JPH07301056A - 換気部を有するサッシ窓 - Google Patents

換気部を有するサッシ窓

Info

Publication number
JPH07301056A
JPH07301056A JP12065794A JP12065794A JPH07301056A JP H07301056 A JPH07301056 A JP H07301056A JP 12065794 A JP12065794 A JP 12065794A JP 12065794 A JP12065794 A JP 12065794A JP H07301056 A JPH07301056 A JP H07301056A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
ventilation
sash
opening
closing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP12065794A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadashi Kurita
正 栗田
Original Assignee
Shin Nikkei Co Ltd
新日軽株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shin Nikkei Co Ltd, 新日軽株式会社 filed Critical Shin Nikkei Co Ltd
Priority to JP12065794A priority Critical patent/JPH07301056A/ja
Publication of JPH07301056A publication Critical patent/JPH07301056A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】構造が簡単で、換気効率もよく、コストダウン
を図ることができるサッシ窓枠。 【構成】サッシ材からなる横中枠4あるいは縦中枠を、
上枠1又は下枠2あるいは一方の縦枠3への偏った位置
に配置することにより、上記窓枠に換気部6を設けると
ともに、上記換気部6には、サッシ材を主体とした開閉
体17を、該開閉体17の長手方向の一側を軸として回
動開閉自在に取り付けた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、窓枠内にサッシ材によ
り構成された換気部を設けて成るサッシ窓枠に関する。
【0002】
【従来技術】一般に、窓は開閉によって換気するもので
あるが、寝苦しい夜などのように、窓を閉じた状態でも
換気が必要なことがあり、これに応じて換気機構を設け
た窓が使用されている。例えば、窓枠に換気ブレスを設
けたり、窓枠や障子の框自体に換気口を形成したりする
ものが知られている。
【0003】しかしながら、これらの換気機構は構造が
複雑で製作が難しいほか、換気量が少なく、換気効率が
よくないという欠点があった。
【0004】
【発明の目的】本発明は前記欠点を解消し、構造が簡単
で、換気効率もよい換気部を有するサッシ窓枠を提供す
ることをその目的とする。
【0005】
【目的を達成するための手段】前記目的を達成するた
め、本発明に係る換気部を有するサッシ窓枠は、サッシ
材によって方形に枠組みされた窓枠であって、サッシ材
からなる横中枠あるいは縦中枠を、上枠又は下枠あるい
は一方の縦枠への偏った位置に配置することにより、上
記窓枠に換気部を設け、上記換気部には、サッシ材を主
体とした開閉体を、該開閉体の長手方向の一側を軸とし
て回動開閉自在に取り付けた構成としたことを特徴とす
る。
【0006】
【発明の作用、効果】前記構成によれば、開閉体を回動
させて換気部を開放することにより、屋内側の空気が換
気され、新鮮な外気を取り込むことができる。換気が不
要なときは、開閉体を回動して換気部を閉止しておけば
よい。
【0007】このように、窓枠内の換気部に開閉体を設
けただけの換気構造なので、非常に単純で、製作が簡単
であるとともに、換気部は連続的に押出成形されて量産
されるサッシ材によって構成され、開閉体もサッシ材を
主体に構成されるから、コストダウンが可能となる。
【0008】さらに、換気部は横中枠あるいは縦中枠
を、上枠又は下枠あるいは一方の縦枠への偏った位置に
配置することにより構成されるものであるから、十分な
換気量が確保される。
【0009】しかも、十分な換気量を得るのに人が侵入
できる程度の空間は必要ないから、防犯性もよい。
【0010】
【実施例】図1はサッシ窓枠を示すもので、このサッシ
窓枠は合成樹脂製のサッシ材からなる上枠1、下枠2及
び左右の縦枠3を方形に枠組みしたもので、さらに、同
じサッシ材からなる横中枠4は下枠2の偏った位置に配
置され、この横中枠4を仕切り枠としてその上部にはガ
ラス5が嵌込まれ、下部には換気部6が設けられてい
る。
【0011】換気部6は図2、図3に示されるように、
横中枠4と下枠2と左右の縦枠3とによって構成されて
いる。横中枠4の上面と下面の屋内側と屋外側には、そ
れぞれ上下方に突出する突縁7とこれに対向する押縁8
とが設けられ、上部の突縁7と押縁8との間にはガラス
5の嵌合溝9が形成されている。下部の突縁7と押縁8
にはそれぞれ屋外側に気密材10と防虫網11の嵌合溝
12、13が形成されている。これに対応して、下枠2
及び縦枠3にも、上記突縁7と押縁8に対応する突縁7
と押縁8が設けられ、各突縁7と押縁8にはそれぞれ気
密材10と防虫網11の嵌合溝12、13が形成されて
いる。そして、上記各気密材10は換気部6の内周面に
連続して形成されている。
【0012】なお、縦枠3の突縁7と押縁8との間には
軸受部材16が固定されている。
【0013】次に、上記換気部6には、上枠1等と同じ
合成樹脂製のサッシ材を主体とした開閉体17が回動開
閉自在に取り付けられている。開閉体17は中空部を有
する細長板状体17aの両端に側板17bを固定してな
るもので、板状体17aの中央下側を長手方向に貫通し
た回動軸18が上記軸受部材16に軸受けされている。
【0014】また、開閉体17の外周面の屋外側には気
密材19が周設され、屋内側には当接縁20が周設され
ている。そして、開閉体17が閉止時には、上記気密材
19は換気部6の内周に連続形成された押縁8の内壁面
に当接し、当接縁20は換気部6の内周面の屋内側に連
続形成された気密材10に当接している。なお、開閉体
17の上面の屋内側には当接縁20のほかに気密材21
の嵌合溝22が形成されるとともに、横中枠4の突縁7
に係合する係合縁23が形成されている。開閉体17の
屋内側の上部には手掛け片24が固定されている。
【0015】回動軸18は開閉体17を貫通する例に限
定されない。例えば、両側板17bにそれぞれ一本ずつ
同軸上に固定する構成でもよい。また、開閉体17と横
中枠4には通常の構成のラッチを設ければよい。
【0016】前記構成において、開閉体17が閉止して
いるときは、開閉体17の係合縁が横中枠4の屋内側面
に係合している。開閉体17のラッチを外して手掛け片
24に指を掛けて屋内側に引くと、図2の点線のように
開閉体17は回動軸18を中心に回動し、換気部6が開
放される。これにより、屋内側の空気が換気され、新鮮
な外気を取り込むことができる。換気が不要なときは、
開閉体17を回動して換気部6を元通りに閉止し、ラッ
チを掛ければよい。
【0017】以上のように、窓枠内の換気部6に開閉体
17を設けただけの換気構造なので、非常に単純で、製
作が簡単であるとともに、換気部6は連続的に押出成形
されて量産されるサッシ材によって構成され、開閉体1
7もサッシ材を主体として構成されるから、コストダウ
ンが可能となる。
【0018】また、換気部6は横中枠4を一方の縦枠3
への偏った位置に配置することにより構成されたもので
あるから、十分な換気量が確保されるとともに、換気部
6には人が侵入できる程度の空間は必要ないから、防犯
性もよい。
【0019】なお、図4は換気部6を窓枠の一方の縦枠
3の偏った位置に設けた例で、窓枠内に縦中枠25と上
下枠2と一方の縦枠3とによって換気部6を形成し、換
気部6内に開閉体17をその長手方向の一側を軸として
回動開閉自在に設けたものである。換気部6は上枠1の
偏った位置に設けてもよい。
【0020】また、窓枠や換気部6を構成するサッシ材
または開閉体17はアルミニウムから構成してもよい。
【0021】さらに、換気部6を有するサッシ窓は嵌め
殺し窓に限定されない。引き違い窓、開き窓、上げ下げ
窓、辷り出し窓でもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るサッシ窓の正面図
【図2】図1のXーX線上の拡大断面図
【図3】図1のYーY線上の拡大断面図
【図4】他のサッシ窓の例の正面図
【符号の説明】
3 縦枠 4 横中枠 6 換気部 17 開閉体

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 サッシ材によって方形に枠組みされた窓
    枠であって、以下の要件を備えたことを特徴とする換気
    部を有するサッシ窓枠。 (イ)サッシ材からなる横中枠あるいは縦中枠を、上枠
    又は下枠あるいは一方の縦枠への偏った位置に配置する
    ことにより、上記窓枠に換気部を設けたこと (ロ)上記換気部には、サッシ材を主体とした開閉体
    を、該開閉体の長手方向の一側を軸として回動開閉自在
    に取り付けたこと
JP12065794A 1994-05-10 1994-05-10 換気部を有するサッシ窓 Pending JPH07301056A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12065794A JPH07301056A (ja) 1994-05-10 1994-05-10 換気部を有するサッシ窓

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12065794A JPH07301056A (ja) 1994-05-10 1994-05-10 換気部を有するサッシ窓

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07301056A true JPH07301056A (ja) 1995-11-14

Family

ID=14791667

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12065794A Pending JPH07301056A (ja) 1994-05-10 1994-05-10 換気部を有するサッシ窓

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07301056A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008274641A (ja) * 2007-04-27 2008-11-13 Shin Nikkei Co Ltd 換気装置
JP2008274642A (ja) * 2007-04-27 2008-11-13 Shin Nikkei Co Ltd 換気装置
WO2011113213A1 (en) * 2010-03-19 2011-09-22 Zhijun Dong Ventilation system for window or door

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008274641A (ja) * 2007-04-27 2008-11-13 Shin Nikkei Co Ltd 換気装置
JP2008274642A (ja) * 2007-04-27 2008-11-13 Shin Nikkei Co Ltd 換気装置
WO2011113213A1 (en) * 2010-03-19 2011-09-22 Zhijun Dong Ventilation system for window or door
CN102812198A (zh) * 2010-03-19 2012-12-05 宁波市鄞州松井工贸有限公司 用于窗或门的通风系统
CN102812198B (zh) * 2010-03-19 2015-08-05 宁波市鄞州松井工贸有限公司 用于窗的通风系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07301056A (ja) 換気部を有するサッシ窓
US4592167A (en) Doors
US5524390A (en) Jalousie
JP2844320B2 (ja) 引違い窓の窓枠
JP2724273B2 (ja) 引違い窓
DE3232712A1 (de) Vorrichtung zum schutz gegen das eindringen von insekten in raeume
US4330021A (en) Convenient draft-free safety window
JP2602180Y2 (ja) 窓における防虫通風装置
JP2934627B1 (ja) 嵌殺し式複層ガラス
JP3366992B1 (ja) 自動換気装置付き建具及びそれに使用するガラリ
KR200369492Y1 (ko) 컨테이너형 간이 휴게실
CN208089179U (zh) 一种可局部打开的房间门
JPH09195640A (ja) 換気框を備えたサッシまたは戸
JP4040786B2 (ja) 窓用可動ルーバーのフレーム構造
JP2671167B2 (ja) 開き窓
JP3360022B2 (ja) 両開き窓の召合せ構造
JPH0622792Y2 (ja) 嵌殺し窓の換気構造
KR200231043Y1 (ko) 해충방지용 자동차 도어구조
JPH0729174Y2 (ja) 嵌殺し窓の換気構造
JP3094715U (ja) 全開放型引き違い戸
JP3027544U (ja) 防犯通気雨戸
SU1682509A1 (ru) Светопрозрачное ограждение
JPH10339072A (ja) 引違い窓の窓枠
JPH0734130Y2 (ja) 換気口付窓装置
JPH0628623Y2 (ja) ブラインド内蔵二重引き違いサツシのガラス枠開閉構造