JPH08164420A - プレス型装置 - Google Patents

プレス型装置

Info

Publication number
JPH08164420A
JPH08164420A JP31072294A JP31072294A JPH08164420A JP H08164420 A JPH08164420 A JP H08164420A JP 31072294 A JP31072294 A JP 31072294A JP 31072294 A JP31072294 A JP 31072294A JP H08164420 A JPH08164420 A JP H08164420A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
die
bend
work
press
guide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP31072294A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3351142B2 (ja
Inventor
Hideki Nishikaze
秀樹 西風
Original Assignee
Suzuki Motor Corp
スズキ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Suzuki Motor Corp, スズキ株式会社 filed Critical Suzuki Motor Corp
Priority to JP31072294A priority Critical patent/JP3351142B2/ja
Publication of JPH08164420A publication Critical patent/JPH08164420A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3351142B2 publication Critical patent/JP3351142B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D19/00Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes
    • B21D19/08Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes by single or successive action of pressing tools, e.g. vice jaws
    • B21D19/082Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes by single or successive action of pressing tools, e.g. vice jaws for making negative angles
    • B21D19/086Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes by single or successive action of pressing tools, e.g. vice jaws for making negative angles with rotary cams

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明はアンダーカット部分を有するプレス
製品を製造するためのプレス型装置を対象とし、外観や
寸法精度の良好なプレス部品を製造し得るプレス型装置
を提供することを目的としている。 【構成】 本発明では、ベンド加工部21を有するベン
ドダイ20を下型本体11に動自在に設置するととも
に、ベンドダイ20の2箇所の支点をそれぞれ直線方向
かつ互いに異なる方向に沿って案内するガイド手段5
A,5Bを下型本体11に設置し、上記ベンドダイ20
を稼働位置と退避位置との間において近似回転運動させ
るよう構成している。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、アンダーカット部分を
有するプレス製品を成形するためのプレス型装置に関す
る。

【0002】

【従来の技術】アンダーカット部分を有するプレス製品
の成形に用いられるプレス型装置には、型からのプレス
製品の取出しを考慮して、例えば図8に示す如きスライ
ド型Sを採用したものがある。このスライド型Sは、上
型(図示せず)に設けられたドライバ部材Dの上下動に
基づくカム作用によって、図中に実線で示す如き所定の
加工位置と、図中に鎖線で示す如くプレス製品Wのアン
ダーカット部分Waから抜去された退避位置との間を水
平移動するよう構成されている。なお、図中符号Hはア
ンダーカット部分Waが成形される以前のワークを保持
するべく、図示していない下型本体に取付けられた固定
ダイであり、符号sはスライド型Sを加工位置へ付勢す
るためのバネである。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】ところで、図8に示し
たプレス型装置では、スライド型Sの水平移動を可能と
するべく、スライド型Sと固定ダイHとの間に間隙が設
定されており、このためスライド型Sを所定の加工位置
に占位させた場合、図からも明らかなようにスライド型
Sにおけるワーク当接面Saと、固定ダイHにおけるワ
ーク当接面Haとの間に大きな隙間が生じている。この
ように、アンダーカット部分を有するプレス製品を成形
するために、水平方向に移動するスライド型を採用した
従来のプレス型装置では、上述のように型のワーク当接
面に生じる不用意な隙間によって、プレス成形品の外観
不良や寸法精度の不良を招来する不都合があった。本発
明は上記実状に鑑みて、アンダーカット部分を有するプ
レス成形品を、外観不良や寸法精度の不良を招くことな
く製造し得るプレス型装置を提供することを目的として
いる。

【0004】

【課題を解決するための手段】そこで、本発明に関わる
プレス型装置では、ワークを所定の加工位置に保持する
ための固定ダイを下型本体に設置し、かつ上型に設けた
ベンドパンチと協働してワークにアンダーカット部分を
成形するベンド加工部を有するベンドダイを下型本体に
対して移動自在に設置するとともに、ベンドダイに設け
た2箇所の支点を各々直線方向かつ互いに異なる方向に
沿って案内するガイド手段を下型本体に設置しており、
上型の上下移動に基づいて、ベンド加工部のワーク当接
面が固定ダイのワーク当接面と連続する態様で所定の加
工位置に占位する稼働位置と、ベンド加工部が所定の加
工位置から退避する退避位置との間において、上記ベン
ドダイをガイド手段により案内しつつ近似回転運動させ
るよう構成している。

【0005】

【作用】上記構成によれば、ベンドダイは近似回転運動
によって稼働位置と退避位置との間を移動するので、稼
働位置においてベンド加工部のワーク当接面を固定ダイ
のワーク当接面と連続させる態様で、上記ベンドダイを
所定の加工位置に占位させることが可能となる。

【0006】

【実施例】以下、本発明を一実施例を示す図に基づいて
詳細に説明する。図1ないし図6は、本発明に関わるプ
レス型装置を、自動車生産設備における自動車ボディー
の製造工程において、図7に示すワークとしてのサイド
ボディーアウターパネルWにおける縁部A、縁部Bおよ
び縁部Cに、それぞれアンダーカット部分を含んだベン
ディング加工を施すためのプレス型装置に適用した例を
示している。

【0007】図1ないし図6に示す如く、本発明に関わ
るプレス型装置1の下型10は、ワーク(サイドボディ
ーアウターパネル)Wを所定の加工位置に保持する態様
で下型本体11に設置した固定ダイ12と、下型本体1
1に対して移動自在に設置したベンドダイ20とを備え
ており、さらに後述するベンドパンチ40を動作させる
べく下型本体11に固設したドライバ部材13を備えて
いる。

【0008】上記ベンドダイ20は、ベンドパンチ40
と協働してワークWにアンダーカット部分を成形するた
めのベンド加工部21を有するとともに、後述する上型
30に固設したドライバ部材31と当接するカム部22
を有し、さらに底面20aおよび背面20bに取付けた
ストッパプレート23A、23Bを有している。

【0009】また、ベンドダイ20の底面20aには支
点としての下部ブッシュ2Aが固設され、この下部ブッ
シュ2Aは下部スライダ3Aを支承している一方、上記
ベンドダイ20の背面20bには支点としての後部ブッ
シュ2Bが固設され、この後部ブッシュ2Bは後部スラ
イダ3Bを支承している。

【0010】図2および図3に示すように、下部スライ
ダ3Aは下部ブッシュ2Aに嵌挿するピン3Aaと、相
対向する一対の下部ガイドプレート4A,4Aの間にお
いて摺動自在に位置するブロック3Abとから構成され
ている。

【0011】一方、上記後部スライダ3Bは、後部ブッ
シュ2Bに嵌挿するピン3Baと、相対向する一対の後
部ガイドプレート4B,4Bの間において摺動自在に位
置するブロック3Bbとから構成されている。

【0012】上記下部スライダ3Aおよび下部ガイドプ
レート4A,4Aによって下部ガイド手段5Aが構成さ
れているとともに、上記後部スライダ3Bおよび後部ガ
イドプレート4B,4Bによって後部ガイド手段5Bが
構成されている。

【0013】下部ガイドプレート4Aおよび後部ガイド
プレート4Bは、それぞれ直線上に沿って延在する態様
で下型本体11に固設されているとともに、下部ガイド
プレート4Aは略水平方向に沿って延設されている一
方、後部ガイドプレート4Bは上下方向に沿って延設さ
れている。

【0014】すなわち、下部ガイドプレート4Aと後部
ガイドプレート4Bとは、下部スライダ3Aおよび後部
スライダ3Bを、それぞれ直線方向に沿って案内すると
ともに互いに異なる方向に沿って案内する。

【0015】この結果、下部ガイドプレート4Aと後部
ガイドプレート4Bとに案内されつつ、下部スライダ3
Aおよび後部スライダ3B、言い換えれば下部ブッシュ
2Aおよび後部ブッシュ2Bが移動することによって、
上記ベンドダイ20は近似回転運動、すなわち固定され
た軸を中心として回転する円運動ではないものの極めて
円運動に近似した軌跡を移動することとなる。

【0016】また、上記ベンドダイ20は近似回転運動
することによって、図4および図5に示すように、ベン
ド加工部21のワーク当接面21aが固定ダイ12のワ
ーク当接面12aと連続する態様で所定の加工位置に占
位する稼働位置と、図1および図6に示すように、ベン
ド加工部21が所定の加工位置から退避した退避位置と
の間において移動することとなる。

【0017】なお、下部ガイド手段5Aおよび後部ガイ
ド手段5Bは、それぞれベンドダイ20における一方の
側方のみならず、図示していない他方の側方にも設けら
れており、ベンドダイ20を挟んだ左右の側方にそれぞ
れ設置されている。また、下型本体11とベンドダイ2
0との間には、上記ベンドダイ20を常態において退避
位置に占位させるための引張りバネ6が介装されてい
る。

【0018】一方、プレス型装置1の上型30は、上述
したベンドダイ20を動作させるためのドライバ部材3
1を有するとともに、ワークWにアンダーカット部分を
成形するためのベンドパンチ40を有している。

【0019】このベンドパンチ40は、ベンドダイ20
と協働してワークWにアンダーカット部分を成形するた
めのベンド加工部41と、下型本体11に固設したドラ
イバ部材13と当接するカム部42を有し、図示してい
ないガイド手段によって上型30の斜面30Aに沿って
移動自在に支承されているとともに、上型30とベンド
パンチ40との間には、該ベンドパンチ40を常態にお
いて図1に示す初期位置に占位させるための手段、例え
ば図示していない引張りバネやゴムブロック等の弾性体
が介装されている。

【0020】さらに、上記ベンドパンチ40にはワーク
Wをベンドダイ20に圧接させるためのベンドパッド5
0が設けられており、このベンドパッド50は図示して
いないガイド手段によって、ワークWに対するベンドパ
ンチ40の移動方向と平行する方向に沿って移動自在に
支持されているとともに、ベンドパンチ40とベンドパ
ッド50との間には付勢用スプリング51が介装されて
いる。

【0021】また、上型30にはワークパッド60が設
けられており、該ワークパッド60は上型30に対して
上下動自在に設けられるとともに、固定ダイ12にセッ
トされたワークWを押圧保持するべく下方に向けて付勢
されている。

【0022】上述した構成のプレス型装置1において、
ワークWに対するプレス加工を実施する場合には、先ず
図1に示すように、前工程において予成形されたワーク
(サイドボディーアウタパネル)Wを、下型本体11に
設けられた固定ダイ12に載置することによって所定の
加工位置にセットする。

【0023】このとき、上型30は下型10に対して大
きく開いており、下型10に設けられたベンドダイ20
は、図1に示すようにベンド加工部21が所定の加工位
置から退いた退避位置に占位しているとともに、上型3
0に設けられたベンドパンチ40は図1に示す初期位置
に占位している。

【0024】固定ダイ12にワークWを載置したのち、
上型30の下降動作が開始すると、上型30に設けられ
たドライバ部材31が、図1に示す如くベンドダイ20
のカム部22に当接し、さらに上型30が下降すること
によって、該カム部22とドライバ部材31とのカム作
用により、ベンドダイ20は図1に示す退避位置から図
4に示す稼働位置へ、下部ガイド手段5Aおよび後部ガ
イド手段5Bに案内されつつ、引張りバネ6の弾性復帰
力に抗して移動する。

【0025】このとき、ベンドダイ20が稼働位置に占
位することにより、ベンドダイ20におけるベンド加工
部21は、上述した如く、そのワーク当接面21aが固
定ダイ12のワーク当接面12aと連続する所定の加工
位置に占位する。

【0026】また、ベンドダイ20に設けられたストッ
パプレート23Aとストッパプレート23Bとは、共に
下型本体11の壁面に当接してベンドダイ20の移動を
規制している。

【0027】さらに、図4に示した状態においては、ワ
ークパッド32がワークWと当接して、該ワークWを固
定ダイ12に圧接させているとともに、ベンドパンチ4
0におけるカム部42が下型本体11のドライバ部材1
3と当接している。

【0028】次いで、上型30が下降を続けることによ
り、ベンドパンチ40がカム部42とドライバ部材13
とのカム作用に基づいて、図4に示す初期位置から図5
に示す位置まで、上型30に設けられた図示していない
ガイド手段に案内されつつ、図示していない弾性体の復
帰力に抗して、ワークWに加工を施す方向に沿って移動
する。

【0029】また、ベンドパンチ40の移動に伴って、
ベンドパッド50がワークWに当接し、このベンドパッ
ド50は付勢用スプリング51の付勢力によって、ワー
クWをベンドダイ20におけるワーク当接面21aに圧
接させている。

【0030】上型30の下降動作に伴い、ベンドパンチ
40が図4に示す初期位置から図5に示す位置へ移動す
ることにより、ベンドダイ20のベンド加工部21とベ
ンドパンチ40のベンド加工部41との協働作用によっ
て、図5に示す如くワークWの縁部にアンダーカット部
分Waが成形される。

【0031】このとき、先に述べたようにベンドダイ2
0のワーク当接面21aと、固定ダイ12のワーク当接
面12aとが互いに連続しているために、固定ダイ12
とベンドダイ20との間に不用意な隙間が存在せず、も
って外観不良や寸法精度の不良を招くことなく、アンダ
ーカット部分Waを有するプレス成形品が製造されるこ
ととなる。

