JPH0756428Y2 - 天 窓 - Google Patents

天 窓

Info

Publication number
JPH0756428Y2
JPH0756428Y2 JP326493U JP326493U JPH0756428Y2 JP H0756428 Y2 JPH0756428 Y2 JP H0756428Y2 JP 326493 U JP326493 U JP 326493U JP 326493 U JP326493 U JP 326493U JP H0756428 Y2 JPH0756428 Y2 JP H0756428Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shaped
ventilation
cap
movable cap
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP326493U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0662057U (ja
Inventor
伸治 鈴木
Original Assignee
株式会社大仙
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大仙 filed Critical 株式会社大仙
Priority to JP326493U priority Critical patent/JPH0756428Y2/ja
Publication of JPH0662057U publication Critical patent/JPH0662057U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0756428Y2 publication Critical patent/JPH0756428Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、建築物に取り付けられ
る換気性のよいドーム型或いは円錐型の天窓に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】従来、建築物に取り付けられるドーム型
あるいは円錐型の天窓は、被覆材面が曲面形状であるた
め開閉自在として換気機能を具備させることが難しく、
天窓に開閉自在な突出し窓を取り付けて通気できるよう
にしているが、このようにした場合には雨仕舞いの構造
が天窓の外部に突出して美観を損なうという問題がある
うえに、突出し窓は構造上通気面積を大きくすることが
できないため換気能力も不足し、天窓の機能を充分に果
たすことができないという問題があった。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】本考案は前記のような
問題点を解決して、美観を損なうことなく、しかも、優
れた換気機能を有する構造が簡単で安価な天窓を提供す
ることにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】前記のような課題を解決
した本考案に係る天窓は、頂点を通る複数の分割線によ
り区画される通気部と非通気部とが交互に形成された固
定帽状体と、頂点を通る複数の分割線により区画される
通気部と非通気部とが交互に形成された可動帽状体と
が、両者の頂点を中心として可動帽状体のみを回動自在
として重ね合わせてあることを特徴とするものである。
【0005】
【作用】このような天窓は、気候あるいは室温に応じて
固定帽状体の各通気部に可動帽状体の各通気部が重なり
合うように可動帽状体を回動停止させて室内の換気を行
ったり、前記とは逆に固定帽状体の各非通気部に可動帽
状体の各非通気部が重なり合うように可動帽状体を回動
停止させて外気を遮断したり、さらには、通気部と非通
気部の重ね合わせ具合を調節して換気量調整を行えばよ
い。
【0006】
【実施例】次に、本考案を図示の実施例に基づいて詳細
に説明する。1は建物2の屋根3に形成される天窓取付
用の土台であり、該土台1の上面には通気部4と非通気
部5を交互に複数形成した固定帽状体6が取り付けられ
ている。固定帽状体6はアルミニウム製の縦フレーム7
aと横フレーム7bとよりなるフレーム7にその頂点を
通る複数の分割線により区画される空間を交互に彎曲し
たガラスまたはプラスチックスなどの透光性のある被覆
材8を装着して通気部4と非通気部5を交互に複数形成
したものとしてある。
【0007】16は固定帽状体6に重ね合わされた状態
とされている可動帽状体であって、該可動帽状体16は
前記固定帽状体6と同様に頂点を通る複数の分割線によ
り区画される通気部14と非通気部15とが交互に形成
されていて固定帽状体6と可動帽状体16の頂点を中心
として可動帽状体16のみが回動自在に構成されてい
る。なお、この可動帽状体16もアルミニウム製の縦フ
レーム17aと横フレーム17bとよりなるフレーム1
7にその頂点を通る複数の分割線により区画される空間
を交互に彎曲したガラスまたはプラスチックスなどの被
覆材18を装着して通気部14と非通気部15を交互に
複数形成したものとしてある。
【0008】なお、図中21は可動帽状体16の縦フレ
ーム17aに取り付けられる戸車、22は固定帽状体6
の頂部に取り付けられる減速機付きのモータであり、該
モータ22により可動帽状体16は土台1上に載置され
た戸車21を介して正逆回動できるようになっており、
23は土台1に設けられた雨樋、24は可動帽状体16
の下端に全周にわたって垂設される目隠し板で、該目隠
し板24により戸車21が外から見えないようにしてい
る。25は可動帽状体16の横フレーム17bに取り付
けられた風止め板19の下端縁の防水用のシール材、2
6は可動帽状体16の縦フレーム材17aに取り付けら
れるシール材で、天窓を閉じた時、該シール材26によ
り固定帽状体6の縦フレーム7aと可動帽状体16の縦
フレーム17a間がシールされて防水されるものであ
る。27は可動帽状体16の頂部に設けられるセンター
キャップであり、該センターキャップ27により可動帽
状体16の頂部開口から浸入する雨水を防水するもので
ある。28は可動帽状体16の頂部プレートに設けられ
るキャスタ、29は可動帽状体16の通気部14に取り
付けられる水切り板で、可動帽状体16の通気部14か
ら雨水が内部に浸入することを防止している。
【0009】このように構成されたものは、換気や外気
の導入が不要な時は、固定帽状体6の非通気部5と可動
帽状体16の非通気部15とが交互に配置されるように
可動帽状体16を回動させれば、固定帽状体6の各通気
部4と可動帽状体16の各非通気部15とが重り合うと
ともに、固定帽状体6の各非通気部5と可動帽状体16
の各通気部14とも重なり合うこととなる。このため、
固定帽状体6の各通気部4と可動帽状体16の各通気部
14とは固定帽状体6の各非通気部5と可動帽状体16
の各非通気部15によって全て閉鎖されることとなり、
外界と室内とは完全に遮断される。また、外気を導入し
たい場合には、固定帽状体6の各通気部4と可動帽状体
16の各通気部14とが重なり合うよう可動帽状体16
を回動させれば、固定帽状体6の各通気部4と可動帽状
体16の各通気部14は重なり合い、固定帽状体6の各
非通気部5と可動帽状体16の各非通気部15は重なり
合い、このため、固定帽状体6と可動帽状体16の各通
気部4、14同士が連通されるとともに、各非通気部
5、15同士が重なり合い、各通気部4、14と各非通
気部5、15が交互に配置されて天窓の半分の面積が開
口されることとなり換気あるいは外気の導入を行うこと
ができる。なお、各通気部4、14と非通気部5、15
の重なり合う量を可動帽状体16の回動角度を変化させ
ることにより通気量の調整を行うことができる。なお、
実施例では被覆材8、18を透光性のものとしている
が、遮光性のものでもよい。
【0010】また、天窓が中型あるいは大型な場合に
は、フレーム全体をアルミニウムにより構成すると強度
不足となるため、図6に示されるように、固定帽状体と
可動帽状体のフレームを鉄骨格30に被覆材取付用のア
ルミニウム枠25を取り付けたものとすれば、固定帽状
体6と可動帽状体16が大型となっても充分な強度を有
するものとなるうえ、加工の容易なアルミニウム枠25
によりデザイン性が高くしかも、被覆材8、18の取付
作業も鋼製のものに比較して容易なものなる。
【0011】
【考案の効果】本考案は前記説明によって明らかなよう
に、頂点を通る複数の分割線により区画される通気部と
非通気部とが交互に形成された固定帽状体と、頂点を通
る複数の分割線により区画される通気部と非通気部とが
交互に形成された可動帽状体とを該可動帽状体のみが両
者の頂点を中心として回動できるように重ね合わせてあ
るから、従来のように雨仕舞いが外部に突出した突出し
窓を別設する必要はなくて外観がよく、しかも、天窓の
一部に突き出し窓を設けたもと違って天窓の面積の半分
までの所要分を開口として換気できる。従って、本考案
は従来のドーム型或いは円錐型の天窓の問題点を解決し
たものとして実用的価値極めて大きいものがある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の実施例を示す断面図である。
【図2】本考案の実施例の要部を示す縦断面図である。
【図3】本考案の実施例の要部を示す横断面図である。
【図4】本考案の実施例の頂部を示す縦断面図である。
【図5】本考案の固定帽状体と可動帽状体を分離して示
す斜視図である。
【図6】本考案の固定帽状体と可動帽状体のフレームの
他の実施例を示す要部の横断面図である。
【符号の説明】
4 固定帽状体の通気部 5 固定帽状体の非通気部 6 固定帽状体 16 可動帽状体 14 可動帽状体の通気部 15 可動帽状体の非通気部

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 頂点を通る複数の分割線により区画され
    る通気部(4) と非通気部(5) とが交互に形成された固定
    帽状体(6) と、頂点を通る複数の分割線により区画され
    る通気部(14)と非通気部(15)とが交互に形成された可動
    帽状体(16)とが、両者の頂点を中心として可動帽状体(1
    6)のみを回動自在として重ね合わせてあることを特徴と
    する天窓。
  2. 【請求項2】 固定帽状体(6) と可動帽状体(16)の各フ
    レーム(7) 、(17)がいずれも鉄骨格(30)に被覆材取付用
    のアルミニウム枠(31)を取り付けたものである請求項1
    に記載の天窓。
JP326493U 1993-02-08 1993-02-08 天 窓 Active JPH0756428Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP326493U JPH0756428Y2 (ja) 1993-02-08 1993-02-08 天 窓

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP326493U JPH0756428Y2 (ja) 1993-02-08 1993-02-08 天 窓

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0662057U JPH0662057U (ja) 1994-09-02
JPH0756428Y2 true JPH0756428Y2 (ja) 1995-12-25

Family

ID=11552612

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP326493U Active JPH0756428Y2 (ja) 1993-02-08 1993-02-08 天 窓

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0756428Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0662057U (ja) 1994-09-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10093152B2 (en) Shrouded roof vent for a vehicle
US5675940A (en) Skylight leakage barrier
CA2195792A1 (en) Roof ventilation element
GB2366577A (en) Roof ventilation system and method
WO2015191029A1 (en) Shrouded roof vent for a vehicle
JPH0756428Y2 (ja) 天 窓
US4441284A (en) Double dome skylight assembly
JPH0756427Y2 (ja) 天 窓
CN206984289U (zh) 一种船舱用通风筒
US6050893A (en) Cover for an attic fan vent
JP2806256B2 (ja) 換気通風器
US5429405A (en) Vehicle cap
JPH0635101Y2 (ja) 回転窓
CN2474637Y (zh) 蒙古包天窗
CN211173734U (zh) 一种转动上悬平开窗
CN204586459U (zh) 一种带有可旋转的天窗的汽车顶板
CN206128470U (zh) 流线型屋顶通风装置
RU2208106C2 (ru) Конструкция остекленной крыши
JPH06257355A (ja) 建築用ルーバー装置
KR200217226Y1 (ko) 장독뚜껑
CN2480200Y (zh) 晴雨两用通风车顶气窗
CN108086604A (zh) 一种室内通风采光排烟一体化天窗
JPH09112151A (ja) 換気機能付き複層ガラス
JP2562941Y2 (ja) 回転窓の止水構造
BE1017414A3 (fr) Costiere coiffante et enveloppante.

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960621