JPH08106306A - データ伝送装置 - Google Patents

データ伝送装置

Info

Publication number
JPH08106306A
JPH08106306A JP6241748A JP24174894A JPH08106306A JP H08106306 A JPH08106306 A JP H08106306A JP 6241748 A JP6241748 A JP 6241748A JP 24174894 A JP24174894 A JP 24174894A JP H08106306 A JPH08106306 A JP H08106306A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
station
slave
slave station
polling
master station
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6241748A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinya Ono
信也 大野
Original Assignee
Meidensha Corp
株式会社明電舎
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Meidensha Corp, 株式会社明電舎 filed Critical Meidensha Corp
Priority to JP6241748A priority Critical patent/JPH08106306A/ja
Publication of JPH08106306A publication Critical patent/JPH08106306A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】複数の子局に故障が含まれる場合において、親
局と子局間の伝送開始から伝送終了までの1スキャン時
間を最小にしたデータ伝送装置を提供すること。 【構成】複数の子局43〜4Nと親局42で構成された
データ伝送装置において、親局42は、子局43〜4N
へのデータ送受信時間をタイムアウトカウンタ42Bで
計時することにより子局が接続中か未接続かの判断を
し、判断結果を記憶する接続認識部42Aを参照して接
続中の子局に対してのみ入出力ポーリングを送信する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、集中制御システムのデ
ータ伝送装置に関する。
【0002】
【従来の技術】集中制御システムは、発電所、変電所、
上下水道等に広く用いられている。
【0003】図6に示した集中制御システムは、制御命
令をシーケンス演算装置61によって作成し、親局62
を介して各子局63〜67に送信される。
【0004】シーケンス演算装置61の性能は、シーケ
ンス演算周期によって決まり、そのシーケンス演算周期
は、制御命令を各子局に送信するまでの所用時間である
1スキャン時間によって大きく左右される。
【0005】親局62がシーケンス演算装置61で作成
された制御命令を各子局63〜67に対して送信するた
めには、データリンクを確立しなければならない。
【0006】そこで、図7に示すように親局62は、各
子局63〜67に対して入出力(I/O)ポーリングを
送信することでデータリンクを確立する。親局からI/
Oポーリングを受けた子局は、自局の状態情報を応答デ
ータとして親局に送信する。親局は、子局の応答データ
をすべて回収したところで、シーケンス演算装置から送
られた制御命令を一括I/Oデータとして各子局に送信
する。
【0007】ここで、例えば、図5に示したように子局
66及び子局67が故障している場合、親局62が子局
66及び子局67に対してデータリンク確立のために送
信したI/Oポーリングに対して、子局66及び子局6
7は、応答データを返信することができない。
【0008】そこで、親局は、一定時間aの間だけ子局
からの応答データを待ち、そして、返信がない場合に
は、次の子局に対してI/Oポーリングを行う。
【0009】親局62は、最初の子局63から最後の子
局67までI/Oポーリングを行い各子局に対してシー
ケンス演算装置61からの制御命令を一括送信して1ス
キャン時間が終了し、先に収集した応答データをシーケ
ンス演算装置61に一括送信する。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】親局は、子局とのデー
タリンクを確立するためにI/Oポーリング送信を行
い、子局からの応答データの受信を待つが、図5のよう
に子局が故障中等で稼働していない場合には応答データ
が、親局に送信されない。
【0011】よって、親局は、定めたある一定の時間a
の間応答データを待ち、それでも受信がなかった場合に
は、次の子局へのI/Oポーリング送信、もしくは、一
括I/Oデータ送信に移行する。
【0012】この動作は、タイムアウトになった子局
が、接続されているか否かに関わらず毎スキャン全子局
に対してI/Oポーリングを送信するので、故障中等で
未接続の子局がある場合には、子局すべてが稼働中の場
合と比較して、未接続局数×a時間だけ、毎スキャンの
無駄時間がかかるためでデータ伝送装置としての性能を
著しく低下させる恐れがあった。
【0013】
【課題を解決するための手段】本発明は、シーケンス演
算装置で制御命令を作成し、親局を介して複数の子局に
制御命令を送信するデータ伝送装置であって、前記親局
に、子局が接続されているか否かを判断する接続判断部
と、子局の接続判断を行うために子局に対してI/Oポ
ーリング送信後の時間を計るタイムアウトカウンタと、
子局よりの応答データの有無を監視し、応答データが無
しの時に前記タイムアウトカウンタに1を加算し、この
カウンタが所定カウント数になったら子局を未接続と判
断する応答データ監視部とを親局に設ける。
【0014】親局に設けられた前記接続判断部で子局が
接続していないと判断した場合にはポーリング送信の順
番を確認した後、当該子局に接続確認ポーリングを送信
する更に親局には、子局から応答データが入力された時
にその子局を接続中と判断する接続確認部を設ける。ま
た、全子局には、親局よりの接続確認ポーリングに応答
する接続確認応答部を設けている。
【0015】
【作用】親局は、子局に対してI/Oポーリング送信
し、子局からの応答データが受信されるまでの時間をタ
イムアウトカウンタで計時する。タイムアウトカウンタ
には、所定カウント数を設けて、その所定カウント数に
なっても応答データが入力されない場合には、未接続と
親局の接続判断部で認識する。親局は接続中と認識した
子局に対してのみI/Oポーリング送信を行う。
【0016】なお、親局の接続判断部で未接続と認識さ
れた子局には、予め設けられた優先順位に従い、親局が
1局に対してのみ接続確認ポーリングを送信する。その
接続確認ポーリングを送信したと同時にタイムアウトカ
ウンタを計時し、定められたある所定カウント数に達す
る前に応答データが送信されたならば、親局の接続判断
部に保持されているカウント数をリセットして、その子
局を接続中と認識する
【0017】
【実施例】本発明の一実施例を図1に示す。同図におい
て、集中制御システムは、シーケンス制御装置41と、
親局42と、子局43〜4Nで構成されている。親局4
2は、子局43〜4Nの稼働状態を記憶し、判断する記
憶部42Aを設け、さらにデータリンクを確立するため
のI/Oポーリングを送信してから、子局からの応答デ
ータを受信するまでの所要時間を監視するタイムアウト
カウンタ42Bを設けている。
【0018】また、親局に故障中と判断された子局が稼
働しているか否かを確認する接続確認ポーリングを設け
る。
【0019】この接続確認ポーリングを送信する際、子
局が複数であることから、対象となる全子局のうち1ス
キャン毎に1局のみに対して送信を行うためローテート
プライオリティによって管理を行う。
【0020】以上の様な本発明において、親局の処理内
容を示した図2及び子局の処理内容を示した図3を参照
しながら、図4に示すモデルを例に挙げて述べる。同図
では親局と子局1〜5で構成された集中制御システムの
場合で、子局4、子局5は、故障中とする。
【0021】親局は、記憶部42Aにおいて、まず子局
が接続されているか否かを判断する(ステップ10
1)。そこで、子局が接続されている場合には、ステッ
プ102において、子局1に対するデータリンク確立の
ためのI/Oポーリング送信を行う。
【0022】タイムアウトカウンタ42Bは、I/Oポ
ーリング送信と同時に計時を開始しI/Oポーリング送
信先である子局1からの応答データの有無を監視する
(ステップ103)。この監視時間は、タイムアウトカ
ウンタ数で設定され、そのタイムアウトカウンタ数以内
に応答データが受信された場合には、ステップ104で
タイムアウトカウンタ42Bを0に戻す。
【0023】以下同様にして、親局は子局2、3におい
てもI/Oポーリング送信及び応答データ受信が行なわ
れる。次子局4に至ると、故障中となっているのでステ
ップ103では、a時間中に応答データが受信されない
ためタイムアウトとなり、ステップ105においてタイ
ムアウトカウンタ42Bに1が加算され、ステップ10
6で、カウントが前もって定められる所定カウント数、
例えば「3」になったか否かが判断される。ここで、判
断結果が3になった場合には、ステップ107で、未接
続と認識する。
【0024】親局に設けられた接続認識部42Aで、未
接続と認識されている子局の数が、例えば2つの場合に
は、ステップ108で、どの子局の対して接続確認ポー
リングを送信するかを予め決められた優先順位によって
親局が決定する。親局が接続確認ポーリング先と決定し
た子局には、ステップ109で、接続確認ポーリングを
送信し、子局より応答があった場合には、ステップ11
1で接続中と認識し、タイムアウトカウンタをステップ
112で0にリセットする。
【0025】なお、各子局は、図3で示すようにステッ
プ201においてI/Oポーリングが送信されたか否か
を監視し、送信有りの場合には、ステップ202にて応
答データを親局に送信する。
【0026】ステップ201で否の場合には、ステップ
203で接続確認ポーリングがあったか否かを判断し、
接続確認ポーリングが送信され、子局が復旧していた場
合には、ステップ202で親局に対して接続中であるこ
とを応答する。
【0027】そこで、親局は最新の子局の接続状態を把
握し、そして、1スキャン毎に記憶部42Aが更新され
る。
【0028】
【発明の効果】親局に子局の接続状況を把握できる手段
を設けたことによって、2回目以降のスキャンで未接続
中の子局に対しては、親局からI/Oポーリングを送信
しないため、接続局数に応じた最小のスキャン時間を得
ることができる。よって、通常の状態である全子局が、
接続状態にある場合の1スキャン時間を越える超負荷状
態におちいる可能性がなくなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例のポーリング方式中の接続確
認を含む伝送プロトコル
【図2】本発明のポーリング送信時における親局のフロ
ーチャート図
【図3】本発明のポーリング送信時における子局のフロ
ーチャート図
【図4】本発明における一実施例の集中制御システムの
構成図
【図5】従来のポーリング方式中の接続確認を含む伝送
プロトコル
【図6】従来における集中制御システムの構成図
【図7】従来のポーリング方式データ伝送プロトコル
【符号の説明】
41 シーケンス演算装置 42 伝送装置の親局 42A 子局の接続状態を認識する記憶装置 42B タイムアウトカウンタ 43〜47 伝送装置の子局
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 H04L 11/00 310 D

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シーケンス演算装置にて制御命令を作成
    し、親局を介して複数の子局に制御命令を送信するデー
    タ伝送装置において、前記親局に、子局が接続されてい
    るか否かを判断する接続判断部と、子局の接続判断を行
    うために子局に対してI/Oポーリング送信後の時間を
    計るタイムアウトカウンタと、子局よりの応答データの
    有無を監視し、応答データが無しの時に前記タイムアウ
    トカウンタに1を加算し、このカウンタが所定カウント
    数になったら子局を未接続と判断する応答データ監視部
    と、前記接続判断部によって、子局が接続されてないと
    判断したときには、ポーリング送信の順番を確認した
    後、当該子局に接続確認ポーリングを送信し、子局より
    の応答データが入力された時には、子局を接続中と判断
    する接続確認部とを前記親局に設けると共に、前記各子
    局に親局よりの接続確認ポーリングに応答する接続確認
    応答部を設けたことを特徴とするデータ伝送装置
JP6241748A 1994-10-06 1994-10-06 データ伝送装置 Pending JPH08106306A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6241748A JPH08106306A (ja) 1994-10-06 1994-10-06 データ伝送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6241748A JPH08106306A (ja) 1994-10-06 1994-10-06 データ伝送装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08106306A true JPH08106306A (ja) 1996-04-23

Family

ID=17078958

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6241748A Pending JPH08106306A (ja) 1994-10-06 1994-10-06 データ伝送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08106306A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6941247B2 (en) * 1999-12-07 2005-09-06 Carl Zeiss Jena Gmbh Method for monitoring a control system
JP2006215999A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 Keyence Corp データ収集システム
JP2008042570A (ja) * 2006-08-07 2008-02-21 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの伝送システム
JPWO2010095713A1 (ja) * 2009-02-23 2012-08-30 三菱電機株式会社 無線通信システム、無線通信装置および無線通信方法
CN105404269A (zh) * 2015-10-23 2016-03-16 江苏省电力公司南京供电公司 一种智能变电站三遥信号验收系统

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6941247B2 (en) * 1999-12-07 2005-09-06 Carl Zeiss Jena Gmbh Method for monitoring a control system
JP2006215999A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 Keyence Corp データ収集システム
JP2008042570A (ja) * 2006-08-07 2008-02-21 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータの伝送システム
JPWO2010095713A1 (ja) * 2009-02-23 2012-08-30 三菱電機株式会社 無線通信システム、無線通信装置および無線通信方法
US8676239B2 (en) 2009-02-23 2014-03-18 Mitsubishi Electric Corporation Wireless communication system, wireless communication device, and wireless communication method
JP5497730B2 (ja) * 2009-02-23 2014-05-21 三菱電機株式会社 無線通信システム、無線通信装置および無線通信方法
CN105404269A (zh) * 2015-10-23 2016-03-16 江苏省电力公司南京供电公司 一种智能变电站三遥信号验收系统
CN105404269B (zh) * 2015-10-23 2017-09-19 江苏省电力公司南京供电公司 一种智能变电站三遥信号验收系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3845472A (en) Data communication system employing a series loop
US4491946A (en) Multi-station token pass communication system
US4896151A (en) Simultaneous communication method and system
EP0004376B1 (en) Multiple access bus communications system
US4466001A (en) Polling system for multiple terminal units
JP3118263B2 (ja) 自動販売機のデータ収集装置
EP0435037B1 (en) Master slave industrial token passing network
JP4218469B2 (ja) 通信装置
EP0115348B1 (en) Remote initialization of interconnected communications stations
JPH08106306A (ja) データ伝送装置
US5511230A (en) Communication system between master system and multiple slave systems in time division mode where a next slave is serviced upon receipt of final acknowledgement
EP0364558B1 (en) Data communications system and method therefor
JP2930771B2 (ja) 無線によるデータ収集方法
JP3077610B2 (ja) 装置内監視制御方式
KR100206991B1 (ko) 통신 프로토콜 처리방법
JP2937871B2 (ja) ポーリング式監視方法
JP3471653B2 (ja) データ伝送装置
JP4013393B2 (ja) 無線通信方法および装置
JP2650317B2 (ja) 無線通信システムにおける同報通信制御方法
JP2504130B2 (ja) バス型lan
JPH06224919A (ja) Lanシステム
JP2680989B2 (ja) ポーリングスケジュール方式
JP3075739B2 (ja) 自動販売機の管理システム
JPH10233792A (ja) ポーリング方式及び方法
JP2528931B2 (ja) ポ―リング方式