JPH07265870A - ジチオン酸イオン含有水の処理方法 - Google Patents

ジチオン酸イオン含有水の処理方法

Info

Publication number
JPH07265870A
JPH07265870A JP6062499A JP6249994A JPH07265870A JP H07265870 A JPH07265870 A JP H07265870A JP 6062499 A JP6062499 A JP 6062499A JP 6249994 A JP6249994 A JP 6249994A JP H07265870 A JPH07265870 A JP H07265870A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
dithionate ion
dithionate
ion
raw water
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6062499A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiro Yuasa
芳郎 湯浅
Susumu Izumitani
進 泉谷
Toshiji Nakahara
敏次 中原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kansai Electric Power Co Inc
Kurita Water Industries Ltd
Original Assignee
Kansai Electric Power Co Inc
Kurita Water Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kansai Electric Power Co Inc, Kurita Water Industries Ltd filed Critical Kansai Electric Power Co Inc
Priority to JP6062499A priority Critical patent/JPH07265870A/ja
Publication of JPH07265870A publication Critical patent/JPH07265870A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Treating Waste Gases (AREA)
  • Removal Of Specific Substances (AREA)
  • Treatment Of Water By Oxidation Or Reduction (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 排煙脱硫排水のCOD成分であるジチオン酸
イオンを容易かつ効率的に除去する。 【構成】 ジチオン酸イオンを含有する水に酸化剤を添
加した後、加熱下、金属担持触媒と接触させる。 【効果】 通常のCOD除去方法では分解できないジチ
オン酸イオン(S26 2- )が酸化剤と触媒存在下加熱
することにより、効率的に処理される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はジチオン酸イオン含有水
の処理方法に係り、特に、排煙脱硫排水等のジチオン酸
イオン含有水中のジチオン酸イオンを容易かつ効率的に
処理する方法に関する。
【0002】
【従来の技術】火力発電所等において石炭・石油を燃焼
した際に発生する排ガスの脱硫装置から排出する排水、
いわゆる排煙脱硫排水は、ジチオン酸イオンを含むCO
D成分を含有する。即ち、排煙中のSOX は吸収液によ
りCaSO4 やNa2 SO4 として回収されるが、この
際、SOX はまず酸性亜硫酸イオン(HSO3 -)として
吸収され、次いで空気酸化により硫酸カルシウムや硫酸
ナトリウムとして回収される。しかし、その際、一部に
副反応が起こり、ジチオン酸イオン(S26 2-)が発
生する。
【0003】このジチオン酸イオンは、一般の排水中の
COD除去に適用されている方法では殆ど除去すること
ができない。
【0004】例えば、活性炭吸着法ではジチオン酸イオ
ンの除去率は10%以下である(後掲の比較例2参
照)。また、オゾン、塩素及び過酸化水素などの酸化剤
による分解法(例えば、特公昭62−19916号公報
記載の過酸化水素による分解法)においても、ジチオン
酸イオンの除去率は十分でない(後掲の比較例3参
照)。更に、電気分解、活性汚泥処理や単純加熱法でも
除去効果は認められない。特に、特公昭56−4379
5号公報記載の生物処理法では、除去効率が十分でな
く、処理時間が長い上に、処理条件の維持管理に熟練を
要するという問題もある。
【0005】このようなことから、現在、ジチオン酸イ
オンの除去に適用されている方法は、合成吸着剤による
方法のみである。この方法では、ジチオン酸イオンは合
成吸着剤に吸着除去され、吸着されたジチオン酸イオン
は、合成吸着剤の再生時に脱着され、再生排液中に濃縮
されて排出される。この再生排液中のジチオン酸イオン
は、硫酸を添加して加熱することにより分解処理され
る。
【0006】なお、排煙脱硫排水の処理方法として、排
煙脱硫排水に酸性ないし中性下、亜硝酸イオンを添加す
る亜硝酸法がある(特公昭54−11613号公報)。
この方法は排煙脱硫排水中の窒素原子とイオウ原子が結
合した、いわゆるNS化合物の分解には有効な方法であ
るが、ジチオン酸イオンの分解には効果がない。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】上述の如く、現在、ジ
チオン酸イオンの処理法として実用的なものは、合成吸
着剤を用いる吸着処理法のみであるが、この吸着処理法
は、合成吸着剤の再生と、高濃度硫酸添加及び加熱によ
る再生排液の処理が必要とされ、設備費や設備スペー
ス、処理コスト、処理効率等の面で工業的に不利であ
る。
【0008】本発明は上記従来の問題点を解決し、排煙
脱硫排水等のジチオン酸イオン含有水中のジチオン酸イ
オンを容易かつ効率的に処理する方法を提供することを
目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明のジチオン酸イオ
ン含有水の処理方法は、ジチオン酸イオンを含有する水
に酸化剤を添加した後、加熱下、金属担持触媒と接触さ
せることを特徴とする。
【0010】以下に本発明を詳細に説明する。
【0011】本発明のジチオン酸イオン含有水の処理方
法においては、原水である排煙脱硫排水等のジチオン酸
イオン含有水に、まず、酸化剤を添加する。ここで、酸
化剤としては、亜硝酸ナトリウム(NaNO2 )、過酸
化水素(H22 )、オゾン(O3 )等を用いることが
でき、その添加量は、原水中のジチオン酸イオン(S2
6 2- )を硫酸イオン(SO4 2- )に酸化するに要する
理論当量の1〜5倍、好ましくは1〜1.5倍程度とす
る。なお、酸化剤としてNaNO2 ,H22を用いる
場合、これらは通常0.1〜10重量%程度の水溶液と
して原水に添加され、また、O3 を用いる場合には、オ
ゾン含有空気を直接原水に噴き込んで添加する。
【0012】酸化剤を添加した原水は、次いで、加熱
下、金属担持触媒と接触させる。
【0013】この加熱温度は100〜300℃の範囲が
好ましく、特に180℃以下の温度範囲とするのが望ま
しい。
【0014】また、金属担持触媒としては、触媒有効成
分として、白金、パラジウム、ルテニウム、ロジウム、
インジウム、イリジウム、銀、金、コバルト、ニッケル
及びタングステン、並びにこれらの金属の水不溶性又は
水難溶性の化合物、具体的には、一酸化コバルト、一酸
化ニッケル、二酸化ルテニウム、三二酸化ロジウム、一
酸化パラジウム、二酸化イリジウム、二酸化タングステ
ン等の酸化物、更には二塩化ルテニウム、二塩化白金等
の塩化物、硫化ルテニウム、硫化ロジウム等の硫化物等
よりなる群から選ばれた貴金属又は卑金属触媒の1種又
は2種以上を、アルミナ(α−アルミナ,γ−アルミ
ナ)、シリカ、シリカアルミナ、チタニア、ジルコニア
等の金属酸化物や、活性炭、樹脂等から成る担体に担持
したものが挙げられる。このような金属担持触媒中の金
属及び/又はその化合物の担持量は、通常、担体重量の
0.05〜10重量%、好ましくは0.1〜5重量%で
あることが望ましい。なお、このような金属担持触媒
は、球状、ペレット状、円柱状、破砕片状、ハニカム
状、粉末状等の種々の形態で使用可能である。
【0015】本発明の方法は、原水に酸化剤を添加した
後予熱し、その後、反応槽として加熱機構を備える金属
担持触媒充填塔に通液して実施するのが好ましく、この
場合、反応槽容積、触媒充填量、通液速度は、原水と金
属担持触媒との接触時間が1〜120分となるように設
定するのが好ましい。
【0016】なお、本発明の方法の実施に当り、pH調
整は特に必要とされないが、原水中に重金属イオン等の
触媒充填層の目詰りの原因となる化合物が多く含有され
ている場合には、予め原水を凝集処理した後、本発明を
実施するのが好ましい。
【0017】本発明のジチオン酸イオン含有水の処理方
法は、排煙脱硫排水中のCOD成分としてのジチオン酸
イオンの処理等に極めて有効である。
【0018】
【作用】ジチオン酸イオン(S26 2- )は、NaNO
2 等の酸化剤により、下記反応式で酸化されて硫酸イオ
ン(SO4 2- )として処理されるが、この酸化に当り、
触媒を用いると共に加熱することにより、酸化反応が促
進され、ジチオン酸イオンは効率的に処理される。
【0019】
【化1】
【0020】
【実施例】以下に実施例及び比較例を挙げて、本発明を
より具体的に説明する。
【0021】実施例1 ジチオン酸ナトリウム(Na226 )を純水に溶解
し、S26 2- として250mg/lとなるように調製
した合成排水(pH7.5)を、図1に示すテスト装置
を用いて処理した。図1において、1は原水槽、2は予
熱管3及び反応槽4を備えるオイルバス、5は冷却槽、
6はポンプ、7は調圧バルブであり、11〜13の各符
号は配管を示す。
【0022】本実施例では、原水槽1内において、合成
排水に酸化剤としてNaNO2 を下記割合で添加した
後、配管11を経てオイルバス2内の予熱管3に通して
予熱し、その後金属担持触媒(0.5重量%Pt担持チ
タニア球)を充填した反応槽4に下記処理条件にて通液
した。反応槽4の排出液は配管12より抜き出し、冷却
槽5で冷却した後、配管13より処理水として取り出し
た。
【0023】処理条件 酸化剤(NaNO2 )添加量:NaNO2 として129
mg/l(理論当量の1.2倍) 金属担持触媒充填量:40ml 温度:160℃ 圧力:8kg/cm2 G SV:2hr-1(接触時間30分) 処理開始から20時間後の処理水について、S26 2-
の除去率を分析したところ95%であった。なお、S2
6 2- がSO4 2- に変化していることは、JIS−Ba
Cl2 比濁法により確認した。
【0024】比較例1 実施例1で用いたと同様の合成排水を、合成吸着剤(弱
塩基性合成吸着樹脂CA−100(栗田工業(株)
製))を充填した反応槽に20℃でSV=2hr-1にて
通液処理したところ、得られた処理水のS26 2- 除去
率は90〜94%であったが、この方法は合成吸着剤の
再生が必要であった。
【0025】比較例2 実施例1で用いたと同様の合成排水を、活性炭を充填し
た反応槽に20℃でSV=2hr-1にて通液処理したと
ころ、得られた処理水のS26 2- 除去率は1.5〜7
%であり、活性炭はS26 2- の除去には殆ど効果を示
さなかった。
【0026】比較例3 実施例1で用いたと同様の合成排水を、カラムに1リッ
トル導入し(深さ80cm)、オゾン発生機から40〜
45mg−O3 /l−空気を含むオゾン含有空気を2リ
ットル/minの速度でカラム下部の散気管を介して吹
込み、30分間反応させた。その結果、オゾン消費量は
約30%で、S26 2- の除去率は1〜11%と、良好
な結果は得られなかった。
【0027】比較例4 実施例1において、金属担持触媒を用いなかったこと以
外は同様にして処理を行ったところ、S26 2- の除去
率は0〜1%であり、S26 2- は殆ど処理されなかっ
た。
【0028】
【発明の効果】以上詳述した通り、本発明のジチオン酸
イオン含有水の処理方法によれば、ジチオン酸イオン含
有水のジチオン酸イオンを容易かつ効率的に処理するこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施例1で用いたテスト装置の系統図である。
【符号の説明】
1 原水槽 2 オイルバス 3 予熱管 4 反応槽 5 冷却槽 6 ポンプ 7 調圧バルブ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B01D 53/77 C02F 1/72 ZAB C (72)発明者 中原 敏次 東京都新宿区西新宿3丁目4番7号 栗田 工業株式会社内

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ジチオン酸イオンを含有する水に酸化剤
    を添加した後、加熱下、金属担持触媒と接触させること
    を特徴とするジチオン酸イオン含有水の処理方法。
JP6062499A 1994-03-31 1994-03-31 ジチオン酸イオン含有水の処理方法 Pending JPH07265870A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6062499A JPH07265870A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 ジチオン酸イオン含有水の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6062499A JPH07265870A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 ジチオン酸イオン含有水の処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07265870A true JPH07265870A (ja) 1995-10-17

Family

ID=13201929

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6062499A Pending JPH07265870A (ja) 1994-03-31 1994-03-31 ジチオン酸イオン含有水の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07265870A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0787689A3 (en) * 1996-01-31 1998-11-25 Kodak Limited Method of treating waste effluent
CN103030207A (zh) * 2012-12-28 2013-04-10 安徽工业大学 一种氧化法处理氨法脱硫废液的方法
CN103588340A (zh) * 2013-11-27 2014-02-19 安徽工业大学 用苛化—酸化法处理钠碱法脱硫废液的方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0787689A3 (en) * 1996-01-31 1998-11-25 Kodak Limited Method of treating waste effluent
CN103030207A (zh) * 2012-12-28 2013-04-10 安徽工业大学 一种氧化法处理氨法脱硫废液的方法
CN103588340A (zh) * 2013-11-27 2014-02-19 安徽工业大学 用苛化—酸化法处理钠碱法脱硫废液的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4141828A (en) Process for treating waste water
US4294706A (en) Process for treating waste water
JP3385137B2 (ja) 排煙脱硫排水の処理方法
JP5303263B2 (ja) 硝酸性窒素含有水処理用固体触媒および該触媒を用いた硝酸性窒素含有水の処理方法
KR20180043825A (ko) 유해 물질 함유액의 정화 처리 방법 및 이것을 실시하기 위한 유해 물질 함유액의 정화 처리 장치
JPH07265870A (ja) ジチオン酸イオン含有水の処理方法
JPH08192192A (ja) 排煙脱硫排水の処理方法
JPH09327694A (ja) 水中の砒素の除去方法
JPH0227035B2 (ja)
JPS61257292A (ja) 高濃度硝酸アンモニウム含有廃水の処理方法
JP4066527B2 (ja) 過酸化水素とアンモニアとを含む排水の処理法
JP3358905B2 (ja) 硝酸性窒素およびアンモニア性窒素を含む排水の処理方法
JP3420697B2 (ja) エタノールアミン含有水の処理方法
JP3414513B2 (ja) 復水脱塩装置の再生排水の処理方法
JP4187845B2 (ja) アンモニア含有水の処理方法
JP2001009481A (ja) 金属とアンモニアを含む排水の処理方法
JP3565637B2 (ja) アンモニア含有排水の処理方法
JP2000167570A (ja) 排水の処理方法
JP3568298B2 (ja) アミン化合物を含有する発電所排水の処理方法
JPH0910780A (ja) アルカノールアミン含有排水の処理方法
JP3630352B2 (ja) 尿素含有水の処理方法
JP2002172384A (ja) アンモニアと過酸化水素を含む排水の処理方法
JP4450146B2 (ja) Cod成分含有水の処理方法
JP4390357B2 (ja) アンモニア含有水の処理方法
JP3822520B2 (ja) 窒素化合物含有水の処理方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20060308

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20081121

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A601 Written request for extension of time

Effective date: 20090219

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090224

A02 Decision of refusal

Effective date: 20090710

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02