JPH08100533A - 柱脚の取付けレベル設定構造 - Google Patents

柱脚の取付けレベル設定構造

Info

Publication number
JPH08100533A
JPH08100533A JP26195294A JP26195294A JPH08100533A JP H08100533 A JPH08100533 A JP H08100533A JP 26195294 A JP26195294 A JP 26195294A JP 26195294 A JP26195294 A JP 26195294A JP H08100533 A JPH08100533 A JP H08100533A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
level
column
column base
fixed
mounting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP26195294A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2640918B2 (ja
Inventor
Teruaki Itsunoi
照明 五ノ井
Eiichi Hirata
栄一 平田
Hideo Moriki
秀夫 森木
Fukushige Kosuda
福茂 小須田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
BEESU PLANT KOGYO KK
Hitachi Kizai Inc
Original Assignee
BEESU PLANT KOGYO KK
Hitachi Kizai Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by BEESU PLANT KOGYO KK, Hitachi Kizai Inc filed Critical BEESU PLANT KOGYO KK
Priority to JP26195294A priority Critical patent/JP2640918B2/ja
Publication of JPH08100533A publication Critical patent/JPH08100533A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2640918B2 publication Critical patent/JP2640918B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 柱脚の取付けレベル出しを簡便にかつ精度よ
くでき、更に丈夫で経済的にできるものを提供する。 【構成】 地盤(4)に固定する支柱を有し、該支柱の
上端に柱脚の取付けレベルとなる面を有するレベル部材
(13)を固定し、上記支柱に沿って吊下する複数のア
ンカ−ボルト(21)の上部を支持部材(22)で支持
すると共にそのアンカ−ボルトの下部を固定部材(2
3)で支柱に固定し、該支持部材(22)を上記レベル
部材(13)に着脱可能に取付け、上記柱脚を設置する
際にその支持部材(22)を外し表れたレベル部材上に
柱脚を置いて柱脚のレベルを出している。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、アンカ−ボルトによっ
て固定される建造物の柱脚等の取付け位置を所定のレベ
ルに設定する構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、建造物の柱脚を支持する基礎を形
成する場合において、地盤にやぐらを組み、あるいは基
礎用の配筋を形成し、これにアンカ−ボルトを固定して
天端までコンクリ−トを打設した後、天端上に柱脚の取
付けレベルとなる基準盤(マンジュウ)をモルタルで形
成している。このように基準盤をモルタルで形成した場
合、これが乾くまでに2〜3日かかる上に、乾いた際に
再度測定してみると、モルタル部分が縮小していて、こ
の上に更にモルタルを塗って寸法を合わせるということ
があった。又レベルの位置に合わせてアンカ−ボルトの
高さの位置やコンクリ−ト天端の位置を調整する際はや
ぐらを組み直したり、配筋を加除したりして調整しなけ
ればならなかった。
【0003】
【発明の解決課題】本発明は、これらの点を改善し基準
盤の作成を短時間で精度よく簡便に行うことができるよ
うにすると共に経済的かつ丈夫であってしかもレベルの
位置を簡便に調整することができるようにしたものであ
る。
【0004】
【課題の解決手段】本発明は、支柱の上端に柱脚の取付
けレベルとなる面を有するレベル部材を備え、そのレベ
ル部材に上記支柱に沿って吊下するアンカ−ボルトを支
持する支持部材を着脱可能に取付けるようにしたもの
で、柱脚を設置する際にその支持部材を外し表われたレ
ベル部材上に柱脚の下部を載せて柱脚のレベルを出して
いる。又上記支柱の高さを調整可能に形成しレベルの位
置(レベル面の位置,コンクリ−ト天端の高さ,アンカ
−ボルトの高さ等)を調整している。
【0005】
【実施例】支柱(1)は、小石等を敷詰めた基礎(2)
の上に捨てコンクリ−ト(3)を打設した地盤(4)の
上に立てられ、その下面に溶接した取付板(5)に止め
