JPH0771640B2 - 竪軸型摩擦切削式精穀機 - Google Patents

竪軸型摩擦切削式精穀機

Info

Publication number
JPH0771640B2
JPH0771640B2 JP63144422A JP14442288A JPH0771640B2 JP H0771640 B2 JPH0771640 B2 JP H0771640B2 JP 63144422 A JP63144422 A JP 63144422A JP 14442288 A JP14442288 A JP 14442288A JP H0771640 B2 JPH0771640 B2 JP H0771640B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
grain
bran removing
grain milling
type
milling machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP63144422A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01315350A (en
Inventor
利彦 佐竹
繁晴 金本
Original Assignee
株式会社佐竹製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社佐竹製作所 filed Critical 株式会社佐竹製作所
Priority to JP63144422A priority Critical patent/JPH0771640B2/ja
Publication of JPH01315350A publication Critical patent/JPH01315350A/ja
Publication of JPH0771640B2 publication Critical patent/JPH0771640B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、精穀室の下端から穀粒を供給して精穀し、上
端から排出する竪軸型摩擦切削式精穀機に関する。

〔従来の技術〕 従来の竪軸型摩擦切削式精穀機を第4図により説明す
る。符号42は竪軸型摩擦切削式精穀機であり、立設した
多孔壁除糠白筒43内に回転自在に設けた中空状の主軸44
の底部に螺旋転子45を、上部に攪拌突起46と噴風口47と
を設けた摩擦精穀転子48をそれぞれ軸装する。また主軸
44には通風口49を設けると共に、主軸44の一端を送風装
置(図示せず)に連絡する。

穀粒は給穀樋50を経て機枠51の一側壁に設けた穀粒供給
部52から螺旋転子45へ供給され、螺旋転子45により米粒
は精穀室53へ揚送される。精穀室53において摩擦精穀転
子48の回転によって生じる搗精作用を受けて搗精され、
搗精された穀粒は排出口54から排出樋55を経て機外へ排
出される。また、搗精作用により発生した糠等の塵埃
は、送風装置から通風口49を経て噴風口47から噴出する
除糠風により多孔壁除糠精白筒43の通孔から機外へ排出
される。

しかし、上記のような従来の竪軸型摩擦切削式精穀機に
おいては、糠等の塵埃を機外に排出するための除糠風
は、主軸から主軸44の噴風口47を介して精穀室53へ通風
されるのみで、除糠のための風力が不足し、十分な除糠
作用が行えず、精品中に糠等の塵埃が混入するという問
題点があった。

〔発明が解決しようとする課題〕

この発明は上記のような問題点を解消し、十分な風力に
よる除糠作用により、精品中に糠等の塵埃が混入するこ
とを防止できる竪軸型摩擦切削式精穀機を提供すること
を目的とする。

〔課題を解決するための手段〕

この目的を達成するために、この発明は次のような構成
とする。

立設した多孔壁除糠精白筒内に、通風口を有する中空状
の主軸を回転自在に設け、前記主軸に螺旋転子と、攪拌
突起と噴風口とを有する中空状の精穀転子とを軸装し、
多孔壁除糠精白筒と精穀転子とを主要部とする精穀室の
下端を穀粒供給部に、上端を穀粒排出部にそれぞれ連絡
した竪軸型摩擦切削式精穀機において、除糠風を発生す
る装風装置を、前記中空状の主軸と前記中空状の精穀転
子とのそれぞれに分岐して連絡するようにした。

〔作 用〕

竪軸型摩擦切削式精穀機の穀粒供給部より螺旋転子に供
給された穀粒は、螺旋転子により上送されて多孔壁除糠
精白筒と精穀転子とを主要部とする精穀室において搗精
される。搗精された穀粒は、穀粒排出部より排出されて
次行程へ送られる。そのとき、搗精作用により発生した
糠等の塵埃は、送風装置から主軸の通風口を経て精穀転
子の噴風口から噴出する第1の除糠風と、送風装置から
前記主軸とは異なる送風路を経て精穀転子噴風口から噴
出する第2の除糠風とにより、多孔壁除糠精白筒の通孔
から除糠室へ噴出され、除糠ダクトを経て機外へ排出さ
れる。

〔実施例〕

この発明の実施例を図面を参照しながら説明する。第1
図は竪軸型摩擦切削式精穀機の側断面図であり、第2
図、第3図はその部分拡大側断面図である。符号1は竪
軸型摩擦切削式精穀機であり、立設した多孔壁除糠精白
筒2内に、通風口31を有する中空の主軸3を回転自在に
設け、該主軸3の底部には螺旋転子4を設けてあり、そ
の上部に、噴風口33を有する攪拌突起5を設けた下部摩
擦精穀転子6Aと同じく上部摩擦精穀転子6Bとを、送風路
7を有する中間螺旋転子7を介して軸装してある。ま
た、多孔壁除糠精白筒2と摩擦精穀転子6A,6Bとで下部
精穀室8Aと上部精穀室8Bとを形成し、下部精穀室8Aの下
部を穀粒供給部9に連絡し、上部精穀室8Bの上部を穀粒
排出部10にそれぞれ連絡してある。主電動機11のモータ
ープーリー12と主軸3のプーリー13とをVベルト14によ
り連絡する。更に、主軸3の上部には、主送風管36を介
して主軸3の中空部と、後に詳説する副送風管37を介し
て精穀転子6の中空部とに連絡した送風装置32を設けて
ある。また多孔壁除糠精白筒の周囲は除糠ダクト35に連
絡した除糠室34に形成してある。

穀粒排出部10には、穀粒排出部10から吐出する穀粒を規
制して搗精度を調節する自動抵抗調節装置15を設けてあ
り、該自動抵抗調節装置15に抵抗板16を連結して設けて
ある。前記抵抗板16はレバー17を介して歯軸18に連結
し、歯軸18は正逆回転電動機19に連動連結してある。正
逆回転電動機19により歯軸18が水平移動すると、レバー
17が抵抗板軸20を中心に回動して抵抗板16が穀粒排出部
10に対して遠近に回動する。穀粒排出部10に接続して流
下樋21を設け、流下樋21に排出樋22を連結する。

供給ホッパー23を穀粒供給装置24に連絡し、螺旋体25を
捲回したコンベア軸26に取り付けたプーリー27と、電動
機28のプーリー29とをVベルト30により連結し、また穀
粒供給装置24は穀粒供給部9に連絡している。

次に主軸3の通風口31と、摩擦精穀転子6A,6Bの噴風口3
3及び送風装置32の接続について第2図,第3図を参照
して説明する。送風装置32は主送風管36を介して多数の
通風口31を穿設した主軸3と連絡してある。更に前記通
風口31は摩擦精穀転子6A,6Bに設けた噴風口33に連絡し
てあり、噴風口33と多孔壁除糠精白筒2の通孔とを介し
て除糠室34を通じ、また除糠室34は除糠ダクト35を介し
てサイクロン(図示せず)等に連絡している。

更に本発明においてはもう一方の送風路を設けてある。
つまり、送風装置32は、主送風管36から分岐して設けた
副送風管37と送風路38とを介して、上部摩擦精穀転子6B
の上部に設けてある送風口39Aに連絡している。更に上
部摩擦精穀転子6Bの下部に設けてある送風口39Bは、中
間螺旋転子27に設けた送風路40を介して下部摩擦精穀転
子6Aの上部に設けてある送風口39Cに連絡している。

この送風口39Aと送風口39Cは摩擦精穀転子6Bと摩擦精穀
転子6Aそれぞれに設けた噴風口33に連絡してあり、この
噴風口33からは、前述のように除糠室34に通じ、除糠ダ
クト35を介してサイクロン(図示せず)等に連絡してい
る。

また符号41は下部精穀室8Aの搗精圧力を調節する抵抗環
であり、抵抗環41は上下移動可能に設けられている。

次に上記構成における作用を説明する。穀粒は供給ホッ
パー23を介して穀粒供給装置24へ送られ、主電動機11と
電動機28とをそれぞれ駆動させると、穀粒は螺旋体25に
より螺旋転子4へ供給され、螺旋転子4により下部精穀
室8Aへ揚送される。下部精穀室8Aにおいて、穀粒は下部
摩擦精穀転子6Aの回転によって生じる搗精作用を受けて
搗精される。

次に中間螺旋転子7により上部精穀室8Bに送られて同様
に上部摩擦精穀転子6Bにより搗精される。下部精穀室8A
から上部精穀室8Bに上送されるとき、その境界部におい
て一旦圧力が低下し、再び上部精穀室8Bで圧力が増大し
て精穀室8A,8B内に圧力変動が生じる。そのため、精穀
室8A,8B内においては十分な搗精作用が行われ、未搗精
穀粒が排出されるようなムラ搗きが発生することがない
と共に、常に有効な摩擦搗精作用を行うことができ搗精
能率が上昇する。また、下部精穀室8Aの搗精圧力の調整
は、抵抗環41を上下することにより行う。例えば、抵抗
環41を矢印A方向(第3図参照)へ移動すと、下部精穀
室8Aの搗精圧力を高めることができる。

精穀室8A,8Bにおいて、送風装置32から通風口31を経
て、噴風口33から噴出する除糠風により除糠作用が行わ
れる。そのとき、除糠風は、送風装置32から主送風管36
〜主軸3の通風口31〜噴風口33への経路と、副送風管37
〜送風管38〜送風口39A(下部精穀室8Aへは送風口39B〜
送風路40〜送風口39C)〜噴風口33への経路の二通りが
あり、そのため風力が上昇して除糠能力を大幅に向上す
ることができる。

精穀室8A,8Bにおける搗精作用により発生した糠等の塵
埃は、多孔壁除糠精白筒2の通孔から除糠室34へ排出さ
れ、除糠ダクト35からサイクロン(図示せず)等の集糠
装置に送られる。

搗精された穀粒は穀粒排出部10に到達し、自動抵抗調節
装置15の抵抗板16により流出が抑制され、抵抗板16の抑
制を変更することにより搗精度が調節される。そして穀
粒は抵抗板16に抗して流出し、流下樋21及び排出樋22を
経て機外へ排出される。

〔発明の効果〕

本発明における竪軸型摩擦切削式精穀機によれば、除糠
風を発生する送風装置を、主送風管と異なる副送風管を
介して中空状の精穀転子に連絡する構成を設けたため、
この精穀転子に連絡した構成による除糠風と、主軸に連
絡した構成による除糠風との相乗効果により、精穀転子
の噴風口へ噴出する除糠風の風力が上昇し除糠能力が大
幅に向上する。そのため、精品中に糠等の塵埃が混入す
ることを完全に防止することができるようになった。

【図面の簡単な説明】

第1図は本発明を実施した竪軸型摩擦切削式精穀機の側
断面図、第2図、第3図はその部分拡大側断面図、第4
図は従来の竪軸型摩擦切削式精穀機の側断面図である。 1……竪軸型摩擦切削式精穀機、2……多孔壁除糠精白
筒、3……主軸、4……螺旋転子、5……攪拌突起、6A
……下部摩擦精穀転子、6B……上部摩擦精穀転子、7…
…中間精穀転子、8A……下部精穀室、8B……上部精穀
室、9……穀粒供給部、10……穀粒排出部、11……主電
動機、12……モータープーリー、13……プーリー、14…
…Vベルト、15……自動抵抗調節装置、16……抵抗板、
17……レバー、18……歯軸、19……正逆回転電動機、20
……抵抗板軸、21……流下樋、22……排出樋、23……供
給ホッパー、24……穀粒供給装置、25……螺旋体、26…
…コンベア軸、27……プーリー、28……電動機、29……
プーリー、30……Vベルト、31……通風口、32……送風
装置、33……噴風口、34……除糠室、35……除糠ダク
ト、36……主送風管、37……副送風管、38……送風路、
40……送風路、41……抵抗環、42……竪軸型摩擦切削式
精穀機、43……多孔壁除糠精白筒、44……主軸、45……
螺旋転子、46……攪拌突起、47……噴風口、48……摩擦
精穀転子、49……通風口、50……給穀樋、51……機枠、
52……穀粒供給部、53……精穀室、54……排出口、55…
…排出樋。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】立設した多孔壁除糠精白筒内に、通風口を
    有する中空状の主軸を回転自在に設け、前記主軸に螺旋
    転子と、攪拌突起と噴風口とを有する中空状の精穀転子
    とを軸装し、多孔壁除糠精白筒と精穀転子とを主要部と
    する精穀室の下端を穀粒供給部に、上端を穀粒排出部に
    それぞれ連絡した竪軸型摩擦切削式精穀機において、除
    糠風を発生する送風装置を、前記中空状の主軸と前記中
    空状の精穀転子とのそれぞれに分岐して連絡したことを
    特徴とする竪軸型摩擦切削式精穀機。
JP63144422A 1988-06-10 1988-06-10 竪軸型摩擦切削式精穀機 Expired - Fee Related JPH0771640B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63144422A JPH0771640B2 (ja) 1988-06-10 1988-06-10 竪軸型摩擦切削式精穀機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63144422A JPH0771640B2 (ja) 1988-06-10 1988-06-10 竪軸型摩擦切削式精穀機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01315350A JPH01315350A (en) 1989-12-20
JPH0771640B2 true JPH0771640B2 (ja) 1995-08-02

Family

ID=15361813

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63144422A Expired - Fee Related JPH0771640B2 (ja) 1988-06-10 1988-06-10 竪軸型摩擦切削式精穀機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0771640B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AU660879B1 (en) * 1994-08-22 1995-07-06 Satake Corporation Vertical milling machine

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01315350A (en) 1989-12-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5891246A (en) Seed coating apparatus
US6416405B1 (en) Combine having a feeding device for transferring and an outlet zone for discharging straw, chaff and like materials
KR101787107B1 (ko) 연삭식 수형 정곡기
US6475082B2 (en) Flap openings in a grain harvesting threshing and separation unit
US5271570A (en) Method of and system for flour milling
US5033371A (en) Process of and system for flouring wheat
US4324175A (en) Apparatus for rice polishing
US5773066A (en) Method and apparatus for carrying out pre-treatment of wheat grains for flour milling
KR100588274B1 (ko) 정백곡류 가공장치
US7793870B2 (en) Method and device for husking and degerminating cereals
GB2040156A (en) Grain polishing and whitening machine
KR100776625B1 (ko) 도정기 및 이를 이용한 배아미 가공장치
CA2128382C (en) Bran-removing perforated cylindrical body of abrasive type grain milling machine
CA2174190C (en) Vertical grain milling machine
US6561445B2 (en) Hulling apparatus
US2529679A (en) Scourer-aspirator and method
CN1040181C (zh) 研磨型立式谷粒碾磨机
JP3106444B2 (ja) 竪型精穀機
US5846591A (en) Pretreatment process in flour milling method
CA2116758C (en) Spacer for abrasive roll of abrasive type grain milling machine
JP4451006B2 (ja) 脱脂糠を用いた清浄米の製造装置及び製造方法
US5415085A (en) Apparatus for shelling and separating any type of nut or legume
US5209158A (en) Grain cleaning and polishing machine
US3613691A (en) Grain separator for combines
US4843957A (en) Rice polishing machine of vertical shaft and frictional type

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees