他の情報が含まれている。 The doctor's name, usage of chemicals, are included can not or classification is difficult to other information be included in any of the databases mentioned above, not necessarily required for efficacy, such as medical care. 更に、ホストコンピュータ4には、処方箋を印刷するために薬局、端末装置2の付近等に配置された複数のプリンタ16が接続されている。 Further, the host computer 4, a plurality of printers 16 arranged pharmacies, near the like of the terminal device 2 to print the prescription is connected.

【0003】端末装置2は、一般的なパーソナルコンピュータであり、ホストコンピュータ4にアクセスして処方箋の発行等を行う。 [0003] The terminal apparatus 2 is a general personal computer, performs the issuance of the prescription by accessing the host computer 4. 各端末装置2は、前述したホストコンピュータ4と同じ内容の薬品マスタファイル12及び汎用マスタファイル14を有しており、ホストコンピュータ4から適宜ダウンラインロードされる。 Each terminal unit 2 has a medicine master file 12 and the universal master file 14 of the same content as the host computer 4 described above are appropriately downline load from the host computer 4.

【0004】次に、以上のシステムにおいて、患者が病院に来訪し処方箋が発行されるまでの流れを説明する。 [0004] Next, in the above system will be described a flow until the patient is issued a prescription to visit the hospital.

【0005】再来患者であれば、医師は端末装置2よりその患者に対する処方情報を要求する。 [0005] If the second coming patient, the physician requests the prescription information for the patient from the terminal device 2. ホストコンピュータ4は、端末装置2からの要求に含まれるその患者に対する患者番号に基づいて患者を特定すると、医事データベース6及び処方データファイル10よりその患者に関する情報を含む患者情報テキスト18及びその患者に対する処方、過去の投薬の履歴(薬歴)に関する情報を含む処方情報テキスト20を作成し、端末装置2に送信する。 The host computer 4, for that when specifying the patient based on the patient ID to the patient, the patient information text 18, and the patient includes information about the patient from the medical database 6 and prescription data file 10 contained in the request from the terminal apparatus 2 formulation, to create the prescription information text 20 containing information about past medication history (medication history), to the terminal apparatus 2. 医師は、それらの情報を画面表示し処方情報に含まれる薬歴等を参照しながら今回の処方を決定する。 The physician, to determine the current prescription with reference to the medication history or the like contained in the information displayed on the screen of the prescribing information. 処方の実施後、端末装置2より今回分の処方に関する情報を処方情報テキスト20に追加しホストコンピュータ4 After implementation of the formulation, the host computer 4 to add the information about this component of the formulation from the terminal apparatus 2 to the prescribing information text 20
に送信する。 To send to. ホストコンピュータ4は、受信した処方情報テキスト20を編集し処方データファイル10にその患者の薬歴として更新する。 The host computer 4, edit the prescription information text 20 received updates as medication history of the patient to the prescription data file 10. 更新された処方データファイル10は、次回の診察時における参照データまたは前回と同じ処方を行う場合の前回DOデータとして使用される。 Updated prescription data file 10 is used as the previous DO data when performing the same formulation as the reference data or the last in the next examination. また、ホストコンピュータ4は、管理ファイル8 In addition, the host computer 4, management file 8
から出力先プリンタの情報を得て処方箋を発行する。 Get information output destination printer from issuing the prescription.

【0006】一方、その患者が新規であれば、その患者に対して一般に患者番号と呼ばれる各患者固有の番号が新たに採番される。 [0006] On the other hand, the patient if it is new, each patient a unique number that is commonly referred to as patient number for the patient is newly numbered. 医師は、再来患者と同様に診療を行うわけであるが、初診なのでその患者に関する処方、薬歴等の情報を得ることはない。 Physician, although not performing medical like the second coming patient, since the first visit regimen for the patient, not possible to obtain information such as medication history. 処方決定後の処理は、再来患者と同じであるが、初診なので処方データファイル10にその患者の薬歴が新たに記録される。 Treatment after formulation determination is the same as the second coming patient, medication history of the patient to the prescription data file 10 is newly recorded so initial visit.

【0007】ところで、大規模な病院では、系列の病院、分院、診療所等の医療機関を遠隔地に持ち、病院グループを形成している場合がある。 [0007] By the way, in a large-scale hospital, has series of hospital, branch hospital, the medical institutions such as clinics in remote areas, there is a case that forms the hospital group. このような複数の系列病院等を含む病院グループの概略構成を図5に示すと、主となる病院(以下、ホスト病院という)、系列病院及び系列分院等とも上述した薬歴管理システムを有しており、それぞれ独自に運用している。 When showing the schematic structure of a hospital group including a plurality of such sequences hospitals 5, hospitals as a main (hereinafter, referred to as host hospitals), both series hospitals and series Branch Hospital, etc. have a medication history management system described above and, respectively operate independently. ホスト病院、系列病院及び系列分院等診療を行う医療機関を病院と総称すると、患者の転居や紹介等を考慮すれば、患者がどの病院で診察を受けようが過去の薬歴を参照できることが、特にこのような病院グループ内においては望まれる。 Host hospital, and are collectively referred to as the medical institutions hospital to perform a series hospital and series Branch Hospital, such as medical care, if in view of the patient's moving and referrals, etc., sought a medical examination at any hospital patients, but to be able to see the past of medication history, It is desired in particular in such a hospital group.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来においては、同様の薬歴管理システムを導入していたとしてもそれぞれ独立に運用していたため、過去に受診していた病院での薬歴を参照することはできない。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, conventionally, because they were operated to be independent as had introduced a similar medication history management system, reference is made to the medication history in hospitals that were visited in the past It is not possible.

