JPH0776065B2 - ウエブの接合装置及び方法 - Google Patents

ウエブの接合装置及び方法

Info

Publication number
JPH0776065B2
JPH0776065B2 JP61038132A JP3813286A JPH0776065B2 JP H0776065 B2 JPH0776065 B2 JP H0776065B2 JP 61038132 A JP61038132 A JP 61038132A JP 3813286 A JP3813286 A JP 3813286A JP H0776065 B2 JPH0776065 B2 JP H0776065B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
web
roller
pinch
pinch roller
joining
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP61038132A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS61235343A (en
Inventor
フベルトウス・ヨハネス・スホーンデルベーク
Original Assignee
ストルク・ブラバント・ベ−・ブエ−
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to NL8500490 priority Critical
Priority to NL8500490A priority patent/NL8500490A/nl
Application filed by ストルク・ブラバント・ベ−・ブエ− filed Critical ストルク・ブラバント・ベ−・ブエ−
Publication of JPS61235343A publication Critical patent/JPS61235343A/ja
Publication of JPH0776065B2 publication Critical patent/JPH0776065B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H19/00Changing the web roll
    • B65H19/10Changing the web roll in unwinding mechanisms or in connection with unwinding operations
    • B65H19/18Attaching, e.g. pasting, the replacement web to the expiring web
    • B65H19/1857Support arrangement of web rolls
    • B65H19/1873Support arrangement of web rolls with two stationary roll supports carrying alternately the replacement and the expiring roll
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H19/00Changing the web roll
    • B65H19/10Changing the web roll in unwinding mechanisms or in connection with unwinding operations
    • B65H19/18Attaching, e.g. pasting, the replacement web to the expiring web
    • B65H19/1842Attaching, e.g. pasting, the replacement web to the expiring web standing splicing, i.e. the expiring web being stationary during splicing contact
    • B65H19/1852Attaching, e.g. pasting, the replacement web to the expiring web standing splicing, i.e. the expiring web being stationary during splicing contact taking place at a distance from the replacement roll
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/461Processing webs in splicing process
    • B65H2301/4615Processing webs in splicing process after splicing
    • B65H2301/4617Processing webs in splicing process after splicing cutting webs in splicing process
    • B65H2301/46174Processing webs in splicing process after splicing cutting webs in splicing process cutting both spliced webs separately
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/462Form of splice
