JPH07245641A - Communication protocol adaptability test equipment - Google Patents

Communication protocol adaptability test equipment

Info

Publication number
JPH07245641A
JPH07245641A JP3602494A JP3602494A JPH07245641A JP H07245641 A JPH07245641 A JP H07245641A JP 3602494 A JP3602494 A JP 3602494A JP 3602494 A JP3602494 A JP 3602494A JP H07245641 A JPH07245641 A JP H07245641A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
test
pdu
asp
editor
sequence
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3602494A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3075664B2 (en
Inventor
Toru Hasegawa
Satohiko Kato
Tomohiko Ogishi
Kenji Suzuki
聰彦 加藤
智彦 大岸
健二 鈴木
亨 長谷川
Original Assignee
Kokusai Denshin Denwa Co Ltd <Kdd>
国際電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kokusai Denshin Denwa Co Ltd <Kdd>, 国際電信電話株式会社 filed Critical Kokusai Denshin Denwa Co Ltd <Kdd>
Priority to JP06036024A priority Critical patent/JP3075664B2/en
Publication of JPH07245641A publication Critical patent/JPH07245641A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3075664B2 publication Critical patent/JP3075664B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE:To generate a scenario in a short time by forming a scenario generating section in a prescribed configuration to independently implement description of a test sequence and parameter setting for a protocol data unit(PDU) and a subordinate abstract service primitive (PSP). CONSTITUTION:The equipment testing the adaptability of an (N)-protocol of a system mounting an N-th layer of an OSI reference model is made up of a test scenario generating section 10, a test execution section 20 executing a scenario, and a test analysis section 30 or the like. The generating section 10 is made up of a test sequence editer 11, a PDU editer 12 and an ASP editer 13, and the description of a test sequence, setting of parameters of the PDU, ASP are implemented independently. Thus, the description of the test sequence is simplified and the degree of freedom of setting of each parameter is high and the test scenario is generated in a short time.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明はOSI参照モデルの第N BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to the N-th of the OSI reference model
層(以下、“(N)−”と表記する)のプロトコルを実装したシステムに対して(N)−プロトコルの仕様が正しく実装されているか否かを試験するための、通信プロトコル適合性試験装置に関する。 Layer - the system that implements the protocol (hereinafter, "(N)" denoted a) (N) - to test whether protocol specification is correctly implemented, communication protocol conformance testing device on.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、ITUやISOの標準化においては、OSIプロトコル適合性試験用のテストシナリオは、TTCN(Tree and Tabular Combined Notation) Conventionally, in the standardization of ITU and ISO, test scenarios for OSI protocol conformance testing, TTCN (Tree and Tabular Combined Notation)
というツリーと表とを組み合せた方法で記述されている。 It is described in a way that a combination of the tree and the table called.

【0003】TTCN法は下記〜等、試験に必要な項目を全て記述する。 [0003] TTCN method is the following - like, describing all the necessary items to test. 試験方法 制御観測点(PCO:Point of Control and Obser Test methods control the observation point (PCO: Point of Control and Obser
vation)や、プロトコルデータ単位(PDU)や、抽象サービスプリミティブ(ASP:Abstract Service Prim vation) and, protocol data unit (PDU) and, abstract service primitives (ASP: Abstract Service Prim
itive)等の宣言 テストシナリオにおいてイベントが起きる順番を記述したテストシーケンス テストシーケンス内の各イベントにおけるPDUやASPのパラメータ値 Itive) such declarations PDU or ASP parameter values ​​in each event in the test test sequence test sequence that describes the order in which events occur in the scenario

【0004】次に、図3により、応用層のプロトコルの1つであるMHS(Message Handling System)P1/P [0004] Next, FIG. 3, one of the application layer protocol is MHS (Message Handling System) P1 / P
2プロトコルを図2に示す方法で試験する場合の、TT When testing 2 protocol in the manner shown in FIG. 2, TT
CNによるテストシーケンスを説明する。 The test sequence will be explained by CN. 図3において、テストシーケンスには、観測されるPCOを名称(L)、入力(!)/応答(?)の選択、ASP名(R In FIG. 3, the test sequence, the name of the PCO to be observed (L), the selection of input (!) / Response (?), ASP name (R
T−OPEN reqなど)、ASPが運ぶPDU名(MT T-OPEN req, etc.), PDU name of the ASP carries (MT
ABindArgument など)、変数の代入や比較(X:=0 ABindArgument, etc.), assignments and comparison of variable (X: = 0
など)を、観測イベントとして1行ずつ記述する。 Describing the like), one line at a time as the observation event. また、各々のイベントの付加情報として、ラベル(again Also, as additional information for each event, the label (again
など)、判定(passなど)を記述する。 Etc.), describes the determination (like pass). なお、イベントはテストシーケンスの番号(1,2,…)順に発生するが、図2中の9番目のように、ラベルagain を設けて指定した行(3番目)にジャンプさせることができる。 Incidentally, event number for the test sequence (1, 2, ...) is generated in order, as in the ninth in FIG. 2, it is possible to jump to the line specified by providing a label again (3 th). また、図3中の第4,9,10,11番目のように、同一レベルの応答イベントは、その時に起こり得る選択可能な応答イベントを表わしている。 Also, as in the first 4,9,10,11 th in FIG. 3, the response event at the same level represents a selectable response events which may occur at that time. また、“?OTHER In addition, "? OTHER
WISE”は選択可能な応答イベントとして、上記のイベント以外の全てを表わし、“? WISE "is as a selectable response events, it represents all other than the above-mentioned events,"? TIMEOUT”は所定の応答イベントを受信せずにタイムアウトになったことを表わす。更に、観測イベントでは、複雑な条件分岐や結果判定を記述できるように、変数を用いることができる。例えば、図3中の第1番目のイベントが実行されるときには変数Xに値0が代入され、第4番目のイベントでは変数Xの値が3であるという条件のもとで、受信されたとみなされる。更に、TTCNでは、テストシナリオは全ての分岐について判定がでるまで記述される必要があり、判定には合格(pass)と不合格(fail)とがあり、不合格はその理由毎に番号(1,2など)で識別される。そして、テスト結果としては、テストシーケンスの各イベントにおいて合格(pass)か不合格(fail TIMEOUT "indicates that timed out without receiving a predetermined response events. In addition, the observation event, so that it can describe a determination complicated conditional branch and the results can be used variables. For example, Figure 3 1st event the value 0 to the variable X when the runs is substituted in the, in the fourth event under the condition that the value of the variable X is 3, is considered to have been received. in addition, in TTCN, test scenario must be written until the determination for all the branches out, there is a pass in the determination (pass) failed (fail), failed in number for each reason (1,2 identified by like). Then, as the test result, it passes in each event of the test sequence (pass) or fail (fail
1,fail2)の判定のみが記述される。 Only determination of 1, fail2) is described. なお、各イベントにおけるASP,PDUのパラメータに関しては、別途、ASP,PDU毎に表を設けて記述する。 Regarding the parameters of the ASP, PDU in each event separately describe provided Table ASP, each PDU.

【0005】図2において、100はMHS P1/P [0005] In FIG. 2, 100 MHS P1 / P
2プロトコル用適合性試験装置、200はMHS P1 For 2 protocol conformance testing apparatus 200 MHS P1
/P2プロトコル実装の被試験システム、101と20 / P2 protocol implementation of the system under test, 101 and 20
1はそれぞれMHS P1/P2プロトコルに対する下位層であるリライアブル トランスファ サービス エンティティ(RTSE:Reliable Transfer ServiceEnt 1 is a lower layer for MHS P1 / P2 protocol respectively Reliable Transfer Service Entity (RTSE: Reliable Transfer ServiceEnt
ity) を示している。 It shows the ity).

【0006】上述したTTCNによる記述をそのまま用いるテストシナリオの作成方法の他に、TTCNによる記述を参考にして第N層のシナリオを、(N)−AS [0006] Another method of creating the above-mentioned TTCN by directly using test scenario description, the scenario of the N layer to the description in TTCN reference, (N) -AS
P,(N−1)−ASP及び(N)−PDUに対して発生する入力イベントを横軸とし且つ状態識別番号を縦軸として実行すべきアクションを各欄に記述した独自の形式の状態遷移表により、作成する方法もある。 P, (N-1) -ASP and (N) proprietary format state transitions of the actions to be performed on the horizontal axis and to and state identification number input events that occur as the longitudinal axis described in the columns relative -PDU by the table, there is also a method to create.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかし、上述したTT The object of the invention is to be Solved However, TT described above
CNによる記述をそのまま用い、あるいは参考にしてテストシナリオを作成する従来技術では、PCO,ASP As used description by CN, or in the prior art to create a test scenario with reference, PCO, ASP
及びPDU等必要な情報を全てまとめてテストシーケンスに記述するため、更には、あらゆる応答に対して次に行うべき入力を記述する必要があるため、テストシナリオの記述が複雑であり、また記述量が多く、テストシナリオ作成に長時間要するという問題がある。 And for writing the test sequence together all necessary information such as PDU, further, since it is necessary to describe the next input to be performed on every response, a complex of the test scenario description, also described amount many, there is a problem that it takes a long time to create test scenarios.

【0008】そこで本発明はテストシナリオを短時間で作成することができるテストシナリオ作成機能を有する通信プロトコル適合性試験装置を提供することを目的とする。 [0008] The present invention aims to provide a communication protocol conformance testing apparatus having a test scenario generation function capable of creating a test scenario in a short time.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成する請求項1の発明は、OSI参照モデルの第N層を実装するシステムの(N)−プロトコルの適合性を試験する装置において、入力及び応答のテストイベントの順番であるテストシーケンスの記述と、PDUのパラメータの前記テストシーケンスの記述とは独立した設定と、下位のAS Means for Solving the Problems The invention of claim 1 to achieve the above object, a system for implementing the N th layer of the OSI reference model (N) - An apparatus for testing the suitability of the protocol, the input and response description and test sequences is the order of the test events, and independent setting and description of the test sequence parameters PDU, lower aS
Pのパラメータの前記テストシーケンスの記述とは独立した設定と、によりテストシナリオを作成するテストシナリオ作成手段と、作成されたテストシナリオに基づいて被試験システムと対向で試験を行うテスト実行手段と、テスト結果を解析するテスト結果解析手段と、を具備することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 Setting and that is independent of P of the test sequence described parameters, the test scenario generation unit for generating a test scenario by the test execution means for performing tests in the system under test and the counter based on the created test scenario, a test result analyzing means for analyzing the test results, which is a communication protocol conformance test apparatus characterized by comprising a. また請求項2の発明は、前記テストシナリオ作成手段は、送受信する(N)−PDUが存在する場合には(N)−PDU名で、同(N)−PDUが存在しない場合には(N−1)−ASP名で、テストイベントを送信するものと受信するものに分けて、テストシーケンスのみを記述するテストシーケンスエディタと、テストシーケンス中のテストイベントを指定して(N)−PDU The invention of claim 2, the test scenario generation unit, in the case of transmitting and receiving (N)-PDU ​​is present in (N)-PDU ​​name, if the same (N)-PDU ​​does not exist (N -1) in -ASP name, divided into those which received shall send a test event, and the test sequence editor describes only test sequence, specifying the test events in the test sequence (N)-PDU
のパラメータを設定するPDUエディタと、テストシーケンス中のテストイベントを指定して(N−1)−AS A PDU editor to set the parameters, by specifying a test event in the test sequence (N-1) -AS
Pのパラメータを設定するASPエディタと、を具備することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 A communication protocol conformance test apparatus characterized by comprising the ASP editor to set the parameters of P, and. 請求項3の発明は、前記テストシーケンスエディタは予め設定したメニューから(N)−PDU名または(N−1)−ASP名を選択する機能を有することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 The invention of claim 3, wherein the test sequence editor in communication protocol conformance testing apparatus characterized by having a function of selecting from a menu which is set in advance (N)-PDU ​​name or (N-1) -ASP name is there. 請求項4の発明は、前記テストシーケンスエディタは前記PD The invention of claim 4, wherein the test sequence editor the PD
Uエディタ及び前記ASPエディタを起動する機能を有することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 A communication protocol conformance testing apparatus characterized by having the ability to launch U editor and the ASP editor. 更に請求項5の発明は、前記PDUエディタ及び前記ASPエディタはそれぞれ、作成済みテストシナリオ中の、あるいはテスト結果として保存された(N)− Furthermore the invention of claim 5, wherein the PDU editor and the ASP editor respectively, stored or as test results, in the created test scenario (N) -
PDU名,(N−1)−ASP名及びそれらのパラメータ値を、PDU単位及びASP単位で利用する機能を有することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 PDU name, an (N-1) -ASP names and their parameter values, the communication protocol conformance testing apparatus characterized by having a function to be used in PDU unit and ASP units. また更に、請求項6の発明は、前記シナリオ作成手段は作成済みテストシナリオを別のテストシナリオの作成に利用する機能を有することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置である。 Furthermore, the invention of claim 6, wherein the scenario generation unit is a communication protocol conformance testing apparatus characterized by having the ability to utilize the created test scenario to create different test scenarios.

【0010】 [0010]

【作用】請求項1の発明では、テストシーケンスの記述と、PDUのパラメータの設定と、下位のASPのパラメータの設定とを独立に行ってテストシナリオを作成し、作成したテストシナリオに基づいて試験を行い、そのテスト結果を解析する。 In the invention of the effects] claim 1, describes a test sequence, setting the parameters of the PDU, so as to create a test scenario performed independently and setting the lower ASP parameters, based on the test scenario created tested It was carried out, to analyze the test results. このように、テストシーケンスの設定と、PDUのパラメータの設定と、ASPのパラメータの設定とを独立に行うことにより、テストシーケンスの記述が簡素化し、またPDU及びASPの各パラメータの設定を自由に行うことができ、従ってテストシナリオを短時間で作成することができる。 Thus, setting the test sequence, and set the parameters of the PDU, by performing independent and setting of ASP parameters, simplify the description of the test sequence, also freely set the PDU and ASP for each parameter it can be carried out, therefore it is possible to create a test scenario in a short time. 請求項2の発明では、テストシナリオの作成にテストシーケンスエディタと、PDUエディタと、ASPエディタという3 In the invention of claim 2, the test sequence editor to create a test scenario, a PDU editor, called ASP editor 3
つのツールを用いる。 One of the use of the tool. そしてテストシーケンスエディタでは送受信する(N)−PDUが存在する場合には(N)−PDU名で、同(N)−PDUが存在しない場合には(N−1)−ASP名で、テストイベントを送信するものと受信するものに分けてテストシーケンスのみを記述し、PDUエディタではテストシーケンス中のテストイベントを指定して(N)−PDUのパラメータを設定し、ASPエディタではテストシーケンス中のテストイベントを指定して(N−1)−ASPのパラメータを設定する。 And in (N)-PDU ​​name when the test sequence editor exists transceiver to (N)-PDU, in a case where the (N)-PDU ​​does not exist in the (N-1) -ASP name, test event divided into those which received shall send a write only test sequence, the PDU editor to specify the test events in the test sequence to set the parameters of (N)-PDU, tests in the test sequence in ASP editor specify the event to set the parameters of the (N-1) -ASP. この場合、テストシーケンスをテストイベントの(N)−PDU名及び(N−1)−ASP名でのみ記述することにより、テストシーケンスの記述が一層簡単化する。 In this case, by describing a test sequence in (N)-PDU ​​name and (N-1) -ASP name of the test events only, the description of the test sequence is further simplified. また、送信するテストイベント(入力)と受信するテストイベント(応答)に区分けして記述することにより、テストシーケンスの構造が明確になり、記述を容易に行うことができる。 Further, by writing in divided into test event to receive a test event to be transmitted (input) (response) it becomes clear that the structure of the test sequence, it is possible to easily perform the description. 請求項3の発明では、 In the invention of claim 3,
(N)−PDU名及び(N−1)−ASP名をメニューから選択してテストシーケンスを記述することができる。 (N)-PDU ​​name and (N-1) -ASP name can describe a test sequence by selecting from the menu. これにより、テストシーケンスの記述が更に簡単になる。 As a result, the description of the test sequence is further simplified. 請求項4の発明では、テストシーケンスエディタによりPDUエディタ及びASPエディタを起動して、 In the present invention of claim 4, start the PDU editor and ASP editor by the test sequence editor,
(N)−PDU及び(N−1)−ASPのパラメータを設定することができ、これらパラメータの設定を容易に行うことができる。 (N)-PDU ​​and (N-1) can be set parameters -Asp, it is possible to perform the settings for these parameters easily. 請求項5の発明では、作成済みテストシナリオ中の、あるいはテスト結果として保存された(N)−PDU名、(N−1)−ASP名及びそれらのパラメータ値を、PDU単位及びASP単位で利用して、(N)−PDUのパラメータの設定及び(N−1) In the invention of claim 5, in created test scenario, or stored as a test result (N)-PDU ​​names, available at (N-1) the -ASP name and their parameter values, PDU units and ASP Units and, (N) -PDU parameter settings and (N-1)
−ASPのパラメータの設定を行うことができ、テストシナリオ作成が更に容易になる。 Can configure parameters -Asp, create test scenario is further facilitated. 請求項6の発明では、 In the invention of claim 6,
作成済みテストシナリオを利用して別のテストシナリオを作成することができ、従ってテストシナリオを短時間で作成することができる。 Using a previously created test scenario can create a different test scenarios, and therefore it is possible to create a test scenario in a short period of time.

【0011】 [0011]

【実施例】以下、図面(図1,図2,図4〜図33)を参照して、本発明をその実施例と共に説明する。 EXAMPLES The following drawings (FIGS. 1, 2, FIGS. 4 to 33) with reference to, the invention will be described in conjunction with that embodiment.

【0012】<通信プロトコル適合性試験装置の実施例>図1に示される通信プロトコル適合性試験装置は、テストシナリオ作成部10と、テスト実行部20と、テスト結果解析部30とを備えており、OSI参照モデルの各層例えばネットワーク層以上の各プロトコルに対する適合性試験を任意に選択して実行できるようにしてある。 [0012] Communication protocol conformance testing device shown in FIG. 1 <Example of communication protocol conformance test apparatus> includes a test scenario generation unit 10, and the test execution unit 20, and a test result analyzer 30 are also available freely perform selected and the conformance test for each example or above the network layer of each protocol in the OSI reference model.

【0013】テストシナリオ作成部10は、OSI参照モデルの任意の第N層を実装するシステムの(N)−プロトコルの適合性を試験するために、入力及び応答のテストイベントの順番であるテストシーケンスの記述と、 [0013] test scenario generation unit 10, a system that implements any of the N layer of the OSI reference model (N) - To test the suitability of the protocol, the test sequence is a sequence of test events in the input and response description and,
(N)−PDUのパラメータの前記テストシーケンスの記述とは独立した設定と、下位の(N−1)−ASPのパラメータの前記テストシーケンスとの記述とは独立した設定とにより任意のプロトコルに対するテストシナリオを選択的に作成するものとしてあり、具体的には、テストシーケンスエディタ11と、PDUエディタ12 (N) and independent set and the test sequence description parameters-PDU, test for the lower (N-1) -ASP any protocol by an independent set and the description of the test sequence parameters There as to create a scenario selectively, specifically, the test sequence editor 11, PDU editor 12
と、ASPエディタ13からなる。 If, consisting of ASP editor 13. テストシーケンスエディタ11は送受信する(N)−PDUが存在する場合には(N)−PDU名で、同(N)−PDUが存在しない場合には(N−1)−ASP名で、テストイベントを送信するものと受信するものに区分けしてテストシーケンスのみを記述するものであり、予め設定したメニューから(N)−PDU名または(N−1)−ASP名を選択する機能と、PDUエディタ12及びASPエディタ13を起動する機能を有している。 Test sequence editor 11 is for sending and receiving (N)-PDU ​​is present in (N)-PDU ​​name, if the same (N)-PDU ​​does not exist in the (N-1) -ASP name, test event and divided into those which received shall send the is intended to describe only the test sequence, a function of selecting from a menu which is set in advance (N)-PDU ​​name or (N-1) -ASP name, PDU editor It has a function to start 12 and the ASP editor 13. PDUエディタ12 PDU editor 12
はテストシーケンス中のテストイベントを指定して(N)−PDUのパラメータを設定するエディタであり、ASPエディタ13はテストシーケンス中のテストイベントを指定して下位の(N−1)−ASPのパラメータを設定するエディタであり、それぞれ作成済みテストシナリオ中の、あるいはテスト結果として保存された(N)−PDU,(N−1)−ASPのパラメータ値を、PDU単位及びASP単位で利用する機能を有している。 Is editor configured with the test event in the test sequence parameters of (N) -PDU, ASP editor 13 of the lower specifying a test event in the test sequence (N-1) -ASP parameter a editor for setting, in the created test scenario, respectively, or stored as a test result (N)-PDU, the ability to be used in (N-1) parameter values ​​-Asp, PDU units and ASP units It has.

【0014】テスト実行部20は作成されたテストシナリオに基づいて被試験システムと対向で試験を行うものであり、テスト結果をテスト結果解析部30に与える。 [0014] test execution unit 20 is intended to be tested in the system under test and a counter based on a test scenario was created, providing test results to the test result analysis unit 30.

【0015】テスト結果解析部30はテスト結果をテストシナリオと対比する形で解析し、またテスト結果のファイルへの保存も行うものであり、具体的には、テスト結果解析部30はテスト結果シーケンスアナライザ31 The test result analyzing unit 30 analyzes in the form of contrasting the test results and the test scenario, also it is intended to carry out also save to the test result file, specifically, the test result analyzing unit 30 Test Results Sequence analyzer 31
と、PDUアナライザ32と、ASPアナライザ33からなる。 And, the PDU analyzer 32, consisting of ASP analyzer 33. テスト結果シーケンスアナライザ31はテスト結果のうち主としてイベントのシーケンスを解析するものであり、テスト実行時に送信したテストイベントと、 Test Results sequence analyzer 31 is intended for analyzing primarily the sequence of events of the test results, the test event sent to the test run,
受信したテストイベントを区分けし、(N)−PDU名及び(N−1)−ASP名にそれぞれ送受信時刻等を付して表示または記録する。 It is divided the received test event, and displays or records assigned the (N)-PDU ​​name and (N-1) -ASP name to each transceiver a time like. また、テスト結果シーケンスアナライザ31は、テストイベントを指定してPDUアナライザ32及びASPアナライザ33を起動する機能を有している。 Further, the test result sequence analyzer 31 has a function to start the PDU analyzer 32 and ASP analyzer 33 specifies a test event. PDUアナライザ31はテスト実行時に受信したテストイベントのPDUのパラメータ値を解析するものであり、解析したPDUのパラメータ値をファイルに保存する機能を有する。 PDU analyzer 31 is intended to analyze the parameter values ​​of the test events PDU received during the test run, a function of storing the parameter values ​​of the PDU analyzed file. ASPアナライザ32はテスト実行時に受信したテストイベントのASPのパラメータ値を解析するものであり、解析したASPのパラメータ値をファイルに保存する機能を有する。 ASP analyzer 32 is intended to analyze the ASP parameter value of the test events received during the test run, a function of storing the parameter values ​​of the ASP analyzed the file.

【0016】<MHS P1/P2プロトコルに対する試験構成例>次に、図1,図2,図4〜図27に基づき、本発明をOSI参照モデルの第7層即ち応用層のプロトコルの1つであるMHS P1/P2プロトコルの試験に適用した場合を例にとり、通信プロトコル適合性試験装置の構成例及び動作例を説明する。 [0016] <Test Configuration Example for MHS P1 / P2 protocol> Next, FIG. 1, FIG. 2, on the basis of FIGS. 4 to 27, one of the seventh layer i.e. the application layer protocols of the OSI reference model to the invention taking the case of applying the testing of certain MHS P1 / P2 protocol as an example, a configuration example and an operation example of the communication protocol conformance testing device. RTSEは下位層である。 RTSE is the lower layer. MHS P1/P2プロトコルのPDUはRTSEによって運ばれるため、試験は図2に示すように、P1/P2プロトコルのPDUをユーザデータとして含んだ、RTSE101における各ASP即ちRT− Because MHS P1 / P2 protocol of the PDU carried by RTSE, test, as shown in FIG. 2, including the PDU of P1 / P2 protocol as user data, each in RTSE101 ASP i.e. RT-
ASPを送受信して行われる。 It is carried out by sending and receiving ASP. そこで、図1に示した通信プロトコル適合性試験装置において、テストシーケンスエディタ11ではP1/P2プロトコルのテストシーケンスを記述し、PDUエディタ12ではP1/P2プロトコルのPDUのパラメータを設定し、ASPエディタ13ではRTSEのASP(RT−ASP)のパラメータを設定することになる。 Therefore, in the communication protocol conformance testing apparatus shown in FIG. 1, describes a test sequence test sequence editor 11, P1 / P2 protocol, it sets the parameters of the PDU of the PDU editor 12, P1 / P2 protocol, ASP editor 13 in thus setting the parameters of the ASP (RT-ASP) of RTSE. また、テスト結果シーケンスアナライザ31ではP1/P2プロトコルのテスト結果シーケンスを解析し、PDUアナライザ32ではP1 Further, by analyzing the test results the sequence of test result sequence analyzer 31 in P1 / P2 protocol, the PDU analyzer 32 P1
/P2プロトコルのPDUのパラメータ値を解析し、A / P2 analyzes the parameter value of the protocol PDU, A
SPアナライザ33ではRTSEのASP(RT−AS In SP analyzer 33 RTSE of ASP (RT-AS
P)のパラメータ値を解析することになる。 It will analyze the parameter values ​​of P).