【0009】また、各病院では新患に対してそれぞれ独自の患者番号を採番していたため、各病院に記録されている薬歴を得るためには、各病院において採番された患者番号を把握しておかなくてはならない。 [0009] In addition, because they were numbering a unique patient number each for the new cases in each hospital, in order to obtain the medication history that has been recorded in each hospital, the patient numbers that are numbered in each hospital It must be important to know.

【0010】また、仮にネットワーク接続し単に情報の交流を図ったとしても、各病院に散在した患者の薬歴を見つけ出さなくてはならず、非常に困難である。 [0010] In addition, even if aimed at the exchange of network connection simply information, should not not figure out the medication history of the patient, which was scattered in each hospital, it is very difficult.

【0011】また、患者の旅先又は出張先等にある病院から薬歴を参照したくてもその手段がなかった。 [0011] In addition, even if want to see the medication history from the hospital in a patient's trip or business trip, etc. did not have the means.

【0012】本発明は以上のような問題を解決するためになされたものであり、その目的は、病院グループ内で診療する患者の薬歴を各病院において容易に参照することができる薬歴管理システムを提供することにある。 [0012] The present invention has been made to solve the above problems, its object is medication history management can be referred to medication history of the patient to medical care in a hospital group readily in hospitals It is to provide a system.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】以上のような目的を達成するために、請求項1記載の発明は、患者に投与された薬品の履歴を患者毎に管理する薬歴管理システムにおいて、グループ内の全病院共通の統一患者番号をグループ内の全病院における新規患者毎に採番し、グループ内のいずれの病院からも統一患者番号を用いてグループ内の病院で診療された患者の薬歴を参照可能としたことを特徴とする。 In order to achieve the above object, according to the Invention The invention of Claim 1 wherein, in the medication history management system for managing a history of drug administered to the patient for each patient, the group of all hospital common unified patient number and numbering for each new patient in all hospitals in the group, the medication history of the patient, which is medical care at a hospital in the group by using a unified patient number from any of the hospitals in the group characterized by being referable.

【0014】請求項2記載の発明は、請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、グループ内の病院とネットワーク接続するためのグループ内通信手段と、統一患者番号をグループ内の全病院における新規患者毎に採番する共通番号採番手段と、グループ内の病院で診療される全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベースと、を有し、グループ内の病院において診療された患者の薬歴を一元管理することを特徴とする。 [0014] According to a second aspect of the invention, new patients in all hospitals claim in 1, wherein the medication history management system, in groups and in the communication unit group, the unified patient numbers for hospital network connections in the group common numbers has a numbering device, a medication history management database for recording the medication history of all patients are medical hospital in a group, and medication history of patients care in hospitals in the group that numbering for each characterized in that it centrally manage.

【0015】請求項3記載の発明は、請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、統一患者番号は、各病院固有の患者番号とは別途に設けることを特徴とする。 [0015] According to a third aspect of the invention, the medication history management system according to claim 1, unified patient number is characterized by providing separately from the hospitals unique patient number.

【0016】請求項4記載の発明は、請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、グループ内の病院で診療される全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベースと、外部の通信装置と接続するための通信手段と、を有し、前記通信装置から指定された統一患者番号に該当する患者の薬歴を送信する。 [0016] The invention of claim 4, wherein the connection in the medication history management system according to claim 1, and medication history management database for recording the medication history of all patients are medical hospital in a group, with an external communication device anda communication means for transmits the medication history of the patient corresponding to the unified patient number specified from the communication device.

【0017】請求項5記載の発明は、請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、統一患者番号毎にパスワードを設定し、統一患者番号とともに指定されたパスワードが当該統一患者番号のパスワードと一致したときのみ統一患者番号に該当する患者の薬歴を送信することを特徴とする。 [0017] According to a fifth aspect of the invention, the medication history management system according to claim 1, unified patient number and a password for each password which has been specified with unified patient number matches the password of the unified patient number characterized in that it only sends the medication history of the patient corresponding to the unified patient number when.

【0018】 [0018]

【作用】以上のような構成を有する第1の発明に係る薬歴管理システムにおいては、グループ内のいずれの病院においても診療を受けていない病院グループ内における新規患者に対して、グループ内の全病院共通の統一患者番号を採番するので、グループ内のいずれの病院からでも採番された統一患者番号を用いれば、患者がグループ内のどの病院で診療されたとしてもその患者の薬歴を参照することができる。 In medication history management system according to the first invention having the [action] above configuration, for the new patients in the hospital group not receiving medical treatment in any hospital in the group, all in the group since the numbering of the hospital common unified patient number, the use of a unified patient numbers that are numbered from any hospital in the group, the patient is also medication history of the patient as is medical care at any hospital in the group it is possible to see.

【0019】第2の発明によれば、各病院をネットワーク接続し、いずれの病院においても実施した薬歴を薬歴管理データベースに記録し一元管理することにより、統一患者番号を用いてその薬歴管理データベースをアクセスすればグループ内のいずれの病院からも全患者の薬歴を容易に得ることができる。 According to the second invention, by each hospital networked also records to centrally manage medication history was conducted in Kusurireki management database at any hospital, the medication history using a unified patient number by accessing the management database can be obtained also facilitate medication history of all patients from any hospital in the group.

【0020】第3の発明によれば、統一患者番号以外にも各病院固有の患者番号を設定しておけば、従来各病院固有の患者番号のみを使用していた病院をも病院グループに容易に統制することができる。 [0020] According to the third aspect of the present invention, if in addition to a unified patient number by setting the each hospital-specific patient number, easy to conventional hospital group also a hospital that has been used only each hospital-specific patient number it is possible to control to.

【0021】第4の発明によれば、通信手段を介して薬歴管理データベースをアクセスさせれば、病院グループ以外の病院等からも病院グループで診療された患者の薬歴を得ることができる。 According to the fourth invention, if accessed a medication history management database via the communication means, it is possible to obtain the medication history of the patient was also clinical hospital group from the hospital or the like other than a hospital group.

【0022】第5の発明によれば、各統一患者番号にパスワードを設定しておき、患者の薬歴を参照させるときには統一患者番号とともにパスワードを入力させる。 [0022] According to a fifth aspect of the present invention, it may be set a password to each unified patient number, to enter the password along with the unified patient number at the time to refer to the medication history of the patient. 統一患者番号とともに指定されたパスワードが設定された当該統一患者番号のパスワードと一致したときのみ統一患者番号に該当する患者の薬歴を参照できるようにしたので、パスワードを知っている人のみ患者の薬歴を参照することができる。 The password that is specified with a unified patient number is to be able to see the medication history of the patient corresponding to the unified patient number only when you match the password of the set the unified patient number, the patient's only people who know the password reference may be made to the medication history.

【0023】 [0023]

【実施例】以下、図面に基づいて、本発明の好適な実施例を説明する。 EXAMPLES The following with reference to the accompanying drawings, illustrating preferred embodiments of the present invention. なお、従来例と同様の要素には同じ符号を付け、説明を省略する。 Incidentally, the same elements as in the conventional example with the same reference numerals, and description thereof is omitted.

【0024】図1は、本発明に係る薬歴管理システムの一実施例を示したシステム構成図であり、図2は、本実施例において病院グループ内における薬歴管理システムの概略構成を示した図である。 FIG. 1 is a system configuration diagram showing an embodiment of a medication history management system according to the present invention, FIG. 2 shows a schematic configuration of a medication history management system in a hospital group in this embodiment it is a diagram. 病院グループ内の各病院は、公衆網22を介して接続されている。 Each hospital in a hospital group are connected over the PSTN 22. 逆に言えば、 Conversely,
ネットワーク接続された医療機関等が病院グループに属することになる。 Networked medical institutions will belong to the hospital group. 本実施例においては、図1に示したようにホストコンピュータ4にグループ内の病院とネットワーク接続するためのグループ内通信手段としての通信インターフェイス(I/F)24を接続する。 In the present embodiment, it connects a communication interface (I / F) 24 as a group in a communication means for hospital network connections in the group to the host computer 4 as shown in FIG. また、本実施例における処方データファイル110は、グループ内の病院で診療される全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベースである。 Further, the prescription data file 110 in this embodiment, a medication history management database for recording the medication history of all patients are medical hospital in the group. その他の構成要素は従来と同様である。 Other components are the same as the conventional.

【0025】本実施例において特徴的なことは、病院グループ内の全病院共通の統一患者番号を病院グループ内の全病院において新規となる患者毎に採番することである。 The characteristic feature in this embodiment is to numbering all hospital common unified patient number in a hospital group for each patient to be novel in all hospitals in the hospital group. これにより、病院グループ内における全患者を統一患者番号にて特定することができるので、統一患者番号を用いて患者の薬歴を容易に参照することができる。 Thus, it is possible to identify all patients at a hospital group in unified patient number can easily see the medication history of the patient using a unified patient number. また、本実施例においては、全患者の薬歴を処方データファイル110において一元管理するので、いずれの病院からも薬歴管理データベースをアクセスすれば、ある患者が病院グループ内のいずれの病院で診察を受けていたとしても過去に処方された全薬歴を容易に参照することができる。 In the present embodiment, since the medication history of all patients to consolidate the prescription data file 110, by accessing the medication history management database from any hospital, medical examination is a patient in any hospital in the hospital group All Kusurireki also formulated in the past as had received can be referred easily. 本実施例におけるこの採番するための共通番号採番手段は、ホストコンピュータ4であり、そのCP Common numbers numbering means for the numbering of this embodiment is a host computer 4, the CP
UとCPUで実行されるソフトウェアにより実現される。 It is realized by software executed by U and the CPU. 但し、各病院におけるシステムにはネットワーク接続するために通信I/Fを持つ必要があるが、全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベース及び共通番号採番手段は、いずれかの病院に設ければよい。 However, although the system in each hospital must have a communication I / F to a network connection, medication history management database and common ID number assignment means for recording the medication history of all patients, provided either hospitals it may be Re. 本実施例においては、薬歴管理データベース及び共通番号採番手段を同じホスト病院に設ける。 In the present embodiment, there is provided a medication history management database and common number numbering means the same host hospital.

