JPH08109567A - 積層不織構造体及びその製造方法 - Google Patents

積層不織構造体及びその製造方法

Info

Publication number
JPH08109567A
JPH08109567A JP6261508A JP26150894A JPH08109567A JP H08109567 A JPH08109567 A JP H08109567A JP 6261508 A JP6261508 A JP 6261508A JP 26150894 A JP26150894 A JP 26150894A JP H08109567 A JPH08109567 A JP H08109567A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
polymer
fibers
laminated
polyester
woven
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6261508A
Other languages
English (en)
Inventor
Chikayuki Fukushima
周之 福島
So Yamaguchi
創 山口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Unitika Ltd
Original Assignee
Unitika Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Unitika Ltd filed Critical Unitika Ltd
Priority to JP6261508A priority Critical patent/JPH08109567A/ja
Publication of JPH08109567A publication Critical patent/JPH08109567A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 非結晶質ポリエステル系重合体70〜95重
量%と結晶質ポリプロピレン系重合体30〜5重量%と
の混合物からなる平均繊度が0.2デニール以下の極細
繊維から構成されるポリエステル系極細繊維不織布と,
天然繊維同士が機械的に交絡してなる不織布とが積層さ
れ,かつ前記極細繊維と天然繊維とが融着されてなる点
状融着区域を有する積層不織構造体であって,前記積層
不織構造体はその点状融着区域において両不織布層の少
なくとも境界面に位置する天然繊維が前記極細繊維の融
解部に埋設された状態で固定されることにより全体とし
て一体化されてなることを特徴とする積層不織構造体。 【効果】 引張り強力と層間の剥離強力が高く,寸法安
定性及び柔軟性が優れ,可染性を有しており,また吸水
性と疎水性を併せて具備し,さらに良好なフイルタ特性
をも有し,医療・衛生材用,衣料用や生活関連材用ある
いは産業資材用の素材として好適である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は,主としてポリエステル
系重合体からなる極細繊維不織布と天然繊維不織布とが
積層されてなる積層不織構造体であって,引張り強力と
層間の剥離強力が高く,寸法安定性及び柔軟性が優れ,
可染性を有しており,また吸水性と疎水性を併せて具備
し,さらに良好なフイルタ特性を有し,医療・衛生材
用,衣料用や生活関連材用あるいは産業資材用の素材と
して好適な積層不織構造体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から,熱可塑性合成繊維不織布と天
然繊維不織布とが積層されてなる積層不織構造体が知ら
れている。例えば,特公昭54−24506号公報に
は,熱可塑性合成繊維不織布からなる通気性熱溶着層と
天然繊維等からなる通気性非熱溶着層とが積層され,非
熱溶着層上に熱溶着性物質が点在的に配置され,かつ熱
溶着性物質と熱溶着層との溶融部が非熱溶着層の両面か
ら浸透して前記非熱溶着層を接着挟持した構造を有する
積層不織構造体が提案されている。しかしながら,この
積層不織構造体は,天然繊維が積層されているため吸水
性が優れ,かつ熱溶着層が熱溶着処理により非熱溶着層
すなわち天然繊維層に浸透しているため引張り強力と剥
離強力等の機械的性能は優れるものの,柔軟性等の風合
いが低下するという問題を有している。しかも,この積
層不織構造体は,これを製造するに際して通気性熱溶着
層と通気性非熱溶着層とを積層する工程と,非熱溶着層
上に含浸用熱溶着性シート層を積層し,超音波融着処理
により熱溶着性物質と熱溶着層との溶融部を非熱溶着層
の両面から浸透させて前記非熱溶着層を接着挟持した構
造を発現させる工程と,前記含浸用熱溶着性シートをそ
の溶融部を残して剥離する工程とを必要とするなど製造
技術の観点からすれば煩雑で,経済性にも劣るものであ
った。一方,前記積層不織構造体において,その柔軟性
を向上させ,併せてフイルタ特性を具備せしめることを
目的に,熱可塑性合成繊維不織布としてメルトブローン
法により製造されたポリエステル系極細繊維不織布を採
用することが考えられる。しかしながら,この種のメル
トブローン法により得られるポリエステル系極細繊維不
織布は,各種の産業資材用素材として広範に用いられて
いるものの,不織布の構成繊維がほとんど結晶化してい
なくかつ無配向であるため機械的特性や寸法安定性が著
しく劣るという問題を有しているため,上述したような
目的を十分に達成することが困難である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は,前記問題を
解決し,主としてポリエステル系重合体からなる極細繊
維不織布と天然繊維不織布とが積層されてなる積層不織
構造体であって,引張り強力と層間の剥離強力が高く,
寸法安定性及び柔軟性が優れ,可染性を有しており,ま
た吸水性と疎水性を併せて具備し,さらに良好なフイル
タ特性をも有し,医療・衛生材用,衣料用や生活関連材
用あるいは産業資材用の素材として好適な積層不織構造
体と,それを効率良く製造することができる方法を提供
しようとするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明者らは,前記問題
を解決すべく鋭意検討の結果,本発明に到達した。すな
わち,本発明は,以下の構成1)及び2)をその要旨と
するものである。 1)非結晶質ポリエステル系重合体70〜95重量%と
結晶質ポリプロピレン系重合体30〜5重量%との混合
物からなる平均繊度が0.2デニール以下の極細繊維か
ら構成されるポリエステル系極細繊維不織布と,天然繊
維同士が機械的に交絡してなる不織布とが積層され,か
つ前記極細繊維と天然繊維とが融着されてなる点状融着
区域を有する積層不織構造体であって,前記極細繊維は
その単繊維断面において前記ポリエステル系重合体が略
芯部分を構成し,かつ前記ポリプロピレン系重合体が略
鞘部分を構成する略芯鞘型構造を有し,前記積層不織構
造体はその点状融着区域において両不織布層の少なくと
も境界面に位置する天然繊維が前記極細繊維の融解部に
埋設された状態で固定されることにより全体として一体
化されてなることを特徴とする積層不織構造体。 2)重合体として相対粘度が1.20〜1.32のポリ
エステル系重合体70〜95重量%とポリプロピレン系
重合体30〜5重量%との混合物を用い,ポリエステル
系重合体の溶融流量に対するポリプロピレン系重合体の
溶融流量の比が4〜20となるようにして溶融紡出し,
溶融紡出されたポリマ流を溶融温度より高い温度の高圧
空気流により牽引・細化し,冷却した後,移動する捕集
面上に捕集・堆積させてポリエステル系極細繊維不織布
を作成し,一方,天然繊維からなるカードウエブに機械
力を用いた交絡処理を施して天然繊維同士が機械的に交
絡してなる不織布を作成し,次いで得られたポリエステ
ル系極細繊維不織布と天然繊維不織布とを積層した後,