【0032】なお、上型30の下降動作に伴い、ベンド
パンチ40からワークWを介してベンドダイ20に作用
する大きなプレス圧力は、ストッパプレート23Aとス
トッパプレート23Bとを介して下型本体11に受け止
められ、これによって下部ガイド手段5Aおよび後部ガ
イド手段5Bの損傷や破壊が未然に防止される。

【0033】ワークWに対するアンダーカット部分Wa
の成形が完了したのち、上型30が上昇することによ
り、ベンドダイ20は引張りバネ6の弾性復帰力によっ
て、図5に示した稼働位置から図6に示す退避位置へ、
下部ガイド手段5Aおよび後部ガイド手段5Bに案内さ
れつつ移動する。

【0034】この結果、ベンドダイ20におけるベンド
加工部21が、ワークWにおけるアンダーカット部分W
aから抜去されることとなり、成形の完了したワークW
は下型10、詳しくは固定ダイ12から上方へ向けて取
り出されることとなる。

【0035】また、上型30が上昇することにより、ベ
ンドパンチ40およびベンドパッド50が、弾性体(図
示せず)および付勢用スプリング51の復帰力によっ
て、各々図6に示す初期位置に移動するとともに、ワー
クパッド60も図6に示す初期位置に復帰し、この状態
において次なるワークの搬入に対して待機する。

【0036】なお、上述した実施例では、本発明を自動
車生産設備においてサイドボディーアウターパネルの縁
部にベンディング加工を施すためのプレス型装置に適用
した例を示したが、本発明に関わるプレス型装置はベン
ディング加工のみならず、リストライキング加工(前工
程で作られた形状を正確にするべく寸法出しを行う加
工)等、アンダーカット部分を含んだ各種の加工を実施
する場合にも有効に適用することができる。

【0037】また、本発明に関わるプレス型装置は、自
動車ボディーの製造のみならず、アンダーカット部分を
有する各種のプレス製品を成形するための装置として、
様々な製造分野において有効に適用し得ることは言うま
でもない。

【0038】

【発明の効果】以上、詳述した如く、本発明に関わるプ
レス型装置では、固定ダイを下型本体に設置し、かつベ
ンド加工部を有するベンドダイを下型本体に移動自在に
設置するとともに、このベンドダイの2箇所の支点を各
々直線方向かつ互いに異なる方向に沿って案内するガイ
ド手段を下型本体に設置することにより、ベンドダイを
稼働位置と退避位置との間において近似回転運動させる
よう構成している。このように、ベンドダイを近似回転
運動させて稼働位置と退避位置との間を移動させるよう
構成したことにより、ベンド加工部のワーク当接面を固
定ダイのワーク当接面と連続させた態様で、上記ベンド
ダイを所定の加工位置に占位させることができる。すな
わち、本発明に関わるプレス型装置によれば、製品をプ
レス成形する際において、型のワーク当接面に不用意な
隙間が生じることを防止でき、もってアンダーカット部
分を有するプレス成形品を、外観不良や寸法精度の不良
を招くことなく製造することが可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に関わるプレス型装置の構成を示す要部
概念図。

【図2】図1中のII−II線断面図。

【図3】プレス型装置におけるガイド手段の構成を概念
的に示す分解斜視図。

【図4】プレス型装置の動作態様を示す要部概念図。

【図5】プレス型装置の動作態様を示す要部概念図。

【図6】プレス型装置の動作態様を示す要部概念図。

【図7】プレス製品の一例として自動車ボディーのサイ
ドボディーアウターパネルを示す全体図。

【図8】従来のプレス型装置の構成を示す要部概念図。

【符号の説明】

1…プレス型装置、 5A…下部ガイド手段、 5B…後部ガイド手段、 10…下型、 11…下型本体、 12…固定ダイ、 12a…ワーク当接面、 13…ドライバ部材、 20…ベンドダイ、 21…ベンド加工部、 21a…ワーク当接面、 30…上型、 40…ベンドパンチ、 50…ベンドパッド、 51…付勢用スプリング、 W…ワーク(サイドボディーアウターパネル)。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ワークを所定の加工位置に保持する
    態様で下型本体に設置した固定ダイと、 上型に設けたベンドパンチと協働してワークにアンダー
    カット部分を成形するベンド加工部を有し、下型本体に
    対して移動自在に設置したベンドダイと、 上記ベンドダイに設けた2箇所の支点を、それぞれ直線
    方向かつ互いに異なる方向に沿って案内する態様で下型
    本体に設置したガイド手段とを備え、 上記ベンドダイを上型の上下移動に基づいて、ベンド加
    工部のワーク当接面が固定ダイのワーク当接面と連続す
    る態様で所定の加工位置に占位する稼働位置、およびベ
    ンド加工部が所定の加工位置から退避する退避位置の間
    において、上記ガイド手段に案内されつつ近似回転運動
    するよう構成して成ることを特徴とするプレス型装置。
  2. 【請求項2】 下型に設けたドライバ部材との協働
    作用により上型の下降に伴ってワークに加工を施す方向
    に移動する態様で上型にベンドパンチを設けるととも
    に、該ベンドパンチの移動方向と平行する方向に移動す
    る態様で、ベンドパンチに付勢用スプリングを介してベ
    ンドパッドを設けたことを特徴とする請求項1記載のプ
    レス型装置。
JP31072294A 1994-12-14 1994-12-14 プレス型装置 Expired - Fee Related JP3351142B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31072294A JP3351142B2 (ja) 1994-12-14 1994-12-14 プレス型装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31072294A JP3351142B2 (ja) 1994-12-14 1994-12-14 プレス型装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08164420A true JPH08164420A (ja) 1996-06-25
JP3351142B2 JP3351142B2 (ja) 2002-11-25

Family

ID=18008696

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31072294A Expired - Fee Related JP3351142B2 (ja) 1994-12-14 1994-12-14 プレス型装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3351142B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010221228A (ja) * 2009-03-19 2010-10-07 Fuji Heavy Ind Ltd Sheet metal product bending equipment
FR3031322A1 (fr) * 2015-01-06 2016-07-08 Peugeot Citroen Automobiles Sa SHAPING A BOTTOM EDGE WITH COUNTER-TILE REFLEX
CN109794546A (zh) * 2019-01-04 2019-05-24 安徽汇精模具研发科技有限公司 冲压件挤压成型装置

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR3002746B1 (fr) * 2013-03-01 2015-03-20 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outil de presse pour l'emboutissage d'une tole

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010221228A (ja) * 2009-03-19 2010-10-07 Fuji Heavy Ind Ltd Sheet metal product bending equipment
FR3031322A1 (fr) * 2015-01-06 2016-07-08 Peugeot Citroen Automobiles Sa SHAPING A BOTTOM EDGE WITH COUNTER-TILE REFLEX
WO2016110621A1 (fr) * 2015-01-06 2016-07-14 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outillage et procédé de mise a forme d'un bord d'embouti avec renvoi en contre-depouille
CN107107143A (zh) * 2015-01-06 2017-08-29 标致雪铁龙集团 在底切处具有凹进部的冲压件的边缘的成型工具及方法
CN107107143B (zh) * 2015-01-06 2020-03-10 标致雪铁龙集团 在底切处具有凹进部的冲压件的边缘的成型工具及方法
CN109794546A (zh) * 2019-01-04 2019-05-24 安徽汇精模具研发科技有限公司 冲压件挤压成型装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3351142B2 (ja) 2002-11-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN102361707B (zh) 通过单次操作修剪和弯折板材的同一边缘的冲压设备和使用该设备的方法
US5711180A (en) Pressing cam die
US6295858B1 (en) Hemming apparatus
US5784916A (en) Thin sheet forming die assembly including a lower die having plural parallel rotating cylindrical members
US20040000184A1 (en) Cam-type press system
CN201168750Y (zh) 一种用于型材加工的定位、冲孔或钻孔、打字装置
HU205287B (en) Method and apparatus for deep-drawing platelike materials by deformable broach arranged under drawhead
US5746082A (en) Thin sheet forming die assembly including lower die cylindrical member having varied diameters
JP2013078777A (ja) プレス金型
JP2001205357A (ja) プレス用金型
JPH02155521A (en) Machine tool for plate material
JP2001047147A (ja) 金型装置
JP2002219528A (ja) プレス金型
JP2005205430A (ja) プレス加工装置
JPH09192751A (ja) 複合成形型および複合成形方法
KR20050034500A (ko) 밴딩성형용 소성가공장치
CN106180393A (zh) 侧整形模具及其成型方法
KR100667196B1 (ko) 부각 성형 다이
JP3895538B2 (ja) 縁曲げ加工装置
JPH0819824A (ja) 打抜き装置
JP3320847B2 (ja) プレス加工装置
CN1927497A (zh) 一种冷冲压复合模具
JP3849396B2 (ja) プレス加工装置
JP2849241B2 (ja) 負角形状成形用プレス金型
JP3252424B2 (ja) Press mold

Legal Events

Date Code Title Description
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090920

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090920

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100920

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110920

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110920

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120920

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120920

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130920

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130920

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140920

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees