JPH0752873Y2 - 昇降式床下収納庫 - Google Patents

昇降式床下収納庫

Info

Publication number
JPH0752873Y2
JPH0752873Y2 JP5430289U JP5430289U JPH0752873Y2 JP H0752873 Y2 JPH0752873 Y2 JP H0752873Y2 JP 5430289 U JP5430289 U JP 5430289U JP 5430289 U JP5430289 U JP 5430289U JP H0752873 Y2 JPH0752873 Y2 JP H0752873Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
storage
lid plate
underfloor
plate
lid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP5430289U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02144950U (ja
Inventor
嘉人 薮内
Original Assignee
嘉人 薮内
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 嘉人 薮内 filed Critical 嘉人 薮内
Priority to JP5430289U priority Critical patent/JPH0752873Y2/ja
Publication of JPH02144950U publication Critical patent/JPH02144950U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0752873Y2 publication Critical patent/JPH0752873Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Combinations Of Kitchen Furniture (AREA)
  • Floor Finish (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この考案は、家庭の台所等の床下に飲食料品等を収納す
るための昇降式床下収納庫に関する。
〔従来の技術〕
家庭の台所等の床下に飲食料品等を収納する場合、従来
の収納庫としては単に床下に収納庫の箱を設け、床材と
同じ絵柄の蓋板を床材の一部として載せ、蓋板は二枚割
り、又は一枚の板から形成し、その蓋板に取り付けた沈
式の取手を手で持って両開き又は片開き式に開閉するも
の、あるいは蓋板は上記と同様のものあるいは横スライ
ド式のものを設け、収納庫自体はモータその他の駆動方
式で昇降させる形式のものが既に知られている。
上記蓋板は一般に人手により手動開閉され、大きな収納
庫ではその大きさに伴って相当大きなものとなる。
〔考案が解決しようとする課題〕
上記収納庫が床下に固定して設けられたものでは、蓋板
を開けたり、飲食料品を取り出すのは全く人手によって
なされており、特に大きくて重い蓋板を開閉したり、あ
るいは重い飲食料品を取り出すのは大変な重労働であ
る。
そこで、昇降式の収納庫が使用されるようになっている
が、この場合も蓋板は依然として人手によって開閉する
か、横スライド式の場合は人手によって蓋板をスライド
させるなどして開閉が行われている。しかし、これらの
開閉作業がなお重く、重労働であることに変わりはな
い。
この考案はかゝる従来の人手による蓋板開閉式の床下収
納庫の問題点を解消するべくなされたものであり、蓋板
の開閉から飲食料品を取り出し易くするために収納庫を
昇降自在とすることまで全て押釦一つを押せば自動的に
行なうことのできる昇降式床下収納庫を提供することを
目的とする。
〔課題を解決するための手段〕
そこでこの考案では上記課題を解決するための手段とし
て、飲食料品等を床下に収納するための収納庫と、この
収納庫を受入れるための床下凹所と、前記収納庫を床下
から所定高さ位置まで昇降させるための昇降駆動部と、
前記収納庫を閉じるための少なくとも1つの蓋板とを備
え、蓋板の両側方には所定距離位置に設けた2つの突出
軸を有する蓋板アームをそれぞれ設け、2つの突出軸は
収納庫側板の適宜位置に形成した略Y字形の案内溝に嵌
合せしめ、一端を蓋板アームの側方に結合し他端を床下
凹所の底板適宜位置に結合したワイヤを収納庫側板適宜
高さ位置に設けた反転用ローラを経由して張設し、この
ワイヤの蓋板アームから反転用ローラに向かう張設方向
と対向する方向に引張力を与える弾性部材を蓋板アーム
と収納庫側板の適宜位置間に設けて成る昇降式床下収納
庫の構成を採用したのである。
〔作用〕
上記のように構成したこの考案による昇降式床下収納庫
は、床下凹所内で収納庫がその最下位置に収納された状
態では蓋板上面は床面と同一面になる。
収納庫の昇降は昇降駆動部により行われるが、この昇降
駆動部は、モータリンク機構の組合せ、あるいはシリン
ダ方式のもののいずれの形式のものでもよい。
蓋板の開閉は次のようにして行われる。即ち、蓋板アー
ムに設けられた2つの突出軸はいずれも最下位置では案
内溝の垂直溝に嵌合されている。収納庫が上昇するにつ
れて反転用ローラを介してワイヤが蓋板アームを引き上
げ、上方の突出軸が最上位置まで上昇すると下方の突出
軸が略Y字形の案内溝の半円弧状部に沿って弾性部材の
張力に抗しながら、横方向に引張られつつ引き上げられ
る。このため、蓋板アームの回転につれて蓋板自体も最
上位置で90°回転して垂直に開放される。
蓋板を閉鎖するときは、上記と反対の動作で蓋板が回転
され、引き下げられて最下位置に戻り動作は完了する。
〔実施例〕
以下この考案の実施例について添付図を参照して説明す
る。
第1図は、この考案による昇降式床下収納庫の全体概略
斜視図を示す。この図では収納庫1を床面Xから所定高
さ上昇させて蓋板2を開放した状態を示している。
第2図に第1図の線II−IIから見た側面図(一部断面図
を含む)を示す。図から分るように、この実施例の昇降
式床下収納庫は、飲食料品等を収納する収納庫1、この
収納庫の蓋板2、2、収納庫1を床下で受入れるための
床下凹所3、収納庫を床下から所定高さ位置まで昇降せ
しめるための昇降駆動部4とを備えている。
蓋板2、2にはその両側方にそれぞれ蓋板アーム21が設
けられ、この蓋板アームには図示のような所定距離位置
に2つの突出軸22、22′が設けられている。この2つの
突出軸22、22′は収納庫1の側板11の図示のような適宜
位置に形成した略Y字形の案内溝12に嵌合せしめられて
いる。
昇降駆動部4は、この実施例ではモータ41駆動の回転軸
42により2つのスリーブ43(一方はねじが刻設され、他
方は回転自在)を介して4つのリンク44を屈伸させ、収
納庫1を昇降せしめるように構成されている。このよう
な駆動機構の他にも、例えばシリンダで直接収納庫1を
昇降せしめる機構、あるいはラック・ピニオン方式等種
々の方法の機構が考えられるが、そのいずれの形式のも
のを採用してもよいことは明らかであろう。
前記蓋板アーム21には、これに一端を点51で結合したワ
イヤ5が連結され、その他端は床下凹所3の底板適宜位
置に設けた連絡金具52に連結されている。このワイヤ5
は収納庫側板11の適宜高さ位置に設けた反転用ローラ53
を経由して張設されている。さらにこのワイヤ5の蓋板
アームから反転用ローラ53へ向う張設方向に対向する方
向に引張力を与える弾性部材(この実施例ではばね)6
が蓋板アーム21の点61と収納庫側板11の点62に設けられ
ている。
7は収納庫側板に取り付けられたガイドローラ、7′は
ガイドであり、これらによって収納庫を昇降せしめると
きに収納庫1を上下方向に案内する。
上記のように構成したこの実施例の昇降式床下収納庫は
次のように作用する。
第2図の実線で示す高さ位置で収納庫1は最高位置に持
上げられ、蓋板2は最大に開放されている。この位置で
は、モータ41により回転軸42を回転させ、4つのリンク
44をできるだけ垂直に伸ばして収納庫1がこの位置に保
持されている。この時、蓋板アーム21の突出軸22、22′
は案内溝12の最も高い位置にそれぞれ上昇している。ま
た、ワイヤ5は点51で蓋板アーム21を横方向に引張って
おり、この力に対向して弾性部材6の張力が蓋板アーム
21に加えられ、その力のバランスによって蓋板2は垂直
に開放されている。
スイッチ(図示省略)を押してモータ41を逆転させる
と、4つのリンク44が折れ曲り、収納庫1が下降し始め
第2図の一点鎖線の状態に蓋板2が閉じられる。この場
合、収納庫1の下降に伴ってワイヤ5は反転用ローラ53
から点51までの長さが延び、同時に弾性部材6の張力に
より蓋板アーム21が下方に引張られるため突出軸22が案
内溝12内でそのY字形溝に沿って下降する。突出軸22が
案内溝12の垂直溝に達すると、蓋板2は水平状態とな
り、さらに突出軸22、22′は収納庫1の下降により案内
溝12内を垂直に下降する。そして最終的には第3図の最
下降位置に達する。第4図は第3図の線IV−IVから見た
断面図であり、第5図は上記床下の最下降位置に完全に
収納庫1が収納された状態の斜視図を示す。
収納庫1を上昇させ、蓋板2を開放する動作は上記と全
く反対の方向にモータ41を駆動させることによって行わ
れることは容易に理解されよう。
〔効果〕
以上詳細に説明したように、この考案による昇降式床下
収納庫は収納庫の蓋板アームに設けた突出軸を収納庫側
板に設けた略Y字形の案内溝に嵌合させて案内し、蓋板
アームに取り付けたワイヤとこれに対向張設された弾性
部材の張力によって最下降位置では蓋板を引き付けて閉
鎖するようにし、収納庫の上昇に伴って弾性部材の直力
に抗してワイヤにより蓋板アームを引き上げ、案内溝の
Y字形溝の半円弧状部で蓋板アームを回転させつつ蓋板
を開くようにしたから、スイッチの釦を押すだけで収納
庫の昇降と蓋板の開閉を全て自動的に行なう極めてシン
プルな構成の床下収納庫が得られるという利点が得られ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの考案による昇降式床下収納庫の開放状態で
の全体概略斜視図、第2図はその主要横側面図、第3図
は収納庫を床下に収納した状態の断面図、第4図は第3
図の線IV−IVから見た断面図、第5図は収納庫を床下に
収納した状態の全体概略斜視図である。 1……収納庫、2……蓋板、3……床下凹所、4……昇
降駆動部、5……ワイヤ、6……弾性部材、11……側
板、12……案内溝、21……蓋板アーム、22、22′……突
出軸、41……モータ、53……反転用ローラ。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】飲食料品等を床下に収納するための収納庫
    と、この収納庫を受入れるための床下凹所と、前記収納
    庫を床下から所定高さ位置まで昇降せしめるための昇降
    駆動部と、前記収納庫を閉じるための少なくとも1つの
    蓋板とを備え、蓋板の両側方には所定距離位置に設けた
    2つの突出軸を有する蓋板アームをそれぞれ設け、2つ
    の突出軸は収納庫側板の適宜位置に形成した略Y字形の
    案内溝に嵌合せしめ、一端を蓋板アームの側方に結合し
    他端を床下凹所の底板適宜位置に結合したワイヤを収納
    庫側板適宜高さ位置に設けた反転用ローラを経由して張
    設し、このワイヤの蓋板アームから反転用ローラに向う
    張設方向と対向する方向に引張力を与える弾性部材を蓋
    板アームと収納庫側板の適宜位置間に設けて成る昇降式
    床下収納庫。
JP5430289U 1989-05-10 1989-05-10 昇降式床下収納庫 Expired - Lifetime JPH0752873Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5430289U JPH0752873Y2 (ja) 1989-05-10 1989-05-10 昇降式床下収納庫

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5430289U JPH0752873Y2 (ja) 1989-05-10 1989-05-10 昇降式床下収納庫

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02144950U JPH02144950U (ja) 1990-12-10
JPH0752873Y2 true JPH0752873Y2 (ja) 1995-12-06

Family

ID=31576244

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5430289U Expired - Lifetime JPH0752873Y2 (ja) 1989-05-10 1989-05-10 昇降式床下収納庫

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0752873Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02144950U (ja) 1990-12-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH04359781A (ja) 床下昇降冷蔵庫
JPH0752873Y2 (ja) 昇降式床下収納庫
DE19620973A1 (de) Aufnahmebox für den Unterflureinbau
JPH0259892B2 (ja)
KR102202582B1 (ko) 승하강식 수납장
KR20010049427A (ko) 승강식 수납 유닛
CN216147486U (zh) 一种应用于升降茶几上的驱动安装结构
JP2869278B2 (ja) ゴミ容器反転装置
JPH0749705B2 (ja) 床下収納庫の蓋開閉装置
JPH0525706Y2 (ja)
JPH0246589Y2 (ja)
CN2587239Y (zh) 气动提升式橱柜
JP3077044B2 (ja) 電動床下収納庫
JPH0743972U (ja) 電動昇降式床下収納庫
JP3089344B2 (ja) 電動床下収納庫
JP3112400U (ja) 床下収納庫
JP3715915B2 (ja) 間仕切りパネルの接床装置
JPH0531403B2 (ja)
JPH10157989A (ja) 昇降装置
JPH0755233Y2 (ja) 床下収納庫の蓋開閉装置
JP3013001B2 (ja) 電動床下収納庫の制御装置
JP3034360U (ja) 床下収納ユニット
JPS61135606A (ja) 昇降装置付き家具
JP3049664U (ja) 昇降器付きゴミ容器
JPH0752681Y2 (ja) 台所用々具入れ