金具(6)を打込んで固定している。該取付板と支柱の
下部の間には、適宜ブラケット(7)が設けられる。
【0006】図示のものでは、上記支柱(1)は、上部
部材(8)と下部部材(9)を有し、これらをパイプ材
で形成している。支柱の高さはその上部部材(8)の下
端部を下部部材(9)の筒状部(10)内に挿入し支柱の上
端がコンクリ−ト天端(11)の高さに一致するところで止
めネジ(12)で固定して調整している。なお、上記上部部
材は中実状のものを用いてもよい。
【0007】支柱(1)の上端には、レベル部材(13)が
設けられ、該レベル部材はその上面に柱脚の取付位置の
基準となるレベル面(14)を有し、通常支柱の上端に溶接
等によって固定される。図示の場合は、支柱の上端部に
挿入しこれを溶接等によって固定したナット(15)にボル
ト(16)を通してレベル部材を支柱の上端に固定してい
る。この場合、更にレベル部材を支柱の上端に溶接して
もよい。
【0008】このレベル部材(13)には、レベルカバ−(1
7)が被せられる。該レベル部材とレベルカバ−は、それ
ぞれに形成した孔(18),(19)にボルト(20)やピン等を通
して固定される。
【0009】一方、上記支柱の周囲にはこれに沿って複
数(図示のものでは4本)のアンカ−ボルト(21)が配置
され、該アンカ−ボルトの上部を支持部材(22)で支持す
ると共に、下部を固定部材(23)で支持している。該固定
部材は各アンカ−ボルトの下端部に座板(24)をナット(2
5)で固定し、その対角線上に対向する座板間に支柱に接
するようにクロス状に配した配筋(26)や棒材,板材を接
合する位置で溶接して支柱に固定している。
【0010】支持部材(22)は、図5に示すように内側と
外側にリブ(27)を形成した枠状の型板(28)と、該型板の
下面に溶接等して固定した断面L字形状の受部材(29)を
備えており、その受部材を上記レベルカバ−(17)に溶接
等して固定している。
【0011】柱脚のレベルを設定する際の作業を説明す
ると、先ず支柱(1)を地盤(4)に止め金具(6)で
固定し、その支柱の上端にレベル部材(13)をボルト(16)
で固定する。該レベル部材のレベル面(14)の高さは、支
柱の高さを調整することによって行う。該レベル部材(1
3)にレベルカバ−(17)を被せこれらをボルト・ナット(2
0)で固定する。上記支柱の周囲に配するアンカ−ボルト
(21)の上部を支持部材(22)の型板(28)に形成した孔(30)
に通し、これをナット(31)で締着する。吊下するアンカ
−ボルト(21)の下部は、固定部材(23)によって支柱に固
定される。
【0012】このようにアンカ−ボルトを支柱に固定し
た後、基礎コンクリ−ト(32)をコンクリ−ト天端(11)ま
で打設する。柱脚(33)の取付けの際は、図3に示すよう
に上記支持部材(22)を外し、表われたレベル部材(13)上
に柱脚のフランジ部(34)を載せ、該フランジ部とコンク
リ−ト天端の間にモルタル(35)を詰めて固着する。その
際にモルタルがレベル部材内に入りこれらが一体状に形
成される。上記柱脚(33)はレベル部材(13)のレベル面(1
4)によって正確に位置決めされる。
【0013】上記レベル部材(13)及びレベルカバ−(17)
は、図1〜図3に示すものでは断面コ字状に形成されて
いるが、図6に示すようにレベル部材に保定板(36)を設
けたり、図7に示すようにレベル部材とレベルカバ−を
容体状に形成したり(この場合はこれらを固定するボル
ト・ナットを設けても設けなくてもよい)その他種々の
形状にすることができる。
【0014】図8に示すレベル部材は、上記支柱の上端
部に固定したナット(37)にボルト(38)を係合し、該ボル
トの頭部上面(39)をレベルとするものであり、該ボルト
の高さを調整した後にバネクリップ(40)で締み止めをし
ている。
【0015】
【発明の効果】本発明は上記のように構成され、柱脚の
レベル出しを簡易にかつ正確にすることができると共
に、組立作業もし易く、又短時間で行うことができ、し
かも丈夫で構造も簡素化されているから経済的に作るこ
とができる。又支柱の高さを調整可能に形成し、レベル
の位置, コンクリ−ト天端の位置, アンカ−ボルトの高
さの位置等の調整を簡便に行うことができる。更にレベ
ル部材にレベルカバ−を被うようにすると、レベル部材
のレベル面がレベルカバ−によって保護されると共にア
ンカ−ボルトを支持する支持部材をレベルカバ−に固定
することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例を示す正面図である。
【図2】側面図である。
【図3】柱脚を取付けた状態を示す正面図である。
【図4】レベル部材の取付け状態を示す拡大断面図であ
る。
【図5】支持部材の型板を示す拡大背面図である。
【図6】他の例のレベル部材の取付け状態を示す拡大断
面図である。
【図7】更に他例のレベル部材の取付け状態を示す拡大
断面図である。
【図8】他例のレベル部材の取付け状態を示す拡大断面
図である。
【符号の説明】
1 支柱 8 上部部材 9 下部部材 12
止めネジ 13 レベル部材 14 レベル面
17 レベルカバ− 21 アンカ−ボルト 22 支持部材 23 固定部材 33 柱脚
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 小須田 福茂 群馬県高崎市新後閑町2番2号

