JPH0784741A - Method and device for constructing visual interface in data processing system - Google Patents

Method and device for constructing visual interface in data processing system

Info

Publication number
JPH0784741A
JPH0784741A JP11065894A JP11065894A JPH0784741A JP H0784741 A JPH0784741 A JP H0784741A JP 11065894 A JP11065894 A JP 11065894A JP 11065894 A JP11065894 A JP 11065894A JP H0784741 A JPH0784741 A JP H0784741A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
item
step
items
link
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11065894A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2511647B2 (en )
Inventor
Anthony M Peters
Robert J Torres
アンソニー・エム・ピーターズ
ロバート・ジェイ・トレス
Original Assignee
Internatl Business Mach Corp <Ibm>
インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To graphically construct a visual interface in a user interface of a data processing system. CONSTITUTION: A user can construct a GUI item library by adding new items and also copying and editing existing items. GUI items include graphical displays such as an icon (39), windows (30, 31 and 33), a menu bar (43), etc. The user can graphically link selected items among items with each other. A route selection link between the selected items is established when the items are graphically linked with each other. This route selection link makes it possible to call an item from a different item. The user can check items and change from one item to another linked item when each item (which is different from the icon) is shown in a normal form. The user can change an interface structure by graphically releasing or relinking a mutual link between items.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明はデータ処理システム上に目に見えるユーザインタフェースを構築する方法及びシステムに関する。 The present invention relates to a method and system for constructing a user interface visible on a data processing system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ユーザは表示装置、キーボード及びその他の入出力装置を介してデータ処理システムとインタフェースする。 BACKGROUND ART user display device, data processing system interfaced via the keyboard and other input and output devices. データ処理システムの使用を平易にするために、プログラム、例えばアプリケーションプログラムが表示装置に図形表示を与える。 It gives For ease of use of a data processing system, a program, for example, a graphical display application program on a display device. これらの図形表示は図形ユーザインタフェース(GUI) と呼ばれる。 Display these shapes is called a graphical user interface (GUI).

【0003】人気のある1つのGUI は表示装置上のデスクトップの使用である。 [0003] One of the GUI popular is the use of the desktop on the display device. 表示されたデスクトップはその上に、実際の物理的なデスクトップによく似た、複数のオブジェクトを含む。 On the desktop that appears, it was very similar to the actual physical desktop, including a plurality of objects. これらのオブジェクトはアイコン及びウィンドウとして図形表示される。 These objects are graphic display as icons and windows. 各ウィンドウはメニューバー、フレーム、プルダウンメニュー等のような複数のエレメントを有する。 Each window has a plurality of elements such as the menu bar, the frame, a pull-down menu. 図形表示は相互に接続される。 Graphic display are connected to each other. 従って、エンドユーザは、関連したウィンドウが表示される、アイコンを選択できる。 Thus, the end user, the associated window is displayed, can be selected icon. そしてエンドユーザは該ウィンドウ上の、別のウィンドウが表示される、 The end user on the window, another window is displayed,
プッシュボタンを選択できる。 You can select a push button. 該ウィンドウ上の特定の表示を選択することにより、エンドユーザは所望の(例えば、カレンダーエントリを分類する)機能に分岐できる。 By selecting a particular display on the window, the end user can branch to a desired (e.g., to classify the calendar entries) function.

【0004】プログラム開発者はエンドユーザに提示される図形ユーザインタフェースを表示装置に構築する。 [0004] The program developers to build on the display device a graphical user interface that is presented to the end user.
従来の技術では、GUI を自動的に構築する、ある限られた手法及びツールを提供するキットがある。 In the prior art, automatically building a GUI, there is a kit that provides a limited approach and tools. 従来の技術の手法及びツールにより目に見えるエレメント又はアイテムからGUI を構築することはできない。 It is not possible to build a GUI from the elements or items visible by conventional techniques of techniques and tools. それゆえ、従来の技術によるGUI の構築は時間を要するプロセスである。 Therefore, the construction of GUI according to the prior art is a process that requires time. また、構築されたインタフェースを検査するためにプログラム開発者は幾つかの手順を経なければならない。 In addition, program developers to inspect the constructed interface must go through several steps.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は目に見えるインタフェースを図形的に構築しうる方法及びシステムを提供することにある。 The object of the present invention is to solve the above is to provide a method and system capable of constructing an interface visible graphically.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】本発明は、データ処理システムのユーザインタフェース上に複数の図形ユーザアイテムを設けることにより、目に見えるインタフェースをデータ処理システム上に構築する。 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention, by providing a plurality of graphical user items on the user interface of a data processing system, builds an interface visible on a data processing system. ユーザインタフェース上で少なくとも2つの図形ユーザインタフェースアイテムを図形的にリンクすることができる。 It can be graphically linked at least two graphical user interface items on the user interface. 図形的にリンクされたアイテムの間に経路選択リンクが設定される。 Routing link between items that have been graphically link is established.

【0007】本発明により、新しいアイテムを加え且つ既存のアイテムをコピーし編集することにより、ユーザはGUI アイテムのライブラリを構築できる。 [0007] The present invention, by copying edit and existing item added new item, the user can build a library of GUI item. GUI アイテムはアイコン、ウィンドウ、メニューバー、プッシュボタン、プルダウンメニュー、ポップアップメニュー、リスト領域等を含む。 GUI items include icon, window, menu bar, push buttons, pull-down menus, pop-up menu, a list region, and the like. GUI アイテムは、そのアイテムを表示することにより、ユーザに提供される。 GUI item by displaying the item is provided to the user. ユーザは選択されたアイテムを図形的に相互にリンクできる。 The user can graphically interlinked the selected items. 例えば、アイコンとウィンドウとが図形的にリンクされる。 For example, the icon and the window is graphically link.
アイテムが図形的に相互にリンクされるとき、アイテム間の経路選択リンクが設定される。 When an item is graphically interlinked, routing links between items are set. これは1つのアイテムを別のアイテムから呼出すことを可能にする。 This allows the calling one item from another item.

【0008】本発明によりユーザは図形的な目に見える手法を用いてユーザインタフェースを構築できる。 [0008] In accordance with the present invention a user can build a user interface by using a technique that looks into a graphical eye. インタフェースの構築が簡略化され且つインタフェースの構築に要する時間が短縮される。 Construction of the interface is faster time to build simplified and interfaces.

【0009】本発明の1つの局面では、ユーザインタフェース上に提供されるユーザインタフェースアイテムはアイコン形式のアイテムで表示される。 [0009] In one aspect of the present invention, the user interface items provided on the user interface is displayed in the item icon format.

【0010】本発明の別の局面では、図形リンクは、その一端をソースアイテムに固定し且つ他端を目標アイテムに移動することにより実現される。 [0010] In another aspect of the present invention, graphic link is implemented by moving the fixed and the other end to one end to the source item to the target item.

【0011】本発明の1つの局面では、ユーザは構築されたインタフェースを検査できる。 [0011] In one aspect of the present invention, the user can inspect the interfaces built. 構築されたインタフェース即ちインタフェース構造を検査するとき、アイテムはアイコン形式ではなく完全な形式で表示されるので、ユーザは普通に表示されているアイテムを見ることができる。 When inspecting the constructed interface or interface structure and item because it is displayed in a complete form, rather than as icons, the user can see the items that are normally displayed.

【0012】本発明の更に別の局面では、関連した経路選択リンクが解かれるとき、選択されたアイテムの図形リンクが解かれる。 [0012] In yet another aspect of the present invention, when the routing links relevant is solved is solved the graphic links of the selected item.

