JPH078716A - フィルタ装置 - Google Patents

フィルタ装置

Info

Publication number
JPH078716A
JPH078716A JP14521893A JP14521893A JPH078716A JP H078716 A JPH078716 A JP H078716A JP 14521893 A JP14521893 A JP 14521893A JP 14521893 A JP14521893 A JP 14521893A JP H078716 A JPH078716 A JP H078716A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
filter
scraper
wire
guide plate
solid matter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14521893A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadahiko Hagamida
忠彦 羽上田
Toru Koda
徹 幸田
Hisato Yano
壽人 矢野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
BIO POLYMER RES KK
Original Assignee
BIO POLYMER RES KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by BIO POLYMER RES KK filed Critical BIO POLYMER RES KK
Priority to JP14521893A priority Critical patent/JPH078716A/ja
Publication of JPH078716A publication Critical patent/JPH078716A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ワイヤの濾過面に堆積した固形物の排出を連
続的に行い、加えて脱水率の平均化を図り脱水率を向上
させ得るフィルタ装置を提供する。 【構成】 本発明の装置は、直立している筒状の胴体
と、胴体の中に同軸的に収容されており、胴体の内部を
環状チャンバと内部チャンバとに仕切る筒状のフィルタ
とを備えている。フィルタの外周面には、フィルタの外
周面に堆積する固形物をかき取るスクレーパが当接して
いると共に、フィルタの母線に沿って配列されている。
スクレーパには、スクレーパの外側において、フィルタ
の母線に斜めに螺旋状に配列された案内板が固定されて
いる。フィルタとスクレーパ及び案内板の組合せとのい
ずれか一方は、回転手段によって他方に対して相対的に
回転される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、フィルタ装置に関し、
特に保水性の高い固形物の脱水を行うワイヤ・フィルタ
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】一般的に、ワイヤ・フィルタとしては、
断面三角のワイヤをコイル状に巻いた円筒形のワイヤ・
フィルタがある。断面三角のワイヤで作られたワイヤ・
フィルタは、断面円形のワイヤで作られたワイヤ・フィ
ルタに比べて、目詰りが少ない点、残渣の除去が容易で
ある点において優れている。図3のaに示すように、断
面三角のワイヤ50で作られたワイヤ・フィルタは、残渣
がたまるスペース51として、狭隘な部分がないからであ
る。図3のbに示すように、断面円形のワイヤ52で作ら
れたワイヤ・フィルタは、残渣が堆積するスペース53と
して狭隘な部分があるので、この部分に堆積した残渣を
スクレーパでかき取ることが困難である。
【0003】断面三角のワイヤで作られたワイヤ・フィ
ルタとしては、ワイヤをコイル状に巻いた円筒形ワイヤ
・フィルタと、ワイヤを円盤状に接続した円盤形ワイヤ
・フィルタとがある。円筒形ワイヤ・フィルタとして
は、ワイヤ50の濾過面54が外周側にあるタイプと、濾過
面54が内周側にあるタイプとがある。いずれの型のワイ
ヤ・フィルタも、ワイヤとワイヤとの間のスリット55の
幅は3〜300 μm 程度であり、ワイヤの材質は、ステン
レス鋼(SUS 316)、チタン等である。
【0004】断面三角のワイヤ50の濾過面54に堆積した
残渣は、図4に示すように、板状スクレーパ55のエッジ
56の部分でかき取られる。
【0005】従来のフィルタ装置としては、断面三角の
ワイヤをコイル状に巻いた円筒形のワイヤ・フィルタ
を、保水性の高い固形物の脱水に適用した装置がある。
この従来のフィルタ装置は、断面三角のワイヤの濾過面
が内周側にある円筒形のワイヤ・フィルタを横置とした
装置としている。
【0006】原液は、ワイヤ・フィルタの内側から入
る。内周側の濾過面に堆積した残渣をかき取り、ワイヤ
・フィルタの外部に搬送するスクリュープレスが、円筒
形のワイヤ・フィルタの中に組み込まれている。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】この装置には、ワイヤ
の濾過面に堆積した残渣をスクリュープレスにより連続