【0017】<MHS P1/P2プロトコル用テストシナリオの作成>図1及び図4〜図27に基づき、MH [0017] Based on the <MHS P1 / P2 create a protocol for test scenarios> 1 and FIGS. 4 to 27, MH
S P1/P2プロトコル用テストシナリオの作成例を説明する。 An example of creating a S P1 / P2 protocol for the test scenario will be explained. 図4のテストシナリオ作成フローチャートに示されるように、テストシナリオ作成開始時に、テストシナリオ作成部10に入力部40により新規のテストシナリオの作成か否かを指定する。 As shown in the test scenario generation flowchart of FIG. 4, at the start creating test scenario, the input unit 40 to the test scenario generation unit 10 specifies whether the creation of a new test scenarios. 新規のテストシナリオ作成を指定するとテストシーケンスエディタ11が起動し、否であれば作成済みのテストシナリオ名を入力することによりそのテストシナリオのファイルが呼び出されてテストシーケンスエディタ11が起動する。 If you specify to create new test scenario to start the test sequence editor 11, file of the test scenario is invoked by entering the already created test scenario name if it is not the test sequence editor 11 is started. テストシーケンスエディタ11が起動すると、図5に示されるフローチャートにより、テストシーケンス用のテストイベントの記述、テストシーケンスの部分的な切り貼り用のカット,コピー,ペースト等の選択、PDUエディタの選択、ASPエディタの選択、シナリオ保存、終了等を指定する。 When the test sequence editor 11 is started, the flowchart shown in FIG. 5, the description of the test event for test sequences, partial cut for cutting and pasting of test sequences, copy, selecting the paste, select the PDU Editor, ASP Editor of selection, scenario saved, specify an end, and the like. PDUエディタが選択されるとPDUエディタが起動し、図6に示されるフローチャートに従って動作する。 When PDU editor is selected PDU editor is activated, it operates in accordance with the flow chart shown in FIG. ASPエディタが選択されるとASPエディタが起動し、図7に示されるフローチャートに従って動作する。 When ASP editor is selected ASP editor is activated, it operates in accordance with the flow chart shown in FIG.

【0018】[テストシーケンスの記述]図1,図5及び図8〜図14に基づき、テストシーケンスエディタ1 [0018] [Description of Test Sequence Figure 1, with reference to FIG. 5 and 8 to 14, the test sequence editor 1
1によるテストシーケンスの記述を説明する。 A description of the test sequence will be explained by 1. 試験装置には図1の如く入力部及び画像表示部50があり、図8 The test apparatus has an input section and the image display unit 50 as shown in FIG. 1, FIG. 8
に示す記述例のように、試験装置が被試験システムへ送信するテストイベント(入力テストイベント)を表示画面の入力欄に、また試験装置が被試験システムから受信すべきテストイベント(応答テストイベント)を応答欄にそれぞれ区分けし、入力部40から入力することによりテストイベントの順番で記述しファイルに記録する。 As in the described example shown in, the test apparatus input column of the display screen a test event for transmission to the system under test (input test event), also test event test device should receive from the system under test (response test event) each was divided into response field, described in the order of test events by inputting from the input unit 40 is recorded in the file.
各テストイベントは、基本的には、“MTABindArgum Each test event, basically, "MTABindArgum
ent"や“Message"のようにMHS P1/P2プロトコルのPDU名で記述する。但し、“RT−TRANSF "Described in the PDU name of MHS P1 / P2 protocol and so on. However," ent "Ya" Message RT-TRANSF
ERconf”のように同プロトコルのPDU名が存在しないRT−ASPが送受信される場合には、そのRT−A If the ERconf RT-ASP which PDU name of the protocol does not exist as "is transmitted and received, the RT-A
SP名を記述する。 Describing the SP name.

【0019】図8の記述例は試験装置が“MTABindA [0019] The description example of FIG. 8 test device "MTABindA
rgument"を被試験システムに送信することによりコネクション設立を要求する場合のテストシーケンスの例であるが、これとは逆に、図9に示すように被試験システムが“MTABindArgument"を試験装置に送信することによりコネクション設立を要求するようなテストシーケンスも記述することが可能である。 "Although an example of a test sequence for requesting a connection establishment by sending the system under test, on the contrary, the system under test is, as shown in FIG. 9" Rgument transmitted to the test device MTABindArgument " it is also possible to describe the test sequence, such as requesting a connection establishment by.

【0020】テストイベントは、図10に示すような一覧メニューから選択することによって記述できる。 [0020] The test event, it can be described by selecting from a list menu as shown in Figure 10. そのため、テストシーケンスエディタ11にはメニューのファイルがあり、表示部50の画面に表示される。 Therefore, the test sequence editor 11 contains a file menu is displayed on the screen of the display unit 50. 一覧メニューはMHS P1/P2プロトコルの各PDU名と、各RT−ASP名とに加えて、テストシーケンスを制御するためのシーケンス制御コマンドからなる。 List menu, in addition to each PDU name of MHS P1 / P2 protocol, and each RT-ASP name, consists of a sequence control command to control the test sequence.

【0021】シーケンス制御コマンドには“LOO [0021] The sequence control command "LOO
P”,“END OF LOOP”及び“WAIT”がある。“LOOP”コマンドは、同コマンドから“EN P "," "there is." END OF LOOP "and" WAIT LOOP "command from the command" EN
D OF LOOP”コマンドまでの間でこれらのコマンドで囲まれる範囲(ループ内)のテストイベントを、 The test event range (the loop) surrounded by these commands until the D OF LOOP "command,
“LOOP”コマンドで指定した回数だけ繰り返し実行することを示す。 "LOOP" indicates that the repeatedly executed the number of times specified in the command. “WAIT”コマンドは、次のテストイベントの処理の前に、指定した秒数だけ待つことを示す。 "WAIT" command, in front of the processing of the next test event, indicating that the wait for only the specified number of seconds. 従って、図11の記述例は、10秒おきに3回の“Message ”を送信するためのテストシーケンスである。 Accordingly, the description example of FIG. 11 is a test sequence for transmitting "Message" three times every 10 seconds.

【0022】また、各テストイベントには、後続のテストイベントと関連づけて動作させる等のために、補助記号を付加することができる。 [0022] In each test event, for such operating in association with the subsequent test event, can be added to supplemental code. そのため、テストシーケンスエディタ11には図12に示すような補助記号メニューのファイルがあり、表示部50の画面に表示される。 Therefore, the test sequence editor 11 contains a file supplemental code menu as shown in FIG. 12, it is displayed on the screen of the display unit 50.
そして、テストイベントを指定し、補助記号メニューより付加したい補助記号を選択することにより、補助記号を付加することができる。 By specifying a test event, selecting a supplemental code to be added from the auxiliary symbol menu, it is possible to add supplemental code. 補助記号は次のように用いられる。 Supplemental code is used as follows. 補助記号“/”:複数の応答テストイベントの受信する順序が不定の場合に、図13に示すように補助記号“/”を用いる。 Supplemental code "/": order of receiving the plurality of responses test event if indefinite, using an auxiliary symbol "/", as shown in FIG. 13. 図13のテストシーケンスの記述例中の4行目及び5行目に付加した補助記号“/”は、同4 13 Supplemental code appended to the fourth line and the fifth line in the description example of a test sequence for "/", the same 4
行目から6行目において、ASPのパラメータ値であるコネクション番号が異なる“MTABindResult"を、どのコネクション番号のものから受信しても良いことを示している。 In the sixth row from the row indicates that the connection numbers are different "MTABindResult" is a parameter value of the ASP, may be received from of any connection number. 補助記号“>”:入力テストイベントのパラメータ値をテスト実行時に指定する場合は、図14に示すように補助記号“>”を用いる。 Supplemental code ">": When specifying a parameter value of the input test events during the test run, using an auxiliary symbol ">" As shown in FIG. 14. 先に説明した図11の記述例では、ループ内のテストイベントは同じパラメータ値で実行されるが、ループ1回毎に“Message"のパラメータ値を変えたい場合は図14に示すよう“>”を付加してテストシーケンスを記述する。 In the description example of FIG. 11 described above, although test event in the loop is performed in the same parameter values, if you want to change the parameter value of "Message" in each time loop, as shown in FIG. 14 ">" It added that describes the test sequence. 従って図14中の5行目の補助記号“>”は、テスト実行時にこの5行目においてテスト実行を中断し、この状態をPDUのパラメータまたはASPのパラメータを指定し、次いでテスト実行を再開できることを示している。 Thus 5 row auxiliary symbols in FIG. 14 ">" may interrupt the test run in the fifth line in the test run, specify the parameters or ASP parameter of the state PDU, then to be able to resume the test run the shows. 補助記号“+”:PDUを連結したい場合に補助記号“+”を用いるが、詳細は図29により後で説明する。 Supplemental code "+": it uses a supplemental code "+" if you want to connect the PDU, details will be described later with FIG. 29. 補助記号“*”:同一の応答テストイベントを不特定回数受信する場合に補助記号“*”を用いるが、これの詳細も図29により後述する。 Supplemental code "*": uses a supplemental code "*" when the same response test event to receive non-specific number, will be described later with reference to FIG. 29 which details. 補助記号“?”:受信しなくても良い応答テストイベントを示す場合に補助記号“?”を用いるが、これの詳細も図29により後述する。 Supplemental code "?": "?" Is using an auxiliary symbol to indicate good response test event without receiving also be described later with reference to FIG. 29 which details.

【0023】図5のフローチャート中で、カット,コピー,ペーストの選択を行った場合、既に記述したテストシーケンス中の例えば複数行のテストイベントの削除, [0023] In the flowchart of FIG. 5, the cut, copy, in the case of performing a selection of a paste already removed the test event, for example, a plurality of rows in the test sequence described,
複写など部分的な切り貼りを行うことができ、記述作業が容易化する。 You can make a partial cut-and-paste like copying, to facilitate the description process.

【0024】[PDUのパラメータの入力]図1,図5,図6,図8及び図15〜図19に基づき、PDUエディタ12によるPDUのパラメータ値の設定を説明する。 [0024] Figure 1 Input parameter of PDU], based on FIGS. 5, 6, 8 and FIGS. 15 to 19, for explaining the setting of the parameter values ​​of the PDU by PDU editor 12. 各テストイベントに対してPDUのパラメータ値を入力するには、テストイベントを選択し、図5に示したように、テストシーケンスエディタ11においてPDU To enter the parameter values ​​of the PDU relative to each test event, select a test event, as shown in FIG. 5, PDU in the test sequence editor 11
エディタ12を起動する。 To start the editor 12. そして手力部40及び表示部50を利用して、図6に示したフローにより、入力テストイベントのPDUのパラメータを全て設定し、応答テストイベントのPDUのパラメータは正しく受信したか否かを判定すべきものについてのみ設定する。 And by using the Teryoku unit 40 and the display unit 50, determined by the flow shown in FIG. 6, to set all the parameters of the PDU input test event, whether the parameters of the PDU in response test event was received correctly to set only for those should be. 図6において、PDUのパラメータ値を新規に設定する場合は入力部40によりPDUパラメータの編集を行い、その後必要に応じて保存、終了を指定する。 6, when setting the parameter values ​​of the PDU to the new edits the PDU parameter through the input unit 40, then stored as necessary, to specify an end. 保存では、入力されたパラメータ値がエンコードされ、ファイル名を入力することにより再利用のためのファイルが作成されて保存される。 Saving the entered parameter values ​​are encoded, a file for reuse are stored is created by entering the file name. 終了では、入力されたパラメータ値がエンコードされて保存される。 In the end, the input parameter value is stored is encoded. また、初めから以前に設定したPDUのパラメータ値を利用する場合、あるいはテスト結果解析部30に保存されたPDUのパラメータ値を利用する場合は、ファイル名の入力等によりPDUパラメータのファイルを呼出し、デコードされたPDUパラメータを利用して所望のパラメータ設定の編集を行う。 Also, when utilizing the parameter values ​​of the PDU that is set from the beginning before or when using a parameter value of the test results PDU saved in the analyzing unit 30 calls the PDU parameter file by an input, such as the file name, by using the decoded PDU parameters to edit the desired parameter setting.

