JPH07314831A - Tape cassette - Google Patents

Tape cassette

Info

Publication number
JPH07314831A
JPH07314831A JP13632594A JP13632594A JPH07314831A JP H07314831 A JPH07314831 A JP H07314831A JP 13632594 A JP13632594 A JP 13632594A JP 13632594 A JP13632594 A JP 13632594A JP H07314831 A JPH07314831 A JP H07314831A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
tape
cassette
spool
ink ribbon
ribbon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13632594A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2959398B2 (en )
Inventor
Takashi Horiuchi
Atsushi Sugimoto
Yutaka Sugiyama
Koushirou Yamaguchi
誉史 堀内
晃志郎 山口
豊 杉山
淳 杉本
Original Assignee
Brother Ind Ltd
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation

Links

Abstract

PURPOSE: To separate running passages of an ink ribbon and a film tape from each other so as to prevent reciprocal interference by providing a guide having a pair of walls for guiding the film tape and the ink ribbon and a partition wall formed in between the walls in a cassette case.
CONSTITUTION: A cassette comprises in a case a tape spool having a film tape 17 wound thereon and a ribbon spool having an ink ribbon 19 wound thereon, wherein the film tape 17 on which characters are printed through the ink ribbon 19 pulled out from the spool is discharged to the outside of the cassette case. In this case, an arm 8 as a guide of a lower case 3, consisting of an outer wall 8B and an inner wall 8C having a height higher than that of the outer wall 8B and almost the same as the ribbon width of the ink ribbon 19, is provided. In between the outer wall 8B and the inner wall 8C, a partition wall 31 is arranged. At the upstream side of the partition wall 31 in the arm 8 of the lower case 3, a guide pin 34 having a guide regulating piece 33 formed at a bottom end is provided.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、フィルムテープを巻回したテープスプールとインクリボンを巻回したリボンスプールとがカセットケース内に配置され、テープ印字装置に使用されてインクリボンを介してフィルムテープ上に文字等を印字した文字付テープを作成するテープカセットに関し、特に、テープカセット内でフィルムテープとインクリボンを走行させる際にフィルムテープの走行経路とインクリボンの走行経路とを分離することにより、各フィルムテープ、インクリボンの走行が相互に影響されないようにしたテープカセットに関するものである。 The present invention relates to a ribbon spool wound tape spool and an ink ribbon wound film tape is arranged in the cassette case is used in the tape printing apparatus through an ink ribbon film relates tape cassette to create a character with a tape of printing characters, etc. on a tape, in particular, the separation of a travel route of the traveling path and the ink ribbon of the film tape when moving the film tape and the ink ribbon in the tape cassette Accordingly, the film tape, the running of the ink ribbon is related tape cassette so as not to affect each other.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、テープ印字装置に使用されて文字付テープを作成するための各種のテープカセットが提案されている。 Conventionally, various tape cassette for being used in a tape printer by creating a character with tape has been proposed. かかるテープカセットにおいては、一般に、インクリボンを巻回したリボンスプールと印字媒体としてのフィルムテープを巻回したテープスプールとをカセットケース内に備えており、文字付テープの作成時には、各インクリボン及びフィルムテープを同一の搬送経路に沿って搬送しつつ、テープ印字装置に付設されたサーマルヘッドによりインクリボンを介してフィルムテープ上に文字等の印字が行われるものである。 In such a tape cassette, generally, a tape spool winding a film tape as the printing medium and the ribbon spool wound an ink ribbon is provided in the cassette case, when creating a character with a tape, and the ink ribbon while conveying the film tape along the same transport path, in which printed characters and the like is performed through the ink ribbon onto the film tape by a thermal head which is attached to the tape printer.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記従来のテープカセットでは、インクリボンとフィルムテープとを同一の搬送経路の沿ってテープ印字装置のサーマルヘッドに至るまで搬送しており、このように各インクリボンとフィルムテープとを同一の搬送経路に沿って搬送する場合には、テープカセットの小型化等の要請に基づきその構造上搬送経路にあまりスペースを省くことができないことから、インクリボンとフィルムテープとは相互に接触されて搬送されることとなる。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the conventional tape cassette and an ink ribbon and the film tape along the same conveying path is conveyed up to the thermal head of the tape printer, such that each when transporting the ink ribbon and the film tape along the same transport path, from the inability to eliminate much space in the structure on the conveying path at the request of the miniaturization of the tape cassette, the ink ribbon and the film and thus it is conveyed in contact with each other and the tape. 従って、例えば、フィルムテープが蛇行されつつ搬送されると、その影響がインクリボンにも及び、その結果、インクリボンも蛇行されつつ搬送されてしまう。 Thus, for example, when the film tape is conveyed while being serpentine, the effect is also Oyobi the ink ribbon, as a result, the ink ribbon will also be conveyed while meandering. これにより、薄くて剛性の小さいインクリボンには皺が発生し、これに起因してフィルムテープ上に印字される文字等が掠れてしまうという問題がある。 Thus, the small and thin ink ribbon rigidity crease occurs, due to a problem that characters etc. to be printed on the film tape would fade.

【0004】また、特に、文字等が印字されたフィルムテープに両面粘着テープを接着した文字付テープを作成する、いわゆる、ラミネートタイプのテープカセットにおいては、テープカセットのユーザーが、テープカセットを取り扱っている際に、フィルムテープを外方に引き出した場合には、インクリボンがフィルムテープの引き出しにつられて引き出されてしまう。 Further, in particular, to create a character with a tape adhered double-sided adhesive tape to the film tape which characters and the like are printed, so-called, in the laminated type tape cassette, the user of the tape cassette, cover the tape cassette when you are, when pulling out the film tape outwardly, the ink ribbon will be withdrawn by hung in a drawer of the film tape. この結果、引き出されたインクリボンが両面粘着テープに接着されてしまい、テープカセットが使用不能となる虞が多分に存するという問題がある。 As a result, will withdrawn ink ribbon is adhered to the double-sided adhesive tape, a possibility that the tape cassette is unavailable is a problem that exists perhaps.

【0005】本発明は前記従来の問題点を解消するためになされたものであり、テープカセット内でインクリボンとフィルムテープを走行させる際に、インクリボンの走行経路とフィルムテープの走行経路とを相互に分離することにより、一方の走行が他方の走行に影響を及ぼすことを防止し、もってフィルムテープに印字される文字等が掠れたりテープカセットが使用不能に陥るこことを排除することができるテープカセットを提供することを目的とする。 [0005] The present invention has been made to solve the conventional problems, when moving the ink ribbon and the film tape in the tape cassette, and a traveling path of travel path of the film tape of the ink ribbon by separating from one another, can be one of the travel can be prevented from affecting the other of the operating, with a tape cassette or a character or the like fade to be printed on the film tape to exclude that this falling unavailable an object of the present invention is to provide a tape cassette.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため本発明は、カセットケース内に、フィルムテープを巻回したテープスプールと、インクリボンを巻回したリボンスプールとを配置し、各テープスプール及びリボンスプールからフィルムテープ、インクリボンを所定の搬送経路に沿って引き出すとともに、インクリボンを介して文字等を印字したフィルムテープをカセットケースの外方へ排出するテープカセットにおいて、前記搬送経路中でカセットケースに形成され、各フィルムテープ及びインクリボンを案内するとともに、一対の壁部を有するガイド部と、前記ガイド部の一対の壁部の間に形成された分離壁とを備え、前記フィルムテープは一方の壁部と分離壁との間を走行案内されるとともに、前記インクリボンは他方の壁部と分 [Summary of the invention To achieve the above object, in a cassette case, a tape spool winding a film tape, and a ribbon spool wound an ink ribbon arranged, each tape spool and film tape from the ribbon spool, with draw along a predetermined transport path of the ink ribbon in the tape cassette for discharging the film tape of printing characters and the like through the ink ribbon to the outside of the cassette case, in the transport path in It formed in the cassette casing, thereby guiding the film tape and the ink ribbon, comprising a guide portion having a pair of wall portions, and a formed separation wall between the pair of wall portions of the guide portion, the film tape together with the travel guidance between the one wall portion and the separation wall, the ink ribbon and other wall min 壁との間を走行案内される構成を有する。 Has a configuration that is running guided between the wall.

【0007】 [0007]

【作用】前記構成を有する本発明では、テープカセットがテープ印字装置に装着されて文字付テープが作成される場合、フィルムテープ及びインクリボンがそれぞれテープスプール、リボンスプールから所定の搬送経路に沿って引き出される。 [Action] In the present invention having the above configuration, when the tape cassette is a tape with being mounted in the tape printer character is created, the film tape and the ink ribbon tape spool respectively, along the ribbon spool a predetermined conveying path It is pulled out. かかるフィルムテープ及びインクリボンの搬送時、フィルムテープは、搬送経路中でカセットケースに形成されたガイド部の一方の壁部と分離壁との間を走行案内され、また、インクリボンはガイド部の他方の壁部と分離壁との間を走行案内される。 During transportation of such film tape and the ink ribbon, film tape is traveling guidance between the one wall portion and the separation wall of the guide portion formed in the cassette case in the conveying path, also the ink ribbon guide portions is travel guidance between the other wall and the separation wall. これにより、アーム部において、フィルムテープの走行経路とインクリボンの走行経路とが、分離壁を介して相互に分離されることとなり、従って、フィルムテープの走行がインクリボンの走行に影響を与えることは確実に防止され得るものである。 Thus, the arm portion, and the traveling path of the traveling path and the ink ribbon of the film tape becomes a being separated from each other through the separating wall, thus, the running of the film tape affects the traveling of the ink ribbon those are capable of being reliably prevented.

【0008】 [0008]

【実施例】以下、本発明をテープ印字装置に使用されるテープカセットについて具体化した実施例に基づいて図面を参照しつつ詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, will be described in detail with reference to the accompanying drawings with reference to the embodiments of the present invention embodying a tape cassette for use in the tape printer. 先ず、テープカセット1の概略構成について図1に基づき説明する。 First, it will be described with reference to FIG. 1 a schematic structure of the tape cassette 1. 図1はテープカセット1の斜視図であり、テープカセット1は上ケース2と下ケース3とを有する。 Figure 1 is a perspective view of the tape cassette 1, the tape cassette 1 has an upper case 2 and lower case 3.

【0009】テープカセット1には、後述するフィルムテープ17を巻回したテープスプール18を回動可能に支持する支持孔4、後述するサーマルヘッドHによりフィルムテープ17上に文字等を印字する際にリボンスプール20からインクリボン19を引き出すとともに巻取るリボン巻取スプール21を支持する支持孔5、後述する両面粘着テープ22の離形紙を外側に向けて巻回したテープスプール23を回動可能に支持する支持孔7が形成されている。 [0009] the tape cassette 1, the support hole 4 for supporting the tape spool 18 wound with a film tape 17 described later rotatably, when printing characters and the like on the film tape 17 by the thermal head H to be described later support hole 5 for supporting the ribbon take-up spool 21 for taking up with pull out ink ribbon 19 from the ribbon spool 20, the tape spool 23 to the release liner wound toward the outside of the double-sided adhesive tape 22 described later is rotatably support hole 7 which supports are formed.

【0010】尚、図1中には、上ケース2に形成された各支持孔4、5、7のみしか図示されていないが、下ケース3についても同様に上ケース2の各支持孔に対向して支持孔4、5、7が形成されている。 [0010] Incidentally, in FIG. 1, although only a respective support holes 4, 5, 7, which are formed in the upper case 2 is not shown, opposed to the supporting holes of the upper case 2 Similarly for the lower case 3 supporting holes 4, 5 and 7 and is formed.

【0011】また、テープカセット1の前側(図1中下側)には、テープスプール18から引き出されたフィルムテープ17、及び、リボンスプール20から引き出されたインクリボン19を案内し、開口8Aから送出する本発明のガイド部を構成するアーム部8(詳細な構成については後述する)が設けられており、かかるアーム部8の後方にはテープ印字装置のサーマルヘッドH(後述する)が装着されるヘッド装着部9が設けられている。 [0011] On the front side of the tape cassette 1 (in FIG. 1 lower), the film tape 17 pulled out from the tape spool 18 and, to guide the ink ribbon 19 drawn out from the ribbon spool 20, from an opening 8A arm 8 constituting a guide portion of the present invention to be sent (to be described later detailed configuration) is provided, in the rear of such arm portions 8 a thermal head H (described later) of the tape printer is mounted head mounting portion 9 is provided that.
更に、ヘッド装着部9においてアーム部8と対向する壁部9Aにはテープカセット1の後方に向かって入り込んだ第1嵌合部10が形成され、また、ヘッド装着部9の左側側壁には第1嵌合部10と直交する方向(壁部9A Further, the wall portion 9A which faces the arm portion 8 in the head mounting part 9 first fitting portion 10 is formed that enters toward the rear of the tape cassette 1, also on the left side wall of the head mounting portion 9 first direction perpendicular to the first fitting portion 10 (wall portion 9A
に沿った方向)に入り込んだ第2嵌合部11が形成されている。 Are formed second engagement portion 11 having entered the direction) along the. これらの各第1嵌合部10、第2嵌合部11 Each of these first fitting portion 10, the second fitting portion 11
は、後述するように、サーマルヘッドHを支持するヘッドホルダ44に形成された2つの各突起部45、46に嵌合されて、ヘッド装着部9に対するサーマルヘッドH As will be described later, it is fitted into each of the two projections 45 and 46 formed in the head holder 44 that supports the thermal head H, the thermal head H with respect to the head mounting section 9
の装着を各インクリボン19、フィルムテープ17に干渉することなく確実に行うためのものである。 Each ink ribbon 19 the mounting of, is for surely without interfering with the film tape 17.