    • B65H2301/4621Overlapping article or web portions
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/463Splicing splicing means, i.e. means by which a web end is bound to another web end
    • B65H2301/4631Adhesive tape
    • B65H2301/46312Adhesive tape double-sided
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/464Splicing effecting splice
    • B65H2301/46414Splicing effecting splice by nipping rollers

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、例えば、印刷等が施される紙や繊維布等のよ
うな連続した2つのウエブの接合装置及び方法に関す
る。
詳しくは、本発明は、2つの独立したウエブ供給ローラ
から2つの連続したウエブが供給される場合に、特に、
第1のウエブがほぼ終了するときに、そのウエブの下流
端と他の第2のウエブの上流端とを相互に半自動的に接
合するためのウエブの接合方法と、ウエブの接合形式を
調整し得るウエブの接合装置に関し、かかる本発明の方
法及び装置によれば、両方のウエブの同一の片面に接着
テープが供給されて、ウエブ端が相互に接合される。
(従来の技術) 本発明は、下流域にて印刷等のような処理又は操作が施
される第1のウエブ(ターミネイテイング・ウエブ、te
rminating web)の切断されたトレーリング端(下流
端、traiiling end)を第2のスターテイング・ウエブ
(starting web)のリーデイング端(上流端、leading
end)に接合するための装置及び方法に関し、かかる装
置は、第1及び第2の連続したウエブを供給するための
ウエブ供給ローラを回転可能に支持するフレーム、上記
それぞれのウエブを案内するための共同して動作する2
つの平行なピンチ・ローラ、及びそれぞれのウエブ供給
ローラとピンチ・ローラとの間のウエブの通路に配設さ
れたアイドラー・ローラを備えている。かかる装置は、
種々の態様にて知られているが、特に、接合されるべき
ウエブがその両面に接着剤又は接着テープを適用し得る
場合に知られている。
しかし、ウエブの用途、通常は印刷であるが、かかる用
途によつては、2つの連続したウエブを特別の形式に
て、例えば、2つのウエブの切断端にて相互に重ね、又
は突き合わせて、相互に接合する必要が生じる。このた
めには、機械設備の観点からは高度の熟練と操作とが要
求される。
(発明の目的) 本発明は、2つの連続したウエブを正確に且つ予め定め
られた形式にて、それぞれの端部にて接合するためのウ
エブの接合装置及びそのための方法を提供することを目
的とする。
(発明の構成) 上記本発明の目的は、本発明によるウエブの接合装置及
び方法によつて達成される。
本発明によるウエブの接合装置は、第1のウエブ供給ロ
ーラから供給される第1のウエブのトレーリング端と第
2のウエブの供給ローラから供給される第2のウエブの
リーデイング端とを相互に接合するに際して、第2のウ
エブのリーデイング端に接着テープを適用し、第1及び
第2のピンチ・ローラの間で第1のウエブのトレーリン
グ端に接着し、その際に、上記ウエブの接合時のウエブ
の重なり又は間隔を調整することができる装置であつ
て、 上記第1及び第2のウエブの供給ローラを回転可能に支
持するための手段と、前記第1及び第2のウエブをそれ
ぞれ案内するために、相互に平行な第1及び第2の軸体
21、22のまわりにそれぞれ回転可能に据え付けられて、
共同して動作する第1及び第2のピンチ・ローラ11、12
を備えており、ここに、上記第1のピンチ・ローラ11
は、フレーム1に支持されおり、上記第2のピンチ・ロ
ーラ12は、上記第1及び第2の軸体21及び22を通る仮想
平面Yが鉛直平面Vに関して対称である第1と第2の限
界角度位置の間をとることができ、更に、 上記第2のピンチ・ローラを上記2つの限界角度位置の
間で移動させるための移動機構18、17、23、24、26であ
つて、第2のピンチ・ローラを上記2つの限界角度位置
の間の任意の位置に調節して、前記2つのウエブを接合
する際のウエブの重なり又は間隔を調整するための移動
機構と、 上記2つのピンチ・ローラを相互に圧接し、又は相互に
離間させる手段とを備えている。
即ち、本発明によるウエブの接合装置においては、静止
している第1の支持構造に第1のピンチ・ローラが配設
されており、他方、第2のピンチ・ローラについては、
これを上記2つの限界角度位置の間で移動させるため
に、ピボタル支持体18とレバー17とが配設されており、
第1のピンチ・ローラ11は、このピボタル支持体18と共
軸的にフレーム1に取付けられており、上記レバーは第
1の端部と第2の端部とを有し、第1の端部が上記ピボ
タル支持体18に回転可能に支持されていると共に、第1
の端部と第2の端部との間に上記第2のピンチ・ローラ
が配設されている。
更に、本発明による装置は、ピストンロツドを有するピ
ストン19を有し、上記ピストンロツドがレバー17の第2
の端部に接続されていて、第1及び第2のピンチ・ロー
ラ11、12を相互に圧接させ、又は離間させる。
また、本発明の装置においては、第1のピンチ・ローラ
11のための第1の支持体31と、第2のピンチ・ローラ12
のための第2の支持体2と、上記第1のピンチ・ローラ