【0025】図15には、図8に例示したテストシーケンス中の1行目のテストイベントである“MTABindA [0025] FIG. 15 is a first line test event of the test in the sequence illustrated in FIG. 8 "MTABindA
rgument"に対するPDUエディタ12での画面側が示されている。ここで、OSI参照モデルの応用層のPDU Screen side in PDU editor 12 for Rgument "is shown. Here, PDU application layer of the OSI reference model
は、ASN. It is, ASN. 1定義(Abstract Syntax Notation 1)に従って定義されており、順序を持たないパラメータの集合(SET)や、複数のパラメータからの選択(CHO 1 Definition (Abstract Syntax Notation 1) is defined in accordance with, or set of parameters having no order (SET), selected from a plurality of parameters (CHO
ICE)等のデータ構造を組み合せた木構造を有している。 It has a tree structure that combines the data structure of the ICE), and the like. そこで、PDUエディタ12での個々のパラメータ値の設定としては、上述の木構造のリーフに対して、 Therefore, the setting of the individual parameter values ​​in PDU editor 12, on the leaf of the tree structure described above,
“IA5String" や、“INTEGER”等の形式で文字列や数値を入力するようにしている。 "IA5String" and, is that you enter the string or numeric value in the "INTEGER", etc. format of. 例えばPDUエディタ12における図15のSET画面例で“initiato For example, SET screen example of FIG. 15 in the PDU Editor 12 "initiato
r-name(MTAName)”を選択すると、図16の画面が表示されて“IA5String" の形式で、文字列の入力が要求される。そこで、所要の文字列をパラメータ値として入力する。また、図15の画面例で“initiator-cred "Is selected, is displayed the screen shown in Figure 16" r-name (MTAName) in the form of IA5String ", the input character string is required. Therefore, enter the desired string as the parameter value. Further, in the example of the screen shown in Figure 15 "initiator-cred
entials(Initiator Credientials)”を選択すると、図17のCHOICE画面が表示され、ここで“simple "Is selected, it is displayed CHOICE screen of FIG. 17, where" entials (Initiator Credientials) simple
(Password)”と“strong(Strong Crediential)いう2つのデータ型の選択を要求する。 (Password) "and" strong requests the selection of (Strong Crediential) refers two data types. そこで、例えば“si Thus, for example, "si
3ple(Password)”を選択すると、図18のCHOIC When you select a 3ple (Password) ", CHOIC of FIG. 18
E画面が表示され、ここで“IA5String" と“OCT E screen is displayed, where the "IA5String" "OCT
ET STRING”との2つのデータ型の選択を要求する。そこで例えば“IA5String" を選択すると、図19の画面が表示され、ここで始めて文字列の入力が要求される。そこで所要の文字列をパラメータ値として入力する。 "Requires the selection of two data types with. Thus, for example," ET STRING Selecting IA5String ", displays the screen shown in Figure 19, where the input character string is requested for the first time. So the required string enter as the parameter value.

【0026】[ASPのパラメータの入力]図1,図5,図7及び図20〜図22に基づき、ASPエディタ13によるASPのパラメータ値の設定例を説明する。 [0026] Figure 1 Enter ASP parameters], 5, on the basis of FIGS. 7 and FIGS. 20 to 22, illustrating a setting example of ASP parameter values ​​by ASP editor 13.
各テストイベントに対してASPのパラメータ値を入力するには、テストイベントを選択し、図5に示したように、テストシーケンスエディタ11においてASPエディタ13を起動する。 To enter ASP parameter values ​​for each test event, select a test event, as shown in FIG. 5, activates the ASP editor 13 in the test sequence editor 11. そして手力部40及び表示部50 The Teryoku unit 40 and the display unit 50
を利用して、図7に示したフローにより、入力テストイベントのASPのパラメータを全て設定し、応答テストイベントのASPのパラメータは正しく受信したか否かを判定すべきものについてのみ設定する。 Utilizing, by the flow shown in FIG. 7, sets all the ASP parameters of the input test event, ASP parameter response test event is set only for those to be determined whether or not received correctly. 図7において、ASPのパラメータ値を新規に設定する場合は入力部40によりASPパラメータの編集を行い、その後必要に応じて保存、終了を指定する。 7, when setting the ASP parameter values ​​new edits the ASP parameter through the input unit 40, then stored as necessary, to specify an end. 保存では、入力されたパラメータ値が、ファイル名を入力することにより再利用のためのファイルとして作成されて保存される。 Saving the entered parameter values ​​are stored is created as a file for reuse by entering the file name. 終了では、入力されたパラメータ値が保存される。 In the end, the input parameter value is stored. また、 Also,
初めから以前に設定したASPのパラメータ値を利用する場合、あるいはテスト結果解析部30に保存されたA When utilizing the parameter values ​​of the ASP set from the beginning previously or stored in the test result analysis unit 30 A
SPのパラメータ値を利用する場合は、ファイル名の入力等によりASPパラメータのファイルを呼出し、AS If you want to use the parameter values ​​of the SP, call the file of ASP parameters by the input or the like of the file name, AS
Pパラメータを利用して所望のパラメータ設定の編集を行う。 Using the P parameter to edit the desired parameter settings.

【0027】ASPエディタ13が起動すると、ASP [0027] ASP editor 13 is started, ASP
のパラメータ値の設定のために表示部50に例えば図2 For example, the display unit 50 for setting a parameter value 2
0や図21に示される画面が表示される。 Screen shown in 0 and FIG. 21 is displayed. 図20の画面例は、図8のテストシーケンス中の1行目のテストイベント(MTABindArgument)に対するASPエディタ1 Screen example of FIG. 20, ASP editor 1 for the first row of test events in the test sequence of FIG. 8 (MTABindArgument)
3の画面であり、図21の画面例は、図9のテストシーケンス中の2行目のテストイベント(MTABindResul A 3 screen, the screen example of FIG. 21, the second line of the test event in the test sequence of FIG. 9 (MTABindResul
t)に対するASPエディタ13の画面である。 It is a screen of ASP editor 13 with respect to t). このような画面に対応して、入力部40により、ASPパラメータを入力して設定を行う。 In response to such screen, the input unit 40, performs the configuration by entering the ASP parameter. 図22には、図21の画面に対してパラメータ値を入力し終えた状態の画面表示例が示されている。 Figure 22 is a screen display example of a state of finished entering the parameter values ​​are shown with respect to the screen of FIG. 21. ところで、パラメータ値として、図22 Meanwhile, as the parameter values, Figure 22
の“Result”に関するもののように、“acceptance”, As those relating to "Result" of, "acceptance",
“ACSE rejected",“PL user rejected”等の限られた値しかとらないものについては、入力の簡単化のためASPエディタ13にこれらのパラメータ値のテーブルを予め用意しておき、このテーブル即ちメニューから選択できるようにしてある。 "ACSE rejected", "PL user rejected" for those that do not take only limited values ​​of the like, the ASP editor 13 for ease of input is prepared a table of the parameter values ​​in advance, the table or menu It is to be able to select from. 一方、“CEP−I On the other hand, "CEP-I
D”,“Responding presentation address"等に関するもののように、任意の値を取り得るパラメータ値の場合は、そのデータ型に従って必要な個数だけ数値や文字列をそのまま入力する。更に、パラメータ値としては、入力の簡単化のためテスト実行中に送信する値や受信する値をそのまま指定することができるようにしてある。例えば、“Responding presentation address" において、図8のテストシーケンス中の1行目のASPである「“RT−OPENind ”のパラメータ“Called prese D "," as relates Responding presentation.dll address ", etc., in the case of the parameter values ​​that can take any value, as it is to enter the number just numbers and strings required in accordance with the data type. Furthermore, as the parameter value, values ​​and received values ​​to transmit during the test run for the simplification of the input are to be able to directly specified. for example, in "Responding presentation address", 1 line of ASP in the test sequence of FIG. 8 parameters "Called prese of it" "RT-OPENind"
ntationaddress"」のパラメータ値を使いたい場合は、 If you want to use a parameter value of ntationaddress "" may,
図22に示すように、行番号1を付して“1.called pre As shown in FIG. 22, denoted by the line number 1 "1.called pre
sentation address"と入力すれば良い。 sentation address "and it may be input.

【0028】<テスト実行部の構成動作>図1,図1 [0028] FIG. 1 <configuration operation of the test execution section>, as shown in FIG. 1
1,図14及び図23に基づいて、テスト実行部20を説明する。 1, with reference to FIGS. 14 and 23, illustrating the test execution unit 20. テスト実行部20は、テストシナリオ作成部10により作成されたテストシナリオを用いて、テストシーケンスをテストイベントの番号順に1行ずつ解釈し、被試験システムと対向して試験を行い、テスト結果をテスト結果解析部30に渡すためにテスト結果をファイルに保存する。 The test execution unit 20, by using a test scenario created by the test scenario generation unit 10 interprets line by line test sequence in numerical order of the test event, were tested to face the system under test, tests the test results to save in order to pass on the results analysis section 30 of the test results to a file. テストイベントが入力テストイベントである場合、テスト実行部20は被試験システムに対しPDU及びASPを送信する。 If the test events is an input test event, the test execution unit 20 transmits the PDU and ASP to the system under test. この送信は、基本的には予め固定値として設定した送信待機時間だけ待機してから行うが、図11のテストシーケンスの5行目の入力テストイベントのように、“WAIT”コマンド直後の入力テストイベントの場合は“WAIT”コマンドで指定された時間例えば10秒だけ待機してから送信を行う。 This transmission is performed after waiting only transmission wait time is basically set as a fixed value in advance, as the fifth row of input test event test sequence of FIG. 11, "WAIT" command input test immediately after in the case of events to transmit after waiting only "wAIT" time is specified in the command, for example, 10 seconds.
一方、テストイベントが応答テストイベントの場合、テスト実行部20はPDU及びASPを被試験システムから受信するまで待ち、当該応答テストイベントで指定したPDU名,ASP名,更にはそれらのパラメータ値と、実際に受信したPDU名,ASP名,それらのパラメータ値とを比較する。 On the other hand, if the test event response test event, the test execution unit 20 waits until it receives the PDU and ASP from the system under test, PDU name specified in the response test event, ASP name, even with their parameter values, PDU name received actually, ASP name, compared with their parameter values. 比較の結果、異なる場合にはテスト実行を終了するものとしている。 Result of the comparison, if different is assumed to end the test run. なお、応答テストイベントにおける受信では、タイムアウト時間を固定値として設けてあり、この時間までに受信がなかった場合には、所定のテストイベントを受信しなかったものと見なしている。 In the reception in response test event, it is provided with a time-out time as a fixed value, if no received by this time is deemed to have not received a predetermined test event.

【0029】また、テスト実行部20は図23に示すように、テスト実行時に送受信したテストイベントを、送受信時刻を付してテストシーケンスと同形式で表示部5 Further, the test execution unit 20 as shown in FIG. 23, the display unit 5 a test event sent and received during the test run, denoted with the reception time in the test sequence in the same format
0に画面表示するようにしてある。 0 are as displayed on the screen to. また、テスト実行部30は送受信したテストイベントと、それらPDU及びASPのパラメータ値と、送受信時刻とを、ファイルに保存するようにしてある。 Also, a test event test execution unit 30 is sent and received, and parameter values ​​thereof PDU and ASP, and reception time, are to be stored in a file.

【0030】更に、テスト実行部20は、入力部40等でテスト実行中にテストの一時停止を選択することにより、テスト実行を中断することができ、またテストの再開を選択することにより、中断したテストイベントからテスト実行を再開できるようにしてある。 Furthermore, the test execution unit 20, by selecting the pause tests during test execution by the input unit 40 or the like, it is possible to interrupt the test run, also by selecting the resume testing, suspended It is from the test events to be able to resume the test run. また、テスト実行部20は、図14のテストシーケンスの5行目の入力テストイベントのように、補助記号“>”が付加されている入力テストイベントの場合は、当該入力テストイベントを送信する前に、パラメータを設定できるようにテスト実行を中断し、実行中のテストシナリオに対するテストシーケンスエディタ11及びテスト結果アナライザ31を起動する。 Furthermore, the test execution unit 20, as the fifth row of input test event test sequence of Figure 14, if the input test events supplemental code ">" is added, before sending the input test event to interrupt the test run configure parameters, to start the test sequence editor 11 and test result analyzer 31 for test scenario running. このテスト実行の中断により、補助信号“>”が付加した入力テストイベントのパラメータを、新規に、あるいは途中まで実行したテスト結果中のPDUパラメータ値またはASPパラメータ値を用いて上記ツール11,31により入力することができるようにしている。 The interruption of the test run, the parameters of the input test event the auxiliary signal ">" is added by the tools 11 and 31 with new, or PDU parameter value or ASP parameter value of the test results which had been performed up to the middle so that it is possible to input. パラメータの入力が完了したら、テスト実行画面等においてテスト実行の再開を起動することにより、中断したテストイベントからテスト実行を再開する。 Once the input parameters is completed by activating the resume test run in a test execution screen such resumes test run from the interrupted test event.

【0031】<テスト結果解析部の構成動作>図1,図11及び図24〜図27に基づいて、テスト結果解析部30を説明する。 [0031] <test result analysis unit configuration Operation> FIG. 1, with reference to FIGS. 11 and FIGS. 24 to 27, illustrating a test result analysis unit 30. テスト結果解析部30のうち、テスト結果シーケンスアナライザ31はテスト結果のうち主としてイベントのシーケンスを解析するものであり、テスト実行時に実際に送信したテストイベントと、実際に受信したテストイベントを区分けし、(N)−PDU名及び(N−1)−ASP名にそれぞれ送受信時刻等を付して表示または記録する。 Of the test result analysis unit 30, the test result sequence analyzer 31 is intended for analyzing primarily the sequence of events of the test results, sectioned and testing events actually sent during the test run, actually received test event, (N)-PDU ​​name and (N-1) -ASP displayed or recorded, respectively denoted by the transmission and reception time, etc. to name. 図23は画面表示の一例を示し、これは図11のテストシナリオを実行した結果を、 Figure 23 shows an example of a screen display, the result which is obtained by executing a test scenario Figure 11,
テスト結果シーケンスアナライザ31で画面表示したものである。 It is obtained by the screen display in the test result sequence analyzer 31. また、PDU及びASPのパラメータ値を解析する場合には、テスト結果シーケンスアナライザ31 Furthermore, when analyzing the PDU and ASP parameter values, test result sequence analyzer 31
で、テストイベントを指定してPDUアナライザ32及びASPアナライザ33を起動する。 In, to start the PDU analyzer 32 and ASP analyzer 33 by specifying a test event. PDUアナライザ32はテスト実行時に送受信したテストイベントのPD PD of the PDU analyzer 32 test events are sent and received at the time of the test run
Uのパラメータ値を解析し、解析したPDUのパラメータ値を表示し、またファイルに保存する。 It analyzes the parameter values ​​of the U, to display the parameter values ​​of the PDU analyzed, also stored in a file. 図25と図2 FIGS. 25 and 2
6の各画面例は、図24の1行目のテストイベントに対するPDUアナライザ32による解析結果の画面表示を示している。 Each screen example 6 shows the analysis of the result screen display by PDU analyzer 32 for the first row of test events in Figure 24. ASPアナライザ33はテスト実行時に送受信したテストイベントのASPのパラメータ値を解析し、解析したASPのパラメータ値を表示し、またファイルに保存する。 ASP analyzer 33 analyzes the ASP parameter value of the test events sent and received during the test run, to display the parameter values ​​of the ASP analyzed, also stored in a file. 図27の画面例は、同じく図24の1 Screen example of FIG. 27, like 1 in Fig. 24
行目のテストイベントに対するASPアナライザ33による解析結果の画面表示を示している。 It shows a screen display of the analysis results by the ASP analyzer 33 for the test events of the row.

【0032】<セション層(SL)プロトコルに対する試験構成例>次に、図1,図4〜図7及び図28〜図3 [0032] <Example test setup for the session layer (SL) protocol> Next, FIG. 1, FIGS. 4 to 7 and FIGS. 28 3
3に基づいて、本発明をOSI参照モデルの第5層即ちセション層(SL)のプロトコルの試験に適用した場合を例にとり、通信プロトコル適合性試験装置の構成例及び動作例を説明する。 3 on the basis, the present invention taking an application of the test protocol of the fifth layer i.e. the session layer of the OSI reference model (SL) as an example, a configuration example and an operation example of the communication protocol conformance testing device. セション層(SL)プロトコルのPDU(SPDU)はトランスポート層(TL)によって運ばれるため、試験は図28に示すように、SLプロトコルのSPDUをユーザデータとして含んだ、TL1 Session layer (SL) protocol PDU (SPDU) is to be carried by the transport layer (TL), the test is as shown in FIG. 28, including the SPDU of SL protocol as user data, TL1
03のASP即ちT−ASPを送受信して行われる。 03 of the ASP that is T-ASP is performed by transmitting and receiving. そこで、図1に示した通信プロトコル適合性試験装置において、テストシーケンスエディタ11ではSLプロトコルのテストシーケンスを記述し、PDUエディタ12ではSLプロトコルのSPDUのパラメータを設定し、A Therefore, in the communication protocol conformance testing apparatus shown in FIG. 1, describes a test sequence test sequence editor 11, SL protocol, set parameters for SPDU of PDU editor 12, SL protocol, A
SPエディタ13ではTLのT−ASPのパラメータを設定することになる。 In SP editor 13 will set the parameters of the T-ASP of TL. また、テスト結果シーケンスアナライザ31ではSLプロトコルのテスト結果シーケンスを解析し、PDUアナライザ32ではSLプロトコルのSPDUのパラメータ値を解析し、ASPアナライザ3 Further, by analyzing the test results the sequence of test result sequence analyzer 31 in SL protocol analyzes the parameter value of the SPDU of PDU analyzer 32 in SL protocol, ASP analyzer 3
3ではTLのT−ASPのパラメータ値を解析することになる。 In 3 will analyze the parameter values ​​of the T-ASP of TL. 従って、対象プロトコル,PDU名,ASP名及びそれらのパラメータが異なるだけで、基本的にはN Therefore, Protocols, PDU name, only ASP names and their parameters are different, basically N
HS P1/P2プロトコル用と同じである。 It is the same as those for HS P1 / P2 protocol.

【0033】<SLプロトコル用テストシナリオの作成>図1及び図4〜図7及び図29に基づき、SLプロトコル用テストシナリオの作成例を説明する。 [0033] Based on the <SL create a protocol for test scenarios> 1 and FIGS. 4 to 7 and 29, will be described an example of creating a test scenario SL protocol. 図4のテストシナリオ作成フローチャートに示されるように、テストシナリオ作成開始時に、テストシナリオ作成部10に入力部40により新規のテストシナリオの作成か否かを指定する。 As shown in the test scenario generation flowchart of FIG. 4, at the start creating test scenario, the input unit 40 to the test scenario generation unit 10 specifies whether the creation of a new test scenarios. 新規のテストシナリオ作成を指定するとテストシーケンスエディタ11が起動し、否であれば作成済みのテストシナリオ名を入力することによりそのテストシナリオのファイルが呼び出されてテストシーケンスエディタ11が起動する。 If you specify to create new test scenario to start the test sequence editor 11, file of the test scenario is invoked by entering the already created test scenario name if it is not the test sequence editor 11 is started. テストシーケンスエディタ11 Test sequence editor 11
が起動すると、図5に示されるフローチャートにより、 When but started, the flowchart shown in FIG. 5,
テストシーケンス用のテストイベントの記述、テストシーケンスの部分的な切り貼り用のカット,コピー,ペースト等の選択、PDUエディタの選択、ASPエディタの選択、シナリオ保存、終了等を指定する。 Description of test event for test sequences, partial cut for cutting and pasting of test sequences, copy, selecting the paste, select the PDU editor, select the ASP editor, scenario storage, supplying an exit or the like. PDUエディタが選択されるとPDUエディタが起動し、図6に示されるフローチャートに従って動作する。 When PDU editor is selected PDU editor is activated, it operates in accordance with the flow chart shown in FIG. またASPエディタが選択されるとASPエディタが起動し、図7に示されるフローチャートに従って動作する。 Also the ASP editor is selected ASP editor is activated, it operates in accordance with the flow chart shown in FIG.

【0034】[テストシーケンスの記述]図1,図5及び図29に基づき、テストシーケンスエディタ11によるテストシーケンスの記述を説明する。 [0034] [Description of Test Sequence Figure 1, with reference to FIG. 5 and FIG. 29, illustrating a description of the test sequence with the test sequence editor 11. 試験装置には図1の如く入力部40及び表示部50があり、図29に示す記述例のように、試験装置が被試験システムへ送信するテストイベント(入力テストイベント)を表示画面の入力欄に、また試験装置が被試験システムから受信すべきテストイベント(応答イベント)を応答欄にそれぞれ区分けし、入力部40から入力することによりテストイベントの順番で記述しファイルに記録する。 The testing device has an input unit 40 and the display unit 50 as shown in FIG. 1, as in the description example shown in FIG. 29, an input column of the display screen test apparatus is a test event for transmission to the system under test (input test events) to also test apparatus is divided respectively to the response field test event to be received from the system under test (response event), described in the order of test events by inputting from the input unit 40 is recorded in the file. 各テストイベントは、基本的には、“CN”や“AC”のようにS Each test event, S as in Basically, "CN" Ya "AC"
LプロトコルのSPDU名で記述する。 Described in the SPDU name of L protocol. 但し、“T−C However, "T-C
ONNECTreq ”のように同プロトコルのSPDU名が存在しないT−ASPが送受信される場合には、そのT−ASP名を記述する。 If the ONNECTreq T-ASP which SPDU name of the protocol does not exist as "is transmitted and received, describing the T-ASP name.

【0035】図29の記述例は試験装置が“T−CON The description example of FIG. 29 test device "T-CON
NECTreq ”を被試験システムに送信することによりコネクション設立を要求する場合のテストシーケンスの例であるが、これとは逆に、被試験システムが“T−C "It is an example of a test sequence for requesting a connection establishment by sending the system under test, on the contrary, the system under test is" NECTreq T-C
ONNECTind ”を試験装置に送信することによりコネクション設立を要求するようなテストシーケンスも記述することが可能である。 Test sequence that requests the connection establishment by sending a ONNECTind "to the test apparatus also can be described.

【0036】テストイベントは、一覧メニューから選択することによって記述できる。 The test event, can be described by selecting from the list menu. そのため、テストシーケンスエディタ11にはメニューのファイルがあり、表示部50の画面に表示される。 Therefore, the test sequence editor 11 contains a file menu is displayed on the screen of the display unit 50. 一覧メニューはSLプロトコルの各SPDU名と、各T−ASP名とに加えて、テストシーケンスを制御するための適宜なシーケンス制御コマンドからなる。 List menu in addition each SPDU name SL protocol, and each T-ASP name, made of an appropriate sequence control commands for controlling the test sequence. 例えば“WAIT”コマンドは、次のテストイベントの処理の前に、指定した秒数だけ待つことを示す。 For example, "WAIT" command, in front of the processing of the next test event, indicating that the wait for only the specified number of seconds. 従って、図29の記述例は、10秒おきに3回の“MIA”を送信するためのテストシーケンスである。 Accordingly, the description example of FIG. 29 is a test sequence for transmitting the "MIA" three times every 10 seconds.

【0037】また、各テストイベントには、後続のテストイベントと関連づけて動作させる等のために、補助記号を付加することができる。 [0037] In each test event, for such operating in association with the subsequent test event, can be added to supplemental code. そのため、テストシーケンスエディタ11には図12に示すような補助記号メニューのファイルがあり、表示部50の画面に表示される。 Therefore, the test sequence editor 11 contains a file supplemental code menu as shown in FIG. 12, it is displayed on the screen of the display unit 50.
そして、テストイベントを指定し、前述したように補助記号メニューより付加したい補助記号を選択することにより、補助記号を付加する。 Then, specify a test event, by selecting the auxiliary symbol to be added from the auxiliary symbol menu as described above, adding supplemental code. 図29のシーケンス記述例の5行目,8行目,10行目及び15行目の各テストイベントに付加した補助記号“+”は、PDUを連結させるためのものである。 Line 5 of the sequence described example of FIG. 29, line 8, line 10 and line 15 supplemental code appended to each test event "+" is for linking the PDU. 従って、同図29の5行目では“AS”と次行の“GT”という2つのSPDUが連結されて、1つの“T−DATAreq ”というT−ASP Thus, two SPDU that Line 5 "AS" and the next line "GT" in FIG 29 is connected, T-ASP that one "T-DATAreq"
で運ぶことを意味する。 It means to carry in. また、図29のテストシーケンス記述例の7行目のテストイベントに付加した補助記号“*”は、同一の応答テストイベントを不特定回数受信することを示す。 Moreover, supplemental code appended to the seventh row of the test event test sequence description example of FIG. 29 "*" indicates that an unspecified number of receiving the same response test event. 従って、同図29の7行目の例では、 Thus, in the example of line 7 in FIG. 29,
“DT”なるSPUDを繰り返して受信することを意味する。 Means that receives repeatedly SPUD made "DT". 更に、図29のテストシーケンス記述例の18行目のテストイベントに付加した補助信号“?”は、受信しなくても良い応答テストイベントを示す。 Furthermore, an auxiliary signal added to the line 18 of the test event test sequence description example of FIG. 29 "?" Indicates a good response test event without receiving. 従って、同図29の例では、“WAIT”コマンドで指定したタイムアウト時間までに“MIA”を受信しなかった時は、 Thus, in the example of FIG. 29, "WAIT" when it does not receive "MIA" until the specified time-out period in command,
“MIA”を受信しなかったと見なすが、中断することなく次行のテストイベントのテスト実行に移って良いことを意味する。 Considered to have not received the "MIA", but it means that may be moved to test the execution of the test events of the next line without interruption. 但し、図30のテストシーケンスの記述例における7行目の補助記号“?”のように、直後の行が応答テストイベントの場合は、7行目の“DT”の受信待ち状態で次の8行目の“MIP”を受信した時に、 However, as the line 7 of the auxiliary symbol "?" In the description example of a test sequence of FIG. 30, if immediately after the line is the response test event, following in the reception waiting state of "DT" of line 7 8 upon receipt of the "MIP" of the row,
7行目の“DT”は受信されなかったものと見なし、次の9行目のテストイベントのテスト実行に移ることを意味する。 7 line "DT" is deemed not to have been received, it means that moves the test run of the next line 9 test event. ここで、図30の記述例は、被試験システムが“T−CONNECTind ”を試験装置に送信することによりコネクション設立を要求するような場合テストシーケンスである。 Here, description example of FIG. 30 is a case test sequence so as to request a connection establishment by sending the test device under test system "T-CONNECTind".

【0038】SLプロトコルについての場合も図5のフローチャート中で、カット,コピー,ペーストの選択を行った場合、既に記述したテストシーケンス中の例えば複数行のテストイベントの削除,複写など部分的な切り貼りを行うことができ、記述作業が容易化する。 [0038] In the case of the SL protocol in the flowchart of FIG. 5, the cut, copy, in the case of performing a selection of a paste already removed the test event, for example, a plurality of rows in the test sequence described, copying partial cut and paste, etc. It can be performed, to facilitate the description process.

【0039】[SPDUのパラメータの入力]図1,図5,図6,図31及び図32に基づき、PDUエディタ12によるSPDUのパラメータ値の設定を説明する。 [0039] Input parameters SPDU] FIG 1, FIG 5, based on FIG. 6, FIGS. 31 and 32, for explaining the setting of the parameter values ​​of the SPDU by PDU editor 12.
SLプロトコルの各テストイベントに対してSPDUのパラメータ値を入力するには、テストイベントを選択し、図5に示したように、テストシーケンスエディタ1 To enter the parameter value of the SPDU For each test event of SL protocol, select a test event, as shown in FIG. 5, the test sequence editor 1
1においてPDUエディタ12を起動する。 To start the PDU editor 12 at 1. そして手力部40及び表示部50を利用して、図6に示したフローにより、入力テストイベントのSPDUのパラメータを全て設定し、応答テストイベントのSPDUのパラメータは正しく受信したか否かを判定すべきものについてのみ設定する。 And by using the Teryoku unit 40 and the display unit 50, determined by the flow shown in FIG. 6, to set all the parameters of the SPDU input test event, whether the parameters of the SPDU response test event has been received correctly to set only for those should be. 図6において、SPDUのパラメータ値を新規に設定する場合は入力部40によりPDUパラメータの編集を行い、その後必要に応じて保存、終了を指定する。 6, when setting the parameter value of the SPDU the new edits the PDU parameter through the input unit 40, then stored as necessary, to specify an end. 保存では、入力されたパラメータ値がエンコードされ、ファイル名を入力することにより再利用のためのファイルが作成されて保存される。 Saving the entered parameter values ​​are encoded, a file for reuse are stored is created by entering the file name. 終了では、入力されたパラメータ値がエンコードされて保存される。 In the end, the input parameter value is stored is encoded. また、 Also,
初めから以前に設定したSPDUのパラメータ値を利用する場合、あるいはテスト結果解析部30に保存されたSPDUのパラメータ値を利用する場合は、ファイル名の入力等によりPDUパラメータのファイルを呼出し、 When utilizing the parameter values ​​of the SPDU set from the beginning before or when using the parameter values ​​of the SPDU stored in the test result analysis unit 30 calls the PDU parameter file by an input, such as the file name,
デコードされたPDUパラメータを利用して所望のパラメータ設定の編集を行う。 By using the decoded PDU parameters to edit the desired parameter setting.

【0040】図31には、図29に例示したテストシーケンス中の3行目のテストイベント“CN”に対するP [0040] in FIG. 31, P for the test events "CN" in the third line of the test in the sequence illustrated in FIG. 29
DUエディタ12での画面表示例が示されている。 Screen display example in the DU editor 12 is shown. また図32には、同図29の13行目のテストイベント“D Also in FIG. 32, line 13 of the test events "D in FIG 29
T”に対するPDUエディタ12の画面表示例が示されている。ところで、セション層SLのように、OSI参照モデル中の下位層の通信プロトコル適合性試験を行う場合には、それより上位層のプロトコルをSPDUのユーザデータとして運ぶ必要がある。そこで、ユーザデータとして運ばれる上位層PDUは、当該上位層(SLに対してはプレゼンテーション層PL)用のPDUエディタで別途作成し、ユーザデータファイルとして保存しておく。そして次に、SLにおいてPDUエディタ12で上記ユーザデータファイルを分割して送信する。このようなユーザデータファイルを分割して送信する機能を持たせるために、図32に示すように、ユーザデータを含むPDUに対するPDUエディタ12では、ユーザデータファイルの指定 Screen display example of a PDU editor 12 for T "is shown. However, as the session layer SL, when performing communication protocol conformance testing of the lower layer in the OSI reference model, it from the upper layer protocol it is necessary to carry the user data of the SPDU. Therefore, the upper layer PDU carried as user data, separately created PDU editor for (presentation layer PL for SL) the upper layer, stored as user data files keep. and then, with PDU editor 12 transmits by dividing the user data file in SL. in order to have a function of transmitting such user data files divided, as shown in FIG. 32 in PDU editor 12 for PDU including user data specified in the user data file User data fail)、切り出すべき先頭のアドレス(User data offset)、及び切り出すべきバイト数(User data bytes)を設定できるようにしてある。また、ユーザデータファイルの作成保存のための上位層PDU用エディタもテストシーケンスエディタ11 User data fail), the start address to be extracted (User data offset), and the number of bytes to be extracted (are to be set to User data bytes). In addition, the upper layer PDU editors for creating stored user data file also test sequence editor 11
から選択して起動できるようにしてある。 It is to be started by selecting from.

【0041】[ASPのパラメータの入力]図1,図5,図7及び図33に基づき、ASPエディタ13によるT−ASPのパラメータ値の設定例を説明する。 [0041] Figure 1 Enter ASP parameters], 5, on the basis of FIGS. 7 and 33, illustrating a setting example of a parameter value of the T-ASP by ASP editor 13. 各テストイベントに対してT−ASPのパラメータ値を入力するには、テストイベントを選択し、図5に示したように、テストシーケンスエディタ11においてASPエディタ13を起動する。 To enter the parameter values ​​of the T-ASP For each test event, select a test event, as shown in FIG. 5, activates the ASP editor 13 in the test sequence editor 11. そして手力部40及び表示部50 The Teryoku unit 40 and the display unit 50
を利用して、図7に示したフローにより、入力テストイベントのT−ASPのパラメータを全て設定し、応答テストイベントのT−ASPのパラメータは正しく受信したか否かを判定すべきものについてのみ設定する。 Through a configuration, the flow shown in FIG. 7, set all the parameters of the T-ASP input test event, for those to be determined whether the T-ASP parameter response test event has been received correctly only to. 図7 Figure 7
において、ASPのパラメータ値を新規に設定する場合は入力部40によりASPパラメータの編集を行い、その後必要に応じて保存、終了を指定する。 In the case of setting the ASP parameter values ​​new edits the ASP parameter through the input unit 40, then stored as necessary, to specify an end. 保存では、入力されたパラメータ値が、ファイル名を入力することにより再利用のためのファイルとして作成されて保存される。 Saving the entered parameter values ​​are stored is created as a file for reuse by entering the file name. 終了では、入力されたパラメータ値が保存される。 In the end, the input parameter value is stored.
また、初めから以前に設定したT−ASPのパラメータ値を利用する場合、あるいはテスト結果解析部30に保存されたT−ASPのパラメータ値を利用する場合は、 Also, when utilizing the parameter values ​​of the T-ASP previously set from the beginning, or when using a parameter value of the test results stored in the analysis unit 30 the T-ASP is
ファイル名の入力等によりASPパラメータのファイルを呼出し、ASPパラメータを利用して所望のパラメータ設定の編集を行う。 Call the file of ASP parameters by the input or the like of the file name, using the ASP parameters to edit the desired parameter settings.

【0042】ASPエディタ13が起動すると、ASP [0042] When the ASP editor 13 is started, ASP
のパラメータ値の設定のために表示部50に例えば図3 FIG example on the display unit 50 for setting the parameter values ​​3
3に示される画面が表示される。 Screen shown in 3 is displayed. 図33の画面例は、図29のテストシーケンス中の1行目のテストイベント(T−CONNECTreq )に対するASPエディタ1 Screen example of FIG. 33, ASP editor 1 for the first row of test events in the test sequence of FIG. 29 (T-CONNECTreq)
3の画面である。 It is a three-screen of. このような画面に対応して、入力部4 In response to such screen, the input unit 4
0により、ASPパラメータを入力して設定を行う。 By 0, the setting by entering the ASP parameters. パラメータ値として、限られた値しかとらないものについては、入力の簡単化のためASPエディタ13にこれらのパラメータ値のテーブルを予め用意しておき、このテーブル即ちメニューから選択できるようにしてある。 As the parameter value, for which only take a limited value, the ASP editor 13 for ease of input is prepared a table of the parameter values ​​in advance, it is to be selected from the table or menu. 一方、任意の値を取り得るパラメータ値の場合は、そのデータ型に従って必要な個数だけ数値や文字列をそのまま入力する。 On the other hand, in the case of the parameter values ​​that can take any value, as it is entering a numerical value or character string required number in accordance with the data type. 更に、パラメータ値としては、入力の簡単化のためテスト実行中に送信する値や受信する値をそのまま指定することができるようにしてある。 Furthermore, as the parameter values, it is to be able to directly specify the value to be a value or receives and transmits during a test for ease of input.

【0043】<テスト実行部の構成動作>図1,図29 [0043] FIG. 1 <configuration operation of the test execution section>, 29
に基づいて、テスト実行部20を説明する。 Based on, describing the test execution unit 20. SLプロトコルに対するテスト実行部20は、テストシナリオ作成部10により作成されたテストシナリオを用いて、テストシーケンスをテストイベントの番号順に1行ずつ解釈し、被試験システムと対向して試験を行い、テスト結果をテスト結果解析部30に渡すためにファイルに保存する。 Test execution unit 20 for SL protocol, using a test scenario created by the test scenario generation unit 10 interprets line by line test sequence in numerical order of the test event, were tested to face the system under test, the test to save in order to pass the result to the test result analysis section 30 to file. テストイベントが入力テストイベントである場合、 If the test event is an input test events,
テスト実行部20は被試験システムに対しSPDU及びT−ASPを送信する。 The test execution unit 20 transmits the SPDU and T-ASP to the system under test. この送信は、基本的には予め固定値として設定した送信待機時間だけ待機してから行うが、図29のテストシーケンスの17行目の入力テストイベントのように、“WAIT”コマンド直後の入力テストイベントの場合は“WAIT”コマンドで指定された時間例えば20秒だけ待機してから送信を行う。 This transmission is performed after waiting only transmission wait time is basically set as a fixed value in advance, as line 17 of the input test event test sequence of FIG. 29, "WAIT" command input test immediately after for event for transmission waits only "wAIT" period is specified in the command, for example, 20 seconds. 一方、テストイベントが応答テストイベントの場合、テスト実行部20はSPDU及びT−ASPを被試験システムから受信するまで待ち、当該応答テストイベントで指定したSPDU名,T−ASP名,更にはそれらのパラメータ値と、実際に受信したSPDU名,T−ASP On the other hand, if the test event response test event, the test execution unit 20 waits for the SPDU and T-ASP until it receives from the system under test, SPDU specified in the response test event name, T-ASP names, even those parameter values ​​and, SPDU name that you actually received, T-ASP
名,それらのパラメータ値とを比較する。 Name is compared with their parameter values. 比較の結果、 As a result of the comparison,
異なる場合にはテスト実行を終了するものとしている。 If different it is assumed that the end of the test run.
なお、応答テストイベントにおける受信では、タイムアウト時間を固定値として設けてあり、この時間までに受信がなかった場合には、所定のテストイベントを受信しなかったものと見なしている。 In the reception in response test event, it is provided with a time-out time as a fixed value, if no received by this time is deemed to have not received a predetermined test event.

【0044】また、テスト実行部20は、テスト実行時に送受信したSLプロトコルのテストイベントを、送受信時刻を付してテストシーケンスと同形式で表示部50 [0044] Furthermore, the test execution unit 20, a test event for SL protocol transceiver during test execution, the display unit 50 in the test sequence and the format designated by the transmission and reception time
に画面表示するようにしてある。 It is as displayed on the screen to. また、テスト実行部2 In addition, test execution section 2
0は送受信したテストイベントと、それらSPDU及びT−ASPのパラメータ値と、送受信時刻とを、ファイルに保存するようにしてある。 0 a test event sent and received, and parameter values ​​thereof SPDU and T-ASP, and a reception time, are to be stored in a file.

【0045】更に、テスト実行部20は、入力部40等でテスト実行中にテストの一時停止を選択することにより、テスト実行を中断することができ、またテストの再開を選択することにより、中断したテストイベントからテスト実行を再開できるようにしてある。 [0045] Furthermore, the test execution unit 20, by selecting the pause tests during test execution by the input unit 40 or the like, it is possible to interrupt the test run, also by selecting the resume testing, suspended It is from the test events to be able to resume the test run. また、テスト実行部20はSLプロトコルの場合も入力テストイベントのように、補助記号“>”が付加されている入力テストイベントの場合は、当該入力テストイベントを送信する前に、パラメータを設定できるようにテスト実行を中断し、実行中のテストシナリオに対するテストシーケンスエディタ11及びテスト結果アナライザ31を起動する。 Further, the test execution unit 20 as well the input test event if the SL protocol, in the case of input test events supplemental code ">" is added before sending the input test event, can set the parameters interrupted test run so, start the test sequence editor 11 and test result analyzer 31 for test scenario running. このテスト実行の中断により、補助信号“>”が付加した入力テストイベントのパラメータを、新規に、あるいは途中まで実行したテスト結果中のPDUパラメータ値またはASPパラメータ値を用いて入力することができるようにしている。 The interruption of the test run, the parameters of the input test event the auxiliary signal ">" are added, new or to be able to enter with the PDU parameter value or ASP parameter values ​​in the test results performed partway I have to. パラメータの入力が完了したら、テスト実行画面等においてテスト実行の再開を起動することにより、中断したテストイベントからテスト実行を再開する。 Once the input parameters is completed by activating the resume test run in a test execution screen such resumes test run from the interrupted test event.

【0046】<テスト結果解析部の構成動作>次にテスト結果解析部30を説明する。 [0046] to explain the <test result analysis section of the configuration Operation> Next, test result analysis unit 30. SLプロトコルのテスト結果解析部30のうち、テスト結果シーケンスアナライザ31はテスト結果のうち主としてイベントのシーケンスを解析するものであり、テスト実行時に実際に送信したテストイベントと、実際に受信したテストイベントを区分けし、SPDU名及びT−ASP名にそれぞれ送受信時刻等を付して表示または記録する。 Of SL protocol test result analysis unit 30, the test result sequence analyzer 31 is intended for analyzing primarily the sequence of events of the test results, the test events actually sent during the test run, actually received test events segmentation, and displays or records each SPDU name and T-ASP names denoted by the transmission and reception time, and the like. また、SPDU In addition, SPDU
及びT−ASPのパラメータ値を解析する場合には、テスト結果シーケンスアナライザ31で、テストイベントを指定してPDUアナライザ32及びASPアナライザ33を起動する。 And when analyzing the parameter value of the T-ASP is a test result sequence analyzer 31, by specifying a test event to start the PDU analyzer 32 and ASP analyzer 33. PDUアナライザ32はテスト実行時に送受信したテストイベントのSPDUのパラメータ値を解析し、解析したSPDUのパラメータ値を表示し、 PDU analyzer 32 analyzes the parameter value of the SPDU test events sent and received during the test run, to display the parameter values ​​of the SPDU analyzed,
またファイルに保存する。 In addition to save the file. ASPアナライザ33はテスト実行時に送受信したテストイベントのT−ASPのパラメータ値を解析し、解析したT−ASPのパラメータ値を表示し、またファイルに保存する。 ASP analyzer 33 analyzes the parameter value of the T-ASP test events sent and received during the test run, to display the parameter values ​​of the T-ASP analyzed, also stored in a file.

【0047】上述した実施例はOSI参照モデルの応用層、セション層の各プロトコルの適合性試験についてのものであるが、これに限らず、他の第N層のプロトコルの適合性試験についても同様に本発明を適用することができる。 The embodiments described above are application layer of the OSI reference model, but is for the conformance test for each protocol of the session layer is not limited to this, also the compatibility test of the other of the N layer protocol it is possible to apply the present invention to.

【0048】 [0048]

【発明の効果】請求項1の発明では、テストシーケンスの記述と、PDUのパラメータの設定と、ASPのパラメータの設定とを独立に行ってテストシナリオを作成し、作成したテストシナリオに基づいて試験を行い、そのテスト結果を解析する。 In the invention of claim 1 according to the present invention, descriptions and test sequences, configuration and parameters of PDU, so as to create a test scenario performed independently and setting the ASP parameter, based on the test scenario created tested It was carried out, to analyze the test results. このように、テストシーケンスの設定と、PDUのパラメータの設定と、ASPのパラメータの設定とを独立に行うことにより、テストシーケンスの記述が簡素化し、またPDU及びASPの各パラメータの設定を自由に行うことができ、従ってテストシナリオを短時間で作成することができる。 Thus, setting the test sequence, and set the parameters of the PDU, by performing independent and setting of ASP parameters, simplify the description of the test sequence, also freely set the PDU and ASP for each parameter it can be carried out, therefore it is possible to create a test scenario in a short time. 請求項2の発明では、テストシナリオの作成にテストシーケンスエディタと、PDUエディタと、ASPエディタという3 In the invention of claim 2, the test sequence editor to create a test scenario, a PDU editor, called ASP editor 3
つのツールを用いる。 One of the use of the tool. そしてテストシーケンスエディタでは送受信する(N)−PDUが存在する場合には(N)−PDU名で、同(N)−PDUが存在しない場合には(N−1)−ASP名で、テストイベントを送信するものと受信するものに分けてテストシーケンスのみを記述し、PDUエディタではテストシーケンス中のテストイベントを指定して(N)−PDUのパラメータを設定し、ASPエディタではテストシーケンス中のテストイベントを指定して下位の(N−1)−ASPのパラメータを設定する。 And in (N)-PDU ​​name when the test sequence editor exists transceiver to (N)-PDU, in a case where the (N)-PDU ​​does not exist in the (N-1) -ASP name, test event divided into those which received shall send a write only test sequence, the PDU editor to specify the test events in the test sequence to set the parameters of (N)-PDU, tests in the test sequence in ASP editor specify the event to set the parameters of the lower of (N-1) -ASP. この場合、テストシーケンスをテストイベントの(N)−PDU名及び(N−1)−ASP In this case, the test sequence of test events (N) -PDU name and (N-1) -ASP
名でのみ記述することにより、テストシーケンスの記述が一層簡単化する。 By describing only the name, the description of the test sequence is further simplified. また、送信するテストイベント(入力)と受信するテストイベント(応答)に区分けして記述することにより、テストシーケンスの構造が明確になり、記述を容易に行うことができる請求項3の発明では、(N)−PDU名及び(N−1)−ASP名をメニューから選択してテストシーケンスを記述することができる。 Further, by writing in divided into test event to receive a test event to be transmitted (input) (response) it becomes clear that the structure of the test sequence, in the invention of claim 3 can be easily performed descriptions, (N)-PDU ​​name and (N-1) -ASP name can describe a test sequence by selecting from the menu. これにより、テストシーケンスの記述が更に簡単になる。 As a result, the description of the test sequence is further simplified. 請求項4の発明では、テストシーケンスエディタによりPDUエディタ及びASPエディタを起動して、(N)−PDU及び(N−1)−ASPのパラメータを設定することができ、これらパラメータの設定を容易に行うことができる。 In the present invention of claim 4, start the PDU editor and ASP editor by the test sequence editor, (N)-PDU ​​and (N-1) can be set parameters -Asp, the settings for these parameters easily It can be carried out. 請求項5の発明では、作成済みテストシナリオ中の、あるいはテスト結果として保存された(N)−PDU名、(N−1)−ASP名及びそれらのパラメータ値を、PDU単位及びASP単位で利用して、(N)−PDUのパラメータの設定及び(N− In the invention of claim 5, in created test scenario, or stored as a test result (N)-PDU ​​names, available at (N-1) the -ASP name and their parameter values, PDU units and ASP Units and, (N) settings and parameters-PDU (N-
1)−ASPのパラメータの設定を行うことができ、テストシナリオ作成が更に容易になる。 1) -Asp parameter settings can be performed, the creation test scenario is further facilitated. 請求項6の発明では、作成済みテストシナリオを利用して別のテストシナリオを作成することができ、従ってテストシナリオを短時間で作成することができる。 In the invention of claim 6, it is possible to create another test scenarios using a previously created test scenario, therefore it is possible to create a test scenario in a short time.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の通信プロトコル適合性試験装置の構成例を示す図。 Diagram illustrating a configuration example of a communication protocol conformance testing apparatus of the present invention; FIG.

【図2】MHS P1/P2プロトコルの試験概要を示す図。 FIG. 2 is a diagram showing the test overview of the MHS P1 / P2 protocol.

【図3】TTCNによる従来のテストシナリオ作成の説明図。 FIG. 3 is an explanatory view of creating conventional test scenario by TTCN.

【図4】本発明におけるテストシナリオ作成の概略フローを示す図。 It shows a schematic flow for creating test scenario in the present invention; FIG.

【図5】テストシーケンスエディタの動作フローを示す図。 FIG. 5 is a diagram showing an operation flow of the test sequence editor.

【図6】PDUエディタの動作フローを示す図。 6 shows an operation flow of the PDU editor.

【図7】ASPエディタの動作フローを示す図。 7 is a diagram showing an operation flow of the ASP editor.

【図8】MHS P1/P2プロトコルに対するテストシーケンスの画面表示の一例を示す図。 8 is a diagram showing an example of screen display of the test sequence for the MHS P1 / P2 protocol.

【図9】テストシーケンスの他の例の画面表示を示す図。 9 is a diagram showing a screen display of another example of a test sequence.