【0012】更に、各インクリボン19、フィルムテープ17の走行方向に関しヘッド装着部9の下流側において、テープ送りローラ12が支持孔13に回動可能に支持されており、かかるテープ送りローラ12は、それに対向する側からテープ送りローラ12に圧接される圧接ローラ49(図15参照)との協働により、テープスプール18からフィルムテープ17、及び、テープスプール23から両面粘着テープ22を引き出すとともに、サーマルヘッドHによりインクリボン19を介して文字等が印字されたフィルムテープ17と両面粘着テープ22 Furthermore, the ink ribbon 19, on the downstream side of the head mounting portion 9 relates running direction of the film tape 17, the tape feed roller 12 are rotatably supported by the support hole 13, such tape feed roller 12 , it the pressure roller 49 (see FIG. 15) in cooperation with the pressure from the opposite side to the tape feed roller 12, the film tape 17 from the tape spool 18, and, along with drawing out the double-sided adhesive tape 22 from the tape spool 23, the film tape 17 characters and the like are printed through the ink ribbon 19 by the thermal head H and the double-sided adhesive tape 22
とを、相互に接着するものである。 The door is intended to adhere to each other. また、テープ送りローラ12の近傍位置には上下一対の規制部材14、15 The regulation of the upper and lower pair is in the vicinity of the tape feed roller 12 members 14
が設けられており、これらの各規制部材14、15は、 Are provided, each of these regulating members 14 and 15,
サーマルヘッドHの下流側にて文字等が印字されたフィルムテープ17を幅方向に規制案内するものであり、フィルムテープ17と両面粘着テープ22との間に位置ずれを生じることなく適正に接着するためのものである。 Are those characters and the like on the downstream side of the thermal head H is to regulate guiding the printed film tape 17 in the width direction, to properly adhere without causing a positional shift between the film tape 17 and the double-sided adhesive tape 22 it is for.
尚、テープ送りローラ12及び各規制部材14、15の詳細な構成については後述する。 It will be described later detailed configuration of the tape feed roller 12 and the restricting members 14, 15.

【0013】また、テープカセット1の右後縁位置にはカセット検出部16が形成されており、このカセット検出部16には、テープカセット1の種類(例えば、各フィルムテープ17の幅、インクリボン19に塗布されたインクの色等によりテープカセット1の種類が特定される)を検出するため所定のパターンをもって複数個のスイッチ孔16Aが穿設されている。 Further, the right rear edge position of the tape cassette 1 is formed a cassette detector 16, the cassette detector 16, the type of the tape cassette 1 (for example, the width of each film tape 17, the ink ribbon a plurality of switch holes 16A with a predetermined pattern for detecting the type of the tape cassette 1 is identified) are drilled by the color of ink applied to 19. スイッチ孔16Aの形成パターンは、各テープカセット1の種類に従って異なるパターンとされており、各スイッチ孔16Aは、テープ印字装置側に配設された複数個の検出スイッチ81 Forming a pattern of switch holes 16A is different patterns according to the type of the tape cassette 1, the switch holes 16A are a plurality of detection switches 81 disposed in the tape printing apparatus
(図21、図23参照)のオン・オフの組合せに基づいて検出されるものである。 (Figure 21, see FIG. 23) is intended to be detected based on a combination of on and off. かかる構成については後述する。 It will be described later such a configuration.

【0014】尚、前記テープカセット1は、カセット装着部X(図13、図20等参照)が上面に設けられたテープ印字装置、及び、カセット装着部Xが下面に設けられたテープ印字装置のいずれに対しても装着することが可能なものであり、カセット装着部Xが上面に設けられたテープ印字装置に対しては、下ケース3側からカセット装着部Xに装着され(フロントローディング方式と称する)、また、カセット装着部Xが下面に設けられたテープ印字装置に対しては、上ケース2側からカセット装着部Xに装着される(以下、ボトムローディング方式と称する)。 [0014] Incidentally, the tape cassette 1, the cassette mounting portion X (see FIGS. 13 and 20, etc.) tape printer is provided on the upper surface, and, the tape printer cassette mount X are provided on the lower surface are those that can be attached to either, for the tape printer cassette mount X is provided on the upper surface, is attached from the lower casing 3 side to the cassette mount X and (front loading type referred), also, for the tape printer cassette mount X are provided on the lower surface, is fitted from the upper case 2 side in the cassette housing portion X (hereinafter, referred to as a bottom-loading). このように、フロントローディング方式、ボトムローディング方式のいずれの方式にも適合させるため、本実施例に係るテープカセット1は以下にて説明するような各種の特徴的構成を備えており、これらの各特徴的構成については順次説明することとする。 Thus, front-loading, to adapt to any type of bottom-loading, the tape cassette 1 according to the present embodiment has various characteristic configurations such as described in the following, each of these and sequentially explain characteristic configuration.

【0015】次に、テープカセット1の内部構成について図2乃至17に基づき説明する。 Next, it will be described with reference to FIG. 2 through 17 for the internal configuration of the tape cassette 1. 先ず、図2を参照してテープカセット1における内部構成の概略を説明する。 First, referring to FIG. 2 illustrating the outline of the internal configuration of the tape cassette 1. 図2は上ケース2を取り外して示す下ケース3の平面図であり、下ケース3内の後部(図2中上部)において透明なフィルムテープ17を巻回したテープスプール18が前記支持孔4を介して回動可能に配置されている。 Figure 2 is a plan view of the lower case 3 as shown by removing the upper case 2, a tape spool 18 wound with a transparent film tape 17 at the rear (in FIG. 2 top) in the lower casing 3 is the supporting hole 4 It is rotatably disposed through. また、下ケース3の前部(図2中下部)には、インクリボン19を巻回したリボンスプール20が回動可能に配置され、更に、リボンスプール20からインクリボン19を引き出すとともに、文字等の印字にて消費されたインクリボン19を巻き取るリボン巻取スプール21 Further, the front portion of the lower case 3 (lower in FIG. 2), the ribbon spool 20 wound with the ink ribbon 19 are arranged rotatably, further with pull out ink ribbon 19 from the ribbon spool 20, characters and the like ribbon take-up spool 21 for taking up the ink ribbon 19 that has been consumed by the printing
が、テープスプール18とリボンスプール20との間で前記支持孔5を介して回動可能に配置されている。 There is disposed rotatably through the supporting hole 5 between the tape spool 18 and the ribbon spool 20.

【0016】フィルムテープ17は、前記したようにテープ送りローラ12と圧接ローラ49(テープ印字装置側に設けられている)との協働により、テープスプール18から引き出され、アーム部8の開口8Aからヘッド装着部9の前側(図2中下側)を通過した後、両面粘着テープ22と接着されてテープ排出部24からテープカセット1の外方へ排出される。 The film tape 17 (provided on the tape printer side) feeding roller 12 and the pressure roller 49 as described above by cooperation, drawn from the tape spool 18, the opening 8A of the arm portion 8 after passing through the front side of the head mounting portion 9 (FIG. 2 in the lower side) from being bonded to the double-sided adhesive tape 22 is discharged from the tape discharge portion 24 to the outside of the tape cassette 1. また、インクリボン19 In addition, the ink ribbon 19
は、リボン巻取スプール21を介してリボンスプール2 Is, ribbon spool 2 via the ribbon take-up spool 21
0から引き出され、アーム部8の開口8Aからヘッド装着部9の前側(図2中下側)を通過した後、各規制部材14、15の内方に形成された案内部25の案内孔25 Drawn from 0, after passing through the front side of the head mounting portion 9 from the opening 8A of the arm portion 8 (in FIG. 2 bottom), the guide hole 25 of the guide portion 25 formed inwardly of the restricting members 14, 15
Aを通ってリボン巻取スプール21の周囲に巻き取られる。 Through A wound around the ribbon take-up spool 21. 尚、リボン巻取スプール21の下部にはクラッチバネ26が取り付けられており、このクラッチバネ26はリボン巻取スプール21が逆転して巻き取ったインクリボン17が緩んでしまうことを防止するものである。 Note that the lower portion of the ribbon take-up spool 21 and the clutch spring 26 is attached, the clutch spring 26 is intended to prevent that loose ink ribbon 17 that a ribbon take-up spool 21 is wound with reversed is there.

【0017】ここに、インクリボン19のリボン幅は、 [0017] Here, the ribbon width of the ink ribbon 19,
図1に示すように、フィルムテープ17のテープ幅よりも広く構成されている。 As shown in FIG. 1, it is constructed wider than the tape width of the film tape 17. これは前記各規制部材14、1 This wherein the restricting member 14, 1
5よりも上流側にてフィルムテープ17とインクリボン19とを確実に分離し、各規制部材14、15の下流側においては、フィルムテープ17の走行に伴ってインクリボン19が引き出されないようにするためである。 5 a film tape 17 and the ink ribbon 19 is reliably separated on the upstream side than in downstream side of the restricting members 14 and 15, so that the ink ribbon 19 with the running of the film tape 17 is not drawn out in order to be. 即ち、各規制部材14、15間に設定された幅(高さ)W That is, the set width between the restricting members 14 and 15 (height) W
は、フィルムテープ17のテープ幅と同一の幅とされており、従って、インクリボン19のリボン幅よりも小さく設定されていることとなる。 Is the tape width same width as the film tape 17, therefore, the fact that is set smaller than the ribbon width of the ink ribbon 19. これにより、インクリボン19がフィルムテープ17に従ってアーム部8の開口8Aから案内部25の案内孔25Aを介して走行案内される際、各規制部材14、15間の幅Wがインクリボン19のリボン幅よりも小さいことから、各規制部14、 Thus, when the ink ribbon 19 is traveling guidance from the opening 8A of the arm portion 8 through the guide hole 25A of the guide portion 25 in accordance with the film tape 17, the width W between the restricting members 14, 15 of the ink ribbon 19 ribbon since less than the width, the restricting portions 14,
15間への進入が阻止されることとなり、この結果、インクリボン19がフィルムテープ17に貼り付いてフィルムテープ17と共に走行しようとしても、インクリボン19が各規制部材14、15の下流側まで走行することが確実に防止され得る。 It becomes the 15 entry into between is prevented, as a result, the running ink ribbon 19 even if an attempt is traveling with the film tape 17 stuck to the film tape 17, the ink ribbon 19 to the downstream side of the restricting members 14, 15 It can be reliably prevented that. 従って、各規制部材14、1 Thus, the restricting member 14, 1
5の下流側ではインクリボン19がフィルムテープ17 Ink ribbon 19 on the downstream side of the 5 film tape 17
の走行に伴って必要以上に引き出されることが全くなくなるものである。 Those entirely eliminated can be drawn more than necessary with the traveling.

【0018】これにより、インクリボン19に多少の緩みが発生した場合においても、フィルムテープ17を引き出すことに起因して、フィルムテープ17に貼り付いたインクリボン19が必要以上に引き出されて両面粘着テープ22に接着することにより、インクリボン19がテープカセット1内でジャミングしてテープカセット1 [0018] As a result, even in the case where some of the slack in the ink ribbon 19 has occurred, due to be pulled out of the film tape 17, pulled out more than necessary ink ribbon 19, which was stuck to the film tape 17 double-sided pressure-sensitive adhesive by adhering to the tape 22, the tape cassette 1 the ink ribbon 19 is jammed in the tape cassette 1
が使用不能となることが確実に防止され得るものである。 There are those that can become unusable it may be reliably prevented.

【0019】また、インクリボン19のリボン幅をフィルムテープ17のテープ幅よりも大きくすることにより、インクリボン19のリボン幅は、当然にフィルムテープ17への文字等の印字幅よりも大きくなり、これによりフィルムテープ17の印字幅を最大限に使用して文字等が連続して印字された場合にも、インクリボン19 Further, to be greater than the tape width of the ribbon width of the film tape 17 of the ink ribbon 19, the ribbon width of the ink ribbon 19 is larger than the printing width of the characters and the like into naturally film tape 17, Thus even when the character or the like is used to maximize the printing width of the film tape 17 is printed continuously, the ink ribbon 19
は印字幅の両側で未使用部分が残存することからインクリボン19が切断されてしまうことが防止可能となるものである。 It is made possible to prevent that the ink ribbon 19 because the remaining unused portion on both sides of the printing width is disconnected. 尚、フィルムテープ17のテープ幅と両面粘着テープ22のテープ幅とは、これらが相互に接着されて文字付テープが作成される関係上、同一のテープ幅とされている。 Note that the tape width of the tape width and the double-sided adhesive tape 22 of the film tape 17, they are on the relationship between the tape with are bonded to each other character is created, and is the same tape width.

【0020】ここで、前記各フィルムテープ17及びインクリボン19の終端部をそれぞれテープスプール1 [0020] Here, the terminal ends respectively tape spool 1 of the film tape 17 and the ink ribbon 19
8、リボンスプール20に取り付ける方法について図3 8, FIG. 3 for a method of attaching the ribbon spool 20
及び図4に基づき説明する。 And it will be described with reference to FIG. 図3はフィルムテープ1 Figure 3 is a film tape 1
7、インクリボン19の終端部をテープスプール18、 7, the tape spool 18 to the end portion of the ink ribbon 19,
リボンスプール20に取り付ける方法を模式的に示す分解斜視図、図4はフィルムテープ17、インクリボン1 Exploded perspective view schematically showing a method of attaching the ribbon spool 20, Fig. 4 is the film tape 17, the ink ribbon 1
9の終端をテープスプール18、リボンスプール20に取り付けた状態を記す平面図である。 9 end of the tape spool 18 is a plan view referred to being attached to the ribbon spool 20.

【0021】これらの各図において、フィルムテープ1 [0021] In these figures, the film tape 1
7、インクリボン19の終端17A、19Aは、テープスプール18、リボンスプール20の周囲に渡ってループ状に巻回接着した粘着テープ27の両端部27A、2 7, end 17A of the ink ribbon 19, 19A, the tape spool 18, both end portions 27A, 2 of adhesive tape 27 adhered wound in a loop over the periphery of the ribbon spool 20
7B間で接着固定することにより、テープスプール1 By adhesively fixed between 7B, the tape spool 1
8、リボンスプール20に取り付けられている。 8, is attached to the ribbon spool 20.

【0022】このようにしてフィルムテープ17、インクリボン19がテープスプール18、リボンスプール2 [0022] The film tape 17 In this way, the ink ribbon 19 tape spool 18, the ribbon spool 2
0に取り付けられた場合において、フィルムテープ1 When attached to 0, the film tape 1
7、インクリボン19に対して引っ張り力が作用した時における力関係について図4に基づき説明する。 7, the tensile force to the ink ribbon 19 is based on FIG. 4 for power relationships in when acted explained. このとき、テープスプール18、リボンスプール20は、矢印A方向に回転されるものとする。 At this time, the tape spool 18, the ribbon spool 20 is to be rotated in the arrow A direction.

【0023】かかる状態において、フィルムテープ1 [0023] In such a state, the film tape 1
7、インクリボン19に矢印Bに引っ張り力が加えられると、その引っ張り力は粘着テープ27をテープスプール18、リボンスプール20から外す力として作用し、 7, the tensile force in the arrow B in the ink ribbon 19 is applied, the pulling force acts as a force to remove the adhesive tape 27 tape spool 18, the ribbon spool 20,
具体的には、両面粘着テープ27のスプール18、20 Specifically, the spool 18, 20 of the double-sided adhesive tape 27
との接着面全体のせん断抵抗に打ち勝つ力、引っ張り力の矢印C、矢印D方向に作用する分力を介して粘着テープ27の両端部27A、27Bをフィルムテープ17、 Force to overcome the shear resistance of the entire bonding surface between the pulling force of the arrow C, both ends 27A of the adhesive tape 27 via a component force acting in the direction of arrow D, 27B the film tape 17,
インクリボン19の終端17A、19Aから剥そうとする力、又は、粘着テープ27をスプール18、20から剥そうとする力として作用する。 Force to Hagaso end 17A of the ink ribbon 19 from 19A, or acts as a force to be Hagaso the adhesive tape 27 from the spool 18.

【0024】このとき、粘着テープ27は、テープスプール18、リボンスプール20に対してその周囲に渡ってループ状に接着されており、従って、フィルムテープ17、インクリボン19の終端17A、19Aは、粘着テープ27をテープスプール18、リボンスプール20 [0024] At this time, the adhesive tape 27, the tape spool 18 is adhered in a loop over its circumference with respect to the ribbon spool 20, therefore, the film tape 17, end 17A of the ink ribbon 19, 19A is an adhesive tape 27 tape spool 18, the ribbon spool 20
から剥そうとする力に十分対抗可能な程度に、粘着テープ27を介してテープスプール18、リボンスプール2 Enough it can compete with it to force Hagaso from the tape spool 18 via the adhesive tape 27, the ribbon spool 2
0に強固に固定されることとなり、これよりスプール1 0 will be firmly fixed, which from the spool 1
8、20から容易に剥がれることを確実に防止することが可能となる。 It is possible to reliably prevent the easily peeling it from 8,20.

【0025】また、フィルムテープ17、インクリボン19は、図5乃至図8に示すような方法により、テープスプール18、リボンスプール20に取り付けられてもよい。 Further, the film tape 17, the ink ribbon 19, by a method as shown in FIGS. 5 to 8, the tape spool 18, may be attached to the ribbon spool 20. 図5は、粘着テープ27の一方の端部27Bを長く構成して、その端部27Bにフィルムテープ17、インクリボン19の終端17A、19Aを接着する取付方法を示す。 Figure 5 shows one end portion 27B and a long construction of the adhesive tape 27, the film tape 17 at its end 27B, end 17A of the ink ribbon 19, a mounting method for bonding the 19A. 図6は、粘着テープ27を2枚で構成し、テープスプール18、20に巻回接着する際に、各粘着テープ27の一部を相互にオーバーラップさせるとともに、各粘着テープ27の端部27A間にフィルムテープ17、インクリボン19の終端17A、19Aを固定する方法を示す。 6, adhesive tape 27 is composed of two, when the adhesive wound to the tape spool 18 and 20, some mutual causes overlap in the respective adhesive tape 27, the end portion 27A of the adhesive tape 27 the film tape 17 while shows a method of fixing end 17A of the ink ribbon 19, the 19A. また、図7は、基本的に図6の固定方法と同じであり、各粘着テープ27の一部はオーバーラップさせない固定方法を示す。 Further, FIG. 7 is the same as the method of fixing the basic 6, a portion of each adhesive tape 27 shows a fixing method which does not overlap. 図8は、テープスプール1 Figure 8 is a tape spool 1
8、リボンスプール20を巻回する部分には粘着剤が存在せず、各端部27Aのみ粘着剤が存在する粘着テープ27を使用して固定する方法を示すものである。 8, there is no adhesive in the portion for winding the ribbon spool 20 illustrates a method of fixing using an adhesive tape 27 which each end 27A only the adhesive is present.

【0026】いずれの固定方法を使用した場合においても、フィルムテープ17、インクリボン19の終端17 [0026] Also in case of using any of the fixing methods, the film tape 17, the end of the ink ribbon 19 17
A、19Aを粘着テープ27を介してテープスプール1 A, the tape spool 1 19A to via an adhesive tape 27
8、リボンスプール20に強固に固定することが可能となる。 8, it is possible to firmly fix the ribbon spool 20.

【0027】次に、リボン巻取スプール21の構成について図9に基づき説明する。 Next, based on FIG. 9 illustrating the configuration of a ribbon take-up spool 21. 図9はリボン巻取スプール21の断面図であり、リボン巻取スプール21は上ケース2の支持孔5と下ケース3の支持孔5との間で回動可能に支持されている。 Figure 9 is a sectional view of a ribbon take-up spool 21, the ribbon take-up spool 21 is rotatably supported between the support hole 5 of the support hole 5 and the lower casing 3 of the upper case 2. かかるリボン巻取スプール21の内壁においてその上下方向のほぼ中央位置L(破線Lにて示す)には、複数の係合リブ30が設けられており、 A substantially central position L of the vertical direction in the inner wall of such a ribbon take-up spool 21 (shown by a broken line L), a plurality of engaging ribs 30 are provided,
各係合リブ30は中央位置Lに関して上下対称形に形成されている。 Each engaging rib 30 is formed vertically symmetrical with respect to the central position L.

【0028】そして、後述するように、テープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xにセットした場合、カセット装着部Xに配設されたリボン巻取軸65がリボン巻取スプール21内に挿入されることとなり、かかるリボン巻取軸65のリボン巻取スプール21内への挿入時、リボン巻取軸65の周囲に形成された複数のカム部材66が各係合リブ30に係合される。 [0028] Then, as described below, inserting the tape cassette 1 when loaded in the cassette mount part X of the tape printer, the ribbon winding shaft 65 which is disposed in the cassette housing portion X is in the ribbon take-up spool 21 is the thing now, when inserted into such a ribbon winding shaft 65 of the ribbon take-up spool 21, a plurality of cam members 66 formed around the ribbon winding shaft 65 is engaged with the engaging rib 30 . このとき、 At this time,
各係合リブ30は中央位置Lに関して上下対称形に形成されていることから、フロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合においても、リボン巻取軸65のカム部材66は各係合リブ30に適正に係合され得る。 Each engaging rib 30 because it is formed vertically symmetrical with respect to the central position L, in either case of front loading and bottom loading also cam member 66 of the ribbon winding shaft 65 is properly in each engagement rib 30 It may be engaged in.

【0029】また、リボン巻取スプール21はフロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合にも同一の方向に回転され(図20、図22参照)、且つ、各係合リブ30はその回転方向に合致するような形状に形成されていることから、テープカセット1の各上ケース2、下ケース3に対するリボン巻取スプール21 Further, (see FIG. 20, FIG. 22) is rotated in the same direction in each case a ribbon take-up spool 21 is front loading and bottom loading, and, each engagement rib 30 conforms to the direction of rotation since the shape is formed such that, the ribbon take-up spool 21 for each of the upper case 2, the lower case 3 of the tape cassette 1
の装着方向を上下逆転すると、リボン巻取スプール21 If the mounting direction is upside down, the ribbon take-up spool 21
は正常に回転動作を行うことができなくなる。 It will be unable to perform normal rotation. これを防止するため、上ケース2における支持孔5の直径を下ケース3における支持孔5の直径よりも大きく設定するとともに、リボン巻取スプール21の上端部21Aの外周径をその下端部21Bの外周径よりも大きく設定し、上端部21Aを上ケース2の支持孔5に、下端部21Bを下ケース3の支持孔5に嵌合する構成としている。 To prevent this, together with the diameter of the support hole 5 in the upper case 2 is set larger than the diameter of the support hole 5 in the lower case 3, the lower end portion 21B of the outer peripheral diameter of the upper end portion 21A of the ribbon winding spool 21 is set larger than the outside diameter, the upper end portion 21A in the supporting hole 5 of the upper case 2 has a configuration of fitting the lower end portion 21B in the support hole 5 of the lower case 3. かかる構成を採用することにより、リボン巻取スプール21 By adopting such a configuration, the ribbon take-up spool 21
は、常時図9に示す位置関係を保持してテープカセット1に装着されることとなり、これによりリボン巻取スプール21のテープカセット1に対する誤装着は確実に防止し得るものである。 Becomes the be mounted to the tape cassette 1 by maintaining the position relation shown always 9, thereby erroneous mounting to the tape cassette 1 of the ribbon take-up spool 21 as it is capable of reliably prevented.

【0030】続いて、前記アーム部8において、フィルムテープ17、インクリボン19を案内する構成について図10に基づき説明する。 [0030] Then, in the arm portion 8, the film tape 17, on the basis of FIG. 10 configuration for guiding the ink ribbon 19 will be described. 図10はアーム部8の構成を示す分解斜視図であり、下ケース3のアーム部8は、 Figure 10 is an exploded perspective view showing the configuration of the arm portion 8, the arm portion 8 of the lower case 3,
外壁8Bとその外壁8Bよりも高くインクリボン19のリボン幅とほぼ同一の高さを有する内壁8Cとから構成されている。 And a and the inner wall 8C having substantially the same height as the ribbon width increases the ink ribbon 19 than the outer wall 8B and an outer wall 8B. また、外壁8Bと内壁8Cとの間には、内壁8Cと同一の高さを有する分離壁31が立設されている。 Further, between the outer wall 8B and the inner wall 8C, the separation wall 31 are erected with the same height as the inner wall 8C. かかる分離壁31の両側下端には一対の案内規制片32、32が形成されている。 The pair of guide regulating pieces 32, 32 are formed on both sides the lower end of such separation walls 31. 更に、下ケース3のアーム部8において分離壁31の上流側(図10中右側)位置には、下端に案内規制片33が形成されたガイドピン34が設けられている。 Further, on the upstream side (in FIG. 10 right) position of the separation wall 31 in the arm portion 8 of the lower case 3, the guide pin 34 is provided with guide regulating piece 33 at the lower end are formed. また、上ケース2にてアーム部8を構成する部分には、前記分離壁31の両側下端に設けられた各案内規制片32に対応して一対の案内規制片35が形成されている。 Moreover, the portion constituting the arm portion 8 in the upper case 2, the pair of guide regulating pieces 35 to correspond to each of the guide regulating piece 32 provided on both sides the lower end of the separating wall 31 is formed.

【0031】そして、上ケース2と下ケース3とを接合してテープカセット1を構成した場合、アーム部8内には、外壁8B、分離壁31、及び、ガイドピン34によりフィルムテープ17の走行をガイドするフィルムテープ走行経路と内壁8Cと分離壁31とによりインクリボン19の走行をガイドするリボン走行経路とが形成されることとなる。 [0031] Then, in the case of constituting the tape cassette 1 by joining together an upper case 2 and lower case 3, inside the arm portion 8, the outer wall 8B, the travel of the separating wall 31, and by the guide pin 34 film tape 17 so that the ribbon traveling path for guiding the travel of the ink ribbon 19 by the film tape travel path and the inner wall 8C for guiding the separation wall 31 is formed. このとき、フィルムテープ17は、その下端が案内規制片33にて規制されつつガイドピン34 At this time, the film tape 17, the guide pins 34 the lower end thereof being regulated by the guide regulating piece 33
で方向変換されるとともに、分離壁31の下端における各案内規制片32と上ケース2の各案内規制片35との協働によりテープ幅方向に案内規制されることにより、 In conjunction with the direction changing, by being guided regulated in the tape width direction by the guide regulating piece 35 in cooperation with the respective guide regulating piece 32 and the upper case 2 at the lower end of the separating wall 31,
アーム部8内で外壁8Bと分離壁31との間で走行案内される。 Travel is guided between the outer wall 8B in the arm portion 8 and the separation wall 31. また、インクリボン19は、そのリボン幅とほぼ同一の高さを有する内壁8Cと分離壁31とによりガイドされつつ、アーム部8内で内壁8Cと分離壁31との間で走行案内されるものである。 The ink ribbon 19, while being guided by the inner wall 8C having substantially the same height as the ribbon width and the separation wall 31, which is traveling guidance between the inner wall 8C in the arm portion 8 and the separation wall 31 it is. 尚、この時、インクリボン19は上ケース2の下面と下ケース3の上面とによりその幅方向に規制を受ける。 At this time, the ink ribbon 19 is regulated in its width direction by the upper surface of the lower surface and the lower case 3 of the upper case 2.

【0032】ここに、前記したように、フィルムテープ17のテープ幅とインクリボン19のリボン幅とは相互に異なるが(インクリボン19のリボン幅はフィルムテープ17のテープ幅よりも大きい)、各フィルムテープ走行経路とリボン走行経路は、アーム部8内で分離壁3 [0032] Here, as described above, but different from each other is the ribbon width of the tape width and the ink ribbon 19 of the film tape 17 (ribbon width of the ink ribbon 19 is larger than the tape width of the film tape 17), each film tape traveling path and the ribbon traveling path, the separation wall 3 in the arm portion 8
1を介して相互に分離した異なる経路が形成されることとなり、従って、各フィルテープ17及びインクリボン19は、それぞれのテープ幅、リボン幅が異なるにも拘らず、各走行経路内で独立して確実に走行案内され得る。 Will be different paths separated from each other via a 1 is formed, therefore, the fill tape 17 and the ink ribbon 19, each tape width, although the ribbons of different widths, independently in each travel path It can be reliably travel guide Te. また、インクリボン19は、下ケース3のアーム部8に設けた内壁8Cと分離壁31とにより走行案内されるので、インクリボン19は下ケース3のみにセットすればよいことから、上ケース2との間でインクリボン1 The ink ribbon 19, because it is the driving guidance by the inner wall 8C which is provided on the arm portion 8 of the lower case 3 and the separation wall 31, the ink ribbon 19 from it is sufficient only set the lower case 3, the upper case 2 ink ribbon 1 between the
9に皺が発生したり、また、上ケース2と下ケース3とを組み付ける際にインクリボン19が各ケース2、3間に噛み込まれることはない。 9 or a crease occurs in, also, is not the ink ribbon 19 when assembling the upper case 2 and lower case 3 is caught between the casing 2 and 3. 更に、インクリボン19のリボン幅を考慮して下ケース3の外壁8Bよりも高く形成される内壁8C、分離壁31については、下ケース3 Furthermore, the inner wall 8C which is higher than the outer wall 8B of the lower case 3 in consideration of the ribbon width of the ink ribbon 19, the separation wall 31, the lower case 3
における必要な部分のみを高く形成すればよく、他の部分については外壁8Bの高さや上ケース2の壁高さとのバランスを考慮して形成することが可能であり、従って、内壁8Cや分離壁31の高さに合わせて下ケース全体の高さを大きくする必要はない。 It may be only a high forming portion required in, for the other part it is possible to form in consideration of the balance between the wall height of the height and the upper case 2 of the outer wall 8B, therefore, the inner wall 8C and partition wall it is not necessary to increase the height of the entire lower case in accordance with the height of 31. これにより、下ケース3は特に成形上の困難が発生することなく容易に成形され得るものである。 Thus, the lower case 3 is one that can be easily molded without any particular difficulties arise in the molding.

【0033】ここで、図2に戻ってテープカセット1の内部構成の説明を続けると、下ケース3の左側位置には、離形紙付の粘着テープ22が、その離形紙側を外側にして巻回されたテープスプール23が前記支持孔7を介して回動可能に支持されている。 [0033] Here, Continuing with the description of the internal configuration of the tape cassette 1 Returning to FIG. 2, the left side position of the lower case 3, the adhesive tape 22 dated releasing paper, and the release liner side outward tape spool 23 wound Te is rotatably supported through the support hole 7. 両面粘着テープ22 Double-sided adhesive tape 22
は、前記したように、テープ送りローラ12とテープ印字装置に設けられた圧接ローラ49との協働により、テープスプール23から引き出されるとともに、サーマルヘッドHを介して文字等が印字されたフィルムテープ1 , As described above, the pressing roller 49 in cooperation with provided tape feed roller 12 and the tape printer, with drawn from the tape spool 23, the film tape characters and the like through the thermal head H is printed 1
7の文字印字面に貼着され、この後テープ排出部24からテープカセット1の外方へ排出される。 Is stuck on the character printed surface of the 7, it is discharged from the tape discharge section 24 after the outward of the tape cassette 1.

【0034】次に、テープスプール23の構成について図11乃至図13に基づき説明する。 Next, it will be described with reference to FIGS. 11 to 13 for the structure of the tape spool 23. 先ず、図11、図12を参照してテープカセット1がテープ印字装置に装着される前における状態について説明する。 First, FIG. 11, the tape cassette 1 with reference to FIG. 12 will be described a state before being mounted in the tape printer. ここに、図11はテープカセット1の下ケース3を下側に配置した状態のテープスプール23を示す断面図、図12は下ケース3を上側に配置した状態のテープスプール23の断面図である。 Here, FIG. 11 is a sectional view, FIG. 12 is a sectional view of the tape spool 23 in a state of arranging the lower case 3 on the upper side showing a tape spool 23 in a state where the lower case 3 is arranged on the lower side of the tape cassette 1 . 先ず、図11において、上ケース2における支持孔7の周囲には、その中心部から放射状に複数個の係止リブ36が形成されており、また、下ケース3における支持孔7の周囲には、各係止リブ36と同様、その中心部から放射状に複数個の係止リブ37が形成されている。 First, in FIG. 11, around the support hole 7 in the upper case 2, and a plurality of engaging ribs 36 are formed radially from the center, also around the support hole 7 in the lower case 3 , similar to each locking rib 36, a plurality of engaging ribs 37 are formed radially from the center. また、テープスプール23は二重壁構造を有し、内側の内壁23Aには上下方向に沿って4つの摺動溝38が形成されている。 The tape spool 23 has a double wall construction, four sliding grooves 38 along the vertical direction is formed on the inner side of the inner wall 23A. 即ち、各4つの摺動溝38 In other words, each of the four sliding grooves 38
は、内壁23Aにて90度間隔をもって垂直方向に形成されている。 It is formed in a vertical direction with a 90 degree intervals in the inner wall 23A.

【0035】更に、テープスプール23内には、前記各摺動溝38に摺動可能に嵌合する4つの摺動突起39が形成されテープスプール23内を上下方向に摺動する円筒状のコマ部材40が挿嵌されている。 Furthermore, in the tape spool 23, the cylindrical piece four sliding protrusions 39 slidably fitted in the respective slide grooves 38 are formed to slide within the tape spool 23 in the vertical direction member 40 is inserted. 各摺動突起39 Each sliding projection 39
は、テープカセット1の配置状態に従って、下ケース3 It is in accordance with the arrangement state of the tape cassette 1, the lower case 3
の係止リブ37、又は、上ケース2の係止リブ36に係止可能である。 Engaging rib 37, or can be locked to the locking rib 36 of the upper case 2. 例えば、図11に示すように、下ケース3が下側になるようにテープカセット1が配置されている場合には、コマ部材40の各摺動突起39は、下ケース3の係止リブ37に係止され、図12に示すように、 For example, as shown in FIG. 11, when the lower case 3 has a tape cassette 1 is arranged such that the lower side, each sliding protrusion 39 of the frame member 40, the locking rib 37 of the lower case 3 the locked, as shown in FIG. 12,
上ケース2が下側になるようにテープカセット1が反転配置された場合には、コマ部材40の各摺動突起39は上ケース2の係止リブ36に係止される。 When the upper case 2 is the tape cassette 1 so that the lower side is inverted arrangement, each sliding protrusion 39 of the frame member 40 is engaged with the engaging ribs 36 of the upper case 2. また、コマ部材40の各摺動突起39が上ケース2における係止リブ36、下ケース3における係止リブ37のいずれにも係止されていない場合には、コマ部材40は、その各摺動突起39がテープスプール23の摺動溝38に嵌合されていることから、テープスプール23とともに同期して回転される。 Further, when each sliding protrusion 39 of the frame member 40 engaging rib 36 of the upper case 2, is not engaged in any of the engaging rib 37 in the lower case 3, the frame member 40, the respective sliding since the dynamic projection 39 is fitted in the slide groove 38 of the tape spool 23 is rotated in synchronism with the tape spool 23.

【0036】前記のような構成において、コマ部材40 [0036] In the configuration as described above, the frame member 40
の各摺動突起39は、図11に示す状態では下ケース3 Each sliding protrusion 39 of the lower case 3 in the state shown in FIG. 11
の係止リブ37に係止されるとともに、テープスプール23の摺動溝38にも嵌合されており、これによりテープスプール23は、その回転がロックされた状態に保持される。 Together we are engaged with the engaging rib 37 of which is fitted in the slide groove 38 of the tape spool 23, thereby the tape spool 23 is held in a state where its rotation is locked. 同様にして、図12に示す状態では、コマ部材40の各摺動突起39は、上ケース2の係止リブ37に係止されるとともに、テープスプール23の摺動溝38 Similarly, in the state shown in FIG. 12, the sliding protrusion 39 of the frame member 40, as well as engaged with the engaging ribs 37 of the upper case 2, the slide groove 38 of the tape spool 23
にも嵌合されることとなり、これによりテープスプール23は、その回転がロックされた状態に保持される。 Also fitted is possible and becomes, thereby the tape spool 23 is held in a state where its rotation is locked.

【0037】従って、テープカセット1が図11及び図12のいずれの状態に配置された場合においても、テープスプール23はその回転がロックされることとなり、 [0037] Therefore, when the tape cassette 1 is placed in any of the states of FIGS. 11 and 12 also, the tape spool 23 becomes that the rotation is locked,
これにより粘着テープ22が不用意にテープカセット1 Thus the adhesive tape 22 is inadvertently the tape cassette 1
の外方に引き出されたり、また、テープカセット1の内部に引っ込んだりすることを確実に防止することが可能となる。 Or drawn outwardly of, also, it is possible to reliably prevent the retract inside of the tape cassette 1.

【0038】更に、テープカセット1がテープ印字装置のカセット装着部Xに装着される状態について図13に基づき説明する。 [0038] Further, the tape cassette 1 is described based on FIG. 13 for the condition to be installed in the cassette housing portion X of the tape printer. 図13はテープカセット1をカセット装着部Xに装着した場合におけるコマ部材40の状態を示す断面図である。 Figure 13 is a sectional view showing a state of the top member 40 when equipped with a tape cassette 1 in the cassette mount X. 図13において、テープ印字装置のカセット装着部Xには、テープカセット1の支持孔7に対応してボス41が立設されており、かかるボス41はテープカセット1の装着時に支持孔7内に挿入される。 13, the cassette mount part X of the tape printer, the boss 41 corresponding to the support hole 7 of the tape cassette 1 has been erected, in such a boss 41 in the support hole 7 when mounting the tape cassette 1 It is inserted.

【0039】テープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに装着すると、テープカセット1の支持孔7内にボス41が挿入され、これに伴ってコマ部材40 [0039] When the tape cassette 1 is installed in the cassette housing portion X of the tape printer, the boss 41 is inserted into the support hole 7 of the tape cassette 1, the frame member 40 along with this
がテープスプール23内で上方に押し上げられる。 There pushed up in the tape spool 23. これにより、コマ部材40の摺動突起39と下ケース3の係止リブ37との係止が解除され、テープスプール23はコマ部材40と共に回転可能な状態になる。 This will lock the release of the sliding projection 39 and the locking rib 37 of the lower case 3 of the top member 40, the tape spool 23 becomes rotatable state with frame member 40. 従って、両面粘着テープ22はテープ送りローラ12等を介してテープスプール23から引き出され得、通常のテープ作成動作が可能となるものである。 Thus, double-sided adhesive tape 22 is made possible to obtain drawn from the tape spool 23 via the tape feed roller 12, etc., the normal tape printing operation. 尚、図13では、テープカセット1は下ケース3を下側にしてカセット装着部X In FIG 13, the tape cassette 1 by the lower case 3 below the cassette mount X
に装着されているが、テープカセット1を上下反転して上ケース2が下側となるようにテープカセット1をカセット装着部Xに装着する場合においては、テープ印字装置に設けられカセット装着部Xを開閉する蓋上に形成されたボス(図示せず)を介してコマ部材40はテープスプール23内で上方に押し上げられるから、コマ部材4 To have been mounted, in the case of mounting the tape cassette 1 so that the upper case 2 becomes lower in the cassette housing portion X of the tape cassette 1 upside down, the cassette mount X provided in the tape printing device since the frame member 40 through a boss (not shown) formed on the lid for opening and closing is pushed upward in the tape spool 23, the frame member 4
0の摺動突起39と上ケース2の係止リブ36との係止が解除され、この結果、テープスプール23はコマ部材40と共に回転可能に状態になる。 0 engagement of the engaging rib 36 of the sliding protrusion 39 and the upper case 2 is released, as a result, the tape spool 23 becomes rotatable state with frame member 40. 従って、かかる場合においても図13に示す場合と同様に、両面粘着テープ22はテープ送りローラ12等を介してテープスプール23から引き出され得、通常のテープ作成動作が可能となるものである。 Therefore, as in the case also shown in FIG. 13 in such a case, double-sided adhesive tape 22 are those obtained drawn from the tape spool 23, a normal tape printing operation becomes possible through the tape feed roller 12 and the like.

【0040】このように、両面粘着テープ22を巻回したテープスプール23は、テープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに装着していない時には、コマ部材40の摺動突起39が上ケース2の係止リブ36 [0040] Thus, the tape spool 23 wound double-sided adhesive tape 22, when not wearing the tape cassette 1 in the cassette mount part X of the tape printer, the upper slide projection 39 of the frame member 40 cases 2 of the locking rib 36
又は上ケース3の係止リブ37、及び、テープスプール23の摺動溝38の双方に係止、嵌合されているので、 Or engaging rib 37 of the upper case 3, and the locking in both of the sliding groove 38 of the tape spool 23, so are fitted,
テープスプール23の回転がロックされて両面粘着テープ22が不用意にテープカセット1から引き出されたり、また、テープカセット1の内部に引っ込んだりすることを確実に防止することができる。 Rotation of the tape spool 23 is locked or pulled out from the double-sided adhesive tape 22 is inadvertently the tape cassette 1, it is also possible to reliably prevent the retract inside of the tape cassette 1. また、テープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに装着した場合には、装着部Xに立設されたボス41を介してコマ部材40の摺動突起39と上ケース2の係止リブ36又は上ケース3の係止リブ37との係止が解除されるので、テープスプール23に回転負荷がかけられることなく、テープスプール23を自在に回転させてテープ作成動作を行うことができるものである。 Also, when mounting the tape cassette 1 in the cassette mount part X of the tape printer, the engaging rib of the sliding protrusion 39 and the upper case 2 of the frame member 40 through a boss 41 provided upright on the mounting portion X 36 or because the engagement between the engaging rib 37 of the upper case 3 is released, without the rotational load is applied to the tape spool 23, which can perform the tape printing operation by rotating the tape spool 23 to freely it is.

【0041】次に、前記テープ送りローラ12の構成について図14に基づき説明する。 Next, based on FIG. 14 illustrating the configuration of the tape feed roller 12. 図14はテープ送りローラ12を示す説明図であり、図14(A)はテープ送りローラ12の断面図、図14(B)はテープ送りローラ12の平面図である。 Figure 14 is an explanatory diagram showing the tape feed roller 12, FIG. 14 (A) is a sectional view of the tape feed roller 12, FIG. 14 (B) is a plan view of a tape feed roller 12.

【0042】これらの各図において、テープ送りローラ12は、プラスチック材料から円筒状に形成された円筒部42と円筒部42の内壁から中心に向かって放射状に形成された複数の駆動リブ43とから構成されている。 [0042] In these figures, the tape feed roller 12, a plurality of drive ribs 43 formed radially toward the center from the inner wall of the cylindrical portion 42 and the cylindrical portion 42 formed from a plastic material into a cylindrical shape It is configured.
ここに、各駆動リブ43は、円筒部42の上下方向の中央位置(図14(A)中破線Mにて示す)に関して上下対称形となるように、中心位置Mの両側でそれぞれ複数個が形成されている。 Here, the drive ribs 43, as in a vertically symmetrical with respect to the vertical center position of the cylindrical portion 42 (FIG. 14 indicated by broken line in M ​​(A)), each plurality on both sides of the center position M It is formed. また、各駆動リブ43には、テープ印字装置のカセット装着部Xに配設されたテープ駆動カム70(後述する)のカム部材69が係合され、テープ送りローラ12はテープ駆動カム70の回動に従ってそのカム部材69と各駆動リブ43との協働により回転される。 In addition, each drive rib 43, the cam member 69 of the tape drive cam 70 which is disposed in the cassette housing portion X of the tape printer (described later) is engaged, the tape feed roller 12 of the tape drive cam 70 times It is rotated by the driving ribs 43 in cooperation with its cam member 69 in accordance with movement. これにより、テープ送りローラ12は、圧接ローラ49との協働作用により、両面粘着テープ22をフィルムテープ17に接着するとともに、各テープ22、 Thus, the tape feed roller 12, the press-rollers 49 cooperative operation, as well as adhering the double-sided adhesive tape 22 to the film tape 17, the tape 22,
17をテープ排出部24からテープカセット1の外方へ送る送り動作を行うものである。 17 performs a feeding operation to send from the tape discharge section 24 to the outside of the tape cassette 1. また、各駆動リブ43 In addition, each of the drive ribs 43
は、中央位置Mの両側で上下対称に設けられていることから、テープ送りローラ12の下方からテープ駆動カム70が挿入されるフロントローディングの場合、及び、 , Since it is provided vertically symmetric at both sides of the central position M, when the lower feeding roller 12 of the front loading tape drive cam 70 is inserted, and,
テープ送りローラ12の上方からテープ駆動カム70が挿入されるボトムローディングの場合のいずれにおいても、テープ駆動カム70のカム部材69は各駆動リブ4 In either case from above the tape feed roller 12 of the bottom loading tape drive cam 70 is inserted also, the cam member 69 of the tape drive cam 70 each drive rib 4
3に係合され得るものである。 3 in which may be engaged.

【0043】続いて、サーマルヘッドHのヘッドホルダとヘッド装着部9との関係、及び、テープ送りローラ1 [0043] Then, the relationship between the head holder and the head mounting section 9 of the thermal head H, and the feeding roller 1
2とその上流側近傍における各規制部材14、15との関係について図15乃至図17に基づき説明する。 2 and the relationship between the restricting members 14, 15 at the upstream side near described based on FIGS. 15 to 17. 先ず、サーマルヘッドHのヘッドホルダとヘッド装着部9 First, the thermal head H head holder and the head mounting portion 9
との関係について図15を参照して説明する。 With reference to Figure 15 illustrating the relationship between.

【0044】図15はテープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに装着した場合におけるサーマルヘッドHのヘッドホルダとヘッド装着部9との関係を拡大して示す説明図であり、テープカセット1に設けられたヘッド装着部9において、前記したように(図1、図2参照)、ヘッド装着部9の壁部9Aには第1嵌合部1 [0044] Figure 15 is an explanatory view showing an enlarged relationship between the head holder and the head mounting section 9 of the thermal head H in the case of mounting the tape cassette 1 in the cassette mount part X of the tape printer, the tape cassette 1 in the head mounting portion 9 provided, as described above (see FIGS. 1 and 2), the first fitting portion in the wall portion 9A of the head mounting portion 9 1
0(図15中上側に入り込んでいる)が形成され、また、ヘッド装着部9の左側側壁には第1嵌合部10と直交する方向に入り込んだ第2嵌合部11が形成されている。 0 (has entered the upper side in FIG. 15) is formed also on the left side wall of the head mounting portion 9 are formed second engaging portions 11 that enters in the direction perpendicular to the first fitting portion 10 . また、サーマルヘッドHは、カセット装着部Xに固設されたヘッドホルダ44に搭載されており、かかるヘッドホルダ44には第1嵌合部10に挿嵌される第1突起部45及び第2嵌合部11に挿嵌される第2突起部4 The thermal head H, the cassette mount X are mounted on the head holder 44 which is fixed to the first protrusion 45 and the second is to take the head holder 44 to be fitted into the first fitting portion 10 second protrusions are fitted into the fitting portion 11 4
6が設けられている。 6 is provided.

【0045】かかる構成において、テープカセット1をカセット装着部Xに装着する場合には、先ず、テープカセット1におけるヘッド装着部9の第1嵌合部10をヘッドホルダ44の第1突起部45に位置決めするとともに、ヘッド装着部9の第2嵌合部11をヘッドホルダ4 [0045] In such a configuration, when mounting the tape cassette 1 in the cassette mount X, first, the first fitting portion 10 of the head mounting portion 9 of the tape cassette 1 to the first protrusion 45 of the head holder 44 as well as positioning the head holder 4 and the second fitting portion 11 of the head mounting portion 9
4の第2突起部46に位置決めし、この後、テープカセット1を上方からカセット装着部Xに装着する。 Positioning the second protrusion 46 of the 4, thereafter, mounting the tape cassette 1 from above into the cassette mount X. かかるテープカセット1の装着時、テープカセット1は、第1 When mounting of such a tape cassette 1, the tape cassette 1, the first
嵌合部10と第1突起部45とによりカセット装着部X Cassette mount X by the fitting portion 10 and the first protrusion 45
の左右方向(図15中左右方向)における位置決めが行われ、また、第2嵌合部11と第2突起部46とによりカセット装着部Xの前後方向(図15中上下方向)における位置決めが行われる。 Left-right direction positioning of (in FIG. 15 the horizontal direction) is performed, also the row position in the longitudinal direction (FIG. 15 in the vertical direction) of the second fitting portion 11 and the cassette mount X by the second protrusions 46 of the divide. このように、テープカセット1は、各第1嵌合部10と第1突起部45、及び、第2 Thus, the tape cassette 1, the first fitting portion 10 and the first protrusion 45, and the second
嵌合部11と第2突起部46を介して、カセット装着部Xの前後、左右方向に位置決めが行われた後でなければ適正にカセット装着部Xに装着することができないことから、カセット装着部Xに対して常に一定の関係を保持しつつテープカセット1を装着することが可能となる。 The fitting portion 11 and through the second projection portion 46, since the front and rear cassette mount X, it is impossible to positioning in the lateral direction is mounted to the proper cassette mount X perform has been done, the cassette housing it is possible to mount the tape cassette 1 while always maintaining a constant relationship to the parts X.
従って、ヘッド装着部9にて露出されたフィルムテープ17、インクリボン19がサーマルヘッドHやヘッドホルダ44に接触されることなく、テープカセット1を確実、且つ、容易に、カセット装着部Xに装着することが可能となるものである。 Therefore, the film tape 17 exposed at the head mounting section 9, without the ink ribbon 19 is brought into contact with the thermal head H and the head holder 44, ensures the tape cassette 1, and easily, installed in the cassette housing portion X in which it is possible to.

【0046】尚、図15中、テープ印字装置のカセット装着部Xには、テープカセット1に対向して支持軸47 [0046] In FIG. 15, the cassette mount part X of the tape printer, the support shaft 47 faces the tape cassette 1
の回りに回動可能に支持されたローラホルダ48が配設されており、このローラホルダ48には、サーマルヘッドHによりフィルムテープ17上にインクリボン19を介して文字等の印字を行う際に、テープ送りローラ12 Around which the roller holder 48 is rotatably supported is disposed in the roller holder 48, when performing printing of characters and the like through the ink ribbon 19 onto the film tape 17 by the thermal head H , the tape feed roller 12
に圧接されてテープ送りローラ12と協働してテープ送り動作を行う圧接ローラ49、及び、サーマルヘッドH Is pressed against the pressure roller 49 feeds the tape operates in cooperation with the tape feed roller 12 and the thermal head H
に圧接されるプラテンローラ50が回動可能に支持されている。 A platen roller 50 to be pressed is supported rotatably.

【0047】次に、テープ送りローラ12とその上流側近傍における各規制部材14、15との関係について図16、図17を参照して説明する。 Next, FIG. 16 the relationship between the restricting members 14, 15 at the upstream side near the tape feed roller 12 will be described with reference to FIG. 17. ここに、図16はテープ送りローラ12の近傍位置における構成を示す分解斜視図、図17はテープ送りローラ12部分の側断面図である。 Here, FIG. 16 is an exploded perspective view illustrating the construction of the vicinity of the tape feed roller 12, and FIG. 17 is a side sectional view of the tape feed roller 12 portion.

【0048】これらの各図において、上ケース2に形成されたテープ送りローラ12の支持孔13の近傍位置には規制部材14が形成され、また、下ケース3に形成されたテープ送りローラ12の支持孔13の近傍位置には、規制壁51が立設され、この規制壁51の下部には規制部材15が形成されている。 [0048] In these figures, the position near the support hole 13 of the tape feed roller 12 formed in the upper case 2 is formed regulating member 14, also the tape feed roller 12 formed in the lower case 3 in the vicinity of the support hole 13, the restricting wall 51 is erected, the regulating member 15 is formed in the lower portion of the restricting wall 51. 各上ケース2と下ケース3とを接合してテープカセット1を組み立てた際に、 When assembling the tape cassette 1 by joining a respective upper case 2 and lower case 3,
上側規制部材14の下端と下側規制部材15の上端との間の幅W(図1参照)は、前記のように、フィルムテープ17のテープ幅と同一に設定されており、また、テープ送りローラ12におけるテープ送り幅は、各規制部材14、15間の幅Wと同一の幅に設定されている。 The width W between the upper end of the lower end and the lower regulating member 15 of the upper regulating member 14 (see FIG. 1), as described above, are set to be the same as the tape width of the film tape 17, The tape feed tape feed width in the roller 12 is set to the same width and the width W between the restricting members 14, 15. また、規制壁51の隣接して案内壁25が立設され、規制壁51と案内壁25との間には案内溝25Aが設けられている。 Further, adjacent to the guide wall 25 of the restricting wall 51 is erected, between the guide wall 25 and the restricting wall 51 is provided with a guide groove 25A.

【0049】前記構成において、サーマルヘッドHによりインクリボン19を介してフィルムテープ17上に文字等が印字された後、印字にて消費されたインクリボン19はリボンスプール21に巻き取られるとともに、フィルムテープ17はテープ送りローラ12と圧接ローラ49とにより排出方向に送られる。 [0049] In the arrangement, after the characters and the like are printed on the film tape 17 via the ink ribbon 19 by the thermal head H, the ink ribbon 19 is wound on the ribbon spool 21 that is consumed by printing, film tape 17 is fed in the discharge direction by the tape feed roller 12 and the pressure roller 49. このとき、インクリボン19は、前記したように、フィルムテープ17のテープ幅よりも大きいテープ幅を有し、従って、各規制部材14、15間には送出されることなく、規制壁51と案内壁25との間の案内溝25Aを介してリボンスプール21に巻き取られる。 At this time, the ink ribbon 19, as described above, has a larger tape width than the tape width of the film tape 17, therefore, without being sent to between the restricting members 14, 15, guided restricting wall 51 wound on the ribbon spool 21 through the guide groove 25A between the wall 25. 一方、フィルムテープ17は、 On the other hand, the film tape 17,
そのテープ幅が各規制部材14、15間の幅Wに等しく、そのテープ幅方向を各規制部材14、15にて規制案内されつつテープ送りローラ12まで送られる。 Equal to the width W between the tape width is the restricting members 14, 15 are fed to the feeding roller 12 and the tape width direction while being restricted guided by the restricting members 14, 15. また、同時に、両面粘着テープ22は、そのテープ幅と等しいテープ送りローラ12のテープ送り幅Wに合致されつつフィルムテープ17まで送られる。 At the same time, double-sided adhesive tape 22, while being matched in the tape feed width W of the tape width equal to the tape feed roller 12 is transmitted to the film tape 17. これにより、相互に等しいテープ幅を有するフィルムテープ17と両面粘着テープ22とは、テープ送りローラ12と圧接ローラ49との協働により、両テープ間に位置ずれを生じることなく適正に接着され得るものである。 Thus, the film tape 17 and the double-sided adhesive tape 22 having a mutually equal tape width, the tape feed roller 12 and the pressure roller 49 in cooperation with can be properly bonded without causing positional displacement between both of the tapes it is intended.

【0050】続いて、更にテープカセット1をテープ印字装置に対してフロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合でも使用可能とする特徴的構成について説明する。 [0050] Subsequently, further described characteristic configuration to enable either case of front loading and bottom loading a tape cassette 1 with respect to the tape printer. 尚、前記においては、フロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合にも使用可能とすべく、リボン巻取スプール2における各係合リブ30を上下対称に形成する構成(図9参照)、及び、 In the above, in order to the possible use in cases of front loading and bottom loading configuration to form each engaging rib 30 in the ribbon take-up spool 2 vertically symmetrically (see FIG. 9), and,
テープ送りローラ12の各駆動リブ43を上下対称に形成する構成(図14参照)について説明したが、本実施例に係るテープカセット1は、これらの各構成に加えて、更に以下のような特徴的構成を有する。 Configured to form the respective drive ribs 43 of the tape feed roller 12 vertically symmetrically has been described (see FIG. 14), the tape cassette 1 according to this embodiment, in addition to each of these configurations, further the following characteristics It has the configuration. 即ち、図1 That is, FIG. 1
8はテープカセット1の側面図であり、テープカセット1は相互に高さの異なる2つの上ケース2と上ケース3 8 is a side view of the tape cassette 1, the tape cassette 1 is 2 two different upper case height to each other and the upper case 3
(上ケース3の方が下ケース2よりも高い)とから構成されるが、テープカセット1には、テープカセット1の高さ(幅)方向における中心線Nに関して、上下方向に対称に形成され高さTを有する共通部52が設けられている。 Constructed from (toward the upper case 3 is higher than the lower case 2) and is, in the tape cassette 1, with respect to the center line N in the height (width) direction of the tape cassette 1, are formed symmetrically in the vertical direction common unit 52 is provided having a height T. かかる共通部52の高さTは、フィルムテープ1 The height T of such common section 52, the film tape 1
7等のテープ幅に拘らず同一寸法に設定されている。 It is set to regardless same dimensions in the tape width of 7 and the like.

【0051】従って、かかる共通部52の両面位置は、 [0051] Thus, both sides the position of such common section 52,
テープカセット1の上方向及び下方向のいずれの方向からでも中心線Nを基準として同一の位置に存在することとなり、これよりテープカセット1は共通部52を利用してフロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合においても使用することが可能となるものである。 It will be present for the same position with respect to the center line N in the both orientations of the upward and downward direction of the tape cassette 1, which from the tape cassette 1 is one of the front loading and bottom loading using a common portion 52 in which it is possible to be used in the case of. また、共通部52の上下両面を利用して高さ方向の位置決めが行われ得、また、テープ印字装置のカセット装着部Xを開閉するための蓋に設けられる押え部材を共通部52に当接するようにすれば、蓋がテープ印字装置の上側、下側のいずれの側に配設される場合でも蓋の設計を容易に行うことが可能となる。 Further, obtained is carried out positioning in the height direction by utilizing the upper and lower surfaces of the common unit 52, also abut the pressing member provided on the lid for opening and closing the cassette mount X of the tape printer in the common portion 52 If so, lid becomes possible to easily cover the design even when disposed above, on either side of the lower side of the tape printing apparatus.

【0052】また、テープカセット1には、図19 [0052] In addition, the tape cassette 1, as shown in FIG. 19
(A)の平面図、図19(B)の裏面図に示すように、 Plan view of (A), as shown in back view in FIG. 19 (B), the
テープカセット1をカセット装着部Xに装着した際に、 When mounting the tape cassette 1 in the cassette mount X,
カセット装着部Xから立設された2つの位置決めピン7 Two positioning pins erected from the cassette mounting portion X 7
2、73(後述する)が挿嵌されるピン孔53、54 2,73 pin holes 53, 54 (described later) is inserted
が、テープカセット1の両面から上下対称となるように設けられている。 There are provided so as to be vertically symmetrical from both of the tape cassette 1. これにより、テープカセット1は、フロントローディング及びボトムローディングのいずれの場合においても、各位置決めピン72、73と各ピン孔53、54とを介して、カセット装着部X内で適正に位置決めされ得るものである。 Thus, those tape cassette 1 is in any case of front loading and bottom loading also via the each positioning pin 72, 73 and each pin hole 53, 54 may be properly positioned within the cassette mount X it is.

【0053】続いて、前記のように構成されたテープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに対してフロントローディングを行う場合について図20、図2 [0053] Subsequently, FIG. 20, the case of front-loading the tape cassette 1 constructed as described above with respect to the cassette mount part X of the tape printer, FIG. 2
1、図24に基づき説明する。 1 will be described with reference to FIG. 24. ここに、図20はテープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xにフロントローディングする状態を示す説明図、図21はテープカセット1をフロントローディングした場合のカセット検出部16と検出スイッチとの関係を示す説明図、図24はフロントローディングの場合とボトムローディングの場合を模式的に示す説明図である。 Here, FIG. 20 is an explanatory view showing a state that front loading of the tape cassette 1 in the cassette mount part X of the tape printer, FIG. 21 the relationship between the cassette detection part 16 in the case of front-loading the tape cassette 1 and the detection switch the illustration shown, FIG. 24 is an explanatory view showing the case where the front loading and bottom loading schematically.

【0054】先ず、図20を参照してテープ印字装置P [0054] First, the tape printer P with reference to FIG. 20
のカセット装着部Xの構成について説明する。 Description will be given of a configuration of the cassette mount X. カセット装着部Xにおいて、その前側にはヘッドホルダ44が固設されており、このヘッドホルダ44にはサーマルヘッドHが搭載される。 In the cassette mount X, is on a front-side and the head holder 44 is fixed, the thermal head H is mounted to the head holder 44. また、カセット装着部Xの外側(図20中右側)には駆動モータ60が配設されており、かかる駆動モータ60の駆動軸の下端には駆動ギヤ61が固着されている。 Further, on the outside of the cassette mount X (in FIG. 20 right) are driven motor 60 is provided, at the lower end of the drive shaft of a drive motor 60 is secured drive gear 61. 駆動ギヤ61は、カセット装着部Xに設けられた開口62を介して、カセット装着部Xの底面に回動可能に支持されたギヤ63に噛合され、また、ギヤ63は更にギヤ64に噛合されている。 Drive gear 61 through an opening 62 provided in the cassette mounting portion X, it is meshed with a gear 63 which is rotatably supported on the bottom of the cassette mount X, also the gear 63 is further meshed with a gear 64 ing. かかるギヤ6 Such a gear 6
4の上面には、前記リボン巻取スプール21の回転駆動を行うリボン巻取軸65が立設されており、そのリボン巻取軸65の周囲にはリボン巻取スプール21の内壁に形成された係合リブ30(図9参照)に係合するカム部材66が設けられている。 The fourth upper surface, the ribbon and the ribbon winding shaft 65 for driving the rotation of the take-up spool 21 is erected, it is around the ribbon take-up shaft 65 formed on the inner wall of the ribbon winding spool 21 cam member 66 engages with the engaging rib 30 (see FIG. 9) is provided.

【0055】また、ギヤ64にはギヤ67が噛合され、 [0055] In addition, the gear 67 is meshed with the gear 64,
更にギヤ67にはギヤ68が噛合されている。 Gear 68 is meshed with the further gear 67. そして、 And,
ギヤ68には、前記テープ送りローラ12の駆動リブ4 The gear 68, driving the ribs 4 of the tape feed roller 12
3(図14参照)に係合するカム部材69を有するテープ駆動カム70が立設されたギヤ71が噛合されている。 3 gear 71 tape drive cam 70 is vertically provided with a cam member 69 that engages a (see FIG. 14) is engaged.

【0056】図20、図24(中央図、下側図)に示す状態からテープカセット1をカセット装着部Xに装着した場合、前記テープ駆動系において、駆動モータ60が反時計方向に回転駆動されると、駆動ギヤ61、ギヤ6 [0056] FIGS. 20, 24 (center, bottom panel) when mounted from the state shown in the tape cassette 1 in the cassette mount X, in the tape drive system, the drive motor 60 is rotated in the counterclockwise direction With that, the drive gear 61, the gear 6
3、ギヤ64を介して、リボン巻取軸65が反時計方向に回転駆動され、この結果、リボン巻取軸65のカム部材66、係合リブ30との協働により、リボン巻取スプール21は矢印E方向に回転駆動されてインクリボン1 3, through the gear 64, the ribbon take-up shaft 65 is rotated in a counterclockwise direction, as a result, cam member 66 of the ribbon winding shaft 65, the engaging rib 30 in cooperation with the ribbon take-up spool 21 It is being rotated in the direction of arrow E ink ribbon 1
9の巻取動作を行う。 Carry out the winding operation of the 9. 更に、ギヤ64の回転は、ギヤ6 Furthermore, the rotation of the gear 64, the gear 6
7、ギヤ68、ギヤ71を介してテープ駆動カム70に伝達され、これによりテープ駆動カム70のカム部材6 7, the gear 68 is transmitted to the tape drive cam 70 via the gear 71, thereby the cam member 6 of the tape drive cam 70
9、テープ送りローラ12の駆動リブ43を介して、テープ送りローラ12は時計方向に回転駆動されて圧接ローラ49との協働によりフィルムテープ17、両面粘着テープ22を接着しつつテープ排出部24からテープカセット1の外方に排出するものである。 9, via the drive ribs 43 of the tape feed roller 12, the tape feed roller 12 is the film tape 17 by the pressure roller 49 in cooperation with being rotated clockwise, while adhering the double-sided adhesive tape 22 a tape discharge portion 24 from those discharged to the outside of the tape cassette 1.

【0057】また、カセット装着部Xにおいてギヤ67 [0057] In addition, the gear 67 in the cassette mount X
とギヤ68との間には、ボス(図13参照)41が配設されている。 And between the gear 68, a boss (see FIG. 13) 41 is disposed. かかるボス41は、前記したように、テープカセット1をカセット装着部Xに装着した際に、テープスプール23内のコマ部材40を上方に押し上げ、コマ部材40の摺動突起39と下ケース3の係止リブ37 Such bosses 41, as described above, when mounting the tape cassette 1 in the cassette mount X, push the frame member 40 in the tape spool 23 upward, the sliding projections 39 of the frame member 40 and the lower case 3 engaging rib 37
との係止を解除するものである。 It is intended to release the engagement between. これにより、テープスプール23は回転フリーの状態となってコマ部材40と共に回転可能になるものである。 Thus, the tape spool 23 is made rotatable together with the frame member 40 in a state of free rotation.

【0058】更に、カセット装着部Xの周辺において、 [0058] In addition, in the vicinity of the cassette mount X,
2つの位置決めピン72、73が設けられており、これらの各位置決めピン72、73は、前記したピン孔5 Two positioning pins 72 and 73 are provided, each of these positioning pins 72 and 73, the pin hole 5 and the
3、54(図19(A)、(B)参照)に挿嵌されて、 3,54 (Fig. 19 (A), (B) refer) is fitted into,
テープカセット1をカセット装着部X内で適正に位置決めするものである。 It is to properly position the tape cassette 1 within the cassette mount X.

【0059】次に、テープカセット1をフロントローディングした場合のカセット検出部16と検出スイッチとの関係について図21に基づき説明する。 Next, the relationship between the cassette detection part 16 in the case of front-loading the tape cassette 1 and the detection switch on the basis of FIG. 21 will be described. 図21において、カセット装着部Xの後方位置にはスイッチ支持部材80が配設されており、かかるスイッチ支持部材80には上向きに4つの検出スイッチ81が並設されている。 In FIG 21, the rear position of the cassette mount part X switch support member 80 is disposed upwardly of four detection switches 81 in such switch supporting member 80 is arranged.
各検出スイッチ81はスイッチ端子81Aを有し、各検出スイッチ81は、各スイッチ端81Aがテープカセット1のスイッチ検出部16に所定のパターンで穿設されたスイッチ孔16Aに入り込んだ状態ではオフ状態を保持し、一方、スイッチ孔16Aが存在しない部分ではスイッチ端子81Aが押下されることからオン状態となる。 Each detecting switch 81 has a switch terminal 81A, the detection switch 81 is turned off in each switch end 81A is a state that has entered the switch holes 16A bored in a predetermined pattern switch detecting section 16 of the tape cassette 1 It holds, whereas, in the oN state since the switch terminal 81A is depressed at the portion where the switch hole 16A does not exist. このような各検出スイッチ81のオン・オフの組合せに基づいてテープカセット1の種類が検出されるものである。 In which the type of the tape cassette 1 is detected based on a combination of such on-off of the detection switch 81.

【0060】前記のようにカセット装着部Xにテープカセット1を装着した場合、図21の例では、4つの各検出スイッチ81の内、中間の2つのスイッチ81を除いて、両側の2つのスイッチ81がオンとなっており、従って、オン・オフのパターンは、左側より「オン・オフ・オフ・オン」となることら、かかる組合せに基づいてテープカセット1の種類が検出される。 [0060] When wearing the tape cassette 1 in the cassette mount X as described above, in the example of FIG. 21, of the four respective detection switches 81, except for the middle two switches 81, both sides of the two switches 81 is turned on, therefore, the pattern of on and off, it et becomes "on-off-off-on" from the left, the type of the tape cassette 1 is detected based on such a combination.

【0061】次に、テープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xに対してボトムローディングを行う場合について図22、図23、図24に基づき説明する。 Next, FIG. 22, FIG. 23 will be described with reference to FIG. 24, the case of bottom-loading tape cassette 1 relative to the cassette mount X of the tape printer. ここに、図22はテープカセット1をテープ印字装置のカセット装着部Xにボトムローディングする状態を示す説明図、図23はテープカセット1をボトムローディングした場合のカセット検出部16と検出スイッチとの関係を示す説明図である。 Here, FIG. 22 is an explanatory view showing a state that the bottom loading tape cassette 1 in the cassette mount part X of the tape printer, Figure 23 is the relationship between the cassette detection part 16 in the case of bottom-loading tape cassette 1 and the detection switch it is an explanatory view showing a.

【0062】尚、ボトムローディングタイプのテープ印字装置Pでは、カセット装着部Xは、前記図20の場合とは異なって上側に設けられており、又、かかるカセット装着部Xには、前記図20にて説明したと同一のテープ駆動系、ヘッドホルダ44が下向きに配設されている。 [0062] In the tape printer P of the bottom loading type, the cassette mount X, the view is 20 in the case of the provided above differ, also, to take the cassette mount X, the diagram 20 same tape drive system, the head holder 44 is disposed downward to that described in. これらの各テープ駆動系、ヘッドホルダ44等について同一の構成を有するので、ここでは説明を省略する。 Each of these tapes drive system, since it has the same configuration for the head holder 44 and the like, and a description thereof will be omitted.

【0063】図22、図24(上側図、中央図)に示すように、ボトムローディングの場合には、テープカセット1は上向きにカセット装着部Xに装着される。 [0063] Figure 22, Figure 24 (top view, middle panel) as shown in the case of the bottom loading, the tape cassette 1 is mounted on upwardly cassette mount X. このとき、本実施例に係るテープカセット1では、前記したように、リボン巻取スプール21内で各係合リブ30は上下対称に形成されている(図9参照)とともに、テープ送りローラ12内で各駆動リブ43が上下対称に形成されており(図14参照)、更に、テープカセット1の高さ方向に沿って上下対称に共通部52が設けられている(図18参照)。 At this time, the tape cassette 1 according to the present embodiment, as described above, the engaging ribs 30 in the ribbon take-up spool 21 is formed vertically symmetrical with (see Fig. 9), the tape feed roller 12 in which each drive rib 43 is formed vertically symmetrical (see FIG. 14), furthermore, the common portion 52 vertically symmetrically along the height direction of the tape cassette 1 is provided (see FIG. 18). 従って、図22、図24に示す状態からテープカセット1を上向きにカセット装着部Xに対してボトムローディングすると、テープカセット1は、カセット装着部Xに対して、前記フロントローディングの場合と同様、の関係(テープカセット1における各部材とカセット装着部Xにおけるテープ駆動系との関係)をもって装着されるものである。 Accordingly, FIG. 22, when the bottom loading against upward cassette mount X of the tape cassette 1 from the state shown in FIG. 24, the tape cassette 1, to the cassette mount X, as in the case of the front-loading, the relationship is intended to be mounted with a (relationship between the tape driving system of each member and the cassette mount part X of the tape cassette 1). 尚、かかるボトムローディングの場合、前記テープスプール23内に配置されたコマ部材40は、テープ印字装置Pに設けられカセット装着部Xを開閉する蓋に形成されたボスを介して上方に移動され、これによりテープスプール23はコマ部材4 In the case of such a bottom-loading, the piece member 40 arranged in the tape spool 23 is moved upwardly via a boss formed on the lid for opening and closing the cassette mount X provided in the tape printing apparatus P, Thus the tape spool 23 piece member 4
0と共に回転フリーの状態とされる。 Is the state of free rotation with 0.

【0064】次に、テープカセット1をボトムローディングした場合のカセット検出部16と検出スイッチとの関係について図23に基づき説明する。 Next, the relationship between the cassette detection part 16 in the case of bottom-loading tape cassette 1 and the detection switch on the basis of FIG. 23 will be described. 図23において、カセット装着部Xの後方位置にはスイッチ支持部材80が配設されており、かかるスイッチ支持部材80はテープカセット1の上方に配置されている。 23, the rear position of the cassette mount X and switch carrier member 80 is disposed, such a switch supporting member 80 is disposed above the tape cassette 1. スイッチ支持部材80には下向きに4つの検出スイッチ81が並設されている。 Four detection switches 81 downward in the switch support member 80 is arranged. 各検出スイッチ81はスイッチ端子81A Each of the detection switch 81 is the switch terminal 81A
を有し、各検出スイッチ81は、各スイッチ端81Aがテープカセット1のスイッチ検出部16に所定のパターンで穿設されたスイッチ孔16Aに入り込んだ状態ではオフ状態を保持し、一方、スイッチ孔16Aが存在いない部分ではスイッチ端子81Aが押下されることからオン状態となる。 Has a respective detection switches 81, each switch terminal 81A is held in the OFF state in a state having entered the switch holes 16A bored in a predetermined pattern switch detecting section 16 of the tape cassette 1, while the switch hole 16A is turned on from the switch terminal 81A is depressed at the portion where no existence. このような各検出スイッチ81のオン・ On each such detection switches 81 and
オフの組合せに基づいてテープカセット1の種類が検出されるものである。 In which the type of the tape cassette 1 is detected based on a combination of off.

【0065】前記のようにカセット装着部Xにテープカセット1を装着した場合、図23の例では、4つの各検出スイッチ81の内、中間の2つのスイッチ81を除いて、両側の2つのスイッチ81がオンとなっており、従って、オン・オフのパターンは、左側より「オン・オフ・オフ・オン」となることら、かかる組合せに基づいてテープカセット1の種類が検出される。 [0065] When wearing the tape cassette 1 in the cassette mount X as described above, in the example of FIG. 23, of the four respective detection switches 81, except for the middle two switches 81, both sides of the two switches 81 is turned on, therefore, the pattern of on and off, it et becomes "on-off-off-on" from the left, the type of the tape cassette 1 is detected based on such a combination.

【0066】以上詳細に説明した通り本実施例に係るテープカセット1では、インクリボン19のリボン幅がフィルムテープ17のテープ幅よりも広く構成され、また、テープローラ12の近傍位置にて一対の規制部材1 [0066] In the tape cassette 1 according to the present embodiment As described in detail above, the ribbon width of the ink ribbon 19 is configured larger than the tape width of the film tape 17, also a pair in the vicinity position of the tape roller 12 regulating member 1
4、15が設けられるとともに各規制部材14、15間の幅Wをフィルムテープ17のテープ幅とほぼ同一の幅に設定されているので、サーマルヘッドHによる文字等の印字後に各規制部材14、15を介してフィルムテープ17とインクリボン19とが確実に分離され、これによりインクリボン19が各規制部材14、15の下流側まで走行することを確実に防止することができる。 Since 4 and 15 are set to substantially the same width as the tape width of the width W film tape 17 between the restricting members 14, 15 together is provided, the restricting after printing characters and the like by the thermal head H member 14, 15 is reliably separated from the film tape 17 and the ink ribbon 19 through the, thereby the ink ribbon 19 is reliably prevented from traveling to the downstream side of the restricting members 14, 15. また、各規制部材14、15の下流側ではインクリボン1 The ink ribbon 1 on the downstream side of the restricting members 14, 15
9がフィルムテープ17の走行に伴って必要以上に引き出されることが全くなくなるものである。 9 is what quite eliminated can be drawn more than necessary with the running of the film tape 17.

【0067】これにより、インクリボン19に多少の緩みが発生した場合においても、フィルムテープ17を引き出すことに起因して、フィルムテープ17に貼り付いたインクリボン19が必要以上に引き出されて両面粘着テープ22に接着することにより、インクリボン19がテープカセット1内でジャミングしてテープカセット1 [0067] As a result, even in the case where some of the slack in the ink ribbon 19 has occurred, due to be pulled out of the film tape 17, pulled out more than necessary ink ribbon 19, which was stuck to the film tape 17 double-sided pressure-sensitive adhesive by adhering to the tape 22, the tape cassette 1 the ink ribbon 19 is jammed in the tape cassette 1
が使用不能となることを確実に防止することができる。 There can be reliably prevented from becoming unusable.

【0068】また、インクリボン19のリボン幅をフィルムテープ17のテープ幅よりも大きくすることにより、インクリボン19のリボン幅は、当然にフィルムテープ17への文字等の印字幅よりも大きくなり、これによりフィルムテープ17の印字幅を最大限に使用して文字等が連続して印字された場合にも、インクリボン19 [0068] Also, to be greater than the tape width of the ribbon width of the film tape 17 of the ink ribbon 19, the ribbon width of the ink ribbon 19 is larger than the printing width of the characters and the like into naturally film tape 17, Thus even when the character or the like is used to maximize the printing width of the film tape 17 is printed continuously, the ink ribbon 19
は印字幅の両側で未使用部分が残存することからインクリボン19が切断されてしまうことを防止することができるものである。 Are those able to prevent the ink ribbon 19 because the remaining unused portion on both sides of the printing width is disconnected.

【0069】更に、フィルムテープ17、インクリボン19をそれぞれテープスプール18、リボンスプール2 [0069] Further, the film tape 17, the ink ribbon 19 respectively tape spool 18, a ribbon spool 2
0に対して取り付けるについて、フィルムテープ17の終端17A、インクリボン19の終端19Aは、テープスプール18、リボンスプール20に対してその周囲に渡ってループ状に接着され粘着テープ27の各両端部2 For mounting against 0, end 17A of the film tape 17, end 19A of the ink ribbon 19, the tape spool 18, the end portions 2 of the over its circumference with respect to the ribbon spool 20 is adhered to the looped adhesive tape 27
7A間で接着されており、従って、フィルムテープ1 Are bonded between 7A, therefore, the film tape 1
7、インクリボン19の終端17A、19Aは、粘着テープ27をテープスプール18、リボンスプール20から剥そうとする力に十分対抗可能な程度に、粘着テープ27を介してテープスプール18、リボンスプール20 7, end 17A of the ink ribbon 19, 19A is an adhesive tape 27 to the tape spool 18, enough can counteract the force to Hagaso from the ribbon spool 20, the tape spool 18 via the adhesive tape 27, the ribbon spool 20
に強固に固定されることとなり、これよりフィルムテープ17、インクリボン19がスプール18、20から容易に剥がれてしまうことを確実に防止することができる。 To be be firmly fixed, which from the film tape 17, the ink ribbon 19 can be reliably prevented from become easily detached from the spool 18.

【0070】また、本実施例のテープカセット1では、 [0070] Further, in the tape cassette 1 of this embodiment,
アーム部8に分離壁31を形成することにより、フィルムテープ17を外壁8Bと分離壁31との間で走行案内するとともに、インクリボン19をそのリボン幅とほぼ同一の高さを有する内壁8Cと分離壁31との間で走行案内するように構成したので、各フィルテープ17及びインクリボン19を、それぞれのテープ幅、リボン幅が異なるにも拘らず、各走行経路内で独立して確実に走行案内することができる。 By forming the partition wall 31 to the arm portion 8, as well as travel guidance between the outer wall 8B and the partition wall 31 of the film tape 17, and the inner wall 8C having substantially the same height of the ink ribbon 19 and the ribbon width and then, is travel guidance between the separation wall 31, each fill tape 17 and the ink ribbon 19, each tape width, although the ribbons of different widths, ensure independently in each travel path it is possible to travel guidance. また、インクリボン19は、下ケース3のアーム部8に設けた内壁8Cと分離壁31とにより走行案内されるので、インクリボン19は下ケース3のみにセットすればよいことから、上ケース2との間でインクリボン19に皺が発生したり、また、上ケース2と下ケース3とを組み付ける際にインクリボン19 The ink ribbon 19, because it is the driving guidance by the inner wall 8C which is provided on the arm portion 8 of the lower case 3 and the separation wall 31, the ink ribbon 19 from it is sufficient only set the lower case 3, the upper case 2 or crease occurs in the ink ribbon 19 between, also the ink ribbon 19 when assembling the upper case 2 and lower case 3
が各ケース2、3間に噛み込まれることを防止することができる。 There can be prevented from being caught between the casing 2 and 3. 更に、インクリボン19のリボン幅を考慮して下ケース3の外壁8Bよりも高く形成される内壁8 Furthermore, the inner wall 8 is greater than the outer wall 8B of the lower case 3 in consideration of the ribbon width of the ink ribbon 19
C、分離壁31については、下ケース3における必要な部分のみを高く形成すればよく、他の部分については外壁8Bの高さや上ケース2の壁高さとのバランスを考慮して形成することが可能であり、従って、内壁8Cや分離壁31の高さに合わせて下ケース全体の高さを大きくする必要はない。 C, and the separation wall 31 be formed in consideration of a balance of good if high forming only a necessary portion in the lower case 3, the height and the wall height of the upper case 2 of the outer wall 8B for other parts is possible, therefore, it is not necessary to increase the height of the entire lower case to match the height of the inner wall 8C and partition wall 31. これにより、下ケース3は特に成形上の困難が発生することなく容易に成形することができる。 Thus, it is possible on the particular lower case 3 molded difficult to easily molded without generating.

【0071】更に、両面粘着テープ22を巻回したテープスプール23の内壁23Aに4つの摺動溝38を形成するとともに、各摺動溝38に嵌合する摺動突起39を有するコマ部材40をテープスプール23内で摺動可能に配置し、テープカセット1が保管されている状態においてコマ部材40の各摺動突起39を上ケースの支持孔7の周囲に形成された各係止リブ36又は下ケース3の支持孔7の周囲に形成された各係リブ37に係止することにより、テープスプール23の回転をロック状態に保持するように構成したので、粘着テープ22が不用意にテープカセット1の外方に引き出されたり、また、テープカセット1の内部に引っ込んだりすることを確実に防止することができる。 [0071] Furthermore, to form a four sliding grooves 38 on the inner wall 23A of the tape spool 23 wound with a double-sided adhesive tape 22, the frame member 40 having a sliding protrusion 39 that fits into the sliding grooves 38 slidably disposed within the tape spool 23, the engaging rib 36 formed around the support hole 7 of the upper case each sliding protrusion 39 of the frame member 40 in a state where the tape cassette 1 is stored or by engaging the respective engaging rib 37 formed around the support hole 7 of the lower case 3, since it is configured to hold the rotation of the tape spool 23 in a locked state, the adhesive tape 22 is inadvertently tape cassette or pulled outward one, also, it is possible to reliably prevent the retract inside of the tape cassette 1.

【0072】また、サーマルヘッドHを搭載するヘッドホルダ44とヘッド装着部9との関係において、ヘッド装着部9の壁部9Aに第1嵌合部10、ヘッド装着部9 [0072] Further, in relation to the head holder 44 and the head mounting portion 9 for mounting the thermal head H, the first fitting portion 10 on the wall portion 9A of the head mounting portion 9, the head mounting part 9
の側壁に第1嵌合部10と直交する方向に入り込んだ第2嵌合部11を形成するとともに、ヘッドホルダ44には第1嵌合部10に挿嵌される第1突起部45、第2嵌合部11に挿嵌される第2突起部46を設けることにより、テープカセット1をカセット装着部Xに装着する際、テープカセット1はカセット装着部Xに対して常に一定の関係を保持しつつ装着されることとなり、これによりヘッド装着部9にて露出されたフィルムテープ1 And forming a second fitting portion 11 that enters in the direction perpendicular to the first fitting portion 10 on the side wall of the first protrusion 45 in the head holder 44 is fitted into the first fitting portion 10, the by providing the second projection portion 46 is inserted into the second fitting portion 11, when mounting the tape cassette 1 in the cassette mount X, always maintaining a constant relationship between the tape cassette 1 with respect to the cassette mount X It will be mounted with, thereby exposed at the head mounting section 9 the film tape 1
7、インクリボン19がサーマルヘッドHやヘッドホルダ44に接触されることなく、テープカセット1を確実、且つ、容易に、カセット装着部Xに装着することができる。 7, without the ink ribbon 19 is brought into contact with the thermal head H and the head holder 44, the tape cassette 1 securely and can easily be attached to the cassette mount X.

【0073】更に、リボン巻取スプール21の内壁に複数の係合リブ30を上下対称形に形成するとともに、テープ送りローラ12の円筒部42の内壁から放射状に複数の駆動リブ43を上下対称形に形成したので、テープカセット1をテープ印字装置Pのカセット装着部Xに対してフロントローディングする場合及びボトムローディングする場合のいずれにおいても、リボン巻取軸65のカム部材66及びテープ駆動カム70のカム部材71の双方に対して係合することができる。 [0073] Furthermore, to form a plurality of engaging ribs 30 on the inner wall of the ribbon take-up spool 21 vertically symmetrical, the upper and lower symmetrical plurality of drive ribs 43 radially from an inner wall of the cylindrical portion 42 of the tape feed roller 12 since the formation, in any case of a case and a bottom loading for front loading of the tape cassette 1 relative to the cassette mount X of the tape printer P is also of the cam member 66 and the tape drive cam 70 of the ribbon winding shaft 65 it can be engaged with both the cam member 71.

【0074】また、テープ送りローラ12のテープ送り幅Wを前記各規制部材14、15間の幅と同一に、且つ、フィルムテープ17のテープ幅と同一に設定したので、フィルムテープ17のテープ幅よりも大きいリボン幅を有するインクリボン19は各規制部材14、15を介してフィルムテープ17と分離され、また、フィルムテープ17は各規制部材14、15間を規制案内され、 [0074] Further, the tape feed width W of the tape feed roller 12 to the same as the width between the respective regulating members 14 and 15, and, since the set to be the same as the tape width of the film tape 17, the tape width of the film tape 17 the ink ribbon 19 having a greater ribbon width than is separated from the film tape 17 through the restricting members 14, 15, also, the film tape 17 is regulated guided between the restricting members 14, 15,
これにより相互に等しいテープ幅を有するフィルムテープ17と両面粘着テープ22とをテープ送りローラ12 Thus the tape feed roller 12 and the film tape 17 and the double-sided adhesive tape 22 having a tape width equal to one another
のテープ送り幅Wに合致させつつ、テープ送りローラ1 While meeting the tape feed width W, the tape feed roller 1
7と圧接ローラ49との協働により両テープ間に位置ずれを生じることなく適正に接着することができる。 It can be properly bonded without causing a positional shift between the two tape by 7 and pressure roller 49 in cooperation with.

【0075】尚、本発明は前記実施例に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改良、変形が可能であることは勿論である。 [0075] The present invention is not limited to the above embodiments, and various improvements without departing from the gist of the present invention, and modifications can be of course.

【0076】 [0076]

【発明の効果】以上説明した通り本発明は、テープカセット内でインクリボンとフィルムテープを走行させる際に、インクリボンの走行経路とフィルムテープの走行経路とを相互に分離することにより、一方の走行が他方の走行に影響を及ぼすことを防止し、もってフィルムテープに印字される文字等が掠れたりテープカセットが使用不能に陥るこことを排除することができるテープカセットを提供することができる。 As the present invention as described in the foregoing, when moving the ink ribbon and the film tape in a tape cassette, by separating the traveling path of the traveling path and the film tape of the ink ribbon to each other, the one traveling can be prevented from affecting the other of the operating, with a tape cassette or a character or the like fade to be printed on the film tape to provide a tape cassette which can eliminate the this falling unusable.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】テープカセットの斜視図である。 1 is a perspective view of the tape cassette.

【図2】上ケースを取り外して示す下ケースの平面図である。 2 is a plan view of a lower case shown to remove the upper case.

【図3】フィルムテープ、インクリボンの終端部をそれぞれテープスプール、リボンスプールに取り付ける方法を模式的に示す分解斜視図である。 [Figure 3] film tape, each tape spool an end portion of the ink ribbon is an exploded perspective view schematically showing a method of attaching the ribbon spool.

【図4】フィルムテープ、インクリボンの終端をテープスプール、リボンスプールに取り付けた状態を示す平面図である。 [4] film tape, tape spool the end of the ink ribbon is a plan view showing a state attached to the ribbon spool.

【図5】フィルムテープ、インクリボンの終端部をそれぞれテープスプール、リボンスプールに取り付ける別の方法を模式的に示す分解斜視図である。 [5] film tape, each tape spool an end portion of the ink ribbon is an exploded perspective view schematically showing another method of attaching the ribbon spool.

【図6】フィルムテープ、インクリボンの終端部をそれぞれテープスプール、リボンスプールに取り付ける更に別の方法を模式的に示す分解斜視図である。 [6] film tape, each tape spool an end portion of the ink ribbon, yet another method attached to the ribbon spool is an exploded perspective view schematically showing.

【図7】フィルムテープ、インクリボンの終端部をそれぞれテープスプール、リボンスプールに取り付ける更に別の方法を模式的に示す分解斜視図である。 [7] film tape, each tape spool an end portion of the ink ribbon, yet another method attached to the ribbon spool is an exploded perspective view schematically showing.

【図8】フィルムテープ、インクリボンの終端部をそれぞれテープスプール、リボンスプールに取り付ける更に別の方法を模式的に示す分解斜視図である。 8 film tape, each tape spool an end portion of the ink ribbon, yet another method attached to the ribbon spool is an exploded perspective view schematically showing.

【図9】リボン巻取スプールの断面図である。 FIG. 9 is a cross-sectional view of the ribbon take-up spool.

【図10】アーム部の構成を示す分解斜視図である。 10 is an exploded perspective view showing the configuration of the arm portion.

【図11】テープカセットの下ケースを下側に配置した状態のテープスプールを示す断面図である。 11 is a sectional view showing a tape spool in a state where the lower case of the tape cassette was placed on the lower side.

【図12】下ケースを上側に配置した状態のテープスプールの断面図である。 12 is a cross-sectional view of a tape spool of the state of arranging the lower case to the upper side.

【図13】テープカセットをカセット装着部に装着した場合におけるコマ部材の状態を示す断面図である。 13 is a sectional view showing a state of the frame member in the case of mounting the tape cassette in the cassette housing portion.

【図14】テープ送りローラを示す説明図であり、図1 [Figure 14] is an explanatory view showing the tape feed roller, FIG. 1
4(A)はテープ送りローラの断面図、図14(B)はテープ送りローラの平面図である。 . 4 (A) cross-sectional view of the tape feed roller, FIG. 14 (B) is a plan view of a tape feed roller.

【図15】テープカセットをテープ印字装置のカセット装着部に装着した場合におけるサーマルヘッドのヘッドホルダとヘッド装着部との関係を拡大して示す説明図である。 15 is an explanatory view showing an enlarged relationship between the head holder and the head mounting portion of the thermal head in the case of mounting the tape cassette in a cassette mount of a tape printer.

【図16】テープ送りローラの近傍位置における構成を示す分解斜視図である。 16 is an exploded perspective view showing a structure of the vicinity of the feeding roller.

【図17】テープ送りローラ部分の側断面図である。 17 is a side sectional view of the tape feed roller portion.

【図18】テープカセットの側面図である。 FIG. 18 is a side view of the tape cassette.

【図19】テープカセットを示し、図19(A)はテープカセットの平面図、図19(B)はテープカセットの裏面1である。 [Figure 19] shows the tape cassette, FIG. 19 (A) is a plan view of the tape cassette, FIG. 19 (B) is a rear 1 of the tape cassette.

【図20】テープカセットをテープ印字装置のカセット装着部にフロントローディングする状態を示す説明図である。 FIG. 20 is an explanatory view of the tape cassette showing a state in which the front-loading in a cassette mount of a tape printer.

【図21】テープカセットをフロントローディングした場合のカセット検出部と検出スイッチとの関係を示す説明図である。 21 is an explanatory diagram showing a relation between the cassette detection portion in the case of front-loading the tape cassette with the detecting switch.

【図22】テープカセットをテープ印字装置のカセット装着部にボトムローディングする状態を示す説明図である。 22 is an explanatory view of the tape cassette showing a state in which a bottom loading in a cassette mount of a tape printer.

【図23】テープカセットをボトムローディングした場合のカセット検出部と検出スイッチとの関係を示す説明図である。 FIG. 23 is an explanatory diagram showing a relation between the cassette detection portion in the case of bottom-loading tape cassette and the detection switch.

【図24】フロントローディングの場合とボトムローディングの場合を模式的に示す説明図である。 [24] The cases of front loading and bottom loading is an explanatory view schematically showing.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 テープカセット 2 上ケース 3 下ケース 8 アーム部 8A 開口 8B 外壁 8C 内壁 17 フィルムテープ 18 テープスプール 19 インクリボン 20 リボンスプール 31 分離壁 1 tape cassette 2 the upper case 3 lower casing 8 arm portions 8A opening 8B outer wall 8C inner wall 17 film tape 18 tape spool 19 ink ribbon 20 ribbon spool 31 separation wall

フロントページの続き (72)発明者 杉山 豊 名古屋市瑞穂区苗代町15番1号 ブラザー 工業株式会社内 Of the front page Continued (72) inventor Yutaka Sugiyama Nagoya Mizuho-ku, nursery-cho, No. 15 No. 1 Brother Industries Co., Ltd. in

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 カセットケース内に、フィルムテープを巻回したテープスプールと、インクリボンを巻回したリボンスプールとを配置し、各テープスプール及びリボンスプールからフィルムテープ、インクリボンを所定の搬送経路に沿って引き出すとともに、インクリボンを介して文字等を印字したフィルムテープをカセットケースの外方へ排出するテープカセットにおいて、 前記搬送経路中でカセットケースに形成され、各フィルムテープ及びインクリボンを案内するとともに、一対の壁部を有するガイド部と、 前記ガイド部の一対の壁部の間に形成された分離壁とを備え、 前記フィルムテープは一方の壁部と分離壁との間を走行案内されるとともに、前記インクリボンは他方の壁部と分離壁との間を走行案内されることを特徴とするテー To 1. A cassette case, a tape spool winding a film tape, placing a ribbon spool wound with the ink ribbon, the tape spool and the film tape from the ribbon spool, the ink ribbon a predetermined transport path with draw along, in the tape cassette for discharging the film tape of printing characters and the like through the ink ribbon to the outside of the cassette case is formed in the cassette case in the transport path in the guide of each film tape and the ink ribbon to with a guide portion having a pair of wall portions, and a formed separation wall between the pair of wall portions of the guide portion, the film tape travel guidance between the one wall portion and the separation wall while being, the ink ribbon tape, characterized in that the travel guidance between the other wall and the separation wall プカセット。 Tape cassette.
JP13632594A 1994-05-25 1994-05-25 Tape cassette Expired - Lifetime JP2959398B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13632594A JP2959398B2 (en) 1994-05-25 1994-05-25 Tape cassette

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13632594A JP2959398B2 (en) 1994-05-25 1994-05-25 Tape cassette

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07314831A true true JPH07314831A (en) 1995-12-05
JP2959398B2 JP2959398B2 (en) 1999-10-06

Family

ID=15172589

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13632594A Expired - Lifetime JP2959398B2 (en) 1994-05-25 1994-05-25 Tape cassette

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2959398B2 (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7495559B2 (en) 2003-10-24 2009-02-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID tag information communicating device, cartridge for RFID tag information communicating device, and RFID circuit element processing system
JP2009513389A (en) * 2005-10-25 2009-04-02 ダイモ The tape printing apparatus
WO2009084476A1 (en) 2007-12-27 2009-07-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape printing device, and tape cassette
US7694883B2 (en) 2003-05-01 2010-04-13 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US8109684B2 (en) 2007-06-11 2012-02-07 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape printing system with auxiliary cassette containing auxiliary medium for contacting printed tape
JP2012035588A (en) * 2010-08-11 2012-02-23 Brother Industries Ltd Printing label forming device
US8529142B2 (en) 2004-04-12 2013-09-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID circuit element cartridge, roll for producing electromagnetic radiation reaction element label, and tag-label producing device
CN104097408A (en) * 2013-04-15 2014-10-15 兄弟工业株式会社 Tape cassette
CN104442042A (en) * 2009-03-31 2015-03-25 兄弟工业株式会社 Tape cassette

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5233923B2 (en) * 2009-09-09 2013-07-10 ブラザー工業株式会社 Tape cassette

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8128001B2 (en) 2003-05-01 2012-03-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US7694883B2 (en) 2003-05-01 2010-04-13 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US8038072B2 (en) 2003-05-01 2011-10-18 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID label, method for producing the RFID label, device for producing the RFID label, sheet member (tag sheet) used for the RFID label, and cartridge attached to the device for producing the RFID label
US7495559B2 (en) 2003-10-24 2009-02-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID tag information communicating device, cartridge for RFID tag information communicating device, and RFID circuit element processing system
US8529142B2 (en) 2004-04-12 2013-09-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha RFID circuit element cartridge, roll for producing electromagnetic radiation reaction element label, and tag-label producing device
JP2009513389A (en) * 2005-10-25 2009-04-02 ダイモ The tape printing apparatus
US8109684B2 (en) 2007-06-11 2012-02-07 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape printing system with auxiliary cassette containing auxiliary medium for contacting printed tape
WO2009084476A1 (en) 2007-12-27 2009-07-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape printing device, and tape cassette
CN104442042A (en) * 2009-03-31 2015-03-25 兄弟工业株式会社 Tape cassette
JP2012035588A (en) * 2010-08-11 2012-02-23 Brother Industries Ltd Printing label forming device
CN104097408A (en) * 2013-04-15 2014-10-15 兄弟工业株式会社 Tape cassette
US9550381B2 (en) 2013-04-15 2017-01-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2959398B2 (en) 1999-10-06 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6257780B1 (en) Ink ribbon cartridge having one undetachable spool and idle rotation preventing structure
US20110058884A1 (en) Tape cassette
US20120027487A1 (en) Cartridge assembly with edge protector
WO2010113782A1 (en) Tape cassette
US20120027485A1 (en) Media cartridge with shifting ribs
US20070031171A1 (en) Refillable tape cassette
CN1085151C (en) Combined box containing a paper-tape box and a colour-tape box
US8757907B2 (en) Tape cassette
CN1415484A (en) Chromatape casket
CN1376115A (en) Tape supply cartridge
CN1835867A (en) Printer cartridge
CN1493462A (en) Robbon box with ribbon loose-proof mechanism
CN1642746A (en) Cassette
JPH0621953U (en) Mounting structure of the ribbon cassette into the carriage
JP2006096030A (en) Tape cassette
JP2002192769A (en) Tape printer
JPH08216461A (en) Printing tape preparing device and cassette therefor
EP1707395A1 (en) Tape cassette
US5538351A (en) Thermal transfer printer and ribbon change structure
US5653542A (en) Tape cassette
JPH1178189A (en) Tape cassette
US5399036A (en) Tape taking-up mechanism
US6595710B2 (en) Image forming device and ink sheet cartridge mounted on the image forming device
JP2010234697A (en) Tape cassette
US5685654A (en) Printing tape cassette with separated recording medium and ink ribbon

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080730

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090730

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100730

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100730

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110730

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120730

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 13

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120730

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 14

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130730

EXPY Cancellation because of completion of term