的に排出できるという利点がある。
【0008】しかしながら、ワイヤ・フィルタが横置で
あるが故に、濾過時に重力の影響を受けて、フィルタの
上方と下方とでは下方の方が脱水率が低く、脱水率の平
均比が困難である。また、フィルタの内部濾過空間が大
きいため、ワイヤの濾過面から離隔した部分では効率よ
く濾過できないので、脱水率が低い。
【0009】本発明の目的は、ワイヤの濾過面に堆積し
た固形物の排出を連続的に行い、加えて脱水率の平均化
を図り、脱水率を向上させ得るフィルタ装置を提供する
ことにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、前述の
目的は、直立している筒状の胴体と、胴体の中に同軸的
に収容されており、胴体の内部を環状チャンバと内部チ
ャンバとに仕切る筒状のフィルタと、環状チャンバに固
形物を含む原液を供給すべく胴体の一端に設けられた原
液入口部と、フィルタの外周面に堆積する固形物をかき
取るべく当該外周面に当接しており、フィルタの母線に
沿って配列されているスクレーパと、スクレーパの外側
においてスクレーパに固定されており、フィルタの母線
に斜めに螺旋状に配列された案内板と、環状チャンバか
ら固形物を排出すべく胴体の他端に設けられた固形物出
口部と、フィルタの内部チャンバから濾過されたドレイ
ンを排出すべく胴体に設けられたドレイン出口部と、フ
ィルタとスクレーパ及び案内板の組合せとのいずれか一
方を他方に対して相対的に回転させる回転手段とを備え
るフィルタ装置によって達成される。
【0011】
【作用】請求項1に記載の装置によれば、回転手段によ
ってフィルタとスクレーパ及び案内板の組合せとのいず
れか一方を他方に対して相対的に回転させたときに、フ
ィルタの外周面に堆積した固形物がスクレーパによって
かき取られ、このかき取られた固形物が、フィルタの母
線に斜めに螺旋状に配列された案内板に沿って上昇し、
固形物出口部から排出され得る。また、請求項1に記載
の装置は、フィルタの濾過面が外周面側にあるから、固
形物の堆積スペースとしての環状スペースの径方向寸法
を胴体の寸法選択により容易に低減させ得、これによ
り、フィルタの濾過面から近い位置において固形物の脱
水を行い得、脱水率の平均化を図り、脱水率を向上させ
得、加えて、フィルタ装置が立形であるが故に、脱水率
の平均化を図り得る。
【0012】請求項2に記載の装置によれば、フィルタ
の外周面に堆積する固形物をかき取るべくフィルタの外
周面に当接しており、フィルタの母線に斜めに螺旋状に
配列したスクレーパによって、回転手段によってフィル
タとスクレーパ及び案内板の組合せのいずれか一方を他
方に対して相対的に回転させたときに、フィルタの外周
面に堆積した固形物が、かき取られると共にスクレーパ
に沿って上昇し、固形物出口部から排出され得る。
【0013】
【実施例】以下、本発明を図1及び図2に示す好ましい
実施例を参照しながら詳述する。
【0014】本実施例は、バクテリアセルロースのよう
な保水性が高く、細い粒子状の固形物を含む原液を脱水
するフィルタ装置である。円筒形の胴体1は脚2を介し
て図示しない基台上に据付けられている。胴体1は直立
している。胴体1の上部はカバー3で閉鎖されている。
【0015】胴体1の中には、断面三角のワイヤをコイ
ル状に巻いた円筒形のワイヤ・フィルタ4(図1のb、
及び図2)が収容されている。ここに、図1のbは、図
1のaのA部の拡大図である。ワイヤ・フィルタ4は胴
体1の内部を環状チャンバと内部チャンバとに仕切る。
ワイヤ・フィルタ4は、濾過面が外周側にあるタイプで
ある。ワイヤ・フィルタ4は胴体1に同軸的に配列され
ている。ワイヤ・フィルタ4は適宜な手段により胴体1
に固定されている。
【0016】ワイヤ・フィルタ4の上方には、円板10が
配置されており、ワイヤ・フィルタ4の下部には、ワイ
ヤ・フィルタ4を包囲するように円環11が配置されてい
る。円板10と円環11とは垂直方向に伸張する4本の棒12
によって連結されている。4本の棒12は互いに等角度間
隔に配列されている。棒12の夫々には、ワイヤ・フィル
タ4の濾過面上に堆積する固形物をかきとるスクレーパ
13が二つずつ取り付けられている。スクレーパ13の直上
に小スクレーパ18が同様に設けられている。小スクレー
パは、胴体1の内周面まで半径方向に伸長している。
【0017】カバー3の上には、回転手段としての立型
電動モータ14が固定的に載せられており、ワイヤ・フィ
ルタ4に軸15を介して連結されている。モータ14の動作
により、スクレーパ13はモータ14側から見て時計回りに
回転する。
【0018】さらに、棒12には、かき取られた固形物を
上昇させるための案内板16が固定されている。案内板16
は、4本の棒12の外側に配置されている。案内板16は帯
状部材からなり、モータ14側から見て反時計回りに上昇
するような螺旋状をなしている。本実施例では、案内板
16は 180度毎に一つ、計二つ設けられている。案内板16
はスクレーパ13と一体的に時計回りに回転する。
【0019】胴体1の下部には環状チャンバに連通する
原液入口部21が設けられている。胴体2の上部において
小スクレーパ18に対応する位置には環状チャンバに連通
する固形物出口部22が設けられている。胴体2の底部に
はワイヤ・フィルタ4内(内部チャンバ)のドレインを