【0026】以下、統一患者番号を採番する処理について説明する。 [0026] In the following, a description will be given of a process for numbering a unified patient number. なお、特に明示しない限り、本実施例における全病院とは、病院グループに属する病院全てのことをいう。 Incidentally, unless otherwise specified, the total hospital in this embodiment, refers to all hospitals belonging to the hospital group.

【0027】まず、患者がいずれかの病院に新患として訪れた場合、その患者が病院グループ内のいずれの病院でも診療を受けていないか、すなわち全病院における新規患者であるかをホスト病院のホストコンピュータ4に問い合わせる。 [0027] First of all, if the patient has visited as new cases in any of the hospital, if the patient is not receiving medical treatment in any hospital in the hospital group, that is, whether the host hospital a new patient in the entire hospital inquiry to the host computer 4. この問い合わせには、患者を特定する為の情報として、患者のカナ氏名、性別、生年月日等を送信し、ホスト病院におけるホストコンピュータ4では、 The inquiry, as information for identifying the patient, to send a patient of Kana name, sex, date of birth, etc., in the host computer 4 in the host hospital,
この情報の組合わせで病院グループ内のおける新規患者であるかどうかを判断する。 It is determined whether the new patient definitive hospital in the group with a combination of this information. もし、病院グループ内の他の病院で診察を受けていれば、その患者に対して当該他の病院の診察時にすでに統一患者番号を採番したので、 If, if you receive a medical examination at another hospital within a hospital group, since the numbering already unified patient number at the time of the of the other hospital medical examination for the patient,
その統一患者番号及びその旨をその患者を診察する病院(以下、診察病院という)に回答する。 Hospital (hereinafter referred to as a medical examination hospital) for medical examination the patient the unified patient number and that effect to answer. 従って、診察病院にとっては新患であっても統一患者番号の採番は行われない。 Therefore, it is not performed numbering of unified patient number even in the new cases for the medical examination hospital. 一方、その患者が病院グループ内のおける新規患者であれば、統一患者番号を新たに採番し、その旨とともに診察病院に回答する。 On the other hand, the patient if the new patients that definitive in the hospital group, newly numbered with a unified patient number, to answer the examination hospital with that effect. このようにして、病院グループ内のおける新規患者に統一患者番号を採番する。 In this way, the numbering a unified patient number to the new patient to definitive in the hospital group.

【0028】ところで、本実施例において統一患者番号を用いることは、各病院において独自の患者番号を採番することを否定することではない。 [0028] By the way, the use of a unified patient number in this example is not to deny that the numbering a unique patient number in each hospital. 統一患者番号とは別途に各病院固有の患者番号を設けることで各病院において自院特有の患者番号を用いた患者管理を図ることができる。 Unified patient number and it is possible to patient management using Inn unique patient number in each hospital by separately providing each hospital unique patient number. また、統一患者番号と患者番号とを併用させることで、従来、自院固有の患者番号のみを使用していた病院をも病院グループ内に容易に統制することができる。 Further, unified patient number by which combination and the patient number, conventionally, the hospital uses only its own hospital unique patient number can be easily controlled in the hospital group.
統一患者番号と患者番号との関係は、独立して採番してもよいし、患者番号を一部利用してもよい。 The relationship between the unified patient number and patient number, may be numbered independently, may be used part of the patient number. 例えば、患者番号に英数文字を付加してユニークな番号となるように統一患者番号を採番してもよいが、この採番方法並びに新患かどうかの判断方法に関しては本発明の要旨ではない。 For example, it may be numbered unified patient number so that unique number by adding alphanumeric characters patient number, but the gist of the present invention with respect to the numbering method and new cases determination of whether the method is Absent.

【0029】なお、再来患者の場合は、すでにその患者に対して統一患者番号が採番されているので、統一患者番号を採番する処理を行う必要はない。 [0029] In the case of reincarnation patient, already since the unified patient numbers are numbered for the patient, it is not necessary to perform the process of numbering a unified patient number.

【0030】以上のようにして、統一患者番号が患者に採番されると、患者は診察を受けることになるが、以下、診察病院において患者の薬歴を参照する処理について説明する。 [0030] As described above, the unified patient number is numbered in patients, the patient will be subjected to examination, the following, a process of referring to the medication history of the patient in the examination hospital be described.

【0031】診察病院における新患、再来患者にかかわらず病院グループ内においての再来患者であるとき、診察病院の医師は端末装置2よりその患者に対する処方情報をホスト病院に要求する。 The new cases in examination hospital, when a recurrence patients in the hospital group regardless reemergence patient, doctor hospital requests the prescription information to the host hospital for the patient from the terminal device 2. ホスト病院のホストコンピュータ4は、公衆網22を介してその患者に対する統一患者番号に基づいて患者を特定すると、従来と同様に医事データベース6及び処方データファイル110より患者情報テキスト18及び処方情報テキスト20を作成し、診察病院に送信する。 The host computer 4 of the host hospital, when identifying a patient on the basis of the unified patient number for that patient via a public network 22, similarly to the conventional medical database 6 and prescription data patient from the file 110 information text 18, and prescription information text 20 create and be sent to the medical examination hospital. 前述したように、処方データファイル110には全病院における患者の処方情報が一元管理されているので、診察病院でその患者の全薬歴を得ることができる。 As described above, since the prescription data file 110 prescription information of the patient in a hospital is centralized, it is possible to obtain the total Kusurireki the patient in examination hospital. 医師は、それらの情報を画面表示し薬歴等を参照しながら今回の処方を決定する。 The doctor will determine the time of prescription while their information with reference to the screen display and medication history, and the like. なお、病院グループ内においての新患であるときは、過去の処方情報はないので、診察により今回の処方を決定する。 It should be noted that, when it is new cases of in the hospital group, because it is not the past of the prescribing information, to determine the current prescribed by a medical examination.

