New! View global litigation for patent families

JPH08125717A - 二重化構成の伝送装置の監視制御システム - Google Patents

二重化構成の伝送装置の監視制御システム

Info

Publication number
JPH08125717A
JPH08125717A JP25351194A JP25351194A JPH08125717A JP H08125717 A JPH08125717 A JP H08125717A JP 25351194 A JP25351194 A JP 25351194A JP 25351194 A JP25351194 A JP 25351194A JP H08125717 A JPH08125717 A JP H08125717A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
system
circuit
signals
transmitter
part
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP25351194A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazunori Hanaeda
Katsuhiko Nakamoto
Kensaburo Nanba
Kosuke Nishine
Yutaka Oguri
勝彦 中本
裕 大栗
和典 花枝
康資 西根
謙三郎 難波
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】二重化構成の伝送装置の監視制御システム、特
に二重化されたクロスコネクトシステムにおいて、回線
開通試験用の試験回路を用いて監視を行う監視制御シス
テムを提供する。 【構成】二重化構成の伝送装置の双方からの回線信号を
受信し、これらの回線信号間の一致/不一致を検知する
第一の検知回路と、第一の検知回路により、不一致が検
知される時、二重化構成の伝送装置の予備側伝送装置を
通して試験信号を送り、予備側伝送装置から出力される
該試験信号の正常性を判断する第一の試験制御回路を有
する。試験制御回路において、予備側伝送装置から出力
される試験信号が正常であると判断される場合、現用側
伝送装置が障害であると判断し、予備側伝送装置を通し
て回線信号を処理するように切り換える。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、二重化構成の伝送装置
の監視制御システム、特に二重化されたクロスコネクト
システムにおいて、回線開通試験用の試験回路を用いて
監視を行う監視制御システムに関する。

【0002】

【従来の技術】入力される回線信号を処理して接続先
に、この回線信号を送出する伝送装置においては、伝送
される回線信号の品質の向上が要求される。このため
に、システムを二重化し、更に回線信号列の空きに監視
用試験パターンを挿入し、各処理部の通過ポイントで該
当の監視パターンを抽出し、パターン比較を行い、通過
パスの正常性を監視することが行われる。

【0003】かかる場合、この監視は、回線信号列に対
して空きとなる部分が必要である。また、実際の回線信
号とは独立した状態であるため、回線信号に異常が発生
しているにもかかわらず、監視による結果は正常となる
場合が起こり得る。

【0004】ここで例えば伝送装置として、複数の回線
信号を時間的に入れ換えて、多重化するクロスコネクト
システムにおいては、回線信号列の空きに監視用試験パ
ターンを挿入し、各処理部の通過ポイントで該当監視パ
ターンを抽出し、パターン比較により通過パスの正常性
を監視していた。

【0005】ところが、かかるクロスコネクト処理にお
いては、回線信号列の空き領域を通過させるために、回
線信号とは独立して固定的にクロスコネクトが行われ
る。即ち、回線信号とは、別個のクロスコネクト処理が
行われるため、回線信号のクロスコネクト処理が異常と
なっても、この空き領域は正しくクロスコネクトされる
場合が考えられる。

【0006】この場合は、監視用試験パターンを挿入し
て試験を行う場合であっても、現在の選択系の回線信号
の異常を正確に判断できず、正常な他系(現在の予備
系)を選択出来ない状態となる。

【0007】

【発明が解決しようとする課題】従って、本発明の目的
は、回線信号列の空きに監視用試験パターンを挿入し、
該当監視パターンの抽出によりパターン比較を行って監
視しても、回線信号の正常性が確認できず、正常な他系
を選択できないという問題を解決する二重化構成の伝送
装置の監視制御システムを提供することにある。

【0008】更に、本発明の目的は、回線信号列の空き
を利用した監視方法によることなく、実際の回線信号を
二重化処理の後に信号を比較し、比較結果不一致の場合
は、回線開通試験用の試験回路を二重化システムの非選
択系において駆動し、どちらの系が異常であるかを判定
し、正常な回線信号を通過させる二重化構成の伝送装置
の監視制御システムを提供することにある。