【図10】一覧メニューの画面表示を示す図。 FIG. 10 is a diagram showing a screen display of the list menu.

【図11】シーケンス制御コマンドを用いたテストシーケンスの画面表示例を示す図。 11 is a diagram showing a screen display example of a test sequence using the sequence control command.

【図12】補助記号メニューの画面表示例を示す図。 12 is a diagram showing a screen display example of the auxiliary symbol menu.

【図13】補助信号を付加したテストイベントを含むテストシーケンスの画面表示例を示す図。 13 is a diagram showing a screen display example of a test sequence comprising a test event added with the auxiliary signal.

【図14】補助記号を付加したテストイベントを含むテストシーケンスの画面表示例を示す図。 FIG. 14 is a diagram showing a screen display example of a test sequence comprising a test event that adding auxiliary symbol.

【図15】MHS P1/P2プロトコルに対するPD PD against [15] MHS P1 / P2 protocol
Uエディタでの画面例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the U editor.

【図16】MHS P1/P2プロトコルに対するPD PD against [16] MHS P1 / P2 protocol
Uエディタでの画面例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the U editor.

【図17】MHS P1/P2プロトコルに対するPD PD for the FIG. 17 MHS P1 / P2 protocol
Uエディタでの画面例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the U editor.

【図18】MHS P1/P2プロトコルに対するPD PD against [18] MHS P1 / P2 protocol
Uエディタでの画面例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the U editor.

【図19】MHS P1/P2プロトコルに対するPD PD for 19 MHS P1 / P2 protocol
Uエディタでの画面例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the U editor.

【図20】MHS P1/P2プロトコルに対するAS AS for the FIG. 20] MHS P1 / P2 protocol
Pエディタでの画面表示例を示す図。 Diagram showing a screen display example in the P editor.

【図21】MHS P1/P2プロトコルに対するAS AS for the [21] MHS P1 / P2 protocol
Pエディタでの画面表示例を示す図。 Diagram showing a screen display example in the P editor.

【図22】MHS P1/P2プロトコルに対するAS AS for the FIG. 22] MHS P1 / P2 protocol
Pエディタでの画面表示例を示す図。 Diagram showing a screen display example in the P editor.

【図23】MHS P1/P2プロトコルに対するテスト実行時の画面表示例を示す図。 FIG. 23 is a diagram showing a screen display example at the time of test execution for MHS P1 / P2 protocol.

【図24】MHS P1/P2プロトコルに対するテスト結果の画面表示例を示す図。 FIG. 24 shows a screen display example of the test results for MHS P1 / P2 protocol.

【図25】MHS P1/P2プロトコルに対するテスト結果のPDUパラメータ値の解析結果の画面表示例を示す図。 Figure 25 is a diagram showing a screen display example of the analysis result of the PDU parameter values ​​of the test results for MHS P1 / P2 protocol.

【図26】MHS P1/P2プロトコルに対するテスト結果のPDUパラメータ値の解析結果の画面表示例を示す図。 26 shows a screen display example of the analysis result of the PDU parameter values ​​of the test results for MHS P1 / P2 protocol.

【図27】MHS P1/P2プロトコルに対するテスト結果のASPパラメータ値の解析結果の画面表示例を示す図。 Figure 27 is a diagram showing a screen display example of the analysis result of the ASP parameter values ​​of the test results for MHS P1 / P2 protocol.

【図28】SLプロトコルの試験概要を示す図。 FIG. 28 is a diagram showing a test summary of the SL protocol.

【図29】SLプロトコルに対するテストシーケンスの画面表示の一例を示す図。 Figure 29 is a view showing an example of screen display of the test sequence for SL protocol.

【図30】テストシーケンスの他の例の画面表示を示す図。 FIG. 30 shows a screen display of another example of a test sequence.

【図31】SLプロトコルに対するPDUエディタでの画面例を示す図。 FIG. 31 shows an example of a screen in PDU editor for SL protocol.

【図32】SLプロトコルに対するPDUエディタでの画面例を示す図。 Figure 32 is a diagram showing a screen example in PDU editor for SL protocol.

【図33】SLプロトコルに対するASPエディタでの画面表示例を示す図。 Figure 33 is a diagram showing a screen display example of an ASP editor for SL protocol.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 テストシナリオ作成部 11 テストシーケンスエディタ 12 PDUエディタ 13 ASPエディタ 20 テスト実行部 30 テスト結果解析部 31 テスト結果シーケンスアナライザ 32 PDUアナライザ 33 ASPアナライザ 10 test scenario generation unit 11 test sequences Editor 12 PDU Editor 13 ASP editor 20 test execution unit 30 tests the result analyzer 31 Test Results sequence analyzer 32 PDU analyzer 33 ASP Analyzer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 鈴木 健二 東京都新宿区西新宿二丁目3番2号 国際 電信電話株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Kenji Suzuki Tokyo Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, chome No. 3 No. 2 International telegraph and telephone in the Corporation

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 OSI参照モデルの第N層を実装するシステムの(N)−プロトコルの適合性を試験する装置において、 入力及び応答のテストイベントの順番であるテストシーケンスの記述と、PDUのパラメータの前記テストシーケンスの記述とは独立した設定と、下位のASPのパラメータの前記テストシーケンスの記述とは独立した設定と、によりテストシナリオを作成するテストシナリオ作成手段と、 作成されたテストシナリオに基づいて被試験システムと対向で試験を行うテスト実行手段と、 テスト結果を解析するテスト結果解析手段と、を具備することを特徴とする通信プロトコル適合性試験装置。 1. A system for implementing the N th layer of the OSI reference model (N) - An apparatus for testing the suitability of the protocol description and the test sequence is a sequence of test events in the input and response parameters of PDU based of the independent set and description of the test sequence, setting a that is independent of the description of the test sequence of lower ASP parameters, and test scenario generation unit for generating a test scenario by, to the created test scenario Te and test execution means for performing tests in the system under test and a counter, the test result analysis unit and a communication protocol conformance test apparatus characterized by comprising analyzing the test results.
  2. 【請求項2】 前記テストシナリオ作成手段は、送受信する(N)−PDUが存在する場合には(N)−PDU Wherein said test scenario generation unit, in the case of transmitting and receiving (N)-PDU ​​is present (N)-PDU
    名で、同(N)−PDUが存在しない場合には(N− In the name, if there is no same (N) -PDU (N-
    1)−ASP名で、テストイベントを送信するものと受信するものに分けて、テストシーケンスのみを記述するテストシーケンスエディタと、 テストシーケンス中のテストイベントを指定して(N) 1) In -ASP name, divided into those which received shall send a test event, and the test sequence editor describes only test sequence, specifying the test events in the test sequence (N)
    −PDUのパラメータを設定するPDUエディタと、 テストシーケンス中のテストイベントを指定して(N− A PDU editor to set the parameters of-PDU, by specifying a test event in the test sequence (N-
    1)−ASPのパラメータを設定するASPエディタと、を具備することを特徴とする請求項1記載の通信プロトコル適合性試験装置。 1) -Asp communication protocol conformance testing apparatus according to claim 1, characterized by comprising the ASP editor, the setting parameters of.
  3. 【請求項3】 前記テストシーケンスエディタは予め設定したメニューから(N)−PDU名または(N−1) Wherein the test sequence editor from the menu set in advance (N)-PDU ​​name or (N-1)
    −ASP名を選択する機能を有することを特徴とする請求項2記載の通信プロトコル適合性試験装置。 Communication protocol conformance testing apparatus according to claim 2, characterized in that it has a function of selecting -ASP name.
  4. 【請求項4】 前記テストシーケンスエディタは前記P Wherein said test sequence editor the P
    DUエディタ及び前記ASPエディタを起動する機能を有することを特徴とする請求項2記載の通信プロトコル適合性試験装置。 DU editor and communication protocol conformance testing apparatus according to claim 2, characterized in that it has a function to start the ASP editor.
  5. 【請求項5】 前記PDUエディタ及び前記ASPエディタはそれぞれ、作成済みテストシナリオ中の、あるいはテスト結果として保存された(N)−PDU名,(N Wherein each of said PDU editor and the ASP editor, saved as or test results, in the created test scenario (N)-PDU ​​name, (N
    −1)−ASP名及びそれらのパラメータ値を、PDU -1) -Asp names and their parameter values, PDU
    単位及びASP単位で利用する機能を有することを特徴とする請求項2記載の通信プロトコル適合性試験装置。 Communication protocol conformance testing apparatus according to claim 2, characterized in that it has a function to be used in the unit and ASP units.
  6. 【請求項6】 前記シナリオ作成手段は作成済みテストシナリオを別のテストシナリオの作成に利用する機能を有することを特徴とする請求項1記載の通信プロトコル適合性試験装置。 6. A communications protocol conformance testing apparatus according to claim 1, wherein said scenario creating means and having a function which uses the created test scenario to create different test scenarios.
JP06036024A 1994-03-07 1994-03-07 Communication protocol conformance testing device Expired - Fee Related JP3075664B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06036024A JP3075664B2 (en) 1994-03-07 1994-03-07 Communication protocol conformance testing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06036024A JP3075664B2 (en) 1994-03-07 1994-03-07 Communication protocol conformance testing device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07245641A true JPH07245641A (en) 1995-09-19
JP3075664B2 JP3075664B2 (en) 2000-08-14

Family

ID=12458164

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06036024A Expired - Fee Related JP3075664B2 (en) 1994-03-07 1994-03-07 Communication protocol conformance testing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3075664B2 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6560723B1 (en) 1998-12-28 2003-05-06 Nec Corporation Automatic communication protocol test system with message/sequence edit function and test method using the same
JP2005209209A (en) * 2004-01-23 2005-08-04 Microsoft Corp Automatic generation of pattern simulation code for message exchange
JP2009194852A (en) * 2008-02-18 2009-08-27 Ntt Software Corp Specification compliance verification apparatus
US8914675B2 (en) 2011-08-22 2014-12-16 International Business Machines Corporation Creating data for playing back transactions

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6560723B1 (en) 1998-12-28 2003-05-06 Nec Corporation Automatic communication protocol test system with message/sequence edit function and test method using the same
JP2005209209A (en) * 2004-01-23 2005-08-04 Microsoft Corp Automatic generation of pattern simulation code for message exchange
JP2009194852A (en) * 2008-02-18 2009-08-27 Ntt Software Corp Specification compliance verification apparatus
US8914675B2 (en) 2011-08-22 2014-12-16 International Business Machines Corporation Creating data for playing back transactions

Also Published As

Publication number Publication date
JP3075664B2 (en) 2000-08-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6675193B1 (en) Method and system for remote control of a local system
US7415538B2 (en) Intelligent document filtering
US6766298B1 (en) Application server configured for dynamically generating web pages for voice enabled web applications
US5838907A (en) Configuration manager for network devices and an associated method for providing configuration information thereto
US6125376A (en) Method and apparatus for voice interaction over a network using parameterized interaction definitions
US6446120B1 (en) Configurable stresser for a web server
US6212574B1 (en) User mode proxy of kernel mode operations in a computer operating system
JP3706144B2 (en) Protocol interface gateway
US5819042A (en) Method and apparatus for guided configuration of unconfigured network and internetwork devices
US6175872B1 (en) Collaborative environment for syncronizing audio from remote devices
US6892231B2 (en) Method and apparatus for verifying the contents of a global configuration file
US7133895B1 (en) System and method of integrating collaboration systems with browser based application systems
DE602005006391T2 (en) System and method for asynchronous communication with web services using message definitions
US5794046A (en) Method and system for debugging parallel and distributed applications
US20020198974A1 (en) Network router management interface with selective rendering of output
US6195795B1 (en) Apparatus and method for automatic software release notification
US7233902B1 (en) Browser-based arrangement for developing voice enabled web applications using extensible markup language documents
EP0878759A1 (en) Remote controlling method and apparatus
EP0983672B1 (en) Communication system for electronic messages
US5809248A (en) Method and apparatus for front end navigator and network architecture for performing functions on distributed files in a computer network
US6772107B1 (en) System and method for simulating activity on a computer network
JP3012560B2 (en) Computer readable recording medium recording the electronic interaction program between electronic interactive method, and a computer between electronic interactive device and computer between computers
US20060265475A9 (en) Testing web services as components
JP3485252B2 (en) Information processing method, information terminal support server, collaboration system, storage medium for storing information processing program
US20030160813A1 (en) Method and apparatus for a dynamically-controlled remote presentation system

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20000523

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees