JPH07313602A - Sliding catheter - Google Patents

Sliding catheter

Info

Publication number
JPH07313602A
JPH07313602A JP6109728A JP10972894A JPH07313602A JP H07313602 A JPH07313602 A JP H07313602A JP 6109728 A JP6109728 A JP 6109728A JP 10972894 A JP10972894 A JP 10972894A JP H07313602 A JPH07313602 A JP H07313602A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
catheter
tube
balloon membrane
pressure
catheter tube
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6109728A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Osamu Egawa
Masaru Okawa
勝 大川
修 江川
Original Assignee
Nippon Zeon Co Ltd
日本ゼオン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Zeon Co Ltd, 日本ゼオン株式会社 filed Critical Nippon Zeon Co Ltd
Priority to JP6109728A priority Critical patent/JPH07313602A/en
Publication of JPH07313602A publication Critical patent/JPH07313602A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a sliding catheter which can control the inner pressure of a balloon film to be inserted into an organism and prevent the balloon film from receiving a heavy pressure.
CONSTITUTION: This sliding catheter 2 comprises a catheter tube 4 to be inserted into a coelome, a slide tube 6 mounted on the inside of the catheter tube 4 so as to slide freely in the direction of the axis of the catheter tube, a cylindrical balloon film 8 whose first opening edge 8a and second edge 8b are connected with the tip part of the slide tube 6 and the tip part of the catheter tube 4, respectively, and a pilot balloon film 28 which expands according to the pressure to be added by a pressure fluid charged into the chamber between the catheter tube 4 and the slide tube 6, and bursts or separates by a lower pressure than the balloon film 8's pressure.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、たとえば血管などの体腔内に挿入し、きわめて狭い狭窄部、偏心した狭窄部あるいは蛇行した狭窄部または体腔内分岐部などでも、低摩擦力で、しかも体腔内壁を傷つけることなく容易に通過させることができるスライディングカテーテルに関する。 The present invention relates, for example inserted into a body cavity such as a blood vessel, a very narrow stenosis, even in such an eccentric stenosis or meandering stenosis or body cavity bifurcation, with low friction, moreover cavity about sliding catheter can be easily passed without damaging the inner wall.

【0002】 [0002]

【従来の技術】血管、消化管、卵管、尿管などの体腔内の特定部位に、薬液あるいは輸液を供給したり、あるいは体液の圧力を測定したりする目的で、スライディングカテーテルが使用されている。 BACKGROUND ART Vascular, digestive tract, fallopian tube, to a particular site within a body cavity such as the ureter, and supplies the chemical solution or infusion, or for the purpose or to measure the pressure of the fluid, by sliding the catheter is used there. スライディングカテーテルは、体腔内に挿入されるカテーテル管と、このカテーテル管の内部に軸方向移動自在に装着されるスライド管と、このスライド管の先端部に第1開口端部が接合され、前記カテーテル管の先端部に第2開口端部が接合される筒状のバルーン膜とを有する。 Sliding the catheter includes a catheter tube to be inserted into a body cavity, a slide tube which is axially movably mounted within the catheter tube, the first open end is joined to a front end portion of the slide tube, the catheter and a tubular balloon membrane second open end is joined to a front end portion of the tube.

【0003】スライド管とカテーテル管との間の隙間に圧力流体を封入した状態で、スライド管の基端部を操作し、スライド管を軸方向に前進させることで、バルーン膜がカテーテル管の先端部からめくり上げられながら突出する。 [0003] while enclosing the pressure fluid into the gap between the slide tube and the catheter tube, operates the proximal end portion of the slide tube, by advancing the slide tube axially, distal balloon membrane of the catheter tube It turned up from parts provided with projecting. このバルーン膜は適度な可撓性を有し、その表面がめくり上げられながら突出することで、このバルーン膜は、きわめて狭い狭窄部、偏心した狭窄部あるいは蛇行した狭窄部などでも、低摩擦力で狭窄部を傷つけることなく容易に通過することができる。 Have this balloon membrane moderate flexibility, by projecting while is turned up its surface, the balloon membrane is extremely narrow constriction, even at such an eccentric stenosis or meandering stenosis, low friction in can easily pass through without damaging the stenosis.

【0004】バルーン膜が狭窄部を通過した後、さらにスライド管を前進させれば、スライド管も、狭窄部を通過することができる。 [0004] After the balloon membrane has passed the stenosis, if further advancing the slide tube, also slide tube can pass through the stenosis. したがって、このスライド管を通して、薬液あるいは輸液を、狭窄部の背後の特定部位に導入することができる。 Thus, through this slide tube, a chemical or infusion, may be introduced into a specific site behind the stenosis. また、同様な理由から、その特定部位の圧力などを検出することもできる。 For the same reason, it is also possible to detect a pressure of the specific site. さらに特定部位から検査用のサンプリングも行うことができる。 It can also perform further sampling for inspection from a specific site.

【0005】上述したように、カテーテル管とスライド管との間には、圧力流体を封入した状態で、スライド管をカテーテル管に対してスライド移動させる必要があることから、カテーテル管の基端部には、圧力流体を封入するための分岐部が装着してある。 [0005] As described above, between the catheter tube and the slide tube, while enclosing a pressurized fluid, the slide tube it is necessary for sliding relative to the catheter tube, the proximal end of the catheter tube the branching portion for enclosing the pressurized fluid are mounted.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】ところが、従来例に係るスライディングカテーテルでは、上記分岐部からカテーテル管内およびバルーン膜内に封入する圧力流体の圧力を調節することが困難であった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the sliding catheter according to the prior art, it is difficult to adjust the pressure of the pressure fluid filled from the branch portion to the catheter tube and the balloon membrane.

【0007】本発明は、このような実状に鑑みてなされ、生体内に挿入されるバルーン膜の内圧を調節することが可能であり、バルーン膜に大きな圧力が加わることを防止することができるスライディングカテーテルを提供することを目的とする。 [0007] The present invention has been made in view of such circumstances, it is possible to adjust the internal pressure of the balloon membrane which is inserted into a living body, the sliding can be prevented that the large pressure applied to the balloon membrane and to provide a catheter.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明に係るスライディングカテーテルは、体腔内に挿入されるカテーテル管と、このカテーテル管の内部に軸方向移動自在に装着されるスライド体と、このスライド体の先端部に第1開口端部が接合され、前記カテーテル管の先端部に第2開口端部が接合される筒状のバルーン膜と、前記カテーテル管の基端部に装着され、前記カテーテル管とスライド体との隙間空間に封入された圧力流体の圧力に応じて膨らみ、前記バルーン膜よりも低い圧力で破裂または分離するパイロットバルーン膜とを有する。 To achieve the above object, according to the Invention The sliding catheter according to the present invention includes a catheter tube to be inserted into a body cavity, internal axially movably mounted by sliding of the catheter tube and body, the first open end to the distal end portion of the slide body are joined, a tubular balloon membrane second open end is joined to the distal end of the catheter tube, the proximal end of the catheter tube mounted, bulge in response to the pressure of the encapsulated pressure fluid into the gap space between the catheter tube and the slide member, and a pilot balloon membrane to rupture or separation at a pressure lower than said balloon membrane.

