JPH07290645A - Biodegradable metallizing material and production thereof - Google Patents

Biodegradable metallizing material and production thereof

Info

Publication number
JPH07290645A
JPH07290645A JP8632694A JP8632694A JPH07290645A JP H07290645 A JPH07290645 A JP H07290645A JP 8632694 A JP8632694 A JP 8632694A JP 8632694 A JP8632694 A JP 8632694A JP H07290645 A JPH07290645 A JP H07290645A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
aliphatic
metallizing
biodegradable
aliphatic polyester
thin film
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8632694A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akihiko Takano
野 明 彦 高
Takanori Saito
藤 隆 則 齋
Takashi Fujimaki
巻 隆 藤
Original Assignee
Lintec Corp
リンテック株式会社
Showa Highpolymer Co Ltd
昭和高分子株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Lintec Corp, リンテック株式会社, Showa Highpolymer Co Ltd, 昭和高分子株式会社 filed Critical Lintec Corp
Priority to JP8632694A priority Critical patent/JPH07290645A/en
Publication of JPH07290645A publication Critical patent/JPH07290645A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PURPOSE:To obtain a biodegradable metallizing material adjustable in strength, water resistance and moldability and not destructing enviromnent by constituting the same of a laminate consisting of a biodegradable polymer layer composed of specific aliphatic polyester and a metal film which may be partially oxidized. CONSTITUTION:Aliphatic glycol and aliphatic dicarboxylic acid or an anhydride thereof are reacted in the presence or absence of 5 mol% or less of a compd. selected from aliphatic polyol having three or more alcoholic hydroxyl groups, aliphatic polyoxycarboxylic acid having three or more oxycarboxyl groups or an anhydride thereof and aliphatic polycarboxylic acid having three or more carboxyl groups or an anhydride thereof to form aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at its terminal and this aliphatic polyester polyol and polyisocyanate are reacted or subjected to glycol removing reaction under vacuum of 0.005-1mmHg at 160-230 deg.C in the presence of a catalyst to produce aliphatic polyester with a number average mol.wt. of 10000 or more. A biodegradable metallizing material is constituted of a laminate having a biodegradable polymer layer 1 composed of aliphatic polyester and a metal film 2 which may be partially oxidized.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【発明の技術分野】本発明は生分解性メタライジング材
料およびその製造方法に関し、さらに詳しくは、土中に
埋めて廃棄処理した際に微生物によって分解され、自然
環境に悪影響を与えないような生分解性メタライジング
材料およびその製造方法に関する。
TECHNICAL FIELD The present invention relates to a biodegradable metallizing material and a method for producing the same, and more particularly, to a biodegradable metallizing material which is decomposed by microorganisms when buried in soil and disposed of and does not adversely affect the natural environment. Degradable metallizing material and its manufacturing method.

【0002】[0002]

【発明の技術的背景】従来より、プラスチック基材の片
面に金属薄膜が形成されたメタライジングフィルムなど
のメタライジング材料が知られている。
BACKGROUND OF THE INVENTION Metallizing materials such as metallizing films having a metal thin film formed on one surface of a plastic substrate have been known.

【0003】このような従来のメタライジング材料は、
使用後にメタライジング材料を焼却したり、あるいは土
中に廃棄するなどして処理されている。しかしながら、
これらの処理には次のような問題点がある。
Such conventional metallizing materials are
After use, the metallizing material is incinerated or disposed of in the soil. However,
These processes have the following problems.

【0004】(1)メタライジング材料を焼却する際の
問題点 メタライジング材料を焼却する際、そのプラスチック基
材の焼却にエネルギーを要する。特にプラスチック基材
が塩化ビニルからなる場合、メタライジング材料を焼却
すると塩化水素ガスが発生し、酸性雨の原因となる。
(1) Problems in Incineration of Metallizing Material When incinerating a metallizing material, energy is required to incinerate the plastic base material. Especially when the plastic substrate is made of vinyl chloride, incineration of the metallizing material generates hydrogen chloride gas, which causes acid rain.

【0005】(2)メタライジング材料を土中に廃棄す
る際の問題点 近年、メタライジング材料を土中に埋めて廃棄処理する
場合が激増しており、このようなプラスチック基材を含
む廃棄物の増加に伴い廃棄処理用地の確保が困難になっ
ている。また、土中に投棄されたプラスチック材料が、
分解せずに長期間にわたって安定に存在するため、自然
環境を破壊したりする恐れがある。
(2) Problems in Disposing Metallizing Material in Soil In recent years, the number of cases in which the metallizing material is buried in the soil and disposed of has increased dramatically. It is becoming difficult to secure land for waste disposal as the number of landfills increases. In addition, the plastic material dumped in the soil
It does not decompose and remains stable for a long period of time, which may damage the natural environment.

【0006】さらに、もし、廃棄するメタライジング材
料からプラスチック基材を分別して再使用しようとする
と、プラスチック基材の分別収集に莫大なコストがかか
り、市場性に劣ることとなり、また、プラスチック基材
の品質の劣化が生じてしまう。
Furthermore, if the plastic base material is separated from the metallizing material to be discarded and is reused, the separate collection of the plastic base material entails an enormous cost, resulting in poor marketability. Will cause deterioration of the quality.

【0007】[0007]

【発明の目的】本発明は、上記のような従来技術に伴な
う問題点を解決しようとするものであり、使用されたメ
タライジング材料を土中に廃棄するなどした際にも、自
然環境を破壊することがないようなメタライジング材料
を提供することを目的としている。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention is intended to solve the problems associated with the prior art as described above. Even when the used metallizing material is discarded in the soil, the natural environment It is an object of the present invention to provide a metallizing material that does not break the metal.

【0008】[0008]

【発明の概要】本発明に係るメタライジング材料は、
(I)(1) 脂肪族グリコールと(2) 脂肪族ジカルボン酸
またはその酸無水物とを、前記成分(2) に対して5モル
%以下の(3) アルコール性水酸基を3個以上有する脂肪
族ポリオール、オキシカルボキシル基を3個以上有する
脂肪族ポリオキシカルボン酸およびその無水物、カルボ
キシル基を3個以上有する脂肪族ポリカルボン酸および
その無水物から選ばれる少なくとも1種の化合物の存在
下または非存在下で反応させて得られた水酸基を末端に
有する脂肪族ポリエステルポリオールと、(II)ポリイ
ソシアナートとを反応させて得られた数平均分子量1
0,000以上の脂肪族ポリエステル(A)、または前
記脂肪族ポリエステルポリオールを、触媒の存在下で1
60〜230℃の温度および0.005〜1mmHgの
真空下で脱グリコール反応させて得られた数平均分子量
10,000以上の脂肪族ポリエステル(B)からなる
生分解性ポリマー層と、一部が酸化されていてもよい金
属薄膜とを有する積層体で構成されていることを特徴と
している。
SUMMARY OF THE INVENTION The metallizing material according to the present invention comprises:
(I) Fat containing (1) an aliphatic glycol and (2) an aliphatic dicarboxylic acid or an acid anhydride thereof in an amount of 5 mol% or less with respect to the component (2), (3) three or more alcoholic hydroxyl groups. In the presence of at least one compound selected from the group consisting of aliphatic polyols, aliphatic polyoxycarboxylic acids having 3 or more oxycarboxyl groups and their anhydrides, aliphatic polycarboxylic acids having 3 or more carboxyl groups and their anhydrides, or Number average molecular weight 1 obtained by reacting (II) polyisocyanate with an aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at the terminal obtained by reaction in the absence
10,000 or more of the aliphatic polyester (A), or the aliphatic polyester polyol, in the presence of a catalyst.
A biodegradable polymer layer composed of an aliphatic polyester (B) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by a deglycolization reaction at a temperature of 60 to 230 ° C. and a vacuum of 0.005 to 1 mmHg, and a part thereof. It is characterized by being constituted by a laminated body having a metal thin film which may be oxidized.

【0009】本発明に係るメタライジング材料の製造方
法は、上記生分解性ポリマー層上に、イオンプレーテイ
ング法またはスパッタリング法で金属薄膜または金属酸
化物薄膜を形成することを特徴としている。
The method for producing a metallizing material according to the present invention is characterized in that a metal thin film or a metal oxide thin film is formed on the biodegradable polymer layer by an ion plating method or a sputtering method.

【0010】[0010]

【発明の具体的説明】以下、本発明に係るメタライジン
グ材料、特にメタライジングフィルムについて図面を用
いて具体的に説明する。
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The metallizing material, particularly the metallizing film, according to the present invention will be specifically described below with reference to the drawings.

【0011】図1〜3には本発明に係るメタライジング
フィルムの具体例が示されている。図1のメタライジン
グフィルム10では、生分解性ポリマー層1の片面に金
属薄膜2が積層されている。
1 to 3 show specific examples of the metalizing film according to the present invention. In the metallizing film 10 of FIG. 1, the metal thin film 2 is laminated on one surface of the biodegradable polymer layer 1.

【0012】このうち、生分解性ポリマー層1は、次の
ような特定の脂肪族ポリエステルからなっている。すな
わち、生分解性ポリマー層1を形成する際には、次のよ
うな脂肪族ポリエステル(A)または(B)が用いられ
る。
Of these, the biodegradable polymer layer 1 is made of the following specific aliphatic polyester. That is, when forming the biodegradable polymer layer 1, the following aliphatic polyester (A) or (B) is used.

【0013】脂肪族ポリエステル(A):(I)(1) 脂
肪族グリコールと(2) 脂肪族ジカルボン酸またはその酸
無水物とを、前記成分(2) に対して5モル%以下の(3)
アルコール性水酸基を3個以上有する脂肪族ポリオー
ル、オキシカルボキシル基を3個以上有する脂肪族ポリ
オキシカルボン酸およびその無水物、カルボキシル基を
3個以上有する脂肪族ポリカルボン酸およびその無水物
から選ばれる少なくとも1種の化合物の存在下または非
存在下で反応させて得られた水酸基を末端に有する脂肪
族ポリエステルポリオールと、(II)ポリイソシアナー
ト(ジイソシアナートを含む)とを反応させて得られた
数平均分子量10,000以上の脂肪族ポリエステル;
例えば次式(1):
Aliphatic polyester (A): (I) (1) An aliphatic glycol and (2) an aliphatic dicarboxylic acid or an acid anhydride thereof in an amount of 5 mol% or less (3) based on the component (2). )
It is selected from an aliphatic polyol having 3 or more alcoholic hydroxyl groups, an aliphatic polyoxycarboxylic acid having 3 or more oxycarboxyl groups and its anhydride, and an aliphatic polycarboxylic acid having 3 or more carboxyl groups and its anhydride. Obtained by reacting (II) a polyisocyanate (including diisocyanate) with an aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at the end obtained by reacting in the presence or absence of at least one compound Aliphatic polyester having a number average molecular weight of 10,000 or more;
For example, the following formula (1):

【0014】[0014]

【化1】 [Chemical 1]

【0015】(式中、R1 およびR2 は、同一であって
も異なっていてもよく、それぞれ炭素原子数2〜10の
分岐していてもよいアルキレンまたはシクロアルキレン
基であり、R3 は多価のポリイソシアナート(ジイソシ
アナートを含む)残基であり、mは上記式で表わされる
重合体の数平均分子量が10,000以上、好ましくは
10,000〜100,000となるのに必要な重合度
であり、Mは0または1以上の整数である。)で表わさ
れる脂肪族ポリエステルおよび 脂肪族ポリエステル(B):前記脂肪族ポリエステルポ
リオールを触媒の存在下で160〜230℃、好ましく
は180〜220℃の温度および0.005〜1mmH
gの真空下で脱グリコール反応させて得られた数平均分
子量10,000以上の脂肪族ポリエステル;例えば次
式(2):
(In the formula, R 1 and R 2 may be the same or different and each is an optionally branched alkylene or cycloalkylene group having 2 to 10 carbon atoms, and R 3 is It is a polyvalent polyisocyanate (including diisocyanate) residue, and m has a number average molecular weight of the polymer represented by the above formula of 10,000 or more, preferably 10,000 to 100,000. The required degree of polymerization, M is 0 or an integer of 1 or more.) And aliphatic polyester (B): 160 to 230 ° C., preferably in the presence of a catalyst, of the aliphatic polyester polyol. Is 180-220 ° C and 0.005-1mmH
g of aliphatic polyester having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by deglycolization reaction under vacuum;

【0016】[0016]

【化2】 [Chemical 2]

【0017】(式中、R1 およびR2 は、同一であって
も異なっていてもよく、それぞれ炭素原子数2〜10の
分岐していてもよいアルキレンまたはシクロアルキレン
基であり、mは上記式で表わされる重合体の数平均分子
量が10、000以上、好ましくは10,000〜10
0,000となるのに必要な重合度である。)で表わさ
れる脂肪族ポリエステル。
(In the formula, R 1 and R 2 may be the same or different and each is an optionally branched alkylene or cycloalkylene group having 2 to 10 carbon atoms, and m is the above. The number average molecular weight of the polymer represented by the formula is 10,000 or more, preferably 10,000 to 10
This is the degree of polymerization required to reach 10,000. ) An aliphatic polyester represented by

【0018】上記脂肪族ポリエステル(A)および
(B)において、R1 が(−CH2 −CH2 −)p (但
し、pは1または2である)で表わされるアルキレン基
であり、R2 が(−CH2 −CH2 −)n (但し、nは
1または2である)で表わされるアルキレン基である場
合が好ましく、この場合には、結晶性で融点が高く、か
つ成形性に優れた脂肪族ポリエステルが得られる。
In the aliphatic polyesters (A) and (B), R 1 is an alkylene group represented by (--CH 2 --CH 2- ) p (where p is 1 or 2), and R 2 is Is preferably an alkylene group represented by (—CH 2 —CH 2 —) n (where n is 1 or 2), in which case it is crystalline, has a high melting point, and is excellent in moldability. An aliphatic polyester is obtained.

【0019】また、R1 がテトラメチレン基であり、R
2 がエチレン基である場合には、高分子量、高結晶性の
脂肪族ポリエステルが得られる。R3 は脂肪族ポリエス
テルを製造する際に用いられたポリイソシアナートに由
来する基であるが、R3 としては、たとえば下記式:
Further, R 1 is a tetramethylene group, and R 1
When 2 is an ethylene group, a high molecular weight, highly crystalline aliphatic polyester is obtained. R 3 is a group derived from the polyisocyanate used when producing the aliphatic polyester. Examples of R 3 include the following formulas:

【0020】[0020]

【化3】 [Chemical 3]

【0021】で表わされる二価の炭化水素基が挙げられ
るが、脂肪族または脂環式、特にヘキサメチレン基が好
ましい。この場合、色相に優れた脂肪族ポリエステルが
得られる。また、ポリエステルジオールと反応してR3
を形成するポリイソシアナートは、ポリエステルジオー
ルとの反応性に優れているという利点もある。
The divalent hydrocarbon group represented by ## STR3 ## may be mentioned, but an aliphatic or alicyclic group, particularly a hexamethylene group is preferable. In this case, an aliphatic polyester having an excellent hue can be obtained. Also, by reacting with polyester diol, R 3
The polyisocyanate that forms the polymer is also advantageous in that it has excellent reactivity with the polyester diol.

【0022】上記脂肪族ポリエステル(A)または
(B)を製造する際に用いられる脂肪族グリコールとし
ては、炭素原子数2〜10の分岐していてもよいアルキ
レンまたはシクロアルキレン骨格を有する脂肪族グリコ
ール、たとえばエチレングリコール、プロピレングリコ
ール、トリエチレングリコール、1,3−ブタンジオー
ル、1,4−ブタンジオール、1,5−ペンタンジオー
ル、3−メチル−1,5−ペンンジオール、1,6−ヘ
キサンジオール、1,7−ヘプタンジオール、1,8−
オクタンジオール、1,9−ノナンジオール、1,10
−デカンジオール、ネオペンチルグリコール、シクロヘ
キサンジメタノール、水素化ビスフェノールAまたはこ
れらの混合物が挙げられる。これらのなかで炭素数が偶
数の脂肪族グリコール、たとえばエチレングリコール、
1,4−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、
特にエチレングリコール、1,4−ブタンジオール、シ
クロヘキサンジメタノールは、高融点であり、また、フ
ィルム状の脂肪族ポリエステルを合成する上で好まし
い。
The aliphatic glycol used for producing the above aliphatic polyester (A) or (B) is an aliphatic glycol having an alkylene or cycloalkylene skeleton having 2 to 10 carbon atoms, which may be branched. , Ethylene glycol, propylene glycol, triethylene glycol, 1,3-butanediol, 1,4-butanediol, 1,5-pentanediol, 3-methyl-1,5-pentenediol, 1,6-hexanediol, 1,7-heptanediol, 1,8-
Octanediol, 1,9-nonanediol, 1,10
-Decanediol, neopentyl glycol, cyclohexanedimethanol, hydrogenated bisphenol A or mixtures thereof. Among these, aliphatic glycols having an even number of carbon atoms, such as ethylene glycol,
1,4-butanediol, 1,6-hexanediol,
In particular, ethylene glycol, 1,4-butanediol, and cyclohexanedimethanol have a high melting point and are preferable for synthesizing a film-like aliphatic polyester.

【0023】また、脂肪族ジカルボン酸またはその無水
物としては、炭素数2〜10の分岐していてもよいアル
キレンまたはシクロアルキレン骨格を有する脂肪族ジカ
ルボン酸またはその無水物、たとえばコハク酸、グルタ
ル酸、アジピン酸、ピメリン酸、スベリン酸、アゼライ
ン酸、セバシン酸、ノナンカルボン酸、ドデカン酸、無
水コハク酸、無水グルタル酸、水素化テレフタル酸また
はそれらの混合物が挙げられる。これらのなかで炭素数
が偶数の脂肪族ジカルボン酸またはその無水物、たとえ
ばコハク酸、アジピン酸、無水コハク酸、特にコハク
酸、無水コハク酸は、高融点であり、また、フィルム状
の脂肪族ポリエステルを合成する上で好ましい。
As the aliphatic dicarboxylic acid or its anhydride, an aliphatic dicarboxylic acid having an optionally branched alkylene or cycloalkylene skeleton having 2 to 10 carbon atoms or its anhydride, for example, succinic acid or glutaric acid is used. , Adipic acid, pimelic acid, suberic acid, azelaic acid, sebacic acid, nonanecarboxylic acid, dodecanoic acid, succinic anhydride, glutaric anhydride, hydrogenated terephthalic acid or mixtures thereof. Among these, aliphatic dicarboxylic acids having an even number of carbon atoms or anhydrides thereof, such as succinic acid, adipic acid, succinic anhydride, especially succinic acid and succinic anhydride, have a high melting point and are also film-like aliphatic. It is preferable in synthesizing polyester.

【0024】特に、脂肪族グリコールとして1,4−ブ
タンジオールまたはエチレングリコールを用い、脂肪族
ジカルボン酸またはその無水物としてコハク酸またはそ
の無水物を用いて脂肪族ポリエステルジオールを合成し
た場合、これらの脂肪族ポリエステルジオールからポリ
エチレンと同様の融点(110〜115℃)の脂肪族ポ
リエステルが合成できる。
In particular, when 1,4-butanediol or ethylene glycol is used as the aliphatic glycol and succinic acid or its anhydride is used as the aliphatic dicarboxylic acid or its anhydride, an aliphatic polyester diol is synthesized. An aliphatic polyester having a melting point (110 to 115 ° C.) similar to that of polyethylene can be synthesized from the aliphatic polyester diol.

【0025】上記のような脂肪族ポリエステルポリオー
ルを合成する際には、脂肪族グルコールを脂肪族ジカル
ボン酸またはその無水物に対して化学量論的に若干過剰
に用いることが好ましく、脂肪族ジカルボン酸またはそ
の無水物1モルに対して脂肪族グルコールを1.05〜
1.2モルの範囲で用いることが好ましい。
When synthesizing the aliphatic polyester polyol as described above, it is preferable to use the aliphatic glycol in a slight stoichiometric excess with respect to the aliphatic dicarboxylic acid or its anhydride. Or 1.05 of aliphatic glycol to 1 mol of its anhydride
It is preferably used in the range of 1.2 mol.

【0026】上記脂肪族ポリエステルジオールまたは上
記脂肪族ポリエステル(B)を製造する際には、エステ
ル化反応に続いて脱グリコール反応が生じ、脂肪族ポリ
エステルジオールまたは脂肪族ポリエステル(B)が高
分子化される。
When producing the above aliphatic polyester diol or the above aliphatic polyester (B), a deglycolization reaction occurs after the esterification reaction, and the aliphatic polyester diol or the aliphatic polyester (B) is polymerized. To be done.

【0027】上記脱グリコール反応の際には、反応触媒
として、Ti、Ge,Zn、Fe、Mn、Co、Zr、
V、Ir、La、Ce、Li、Caなどの金属化合物、
好ましくはこれら金属の有機酸塩、たとえばジブトキシ
チタン、ジアセトアセトキシチタン(日本化学産業
(株)社製”ナーセムチタン”)、テトラエトキシチタ
ン、テトラプロポキシチタン、テトラブトキシチタンな
どが、高い触媒活性を有し、しかも市販されているので
容易に入手可能であるので、好ましい。
In the deglycolization reaction, Ti, Ge, Zn, Fe, Mn, Co, Zr, and
Metal compounds such as V, Ir, La, Ce, Li and Ca,
Preferably, organic acid salts of these metals, such as dibutoxytitanium, diacetoacetoxytitanium ("Narsem titanium" manufactured by Nippon Kagaku Sangyo Co., Ltd.), tetraethoxytitanium, tetrapropoxytitanium and tetrabutoxytitanium, have high catalytic activity. It is preferable because it is available and easily available.

【0028】これらの触媒量は、通常、脂肪族ポリエス
テルジオール100重量部に対して0.01〜3重量
部、好ましくは0.05重量部以下である。触媒は、上
記エステル化反応が開始される段階から添加されていて
もよく、脱グリコール反応の直前に加えてもよい。
The amount of these catalysts is usually 0.01 to 3 parts by weight, preferably 0.05 parts by weight or less, based on 100 parts by weight of the aliphatic polyester diol. The catalyst may be added from the stage where the esterification reaction is started, or may be added immediately before the deglycolization reaction.

【0029】上記エステル化反応は160℃〜230
℃、好ましくは180℃〜220℃で不活性ガス雰囲気
下で実施される。160℃未満のではエステル化反応速
度が遅く、230℃を越える温度では原料(脂肪族グリ
コール、脂肪族ジカルボン酸またはその無水物)および
生成物〔脂肪族ポリエステル(A)または脂肪族ポリエ
ステル(B)〕の少なくとも1種に分解が生じることが
ある。エステル化反応は、酸価が15以下、好ましくは
10以下に達するまで実施される。このエステル化反応
終了の際には、分子の両末端に水酸基を有する数平均分
子量1,000〜3,000程度の脂肪族ポリエステル
ジオールが得られる。この脂肪族ポリエステルジオール
は、分子量が大きい程、脱グリコール反応による分子量
の増大が円滑に行なえる点で好ましい。
The above esterification reaction is conducted at 160 ° C to 230 ° C.
C., preferably 180.degree. C. to 220.degree. C., under an inert gas atmosphere. When the temperature is lower than 160 ° C, the esterification reaction rate is slow, and when the temperature is higher than 230 ° C, the raw material (aliphatic glycol, aliphatic dicarboxylic acid or its anhydride) and the product [aliphatic polyester (A) or aliphatic polyester (B)] ], At least one of them may decompose. The esterification reaction is carried out until the acid value reaches 15 or less, preferably 10 or less. Upon completion of the esterification reaction, an aliphatic polyester diol having hydroxyl groups at both ends of the molecule and having a number average molecular weight of about 1,000 to 3,000 is obtained. The aliphatic polyester diol having a larger molecular weight is preferable because the molecular weight can be smoothly increased by the deglycolization reaction.

【0030】この脂肪族ポリエステルジオールの脱グリ
コール反応は、5Torr以下の減圧状態で170℃〜
230℃、好ましくは1Torr以下の減圧状態で18
0℃〜210℃で行なわれる。
The deglycolization reaction of this aliphatic polyester diol is carried out at 170 ° C. at a reduced pressure of 5 Torr or less.
18 at a reduced pressure of 230 ° C, preferably less than 1 Torr
It is carried out at 0 ° C to 210 ° C.

【0031】上記脂肪族ポリエステル(A)は、上記式
(1)に示されているようにウレタン結合を含んでい
る。このウレタン結合は、ポリイソシアナート(ジイソ
シアナートを含む)に由来する基であり、脂肪族ポリエ
ステル(A)の分子量を高める作用をし、脂肪族ポリエ
ステル(A)中にその分子量5,000当り少なくとも
1個含まれている。
The aliphatic polyester (A) contains a urethane bond as shown in the above formula (1). This urethane bond is a group derived from polyisocyanate (including diisocyanate), acts to increase the molecular weight of the aliphatic polyester (A), and has a function of increasing the molecular weight of the aliphatic polyester (A) per 5,000. At least one is included.

【0032】上記ポリイソシアナートとしては、ジイソ
シアナートが多く用いられる。上記ウレタン結合を形成
する目的で用いられるジイソシアナートとしては、たと
えば2,4−トリレンジイソシアナート、2,4−トリ
レンジイソシアナートと2,6−トリレンジイソシアナ
ートとの混合物、ジフェニルメタンジイソシアナート、
1,5−ナフチレンジイソシアナート、キシリレンジイ
ソシアナート、水素化キシリレンジイソシアナート、ヘ
キサメチレンジイソシアナート、イソホロジイソシアナ
ートが挙げられる。なかでもヘキサメチレンジイソシア
ナート、その3量体、トリメチロールプロパン付加物
が、上記脂肪族ポリエステルジオールとの反応性、この
脂肪族ポリエステルジオールとの反応過程を経て製造さ
れる脂肪族ポリエステル(A)の色相の点から好まし
い。
Diisocyanate is often used as the polyisocyanate. Examples of the diisocyanate used for forming the urethane bond include 2,4-tolylene diisocyanate, a mixture of 2,4-tolylene diisocyanate and 2,6-tolylene diisocyanate, and diphenylmethane diisocyanate. Nart,
1,5-naphthylene diisocyanate, xylylene diisocyanate, hydrogenated xylylene diisocyanate, hexamethylene diisocyanate, and isophorodi isocyanate. Among them, hexamethylene diisocyanate, its trimer, and a trimethylolpropane adduct are reactive with the above-mentioned aliphatic polyester diol, and an aliphatic polyester (A) produced through a reaction process with this aliphatic polyester diol. Is preferable from the viewpoint of hue.

【0033】また、上記脂肪族ポリエステル(A)およ
び(B)につきフィルムとしての強靱性および成形加工
性の改良を必要とする場合には、これらの脂肪族ポリエ
ステルを製造する際の原料として、例えばアルコール性
水酸基を3個以上有する脂肪族ポリオール、オキシカル
ボキシル基を3個以上有する脂肪族ポリオキシカルボン
酸およびその無水物、カルボキシル基を3個以上有する
脂肪族ポリカルボン酸およびその無水物から選ばれる少
なくとも1種の化合物が、上記エステル化反応段階で、
製造される脂肪族ポリエステルの用途などに応じて、通
常、上述した成分(2) の脂肪族ジカルボン酸またはその
無水物に対して5モル%以下、好ましくは1モル%以下
用いられる。
When it is necessary to improve the toughness and molding processability of the above aliphatic polyesters (A) and (B) as a film, for example, as a raw material for producing these aliphatic polyesters, It is selected from an aliphatic polyol having 3 or more alcoholic hydroxyl groups, an aliphatic polyoxycarboxylic acid having 3 or more oxycarboxyl groups and its anhydride, and an aliphatic polycarboxylic acid having 3 or more carboxyl groups and its anhydride. At least one compound in the above esterification reaction step,
It is usually used in an amount of 5 mol% or less, preferably 1 mol% or less, based on the aliphatic dicarboxylic acid of the above-mentioned component (2) or its anhydride depending on the use of the aliphatic polyester produced.

【0034】上記のような脂肪族ポリエステル(A)ま
たは(B)で形成されている生分解性ポリマー層1は、
必要に応じて上記脂肪族ポリエステル以外の生分解性ポ
リマー、着色剤などを含んでいてもよい。
The biodegradable polymer layer 1 formed of the aliphatic polyester (A) or (B) as described above is
If necessary, a biodegradable polymer other than the above aliphatic polyester, a colorant and the like may be contained.

【0035】上記脂肪族ポリエステル以外の生分解性ポ
リマーとしては、具体的には下記のような生分解性ポリ
マーが挙げられる。 a)3−ヒドロキシ酪酸と3−ヒドロキシ吉草酸との直
鎖状ポリエステル(商品名 バイオポール、英国ICI
社製) なお、この直鎖状ポリエステル(バイオポール)は、Al
caligenes Europhusによる糖発酵によって得られる。
Specific examples of biodegradable polymers other than the above aliphatic polyesters include the following biodegradable polymers. a) Linear polyester of 3-hydroxybutyric acid and 3-hydroxyvaleric acid (trade name: Biopol, ICI, UK
Note that this linear polyester (Biopol) is made of Al
Obtained by sugar fermentation with caligenes Europhus.

【0036】b)グルコースの乳酸発酵などによって得
られるラクチドを開環重合することにより製造される乳
酸系生分解性ポリマー(島津製作所(社)製) c)澱粉、多糖類、キチンなどの天然高分子から製造さ
れる生分解性ポリマー〔たとえば商品名 プルラン(林
原研究所社製)など〕 d)ε−カプロラクトンの開環重合によって得られる生
分解性ポリカプロラクトン e)ポリビニルアルコールあるいはこの変性物である生
分解性ポリマー(商品名 バイテックス、米国エアプロ
ダクツ アンド ケミルカズ社製) f)ポリエーテル、ポリアクリル酸、エチレン・一酸化
炭素共重合体、脂肪族ポリエステル・ポリアミド共重合
体、脂肪族ポリエステル・ポリオレフィン共重合体、脂
肪族ポリエステル・芳香族ポリエステル共重合体、脂肪
族ポリエステル・ポリエーテル共重合体などの生分解性
ポリマー g)ポリ乳酸、ポリ酪酸、ポリグリコリッドあるいはこ
れらの誘導体などの生分解性ポリマー h)澱粉と変性ポリビニルアルコールなどとのポリマー
アロイ(商品名 マタビー、米国ノバモント社製)な
ど。
B) Lactic acid-based biodegradable polymer produced by ring-opening polymerization of lactide obtained by lactic acid fermentation of glucose (manufactured by Shimadzu Corporation) c) Natural high levels of starch, polysaccharides, chitin, etc. Biodegradable polymer produced from molecules [for example, pullulan (trade name, manufactured by Hayashibara Laboratory Co., Ltd.)] d) Biodegradable polycaprolactone obtained by ring-opening polymerization of ε-caprolactone e) Polyvinyl alcohol or its modified product Biodegradable polymer (trade name Vitex, manufactured by US Air Products and Chemirkaz) f) Polyether, polyacrylic acid, ethylene / carbon monoxide copolymer, aliphatic polyester / polyamide copolymer, aliphatic polyester / polyolefin Copolymer, aliphatic polyester / aromatic polyester copolymer, aliphatic Biodegradable polymer such as polyester / polyether copolymer g) Biodegradable polymer such as polylactic acid, polybutyric acid, polyglycolide or their derivatives h) Polymer alloy of starch and modified polyvinyl alcohol (trade name: Mataby) , Manufactured by Novamont, USA) etc.

【0037】i)澱粉とポリエチレンとのポリマーアロ
イ(商品名 ポリグレードII、アンパセット社製;商品
名 ポリクリーン、米国アーカー ダニエル ミッドラ
ンド社製) j)シラン澱粉とポリエチレンとの組成物(商品名 エ
コスター、セントローレンススターチ社製) k)ポリカプロラクトンとポリエチレンのポリマーアロ
イ(商品名 バイオミクロン、JSP社製;商品名 ト
ーン、米国ユニオンカーバイド社製) 上記のような生分解性脂肪族ポリエステルからなる生分
解性ポリマー層1と金属薄膜2との積層体である生分解
性メタライジングフィルム10を土中に廃棄すると、生
分解性ポリマー層1は、土中の微生物によって二酸化炭
素と水などに分解される。
I) Polymer alloy of starch and polyethylene (trade name: Poly Grade II, manufactured by Ampacet; trade name: Polyclean, manufactured by Arcer Daniel Midland Co., USA) j) Composition of silane starch and polyethylene (trade name: Eco Star, manufactured by St. Lawrence Starch) k) Polymer alloy of polycaprolactone and polyethylene (trade name: Biomicron, manufactured by JSP; trade name: Tone, manufactured by Union Carbide Co., USA) Raw consisting of the above biodegradable aliphatic polyester When the biodegradable metallizing film 10, which is a laminate of the degradable polymer layer 1 and the metal thin film 2, is discarded in the soil, the biodegradable polymer layer 1 is decomposed into carbon dioxide and water by microorganisms in the soil. It

【0038】本発明で用いられる生分解性ポリマー層1
の厚さは、通常、12〜250μmであり、好ましくは
25〜100μmである。このような生分解性ポリマー
層1は、必要に応じてその他の生分解性ポリマー、着色
剤などを含む上記生分解性脂肪族ポリエステルをインフ
レーション法またはTダイ押出し法でフィルム加工し、
必要に応じて後加工として延伸加工を行ない、所望の膜
厚に調整される。
Biodegradable polymer layer 1 used in the present invention
The thickness is usually 12 to 250 μm, preferably 25 to 100 μm. Such a biodegradable polymer layer 1 is processed into a film by inflation method or T-die extrusion method from the above biodegradable aliphatic polyester containing other biodegradable polymer, colorant, etc., if necessary,
If necessary, a stretching process is performed as a post process to adjust the film thickness to a desired value.

【0039】また、金属薄膜2は、例えばアルミニウ
ム、真鍮、クロムなどからなり、真空蒸着法、スパッタ
リング法またはイオンプレーティング法で生分解性ポリ
マー層1上に形成され得る。この場合の金属薄膜2の膜
厚は、通常、50〜1000オングストローム、好まし
くは100〜300オングストロームである。例えば、
生分解性ポリマー層1上に金属薄膜2を真空蒸着法で形
成する際、真空度は1×10-4〜1×10-5torrに
調整される。このような真空蒸着法、スパッタリング法
またはイオンプレーティング法で生分解性ポリマー層1
上に形成された金属薄膜2は、通常、1×10-11 〜1
×10-14 cm3 (STP)・cm/cm 2 ・sec・
cmHgの酸素透過係数を有している。
The metal thin film 2 is, for example, aluminum.
Made of aluminum, brass, chrome, etc., vacuum deposition method, sputtering
Biodegradable poly by ring method or ion plating method
It may be formed on the mer layer 1. Film of the metal thin film 2 in this case
Thickness is usually 50-1000 angstroms, preferred
It is 100 to 300 angstroms. For example,
Form metal thin film 2 on biodegradable polymer layer 1 by vacuum deposition method
When forming, the degree of vacuum is 1 × 10-Four~ 1 x 10-Fiveto torr
Adjusted. Such vacuum deposition method, sputtering method
Or biodegradable polymer layer 1 by ion plating method
The metal thin film 2 formed on the top is usually 1 × 10.-11~ 1
× 10-14cm3(STP) / cm / cm 2・ Sec ・
It has an oxygen permeability coefficient of cmHg.

【0040】特に金属薄膜2をスパッタリング法または
イオンプレーティング法で形成することが好ましい。こ
の場合、生分解性ポリマー層1との密着性に優れ、気体
の透過係数が低く、しかも表面電気抵抗値の低い金属薄
膜2が得られる。
It is particularly preferable to form the metal thin film 2 by the sputtering method or the ion plating method. In this case, the metal thin film 2 having excellent adhesion to the biodegradable polymer layer 1, a low gas permeability coefficient, and a low surface electric resistance value can be obtained.

【0041】上記金属薄膜2は少なくとも一部が酸化さ
れていてもよい。すなわち、生分解性メタライジングフ
ィルム10中では上記金属薄膜2に代えてシリカなどの
金属酸化物薄膜が生分解性ポリマー層1上に形成されて
いてもよい。ただし、この場合には、生分解性ポリマー
層1との密着性などの点から金属酸化物薄膜を生分解性
ポリマー層1上にスパッタリング法またはイオンプレー
ティング法で形成する必要がある。
At least a part of the metal thin film 2 may be oxidized. That is, in the biodegradable metallizing film 10, a metal oxide thin film such as silica may be formed on the biodegradable polymer layer 1 instead of the metal thin film 2. However, in this case, it is necessary to form the metal oxide thin film on the biodegradable polymer layer 1 by a sputtering method or an ion plating method from the viewpoint of adhesion with the biodegradable polymer layer 1.

【0042】また、金属薄膜2としてアルミホイールな
どの金属ホイールを用い、例えばTダイ押出しポリラミ
ネート法、すなわちアルミホイールなどの金属ホイール
上にTダイ押出し成形機で生分解性ポリマー層1を押出
しラミネートする方法、ヒートラミネート法、すなわ
ち、生分解性ポリマー層1と金属ホイールとを100〜
300℃の温度に加熱しながらラミネートする方法、溶
液キャスト法、アルミホイールなどの金属ホイール上に
生分解性ポリマーの溶液をコンマロールコーターなどで
コーティングした後に乾燥する方法などで生分解性ポリ
マー層1と金属ホイールとをラミネートすることによっ
ても生分解性メタライジングフィルム10を得ることが
できる。
Further, a metal wheel such as an aluminum wheel is used as the metal thin film 2, and the biodegradable polymer layer 1 is extruded and laminated by, for example, a T-die extrusion polylamination method, that is, a metal wheel such as an aluminum wheel is extruded by a T-die extrusion molding machine. Method, heat lamination method, that is, 100 to 100% of the biodegradable polymer layer 1 and the metal wheel.
Biodegradable polymer layer 1 by a method of laminating while heating to a temperature of 300 ° C., a solution casting method, a method of coating a solution of a biodegradable polymer on a metal wheel such as an aluminum wheel with a comma roll coater, and then drying the layer. The biodegradable metallizing film 10 can also be obtained by laminating a metal wheel with a metal wheel.

【0043】このようにして生分解性メタライジングフ
ィルム10を得る場合、金属薄膜2として用いられる金
属ホイールの厚さは、通常、7〜120μmであり、好
ましくは7〜25μmである。
When the biodegradable metallizing film 10 is thus obtained, the thickness of the metal wheel used as the metal thin film 2 is usually 7 to 120 μm, preferably 7 to 25 μm.

【0044】本発明で金属薄膜2として金属ホイールを
用いる場合、この金属ホイールと生分解性ポリマー層1
とを接着剤で接着して生分解性メタライジングフィルム
を形成することもできる。この場合の接着剤としては、
例えば、ポリビニルアルコール、澱粉、天然ゴム、膠、
ゼラチン、カゼインなどからなる接着剤を用いることが
好ましい。また、この接着剤の付着量は、通常、1〜2
0g/m2 であり、好ましくは1〜5g/m2 である。
When a metal wheel is used as the metal thin film 2 in the present invention, the metal wheel and the biodegradable polymer layer 1 are used.
It is also possible to form a biodegradable metallizing film by bonding and with an adhesive. As the adhesive in this case,
For example, polyvinyl alcohol, starch, natural rubber, glue,
It is preferable to use an adhesive made of gelatin, casein or the like. In addition, the adhesion amount of this adhesive is usually 1 to 2
It was 0 g / m 2, preferably from 1 to 5 g / m 2.

【0045】上記のような粘着剤は、生分解性を示すた
め、このような粘着剤で金属ホイールと生分解性ポリマ
ー層1とを接着して得られた生分解性メタライジングフ
ィルムは、土中に廃棄しても自然環境を破壊することが
ない。
Since the above-mentioned pressure-sensitive adhesive exhibits biodegradability, the biodegradable metallizing film obtained by adhering the metal wheel and the biodegradable polymer layer 1 with such a pressure-sensitive adhesive is a soil. It does not destroy the natural environment even if it is discarded.

【0046】図2のメタライジングフィルム10では、
図1のメタライジングフィルム10の生分解性ポリマー
層1上に、さらに紙層3が形成されている。紙層3とし
ては、通常、50〜150g/m2 、好ましくは60〜
100g/m2 の紙が用いられる。
In the metallizing film 10 of FIG. 2,
A paper layer 3 is further formed on the biodegradable polymer layer 1 of the metallizing film 10 of FIG. The paper layer 3 is usually 50 to 150 g / m 2 , preferably 60 to 150 g / m 2 .
100 g / m 2 of paper is used.

【0047】このような金属薄膜2/生分解性ポリマー
層1/紙層3の積層体からなるメタライジングフィルム
10は、図1のメタライジングフィルム10の生分解性
ポリマー層1上に紙層3を重ね合わせて、例えば、押出
し成形機で100〜300℃の温度でラミネートするな
どの方法によって得られる。
The metallizing film 10 comprising a laminate of such a metal thin film 2 / biodegradable polymer layer 1 / paper layer 3 has a paper layer 3 on the biodegradable polymer layer 1 of the metallizing film 10 of FIG. Are superposed on each other and laminated by, for example, an extruder at a temperature of 100 to 300 ° C.

【0048】また、図3のメタライジングフィルム10
では、図1のメタライジングフィルム10の金属薄膜2
上に、さらに生分解性ポリマー層1が形成されている。
このような生分解性ポリマー層1/金属薄膜2/生分解
性ポリマー層1の積層体からなるメタライジングフィル
ム10は、図1のメタライジングフィルム10の金属薄
膜2上に生分解性ポリマー層1を例えば、上記Tダイ押
出しポリマーラミネート法またはヒートラミネート法で
ラミネートするか、接着剤で接着するか、あるいは溶液
キャスト法で形成する方法などによって得られる。図1
のメタライジングフィルム10の金属薄膜2上に生分解
性ポリマー層1を接着剤で接着する場合、接着剤として
上述したような生分解性接着剤を用いることが好まし
い。また、この接着剤の付着量は、通常、1〜20g/
2 であり、好ましくは1〜5g/m2 である。
Further, the metallizing film 10 shown in FIG.
Then, the metal thin film 2 of the metallizing film 10 of FIG.
The biodegradable polymer layer 1 is further formed thereon.
The metallizing film 10 composed of such a laminate of biodegradable polymer layer 1 / metal thin film 2 / biodegradable polymer layer 1 has the biodegradable polymer layer 1 on the metal thin film 2 of the metallizing film 10 of FIG. Can be obtained by, for example, a method of laminating by the above T-die extrusion polymer laminating method or a heat laminating method, adhering with an adhesive, or forming by a solution casting method. Figure 1
When the biodegradable polymer layer 1 is adhered onto the metal thin film 2 of the metallizing film 10 with the adhesive, it is preferable to use the biodegradable adhesive as described above as the adhesive. In addition, the adhesion amount of this adhesive is usually 1 to 20 g /
m 2 and preferably 1 to 5 g / m 2 .

【0049】以上、本発明に係るメタライジングフィル
ムの具体例を示したが、本発明に係るメタライジングフ
ィルムは、上述した特定の脂肪族ポリエステルからなる
生分解性ポリマー層と、少なくとも一部が酸化されてい
てもよい金属薄膜とを含む積層フィルムであれば、上記
具体例に限定されることなく、様々な態様が可能であ
る。
The specific examples of the metallizing film according to the present invention have been described above. The metallizing film according to the present invention has a biodegradable polymer layer made of the above-mentioned specific aliphatic polyester and at least a part thereof is oxidized. As long as it is a laminated film containing a metal thin film which may be formed, various embodiments are possible without being limited to the above specific examples.

【0050】たとえば図1に示すメタライジングフィル
ムの金属薄膜2の表面、図2に示すメタライジングフィ
ルムの紙層3の表面、または図3に示すメタライジング
フィルムの生分解性ポリマー層1の表面には、粘着剤層
が形成されていてもよい。また、図2に示すメタライジ
ングフィルムの紙層3の表面には、生分解性ポリマー層
1および粘着剤層がこの順序で形成されていてもよい。
このように片面に粘着剤層が形成されている本発明に係
るメタライジングフィルムは、粘着テープ、あるいは粘
着ラベル本体などとして用いることができる。
For example, on the surface of the metal thin film 2 of the metallizing film shown in FIG. 1, the surface of the paper layer 3 of the metallizing film shown in FIG. 2, or the surface of the biodegradable polymer layer 1 of the metallizing film shown in FIG. The adhesive layer may be formed. Further, the biodegradable polymer layer 1 and the pressure-sensitive adhesive layer may be formed in this order on the surface of the paper layer 3 of the metallizing film shown in FIG.
The metallizing film according to the present invention having the pressure-sensitive adhesive layer formed on one surface thereof can be used as a pressure-sensitive adhesive tape or a pressure-sensitive adhesive label body.

【0051】さらに図1〜図3に示すメタライジングフ
ィルムの両面に粘着剤層が形成されていてもよい。この
ようにフィルム両面に粘着剤層が形成された本発明に係
るメタライジングフィルムは、両面粘着テープ本体とし
て用いることができる。
Further, an adhesive layer may be formed on both sides of the metallizing film shown in FIGS. The metallizing film according to the present invention having the pressure-sensitive adhesive layer formed on both surfaces of the film as described above can be used as a double-sided pressure-sensitive adhesive tape body.

【0052】また、図3に示すメタライジングフィルム
は、包装フィルムなどとして用いられる。本発明に係る
メタライジング材料は、上記のようなメタライジングフ
ィルムに限定されず、たとえば生分解性ポリマー層が管
状物、または板状物などのような立体物であってもよ
い。
The metallizing film shown in FIG. 3 is used as a packaging film or the like. The metallizing material according to the present invention is not limited to the above metallizing film, and the biodegradable polymer layer may be a three-dimensional object such as a tubular material or a plate-shaped material.

【0053】[0053]

【発明の効果】以上説明してきたように、本発明に係る
メタライジングフィルムは、ポリマー層と、少なくとも
一部が酸化されていてもよい金属薄膜とを有し、このポ
リマー層として (I)(1) 脂肪族グリコールと(2) 脂肪族ジカルボン酸
またはその酸無水物とを、(3) アルコール性水酸基を3
個以上有する脂肪族ポリオール、オキシカルボキシル基
を3個以上有する脂肪族ポリオキシカルボン酸およびそ
の無水物、カルボキシル基を3個以上有する脂肪族ポリ
カルボン酸およびその無水物から選ばれる少なくとも1
種の化合物の存在下または非存在下で反応させて得られ
た水酸基を末端に有する脂肪族ポリエステルポリオール
と、(II)ポリイソシアナートとを反応させて得られた
数平均分子量10、000以上の脂肪族ポリエステル
(A)、または前記脂肪族ポリエステルポリオールを触
媒の存在下で160〜230℃の温度および0.005
〜1mmHgの真空下で脱グリコール反応させて得られ
た数平均分子量10,000以上の脂肪族ポリエステル
(B)からなる生分解性ポリマー層が用いられているの
で、ポリマー層の生分解性に優れ、環境を破壊したり、
土中の生態系を大きく乱したりすることがなく、しかも
前記脂肪族ポリエステルの種類に応じて機械的強度、耐
水性および成形性が調整できるという特徴がある。
As described above, the metallizing film according to the present invention has a polymer layer and a metal thin film which may be at least partially oxidized, and (I) ( 1) Aliphatic glycol and (2) aliphatic dicarboxylic acid or its acid anhydride, (3) alcoholic hydroxyl group 3
At least 1 selected from aliphatic polyols having 3 or more oxycarboxyl groups, aliphatic polyoxycarboxylic acids having 3 or more oxycarboxyl groups and their anhydrides, and aliphatic polycarboxylic acids having 3 or more carboxyl groups and their anhydrides
Of a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by reacting (II) polyisocyanate with an aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at the end, which is obtained by reacting in the presence or absence of a seed compound. Aliphatic polyester (A), or said aliphatic polyester polyol in the presence of a catalyst at a temperature of 160 to 230 ° C. and 0.005
Since a biodegradable polymer layer composed of an aliphatic polyester (B) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by a deglycolization reaction under a vacuum of 1 mmHg is used, the polymer layer is excellent in biodegradability. To destroy the environment,
It is characterized in that it does not significantly disturb the soil ecosystem and that the mechanical strength, water resistance and moldability can be adjusted according to the type of the aliphatic polyester.

【0054】したがって、本発明によれば、生分解性お
よび成形性に優れ、前記生分解性ポリマー層と前記金属
薄膜とが良好に密着しており、しかも用途に応じて機械
的強度および耐水性が適度に調整されたメタライジング
フィルムを提供することが可能である。
Therefore, according to the present invention, the biodegradability and moldability are excellent, the biodegradable polymer layer and the metal thin film are in close contact with each other, and the mechanical strength and water resistance are dependent on the application. It is possible to provide a metallizing film in which is appropriately adjusted.

【0055】さらに生分解性ポリマー層上に金属薄膜ま
たは金属酸化物薄膜をイオンプレーティング法またはス
パッタリング法で形成すると、前記脂肪族ポリエステル
からなる生分解性ポリマー層と金属薄膜との密着性が高
められ、メタライジングフィルムの酸素透過係数を減少
させることができる。
Further, when a metal thin film or a metal oxide thin film is formed on the biodegradable polymer layer by an ion plating method or a sputtering method, the adhesion between the biodegradable polymer layer made of the aliphatic polyester and the metal thin film is enhanced. Therefore, the oxygen permeation coefficient of the metallized film can be reduced.

【0056】したがって、このような薄膜形成過程を含
んでメタライジングフィルムを製造する本発明に係るメ
タライジングフィルムの製造方法によれば、前記生分解
性ポリマー層との密着性に優れ、気体の透過係数が低
く、しかも電気抵抗値の低い金属薄膜(ただし、金属薄
膜の少なくとも一部が酸化されていてもよい)を有する
メタライジングフィルムを提供することが可能である。
Therefore, according to the method for producing a metallizing film of the present invention, which comprises such a thin film forming process, the metallizing film is excellent in adhesiveness with the biodegradable polymer layer, and gas permeation is excellent. It is possible to provide a metallizing film having a metal thin film having a low coefficient and a low electric resistance value (however, at least a part of the metal thin film may be oxidized).

【0057】[0057]

【実施例】以下本発明を実施例により説明するが、本発
明はこれら実施例に限定されるものではない。
EXAMPLES The present invention will be described below with reference to examples, but the present invention is not limited to these examples.

【0058】[0058]

【実施例1】生分解性ポリマー層として厚さ50μmの
脂肪族ジカルボン酸と脂肪族ジオールとの縮合反応生成
物である脂肪族ポリエステル(商品名 ビオノーレ#3
000、 昭和高分子(株)社製)の一面に、イオンプ
レーティング法で厚さ200オングストロームのアルミ
ニウム層を形成した。
Example 1 An aliphatic polyester (trade name: Bionole # 3, which is a condensation reaction product of an aliphatic dicarboxylic acid and an aliphatic diol, having a thickness of 50 μm as a biodegradable polymer layer.
000, manufactured by Showa High Polymer Co., Ltd.), and an aluminum layer having a thickness of 200 angstrom was formed by an ion plating method.

【0059】このようにして得られたメタライジングフ
ィルムのアルミニウム層上にセロテープを貼着した後、
このセロテープをメタライジングフィルムから剥離して
セロテープの粘着剤層の状態から生分解性ポリマー層と
アルミニウム層との密着性を評価した。
After attaching a cellophane tape on the aluminum layer of the metallizing film thus obtained,
This cellophane tape was peeled off from the metallizing film, and the adhesiveness between the biodegradable polymer layer and the aluminum layer was evaluated from the state of the pressure-sensitive adhesive layer of the cellophane tape.

【0060】また、上記メタライジングフィルムの酸素
透過係数は、JIS K 7126に準拠して測定し
た。さらに上記メタライジングフィルムを100mm×
100mmの大きさに切断し、得られた試料を深さ10
cmの土中に埋め、1ケ月および3ケ月間放置した後に
堀り出し、次式でメタライジングフィルムの分解率を評
価した。
The oxygen permeability coefficient of the metallizing film was measured according to JIS K 7126. Further, the metallizing film is 100 mm ×
The sample obtained by cutting into a size of 100 mm has a depth of 10
It was buried in cm soil and left for 1 month and 3 months and then dug out, and the decomposition rate of the metallizing film was evaluated by the following formula.

【0061】[0061]

【数1】 [Equation 1]

【0062】上記結果を表1に示す。The above results are shown in Table 1.

【0063】[0063]

【実施例2】イオンプレーティング法に代えてスパッタ
リング法で生分解性ポリマー層上にアルミニウム層を形
成した以外は実施例1と同様にしてメタライジングフィ
ルムを製造し、得られたメタライジングフィルムの密着
性、酸素透過係数および分解率を実施例1と同様にして
測定した。
Example 2 A metallizing film was produced in the same manner as in Example 1 except that an aluminum layer was formed on the biodegradable polymer layer by a sputtering method instead of the ion plating method. The adhesion, oxygen permeability coefficient and decomposition rate were measured in the same manner as in Example 1.

【0064】上記結果を表1に示す。The above results are shown in Table 1.

【0065】[0065]

【実施例3】イオンプレーティング法に代えて真空蒸着
法で生分解性ポリマー層上にアルミニウム層を形成した
以外は実施例1と同様にしてメタライジングフィルムを
製造し、得られたメタライジングフィルムの密着性、酸
素透過係数および分解率を実施例1と同様にして測定し
た。
Example 3 A metallizing film was produced in the same manner as in Example 1 except that an aluminum layer was formed on the biodegradable polymer layer by a vacuum deposition method instead of the ion plating method, and the obtained metallizing film was obtained. The adhesiveness, oxygen permeability coefficient and decomposition rate of were measured in the same manner as in Example 1.

【0066】上記結果を表1に示す。The above results are shown in Table 1.

【0067】[0067]

【比較例】生分解性ポリマー層に代えて同様の厚さを有
するポリエチレンテレフタレートフィルム(商品名 東
レルミラーS−10、東レ(株)社製)50μmを用い
た以外は、上記実施例と同様にして比較例のメタライジ
ングフィルムを製造し、得られたメタライジングフィル
ムの密着性、酸素透過係数および分解率を実施例1と同
様にして測定した。
[Comparative Example] The same as the above example except that a polyethylene terephthalate film (trade name: Torel mirror S-10, manufactured by Toray Industries, Inc.) having the same thickness was used instead of the biodegradable polymer layer. The metallizing film of the comparative example was produced, and the adhesiveness, oxygen permeability coefficient and decomposition rate of the obtained metallizing film were measured in the same manner as in Example 1.

【0068】上記結果を表1に示す。The above results are shown in Table 1.

【0069】[0069]

【表1】 [Table 1]

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】本発明に係るメタライジングフィルムの概略断
面図である。
FIG. 1 is a schematic sectional view of a metallizing film according to the present invention.

【図2】本発明に係るメタライジングフィルムの概略断
面図である。
FIG. 2 is a schematic sectional view of a metalizing film according to the present invention.

【図3】本発明に係るメタライジングフィルムの概略断
面図である。
FIG. 3 is a schematic sectional view of a metalizing film according to the present invention.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

10…メタライジングフィルム 1…生分解性ポリマー層 2…金属薄膜 3…紙層 10 ... Metallizing film 1 ... Biodegradable polymer layer 2 ... Metal thin film 3 ... Paper layer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 C08L 67/04 75/06 NFX ─────────────────────────────────────────────────── ─── Continuation of the front page (51) Int.Cl. 6 Identification code Internal reference number FI technical display area C08L 67/04 75/06 NFX

Claims (6)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 (I)(1) 脂肪族グリコールと(2) 脂肪
族ジカルボン酸またはその酸無水物とを、前記成分(2)
に対して5モル%以下の(3) アルコール性水酸基を3個
以上有する脂肪族ポリオール、オキシカルボキシル基を
3個以上有する脂肪族ポリオキシカルボン酸およびその
無水物、カルボキシル基を3個以上有する脂肪族ポリカ
ルボン酸およびその無水物から選ばれる少なくとも1種
の化合物の存在下または非存在下で反応させて得られた
水酸基を末端に有する脂肪族ポリエステルポリオール
と、(II)ポリイソシアナートとを反応させて得られた
数平均分子量10、000以上の脂肪族ポリエステル
(A)、または前記脂肪族ポリエステルポリオールを、
触媒の存在下で160〜230℃の温度および0.00
5〜1mmHgの真空下で脱グリコール反応させて得ら
れた数平均分子量10,000以上の脂肪族ポリエステ
ル(B)からなる生分解性ポリマー層と、 一部が酸化されていてもよい金属薄膜とを有する積層体
で構成されていることを特徴とする生分解性メタライジ
ング材料。
1. An (I) (1) aliphatic glycol and (2) an aliphatic dicarboxylic acid or an acid anhydride thereof are added to the above component (2).
5 mol% or less of (3) an aliphatic polyol having 3 or more alcoholic hydroxyl groups, an aliphatic polyoxycarboxylic acid having 3 or more oxycarboxyl groups and an anhydride thereof, and a fat having 3 or more carboxyl groups Reacting (II) a polyisocyanate with an aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at the end, which is obtained by reacting in the presence or absence of at least one compound selected from group polycarboxylic acids and their anhydrides The aliphatic polyester (A) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by the above, or the aliphatic polyester polyol,
A temperature of 160-230 ° C. and 0.00 in the presence of a catalyst
A biodegradable polymer layer composed of an aliphatic polyester (B) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by a deglycolization reaction under a vacuum of 5 to 1 mmHg, and a metal thin film which may be partially oxidized. A biodegradable metallizing material comprising a laminate having
【請求項2】 前記金属薄膜が前記生分解性ポリマー層
の片面に積層されていることを特徴とする請求項1に記
載の生分解性メタライジング材料。
2. The biodegradable metallizing material according to claim 1, wherein the metal thin film is laminated on one surface of the biodegradable polymer layer.
【請求項3】 少なくとも一部が酸化されていてもよい
金属薄膜および前記生分解性ポリマー層が、この順序で
紙層上に積層されていることを特徴とする請求項1に記
載の生分解性メタライジング材料。
3. The biodegradation according to claim 1, wherein the metal thin film which may be at least partially oxidized and the biodegradable polymer layer are laminated on the paper layer in this order. Metallizing material.
【請求項4】 生分解性メタライジング材料が、前記生
分解性ポリマー層/前記金属薄膜/前記生分解性ポリマ
ー層の積層体であることを特徴とする請求項1に記載の
生分解性メタライジング材料。
4. The biodegradable meta-material according to claim 1, wherein the biodegradable metallizing material is a laminate of the biodegradable polymer layer / the metal thin film / the biodegradable polymer layer. Rising material.
【請求項5】 少なくとも一部が酸化されていてもよい
金属薄膜が、イオンプレーテイング法またはスパッタリ
ング法で形成された金属薄膜または金属酸化物薄膜であ
ることを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1項に
記載の生分解性メタライジング材料。
5. The metal thin film, which may be at least partially oxidized, is a metal thin film or a metal oxide thin film formed by an ion plating method or a sputtering method. The biodegradable metallizing material according to any one of claims.
【請求項6】 (I)(1) 脂肪族グリコールと(2) 脂肪
族ジカルボン酸またはその酸無水物とを、前記成分(2)
に対して5モル%以下の(3) アルコール性水酸基を3個
以上有する脂肪族ポリオール、オキシカルボキシル基を
3個以上有する脂肪族ポリオキシカルボン酸およびその
無水物、カルボキシル基を3個以上有する脂肪族ポリカ
ルボン酸およびその無水物から選ばれる少なくとも1種
の化合物の存在下または非存在下で反応させて得られた
水酸基を末端に有する脂肪族ポリエステルポリオール
と、(II)ポリイソシアナートとを反応させて得られた
数平均分子量10,000以上の脂肪族ポリエステル
(A)、または前記脂肪族ポリエステルポリオールを、
触媒の存在下で160〜230℃の温度および0.00
5〜1mmHgの真空下で脱グリコール反応させて得ら
れた数平均分子量10,000以上の脂肪族ポリエステ
ル(B)からなる生分解性ポリマー層上に、イオンプレ
ーテイング法またはスパッタリング法で金属薄膜または
金属酸化物薄膜を形成することを特徴とする生分解性メ
タライジング材料の製造方法。
6. (I) (1) an aliphatic glycol and (2) an aliphatic dicarboxylic acid or an acid anhydride thereof are added to the above component (2).
5 mol% or less of (3) an aliphatic polyol having 3 or more alcoholic hydroxyl groups, an aliphatic polyoxycarboxylic acid having 3 or more oxycarboxyl groups and an anhydride thereof, and a fat having 3 or more carboxyl groups Reacting (II) a polyisocyanate with an aliphatic polyester polyol having a hydroxyl group at the end, which is obtained by reacting in the presence or absence of at least one compound selected from group polycarboxylic acids and their anhydrides The aliphatic polyester (A) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by the above, or the aliphatic polyester polyol,
A temperature of 160-230 ° C. and 0.00 in the presence of a catalyst
On the biodegradable polymer layer composed of the aliphatic polyester (B) having a number average molecular weight of 10,000 or more obtained by deglycolization under a vacuum of 5 to 1 mmHg, a metal thin film or an ion plating method or a sputtering method is used. A method for producing a biodegradable metallizing material, which comprises forming a metal oxide thin film.
JP8632694A 1994-04-25 1994-04-25 Biodegradable metallizing material and production thereof Pending JPH07290645A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8632694A JPH07290645A (en) 1994-04-25 1994-04-25 Biodegradable metallizing material and production thereof

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8632694A JPH07290645A (en) 1994-04-25 1994-04-25 Biodegradable metallizing material and production thereof

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07290645A true JPH07290645A (en) 1995-11-07

Family

ID=13883721

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8632694A Pending JPH07290645A (en) 1994-04-25 1994-04-25 Biodegradable metallizing material and production thereof

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07290645A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000351175A (en) * 1999-06-09 2000-12-19 Japan Tobacco Inc Biodegradable aluminum transfer deposit leaf
JP2010508425A (en) * 2006-10-31 2010-03-18 バイオ−テック エンバイロメンタル,エルエルシー Chemical additives that make polymer materials biodegradable
US8513329B2 (en) 2006-10-31 2013-08-20 Bio-Tec Environmental, Llc Chemical additives to make polymeric materials biodegradable

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000351175A (en) * 1999-06-09 2000-12-19 Japan Tobacco Inc Biodegradable aluminum transfer deposit leaf
JP2010508425A (en) * 2006-10-31 2010-03-18 バイオ−テック エンバイロメンタル,エルエルシー Chemical additives that make polymer materials biodegradable
US8513329B2 (en) 2006-10-31 2013-08-20 Bio-Tec Environmental, Llc Chemical additives to make polymeric materials biodegradable
US8618189B2 (en) 2006-10-31 2013-12-31 Bio-Tec Environmental, Llc Chemical additives to make polymeric materials biodegradable
US9382416B2 (en) 2006-10-31 2016-07-05 Bio-Tec Environmental, Llc Chemical additives to make polymeric materials biodegradable

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU666081B2 (en) Biodegradable adhesive tape and biodegradable adhesive label
JP2013018549A (en) Multilayer sealant film
JP2000085054A (en) Collapsible laminate and manufacture thereof
JP3084239B2 (en) Biodegradable laminated film
JPH07290645A (en) Biodegradable metallizing material and production thereof
JP4307624B2 (en) Multilayer laminate and manufacturing method thereof
JP5532594B2 (en) Laminated polyester film for molding
JPH07285192A (en) Resin laminate
JP3378156B2 (en) Biodegradable card base material
JPH08300570A (en) Lactic acid based polyester laminate paper
JP2004203036A (en) Biodegradable resin laminate
JP2003145654A (en) Sheet with bending ruled line
JP3149356B2 (en) Biodegradable card base material
JP3366845B2 (en) Biodegradable card base material