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下端が固定される支柱を有し、該支柱の
    上端に柱脚の取付けレベルとなる面を有するレベル部材
    を設け、上記支柱に沿って吊下する複数のアンカ−ボル
    トの上部を支持する支持部材とそのアンカ−ボルトの下
    部を支柱に固定する固定部材を備え該支持部材を上記レ
    ベル部材に着脱可能に取付けた柱脚の取付けレベル設定
    構造。
  2. 【請求項2】 チャンネル状または容体状に形成されそ
    の上面をレベル面として支柱の上端に固定するレベル部
    材と、該レベル部材に被うように係合しアンカ−ボルト
    の上部に直接または間接的に結合する支持部材を備えた
    請求項1記載の柱脚の取付けレベル設定構造。
  3. 【請求項3】 レベル部材が固定される上部部材と、該
    上部部材が挿入可能な筒状部を有する下部部材と、その
    上部部材を所望の挿入位置で下部部材に固定する止めネ
    ジを有する支柱を備えた請求項1または2記載の柱脚の
    取付けレベル設定構造。
JP26195294A 1994-09-30 1994-09-30 柱脚の取付けレベル設定構造 Expired - Lifetime JP2640918B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26195294A JP2640918B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 柱脚の取付けレベル設定構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26195294A JP2640918B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 柱脚の取付けレベル設定構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08100533A true JPH08100533A (ja) 1996-04-16
JP2640918B2 JP2640918B2 (ja) 1997-08-13

Family

ID=17368949

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26195294A Expired - Lifetime JP2640918B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 柱脚の取付けレベル設定構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2640918B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105370051A (zh) * 2015-11-17 2016-03-02 重庆市彭洲混凝土有限公司 一种混凝土立柱调节支架

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105370051A (zh) * 2015-11-17 2016-03-02 重庆市彭洲混凝土有限公司 一种混凝土立柱调节支架

Also Published As

Publication number Publication date
JP2640918B2 (ja) 1997-08-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4862992A (en) Noise barrier
JP2640918B2 (ja) 柱脚の取付けレベル設定構造
JP4416141B2 (ja) 免震装置の設置方法
KR200414119Y1 (ko) 휀스용 포스트의 설치구조
JP2567631Y2 (ja) 鋼製基礎梁のレベル調製具
JPH0633043Y2 (ja) 支柱の支持構造
JPH0738310U (ja) アンカーボルト支持装置
JPH10317391A (ja) 鉄塔用基礎構造及び鉄塔用基礎構築工法
JP2779547B2 (ja) アンカーボルトの支持装置
JPH09256584A (ja) 組立階段の組立方法およびそれに用いるpc壁柱
KR200177602Y1 (ko) 타워 크레인 설치용 구조물
JP3251611B2 (ja) 屋外階段等の支持アンカー
JP2750338B2 (ja) アンカーフレーム
JP3378902B2 (ja) 屋上またはバルコニー用手摺固定構造
JP3015125U (ja) ユニットバス用吊り架台
JP2784952B2 (ja) アンカーボルト定着装置
JP3006664U (ja) 工事現場の柵設置金具
JP2565606Y2 (ja) 玄関ポーチ等における柱の取付構造
JP2000320151A (ja) 移動式仮設塀
JPH06235221A (ja) アンカーボルトの施工方法
KR0114044Y1 (ko) 철골기둥용 레벨측량대
JPH06185070A (ja) 玄関柱の取付高さ調整構造
JP3769643B2 (ja) 基礎コンクリートの型枠構造及び枠板の保持具
JP2524213Y2 (ja) タワークレーン固定装置
JP2004169510A (ja) 鉄骨柱用のアンカーポスト及びその組立方法