【0009】前記スライディングカテーテルは、カテーテル管の基端部に装着され、カテーテル管とスライド体との間の隙間空間およびバルーン膜内に圧力流体を封入するための分岐管が装着してある。 [0009] The sliding catheter is attached to the proximal end of the catheter tube, the branch pipe for enclosing the pressure fluid into the gap space and the balloon membrane between the catheter tube and the slide body are mounted. 前記パイロットバルーン膜は、前記分岐管にさらに分岐して取り付けられることが好ましい。 The pilot balloon membrane is preferably attached by further branched into the branch pipe.

【0010】前記パイロットバルーン膜の手前には、圧力計またはリリーフバルブなどのバルブが装着してあることが好ましい。 [0010] The front of the pilot balloon membrane, it is preferable that the valve such as a pressure gauge or relief valve are mounted. また、パイロットバルーン膜は、バルーン膜の両端部の接合強度よりも低い強度で、カテーテル管の基端部に接合してあることが好ましい。 Further, the pilot balloon membrane is at a lower intensity than the bonding strength of both ends of the balloon membrane, it is preferable that is joined to the proximal end of the catheter tube.

【0011】 [0011]

【作用】本発明に係るスライディングカテーテルでは、 [Action] In sliding the catheter according to the present invention,
カテーテル管の基端部に、前記バルーン膜よりも低い圧力で破裂または分離するパイロットバルーン膜が装着してある。 The proximal end of the catheter tube, a pilot balloon membrane to rupture or separation at a pressure lower than the balloon membrane are attached. カテーテル管の先端部に装着してあるバルーン膜と、このパイロットバルーン膜とは、カテーテル管とスライド体との隙間空間を通じて連通している。 A balloon membrane that is attached to the distal end of the catheter tube, this pilot balloon membrane is communicated through the gap space between the catheter tube and the slide member. そのため、バルーン膜の内圧が所定値以上になると、その内圧は、パイロットバルーン膜にも伝達し、バルーン膜の内圧が所定値以上になる以前に、パイロットバルーン膜が破裂または分離する。 Therefore, when the internal pressure of the balloon membrane is equal to or greater than a predetermined value, the pressure is also transmitted to the pilot balloon membrane, before the internal pressure of the balloon membrane is equal to or greater than a predetermined value, the pilot balloon membrane ruptures or separation.

【0012】特に、パイロットバルーン膜の手前に、通常のバルブが装着してある発明では、パイロットバルーン膜が破裂または分離した後、そのバルブを閉じることで、生体内バルーン膜の圧力低下を防止することができる。 [0012] In particular, in front of the pilot balloon membrane, in the invention are ordinary valves are mounted, after the pilot balloon membrane is ruptured or separated by closing the valve, to prevent a pressure drop in vivo balloon membrane be able to. バルーン膜がカテーテル管の先端から突出した状態で、バルーン膜の内圧が低下すると、スライド体を操作してバルーン膜をカテーテル管の内部に引き込む操作が困難になる。 In a state in which the balloon membrane is protruded from the distal end of the catheter tube, the internal pressure of the balloon membrane is lowered, the operation of pulling the balloon membrane within the catheter tube becomes difficult to operate the slide body. 本発明では、生体内バルーン膜の内圧の低下を防止できるので、バルーン膜をカテーテル管内に引き込む操作も容易である。 In the present invention, it is possible to prevent a decrease in the internal pressure in vivo balloon membrane, the operation of pulling the balloon membrane to the catheter tube is easy.

【0013】パイロットバルーン膜の手前に、リリーフバルブが装着してある発明では、パイロットバルーン膜が破裂または分離する手前で、リリーフバルブにより圧力を逃がすことができるので好ましい。 [0013] in front of the pilot balloon membrane, in the invention the relief valve are mounted, in front of the pilot balloon membrane ruptures or separates, preferably it is possible to release the pressure by the relief valve. また、何らかの原因でリリーフバルブが作動しない場合でも、パイロットバルーン膜が破裂または分離することにより、バルーン膜に大きな圧力がかかることを防止することができる。 Further, even when the relief valve for some reason does not work, by the pilot balloon membrane ruptures or separation, it is possible to prevent that such a large pressure on the balloon membrane.

【0014】パイロットバルーン膜の手前に、圧力計が装着してある発明では、生体内に装着してあるバルーン膜の圧力を計測することができることから好ましい。 [0014] in front of the pilot balloon membrane, in the invention the pressure gauge are mounted, preferably since it is possible to measure the pressure of the balloon membrane that is attached to the body. 本発明に係るスライディングカテーテルの使用方法としては、特に限定されず、種々の使用方法が考えられる。 As the use of sliding catheter according to the present invention is not particularly limited, it can be considered a variety of uses.

【0015】たとえば、次に示す使用方法が例示される。 [0015] For example, methods of use below is exemplified. まず、カテーテル管の先端からスライド管の先端が引っ込んだ状態で、スライディングカテーテルを、その先端部から、血管、卵管、消化管、尿管あるいはその他の体腔内に挿入する。 First, the tip retracted state the tip of the slide tube from the catheter tube, sliding the catheter from its distal end, the vessel, oviduct, gastrointestinal, inserted into the urinary tract or in other body cavities. なお、その挿入の前後に、カテーテル管とスライド体との間の隙間には、圧力流体を封入しておく。 Incidentally, before and after the insertion, the space between the catheter tube and the slide member, previously filled with pressure fluid. 圧力流体としては、たとえば生理食塩水+造影剤などの液体が用いられ、その圧力としては、好ましくは0.5気圧から2気圧である。 The pressure fluid, for example liquid is used, such as saline + contrast agents, as is the pressure, and preferably 0.5 to 2 atmosphere. 封入の際には、圧力計またはパイロットバルーン膜の膨らみ具合いを観察することで、圧力のかけ過ぎを防止することができる。 During encapsulation, by observing the degree bulge pressure gauge or pilot balloon membrane can be prevented over too much pressure.

【0016】カテーテル管の先端が、体腔内狭窄部あるいは体腔内分岐部の手前にきた場合に、スライド体の基端を操作し、スライド体をカテーテル管内で前進させることで、カテーテル管の先端から、バルーン膜をめくり上げながら突出する。 The tip of the catheter tube, when came in front of the body cavity stenosis or body cavity bifurcation manipulate proximal end of the slide body, the slide member by advancing in the catheter tube from the distal end of the catheter tube projects while raising turning the balloon membrane. このバルーン膜は、可撓性を有すると共に、めくり上げられながら突出するので、体腔との摩擦がほとんどなく、きわめて狭い狭窄部、偏心した狭窄部あるいは蛇行した狭窄部または体腔内分岐部などでも、容易に通過させることができる。 The balloon membrane, which has a flexibility, since projects while being turned up, the friction between the body cavity with little, very narrow stenosis, even in such an eccentric stenosis or meandering stenosis or body cavity bifurcation it can be easily passed. その際に、本発明に係るスライディングカテーテルでは、きわめて強い狭窄部をバルーン膜が通過する場合などでも、その内圧が瞬間的に高まったとしても、体外のパイロットバルーン膜が破裂または分離する。 At that time, in the sliding catheter according to the present invention, even in a case where a very strong stenosis balloon membrane passes, the internal pressure is even increased instantaneously, pilot balloon membrane of an extracorporeal ruptures or separation.

【0017】その後、さらにスライド体を前進させれば、バルーン膜の内側を通して、スライド体の先端がカテーテル管の先端から突出し、スライド体の先端は、上記狭窄部あるいは分岐部を容易に通過する。 [0017] After that, if further advancing the slide member through the inside of the balloon membrane, the tip of the slide member protrudes from the distal end of the catheter tube, the distal end of the slide body, easily passes through the stenosis or bifurcation. その後、このスライド体を構成するスライド管を通して、薬液や輸液を送り込めば、体腔内狭窄部または分岐部の背後の特定部位に良好に、これらを送り込むことができる。 Then, through the slide tube constituting the slide member, if Okurikome the drug solution or infusion solution, favorably to a particular site behind the body cavity stenosis or bifurcation, can be fed to them. また、その特定部位からの体液のサンプリング、体液の圧力測定などが可能である。 The sampling of the body fluid from that particular site, and the like are possible pressure measurement of the body fluid.

【0018】また、PTCA(経皮的冠動脈形成術)用バルーンカテーテルが挿入し難い狭窄部に、まず本発明のスライディングカテーテルを通すことで、その狭窄部にガイドワイヤを通し、その後スライディングカテーテルを抜取り、PTCAバルーンカテーテルを挿入し、P Further, PTCA in (percutaneous transluminal coronary angioplasty) balloon catheter is inserted difficult stenosis, the first passing the sliding catheter of the present invention, through the guide wire to the stenosis, then withdrawn sliding catheter , insert the PTCA balloon catheter, P
TCA治療を行うこともできる。 It is also possible to carry out the TCA treatment.

【0019】さらに、スライド体の前進移動を途中で止め、その後スライド体を後退移動させることで、いったん突出させたバルーン膜をカテーテル管の先端内に後退移動させることで、バルーン膜により、体腔内異物(たとえば結石)を取り込むこともできる。 Furthermore, stopping on the way forward movement of the slide body, then by retracting move the slide body, once projected balloon membrane was that moved backward in the tip of the catheter tube, the balloon membrane, a body cavity it is also possible to incorporate foreign matter (e.g., stones). さらには、本発明に係るスライディングカテーテルは、内視鏡と組み合わせて用いることもできる。 Further, sliding the catheter according to the present invention can also be used in combination with an endoscope.

【0020】 [0020]

【実施例】以下、本発明に係るスライディングカテーテルを、図面に示す実施例に基づき、詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, the sliding catheter according to the present invention, based on the embodiments shown in the drawings and will be described in detail. 図1は本発明の一実施例に係るスライディングカテーテルの概略断面図、図2,3は図1に示すスライディングカテーテルの使用例を示す要部断面図である。 Figure 1 is a sliding catheter schematic cross-sectional view in accordance with an embodiment of the present invention, FIGS. 2 and 3 is a fragmentary cross-sectional view showing an example of use of sliding catheter shown in FIG.

【0021】図1に示すように、本実施例に係るスライディングカテーテル2は、血管などの体腔内に挿入されるカテーテル管4を有する。 As shown in FIG. 1, a sliding catheter 2 according to the present embodiment has a catheter tube 4 to be inserted into a body cavity such as a blood vessel. このカテーテル管4は中空管で構成され、その内部には、そこにスライド体としてのスライド管6が、軸方向移動自在に装着してある。 The catheter tube 4 is typically a hollow tube, the inside, there is a slide tube 6 as a slide member, are mounted freely axial movement.

【0022】このスライド管6の先端部には、バルーン膜8の第1開口端8aが接着または熱融着してある。 [0022] The distal end portion of the sliding tube 6, the first open end 8a of the balloon film 8 are bonded or heat-sealed. また、カテーテル管4の先端部には、バルーン膜8の第2 Further, the distal end of the catheter tube 4, the second balloon membrane 8
開口端8bが接着または熱融着してある。 Open end 8b is are adhered or thermally fused. カテーテル管4は、ある程度の可撓性を有する材質で構成されることが好ましく、たとえばポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、エチレン−プロピレン共重合体、エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリ塩化ビニル(PVC)、架橋型エチレン−酢酸ビニル共重合体、 The catheter tube 4 is preferably composed of a material having a certain degree of flexibility, such as polyethylene, polyethylene terephthalate, polypropylene, ethylene - propylene copolymer, ethylene - vinyl acetate copolymer, polyvinyl chloride (PVC) , crosslinked ethylene - vinyl acetate copolymer,
ポリウレタン、ポリアミド、ポリアミドエラストマー、 Polyurethane, polyamide, polyamide elastomer,
ポリイミド、ポリイミドエラストマー、シリコーンゴム、フッ素樹脂、天然ゴムなどが使用でき、好ましくは、ポリウレタン、ポリエチレン、ポリアミド、ポリ塩化ビニル、シリコーンゴムで構成される。 Polyimide, polyimide elastomers, can silicone rubber, fluorocarbon resin, and natural rubber used, preferably, polyurethane, polyethylene, polyamide, polyvinyl chloride, and silicone rubber. このカテーテル管4の内表面には、ハイドローマー被覆層などの摩擦低減層が被覆してあることが好ましい。 On the inner surface of the catheter tube 4, it is preferable that the friction reducing layer such as Hyde Romer coating layer are coated. カテーテル管4 Catheter tube 4
の内部で、低摩擦力でスライド管6が軸方向にスライド移動できるようにするためである。 Inside of, because the sliding tube 6 with low friction to be able to slide in the axial direction. このような観点からは、スライド管6の外表面にも、低摩擦層を形成することが好ましい。 From this point of view, to the outer surface of the slide tube 6, it is preferable to form a low friction layer.

【0023】スライド管6は、カテーテル管4と同様に、ある程度の可撓性を有する材質で構成されることが好ましく、たとえばポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、エチレン−プロピレン共重合体、エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリ塩化ビニル(PVC)、架橋型エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリウレタン、ポリアミド、ポリアミドエラストマー、ポリイミド、ポリイミドエラストマー、シリコーンゴム、 The sliding tube 6, like the catheter tube 4, preferably constituted of a material having a certain degree of flexibility, such as polyethylene, polyethylene terephthalate, polypropylene, ethylene - propylene copolymer, ethylene - vinyl acetate copolymer, polyvinyl chloride (PVC), crosslinked ethylene - vinyl acetate copolymer, polyurethane, polyamide, polyamide elastomer, polyimide, polyimide elastomers, silicone rubber,
フッ素樹脂、天然ゴムなどが使用でき、好ましくは、ポリウレタン、ポリエチレン、ポリアミド、ポリイミドで構成される。 Fluororesin, such as natural rubber can be used, preferably, polyurethane, polyethylene, polyamide, and polyimide. ただし、このスライド管6は、カテーテル管4と異なり、肉厚の薄い細径の金属チューブ、たとえばステンレス、Ni−Ti合金で構成することもできる。 However, the sliding tube 6, unlike the catheter tube 4, wall thickness small diameter metal tube, it can be configured, for example, stainless, with Ni-Ti alloy. 細径の金属チューブであれば、ある程度の可撓性を有し、しかも、スライド管6をスライド移動させるための操作力が伝達され易いことから好ましい。 If small-diameter metal tube has a degree of flexibility, yet, the operation force for sliding the slide tube 6 is preferable because of easily transmitted.

【0024】バルーン膜8は、カテーテル管4およびスライド管6よりもさらに柔軟性を有する材質で構成されることが好ましく、たとえばポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、エチレン−プロピレン共重合体、エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリ塩化ビニル(PVC)、架橋型エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリウレタン、ポリアミド、ポリアミドエラストマー、ポリイミド、ポリイミドエラストマー、シリコーンゴム、天然ゴムなど、好ましくは、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリアミド、ポリウレタンなどで構成される。 The balloon membrane 8 is preferably composed of a material having a further flexible than the catheter tube 4 and the slide tube 6, for example polyethylene, polyethylene terephthalate, polypropylene, ethylene - propylene copolymer, ethylene - vinyl acetate copolymer, polyvinyl chloride (PVC), crosslinked ethylene - vinyl acetate copolymer, polyurethane, polyamide, polyamide elastomer, polyimide, polyimide elastomers, silicone rubber, natural rubber, preferably, polyethylene, polyethylene terephthalate, polyamide, composed of polyurethane.

【0025】カテーテル管4およびスライド管の外径、 The outer diameter of the catheter tube 4 and the slide tube,
肉厚、軸方向長さなどの寸法は、このスライディングカテーテルの使用目的に応じて種々に改変されるが、一般に、次の寸法であることが好ましい。 The dimensions of thickness, such as axial length is being modified in various ways depending on the intended use of the sliding catheter, generally, it is preferred that the following dimensions. カテーテル管4の外径は、好ましくは0.3〜15mm、さらに好ましくは1〜5mmであり、その肉厚は、好ましくは50〜100 The outer diameter of the catheter tube 4 is preferably 0.3~15Mm, more preferably from 1 to 5 mm, the thickness is preferably 50 to 100
0μm、さらに好ましくは100〜500μm、その軸方向長さは、好ましくは10〜3000mm、さらに好ましくは50〜1000mmである。 0 .mu.m, more preferably 100 to 500 [mu] m, the axial length is preferably 10~3000Mm, more preferably 50 to 1000 mm. スライド管6の外径は、好ましくは0.1〜10mm、さらに好ましくは0. The outer diameter of the sliding tube 6 is preferably 0.1 to 10 mm, more preferably 0.
5〜4mmであり、その肉厚は、好ましくは50〜100 It is a 5~4mm, the wall thickness, preferably 50 to 100
0μm、さらに好ましくは100〜500μm、その軸方向長さは、カテーテル管4よりも長く、好ましくは2 0 .mu.m, more preferably 100 to 500 [mu] m, the axial length is longer than the catheter tube 4, preferably 2
0〜6000mm、さらに好ましくは100〜2000mm 0~6000mm, more preferably 100~2000mm
である。 It is.

【0026】バルーン膜8の両端開口部8a,8bは、 The both end openings 8a of the balloon membrane 8, 8b is,
それぞれスライド管6の先端部とカテーテル管4の先端部とに接続される。 They are respectively connected to the distal end of the tip and the catheter tube 4 of the slide tube 6. したがって、バルーン膜8の外径は、必ずしも軸方向に一定である必要はなく、その第1 Therefore, the outer diameter of the balloon membrane 8 is not necessarily constant in the axial direction, the first
開口端8aがスライド管6の先端部に接続され、その第2開口端8bがカテーテル管4の先端部(外周または内周)に接続されるように都合の良い外径を有する。 Open end 8a is connected to the distal end of the slide tube 6, the second opening end 8b has a good outer diameter convenient to be connected to the distal end of the catheter tube 4 (outer periphery or inner periphery). バルーン膜8の膜厚は、特に限定されないが、好ましくは1 The film thickness of the balloon membrane 8 is not particularly limited, preferably 1
0〜1000μm、さらに好ましくは50〜500μm 0~1000μm, more preferably 50~500μm
である。 It is. また、バルーン膜8の軸方向長さは、スライディングカテーテルの使用目的に応じて種々に変えることができるが、一般には、好ましくは50〜1000mm、 Further, the axial length of the balloon membrane 8 can be varied variously depending on the intended use of the sliding catheter, generally, preferably 50 to 1000 mm,
さらに好ましくは100〜500mmである。 And more preferably from 100~500mm.

【0027】図1に示すように、カテーテル管4の最基端部外周には、カテーテル用ハブ14が接着または熱融着などの手段で装着してある。 As shown in FIG. 1, the most proximal end portion outer circumference of the catheter tube 4, the catheter hub 14 are mounted by a means such as an adhesive or heat sealing. このカテーテル用ハブ1 The catheter hub 1
4は、カテーテル管4よりも剛性の高い材質で構成することができる。 4 can be configured with a higher rigidity than the catheter tube 4 material. このハブ14は、具体的には、ポリ塩化ビニル、ポリカーボネート、スチレン−ブタジエン共重合体、シリコーン樹脂、ABS樹脂、好ましくはポリ塩化ビニル、ポリカーボネート、ABS樹脂で構成される。 The hub 14 is, specifically, polyvinyl chloride, polycarbonate, styrene - butadiene copolymer, silicone resin, ABS resin, and preferably polyvinyl chloride, polycarbonate, ABS resin. なお、このハブ14は、カテーテル管4と一体に形成することもできる。 Incidentally, the hub 14 may be formed integrally with the catheter tube 4.

【0028】カテーテル用ハブ14が外周に位置するカテーテル管4の内周には、密封用スリーブ16が装着してあり、スライド管6の外周に圧接するようになっている。 [0028] the inner periphery of the catheter tube 4 the catheter hub 14 is located at the outer periphery, Yes and sealing sleeve 16 is mounted, so as to press the outer periphery of the slide tube 6. スリーブ16は、軸方向圧縮可能に装着することが好ましい。 The sleeve 16 is preferably axially compressible mounted. 密封用スリーブ16は、バルーン膜8の内部、カテーテル管4とスライド管との間の空間を密封する。 Sealing sleeve 16 seals the interior of the balloon membrane 8, the space between the catheter tube 4 and the slide tube. しかも、スライド管6を、カテーテル管4の内部で軸方向にスライド移動自在とするために、密封用スリーブ16は、スライド管6の外周との摺動性に優れていることが好ましい。 Moreover, the slide tube 6, in order to freely slide in the axial direction inside the catheter tube 4, the sealing sleeve 16, is preferably excellent in sliding property between the outer periphery of the slide tube 6.

【0029】本実施例では、このような観点から、スリーブ16の内周面に、周方向に連続する凸部を軸方向に所定間隔で形成してある。 [0029] In this embodiment, from such point of view, the inner peripheral surface of the sleeve 16, the convex portion continuing in the circumferential direction in the axial direction are formed at predetermined intervals. 凸部の形成個数は、特に限定されないが、複数個であることが好ましく、さらに好ましくは2〜10個である。 Forming the number of the projections is not particularly limited, is preferably a plurality, more preferably from 2 to 10. 凸部は、軸方向に等間隔ピッチで形成することが好ましいが、これに限定されず、異間隔ピッチで形成することもできる。 Convex portion is preferably formed axially equal spacing pitch, not limited to this and can also be formed in different intervals pitch. 各凸部の断面形状は、半円形状であるが、これに限らず、楕円、三角、多角形状など種々の断面形状を採用することができる。 Sectional shape of each protrusion is a semicircular, not limited to this, it is possible to adopt oval, triangular, various cross-sectional shapes such as a polygonal shape.

【0030】図1に示すように、スライド管6の最基端には、操作用のフランジ状のスライド用ハブ18が装着してある。 As shown in FIG. 1, the most proximal end of the slide tube 6, the flange-shaped sliding hub 18 for operation are mounted. スライド用ハブ18は、スライド管6の最基端外周に、接着または融着してある。 Sliding hub 18, the most proximal end periphery of the slide tube 6, it is bonded or fused. スライド用ハブ1 Slide hub 1
8は、カテーテル用ハブと同様な材質で構成される。 8 is composed of the same material as the hub for a catheter. スライド管6は、その先端部に装着されたバルーン膜8によっても先端開口部が閉塞されず、その基端部に装着されたハブ18によっても基端開口部が閉塞されず、その内部には、中空のルーメン15が形成される。 Slide tube 6, the distal end opening portion is not closed by the balloon membrane 8 mounted at its distal end, also not closed the proximal end opening portion by the hub 18 attached to its proximal end, the inside the hollow lumen 15 is formed.

【0031】図1に示すように、カテーテル管4の基端部に装着されたハブ14の手前には、分岐部10が設けられ、カテーテル管4内空間と連通する分岐管12が装着してある。 As shown in FIG. 1, the front hub 14 mounted to the proximal end of the catheter tube 4, the branch unit 10 is provided, the branch pipe 12 is mounted in communication with the space catheter tube 4 is there. 図1に示す実施例では、分岐管12が直接カテーテル管4の基端側外周に装着してあるが、カテーテル管4の基端に分岐用ハブを接続し、この分岐用ハブに対して分岐管12を接続することもできる。 In the embodiment shown in FIG. 1, although the branch pipe 12 are mounted on the base end side outer circumference of the catheter tube 4 directly connecting the branch hub to the proximal end of the catheter tube 4, the branch with respect to the branch hub it is also possible to connect the tube 12. その場合には、分岐用ハブは、患者の体外側に位置するので、カテーテル管4に比較して剛性の高い材質で構成することができる。 In that case, the branch hub, so positioned on the outside side of the patient can be composed of a material having higher rigidity as compared to the catheter tube 4. なお、この分岐用ハブは、前記ハブ14と一体に形成することもできる。 Incidentally, the branch hub may be formed integrally with the hub 14.

【0032】本実施例では、この分岐部10に設けられた分岐管12にさらに分岐部20を設け、圧力流体導入管22が接続してある。 [0032] In this embodiment, a further branch 20 to the branch pipe 12 provided in the branch portion 10 provided, the pressure fluid inlet pipe 22 is connected. この導入管22には、導入ポート24が設けられ、ここに加圧流体導入機械が接続可能になっている。 This introduction pipe 22, inlet port 24 is provided, the pressurized fluid introducing mechanical herein and is connectable. 導入ポート24からは、バルーン膜8の内部と、カテーテル管4とスライド管との間の空間とに封入される流体が導入される。 From inlet port 24, and the interior of the balloon film 8, a fluid to be sealed in the space between the catheter tube 4 and the slide tube is introduced. 封入される流体としては、特に限定されないが、たとえば放射線不透過性媒体と生理食塩水との50/50混合水溶液などが用いられる。 The fluid to be sealed is not particularly limited, for example, 50/50 mixed aqueous solution of radiopaque medium and physiological saline is used. 放射線不透過性媒体を含ませるのは、スライディングカテーテル2の使用時に、放射線を用いてバルーン膜8およびカテーテル管4の位置を造影するためである。 The inclusion of radiopaque medium, at the time of use of the sliding catheter 2 is to image the position of the balloon membrane 8 and the catheter tube 4 using radiation.
封入時の圧力としては、特に限定されないが、ゲージ圧で好ましくは0.5〜2気圧程度である。 The pressure at the time of encapsulation is not particularly limited, is preferably a gauge pressure of the order of 0.5 to 2 atm.

【0033】導入管22と分岐された分岐管12には、 [0033] branch pipe 12 that branches the inlet pipe 22,
バルブ26およびパイロットバルーン膜28がこの順で接続してある。 Valve 26 and pilot balloon film 28 are connected in this order. バルブ26を開閉することにより、パイロットバルーン膜28の内部と、バルーン膜8の内部との連通を開閉することができる。 By opening and closing the valve 26 can be opened and closed with the interior of the pilot balloon membrane 28, the communication between the interior of the balloon membrane 8. パイロットバルーン膜28は、分岐管12の端部に接着または熱融着してある。 Pilot balloon membrane 28 are adhered or thermally fused to the end of the branch pipe 12.

【0034】このパイロットバルーン膜28は、前記バルーン膜8と同様な材質またはその他の材質で構成されるが、このパイロットバルーン膜28が、前記バルーン膜8よりも低い圧力で破裂するように、その材質、膜厚、形状、寸法などが選択される。 [0034] The pilot balloon membrane 28, the formed balloon film 8 with same material or other material is, as the pilot balloon membrane 28 is ruptured at a pressure lower than the balloon membrane 8, its material, thickness, shape, etc. dimensions are selected. また、パイロットバルーン膜28は、バルーン膜8の両端部が接着または熱融着される接合強度よりも低い強度で、分岐管12の端部に接着または熱融着してあることが好ましい。 Further, the pilot balloon membrane 28 is preferably both end portions of the balloon membrane 8 is at a lower intensity than the bonding strength to be bonded or thermally fused, are glued or heat sealed to the ends of the branch pipe 12. バルーン膜8の接合が破壊される前の圧力で、パイロットバルーン膜28の接合部が破壊され、または分離されることが好ましいからである。 Pressure before the bonding of the balloon film 8 is broken, the junction of the pilot balloon membrane 28 is broken, or because separation are preferably.

【0035】次に本実施例に係るスライディングカテーテル2の使用例について説明する。 [0035] Next an example of using a sliding catheter 2 according to the present embodiment will be described. まず、図2に示すように、カテーテル管4の先端からスライド管6の先端が引っ込んだ状態で、スライディングカテーテル2を、その先端部から、血管、卵管、消化管、尿管あるいはその他の体腔30(図2,3参照)内に挿入する。 First, as shown in FIG. 2, with the retracted tip of the slide pipe 6 from the distal end of the catheter tube 4, sliding the catheter 2 from the distal end, the vessel, oviduct, digestive tract, urinary tract or other body cavities inserting into 30 (see FIGS. 2 and 3). スライディングカテーテル2を、たとえば動脈血管などの体腔内に挿入するには、セルジンガー法などを採用すれば良い。 Sliding the catheter 2, for example, to insert into a body cavity, such as arterial vessels, it may be employed as Seldinger technique.

【0036】なお、その挿入の前後に、カテーテル管4 [0036] It should be noted that, before and after the insertion, catheter tube 4
とスライド管6との間の隙間空間には、図1に示す導入ポート24から流体を封入しておく。 And the interstitial space between the slide tube 6, previously sealed fluid from inlet port 24 shown in FIG. 封入流体としては、前記した如くたとえば生理食塩水+造影剤などの液体が用いられ、その圧力としては、好ましくは0.5気圧から2気圧である。 The inclusion fluids, liquids are used, such as for example saline + contrast agent described above. As the pressure is preferably 0.5 to 2 atmosphere. 封入の際には、圧力計またはパイロットバルーン膜28の膨らみ具合いを観察することで、圧力のかけ過ぎを防止することができる。 During encapsulation, by observing the degree bulge pressure gauge or pilot balloon membrane 28 can be prevented over too much pressure. その時、 At that time,
バルブ26は開いている。 Valve 26 is open.

【0037】図2に示すように、カテーテル管4の先端が、体腔内狭窄部32あるいは体腔内分岐部の手前にきた場合に、図1に示すスライド管6の基端部に装着されたハブ18を操作し、スライド管6をカテーテル管4内で前進させる。 As shown in FIG. 2, a hub distal end of the catheter tube 4, when coming to the front of the body cavity constriction 32 or the body cavity bifurcation attached to the proximal end of the slide tube 6 shown in FIG. 1 18 by operating the advances the slide pipe 6 in the catheter tube within 4. その結果、図3に示すように、カテーテル管4の先端から、バルーン膜8が、その表裏面がめくり上げられるように突出する。 As a result, as shown in FIG. 3, from the distal end of the catheter tube 4, the balloon film 8 protrudes to the front and rear surfaces are turned up. このようにバルーン膜8 In this way the balloon membrane 8
が突出するのは、バルーン膜8の内部に流体が封入してあると共に、スライド管6が前進移動するからである。 There for projecting, with the fluid within the balloon film 8 are sealed, because the sliding tube 6 moves forward.
封入流体の圧力は、スライド管6の前進移動に応じて上昇し、その圧力により、バルーン膜8が、カテーテル管4の先端部から突出する。 The pressure of the sealed fluid, increases with the forward movement of the slide tube 6, by the pressure, the balloon film 8, protrudes from the distal end of the catheter tube 4. バルーン膜8の突出量は、スライド管6の前進移動量の約1/2である。 The amount of projection of the balloon film 8 is about half of the forward movement of the slide tube 6.

【0038】このバルーン膜は、可撓性を有すると共に、その表裏面がめくり上げられながら突出するので、 [0038] The balloon membrane, which has a flexibility, since projects while being turned up the front and rear surfaces thereof,
体腔との摩擦がほとんどなく、きわめて狭い狭窄部3 Friction between the body cavity with little, very narrow constriction 3
2、偏心した狭窄部あるいは蛇行した狭窄部または体腔内分岐部などでも、体腔30の内壁を傷つけることなく容易に通過させることができる。 2, even in such an eccentric stenosis or meandering stenosis or body cavity bifurcation, can be easily passed without damaging the inner wall of the body cavity 30. その際に、本実施例に係るスライディングカテーテルでは、きわめて強い狭窄部をバルーン膜8が通過する場合などでも、その内圧が瞬間的に高まることによってバルーン膜8に高い圧力がかかる前に、図1に示す体外のパイロットバルーン膜2 At that time, in the sliding catheter according to the present embodiment, even in a case where a very strong stenosis balloon film 8 passes, before such a high pressure on the balloon membrane 8 by the internal pressure increases instantaneously, 1 the pilot's body shown in the balloon membrane 2
8が破裂または分離する。 8 is rupture or separation.

【0039】なお、図1に示すパイロットバルーン膜2 It should be noted, the pilot balloon membrane 2 shown in FIG. 1
8が破裂または分離した場合には、バルブ26を閉じることで、生体内に位置するバルーン膜8の圧力低下を防止することができる。 8 when rupture or separation by closing the valve 26, it is possible to prevent the pressure drop of the balloon membrane 8 positioned in the body. バルーン膜8がカテーテル管4の先端から突出した状態で、バルーン膜8の内圧が低下すると、スライド管6を操作してバルーン膜8をカテーテル管4の内部に引き込む操作が困難になる。 In a state where the balloon film 8 is projected from the distal end of the catheter tube 4, the internal pressure of the balloon film 8 is lowered, operations by operating the slide pipe 6 draw the balloon membrane 8 into the interior of the catheter tube 4 becomes difficult. 本実施例では、生体内に位置するバルーン膜8の内圧の低下を防止できるので、バルーン膜8をカテーテル管4内に引き込む操作も継続して容易にできる。 In this embodiment, since the decrease in the internal pressure of the balloon film 8 located in the living body can be prevented, the operation of pulling the balloon membrane 8 the catheter tube 4 can also be easily continued.

【0040】パイロットバルーン膜28が破裂または分離しない場合には、その後、さらにスライド管6を前進させれば、バルーン膜8は、その表裏面が完全に逆転し、その内側を通して、スライド管6の先端がカテーテル管4の先端から突出し、スライド管6の先端は、狭窄部32あるいは分岐部を容易に通過する。 [0040] When the pilot balloon membrane 28 does not rupture or separation then, if further advancing the slide tube 6, the balloon film 8, the front and back surfaces is completely reversed, through the inside of the slide tube 6 tip protrudes from the distal end of the catheter tube 4, the tip of the slide pipe 6 easily passes the constriction 32 or the branch portion. その後、このスライド管6のルーメン15を通して、薬液や輸液を送り込めば、体腔内狭窄部32または分岐部の背後の特定部位に対して良好に、これらを送り込むことができる。 Then, through the lumen 15 of the slide tube 6, if Okurikome the drug solution or infusion solution, good for a particular site behind the body cavity constriction 32 or the branch portion, it is possible to feed them.
また、その特定部位からの体液のサンプリング、体液の圧力測定などが可能である。 The sampling of the body fluid from that particular site, and the like are possible pressure measurement of the body fluid.

【0041】また、PTCA(経皮的冠動脈形成術)用バルーンカテーテルが挿入し難い狭窄部に、まず本実施例のスライディングカテーテル2を通すことで、その狭窄部にガイドワイヤを通し、その後スライディングカテーテル2を抜取り、PTCAバルーンカテーテルを挿入し、PTCA治療を行うこともできる。 Further, PTCA in (percutaneous transluminal coronary angioplasty) balloon catheter is inserted difficult stenosis, the first passing the sliding catheter 2 of the present embodiment, through the guide wire to the stenosis, then sliding the catheter 2 withdrawn by inserting a PTCA balloon catheter, it is also possible to perform PTCA treatment.

【0042】さらに、スライド管6の前進移動を途中で止め、その後スライド管6を後退移動させることで、いったん突出させたバルーン膜8をカテーテル管4の先端内に後退移動させることで、バルーン膜8により、体腔内異物(たとえば結石)を取り込むこともできる。 [0042] Further, stopped halfway forward movement of the slide tube 6, then the slide tube 6 by retracting movement, the balloon film 8 was once projected that moved backward in the tip of the catheter tube 4, the balloon membrane by 8, it is also possible to incorporate the body cavity foreign body (e.g., stones).

【0043】さらには、本実施例に係るスライディングカテーテル2は、内視鏡と組み合わせて用いることもできる。 [0043] Further, sliding the catheter 2 according to this embodiment can also be used in combination with an endoscope. 内視鏡は、スライディングカテーテル2のスライド管6に形成されたルーメンを通して送り込むことができる。 Endoscopes can be fed through the formed lumen sliding tube 6 of sliding the catheter 2. なお、本発明は、上述した実施例に限定されるものではなく、本発明の範囲内で種々に改変することができる。 The present invention is not limited to the embodiments described above and can be modified in various ways within the scope of the invention.

【0044】たとえば、図1に示すパイロットバルーン膜28の手前には、通常のバルブ26と共に、あるいはこれに代えて、リリーフバルブ、圧力計などを組み合わせてあるいは単独に装着することもできる。 [0044] For example, the front of the pilot balloon membrane 28 shown in FIG. 1, can with conventional valve 26, or alternatively, the relief valve, may be mounted singly or in combination such as a pressure gauge.

【0045】 [0045]

【発明の効果】以上説明してきたように、本発明によれば、生体内に挿入してあるバルーン膜の内圧が所定値以上になると、その内圧は、パイロットバルーン膜にも伝達し、パイロットバルーン膜が破裂または分離する。 As has been described in the foregoing, according to the present invention, when the internal pressure of the balloon membrane has been inserted into a living body is equal to or greater than a predetermined value, the pressure is also transmitted to the pilot balloon membrane, a pilot balloon membrane rupture or separation.

【0046】特に、パイロットバルーン膜の手前に、通常のバルブが装着してある発明では、パイロットバルーン膜が破裂または分離した後、そのバルブを閉じることで、生体内バルーン膜の圧力低下を防止することができる。 [0046] In particular, in front of the pilot balloon membrane, in the invention are ordinary valves are mounted, after the pilot balloon membrane is ruptured or separated by closing the valve, to prevent a pressure drop in vivo balloon membrane be able to. バルーン膜がカテーテル管の先端から突出した状態で、バルーン膜の内圧が低下すると、スライド体を操作してバルーン膜をカテーテル管の内部に引き込む操作が困難になる。 In a state in which the balloon membrane is protruded from the distal end of the catheter tube, the internal pressure of the balloon membrane is lowered, the operation of pulling the balloon membrane within the catheter tube becomes difficult to operate the slide body. 本発明では、生体内バルーン膜の内圧の低下を防止できるので、バルーン膜をカテーテル管内に引き込む操作も容易である。 In the present invention, it is possible to prevent a decrease in the internal pressure in vivo balloon membrane, the operation of pulling the balloon membrane to the catheter tube is easy.

