JPH07272509A - システム天井用照明器具 - Google Patents

システム天井用照明器具

Info

Publication number
JPH07272509A
JPH07272509A JP6083684A JP8368494A JPH07272509A JP H07272509 A JPH07272509 A JP H07272509A JP 6083684 A JP6083684 A JP 6083684A JP 8368494 A JP8368494 A JP 8368494A JP H07272509 A JPH07272509 A JP H07272509A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reflector
ceiling
terminal block
bar
end plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6083684A
Other languages
English (en)
Inventor
Tetsutsugu Yamazaki
哲嗣 山崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Iwasaki Denki KK
Original Assignee
Iwasaki Denki KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Iwasaki Denki KK filed Critical Iwasaki Denki KK
Priority to JP6083684A priority Critical patent/JPH07272509A/ja
Publication of JPH07272509A publication Critical patent/JPH07272509A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】施工時の反射体の組み立てやその微調整がいら
ず施工が簡単で、また結線作業がしやすく、ランプをラ
ンプソケットに装着する際にランプのピンがエンドプレ
ートを傷付けないようなシステム天井用照明器具を提供
すること。 【構成】反射体2の両端にエンドプレート2aを一体的
に形成し、この各エンドプレートの内側に小型のランプ
ソケットを固着すると共に、反射体の上面に開口部を設
けこの開口部に、端子台をその電線挿入口が上面に露出
するように収納している端子台ボックス8を開口部から
突出するように反射体の内側から取り付け、さらに下端
がTバーに乗っかる支持金具3を反射体を上方から跨ぐ
ように配置して反射体から取外し可能に反射体の内側か
ら固定し、支持金具をTバー上に残して反射体を下方に
取り外すことができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は照明器具、特にシステム
天井用照明器具に関する。
【0002】
【従来の技術】システム天井は、照明器具を天井から垂
下したスタッドボルトに個別的に取り付けるのではな
く、天井の下方に天井から間隔をおいてTバーを張りめ
ぐらしてこの上に天井板を載せるようになされているも
ので、照明器具を配置する場所として予め開けられた
(通常はライン状に設けられている)箇所の、Tバー間
に跨がるようにシステム天井用照明器具を置いていくよ
うになされている。
【0003】このようなシステム天井用照明器具は、従
来は例えば図10のように、本体31と反射体32とを
有する。なおこのシステム天井用照明器具は蛍光灯2灯
用である。本体31は、フレーム33と安定器ボックス
34とを有し、フレーム33の両端にはソケット台35
が配置され、このソケット台35にランプソケット36
が装着されている。またフレーム33の4か所に本体3
1をTバー37に載せるための支持金具38が設けられ
ている。
【0004】下面が開口した安定器ボックス34はフレ
ーム33に乗せられて固定され、安定器ボックス34内
には安定器39や端子台40が配置されている。一方、
反射体32は、反射板39と2つのエンドプレート41
とからなっている。エンドプレート41には、ランプソ
ケット36のランプピン受部36a(図11)が露出す
るように穴41aが開けられている。
【0005】このシステム天井用照明器具を配置するに
は、照明器具を配置する場所として予め決められた箇所
の器具挿入口から本体31を天井裏に入れ、支持金具3
8をそれぞれTバー37に乗せる。その後図11のよう
に両エンドプレート41をソケット台35の係止部35
aに係止する。この状態ではエンドプレート41はぶら
ぶらしている。その後反射板39を上昇させて両エンド
プレート41間に反射板39を配置し、反射板39とソ
ケット台35の間にエンドプレート41の端部41bを
挾むようにして化粧ねじ42で締め付け、反射板39と
エンドプレート41をソケット台35に固定する。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来のシステム天井用照明器具では、反射板39と
エンドプレート41とが別々で、まずエンドプレート4
1をソケット台35の係止部35aに係止し、その後反
射板39を上昇させて両エンドプレート41間に配置し
て化粧ネジで固定するので、反射体32の施工に時間が
かかる。
【0007】また反射板39を両エンドプレート41間
に配置するまでは、エンドプレート41はソケット台3
5の係止部35aに係止された仮止めの状態にあり、ぶ
らぶらして安定せず、また仮止めの為両エンドプレート
41間の間隔が反射板39の長さと正確に一致しない。
そこで両エンドプレート41の位置を調節しながら反射
板39を両エンドプレート41間に配置しなければなら
ない。
【0008】また反射板39とエンドプレート41とが
接する隅部に隙間ができては体裁が悪いので、反射板3
9とエンドプレート41を取り付け組み立てた後、一旦
締め付けた化粧ねじ42を緩めてエンドプレート41の
位置を微調整する必要があった。
【0009】しかもこれらの取り付け組み立て作業や微
調節は、作業者が三脚の上に乗り行なう為、作業がかな
り面倒であり時間もかかる。また、組み立てや微調節の
際に反射板39とエンドプレート41がぶつかり互いの
塗装を傷付けてしまうこともある。
【0010】また、端子台40が安定器ボックス34の
側部に横向きに取り付けられているため電源線を結線す
る作業がしずらい。端子台40部分の保守点検の際にも
一旦反射板39やエンドプレート41を外さなければな
らず面倒である。しかも保守点検が終ったときは、再び
反射板39とエンドプレート41とを組み立て、且つ上
述のような調整をする必要がある。
【0011】さらに、従来のシステム天井用照明器具で
は、ランプをランプソケット36に装着する際に、ラン
プの両端の口金部から突出しているピンがエンドプレー
ト41と接触してエンドプレート41の表面の塗装面を
傷付けてしまう欠点もある。
【0012】本発明は、施工時の反射体の組み立てやそ
の微調整がいらず施工が簡単で、また結線作業がしやす
く、ランプをランプソケットに装着する際にランプのピ
ンがエンドプレートを傷付けないようなシステム天井用
照明器具を提供することを目的としている。
【0013】
【課題を解決するための手段】本発明では、天井から間
隔をおいて水平にTバーを張りめぐらしこの上に天井板
を置いてなるシステム天井に埋め込まれるように配置さ
れる、反射体を有する直管形の蛍光灯用のシステム天井
用照明器具において、反射体の両端にエンドプレートを
一体的に形成し、この各エンドプレートの内側に小型の
ランプソケットを固着すると共に、反射体の上面に開口
部を設けこの開口部に、端子台をその電線挿入口が上面
に露出するように収納している端子台ボックスを開口部
から突出するように反射体の内側から取り付け、さらに
下端がTバーに乗っかる支持金具を反射体を上方から跨
ぐように配置して反射体から取外し可能に反射体の内側
から固定し、支持金具をTバー上に残して反射体を下方
に取り外すことができるように構成されている。
【0014】
【作用】支持金具を取り付けた本体を天井材の間に設け
られた器具挿入口から斜めにして挿入する。エンドプレ
ートは反射体と一体にされているので、施工の際に組み
立てたり隙間ができないよう微調整する必要がない。保
守点検のため、天井裏に入る際は支持金具をTバー上に
残して反射体を下方に取り外す。
【0015】端子台は反射体の上面から突出している端
子台ボックス内に収納され、電源線は天井裏側から反射
体の上面から突出している端子台ボックスの上面で露出
している電線挿入口に挿入する。保守点検のため、端子
台を外したいときは、端子台ボックスごと反射体から外
し下方に取り出す。
【0016】
【実施例】図1〜図3において、本発明のシステム天井
用照明器具1(以下、照明器具という)は、内面が反射
面となっている横長の反射体2を有し、この反射体2の
両端付近に反射体2を跨ぐように支持金具3が配置され
ネジ3aにより反射体2内側から着脱可能に反射体2に
固定されている。この支持金具3の各下端がTバー4に
乗り照明器具1を支える。なお、この実施例の照明器具
は、直管形の蛍光灯2灯用である。
【0017】エンドプレート2aは反射体2と一体に形
成され、両エンドプレート2aの内側には2つずつ4つ
のランプソケット5が取り付けられている。各ランプソ
ケット5はその背面から突出している3つの突起5aを
エンドプレート2aの3つの穴6に挿入して固定されて
いる。
【0018】反射体2内には安定器7と端子台ボックス
8が設けられ、安定器7や端子台ボックス8が下から見
えないよう、また遮光角を与えるために反射体2内の長
手方向にV形の横断面をした反射板9が着脱可能に配置
されている。
【0019】端子台ボックス8は図3及び図4のように
反射体2に設けられた開口部2bから上方に突出するよ
うに反射体2の内側からネジ8bによりネジ止めして取
り付けられている。端子台ボックス8内には図5のよう
に端子台10が収納されている。端子台ボックス8の上
面には孔8aが設けられ、端子台ボックス8内に配置さ
れた端子台10の上面に設けられた電線挿入口を有する
面10aが露出するようになされている。
【0020】なお端子台10は、図6のように端子台ボ
ックスに入れないで、又は入れて反射体2の上面に外に
は突出しないように反射体2の内側に着脱可能に取り付
けてもよい。
【0021】照明器具1をTバー4上に配置するには、
図7のように照明器具1を天井材11の間に設けられた
器具挿入口12から斜めにして挿入し、図8のように配
置する。その後天井裏側から電源線としてのFケーブル
13を上方から端子台ボックス8から露出している端子
台10の電線挿入口に挿入する。
【0022】施工後、誤配線のチェックのため、あるい
は保守点検のため、端子台10を点検したいときは、図
8の状態において反射板9を外し、ネジ8bを外して図
5のように端子台ボックス8だけを反射体2の下方に引
き出せばよい。
【0023】また、天井裏に入る必要があるときは、ネ
ジ3a(図2)を緩めて図9のように反射体2を支持金
具3から外し、Fケーブル13を外し反射体2を下に取
り出せば、この部分から人が天井裏に入れる。
【0024】
【発明の効果】本発明では、エンドプレートが反射体と
一体にされているので、施工の際に反射体とエンドプレ
ートを組み立てたり隙間ができないように微調整する必
要がなく、支持金具が取り付けられた反射体を、器具挿
入口から入れTバー上に乗せるだけでよいので施工が極
めて簡単である。
【0025】ランプソケットはエンドプレートの内側に
エンドプレートから突出するように取り付けられている
ので、ランプを装着する際に、ランプの両端のピンでエ
ンドプレートを傷付けたりすることがない。またランプ
ソケットは小型なので反射体内にあっても目立たない。
【0026】また、反射体と支持金具は分離できるの
で、天井裏に入る必要があるときは、反射体だけを支持
金具から外し、反射体を下に取り出せば、この部分に人
が入れる大きさの天井裏への侵入口ができる。
【0027】端子台が収納された端子台ボックスが反射
体の上面に穿たれた開口部に反射体内側から反射体外へ
突出するように装着されているので、天井裏側からの配
線作業の際に端子台の位置を探しやすい。また端子台ボ
ックスの反射体への装着の際の位置決めが、反射体の開
口部に端子台ボックスを挿入するだけで決まるので簡単
である。
【0028】端子台の電線挿入口が反射体の上面外側に
上向きに露出しているので、電源線は上から挿入するだ
けでよく、配線作業が簡単で楽である。また、端子台は
反射体の内側に取り外せるので、反射体全体を天井面の
器具挿入口から取り出さなくても端子台の配線のチェッ
クができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のシステム天井用照明器具の一実施例を
示す図。
【図2】反射板を一部破斷した状態の反射体の部分図。
【図3】反射体を別な方向から見た図。
【図4】反射体上面から突出した端子台ボックスを示す
図。
【図5】端子台ボックスを反射体から取り外した状態の
断面図。
【図6】端子台の別の取り付け方法を示す図。
【図7】システム天井用照明器具を取り付ける途中の状
態を示す図。
【図8】システム天井用照明器具を取り付け終った状態
を示す図。
【図9】支持金具を残して反射体を取り外す状態を示す
図。
【図10】従来のシステム天井用照明器具を示す分解
図。
【図11】エンドプレートを仮止めした状態の従来例を
示す図。
【符号の説明】
1 システム天井用照明器具 2 反射体 2a エンドプレート 2b 開口部 3 支持金具 3a ネジ 4 Tバー 5 ランプソケット 6 穴 7 安定器 8 端子台ボックス 8a 孔 9 反射板 10 端子台 10a 電線挿入口が有る面 11 天井材 12 器具挿入口

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】天井から間隔をおいて水平にTバーを張り
    めぐらしこの上に天井板を置いてなるシステム天井に埋
    め込まれるように配置される、反射体を有する直管形の
    蛍光灯用のシステム天井用照明器具において、反射体の
    両端にエンドプレートを一体的に形成し、この各エンド
    プレートの内側に小型のランプソケットを固着すると共
    に、反射体の上面に開口部を設けこの開口部に、端子台
    をその電線挿入口が上面に露出するように収納している
    端子台ボックスを開口部から突出するように反射体の内
    側から取り付け、さらに下端がTバーに乗っかる支持金
    具を反射体を上方から跨ぐように配置して反射体から取
    外し可能に反射体の内側から固定し、支持金具をTバー
    上に残して反射体を下方に取り外すことができることを
    特徴とするシステム天井用照明器具。
JP6083684A 1994-03-31 1994-03-31 システム天井用照明器具 Granted JPH07272509A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6083684A JPH07272509A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 システム天井用照明器具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6083684A JPH07272509A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 システム天井用照明器具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07272509A true JPH07272509A (ja) 1995-10-20

Family

ID=13809325

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6083684A Granted JPH07272509A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 システム天井用照明器具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07272509A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20010025668A (ko) * 2001-01-16 2001-04-06 박왕준 천정등용 슬림형 갓 제조방법 및 그 장치
JP2012504849A (ja) * 2008-10-03 2012-02-23 エルエスアイ・インダストリーズ・インコーポレーテッド 取り替え可能な照明器具
EP2999921A4 (en) * 2013-05-23 2017-04-26 Intellilum, LLC Retrofit and new light-emitting diode (led) light fixtures for replacement of a fluorescent light fixture
JP2018022708A (ja) * 2017-11-10 2018-02-08 三菱電機株式会社 照明装置
WO2020027327A1 (ja) * 2018-08-03 2020-02-06 日亜化学工業株式会社 建築物を建設する方法および軽量大型照明灯具を建築物に設置する方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20010025668A (ko) * 2001-01-16 2001-04-06 박왕준 천정등용 슬림형 갓 제조방법 및 그 장치
JP2012504849A (ja) * 2008-10-03 2012-02-23 エルエスアイ・インダストリーズ・インコーポレーテッド 取り替え可能な照明器具
EP2999921A4 (en) * 2013-05-23 2017-04-26 Intellilum, LLC Retrofit and new light-emitting diode (led) light fixtures for replacement of a fluorescent light fixture
US10253959B2 (en) 2013-05-23 2019-04-09 Flow Lighting Technologies, Inc. Retrofit and new light-emitting diode (LED) light fixtures for replacement of a fluorescent light fixture
JP2018022708A (ja) * 2017-11-10 2018-02-08 三菱電機株式会社 照明装置
WO2020027327A1 (ja) * 2018-08-03 2020-02-06 日亜化学工業株式会社 建築物を建設する方法および軽量大型照明灯具を建築物に設置する方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7628504B2 (en) Light fixture retrofitting apparatus and method
US7080923B2 (en) Surface mount fluorescent strip light fixture retrofit kit and method
CA2307904C (en) Horizontal socket housing assembly
US5083248A (en) Method and apparatus for retrofitting flush mount trim to existing recessed light fixture
JP4503123B2 (ja) 照明のための装置及び方法
JPH07272509A (ja) システム天井用照明器具
JP2592163B2 (ja) 照明器具
JP2620009B2 (ja) 照明器具
JP3988395B2 (ja) 照明器具
JP2553963Y2 (ja) 照明器具
JPH079293Y2 (ja) 照明器具
JP3858322B2 (ja) 天井埋め込み型照明器具
JP2572887B2 (ja) 照明器具
KR200195047Y1 (ko) 조명기구의 전등커버 고정장치
JPH05190011A (ja) 照明器具取付構造
JP2003045221A (ja) 照明器具
JP3491482B2 (ja) 照明器具
JP2521364B2 (ja) 照明器具
KR200191438Y1 (ko) 형광조명기구
KR200183360Y1 (ko) 형광등용 현수장치의 구조
JPH05325928A (ja) 電池取付装置および照明器具
KR20090055176A (ko) 조명기구
JPH0793047B2 (ja) 照明器具の取付装置
JPH0945125A (ja) 照明器具
JPH0721811A (ja) 連続取付用照明器具