【0013】 [0013]

【実施例】図1は本発明を実施できるデータ処理システム11の概要図を示す。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 shows a schematic diagram of a data processing system 11 that can implement the present invention. データ処理システム11は、ローカルエリアネットワーク(LAN) 15で相互に接続されている複数の個別のコンピュータ即ちワークステーション13を含む。 Data processing system 11 includes a plurality of individual computer or a work station 13 which are interconnected by a local area network (LAN) 15. 各ワークステーション13は、表示画面17及びキーボード19を有する、ユーザインタフェースを備える。 Each workstation 13 includes a display screen 17 and a keyboard 19, a user interface. 各ワークステーション13は記憶装置21及びプリンタ又は出力装置23にも接続される。 Each workstation 13 is also connected to a storage device 21 and a printer or output device 23. 本発明に従って、前記記憶装置21の少なくとも1つが用いられ、データ処理システム In accordance with the present invention, at least one used in the storage device 21, a data processing system
11内の任意のユーザにより周期的にアクセスしうるアプリケーション又は資源オブジェクトを記憶できる。 Can store applications or resource objects may be periodically accessed by any user within 11.

【0014】データ処理システム11は、通信リンク27によりワークステーションの1つに接続される、メインフレーム又はホストコンピュータ25を含むことができる。 [0014] Data processing system 11, the communication link 27 is connected to one of the workstations may include a mainframe or host computer 25.
ホストコンピュータ25は、コンピュータの遠隔記憶装置として動作できる記憶装置29にも接続されることがある。 The host computer 25 may be connected to a storage device 29 capable of operating as a remote storage device of the computer.

【0015】プログラム開発者は本発明を用いて目に見えるユーザインタフェースを構築できる。 [0015] The program developers can build a user interface that looks to the eye using the present invention. 一般に、ユーザインタフェースの構築は図形ユーザインタフェースを設け、そして選択されたアイテムを所望の方法で図形的にリンクすることを含む。 In general, the construction of the user interface comprises providing a graphical user interface, and graphically linked selected items in a desired manner. インタフェースが構築された後、そのインタフェースの動作特性を確定するための検査を行うことができる。 After the interface is built, it can be inspected to determine the operating characteristics of the interface.

【0016】例えば、画面17に表示されるインタフェース構築者のウィンドウ30の概要が図2に表示されている。 [0016] For example, an overview of the window 30 of the interface builder to be displayed on the screen 17 is displayed in Figure 2. 種々のエンドユーザ又は図形ユーザインタフェース Various end user or graphical user interface
(GUI)アイテム又は構成要素がウィンドウ30に提示される。 (GUI) items or components are presented to the window 30. ウィンドウ30の左側では、アイテムは互いにリンクされていない。 On the left side of the window 30, the items are not linked to each other. 空のウィンドウ31、プッシュボタン35を有するウィンドウ33、インバスケットアイコン39、ノートブック制御アイコン41、メニューバー43、プルダウンメニュー45、ポップアップウィンドウ47及びカスケードウィンドウ49が示されている。 Empty window 31, window 33 having a push button 35, inbasket icon 39, a notebook control icon 41, a menu bar 43, a pull-down menu 45, a pop-up window 47 and the cascade window 49 is shown. GUI アイテムはウィンドウ30にアイコン形式で表示されている。 GUI items are displayed as icons in the window 30. 例えば、ウィンドウ31はアイコン形式のウィンドウとして表示されている。 For example, the window 31 is displayed as a window of an icon format. 他のタイプの表示されていないGUI アイテムはリスト及びフィールドを含む。 The GUI items that are not visible in the other type contains a list and field.

【0017】GUI アイテムの外に、非GUI アイテムを構築してウィンドウ30に表示することもできる。 [0017] to the outside of the GUI item, it can also be displayed in the window 30 to build a non-GUI item. これらの非GUI アイテムは作業用の目に見えるインタフェースを構築するために図形的にGUI アイテムにリンクさせることができる。 These non-GUI item can be linked to graphically GUI items to build an interface that is visible to the working. 前記非GUI アイテムはソースコード、マクロ、データテーブル、アレイ等を含む。 The non-GUI item includes source code, the macro, data tables, arrays, and the like. 図2には、少なくとも1つのソースコードアイテムを表わす図形アイテム50が示されている。 Figure 2 is graphic item 50 representing at least one source code item are shown. アイテム50はアイコン形式で示されている。 Item 50 is shown as icons.

【0018】プログラム開発者であるユーザはこれらのアイテムを図形的にリンクしてユーザインタフェースを構築する。 [0018] The user is a program developer to build a user interface to link these items graphically. マウスカーソル又はある他の装置を用いて、 Mouse cursor or using some other device,
ユーザは選択されたアイテムを画面の左側から、空いた領域、例えば画面の右側に移動させる。 User from a left side of the screen the selected item, moving vacant region, for example, on the right side of the screen. 画面の移動は、 Movement of the screen,
マウスカーソルをアイテムの位置に置き、マウスボタンをクリックし、そしてアイテムを所望の画面位置にドラッグすることにより行われる。 Place the mouse cursor to the position of the item, it is done by clicking the mouse button, and dragging the item to the desired screen position. アイテムはマウスボタンをリリースすることによりカーソルから解放される。 The item is released from the cursor by releasing the mouse button.

【0019】そして、図形的にこれらのアイテムを相互にリンクさせることにより、所望の構成でアイテムが互いに関連づけられる。 [0019] Then, by graphically linking these items to each other, the item is associated with each other in a desired configuration. これは、マウスカーソルをアイテム、例えばアイコン39A の位置に置いてカーソルをウィンドウ33A に移動させることによって行われる。 This is done by moving the mouse cursor item, the cursor in the window 33A at eg the position of the icon 39A. これはライン51を生成する。 This produces a line 51. ライン51は一方の端がソースアイテム (この実施例では、アイコン39A)に固定され、そして他方の端がカーソルに固定される。 Line 51 (in this embodiment, the icon 39A) one end source item is secured to, and the other end is fixed to the cursor. マウスボタンをリリースすることにより、カーソルの端が目標アイテム By releasing the mouse button, the end of the cursor the target item
(この実施例では、ウィンドウ33A)に固定される。 (In this example, a window 33A) is fixed to.

【0020】ウィンドウ内にメニューバーを置くことにより、ウィンドウ33A にメニューバー43A が設けられる。 [0020] by placing the menu bar in the window, the menu bar 43A is provided in the window 33A. 両者をリンクさせるラインは不要である。 Line to link the two is unnecessary. プッシュボタン35A はもう1つのウィンドウ31A にリンクされる。 It is linked to the push button 35A Hamou one window 31A. ポップアップウィンドウ47Aはウィンドウ33A の顧客領域にリンクされる。 Pop-up window 47A is linked to the customer area of ​​the window 33A. (図2で、リンクされたアイテムはA又はBにより指定される。例えば、アイコン39はリンクされていない。アイコン39を移動して別のアイテムとリンクさせることができる。この場合、アイコン39 (In Figure 2, is linked items are designated by A or B. For example, the icon 39 is not linked. I can move the icon 39 is linked to another item. In this case, icon 39
は図2で39A と表示される。 It is displayed as 39A in FIG. 説明の都合上、図2では同じアイテムがリンクされない形式(39)及びリンクされた For convenience of explanation, it is the form (39) and links in FIG. 2 the same item is not linked
(39A) 形式で表示されている。 (39A) are displayed in the format. )アイテムの各々は編集、移動又はコピーすることができる。 ) Each item editing, can be moved or copied. 例えば、ウィンドウ33がコピーされ、リンクされたウィンドウ33B が生成されている。 For example, window 33 is copied, linked windows 33B is generated.

【0021】コードセグメントアイテム50はウィンドウ [0021] The code segment item 50 window
33B にリンクされる。 It is linked to 33B. コードセグメントアイテム50は、 Code segment item 50,
ユーザインタフェース上でウィンドウ33B を実行するのに必要なソフトウェアを含む。 Including the software necessary to run the windows 33B on the user interface.

【0022】インタフェース構成が図形的に構築された後、ユーザはその構成を検査できる。 [0022] After the interface configuration is constructed graphically, the user can examine the configuration. リンクされたアイテムを表示するために1つのアイテムを選択することにより検査が行われる。 Inspection is performed by selecting one of the items to display the linked items. 例えば、アイコン39A を選択することにより、アイコン方式のウィンドウ33A で表示される実際のウィンドウが表示される。 For example, by selecting an icon 39A, the actual window that is displayed in the window 33A of the icon type is displayed.

【0023】次に、図3乃至図11に示す流れ図により、本発明の方法を説明する。 Next, the flowchart shown in FIGS. 3 to 11, a method of the present invention. これらの流れ図では、下記の図形表示の慣習に従う。 In these flowcharts, according to the graphic display of the conventions described below. 矩形はプロセス、機能又は画面表示を表わす。 Rectangle represents a process, function or screen display. 菱形は判定を表わす。 The diamonds represent the judgment. 円はページに関わりなく流れ図の他の部分に出入りする際の接続子を表わす。 Circles represent the connectors when entering and leaving the other portions of the flow diagram regardless of the page. これらの慣習はユーザインタフェースの当業者であるプログラマにはよく理解されており、これらの流れ図により、当業者であるプログラマは任意の適切なコンピュータプログラミング言語、例えば BASIC、PASCAL These conventions are well understood to programmers of ordinary skill in the art of user interfaces, these flow diagrams, a programmer having ordinary skill in the art any suitable computer programming language, such as BASIC, PASCAL
又はCでコードを記述できる。 Or write code in C. これらの言語は、例えば These languages, for example
IBM パーソナルシステム/2(PS/2)ファミリーのコンピュータによりサポートされる。 Supported by the IBM Personal System / 2 (PS / 2) family of computers.

【0024】図3は本発明の種々の局面にユーザを振り向けるための主たる方法を示す。 [0024] Figure 3 shows the main method for direct the user to the various aspects of the present invention. これらの局面は図4乃至図11の流れ図で示す。 These aspects shown in the flowchart of FIGS. 4 to 11. 図3で、この方法はステップ In Figure 3, the method steps
61でユーザに呼出されたときに開始する。 To start when it is called to the user in 61. データ処理システムは既に始動されている。 Data processing system is already started. この方法の呼出しは、例えば、よく知られたキーを押すか又は図3の方法を表わすアイコンを選択するだけでよい。 Invocation of this method, for example, need only select an icon indicating whether or method of FIG. 3 pushes the well known key. この方法が呼出されると、図2に示すような、インタフェース構築者のウィンドウ30がステップ63でオープンされる。 When this method is invoked, as shown in FIG. 2, the window 30 of the interface builder is opened in step 63. ウィンドウ30 Window 30
は39、41等のような、ある既存のアイテムを含むことがある。 Sometimes, including existing items, such, that the like 39 and 41.

【0025】ステップ65で、この方法はユーザ入力をモニターする。 [0025] In step 65, this method is to monitor the user input. ステップ69〜79で、この方法は入力のタイプを判定する。 In step 69-79, the method determines the type of input. ステップ67で、この方法はユーザ入力が新しいアイテムを生成すべきかどうかを判定する。 In step 67, the method determines whether to generate a new item user input. ステップ67の結果がイエスの場合、この主たる方法は図4の新規方法に進む。 If the result of step 67 is YES, the main process proceeds to a new method of FIG. ステップ67の結果がノーの場合、この主たる方法はステップ69に進む。 If the result of step 67 is NO, the main process proceeds to step 69.

【0026】ステップ69で、この方法はユーザが選択されたアイテムを編集するべきかどうかを判定する。 [0026] In step 69, the method determines whether to edit the item the user is selected. ステップ69の結果がイエスの場合、この方法は図5の編集方法に進む。 If the result of step 69 is YES, the method proceeds to edit the method of FIG. ステップ69の結果がノーの場合、この方法はステップ71に進む。 If the result of step 69 is no, the method proceeds to step 71.

【0027】ステップ71で、この方法はユーザ入力が2 [0027] In step 71, the method user input 2
つのアイテムを互いにリンクさせるべきかどうかを判定する。 One of determining whether to be linked together item. ステップ71の結果がイエスの場合、この方法は図6のリンク方法に進む。 If the result of step 71 is YES, the method proceeds to link the method of FIG. ステップ71の結果がノーの場合、この主たる方法はステップ73に進む。 If the result of step 71 is NO, the main process proceeds to step 73.

【0028】ステップ73で、この方法はユーザがアイテムの構成を検査するべきかどうかを判定する。 [0028] In step 73, the method determines if the user should inspect the structure of the item. ステップ Step
73の結果がイエスの場合、この方法は図7の検査方法に進む。 If 73 result is yes, the method proceeds to test the method of FIG. ステップ73の結果がノーの場合、この方法はステップ75に進む。 If the result of step 73 is no, the method proceeds to step 75.

【0029】ステップ75で、この方法はユーザがアイテムを移動又はコピーするべきかどうかを判定する。 [0029] In step 75, the method determines if the user should move or copy items. この方法は、ステップ75の結果がイエスの場合は図8の移動/コピー方法に進み、ステップ75の結果がノーの場合はステップ77に進む。 The method of the step 75 proceeds to move / copy process in FIG. 8 in the case of YES, If the result of step 75 is NO the process proceeds to step 77.

【0030】ステップ77で、この方法はユーザ入力が非 [0030] In step 77, this method has a user-input
GUI アイテムをGUI アイテムに連結又は付加するべきかどうかを判定する。 It determines whether to coupling or added GUI item GUI item. ステップ77の結果がイエスの場合、 If the result of step 77 is yes,
この方法は図9及び図10の付加方法に進む。 The method proceeds to additional methods of FIGS. ステップ Step
77の結果がノーの場合、この方法はステップ79に進む。 If the result of 77 is no, the method proceeds to step 79.

【0031】ステップ79で、この方法はユーザがアイテムを印刷するべきかどうかを判定する。 [0031] In step 79, the method determines if the user should print the item. ステップ79の結果がイエスの場合、この方法は図11の印刷方法に進む。 If the result of step 79 is YES, the method proceeds to the printing method of FIG. ステップ79の結果がノーの場合、この方法はステップ81に進む。 If the result of step 79 is no, the method proceeds to step 81.

【0032】ステップ81で、この方法は提供されているユーザ動作のうち、図4乃至図11の方法を呼出しているもの以外は、なんでも実行する。 [0032] In step 81, among the user operation the method has been provided, except those calling the method of FIG. 4 to FIG. 11, be anything executed. ステップ81の後、この方法はステップ65に戻り、ユーザ入力をモニターする。 After step 81, the method returns to step 65 to monitor the user input.

