JPH0734130Y2 - 換気口付窓装置 - Google Patents

換気口付窓装置

Info

Publication number
JPH0734130Y2
JPH0734130Y2 JP1988041997U JP4199788U JPH0734130Y2 JP H0734130 Y2 JPH0734130 Y2 JP H0734130Y2 JP 1988041997 U JP1988041997 U JP 1988041997U JP 4199788 U JP4199788 U JP 4199788U JP H0734130 Y2 JPH0734130 Y2 JP H0734130Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
window
shoji
frame
small
screen
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1988041997U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01151593U (ja
Inventor
幸彦 吉田
Original Assignee
不二サッシ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 不二サッシ株式会社 filed Critical 不二サッシ株式会社
Priority to JP1988041997U priority Critical patent/JPH0734130Y2/ja
Publication of JPH01151593U publication Critical patent/JPH01151593U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0734130Y2 publication Critical patent/JPH0734130Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) この考案に係る換気口付窓装置は、一般家屋の居間、或
は厨房等の窓開口に設け、窓障子の閉鎖時に於いても、
最低限の換気を行なえる様にするものである。
(従来の技術) 一般家屋、或はビルディング等の窓開口には、アルミニ
ウムサッシ製の窓装置を設ける事が広く行なわれてい
る。アルミニウムサッシ製の窓装置は、旧来の木製の窓
装置の場合に比べて、気密性、耐久性、操作性等、多く
の面で優れている。ところが、場合によっては気密性が
良過ぎる事で、かえって問題となる場合がある。
即ち、窓を完全に閉じた状態のまま、室内を暖房した
り、或は多数の人間が長時間室内に居続けたりした場
合、室内の空気が汚れ、健康的に悪影響が生じる。窓障
子を少し開けておけば、適当に換気が行なわれて、この
様な問題が生じる事はない。しかしながら、降雨時等に
は、窓障子を少しでも悪と室内に雨が吹き込む場合があ
り、又就寝時等には防犯の面から、窓障子を少しとは言
え、開けられない場合が多い。
この為従来から、窓障子の上部に換気用の小窓(無双
窓)を設け、この小窓を開く事により、窓障子を閉じた
ままの状態で、室内外の換気を行なえる様にする事が行
なわれている。
(考案が解決しようとする課題) ところが、上述の様に、単に窓障子の上部に換気用の小
窓を設けただけでは、次に述べる様な問題が生じる。即
ち、換気用の小窓は、窓障子の高い位置に設ける為、開
閉作業が面倒なのが現状である。この為従来は、換気が
必要な状況であるにも拘らず小窓を閉じたままの状態で
あったり、或は、換気が不要であるにも拘らず、小窓を
開放したままの状態にして、室内の冷暖房効率を悪くす
る事が多かった。
本考案の換気口付窓装置は、換気口の開閉を容易に行な
える様にする事で、上述の様な不都合を解消するもので
ある。
(課題を解決するための手段) 本考案の換気口付窓装置のうち、請求項1に記載された
ものは、上枠と下枠と左右の竪枠とから成る窓枠と、上
框と下框と左右の竪框とで四周を囲まれ、上記窓枠の内
側に建て込まれた窓障子と、各框によって四周を囲まれ
たこの窓障子の内側を、換気口となる上部を除いて塞ぐ
パネルと、少なくとも何れか1本の竪框に沿って配設さ
れ、何れかの框に付設された正転、逆転の切り換え自在
なモータによって捻り方向に回転する螺子杆と、この螺
子杆を配設した竪框に沿って移動自在で、移動に伴なっ
て上記換気口を開閉する小障子と、この小障子の少なく
とも一竪側縁に固定され、上記螺子杆と螺合するナット
片と、上記モータに通電する通電手段と、モータの起
動、停止、並びに回転方向の制御を行なう制御スイッチ
とから構成されている。
上記小障子は、上記各竪框の内側に昇降自在に配置され
た左右1対の小障子用竪框と、その両端部をこれら各小
障子用竪框の上端部に結合された小障子用上框と、その
両端部を上記小障子用竪框の中間部内側面に連結固定さ
れた小障子用下框とを備える。更に、上記小障子用上框
及び小障子用下框の両端部は、上記窓障子を構成する左
右1対の竪框の内側面の一部に形成された鉛直方向に長
い切り欠きに遊合している。
又、請求項2に記載されたものは、通電手段を、窓障子
の一部で、この窓障子の閉鎖時に窓枠の何れかの部分と
対向する部分に固定されたプラグと、このプラグとモー
タとを結ぶ導線と、窓枠の一部に固定され、窓障子の閉
鎖時に上部プラグと電気的に導通するソケットと、この
ソケットに給電する電源とから構成している。
更に、請求項3に記載されたものは、通電手段を、窓障
子の一部と窓枠の一部とを接続する可撓性を有する導線
と、この導線に給電する電源とから構成している。
(作用) 上述の様に構成される本考案の換気口付窓装置は、制御
スイッチによりモータを回転させ、螺子杆を適当な方向
に回転させれば、この螺子杆に螺合したナット片が框に
沿って移動し、このナット片を固定した小障子が、換気
口を開閉する。
即ち、請求項2に記載した考案の場合、窓障子を閉じる
と、この窓障子に固定したプラグと窓枠に固定したソケ
ットとが電気的に導通し、制御スイッチの切り換えに伴
なって、窓障子に設けたモータを起動或は停止し、更に
は正転、逆転の切り換えを自在な状態となる。又、請求
項3に記載された考案の場合、導線を通じて常にモータ
に通電可能である為、窓障子の開閉状態に関係なく、小
障子の開閉を行なう事が出来る。
この様にして小障子を開閉する場合に、小障子が上昇し
切った状態では、この小障子を構成する左右1対の小障
子用竪框の一部で小障子用下框よりも下方に突出した部
分が、引戸障子を構成する竪框の内側面に形成した切り
欠きを塞ぐ。この為、小障子を昇降させるべく上記各竪
框に形成した切り欠きが、そのまま露出する事がない。
(実施例) 第1〜9図は本考案の実施例を示している。窓枠1は、
上枠2と下枠3と左右の竪枠4、4とを組み合わせる事
で矩形枠状に構成されている。この窓枠1の内側には3
枚の窓障子5a、5b、6を建て込む事で、窓枠1を固定し
た窓開口を開閉自在としている。
各窓障子5a、5b、6は、それぞれ上框7と下框8と左右
の竪框9、9とで四周を囲み、その内側にガラスパネル
10を装着する事で構成されている。但し、中央の窓障子
6は、各框7、8、9の内側を総てガラスパネル10によ
り覆っているのに対し、左右両側の窓障子5a、5bには、
各窓障子5a、5bを構成する左右の竪框9、9の、上部内
側面同士を結ぶ無目材11を設け、この無目材11の下側部
分のみを、ガラスパネル10により覆っている。
即ち、左右両側の窓障子5a、5bに於いては、上記無目材
11と上框7と左右の竪框9、9の上端部とで四周を囲ま
れる部分を換気口12として、各窓障子5a、5bの閉鎖時に
於いても、各換気口12、12を通じて、室内の換気を行な
える様に構成している。図示の実施例の場合、各換気口
12、12には、網戸18、18を装着し、換気口12、12の開放
時に於いても、室内に虫等が進入しない様にしている。
そして、左右の窓障子5a、5bを構成する左右の竪框9、
9のうち、それぞれ中央側(左の窓障子5aの場合右側、
右の窓障子5bの場合左側)の竪框9、9の内側に、螺子
杆13(第4図)を配設している。この螺子杆13は、捻り
方向の回転自在として、竪框9に支承したもので、その
下端部は、減速機15を介して、正転、逆転の切り換え自
在なモータ14(第7図)に結合されている。この螺子杆
13と螺合したナット片16が、上記モータ14により螺子杆
13を捻り方向に回転した場合に、螺子杆13が配設された
竪框9に沿って昇降する。
小障子17、17は、窓障子5a、5bの竪框9、9に沿って昇
降自在で、移動に伴なって各窓障子5a、5bの上端部に設
けた換気口12、12を開閉する。これら各小障子17、17
は、中央の窓障子6と同様に、ガラスパネル22の四周
を、小障子用上框19と小障子用下框20と左右の小障子用
竪框21a、21bとで囲む事により構成している。
但し、各小障子17、17の場合、左右の小障子用竪框21
a、21bの長さ寸法をガラスパネル22の高さ寸法よりも十
分に大きくしている。そして、小障子用下框20の両端
を、左右の小障子用竪框21a、21bの中間部内側面に突き
当てて連結する事により、上記各框19、20、21a、21b
を、第6図に示す様に、鳥居形に組み立てている。
そして、この様に構成された小障子17は、左右の窓障子
