JPH07304006A - 原木の鉄片探知装置 - Google Patents

原木の鉄片探知装置

Info

Publication number
JPH07304006A
JPH07304006A JP41305790A JP41305790A JPH07304006A JP H07304006 A JPH07304006 A JP H07304006A JP 41305790 A JP41305790 A JP 41305790A JP 41305790 A JP41305790 A JP 41305790A JP H07304006 A JPH07304006 A JP H07304006A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
iron piece
log
piece detection
raw wood
iron
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP41305790A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Takahashi
孝司 高橋
Kaoru Aizawa
薫 相澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KYOEI IND
Kyoei Kogyo Co Ltd
Original Assignee
KYOEI IND
Kyoei Kogyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KYOEI IND, Kyoei Kogyo Co Ltd filed Critical KYOEI IND
Priority to JP41305790A priority Critical patent/JPH07304006A/ja
Publication of JPH07304006A publication Critical patent/JPH07304006A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 鉄片探知場所における原木の自由通過と、原
木の直上からの広域的な鉄片探知を可能にすること。 【構成】 鉄片探知場所6に原木5を水平に支承して円
周方向へ回転させる原木駆動機構8と、前記原木5の外
周部に当接自在に鉄片探知センサー11を搭載した擺動
機構14およびその支持機枠15と、前記鉄片探知場所
6の天井に走行自在に架設した原木吊上げ移送設備4
と、該原木吊上げ移送設備4の走行路線内に突出して交
差する前記鉄片探知センサー11を搭載した擺動機構1
4およびその支持機枠15を側方へ退避可能に、前記支
持機枠15に旋回機構20を装着したこと。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はベニヤ単板の切削工程等
に提供される原木の、水中貯木等で繋留用に、或いは割
れ止め用に該原木の外周部に打ち込まれたアンカー類の
取り除きを忘れた残留鉄片等を、切削工程以前の移送過
程でこれを探知する原木の鉄片探知装置の機能の改良に
係るものである。
【0002】
【従来の技術】従来技術によるこの種の原木鉄片探知装
置は、例えば本出願人の先願になる公開特許公報の特開
平2−122901号に原木の鉄片探知方法及びその装
置並びに該方法及びその装置に用いる鉄片探知センサー
として、『原木を探知位置に水平に支持して回転させる
駆動機構と、前記原木の外周に当接自在に、該原木の軸
線方向の略全域に一列状に架設した複数個のブロックに
分割した鉄片探知センサーと、該鉄片探知センサーを前
記原木の略一回転毎に一つ置きのブロックづつ交互に切
換える鉄片探知の切換回路とからなる原木の鉄片探知装
置』が詳細に開示されており、当業界においても既に多
数実用に供されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来技術によ
るこの種の原木の鉄片探知装置は、地上に配設したライ
ブローラー等の原木移送設備によって所定の長さに両断
した原木を軸線方向から鉄片探知場所へ搬入して来てそ
の鉄片探知場所に配設されている昇降可能なチエンコン
ベヤ等の原木駆動機構上にこれを移載してそのまま円周
方向に回転させ、更に回転している前記原木の外周部に
鉄片探知センサーを直上から当接自在に擺動させて、該
原木外周部の残留鉄片を探知した後に再び前記原木移送
設備上にこれを移載して次工程へ搬出する、鉄片探知専
用の原木移送設備の工程操作によって原木の鉄片探知が
行われていたものであるから、前記鉄片探知センサーの
擺動機構やその支持機枠は単に移送されて来る原木の径
に対応して上下方向に擺動および昇降する機能の装置で
足りていたものである。
【0004】然しながら上記の地上に配設された鉄片探
知専用の原木移送設備の他にも、従前から工場建築物等
の天井に架設されて切削工程等への原木の移送に用いら
れていた電気ホイスト等による既設の原木吊上げ移送設
備もあり、該原木吊上げ移送設備をそのまま流用して上
記の鉄片探知場所に原木を搬入および搬出しようとする
と、天井に走行自在に架設された原木吊上げ移送設備の
走行路線内に突出して交差する上記鉄片探知センサーを
搭載した擺動機構とその支持機枠が原木移送の邪魔をし
て実施出来ないので、止むを得ず地上にライブローラー
等からなる鉄片探知専用の原木移送設備を新たに設置し
て対応する必要があったものである。
【0005】よって本発明は上記従来装置の二重投資的
な装備上の難点を払拭すべく、天井に架設された既設の
原木吊上げ移送設備の走行路線内に突出して交差する鉄
片探知センサーおよび該鉄片探知センサーを搭載した擺
動機構とその支持機枠を、前記原木吊上げ移送設備によ
る原木の移送時に一時的に側方へ退避可能に、前記支持
機枠に旋回機構を装着して、鉄片探知場所における原木
の自由通過と、原木の直上からの広域的な鉄片探知を可
能にすることを目的としたものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、特定発明の鉄片探知装置を次のように構成した。
【0007】(a)鉄片探知場所に原木を水平に支承し
て円周方向へ回転させる原木駆動機構。
【0008】(b)前記原木の外周部に当接自在に鉄片
探知センサーを搭載した擺動機構およびその支持機。
【0009】(c)前記鉄片探知場所の天井に走行自在
に架設された原木吊上げ移送設備。
【0010】(d)該原木吊上げ移送設備の走行路線内
に突出して交差する前記鉄片探知センサーを搭載した擺
動機構およびその支持機枠を側方へ回避可能に、前記支
持機枠に装着した旋回機構。
【0011】またその従属発明の鉄片探知装置を次のよ
うに構成した。
【0012】(e)支持機枠を側方に装架して旋回自在
に垂直に立設した支柱と、前記支持機枠に流体シリンダ
ーを装着した旋回機構。
【0013】(f)鉄片探知センサーと、該鉄片探知セ
ンサーを搭載した擺動機構を原木の軸線方向へ横行可能
に、前記鉄片探知センサーと擺動機構の支持機枠に流体
シリンダーを装着した横行機構。
【0014】
【実施例】図1および図2は本発明の実施の一例を示す
ものであって、工場建築物等の天井に走行自在に架設さ
れた、例えば図示のようなレール部材1、電気ホイスト
2、原木吊り具3等からなる原木吊上げ移送設備4の走
行路線内の適宜位置に原木5の鉄片探知場所6を形成
し、該鉄片探知場所6に前記原木吊上げ移送設備4で前
段工程から原木5を移送して来て、例えば15〜30m
/min程度の周速で外周駆動可能に、左右一対の駆動
ロール7a,7b等からなる原木駆動機構8を配設す
る。また前記原木駆動機構8上で回転する前記原木5の
外周部には、その直上から左右一対の案内ロール9a,
9bとV字型の非磁性案内部材10等を備えた鉄片探知
センサー11を当接自在に、平行リンク機構12および
流体シリンダー13等からなる擺動機構14によって前
記原木5の外周部の凹凸に対応して上下方向に擺動可能
に装置されている。更にまた前記擺動機構14は、前記
鉄片探知センサー11と共に原木吊上げ移送設備4の走
行路線内に突出して交差する支持機枠15により全体が
支持されており、且つ該支持機枠15には前記鉄片探知
場所6で残留鉄片を探知している前記原木5の軸線方向
に延びた広域の鉄片探知領域を形成可能に、前記擺動機
構14を横行自在に装置すると共に、横行用の流体シリ
ンダー16が該擺動機構14に装置されている。従って
前記原木5の軸線方向の長さに対して前記鉄片探知セン
サー11の探知領域が短い、例えば図示のように原木5
の半分位いの長さしかない小型の鉄片探知センサー11
の時には、初回の探知領域の探知が済めばこれを横方向
に移動して次回の探知領域の探知に移行するようにして
原木5の全域を探知するようにし、かくして機能的にも
安定し、経済的にも有利な小型の鉄片探知センサー11
によって広域的な残留鉄片の探知を可能に構成されてい
るものである。次にまた前記鉄片探知センサー11およ
び前記擺動機構14ならびに前記横行用の流体シリンダ
ー16を含む前記支持機枠15の全体は、側方に略直角
に旋回して前記原木吊上げ移送設備4の走行路線内から
退避可能に、垂直に立設した支柱17に側方から旋回自
在に装架されていて、前記支持機枠15を本体機枠18
との間に装着した流体シリンダー19によって前記支柱
17を軸にして旋回することによって、前記鉄片探知セ
ンサー11および前記擺動機構14ならびに前記横行用
の流体シリンダー16を含む前記支持機枠15の全体を
側方に略直角に旋回させて退避させる旋回機構20に構
成されているものである。尚、図中21は前記本体機枠
18中に内装された、前記鉄片探知センサー11および
前記擺動機構14ならびに前記横行用の流体シリンダー
16を含む前記支持機枠15の全体を原木5の径に対応
して適宜昇降可能に装置した流体シリンダーである。
【0015】
【発明の効果】本発明は以上に説明したように、天井に
架設された既設の原木吊上げ移送設備の走行路線内に突
出して交差する鉄片探知センサーおよび該鉄片探知セン
サーを搭載した擺動機構とその支持機枠を、前記原木吊
上げ移送設備による原木の移送時に一時的に側方へ退避
可能に、前記支持機枠に旋回機構を装着して、鉄片探知
場所における原木の自由通過と、原木の直上からの広域
的な鉄片探知を可能にした原木の鉄片探知装置であるか
ら、本発明によれば従前から原木の移送用に設備されて
いる天井走行型の原木吊上げ移送設備がそのまま鉄片探
知工程に流用出来るので、従来装置のように地上にライ
ブローラー等からなる鉄片探知専用の原木移送設備を新
たに設置して対応する必要もなく、二重投資的な装備の
難点を払拭し得たのみならず、鉄片探知センサーおよび
該鉄片探知センサーを搭載した擺動機構とその支持機枠
は、従来装置とその基本構成を殆んど改変することな
く、探知機能が安定していて経済的でもある小型の鉄片
探知センサーを原木の直上から直接当接して探知する鉄
片探知方式をそのまま採用して、前記小型の鉄片探知セ
ンサーではあるが広域の鉄片探知が出来る等の機能的、
経済的に優れた実施効果を収め得たものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明装置の側面図である。
【図2】 本発明装置の平面図である。
【符号の説明】
1 レール部材 2 電気ホイスト 3 原木吊り具 4 原木吊上げ移送設備 5 原木 6 鉄片探知場所 7a,7b 駆動ロール 8 原木駆動機構 9a,9b 案内ロール 10 案内部材 11 鉄片探知センサー 12 平行リンク機構 13,16,19,21 流体シリンダー 14 擺動機構 15 支持機枠 17 支柱 18 本体機枠 20 旋回機構

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鉄片探知場所に原木を水平に支承して円
    周方向へ回転させる原木駆動機構と、前記原木の外周部
    に当接自在に鉄片探知センサーを搭載した擺動機構およ
    びその支持機枠と、前記鉄片探知場所の天井に走行自在
    に架設された原木吊上げ移送設備と、該原木吊上げ移送
    設備の走行路線内に突出して交差する前記鉄片探知セン
    サーを搭載した擺動機構およびその支持機枠を側方へ退
    避可能に、前記支持機枠に旋回機構を装着したことを特
    徴とする原木の鉄片探知装置。
  2. 【請求項2】 支持機枠を側方に装架して旋回自在に垂
    直に立設した支柱と、前記支持機枠に流体シリンダーを
    装着した旋回機構とからなる請求項1記載の原木の鉄片
    探知装置。
  3. 【請求項3】 鉄片探知センサーと、該鉄片探知センサ
    ーを搭載した擺動機構を原木の軸線方向へ横行可能に、
    前記鉄片探知センサーと擺動機構の支持機枠に流体シリ
    ンダーを装着した横行機構とからなる請求項1記載の原
    木の鉄片探知装置。
JP41305790A 1990-12-24 1990-12-24 原木の鉄片探知装置 Pending JPH07304006A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP41305790A JPH07304006A (ja) 1990-12-24 1990-12-24 原木の鉄片探知装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP41305790A JPH07304006A (ja) 1990-12-24 1990-12-24 原木の鉄片探知装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07304006A true JPH07304006A (ja) 1995-11-21

Family

ID=18521765

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP41305790A Pending JPH07304006A (ja) 1990-12-24 1990-12-24 原木の鉄片探知装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07304006A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102962874A (zh) * 2012-10-29 2013-03-13 苏州市吴中区光福香雪苗圃 一种可自动调节压紧位置的压紧机构
CN105291226A (zh) * 2015-11-22 2016-02-03 宿迁市长风机械有限公司 一种树段去皮机
CN111168793A (zh) * 2020-02-25 2020-05-19 肖志翔 一种鸟笼底刮皮设备

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102962874A (zh) * 2012-10-29 2013-03-13 苏州市吴中区光福香雪苗圃 一种可自动调节压紧位置的压紧机构
CN105291226A (zh) * 2015-11-22 2016-02-03 宿迁市长风机械有限公司 一种树段去皮机
CN111168793A (zh) * 2020-02-25 2020-05-19 肖志翔 一种鸟笼底刮皮设备
CN111168793B (zh) * 2020-02-25 2021-08-24 南京幸庄科技创新产业园管理有限公司 一种鸟笼底刮皮设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3159110A (en) Motorized staging suspending and adjusting carrier
AU2008255643B2 (en) Apparatus for fabrication of structural members
CA1331742C (en) Procedure for horizontal storage of paper rolls and storage shelving assembly
JPH07304006A (ja) 原木の鉄片探知装置
CN108723342A (zh) 一种用于铸件清理、检测输送线的翻转机
CA2860993C (en) Wood-working machine and method for the operation thereof
EP1219398A2 (en) Automatic loading/unloading apparatus for stone slabs
JP3261445B2 (ja) 搬送設備
JP2676129B2 (ja) 延反機に於ける解反装置
KR102030159B1 (ko) 압연 코일 검사 장치
JPH0632441A (ja) 重量物の反転装置
RU2009885C1 (ru) Установка для переработки древесины на пилопродукцию
JP2775994B2 (ja) 搬送装置
JPH05186178A (ja) クラブ旋回式天井走行クレーン
JPH0890221A (ja) 円筒形ワークの開先処理設備
JP2505582Y2 (ja) 屑コイル排出装置
SU1027286A1 (ru) Установка дл струйной обработки деталей
KR200345363Y1 (ko) 코일운송 다운엔더
KR820001445B1 (ko) 자주 기능을 보유하는 다연결프레임의 벨트콘베이어
JPH06156715A (ja) ワーク供給装置
RU2081243C1 (ru) Машина для сооружения свайных фундаментов под опоры контактной сети
SU1618527A1 (ru) Устройство дл ориентации и подачи фасонного проката
JPH092661A (ja) 転回装置
SU1537821A1 (ru) Крепеукладчик
JPH1087039A (ja) 疵取設備のスラブ反転装置