【0033】次に、図4により新規方法について説明する。 Next, the new process will be described with reference to FIG. 新規方法により、ユーザは新たに表示するアイテムを構築できる。 The novel process, the user can construct the items to be newly displayed. 例えば、アイテムのライブラリに関する新しいアイテムをウィンドウ30に設けたいとユーザが欲する場合、図4の新規方法が呼出される。 For example, if the user desires a need to represent new item about the library item to the window 30, a new method of FIG. 4 is called. 図3のステップ65で、新しいアイテムのタイプはモニターユーザ入力により供給できる。 In step 65 of FIG. 3, the type of new items can be supplied by the monitor user input. 図4のステップ91で、新規方法は新しいアイテムのメモリを取得する。 In step 91 of FIG. 4, a new method to get the memory of the new item. ステップ93で、新しいアイテムの、省略時の目に見えるイメージが生成される。 In step 93, the new item, the image is generated that is visible to the default. 例えば、メニューバーアイテムとして、省略時のイメージ43が図2に示すように生成される。 For example, as a menu bar item, the default image 43 is generated as shown in FIG. ステップ95 Step 95
で、表示バッファにアイテムが入れられる。 In, the item is placed in the display buffer. ステップ97 Step 97
で、インタフェース構築者のウィンドウ30に新しいアイテムが表示される(図2参照)。 In the New items are displayed in the window 30 of the interface builder (see FIG. 2). ステップ97の後に、図4の新規方法は図3のステップ65に戻る。 After step 97, the new method of FIG. 4 returns to step 65 of FIG.

【0034】次に、図5により編集方法について説明する。 [0034] Next, a description will be given of the editing method with reference to FIG. 5. 編集方法はウィンドウ30でアイテムを編集するのに用いられる。 Editing method is used to edit an item in the window 30. 図3のステップ65で、編集されるべき特定のアイテムがユーザから与えられる。 In step 65 of FIG. 3, a particular item to be edited is given from the user. 図5のステップ10 The steps of FIG. 5 10
1 で、選択されたアイテムが編集ウィンドウでオープンされる。 1, has been selected item is opened in the edit window. ステップ103 で、編集方法はユーザ入力をモニターして受け入れる。 In step 103, the editing method accept monitors the user input. ユーザ入力は、アイテムの表示の変更又はアイテムに関連したパラメータの変更ができる。 The user input can display change or modify parameters related to the item with item. ユーザ入力はテキスト、例えばコマンドでもよい。 User input text, for example, may be in command.
例えば、アイテムがメニューバーである場合、ユーザはメニューバーでメニュー選択を提供又は編集できる。 For example, if the item is a menu bar, the user can provide or edit menu selection in the menu bar.

【0035】ユーザ入力が受け入れられた後、ステップ [0035] After the user input is accepted, step
105 で、入力を保管すべきか又は使用すべきかが判定される。 In 105, whether to or not to or used storage are determined input. ステップ105 の結果がイエスの場合、ステップ10 If the result of step 105 is yes, step 10
7 で、表示装置上のアイテムの目に見えるイメージが更新される。 7, the image is updated to look in the eyes of the items on the display device. 従って、ユーザはアイテムの変更を見ることができる。 Therefore, the user can see the changes of the item. ステップ107 の後、この方法はステップ103 After step 107, the method steps 103
に戻る。 Back to.

【0036】ステップ105 の結果がノーの場合、この方法はステップ109 に進む。 [0036] If the result of step 105 is no, the method proceeds to step 109. ステップ109 で、この方法はユーザ入力がアイテムをリセットするべきかどうかを判定する。 In step 109, the method determines if the user should input resets the item. ステップ109 の結果がイエスの場合、ステップ If the result of step 109 is yes, step
111 で、アイテムの目に見えるイメージの前の値が復元される。 In 111, the value of the previous image visible item is restored. これはアイテムの変化を取り去る。 This is removing the change of the item. ステップ11 Step 11
1 の後、この方法はステップ103 に戻る。 After 1, the method returns to step 103.

【0037】ステップ109 の結果がノーの場合、この方法はステップ113 に進む。 [0037] If the result of step 109 is no, the method proceeds to step 113. ステップ113 で、この方法はステップ65で与えられた変更が受け入れられるかどうかを判定する。 In step 113, the method determines if the change given at the step 65 is accepted. ステップ113 の結果がイエスの場合、ステップ115 で、メモリに変更を記憶することによりアイテムに変更が加えられ、そして編集ウィンドウがクローズされる。 If the result of step 113 is YES, at step 115, changes to the item by storing the changes in the memory are added, and the editing window is closed. ステップ115 の後、この方法は図3のステップ After step 115, step of the method 3
65に戻る。 Back to 65.

【0038】ステップ113 の結果がノーの場合、ステップ117 で、この方法は編集がクローズされるべきかどうかを判定する。 [0038] If the result of step 113 is NO, at step 117, the method determines whether to edit is closed. ステップ117 の結果がイエスの場合、ステップ119 で、編集及びプロンプト動作がクローズされる。 If the result of step 117 is YES, at step 119, editing and prompt operation is closed. クローズによってイメージの前の値が復元されることはない。 Not the value of the previous image is restored by closing. ステップ119 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 119, the method returns to step 65 of FIG. ステップ117 の結果がノーの場合、ステップ121 で、この方法はステップ105 乃至ステップ119 では与えられなかったユーザ動作を実行する。 If the result of step 117 is no, in step 121, the method performs user operation was not given at step 105 to step 119. ステップ12 Step 12
1 の後、この方法はステップ103 に戻る。 After 1, the method returns to step 103.

【0039】次に、図6によりリンク方法について説明する。 Next, how to link will be described with reference to FIG. リンク方法はソースアイテム(例えば、39A)と目標アイテム (例えば、33A)を関連づけ又はリンクさせるために用いられる。 How to link the source item (e.g., 39A) to the target item (e.g., 33A) is used to associate or link. (別の例として、ソースアイテムがメニューバー43A であり、そして目標アイテムがウィンドウ33A である)。 (As another example, a source item menu bar 43A, and the target item is a window 33A). 図3のステップ65で、ユーザはリンクされるべき最初の即ちソースアイテムを選択する。 In step 65 of FIG. 3, the user selects the first or source item to be linked. 図6のステップ131 で、ソースアイテムが強調表示されるか、さもなければ選択された強調とともに表示される。 In step 131 of FIG. 6, or the source item is highlighted or otherwise displayed with selected emphasis.
ステップ133 で、ポインタ、例えばマウスカーソルがリンク図形(例えば、反転イメージポインタ)に変更される。 In step 133, the pointer, for example, a mouse cursor is linked shapes (e.g., inverted image pointer) is changed to. これは、例えば、マウスボタンを押すことにより実行できる。 This, for example, can be executed by pressing the mouse button. ステップ135 で、ポインタ移動の形式でユーザ入力がモニターされる。 In step 135, user input is monitored in the form of a pointer movement. ステップ137 でポインタ移動が検出される。 Pointer movement is detected in step 137. ステップ137 の結果がノーの場合、ポインタは移動していないので、この方法はステップ135 に戻る。 If the result of step 137 is no, because the pointer is not moving, the method returns to step 135. ステップ137 の結果がイエスの場合、ポインタが移動しているので、この方法はステップ139 に進む。 If the result of step 137 is yes, because the pointer is moving, the method proceeds to step 139.

【0040】ステップ139 で、図形ライン51(図2参照)が生成される。 [0040] In step 139, graphics line 51 (see FIG. 2) is generated. このラインはソースアイテムとポインタを連結する。 This line connects the source item and the pointer. ポインタが移動するとき、ラインの一端はソースアイテムに固定されるが他端はポインタとともに移動する。 When the pointer is moved, one end of the line, but is fixed to the source item and the other end moves with the pointer. 従って、目標アイテムに向かってラインの自由な端をドラッグすることができる。 Therefore, it is possible toward the target item drag the free end of the line.

【0041】ステップ141 で、この方法は図形ラインが終端されるべきかどうかを判定する。 [0041] In step 141, the method determines whether to graphic line is terminated. 終端は、例えば、 Termination, for example,
マウスボタンのリリースによって起きる。 Caused by the release of the mouse button. ステップ141 Step 141
の結果がノーの場合、この方法はステップ139 に戻る。 If the result is NO, and the method returns to step 139.
ステップ141 の結果がイエスの場合、ステップ143 で、 If the result of step 141 is YES, at step 143,
図形ラインの移動が終了する。 Movement of the graphic line is completed. 前にポインタとともに移動したラインの自由な端は、この時点で目標アイテムに固定される。 Free end of the moved line with pointer before is fixed to the target item at this time. 従って、このラインによりソース及び目標アイテムが相互に連結される。 Therefore, the source and target item is linked to each other by this line. ステップ145 で、ソース及び目標アイテムの間の経路選択リンクが設定される。 In step 145, routing link between the source and target item is set.
経路選択リンクは1つのアイテムから、もう1つのリンクされたアイテムへの呼出しである。 The routing links from one item, a call to another linked item. 例えば、アイコン上のマウスポインタが二度クリックされた後、ウィンドウを表示するために経路選択リンクが用いられる。 For example, after the mouse pointer on the icon is clicked twice, routing link is used to display the window. ステップ145 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 145, the method returns to step 65 of FIG.

【0042】次に、図7により検査方法について説明する。 Next, the test method will be described with reference to FIG. インタフェース構築者のウィンドウを用いて構築されたインタフェース構造、例えばメニュートリーを検査しデバッグしたいとユーザが欲するとき、この検査方法が実行される。 Interfaces structure constructed using window interface builder, for example, if you want the user wishes to debug inspect the menu tree, the inspection method is performed. 図3のステップ65で、ユーザは検査すべきインタフェース構造又はオブジェクトを選択する。 In step 65 of FIG. 3, the user selects the interface structure or object to be examined. ステップ151 で、実行可能なオブジェクトのコードが動的に構築される。 In step 151, code executable object is constructed dynamically. これはGUI 及び非GUI アイテムの双方の実行可能なコードを含む。 This includes both executable code of GUI and non-GUI item. ステップ153 で、オブジェクトの検査ウィンドウが表示される。 In step 153, the inspection window of the object is displayed. ステップ155 で、オブジェクトと関連する任意のキーボード又はマウス動作が可能になる。 In step 155, it is possible to any keyboard or mouse operation associated with the object.

【0043】ステップ157で、この方法はユーザ入力をモニターする。 [0043] In step 157, this method is to monitor the user input. ユーザ入力はインタフェース構成要素の選択を含む。 User input including selection of the interface component. 例えば、メニュー、ポップアップウィンドウ及びプッシュボタンを含むオブジェクトについて、ステップ 159、 163及び 167が実行される。 For example, a menu, the object that contains the pop-up window and a push button, step 159, 163 and 167 are executed. ステップ159 Step 159
で、この方法はユーザ入力がメニューバーからの選択を含むかどうかを判定する。 In, the method determines if the user input comprises a selection from the menu bar. ステップ159 の結果がイエスの場合、ステップ161で、メニュー選択と関連したプルダウンメニューが表示される。 If the result of step 159 is YES, at step 161, displays a pull-down menu associated with the menu selection. ステップ159 の結果がノーの場合、ステップ163 で、この方法はユーザ入力がポップアップウィンドウの選択を含むかどうかを判定する。 If the result of step 159 is no, in step 163, the method determines if the user input includes a selection of the pop-up window. ステップ163 の結果がイエスの場合、ステップ165 If the result of step 163 is yes, step 165
で、ポップアップウィンドウが表示される。 In, pop-up window is displayed. ステップ16 Step 16
3 の結果がノーの場合、ステップ167 で、この方法はユーザ入力がプッシュボタンの選択を含むかどうかを判定する。 If 3 result is no, in step 167, the method determines if the user input includes a selection of push buttons. ステップ167 の結果がイエスの場合、ステップ16 If the result of step 167 is yes, step 16
9 で、使用可能な動作が実行される。 9, the available operations are performed. ステップ 161、 1 Step 161, 1
65及び 169が実行された後、この方法はステップ 157に戻る。 After 65 and 169 have been executed, the method returns to step 157. ステップ 161、 165及び 169に表示されるGUIアイテムは、エンドユーザに表示されるようなそれらの通常の形式で表示される外は、アイコン形式では表示されない。 GUI items displayed in step 161, 165 and 169, the outer displayed in their normal form as displayed to the end user is not displayed in icon form. 従って、大きさの揃ったアイコンのようなその図形属性の全てを有するウィンドウが表示される。 Accordingly, the window having all of the graphics attribute, such as an icon having a uniform size are displayed. ステップ167 の結果がノーの場合、この方法はステップ171 に進む。 If the result of step 167 is no, the method proceeds to step 171. オブジェクトが他のアイテムを含む場合、これらのアイテムの選択は他の判定ステップで識別される。 If the object contains other items, the selection of these items are identified by the other determination steps.

【0044】ステップ171 で、この方法は、コード又はそれを検査するためにユーザインタフェースアイテムに従う非GUI アイテム(例えば、図2のアイテム50)を実行したいとユーザが欲するかどうかを判定する。 [0044] In step 171, the method determines whether the non-GUI item according to user interface items to encode or inspect it (e.g., item 50 of Figure 2) the user wants to run the want.

【0045】ステップ171 の結果がイエスの場合、ステップ173 で、命令された動作を実行するために、そのアイテムの実行可能なコードが呼出される。 The result of step 171 if yes, in step 173, in order to perform the commanded operation, executable code for that item is invoked. この実行のための呼出しは非GUI アイテムに埋め込まれている。 Calls for the execution are embedded in non-GUI item. ステップ173 の後、この方法はステップ157 に戻る。 After step 173, the method returns to step 157.

【0046】ステップ171 の結果がノーの場合、ステップ175 で、この方法はユーザが検査を終了したいと欲しているかどうかを判定する。 [0046] If the result of step 171 is NO, at step 175, the method determines whether or not they want want to exit the user inspection. ステップ175 の結果がイエスの場合、この方法は図3のステップ65に戻る。 If the result of step 175 is yes, the method returns to step 65 of FIG. しかしながら、ステップ175 の結果がノーの場合、ステップ17 However, if the result of step 175 is NO, step 17
7 で、他の未指定のユーザ動作が実行される。 7, the user operation of other unspecified is executed. ステップ Step
177 の後、この方法はステップ157 に戻る。 After 177, the method returns to step 157.

【0047】次に、図8により移動/コピー方法について説明する。 Next, move / copy process will be described with reference to FIG. 移動/コピー方法により、ユーザはアイテムと別のアイテムとのリンクを解くことができる。 By moving / copying process, the user can solve a link from an item to another item. 更に、移動/コピー方法により、ユーザはアイテムのコピーを作成できる。 Furthermore, the movement / copy process, the user can create a copy of the item. ステップ181で、この方法は、図3のステップ65からのユーザ入力が、選択されたアイテムを移動すべきかどうかを判定する。 In step 181, the method determines the user input from step 65 of FIG. 3, whether to move the selected item. ステップ181 の結果がイエスの場合、ステップ183 で、この方法はアイテムと既存のオブジェクトとの連結を解く。 If the result of step 181 is YES, at step 183, the method uncoupling of items and the existing object. これはアイテムとオブジェクトの間の経路選択リンクの削除を含む。 This includes the deletion of the path selection link between the items and objects. ステップ185 で、当該アイテムに対する目に見えるリンクが消去される。 In step 185, links visible for the item is deleted. 例えば、図2で、ユーザがウィンドウ31A For example, in FIG. 2, the user window 31A
を移動したいと欲していると仮定する。 It is assumed that they want and want to move the. このウィンドウがマウスカーソルにより選択される。 This window is selected by the mouse cursor. ステップ183 及びステップ185 が実行された後、ウィンドウ31A をプッシュボタン35A とリンクさせるラインが表示から消去される。 After step 183 and step 185 is executed, the line linking the window 31A and the push button 35A is erased from the display. ウィンドウ31A はウィンドウ30の左側にあるアイテムのライブラリに戻すか又は図6のリンク方法を用いて別のアイテムに再びリンクさせてもよい。 Window 31A may also be re-linked to another item using the link method or 6 back to the library item to the left of the window 30. ステップ185 Step 185
の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After, the method returns to step 65 of FIG.

【0048】図8で、ステップ181 の結果がノーの場合、ユーザは選択されたアイテムをコピーしたいと欲する。 [0048] In FIG. 8, when the result of step 181 is no, the user desires wants to copy the selected item. ステップ187 で、この方法はアイテムのメモリを取得する。 In step 187, the method obtains the memory item. ステップ189 で、複製の目に見えるアイテムのイメージが生成される。 In step 189, an image of the item that is visible to the replication is created. ステップ191 で、複製の目に見えるアイテムのイメージが表示バッファに入れられる。 In step 191, the image of the item that appears in the eyes of the duplication is placed in the display buffer.
ステップ193 で、インタフェース構築者のウィンドウ30 In step 193, the window 30 of the interface builder
に複製の目に見えるイメージが表示される。 Image is displayed that is visible to the replication. コピーされたアイテムはリンクされたアイテムのグループでもよく、この場合、リンクは保持される。 The copied items can be a group of linked items, in this case, the link is maintained. ステップ193 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 193, the method returns to step 65 of FIG.

【0049】次に、図9及び図10により付加方法について説明する。 Next, the adding method will be described with reference to FIGS. 非GUI アイテムをGUI アイテムに連結又は付加するために付加方法が用いられる。 Additional methods are used to link or adding a non-GUI item GUI item. 図9のステップ201 で、この方法はユーザが非GUI オブジェクトをオープンしたいと欲するかどうかを判定する。 In step 201 of FIG. 9, the method determines if the user desires wants to open a non-GUI objects. ステップ20 Step 20
1 の結果がイエスの場合、ステップ203 で、ソース又は非GUI オブジェクトがウィンドウにオープンされる。 1 If the result is YES, at step 203, the source or a non-GUI object is opened in the window. ステップ203 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 203, the method returns to step 65 of FIG.

【0050】ステップ201 の結果がノーの場合、ステップ205 で、この方法はインタフェース構築者のウィンドウ30で非GUI アイテムをGUI アイテムに連結したいとユーザが望むかどうかを判定する。 [0050] If the result of step 201 is no, in step 205, the method determines if desired and if the user wishes to connect the non-GUI item GUI item window 30 of the interface builders. ステップ205 の結果がイエスの場合、図10のステップ207 で、ポインタがリンク図形ポインタに変えられる。 If the result of step 205 is YES, at step 207 of FIG. 10, the pointer is changed to the link graphic pointer. リンク図形ポインタは図6のステップ133 で生成されるものに類似することがありうる。 Link graphic pointer may have to be similar to those generated in step 133 of FIG. 6. ステップ209 で、ユーザ入力がモニターされる。 In step 209, user input is monitored. ステップ211 で、この方法はポインタが移動させられるかどうかを判定する。 In step 211, the method determines if the pointer is moved. ステップ211 の結果がイエスの場合、ステップ213 で、図形ラインが生成される。 The result of step 211 if yes, in step 213, the graphic line is generated. このラインはソースアイテムをポインタに連結する。 This line connects the source item to the pointer.

【0051】ステップ215 で、この方法は図形ラインを終端すべきかどうかを判定する。 [0051] In step 215, the method determines whether to terminate the graphic line. ステップ215 の結果がノーの場合、この方法はステップ213 に戻る。 If the result of step 215 is no, the method returns to step 213. しかしながら、ステップ215 の結果がイエスの場合、ステップ21 However, if the result of step 215 is yes, step 21
7 で、図形ラインが終端させられる。 In 7, the graphic line is to end. この時点で、前にポインタとともに移動させられるラインの自由な端は目標アイテムに固定される。 At this point, the free end of the line to be moved along with the pointer before is fixed to the target item. ステップ219 で、GUI アイテム及び非GUI アイテムの間の呼出しが挿入される。 In step 219, the call between the GUI items and non-GUI item is inserted. ステップ219 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 219, the method returns to step 65 of FIG.

【0052】ステップ211 で、結果がノーの場合、ステップ221 で、この方法はユーザ入力がメニュー要求のためかどうかを判定する。 [0052] In step 211, if the result is NO, at step 221, the method determines if for user input of the menu request. ステップ221 の結果がノーの場合、この方法はステップ209 に戻る。 If the result of step 221 is no, the method returns to step 209. しかしながら、ステップ221 の結果がイエスの場合、この方法はソース経路情報のウィンドウを表示する。 However, the result of step 221 if yes, the method displays the window of the source routing information. そして、ステップ225 Then, step 225
で、ソース及び目標アイテム(GUI 及び非GUI アイテム)を連結する図形が表示される。 In the graphic for connecting the source and target item (GUI and non-GUI item) is displayed. ステップ225 の後、 After the step 225,
この方法はステップ219 に進む。 The method proceeds to step 219.

【0053】図9のステップ205 で、結果がノーの場合、この方法はステップ227 に進む。 [0053] In step 205 of FIG. 9, if the result is NO, the method proceeds to step 227. ステップ227 で、 In step 227,
この方法はユーザが新しい非GUI アイテムを生成したいと欲するかどうかを判定する。 This method determines whether the user wants and want to create a new non-GUI item. ステップ227 の結果がイエスの場合、ステップ229 で、ソースオブジェクト又は非GUI アイテムのウィンドウが生成される。 If the result of step 227 is YES, at step 229, the window of the source object or a non-GUI items is generated. ステップ23 Step 23
1 で、ソースオブジェクト、例えばアイコン及びソーステンプレートが生成される。 1, the source object, for example, icons and source template are generated. ステップ231 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 231, the method returns to step 65 of FIG.

【0054】ステップ227 の結果がノーの場合、ステップ233 で、この方法は指定されている他の動作のどれかを実行する。 [0054] If the result of step 227 is NO, at step 233, the method performs any of the other operations that are specified. ステップ233 の後、この方法は図3のステップ65に戻る。 After step 233, the method returns to step 65 of FIG.

【0055】次に、図11により印刷方法について説明する。 Next, the printing method will be described with reference to FIG. 構築されたインタフェースの正しいコピーを取得するためにこの印刷方法が用いられる。 This print method is used to get the correct copy of the constructed interface. ユーザは印刷すべきアイテムを図3のステップ65で選択する。 The user selects an item to be printed at step 65 in FIG. 3. ステップ Step
241 で、これらの選択されたアイテムが書式化される。 In 241, these selected items are formatted.
ステップ243 で、 GUI (又は EUI (エンドユーザインタフェース))構造のダイヤグラムがプリンタバッファに出力される。 In step 243, GUI (or EUI (End-User Interface)) Diagram of the structure is output to the printer buffer. GUI 構造のダイヤグラムは(図2のウィンドウ30の右側に示すような)リンクされたGUI アイテムを示す。 Diagram of GUI structure shows a (as shown in the right pane 30 in FIG. 2) linked GUI item. ステップ245 で、GUI 及び非GUI 構造のダイヤグラムがプリンタバッファに出力される。 In step 245, diagram of GUI and non-GUI structure is output to the printer buffer. 更に、非EUI アイテムのコードリストがプリンタバッファに出力される。 Furthermore, the code list of non EUI item is output to the printer buffer. ステップ 247〜251 で、アイテムが階層順に印刷される。 In step 247-251, the item is printed in hierarchical order. 各ウィンドウのイメージがステップ247 で印刷され、メニュー及びポップアップがステップ249 で印刷され、他のGUI 機能、例えばアイコン、ショートカット、 Image of each window is printed at step 247, the print menu and popup in step 249, another GUI function, for example an icon, shortcut,
メムノニックス、マウス、キーボード、拡張、等がステップ251 で印刷され、そして非GUI アイテムのコードリストも印刷される。 Memunonikkusu, mouse, keyboard, extension, etc. is printed in step 251, and the code list of non-GUI items are also printed. ステップ251 の後、この方法は図3 After step 251, the method 3
のステップ65に戻る。 It returns to the step 65 of.

【0056】 [0056]

【発明の効果】本発明によれば、データ処理システムのユーザインタフェース上に目に見えるインタフェースを構築することができる。 According to the present invention, it is possible to construct an interface visible on the user interface of a data processing system.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明を実施できるデータ処理システムの概要図である。 1 is a schematic diagram of a data processing system capable of implementing the present invention.

【図2】本発明の実施例を示す、コンピュータ画面の概要を表示する図である。 Figure 2 shows an embodiment of the present invention, is a view that displays a summary of the computer screen.

【図3】他の流れ図をアクセスするのに用いられる基幹流れ図である。 3 is a fundamental flow chart used to access the other flow.

【図4】新しいGUI アイテムを生成するための流れ図である。 FIG. 4 is a flow diagram for generating the new GUI item.

【図5】GUI アイテムを編集するための流れ図である。 FIG. 5 is a flow diagram for editing the GUI item.

【図6】GUI アイテムを互いにリンクするための流れ図である。 6 is a flowchart for linking GUI item each other.

【図7】リンクされたアイテム及び非GUI アイテム一緒に検査する流れ図である。 7 is a flow diagram to check with the linked items and non-GUI item.

【図8】表示画面でGUI アイテムを移動又はコピーするための流れ図である。 8 is a flow chart for moving or copying a GUI item on the display screen.

【図9】非GUI アイテムをGUI アイテムに図形的に連結又は付加するための流れ図である。 9 is a flow diagram for graphically linked or attached to a non-GUI item GUI item.

【図10】非GUI アイテムをGUI アイテムに図形的に連結又は付加するための流れ図である。 10 is a flowchart for graphically linked or attached to a non-GUI item GUI item.

【図11】構築されたGUI 構造を印刷するための流れ図である。 11 is a flow chart for printing the constructed GUI structure.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 データ処理システム 13 ワークステーション 15 ローカルエリアネットワーク(LAN) 17 表示画面 19 キーボード 21 記憶装置 23 プリンタ/出力装置 25 メインフレーム/ホストコンピュータ 27 通信リンク 29 記憶装置 30 ウィンドウ 31 ウィンドウ 31A ウィンドウ 33 ウィンドウ 33A ウィンドウ 33B ウィンドウ 35 プッシュボタン 35A プッシュボタン 39 インバスケットアイコン 39A アイコン 41 ノートブック制御アイコン 43 メニューバー 43A メニューバー 45 プルダウンメニュー 47 ポップアップウィンドウ 47A ポップアップウィンドウ 49 カスケードウィンドウ 50 図形アイテム/コードセグメントアイテム 51 ライン 11 Data processing system 13 workstation 15 local area network (LAN) 17 display screen 19 keyboard 21 storage device 23 printer / output device 25 a mainframe / host computer 27 communications link 29 storage device 30 Window 31 Window 31A window 33 Window 33A window 33B window 35 push button 35A push button 39 in the basket icon 39A icon 41 notebook control icons 43 menu bar 43A the menu bar 45 pull-down menus 47 a pop-up window 47A popup window 49 cascade window 50 graphic item / code segment item 51 line

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 ロバート・ジェイ・トレス アメリカ合衆国テキサス州、コレイビル、 ミドウィル・ドライブ 6100番地 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor Robert Jay Torres United States, Texas, Koreibiru, Midowiru drive 6100 address

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】データ処理システム上に目に見えるインタフェースを構築する方法であって、(a)前記データ処理システムのユーザインタフェース上に複数の図形ユーザインタフェースアイテムを提供するステップと、 1. A method of constructing an interface visible to the data processing on the system, providing a plurality of graphical user interface items on the user interface of (a) said data processing system,
    (b)前記ユーザインタフェース上の選択された少なくとも2つの前記図形ユーザインタフェースアイテムを図形的にリンクするステップと(c)前記図形的にリンクされた図形ユーザインタフェースアイテム間の経路選択リンクを設定するステップとよりなる方法。 (B) setting a routing link between steps and (c) the graphically linked graphical user interface item that links at least two of said graphical user interface items selected on the user interface graphically more become way.
  2. 【請求項2】前記ステップ(a)は、新しいアイテムを生成し且つ前記ユーザインタフェース上に前記新しいアイテムを提供するステップを更に含む、請求項1の方法。 Wherein said step (a), the on the user interface and generate a new item further comprises the step of providing a new item, the method of claim 1.
  3. 【請求項3】前記ステップ(a)は、前記アイテムをアイコン形式で表示するステップを更に含む、請求項1の方法。 Wherein said step (a), The method of claim 1, further comprising the step of displaying the items in icon form.
  4. 【請求項4】前記少なくとも2つの図形ユーザインタフェースアイテム及び目標アイテムを含み、前記ステップ(b)は2つの部分を有する図形リンクを提供し、前記図形リンクの1つの部分は前記ソースアイテムに固定され且つ前記図形リンクのもう1つの部分は前記ソースアイテムから前記目標アイテムに移動させるステップを更に含む、請求項1の方法。 Wherein comprises at least two graphical user interface item and the target item, the step (b) provides a graphic link having two portions, one portion of the graphic link is fixed to the source item and another portion of the graphic link further comprises the step of moving the target item from the source item the method of claim 1.
  5. 【請求項5】非アイコン形式で前記アイテムを表示することにより前記リンクされたアイテムを検査するステップを更に含む、請求項1の方法。 5. further comprising the step of examining the items that are the link by displaying the items in non-icon form, method of claim 1.
  6. 【請求項6】前記リンクされたアイテムを検査する前記ステップは、前記リンクされたアイテムのユーザインタフェース入力動作を可能にするステップと、第1のアイテムを表示するステップと、ユーザ入力をモニターするステップと、前記ユーザ入力を受取ると、前記第1のアイテムの表示から、前記第1のアイテムに図形的にリンクされている第2のアイテムの表示に変更するステップとを含む、請求項5の方法。 Wherein said step of examining the items that are the link, the step of monitoring the step of enabling the user interface input operation, and displaying the first item, the user input of the linked items When, upon receiving the user input, wherein the display of the first item, and a step of changing the display of the second item being graphically linked to the first item, the method according to claim 5 .
  7. 【請求項7】前記アイテムのうちの選択された1つを編集するステップを更に含む、請求項1の方法。 7. further comprising the step of editing a selected one of said items The method of claim 1.
  8. 【請求項8】前記アイテムのうちの少なくとも1つを印刷するステップを更に含む、請求項1の方法。 8. further comprising the step of printing at least one of said items The method of claim 1.
  9. 【請求項9】前記ユーザインタフェース上の前記選択されたアイテムの図形的なリンクを解くステップと、前記リンクを解かれたアイテムの間の前記経路選択リンクを取り除くステップとを更に含む、請求項1の方法。 Further comprising 9. A step of solving a graphical link of the selected item on the user interface, and removing said routing links between items that have solved the link, according to claim 1 the method of.
  10. 【請求項10】前記アイテムのうちの少なくとも1つをコピーし、もし複数の前記コピーされたアイテムが図形的にリンクされていれば、前記図形的なリンク及び前記関連した経路選択リンクをコピーするステップを更に含む、請求項1の方法。 10. A copy at least one of the items, if a plurality of the copied item if it is graphically linked, copying the graphical links and routing links to the associated step further comprising the method of claim 1.
  11. 【請求項11】データ処理システム上に目に見えるインタフェースを構築するシステムであって、(a)前記データ処理システムのユーザインタフェース上に複数の図形ユーザインタフェースアイテムを設ける手段と、 11. A system for constructing an interface visible to the data processing on the system, means for providing a plurality of graphical user interface items on the user interface of (a) said data processing system,
    (b)前記ユーザインタフェース上で選択された少なくとも2つの前記図形ユーザインタフェースアイテムを図形的にリンクする手段と、(c)前記図形的にリンクされた図形ユーザインタフェースアイテムの間の経路選択リンクを設定する手段とよりなるシステム。 (B) means for linking at least two of said graphical user interface item has been selected on the user interface graphically, sets the routing link between graphical user interface items that are linked (c) said graphically become more system a means to.
  12. 【請求項12】前記手段(a)は、新しいアイテムを生成する手段及び前記新しいアイテムを前記ユーザインタフェース上に設ける手段を更に備える、請求項11のシステム。 12. The method of claim 11, wherein means (a) further comprises means for providing means and the new items to generate a new item on the user interface system of claim 11.
  13. 【請求項13】前記手段(a)は、前記アイテムをアイコン形式で表示する手段を更に備える、請求項11のシステム。 Wherein said means (a) further comprises means for displaying the items in icon form, the system of claim 11.
  14. 【請求項14】前記少なくとも2つの図形ユーザインタフェースアイテムはソースアイテム及び目標アイテムを備え、前記手段(b)は2つの部分を有する図形リンクを設け、前記図形リンクの1つの部分は前記ソースアイテムに固定され且つ前記図形リンクのもう1つの部分は前記ソースアイテムから前記目標アイテムに移動させることができる手段を更に備える、請求項11のシステム。 14. The method of claim 13, wherein at least two graphical user interface item comprises a source item and the target item, said means (b) is provided with a graphic link having two portions, one portion of the graphic link to the source item another portion of the fixed and the graphic link further comprises means can be moved to the target item from the source item, system of claim 11.
  15. 【請求項15】前記アイテムを非アイコン形式で表示することにより前記リンクされたアイテムを検査する手段を更に備える、請求項11のシステム。 15. further comprising means for inspecting items that are the link by displaying the items in non-icon form system of claim 11.
  16. 【請求項16】前記リンクされたアイテムを検査する前記手段は、前記リンクされたアイテムのユーザインタフェース入力動作を可能にする手段と、第1のアイテムを表示する手段と、ユーザ入力をモニターする手段と、前記第1のアイテムの表示から、前記ユーザ入力を受取ると前記第1のアイテムに図形的にリンクされている第2 It said means 16. inspecting items that are the link includes means for enabling user interface input operation of the linked items, and means for displaying the first item, means for monitoring user input If, from the display of the first item, the are graphically linked to the first item and receiving the user input 2
    のアイテムの表示に変更する手段とを更に備える、請求項15のシステム。 Further comprising The system of claim 15 and means for changing the display of the item.
  17. 【請求項17】選択された前記アイテムの1つを編集する手段を更に備える、請求項11のシステム。 17. further comprising means for editing one of the items selected, the system of claim 11.
  18. 【請求項18】少なくとも1つの前記アイテムを印刷する手段を更に備える、請求項11のシステム。 18. further comprising means for printing at least one of the item, the system of claim 11.
  19. 【請求項19】前記ユーザインタフェース上の前記選択されたアイテムの図形リンクを解く手段と、前記リンクを解かれたアイテムの間から前記経路選択リンクを取り除く手段とを更に備える、請求項11のシステム。 19. The means for solving the graphic link of the selected item on the user interface, and means for removing said routing link between items solved the link system of claim 11, .
  20. 【請求項20】少なくとも1つの前記アイテムをコピーする手段を更に備え、もし複数の前記コピーされたアイテムが図形的にリンクされていれば、前記図形リンク及び前記関連した経路選択リンクをコピーする、請求項1 20. further comprising means for copying at least one of the items, if a plurality of the copied item if is graphically linked, copying the graphic link and routing links to the associated, claim 1
    1のシステム。 1 of the system.
JP11065894A 1993-08-17 1994-05-25 De - visible on data processing system Intafe - How to build a scan and apparatus Expired - Lifetime JP2511647B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US108039 1979-12-28
US10803993 true 1993-08-17 1993-08-17

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0784741A true true JPH0784741A (en) 1995-03-31
JP2511647B2 JP2511647B2 (en) 1996-07-03

Family

ID=22319921

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11065894A Expired - Lifetime JP2511647B2 (en) 1993-08-17 1994-05-25 De - visible on data processing system Intafe - How to build a scan and apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2511647B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6252602B1 (en) 1996-10-08 2001-06-26 Sharp Kabushiki Kaisha Information processing apparatus

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10143347A (en) * 1996-11-06 1998-05-29 Sharp Corp Method for display and operation of data transmission

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03150624A (en) * 1989-11-08 1991-06-27 Fujitsu Ltd Automatic icon generating system
JPH03260721A (en) * 1990-03-09 1991-11-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Data display device
JPH0415753A (en) * 1990-04-28 1992-01-21 Sharp Corp Data base system

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03150624A (en) * 1989-11-08 1991-06-27 Fujitsu Ltd Automatic icon generating system
JPH03260721A (en) * 1990-03-09 1991-11-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Data display device
JPH0415753A (en) * 1990-04-28 1992-01-21 Sharp Corp Data base system

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6252602B1 (en) 1996-10-08 2001-06-26 Sharp Kabushiki Kaisha Information processing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2511647B2 (en) 1996-07-03 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5509116A (en) Graphical user interface management system
US6020886A (en) Method and apparatus for generating animated help demonstrations
US6668370B1 (en) Synchronous execution of object-oriented scripts and procedural code from within an interactive test facility
US5193182A (en) Computer system for defining logical operations on design data including retrieve entity-set, send, receive, signal, when, reference to entity-set, reference to entity method, connect and disconnect
US6466973B2 (en) Method and system for managing storage devices over a network
US5768158A (en) Computer-based system and method for data processing
US5416895A (en) System and methods for improved spreadsheet interface with user-familiar objects
US5692175A (en) Decision modeling and analysis for object oriented data access and analysis system
Hayes et al. Design alternatives for user interface management sytems based on experience with COUSIN
US5642511A (en) System and method for providing a visual application builder framework
US5241645A (en) Computer system for creating and manipulating subsets of dynamic information systems models
US5179700A (en) User interface customization apparatus
US5714971A (en) Split bar and input/output window control icons for interactive user interface
US5506952A (en) Method and system for guiding the formation of a correctly structured instruction for data processing systems
US7017145B2 (en) Method, system, and program for generating a user interface
US6990652B1 (en) System and method for determining methods and properties to be invoked on objects in a graphical program
US5982367A (en) Graphical interface method, apparatus and application for creating a list from pre-defined and user-defined values
US5644334A (en) Status indicators of an improved graphical user interface
US5193183A (en) System for accessing design data of modeler subsystems by reference to partnership set and for dynamically correlating design data of modeler subsystems
US5226117A (en) Method for simultaneous update and change in parent and child windows
US5917730A (en) Computer implemented object oriented visualization system and method
US5911075A (en) Query selection for a program development environment
US5195178A (en) Adaptive window system for dynamically modeling information systems
US6069630A (en) Data processing system and method for creating a link map
US5146591A (en) Dynamic information management system utilizing entity-relationship information model in which the attribute is independent of an entity