【0047】パイロットバルーン膜の手前に、リリーフバルブが装着してある発明では、パイロットバルーン膜が破裂または分離する手前で、リリーフバルブにより圧力を逃がすことができるので好ましい。 [0047] in front of the pilot balloon membrane, in the invention the relief valve are mounted, in front of the pilot balloon membrane ruptures or separates, preferably it is possible to release the pressure by the relief valve. また、何らかの原因でリリーフバルブが作動しない場合でも、パイロットバルーン膜が破裂または分離することにより、生体内に挿入されたバルーン膜に所定値以上の圧力がかからないようにすることができる。 Further, even when the relief valve for some reason does not work, by the pilot balloon membrane ruptures or separation, it is possible to not to apply pressure higher than a predetermined value in the balloon membrane which is inserted into a living body.

【0048】パイロットバルーン膜の手前に、圧力計が装着してある発明では、生体内に装着してあるバルーン膜の圧力を計測することができることから好ましい。 [0048] in front of the pilot balloon membrane, in the invention the pressure gauge are mounted, preferably since it is possible to measure the pressure of the balloon membrane that is attached to the body.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】図1は本発明の一実施例に係るスライディングカテーテルの概略断面図である。 FIG. 1 is a schematic cross-sectional view of a sliding catheter according to an embodiment of the present invention.

【図2】図2は図1に示すスライディングカテーテルの使用例を示す要部断面図である。 Figure 2 is a fragmentary cross-sectional view showing an example of use of sliding catheter shown in FIG.

【図3】図3は図1に示すスライディングカテーテルの使用例を示す要部断面図である。 Figure 3 is a fragmentary cross-sectional view showing an example of use of sliding catheter shown in FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2… スライディングカテーテル 4… カテーテル管 6… スライド管 8… バルーン膜 8a… 第1開口端 8b… 第2開口端 12… 分岐管 14… カテーテル用ハブ 15… ルーメン 16… スリーブ 20… 分岐部 22… 圧力流体導入管 24… 導入ポート 26… バルブ 28… パイロットバルーン膜 2 ... Sliding catheter 4 ... catheter tube 6 ... slide tube 8 ... balloon membrane 8a ... first open end 8b ... second open end 12 ... branch pipe 14 ... catheter hub 15 ... lumen 16 ... sleeve 20 ... branch portion 22 ... pressure fluid inlet pipe 24 ... introducing port 26 ... valve 28 ... pilot balloon membrane

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 体腔内に挿入されるカテーテル管と、 このカテーテル管の内部に軸方向移動自在に装着されるスライド体と、 このスライド体の先端部に第1開口端部が接合され、前記カテーテル管の先端部に第2開口端部が接合される筒状のバルーン膜と、 前記カテーテル管の基端部に装着され、前記カテーテル管とスライド体との隙間空間に封入された圧力流体の圧力に応じて膨らみ、前記バルーン膜よりも低い圧力で破裂または分離するパイロットバルーン膜とを有するスライディングカテーテル。 And 1. A catheter tube to be inserted into a body cavity, a slide member this internally axially movably mounted in the catheter tube, the first open end to the distal end portion of the slide body are joined, the a cylindrical balloon membrane second open end is joined to the distal end of the catheter tube, mounted on the proximal end of the catheter tube, it has been a pressure fluid filled in the gap space between the catheter tube and the slide body bulge in response to pressure, sliding a catheter having a pilot balloon membrane to rupture or separation at a pressure lower than said balloon membrane.
JP6109728A 1994-05-24 1994-05-24 Sliding catheter Pending JPH07313602A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6109728A JPH07313602A (en) 1994-05-24 1994-05-24 Sliding catheter

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6109728A JPH07313602A (en) 1994-05-24 1994-05-24 Sliding catheter

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07313602A true JPH07313602A (en) 1995-12-05

Family

ID=14517734

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6109728A Pending JPH07313602A (en) 1994-05-24 1994-05-24 Sliding catheter

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07313602A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006507893A (en) * 2002-11-30 2006-03-09 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド Catheter having an integral part
JP2008526433A (en) * 2005-01-18 2008-07-24 ゴア エンタープライズ ホールディングス,インコーポレイティド Damage control balloon catheter assembly

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006507893A (en) * 2002-11-30 2006-03-09 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド Catheter having an integral part
JP2008526433A (en) * 2005-01-18 2008-07-24 ゴア エンタープライズ ホールディングス,インコーポレイティド Damage control balloon catheter assembly

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7131986B2 (en) Catheter having exchangeable balloon
US5779672A (en) Dual valve detachable occlusion balloon and over-the-wire delivery apparatus and method for use therewith
US4990138A (en) Catheter apparatus, and compositions useful for producing same
US5919175A (en) Guidewire replacement device
CA2196043C (en) Flattened collapsible vascular catheter
US5106363A (en) Blood perfusion system and tube used therein
US5318532A (en) Multilumen catheter with variable cross-section lumens
US5961765A (en) Method of making a catheter
ES2325398T3 (en) Balloon catheter.
US6544217B1 (en) Guidewire-occluded balloon catheter
AU631036B2 (en) Catheter
US5290231A (en) Auto-inflating catheter cuff
US5114414A (en) Low profile steerable catheter
AU2004296734B2 (en) Rapid-exchange delivery systems for self-expanding stents
US5176637A (en) Catheter equipped with a dilation element
US6280414B1 (en) Method and apparatus for local delivery of therapeutic agent
US6379329B1 (en) Detachable balloon embolization device and method
KR100530607B1 (en) Balloon catheter and method of production thereof
EP0581866B1 (en) Exchangeable integrated-wire balloon catheter
AU678293B2 (en) Interventional cathether
US6458099B2 (en) Catheters having rapid-exchange and over-the-wire operating modes
JP2533720B2 (en) Everting catheter - ether and the everting catheter - a method for positioning an elongated instrument ether
US6190356B1 (en) Helical spiral balloon catheter
US5050606A (en) Method for measuring pressure within a patient's coronary artery
US20070282302A1 (en) Stent Positioning Using Inflation Tube