JPH0784840B2 - スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法 - Google Patents

スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法

Info

Publication number
JPH0784840B2
JPH0784840B2 JP62032737A JP3273787A JPH0784840B2 JP H0784840 B2 JPH0784840 B2 JP H0784840B2 JP 62032737 A JP62032737 A JP 62032737A JP 3273787 A JP3273787 A JP 3273787A JP H0784840 B2 JPH0784840 B2 JP H0784840B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
segment
plate
filling
steel
plates
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP62032737A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63201299A (en
Inventor
宗孝 大関
洋樹 染谷
博英 橋本
Original Assignee
石川島建材工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 石川島建材工業株式会社 filed Critical 石川島建材工業株式会社
Priority to JP62032737A priority Critical patent/JPH0784840B2/ja
Publication of JPS63201299A publication Critical patent/JPS63201299A/ja
Publication of JPH0784840B2 publication Critical patent/JPH0784840B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 「産業上の利用分野」 本発明は、例えばトンネル等の切削穴を構築する際に掘
削穴の覆工用として使用されるスチールセグメントおよ
びこのスチールセグメントを使用したトンネルの施工方
法に関するものである。
「従来の技術」 鉄道用トンネルや地下道、上下水道などの地下構造物を
構築する場合には、たとえばシールド掘進機により地山
を掘削し、この掘削された穴の内面に、コンクリート製
あるいはスチール製のセグメント(一次覆工材)を円環
状に組み立てて筒状壁体を形成し、この一次覆工のセグ
メントの背面、すなわちセグメントと地山との間にその
間隙(空隙)を埋める充填材を充填した後、この一次覆
工の内面にコンクリートを巻き立て(二次覆工)、それ
らによって地山を支持して、所定のトンネル内空を構成
する、という方法が一般に行なわれている。
前記一次覆工に用いられるセグメントのうち、コンクリ
ートセグメントとしては、例えば主体がコンクリートよ
りなる円弧版状のセグメント本体と、該セグメント本体
の四つの接合面(両側面および両端面)に埋設した接続
用の継手金具とを備えた構成のものが提供されており、
組み立てに際しては、前記継手金具を利用し周方向およ
び軸方向に順次連結されて筒状に組み立てられるように
なっている。
一方、前記スチールセグメントとしては、互いに対向配
置されかつスチールセグメントの両端面を形成する一対
の端板と、両側面を形成する一対の円弧状の側板と、こ
れら端板と側板とで組み立てられた枠体の凸面側に一体
に張設されたスキンプレートとから構成され、全体とし
てほぼ円弧版状に形成されたものが提供されており、組
み立てに際しては、前記端板および側板の所定位置に間
隔をおいて設けられたボルト孔を利用してボルト止めさ
れ、円環状に組み立てられるようになっている。
「発明が解決しようとする問題点」 ところで、このようなセグメント(コンクリートセグメ
ント、スチールセグメントなど)を用いたトンネル施工
方法にあっては、その組み立て作業性や施工性、経済性
などの点を考慮した場合、版厚をなるべく薄くして軽量
にする方が好ましいのであるが、版厚の薄いセグメント
を使用してトンネル等を構築すると、鉛直方向のたわみ
が増加してその分、曲げモーメントに基づく応力の集中
が大きくなるために、たとえばコンクリートセグメント
であると、セグメントの四隅部分や継手金具回りなどに
クラックや欠けが発生し易くなる問題がある。また、こ
のようなクラックや欠けの問題は、たとえばシールド掘
進機内で組み立てられたセグメントが掘進機の前進動の
ための反力受けなどとして利用される際にも発生するお
それがあった。
なお、従来構造のスチールセグメントでは、セグメント
の軽量化が図れる反面、大口径のトンネルの施工には適
さず、セグメント自身の腐食等に対する配慮が必要であ
る。
一方、前記説明したようなトンネル施工方法にあって
は、セグメントによる一次覆工をした後充填材注入(グ
ラウト作業)を行い、さらに二次覆工を行うというよう
に、覆工作業に手間がかかる上、一次覆工と二次覆工と
の付着性を図る配慮も必要である。
また、掘削穴の覆工にあたっては、一次、二次覆工相互
の荷重分担についての推定が困難であることから、一次
覆工の掘削穴の覆工構造の主体として、地山に作用する
荷重に対して抵抗できるようにすることが一般的である
が、このためにこの一次覆工を担うセグメントが重厚な
ものとなり、覆工作業および運搬作業を効率の悪いもの
としていた。
本発明は前記の事情に鑑みてなされたもので、掘削穴の
覆工作業を容易ならしめ、しかも強固な覆工壁を形成し
得るスチールセグメントおよびスチールセグメントを使
用したトンネルの施工方法を提供することを目的とする
ものである。
「問題点を解決するための手段」 そこで第1発明のスチールセグメントは、対向配置され
た長方形状の端板と、円弧状の側板とにより組み立てら
れた枠体の凸面側にスキンプレートを張設したセグメン
ト本体と、このセグメント本体の凹面側に凹面側より着
脱自在に取り付けられこのセグメント本体の凹所を覆う
蓋板とを具備し、かつ、前記蓋板に蓋板とセグメント本
体とで形成される内部空間に充填材を充填するための注
入孔を設けるようにしたもので、鋼製セグメント本体の
凹所に充填材を充填し得る構成として、セグメント全体
の強度向上を図り、クラックや欠け等の発生を防止する
ようにしたものである。
また、第2発明のトンネルの施工方法は、対向配置され
た長方形状の端板と、円弧状の側板とにより組み立てら
れた枠体の凸面側にスキンプレートを張設したセグメン
ト本体を用い、該セグメント本体を掘削穴の周方向に沿
って組み立てつつ軸方向に連結して筒状壁体を構築し、
次いで、前記セグメント本体と掘削穴との間隙に充填材
をグラウトするとともに、前記セグメント本体の凹所を
蓋板により覆い、さらにセグメント本体と蓋板とで形成
される内部空間に充填材を充填するようにして、筒状壁
体の構築時には、セグメント本体および蓋板の組み立て
によって、運搬、型組み時の作業の負担を軽減させ、筒
状壁体の構築後、セグメント本体と蓋板とで形成される
内部空間に充填材を充填することによって、セグメント
覆工の強度を向上させるようにしたものである。
「実施例」 以下、本発明の実施例を図面を参照しながら説明する。
第1図ないし第3図は本発明によるスチールセグメント
の一実施例を示すものである。
図中、全体として符号1で示すものがスチールセグメン
トである。このスチールセグメント1は、全体として円
弧版状を呈するセグメント本体2と、このセグメント本
体2の凹所を覆う蓋板3とを主体として構成されてい
る。
そして、前記セグメント本体2は、対向配置された長方
形状の端板4と、円弧状の側板5とを溶接して組み立て
た枠体の凸側(第1図下側)外周面に、スキンプレート
6を溶接した構造となっており、また、前記側板5、5
間に複数(図示例では4個)の縦リブ7が互いに平行に
差し渡されるとともに、各端板4および側板5にはボル
ト止めに利用されるボルト孔8が間隔をおいて複数設け
られている。
そして、前記各端板4および側板5のそれぞれの内面に
は、その長さ方向に沿ってセグメント本体2の内面を一
周する帯鋼板9が溶接等の手段によって一体に取り付け
られており、その上面に蓋板3が一体に定着されるよう
になっている。
また、この帯鋼板9はセグメント本体2の剛性を高める
とともに蓋板3と、端板4および側板5との間隙からの
充填材の漏洩を防止するようになっており、円弧状の側
板5に沿う帯鋼板9にはその長さ方向に沿って貫通孔
(ボルト孔)9aが形成され、帯鋼板9の裏面に、第3図
など示すように、この貫通孔9aに連続するねじ穴をもっ
たナット10が溶接によって一体に固定されている。
一方、前記帯鋼板9はその取付位置を縦リブ7の上端よ
りも上方に位置させて固定され、これにより充填材がセ
グメント本体2と蓋板3とで形成される内部に全て充填
されるようになっている。なお、前記充填材の充填を良
くするために縦リブ7に表裏に連通する切欠孔等を設け
る構成としても良い。
前記セグメント本体2のスキンプレート6の中央には、
グラウトホール11aを形成する筒体11が一体に設けられ
ている。この筒体11の構造は従来公知のもので、たとえ
ばその内面にグラウト注入用のパイプ(ホース)が螺合
されるようにめねじなどが形成されたものであり、また
エレクタ装置の吊り金具が嵌合されるものである。
次ぎに、前記セグメント本体2の凹所を覆う蓋板3につ
いて説明すると、この蓋板3はセグメント本体2の内面
に沿って一定の曲率で湾曲形成された鋼製のもので、そ
の一部にはセグメント本体2と蓋板3とで形成される内
部空間に充填材を充填するための注入孔12が形成され、
該注入孔12には蓋板3の裏面と一体のソケット13が連通
している。このソケット13は充填材を注入するパイプを
嵌合するもので、その内面にはたとえば前記パイプを固
定し得るようにめねじ等が形成されている。
また、前記蓋板3の帯鋼板9のボルト孔9aに対応する位
置には定着孔3aが設けられ、この蓋板3を固定するボル
ト15が挿入されるようになっている。なお、前記定着孔
3aは、第3図に示すように、帯鋼板9のボルト孔9aより
も大径に形成されており、これにより蓋板3の成形誤差
等を許容して、蓋板3の組み付けを容易に実施すること
ができるようになっている。
また前記実施例では、セグメント本体2の内側に帯鋼板
9を設けてこの帯鋼板9に蓋板3をボルト止めする構成
としているが、蓋板3は縦リブ7にボルト止めする構成
としても良い。なお、前記蓋板3と帯鋼板9との間にパ
ッキン等を介在させる構成とすれば、セグメント本体2
内に充填する充填材の漏洩防止を一層確実にすることが
できるので好ましい。
また、第3図において符号16で示すものはボルト15の頭
部と帯鋼板9との間に介在させるラージワッシャであ
る。
次に、前記のように構成されたスチールセグメント1を
使用した第2発明のトンネル施工方法の実施例について
第4図を参照して工程順に説明する。なお、以下の説明
ではシールド掘進機により掘削穴を形成し、この内面を
前記スチールセグメント1により覆工する構成としてい
るが、掘削穴の形成はシールド掘進機に限らず、他の手
段であっても良い。
(i)筒状壁体の構築 シールド掘進機により地山を掘削し、その掘削した掘削
穴の壁面にセグメント本体2の覆工を行う。このセグメ
ント本体2の覆工作業は、従来のシールド工法で採用さ
れているセグメント(たとえばコンクリートセグメン
ト、スチールセグメント等)のものと何等変わるところ
はない。すなわち、シールド掘進機内でエレクター装置
によりセグメント本体2を把持して、該セグメント本体
2を円環状に組み立てつつ軸方向に順次連結して施工す
るものである。この作業は、端板4、側板5およびスキ
ンプレート6で形成された鋼製のセグメント本体2をト
ンネル内部に運搬して、エレクター装置により組み付け
る作業であり、前記セグメント本体2はコンクリートセ
グメント等に比して軽量であるから、運搬、組立時の作
業性が良好で、その作業能率の向上を図ることができ
る。
なお、前記において、セグメント本体2を軸方向に連結
する場合には、既に覆工されたセグメント本体2の前端
にシールド掘進機の推進ジャッキの反力をとって掘削推
進した後、推進ジャッキの短縮した所に、前記反力とし
て利用したセグメント本体2に隣接させて新たにセグメ
ント本体2を据え付ける方法が適用される。
また、セグメント本体2どうしの接続作業としては、た
とえばセグメント本体2を周方向に接続する場合、セグ
メント本体2の両端板4を互いに対面させておき、端板
4のボルト孔8にボルト20を挿入して、これをナット21
により締め付ければ良い。セグメント本体2を軸方向に
接続する場合にも同様である。なお、必要に応じて、セ
グメント本体2どうしの間に止水用のパッキン等を介在
させることは言うまでもない。
(ii)充填材のグラウト このようにして、セグメント本体2が掘削穴の内面に沿
って1列ないしは数列分円環状に組み立てられ、筒状壁
体が形成されたら、この筒状壁体の背面、すなわち掘削
穴の内面とセグメント本体2との間隙にモルタル等の充
填材をそのグラウト孔11aから注入する。
この充填材の充填作業は図示しないモルタルポンプによ
り充填パイプ(ホース)を介して行い、等圧分岐装置等
によって複数本のホースを使用して数箇所同時充填す
る。
(iii)蓋板の組み付け 以上のように前記間隙に充填材が充填されたならば、次
いで、グラウト作業の終わったセグメント本体2の凹所
を蓋板3により覆い、セグメント本体2の帯鋼板9にボ
ルト止めする。この作業は、蓋板3を帯鋼板9に沿わせ
てボルト15をラージワッシャ16を介して帯鋼板9のナッ
ト10に螺合する単純作業であり、蓋板3の定着孔3aの内
径が帯鋼板9の貫通孔9aの内径よりも大きく形成されて
いるので、簡単に蓋板3を取り付けることが可能であ
る。
また、蓋板3の組み付けによって、トンネル内面を平滑
にでき、トンネルの粗度係数を小さくすることができ
る。
(iv)充填材の充填 そして、前記蓋板3の注入孔12からセグメント本体2と
蓋板3とで形成される内部空間にモルタル等の充填材を
充填する。この充填材の充填作業も、前記グラウト作業
と同様にモルタルポンプなどによりホースを介して行
う。
セグメント本体2と蓋板3とで形成された内部空間に打
設された充填材は、硬化することによりスチールセグメ
ント1の内部にモルタル層を形成し、セグメント本体
2、蓋体3等と一体なる極めて強固な壁体を構成する。
すなわち、地山Gの支持をスチールセグメント1とその
内部のモルタル層の双方が負担することにより、その分
強度が大きくなり、これによりコンクリートセグメント
あるいはスチールセグメントのみで覆工する場合に比
べ、セグメントを薄肉化することができる。また、内部
空間への充填材の充填後は、スチールセグメント1はそ
の内部をモルタル層により覆われ、セグメント本体どう
しを連結するボルト20,ナット21をも埋設するので、こ
れらボルト20,ナット21の緩みもなく、内部を腐食され
るおそれもない。しかも、前記モルタル層の外側全面が
鋼製セグメント本体2および蓋板3により被覆された構
成であるから、クラックや欠け等の発生も防止できると
いった利点もある。
以上(i)ないし(iv)の各工程を繰り返し、最先端に
あるセグメント本体2に反力をとってシールド掘進機を
掘削推進させ、覆工完了部に続けてスチールセグメント
1の組立と、充填材の充填作業とを行い、トンネルを完
成させる。
しかして、前記トンネルの施工方法においては、セグメ
ント運搬時、組み付け時の軽量化を図れ、現場施工は無
論、運搬作業等の効率化を実現することができる。
しかも、鋼製のセグメント本体2を組んで、その背面側
にモルタル等の充填材を充填し、セグメント本体2の内
面に蓋板3を取り付け、セグメント本体2と蓋板3とで
形成される内部空間に充填材を充填する手段でもって、
極めて強度の高い覆工壁を形成できるので、強度の面に
おいては特に二次覆工を必要とすることもないが、二次
覆工を必要とする場合には、以下の方法が好適である。
すなわち、第5図を参照してスチールセグメントを使用
したトンネルの施工方法の他の実施例について説明す
る。
本実施例では、スチールセグメント1を構成する蓋板3
の内面に内方に突出するジベル25を設け、二次覆工30の
前記スチールセグメント1に対する付着性を高めるよう
にしたものである。
したがって、本実施例のトンネルの施工方法において
は、セグメント本体2の組立、グラウト作業、蓋板3の
組み付け、充填材の充填作業については前記実施例で説
明した作業と同様であるが、セグメント本体2と蓋板3
とで形成される内部空間への充填材の充填後、トンネル
の内面にコンクリートを巻き立てて二次覆工30を施す。
このような方法によれば、スチールセグメント1とその
内部に充填されたモルタル層とによって、極めて強度の
大きな覆工壁を形成し得る上に、ジベル25を介して二次
覆工30の一次覆工に対する付着性を高めることができ、
強度の大きな覆工壁を提供することができる。
また、スチールセグメント1を構成する蓋板3にジベル
を突設した構成とした場合、二次覆工との一体化を図る
ことができるので、既設セグメントの補修用としてもそ
の効果を発揮させることができる。
なお、前記ジベル25の形状としては、実施例のものに限
らず他の形状であっても良く、たとえばU字状に折り曲
げた鉄筋等を蓋板3の内面に溶接により取り付けるよう
にしても良い。
「発明の効果」 以上説明したように第1発明のスチールセグメントは、
対向配置された長方形状の端板と、円弧状の側板とによ
り組み立てられた枠体の凸面側にスキンプレートを張設
したセグメント本体と、このセグメント本体の凹面側に
凹面側より着脱自在に取り付けられこのセグメント本体
の凹所を覆う蓋板とを具備し、かつ、前記蓋板には蓋板
とセグメント本体とで形成される内部空間に充填材を充
填するための注入孔を設けているので、運搬、組立時等
の部材の軽量化を達成することができ、また、セグメン
ト本体と蓋体との内部にモルタル等の充填材を充填し得
て、強度の大きな覆工壁を構築することができる。ま
た、既設セグメントの補修用としての適用性を向上する
ことができるといった利点もある。
また、第2発明のトンネル施工方法によれば、対向配置
された長方形状の端板と、円弧版状の側板とにより組み
立てられた枠体の凸面側にスキンプレートを張設したセ
グメント本体を用い、該セグメント本体を掘削穴の周方
向に沿って組み立てつつ軸方向に連結して筒状壁体を構
築し、次いで、前記セグメント本体と掘削穴との間隙に
充填材をグラウトするとともに、前記セグメント本体の
凹所を蓋板により覆い、さらにセグメント本体と蓋板と
で形成される内部空間に充填材を充填するような構成と
しているので、覆工壁構築時の作業性を向上させること
ができ、現場施工は勿論、運搬作業等の効率化を実現す
ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図ないし第4図は本発明の一実施例を示すもので、
第1図はスチールセグメントの分解斜視図、第2図はそ
の断面図、第3図は第2図鎖線III円部を拡大した断面
図、第4図はスチールセグメントを組み付けた状態を示
す断面図、第5図は本発明の別の実施例を示す断面図で
ある。 1……スチールセグメント、 2……セグメント本体、3……蓋板、 4……端板、5……側板、 6……スキンプレート、7……縦リブ、 8……ボルト孔、9……帯鋼板、 12……注入孔、13……ソケット。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 橋本 博英 東京都中央区八重洲2丁目6番21号 ロー ズベイ八重洲ビル 石川島建材工業株式会 社内 (56)参考文献 特開 昭51−33818(JP,A) 特公 昭49−30932(JP,B1) 特公 昭50−14458(JP,B1)

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】対向配置された長方形状の端板と、円弧状
    の側板とにより組み立てられた枠体の凸面側にスキンプ
    レートを張設したセグメント本体と、このセグメント本
    体の凹面側に凹面側より着脱自在に取り付けられこのセ
    グメント本体の凹所を覆う蓋板とを具備し、かつ、前記
    蓋板には蓋板とセグメント本体とで形成される内部空間
    に充填材を充填するための注入孔が設けられていること
    を特徴とするスチールセグメント。
  2. 【請求項2】対向配置された長方形状の端板と、円弧状
    の側板とにより組み立てられた枠体の凸面側にスキンプ
    レートを張設したセグメント本体を用い、該セグメント
    本体を掘削穴の周方向に沿って組み立てつつ軸方向に連
    結して筒状壁体を構築し、次いで、前記セグメント本体
    と掘削穴との間隙に充填材をグラウトするとともに、前
    記セグメント本体の凹所を蓋板により覆い、さらにセグ
    メント本体と蓋板とで形成される内部空間に充填材を充
    填することを特徴とするスチールセグメントを使用した
    トンネルの施工方法。
JP62032737A 1987-02-16 1987-02-16 スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法 Expired - Lifetime JPH0784840B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62032737A JPH0784840B2 (ja) 1987-02-16 1987-02-16 スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62032737A JPH0784840B2 (ja) 1987-02-16 1987-02-16 スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63201299A JPS63201299A (en) 1988-08-19
JPH0784840B2 true JPH0784840B2 (ja) 1995-09-13

Family

ID=12367145

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62032737A Expired - Lifetime JPH0784840B2 (ja) 1987-02-16 1987-02-16 スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0784840B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010106443A (ja) * 2008-10-28 2010-05-13 Nippon Steel & Sumikin Metal Products Co Ltd 立坑又は横坑構築用の壁部材

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0689638B2 (ja) * 1989-10-11 1994-11-09 東日本旅客鉄道株式会社 トンネルの覆工方法
JP2603401B2 (ja) * 1992-06-22 1997-04-23 住友大阪セメント株式会社 泥水シールド機の掘削土の利用工法
JP4869056B2 (ja) * 2006-12-27 2012-02-01 株式会社熊谷組 トンネル覆工方法
JP5327011B2 (ja) * 2009-11-18 2013-10-30 新日鐵住金株式会社 ソイルセメント中詰めセグメント

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS527169B2 (ja) * 1972-07-19 1977-02-28
JPS5344865B2 (ja) * 1973-06-08 1978-12-02
JPS5420206Y2 (ja) * 1974-09-04 1979-07-23

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010106443A (ja) * 2008-10-28 2010-05-13 Nippon Steel & Sumikin Metal Products Co Ltd 立坑又は横坑構築用の壁部材

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63201299A (en) 1988-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4183470B2 (ja) 地下構造物およびその構築工法
OA7252A (fr) Procédé d'obtention de structures creuses telles que conduites, silos ou abris et structures obtenues par ce procédé.
KR20050073776A (ko) 지반안정공법용 조립식 파일
JPH0784840B2 (ja) スチ−ルセグメントおよびスチ−ルセグメントを使用したトンネルの施工方法
JP3554299B2 (ja) 管路埋設工法における合成セグメント
JP2593284B2 (ja) トンネルの覆工構造とその築造方法
JP3096220B2 (ja) 耐圧円筒管及びその敷設方法
JPH10115189A (ja) シールドセグメント
JP3446640B2 (ja) 柔構造式沈埋トンネルおよびその構築工法
JP3011169B2 (ja) シールドトンネルおよびその覆工方法
JP2000002095A (ja) セグメント
JP4041232B2 (ja) 鋼製セグメント
JP4634911B2 (ja) セグメントの連結構造
JP2818078B2 (ja) 水路トンネル内面の補修構造
JPH0617575B2 (ja) 鋼管杭の継杭方法
JP6905813B2 (ja) 合成セグメント及びリング体
JP2651878B2 (ja) 中空構造物及びその製造する方法
CN212225244U (zh) 一种预应力增强式波纹板隧道复合支护结构
JPH07103785B2 (ja) 継手ボルトのいらないセグメント
JP3270699B2 (ja) 地中埋設用中空ボックス
JP2001288992A (ja) シールド工事用セグメントリング、セグメントおよびリング間継手
JP3800465B2 (ja) セグメントおよびこれを用いたシールド工法
JP2612522B2 (ja) トンネル覆工工法及びトンネル覆工構造
JP3350647B2 (ja) 小口径トンネル用スリムライニング工法
JP4271536B2 (ja) トンネル内壁の補修工法

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term