【0009】

【課題を解決するための手段】本発明にしたがう二重化
構成の伝送装置の監視制御システムは、二重化構成の伝
送装置の双方からの回線信号を受信し、これらの回線信
号間の一致/不一致を検知する第一の検知回路と、この
第一の検知回路により、不一致が検知される時、該二重
化構成の伝送装置の予備側伝送装置を通して試験信号を
送り、該予備側伝送装置から出力される該試験信号の正
常性を判断する第一の試験制御回路を有する。

【0010】そして、前記試験制御回路において、予備
側伝送装置から出力される試験信号が正常であると判断
される場合、現用側伝送装置が障害であると判断し、前
記予備側伝送装置を通して回線信号を処理するように切
り換え、試験信号が異常であると判断される場合、現用
側伝送装置が正常であると判断し、伝送装置の切替えを
行わないように制御する第一の選択切替え制御回路を有
して構成される。

【0011】更に、具体的態様として、前記二重化構成
の伝送装置は、クロスコネクトスイッチにより構成され
る。

【0012】また、別の態様として、前記回線信号間の
一致/不一致を検知する第二の一致/不一致検知回路、
前記試験信号の正常性を判断する第二の試験制御回路及
びこれら回路の出力により系を選択切替える第二の選択
切替え制御回路を、更に前記クロスコネクトスイッチの
前段側に対して設ける。

【0013】そして、前記クロスコネクトスイッチの前
段側及び後段側に設けられる、第一及び第二の試験制御
回路の出力の論理和出力により前記試験信号の送出及び
系の選択切替えを行うように制御する。

【0014】

【作用】上記のように、本発明においては、二重化構成
の伝送装置で処理された回線信号を受信し、信号比較を
行う。比較の結果が不一致である場合、どちらかの系が
異常となったと判定することが出来る。

【0015】この場合、二重化構成の伝送装置の予備側
伝送装置を通して試験信号を送り、試験回路で、この予
備側伝送装置から出力される試験信号の正常性を判断す
る。これによって、現用側伝送装置が障害であるか、予
備側伝送装置が障害であるかを判断できる。

【0016】したがって、回線信号を常時監視でき、回
線信号列の空き領域を利用した従来の監視方法における
問題が解決される。

【0017】

【実施例】以下図面にしたがって、本発明の実施例を説
明する。尚、以下の説明において、同一または類似のも
のには同一の参照番号及び記号を付して説明する。

【0018】図1は、本発明の原理ブロック図である。
図中、1及び2は、それぞれ送信側及び、受信側の二重
化構成の伝送装置であり、二重化回線C1、C2により
接続されている。

【0019】送信側の二重化構成の伝送装置1は、0系
(#0)及び1系(#1)の伝送装置10、11を有す
る。受信側の二重化構成の伝送装置2も同様に、0系
(#0)及び1系(#1)の伝送装置20、21を有す
る。

【0020】Sは、回線信号であり、送信側の二重化構
成の0系及び1系の伝送装置10、11に共通に入力す
る。今、0系の伝送装置10が現用、1系の伝送装置1
1が予備用の状態にあると考える。回線信号Sは、現用
の伝送装置10及び予備用の伝送装置11により処理さ
れ、比較回路3に入力する。

【0021】この時、比較回路3において、二つの入力
間の一致がとれない場合は、現用の伝送装置10又は予
備用の伝送装置11のいずれかが、障害であると判断出
来る。この場合は、比較回路3をEXOR回路で構成す
ると、二つの入力が不一致であるので1の出力が生じ
る。

【0022】したがって、4の試験回路をこの比較回路
3からの1の出力により動作させる。試験回路4は、試
験信号を現在、予備用である1系の伝送装置11に送
る。予備用の伝送装置11からの試験信号は、制御回路
5に入力され、試験信号の正常性が判断される。

【0023】制御回路5において、試験信号が正常であ
ると判断される場合、試験信号を処理した予備用である
1系の伝送装置11には、異常は無く、現在現用として
使用される0系の伝送装置10に障害が生じていると判
断出来る。したがって、制御回路5は、0系の伝送装置
10から1系の伝送装置11において、回線信号の処理
を行わせるように切替えを制御する。

【0024】この切替えが図示しない線路を通じて、受
信側の伝送装置に通知される。したがって、受信側にお
いて、回線C2に繋がる1系の伝送装置21からの出力
を有効として受信する。

【0025】上記のごとくして、回線信号の常時監視が
可能となる。これにより回線信号列の空き領域を利用し
た従来の監視方法の、先に説明した問題が解決される。

【0026】図2は、本発明の第一の実施例ブロック図
である。本発明の二重化構成の伝送装置の監視制御シス
テムに直接関連する、図1に示した送信側の伝送装置1
の構成例ブロック図であり、特に実施例として伝送装置
がクロスコネトである場合を示す。

【0027】図において、10、11は、それぞれ0
系、1系のクロスコネト機能を有する伝送装置である。
伝送装置10、11は、クロスコネクト部100、10
1とクロスコネクト部100、101を制御する制御メ
モリ101を有する。クロスコネクト部100は、複数
のn回線を入力し、時間的に多重化するとともに、それ
ら回線の時間的位置を入れ換えて、入力回線の入れ換え
を行う機能を有する。

【0028】30、31は、それぞれ0系、1系の伝送
装置に対応し、図1の原理図における一致/不一致を検
知する回路3に相当する機能を有する部分である。

【0029】回路30、31は、共通の構成であり、回
路300が上記回路3に相当する機能を有し、伝送装置
10、11からの回線信号の一致/不一致を検知する。
301は、回線切替え回路であり、後に説明する選択系
指示信号により、伝送装置10、11からの回線信号の
いずれかを出力するように切替え制御される。

【0030】また、回路302は、後に説明する回線開
通試験用の試験信号発生回路4からの試験信号を伝送装
置10、11を通して受信し、その正常性を判断する機
能を有する。更に、伝送装置10、11の入力側には、
それぞれ回線信号Sを入力するとともに、試験信号発生
回路4からの試験信号を試験制御回路5の制御の下に挿
入するインサート回路60、61を有する。

【0031】ここで、図2に示す本発明にしたがう構成
における本発明の動作を説明する。今、0系が選択され
て現用系であるとして考える。回線信号Sは、インサー
ト回路60、61を通して伝送装置10、11に入力す
る。回線信号Sは、クロスコネクト部100において、
制御メモリ101により回線の入替え処理が行われ出力
される。

【0032】ついで、回線の入替え処理が行われ出力さ
れた回線信号Sに対し、一致/不一致を検知する回路3
00において、伝送装置10、11の双方のクロスコネ
クト部100の出力が比較される。

【0033】この比較において、一致がとれる場合は、
伝送装置10、11のいずれのクロスコネクト部100
とも正常であるとして、系の切替え等の処理は行われず
に、回線信号Sの伝送が選択されている同一の系を通し
て伝送が継続される。

【0034】上記の回路300における比較の結果、一
致が取れない場合は、0系もしくは1系のいずれかのク
ロスコネクト部100が障害であることが推定される。
したがって、この場合は、回線信号Sの比較結果が試験
制御回路5に入力される。

【0035】試験制御回路5は、この比較結果に基づ
き、0系もしくは1系のいずれかのクロスコネクト部1
00が障害であると推定して、現在非選択即ち予備用と
されている系1に対応するインサート回路61を制御し
て、試験信号発生回路4から出力される試験信号を挿入
する。

【0036】この挿入された試験信号は、1系の伝送装
置11のクロスコネクト部100を通り、出力される。
この時、選択制御回路40は、試験制御回路5からの試
験開始制御信号に基づき、通常は、現用側の回線を選択
している回線切替え回路301を予備側のクロスコネク
ト部100の出力を選択するように制御する。

【0037】したがって、予備側のクロスコネクト部1
00から出力された試験信号は、非選択系の回路部31
の判定回路302に導かれ、その正常性が判断される。
非選択系の回路部31の判定回路302において、試験
信号の正常性が判断される。

【0038】ここで、試験信号が正常であると判断され
る場合は、現在の選択系、即ち0系が障害であると判断
される。一方、試験信号が異常であると判断される場合
は、現在非選択系即ち、1系のクロクコネク部100が
障害であると判断される。

【0039】したがって、判定回路302の出力は、試
験制御回路5からの駆動信号により出力されて選択制御
回路40に導かれる。ついで、この選択制御回路40に
より現在の選択系、即ち0系が障害であると判断される
場合は、現在の非選択系、即ち1系に切り換えるように
切替え回路301に選択系指示信号を送るとともに、試
験制御回路5に対し、選択系情報信号を送る。

【0040】上記の如くして、本発明によりシステムの
運用中においても、試験を行い、正常な系に切り換える
ことが可能となる。

【0041】図3は、本発明の第二の実施例ブロック図
である。図3の構成は、図2の構成に対し、全ての回路
部分を二重化した構成である。即ち、インサート回路6
0、61及び試験信号発生回路4に対しても二重化し、
0系用6、1系用6’のそれぞれの回路ブロック内のイ
ンサート回路60、61をクロスして、0系及び1系の
伝送装置10、11に入力するように構成している。

【0042】更に、伝送装置10、11内のクロスコネ
クト部100の前段に、回路部30、31を構成する各
回路と同様の一致/不一致判定回路300’、切替え回
路301’及び試験信号の判断回路302’を設けてい
る。

【0043】これら一致/不一致判定回路300’、切
替え回路301’及び試験信号の判断回路302’の機
能は、先に図2おいて説明した一致/不一致判定回路3
00、切替え回路301及び試験信号の判断回路302
と同様である。

【0044】図3において、図2と比較して、試験制御
回路5及び選択制御回路40の他に、更に試験制御回路
5’、選択制御回路40’及び論理和回路7が設けられ
ている。試験制御回路5及び選択制御回路40の動作
は、図2において説明した通りであり、回路部30、3
1の一致/不一致判定回路300、切替え回路301及
び試験信号の判断回路302に対応して動作する。

【0045】一方、試験制御回路5’及び選択制御回路
40’は、機能として試験制御回路5及び選択制御回路
40同様であるが、クロスコネクト部100の前段に備
えられる、一致/不一致判定回路300’、切替え回路
301’及び試験信号の判断回路302’を制御するも
のである。

【0046】図2においては、一の試験制御回路5によ
り、一致/不一致判定回路300において、不一致が検
知される時、非選択系を通して試験信号を送出すべくイ
ンサート回路60又は61を制御している。これに対
し、図3の実施例では、試験制御回路5及び7の出力の
論理和を論理和回路7で取り、二重化構成の0系用6、
1系用6’のそれぞれの回路ブロック内のインサート回
路60または、61により試験信号を挿入する。

【0047】このように図3の第二の実施例において
は、クロスコネクト部100の前段及び後段に、回線信
号Sの一致/不一致を判定する機能、試験信号の正常性
を判断する機能及び、系を切り換える機能を持つように
している。

【0048】更に、クロスコネクト部100の前段また
は後段での正常性を判断し、その判断結果の論理和、即
ちいずれかで異常と判断される時に系を切り換えるよう
に制御する。これにより、より的確、迅速に障害である
ことを判断して正常な系に切替えが可能である。

【0049】

【発明の効果】以上実施例にしたがい説明したように、
本発明は、二重化回線信号の常時比較により異常の検出
を行い、回線開通試験用の試験回路を用いてどちらの系
が異常なのかを判定するものである。

【0050】このため、従来の回線信号列の空き領域に
監視パターンを挿入、分離・比較といった回路を削減で
きる効果を奏し、回線品質向上の寄与するところが大き
い。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の原理を説明するブロック図である。

【図2】本発明の第一の実施例構成ブロック図である。

【図3】本発明の第二の実施例構成ブロック図である。

【符号の説明】

4 試験信号発生回路 60、61 インサート回路 10、11 0系、1系の伝送装置 100 クロスコネクト部 101 制御メモリ 300 一致/不一致判断回路 301 回線切替え回路 302 試験信号の正常性を判断する回路 5 試験制御回路 40 選択制御回路

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 西根 康資 神奈川県川崎市中原区上小田中1015番地 富士通株式会社内 (72)発明者 大栗 裕 神奈川県川崎市中原区上小田中1015番地 富士通株式会社内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】二重化構成の伝送装置の双方からの回線信
    号を受信し、これらの回線信号間の一致/不一致を検知
    する第一の検知回路と、 該第一の検知回路により、不一致が検知される時、該二
    重化構成の伝送装置の予備側伝送装置を通して試験信号
    を送り、該予備側伝送装置から出力される該試験信号の
    正常性を判断する第一の試験制御回路を有し、 該試験制御回路において、該予備側伝送装置から出力さ
    れる該試験信号が正常であると判断される場合、現用側
    伝送装置が障害であると判断し、該予備側伝送装置を通
    して回線信号を処理するように切り換え、該試験信号が
    異常であると判断される場合、現用側伝送装置が正常で
    あると判断し、伝送装置の切替えを行わないように制御
    する第一の選択切替え制御回路を有して構成されたこと
    を特徴とする二重化構成の伝送装置の監視制御システ
    ム。
  2. 【請求項2】請求項1において、 前記二重化構成の伝送装置は、クロスコネクトスイッチ
    により構成されることを特徴とする二重化構成の伝送装
    置の監視制御システム。
  3. 【請求項3】請求項2において、 前記回線信号間の一致/不一致を検知する第二の一致/
    不一致検知回路、前記試験信号の正常性を判断する第二
    の試験制御回路及びこれら回路の出力により系を選択切
    替える第二の選択切替え制御回路を、更に前記クロスコ
    ネクトスイッチの前段側に対して設け、 該クロスコネクトスイッチの前段側及び後段側に設けら
    れる、第一及び第二の試験制御回路の出力の論理和出力
    により前記試験信号の送出及び系の選択切替えを行うよ
    うに制御することをことを特徴とする二重化構成の伝送
    装置の監視制御システム。
JP25351194A 1994-10-19 1994-10-19 二重化構成の伝送装置の監視制御システム Withdrawn JPH08125717A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25351194A JPH08125717A (ja) 1994-10-19 1994-10-19 二重化構成の伝送装置の監視制御システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25351194A JPH08125717A (ja) 1994-10-19 1994-10-19 二重化構成の伝送装置の監視制御システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08125717A true true JPH08125717A (ja) 1996-05-17

Family

ID=17252397

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25351194A Withdrawn JPH08125717A (ja) 1994-10-19 1994-10-19 二重化構成の伝送装置の監視制御システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08125717A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997020436A3 (en) * 1995-11-29 1997-07-31 Ericsson Telefon Ab L M Testing method and apparatus for verifying correct connection of circuit elements
US7085493B2 (en) 2000-08-23 2006-08-01 Nec Corporation Line processing equipment
JP2012061558A (ja) * 2010-09-16 2012-03-29 Denso Wave Inc ロボット監視システム

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997020436A3 (en) * 1995-11-29 1997-07-31 Ericsson Telefon Ab L M Testing method and apparatus for verifying correct connection of circuit elements
US7085493B2 (en) 2000-08-23 2006-08-01 Nec Corporation Line processing equipment
JP2012061558A (ja) * 2010-09-16 2012-03-29 Denso Wave Inc ロボット監視システム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5408462A (en) Protection switching apparatus and method
US6678839B2 (en) Troubleshooting method of looped interface and system provided with troubleshooting function
US5636341A (en) Fault processing method and information processing system
US5781318A (en) Circuit and method of testing for silent faults in a bi-directional optical communication system
US4984240A (en) Distributed switching architecture for communication module redundancy
US5740157A (en) Distributed control methodology and mechanism for implementing automatic protection switching
US5663950A (en) Methods and systems for fault isolation and bypass in a dual ring communication system
US5453737A (en) Control and communications apparatus
US5522047A (en) Graceful insertion of a tree into a ring network
US4993013A (en) Monitor system for multiplex equipment
US6023774A (en) Computer system having facility for detection of data abnormalities
US20020041409A1 (en) Maintenance system and method for an optical switch fabric
WO1998026611A2 (en) Switch fabric switchover in an atm network switch
US4601028A (en) Method of and apparatus for checking datapath failure in a communication muldem
US5485604A (en) Fault tolerant computer system comprising a fault detector in each processor module
US4961190A (en) (1+N) Hitless channel switching system
US6038681A (en) Multi-array disk apparatus
US5651000A (en) Method and systems for determining the nearest downstream reconfiguration unit in a dual ring communication system
US6574686B1 (en) Method for overcoming faults in an ATM I/O module and lines connected thereto
US4712209A (en) Monitoring apparatus capable of monitoring a digital equipment by the use of a synchronization signal
US6333915B1 (en) On-line line monitor system
JP2001345810A (ja) コネクション迂回システム
JPH0588996A (ja) シリアルループ接続の障害検出方式
US5784274A (en) System and method for monitoring errors occurring in data processed by a duplexed communication apparatus
US7817538B2 (en) Fault-tolerant Ethernet network

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20020115