超音波融着装置を用い前記積層物に点状融着処理を施し
て点状融着区域を形成し全体として一体化することを特
徴とする積層不織構造体の製造方法。
【0005】次に,本発明を詳細に説明する。まず,本
発明における極細繊維から構成される不織布に関してで
あるが,この不織布は,繊維形成性を有する非結晶質ポ
リエステル系重合体と結晶質ポリプロピレン系重合体と
の混合物の極細繊維からなるものである。このポリエス
テル系重合体とは,テレフタル酸,イソフタル酸,ナフ
タリン−2・6−ジカルボン酸等の芳香族ジカルボン酸
あるいはアジピン酸,セバチン酸等の脂肪族ジカルボン
酸又はこれらのエステル類を酸成分とし,かつエチレン
グリコール,ジエチレングリコール,1・4−ブタジオ
ール,ネオペンチルグリコール,シクロヘキサン−1・
4−ジメタノール等のジオール化合物をエステル成分と
するホモポリエステルあるいは共重合体である。これら
のポリエステル系重合体には,パラオキシ安息香酸,5
−ソジウムスルホイソフタル酸,ポリアルキレングリコ
ール,ペンタエリスススリトール,ビスフエノールA等
が添加あるいは共重合されていてもよい。そして,この
ようなポリエステル系重合体は,メルトブローン法を適
用した場合,ポリプロピレン系重合体に比べて結晶化の
程度の低いものである。また,ポリプロピレン系重合体
とは,主として通常の繊維形成性を有する結晶性ポリプ
ロピレン重合体であるが,この他にエチレン成分が8重
量%以下共重合されたポリプロピレン系共重合体,ある
いは混合された混合物であってもよい。前記エチレン成
分の共重合率あるいは混合率が8重量%を超えると,共
重合体あるいは混合物の融点が低下し,この重合体を用
いてなる不織布を一構成要素とした積層不織構造体を高
温条件下で使用したときに,機械的特性や寸法安定性が
低下するので好ましくない。そして,このようなポリプ
ロピレン系重合体は,メルトブローン法を適用した場
合,ポリエステル系重合体に比べて結晶化の程度の高い
ものである。なお,本発明において,前記ポリエステル
系重合体及び/又はポリプロピレン系重合体には,必要
に応じて,例えば艶消し剤,顔料,防炎剤,消臭剤,光
安定剤,紫外線吸収剤,熱安定剤,酸化防止剤等の各種
添加剤を本発明の効果を損なわない範囲内で添加するこ
とができる。
【0006】本発明における前記極細繊維は,前記ポリ
エステル系重合体70〜95重量%と前記ポリプロピレ
ン系重合体30〜5重量%との混合物から構成され,単
繊維断面において前記ポリエステル系重合体が略芯部分
を構成し,前記ポリプロピレン系重合体が略鞘部分を構
成した略芯鞘型構造を有している。この極細繊維におい
て,ポリエステル系重合体とポリプロピレン系重合体の
全重量に対するポリプロピレン系重合体の比率すなわち
混合比率が5重量%未満であるとポリエステル系重合体
の外周にポリプロピレン系重合体が安定して位置せず,
したがってポリエステル系重合体とポリプロピレン系重
合体とが互いに非相溶性であるためにフイブリル化して
機械的特性や寸法安定性が向上せず,一方,この比率が
30重量%を超えると製糸性や寸法安定性に対する障害
が生じたりするので,いずれも好ましくない。したがっ
て,本発明では,前記重合体の混合比率をポリエステル
系重合体が70〜95重量%,好ましくは75〜92重
量%,より好ましくは80〜90重量%,ポリプロピレ
ン系重合体が30〜5重量%,好ましくは25〜8重量
%,より好ましくは20〜10重量%とする。この極細
繊維では,上述したように,単繊維断面において前記ポ
リエステル系重合体が略芯部分を構成し,前記ポリプロ
ピレン系重合体が略鞘部分を構成した構造を有してい
る。なお,ここでいう前記ポリエステル系重合体が略芯
部分を構成するということは,ポリエステル系重合体が
これとポリプロピレン系重合体との混合比率を超えて単
繊維の中心部近傍に偏在していわゆる芯部分を構成する
ということを意味し,一方,前記ポリプロピレン系重合
体が略鞘部分を構成するということは,ポリプロピレン
系重合体がポリエステル系重合体とこのポリプロピレン
系重合体との混合比率を超えて単繊維の表面層近傍に偏
在していわゆる鞘部分を構成するということを意味して
いる。また,いわゆるメルトブローン法を適用して得ら
れるこの極細繊維では,前記ポリエステル系重合体は結
晶化しにくいものであり,一方,前記ポリプロピレン系
重合体は結晶化しやすいものであり,したがって,相対
的にいって,単繊維断面において前記ポリエステル系重
合体が構成する略芯部分では非結晶質,一方,単繊維断
面において前記ポリプロピレン系重合体が構成する略鞘
部分では結晶質となっている。なお,ここでいう非結晶
質とは,ポリエステル系重合体の結晶化の程度がポリプ
ロピレン系重合体よりも低いということを意味し,一
方,結晶質とは,ポリプロピレン系重合体の結晶化の程
度がポリエステル系重合体よりも高いということを意味
している。
【0007】本発明における前記極細繊維は,上述した
ような略芯鞘型構造を有しているため,この極細繊維か
らなる不織ウエブに部分熱圧着処理を施して不織布形態
を保持させるに際し,略芯部分を構成する高融点側のポ
リエステル系重合体が支持体として作用し,かつ略鞘部
分を構成する低融点側のポリプロピレン系重合体がいわ
ゆるバインダとして作用し,ポリエステル系重合体とポ
リプロピレン系重合体とがいわゆる海島型構造を具備す
る繊維に比較して接着加工性が優れている。したがっ
て,この極細繊維からなる不織布は,他の不織布と積層
する際の構成要素として好適に用いることができる。
【0008】本発明における前記極細繊維は,平均単繊
維繊度が0.2デニール以下のものであって,この平均
単繊維繊度が0.2デニールを超えると得られる不織布
の風合いが硬くなるばかりかフイルタ特性も劣り,した
がってこの不織布を一構成要素とした積層不織構造体も
柔軟性やフイルタ特性が劣ることとなり,好ましくな
い。
【0009】本発明における前記極細繊維からなる不織
布は,上述したように,ポリエステル系重合体とポリプ
ロピレン系重合体とが特定比率で混合された混合物から
なる極細繊維から構成されたものであって,前記結晶質
のポリプロピレン系重合体が単繊維断面において略鞘部
分を構成するため,略芯成分を構成するポリエステル系
重合体の結晶化に伴う収縮発生を前記略鞘成分を構成す
る結晶質のポリプロピレン系重合体が阻害し,すなわち
前記ポリエステル系重合体の結晶化に伴う収縮が抑制さ
れ,メルトブローン法を適用して不織ウエブを作成する
に際し,沸水収縮率が35%以下という寸法安定性の優
れた不織ウエブを得ることができ,得られた不織ウエブ
を加工してなる不織布も前記のような低沸水収縮率を具
備するものとなる。また,この不織ウエブでは,単繊維
断面において略鞘部分を構成する前記ポリプロピレン系
重合体の中に前記ポリエステル系重合体が存在し略芯部
分を構成しているため,この繊維からなる不織布を一構
成要素とした積層不織構造体は,機械的特性の向上した
ものとなる。
【0010】本発明における前記極細繊維からなる不織
布は,その目付けが10〜70g/m2 のものであるの
が好ましい。目付けが10g/m2 未満であると,極細
繊維不織布と天然繊維不織布とを積層一体化してなる積
層不織構造体の接着強力が低くなり,一方,目付けが7
0g/m2 を超えると,得られる積層不織構造体を例え
ば柔軟性が要求されるような分野に適用することが困難
となったり,あるいはこの不織布に天然繊維不織布を積
層した後,超音波融着装置を用い融着処理を施して一体
化するに際し,加工速度を遅くしたりあるいは多大の超
音波エネルギを供給するなどの必要が生じ,いずれも好
ましくない。したがって,本発明では,この極細繊維不
織布の目付けを10〜70g/m2 とし,好ましくは1
5〜50g/m2 とする。
【0011】本発明における前記極細繊維からなる不織
布は,公知のいわゆるメルトブローン法により効率良く
製造することができる。すなわち,重合体として相対粘
度が1.20〜1.32のポリエステル系重合体70〜
