JPH07328025A - Medical laser device - Google Patents

Medical laser device

Info

Publication number
JPH07328025A
JPH07328025A JP13072694A JP13072694A JPH07328025A JP H07328025 A JPH07328025 A JP H07328025A JP 13072694 A JP13072694 A JP 13072694A JP 13072694 A JP13072694 A JP 13072694A JP H07328025 A JPH07328025 A JP H07328025A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
laser beam
laser
medical
means
fiber bundle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP13072694A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshio Enomoto
Hideo Okubo
英男 大久保
義雄 榎本
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a medical laser device having high light conductivity and good operability without being broken by a laser beam.
CONSTITUTION: This medical laser device is constituted of a Q-switch ruby laser oscillator 101 oscillating a high-output laser beam, a fiber bundle 113 having an incidence end section integrated with multiple optical fibers by the fusion of clad and introducing the laser beam, and a hand piece 103 fitted at the outgoing end section of the fiber bundle 113 and radiating the laser beam to a treatment portion.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、医用レーザ装置に係り、特にレーザビームをハンドピースに導光する導光路の改良に関する。 The present invention relates to relates to a medical laser apparatus, and more particularly, to an improvement of the light guide for guiding the laser beam to the handpiece.

【0002】 [0002]

【従来の技術】痣等の皮膚疾患を形成する組織(異常組織)を治療するものとして医用レーザが知られている。 Medical lasers are known to treat BACKGROUND ART tissue forming the skin diseases such as bruising (abnormal tissue).
この治療は、正常組織にはあまり吸収されず異常組織に多く吸収される特定の波長のレーザビーム(例えばルビーレーザ)を照射することで正常組織の損傷をできるだけおさえながら異常組織を破壊することを基本原理としている。 This treatment is to destroy only the presser while abnormal tissue can damage normal tissue by irradiating a laser beam of a specific wavelength in the normal tissue is absorbed much the abnormal tissue is poorly absorbed (e.g. ruby ​​laser) It is the basic principle. すなわち異常組織は以下のように破壊される。 That abnormal tissue is destroyed as follows.
レーザビームを表皮に照射すると、一部は表面で反射し、残りが皮膚内に進入する。 When a laser beam is irradiated to the skin, a portion thereof is reflected by the surface and the remainder enters the skin. レーザビームは皮膚内で少しづつ散乱吸収され、その強度が弱まりながら透過していく。 The laser beam is little by little scattering in the skin, gradually transmitted while weaken its strength. このレーザビームは異常組織に到達すると、そのほとんどが吸収されて熱に変わりこの熱によって異常組織を破壊する。 When the laser beam reaches the abnormal tissue, most of destroying abnormal tissue by the thermal changes to be absorbed heat.

【0003】また、この治療は、治療時間が長時間になるほど正常組織に与える影響が大きくなるため、できるだけ短時間(望ましくは40nsec以下)で異常組織を破壊することが望まれている。 [0003] This treatment, because the effect on the more normal tissue treatment time is long increases, it is desirable to destroy as quickly as possible (preferably 40nsec or less) in abnormal tissue. 特に、治療部位が深在性の場合、レーザビームの減衰が大きいため大きなピーク出力を有するものでなければならない。 In particular, if the treatment site is profound, shall have a high peak output for attenuation of the laser beam is large.

【0004】それに応えるものとして、短時間で高い出力のレーザビーム(以下、ジャイアントパルスという。)を発振可能なQスイッチ法と呼ばれる技術が開発された。 [0006] To meet it, a laser beam of a short time at a high output (hereinafter, referred to as giant pulse.) Technique called can oscillate Q switch method has been developed. しかし、このQスイッチ法によりジャイアントパルスを発振することは可能となったが、従来の導光路(光ファイバ導光方式、ミラージョンイント導光方式) However, it became possible to oscillate a giant pulse by the Q-switched, conventional light guide (optical fiber light guide system, mirror John Into guiding system)
では種々の問題がある。 In there are a variety of problems.

【0005】以下、従来の光ファイバ導光方式について説明する。 [0005] The following describes a conventional optical fiber light guide system.

【0006】図5は、光ファイバの概略構成図である。 [0006] Figure 5 is a schematic diagram of an optical fiber.
光ファイバは、図5に示すように、所定の屈折率を有する透明体で構成された領域501(以下、コアという) Optical fiber, as shown in FIG. 5, the region composed of a transparent body having a predetermined refractive index 501 (hereinafter, referred to as the core)
と、コア501より屈折率の低い領域502(以下、クラッドという)から構成される。 When a low region 502 refractive index than the core 501 (hereinafter, referred to as cladding) composed.

【0007】図5に示すように光ファイバを用いて導光する場合、レーザ発振器で発振されたレーザビームは、 [0007] If the guiding using an optical fiber as shown in FIG. 5, the laser beam oscillated by the laser oscillator,
レンズにより光ファイバの入射端部に集光される。 It is focused on the incident end of the optical fiber by the lens. 集光されたレーザビームは、光ファイバにより光ファイバの出射端部に設けられたハンドピースに導光される。 Focused laser beam is guided to the handpiece provided in the exit end of the optical fiber by the optical fiber. この導光されたレーザビームは、ハンドピースを介して治療部位に照射される。 The guiding laser beam is irradiated to the treatment site through the handpiece. 尚、光ファイバを用いた導光路全体の導光率は、約60%である。 Incidentally, light guide path overall light rate using optical fibers is about 60%.

【0008】このような光ファイバを用いて高出力のレーザビームを照射する場合、次のような問題がある。 [0008] When irradiating a laser beam of high output by using such an optical fiber has the following problems.

【0009】図5aに示すような1本の光ファイバで導光する場合、光ファイバ端面の面積は小さいため、ファイバ端面には著しく大きいピーク出力を有するレーザビームが照射される。 [0009] When one optical guide in optical fiber as shown in Figure 5a, since the area of ​​the optical fiber end face is small, the laser beam is irradiated with a significantly higher peak power to the fiber end face. これにより、ファイバ端面は破壊閾値以上となり破壊される。 Accordingly, the fiber end face is destroyed becomes more breakdown threshold. 図5bに示すように複数の光ファイバを束ねた場合、光ファイバを束ねるための材料が溶けてファイバ端面が破壊される。 If bundling a plurality of optical fibers as shown in FIG. 5b, the material for bundling the optical fiber end face fiber is destroyed by melting. 破壊されないとしても、コアやクラッド以外にもレーザビームが照射されるため導光率が低下する。 If not destroyed, the light ratio decreases because the laser beam is irradiated in addition to the core and the cladding.

【0010】一方、光ファイバ導光方式に代るものとして、Qスイッチ法にも対応しえるミラージョンイント導光方式と呼ばれるものが知られている。 On the other hand, as an alternative to the optical fiber light guide system, but also the Q-switched called mirror John Into guiding method may correspond are known.

【0011】以下、ミラージョンイント導光方式について説明する。 [0011] will be described below mirror John Into the light guide system.

【0012】図6は、ミラージョイント導光路601の概略構成図の一例である。 [0012] Figure 6 is an example of a schematic configuration view of the mirror joint light guide path 601. 図6においてミラージョイント導光路601は、複数のアーム用の筒体602を複数のジョイント603で互いに回転自在に結合した複数関節(例えば、7関節)方式の筒体部を備える。 Mirror joint guiding path 601 in FIG. 6, a plurality joints rotatably coupled to each other a cylindrical body 602 for a plurality of arms in a plurality of joints 603 (e.g., 7 joint) comprises a cylindrical body portion of the system. そして、 And,
ジョンイント603内部にはレーザビームを直角に曲げるためのミラー604が筒体602に対して45度に個別に備えられている。 Mirror 604 for bending the laser beam at a right angle are provided individually at 45 degrees to the cylindrical body 602 inside John Into 603. また、ミラージョイント導光路6 In addition, mirror joint light guide path 6
01の入力面には光透過部材605が設けられている。 Light transmitting member 605 is provided on the input surface 01.
このように構成されたミラージョンイント導光路601 Mirror John Into light guide path 601 configured as above
において、レーザ発振部から出力されたジャイアントパルスは、光透過部材605を透過し、各ミラー604を反射してハンドピースに導光される。 In, giant pulse output from the laser oscillation unit is transmitted through the light transmitting member 605 is guided to the handpiece to reflect each mirror 604. ハンドピースは、 Handpiece,
ミラージョンイント導光路601の各関節の回動を利用し、そのビーム出力面を治療面に押し当てる。 Utilizing the rotation of each joint of the mirror John Into light guide path 601 is pressed against the beam output surface treatment surface. 以上のようにミラージョンイント導光路601は、レーザビームにより破壊されずハンドピースまで導光できる。 More mirrors John Into light guide path 601 as can light up the handpiece without being destroyed by the laser beam. 尚、ミラージョンイント導光路601の導光率は、ミラーを7 Incidentally, the light guide of the mirror John Into light guide path 601, a mirror 7
枚用いた場合は約90%である。 It is about 90% when using sheets.

【0013】しかしながら、このミラージョンイント導光路601には以下の問題がある。 [0013] However, in this mirror John Into the light guide path 601 has the following problems. ジョイント603 Joint 603
は、可動部分である(回転する)ためジョイント内部に設けたミラー604が移動し光軸がずれ易くなる。 Is a movable part (rotating) mirror 604 provided inside the joint because of easily shift the optical axis to move. また、光軸調整は、その都度専門の技術者が派遣されなればならなく、光軸調整が厄介である。 In addition, the optical axis adjustment, each time MUST accustomed dispatched professional engineers, the optical axis adjustment is troublesome.

【0014】また、ミラー間の光軸を一致させるためには筒体602を丈夫なパイプにする必要があり、ジョンイント603を円滑に回転させるためのボールベアリングなども必要となる。 Further, in order to match the optical axis between the mirror must be a cylindrical member 602 on a rigid pipe, it is necessary, such as ball bearings for smoothly rotating the John Into 603. これらによりミラージョンイント導光路601全体の重量が重くなり、操作性が悪くなる。 These by weight of the entire mirror John Into light guide path 601 becomes heavy, the operability is deteriorated.

【0015】 [0015]

【発明が解決しようとする課題】上述したように、1本の光ファイバを用いた場合、ファイバ端面が小さいためファイバ端面が破壊される。 [0007] As described above, when using a single optical fiber, fiber end face for the fiber end face is small is destroyed. そして、複数の光ファイバを用いた場合、光ファイバを束ねる材料が溶けてファイバ端面が破壊され、破壊されなくともレーザビームが光ファイバ以外に照射されるため導光率が悪くなる。 When using a plurality of optical fibers, the material is melted fiber end faces to bundle the optical fibers are broken, light ratio for the laser beam is irradiated in addition to the optical fiber is deteriorated without being destroyed.

【0016】またミラージョンイント導光路を用いた場合、ジョイント603は可動部分であるため光軸がずれ易く、光軸調整を行うには専門の技術者の派遣が必要となる。 [0016] When using a mirror John Into light guide, the joint 603 is easily deviated optical axis because of the moving parts, it is necessary to dispatch a professional technician to adjust the optical axis. すなわち光軸調整が厄介である。 That is troublesome optical axis adjustment. そして、ミラー間の光軸を一致させる丈夫な筒体602、ジョイント6 The durable tubular body 602 to match the optical axis between mirrors, the joint 6
03を円滑に回転させるボールベアリングなどによりミラージョイント道光路601全体の重量が重くなり操作性が悪くなる。 03 the weight of the entire mirror joint canal path 601 heavier operability is deteriorated due smooth ball bearings rotate.

【0017】そこで本発明は上記欠点を除去するものであり、高出力のレーザビームの場合でも高い導光率を有し、且つ操作性の良い導光路を備える医用レーザ装置を提供することを目的とするものである。 [0017] The present invention has been made to eliminate the above drawbacks, intended to have a high light rate even when the laser beam of high output, and to provide a medical laser device comprising a good operability light guide it is an.

【0018】 [0018]

【課題を解決するための手段】本発明は上記目的達成するために、レーザビームを発振するレーザビーム発振手段と、複数の光ファイバが溶融一体化された入射端部を有し、前記レーザビームを導光するファイババンドルと、前記ファイババンドルの出射端部に取り付けられ、 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention, in order to achieve the above object, a laser beam oscillation means for oscillating a laser beam, an incident end portion in which a plurality of optical fibers are fused integrally, the laser beam and the fiber bundle for guiding, attached to the exit end of the fiber bundle,
治療部位に前記レーザビームを照射するハンドピースとを備えるものである。 Those comprising a handpiece for irradiating the laser beam to the treatment site.

【0019】 [0019]

【作用】本発明によれば、複数の光ファイバが溶融一体化された入射端部を有するファイババンドルを用いることにより、高出力のレーザビームの場合でも高い導光率を有し且つ操作性の良い導光路を備える医用レーザ装置を実現することが可能となる。 According to the present invention, by using a fiber bundle having an incident end portion in which a plurality of optical fibers are fused integrally, high power laser beam high light rate has and operability even when the it is possible to realize a medical laser device comprising a good light guide.

【0020】 [0020]

【実施例】以下、本発明に係る第1実施例について図面を参照しながら説明する。 EXAMPLES Hereinafter, the first embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.

【0021】図1は、本発明の第1実施例に係る医用レーザ装置の概略構成図である。 [0021] FIG. 1 is a schematic configuration diagram of a medical laser apparatus according to a first embodiment of the present invention. 図1に示す実施例装置は、レーザビームを発振するQスイッチルビーレーザ発振器101と、このQスイッチルビーレーザ発振器10 Example 1 apparatus includes a Q-switched ruby ​​laser oscillator 101 for oscillating a laser beam, the Q-switched ruby ​​laser oscillator 10
1から発振されたレーザビームを導光する導光路102 Light guide path 102 for guiding the oscillated laser beam from a 1
と、この導光路102によって導光されたレーザビームを被治療部位に照射するハンドピース103から構成される。 When composed of handpiece 103 for irradiating a laser beam guided by the light guide path 102 to the region to be treated.

【0022】次にQスイッチルビーレーザ発振器101 [0022] Next, Q-switched ruby ​​laser oscillator 101
の具体的構成について説明する。 It will be described specific configuration of.

【0023】図1に示すQスイッチルビーレーザ発振器101は、短時間(パルス幅30nsec)で著しく大きいピーク出力を有するジャイアントパルスを発振するものであり、以下構成要素について説明する。 [0023] Q-switched ruby ​​laser oscillator 101 shown in FIG. 1, which oscillates a short time giant pulses with significantly high peak output (pulse width 30 nsec), is described below elements.

【0024】フラッシュランプ104は、光を発するものである。 [0024] The flash lamp 104 are those that emit light.

