JPH07309586A - 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン - Google Patents

円筒体利用の多段式旋回走行クレーン

Info

Publication number
JPH07309586A
JPH07309586A JP10355494A JP10355494A JPH07309586A JP H07309586 A JPH07309586 A JP H07309586A JP 10355494 A JP10355494 A JP 10355494A JP 10355494 A JP10355494 A JP 10355494A JP H07309586 A JPH07309586 A JP H07309586A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylindrical
crane
hoist
rail
traveling crane
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10355494A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2828225B2 (ja
Inventor
Shigeyoshi Tashiro
重義 田代
Akira Matsuo
亮 松尾
Original Assignee
Kajima Corp
鹿島建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp, 鹿島建設株式会社 filed Critical Kajima Corp
Priority to JP6103554A priority Critical patent/JP2828225B2/ja
Publication of JPH07309586A publication Critical patent/JPH07309586A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2828225B2 publication Critical patent/JP2828225B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 可及的小さい開口部により設置及び解体が可
能で、安全で作業効率の良い施工を可能にする。 【構成】 多段組立式のポスト(3)に旋回フレーム
(6)を設けると共に、円筒体(1)の内壁に円形レー
ル(9)を設け、クレーン主桁(10)の一端を円形レ
ール(9)に支持し、他端を旋回フレーム(6)に連結
し、円筒体(1)に、分解されたクレーン部材の搬入、
搬出用の開口部(2)を形成する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、各種貯蔵設備として建
設される円形建物、特に火力発電所の大規模な石炭サイ
ロの筒内ホッパの施工の際に使用する円筒体利用の多段
式旋回走行クレーンに関する。
【0002】
【従来の技術】上記の大型石炭サイロの建設は、スライ
ディングフォーム工法が主流になっている。このスライ
ディングフォーム工法では、マットスラブ上からのスラ
イドとなり、サイロ本体の完成後に内部ホッパ工事を施
工する。
【0003】そこで、ホッパ工事の施工に際し、仮設ク
レーンが必要となる。
【0004】従来は、屋根部分から大型タワークレーン
を使用しての作業、または筒体部に仮設開口を設け、ブ
ーム式油圧クレーンを搬入しての作業となる。
【0005】従来の施工は、大型クレーン車や資材等の
搬入、搬出のために大きな仮設開口が必要であり、復旧
に費用と時間がかかる。更に、筒内作業においても、ク
レーン車による作業となり機能的に無理があり、作業効
率が悪く、危険を伴う。
【0006】本発明は、可及的小さい開口部により設置
及び解体が可能で安全で作業効率の良い施工を可能にす
る円筒体利用の多段式旋回走行クレーンを提供すること
を目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、円筒体
の軸線に立設された多段組立式のポストと、該ポストに
設けられた複数段の旋回フレームと、前記円筒体の内壁
に突設された複数段の円形レールと、該円形レールに一
端が走行自在に支持され他端が前記旋回フレームに連結
されたクレーン主桁と、該クレーン主桁に設けられたホ
イスト用レールと、該ホイスト用レールに走行自在に吊
設されたホイストと、無線送信器とを設けている。
【0008】更に本発明によれば、マストの頂部を複数
のワイヤにより円筒体に支持している。
【0009】更に本発明によれば、円筒体に分解された
クレーン部材の搬入及び搬出用の開口部を形成してい
る。
【0010】
【作用】上記のように構成された円筒体利用の多段式旋
回走行クレーンにおいては、水平旋回、水平走行、吊り
作業が簡単で、クレーン主桁の位置を変えることで、多
工種の同時作業が可能になり、安全で効率の良い施工が
可能になる。
【0011】また、開口部からポスト部材等のクレーン
部材を搬入して組立てて設置し、また、分解して搬出す
る。
【0012】
【実施例】以下図面を参照して本発明の実施例を説明す
る。
【0013】図1及び図2において、スライド進行中の
円筒体1には、分解されたクレーン部材を搬入・搬出で
きる程度の可及的小さい開口部2、2が対向して形成さ
れている。
【0014】図3ないし図5において、円筒体1の軸線
には、ポスト3が複数のアンカ3cにより固定立設され
ている。そのポスト3は、複数節のポストユニット3a
を筒体1の高さに応じ継ぎ足して立設され、頂部には、
陣笠すなわちカバー4が設けられ、このカバー4と円筒
体1の内周との間には、複数のワイヤ5が張設されてい
る。
【0015】このポスト3には、複段(図示の例では2
段)の旋回フレーム6が設けられている。その旋回フレ
ーム6は、ポストユニット3aにフランジ部3bと軸受
7とを介して旋回自在に支持されている。
【0016】他方、円筒体1の内周には、旋回フレーム
6に対向する位置にブラケット8を介して円形レール9
が敷設されている。そのレール9には、クレーン主桁1
0の外端部が走行自在に支持され、このクレーン主桁1
0の内端部は旋回フレーム6に連結されている。
【0017】このクレーン主桁10の下面に沿ってホイ
スト用レール11が設けられ、そのホイスト用レール1
1には、ホイスト12が走行自在に吊設されている。な
お、図中の符号13は受電用の走行絶縁トロリ、14は
無線送信器である。
【0018】組立に際し、円筒体1のスライド時に挿入
した図示しないアンカにブラケット8を介してレール9
を取付ける。
【0019】次に、円筒体1の軸線に第1節のポストユ
ニット3aをアンカ3cを介して立設し、筒体1の高さ
に応じて第2節、第3節のポストユニット3aを連結
し、頂部に取付けたカバー4をワイヤ5で円筒体1に連
結し、ポスト3を固定する。
【0020】そこで、図示の例では第3節及び第4節の
ポストユニット3aに、旋回ベース6をそれぞれ取付
け、その旋回ベース6と円形レール9とにクレーン主桁
10を取付ける。
【0021】次いで、この主桁10にホイスト用レール
11を取付け、そのホイスト用レール11にホイスト1
2を取付ける。
【0022】最後に、走行絶縁トロリ13と無線送信器
14を設置して組立を終る。
【0023】運転は、無線送信器14を操作し、クレー
ン主桁10を旋回させ、ホイスト12を走行させ円筒体
1内の任意の場所で揚重を行う。
【0024】解体撤去工事は、前述と逆の手順で行い、
組立及び解体工事とも、分解された部材は開口部2によ
り搬入、搬出する。
【0025】
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成され
ているので、クレーンが小型分割されて組立・解体が容
易なので、筒体に可及的小さい開口部を設けるだけで済
む。また、作業が旋回・走行とも水平移動で能率が良く
安全である。また、工事の規模に応じてクレーンの台数
を増減するのが可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に実施される筒体を示す平面図。
【図2】図1の開口部を示す正面図。
【図3】本発明の一実施例を示す側面図。
【図4】図3の平面図。
【図5】旋回フレーム回りを示す側面図。
【符号の説明】
1・・・円筒体 2・・・開口部 3・・・ポスト 3a・・・ポストユニット 3b・・・フランジ部 4・・・カバー 5・・・ワイヤ 6・・・旋回フレーム 7・・・軸受 8・・・ブラケット 9・・・円形レール 10・・・クレーン主桁 11・・・ホイスト用レール 12・・・ホイスト 13・・・走行絶縁トロリ 14・・・無線送信器

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 円筒体の軸線に立設された多段組立式の
    ポストと、該ポストに設けられた複数段の旋回フレーム
    と、前記円筒体の内壁に突設された複数段の円形レール
    と、該円形レールに一端が走行自在に支持され他端が前
    記旋回フレームに連結されたクレーン主桁と、該クレー
    ン主桁に設けられたホイスト用レールと、該ホイスト用
    レールに走行自在に吊設されたホイストと、無線送信器
    とを設けたことを特徴とする円筒体利用の多段式旋回走
    行クレーン。
  2. 【請求項2】 マストの頂部を複数のワイヤにより円筒
    体に支持したことを特徴とする請求項1記載の円筒体利
    用の多段式旋回走行クレーン。
  3. 【請求項3】 円筒体に分解されたクレーン部材の搬入
    及び搬出用の開口部を形成したことを特徴とする請求項
    1記載の円筒体利用の多段式旋回走行クレーン。
JP6103554A 1994-05-18 1994-05-18 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン Expired - Lifetime JP2828225B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6103554A JP2828225B2 (ja) 1994-05-18 1994-05-18 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6103554A JP2828225B2 (ja) 1994-05-18 1994-05-18 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07309586A true JPH07309586A (ja) 1995-11-28
JP2828225B2 JP2828225B2 (ja) 1998-11-25

Family

ID=14357047

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6103554A Expired - Lifetime JP2828225B2 (ja) 1994-05-18 1994-05-18 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2828225B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2700300C2 (ru) * 2017-05-30 2019-09-16 Владимир Илларионович Попов Способ демонтажа кранов-перегружателей
CN112499483A (zh) * 2021-02-04 2021-03-16 河南工学院 一种起重机

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6384094U (ja) * 1986-11-18 1988-06-02
JPH03288794A (en) * 1990-04-02 1991-12-18 Asahi Chem Ind Co Ltd Climbing crane
JPH04361985A (en) * 1991-06-07 1992-12-15 Takenaka Komuten Co Ltd Automatic operating method and device for crane
JP3080082U (ja) * 2001-03-07 2001-09-14 邦欣 菅 ティイング・グランドに於ける降雨避け装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6384094U (ja) * 1986-11-18 1988-06-02
JPH03288794A (en) * 1990-04-02 1991-12-18 Asahi Chem Ind Co Ltd Climbing crane
JPH04361985A (en) * 1991-06-07 1992-12-15 Takenaka Komuten Co Ltd Automatic operating method and device for crane
JP3080082U (ja) * 2001-03-07 2001-09-14 邦欣 菅 ティイング・グランドに於ける降雨避け装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2700300C2 (ru) * 2017-05-30 2019-09-16 Владимир Илларионович Попов Способ демонтажа кранов-перегружателей
CN112499483A (zh) * 2021-02-04 2021-03-16 河南工学院 一种起重机

Also Published As

Publication number Publication date
JP2828225B2 (ja) 1998-11-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2571458A1 (en) Facility used for the production and/or assembly of goods
CN104909312A (zh) 一种电力作业车
CN110439292A (zh) 用于大型封闭式工业堆场屋架的制作安装系统及施工工艺
CN202346636U (zh) 起重机
JPH07309586A (ja) 円筒体利用の多段式旋回走行クレーン
CN107816209A (zh) 跨外两侧抬吊安装大型钢桁架屋盖施工工艺
CN204727562U (zh) 一种电力作业车
JPH08245174A (ja) 屋上ジブクレーン
JP3212516B2 (ja) 旋回クレーンによるサイロの建造工法
JPH07257877A (ja) 塔形ジブクレーン
JP3212517B2 (ja) 旋回クレーンによる近接サイロ群の一括建造工法
JPH05286694A (ja) 外部式鉄塔組立工法と外部式鉄塔組立クレーン
JP2942879B2 (ja) 全天候型施工のための仮設建家
JPH10180140A (ja) Ep内部品設置方法及びep内部品設置用構造物
JPH09310512A (ja) 仮設屋根の解体工法
CN211946033U (zh) 一种利用h型钢柱支顶的重物提升装置
CN112982960B (zh) 一种交互提升模架装置及施工方法
JPH0718743A (ja) 大スパンドーム屋根の架設方法
CN210105347U (zh) 一种稳定性好的高层隔板安装设备
CN215854681U (zh) 桁吊轨道装置
JPH08184207A (ja) 天井クレーン先行利用による発電所の建設工法
JPH06272389A (ja) 仮設荷受けステージ
JP4571760B2 (ja) 建物の構築方法
SU1049415A1 (ru) Башенный кран
JP2000177980A (ja) 建築用資機材の搬送装置