JPH07836B2 - 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法 - Google Patents

液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法

Info

Publication number
JPH07836B2
JPH07836B2 JP11436388A JP11436388A JPH07836B2 JP H07836 B2 JPH07836 B2 JP H07836B2 JP 11436388 A JP11436388 A JP 11436388A JP 11436388 A JP11436388 A JP 11436388A JP H07836 B2 JPH07836 B2 JP H07836B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
wire
oil
detergent
agent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP11436388A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01283394A (en
Inventor
武司 河野
Original Assignee
第一工業製薬株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 第一工業製薬株式会社 filed Critical 第一工業製薬株式会社
Priority to JP11436388A priority Critical patent/JPH07836B2/ja
Publication of JPH01283394A publication Critical patent/JPH01283394A/ja
Publication of JPH07836B2 publication Critical patent/JPH07836B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C23COATING METALLIC MATERIAL; COATING MATERIAL WITH METALLIC MATERIAL; CHEMICAL SURFACE TREATMENT; DIFFUSION TREATMENT OF METALLIC MATERIAL; COATING BY VACUUM EVAPORATION, BY SPUTTERING, BY ION IMPLANTATION OR BY CHEMICAL VAPOUR DEPOSITION, IN GENERAL; INHIBITING CORROSION OF METALLIC MATERIAL OR INCRUSTATION IN GENERAL
    • C23CCOATING METALLIC MATERIAL; COATING MATERIAL WITH METALLIC MATERIAL; SURFACE TREATMENT OF METALLIC MATERIAL BY DIFFUSION INTO THE SURFACE, BY CHEMICAL CONVERSION OR SUBSTITUTION; COATING BY VACUUM EVAPORATION, BY SPUTTERING, BY ION IMPLANTATION OR BY CHEMICAL VAPOUR DEPOSITION, IN GENERAL
    • C23C22/00Chemical surface treatment of metallic material by reaction of the surface with a reactive liquid, leaving reaction products of surface material in the coating, e.g. conversion coatings, passivation of metals
    • C23C22/05Chemical surface treatment of metallic material by reaction of the surface with a reactive liquid, leaving reaction products of surface material in the coating, e.g. conversion coatings, passivation of metals using aqueous solutions
    • C23C22/60Chemical surface treatment of metallic material by reaction of the surface with a reactive liquid, leaving reaction products of surface material in the coating, e.g. conversion coatings, passivation of metals using aqueous solutions using alkaline aqueous solutions with pH greater than 8
    • C23C22/63Treatment of copper or alloys based thereon
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C23COATING METALLIC MATERIAL; COATING MATERIAL WITH METALLIC MATERIAL; CHEMICAL SURFACE TREATMENT; DIFFUSION TREATMENT OF METALLIC MATERIAL; COATING BY VACUUM EVAPORATION, BY SPUTTERING, BY ION IMPLANTATION OR BY CHEMICAL VAPOUR DEPOSITION, IN GENERAL; INHIBITING CORROSION OF METALLIC MATERIAL OR INCRUSTATION IN GENERAL
    • C23GCLEANING OR DEGREASING OF METALLIC MATERIAL BY CHEMICAL METHODS OTHER THAN ELECTROLYSIS
    • C23G1/00Cleaning or pickling metallic material with solutions or molten salts
    • C23G1/14Cleaning or pickling metallic material with solutions or molten salts with alkaline solutions
    • C23G1/20Other heavy metals

Description

【発明の詳細な説明】 【産業上の利用分野】
本発明は、伸線加工油用の溶剤を含有しない水系洗浄剤
組成物及び本組成物を利用した洗浄法に関するものであ
る。
【従来の技術】
(背景) 従来、伸線加工時に用いた油や潤滑剤(伸線加工油)の
洗浄には、塩素系溶剤による洗浄、ベンゼン、トル
エン、キシレン等のBTX系溶剤と界面活性剤、場合によ
り鉱酸とによる洗浄が行なわれて来た。の塩素系溶剤
による洗浄法においては、例えばトリクロロエチレンや
パークロロエチレンが用いられ、主として浸漬洗浄法
が、場合により超音波洗浄、ブラッシング、蒸気洗浄法
等が用いられている。またのベンゼン、トルエン、キ
シレン等の所謂BTX系溶剤と非イオン界面活性剤を主体
とする界面活性剤、場合により鉱酸とによる洗浄法で
は、多くの場合浸漬洗浄法が行なわれている。 (従来技術の欠点) しかしながら、上記の如き溶剤主体の従来の洗浄法
(剤)は、環境汚染乃至従業者の健康に対する影響が大
きな問題となっている。 例えば、トリクロロエチレン、パークロロエチレンのよ
うな、これまで洗浄用に広く用いられてきた溶剤は、先
に昭和54年8月、排水濃度目標要請が出されたのに続
き、近くは昭和62年5月化審法の指定化学物質に指定さ
れるなど、その安全性と取扱いが厳しくチェックされる
物質となり、作業環境はもとより、排水に対しても厳し
い対応が要求されている。 同様に、ベンゼン、トルエン、キシレン等のBTX系溶剤
をベースとする洗浄剤も、その成分であるベンゼンは特
定化学物質第2類物質に、トルエン及びキシレンは第二
種有機溶剤に指定されており、これまた従業者の健康に
対する影響乃至火炎の危険等の問題点を有する。
【発明が解決しようとする課題】
従って、溶剤を全く用いない洗浄剤の開発は、公益的観
点からも望ましいが、既往の水性洗浄剤には伸線加工油
の洗浄に有効なものが存在しなかった。この実情を踏ま
え、本発明は、実用的な効果を有する安全な水性伸線加
工油用洗浄剤を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
(概要) 上記課題を解決するため、本発明に係る新規な伸線加工
油用洗浄剤は、水酸化カリウムを5%以上30%以下及び
両性界面活性剤を5%以上30%以下を必須の成分として
含む水性液であることを特徴とする。 (必須成分) 本発明剤を構成するアルカリ剤は、水酸化カリウムであ
る。 両性界面活性剤は、炭素数8〜22の飽和若しくは不飽和
アルキル基から構成されたアルキルカルボキシベタイン
型、アルキルアミノカルボン酸型又はアルキルイミダゾ
リン型から選ばれたものが好ましい。 本発明洗浄剤は、上記水酸化カリウム及び両性界面活性
剤が、残りの必須成分である水の中に溶解又は分散した
水性液である。 (付加成分) しかしながら、所望により、付加成分として、キレート
剤、アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤、消泡剤
等を共存させることができる。 (配合比率) 本発明洗浄剤において、必須成分である水酸化カリウム
及び両性界面活性剤共に、組成物中5重量%未満では実
用的洗浄効果を発揮されず、また30重量%超過でも実用
性のある安定な液体組成物が得られない。 (使用法) 本発明洗浄剤は、浸漬洗浄法、超音波洗浄、ブラッシン
グ、電解洗浄法等、一切の公知洗浄法に利用できるが、
普通は前三方法が好適である。但し使用に際しては原液
をそのまま使用するよりは、10%程度の稀釈水溶液の形
で使用するのが好ましい。なお、洗浄後は、温水による
スプレーリンスが洗浄液を能率的に除去するのに効果的
である。
【作用】
本願洗浄剤は、以下実施例(使用例)の示すごとく、金
属線剤に付着した加工油や潤滑剤の洗浄に優れた効果を
発揮する。この洗浄機序の本態は不明であるが、恐らく
水酸化カリウムと両性界面活性剤が、互いに何等かの相
乗作用を営むものであろう。ともあれ、水酸化カリウム
が5%以上30%以下、及び両性界面活性剤が5%以上30
%以下の範囲の水性伸線加工油洗浄剤は、洗浄性と安定
性の両面で均衡の取れた優れた洗浄剤である。これに反
し、水酸化カリウム又は両性界面活性剤が5%未難又は
30%超過となると、均質安定な洗浄剤が得難くなり、か
つ効果の点でも、実用性に欠けるようになる。
【実施例】
以下、実施例及び比較例により発明実施の態様及び効果
につき例示するが、勿論これらは説明用のものであっ
て、発明思想の範囲を画するものであはない。 製造例1〜3及び比較製造例1〜7 下表−1の処方に従って、発明洗浄剤及び比較洗浄剤を
製造した。得られた洗浄剤の安定性を表−1に続き表−
2として示す。 使用例1及び比較使用例1〜2(銅線洗浄試験) 前記製造例及び比較製造例の洗浄剤を用い、下の通り、
銅線の洗浄試験を行なった。 (1) 付着伸線加工油 a.炭化水素油 b.ステアリン酸カルシウム (2) 洗浄方法 浸漬洗浄法 洗浄温度:70℃、洗浄時間 10秒 (3) リンス法 流水湯洗 リンス温度:45℃、リンス時間:5秒 (4) 評価方法 拭き取り法 (5) 試験結果 下表−3の通り。 (6) 評価 発明洗浄剤1と対比して、比較洗浄剤1は、水酸化カリ
ウムが少量のため効果劣る。比較洗浄剤4は両性活性剤
が多量のため製品安定性に劣る。 使用例2及び比較使用例3〜5(硬鋼線洗浄試験) (1) 付着伸線加工油 a.フッ素樹脂、b.ステアリン酸カルシウム、c.二硫化
モリブデン (2) 洗浄方法 浸漬洗浄法 浸漬洗浄洗浄温度:85℃、洗浄時間 30秒 (3) リンス法 スプレーリンス(2Kg/cm2) リンス温度:40℃、リンス時間:20秒 (4) 評価方法 拭き取り法 (5) 試験結果 下表−4の通り。 (6) 評価 発明洗浄剤2と比較して、比較洗浄剤5は、水酸化カリ
ウムが水酸化ナトリウムで置換されているため、効果及
び安定性に劣る。比較洗浄剤6は、両性界面活性剤がア
ニオン界面活性剤に変っているため、効果、安定性共に
劣る。また、比較洗浄剤7は、両性界面活性剤が非イオ
ン界面活性剤となっているため、効果、安定性共に劣
る。 使用例3及び比較使用例6〜7(ステンレス線洗浄試
験) (1) 付着伸線加工油 a.塩素系樹脂、b.ステアリン酸カルシウム、c.二硫化
モリブデン (2) 洗浄方法 超音波洗浄法(24KHz) 洗浄温度:80℃、洗浄時間:20秒 (3) リンス方法スプレーリンス(3Kg/cm2) リンス温度;50℃、リンス時間:20秒 (4) 評価方法 拭きとり法 (5) 試験結果 下表−5の通り。 (6) 評価 発明洗浄剤3と比較して、比較洗浄剤2は、両性活性剤
が少量のため効果が劣る。比較洗浄剤3は、水酸化カリ
ウムが過剰のため製品安定性に劣る。
【発明の効果】
以上説明した通り、本発明は、実用的な効果を有する安
全な水性伸線加工油用洗浄剤を提供しえたことにより、
伸線加工工業における安全性の向上及び環境保全に貢献
しうる。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】水酸化カリウムを5%以上30%以下及び両
    性界面活性剤を5%以上30%以下を必須の成分として含
    む水性液であることを特徴とする液状伸線加工油用洗浄
    剤。
  2. 【請求項2】請求項1記載の洗浄剤を用いる液状伸線加
    工油の洗浄法。
JP11436388A 1988-05-10 1988-05-10 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法 Expired - Lifetime JPH07836B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11436388A JPH07836B2 (ja) 1988-05-10 1988-05-10 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11436388A JPH07836B2 (ja) 1988-05-10 1988-05-10 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01283394A JPH01283394A (en) 1989-11-14
JPH07836B2 true JPH07836B2 (ja) 1995-01-11

Family

ID=14635847

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11436388A Expired - Lifetime JPH07836B2 (ja) 1988-05-10 1988-05-10 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07836B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09207945A (ja) * 1996-02-02 1997-08-12 Akio Nakai 封筒用シート
CN103436392A (zh) * 2013-08-22 2013-12-11 江西瑞思博化工有限公司 列车表面油污清洗剂
CN109252176A (zh) * 2018-10-30 2019-01-22 河南海利未来科技有限公司 一种去污防锈二合一清洗剂

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE4316144A1 (de) * 1993-05-14 1994-11-17 Siemens Ag Verfahren und Einrichtung zur Reinigung eines gezogenen Drahtes

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09207945A (ja) * 1996-02-02 1997-08-12 Akio Nakai 封筒用シート
CN103436392A (zh) * 2013-08-22 2013-12-11 江西瑞思博化工有限公司 列车表面油污清洗剂
CN103436392B (zh) * 2013-08-22 2015-05-06 江西瑞思博化工有限公司 列车表面油污清洗剂
CN109252176A (zh) * 2018-10-30 2019-01-22 河南海利未来科技有限公司 一种去污防锈二合一清洗剂
CN109252176B (zh) * 2018-10-30 2020-11-13 河南海利未来科技有限公司 一种去污防锈二合一清洗剂

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01283394A (en) 1989-11-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5705472A (en) Neutral aqueous cleaning composition
JP2523111B2 (ja) 解乳化清浄製剤
JP3256630B2 (ja) 洗浄方法
US3723330A (en) Detergent composition
JPH10511123A (ja) マレイン酸をベースとする水性クリーニング組成物およびその使用法
CN104928061A (zh) 一种机械加工产品清洁剂
JPH07836B2 (ja) 液状伸線加工油用洗浄剤及び洗浄法
JPH09508930A (ja) 石灰スケール除去組成物
US1954745A (en) Solution for treating metal surfaces
US2700654A (en) Cleaning solution and method
JPH0680995A (ja) 低残渣洗浄剤
SU562568A1 (ru) Моющее средство дл очистки металлической поверхности
US2517636A (en) Composition for removing fingerprint deposits from nonabsorbent surfaces
WO1991019831A1 (en) Cycloparaffins containing cleaning composition and method of using them
JPH08283974A (ja) 金属部品用洗浄剤組成物
US5817187A (en) Composition for grease removal
US1785417A (en) Paint and varnish remover
US3190836A (en) Water-soluble liquid detergent compositions
KR19990010425A (ko) 세정제 조성물
JP3375104B2 (ja) 物品の洗浄方法
JPH06248480A (ja) ステンレス用水系伸線剤の洗浄剤組成物および洗浄方法
EP0151114A1 (en) VARIABLE ACID-BASED VISCOSITY COMPOSITIONS SUCH AS CORROSION AND GREASE ELIMINATING PRODUCTS AND POLISHING PRODUCTS.
US1935663A (en) Laundering method
US3776852A (en) Pickling solutions
KR101799268B1 (ko) 금속 표면 처리제