JPH07308141A - 水槽水の浄化装置及び浄化方法 - Google Patents

水槽水の浄化装置及び浄化方法

Info

Publication number
JPH07308141A
JPH07308141A JP6101409A JP10140994A JPH07308141A JP H07308141 A JPH07308141 A JP H07308141A JP 6101409 A JP6101409 A JP 6101409A JP 10140994 A JP10140994 A JP 10140994A JP H07308141 A JPH07308141 A JP H07308141A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
tank
filtration tank
hollow fiber
biological filtration
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP6101409A
Other languages
English (en)
Inventor
Akifusa Higano
秋総 日向野
Miyoko Takayanagi
美代子 高柳
Original Assignee
Mitsubishi Rayon Co Ltd
三菱レイヨン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Rayon Co Ltd, 三菱レイヨン株式会社 filed Critical Mitsubishi Rayon Co Ltd
Priority to JP6101409A priority Critical patent/JPH07308141A/ja
Publication of JPH07308141A publication Critical patent/JPH07308141A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Abstract

(57)【要約】 【構成】 水槽と、この水槽の水を導入して生物学的ろ
過を行う密閉式生物濾過槽と、この密閉式生物濾過槽か
ら出た水の一部を精密ろ過する中空糸膜濾過槽とを備え
る。 【効果】 生物ろ過槽を出た水のうちの一部のみが中空
糸膜ろ過槽に流入するので、中空糸膜への負荷が少な
く、中空糸膜の目詰まりが起こりにくい。従って、この
装置を用いた水槽水の浄化方法によれば、中空糸膜の交
換回数が少なくてすみ、メインテナンスのコストを低く
抑えることができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は主に魚介類などの水棲動
物の飼育等に用いられる水槽あるいは水族館用、いけす
用、養魚用の水槽に用いられる淡水及び海水の浄化装置
及び浄化方法に関し、特にインテリア水槽等の観賞魚用
水槽の水の浄化に好適に用いられる水槽水浄化装置及び
これを用いた浄化方法に関する。
【0002】
【従来の技術】図4に従来の観賞魚用水槽の水浄化装置
の代表例の概略図を示す。この水槽水浄化装置21は生
物ろ過槽2と、中空糸膜ろ過槽3と冷却器又は加熱器等
の温度調節手段4とこれらを接続する管L21〜L24
とから構成される。この生物ろ過槽2、中空糸膜ろ過槽
3及び温度調節手段4はそれぞれ入水口と出水口とを有
し、生物ろ過槽2の入水口は水槽の水を導入する管L2
1に接続され、生物ろ過槽2の出水口と中空糸膜ろ過槽
3の入水口とは管L22を介して接続され、中空糸膜ろ
過槽3の出水口と温度調節手段4の入水口もまた管L2
3を介して接続されている。
【0003】水槽20よりポンプ15によって汲み出さ
れた水は管L21を介して、生物ろ過槽2内に入水口よ
り導入される。この生物ろ過槽2内にはろ材としてスポ
ンジ、セラミック、砂、珊瑚、活性炭等が用いられてい
る。水が生物ろ過槽2を通過するにつれて、このろ材に
担持された好気性微生物の生物学的ろ過作用によって有
機物が分解される。特に、魚介類によって排泄されるア
ンモニアは亜硝酸細菌と硝酸細菌の好気的酸化作用によ