胴体2の外へ排出するドレイン出口部23が設けられてい
る。
【0020】因みに、固形物は水より比重が軽く、胴体
1内において固形物は上方に、水分は下方に移動する傾
向がある。従って、固形物出口部22は胴体2の上部に設
けられているので、ここから排出される固形物はより水
分が少ない。
【0021】以下、本実施例の動作について説明する。
【0022】原液入口部21から原液を胴体2の中に圧入
する。電動モータ14を作動させスクレーパ13及び案内板
16を時計回りに回転させる。これにより、ワイヤ・フィ
ルタ4の濾過面上に堆積した固形物をスクレーパ13によ
りかき取る。かき取られた固形物は、案内板16の方に移
動し、傾斜した案内板16に沿って上昇する。上昇した固
形物は小スクレーパ18の方に移動し、小スクレーパ18の
堆進力により固形物出口部22から排出される。一方、ワ
イヤ・フィルタ4を通過したドレインはドレイン出口部
23から排出される。
【0023】以下、本実施例の変形例について説明す
る。
【0024】本実施例におけるスクレーパ13の変形例と
して、スクレーパ13自体を螺旋状に形成してもよい。こ
れにより、固形物をワイヤ・フィルタ4の濾過面からか
き取りると共に上方に移動し得る。もちろん、案内板16
は不要となる。
【0025】スクレーパ13を短い円弧形とし、部分的に
重なるように多段螺旋状に配列してもよい。このように
すれば、螺旋状スクレーパ13の製作が容易となる。
【0026】本実施例において、ワイヤ・フィルタ4が
胴体1に回転自在に取り付けられていると共に、スクレ
ーパ13及び案内板16の組合せが胴体4に固定されてもよ
い。この場合は、モータ14の軸15はワイヤ・フィルタ4
に連結され、ワイヤ・フィルタ4をモータ14の方から見
て反時計回りに回転させる。
【0027】上記二つの変形を同時に実施してもよい。
【0028】本実施例及び変形例は、微細な固形物を含
む原液からの固形物の分離、脱水が必要な以下の用途に
適用し得る。即ち、パルプの脱水、再生紙の回収、白水
の回収等の製紙分野、ショウユの分離、果汁からの固形
物の除去、トウフ製造工程でのオカラの分離等の食品分
野、及び不溶性ポリマーの分離、アミノ酸の結晶の分
離、脱水等のその他の技術分野である。
【0029】
【本発明の効果】本発明の装置によれば、フィルタの濾
過面に堆積した固形物の排出を連続的に行い、脱水率の
平均化を図り、脱水率を向上させ得るフィルタ装置を提
供し得る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の装置の一実施例を示す斜視図及びA部
の拡大図である。
【図2】図1の装置の主要部の上面図である。
【図3】従来のワイヤ・フィルタの説明図である。
【図4】従来のスクレーパの説明図である。
【符号の説明】
1 胴体 4 ワイヤ・フィルタ 10 円板 11 円環 12 棒 13 スクレーパ 14 立型電動モータ 16 案内板 18 小スクレーパ 50、52 ワイヤ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 直立している筒状の胴体と、胴体の中に
    同軸的に収容されており、胴体の内部を環状チャンバと
    内部チャンバとに仕切る筒状のフィルタと、環状チャン
    バに固形物を含む原液を供給すべく胴体の一端に設けら
    れた原液入口部と、フィルタの外周面に堆積する固形物
    をかき取るべく当該外周面に当接しており、フィルタの
    母線に沿って配列されているスクレーパと、スクレーパ
    の外側においてスクレーパに固定されており、フィルタ
    の母線に斜めに螺旋状に配列された案内板と、環状チャ
    ンバから固形物を排出すべく胴体の他端に設けられた固
    形物出口部と、フィルタの内部チャンバから濾過された
    ドレインを排出すべく胴体に設けられたドレイン出口部
    と、フィルタとスクレーパ及び案内板の組合せとのいず
    れか一方を他方に対して相対的に回転させる回転手段と
    を備えるフィルタ装置。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のフィルタ装置におい
    て、スクレーパ及び案内部材の組合せが、フィルタの外
    周面に堆積する固形物をかき取るべく当該外周面に当接
    しており、フィルタの母線に斜めに螺旋状に配列したス
    クレーパによって構成されるフィルタ装置。
JP14521893A 1993-06-16 1993-06-16 フィルタ装置 Pending JPH078716A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14521893A JPH078716A (ja) 1993-06-16 1993-06-16 フィルタ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14521893A JPH078716A (ja) 1993-06-16 1993-06-16 フィルタ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH078716A true JPH078716A (ja) 1995-01-13

Family

ID=15380098

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14521893A Pending JPH078716A (ja) 1993-06-16 1993-06-16 フィルタ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH078716A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105597398A (zh) * 2016-03-09 2016-05-25 佳马机械涂覆科技(苏州)有限公司 一种污水处理设备的颗粒过滤处理装置
CN108159777A (zh) * 2018-01-08 2018-06-15 江苏本川智能电路科技股份有限公司 一种改进的印刷电路板除胶渣缸及其维护方法

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02214511A (en) * 1989-02-14 1990-08-27 Arai Tekkosho:Kk Continuous solid-liquid separator
JPH0429846U (ja) * 1990-06-29 1992-03-10

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02214511A (en) * 1989-02-14 1990-08-27 Arai Tekkosho:Kk Continuous solid-liquid separator
JPH0429846U (ja) * 1990-06-29 1992-03-10

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105597398A (zh) * 2016-03-09 2016-05-25 佳马机械涂覆科技(苏州)有限公司 一种污水处理设备的颗粒过滤处理装置
CN108159777A (zh) * 2018-01-08 2018-06-15 江苏本川智能电路科技股份有限公司 一种改进的印刷电路板除胶渣缸及其维护方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3437209A (en) Continuous centrifugal filter construction
US4412920A (en) Filter with top spray
WO1991012063A1 (en) An apparatus for filtering suspensions and a method of operating the apparatus
JPH0838833A (ja) 濾過分離装置及び方法
KR20020029784A (ko) 회전식 압축 여과기
JPH0796083B2 (ja) 連続濾過用フィルタ
US6030532A (en) Solid-liquid separator and filter
US3275150A (en) Internally fed drum filter
JPH078716A (ja) フィルタ装置
RU2640539C2 (ru) Центробежный сепаратор с ламинарным потоком
US4086169A (en) Lamella separator for sedimenting (gravity separating)
JP2009045610A (ja) ろ過装置
SU1123536A3 (ru) Устройство дл обработки пульпообразной суспензии твердых веществ
JP4546954B2 (ja) 高脱水型回転加圧脱水機
US2204349A (en) Filtering or straining or like treatment of fluids
JPH11285606A (ja) ロ―タリ―ドラム型脱水濾過機
US2946444A (en) Apparatus for continuous filtering
JPH08507967A (ja) 改良されたストレーナ
US4025437A (en) Rotary filter apparatus having slurry agitator
JP5064956B2 (ja) ろ過装置
US5458775A (en) Filtration apparatus for separating solids from liquid containing same
US3390777A (en) Feed-straining continuous centrifugal basket with trash trapping means
KR100437552B1 (ko) 매체를고체함유성분과액체성분으로분리하기위한방법및장치
CA2228340A1 (en) Solid-liquid separator and filter
RU2072246C1 (ru) Фильтр-сушилка