95重量%とポリプロピレン系重合体30〜5重量%と
の混合物を用いメルトブローン法で溶融紡出し,溶融紡
出されたポリマ流を高温の高圧空気流により牽引・細化
し,冷却した後,移動する捕集面上に捕集・堆積させて
不織ウエブとする方法である。
【0012】本発明においては,前記ポリエステル系重
合体として相対粘度が1.20〜1.32のものを採用
する。この相対粘度が1.22未満であると重合度が低
過ぎるために重合時に重合体のペレツト化が困難とな
り,一方,相対粘度が1.32を超えると重合度が高過
ぎるために製糸工程において溶融紡糸口金面でのポリマ
玉が発生したりして製糸性が低下し極細繊維の形成が困
難となり,しかも繊維形成に要するエネルギが大となる
ので,いずれも好ましくない。したがって,本発明で
は,この相対粘度を1.20〜1.32,好ましくは
1.21〜1.30,より好ましくは1.22〜1.2
8とする。
【0013】本発明においては,溶融紡出するに際し
て,前記ポリエステル系重合体の溶融流量に対する前記
ポリプロピレン系重合体の溶融流量の比を4〜20とな
るようにして溶融紡出することが必要である。この溶融
流量の比を4〜20とすることにより,ポリエステル系
とポリプロピレン系という互いに非相溶性の重合体から
なる混合物を溶融紡糸口金に供給したとき,重合度の低
いポリマが流路抵抗の高いオリフイスの管壁付近を流
れ,一方,重合度の高いポリマは流路抵抗の低いオリフ
イスの中央部を流れることになり,これらの流れの組み
合わせにより単繊維断面において芯鞘型の構造を発現す
ることになるのである。そして,この溶融流量の比が4
未満であると,溶融流量比が小さ過ぎるために単繊維断
面において前記ポリプロピレン系重合体が前記ポリエス
テル系重合体の中に点状に位置したいわゆる海島型構造
を呈し芯鞘型構造を発現しない。一方,この溶融流量の
比が20を超えると,単繊維断面において前記ポリエス
テル系重合体が略芯部分でかつ前記ポリプロピレン系重
合体が略鞘部分の芯鞘型構造を発現するが,溶融流量比
が大き過ぎるために製糸工程において溶融紡糸口金面で
のポリマ玉や吐出糸条のねじれ現象が発生したりして製
糸性が極端に低下し,しかも吐出糸条の均整度が劣るこ
とになる。したがって,本発明では,この溶融流量の比
を4〜20とし,好ましくは5〜18,より好ましくは
6〜16とする。
【0014】本発明においては,溶融紡出されたポリマ
流を牽引・細化する高圧空気流の温度をポリマ流の溶融
温度より高い温度とすることが必要である。この温度が
ポリマ流の溶融温度以下であると製糸性が低下して極細
繊維の形成が困難となり,好ましくない。
【0015】本発明では,前記のようにして得られた不
織ウエブに必要に応じて部分熱圧接処理を施して形態を
保持させることができる。この部分熱圧接処理を施すに
際しては公知の方法を採用することができる。例えば,
得られた不織ウエブを加熱されたエンボスローラと表面
が平滑な金属ローラ等とからなる両ローラ間に通す方法
あるいは超音波融着装置を用いる方法である。これらの
部分熱圧接処理法を採用するに際しては,極細繊維不織
布と天然繊維不織布との積層後に施す融着処理を効果的
ならしめるため,軽度の処理条件を採用するのが好まし
い。例えば,加熱されたエンボスローラを用いる場合,
ロールの表面温度を極細繊維中最も低い融点を有する重
合体の融点より50〜80℃低い温度とし,かつロール
の線圧を5〜30kg/cmとして軽度の擬似的な部分
的熱圧接領域を形成するのが好ましい。この温度と前記
重合体の融点との差が80℃を超えかつ線圧が5kg/
cm未満であると熱圧接処理効果が乏しく,得られた不
織布の寸法安定性が向上せず,したがってこの不織布と
天然繊維不織布とからなる積層不織構造体の寸法安定性
が向上せず,一方,この温度と前記重合体の融点との差
が50℃未満でかつ線圧が10kg/cmを超えると部
分熱圧接処理効果が大きくなり過ぎるため,この不織布
と天然繊維不織布との積層後に施す融着処理効果が不十
分となり,全体としての一体化がなされず,いずれも好
ましくない。熱エンボスローラを用いる場合のエンボス
パターンは,その圧接面積率が5〜50%の範囲内であ
れば特に限定されるものではなく,丸型,楕円型,菱
型,三角型,T字型,井型等任意の形状でよい。なお,
この熱エンボスローラあるいは超音波融着装置を用いる
部分熱圧接処理は,連続工程あるいは別工程のいずれで
あってもよい。
【0016】次に,本発明における天然繊維同士が機械
的に交絡してなる不織布に関してであるが,この不織布
を構成する天然繊維とは,木綿繊維や麻繊維等のセルロ
ース系繊維の他に,ラミー等の動物繊維,絹短繊維,天
然パルプ,レーヨンに代表される各種再生短繊維をも包
含するものである。本発明では,この天然繊維からなる
不織布の出発原料として,晒し加工の施されていないコ
ーマ糸,晒し加工された晒し綿,あるいは織物・編物か
ら得られる各種反毛を用いることもできる。出発原料と
して反毛を用いる場合,効果的に用い得る反毛機として
は,ラツグマシン,ノツトブレーカ,ガーネツトマシ
ン,廻切機が挙げられる。用いる反毛機の種類と組み合
わせは,反毛される織物・編物等の布帛形状や構成する
糸の太さあるいは撚りの強さにもよるが,同一の反毛機
を複数台直列に連結したり,2種以上の反毛機を組み合
わせて使用したりするとより効果的である。この反毛機
による解繊率(%)は30〜95%の範囲であるのが好
ましい。この解繊率が30%未満であると,カードウエ
ブ中に未解繊繊維が存在するため不織布表面にザラツキ
が生じるのみでなく,例えば高圧液体柱状流処理により
天然繊維同士を三次元的機械的交絡を施すに際して未解
繊繊維部分を高圧液体柱状流が十分貫通せず,一方,解
繊率が95%を超えると,前記極細繊維不織布と積層・
一体化して得られる積層不織構造体にて十分な表面摩擦
強度が得られず,いずれも好ましくない。なお,ここで
いう解繊率(%)とは,下記式(3)により求められる
ものである。 解繊率(%)=(被反毛重量−糸状物重量)×100/被反毛重量・・(3)
【0017】本発明における天然繊維不織布は,前記天
然繊維からなり,かつ繊維同士が機械的に交絡してなる
ものである。すなわち,天然繊維同士が,高圧液体柱状
流処理あるいはニードルパンチング処理により機械的に
交絡したものであり,特に前者の場合,繊維同士が三次
元的に交絡して不織布の嵩高性が向上すると共に柔軟性
も向上するため,例えば前記極細繊維不織布と積層・一
体化して得られる積層不織構造体を衛生材用あるいは生
活関連材用の素材として用いる上でより好ましい。
【0018】この不織布は,前記天然繊維素材の中から
選択された単一素材あるいは複数種の素材が混合されて
なるものを出発原料とし,カード機を用いて所定目付け
のカードウエブを作成し,次いで得られたウエブに高圧
液体柱状流処理あるいはニードルパンチング処理により
繊維間に機械的交絡を施すことにより容易に得ることが
できる。このカードウエブは,構成繊維の配列度合によ
って種々選択することができ,例えばカード機の進行方
向に配列したパラレルウエブ,パラレルウエブがクロス
レイドされたウエブ,ランダムに配列したランダムウエ
ブあるいは両者の中程度に配列したセミランダムウエブ
等が挙げられる。また,衣料用素材としての展開を図り
たい場合には,不織布強力の縦/横比が概ね1/1とな
るカードウエブを使用するのが好ましい。
【0019】高圧液体柱状流処理の場合,例えば孔径が
0.05〜1.5mm特に0.1〜0.4mmの噴射孔
を孔間隔を0.05〜5mmで1列あるいは複数列に多
数配列した装置を用い,噴射圧力が5〜150kg/c
2 Gの高圧液体を前記噴射孔から噴射し,多孔性支持
部材上に載置したカードウエブに衝突させることにより
繊維間に三次元的交絡を付与する方法を採用する。噴射
孔の配列は,このカードウエブの進行方向と直交する方
向に列状に配列する。高圧液体としては,常温の水ある
いは温水を用いることができる。噴射孔とウエブとの間
の距離は,1〜15cmとするのがよい。この距離が1
cm未満であるとこの処理により得られる不織布の地合
いが乱れ,一方,この距離が15cmを超えると液体流
が積層物に衝突したときの衝撃力が低下して三次元的な
交絡が十分に施されず,いずれも好ましくない。この高
圧液体柱状流による処理は,少なくとも2段階に別けて
施すとよい。すなわち,第1段階の処理として圧力が5
〜40kg/cm2 Gの高圧液体流を噴出し前記ウエブ
に衝突させ,ウエブの構成繊維同士を予備的に交絡させ
る。この第1段階の処理において,液体流の圧力が5k
g/cm2 G未満であるとウエブの構成繊維同士を予備
的に交絡させることができず,一方,液体流の圧力が4
0kg/cm2 Gを超えるとウエブに高圧液体流を噴出
し衝突させたときウエブの構成繊維が液体流の作用によ
って乱れ,ウエブに地合いの乱れや目付け斑が生じるた
め,いずれも好ましくない。引き続き,第2段階の処理
として圧力が50〜150kg/cm2 Gの高圧液体流
を噴出し前記ウエブに衝突させ,ウエブの構成繊維同士
を三次元的に交絡させて全体として緻密に一体化させ
る。この第2段階の処理において,液体流の圧力が50
kg/cm2 G未満であると,上述したような繊維間の
三次元的交絡を十分に形成することができず,一方,液
体流の圧力が150kg/cm2 Gを超えると,得られ
る不織布の嵩高性と柔軟性が向上せず,いずれも好まし
くない。なお,ウエブの目付けによっては,第2段階の
処理に引き続き第3段階の処理として,第2段階の処理
側と逆の側から第2段階の処理と同様の条件にて再度処
理を施すことにより,表裏共に緻密に繊維同士が交絡し
た不織布を得ることができる。高圧液体柱状流処理を施
すに際して用いる前記ウエブを担持する多孔性支持部材
としては,例えば20〜100メツシユの金網製あるい
は合成樹脂製等のメツシユスクリーンや有孔板など,高
圧液体流がウエブを貫通し得るものであれば特に限定さ
れない。また,多孔性支持部材のメツシユ構成は20本
/25mm〜200本/25mmの範囲であるのが好ま
しく,20本/25mm未満であると,高圧液体柱状流
がウエブに衝突した際に繊維が柱状流と共にメツシユス
クリーンを通過して繊維の脱落が発生し,一方,200
本/25mmを超えると,高圧液体柱状流がウエブとメ
ツシユスクリーンとを通過するに要するエネルギー量が
多大になって生産コストが上昇し,いずれも好ましくな
い。高圧液体流処理を施した後,処理後の前記ウエブか
ら過剰水分を除去する。この過剰水分を除去するに際し
ては,公知の方法を採用することができる。例えばマン
グルロール等の絞り装置を用いて過剰水分をある程度機
械的に除去し,引き続きサクシヨンバンド方式の熱風循
環式乾燥機等の乾燥装置を用いて残余の水分を除去して
不織布を得ることができる。
【0020】本発明における天然繊維不織布は,その目
付けが30〜200g/m2 のものであるのが好まし
い。目付けが30g/m2 未満であると,天然繊維の単
位面積当たりの存在量が小さ過ぎて本発明が目的の一つ
とする吸水性が十分に具備されず,一方,目付けが20
0g/m2 を超えると,前記極細繊維不織布との積層の
後に超音波融着装置を用いて点状融着区域を形成するこ
とにより一体化して得られる積層不織構造体において,
その剥離強力が十分に向上せず,いずれも好ましくな
い。したがって,本発明では,この天然繊維不織布の目
付けを30〜200g/m2 とし,好ましくは50〜1
50g/m2 とする。
【0021】次に,本発明の積層不織構造体に関して説
明する。本発明の積層不織構造体は,前記極細繊維不織
布と天然繊維不織布とが積層され,前記極細繊維と天然
繊維とが融着されてなる点状融着区域を有し,かつ前記
点状融着区域において前記両不織布層の少なくとも境界
面に位置する天然繊維が前記極細繊維の融解部に埋設さ
れた状態で固定されることにより全体として一体化され
てなるものである。この点状融着区域とは,周波数が約
20KHzの通常ホーンと呼称される超音波発振器と,
円周上に点状又は帯状に凸状突起部を具備するパターン
ロールとからなる超音波融着装置を用いて形成され,前
記凸状突起部に該当する部分に当接する繊維同士を融着
させたものである。この点状融着区域は,不織構造体全
表面積に対して特定の領域と特定の配置とを有し,個々
の点状融着区域は必ずしも円形の形状である必要はな
く,円形の他に例えば十字形,−形,菱形,T字形,□
形,△形等いずれの形状であってもよいが,不織構造体
全表面積に対する全点状融着区域の面積の比A(%)及
び点状融着区域密度B(点/cm2 )がそれぞれ前記式
(1)及び(2)を満足することが好ましい。不織構造
体全表面積に対する全点状融着区域の面積の比A(%)
が4%未満であると,前記極細繊維不織布と天然繊維不
織布との積層後に超音波融着装置を用いて点状融着区域
を形成することにより一体化して得られる積層不織構造
体においてその剥離強力が十分に向上せず,一方,前記
面積の比A(%)が50%を超えると,得られる積層不
織構造体の柔軟性と嵩高性が低下し,したがって本発明
では,前記面積の比A(%)を4〜50%,好ましくは
8〜25%とするのがよい。また,点状融着区域密度B
(点/cm2 )が7点/cm2 未満であると,得られる
積層不織構造体の接着力すなわち剥離強力が低下するの
みならず強力に斑が生じ,一方,同区域密度が80点/
cm2 を超えると,得られる積層不織構造体の柔軟性と
嵩高性が低下し,したがって本発明では,前記区域密度
B(点/cm2 )を7〜80点/cm2 ,好ましくは8
〜50点/cm2 とするのがよい。
【0022】本発明において用い得る超音波融着装置
は,公知の装置すなわち周波数が約20KHzの通常ホ
ーンと呼称される超音波発振器と,円周上に点状又は帯
状に凸状突起部を具備するパターンロールとからなる装
置である。前記超音波発振器の下部に前記パターンロー
ルが配設され,被処理物は超音波発振器とパターンロー
ルとの間に通される。このパターンロールに配設される
凸状突起部は1列あるいは複数列であってもよく,ま
た,その配設が複数列の場合には,並列あるいは千鳥型
のいずれの配列でもよい。融着処理に際しては,ホーン
に空気圧を印加して加圧する。ホーンとパターンロール
間の線圧は,通常1〜10kg/cmとし,線圧が1k
g/cm未満であると,前記極細繊維不織布と天然繊維
不織布との積層物に対する押し圧が不足して融着が生じ
なく,一方,線圧が10kg/cmを超えると,点状融
着区域に対する押し圧が高過ぎて融着区域に相当する前
記極細繊維不織布が熱分解したり,あるいは極端な場合
には穿孔が生じたりして得られる積層不織構造体の接着
力が低下し,いずれも好ましくない。本発明の積層不織
構造体は,前記極細繊維不織布と天然繊維不織布との積
層物に前述した超音波融着装置を用いて融着処理を施す
ことにより,点状融着区域において,前記両不織布層の
少なくとも境界面に位置する天然繊維が前記極細繊維の
融解部に埋設された状態で固定され全体として一体化さ
れたものである。図1は,本発明の積層不織構造体にお
ける前記点状融着区域の断面を示す模式図である。図に
おいて,1は点状融着区域において融解した極細繊維
層,2は天然繊維で,同図から明らかなように点状融着
区域において両不織布層の少なくとも境界面に位置する
天然繊維2は,極細繊維が融解した融解部すなわち1に
埋設された状態で固定されており,両不織布層が点状融
着区域においてこのような接着構造を有するため,引張
り強力のみならず層間剥離強力の高い積層不織構造体が
形成される。
【0023】
【作用】本発明の積層不織構造体は,片面が非結晶質ポ
リエステル系重合体と結晶質ポリプロピレン系重合体と
の混合物の極細繊維からなる不織布から構成されるため
可染性と疎水性を有し,かつ柔軟性が優れ,他面が天然
繊維同士が機械的に交絡してなる不織布から構成される
ため可染性と吸水性を有する。また,極細繊維がその単
繊維断面において前記ポリエステル系重合体が略芯部分
を構成し,かつ前記ポリプロピレン系重合体が略鞘部分
を構成する略芯鞘型構造を有するため,寸法安定性が向
上する。さらに,前記極細繊維と天然繊維同士の三次元
的交絡との相乗効果により,優れた柔軟性が具備され
る。さらに,前記極細繊維が0.2デニール以下の平均
繊度を有するものであることにより,良好なフイルタ特
性が具備される。さらに,前記極細繊維と天然繊維とが
融着されてなる点状融着区域において前記両不織布層の
少なくとも境界面に位置する天然繊維が前記極細繊維の
融解部に埋設された状態で固定された接着構造を有する
ため,層間剥離強力の高い積層不織構造体となる。
【0024】
【実施例】次に,実施例に基づき本発明を具体的に説明
するが,本発明は,これらの実施例によって何ら限定さ
れるものではない。実施例において,各特性値の測定を
次の方法により実施した。 融点(℃):パーキンエルマ社製示差走査型熱量計DS
C−2型を用い,試料重量を5mg,昇温速度を20℃
/分として測定し,得られた融解吸熱曲線において最大
極値を与える温度を融点(℃)とした。 相対粘度:フエノールと四塩化エタンとの等重量混合溶
液を溶媒とし,試料濃度が0.5g/100cc,温度
が20℃の条件で常法により測定した。 溶融流量(g/10分):メルトインデクサ溶融流量測
定装置を用い,オリフイス径0.4mm,オリフイス長
1.2mm,荷重2160gの条件で10分間当りの溶
融ポリマの吐出量を測定した。なお,測定温度は,溶融
紡糸温度と同一温度とした。 平均単繊維繊度(デニール):試料の電子顕微鏡写真を
撮影し,得られた写真から単繊維径を求め,密度で補正
して得た値の平均値を平均単繊維繊度(デニール)とし
た。 目付け(g/m2 ):標準状態の試料から縦10cm×
横10cmの試料片計10点を作成し平衡水分に到らし
めた後,各試料片の重量(g)を秤量し,得られた値の
平均値を単位面積(m2 )当たりに換算し目付け(g/
2 )とした。 引張り強力(kg/5cm幅)及び引張り伸度(%):
JIS−L−1096Aに記載の方法に準じて測定し
た。すなわち,試料長が10cm,試料幅が5cmの試
料片計10点を作成し,各試料片毎に不織布の経及び緯
方向について定速伸長型引張り試験機(東洋ボールドウ
イン社製テンシロンUTM−4−1−100)を用いて
引張り速度10cm/分で伸長し,得られた切断時荷重
値(kg/5cm幅)の平均値を引張り強力(kg/5
cm幅),切断時伸長率(%)の平均値を引張り伸度
(%)とした。 沸水収縮率(%):試料長と試料幅が各々25cmの試
料片計5点を作成し,沸騰水を用いて各試料片に処理時
間3分の条件で沸水処理を施した。この際,沸水処理前
試料片の面積S1 と沸水処理後試料片の面積S2 を求
め,得られたS1及びS2 から次式(4)により算出し
た値の平均値を沸水収縮率(%)とした。 沸水収縮率(%)=〔1−(S2 /S1 )〕×100 ・・・・・・・(4) 層間剥離強力(g/5cm幅):試料長が10cm,試
料幅が5cmの試料片計10点を作成し,各試料片毎に
不織布の経方向について,定速伸長型引張り試験機(東
洋ボールドウイン社製テンシロンUTM−4−1−10
0)を用いて引張速度10cm/分で天然繊維不織布層
を長繊維不織布層から積層構造体の端部から計って5c
mの位置まで強制的に剥離させ,得られた荷重値(g/
5cm幅)の平均値を層間剥離強力(g/5cm幅)と
した。 剛軟度(g):試料長が10cm,試料幅が5cmの試
料片計5点を作成し,各試料片毎に横方向に曲げて円筒
状物とし,各々その端部を接合したものを剛軟度測定試
料とした。次いで,各測定試料毎にその軸方向につい
て,定速伸長型引張り試験機(東洋ボールドウイン社製
テンシロンUTM−4−1−100)を用いて圧縮速度
5cm/分で圧縮し,得られた最大荷重値(g)の平均
値を剛軟度(g)とした。したがって,この剛軟度の値
が低いほど,柔軟な不織布であることを意味する。 通気度(cc/cm2 /秒):JIS−L−1096に
記載のフラジール法に準じて測定した。 吸水性(mm):JIS−L−1096に記載のバイレ
ツク法に準じて測定した。
【0025】実施例1 まず,融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチ
レンテレフタレート重合体95重量%と融点が160℃
のポリプロピレン重合体5重量%との混合物を用い,メ
ルトブローン法により不織布を製造した。すなわち,前
記両重合体の混合物を溶融し,これをダイから紡糸温度
340℃,単孔吐出量0.2g/分で紡出し,溶融紡出
されたポリマ流を高圧空気流により牽引・細化した。こ
のとき,ポリエチレンテレフタレート重合体の溶融流量
に対するポリプロピレン重合体の溶融流量の比は9.8
であった。この高圧空気流として温度370℃,圧力
1.6kg/cm2 の加熱空気を用いた。牽引・細化に
引き続き,ポリマ流を冷却し繊維に形成した後,ダイか
ら10cm離れた位置に配設されかつ速度8m/分で移
動する金網製ベルト上に捕集・堆積させて,平均単繊維
繊度が0.08デニール,目付けが25g/m2 ,沸水
収縮率が12%の前記重合体からなる極細繊維不織布を
得た。製造するに際して,製糸性は良好であった。得ら
れた不織布を構成する極細繊維の横断面を電子顕微鏡を
用い5000倍に拡大して観察したところ,ポリエチレ
ンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン重合体
が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したものであるこ
とが確認できた。
【0026】別途,平均単繊維繊度が1.5デニール
で,かつ平均繊維長が25mmの木綿晒し綿を用い,木
綿繊維同士が三次元的に交絡してなる不織布を作成し
た。すなわち,前記晒し綿を出発原料とし,ランダムカ
ード機により繊維配列がランダムで目付けが40g/m
2 相当のランダムカードウエブを作成し,次いで得られ
たウエブを移動速度20m/分で移動する70メツシユ
の金網上に載置して高圧液体流処理を施した。高圧液体
流処理は,孔径0.1mmの噴射孔が孔間隔0.6mm
で一列に配設された高圧柱状水流処理装置を用い,ウエ
ブの上方50mmの位置から2段階に別けて柱状水流を
作用させた。第1段階の処理では圧力を30kg/cm
2 Gとし,第2段階の処理では圧力を70kg/cm2
Gとした。なお,第2段階の処理は,ウエブの表裏から
各々2回施した。次いで,得られた処理物からマングル
ロールを用いて過剰水分を除去した後,処理物に熱風乾
燥機を用いて温度98℃の条件で乾燥処理を施し,木綿
繊維同士が緻密に三次元的交絡をした目付けが40g/
2 の不織布を得た。
【0027】次いで,前記で得られた極細繊維不織布と
木綿繊維不織布とを積層し,周波数が19.5KHzの
超音波発振器と円周上に点状に凸状突起部が面積比(ロ
ール全表面積に対する全凸状突起部の面積の比)10%
かつ密度18点/cm2 で配設されたパターンロールと
からなる超音波融着装置を用いて,加工速度を30m/
分,線圧を1.5kg/cmとして超音波融着処理を施
して積層不織構造体を得た。得られた積層不織構造体の
特性を表1に示す。
【0028】実施例2 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体85重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体15重量%との混合物を用いたこと,
及び高圧空気流の圧力を1.5kg/cm2 としたこと
以外は実施例1と同様にして,平均単繊維繊度が0.1
4デニール,目付けが25g/m2 ,沸水収縮率が10
%の前記重合体からなる極細繊維不織布を得た。製造す
るに際して,製糸性は良好であった。得られた不織布を
構成する極細繊維の横断面を観察したところ,ポリエチ
レンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン重合
