JPH08108678A - ボールペン - Google Patents

ボールペン

Info

Publication number
JPH08108678A
JPH08108678A JP6273116A JP27311694A JPH08108678A JP H08108678 A JPH08108678 A JP H08108678A JP 6273116 A JP6273116 A JP 6273116A JP 27311694 A JP27311694 A JP 27311694A JP H08108678 A JPH08108678 A JP H08108678A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tip
ink
ball
hole
cap
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP6273116A
Other languages
English (en)
Inventor
Seiichi Kobayashi
小林  清一
Kazuhiko Furukawa
和彦 古川
Kazuaki Matsumoto
一明 松本
Original Assignee
Mitsubishi Pencil Co Ltd
三菱鉛筆株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Pencil Co Ltd, 三菱鉛筆株式会社 filed Critical Mitsubishi Pencil Co Ltd
Priority to JP6273116A priority Critical patent/JPH08108678A/ja
Publication of JPH08108678A publication Critical patent/JPH08108678A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 低粘度のインク又は基本的には低粘度の剪断
減粘性を有したインクを使用した第1のボールペンリフ
ィールとインク吸蔵体或いはインク貯留体を使用した第
2の水性ボールペンリフィールを共通の筆記具本体に装
填可能とする。又、第1の使用に於いて、インクの直流
及び逆流と筆記の掠れを防止可能とする。 【構成】 スプリングの先方で先端ボールの後端を押圧
して、先端ボールがチップ抱持部の内縁に密接されてイ
ンクの流出が防止されるリフィールと、当該リフィール
を装填してチップ先端部が突出状態に固定される軸筒
と、軸筒の先方部位に被嵌されるキャップとで構成され
たボールペンに於いて、キャップの内孔に後端閉塞状の
インナーキャップが設けられ、軸筒先端の外周部がイン
ナーキャップの挿入口の内周に密接されて、インナーキ
ャップの内孔から軸筒内へ連通する通気手段が設けられ
ると共に、リフィールがインナーキャップと軸筒内の空
間に於いて略密閉状態と成る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ボールペンリフィール
の交換を可能としたボールペンの改良に関する。
【0002】
【従来の技術】同出願人は実公平4ー52067号でボ
ールを遊嵌した弁室を設けたボールペンのインクの逆流
防止機構を開示している。此のものは、合成樹脂製の口
プラでボールを遊嵌する弁室内にボールを抜出不能とす
る突条を所要数設けて、筆記時には突条と突条との間に
形成される隙間を連通してチップにインクが流動される
ように成されている。又、筆記時の先端ボールの回転で
粘性が低下してインクが流出される剪断減粘性を有した
インクを使用したボールペンが知られている。
【0003】一般に低粘度のインク又は基本的には粘度
の低い、剪断減粘性を有したインクを使用したボールペ
ンは、インクの流出量が多く(筆記濃度を上げるため)
インク収容管の径を太くしてインクの搭載量を多くして
いる。又、インクの粘度は油性ボールペンのインクに比
べて小さいのでインク収容管に対する流動抵抗は小さ
い。従って、インクの自重や衝撃によりインク漏れ(イ
ンク収容管の後端にインクが逆流する)が生じやすい。
その為に、通常はインクの後端に筆記時のインクの消耗
に追随して移動するが、インクの自重や衝撃に対してイ
ンクの逆流を抑制するグリース状のフォロアが、又、必
要によりフォロア棒がフォロア内に遊挿されて設けられ
ている。しかしながら、フォロアを設けても上向き筆記
をした時にはチップのボール直下のインクが無くなる
と、インクのヘッドが直に加わる為に顕著な逆流が生じ
て手や衣服を汚す危険がある。又、インクの粘度が低く
流出量が多いが故に、チップ側を下向きにした場合に先
端ボールとチップ抱持部の隙間が生じるとインクが滲み
でる(直流)問題が存在する。
【0004】又、インク吸蔵体或いはインク貯留体を使
用した水性ボールペンのリフィールを先軸と後軸を接合
して構成される軸筒に装填すると共に、(リフィールの
後端は閉塞されている)先軸の先端とその先端に固定さ
れた口金の内孔との間に固定されたOリングに通気孔を
前端に有したリフィール中径部の段部を通気孔が閉塞さ
れない状態でOリングに密接して設け、キャップ内孔に
固定されたインナーキャップの内孔部にチップ先端と口
金の先方が嵌挿され、口金の外周部がインナーキャップ
の挿入口に密接されて、先端ボールと通気孔がインナー
キャップの内孔部と上記Oリング前方の口金内孔部空間
の小室で密嵌されてインクの蒸発と先端ボール部位の乾
燥を防止するように成した水性ボールペンが知られてい
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、粘性
の低いインク又は筆記時のボールの回転で粘性が低下し
てインクが流出される剪断減粘性を有したインクを使用
したボールペンとインク吸蔵体或いはインク貯留体を使
用した水性ボールペンのリフィールを互換性を有して同
一の軸筒及びキャップより成る筆記具本体に装填可能と
し、剪断減粘性を有したボールペンに於いては、上向き
筆記や衝撃によって生じるインクの逆流とチップ側を下
向きに置いた時の直流を防止可能とし、ボールペンの軸
筒内や手、衣服の汚損を防止可能とする。又、上向き筆
記、衝撃が加わった時の先端ボール直下の空気巻き込み
に伴うインク切れで起きる筆記掠れを防止することと、
先端ボールとチップ抱持部の内縁とのシール不完全に伴
う乾燥で起きる筆記掠れを防止可能とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成する為に
案出された本発明のボールペンは、先端にボールペンの
チップを、後端にインク収容部を有して成るボールペン
のリフィールであって、チップ内孔にスプリングが内挿
されてスプリングの先方でチップ先端部に回転自在に抱
持された先端ボールの後端を押圧して、先端ボールがチ
ップのボール抱持部の内縁に密接されてインクの流出が
阻止されると共に、インク収容部には低粘度のインク又
は基本的には低粘度であるが、静的には高い粘性を有
し、筆記時の先端ボールの回転で粘性が低下してインク
が流出される、所謂剪断減粘性を有したインクが充填さ
れ、そのインクの後端にインクの消耗と共に追随して移
動するグリース状のフォロアが設けられて成るリフィー
ルと、そのリフィールを装填してその先端孔からチップ
先端部が突出状態に固定される軸筒と、軸筒の先方部位
に被嵌されるキャップとで構成されたボールペンに於い
て、キャップの内孔に後端閉塞状のインナーキャップが
設けられ、軸筒先端の外周部がインナーキャップの挿入
口の内周に密接されて、インナーキャップの内孔から軸
筒内へ連通する通気手段が設けられると共に、リフィー
ルがインナーキャップと軸筒内の空間に於いて略密閉さ
れて成ることを特徴とする。
【0007】又、上記リフィールに於いては、継ぎ手の
軸心にチップの後端に連通して後方に弁室が設けられ、
弁室の後部にテーパー状又は球面状のボール受け座が設
けられて、チップ側が上向きの時にボール弁がボール受
け座に密接して導孔が密閉されてインクの逆流が阻止さ
れ、チップ側が下向きの時に密閉状態が解除されると共
に導孔、弁室を通じてチップ内にインクが流入可能とな
る。上記ボール弁はインク収容管内のインクの大きなヘ
ッドを支えて、上向き筆記時の空気巻き込みを軽減し、
且つ、先端ボール部位の密接不確実性(加工バラツキ、
固形物の付着など)をカバーしてインクの逆流防止を確
実なものとする。
【0008】
【実施例】図1及び図2は本発明の実施例を示してい
る。先ず、図2に示すようにリフィール30はチップ3
2、継ぎ手39、インク収容管49、尾栓31で外観上
構成される。継ぎ手39は合成樹脂により一体成形で形
成されており、その前半に大径部42、中径部41、小
径部40が形成され、後半にインク収容管49に圧着す
る軸部48が形成されている。又、軸心には孔が貫通し
ており、上記小径部40の先端孔にはボールペンのチッ
プ32の後方の軸部35が圧着される。又、軸部35の