【0025】ルビーロッド105は、フラッシュランプ104から光が照射されるように配置(例えば、楕円の一方の焦点にフラッシュランプ104、他方の焦点にルビーロッド105)し、この光により励起しレーザ光を誘導放出するものである。 The ruby ​​rod 105 is arranged so that light from the flash lamp 104 is illuminated (e.g., a flash lamp 104 to one focus of the ellipse, ruby ​​rod 105 at the other focal point), and the laser light excited by the light it is intended to stimulated emission. 尚、ルビーロッド105に誘導放出したレーザ光を照射せず、フラッシュランプ10 Incidentally, without irradiating the laser beam stimulated emission ruby ​​rod 105, the flash lamp 10
4から発する光のみを照射するとルビーロッド105は反転分布の状態になる。 Ruby rod 105 when only the irradiation light emitted from the 4 is in a state of population inversion.

【0026】ミラー106、107は、ルビーロッド1 [0026] The mirror 106 and 107, ruby ​​rod 1
05、後述のポラライザ108とQスイッチ109を挟むように互いに平行に配置している。 05, are arranged parallel to each other so as to sandwich the polarizer 108 and the Q-switch 109 will be described later. 尚、ミラー106 It should be noted that the mirror 106
は全反射ミラーであり、ミラー107はレーザビームを取り出すため一部の光を透過するものである。 Is a total reflection mirror, the mirror 107 is to transmit a part of light for taking out a laser beam.

【0027】ポラライザ108は、ルビーロッド105 [0027] The polarizer 108, ruby ​​rod 105
のレーザ発振面側(ミラー107側)に設け、ルビーロッド105から放出されたレーザ光を一方向の偏向成分とするものである。 Provided on the laser oscillation surface of the (mirror 107 side), in which a laser beam emitted from the ruby ​​rod 105 and one-way deflection component.

【0028】Qスイッチ109は、ポラライザ108のレーザ発振面側(ミラー107側)に設け、電界が印加されるとレーザ光を変調しレーザ光の偏向方向がポラライザ108による偏向方向と一致しないようにするものである。 The Q-switch 109 is provided in the laser oscillation surface of the polarizer 108 (the mirror 107 side), as the deflection direction of an electric field is applied the laser beam by modulating the laser beam does not match the polarization direction by the polarizer 108 it is intended to.

【0029】尚、Qスイッチ109のQ値を低くしておき、不安定性が起こる直前にQ値を高い値に切り換え、 [0029] Incidentally, in advance to lower the Q value of the Q-switch 109 switches the Q value to a higher value immediately before instability occurs,
誘導放出しないで励起状態に保たれていた多数の原子のエネルギを遷移することにより、照射時間が短く高出力のジャイアントパルスを発振できる。 By transition energy of a large number of atoms that were kept in an excited state without stimulated emission, irradiation time can oscillate a giant pulse of high power short.

【0030】エネルギメータ110は、ミラー107のレーザビーム出力側に備え、ジャイアントパルス発振時のピーク出力及び照射時間を測定するものである。 The energy meter 110 includes a laser beam output side of the mirror 107, which measures the peak power and the irradiation time during giant pulse oscillation.

【0031】つづいて導光路102の具体的構成について説明する。 [0031] Next the specific construction of the light guide path 102 will be described.

【0032】導光路102は、Qスイッチルビーレーザ発振器101から発振されたジャイアントパルスを導光するものであり、以下それぞれの構成要素ついて説明する。 The light guide path 102 is intended to guide the giant pulse oscillated from Q-switched ruby ​​laser oscillator 101 will be described with each of the components below.

【0033】レンズ111は、Qスイッチルビーレーザ発振器101から発振されたジャイアントパルスを集光するものである。 The lens 111 is for focusing the giant pulse oscillated from Q-switched ruby ​​laser oscillator 101.

【0034】カライドスコープ112は、レンズ111 The kaleidoscope 112, a lens 111
により集光されたジャイアントパルスのエネルギ密度を所定の断面にわたって均一化するものである。 It is intended to equalize over a given cross-section of the energy density of the giant pulse focused by. 尚、カライドスコープ112としては、内部表面にアルミ蒸着を施した中空物(例えばステンレス)、石英などを用いることができる。 As the kaleidoscope 112, hollow product was subjected to aluminum vapor deposition on the inner surface (e.g. stainless steel), quartz or the like can be used.

【0035】ファイババンドル113は、複数の光ファイバが例えばクラッドを溶融することにより一体に束ねられた入射端部及び出射端部を備えており、カライドスコープ112によりエネルギ密度が均一化されたジャイアントパルスを導光するものである。 The fiber bundle 113 is provided with an incident end and the exit end are bundled together by a plurality of optical fibers, for example, to melt the cladding, Giant energy density is uniform by the kaleidoscope 112 it is intended to guide the pulse. このファイババンドル113に用いられる光ファイバには、石英グラスファイバ、多成分系ファイバ、プラスチックファイバ等があるが、高出力且つ照射時間の短いレーザビーム例えばジャイアントパルスを導光するには、ファイバ端面の破壊閾値が大きい(端面が破壊されにくい)石英グラスファイバが望ましい。 The optical fiber used in the fiber bundle 113, quartz glass fibers, multicomponent fibers, it is a plastic fiber or the like, to guide the short laser beam for example giant pulse of high power and irradiation time, the fiber end face breakdown threshold greater (end face is not easily destroyed) quartz glass fiber is preferable. また、ファイババンドル113には、光ファイバ保護のためステンレス等を被覆している。 Further, the fiber bundle 113, and covers the stainless steel or the like for the optical fiber protection. この被覆は入出射端部付近のみを固定し、それ以外はファイババンドル113がフレキシブルに動かせるように固定しない。 The coating was fixed only near input and output end portions, otherwise the fiber bundle 113 is not fixed to move flexibly.

【0036】ここでファイババンドル113について説明する。 [0036] now to fiber bundle 113. 図2は、図1に示すファイババンドル113のA−A線の断面図の一例である。 Figure 2 is an example of a cross-sectional view of line A-A of the fiber bundle 113 shown in FIG. ファイババンドル11 Fiber bundle 11
3の入出射端部は、図2に示すようにクラッドを溶融することにより複数の光ファイバを束ねたものである。 Input and output end of the 3 is obtained by bundling a plurality of optical fibers by melting the cladding as shown in Figure 2. この溶融は、コアが原形をとどめた状態でクラッド間の隙間(複数の光ファイバができるときの隙間)を少なくしており、その隙間を全くなくすこともできる。 This melting, the core has a reduced gap between the cladding (gap when it is a plurality of optical fibers) in a state in which kept its original shape, it is also possible to eliminate the gap entirely. また、レーザビームを導光するのは光ファイバのコア及びクラッドであり、この隙間は導光しないためクラッドの溶融によりレーザビームの導光率がかわる。 Further, to guide the laser beam is the core and the clad of the optical fiber, this gap light of the laser beam is changed by melt cladding for not guiding.

【0037】また、ファイババンドル113が破壊されないようにするためには、光ファイバの所定のファイバ端面破壊閾値を越えないように所定の本数の光ファイバを束ねなければならない。 Further, since the fiber bundle 113 from being destroyed shall bundled optical fibers of a predetermined number so as not to exceed a predetermined fiber end face destruction threshold of an optical fiber.

【0038】ここでファイバ端面破壊閾値10MW/m [0038] Here, the fiber end face breakdown threshold 10 MW / m
2 、クラッド外径70μm、コア外径63μmの石英グラスファイバを例にとってファイババンドル113に必要な光ファイバの本数について説明する。 m 2, cladding diameter 70 [mu] m, the number of optical fibers required quartz glass fiber to the fiber bundle 113 as an example of a core outside diameter 63μm explained.

【0039】深在性の痣を破壊するために必要な治療エネルギ密度は、6J/cm 2 (=0.06J/mm 2 [0039] Treatment energy density required to break the deep of bruises, 6J / cm 2 (= 0.06J / mm 2)
以上であることが知られている。 It is known that is greater than or equal to. この条件を満たすためには、ジャイアントパルスが痣に照射されるまでのロスを考慮しなければならない。 To satisfy this condition, it must be considered a loss of up to giant pulse is irradiated to the bruises. すなわちカライドスコープ112のロス約20%、カライドスコープ112へ導光するための光学系(レンズ111)のロス約2%、ファイババンドル113のロス約15%、ハンドピース10 That loss of about 20% of the kaleidoscope 112, loss of about 2% of the optical system for guiding the kaleidoscope 112 (lens 111), Ross about 15% of the fiber bundle 113, handpiece 10
3のロス約2%、計約39%のロスを考慮する。 3 loss about 2%, consider the total about 39% loss.

【0040】また、所定の口径及びファイバ端面破壊閾値を有する光ファイバを束ねる本数は、レーザビームの照射面積により決まる。 Further, the number of bundled optical fiber having a predetermined diameter and the fiber end face breakdown threshold is determined by the irradiation area of ​​the laser beam. さらに、カライドスコープ11 In addition, the kaleidoscope 11
2によりジャイアントパルスのエネルギ密度が均一にされているのでレーザ出力エネルギは、(治療エネルギ密度×照射時間)/(導光系の透過率)で求めることができる。 The laser output energy because the energy density of the giant pulse is homogeneity by 2 can be obtained by (treatment energy density × irradiation time) / (transmittance of light guide system).

【0041】これらにより、Qスイッチルビーレーザ装置101から発振するジャイアントパルスの照射時間(パルス幅)を30nsec(=30×10 -9 se [0041] These, Q switched ruby giant pulse radiation time of the oscillation from the laser device 101 (pulse width) 30nsec (= 30 × 10 -9 se
c)、照射面積を4mm×4mm=16mm 2 、導光路102の導光率を61%とすると、Qスイッチルビーレーザ装置101での必要なレーザ出力エネルギは、 (0.06J/mm 2 )×(16mm 2 )/0.61= c), irradiation area of 4mm × 4mm = 16mm 2, when 61% of the light index of the light guiding path 102, the laser output energy required for Q-switched ruby laser device 101, (0.06J / mm 2) × (16mm 2) /0.61=
1.57J 以上必要となる。 Or more is required 1.57J. よって、ピークパワー出力は、 (1.57J)/(30×10 -9 sec)=52.3M Therefore, the peak power output, (1.57J) / (30 × 10 -9 sec) = 52.3M
W 必要となる。 W is required.

【0042】光ファイバの破壊閾値は10MW/mm 2 The breakdown threshold of the optical fiber is 10MW / mm 2
よりファイバ端面の閾値10MW/mm 2以下に抑えるためには、光ファイバの本数をNとすると、 52.3MW/[N×{70×10 -3 mm/2)} 2 × In order to suppress more threshold 10 MW / mm 2 of fiber end faces or less, when the number of optical fibers and N, 52.3MW / [N × { 70 × 10 -3 mm / 2)} 2 ×
π]≦10MW/mm 2という関係が成り立つ。 π] is established relationship ≦ 10MW / mm 2. これよりNを求めると、N≧1 When determining this from N, N ≧ 1
358.9となる。 A 358.9. よって、光ファイバを1359本以上束ねると光ファイバ1本当りの端面破壊閾値10MW Thus, per one optical fiber when bundling optical fiber 1359 or more facet destruction threshold 10MW
/mm 2以下となる。 / Mm 2 or less to become.

【0043】以上のように、所定の本数の光ファイバを束ねてファイババンドル113とする。 [0043] As described above, the fiber bundle 113 by bundling the optical fiber of a given number. 尚、ここで求めた光ファイバの本数は、深在性の痣を破壊するために最低必要な出力エネルギで計算しているので必要に応じて変えるのが望ましい。 Here, the number of optical fibers obtained are of varied as required since the calculated a minimum required output energy to destroy the deep of bruising is desirable.

【0044】また逆に、例えばこの光ファイバを151 [0044] Conversely, for example, the optical fiber 151
0本束ねたとき、Qスイッチルビーレーザ発振器101 When 0 this bundle, Q switch ruby ​​laser oscillator 101
から発振するレーザビームのピークパワーが 52.3MW≦ピークパワー≦58.1MW という範囲内では、ファイババンドル113は破壊されない。 Laser beam peak power of the oscillated from the Within that 52.3MW ≦ peak power ≦ 58.1MW, fiber bundle 113 is not destroyed.

【0045】ハンドピース103は、ファイババンドル113の出射端部に光学的に取り付けられ、ファイババンドル113により導かれたジャイアントパルスを治療部位に照射するものである。 The handpiece 103 is optically attached to the exit end of the fiber bundle 113 is for irradiating a giant pulse guided by the fiber bundle 113 to the treatment site. このハンドピース103 The handpiece 103
は、内部に図示しないカライドスコープ、投影レンズ、 Is kaleidoscopes not shown therein, a projection lens,
照射窓を備えている。 It has an irradiation window.

【0046】カライドスコープは、ファイババンドル1 The kaleidoscope is, fiber bundle 1
13により導かれたジャイアントパルスの治療部位への照射形状を設定するものである。 13 is for setting the light pattern to a treatment site Led giant pulse by.

【0047】投影レンズは、カライドスコープにより照射形状が設定されたジャイアントパルスを投影するものである。 The projection lens is designed to project a giant pulse irradiation shape is set by the kaleidoscope.

【0048】照射窓は、治療部位に当接され、投影レンズにより投影されたジャイアントパルスの照射領域を示すものである。 The irradiation window is in contact with the treatment site, shows the irradiation area of ​​the giant pulse to be projected from the projection lens.

【0049】上記のように構成する実施例装置の作用について説明する。 The described operation of the embodiment apparatus constructed as described above.

【0050】術者は、一方でハンドピース103の照射窓(図示せず)を治療部位に押し当て、他方で治療部位の例えば種類、深在性に応じたピーク出力及び照射時間の設定を行う。 [0050] The operator, on the one hand pressed irradiation window of the handpiece 103 (not shown) to the treatment site, for example, the type of the other at the treatment site, performs peak output and setting of the irradiation time in accordance with the profound . ジャイアントパルスを発振するためにフラッシュランプ104から光を発する。 Emitting light from the flash lamp 104 to oscillate a giant pulse. フラッシュランプ104から発する光はルビーロッド105を照射する。 Light emitted from the flash lamp 104 illuminates the ruby ​​rod 105. ルビーロッド105は、フラッシュランプ104から発する光により励起しレーザ光を(ここでは、ミラー106の方向に)誘導放出する。 Ruby rod 105, the (in this case, the direction of the mirror 106) excited by light emitted from the flash lamp 104 laser light stimulated emission. このように誘導放出したレーザ光は、ミラー106で反射する。 The laser light thus stimulated emission is reflected by the mirror 106. 反射したレーザ光は、ルビーロッド105を介しポラライザ108に入射する。 The reflected laser light is incident on the polarizer 108 through the ruby ​​rod 105. ポラライザ108では、入射したレーザ光を一方向の偏光成分にする(一方向の偏光成分のみを透過させる)。 In polarizer 108, (which transmits only the polarization component in one direction) of the laser light incident in one direction of the polarization component. ポラライザ108で一方向の偏光成分にされたレーザ光はQスイッチ109に入射する。 Laser light in one direction of the polarization component in the polarizer 108 is incident on the Q-switch 109. このときQ In this case Q
スイッチ109では電界が印加されており、Qスイッチ109に入射したレーザ光は変調されミラー107へ出射する。 And an electric field in the switch 109 is applied, the laser light incident on the Q-switch 109 is emitted to the modulated mirror 107. ミラー107に当たったレーザ光は、ミラー1 The laser beam hits the mirror 107, mirror 1
07で反射しQスイッチ109により再び変調されてポラライザ109に入射する。 07 reflected is again modulated by a Q-switch 109 is incident on the polarizer 109. このレーザ光は、ポラライザ108が透過させるレーザ光と偏光方向が異なるためポラライザ108により遮断される。 The laser beam, laser beam and the polarization direction of the polarizer 108 is transmitted through is blocked by polarizer 108 because different. これによりルビーロッド105に照射する光をフラッシュランプ104から発する光のみとなり、ルビーロッド105は、反転分布の状態で励起され続ける。 Thus becomes only a light emitting light to irradiate the ruby ​​rod 105 from the flash lamp 104, ruby ​​rod 105 continues to be excited in the state of population inversion.

【0051】この状態でQスイッチ109に印加されている電界を切ると、Q値(蓄えられたエネルギ/毎秒失われるエネルギ)が0から急激に大きな値となり、ジャイアントパルスが発振する。 [0051] Turning off the electric field applied to the Q-switch 109 in this state, Q value (energy lost stored energy / second) becomes drastically large value from 0, giant pulse is oscillated.

【0052】このようにQスイッチルビーレーザ発振器101から発振されたジャイアントパルスは、レンズ1 [0052] giant pulse oscillated Thus the Q-switched ruby ​​laser oscillator 101, the lens 1
11によりカライドスコープ112に集光する。 11 by condensing the kaleidoscope 112. カライドスコープ112に集光されたジャイアントパルスは、 Giant pulse focused on the kaleidoscope 112,
カライドスコープ112の内部表面で反射を繰り返しエネルギ密度が均一化され、ファイババンドル113の入射端部に入射する。 Energy density repeatedly reflected inside surface of the kaleidoscope 112 is made uniform, is incident on the incident end of the fiber bundle 113.

【0053】ファイババンドル113の入射端部に入射したジャイアントパルスは、ファイババンドル113を介しハンドピース103に導かれる。 [0053] giant pulse incident on the incident end of the fiber bundle 113 is guided to the handpiece 103 through a fiber bundle 113. このとき、コア内に入射したジャイアントパルスはコア内で反射を繰り返しハンドピース103に導かれ、クラッドに入射したジャイアントパルスはコア内に導光されコアに入射したジャイアントパルスと同様にハンドピース103に導光される。 At this time, giant pulse incident on the core is guided to the handpiece 103 is repeatedly reflected in the core, as with giant pulse giant pulse incident on the cladding incident on the core it is guided in the core to the handpiece 103 It is guided.

【0054】このようにハンドピース103に入射したジャイアントパルスは、ハンドピース内部に設けられたカライドスコープ114により照射形状が変化する。 [0054] giant pulse incident thus the handpiece 103, the illumination profile changes due kaleidoscope 114 provided inside the handpiece. そのジャイアントパルスは、投影レンズにより照射窓に投影され、治療部位に当接された照射窓から照射される。 Its giant pulse is projected to the irradiation window by a projection lens, and is irradiated from the abutted radiation window at the treatment site.
尚、術者は、このように治療部位にジャイアントパルスを照射するとき、エネルギメータ112でピーク出力を測定し、必要に応じて設定し直す。 Incidentally, the surgeon, when irradiating the giant pulse in this manner the treatment site, and measuring the peak output energy meter 112, reset as necessary.

【0055】以上のように、本実施例では、クラッドを溶融し複数の光ファイバが一体に束ねられたファイババンドル113を用いて、Qスイッチルビーレーザ装置1 [0055] As described above, in this embodiment, a plurality of optical fibers to melt the cladding with a fiber bundle 113 bundled together, Q switched ruby ​​laser device 1
01から発振されるジャイアントパルスをハンドピース103に導光した。 Giant pulses oscillated from 01 guided to the handpiece 103. この結果、高出力のレーザビームの場合でも高い導光率で導光することが可能となる。 As a result, it becomes possible to light guide with high light rate even when the laser beam of high output. また、クラッド外径の小さい光ファイバを束ねたファイババンドル113を用いているため、操作性が向上する。 Moreover, the use of the fiber bundle 113 which bundles a small optical fibers cladding diameter, the operability is improved.
さらに、ジャイアントパルスを直接ファイババンドル1 In addition, direct fiber bundle 1 a giant pulse
13の入射端面に照射せず、カライドスコープ112を介しジャイアントパルスのエネルギ密度を均一化しているためファイババンドル113の寿命が長くなる。 Without irradiating the incident end face 13, it becomes longer life of the fiber bundle 113 since that equalize the energy density of the giant pulse through the kaleidoscope 112.

【0056】以下、本発明に係る第2実施例について図面を参照しながら説明する。 [0056] Hereinafter, with reference to the drawings a second embodiment of the present invention.

【0057】第2実施例は、第1実施例のファイババンドル111の変形である。 [0057] The second embodiment is a modification of the fiber bundle 111 of the first embodiment.

【0058】図3は、本発明の第2実施例に係る医用レーザ装置の概略構成図である。 [0058] Figure 3 is a schematic configuration diagram of a medical laser apparatus according to a second embodiment of the present invention. 尚、図1と同一部分は同一符号で示し、説明は省略する。 Incidentally, FIG. 1 and the same parts are denoted by the same reference numerals, and description thereof is omitted. 図3に示す実施例装置は、レーザビームを発振するQスイッチルビーレーザ発振器301と、このQスイッチルビーレーザ発振器30 Example 3 device, the Q-switched ruby ​​laser oscillator 301 for oscillating a laser beam, the Q-switched ruby ​​laser oscillator 30
1から発振されたレーザビームを導光するファイババンドル302と、ファイババンドル302から導光されたレーザビームを被治療部位に照射するハンドピース30 A fiber bundle 302 that guides the oscillated laser beam from a 1, a handpiece 30 for irradiating a laser beam guided from the fiber bundle 302 to the region to be treated
5、306から構成される。 Consisting of 5,306.

【0059】このように構成される実施例装置においてQスイッチルビーレーザ発振器301の具体的構成について説明する。 [0059] will be described a specific configuration of the Q-switched ruby ​​laser oscillator 301 in the embodiment apparatus constructed in this manner.

【0060】図3に示すQスイッチルビーレーザ発振器301は、高出力のレーザビームを短時間に発振するものであり、第1実施例のQスイッチルビーレーザ発振器101に後述するレンズ310とレンズ移動部311を備えたものである。 [0060] Q-switched ruby ​​laser oscillator 301 shown in FIG. 3, which oscillates in a short time with a laser beam of high output, lens 310 and a lens moving unit to be described later Q-switched ruby ​​laser oscillator 101 of the first embodiment 311 are those with a.

【0061】レンズ310は、エネルギメータ110よりもレーザ発振面側に備えられ、ミラー107を透過したジャイアントパルスをファイババンドル302の入射端面に集光する(絞る)ものである。 [0061] Lens 310 is provided in the laser oscillation surface than the energy meter 110 condenses the giant pulse transmitted through the mirror 107 to the incident end face of the fiber bundle 302 (squeezing) is intended.

【0062】レンズ移動部311は、レンズ310に接続され、ファイババンドル302の入射端面に導光されるジャイアントパルスの照射面積を変えるためにレンズ310を入射端面のジャイアントパルス入射方向に対して水平方向に移動するものである。 [0062] lens moving unit 311 is connected to the lens 310, the horizontal direction to the giant pulse incident direction of the incident end face of the lens 310 to change the irradiation area of ​​the giant pulse is guided to the incident end face of the fiber bundle 302 it is intended to move to.

【0063】つづいて、ファイババンドル302について説明する。 [0063] Next, a description will be given of fiber bundle 302.

【0064】図3に示すファイババンドル302は、Q [0064] fiber bundles 302 shown in FIG. 3, Q
スイッチルビーレーザ発振器301から発振されたジャイアントパルスを後述するハンドピース305、306 Handpiece 305 and 306 which will be described later giant pulse oscillated from the switch ruby ​​laser oscillator 301
に導光するものである。 It is intended to guide in. 尚、ファイババンドル303、 It should be noted that the fiber bundle 303,
304は、同一の入射端部(ファイババンドル302の入射端部)を持つ。 304 has the same incident end portion (incident end of the fiber bundle 302).

【0065】図4は、図3に示すファイババンドル30 [0065] FIG. 4, fiber bundle 30 shown in FIG. 3
2の概略断面図の一例であり、図4aはファイババンドル302のB−B線、図4bはファイババンドル303 Is an example of a schematic cross-sectional view of 2, Figure 4a along line B-B of the fiber bundle 302, Figure 4b is a fiber bundle 303
のC−C線、図4cはファイババンドル304のD−D The line C-C, D-D in FIG. 4c is a fiber bundle 304
線の断面を示す。 It shows a cross-section of the line.

【0066】図4aに示すようにファイババンドル30 [0066] fiber bundle 30, as shown in Figure 4a
2の入射端部は、第1実施例と同様に複数の光ファイバがクラッドを溶融することにより一体に束ねられている。 2 of the incident end, are bundled together by a plurality of optical fibers as in the first embodiment is to melt the cladding.

【0067】一方、図4bcに示すように出射端部は、 [0067] On the other hand, emission end portions as shown in FIG. 4bc is
複数の光ファイバが隣接するクラッドを例えば樹脂で接着し束ねてられいる。 A plurality of optical fibers are not bundled bonded with the adjacent cladding resin, for example. また、この出射端部は光強度別に束ねられている。 Furthermore, the exit end portion is bundled by the light intensity. これは、入射端部に入射するジャイアントパルスが第1実施例のようにカライドスコープによりエネルギ密度が均一にされておらず、光強度が中心付近(図中実線の光ファイバ)と端(図中破線の光ファイバ)で異なるためと、一度光ファイバに入射した光は出射端部まで漏洩せず導光されるためである。 This mosquito ride not been uniform energy density by a scope, near the optical intensity is the center (the optical fiber in a solid line in the drawing) and the end (FIG like giant pulse incident on the incident end first embodiment and for different broken line in the optical fiber), the incident light once the optical fiber is to be guided without leakage to the exit end. これにより、出射端部を光強度別に分割するが可能となる。 This enables it to divide the emission end portion by the light intensity.

【0068】ハンドピース305、306は、それぞれファイババンドル302の出射端部(ファイババンドル303、304の出射端部)に光学的に取り付けられ、 [0068] The handpiece 305 and 306, optically attached to the exit end portion of each fiber bundle 302 (emission end portion of the fiber bundle 303, 304),
ファイババンドル302により導かれたジャイアントパルスを治療部位に照射するものである。 It is intended to irradiate the giant pulse guided by the fiber bundle 302 to the treatment site.

【0069】このハンドピース305、306はそれぞれ図示しないカライドスコープ、投影レンズ、照射窓を内蔵している。 [0069] kaleidoscope handpiece 305 and 306 (not shown), respectively, are built projection lens, the irradiation window. 尚、これらは第1実施例と同様であり説明を省略する。 Note that these are omitted the same as in the first embodiment.

【0070】上記のように構成される実施例装置の作用について説明する。 [0070] The description of the operation of the constructed embodiment apparatus as described above.

【0071】術者は、一方でハンドピース305、30 [0071] The operator, on the other hand in the hand piece 305,30
6のそれぞれの照射窓(図示せず)を治療部位に押し当て、他方で治療部位の例えば種類、深在性に応じたピーク出力及び照射時間を設定する。 Pressing the respective irradiation window of 6 (not shown) to the treatment site, for example, the type of the other at the treatment site, to set the peak output and the irradiation time in accordance with the profound. このように治療条件を設定すると、第1実施例と同様にエネルギメータ110 Setting this way treatment conditions, the energy meter 110 as in the first embodiment
を介したジャイアントパルスは、レンズ310によりファイババンドル302の入射端部に集光される。 Giant pulse via the by the lens 310 is focused on the incident end of the fiber bundle 302. このとき、レンズ310は、レンズ移動部311により移動しファイババンドル302の入射端部に導かれるジャイアントパルスの所定の照射面積を変える。 In this case, the lens 310, changing the predetermined irradiation area of ​​the giant pulse is guided to the incident end portion of the moving fiber bundle 302 by the lens moving portion 311. (ここでは、入射端面全体に照射するとする。)ファイババンドル30 (And here is irradiated to the entire incident end face.) Fiber bundle 30
2の入射端部に入射したジャイアントパルスは、光ファイバ内を介し出射端部からハンドピース305、306 Giant pulse incident on the second incident end portion, the handpiece from the emission end unit via the optical fiber 305 and 306
のそれぞれのカライドスコープに導かれる。 Guided in the respective kaleidoscope. このときハンドピース305に導かれたジャイアントパルスは、ハンドピース306に導かれたジャイアントパルスよりエネルギが大きい。 Giant pulse guided to the handpiece 305 at this time, energy is larger than the giant pulse guided to the handpiece 306. ハンドピース305、306のそれぞれのカライドスコープに導かれたジャイアントパルスは、内部表面で反射を繰り返しエネルギ密度が均一化される。 Giant pulse guided to each kaleidoscope of the handpiece 305 and 306, energy density repeatedly reflected inside surface is uniform. そしてジャイアントパルスは、投影レンズで照射窓に投影され、照射窓を介してそれぞれのハンドピース305、306が当接している治療部位に照射する。 The giant pulse is projected onto the irradiation window in the projection lens, each of the handpiece 305 and 306 via the irradiation window is irradiated to the treatment site abutting.

【0072】本実施例では、複数の光ファイバがクラッドを溶融することにより一体に束ねられた入射端部と、 [0072] In this embodiment, the incident end portion bundled together by a plurality of optical fibers to melt the cladding,
クラッドを樹脂により接着し複数の光ファイバが光強度別に2つに束られた出射端部を備えるファイババンドルによりジャイアントパルスを導光した。 And guiding the giant pulse by the fiber bundle in which a plurality of optical fiber cladding bonded with the resin comprises an exit end bundle was two by the light intensity.

【0073】この結果、第1実施例同様レーザビームのピーク出力が大きい場合でも高い導光率と操作性で治療部位を治療できる。 [0073] As a result, it can be treated a treatment site in operability as in the first embodiment similarly laser beam high light constant even if the peak output is large.

【0074】また、複数の治療部位及び深在性の異なる治療部位を同時に照射でき、必要ならば一つの治療部位だけでも照射できる。 [0074] Also, it irradiates a plurality of treatment sites and deep-seated different treatment site simultaneously, it can be irradiated just one treatment site if necessary.

【0075】さらに、出射端部はクラッドを樹脂により接着しているため容易に複数の光ファイバを一体にできる。 [0075] Further, emission end portions can easily plurality of optical fibers for which the cladding is bonded by a resin together.

【0076】尚、本実施例では、入射端部以外を光強度別に2つのファイババンドルに分けているが、複数の光ファイバが溶融により一体に束ねられる入射端部を有するならば入射端部以外を光強度別以外に分けても良く、 [0076] In the present embodiment, it is divided into two fiber bundles other than the incident end portion by the light intensity, except entering end if they have an incident end portion in which a plurality of optical fibers are bundled together by melting It may be divided into non-specific light intensity,
2つという数に限定せず複数のファイババンドルに分けても良い。 It may be divided into a plurality of fiber bundle not limited to the number of two.

【0077】尚、本発明は以上説明した実施例に限定されるものではなく、本発明の趣旨の範囲内においてあらゆる変形が可能である。 [0077] The present invention is not limited to the embodiment described above, any modifications are possible within the scope of the present invention.

【0078】例えば、入射端部が溶融により一体に束ねられるならば出射端部を溶融、樹脂のどちらでも良く他の種々の方法で束ねても良い。 [0078] For example, the emission end unit if the incident end portion are bundled together by melting the melting may be bundled in a well a variety of other ways either resin.

【0079】また光ファイバは、入射端部がレーザビームにより破壊されなければ、外径、閾値の異なる種々のグラスファイバを用いても良く、ファイババンドルの被覆は、ファイババンドルに必要な自由度を持たせ得る範囲であれば、例えばコイルで被覆するなど種々のものを用いて良い。 [0079] The optical fiber is to be destroyed incident end by a laser beam, an outer diameter, may be used various different glass fibers of the threshold, the coating of the fiber bundle, the degree of freedom required for fiber bundle so long as that can have, for example, it may be used various ones such as coated coil.

【0080】また、痣を短時間で破壊するために必要なピーク出力を発生できるならば、ノーマル発振など種々のレーザ光源を用いても良い。 [0080] Further, if it generates a peak output necessary to break in a short time bruising, it may be used various laser light sources such as normal oscillation.

【0081】 [0081]

【発明の効果】以上詳述したように本発明によれば、高出力のレーザビームの場合でも高い導光率を有し、且つ操作性の良い導光路を備える医用レーザ装置を実現することが可能となる。 According to the present invention as described in detail above, that has a high light rate even when the laser beam of high output, and to realize a medical laser device comprising a good operability light guide It can become.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1実施例に係る医用レーザ装置の概略構成図。 Schematic diagram of a medical laser apparatus according to a first embodiment of the present invention; FIG.

【図2】図1のA−A線の断面図。 2 is a cross-sectional view of line A-A of FIG.

【図3】本発明の第2実施例に係る医用レーザ装置の概略構成図。 Schematic diagram of a medical laser apparatus according to a second embodiment of the present invention; FIG.

【図4】本発明の第2実施例のファイババンドルの断面図を示し、(a)は図3におけるB−B線の断面図、 Figure 4 shows a cross-sectional view of a fiber bundle of a second embodiment of the present invention, (a) is a cross-sectional view of line B-B in FIG. 3,
(b)は図3におけるC−C線の断面図、(c)は図3 (B) is a sectional view of line C-C in FIG. 3, (c) is 3
におけるD−D線の断面図。 Section D-D in.

【図5】(a)、(b)はそれぞれ従来の光ファイバ導光路の概略図。 [5] (a), (b) is a schematic view of a conventional optical fiber light guide respectively.

【図6】従来のミラージョンイント導光路の概略図。 Figure 6 is a schematic diagram of a conventional mirror John Into light guide.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101、301… Qスイッチルビーレーザ発振器 102… 導光路 103、305、306… ハンドピース 113、302… ファイババンドル 101,301 ... Q switch ruby ​​laser oscillator 102 ... light guide path 103,305,306 ... handpiece 113,302 ... fiber bundle

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 レーザビームを発振するレーザビーム発生手段と、 複数の光ファイバが溶融一体化された入射端部を有し、 [Claim 1 further comprising a laser beam generating means for oscillating a laser beam, an incident end portion in which a plurality of optical fibers are fused integrally,
    前記レーザビームを導光するファイババンドルと、 前記ファイババンドルの出射端部に取り付けられ、治療部位に前記レーザビームを照射するハンドピースとを備えることを特徴とする医用レーザ装置。 And the fiber bundle for guiding the laser beam, attached to the exit end of the fiber bundle, the medical laser device comprising: a handpiece for irradiating the laser beam to the treatment site.
  2. 【請求項2】 前記レーザビーム発生手段は、Qスイッチレーザ発振器であることを特徴とする請求項1記載の医用レーザ装置。 Wherein said laser beam generating means, the medical laser apparatus according to claim 1, characterized in that the Q-switched laser oscillator.
  3. 【請求項3】 前記レーザビームは、パルス幅が30n Wherein said laser beam has a pulse width 30n
    sec以下でピークパワーが47MW以上のパルスであることを特徴とする請求項1または請求項2のいずれかに記載の医用レーザ装置。 The medical laser apparatus according to claim 1 or claim 2, wherein the peak power is more pulses 47MW in sec or less.
  4. 【請求項4】 前記ファイババンドルは、複数に分割された出射端部を備えることを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれか一項記載の医用レーザ装置。 Wherein said fiber bundle, medical laser apparatus according to any one claim of claims 1 to 3, characterized in that it comprises an exit end that is divided into a plurality.
  5. 【請求項5】 前記出射端部は、光強度別に複数に分割されることを特徴とする請求項4記載の医用レーザ装置。 Wherein said exit end portion, the medical laser apparatus according to claim 4, characterized in that it is divided into a plurality by the light intensity.
  6. 【請求項6】 前記ファイババンドルは、前記レーザビームのエネルギ密度を所定の断面にわたって均一化するレーザビーム均一手段を備えることを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか一項記載の医用レーザ装置。 Wherein said fiber bundle, said laser beam medical according to one of claims 1 to 4, characterized in that it comprises a laser beam uniform means for uniform over a given cross-sectional energy density laser device.
  7. 【請求項7】 前記レーザビーム均一手段は、内部表面にアルミ蒸着を施した中空物であることを特徴とする請求項6記載の医用レーザ装置。 Wherein said laser beam uniform means a medical laser device according to claim 6, characterized in that the hollow product was subjected to aluminum vapor deposition on the inner surface.
  8. 【請求項8】 前記レーザビーム均一手段は、前記入射端部のレーザビーム入射方向に対して水平方向に備えることを特徴とする請求項6または請求項7のいずれかに記載の医用レーザ装置。 Wherein said laser beam uniform means a medical laser apparatus according to claim 6 or claim 7, characterized in that it comprises in the horizontal direction with respect to the laser beam incidence direction of the incident end portion.
  9. 【請求項9】 前記光ファイバは、所定の屈折率を有する透明体で形成されるコアと、 前記コアより低い屈折率を有する透明体で前記コアの周囲に形成されるクラッドから構成されることを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれか一項記載の医用レーザ装置。 Wherein said optical fiber is to be composed of a clad formed around the core with a transparent body having a core formed of a transparent member having a predetermined refractive index, a lower refractive index than the core the medical laser apparatus according to any one claim of claims 1 to 5, characterized in.
  10. 【請求項10】 前記光ファイバは、石英で形成される石英ファイバであることを特徴とする請求項1ないし請求項5または請求項9のいずれか一項記載の医用レーザ装置。 Wherein said optical fiber is a medical laser apparatus according to any one claim of claims 1 to 5 or claim 9, characterized in that a quartz fiber is formed of quartz.
  11. 【請求項11】 前記照射手段は、前記出射端部に取り付けられ、前記レーザビームのエネルギ密度を所定の断面にわたって均一化するレーザビーム均一化手段と、 前記レーザビーム均一手段の出力側に配置され、前記レーザビーム均一手段によりエネルギ密度を均一にした前記レーザビームを投影する投影レンズと、 前記投影レンズよりも治療部位側の所定の距離に設けられ、前記投影レンズにより投影された前記レーザビームの照射領域を示す照射窓とを備えるハンドピースであることを特徴とする請求項1記載の医用レーザ装置。 Wherein said irradiation means is mounted to said exit end portion, and the laser beam homogenizing means for homogenizing the energy density of the laser beam over a given cross-section, is arranged on the output side of the laser beam uniform means a projection lens for projecting the laser beam uniform energy density by the laser beam uniform means, than the projection lens provided at a predetermined distance of the treatment site side, the laser beam projected by the projection lens the medical laser apparatus according to claim 1, characterized in that the handpiece and a irradiation window showing the irradiation region.
  12. 【請求項12】 レーザビームを発振するレーザビーム発振手段と、前記レーザビームを絞る導光レンズと、 複数の光ファイバが溶融一体化された入射端部及び複数に分割された出射端部を有し、前記導光レンズにより絞られた前記レーザビームを導光するファイババンドルと、 前記導光レンズを前記入射端部のレーザビーム入射方向に対して水平方向に移動させるレンズ移動手段と、 前記出射端部よりも治療部位側に光学的に取り付けられ、前記レーザビームのエネルギ密度を所定の断面にわたって均一化するレーザビーム均一手段と、 前記レーザビーム均一手段の出力側に配置され、前記レーザビーム均一手段によりエネルギ密度を均一にした前記レーザビームを投影する投影レンズと、 前記投影レンズよりも治療部位側に配置され、 A laser beam oscillation means for oscillating a 12. The laser beam, wherein the light guide lens to narrow the laser beams, a plurality of optical fibers the emission end section divided into molten integrated incident end portion and a plurality Yes and a fiber bundle that guides the laser beam focused by the light guide lens, and the lens moving means for moving in a horizontal direction the light guide lens to the laser beam incidence direction of the incident end, the exit than the end optically attached to the treatment site side, and the laser beam uniform means for uniform over a given cross-section of the energy density of the laser beam, is arranged on the output side of the laser beam uniform means, said laser beam uniformity a projection lens for projecting the laser beam uniform energy density by means than the projection lens is disposed at the treatment site side, 記投影レンズにより投影された前記レーザビームの照射領域を示す照射窓とを備える医用レーザ装置。 Serial medical laser device and a radiation window showing the irradiation area of ​​the projected the laser beam by the projection lens.
JP13072694A 1994-06-14 1994-06-14 Medical laser device Pending JPH07328025A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13072694A JPH07328025A (en) 1994-06-14 1994-06-14 Medical laser device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13072694A JPH07328025A (en) 1994-06-14 1994-06-14 Medical laser device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07328025A true true JPH07328025A (en) 1995-12-19

Family

ID=15041169

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13072694A Pending JPH07328025A (en) 1994-06-14 1994-06-14 Medical laser device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07328025A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0871050A2 (en) * 1997-04-07 1998-10-14 Laser- und Medizin-TechnologieGGmbH Berlin Laser device with a Q-switched laser
JP2008093469A (en) * 1996-04-09 2008-04-24 Cynosure Inc Alexandrite laser system for treatment of dermatological specimens
US8915948B2 (en) 2002-06-19 2014-12-23 Palomar Medical Technologies, Llc Method and apparatus for photothermal treatment of tissue at depth
US9028536B2 (en) 2006-08-02 2015-05-12 Cynosure, Inc. Picosecond laser apparatus and methods for its operation and use
US9780518B2 (en) 2012-04-18 2017-10-03 Cynosure, Inc. Picosecond laser apparatus and methods for treating target tissues with same

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008093469A (en) * 1996-04-09 2008-04-24 Cynosure Inc Alexandrite laser system for treatment of dermatological specimens
EP0871050A2 (en) * 1997-04-07 1998-10-14 Laser- und Medizin-TechnologieGGmbH Berlin Laser device with a Q-switched laser
EP0871050A3 (en) * 1997-04-07 1999-10-20 Laser-und Medizin-Technologie GmbH, Berlin Laser device with a Q-switched laser
US8915948B2 (en) 2002-06-19 2014-12-23 Palomar Medical Technologies, Llc Method and apparatus for photothermal treatment of tissue at depth
US9028536B2 (en) 2006-08-02 2015-05-12 Cynosure, Inc. Picosecond laser apparatus and methods for its operation and use
US9780518B2 (en) 2012-04-18 2017-10-03 Cynosure, Inc. Picosecond laser apparatus and methods for treating target tissues with same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3471215A (en) Fiber laser device provided with long flexible energy-directing probe-like structure
US5755751A (en) Method and apparatus for therapeutic electromagnetic treatment
US5370643A (en) Multiple effect laser delivery device and system for medical procedures
US5405368A (en) Method and apparatus for therapeutic electromagnetic treatment
US5066291A (en) Solid-state laser frequency conversion system
US6213998B1 (en) Laser surgical cutting probe and system
US5898802A (en) Coupling method and apparatus for coupling polymer fibers to a light source for improving power handling capabilities of the polymer fibers
US5967653A (en) Light projector with parabolic transition format coupler
US5620478A (en) Method and apparatus for therapeutic electromagnetic treatment
US6692250B1 (en) Apparatus for photoactivation of photosensitive composite materials utilized particularly in the dental field
US5430816A (en) Multiple split-beam laser processing apparatus generating an array of focused beams
US5537499A (en) Side-firing laser optical fiber probe and method of making same
US5663979A (en) Fiber stub end-pumped laser
US6942658B1 (en) Radiation emitting apparatus with spatially controllable output energy distributions
US6682524B1 (en) Dermatological hand piece
US5130997A (en) Medical laser apparatus, high powered red laser used in same, and laser resonator with non-linear output
US5349590A (en) Medical laser apparatus for delivering high power infrared light
US4408602A (en) Laser knife device
US20070123845A1 (en) Method and device for processing a workpiece
US5461692A (en) Multimode optical fiber coupling apparatus and method of transmitting laser radiation using same
US20070265602A1 (en) Multi-spot optical fiber endophotocoagulation probe
US4763975A (en) Optical system with bright light output
US6746473B2 (en) Therapeutic laser device
US4820010A (en) Bright output optical system with tapered bundle
US4396285A (en) Laser system and its method of use