体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したものである
ことが確認できた。次いで,前記で得られた極細繊維不
織布を用い,以降は実施例1と同様にして積層不織構造
体を得た。得られた積層不織構造体の特性を表1に示
す。
【0029】実施例3 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体70重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体30重量%との混合物を用いたこと,
及び高圧空気流の圧力を1.45kg/cm2 としたこ
と以外は実施例1と同様にして,平均単繊維繊度が0.
18デニール,目付けが25g/m2 ,沸水収縮率が8
%の前記重合体からなる極細繊維不織布を得た。製造す
るに際して,製糸性は良好であった。得られた不織布を
構成する極細繊維の横断面を観察したところ,ポリエチ
レンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン重合
体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したものである
ことが確認できた。次いで,前記で得られた極細繊維不
織布を用い,以降は実施例1と同様にして積層不織構造
体を得た。得られた積層不織構造体の特性を表1に示
す。
【0030】実施例4 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体85重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体15重量%との混合物を用いたこと,
ポリエチレンテレフタレート重合体の溶融流量に対する
ポリプロピレン重合体の溶融流量の比を13.2とした
こと,及び高圧空気流の圧力を1.55kg/cm2
したこと以外は実施例1と同様にして,平均単繊維繊度
が0.12デニール,目付けが25g/m2 ,沸水収縮
率が7%の前記重合体からなる極細繊維不織布を得た。
製造するに際して,製糸性は良好であった。得られた不
織布を構成する極細繊維の横断面を観察したところ,ポ
リエチレンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレ
ン重合体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したもの
であることが確認できた。次いで,前記で得られた極細
繊維不織布を用い,以降は実施例1と同様にして積層不
織構造体を得た。得られた積層不織構造体の特性を表1
に示す。
【0031】比較例1 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体50重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体50重量%との混合物を用いたこと,
及び高圧空気流の圧力を1.2kg/cm2 としたこと
以外は実施例1と同様にして,不織布を得た。製糸性に
関しては,溶融紡糸の開始以降,経時的に溶融紡糸口金
面にポリマ玉が発生し不良であった。得られた不織布
は,平均単繊維繊度が0.44デニール,目付けが25
g/m2 ,沸水収縮率が9%の前記重合体からなるもの
で,その構成極細繊維の横断面を観察したところ,ポリ
エチレンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン
重合体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したもので
あるものの,一部のポリプロピレン重合体がポリエチレ
ンテレフタレート重合体の中に点在したいわゆる海島型
構造をも併せ有するものであることが確認できた。次い
で,前記で得られた極細繊維不織布を用い,以降は実施
例1と同様にして積層不織構造体を得た。得られた積層
不織構造体の特性を表1に示す。
【0032】比較例2 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体85重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体15重量%との混合物を用いたこと,
ポリエチレンテレフタレート重合体の溶融流量に対する
ポリプロピレン重合体の溶融流量の比を0.9としたこ
と,及び高圧空気流の圧力を1.3kg/cm2 とした
こと以外は実施例1と同様にして,不織布を得た。製糸
性に関しては,溶融流量比が小さ過ぎるために製糸応力
に耐えることができず,紡出フイラメント切れが多発し
不良であった。得られた不織布は,平均単繊維繊度が
0.28デニール,目付けが25g/m2 ,沸水収縮率
が14%の前記重合体からなるもので,その構成極細繊
維の横断面を観察したところ,ポリプロピレン系重合体
がポリエチレンテレフタレート重合体の中に点状に位置
したいわゆる海島型構造を有したものであることが確認
できた。
【0033】比較例3 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体85重量%と融点が160℃のポリ
プロピレン重合体15重量%との混合物を用いたこと,
ポリエチレンテレフタレート重合体の溶融流量に対する
ポリプロピレン重合体の溶融流量の比を25.0とした
こと,及び高圧空気流の圧力を種々変更したこと以外は
実施例1と同様にして,溶融紡出した。溶融流量の比が
大き過ぎるため溶融紡糸口金面でポリマ玉や吐出糸条の
ねじれ現象が多発し,不織ウエブを得ることができなか
った。少量ながら得られた繊維の断面を電子顕微鏡を用
い5000倍に拡大して観察したところ,ポリエチレン
テレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン重合体が
薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有したものであること
は確認できたが,その均整度が劣り,単繊維径にも大き
なバラツキが認められた。
【0034】比較例4 融点が259℃で相対粘度が1.25のポリエチレンテ
レフタレート重合体のみを用い,メルトブローン法によ
り不織布を製造した。すなわち,前記重合体を溶融し,
これをダイから紡糸温度370℃,単孔吐出量0.2g
/分で紡出し,溶融紡出されたポリマ流を高圧空気流に
より牽引・細化した。この高圧空気流として温度400
℃,圧力1.6kg/cm2 の加熱空気を用いた。牽引
・細化に引き続き,ポリマ流を冷却し繊維に形成した
後,ダイから10cm離れた位置に配設されかつ速度8
m/分で移動する金網製ベルト上に捕集・堆積させて不
織ウエブを得た。製造するに際して,製糸性は良好であ
った。得られた不織ウエブは,平均単繊維繊度が0.0
7デニール,目付けが25g/m2 ,沸水収縮率が84
%の前記重合体からなるものであった。次いで,前記で
得られた極細繊維不織ウエブと実施例1で得られた木綿
繊維不織布とを積層し,以降は実施例1と同様にして積
層不織構造体を得た。得られた積層不織構造体の特性を
表1に示す。
【0035】比較例5 超音波融着装置に代わり圧接面積率が10%の熱エンボ
スロールと表面が平滑な熱金属ロールを用い,処理温度
を200℃,線圧を50kg/cm,かつ加工速度を1
0m/分として部分熱圧接処理を施した以外は実施例1
と同様にして,積層不織構造体を得た。得られた積層不
織構造体の特性を表1に示す。
【0036】実施例5〜10 超音波融着装置におけるパターンロール上の凸状突起部
面積比を2%(実施例5),4%(実施例6),16%
(実施例7),20%(実施例8),50%(実施例
9)及び55%(実施例10)とした以外は実施例1と
同様にして,積層不織構造体を得た。得られた積層不織
構造体の特性を表2に示す。
【0037】実施例11〜15 超音波融着装置におけるパターンロール上の凸状突起部
配設密度を4点/cm2 (実施例11),9点/cm2
(実施例12),36点/cm2 (実施例13),80
点/cm2 (実施例14)及び90点/cm2 (実施例
15)とした以外は実施例1と同様にして,積層不織構
造体を得た。得られた積層不織構造体の特性を表2に示
す。
【0038】
【表1】
【0039】
【表2】
【0040】実施例1〜4,7,8及び13で得られた
積層不織構造体は,表1から明らかなように引張り強力
と層間剥離強力が高く,柔軟性が優れ,また吸水性と可
染性を有し,さらに通気性の評価から明らかなように良
好なフイルタ特性をも有するものであった。また,実施
例1〜15で得られた積層不織構造体は,いずれもポリ
エチレンテレフタレート重合体の周囲をポリプロピレン
重合体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造を有した極細繊
維からなる不織布が積層されているため,寸法安定性が
優れていた。また,実施例6で得られた積層不織構造体
は,超音波融着装置におけるパターンロール上の凸状突
起部面積比が4%であって不織構造体全表面積に対する
全点状融着区域の面積の比が低めであるため,層間剥離
強力が実施例1に比べると若干低いものであり,実施例
9で得られた積層不織構造体は,同面積比が50%であ
って不織構造体全表面積に対する全点状融着区域の面積
の比が高めであるため層間剥離強力は優れるものの,柔
軟性が実施例1に比べるとやや劣るものであった。実施
例12で得られた積層不織構造体は,超音波融着装置に
おけるパターンロール上の凸状突起部配設密度が9点/
cm2 であって不織構造体における点状融着区域の密度
が低めであるため,層間剥離強力にやや斑を有するもの
であり,実施例14で得られた積層不織構造体は,同凸
状突起部配設密度が80点/cm2 であって不織構造体
における点状融着区域の密度が高めであるため,柔軟性
が実施例1に比べるとやや劣るものであった。
【0041】さらに,実施例5で得られた積層不織構造
体は,超音波融着装置におけるパターンロール上の凸状
突起部面積比が2%であって不織構造体全表面積に対す
る全点状融着区域の面積の比が低過ぎるため,引張り強
力と層間剥離強力が共に低いものであった。実施例10
で得られた積層不織構造体は,同面積比が55%であっ
て不織構造体全表面積に対する全点状融着区域の面積の
比が高過ぎるため,引張り強力と層間剥離強力は高いも
のの剛軟度が高く,硬い風合いを有するものであった。
また,実施例11で得られた積層不織構造体は,超音波
融着装置におけるパターンロール上の凸状突起部配設密
度が4点/cm2 であって不織構造体における点状融着
区域の密度が低過ぎるため,引張り強力が低く,しかも
不織構造体の面内で層間剥離強力に斑を有するものであ
った。実施例15で得られた積層不織構造体は,同凸状
突起部配設密度が90点/cm2 であって,不織構造体
における点状融着区域の密度が高過ぎるため,極細繊維
が融解されてなる前記融着区域において天然繊維が融解
部に十分に埋設・固定されて引張り強力と層間剥離強力
が共に高いものの剛軟度が高く,硬い風合いを有するも
のであった。すなわち,本発明の積層不織構造体では,
不織構造体全表面積に対する全点状融着区域の面積の比
と点状融着区域の密度とが前記(1)及び(2)式を満
足することにより,引張り強力と層間剥離強力そして柔
軟性が共に向上することがわかる。
【0042】これに対し,比較例1で得られた積層不織
構造体は,ポリエチレンテレフタレート重合体の周囲を
ポリプロピレン重合体が薄膜状に被覆した略芯鞘型構造
を有したものであるものの,一部のポリプロピレン重合
体がポリエチレンテレフタレート重合体の中に点在した
いわゆる海島型構造をも併せ有した繊維からなる不織布
が積層されているため,引張り強力,寸法安定性及び柔
軟性がいずれも劣るものであった。比較例2で得られた
積層不織構造体は,ポリプロピレン系重合体がポリエチ
レンテレフタレート重合体の中に点状に位置したいわゆ
る海島型構造を有した繊維からなる不織布が積層されて
いるため,引張り強力,寸法安定性及び柔軟性がいずれ
も劣り,しかも繊維表面にポリエチレンテレフタレート
重合体が多く存在するため点状融着区域が十分に形成さ
れないことから,層間剥離強力が劣るものであった。比
較例4で得られた積層不織構造体は,ポリエチレンテレ
フタレート重合体のみの極細繊維からなる不織布が積層
されているため,寸法安定性が著しく劣るものであっ
た。また,比較例5で得られた積層不織構造体は,超音
波融着装置に代わり熱エンボスローラを用いた部分熱圧
着処理が施されたものであるため,層間剥離強力が極め
て低いものであった。すなわち,この例では,点状融着
区域において極細繊維不織布と天然繊維不織布の境界面
に位置する天然繊維が前記極細繊維の融解部に十分に埋
設された状態で固定されていないため,層間剥離強力が
極端に低下した。
【0043】
【発明の効果】本発明の積層不織構造体は,非結晶質ポ
リエステル系重合体と結晶質ポリプロピレン系重合体と
の混合物からなり,単繊維断面においてポリエステル系
重合体が略芯部分を構成し,ポリプロピレン系重合体が
略鞘部分を構成する略芯鞘型構造を有する極細繊維から
構成される極細繊維不織布と,天然繊維同士が機械的に
交絡してなる不織布とが積層され,かつ前記極細繊維と
天然繊維とが融着されてなる点状融着区域を有し,前記
点状融着区域において両不織布層の少なくとも境界面に
位置する天然繊維が前記極細繊維の融解部に埋設された
状態で固定されることにより全体として一体化されてな
るものであって,引張り強力と層間の剥離強力が高く,
寸法安定性及び柔軟性が優れ,可染性を有しており,ま
た吸水性と疎水性を併せて具備し,さらに良好なフイル
タ特性をも有し,医療・衛生材用,衣料用や生活関連材
用あるいは産業資材用の素材として好適である。また,
本発明の積層不織構造体の製造方法によれば,この積層
不織構造体を効率良く製造することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の積層不織構造体における点状融着区域
の断面を示す模式図である。
【符号の説明】
1:点状融着区域において融解したポリエステル系極細
繊維層 2:天然繊維
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 D04H 1/46 A 3/00 F D C J 3/16

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 非結晶質ポリエステル系重合体70〜9
    5重量%と結晶質ポリプロピレン系重合体30〜5重量
    %との混合物からなる平均繊度が0.2デニール以下の
    極細繊維から構成されるポリエステル系極細繊維不織布
    と,天然繊維同士が機械的に交絡してなる不織布とが積
    層され,かつ前記極細繊維と天然繊維とが融着されてな
    る点状融着区域を有する積層不織構造体であって,前記
    極細繊維はその単繊維断面において前記ポリエステル系
    重合体が略芯部分を構成し,かつ前記ポリプロピレン系
    重合体が略鞘部分を構成する略芯鞘型構造を有し,前記
    積層不織構造体はその点状融着区域において両不織布層
    の少なくとも境界面に位置する天然繊維が前記極細繊維
    の融解部に埋設された状態で固定されることにより全体
    として一体化されてなることを特徴とする積層不織構造
    体。
  2. 【請求項2】 極細繊維と天然繊維とが融着されてなる
    点状融着区域において,不織構造体全表面積に対する全
    点状融着区域の面積の比A(%)及び点状融着区域密度
    B(点/cm2 )がそれぞれ下記式(1)及び(2)を
    満足することを特徴とする請求項1記載の積層不織構造
    体。 4≦A(%)≦50 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1) 7≦B(点/cm2 )≦80 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)
  3. 【請求項3】 重合体として相対粘度が1.20〜1.
    32のポリエステル系重合体70〜95重量%とポリプ
    ロピレン系重合体30〜5重量%との混合物を用い,ポ
    リエステル系重合体の溶融流量に対するポリプロピレン
    系重合体の溶融流量の比が4〜20となるようにして溶
    融紡出し,溶融紡出されたポリマ流を溶融温度より高い
    温度の高圧空気流により牽引・細化し,冷却した後,移
    動する捕集面上に捕集・堆積させてポリエステル系極細
    繊維不織布を作成し,一方,天然繊維からなるカードウ
    エブに機械力を用いた交絡処理を施して天然繊維同士が
    機械的に交絡してなる不織布を作成し,次いで得られた
    ポリエステル系極細繊維不織布と天然繊維不織布とを積
    層した後,超音波融着装置を用い前記積層物に点状融着
    処理を施して点状融着区域を形成し全体として一体化す
    ることを特徴とする積層不織構造体の製造方法。
  4. 【請求項4】 超音波融着装置を用いポリエステル系極
    細繊維不織布と天然繊維不織布との積層物に点状融着処
    理を施して点状融着区域を形成するに際し,不織構造体
    全表面積に対する全点状融着区域の面積の比A(%)及
    び点状融着区域密度B(点/cm2 )がそれぞれ下記式
    (1)及び(2)を満足するごとく点状融着区域を形成
    することを特徴とする請求項3記載の積層不織構造体の
    製造方法。 4≦A(%)≦50 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1) 7≦B(点/cm2 )≦80 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)
JP6261508A 1994-09-30 1994-09-30 積層不織構造体及びその製造方法 Pending JPH08109567A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6261508A JPH08109567A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 積層不織構造体及びその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6261508A JPH08109567A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 積層不織構造体及びその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08109567A true JPH08109567A (ja) 1996-04-30

Family

ID=17362885

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6261508A Pending JPH08109567A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 積層不織構造体及びその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08109567A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2471630C2 (ru) * 2011-02-22 2013-01-10 Государственное Образовательное Учреждение Высшего Профессионального Образования "Амурский Государственный Университет" Слоистый материал
JP2014037646A (ja) * 2012-08-16 2014-02-27 Kuraray Co Ltd 常圧可染性ポリエチレンテレフタレート系メルトブローン不織布およびその製造方法
KR20180028983A (ko) * 2016-09-09 2018-03-19 도레이케미칼 주식회사 압축성형체 및 이의 제조방법
CN108866668A (zh) * 2018-05-28 2018-11-23 泽塔纳米科技(苏州)有限公司 一种纳米阻燃纤维及其制备方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2471630C2 (ru) * 2011-02-22 2013-01-10 Государственное Образовательное Учреждение Высшего Профессионального Образования "Амурский Государственный Университет" Слоистый материал
JP2014037646A (ja) * 2012-08-16 2014-02-27 Kuraray Co Ltd 常圧可染性ポリエチレンテレフタレート系メルトブローン不織布およびその製造方法
KR20180028983A (ko) * 2016-09-09 2018-03-19 도레이케미칼 주식회사 압축성형체 및 이의 제조방법
WO2019050375A3 (ko) * 2016-09-09 2019-05-02 도레이케미칼 주식회사 압축성형체 및 이의 제조방법
CN108866668A (zh) * 2018-05-28 2018-11-23 泽塔纳米科技(苏州)有限公司 一种纳米阻燃纤维及其制备方法
CN108866668B (zh) * 2018-05-28 2021-02-19 泽塔纳米科技(苏州)有限公司 一种纳米阻燃纤维及其制备方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004501287A (ja) メルトブローンウェブ
JP2002061060A (ja) 不織布及び不織布加工品
JPH10331063A (ja) 複合不織布およびその製造方法
JPH08109567A (ja) 積層不織構造体及びその製造方法
JPH073606A (ja) 積層不織布およびその製造方法
JP3305453B2 (ja) 積層不織構造体
JP3580626B2 (ja) 面ファスナ用不織布およびその製造方法
JPH10280262A (ja) 不織布およびその製造方法
JPH06240553A (ja) 複合不織布及びその製造方法
JP3259936B2 (ja) 積層不織布及びその製造方法
JP4026279B2 (ja) 分割型複合繊維及びこれを用いた繊維成形体
JP3262430B2 (ja) 生分解性積層不織構造体の製造方法
JPH07125128A (ja) 生分解性積層不織構造体
JPH11158763A (ja) 複合不織布およびその製造方法
JPH0768686A (ja) 積層不織構造体
JP4117915B2 (ja) 生分解性不織布およびその製造方法
JPH09119055A (ja) 耐熱性複合不織布およびその製造方法
JPH10273870A (ja) 複合不織布及びその製造方法
JP2002088580A (ja) 分割繊維及びこれを用いた繊維成形体
JP3213460B2 (ja) 生分解性積層不織構造体の製造方法
JPH10273864A (ja) 複合不織布及びその製造方法
JPH07316968A (ja) 複合不織布及びその製造方法
JPH083855A (ja) 積層不織構造体
JPH07266479A (ja) 積層不織構造体
JPH0874162A (ja) 積層不織構造体