後端に対接して弁室43が設けられ、弁室43の後端に
はテーパー状又は球面状のボール受け座44が形成され
ている。又、中径部41から大径部42の外周部に懸け
て所要箇所で通気溝54が形成されている。
【0009】ところで、実施例に於いては、チップ32
の軸部35の軸心に対し適宜偏心して弁室43が設けら
れ、弁室43の後部には導孔46に連通してテーパー状
又は球面状のボール受け座44が形成されている。又、
弁室43の内壁の一側にはインクが流入可能な溝部44
aが形成されている。又、弁室43内にはボール弁47
が遊嵌されて、チップ32を下向きにした状態でボール
弁47がチップの軸部35の後端に偏騎した状態に当接
して、上記溝部44a等を通じて導孔46から流入した
インクがチップ内に流入するように構成されている。
尚、継ぎ手39の軸心に弁室を設けて、弁室内にボール
弁を遊嵌し、チップが下向きの状態でインクがチップ内
に導通する構造は当実施例に限らず種々存在する。その
実施例に付いては当出願人により先行出願されている。
又、本実施例に於いては、継ぎ手39とインク収容管4
9が別体に設けられているが、一体の樹脂成形品で形成
することも可能である。又、インクの残量が判るように
少なくともインク収容部(インク収容管)が透明な樹脂
で選択される。
【0010】一方、チップ32はインク流入可能なチャ
ンネルを有した座に先端ボール33が略当接した状態で
先端ボール33が回転自在に抱持されるようカシメられ
ている。又、チップ32の内孔にスプリング37が内挿
されチップの軸部35の後端が適宜カシメられてスプリ
ング37の後端が抜出不能に設けられている。又、スプ
リング37の先方には直立状の棒軸部38が形成され、
当該棒軸部38の先端が先端ボール33の後端に押圧状
に当接している。尚、先端ボール33はスプリング37
の押圧でチップ32のボール抱持部(カシメ等で形成)
の内縁に密接状態と成される。
【0011】以上により、チップ側が下向きの時に前記
ボール弁47がカシメ部36の後端に偏騎した状態に当
接して、インクが導孔46、弁室43、溝部44a等を
通じてチップ内孔34に流入し先端ボール33の後端ま
で導通する。
【0012】又、継ぎ手39の前記軸部48の外周には
筒状のインク収容管49がその先端を大径部42の後端
に当接して圧着され、インク収容管49の内径部が継ぎ
手39の導孔46に連通している。インク収容管49内
には低粘度のインク又は基本的には低粘度であるが、静
的には高い粘性を有し、筆記時のボールの回転で粘性が
低下してインクが流出可能となる剪断減粘性を有したイ
ンク50が充填され、インク50の後端にインクの消耗
と共にインク面に接触して追随して移動可能なグリース
状のフォロア51が充填される。又、フォロア51内に
該フォロア51と略同等の比重を有する樹脂製のフォロ
ア棒52が浸漬される。尚、フォロア棒52は必要によ
り(インク収容管が太く、インクのヘッドが大きくな
る。又、インクの粘性が低く、インクのヘッドが支えき
れない等)に設けられ、形状は無垢の棒状、パイプ状、
カップ状など条件に応じて設計される。又、インク収容
管49の後端には外気と連通する通気孔53を有した尾
栓31が圧着される。
【0013】ボールペンのリフィール30は以上のよう
に構成され、図1に示すように先軸11と後軸16を螺
子接合して構成される軸筒に装填される。先ず、先軸1
1は樹脂成形品で、後端に螺子部15を有し、後軸16
の先端孔に固着された螺子管17に接合される。又、先
軸11の先方には先軸11の前端との間に弾性体(例え
ばゴム製)より成るOリング14が挟着された状態で口
金12が螺合等で固着されている。
【0014】又、後軸16の後端には後軸16の内孔に
位置する固定具19との間で尾栓18が挟着状に固着さ
れ、固定具19の軸心部にはスプリング20が起立状に
配設されている。
【0015】前記リフィール30は口金12の先端孔か
らチップ32の先端が突出するように先軸11に挿入さ
れ、先軸11の螺子部15に後軸16が螺合される。こ
の時尾栓31の後端が前記スプリング22の前端に当接
してリフィール30は前方に押圧状に附勢され、継ぎ手
39の中径部の段部45がOリング14に周接状に密接
する。しかしながら、前記通気溝54によって口金12
の内孔側から先軸11の内孔側に通気路が確保される。
又、口金12の後端近傍の外周部には係止溝13が形成
されている。
【0016】又、キャップ1の後端孔には固定具4と天
冠3でクリップ2を挟着して天冠3が圧着されている。
又、キャップ1の内孔には後端閉塞状のインナーキャッ
プ5が挿入され、インナーキャップ5の後端が上記固定
具4に圧着される。又、インナーキャップ5は、隔壁6
で閉塞状に設けられ、その内孔部7の前方内孔部の挿入
口8が形成され、その外側に外筒部9が形成されて、外
筒部9の前端近傍の内孔周面に内方突状の係止部10が
形成されている。
【0017】以上で、リフィール30を装填した軸筒の
先軸部位が前記キャップ1に嵌挿されて、先端ボール3
3が前記シール栓6に食い付き状に押圧されると共に、
口金12の外周部が前記内筒部の挿入口8に密接され、
前記外筒部の係止部10が口金の係止溝13に弾性的に
係合してキャップ1が固定される。又、先端ボール部位
は内孔部7に密挿されるが、前記通気溝54によりリフ
ィール30の尾栓31の通気孔53を通じて内孔部7と
フォロア51の後端とが空気流通する。
【0018】
【作用】先ず、図2のリフィール30に於いては、チッ
プ32を上向きにした状態を示しており、その時ボール
弁47が弁室43のボール受け座44に密接して導孔4
6を密閉するので、上向き筆記で先端ボール33直下の
インクがなくなってもインクが逆流しない。従って、チ
ップ32を下向きにした時にインクが即流出可能とな
り、筆記で掠れが防止される。(因みにボール弁を有し
ない構造では、上向き筆記でインクのヘッドが逆流方向
に作用するのでチップ内に空気を巻き込み、下向き筆記
で即インクが追随せず掠れが生じる。又、上向き筆記の
繰り返しで空気の巻き込みが累積される。)
【0019】チップ32を下向きにした筆記前の状態で
は、ボール弁47がチップの軸部35の後端に当接状態
となり、導孔46が開放される。インク収容管49から
導孔46を経て弁室43に入ったインク50は溝部44
aを通じてチップ内孔34に流入して先端ボール33の
後端まで導通される。尚、この状態ではスプリング37
の棒軸部38の押圧で先端ボール33がチップ抱持部の
内縁に密接されるのでインク50の直流が防止される。
又、筆圧により先端ボール33が微小に後退するので隙
間を生じてインクが流出可能となり、筆記により先端ボ
ール33の回転でインクが流出されて筆記が可能とな
る。
【0020】尚、先端ボール33の直下にはチャンネル
(チップ内孔に向かって貫通したインク流入溝を複数箇
所に有した先端ボールの受け座)がありチャンネルの中
心孔にはスプリング37の棒軸部38が貫通する。チッ
プ内のインクは上記インク流入溝及び中心孔と棒軸部3
8との間の隙間を通じて先端ボール33直下に誘導され
る。
【0021】又、先端ボール33は常時チップ抱持部の
内縁に密接しているので先端部位の乾燥で筆記掠れが防
止される。又、先端ボール33とボール弁47の共同作
用で上向き筆記や衝撃が加わっても空気の巻き込みが緩
和されるので筆記掠れが防止される。尚、インクの直流
及び逆流はスプリング37による先端ボール33への押
圧で果たされるが、上記チップ抱持部の加工バラツキに
よる先端ボール33との密接不完全状態や、チップ抱持
部と先端ボール33との隙間に固形物が付着した場合の
密接不完全状態をカバーし、且つ、インクの大きなヘッ
ドを支えてインクの逆流を確実に防止することと、空気
巻き込みの緩和(掠れ防止)をするようスプリング37
と共同する。
【0022】又、先軸側にキャップ1を装着した時に
は、インナーキャップ5内の空気が加圧されるが前記通
気溝54により軸筒内に空気が逃げ加圧状態は軽減され
る。又、先端ボール33がスプリング37で押圧されて
いるのでチップ内孔に空気が巻き込まれる問題は回避さ
れる。又、リフィール30がインナーキャップ5の内孔
部7と軸筒内の空間に於いて略密挿されるのでインクの
蒸発やチップ先端の乾燥が防止可能となる。
【0023】
【発明の効果】本発明のボールペンの構成及び作用は以
上の如くであり、低粘度のインク又は基本的には低粘度
である剪断減粘性を有したインクを使用したボールペン
のリフィールとインク吸蔵体或いはインク貯留体を使用
した水性ボールペンのリフィールが共通の筆記具本体に
装填可能となる。又、低粘度のインクを充填したインク
の直逆流防止機構を有したリフィールを使用した場合、
筆記時以外は先端ボールがチップ抱持部の内縁に密接す
るので、インクの逆流や下向きに置かれた時に直流が防
止され、軸筒内や手や衣服等を汚す事故が防止される。
又、乾燥による筆記掠れも防止される。又、先端ボール
とチップ抱持部との密接不完全状態が生じても弁室内に
遊嵌するボール弁により上向き筆記や衝撃によってイン
クの逆流が確実に防止され、大きなインクヘッドを支え
ることが可能となるので、上向き筆記や衝撃後にインク
が即追随して一層筆記掠れが防止される。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例であるボールペンの縦断面図
で、一部非断面となっている。
【図2】本発明に使用するボールペンリフィールの縦断
面図で、チップを上向きにした状態を示している。
【符号の説明】
1 キャップ 2 クリップ 3 天冠 4 固定具 5 インナーキャップ 6 隔壁 7 内孔部 8 内孔部の挿入口 9 外筒部 10 係止部 11 先軸 12 口金 13 係止溝 14 Oリング 15 螺子部 16 後軸 17 螺子管 18 尾栓 19 固定具 20 スプリング 30 リフィール 31 尾栓 32 チップ 33 先端ボール 34 チップ内孔 35 軸部 36 カシメ部 37 スプリング 38 棒軸部 39 継ぎ手 40 小径部 41 中径部 42 大径部 43 弁室 44 ボール受け座 44a 溝部 45 段部 46 導孔 47 ボール弁 48 軸部 49 インク収容管 50 インク 51 フォロア 52 フォロア棒 53 通気孔

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 先端にボールペンのチップを、後端にイ
    ンク収容部を有して成るボールペンのリフィールであっ
    て、チップ内孔にスプリングが内挿されてスプリングの
    先方でチップ先端部に回転自在に抱持された先端ボール
    の後端を押圧して、先端ボールがチップのボール抱持部
    の内縁に密接されてインクの流出が阻止されると共に、
    インクの後端にインクの消耗と共に追随して移動するグ
    リース状のフォロアが設けられて成るリフィールと、当
    該リフィールを装填してその先端孔からチップ先端部が
    突出状態に固定される軸筒と、軸筒の先方部位に被嵌さ
    れるキャップとで構成されたボールペンに於いて、上記
    キャップの内孔に後端閉塞状のインナーキャップが設け
    られ、軸筒先端の外周部がインナーキャップの挿入口の
    内周に密接されて、インナーキャップの内孔から軸筒内
    へ連通する通気手段が設けられると共に上記リフィール
    がインナーキャップと軸筒内の空間に於いて略密閉され
    て成るボールペン。
  2. 【請求項2】 軸筒は、先軸と後軸を接合して構成さ
    れ、先軸の前端と先軸の先端に固定された口金の内孔と
    の間に固定されたOリングに上記リフィールの継ぎ手中
    径部の段部が密接状に当接され、先軸にキャップが装着
    された時に、インナーキャップの内孔からチップが突出
    する口金の先端孔の隙間を通じてリフィール後端に連通
    する通気路を上記継ぎ手中径部から大径部に懸けて設け
    たことを特徴とする上記請求項1記載のボールペン。
  3. 【請求項3】 インク収容部と先軸を透明な樹脂成形品
    と成して、インクの残量が透視可能と成る上記請求項1
    記載のボールペン。
  4. 【請求項4】 インク収容部には低粘度のインク又は基
    本的には低粘度であるが、静的には高い粘性を有し、筆
    記時の先端ボールの回転で粘性が低下してインクが流出
    される、所謂剪断減粘性を有したインクが充填され、筆
    圧で先端ボールとチップのボール抱持部内縁との密接状
    態が解除されて先端ボールの回転と共にインクが流出可
    能となるように構成されたことを特徴とする上記請求項
    1記載のボールペン。
  5. 【請求項5】 継ぎ手とインク収容部となるインク収容
    管が別体で、継ぎ手の後方軸部がインク収容管に圧着さ
    れて成る上記請求項1記載のボールペン。
  6. 【請求項6】 グリース状のフォロア内にそれと略同等
    の比重を有する樹脂製のフォロア棒が浸漬されて成る上
    記請求項1記載のボールペン。
  7. 【請求項7】 リフィールの継ぎ手の軸心にチップの後
    端に連通して後方に弁室が設けられ、弁室の後部にテー
    パー状又は球面状のボール受け座が設けられて弁室内に
    ボール弁が遊嵌され、チップ側が上向きの時にボール弁
    がボール受け座に密接して導孔が密閉されインクの逆流
    が阻止されると共に、チップ側が下向きの時に密閉状態
    が解除されてチップ内にインクが流入するように構成さ
    れたことを特徴とする上記請求項1記載のボールペン。
  8. 【請求項8】 弁室をチップ軸心に対し適宜偏心させて
    設け、弁室内に遊嵌したボール弁がチップ後端に偏騎し
    て当接し、チップ内にインクが流入可能なインク流路が
    形成され、先端ボールを押圧するスプリングの先方に直
    立状の棒軸部を形成して、棒軸部の先端が先端ボールの
    後端を押圧すると共にチップ後端がカシメられてスプリ
    ングが抜出不能に設けられた上記請求項7記載のボール
    ペン。
JP6273116A 1994-10-13 1994-10-13 ボールペン Withdrawn JPH08108678A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6273116A JPH08108678A (ja) 1994-10-13 1994-10-13 ボールペン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6273116A JPH08108678A (ja) 1994-10-13 1994-10-13 ボールペン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08108678A true JPH08108678A (ja) 1996-04-30

Family

ID=17523360

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6273116A Withdrawn JPH08108678A (ja) 1994-10-13 1994-10-13 ボールペン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08108678A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003039875A (ja) * 2001-07-31 2003-02-13 Pentel Corp 筆記具
JP2007021842A (ja) * 2005-07-14 2007-02-01 Mitsubishi Pencil Co Ltd 筆記具

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003039875A (ja) * 2001-07-31 2003-02-13 Pentel Corp 筆記具
JP4590800B2 (ja) * 2001-07-31 2010-12-01 ぺんてる株式会社 筆記具
JP2007021842A (ja) * 2005-07-14 2007-02-01 Mitsubishi Pencil Co Ltd 筆記具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH08108678A (ja) ボールペン
JPH07323689A (ja) ボールペン
JP3336119B2 (ja) ボールペン
JP3444824B2 (ja) ボールペン
JP3444825B2 (ja) ボールペン
JPH08230378A (ja) ボールペン
JP3197422B2 (ja) ボールペン
JP3197423B2 (ja) ボールペン
JP3553699B2 (ja) ボールペンのリフィール
JP3251420B2 (ja) ボールペン
JP2865581B2 (ja) ボールペンのリフィール
JP3476971B2 (ja) ボールペン
JP3514537B2 (ja) ボールペン
JP3148685B2 (ja) ボールペンのリフィール
JP3476922B2 (ja) ボールペン
JP3375422B2 (ja) ボールペン
JP3736813B2 (ja) バルブ装置付きのボールペン
JPH08108680A (ja) ボールペン
JP2681763B2 (ja) 筆記具
JP2865582B2 (ja) ボールペン
JPH10258597A (ja) ボールペン
JPH08230376A (ja) ボールペン
JPH08230375A (ja) ボールペン
JPH08230374A (ja) ボールペン
JPH0872466A (ja) ボールペン

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20020115