JPH0784763B2 - S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠 - Google Patents

S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠

Info

Publication number
JPH0784763B2
JPH0784763B2 JP62164070A JP16407087A JPH0784763B2 JP H0784763 B2 JPH0784763 B2 JP H0784763B2 JP 62164070 A JP62164070 A JP 62164070A JP 16407087 A JP16407087 A JP 16407087A JP H0784763 B2 JPH0784763 B2 JP H0784763B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
formwork
column
basket
box
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP62164070A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6410837A (en
Inventor
猛 宮崎
知行 岩倉
典明 木村
義博 本田
三吉 足立
邦夫 関根
Original Assignee
東急建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 東急建設株式会社 filed Critical 東急建設株式会社
Priority to JP62164070A priority Critical patent/JPH0784763B2/ja
Publication of JPS6410837A publication Critical patent/JPS6410837A/ja
Publication of JPH0784763B2 publication Critical patent/JPH0784763B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用籠
型枠に関するものである。
[従来技術とその問題点] 従来、鉄骨柱脚の固定工法としては、第8図に示すよう
な、(A)根巻き工法、(B)埋込み工法および(C)
露出型工法等があった。
上記(A)根巻き工法は、まずフーチングと柱脚の一部
の立上がり部分および地中梁を打設し、コンクリートの
強度を確認した後、鉄骨柱の建方を行い、本締め後、根
巻きコンクリートの打設を行う工法である。
また、上記(B)埋込み工法は、フーチングのコンクリ
ート強度を確認した後、鉄骨柱の建方を行い、本締め
後、地中梁の施工を行う工法である。
さらに、上記(C)露出型工法は、まず、柱脚を固定す
るためのアンカーフレームを設置し、コンクリート強度
を確認した後、鉄骨柱の建方を行い、歪直し後、アンカ
ーボルトの締付けを行う工法である。
しかしながら、上記(A)根巻き工法は、根巻部分が露
出するため、デザイン上好ましくないばかりでなく、根
巻部分にコンクリートを後打しなければならず、それだ
け工期が長くなるという問題点がある。
また、上記(B)埋込み工法は、柱脚部を根切りした状
態で鉄骨建方を行なうので、足元が悪く安全上好ましく
なく、また建方構台を必要とする場合があり、さらに、
鉄骨建方後の地中梁の根切り、型枠、鉄筋工事がやりに
くく、柱脚部を根切りした状態での建方のため、作業半
径の大きな重機が必要であり、基礎のコンクリートを打
設後、柱脚建ち上がり及び地中梁の施工前に鉄骨建方を
行うので、鉄骨製作が間に合わなくなる恐れがあり、建
方重機の据付けが根切りぎりぎりの場合には山留鋼材が
必要となる問題点がある。
さらに、上記(C)露出型工法は、アンカーボルトの径
が大きく、アンカーフレームの設置に費用と労力を要す
るという問題点があった。
上記従来工法の問題点を解決するため、本発明者等は、
柱基礎のコンクリート打設時に柱脚埋込部を箱抜きし
て、該箱抜穴に柱脚を挿入しながら鉄鋼柱の建方を行
い、歪直し後、柱脚回りコンクリートを充填して固定す
る鉄骨柱脚の固定工法を開発した。
ところが、従来から一般に使用されている型枠により柱
脚埋込部の箱抜きをすると、後打した柱脚回りコンクリ
ートとの一体化を図ることが難しく、上記新工法が十分
活用されないという問題点があった。
[発明の目的] 本発明は、上記問題点を解決するためになされたもの
で、その目的とするところは、箱抜穴を確実かつ正確に
形成せしめることができ、また、鉄骨柱のベースプレー
トを確実・安定かつ高精度に取り付けることのできるS
造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜層籠型枠を提供す
ることにある。
[発明の構成] 本発明のS造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用籠型
枠は、四隅のコーナーアングルと上下部のアングル枠を
箱型に組んでその周囲にネット型枠を張装して構成され
た籠型枠であって、該籠型枠によって形成される箱抜穴
内に建て込まれる鉄骨柱に付設されたベーズプレートを
受けるための水平面部を上記籠型枠の上部アングル枠に
設けると共に、該水平面部にアンカーボルトの上部を取
り付けて、該アンカーボルトの上端部を水平面部から上
方に突出せしめ、さらに該水平面部のレベルを調整する
ためのレベル調整手段を上記籠型枠の下端部を設けたこ
とを特徴とするものである。
[実施例] 以下、本発明の一実施例について図面を参照しながら説
明する。
第1図において、1は籠型枠であって、四隅のコーナー
アングル1aと上下アングル1b,1cを箱型に組み、その間
に縦横の補強材1dを配し、その周囲および底部にネット
型枠1eを張装して構成されている。
上記補強材1dは、コンクリート打設時にはらみを防止す
るものであって、籠型枠1の大きさに応じて各種太さの
鉄筋、F.B、アングル材等を適宜選択して用いる。
上記ネット型枠1eは、リブラス、パンチングメタル、エ
キスパンドメタル等であってもよい。
上部アングル枠1bは、建込み時の鉄骨性のベースプレー
トを受けるための水平面部を有し、建方用アンカーボル
トの取付用穴1b′があけられている。また、該上部アン
グル1bは、鉄骨建方時のレベルモルタルの代わりにな
る。
上記籠型枠1の下端部には、第1A図に拡大して示すよう
に、レベル調整用のアジャストボルト1fが付設されてい
る。
以上のようにして構成した籠型枠1を、第2図に示すよ
うに、捨コンクルート2上の柱基礎位置に設置する。
尚、該籠型枠1には振止め材1gを取付ける。
籠型枠1をセットすると、次に第3図に示すように、該
籠型枠1の下方にベース筋3を配筋すると共に、側方に
は基礎立上がり柱筋4を配筋する。尚、柱が側柱や隅柱
の場合には、水平アンカー筋等を入れて、柱脚の固定度
を上げるようにするとよい。上記ベース筋3は籠型枠1
をセットする前に配筋してもよい。
続いて、上記籠型枠1の上部アングル1bに明けられてい
る上記穴1b′にアンカーボルト5を取付けると共に、地
中梁用鉄筋6および柱フープ筋7を配筋して、基礎柱型
および地中梁の型枠を組立て、第4図に示すように、コ
ンクリートCを打設する。この場合、先打したコンクリ
ートCが上記籠型枠1のネット型枠1eの網目から一部押
出されて、後述する後打コンクリートとの一体化を図る
ことができる。また、必要に応じて籠型枠1内にも桟木
等によってはらみ防止処理(図示せず)を行ってもよ
い。
先打コンクリートCの硬化後、上記基礎柱型および地中
梁の型枠を解体し、埋戻しを行う。尚、鉄骨性を建込む
までの間、籠型枠1により形成された箱抜部の上方開口
部には、ベニヤ板や鉄板等の適宜養生蓋(図示せず)を
被せて、土砂やゴミ等が入らないよう、また作業安全上
の養生をしておくとよい。
続いて、第5図に示すように、上記籠型枠1内に鉄骨柱
8の柱脚を挿入して、上記アンカーボルト5にベースプ
レート8aを締付け、鉄骨歪み直しを行って、本締めす
る。
最後に、第6図に示すように、柱脚と籠型枠1の隙間に
柱脚回りコンクリートC′を充填して、鉄骨性8の固定
を行う。コンクリートC′の打設前に、箱抜き部を点検
し、土砂、木、その他の有害物の清掃を行なっておく。
直、鉄骨柱がボックス柱の場合には、第7図に示すよう
に、ボックス柱9の柱脚部の上方にコンクリート流込用
の穴9aをあけておくと共に、下端部にもコンクリート充
填穴9bをあけておく。
[発明の効果] (1)四隅のコーナーアングルと上下部のアングル枠を
箱型に組んでその周囲にネット型枠を張装して構成さ
れ、該籠型枠によって形成される箱抜穴内に建て込まれ
る鉄骨柱に付設されたベーズプレートを受けるための水
平面部を上記籠型枠の上部アングル枠に設けると共に、
該水平面部にアンカーボルトの上部を取付て、該アンカ
ーボルトの上端部を水平面部から上方に突出せしめるよ
うに構成されているので、ネット型枠がコーナーアング
ルにより確実かつ安定して保持されるので、箱抜穴を確
実かつ正確に形成せしめることができ、しかも、上部ア
ングル枠の水平面部に鉄骨性のベースプレートを確実か
つ安定して取り付けることが出来る等の利点がある。
(2)上部アングル枠の水平面部の高さレベルを調整す
るためのレベル調整手段を、上記籠型枠の下端部に設け
ているので、上部アングル枠の水平面部の高さレベルを
高精度に調整することができるので、鉄骨柱のベースプ
レートを高精度のレベル位置に取り付けることができる
ことができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は籠型枠の一実施例を示す斜視図、第1A図はその
部分拡大図、第2図は捨コンクリート上に籠型枠をセッ
トした状態を示す図、第3図は各種配筋状態を示す図、
第4図はコンクリートの先打状態を示す図、第5図は鉄
骨性の柱脚部の挿設状態を示す図、第6図は鉄骨性の建
込固定状態を示す図、第7図はボックス柱の建込状態を
示す図、第8図はそれぞれ従来の柱固定工法を示す説明
図である。 1……籠型枠、1a……コーナーアングル、1b……上アン
グル、1b′……取付用穴、1c……下アングル、1d……補
強材、1e……ネット型枠、1f……アジャストボルト、1g
……振止め材、2……捨コンクリート、3……ベース
筋、4……基礎立上がり柱筋、5……アンカーボルト、
6……地中梁用鉄筋、7……柱フープ筋、8……鉄骨
性、8a……ベースプレート、9……ボックス柱、9a……
コンクリート流込用の穴、9b……充填穴、C,C′……コ
ンクリート。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 本田 義博 神奈川県横浜市緑区長津田5−2−33 (56)参考文献 特開 昭61−92265(JP,A) 特開 昭59−192145(JP,A) 実開 昭57−129804(JP,U) 実開 昭60−42845(JP,U) 実開 昭60−42846(JP,U)

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】四隅のコーナーアングルと上下部のアング
    ル枠を箱型に組んでその周囲にネット型枠を張装して構
    成された籠型枠であって、該籠型枠によって形成される
    箱抜穴内に建て込まれる鉄骨柱に付設されたベースプレ
    ートを受けるための水平面部を上記籠型枠の上部アング
    ル枠に設けると共に、該水平面部にアンカーボルトの上
    部を取り付けて、該アンカーボルトの上端部を水平面部
    から上方に突出せしめ、さらに該水平面部のレベルを調
    整するためのレベル調整手段を上記籠型枠の下端部に設
    けたことを特徴とするS造建物に於ける鉄骨柱脚固定部
    の箱抜用籠型枠。
JP62164070A 1987-07-02 1987-07-02 S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠 Expired - Fee Related JPH0784763B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62164070A JPH0784763B2 (ja) 1987-07-02 1987-07-02 S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62164070A JPH0784763B2 (ja) 1987-07-02 1987-07-02 S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6410837A JPS6410837A (en) 1989-01-13
JPH0784763B2 true JPH0784763B2 (ja) 1995-09-13

Family

ID=15786211

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62164070A Expired - Fee Related JPH0784763B2 (ja) 1987-07-02 1987-07-02 S造建物に於ける鉄骨柱脚固定部の箱抜用篭型枠

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0784763B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20010095915A (ko) * 2000-04-12 2001-11-07 배종렬 앵커 설치용 프레임
KR100980623B1 (ko) * 2010-03-30 2010-09-07 김준홍 기초정착틀 및 이를 이용한 마이크로파일의 두부 정착 방법
CN102773913B (zh) * 2011-05-09 2014-07-23 中铁二十一局集团有限公司 电气化铁路接触网支柱杯型基础浇注模具
WO2013013754A1 (en) 2011-07-25 2013-01-31 Merck Patent Gmbh Copolymers with functionalized side chains
CN105781103A (zh) * 2014-12-24 2016-07-20 中国二十冶集团有限公司 一种柱顶倒三角支模及浇筑方法
JP6214103B2 (ja) * 2015-07-31 2017-10-18 東急建設株式会社 既設柱の補強構造および補強工法
JP6214102B2 (ja) * 2015-07-31 2017-10-18 東急建設株式会社 既設柱の補強構造および補強工法

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS57129804U (ja) * 1981-02-06 1982-08-13
JPH0232417B2 (ja) * 1983-04-14 1990-07-20 Tokyu Kensetsu Kk
JPS6042845U (ja) * 1983-09-02 1985-03-26
JPS6042846U (ja) * 1983-09-02 1985-03-26
JPH0379490B2 (ja) * 1984-10-08 1991-12-19 Fujita Kk

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6410837A (en) 1989-01-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4409764A (en) System and method for reinforced concrete construction
US4669234A (en) Prefabricated wall section
US3385015A (en) Built-up girder having metal shell and prestressed concrete tension flange and method of making the same
US4372906A (en) Method and apparatus for pre-casting steel reinforced concrete box-like modules
EP1123443B1 (en) Method for manufacturing a ground slab field and a ground slab field
US8544227B2 (en) Structural support column with base embedded within a foundation and method of forming
TW201100688A (en) Method for producing concrete trestle, concrete trestle, and connecting member
US4059939A (en) Prefabricated building unit
US4972641A (en) Leave-in-place cantilever concrete foundation form
US5609005A (en) Foundation connector for tilt-up concrete wall panel and method of use
US3696177A (en) Method for forming concrete box culverts and the like
KR101397800B1 (ko) 단면증설 및 지중보에 의한 기존 철근콘크리트 모멘트골조 건축물의 내진보강방법
KR20020086506A (ko) 복합 구조 프레임 시스템
US4104844A (en) Method of erecting a building construction
US20070194205A1 (en) Reusable isolation joint form
JP3899366B1 (ja) 箱抜き用型枠及びそれを用いた箱抜き工法
US4127002A (en) Method for forming a concrete piling foundation
JP3959517B2 (ja) 鉄骨階段の取付金物及び取付け方法
US2602321A (en) Method of constructing a prefabricated bridge structure
US5383319A (en) Method of erecting a foundation structure for a building substructure
FI63621B (fi) Saett vid inspaenning av betongpelare i betongsulor samt anordning foer genomfoerande av saettet
JP2999126B2 (ja) 各種機械の据付用基礎架台
FI73919B (fi) Foerfarande foer framstaellning av bansyllar staolbetong och element foer att foerverkliga av foerfarandet.
JP2003293538A (ja) 階段構造及び階段の構築方法
JP2004285581A (ja) 建築物用鉄骨基礎材と該鉄骨基礎材を用いた建築物用コンクリート基礎の形成方法。

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees