JPH0816352B2 - 住宅ユニットの造作・仕上材取付方法 - Google Patents

住宅ユニットの造作・仕上材取付方法

Info

Publication number
JPH0816352B2
JPH0816352B2 JP16025790A JP16025790A JPH0816352B2 JP H0816352 B2 JPH0816352 B2 JP H0816352B2 JP 16025790 A JP16025790 A JP 16025790A JP 16025790 A JP16025790 A JP 16025790A JP H0816352 B2 JPH0816352 B2 JP H0816352B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing unit
guide pin
finishing
partition
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP16025790A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0449345A (en
Inventor
一樹 栗田
Original Assignee
ミサワホーム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ミサワホーム株式会社 filed Critical ミサワホーム株式会社
Priority to JP16025790A priority Critical patent/JPH0816352B2/ja
Publication of JPH0449345A publication Critical patent/JPH0449345A/ja
Publication of JPH0816352B2 publication Critical patent/JPH0816352B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、ユニット住宅を構成する住宅ユニットに造
作・仕上材を取付ける方法に係り、特に複数の住宅ユニ
ット間にまたがって配置される造作・仕上材を取付ける
方法に関する。
〔背景技術〕
工場で製造された住宅ユニットを建設現場で組み合わ
せて建てられるユニット住宅は、現場作業の減少や施工
期間の短縮を図れるため、近年多用されつつある。
このようなユニット住宅では、できるだけ現場作業を
少なくするために、間仕切壁等の造作・仕上材も予め工
場で住宅ユニットに取付けていた。
これらの造作・仕上材は、住宅ユニットの4本の柱の
うち、取付位置に近い柱を基準として取付けられてい
た。例えば、第5図に示すように、間仕切壁50は、住宅
ユニット51の4本の柱52A〜52Dのうちの間仕切壁50に近
接する柱52A,52Bを基準として取付けられていた。
〔発明が解決しようとする課題〕
ところで、間仕切壁50等の造作・仕上材は、複数の住
宅ユニット51間にまたがって配置されることがある。こ
の間仕切壁50は、第6図に示すように、各ユニット51内
に配置される間仕切壁50A〜50Dを予め工場で取付けてお
き、建設現場でのユニット51の組み合わせ時に互いに接
続したり、あるいは適宜ジョイント部材を介して接続し
て構成される。
しかしながら、各住宅ユニット51の寸法には±1〜5m
m程度の誤差が生じることがある。この場合には、第6
図にやや誇張されて記載されているように、間仕切壁50
A,50Bの接続部分に段差が生じてしまうという問題があ
る。
この段差を住宅ユニット51の組み合わせ後に補修する
場合には、現場作業が増えて施工期間が長くなるという
問題がある。また、段差が生じないように現場で間仕切
壁50を取付ける場合には、現場作業が増えて施工期間が
長くなるとともに、工場で取付ける場合に比べて取付け
が確実でないという問題がある。
本発明の目的は、複数の住宅ユニットにまたがる造作
・仕上材を工場で予め取付けることができ、かつ住宅ユ
ニットの寸法精度が悪くても造作・仕上材の接続部分に
段差が生じないようにできる住宅ユニットの造作・仕上
材取付方法を提供することにある。
〔課題を解決するための手段〕
本発明の住宅ユニットの造作・仕上材取付方法は、住
宅ユニットの4本の柱から基準柱を1本選定し、この基
準柱の下端の柱脚プレートに住宅ユニットの被設置部に
立設されたガイドピンに嵌合するガイドピン穴を形成
し、住宅ユニットに取付ける造作・仕上材のうちの少な
くとも複数の住宅ユニット間にまたがって配置される造
作・仕上材を前記ガイドピン穴を基準として住宅ユニッ
トに取付けることを特徴とする。
ここで、前記被設置部とは、設置する住宅ユニットが
1階用であれば基礎を、2階用であれば1階用の住宅ユ
ニットを示し、要するに住宅ユニットが据え付けられる
部分を意味する。
〔作用〕
このような本発明では、各住宅ユニットには基準柱の
ガイドピン穴を基準として造作・仕上材が工場等で予め
取付けられる。この住宅ユニットは、建設現場で被設置
部のガイドピンにガイドピン穴を嵌合させることで位置
決め設置される。
よって、住宅ユニットを被設置部に設置すると、造作
・仕上材は住宅ユニットの設置基準となるガイドピンを
唯一の基準として配置されることになり、たとえ住宅ユ
ニットの寸法精度が悪くても複数の住宅ユニットにまた
がる設備・造作材はその接続部分に段差が生じることな
く正確に接続される。
〔実施例〕
以下、本発明の一実施例を図面に基づいて説明する。
第1図には、住宅ユニット1の概略模式図が示され
る。各住宅ユニット1は4本の柱2を備え、このうちの
1本は基準柱3とされる。この基準柱3は、住宅ユニッ
ト1の設置プランに応じて選定され、例えば第2図のよ
うに4つの住宅ユニット1が配置される場合には、各ユ
ニット1が互いに接する中央部に配置される柱2が基準
柱3とされる。
各柱2の下端にはそれぞれ柱脚プレートが固定され、
第3図および第4図にも示すように、各基準柱3の柱脚
プレート4にはガイドピン穴5が形成される。
これらの住宅ユニット1には間仕切壁10A〜10Eがそれ
ぞれ工場で取付けられる。これらの間仕切壁10A〜10Eの
取付けは、各基準柱3のガイドピン穴5を基準として行
われる。すなわち、第1図に示すように間仕切壁10A,10
Bはそれぞれガイドピン穴5からの寸法がL2となるよう
に取付けられ、間仕切壁10C,10Dはガイドピン穴5から
の寸法がL1となるように取付けられ、間仕切壁10C,10E