って亜硝酸、硝酸へと順次変化し、無害化される。この
生物ろ過槽2には水の界面で空気と接触するような開放
式のものと空気と接触しない密閉式のものとがある。
【0004】こうして有害物質が分解された水は生物ろ
過槽2の出水口より流出し、管L22を介して中空糸膜
ろ過槽3にその入水口から流入する。この中空糸膜ろ過
槽3は内部に中空糸膜を有し、水の精密ろ過を主に行っ
て水中の懸濁物質を除去し、水の透明度を維持する作用
を行う。この中空糸膜はポリエチレン、ポリプロピレン
等の多孔質膜を中空糸状にしたものを中空糸膜モジュー
ルとして用いる。
【0005】こうして懸濁物質の除去された水は中空糸
膜ろ過槽3の出水口から流出し管L23を介して温度調
節4にその入水口から流入する。ここで水は水槽20内
で飼育される魚介類の飼育に適した温度となるように冷
却又は加熱された後に出水口から流出し、管L24を介
して水槽20に戻る。
【0006】この様に、図4に示した従来の観賞魚用水
槽の水浄化装置21では水槽20内の水中の有害物質を
生物ろ過槽2で分解除去し、中空糸膜ろ過槽3の働きに
よって水の透明度を維持する。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の水槽水浄化装置においては、生物ろ過槽で水中の有
害物質を分解した後、その全量を中空糸膜でろ過してい
るため、中空糸膜への負荷が大きく、ろ過面積が大きい
にもかかわらず早期に目詰まりを起こし、圧損の上昇、
そして瞬間流量の低下を引き起こしている。例えば、孔
径1μmのポリエチレンの中空糸を糸巻きにしたフィル
タを中空糸膜モジュールとして用いた場合、1か月程度
で目詰まりを起こしてしまう。
【0008】この瞬間流量の低下は、水の循環量の低下
につながり、逆に水質悪化の要因ともなってしまう。こ
れを避けるためには早期に中空糸膜を交換しなければな
らず、頻繁なメインテナンスを要し、コストが上昇す
る。
【0009】なお、密閉式の生物ろ過槽は、コンパクト
で、メインテナンスが容易で、匂いが少なく、扱いやす
いという長所の反面、空気との接触率が低く、水の有害
物質を分解する消化細菌の繁殖が遅いという欠点があ
る。
【0010】本発明は前記課題を解決するためになされ
たもので、目詰りを起こしにくく、メインテナンスが容
易で中空糸膜の交換回数が少なくてすむ水槽の水の浄化
装置及び浄化方法を提供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、本発明の水槽水の浄化装置は、水槽と、この水槽の
水を導入して生物学的ろ過を行う密閉式生物ろ過槽と、
この密閉式生物ろ過槽から出た水の一部を精密ろ過する
中空糸膜ろ過槽とを有する。
【0012】また、本発明の水槽水浄化方法は、水槽よ
り取り出された水を密閉式生物ろ過槽で生物学的ろ過を
行い、この密閉式生物ろ過槽から出た水の一部を中空糸
膜ろ過槽に導入して精密ろ過し、この中空糸膜ろ過槽か
らでた水と密閉式生物ろ過槽から出て上記中空糸膜ろ過
槽に導入されない水とを上記水槽に戻すことを特徴とす
る。
【0013】なお、本発明において水槽とは、通常の観
賞用の魚介類を飼育するための水槽を始め、水族館用、
いけす用、養魚用の水槽を含み、水棲動物を飼育するた
めに用いられるものであればよい。また、本発明によっ
て浄化される水槽の水は淡水であっても天然や人工の海
水等の塩水であってもよい。
【0014】
【作用】上記構成からなる本発明の水槽水の浄化装置に
よれば、水槽より取り出された水はまず密閉式生物ろ過
槽内で細菌、原生動物、ソウ類、後生動物などの好気性
微生物による生物学的ろ過によって有機物が分解され
る。特に、魚介類によって排泄されるアンモニアはまず
硝化細菌の一種である亜硝酸細菌によって好気的に酸化
されて亜硝酸塩となり、この亜硝酸塩は同じく硝化細菌
の一種である硝酸細菌によって好気的に酸化されて魚介
類に無害な硝酸塩となる。
【0015】生物ろ過槽から出た水のうちの一部は中空
糸膜ろ過槽内で精密ろ過によって浮遊物質(SS)、
藻、カビ等の懸濁物質が取り除かれ、他の部分は中空糸
膜ろ過槽を通らずにそれぞれ元の水槽に戻される。この
ため、従来の水槽水の浄化装置と比べて中空糸膜が目詰
りしにくく、長期間交換せずに使用できる。
【0016】また、本発明の水槽水の浄化方法は、生物
ろ過槽から出た水のうちの一部のみを中空糸膜ろ過槽に
通すので中空糸ろ過膜への負荷が少なく、懸濁物質のろ
過効率がよい。また、中空糸膜が目詰りしにくいので、
交換回数を少なくでき、ランニングコストを抑えること
ができる。
【0017】
【実施例】以下本発明の実施例を図面にもとづいてさら
に詳細に説明する。なお、図4に示した従来の水槽水浄
化装置の構成要素と同様の構成要素については同一の番
号を付してある。
【0018】(実施例1)図1に本発明による観賞魚用
水槽に用いられる水槽水浄化装置の第一の実施例の概略
図を示す。この水槽水浄化装置1は密閉式生物ろ過槽2
と、中空糸膜ろ過槽3と冷却器又は加熱器等の温度調節
手段4と送水用のポンプ15とこれらを接続する管L1
〜L8等の流路から構成される。この密閉式生物ろ過槽
2、中空糸膜ろ過槽3、温度調節手段4及びポンプ15
はそれぞれ入水口と出水口とを有する。
【0019】水槽20から水を取り出すための管L1は
密閉式生物ろ過槽2の入水口に接続され、密閉式生物ろ
過槽2の出水口とポンプ15の入水口は管L2を介して
接続される。ポンプ15の出水口に接続される管L3は
二手に分岐し、一方の管L4は中空糸膜ろ過槽3の入水
口に接続され、他方の管L5は温度調節手段4の入水口
に接続される。中空糸膜ろ過槽3の出水口に接続される
管L6と温度調節手段4の出水口に接続される管L7は
一つの管L8に合流して、この管L8は浄化された水を
水槽20に戻すよう配置される。
【0020】ポンプ15にマグネットポンプ等を用いた
場合、メインテナンスの際に系内、特にポンプ15内に
空気が入ると送水できなくなるため、生物ろ過槽の入水
側の管L1に水を強制的に導入して水槽水浄化装置1の
系内から空気を押し出すための水強制圧送口6を設ける
ことが好ましい。ただし、ポンプ15として自給式ポン
プを用いた場合は内部に空気が入っても送水でき、水強
制圧送口6は設けなくてもよい。
【0021】密閉式生物ろ過槽2は細菌、原生動物、ソ
ウ類、後生動物などの好気性微生物による生物学的ろ過
によって有機物を分解する。密閉式生物ろ過槽2の内部
にはろ材として活性炭、スポンジ、セラミック、砂、サ
ンゴ等が使われる。水槽20内で飼育される魚介類によ
って排泄された魚介類に有害なアンモニアは、まず硝化
細菌の一種である亜硝酸細菌によって好気的に酸化され
て亜硝酸塩となり、この亜硝酸塩は同じく硝化細菌の一
種である硝酸細菌によって好気的に酸化されて魚介類に
無害な硝酸塩となる。ろ材は密閉式生物ろ過槽2内に固
定された固定床、あるいはメッシュ等で押さえて密閉式
生物ろ過槽2内を流動できるようにした流動床の形態で
用いられる。
【0022】この密閉式生物ろ過槽2は水槽水浄化装置
1の浄化系より着脱容易な構成とすると、メインテナン
スが容易になるので好ましい。
【0023】生物学的ろ過を効率よく行うために、水は
ろ材の下から上へ流れるようにする。本実施例では、ろ
材は下端が開口された内部容器に収められ、密閉式生物
ろ過槽2上部より流入した水はこの開口部より内部容器
内に流入上昇してろ材を通った後に密閉式生物ろ過槽2
上部の出水口から密閉式生物ろ過槽2外へ流出する。
【0024】中空糸膜ろ過槽3は内部に中空糸膜を有
し、精密ろ過によって水中の懸濁物質を除去し、水の透
明度を維持する作用を行う。この中空糸膜は多孔質膜を
中空糸状にしたもの等を中空糸膜モジュールとして用い
る。中空糸膜の材料は例えばセルロース系、ポリオレフ
ィン系、ポリビニルアルコール系、ポリスルフォン系等
の各種材料からなるものが使用でき、特にはポリエチレ
ン、ポリプロピレン等の強伸度の高い材質のものが好ま
しい。この中空糸膜は孔径0.01〜1μm、空孔率2
0〜90%、膜厚5〜300μm、外径20〜2000
μmの範囲のものが好ましい。
【0025】中空糸ろ過槽及びそのモジュールは、水槽
水浄化装置1より着脱容易に構成される。こうすること
によりメインテナンスが容易になる。なお、メインテナ
ンスの際に使用済みの中空糸膜は回収されるが、強制逆
洗及びアルコール等で洗浄することにより複数回の再生
が可能である。
【0026】一般に中空糸膜の表面特性としては表面に
親水性基等を持ついわゆる恒久親水化膜が用いられる。
しかし、疎水糸が少ないと水槽水浄化装置1系内の空気
が中空糸膜を通れないために中空糸膜ろ過槽3上部に滞
溜し、次第に水のろ過面積が減少し、ろ過効率を低下さ
せてしまう。そこで、中空糸膜として空気抜き用の疎水
糸が全体の5%〜20%とし、一般の水ろ過装置よりそ
の比率が高めたものを用いるのが好ましい。疎水糸の割
合が5%より少ないと十分な空気抜きの効果が得られ
ず、また20%より多いと水のろ過面積が減ってしまい
却って十分なろ過効率が得られない。
【0027】疎水糸を親水化する方法としては疎水性高
分子膜の表面を親水化する方法など公知の方法が使用で
きる。親水性高分子を膜面に付与し疎水性中空糸膜を親
水化する際の親水性高分子の例としては、エチレン−酢
酸ビニル共重合体の鹸化物(エチレン−ビニルアルコー
ル系共重合体)、ポリビニルピロリドン等を挙げること
ができる。
【0028】別の方法による膜面親水化の例としては、
親水性モノマーの膜面重合方式があり、このモノマーの
例としてはジアセトンアクリルアミド等を挙げることが
できる。また、他の方法としては疎水性高分子(例えば
ポリオレフィン)に親水性高分子をブレンドして紡糸製
膜する方法を挙げることができ、使用する親水性高分子
の例としては上述したものが挙げられる。
【0029】中空糸膜ろ過槽3には密閉式生物ろ過槽2
から流出した水のうちの一部のみが流入するが、中空糸
膜によって浮遊物質(SS)、藻、カビ、病原因を10
0%除去できるので、中空糸膜ろ過槽3への水の流入量
はこれらの発生量を若干越えればよく、多くとも密閉式
生物ろ過槽2から流出する水の30%程度で十分であ
る。
【0030】温度調節手段4は具体的には加熱器又は冷
却器であって、水槽20内の魚介類の飼育に適した温度
になるよう水を加熱又は冷却する。従って、温度調節手
段は必ずしも図示された位置に設けられる必要はなく、
中空糸膜ろ過槽3を通過した水と中空糸膜ろ過槽3を通
過しない水とが合流する位置より下流側に設けられても
よい。また、水槽20内の魚介類が室温で飼育できるも
のであれば、この温度調節手段4を設けなくてもよい。
【0031】この水槽水浄化装置1を用いて水槽20の
水を浄化する方法は以下の通りである。すなわち、まず
水槽20より取り出された水を密閉式生物ろ過槽2に導
入してアンモニア等の有機物を好気性微生物による生物
学的ろ過によって分解する。次に密閉式生物ろ過槽2か
ら流出した水をポンプ15を介して送水した後に分岐
し、一方は中空糸膜ろ過槽3に、他方は温度調節手段4
に導入する。中空糸膜ろ過槽3では懸濁物質を精密ろ過
によって除去する。温度調節手段4では飼育される魚介
類に合わせて水を加熱又は冷却する。中空糸膜ろ過槽3
を流出した水と温度調節手段4を流出した水は合流して
水槽20に戻される。こうして水槽20内の水を水槽水
浄化装置1によって循環することにより、水中のアンモ
ニア等の有機物及び懸濁物質が除去される。
【0032】この水槽水浄化装置1は中空糸膜ろ過槽3
への水の流入量を密閉式生物ろ過槽2からの水の流出量
の30%以下とすることにより、中空糸膜の目詰りが起
りにくく、一つの中空糸膜モジュールを長期間使用でき
るので交換回数が少なくてすむ。したがって水浄化槽置
1の頻繁なメインテナンスが不要となり維持コストを低
減できる。
【0033】(実施例2)図2に本発明による観賞魚用
水槽に用いられる水槽水浄化装置の第二の実施例の概略
図を示す。なお、第一の実施例と同一の構成要素につい
ては同一の符号を付し、その説明を省略する。
【0034】本実施例においては、実施例1の構成に加
え、密閉式生物ろ過槽2の下部に空気を送り込むための
空気ポンプ8を設ける。この空気ポンプ8は一定量の空
気を密閉式生物ろ過槽2内に圧送することにより、密閉
式生物ろ過槽2内を常に好気性状態に保つ。
【0035】この空気ポンプ8による曝気量は、通常の
生物学的ろ過で行われる範囲内であればよく、特に限定
されない。
【0036】本実施例の水槽水浄化装置1によれば、実
施例1の水槽水浄化装置で得られる効果に加え、密閉式
生物ろ過槽2内を常に好気性状態に保つことにより、有
機物を好気的に分解する好気性微生物、特にアンモニア
を亜硝酸に酸化する亜硝酸細菌や、この亜硝酸を魚介類
に無害な硝酸に酸化する硝酸細菌などの硝化細菌の繁殖
を増進させることができ、分解効率が高まる。
【0037】(実施例3)図3に本発明による観賞魚用
水槽に用いられる水槽水浄化装置の第三の実施例の概略
図を示す。なお、第一の実施例と同一の構成要素につい
ては同一の符号を付し、その説明を省略する。
【0038】本実施例においては、密閉式生物ろ過槽2
の上部と下部にそれぞれに第一の出水口10と第二の出
水口11を設ける。また、本実施例の水槽水浄化装置1
は三方電動弁12を有し、密閉式生物ろ過槽2の第一の
出水口10と第二の出水口11、および送水用のポンプ
15に管L9〜L11を介してそれぞれ接続されてい
る。また、三方電動弁12には、第一の出水口10側と
第二の出水口11側とを交互に開閉するように、タイマ
ー13が接続されている。密閉式生物ろ過槽2の第一の
出水口10と三方電動弁12との間には負圧で作動して
外部の空気を系内に取り込むような空気吸入弁14が設
けられている。
【0039】タイマー13によって三方電動弁12の第
一の出水口10側が開き第二の出水口11側が閉じてい
る時には、水は密閉式生物ろ過槽2のろ材を通って生物
学的ろ過が行われるので、ろ材は空気と触れていない状
態である。一方、タイマー13によって三方電動弁12
の第二の出水口11側が開き第一の出水口10側が閉じ
ている時には、水はろ材を通らずに第二の出水口11か
ら出ていくが、この際負圧によって空気吸入弁14が開
くので、外部から空気が密閉式生物ろ過槽2内に入りろ
材と接触し、好気性微生物が空気と十分に接触し、酸素
を取り込んで活性化される。
【0040】三方電動弁12の開閉は任意のサイクルで
行われるが、三方電動弁12の第二の出水口11側を開
ける時間を第一の出水口10側を開ける時間より短く
(1時間あたり数分程度)設定するのが好ましい。
【0041】本実施例によれば、実施例1の水槽水浄化
装置で得られる効果に加え、密閉式生物ろ過槽2内のろ
材が空気と触れずに生物学的ろ過を行う状態と、空気に
触れる状態とを繰り返すことにより、有機物を好気的に
分解する好気性微生物、特にアンモニアを亜硝酸塩に酸
化する亜硝酸細菌や、この亜硝酸塩を魚介類に無害な硝
酸塩に酸化する硝酸細菌などの硝化細菌の繁殖を増進さ
せることができ、分解効率が高まる。
【0042】
【発明の効果】本発明の水槽水の浄化装置は、生物ろ過
槽を出た水のうちの一部のみが中空糸膜ろ過槽に流入す
るので、中空糸膜への負荷が少なく、中空糸膜の目詰ま
りが起こりにくい。従って、この装置を用いた水槽水の
浄化方法によれば、中空糸膜の交換回数が少なくてす
み、メインテナンスのコストを低く抑えることができ
る。
【0043】また、生物ろ過槽の下部に空気ポンプを設
けた本発明の水槽水の浄化装置は、密閉式生物ろ過槽2
内を常に好気性状態に保つことができ、有機物を好気的
に分解する好気性微生物、特にアンモニアを亜硝酸塩に
酸化する亜硝酸細菌や、この亜硝酸塩を魚介類に無害な
硝酸塩に酸化する硝酸細菌などの硝化細菌の繁殖を増進
させることができる。従って、この装置を用いた水槽水
の浄化方法によれば、アンモニアを始めとする魚介類に
有害な有機物を高効率で除去できる。
【0044】また、生物ろ過槽に第一の出水口と第二の
出水口を設け、交互に開閉するようにした本発明の水槽
水の浄化装置は、第二の出水口が開いているときにろ材
が空気と接触できるので、有機物を好気的に分解する好
気性微生物、特にアンモニアを亜硝酸塩に酸化する亜硝
酸細菌や、この亜硝酸塩を魚介類に無害な硝酸塩に酸化
する硝酸細菌などの硝化細菌の繁殖を増進させることが
できる。従って、この装置を用いた水槽水の浄化方法に
よれば、アンモニアを始めとする魚介類に有害な有機物
を高効率で除去できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による水槽水浄化装置の第一の実施例を
示す概略図である。
【図2】本発明による水槽水浄化装置の第二の実施例を
示す概略図である。
【図3】本発明による水槽水浄化装置の第三の実施例を
示す概略図である。
【図4】従来の水槽水浄化装置の一例を示す概略図であ
る。
【符号の説明】
1……水槽水浄化装置、2……密閉式生物ろ過槽、3…
…中空糸膜ろ過槽、4……温度調節手段、6……水強制
圧送口、8……空気ポンプ、10……第一の出水口、1
1……第二の出水口、20……水槽。

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 水槽と、該水槽の水を導入して生物学的
    ろ過を行う密閉式生物ろ過槽と、この密閉式生物ろ過槽
    から出た水の一部を精密ろ過する中空糸膜ろ過槽とを備
    えたことを特徴とする水槽水の浄化装置。
  2. 【請求項2】 上記密閉式生物ろ過槽の上部に第一の出
    水口を設け、この密閉式生物ろ過槽の下部に第二の出水
    口を設け、任意のサイクルでこの第一の出水口と第二の
    出水口が交互に開閉する様にしたことを特徴とする請求
    項1記載の水槽水の浄化装置。
  3. 【請求項3】 水槽より取り出された水を密閉式生物ろ
    過槽で生物学的ろ過を行い、この密閉式生物ろ過槽から
    出た水の一部を中空糸膜ろ過槽に導入して精密ろ過し、
    この中空糸膜ろ過槽からでた水と密閉式生物ろ過槽から
    出て中空糸膜ろ過槽に導入されない水とを水槽に戻すこ
    とを特徴とする水槽水の浄化方法。
  4. 【請求項4】 密閉式生物ろ過槽の下部から空気を送り
    込むことを特徴とする、請求項3記載の水槽水の浄化方
    法。
  5. 【請求項5】 密閉式生物ろ過槽の上部に第一の出水口
    を設け、この密閉式生物ろ過槽の下部に第二の出水口を
    設け、任意のサイクルでこの第一の出水口と第二の出水
    口を交互に開閉させることを特徴とする請求項3記載の
    水槽水の浄化方法。
JP6101409A 1994-05-16 1994-05-16 水槽水の浄化装置及び浄化方法 Withdrawn JPH07308141A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6101409A JPH07308141A (ja) 1994-05-16 1994-05-16 水槽水の浄化装置及び浄化方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6101409A JPH07308141A (ja) 1994-05-16 1994-05-16 水槽水の浄化装置及び浄化方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07308141A true JPH07308141A (ja) 1995-11-28

Family

ID=14299922

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6101409A Withdrawn JPH07308141A (ja) 1994-05-16 1994-05-16 水槽水の浄化装置及び浄化方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07308141A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015181973A (ja) * 2014-03-20 2015-10-22 オルガノ株式会社 膜ろ過システム、膜ろ過方法、および水中生物の飼育水の製造装置
CN105850866A (zh) * 2016-06-08 2016-08-17 天津海普尔膜科技有限公司 一种外置mbr的自清洁鱼缸
CN106614238A (zh) * 2017-02-17 2017-05-10 青岛蓝谷化学有限公司 一种循环水养殖装置
CN106942120A (zh) * 2017-04-15 2017-07-14 白波 一种具有自动清洗和自动换水功能的智能鱼缸
JP2020049442A (ja) * 2018-09-27 2020-04-02 水ing株式会社 被処理水の白濁浄化処理方法及びその装置
WO2020095800A1 (ja) * 2018-11-06 2020-05-14 ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社 循環式陸上養殖用の飼育水質管理システムとその運転方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015181973A (ja) * 2014-03-20 2015-10-22 オルガノ株式会社 膜ろ過システム、膜ろ過方法、および水中生物の飼育水の製造装置
CN105850866A (zh) * 2016-06-08 2016-08-17 天津海普尔膜科技有限公司 一种外置mbr的自清洁鱼缸
CN106614238A (zh) * 2017-02-17 2017-05-10 青岛蓝谷化学有限公司 一种循环水养殖装置
CN106942120A (zh) * 2017-04-15 2017-07-14 白波 一种具有自动清洗和自动换水功能的智能鱼缸
JP2020049442A (ja) * 2018-09-27 2020-04-02 水ing株式会社 被処理水の白濁浄化処理方法及びその装置
WO2020095800A1 (ja) * 2018-11-06 2020-05-14 ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社 循環式陸上養殖用の飼育水質管理システムとその運転方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1056518A (en) Filtration means and method
US7087158B2 (en) Oxygen-supply-capable cooling water equipment, filtration-equipment and filtration-equipped cooling water equipment incorporated with these equipment
US5176824A (en) Aerobic aquarium filter chamber
JPH06285496A (ja) 有機性排水の中空糸膜分離生物処理方法および装置
US4077877A (en) Water filtration method
JPH07308141A (ja) 水槽水の浄化装置及び浄化方法
JP5544512B2 (ja) 魚介類の循環式養殖装置及び養殖方法
JP2020068777A (ja) 水中生物の飼育装置および生産方法
CA2059160A1 (en) Reef biological filtration device
KR102131792B1 (ko) 해수조용 정수 시스템
GB1560581A (en) Water filtration device
JP2003092953A (ja) 循環ろ過式養殖装置
KR19980067547U (ko) 수족관 물정화장치
JP2583495B2 (ja) 魚介類の飼育用水槽の循環式浄化装置
JPH08243577A (ja) 廃水の処理方法
CN211091378U (zh) 一种水族箱用可替换过滤盒和一种水族生物箱
JP2789296B2 (ja) 鑑賞魚用水槽の浄化装置
CN215123377U (zh) 一种新型鱼缸底滤循环设备
JP3577663B2 (ja) 水の浄化方法及び装置
CN210519833U (zh) 循环式养殖系统
JP2540531B2 (ja) 魚介類の飼育用水槽の浄化装置
JP2618335B2 (ja) 海水魚の飼育方法及びそのための観賞用水槽
CN214962009U (zh) 一种具有过滤功能的鱼缸
JP3894585B2 (ja) 水槽用濾過装置
JPH09174094A (ja) 原水の処理方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20010731