11と関連して、上記第1の支持体31に取付けられた第1
のアイドラー・ローラ13と、上記第2の支持体23に支持
された第2のアイドラー・ローラ15とを備えている。前
記第2のピンチ・ローラを2つの限界角度位置の間で移
動させるための移動機構は、ピボタル・アーム24を有
し、第2のピンチ・ローラ12の2つの限界角度位置の間
の移動を可能とするように、第2の支持体23がこのピボ
タル・アーム24に取付けられていると共に、ピボタル支
持体18にピボタルに取付けられている。
特に、本発明によれば、第2のピンチ・ローラを2つの
限界角度位置の間で移動させるための移動機構として、
第2の支持体23に取付けられている動作ロツド26と、第
2の支持体23に取付けられて、第1のウエブのトレーリ
ング端を第2のウエブのリーデイング端とを相互に接合
する際の上記ウエブの重なり又は間隔を調整し得るよう
に、止め27、28と共同して動作する突起25を備えてい
る。
かかる装置によれば、上記止めを予め位置調整して、ピ
ボタル角度を調整することによつて、所要の予め定めら
れた形式のみにて2つの連続したウエブの接合がなされ
得るように調整することができる。装置の運転者は、2
つのウエブを所要の形式にて接合するために、十分な余
裕をもつて上記の調整を行なうことができ、この後、装
置は、必要なときに自動的にウエブを接合する。
本発明はまた、ループ・アキユムレーターを備えた上記
した装置の運転方法をも提供する。ループ・アキユムレ
ーターは、ウエブの下流域におけるウエブの処理又は操
作を妨害することなしに、ターミネイテイング・ウエブ
のトレーリング端を短時間、停止させることができる。
本発明によるウエブの接合方法は、第1のウエブ供給ロ
ーラから供給される第1のウエブのトレーリング端と第
2のウエブの供給ローラから供給される第2のウエブの
リーデイング端と相互に接合し、その際に、上記ウエブ
の接合時のウエブの重なり又は間隔を調整することがで
きる方法であつて、 上記第1及び第2のウエブ供給ローラを回転可能に支持
し、 第1の軸体21のまわりに回転可能な第1のピンチ・ロー
ラ11に第1のウエブを案内すると共に、第2の軸体22の
まわりに回転可能な第2のピンチ・ローラ12に第2のウ
エブを案内し、 ここに、上記第1及び第2の軸体21、22は相互に平行に
位置すると共に、上記第2のピンチ・ローラ12は、第1
のピンチ・ローラ11に圧接するように移動可能であり、
第2の軸体22は、第1及び第2のピンチ・ローラ11、12
の接触位置を調整し得るように、第1の軸体21に対して
移動可能であり、上記接触位置は、第1及び第2の軸体
21、22を通る仮想平面Yが交差する位置であり、その仮
想平面Yは、鉛直平面Vに関して対称的な2つの限界角
度位置をとることができ、この仮想平面Yの角度位置が
2つのウエブの接合に際しての重なり又は間隔を規定す
るように設けられており、 第2のピンチ・ローラ12の位置を上記仮想平面Yの角度
位置を選択し、固定することによつて調整し、 第2のピンチ・ローラ12の予め決められた位置に第2の
ウエブのリーデイング端を供給し、 そのリーデイング端に接着テープを適用し、 第1のウエブが貯蔵されているループ・アキユムレータ
から第1のウエブを供給しながら、第1のピンチ・ロー
ラ11の回転を止め、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12を相互に圧接し、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12の間にて第1のウ
エブのトレーリング端を固定し、 第1のピンチ・ローラ11の予め決められた位置で上記第
1のウエブのトレーリング端を切断し、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12の回転を開始させ
て、上記第1のウエブのトレーリング端を上記接着テー
プに接着させ、次いで、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12を相互に離間させ
て、ウエブを第2の供給ローラから供給する 段階からなることを特徴とする。
以下、本発明によるウエブの接合装置及び本発明による
ウエブの接合方法における連続した段階を図式的に示す
図面に基づいて、本発明を詳細に説明する。
第1図は、本発明の接合装置の一実施例の概要をループ
・アキユムレーターと共に示す側面図であり、第2図A
から第2図Cは、第1図に示す接合装置におけるウエブ
接着装置及び接合装置における他の部分の拡大側面図を
示し、第3図は、第4図cに対応する位置において、ウ
エブ接着装置におけるaからgまでの連続した7段階の
動作を示し、第4図は、ウエブ接着装置の3つの異なる
位置又は状態と、これらに対応するウエブの接合の形式
を示し、第5図は、接合装置の調整によつて得られる接
合の形式を示すグラフである。
第1図に示された接合装置は、接着剤や接着テープのよ
うな接着媒体を用いてウエブ、例えば、紙を接合するた
めのウエブ供給ローラの交換機の一部を示す。図式的に
示された装置は、フレーム1を有し、このフレーム1に
は、処理又は操作の例として、例えば、印刷処理される
べき材料ウエブ5の第1及び第2のウエブ供給ローラ3
及び4を回転可能に支持することができるデリツク2が
組み込まれている。
図示された位置又は状態においては、第1のウエブ供給
ローラ(上方ローラ)3は、印刷処理に供されるウエブ
5をウエブ接着装置6を経て、ループ・アキユムレータ
ー8への導入部を形成するローラ対7に供給する。上方
ローラ3からのウエブ5は、図示した態様においてのみ
ならず、第2図及び第3図に示す態様においても、所謂
ターミネイテイング・ウエブ5′を形成し、この場合、
第2のウエブ供給ローラ(下方ローラ)4からのウエブ
は、所謂スターテイング・ウエブ5″を形成する。この
ようなウエブ供給ローラの作動又は機能は、下方ローラ
4又は上方ローラ3のいずれが印刷機(図示せず)にウ
エブ5を送るかによつて、周期的に交替される。
本発明は、その構造的な点からは、拡大して第2A図及び
第2B図に示すウエブ接着装置6に特徴を有する。第2A図
及び第3図における段階3aは、第1図に対応する状態を
示し、他方、段階3f及び3gは、下方ローラ4のウエブが
殆ど終了し、新しいウエブを取り付けた上方ローラ3か
らのウエブと接合又は結合がなされなければならないよ
うになつた直後に置かれる状態を示す。解決すべき問題
は、常に、第1のウエブ(ターミネイテイング・ウエブ
5′)のトレーリング端(下流端)と第2のウエブ(ス
ターテイング・ウエブ5″)のリーデイング端(上流
部)とを相互に結合又は接合することである。
第1図に示すように、フレーム1に組み込まれたデリツ
ク2は、上方ローラ3を回転可能に支持するための支持
体9と、下方ローラ4のための同様の支持体10を備えて
いる。
本発明によるウエブの接合装置において、ウエブ接着装
置6は、それぞれウエブ供給ローラ3又は4からアキユ
ムレータ8に向かう通路に共同して作動する2つの平行
な第1及び第2ピンチ・ローラ11及び12を有し、上方ロ
ーラ3からのウエブは、第1のピンチ・ローラ11よつて
案内され、下方ローラ4からのウエブは、第2のピンチ
・ローラ12よつて案内される。
第2A図に詳細に示すように、上方ローラ3と第1のピン
チ・ローラ11との間のウエブの通路に一対のアイドラー
・ローラ13及び14が組み込まれており、他方、下方ロー
ラ4と第2のピンチ・ローラ12との間のウエブの通路に
も、同様に、一対のアイドラー・ローラ15及び16が組み
込まれている。上方ピンチ・ローラ11は、前記フレーム
1に配設されており、下方ピンチ・ローラ12は、レバー
・アーム17に取り付けられている。このレバー・アーム
17の一端は、第2B図に示すように、ピボタル支持体、即
ち、フツク状部材18に枢着されており、このフツク状部
材は、固定ピンチ・ローラ11と共通する軸体21(第2B
図)によつてフレーム1に枢着支持されている。他方、
上記レバー・アーム17の自由端は、調整ピストン19に結
合されている。この調整ピストン19は、上記フツク状部
材18の張出部に位置20において支持されている。
移動可能のピンチ・ローラ12は、前記調整ピストン19の
作動によつて、第1のピンチ・ローラ11との間の間隔が
調整されるように、レバー・アーム17に取り付けられて
いる。また、第2B図に示すように、前記フツク状部材18
によつて、ピンチ・ローラ11及び12の2つの平行な軸体
21及び22を通る仮想平面Yと、2つのローラ11及び12の
一方の軸体21又は22を通る鉛直平面Vとの間の角度αが
変化せしめられる。
上記のように、角度αを変動させるために、下方ピンチ
・ローラ12の軸体に独立した第2の支持構造としての支
持板23が枢着されている。この支持板23はまた、第2の
ピボタル・アーム24によつて支持されている。更に、第
2A図に示すように、2つの調整限界I及びIIの間で移動
し得る突起25が上記支持板23及び作動ロツド26に結合さ
れている。
上記突起25は、それぞれ上記位置調整限界I及びIIに対
応して、止め27及び28に当接しており、これによつて前
記角度αが決定される。第2A図に示されている例におい
ては、3つの異なる角度αに対応して、3対の止めが図
示されている。これについては、第4図及び第5図に基
づいて後に説明する。
これらのそれぞれ3対の止め27及び28は、第2A図及び第
2C図に示すように、ロツド29に放射状に取り付けられて
おり、摘み30によつて所望の位置に固定される。これに
よつて、支持板23の位置が決定され、また、ピンチ・ロ
ーラ12の位置も決定される。
固定ピンチ・ローラ11もまた、前記支持板23とは独立し
た第1の支持構造としての所定の形状の支持板31に取り
付けられており、この支持板31は、上記ピンチ・ローラ
11と共軸的にフレーム1に据え付けられている。前記第
1のアイドラー・ローラ13は、この支持板31に据え付け
られており、前記支持板23にも別の第1のアイドラー・
ローラ15が取り付けられている。同様に、第2のアイド
ラー・ローラ14(16)がアーム32(33)の一端にそれぞ
れ据え付けられており、このアーム32(33)の他端は、
それぞれ第1のアイドラー・ローラ13(15)に同心的に
据え付けられている。更に、引張ばね34(35)がそれぞ
れ支持板31(23)とアーム32(33)とを結んで配設され
て、第2のアイドラー・ローラ14(16)をピンチ・ロー
ラ11(12)からそれぞれ強制的に離間させている。
支持板31(23)は、それぞれ移動可能な摺動ナイフ36
(37)を有し、このナイフは、それぞれ支持板31(23)
に枢支された平坦な形状のアーム38(39)に組む込まれ
たスリツト状のアンビルと共同して動作する。これらの
アーム38(39)はそれぞれ、ピンチ・ローラ11(12)に
対面する表面に凹部40をもち、その凹部の半径はそれぞ
れ対面するピンチ・ローラ11(12)の周面に対応してい
る。更に、それぞれのアーム38(39)には、その端縁に
刃体41が取り付けられている。それぞれのアームはその
凹部40を、適宜の挟み手段(図示せず)によつて、それ
ぞれに関係するピンチ・ローラ11(12)に圧接せしめら
れて、スターテイング・ウエブ5″の自由端が上記刃体
41に沿つて切断される。
前記移動可能なピンチ・ローラ12は、上方ローラ3がタ
ーミネイテイング・ウエブ5′を供給する状態におい
て、固定ピンチ・ローラ11に対して3つの異なる角度位
置をとることができる。下方ローラ4の場合についても
同様である。これらの位置は、第2A図に破線にて示すア
ーム24の位置に対応し、実施されるべき結合の形式を決
定するのに役立つ。一対の止め27及び28の位置は、ピン
チ・ローラ11及び12のそれぞれの軸体を通る仮想平面Y
と、2つのローラの軸体21又は22を通る鉛直平面Vとの
間の角度αを固定するのに役立つ。この角度は、ターミ
ネイテイング・ウエブ5′が上方ローラ3又は下方ロー
ラ4のいずれから供給されるかによつて、仮想平面Yの
垂直位置、即ち、鉛直平面Vに対して、正又は負のいず
れかである。
次に、第3図に段階aからgにて示すように、ウエブ接
着位置6の作動を段階的に説明する。
第1図及び第3図段階aに示すように、ターミネイテイ
ング・ウエブ5′を供給する上方ローラが殆ど空であ
り、下方ローラ4が新しい上流側のスターテイング・ウ
エブ5″を供給する位置を出発位置とする。
上方ウエブ供給ローラ3からのウエブ5は、アイドラー
・ローラ13及び14を経て、ピンチ・ローラ11に案内され
る。他方、下方ウエブ供給ローラ4からのスターテイン
グ・ウエブ5″の端部は、アイドラー・ローラ15及び16
を経てピンチ・ローラ12に案内され、ピンチ・ローラ12
の表面の固定位置にて、アーム39上の刃体41によつて切
断される。その切断端は、その位置にて、第3図aに示
すように、吸引によつて保持される。この後、アーム39
がピンチ・ローラ12から離間され、第3図b及び第4図
bに示すように、両面接着テープ42がスターテイング・
ウエブ5″の切断端上に置かれる。このようにして、準
備工程が完了され、且つ、この準備工程の間に、上方ロ
ーラ3からのウエブ5は、矢印43にて示すように、ルー
プ・アキユムレーター8に向かつて走行される。
上記したように、ウエブの切断端をピンチ・ローラ上に
保持するために、それぞれのピンチ・ローラは、適宜の
真空装置(図示せず)に連通する孔(図示せず)を表面
に有し、必要な場合に、真空装置を作動させ、ピンチ・
ローラの所定位置にウエブの切断端を吸引保持する。
第2A図及び第4b図に示すピンチ・ローラ11及び12は、α
が22゜であるように相対的に位置されており、この位置
においては、ウエブ間に僅かの重なりL2が生じる。最大
の重なりL1は、第4図aに示すように、αが0゜のとき
に得られる。他方、第4図cに示すように、αが36.5゜
であるときに、2つの端部はL3にて突き合わせ位置をと
る。この場合には、片面接着テープ42の半分がスターテ
イング・ウエブ5″の端部の下に置かれる。このαの値
は、例えば、ウエブ5の片面のみが接着テープ42に適合
する場合に用いることができる。
上方ウエブ供給ローラと下方ウエブ供給ローラとからの
ウエブを交換する瞬間には、上方ローラ3からのターミ
ネイテイング・ウエブの走行が停止され、ループ・アキ
ユムレーターの作動が自動的に開始される。ウエブ5の
部分、アキユムレーターの下流は、意図された操作のた
めにその走行を続けることができ、他方、上流側部分
5′は静止している。同時に、ピンチ・ローラ11及び12
は、空気圧作動の調整ピストン19によつて相互に圧接す
るように移動せしめられ、その後、ナイフ36が第2A図上
で右側に移動して、第3図cに示すように、静止してい
るターミネイテイング・ウエブ5′がアーム38のアンビ
ルにおいて切断される。次いで、第3図dに示すよう
に、アーム32がばね34によつて上方に移動せしめられ、
下方ローラ4がターミネイテイング・ウエブを供給する
こととなつて、次回のウエブの交換に際して、テープ接
合への衝撃が避けられる。
ターミネイテイング・ウエブ5′の下流端は、切断され
た後には完全に自由であり、相互に圧接されているピン
チ・ローラ11及び12に向かつて引張られる。この下流端
5′は、アーム38のアンビルからピンチ・ローラ11及び
12が接触している挟み位置までの距離によつて決定され
る予め定められた長さを有し、且つ、この長さは、端部
5′がピンチ・ローラ11及び12の接触位置を通過した
後、第3図dに示すように、突き合わせ接合L3が達成さ
れるような長さである。
この後、ピンチ・ローラ11及び12の噛み合いが解かれる
ことによつて、ループ・アキユムレーター8は、当初の
状態に復帰することができる。これら一連の操作によつ
て、上方ローラ3から下方ローラ4へのウエブの切換え
が完了する。
第4図a及び第5図に示すように、前述した仮想平面Y
と鉛直平面Vとの間の角度は、例えば、+40゜から−40
゜まで変化させることができる。しかし、ウエブ間の重
なり(L4)が小さすぎるので、両端の限界位置の角度は
実用的ではない。ピンチ・ローラ12がピンチ・ローラ11
の直下にあつて、αが0゜であるときは、ウエブ間の重
なりL1は、第4図aに示すように過大である。αが22゜
であるときは、重なりL2は、第4図bに示すように小さ
い。αが35.5゜であるときは、突き合せ接合L3が達成さ
れる。
第3図f及びgは、ターミネイテイング・ウエブが下方
ローラ4から供給され、スターテイング・ウエブが上方
ローラから供給される状態又は場合を示す。上方の支持
板31は、この場合、楔状の固定部材、即ちロツク44を後
退させることによつて、第2A図に示す位置から解放さ
れ、従つて、上方ローラ3からのウエブの端部は、第3
図fに示すように、アイドラー・ローラ13及び14に容易
に供給される。この後、第3図gに示すように、スター
テイング・ウエブは、アーム38の刃体41によつて、ピン
チ・ローラ11の表面上の固定位置にて切断され、更に、
この後、L1、L2等の接合が形成されるように、接着テー
プ42が切断端5′に置かれる。これら操作によつて準備
工程が終了し、次回の接合に備えられる。
ターミネイテイング・ウエブとスターテイング・ウエブ
とを相互に接合する必要があるごとに、角度αの(再)
調整又は現状の調整の維持から始めて、上述した操作が
繰り返される。これは、ロツド29を回転させて、適正な
止め27及び28の位置を選択し、動作ロツド26を動作させ
ることによつて行なうことができる。
この後、ターミネイテイング・ウエブの走行が停止さ
れ、次回のウエブの接合のために準備工程が再び行なわ
れる。摘み30と動作ロツド26によつて任意の角度αを採
用することができ、これによつて2つの連続したウエブ
を予め定められた任意の形式にて接合することができ
る。
(発明の効果) 以上に説明した本発明による装置及び方法によれば、正
確に且つ予め定められた形式、例えば、重ね合わせ接合
や突き合わせ接合にて、2つの連続したウエブを接合
し、又は結合することができる。
特に、本発明の装置及び方法によれば、止めを予め位置
調整して、仮想平面Yと鉛直平面Vとの間の角度を調整
することによつて、所要の予め定められた形式のみにて
2つの連続したウエブの接合がなされ得るように調整す
ることができ、また、ループ・アキユムレーターと共に
運転するとき、ウエブの下流域における処理又は操作を
妨害することなしに、ターミネイテイング・ウエブのト
レーリング端を短時間、停止させて、2つの連続したウ
エブを相互に接合することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明の接合装置の一実施例の概要をループ
・アキユムレーターと共に示す側面図であり、第2A図か
ら第2C図は、第1図に示す接合装置におけるウエブ接着
装置及び接合装置における他の部分の拡大側面図を示
し、第3図は、第4図cに対応する位置において、ウエ
ブ接着装置におけるaからgまでの連続した7段階の動
作を示し、第4図は、ウエブ接着装置の3つの異なる位
置又は状態と、これらに対応するウエブの接合の形式を
示し、第5図は、接合装置の調整によつて得られる接合
の形式を示すグラフである。 1……フレーム、3、4……ウエブ供給ローラ、5……
ウエブ、5′……ターミネイテイング・ウエブ(第1の
材料ウエブ)、5″……スターテイング・ウエブ5″
(第2の材料のウエブ)、6……ウエブ接着装置、8…
…ループ・アキユムレーター、11……固定ピンチ・ロー
ラ(第1又は上方ピンチ・ローラ)、12……移動可能ピ
ンチ・ローラ(第2又は下方ピンチ・ローラ)、14、16
……第2のアイドラー・ローラ、17……レバー・アー
ム、18……フツク状部材(ピボタル支持体)、19……調
整ピストン、21……第1のピンチ・ローラの軸体、22…
…第2のピンチ・ローラの軸体、23……第2の支持構
造、24……ピボタル・アーム、25……突起、26……動作
ロツド、27、28……止め、29……ロツド、30……摘み、
31……第1の支持構造、32、33……アーム、34、35……
ばね、36、37……ナイフ、38、39……アンビルを有する
アーム、40……凹部、42……接着テープ、44……固定部
材。

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】第1のウエブ供給ローラから供給される第
    1のウエブのトレーリング端と第2のウエブの供給ロー
    ラから供給される第2のウエブのリーデイング端とを相
    互に接合するに際して、第2のウエブのリーデイング端
    に接着テープを適用し、第1及び第2のピンチ・ローラ
    の間で第1のウエブのトレーリング端に接着し、その際
    に、上記ウエブの接合時のウエブの重なり又は間隔を調
    整することができる装置であつて、 上記第1及び第2のウエブの供給ローラを回転可能に支
    持するための手段と、 前記第1及び第2のウエブをそれぞれ案内するために、
    相互に平行な第1及び第2の軸体21、22のまわりにそれ
    ぞれ回転可能に据え付けられて、共同して動作する第1
    及び第2のピンチ・ローラ11、12を備えており、ここ
    に、上記第1のピンチ・ローラ11は、フレーム1に支持
    されており、上記第2のピンチ・ローラ12は、上記第1
    及び第2の軸体21及び22を通る仮想平面Yが鉛直平面V
    に関して対称である第1と第2の限界角度位置の間をと
    ることができ、更に、 上記第2のピンチ・ローラを上記2つの限界角度位置の
    間で移動させるための移動機構18、17、23、24、26であ
    つて、第2のピンチ・ローラを上記2つの限界角度位置
    の間の任意の位置に調節して、前記2つのウエブを接合
    する際のウエブの重なり又は間隔を調整するための移動
    機構と、 上記2つのピンチ・ローラを相互に圧接し、又は相互に
    離間させる手段とを備えていることを特徴とするウエブ
    の接合装置。
  2. 【請求項2】第2のピンチ・ローラを上記2つの限界角
    度位置の間で移動させるための移動機構がピボタル支持
    体18とレバー17とを備え、第1のピンチ・ローラ11がこ
    のピボタル支持体18と共軸的にフレーム1に取付けられ
    ており、上記レバーは第1の端部と第2の端部とを有
    し、第1の端部が上記ピボタル支持体18に回転可能に支
    持されていると共に、第1の端部と第2の端部との間に
    上記第2のピンチ・ローラが配設されている請求項1記
    載のウエブの接合装置。
  3. 【請求項3】第1及び第2のピンチ・ローラ11、12を圧
    接させ、又は離間させるための手段がピストンロツドを
    有するピストン19を有し、上記ピストンロツドがレバー
    17の第2の端部に接続されていて、第1及び第2のピン
    チ・ローラ11、12を相互に圧接させ、又は離間させる請
    求項1記載のウエブの接合装置。
  4. 【請求項4】第1のピンチ・ローラ11のための第1の支
    持体31と、第2のピンチ・ローラ12のための第2の支持
    体23と、上記第1のピンチ・ローラ11と関連して、上記
    第1の支持体31に取付けられた第1のアイドラー・ロー
    ラ13と、上記第2の支持体23に支持された第2のアイド
    ラー・ローラ15とを備え、第2のピンチ・ローラを2つ
    の限界角度位置の間で移動させるための移動機構がピボ
    タル・アーム24を有し、第2のピンチ・ローラ12の2つ
    の限界角度位置の間の移動を可能とするように、第2の
    支持体23がこのピボタル・アーム24に取付けられている
    と共に、ピボタル支持体18にピボタルに取付けられてい
    る請求項1記載のウエブの接合装置。
  5. 【請求項5】第1のアイドラー・ローラ13に組合わされ
    ている補助的な第1のアイドラー・ローラ14と、第2の
    アイドラー・ローラ15に組合わされている補助的な第2
    のアイドラー・ローラ16とを備えている請求項4記載の
    ウエブの接合装置。
  6. 【請求項6】第1及び第2の支持体のそれぞれに設けら
    れている第1及び第2の摺動ナイフと、第1及び第2の
    支持体のそれぞれに回転可能に支持されているアーム状
    のアンビルとを備えていると共に、それぞれ予め決めら
    れた位置においてウエブを切断し得るように上記ナイフ
    とアンビルとを作動させる手段を備えている請求項4記
    載のウエブの接合装置。
  7. 【請求項7】第2のピンチ・ローラを2つの限界角度位
    置の間で移動させるための移動機構が第2の支持体23に
    取付けられている動作ロッド26と、第2の支持体23に取
    付けられて、第1のウエブのトレーリング端と第2のウ
    エブのリーデイング端とを相互に接合する際の上記ウエ
    ブの重なり又は間隔を調整し得るように、止め27、28と
    共同して作動する突起25を備えている請求項6記載のウ
    エブの接合装置。
  8. 【請求項8】第1のウエブ供給ローラから供給される第
    1のウエブのトレーリング端と第2のウエブの供給ロー
    ラから供給される第2のウエブのリーデイング端とを相
    互に接合し、その際に、上記ウエブの接合時のウエブの
    重なり又は間隔を調整することができる方法であつて、 上記第1及び第2のウエブ供給ローラを回転可能に支持
    し、 第1の軸体21のまわりに回転可能な第1のピンチ・ロー
    ラ11に第1のウエブを案内すると共に、第2の軸体22の
    まわりに回転可能な第2のピンチ・ローラ12に第2のウ
    エブを案内し、 ここに、上記第1及び第2の軸体21、22は相互に平行に
    位置すると共に、上記第2のピンチ・ローラ12は、第1
    のピンチ・ローラ11に圧接するように移動可能であり、
    第2の軸体22は、第1及び第2のピンチ・ローラ11、12
    の接触位置を調整し得るように、第1の軸体21に対して
    移動可能であり、上記接触位置は、第1及び第2の軸体
    21、22を通る仮想平面Yが交差する位置であり、その仮
    想平面Yは、鉛直平面Vに関して対照的な2つの限界角
    度位置をとることができ、この仮想平面Yの角度位置が
    2つのウエブの接合に際しての重なり又は間隔を規定す
    るように設けられており、 第2のピンチ・ローラ12の位置を上記仮想平面Yの角度
    位置を選択し、固定することによつて調整し、 第2のピンチ・ローラ12の予め決められた位置に第2の
    ウエブのリーデイング端を供給し、 そのリーデイング端に接着テープを適用し、 第1のウエブが貯蔵されているループ・アキユムレータ
    から第1のウエブを供給しながら、第1のピンチ・ロー
    ラ11の回転を止め、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12を相互に圧接し、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12の間にて第1のウ
    エブのトレーリング端を固定し、 第1のピンチ・ローラ11の予め決められた位置で上記第
    1のウエブのトレーリング端を切断し、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12の回転を開始させ
    て、上記第1のウエブのトレーリング端を上記接着テー
    プに接着させ、次いで、 第1及び第2のピンチ・ローラ11、12を相互に離間させ
    て、ウエブを第2の供給ローラから供給する 段階からなることを特徴とするウエブの接合方法。
JP61038132A 1985-02-21 1986-02-21 ウエブの接合装置及び方法 Expired - Lifetime JPH0776065B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
NL8500490 1985-02-21
NL8500490A NL8500490A (nl) 1985-02-21 1985-02-21 Verbindingsinrichting voor twee materiaalbanen, alsmede werkwijze voor het bedrijven van deze inrichting.

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS61235343A JPS61235343A (en) 1986-10-20
JPH0776065B2 true JPH0776065B2 (ja) 1995-08-16

Family

ID=19845565

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61038132A Expired - Lifetime JPH0776065B2 (ja) 1985-02-21 1986-02-21 ウエブの接合装置及び方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US4738739A (ja)
JP (1) JPH0776065B2 (ja)
DE (1) DE3605410A1 (ja)
FR (1) FR2577538B1 (ja)
NL (1) NL8500490A (ja)

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE3903792A1 (de) * 1989-02-09 1990-08-16 Tetra Pak Gmbh Vorrichtung fuer den fliegenden wechsel einer ersten trommel auf eine zweite trommel
JPH089441B2 (ja) * 1989-04-26 1996-01-31 日本たばこ産業株式会社 帯状材の連続供給機
DE4013656C2 (de) * 1990-04-27 1994-04-21 Bhs Bayerische Berg Vorrichtung zum Spleißen von Bahnen, insbesondere von Papierbahnen für die Herstellung von Wellpappe
IT1238919B (it) * 1990-05-03 1993-09-07 Gd Spa Metodo per la sostituzione di materiale in nastro in una macchina operatrice
US5252170A (en) * 1991-07-11 1993-10-12 Shibuya International, Inc. Web splicing apparatus
US5277731A (en) * 1992-11-13 1994-01-11 Worldwide Processing Technologies, Inc. Method of and apparatus for forming a butt splice in a web unwinder
FR2731997B1 (fr) * 1995-03-22 1997-05-09 Kodak Pathe Derouleuse de produit en bande
ES2128226B1 (es) * 1995-12-28 1999-12-16 Basells Ventura Angel Maquina para extender productos laminares.
US5902431A (en) * 1997-06-04 1999-05-11 R. J. Reynolds Tobacco Company Composite web forming apparatus and method
US20020146524A1 (en) * 1998-04-23 2002-10-10 Sonoco Development , Inc. Splice for a heat shrinkable label
US6142206A (en) * 1998-07-22 2000-11-07 Ctc International Inc. Lap splicing apparatus with the trailing tail end of the splice always on the same side
US6817566B2 (en) * 2002-10-30 2004-11-16 Butler Automatic, Inc. Web splicer

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3753833A (en) * 1970-02-16 1973-08-21 Butler Automatic Inc Web supply apparatus
US3880698A (en) * 1971-11-05 1975-04-29 Toppan Containers Co Ltd Continuously feeding apparatus for rolled webs
DE2218502A1 (de) * 1972-04-17 1973-11-08 Buerkle & Co Robert Einrichtung zum einseitigen und doppelseitigen beschichten von traegerplatten mittels ueberzugsbahnen
JPS49109609A (ja) * 1973-02-23 1974-10-18
US4170506A (en) * 1976-03-22 1979-10-09 Marquip, Inc. Method of web splicing
US4190475A (en) * 1978-05-16 1980-02-26 Marquip, Inc. Paper roll web splicing
US4170866A (en) * 1978-07-31 1979-10-16 Aschenbrenner Frank A Process and apparatus for producing open-end spun yarn
US4450039A (en) * 1982-08-23 1984-05-22 Harris Graphics Corporation Web splicing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
FR2577538B1 (fr) 1987-08-21
FR2577538A1 (fr) 1986-08-22
JPS61235343A (en) 1986-10-20
US4738739A (en) 1988-04-19
NL8500490A (nl) 1986-09-16
DE3605410A1 (de) 1986-08-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4636276A (en) Automatic adhesive double coated tape applying device
US4190483A (en) Butt splicer
US6966961B2 (en) Splicing device for splicing two web materials together, unwinder comprising said splicing device and relative method
US5518202A (en) Process and apparatus for connecting material webs, in particular of packaging material
US5131593A (en) Splicing technique and apparatus
JPH0776065B2 (ja) ウエブの接合装置及び方法
JPH05246589A (ja) ウェブ接合装置及び方法
CA1073882A (en) Process and apparatus for splicing web
US4645554A (en) Apparatus and method for adhering successive webs by means of adhesive applied to a predetermined side thereof
US5171396A (en) Device for splicing paper webs for the production of corrugated board
GB2185466A (en) Apparatus for automatically joining a product sheet in a loading apparatus
US7621479B2 (en) Supply-roll switching apparatus
JP3653030B2 (ja) 紙継装置,コルゲートマシン及び紙送方法
US6729573B2 (en) Roll changer and process for automatic roll change during stoppage
JPH069118A (ja) シート材供給装置
JP2000185852A (ja) 巻出し機用の接合装置
JP2002012349A (ja) 紙継装置及びコルゲートマシン
EP0395028B1 (en) Joining device for strip-like material
JP3155773B2 (ja) ラミネート枚葉紙の断裁装置
US5238522A (en) Joining device for strip-like material
JPH0569236A (ja) 放電加工機のワイヤ電極回収装置およびワイヤ電極供給回収装置
JP3586582B2 (ja) ウェブ継ぎ装置及び継ぎウェブ生成方法
JP3586585B2 (ja) ウェブ継ぎ装置及び継ぎウェブ生成方法
JP2530837B2 (ja) ウエブ巻取方法および装置
JPH0617802Y2 (ja) テープ搬送装置のテンション調整機構