【0032】処方の実施後、端末装置2より今回分の処方に関する情報を処方情報テキスト20に追加しホスト病院のホストコンピュータ4に送信する。 The transmitting after the implementation of the formulation, and additional information about this component of the formulation from the terminal apparatus 2 to the prescription information text 20 to the host computer 4 of the host hospital. 新患の場合は、新たに作成し送信する。 In the case of new patients, to the newly created transmission. ホスト病院のホストコンピュータ4は、受信した処方情報テキスト20を編集し処方データファイル110にその患者の薬歴として更新または新規登録する。 The host computer 4 of the host hospital, edit the prescription information text 20 received updated or new registration as medication history of the patient to the prescription data file 110. 診察病院におけるホストコンピュータ4は、管理ファイル8から出力先プリンタの情報を得て処方箋を発行する。 The host computer 4 in the examination hospital issues a prescription obtains information of an output destination printer from the management file 8.

【0033】このように、患者に統一患者番号を採番し、処方データファイル110で全病院における患者の薬歴を一元管理することで、患者が転居、紹介等により他の病院で診察されることになってもホスト病院から公衆網22を介して過去の薬歴をその転居先となる病院で容易に得ることができる。 [0033] In this way, numbered with a unified patient number to the patient, prescription in the data file 110 is to centrally manage the medication history of the patient in the entire hospital, the patient is moving, is seen at other hospitals by the introduction, etc. can be obtained past medication history over the PSTN 22 from the host hospital supposed to easily in hospital become its new address. もちろん、ホスト病院と診察病院とが同じ場合は、公衆網22を介して処方データファイル110にアクセスする必要はない。 Of course, if the host hospitals and examination hospitals are the same, there is no need to access the prescription data file 110 over the PSTN 22.

【0034】また、本実施例においては、ホスト病院のホストコンピュータ4に患者の処方情報の送信とは別に、自院における処方データファイルにその患者の処方情報を更新または新規登録する。 Further, in the present embodiment, apart from the transmission of prescription information of the patient to the host computer 4 of the host hospitals, updates or new registration prescription information of the patient to the prescription data file in its own hospital. つまり、自院で診療した患者の処方情報に関しては、処方データファイル11 In other words, with respect to prescription information of patients who practice in the local hospital, the prescription data file 11
0と同じ処方情報を自院においても補助的に持つことになる。 0 and the same prescription information also will have supplementarily in diyne. これにより、自院における患者の処方情報は公衆網22を介して処方データファイル110にアクセスしなくても即座に得ることができる。 Accordingly, the prescription information of the patient in its own hospital can be obtained immediately without accessing the prescription data file 110 over the PSTN 22. 従って、自院で診療中の患者に関しては、ホスト病院の処方データファイル110にアクセスしなくても当該患者の薬歴を得ることができる。 Therefore, for patients in the clinic at the own hospital, it can be without access to prescription data file 110 of the host hospital obtaining medication history of the patient. これは、薬歴を得るためにかかる時間の短縮を図れるとともに処方データファイル110への書込エラーのバックアップにもなる。 This also becomes a write error backup to the prescription data file 110 with attained shortening of time to obtain a medication history. 薬歴は患者毎に記録されており一人の患者が同時に複数の病院で診察されるはずもなく、また患者が再来院する時間間隔と比べたら、処方データファイル110と自院の処方データファイルとの書込処理との時間差はほんのわずかである。 Kusurireki is neither should be seen at several hospitals one patient are recorded simultaneously for each patient, and If compared with the time interval for re-visit by the patient, the prescription data file 110 and the prescription data file of its own hospital time difference between writing process is only slightly. ホスト病院における処方データファイル110へのアクセスは公衆網22を介さないことから通信障害が発生しないので、ホスト病院における患者の処方情報は、薬歴管理データベースとしての処方データファイル110のみに記録しておく。 Since access to prescription data file 110 in the host hospital no communication failure occurs because no intervention of the public network 22, prescription information of the patient in the host hospital records only the prescription data file 110 as medication history management database deep. もちろん、バックアップ等の理由により処方データファイル110とは別に自院の処方データファイルを持たせておいてもよい。 Of course, it may have been separately to have a prescription data file of diyne the prescription data file 110 by the reasons such as backup.

【0035】図3は、各病院が有する処方データファイルに記録される各患者のデータ記録形式であるが、自院患者番号と処方データとからなる従来のデータ記録形式に統一患者番号及び後述するパスワードの領域が設けられている。 [0035] Figure 3 is a data recording format of each patient to be recorded in the prescription data file included in each hospital, unified patient number and will be described later to the conventional data recording format consisting of the own hospital patient number and prescription data area of ​​the password is provided.

【0036】ところで、患者が旅先や出張先で病気になり旅先等の病院で診察を受ける場合もある。 [0036] By the way, there is a case where the patient is subjected to a medical examination at a hospital such as traveling became sick while traveling or while traveling. 本実施例においては、このような場合でも対応可能とした。 In this embodiment, a possible response even in such a case. 本実施例におけるホストコンピュータ4は、外部の通信装置と接続するための通信手段を有しており、病院グループ以外からでも通信手段を介して患者の薬歴を得ることができることを特徴としている。 The host computer 4 in the present embodiment has a communication means for connecting with an external communication device, it is characterized in that it is possible to obtain the medication history of the patient through the communication means from any non-hospital group. 本実施例における通信手段は、通信I/F24で兼用する。 Communication means in this embodiment is also used by the communication I / F 24.

【0037】例えば、旅先の病院の医師は、患者から統一患者番号を聞き出し、その病院にある端末装置からその統一患者番号を用いてホスト病院に問い合わせる。 [0037] For example, the physician places the hospital, elicit a unified patient number from the patient, inquires the host hospital using the unified patient number from the terminal device which is in the hospital. ホスト病院のホストコンピュータ4が病院グループ内の場合と同様、患者の全薬歴を送信することにより、旅先の病院の医師は、患者の薬歴を参照し活用することができる。 As with the host computer 4 of the host hospital within a hospital group, by sending a full Kusurireki patient, doctors destination hospital, can be utilized with reference to the medication history of the patient. もちろん、端末装置でなくても通信装置であるファクシミリ等に印字させてもよい。 Of course, may be printed on facsimile is a communication device without a terminal device.

【0038】また、本実施例においては、統一患者番号の採番時にパスワードを設定することができることも特徴としている。 Further, in this embodiment, is also a feature that can be set a password when numbering unified patient number. 前述したように、外部からの要求により病院グループ以外からでも患者の薬歴を得ることができるが、誰からも患者に関する情報を勝手に参照できる状態にあることは好ましくない。 As described above, it is possible to obtain a medication history of the patient from any non-hospital group in response to a request from an outside, it is not preferable to also ready to refer arbitrarily to information about the patient from whom. そこで、統一患者番号の採番時に患者にパスワードを設定させておき、外部の通信装置から統一患者番号とともにパスワードを入力させる。 Therefore, keep the patient is set a password when numbering unified patient number, to input a password with unified patient number from an external communication device. 通信装置とは、通信機能を有する端末装置等である。 The communication device is a terminal device or the like having a communication function. 入力されたパスワードが当該統一患者番号のパスワードと一致したときのみ統一患者番号に該当する患者の薬歴を送信するようにすれば、第三者が勝手に患者の薬歴を得ることができないので、統一患者番号が付された診察券を落としたとしても悪用されることはない。 If so entered password sends medication history of the patient corresponding to the unified patient number only when it matches with the password of the unified patient number, it is impossible for a third party to obtain freely the medication history of the patient , there is no possibility that a unified patient numbers are also exploited as dropped a consultation ticket that is attached. この場合、ホスト病院のホストコンピュータ4にはパスワードのチェック機構が必要となる。 In this case, the password of the check mechanism is required in the host computer 4 of the host hospital. このパスワードをチェックする処理は、外部からのアクセスのみならず病院グループ内においても利用することが可能である。 Process of checking this password, it is also possible to use in the hospital group not only accessible from the outside. パスワードを利用してホストコンピュータ4にアクセスした場合は、その履歴を処方データファイル110に記録する。 If you access the host computer 4 by using a password, record the history prescription data file 110.

【0039】以上のように、本実施例によれば、病院グループ内の全病院共通の統一患者番号を病院グループ内の全病院において新規となる患者毎に採番することにより、他の病院で採番された患者番号を把握しなくても統一患者番号を用いることで患者の薬歴を容易に得ることができる。 [0039] As described above, according to this embodiment, by numbering all hospital common unified patient number in a hospital group for each patient to be novel in all hospitals in the hospital group, in other hospitals it can be easily obtained medication history of the patient by without grasping numbering patient ID using a unified patient number.

【0040】また、統一患者番号を用いて各病院の処方データファイルを順番に参照していけば患者の薬歴を全て得ることができるが、処方データファイル110を設け全患者の薬歴を一元管理することによりいずれの病院からでも迅速かつ容易に患者の全薬歴を得ることができる。 [0040] In addition, although if we prescription data file for each hospital using a unified patient number by reference to order the medication history of the patient it is possible to obtain all centralized the medication history of all patients provided with the prescription data file 110 it is possible to obtain the total Kusurireki patient quickly and easily from any hospital by managing.

【0041】このように、患者の薬歴を一元管理できるということは、薬歴情報を単に患者の薬歴管理のみならず、医療における他のサブシステムに処方情報を提供することができる。 [0041] Thus, the fact that the medication history of the patient can be centrally managed, not only simply medication history management of patients with medication history information may provide prescribing information to other subsystems in medicine. 例えば、医師別、薬効別、院別の投薬状況を容易に把握することができるし、病院グループとして統括した薬品の発注・在庫管理にも利用することができる。 For example, by a physician, medicinal another, to the hospital another medication situation can be easily grasped, can also be used for ordering and inventory management of chemicals was responsible as a hospital group.

【0042】なお、上記実施例においては、外来の患者の場合で説明したが、入院患者でも適用可能であることはいうまでもない。 [0042] In the above embodiment has been described in the case of outpatients, it is needless to say applicable in hospitalized patients.

【0043】また、統一患者番号を用いて各種データベースをもアクセス可能とすれば、各患者の薬歴のみならず他の情報をも各病院から得ることができる等病院グループ内において機能を拡張することができる。 [0043] Further, if also accessible various databases using a unified patient number, also extend the functionality in the equal hospital groups that can be obtained from the hospital and other information not only medication history of the patient be able to.

【0044】 [0044]

【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、グループ内の全病院共通の統一患者番号をグループ内の全病院において新規となる患者毎に採番するようにしたので、統一患者番号を用いて患者の薬歴を容易に参照することが可能となる。 Effects of the Invention According to the first aspect of the invention. Thus for numbering for each patient as a new in all hospitals in the group all hospital common unified patient number in the group, the unified patient number it is possible to see easily medication history of the patient using.

【0045】請求項2記載の発明によれば、全患者の薬歴を薬歴管理データベースにおいて一元管理するので、 [0045] According to the second aspect of the present invention, since the medication history of all patients centrally managed in Kusurireki management database,
患者が過去にグループ内のいずれの病院で診察を受けていたとしても、いずれの病院からもその患者に対する全薬歴を容易に参照することが可能となる。 Patients even had received medical examination in any hospital in the group in the past, it becomes possible to view all Kusurireki for the patient easily from any hospital.

【0046】請求項3記載の発明によれば、統一患者番号とは別途に各病院固有の患者番号を設けることで、各病院において自院特有の患者番号を用いた患者管理を図ることが可能となる。 [0046] According to the third aspect of the present invention, the unified patient number by separately providing each hospital unique patient number, can be reduced in patient management using Inn unique patient number in each hospital to become. また、統一患者番号と患者番号とを併用させることで、従来、自院固有の患者番号のみを使用していた病院をも病院グループ内に容易に統制することが可能となる。 Further, unified patient number by which combination and the patient number, conventionally, it is possible to easily control in the hospital group also hospitals that used only the own hospital unique patient number.

【0047】請求項4記載の発明によれば、通信手段を設け、グループ内の病院以外からも薬歴管理データベースに記録された患者の薬歴を参照することが可能となる。 [0047] According to the fourth aspect of the present invention, the communication means is provided, it becomes possible to see the medication history of the patient recorded in the medication history management database from other hospitals in the group.

【0048】請求項5記載の発明によれば、各統一患者番号にパスワードを設定しておき、薬歴を参照する際には統一患者番号とともにパスワードを指定させるようにしておくことで、パスワードを知っている人のみ患者の薬歴を参照することが可能となる。 [0048] According to the fifth aspect of the invention, may be set a password to each unified patient number, that when referring to medication history is kept so as to specify a password with unified patient number, a password only the person who knows it is possible to refer to the medication history of the patient.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明に係る薬歴管理システムの一実施例を示したシステム構成図である。 1 is a system configuration diagram showing one embodiment of a medication history management system according to the present invention.

【図2】 本実施例において病院グループ内における薬歴管理システムの概略構成を示した図である。 [2] In this example it is a diagram showing a schematic configuration of a medication history management system in a hospital group.

【図3】 本実施例における処方データファイルに格納されている患者毎の処方ファイルのフォーマット例を示した図である。 Is a diagram showing a format example of a formulation file for each patient is stored in the prescription data file in FIG. 3 embodiment.

【図4】 各病院における従来の薬歴管理システムを示した図である。 4 is a diagram showing a conventional medication history management system in each hospital.

【図5】 病院グループ内のおける薬歴管理システムの概略構成を示した図である。 FIG. 5 is a diagram showing a schematic configuration of a definitive medication history management system within the hospital group.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2 端末装置、4 ホストコンピュータ、6 医事データベース、8 管理ファイル、10、110 処方データファイル、12 薬品マスタファイル、14汎用マスタファイル、16 プリンタ、18 患者情報テキスト、20 処方情報テキスト、22 公衆網、24 通信I/F。 2 terminal, 4 a host computer, 6 medical database, 8 management file, 10, 110 prescription data file, 12 medicine master file 14 universal master file, 16 printer, 18 patient information text, 20 prescription information text, 22 a public network, 24 communication I / F.