5a、5bの上部に昇降自在に組み込み、昇降に伴なって、
各窓障子5a、5bの上部に設けた換気口12、12を開閉する
様にしている。即ち、各窓障子5a、5bを構成する竪框
9、9の内壁23、23(第5図)上部には、小障子17を構
成する小障子用竪框21a、21bの長さとほぼ同じ(小障子
用上下両框19、20によりガラスパネル22を挟んだ部分の
高さよりも十分に長い)切り欠き24、24(第4図)を形
成している。そして、これら両切り欠き24、24を通じて
上記各小障子17、17の左右両端部を、各窓障子5a、5bを
構成する竪框9、9の内側に挿入している。
これら各小障子17、17を構成する小障子用竪框21a、21b
のうち、中央側の小障子用竪框21bの上下両端部には、
ガイドローラ25、25を設けている。そして、これら各ガ
イドローラ25、25を、窓障子5a、5bの竪框9、9の内側
に形成されたガイド溝部26(第4〜5図)に係合させて
いる。これら各ガイドローラ25、25の働きにより、上記
中央側の小障子用竪框21bが各窓障子5a、5bの竪框9の
内側で、軽い力で昇降する。小障子用上下両框19、20、
ガラスパネル22、及び他方の小障子用竪框21aは、この
中央側小障子用竪框21bに片持式に支持されている。
そして、中央側の小障子用竪框21bが一方の竪框9の内
側で昇降するのに伴なって、外側の小障子用竪框21aが
他方の竪框9の内側で昇降する様に構成している。尚、
小障子17を構成する左右の小障子用竪框21a、21bの下部
内側面で、小障子用下框20よりも下方に位置する部分に
はカバー片27、27を装着して、小障子17の上昇時に、こ
の小障子17の下方に露出する切り欠き24、24を塞ぐ様に
している。この為、換気窓を閉鎖すべく小障子17を上昇
させた場合にも、上記各切り欠き24、24がそのまま上記
各竪框9、9の内側面に露出する事がなくなり、換気窓
閉鎖時の体裁を整える事が出来る。尚、カバー片27、27
は、小障子用竪框21a、21bの形状によっては、省略して
も良い。
又、小障子17の小障子用竪框21bの外側縁に形成した突
縁28と、上記螺子杆13と螺合したナット片16とは、螺子
29により結合し、このナット片16の昇降に伴なって小障
子17が昇降する様にしている。
各窓障子5a、5bを構成する左右の竪框9、9のうち、閉
鎖時に窓枠1の竪枠4、4と対向する外側の竪枠9の上
端部外側面には、プラグ30を固定している。このプラグ
30と上記螺子杆13を駆動する為のモータ14とは、途中に
コネクタ31を設けた導線32により接続し、プラグ30と電
源(例えばDC12V)とを接続する事により、モータ14を
正転、或は逆転させる様に構成している。
一方、窓枠1を構成する竪枠4の上端部内側面にはソケ
ット33を固定し、窓障子5a、5bの閉鎖に伴なって竪框9
と竪枠4とが近付いた場合に、このソケット33と上記プ
ラグ30とが電気的に導通する様にしている。
このソケット33は、モータ14の起動、停止、並びに回転
方向の制御を行なう制御スイッチ34を介して、図示しな
い電源に通じている。尚、この制御スイッチ34は、壁面
に設けて直接手で操作出来る様にする他、壁面上部に設
け、超音波、或は赤外線で送信するリモートコントロー
ルスイッチにより切り換える様に構成する事も出来る。
更に、室内に設けた温度センサや空気の汚れを検出する
センサ、或は室外に設けた雨滴センサや風力センサから
の信号に基づき、自動的に小障子17の開閉を行なう様に
構成しても良い。
上述の様に構成される本考案の換気口付窓装置の場合、
窓障子5a、5bを閉じると、各窓障子5a、5bの竪框9、9
の上端部外側面に固定したプラグ30と、窓枠1の竪枠
4、4の上端部内側面に固定したソケット33とが電気的
に導通する。そして、制御スイッチ34の切り換えに伴な
って、各窓障子5a、5bに設けたモータ14を起動或は停止
し、更には正転、逆転の切り換えを自在な状態となる。
この状態で制御スイッチ34の切り換えによりプラグ30側
に電気を送り、モータ14により螺子杆13を適当な方向に
回転させれば、この螺子杆13に螺合したナット片16が各
窓障子5a、5bの竪框9に沿って昇降する。そして、この
ナット片16に固定の小障子用竪框21bに片持式に支持さ
れた小障子17が、窓障子5a、5bの上部で昇降して、各窓
障子5a、5bの上端部に設けた換気口12、12を開閉する。
窓障子5a、5bを開放した状態に於いては、各窓障子5a、
5bの竪框9の上端部外側面に固定したプラグ30と、窓枠
1の竪枠4の上端部外側面に固定したソケット33とが離
れる。この結果、電源とモータ14との電気的導通が不可
能になって、このモータ14により小障子17を昇降させ、
換気口12を開閉する事が出来なくなる。但し、窓障子5
a、5bの開放時には、窓枠1の内側に十分に大きな開放
空間が形成され、小障子17により開閉される換気口12、
12を通じての換気は不要になる。従って、小障子17、17
の昇降が不能になっても、特に問題とはならない。
尚、図示の実施例の場合、各小障子17、17を構成する左
右の小障子用竪框21a、21bのうち、中央寄りの小障子用
竪框21bにのみガイドローラ25、25を設け、小障子17を
この小障子用竪框21bに対して片持ち式に支持してい
る。但し、要求される寸法精度が高くなっても構わなけ
れば、ガイドローラ25、25を左右の小障子用竪框21a、2
1bの双方に設け、小障子17を両持ち式に支持しても良
い。
又、プラグ30とソケット33とは、図示の場合と異なり、
それぞれを上框7の上面と上枠2の下面とに設ける事も
出来る。
又、図示の実施例に於いては、換気用の小障子17を設け
る窓障子5a、5bを引戸式に開閉する様に構成している
が、本考案の換気口付窓装置は、昇降式窓、或は回転式
窓に適用する事も可能である。
更に、窓障子5a、5bに設けたモータ14に通電する為の通
電手段として、図示の実施例の様なプラグ30とソケット
33とに代えて、窓障子5a、5bの一部と窓枠1の一部とを
接続する可撓性を有する導線を採用する事も出来る。こ
の場合は、窓障子5a、5bを開放した状態に於いても、小
障子17の開閉が可能となる。
(考案の効果) 本考案の換気口付窓装置は、以上に述べた通り構成され
作用する為、簡単な操作で換気口の開閉を行なえ、換気
口を開くのが面倒で、室内の空気を汚れたままの状態と
したり、或は換気が不要な際にも換気口を開いたままの
状態として、冷暖房効率を悪くする事がなくなる。又、
換気口を閉鎖すべく小障子を移動させた場合にも、この
小障子を移動させる為に各竪框に形成した切り欠きがそ
のまま上記各竪框の内側面に露出する事がなく、換気口
閉鎖時の体裁を整える事が出来る。
【図面の簡単な説明】
第1〜9図は本考案の実施例を示しており、第1図は窓
装置の全体構成を示す正面図、第2図は窓枠の内側に建
て込まれた複数枚の窓障子の位置関係を示す略平面図、
第3図は第1図のA−A断面図、第4図は同B−B断面
図、第5図は同C−C断面図、第6図は小障子の框組立
を示す正面図、第7図はモータに通電する為の電気系統
を示す正面図、第8図は換気口を閉じた状態を、第9図
は同じく開いた状態を、それぞれ示す窓障子の正面図で
ある。 1:窓枠、2:上枠、3:下枠、4:竪枠、5a、5b、6:窓障子、
7:上框、8:下框、9:竪框、10:ガラスパネル、11:無目
材、12:換気口、13:螺子杆、14:モータ、15:減速機、1
6:ナット片、17:小障子、18:網戸、19:小障子用上框、2
0:小障子用下框、21a、21b:小障子用竪框、22:ガラスパ
ネル、23:内壁、24:切り欠き、25:ガイドローラ、26:ガ
イド溝部、27:カバー片、28:突縁、29:螺子、30:プラ
グ、31:コネクタ、32:導線、33:ソケット、34:制御スイ
ッチ。

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】上枠と下枠と左右の竪枠とから成る窓枠
    と、上框と下框と左右の竪框とで四周を囲まれ、上記窓
    枠の内側に建て込まれた窓障子と、各框によって四周を
    囲まれたこの窓障子の内側を、換気口となる上部を除い
    て塞ぐパネルと、少なくとも何れか1本の竪框に沿って
    配設され、何れかの框に付設された正転、逆転の切り換
    え自在なモータによって捻り方向に回転する螺子杆と、
    この螺子杆を配設した竪框に沿って移動自在で、移動に
    伴なって上記換気口を開閉する小障子と、この小障子の
    少なくとも一竪側縁に固定され、上記螺子杆と螺合する
    ナット片と、上記モータに通電する通電手段と、モータ
    の起動、停止、並びに回転方向の制御を行なう制御スイ
    ッチとから成り、上記小障子は、上記各竪框の内側に昇
    降自在に配置された左右1対の小障子用竪框と、その両
    端部をこれら各小障子用竪框の上端部に結合された小障
    子用上框と、その両端部を上記小障子用竪框の中間部内
    側面に連結固定された小障子用下框とを備え、上記小障
    子用上框及び小障子用下框の両端部は、上記窓障子を構
    成する左右1対の竪框の内側面の一部に形成された鉛直
    方向に長い切り欠きに遊合している換気口付窓装置。
  2. 【請求項2】通電手段が、窓障子の一部で、この窓障子
    の閉鎖時に窓枠の何れかの部分と対向する部分に固定さ
