JPH08120607A - 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法 - Google Patents

湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法

Info

Publication number
JPH08120607A
JPH08120607A JP25798694A JP25798694A JPH08120607A JP H08120607 A JPH08120607 A JP H08120607A JP 25798694 A JP25798694 A JP 25798694A JP 25798694 A JP25798694 A JP 25798694A JP H08120607 A JPH08120607 A JP H08120607A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
layer
aggregate
synthetic resin
pavement
resin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP25798694A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Watanabe
博之 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yokohama Rubber Co Ltd
Original Assignee
Yokohama Rubber Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yokohama Rubber Co Ltd filed Critical Yokohama Rubber Co Ltd
Priority to JP25798694A priority Critical patent/JPH08120607A/ja
Publication of JPH08120607A publication Critical patent/JPH08120607A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 湿気による上層面の膨れ現象に対して有効に
防止でき、かつ施工が簡単かつ効率的で、安価に施工す
ることが出来る湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法
を提供することを目的とするものである。 【構成】 下層のコンクリート層1と、上層となる不透
水性表面舗装層6との間に、下層側から2液タイプのエ
ポキシ樹脂系プライマー2、2液タイプのエポキシ樹脂
系の下塗り層3、この下塗り層3上の全面に、硬化前に
散布した珪砂等の骨材8から成る結合中間層9、中塗り
層10、この中塗り層10上の全面に、硬化前に散布し
た珪砂等の骨材8から成る結合中間層11、中塗り層1
2、この上にエポキシ樹脂に充填剤(粉体)を加えてパ
テ状にした目潰し材を金ゴテで塗付して目潰層13を形
成してある。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、湿潤下地舗装構造及
び湿潤下地舗装工法にかかわり、更に詳しくは湿気によ
る床面の膨れ現象に対して有効に防止でき、かつ施工が
簡単で安価に施工することが出来る湿潤下地舗装構造及
び湿潤下地舗装工法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の湿潤下地舗装構造は、下地コンク
リート層と、不透水性表面舗装層との間に、細骨材を合
成樹脂材に混合させた結合中間層を介在させて構成とな
っており、下地のコンクリートは、微細な細孔を有する
微孔構造体であるかことから、湿潤地帯(低水位地帯,
湿地帯,排水不良地帯等)に打設施工された時、地中の
水分は、毛管現象や浸透圧等によってコンクリート内を
浸透,上昇する。
【0003】このため、湿潤下地舗装構造の上層が不透
水性表面舗装層になっている場合には、上昇してきた水
分や、それらの水蒸気が上層となっている不透水性表面
舗装層の材料や層に圧力を及ぼし、局部的や散在してブ
リスター(膨れ)を発生させる。そこで、従来では湿潤
下地舗装構造における膨れを防止するため、下層のコン
クリート層と、上層の不透水性表面舗装層との間に、合
成樹脂と細骨材(珪砂等)とを、1:4〜1:15の割
合で混合させた結合中間層を介在させる樹脂モルタル工
法(図3参照)や、合成樹脂材料に珪砂を容積比で30
%以上混合させてた結合中間層を介在させるペースト工
法(図4参照)が提案されている(例えば、実公昭63
−24186号公報)。
【0004】図3に示す樹脂モルタル工法は、下層のコ
ンクリート層1上に、2液タイプのエポキシ樹脂系プラ
イマー2をローラ刷毛等で均一に塗付した後、その上に
2液タイプのエポキシ樹脂系の下塗り層3(タック材)
をローラ刷毛及び金ゴテで均一に塗付し、その上にエポ
キシ樹脂に珪砂を混合した樹脂モルタル4を木ゴテ、金
ゴテで均一の厚さとなるように塗付する。
【0005】更に、この上にエポキシ樹脂に充填剤(粉
体)を加えてパテ状にした目潰し材5を金ゴテで塗付し
て目潰しを行い、更にその上にエポキシ樹脂系の上層と
なる不透水性表面舗装層6を均一に塗付して構成するも
のである。また、図4に示すペースト工法は、下層のコ
ンクリート層1上に、2液タイプのエポキシ樹脂系プラ
イマー2をローラ刷毛等で均一に塗付した後、その上に
2液タイプのエポキシ樹脂に100に対して60〜80
の割合で珪砂を加えて混合したペースト状の結合中間層
7を金ゴテで塗付し、更にその上にエポキシ樹脂系の上
層となる不透水性表面舗装層6を均一に塗付して構成す
るものである。上記の工法は、コンクリート自体の親水
性及び多孔性等を考慮して開発されたもので、水圧,水
蒸気圧分散,減衰層としての効果を発揮させるものであ
る。
【0006】
【発明が解決しようとする問題点】然しながら、前者の
樹脂モルタル工法は、薄い施工(5mm以下)が難しく、
施工の厚さが厚くなるために熟練を要する上にコストが
高くなると言う問題があり、更に施工効率が悪いと言う
問題があった。また、後者のペースト工法は、水圧,水
蒸気圧分散,減衰層としての効果が少なく、湿気による
床面の膨れ現象に対して防止できないと言う問題があっ
た。
【0007】この発明は、かかる従来の課題に着目して
案出されたもので、湿気による上層面の膨れ現象に対し
て有効に防止でき、かつ施工が簡単かつ効率的で、安価
に施工することが出来る湿潤下地舗装構造及び湿潤下地
舗装工法を提供することを目的とするものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】この発明は上記目的を達
成するため、下地コンクリート層と、不透水性表面舗装
層との間に、主剤と硬化剤とを混合させた合成樹脂の表
面に骨材を散布して成る結合中間層(通常,ノンスリッ
プ工法,ニート工法,防滑工法と呼ばれる層)を少なく
とも一層以上積層させて構成したことを要旨とするもの
である。
【0009】前記合成樹脂の表面に骨材を散布して成る
結合中間層を、複数層形成し、前記合成樹脂の表面に散
布する骨材の粒径を同一粒径のものを使用し、または前
記合成樹脂の表面に骨材を散布して成る結合中間層を、
複数層形成し、前記合成樹脂の表面に散布する骨材の粒
径を、下層側から上層側に向かって、順次小さいものを
使用することを要旨とするものである。
【0010】
【発明の作用】この発明は上記のように構成され、下地
コンクリート層上に、主剤と硬化剤とを混合させた合成
樹脂材料を塗布して樹脂層を形成する工程と、この樹脂
層が硬化する前に、樹脂層の全面に珪砂から成る骨材を
均一に散布する工程と、樹脂層を形成する工程及び骨材
を均一に散布する工程を少なくとも一工程以上繰返し行
った後、目潰し及び上塗りから成る不透水性表面舗装層
を形成する工程とから成るので、従来の樹脂モルタル工
法による効果、即ち、湿気による床面の膨れ現象に対し
て有効に防止出来る効果を維持し、かつ施工が簡単かつ
効率的で、安価に施工することが出来るものである。
【0011】
【発明の実施例】以下、添付図面に基づき、この発明の
実施例を説明する。なお、従来例と同一構成要素は、同
一符号を付して説明は省略する。図1は、この発明の第
1実施例を示す湿潤下地舗装構造の拡大断面図を示し、
下層のコンクリート層1と、上層となる不透水性表面舗
装層6との間に、下層側から2液タイプのエポキシ樹脂
系プライマー2、2液タイプのエポキシ樹脂系の下塗り
層3、この下塗り層3上の全面に、硬化前に散布した珪
砂等の骨材8から成る結合中間層9、中塗り層10、こ
の中塗り層10上の全面に、硬化前に散布した珪砂等の
骨材8から成る結合中間層11、中塗り層12、この上
にエポキシ樹脂に充填剤(粉体)を加えてパテ状にした
目潰し材を金ゴテで塗付して目潰層13を形成してあ
る。
【0012】前記2液タイプ(溶剤)のエポキシ樹脂系
プライマー2は、エポキシ系樹脂の主剤と変性脂肪族ア
ミンから成る硬化剤とを規定の割合で混合したものであ
るが、水硬性フィラーを添加して使用することも可能で
ある。また、2液タイプのエポキシ樹脂系の下塗り層3
は、エポキシ系樹脂の主剤と変性脂肪族アミンから成る
硬化剤とを規定の割合で混合したもので、ローラ刷毛等
で均一に塗付するものである。
【0013】また下塗り層3上の全面に硬化前に散布す
る珪砂等の骨材8は、4号〜6号(市販珪砂の表示号
数:合成高分子系床仕上げ施工指針・同解説,日本建築
学会,発売所,丸善株式会社,1989年2月10日発行)
を使用し、この骨材8は、中塗り層10上の全面にも散
布して使用するものである。また、中塗り層10上に散
布した骨材8で、中塗り層10上に付着していない余剰
骨材8は、ほうき等で除去するものである。
【0014】また、目潰層13としては、エポキシ樹脂
に充填剤(粉体)を加えてパテ状にしたものを使用し、
骨材8によって凹凸状となった面を平滑に仕上げるもの
である。更に上層となる不透水性表面舗装層6の厚さ
は、約1mm程度で、エポキシ系樹脂の主剤と変性脂肪族
アミンから成る硬化剤とを規定の割合で混合したもの
を、金ごてで均一に塗付するものである。
【0015】なお、上記の下塗り層3上に散布した珪砂
等の骨材8から成る結合中間層9は、複数層形成しても
良く、更に図2に示す第2実施例のように、下層側の結
合中間層14aに用いる骨材8(珪砂)の粒径を大きく
(例えば4号)し、上層の結合中間層14bに行くに従
って、粒径の小さい(例えば6号)骨材8(珪砂)とす
るように構成することも可能である。
【0016】また、同じ粒径の骨材8(珪砂)を用い
て、上記のように複数層に構成することも可能である。
なお、その他の構成は上記第1実施例と同様なので、同
一符号を付して説明は省略する。次に、湿潤下地舗装の
施工方法を説明する。なお、この実施例では、樹脂層に
珪砂等の骨材8を散布した結合中間層9を2層形成した
が、この実施例に限定されず、上記の結合中間層9を2
層以上の複数層に形成することも可能である。まず、下
地コンクリート層1上に、主剤と硬化剤とを混合させた
合成樹脂材料を塗布して樹脂層(2液タイプのエポキシ
樹脂系プライマー2、2液タイプのエポキシ樹脂系の下
塗り層3)を形成する工程と、この樹脂層2,3が硬化
する前に、樹脂層2,3の全面に珪砂から成る骨材8を
均一に散布する工程と、樹脂層を形成する工程及び骨材
を均一に散布する工程を少なくとも一工程以上繰返し行
った後、目潰し(目潰層13)及び上塗りから成る不透
水性表面舗装層6を形成する工程とから成るものであ
る。
【0017】以上のように施工することによって、湿潤
地域に施工した舗装構造が、水圧,水蒸気圧分散,減衰
層としての効果を有効に発揮し、湿気による上層面の膨
れ現象を有効に防止出来るものである。即ち、この実施
例における樹脂層に珪砂等の骨材8を散布した結合中間
層9は、下層のコンクリート層1と上層となる不透水性
表面舗装層6とを強固に結合させて全体として一体化さ
せると共に、結合中間層9に散布した骨材8(珪砂)に
は、無数の微孔や微細な空隙が形成されるので、これら
の微孔や微細な空隙が、地下からの水圧や水蒸気圧を分
散させて減衰させるので、上層の舗装層への局部的な圧
力集中が抑制され、上記のような床面の膨れ現象を有効
に防止出来るものである。
【0018】また、この実施例では、樹脂層(下塗り
層,中塗り層)へ、硬化前に一定の粒径の骨材8(珪
砂)を散布するだけで良いので、施工が簡単かつ効率的
で、安価に施工することが出来るものである。次に、こ
の発明の実施例における施工方法及びこの施工方法に基
づき、試験を行った結果を、下記の表1及び表2に示
す。表1は、NE−400(エポキシ樹脂系,流しのべ
塗床剤(2液タイプ),主剤(A)エポキシ樹脂,炭酸
カルシュウム,添加剤と、硬化剤(B)変性脂肪族ポリ
アミン)の中間層が2層のもの(ダブルノンスリップ)
で、厚さ2.5mm厚で施工した実施例である。使用材料
の配合比は、表1の下部に示すように、EP−201
(エポキシ樹脂系プライマー(2液タイプの溶剤))の
主剤(A)と、硬化剤(B)脂肪族アミンの配合比,N
E−400(エポキシ系樹脂の主剤(A)と硬化剤
(B)変性脂肪族ポリアミン)との配合比を示してい
る。なお、施工工程,使用材料,施工方法,使用量(Kg
/m2 ),塗付間隔時間は、表1に示す通りである。
【0019】
【表1】
【0020】次に、試験方法は、表2に示すように、 .JIS モルタルに各種工法を施工し、20℃×3日+
50℃×3日養生する。 .50℃温水に浸漬して経日のふくれを観察する。 実施例,比較例及びふくれ評価を下記の表2に示す。
【0021】
【表2】
【0022】この発明の実施例から明らかなように、実
施例1,実施例2の珪砂4号,5号のノンスリップ,5
0℃14日後に一部に小さいふくれが発生したが、それ
以外は殆どふくれが発生していない。これに対して、比
較例1〜比較例4のペースト工法では、一部に小さいふ
くれが発生したり、半面にふくれが発生したり、殆どに
おいてふくれが発生しており、更に樹脂モルタル工法の
場合には、この発明と同様にふくれの発生は少ないが、
上述したように、施工作業性(施工手間,施工時間等)
が悪く、しかも厚い施工となってしまい、コスト高とな
る欠点がある。
【0023】
【発明の効果】この発明は、上記のように下地コンクリ
ート層と、不透水性表面舗装層との間に、主剤と硬化剤
とを混合させた合成樹脂の表面に骨材を散布して成る結
合中間層を少なくとも一層以上積層させて構成するの
で、結合中間層に散布した骨材に無数の微孔や微細な空
隙が形成され、これらの微孔や微細な空隙が、地下から
の水圧や水蒸気圧を分散させて減衰させるので、上層の
舗装層への局部的な圧力集中が抑制され、床面の膨れ現
象を有効に防止出来る効果があり、また従来の樹脂モル
タル工法やペースト工法に比べて施工が簡単かつ効率的
で、安価に施工することが出来る効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の第1実施例を示す湿潤下地舗装構造
の拡大断面図である。
【図2】この発明の第2実施例を示す湿潤下地舗装構造
の拡大断面図である。
【図3】従来の樹脂モルタル工法による湿潤下地舗装構
造の拡大断面図である。
【図4】従来のペースト工法による湿潤下地舗装構造の
拡大断面図である。
【符号の説明】
1 コンクリート層 2 エポキシ樹脂系プ
ライマー 3 下塗り層 6 不透水性表面舗装
層 8 骨材 9 結合中間層9 10 中塗り層 11 結合中間層 12 中塗り層 13 目潰層

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下地コンクリート層と、不透水性表面舗
    装層との間に、細骨材を合成樹脂材に混合させた結合中
    間層を介在させて構成して成る湿潤下地舗装構造におい
    て、前記下地コンクリート層と、不透水性表面舗装層と
    の間に、主剤と硬化剤とを混合させた合成樹脂の表面に
    骨材を散布して成る結合中間層を少なくとも一層以上積
    層させて構成したことを特徴とする湿潤下地舗装構造。
  2. 【請求項2】 前記合成樹脂の表面に骨材を散布して成
    る結合中間層を、複数層形成し、前記合成樹脂の表面に
    散布する骨材の粒径を同一粒径のものを使用する請求項
    1に記載の湿潤下地舗装構造。
  3. 【請求項3】 前記合成樹脂の表面に骨材を散布して成
    る結合中間層を、複数層形成し、前記合成樹脂の表面に
    散布する骨材の粒径を、下層側から上層側に向かって、
    順次小さいものを使用する請求項1に記載の湿潤下地舗
    装構造。
  4. 【請求項4】 下地コンクリート層上に、主剤と硬化剤
    とを混合させた合成樹脂材料を塗布して樹脂層を形成す
    る工程と、この樹脂層が硬化する前に、樹脂層の全面に
    珪砂から成る骨材を均一に散布する工程と、樹脂層を形
    成する工程及び骨材を均一に散布する工程を少なくとも
    一工程以上繰返し行った後、目潰し及び上塗りから成る
    不透水性表面舗装層を形成する工程とから成る湿潤下地
    舗装工法。
JP25798694A 1994-10-24 1994-10-24 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法 Granted JPH08120607A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25798694A JPH08120607A (ja) 1994-10-24 1994-10-24 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25798694A JPH08120607A (ja) 1994-10-24 1994-10-24 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08120607A true JPH08120607A (ja) 1996-05-14

Family

ID=17313965

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25798694A Granted JPH08120607A (ja) 1994-10-24 1994-10-24 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08120607A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002126632A (ja) * 2000-10-18 2002-05-08 Dainippon Toryo Co Ltd 意匠性塗膜の形成方法
ES2174752A1 (es) * 2001-03-15 2002-11-01 Perstorp Construction Chemical Procedimiento para la obtencion de un pavimento continuo.
KR100686452B1 (ko) * 2006-02-14 2007-02-26 니오가드(주) 주차장 방수바닥재 구조 및 그 시공방법
KR20070087418A (ko) * 2006-02-23 2007-08-28 니오가드(주) 옥외 방수 구조 및 방법
CN103806356A (zh) * 2014-02-28 2014-05-21 北京西奥兴业园林景观工程有限公司 一种装饰性混凝土地面结构及其制作方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002126632A (ja) * 2000-10-18 2002-05-08 Dainippon Toryo Co Ltd 意匠性塗膜の形成方法
ES2174752A1 (es) * 2001-03-15 2002-11-01 Perstorp Construction Chemical Procedimiento para la obtencion de un pavimento continuo.
KR100686452B1 (ko) * 2006-02-14 2007-02-26 니오가드(주) 주차장 방수바닥재 구조 및 그 시공방법
KR20070087418A (ko) * 2006-02-23 2007-08-28 니오가드(주) 옥외 방수 구조 및 방법
CN103806356A (zh) * 2014-02-28 2014-05-21 北京西奥兴业园林景观工程有限公司 一种装饰性混凝土地面结构及其制作方法
CN103806356B (zh) * 2014-02-28 2016-01-06 北京西奥兴业园林景观工程有限公司 一种装饰性混凝土地面结构的制作方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US2277203A (en) Method of constructing concrete flooring and like surfaces
US20060219355A1 (en) Wear-resistant reinforcing coating
GB2095581A (en) Floor pavement structure
JPH0655476B2 (ja) 耐腐食性合成樹脂をコンクリ−ト構造物の表面に取り付ける方法
KR100929389B1 (ko) 자기수평성이 우수한 하이브리드 무기 탄성 도막 방수제 및그 시공 방법
US2798822A (en) Method of forming a surface covering
JPH08120607A (ja) 湿潤下地舗装構造及び湿潤下地舗装工法
US8898994B1 (en) Method for sealing wood subfloors
US3552988A (en) Method of making terrazzo floor coverings
JP2976791B2 (ja) コンクリート面の下地処理方法
JPH08231886A (ja) 湿潤下地用ふくれ防止プライマー組成物
DE102006002541B4 (de) Verbundmaterial mit sichtbarer Gewebeschicht und Herstellungsverfahren
US20220119308A1 (en) Long strand fiberglass-impregnated waterproofing compound
US3993823A (en) Laminar roller rink surface and method of producing same
JPH1018567A (ja) 防滑性耐久床材
TWI656264B (zh) Construction method of soundproof floor mat engineering
JP4074153B2 (ja) 樹脂系防水の施工方法
KR20220017804A (ko) 분말형 탄성 도포방수재, 이를 이용한 방수처리방법 및 방수처리층
JP3831808B2 (ja) セルフレベリング形床下地形成材組成物
JPH11131776A (ja) 塗布床面形成工法
JP2003064839A (ja) 壁面仕上げ施工方法及びその実施に用いる小石付き壁面材と施工用具
JP6092807B2 (ja) 防水施工用防水シートの貼付け方法
JPH068553B2 (ja) 家屋における壁面の施工方法
JP2009068277A (ja) コンクリート床の仕上げ方法及び仕上げ構造
KR20210017055A (ko) 내압강도를 높이고 지속적인 방수효과를 위한 방법