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 患者に投与された薬品の履歴を患者毎に管理する薬歴管理システムにおいて、 グループ内の全病院共通の統一患者番号をグループ内の全病院における新規患者毎に採番し、グループ内のいずれの病院からも統一患者番号を用いてグループ内の病院で診療された患者の薬歴を参照可能としたことを特徴とする薬歴管理システム。 1. A medication history management system to the history of medicine that has been administered to a patient to manage for each patient, and numbering all the hospital common unified patient number in the group for each new patient in all hospitals in the group, medication history management system characterized in that to allow reference to the medication history of patients care in hospitals in the group using the unified patient number from any hospital in the group.
  2. 【請求項2】 請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、 グループ内の病院とネットワーク接続するためのグループ内通信手段と、 統一患者番号をグループ内の全病院における新規患者毎に採番する共通番号採番手段と、 グループ内の病院で診療される全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベースと、 を有し、グループ内の病院において診療された患者の薬歴を一元管理することを特徴とする薬歴管理システム。 2. A according to claim 1, wherein medication history management system, and a group in a communication means for hospital network connections in a group, the common that numbered for each new patient in a hospital in the group unified patient number a number numbering means, and medication history management database for recording the medication history of all patients are medical hospital in the group have, to centrally manage medication history of a patient care in hospitals in the group medication history management system to be characterized.
  3. 【請求項3】 請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、 統一患者番号は、各病院固有の患者番号とは別途に設けることを特徴とする薬歴管理システム。 3. A process according to claim in 1, wherein the medication history management system, unified patient number, medication history management system, characterized in that provided separately from the hospitals unique patient number.
  4. 【請求項4】 請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、 グループ内の病院で診療される全患者の薬歴を記録する薬歴管理データベースと、 外部の通信装置と接続するための通信手段と、 を有し、前記通信装置から指定された統一患者番号に該当する患者の薬歴を送信することを特徴とする薬歴管理システム。 4. A according to claim 1, wherein medication history management system, and medication history management database for recording the medication history of all patients are medical hospital in a group, and a communication means for connecting with an external communication device the a, medication history management system and transmits the medication history of the patient corresponding to the unified patient number specified from the communication device.
  5. 【請求項5】 請求項1記載の薬歴管理システムにおいて、 統一患者番号毎にパスワードを設定し、統一患者番号とともに指定されたパスワードが当該統一患者番号のパスワードと一致したときのみ統一患者番号に該当する患者の薬歴を送信することを特徴とする薬歴管理システム。 5. A according to claim 1, wherein medication history management system, and a password for each unified patient number, unified patient number only when the password specified with unified patient number matches the password of the unified patient number medication history management system and transmits the medication history of the patient relevant.
JP31957294A 1994-12-22 1994-12-22 Medicine history management system Pending JPH08180120A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31957294A JPH08180120A (en) 1994-12-22 1994-12-22 Medicine history management system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31957294A JPH08180120A (en) 1994-12-22 1994-12-22 Medicine history management system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08180120A true true JPH08180120A (en) 1996-07-12

Family

ID=18111766

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31957294A Pending JPH08180120A (en) 1994-12-22 1994-12-22 Medicine history management system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08180120A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1998013783A1 (en) * 1996-09-27 1998-04-02 Azron, Incorporated Electronic medical records system
JP2008217308A (en) * 2007-03-02 2008-09-18 Toshiba Corp Medical information management system
US7509280B1 (en) * 1997-11-24 2009-03-24 Clinlcomp International, Inc. Enterprise healthcare management system and method of using same
JP2012094064A (en) * 2010-10-28 2012-05-17 Planning Of Healthcare And Environmental Wellbeing Corp Prescription determination system

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1998013783A1 (en) * 1996-09-27 1998-04-02 Azron, Incorporated Electronic medical records system
US7509280B1 (en) * 1997-11-24 2009-03-24 Clinlcomp International, Inc. Enterprise healthcare management system and method of using same
JP2008217308A (en) * 2007-03-02 2008-09-18 Toshiba Corp Medical information management system
JP2012094064A (en) * 2010-10-28 2012-05-17 Planning Of Healthcare And Environmental Wellbeing Corp Prescription determination system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6775670B2 (en) Method and apparatus for the management of data files
US20030088441A1 (en) System for the integrated management of healthcare information
US7707047B2 (en) Method and system for generating personal/individual health records
US20080040151A1 (en) Uses of managed health care data
US20050203771A1 (en) System and method to develop health-care information systems
US20080133273A1 (en) System and method for sharing medical information
US20040006490A1 (en) Prescription data exchange system
US20030074234A1 (en) Customer-centered pharmaceutical product and information distribution system
US7428494B2 (en) Method and system for generating personal/individual health records
US20090076849A1 (en) Systems and methods for patient-managed medical records and information
US20040073453A1 (en) Method and system for dispensing communication devices to provide access to patient-related information
US7509264B2 (en) Method and system for generating personal/individual health records
US20070106537A1 (en) Syndicating mri data in a healthcare environment
US20050165627A1 (en) Electronic personal health record system
US20020111833A1 (en) Method and apparatus for requesting and retrieving de-identified medical information
US20030088440A1 (en) System and method for integrating consumer-controlled portable medical records with medical providers
US7475020B2 (en) Method and system for generating personal/individual health records
US20010034617A1 (en) Method for sharing information concerning medical treatment of an individual
US20080071577A1 (en) Dual-access security system for medical records
US20130291060A1 (en) Security facility for maintaining health care data pools
US20050171762A1 (en) Creating records of patients using a browser based hand-held assistant
US20040064343A1 (en) System for communication of health care data
US20030050799A1 (en) Permission based marketing for use with medical prescriptions
US8180654B2 (en) Method and system for creating, assembling, managing, utilizing, and securely storing portable personal medical records
US20070050216A1 (en) Personal information system