    れたプラグと、このプラグとモータとを結ぶ導線と、窓
    枠の一部に固定され、窓障子の閉鎖時に上記プラグと電
    気的に導通するソケットと、このソケットに給電する電
    源とから成る、請求項1に記載の換気口付窓装置。
  3. 【請求項3】通電手段が、窓障子の一部と窓枠の一部と
    を接続する可撓性を有する導線と、この導線に給電する
    電源とから成る、請求項1に記載の換気口付窓装置。
JP1988041997U 1988-03-31 1988-03-31 換気口付窓装置 Active JPH0734130Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988041997U JPH0734130Y2 (ja) 1988-03-31 1988-03-31 換気口付窓装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988041997U JPH0734130Y2 (ja) 1988-03-31 1988-03-31 換気口付窓装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01151593U JPH01151593U (ja) 1989-10-19
JPH0734130Y2 true JPH0734130Y2 (ja) 1995-08-02

Family

ID=31268425

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1988041997U Active JPH0734130Y2 (ja) 1988-03-31 1988-03-31 換気口付窓装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0734130Y2 (ja)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5012224U (ja) * 1973-05-28 1975-02-07
JPS598491U (ja) * 1982-07-09 1984-01-19
JPH0318104B2 (ja) * 1982-07-20 1991-03-11 Norisue Ishihara
JPS63226490A (en) * 1986-10-07 1988-09-21 Chuo Hatsujo Kk Window for building

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01151593U (ja) 1989-10-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1993011332A1 (en) A window with a frame of extruded profile members
KR101367913B1 (ko) 커튼박스 일체형 창호구조
KR101693796B1 (ko) 자연채광을 도모할 수 있는 공동주택용 도어
JPH0734130Y2 (ja) 換気口付窓装置
KR20130004711U (ko) 전동 환기창
KR20080004754A (ko) 자동개폐장치가 구비된 발코니 도어
JP3268037B2 (ja) 複層型ルーバー
US5435101A (en) Operating mechanism for sliding window and door sashes
JPH0729158Y2 (ja) 通風ドア
JP2021055349A (ja) 電動ルーバー
WO2001077472A1 (en) Window assembly
KR102236387B1 (ko) 공동주택용 자동개폐형 복도 창문
KR102068117B1 (ko) 루버 시스템
KR100326649B1 (ko) 차양 기능을 갖는 다용도 방범창문
GB2268957A (en) Balanced window panel assembly.
JPH0729159Y2 (ja) 通風ドア
CN213627373U (zh) 一种电致变色智能卫浴窗户
CN106639731A (zh) 一种电动式天窗
JPH0643430Y2 (ja) 建物用窓
KR200173252Y1 (ko) 건물용 환기장치
CN214403227U (zh) 一种360度旋转窗
CN213838272U (zh) 一种智能铝合金门窗
CN211313829U (zh) 一种内外窗一体化智能控制装置
CN210685796U (zh) 一种自动防风防雨的铝合金门窗
JP2500511Y2 (ja) ル―バ窓の閉鎖確認装置