JPH0739609A - 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法 - Google Patents

繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法

Info

Publication number
JPH0739609A
JPH0739609A JP5185137A JP18513793A JPH0739609A JP H0739609 A JPH0739609 A JP H0739609A JP 5185137 A JP5185137 A JP 5185137A JP 18513793 A JP18513793 A JP 18513793A JP H0739609 A JPH0739609 A JP H0739609A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
racket
base
mat
fiber
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5185137A
Other languages
English (en)
Inventor
Konan Ra
光 男 羅
Original Assignee
Konan Ra
羅 光男
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Konan Ra, 羅 光男 filed Critical Konan Ra
Priority to JP5185137A priority Critical patent/JPH0739609A/ja
Publication of JPH0739609A publication Critical patent/JPH0739609A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 従来の成形技術のネックを克服して、強度お
よび剛性が大幅に向上されたラケットを成形し、設計を
幅広く行なえる繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの
製造方法を提供することが目的である。 【構成】 その内部繊維が同一方向を呈する予浸材によ
って形成された熱可塑性FRPを基材10として、それ
ぞれ基材10の内部繊維が互いに異なる独自の方向をな
して独特の特性を有するよう適当なサイズに裁断し、し
かる後、ラケットの要求する特性に応じて、下から上へ
と各自の繊維方向が適当な角度に交差するよう或いは重
畳させるよう積み重ね、かつ基材10融点までに加熱し
て軟化状態に溶融し、該軟化状態に加熱された重畳基材
10を巻心20により巻取ってチューブ状マット材30
に形成して、さらに該マット材30をラケットモールド
内に型詰めし、並びに加熱加圧予備形成した後、上記モ
ールドを冷却硬化させ、しかる後離型させてラケット粗
製品をつくり上げるようにする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はラケットの製造方法に関
し、特に熱可塑性樹脂を強化繊維に含浸させた複合材料
を基材として、積層材成形法により成形される繊維強化
熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】因に、繊維強化樹脂(FRP)のような
複合材はすでに次第に合金材に取って変わり、スポーツ
やリクエーションの分野における器材の重要な基礎材料
になっているが、その主な原因は、ERPは十分な強さ
に加え、質が軽く、質感も優れて可塑性に富み、比較的
幅広い設計を行なえるので、より理想的なこの種の器具
を造ることができるからであり、例えばテニス、スカッ
シュ、バドミントン等スポーツ用のラケットが良い例
で、FRPによって造られたラケットの種類はかなり多
く、かつ各種FRPにはそれぞれ違った特性があって、
各種器具が要求する特性に応じて異なる種類のFRPを
材料として選択使用するのである。
【0003】そして、従来のFRPの成形法には、射出
成形、編織成形、巻付成形、および予浸材成形法などが
あり、そのうち、予浸材成形法において長い繊維を単一
方向に揃えて予浸して形成されたプリプレグマットを用
いると、成形品、特にラケットにとって強度の点で好ま
しいにも関わらず、現在のところ、プリプレグマットは
熱硬化性樹脂を含浸させたあと半乾燥状態にして形成さ
れることから、成形時に材料が硬く取り扱い難く、加工
の難度がかなり高いと共に、一旦その硬化温度に加熱す
ると硬化してしまうという欠点がある。また、予浸材成
形の作業速度の角度、方向を揃えたり樹脂の分布状態を
整えるため、疎密調整を行なわなければならないので手
間がかかるなど作業性においても問題点がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記予浸材成形法によ
り、熱可塑性樹脂複合材を基材として必要に応じて反復
加熱軟化させ、容易にラケットを製造できるようにする
ため本発明は、従来の成形技術のネックを克服して、強
度および剛性が大幅に向上されたラケットを成形し、設
計を幅広く行なえる繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケの
製造方法を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明は、その補強繊維が同一方向に揃えられてい
る予浸材シートによって成形された繊維強化熱可塑性樹
脂複合材を基材として、それぞれの基材の繊維が互いに
所定の異なる方向をなすよう適当なサイズに裁断する裁
断処理ステップと、上記裁断されたそれぞれの基材をラ
ケットの要求する特性に応じて、下から上へと各自の繊
維方向が適当な角度に交差して重畳するよう積み重ねて
マット材とし、かつ基材融点までに加熱し並びに適当に
時間コントロールして所定の軟化状態に溶融して、重畳
マット材を巻心により巻取ってチューブ状に形成し、さ
らに上チューブ状マット材を、室内温度において自然乾
燥および冷却硬化させると共に、冷却硬化したチューブ
状マット材から巻心を抜き去る積層処理ステッドと、上
記チューブ状マット材を加熱軟化してラケットモールド
内に型詰めし、かつ加熱および気体を吹き込んで加圧成
形した後、上記モールドを冷却硬化させ、しかる後離型
させる成型処理ステップと上記モールドから粗製品を取
出す粗製品完成ステップとを順にへてラケット粗製品を
作成するように構成される。
【0006】
【作用】上記のように構成された、本発明は、それぞれ
自体の内部繊維が同一方向に揃った複数の予浸シート材
によって形成された熱可塑性繊維強化樹脂複合材を基材
として、該複数のシート基材の繊維方向をそれぞれ異な
る角度方向をなすように再現し、かつラケットの要求す
る特性に応じて、下から上へと各自の繊維方向を適当な
角度に交差重畳させてマット状に積み重ねて、しかる後
基材融点までに加熱して所定の軟化状態に溶融してか
ら、巻心により巻取ってチューブ状マット材に形成し、
さらに該マット材を自然乾燥および冷却硬化させて巻心
を抜き取り、続いて該マット材を加熱軟化してラケット
モールド内に型詰めし、並びに加熱加圧成形した後、冷
却硬化させてラケット粗製品を造り上げるようにしてい
るので、繊維方向の違いから積層基材の特性を総合的に
ラケット成品に発揮させて、強度および剛性を著しく向
上させることができる。
【0007】この発明の上記またはその他の目的、特徴
および利点は、図面を参照した以下の実施例の詳細な説
明から一層あきらかとなろう。
【0008】
【実施例】本発明の繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケッ
トの製造方法は、その補強繊維を同一方向にしたシート
材予浸材で形成された熱可塑性樹脂材を基材とした方法
であって、本実施例ではナイロン6(Nylon 6)
の類いの熱可塑性樹脂材を採用する。因に上記ナイロン
6の類いは、あらゆる樹脂材の中でも優れた特性を具え
ており、本発明の製造方法によればその加工性の難度を
克服できるので、特性優れたラケットを製造することが
でき、第1図に示すように、本発明の製造方法は次のス
テップを順にして行なわれる。 1. 裁断処理A:それぞれ自体の内部繊維が同一方向
に揃えられている複製のシート状予浸材によって形成さ
れた可塑性樹脂複合材を基材として、それぞれ基材が異
なる特性を有するように、各基材の内部繊維を独自の異
なる角度方向に延伸させるよう適当なサイズに裁断す
る。 2. 積層処理B:第2図に示す如く、このステップは
更に下記のようなステップに分けられる。すなわち、 (a) 積重:各自内部繊維が独自の異なる角度方向に
延伸するよう適当なサイズに裁断された複数の基材10
を、ラケットの要求される特性に応じて、下から上へと
それぞれの繊維方向が適当な角度で交差重畳させるよう
積み重ねる。 (b) 加熱:樹脂基材10の融点をもとにして、上記
積み重ねられた基材10を融点までに加熱し、かつ適当
に時間コントロールして所定の軟化状態に溶融する。例
えばナイロン 6樹脂の融点は230℃である。 (c) 巻取り:一本の直径適当な巻心20により上記
所定の軟化状態に加熱された重畳基材10を巻取ってチ
ューブ状マット材30に形成する。 (d) 冷却:上記巻心20に巻取られたマット材30
を、室内温度において全乾燥並びに冷却硬化して成形す
る。 (e) 巻心抜き:しかる後、冷却硬化したチューブ状
マット材30から巻心20を抜き去る。 3. 成形処理C:上記巻心を抜かれたチューブ状マッ
ト材30を加熱軟化(f)して、ラケットモールド内に
型詰め(g)し、かつ加熱および気体を吹き込んで加圧
(h)して予備成形した後、上記モールドを冷却硬化
(i)させ、さらに離型(j)する。 4. 粗製品完成D:上記モールドから取出してラケッ
ト粗製品を完成する。
【0009】上記製造ステップにおける上記それぞれ基
材10の繊維方向の角度配置およびサイズの裁断は、実
験テストの数値データによって決定され、その繊維方向
の上下角度は0〜360度まであって、マット材30を
形成するよう重畳積層する時は、ラケットの要求される
特性に応じて、それぞれ基材10の繊維方向をもっとも
理想的な角度に、下から上へと適当に交差させながら積
み重ねる。そして、上記巻心20によって巻取られたマ
ット材30は、室内温度において自然乾燥並びに冷却処
理をしてほぼ1分間すると硬化定形し、そのラケット粗
製品はさらに研磨、漆塗り、印刷など加工ステップを施
されてラケット成品になる。
【0010】上記熱可塑性基材は該基材の融点以上に加
熱されると溶融軟化し始め、その融点より摂氏20度ほ
ど低い温度に冷却されると硬化をし始める。そして、本
発明の製造方法が基材の成形硬化した後の加工困難度を
克服できるのは、マット材内部における各層基材の異な
る特性を、成形されたラケットに発揮させて強度および
剛性を向上させるようにしたことである。すなわち、そ
れぞれ基材の異なる繊維方向を適当な角度に交差重畳さ
せてラケットの要求する特性にマッチするマット材を形
成し、そのマット材によりもっとも理想的なラケットを
製造することができるからである。
【0011】
【発明の効果】上記のように構成された本発明は、補強
繊維が同一方向をなす複数の予浸材によって成形された
熱可塑性FRPを基材として、該複数の基材の繊維方向
がそれぞれ異なる独自の方向をなすよう再現し、そし
て、これら基材のそれぞれの異なる繊維方向をラケット
の要求する特性に応じて、色々な態様で交差重畳してマ
ット材を形成し、かつこのマット材によりラケット粗製
品を造るので、要求される特性、例えば高比強度および
高比剛性をラケット成品に具備させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケット
の製造方法のフローシート。
【図2】本発明の繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケット
の製造方法におけるマット材の成型過程を示す図。
【符号の説明】
10 基材 20 巻心 30 マット材 A 裁断処理 B 積層処理 C 成型処理 D 粗製品完成

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】その補強繊維が同一方向に揃えられている
    予浸材シートによって形成された繊維強化熱可塑性樹脂
    複合材を基材10として、 それぞれ基材10の繊維が互いに所定の異なる方向をな
    すよう適当なサイズに裁断する裁断処理Aステップと、 前記裁断されたそれぞれ基材10をラケットの要求する
    特性に応じて、下から上へと各自の繊維方向が適当な角
    度に交差して重畳するよう積み重ねてマット材30と
    し、かつ基材10融点までに加熱し並びに適当に時間コ
    ントロールして所定の軟化状態に溶融して、該重畳マッ
    ト材30を巻心により巻取ってチューブ材に形成し、さ
    らに前記チューブ状マット材30を、室内温度において
    自然乾燥および冷却硬化させると共に、冷却硬化したチ
    ューブ状マット材30から巻心を抜き去る積層処理Bス
    テップと、 上記チューブ状マット材30を加熱軟化してラケットモ
    ールド内に型詰めし、かつ加熱および気体を吹き込んで
    加圧成形した後、前記モールドを冷却硬化させ、しかる
    後離型させる成型処理Cステップと、 前記モールドから粗製品を取出す粗製品完成Dステップ
    と、を順にへてラケット粗製品を作成するようにしたこ
    とを特徴とする、繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケット
    の製造方法。
JP5185137A 1993-07-27 1993-07-27 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法 Pending JPH0739609A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5185137A JPH0739609A (ja) 1993-07-27 1993-07-27 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5185137A JPH0739609A (ja) 1993-07-27 1993-07-27 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0739609A true JPH0739609A (ja) 1995-02-10

Family

ID=16165526

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5185137A Pending JPH0739609A (ja) 1993-07-27 1993-07-27 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0739609A (ja)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0584331A (ja) * 1991-04-12 1993-04-06 Asahi Chem Ind Co Ltd ラケツトフレーム
JPH05169560A (ja) * 1991-12-20 1993-07-09 Nitto Boseki Co Ltd パイプ状成形物の成形方法

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0584331A (ja) * 1991-04-12 1993-04-06 Asahi Chem Ind Co Ltd ラケツトフレーム
JPH05169560A (ja) * 1991-12-20 1993-07-09 Nitto Boseki Co Ltd パイプ状成形物の成形方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5262118A (en) Method for producing a hollow FRP article
US5318742A (en) Method of making bicycle tubular frame of plastic composite material
US5460369A (en) Composite baseball bat
CA1247318A (en) Method of forming a fiber reinforced composite article of complex configuration
US5198058A (en) Method of making golf club of plastic composite material
JPH0739609A (ja) 繊維強化熱可塑性樹脂複合材ラケットの製造方法
JPH0686841A (ja) ゴルフクラブヘッドおよびその製法
JP2501397B2 (ja) プラスチック複合材料製ラケットフレ―ム
JP2006001074A (ja) 繊維強化樹脂製中空成形体の製造方法
JPH09277390A (ja) Frp成型体の製造方法およびfrp製パイプの製造方法
KR950005519A (ko) 섬유강화 열가소성 수지 복합재 라켓의 제조방법
JPH0731336A (ja) 湾曲した積層管の製造方法
JPH10151692A (ja) 繊維強化プラスチック製品
JP2568150B2 (ja) ラケットフレーム
US20090174114A1 (en) Method of making composite baseball bat
KR102307481B1 (ko) 프리폼을 이용한 복합재 제조방법
JPS6482920A (en) Manufacture of arm member of frp
CN1098680A (zh) 纤维强化热塑性树脂复合材料球拍的制造方法
JPH06270149A (ja) ガラス繊維プリフォーム製品の製造方法
JP4052486B2 (ja) Frp成形品の製造方法
JPH05293841A (ja) 積層複合成形体の製法
WO1996007533A1 (en) Method of making composite product of tubular structure using clamshell mold
JPH05228228A (ja) ラケットフレーム及びその製造方法
KR100531685B1 (ko) 헬멧용 카본쉘 및 그 성형방법
JP2543429Y2 (ja) ラケットフレーム