はガイドピン穴5からの寸法がl1となるように取付けら
れる。
これらの住宅ユニット1は、建設現場に輸送されて第
3図および第4図に示すように、基礎11上に設置され
る。
この住宅ユニット1の据え付け手順は、まず住宅ユニ
ット1の基準柱3が設置される基礎11上に4本のガイド
ピン12が立設されたセッティングプレート13を基礎基準
墨14に合わせて置く。
次に、4つの住宅ユニット1のうち、基準となるユニ
ット1をガイドピン穴5にガイドピン12を嵌合させなが
ら基礎11上に設置する。この際、基礎11の柱2が設置さ
れる部分にはグラウト材15が充填されたシース管16が埋
設されており、このシース管16に柱2の柱脚プレート4
に取付けられたアンカーボルト17が挿入されて住宅ユニ
ット1が基礎11上に位置決め固定される。
その後、他のユニット1をガイドピン穴5にガイドピ
ン12を嵌合させながら順次据え付け、第2図に示すよう
に配置する。ここで、各間仕切壁10Aと10B、10Cと10Dお
よび10Cと10Eはそれぞれ互いに端面が当接し、複数の住
宅ユニット1にまたがる各間仕切壁10がそれぞれ構成さ
れる。
このような本実施例によれば、次のような効果があ
る。
すなわち、複数の住宅ユニット1間にまたがって設置
される間仕切壁10を構成する各間仕切壁10A〜10Eは、ユ
ニット1の寸法に関係せずにガイドピン穴5つまりユニ
ット1の設置基準となるガイドピン12を唯一の基準とし
てユニット1に取付けられるので、ユニット1の設置時
に各端面を正確に接続することができる。このため、た
とえ住宅ユニット1に寸法誤差が生じていても間仕切壁
10の各接続部分に段差が生じることがなく、外観を良好
なものにできる。
また、間仕切壁10の接続部分に段差が生じないので、
建設現場で間仕切壁10を取付ける必要がなく工場で間仕
切壁10A〜10Eを取付けておくことができる。よって、現
場で取付ける場合に比べて間仕切壁10の取付けを確実か
つ強固できる。
さらに、間仕切壁10を工場で取付けることができ、か
つ現場で段差を補修する必要がないので現場作業を減少
できる。また、建設現場での補修作業が無いことから、
各間仕切壁10A〜10Eに工場でクロスを張って仕上げてお
くことができ、現場での仕上作業も無くなってより現場
作業を少なくでき、施工期間も短くできる。
さらに、各住宅ユニット1はガイドピン12およびガイ
ドピン穴5により正確かつ容易に位置決めすることがで
きる。
なお、本発明は前述の実施例に限定されるものではな
く、本発明の目的を達成できる範囲での変形、改良等は
本発明に含まれるものである。
例えば、本発明は間仕切壁10を取付けるのに限らず、
例えば壁内に埋め込まれて、間仕切壁の表面に連続する
ように配置される収納家具等の他の造作・仕上材を取付
ける場合にも利用できる。
また、前記実施例では、1階に配置される住宅ユニッ
ト1に間仕切壁10を取付けるのに本発明を適用していた
が、本発明は2階以上に配置される住宅ユニットに間仕
切壁等の造作・仕上材を取付ける場合にも同様に利用す
ることができる。なお、例えば2階用のガイドピンは1
階の住宅ユニット1の基準柱3の頂部に立設し、適宜こ
のガイドピンに嵌合する穴を有するセッティングプレー
トを介在させてガイドピンの位置を確定してユニットを
据えつければよい。
さらに、前記実施例では複数の住宅ユニット1にまた
がる造作・仕上材をユニット1に取付けるにあたって本
発明を適用していたが、1つの住宅ユニット1内で完結
する、つまり他のユニット1にまたがらない造作・仕上
材を取付けるのに本発明を適用してもよい。この場合に
は、他の造作・仕上材等との間隔等も正確にできるとい
う利点がある。
また、前記実施例では、各住宅ユニット1に対応する
ガイドピン12をそれぞれ1づつとしたが、それぞれ2本
以上設置してもよい。この場合、住宅ユニット1の設置
時の位置決めをより正確にできるという利点がある。な
お、この場合においても造作・仕上材の取付けの基準と
なるのは、複数のガイドピン12のいずれか1本に嵌合す
る1つのガイドピン5穴である。
〔発明の効果〕
このような本発明によれば、複数の住宅ユニットにま
たがる造作・仕上材を工場で予め取付けることができ、
かつ住宅ユニットの寸法精度が悪くても造作・仕上材の
接続部分に段差が生じないようにできるという効果があ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例の現場設置前の住宅ユニット
を示す概略模式図、第2図は現場設置後の住宅ユニット
を示す概略模式図、第3図および第4図は住宅ユニット
の基準柱を基礎に取付ける状態を示す分解斜視図および
平断面図、第5図および第6図は従来例を示す概略模式
図である。 1…住宅ユニット、2…柱、3…基準柱、4…柱脚プレ
ート、5…ガイドピン穴、10…造作・仕上材である間仕
切壁、12…ガイドピン、13…セッティングプレート。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】住宅ユニットの4本の柱から基準柱を1本
    選定し、この基準柱の下端の柱脚プレートに住宅ユニッ
    トの被設置部に立設されたガイドピンに嵌合するガイド
    ピン穴を形成し、住宅ユニットに取付ける造作・仕上材
    のうちの少なくとも複数の住宅ユニット間にまたがって
    配置される造作・仕上材を前記ガイドピン穴を基準とし
    て住宅ユニットに取付けることを特徴とする住宅ユニッ
    トの造作・仕上材取付方法。
JP16025790A 1990-06-19 1990-06-19 住宅ユニットの造作・仕上材取付方法 Expired - Lifetime JPH0816352B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16025790A JPH0816352B2 (ja) 1990-06-19 1990-06-19 住宅ユニットの造作・仕上材取付方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16025790A JPH0816352B2 (ja) 1990-06-19 1990-06-19 住宅ユニットの造作・仕上材取付方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0449345A JPH0449345A (en) 1992-02-18
JPH0816352B2 true JPH0816352B2 (ja) 1996-02-21

Family

ID=15711098

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16025790A Expired - Lifetime JPH0816352B2 (ja) 1990-06-19 1990-06-19 住宅ユニットの造作・仕上材取付方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0816352B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4759240B2 (ja) * 2004-09-06 2011-08-31 ミサワホーム株式会社 建物ユニットの連結構造
JP4881456B2 (ja) * 2010-03-23 2012-02-22 ミサワホーム株式会社 建物ユニットの連結構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0449345A (en) 1992-02-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2213831C (en) Modular pillar
RU2114958C1 (ru) Выполненный из термопласта полый прямоугольный строительный элемент строительной конструкции из термопласта и его вариант
US5765330A (en) Pre-insulated prefab wall panel
JP3749825B2 (ja) 煉瓦組積構造、煉瓦組積工法及び煉瓦
US3751864A (en) Interstitial space frame system
US5065558A (en) Prefabricated modular building construction system
US4050215A (en) Premanufactured modular housing building construction
US6651393B2 (en) Construction system for manufactured housing units
US4185423A (en) Lightweight building module
KR20150121134A (ko) 모듈 빌딩 유닛과, 상기 모듈 빌딩 유닛을 구성하고 수송하는 방법
US4004387A (en) Panels and the method of same for house construction
US2964821A (en) Apparatus for constructing building walls
US7028439B2 (en) Channel-reinforced concrete wall panel system
US6176059B1 (en) Modular concrete building system
US3487598A (en) Modular building construction and method
US6837013B2 (en) Lightweight precast concrete wall panel system
US6263628B1 (en) Load bearing building component and wall assembly method
EP1028207B1 (en) Securing an architectural finish element
US3562979A (en) Building construction
CA2227540C (en) Framing system for wood frame buildings
US6494013B2 (en) Building construction system, components thereof, and method therefore
US3703058A (en) Modular building construction and erection system utilizing selectively oriented modules
US3733757A (en) Concrete building frame construction
US9303400B2 (en) Construction blocks
EP2093337A1 (en) Multi-purpose part