JPH0810866A - プレス加工装置 - Google Patents

プレス加工装置

Info

Publication number
JPH0810866A
JPH0810866A JP16290794A JP16290794A JPH0810866A JP H0810866 A JPH0810866 A JP H0810866A JP 16290794 A JP16290794 A JP 16290794A JP 16290794 A JP16290794 A JP 16290794A JP H0810866 A JPH0810866 A JP H0810866A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cam
guide
passive
work
punch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP16290794A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Kida
廣 喜田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kanto Jidosha Kogyo KK
Toyota Motor East Japan Inc
Original Assignee
Kanto Jidosha Kogyo KK
Kanto Auto Works Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanto Jidosha Kogyo KK, Kanto Auto Works Ltd filed Critical Kanto Jidosha Kogyo KK
Priority to JP16290794A priority Critical patent/JPH0810866A/ja
Publication of JPH0810866A publication Critical patent/JPH0810866A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】本発明は、1つのプレス型で同一工程によりワ
ークの側面を穴明ポンチで穴明加工し、抜刃でワーク端
末を切断する型抜き加工を行うプレス加工装置におい
て、抜刃の先端の穴明ポンチの大きな逃がし穴を廃止
し、抜刃の強度の向上と耐久性を確保することを目的と
する。 【構成】下型1に、穴明ポンチ3と傾斜カム面4とガイ
ドピン5とを有し、ワークWに向かって進退移動可能な
受動カム2を備え、上型6に、受動カム2の傾斜カム面
4に当接して受動カム2を前進端まで押動した後に傾斜
カム面4から離脱する固定カム7と、受動カム2のガイ
ドピン5に係合する案内カム溝8b,8cを有し、穴明
加工の完了後に受動カム2を後退端に移動退避せて抜刃
9との干渉を回避させるガイドプレート8とを備えた構
成を特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、パネル状のワークの側
面を穴明加工すると共に、ワークの端縁を型抜き加工す
るプレス加工装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】自動車ボディーの外板又は内板等のパネ
ル状のワークで、その端縁がL形に折り曲げられ、この
端縁にビス等を挿通する穴明け加工と、周囲の端末を切
断する型抜き加工とを1つのプレス型で加工するものが
ある。
【0003】このようなプレス加工装置は図3で示すよ
うに、先端に穴明ポンチ13と、後端に傾斜カム面14
とを有し、ワークWに向かって進退移動可能な受動カム
12を備えた下型11と、前記受動カム12の傾斜カム
面14に当接して受動カム12を前進端まで押動する固
定カム15と、ワークWの端末を切断する抜刃16と、
ワークWを押さえるパッド18とを備え、前記下型11
に対し昇降動する上型17とから構成されていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記従来のプレス加工
装置では、受動カム12が前進して穴明ポンチ13によ
りワークの側面を穴明した後に抜刃16が下降してワー
クWの端末を切断するため、抜刃16は前進端に位置し
ている穴明ポンチ13と直交して干渉することになり、
これを回避するために、抜刃16の先端に大きな逃がし
穴16aが設けられている。このため、抜刃16の強度
が落ちて耐久性に問題があった。
【0005】本発明の目的は、穴明加工と型抜き加工と
のタイミングを変更し、上記従来の問題を解消したプレ
ス加工装置を提供することである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めの本発明の要旨は、先端に穴明ポンチと、後端に傾斜
カム面と、側面にガイドピンとを有し、ワークに向かっ
て進退移動可能な受動カムを備えた下型と、前記受動カ
ムの傾斜カム面に当接して受動カムを前進端まで押動し
た後に前記傾斜カム面から離脱する固定カムと、前記受
動カムのガイドピンに係合して受動カムを進退移動させ
る案内カム溝を有するガイドプレートと、前記ガイドプ
レートによる受動カムの後退移動端でワーク端末を切断
する抜刃とを備え、前記下型に対し昇降動する上型とか
ら構成されたものである。
【0007】
【作用】上記の構成により、上型の下降によって固定カ
ムで受動カムを前進端まで押動し、穴明加工を完了する
と、ガイドプレートによって受動カムを後退端に移動回
避させ、その後に抜刃が下降してワーク端末を切断する
型抜き加工を行うようにし、抜刃の先端の大きな逃がし
穴を廃止して強度を向上した。
【0008】
【実施例】以下本発明の実施例を図面に基づいて説明す
る。図1において、1は下型である。この下型1には、
先端に穴明ポンチ3と、後端に傾斜カム面4と、側面に
ガイドピン5とを有し、ワークWに向かって進退移動可
能な受動カム2を備えている。
【0009】6は前記下型に対し昇降動する上型であ
る。この上型6には、前記受動カム2の傾斜カム面4に
当接して受動カム2を前進端まで押動した後に前記傾斜
カム面4から離脱する固定カム7と、前記受動カム2の
ガイドピン5に係合して受動カム2を進退移動させる第
1案内カム溝8bと第2案内カム溝8cを有するガイド
プレート8と、前記ガイドプレート8による受動カム2
の後退移動端でワークWの端末を切断する抜刃9と、下
型1上のワークWを押さえるパッド10とを備えてい
る。
【0010】前記ガイドプレート8の第1案内カム溝8
bは、上型6の昇降動によって受動カム2のガイドピン
5が挿脱する開口部8aを有し、受動カム2の前進方向
に上向き勾配の傾斜角度を持って形成されている。ま
た、第2案内カム溝8cは前記第1案内カム溝8bの上
端を折り返し点として第1案内カム溝8bと連続し、第
1案内カム溝8bとは反対向きの受動カム2の後退方向
に上向き勾配の傾斜角度を持って形成されている。
【0011】上記構成による本発明の動作を説明する。
上型6の下降によりパッド10は下型1上のワークWを
押さえる。また、受動カム2のガイドピン5がガイドプ
レート8の開口部8aから第1案内カム溝8bに挿入し
て係合し、固定カム7が受動カム2の後端の傾斜カム面
4に当接し、図1で示すように、受動カム2を前進押動
して先端の穴明ポンチ3によりワークWの側面に穴を明
ける。この時点で抜刃9は、まだ前進している穴明ポン
チ3の上方に位置している。
【0012】穴明ポンチ3がワークWの穴明を完了した
時点から固定カム7は受動カム2の後端の傾斜カム面4
より下側に下降して傾斜カム面4から離脱する。また、
受動カム2のガイドピン5は第1案内カム溝8bの上端
を折り返し点より第2案内カム溝8cに案内され、この
第2案内カム溝8cによって受動カム2を後退移動させ
る。
【0013】この受動カム2が後退端に移動し、下降し
てくる抜刃9との干渉を回避したところで、図2で示す
ように、抜刃9がワーク端末を切断する型抜き加工を行
うのである。
【0014】抜刃9がワーク端末を切断し、上型6が下
死点より上昇するときには、第2案内カム溝8cの案内
により受動カム2を一度前進端まで移動して固定カム7
が受動カム2の後端を通過するときに傾斜カム面4と干
渉しないよう回避させ、固定カム7が受動カム2の後端
を通過した時点から第1案内カム溝8bの案内により前
進端に移動している受動カム2を後退端まで戻し作動す
る。
【0015】
【発明の効果】以上のように本発明によると、1つのプ
レス型で同一工程によりワークの側面の穴明加工とワー
ク端末を切断する型抜き加工を行うにおいて、上型に設
けたガイドプレートによって、穴明ポンチを有する受動
カムによる穴明加工の完了後に受動カムを後退端に移動
退避せて抜刃による型抜き加工を行うようにした構成で
あるから、抜刃の先端に穴明ポンチの大きな逃がし穴が
不要となり、抜刃の強度が向上し耐久性を確保すること
ができる利点を有している。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明装置の穴明加工時の断面図
【図2】本発明装置の型抜き加工時の断面図
【図3】従来装置の断面図
【符号の説明】
1 下型 2 受動カム 3 穴明ポンチ 4 傾斜カム面 5 ガイドピン 6 上型 7 固定カム 8 ガイドプレート 8a 開口部 8b 第1案内カム溝 8c 第2案内カム溝 9 抜刃 10 パッド W ワーク

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 先端に穴明ポンチと、後端に傾斜カム面
    と、側面にガイドピンとを有し、ワークに向かって進退
    移動可能な受動カムを備えた下型と、前記受動カムの傾
    斜カム面に当接して受動カムを前進端まで押動した後に
    前記傾斜カム面から離脱する固定カムと、前記受動カム
    のガイドピンに係合して受動カムを進退移動させる案内
    カム溝を有するガイドプレートと、前記ガイドプレート
    による受動カムの後退移動端でワーク端末を切断する抜
    刃とを備え、前記下型に対し昇降動する上型とから構成
    されたことを特徴とするプレス加工装置。
JP16290794A 1994-06-22 1994-06-22 プレス加工装置 Pending JPH0810866A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16290794A JPH0810866A (ja) 1994-06-22 1994-06-22 プレス加工装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16290794A JPH0810866A (ja) 1994-06-22 1994-06-22 プレス加工装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0810866A true JPH0810866A (ja) 1996-01-16

Family

ID=15763500

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16290794A Pending JPH0810866A (ja) 1994-06-22 1994-06-22 プレス加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0810866A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101283057B1 (ko) * 2007-07-05 2013-07-05 현대자동차주식회사 차량의 도어 프레임 제조장치
CN105344805A (zh) * 2015-11-24 2016-02-24 济南兴田阳光数控机械有限公司 一种角钢、槽钢、带钢冲孔打印剪切复合机

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101283057B1 (ko) * 2007-07-05 2013-07-05 현대자동차주식회사 차량의 도어 프레임 제조장치
CN105344805A (zh) * 2015-11-24 2016-02-24 济南兴田阳光数控机械有限公司 一种角钢、槽钢、带钢冲孔打印剪切复合机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3540308B2 (ja) スライドカム型
US4477216A (en) Infeed shuttle table for vertical broach
JP2005205430A (ja) プレス加工装置
JPH0810866A (ja) プレス加工装置
EP0790085B1 (en) A slotting tool
JPH08318325A (ja) 穴抜きカーリング加工装置
JPH10314863A (ja) プレス型のカム構造
JPH10314856A (ja) リンクカムを応用した複合加工方法及び装置
JP3401908B2 (ja) パンチプレスの追抜き切断金型および追抜き切断方法
JPS5731423A (en) Press device
KR100452261B1 (ko) 프레스 금형
CN215319223U (zh) 一种家具用板料加工的冲剪装置
CN211027729U (zh) 一种小空间多孔位斜冲新型结构
JP2918121B2 (ja) パンチプレス
JPH057944A (ja) 絞り加工方法
JP3701437B2 (ja) プレス加工装置
CN210209440U (zh) 一种电机壳切口夹具
JP4521073B2 (ja) 追抜き金型
CN215697228U (zh) 浮动废料刀
KR900001823Y1 (ko) 프레스기의 용기 제품의 대각선 방향 버팅 가공금형 장치
KR20010000018U (ko) 프레스 금형
KR100722556B1 (ko) 프로그레시브 금형의 준비커팅장치 및 그 방법
JPH10244324A (ja) プレス装置
KR920005941B1 (ko) 재봉기용 바늘받이의 연속성형장치 및 제조방법
JPH0929567A (ja) 絞り成形体の穴明け加工方法及びその装置