JPH07234879A - Information processor and data base retrieving method - Google Patents

Information processor and data base retrieving method

Info

Publication number
JPH07234879A
JPH07234879A JP2664694A JP2664694A JPH07234879A JP H07234879 A JPH07234879 A JP H07234879A JP 2664694 A JP2664694 A JP 2664694A JP 2664694 A JP2664694 A JP 2664694A JP H07234879 A JPH07234879 A JP H07234879A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
entry
attribute
dn
distinguished name
rdn
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2664694A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koichi Hashimoto
浩一 橋本
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP2664694A priority Critical patent/JPH07234879A/en
Publication of JPH07234879A publication Critical patent/JPH07234879A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To accelerate the speed of retrieval to a directory information base (DIB).
CONSTITUTION: This device is provided with a DIB 17a, for which logical data structure is tree structure, provided with a peculiar relative identification name (RDN) composed of the combination of attribute types and attribute values so as to store entries for which hash values are added to the attribute value, and a hash computing element 12 for calculating the hash value from the attribute value of the RDN corresponding to the identification name (DN) of the object entry composed of the arrangement of the RDN from the DIB 17a. Further, the device is provided with a driver 16 for reading the entry to be a candidate based on the DN of the object entry and a DSA process 11 for comparing the hash value added to the read entry with the hash value calculated by the hash computing element 12, comparing the attribute values of only the matched hash values, further, comparing the attribute types of the RDN only for the matched entries and retrieving the object entry from the DIB 17a based on the compared result.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、例えばCCITT勧告X. BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, for example CCITT Recommendation X. 500で規定されているディレクトリシステムを実現する情報処理装置およびデータベース検索方法に関する。 An information processing apparatus and database search method to implement the directory system defined in 500.

【0002】 [0002]

【従来の技術】例えばCCITT勧告X. BACKGROUND OF THE INVENTION For example CCITT Recommendation X. 500で規定されているディレクトリシステムは、人やマシンなどのオブジェクトに関する情報(住所、氏名、電話番号、ネットワークアドレスなど)をエントリとして格納するデータベースをもっており、オブジェクトの情報を検索する機能を利用者に提供するシステムである。 Directory system, which is defined in the 500, objects related information, such as a person or a machine (address, name, phone number, network address, etc.) has a database to store as an entry, the user the ability to search for information of the object it is a system to provide.

【0003】このシステムにおいて用いられるデータベースは、ディレクトリ情報ベース(以下、DIBと略称する)と呼ばれ、その論理的データ構造が木構造となっており、木の節がエントリとなっている。 [0003] The database used in this system, the directory information base (hereinafter, abbreviated as DIB) called, its logical data structure has a tree structure, nodes of the tree is in the entry. オブジェクトに関する住所、氏名、電話番号、ネットワークアドレスなどの情報は、属性としてエントリに格納されている。 Address about the object, name, telephone number, information such as a network address is stored as an attribute in the entry.

【0004】DIBのエントリには、上位、下位の関係がある。 [0004] The DIB entry, the upper, lower relationship. 例えば、図9においては、会社Xの上位エントリは日本である。 For example, in FIG. 9, the top entry of the company X is Japan. 各エントリは相対識別名(RDN)をもっている。 Each entry has a relative distinguished name (RDN).

【0005】相対識別名(RDN)は{属性型、属性値}の組み合わせからなっており、例えば会社Xのエントリは{“組織名”、“会社X”}という相対識別名(RDN)を持っている。 [0005] relative distinguished name (RDN) {attribute type, attribute value} has become a combination of, for example, company X entry relative distinguished name { "organization name", "Company X"} with (RDN) ing. また、ルートから任意のエントリまでの相対識別名(RDN)の並びを識別名(D The relative distinguished name to any entry from the route list the identifier of the (RDN) (D
N)という。 N) named.

【0006】例えば図9中に示す「橋本浩一」のエントリは、{{“国名”、“日本”}、{“組織名”、会社X”}、{“一般名”、橋本浩一”}}という識別名(DN)を持っている。 [0006] The entry of "Koichi Hashimoto", as shown in FIG. 9, for example, {{ "Country", "Japan"}, { "organization name", company X "}, {" common name ", Koichi Hashimoto"}} it has a distinguished name (DN) that. 利用者が「橋本浩一」に関する情報を検索するときは、この識別名(DN)を指定する。 When the user searches for information related to "Koichi Hashimoto" specifies the distinguished name (DN).

【0007】ディレクトリシステムは、指定された前述のような識別名(DN)をもとに、ディレクトリ情報ベース(DIB)のルートから「日本」「会社X」とたどり、利用者が検索しようとしている「橋本浩一」のエントリを獲得する。 [0007] The directory system, based on the distinguished name, such as of the specified above the (DN), follows from the root of the directory information base (DIB) and "Japan" "Company X", the user is trying to find to win the entry of "Koichi Hashimoto".

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】「日本」の下位エントリには、「会社A」「会社X」「会社B」があり、それぞれ{“組織名”、“会社A”}{“組織名”、“会社X”}{“組織名”、“会社B”}という相対識別名(RDN)を持っている。 The lower entry of the invention is a problem to be solved "Japan", there is "Company A" and "Company X", "company B", respectively { "organization name", "Company A"} { "organization name" , "company X"} { "organization name", has a relative distinguished name "company B"} to (RDN).

【0009】ディレクトリシステムが「日本」のエントリまでたどっており、かつ利用者が指定した識別名(D [0009] The directory system has followed to the entry of "Japan", and the user has specified distinguished name (D
N)が{“組織名”、“会社X”}という相対識別名(RDN)を持っている場合は、その相対識別名(RD N) is { "organization name", "Company X"} If you have relative distinguished name (RDN) is called, the relative distinguished name (RD
N)と上記3つの相対識別名(RDN)を比較し、属性型と属性値の両方が一致した相対識別名(RDN)をもつエントリを探し出す。 N) and compare the three relative distinguished name (RDN), locate the entry having RDN both attribute types and attribute values ​​match the (RDN).

【0010】通常、上位エントリが同じエントリ同士は、同じ相対識別名(RDN)の属性型を持つ(上記の場合は“組織名”)。 [0010] Normally, the upper entry same entry each other, with attribute types with the same relative distinguished name (RDN) (in the case of the "organization name"). 従って、相対識別名(RDN)の比較を行なうとき、属性型の比較で不一致なるケースは非常に少なく、むしろ属性値で不一致となるケースが多いために、結果的に必要以上の比較回数を要し、検索速度向上の妨げとなっていた。 Therefore, essential when performing comparison of the relative distinguished name (RDN), mismatch becomes case in comparison attribute types very small, because rather in many cases the discrepancy in the attribute value, as a result, the number of comparisons unnecessarily and, it had become an obstacle to the search speed improvement.

【0011】また、属性値は文字列であるため、2バイト以上のデータとなるケースが多く、その長さはエントリによってまちまちである。 Further, since the attribute value is a string, a number of cases where a 2-byte or more data, its length varies across the entry. 従って、長い文字列からなる属性値をそのまま比較すると、比較に要する時間はその長さに比例して長くなってしまう。 Therefore, when it is compared to the attribute value consisting of a long string, the time required for the comparison becomes longer in proportion to its length.

【0012】本発明は前記のような事情を考慮してなされたもので、検索速度を向上させたディレクトリシステムを実現する情報処理装置およびデータベース検索方法を提供することを目的とする。 [0012] The present invention has been made in view of the circumstances described above, and an object thereof is to provide an information processing apparatus and database search method to implement the directory system with improved search speed.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】本発明は、論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(RDN)をもつエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB)と、前記ディレクトリ情報ベースのルートからの前記相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(D The present invention SUMMARY OF], the logical data structure is a tree structure, an attribute types and combinations unique Relative Distinguished Name (RDN) of the directory information base entry is stored with consisting of attribute values and (DIB), consisting of a sequence of the relative distinguished name from the directory information based route, DN object entry to be searched (D
N)をもとに、前記ディレクトリ情報ベースから候補となるエントリを読み出すドライバ手段と、前記ドライバ手段によって読み出された候補となるエントリについて、同エントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリの識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較して、一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、その比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報ベースから前記目的エントリを検索する検索手段とを具備したことを特徴とする。 The N) on the basis of a driver means for reading an entry as a candidate from the directory information base, the entry to be read candidates by said driver means, said object entry and attribute values ​​of the relative distinguished name of the entry by comparing the attribute values ​​of the corresponding RDN in DN, only by comparing the attribute type RDN for the matching entry, retrieving the object entry from the directory information base based on the comparison result characterized by comprising a search unit.

【0014】また本発明は、論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(RDN)を持ち、前記属性値にハッシュ値が付加されたエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB)と、前記ディレクトリ情報ベースのルートからの相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)に対し、相対識別名の属性値からハッシュ値を算出するハッシュ演算手段と、前記目的エントリの識別名をもとに前記ディレクトリ情報ベースから候補となるエントリを読み出すドライバ手段と、 [0014] The present invention, logical data structure is a tree structure has attribute types and a combination of attribute values ​​unique relative distinguished name (RDN), entry hash value is added to the attribute value the stored directory information base (DIB), consists of a sequence of RDN from said directory information base of the root, DN object entry to be searched with respect to (DN), the hash from the attribute value of RDN hash calculation means for calculating a value, and driver means for reading an entry as a candidate from the directory information base based on the distinguished name of the target entry,
前記ドライバ手段によって読み出された候補となるエントリについて、同エントリに付加されたハッシュ値と前記ハッシュ演算手段によって得られたハッシュ値とを比較して一致したものだけ同エントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリの識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較して、さらに一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、その比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報ベースから前記目的エントリを検索する検索手段とを具備したことを特徴とする。 For entry to be read candidates by said driver means, the attribute of the RDN only the entries that match by comparing the hash value obtained by the hash value added to the same entry as the hash operation means by comparing the attribute values ​​of the corresponding RDN in DN of the value object entry, it compares only the attribute type RDN for further matching entry, the directory information base based on the comparison result characterized by comprising a search means for searching for the target entry from.

【0015】また、前記ドライバ手段によって読み出されたエントリの相対識別名の属性値に付加されたハッシュ値と、対応するエントリを示すアドレスを格納した下位エントリ一覧テーブルを作成し、前記検索手段による比較を行なう際に前記下位ハッシュエントリ一覧テーブルに従ってエントリを探し出すことを特徴とする。 Further, the hash value is added to the attribute value of the relative distinguished name of the entry read out by said driver means, to create a lower entry list table storing an address indicating the corresponding entry, by the search means wherein the to locate an entry in accordance with the lower hash entry list table when performing comparison.

【0016】 [0016]

【作用】このような構成によれば、ディレクトリシステムを実現する情報処理装置がエントリを検索するために相対識別名(RDN)の比較を行なうときに、相対識別名(RDN)の比較において属性値で不一致となるケースが多いことに注目し、属性値の比較で一致したものだけに属性型を比較することで、属性型から比較する手段より、全体の比較回数を減らすことができ、検索速度を向上させることができる。 SUMMARY OF According to this structure, when for an information processing apparatus for implementing the directory system searches for entries and compares the Relative Distinguished Name (RDN) of the, the attribute value in the comparison Relative Distinguished Name (RDN) in noted that in many cases the discrepancy, by only comparing attribute type that matches the comparison of attribute values ​​from means for comparing the attribute type, it is possible to reduce the overall number of comparisons, the search speed it is possible to improve the.

【0017】また、属性値に固定長のハッシュ値をもたせ、その値による検索を行ってから、一致するものの中で属性値の比較を行なうことで、比較対象の属性値の絞り込みを行ない、ハッシュ値を持たせない場合よりも全体としての検索速度を向上させることができる。 Further, remembering fixed-length hash value to the attribute value, after performing a search by the value, by performing a comparison of attribute values ​​in the matching ones performs narrowing of attribute values ​​to be compared, the hash it is possible to improve the search speed as a whole than the case of not have a value.

【0018】また、下位エントリの候補である相対識別名(RDN)を取り出すために下位エントリ一覧テーブルを使用することによって、高速に下位エントリにアクセスすることができ、全体としての検索速度を向上させることができる。 Further, by using a lower entry list table to retrieve the relative distinguished name is the candidate of the lower entries (RDN), you can access the lower entry speed, to improve the search speed of the entire be able to.

【0019】 [0019]

【実施例】以下、図面を参照して本発明の一実施例を説明する。 EXAMPLES Hereinafter, a description will be given of an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図1は本実施例に係わる情報処理装置の概略構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the schematic configuration of an information processing apparatus according to this embodiment. 図1に示すように、本実施例の情報処理装置10は、DSA(ディレクトリサービスエージェント)プロセス11、ハッシュ演算器12、 1, the information processing apparatus 10 of this embodiment, DSA (Directory Service Agent) process 11, the hash calculator 12,
メモリ13、ドライバ16、及びファイル17から構成されている。 Memory 13, and a driver 16, and files 17. 情報処理装置10(DSAプロセス11) The information processing apparatus 10 (DSA process 11)
は、通信回線19で接続されているDUAプロセス20 It is connected via a communication line 19 DUA process 20
から、ディレクトリ情報ベース(以下、DIBと略称する)の検索を行なうための識別名を受信する。 From the directory information base (hereinafter, abbreviated as DIB) for receiving the identifier for performing searches.

【0020】DSAプロセス11は、メモリ13に直接読み書きが可能であり、通信回線19で接続されているDUAプロセス20を介して送信された、利用者が検索したい目的エントリの識別名(DN)をメモリ13に書き込み、ドライバ16に目的エントリを検索するための下位エントリの候補を読み出させるものである。 The DSA process 11 is capable of directly reading and writing to the memory 13, sent through the DUA process 20 that is connected via a communication line 19, the identification name of the desired entry you want to search the user (DN) of writing to the memory 13, in which to read the candidates of the lower entries to find the desired entry to the driver 16. DSA DSA
プロセス11は、識別名(DN)の相対識別名(RD The process 11 is the relative distinguished name DN (DN) (RD
N)に従って比較処理を順次行ない、エントリをたどって目的プロセスを検索していく。 Sequentially performs comparison processing in accordance with N), it continues to search the desired process by tracing the entry.

【0021】ハッシュ演算器12は、DSAプロセス1 [0021] The hash arithmetic unit 12, DSA process 1
1によって受信された、利用者が検索したいエントリの識別名(DN)の、相対識別名(RDN)の属性値からハッシュ値を算出するものである。 Received by 1, DN of the entry to be searched by the user of (DN), and calculates a hash value from the attribute values ​​of the relative distinguished name (RDN).

【0022】メモリ13は、利用者が検索したい目的エントリの識別名(DN)や、ファイル17に格納されたDIBからドライバ16によって読み出されたエントリ等を格納するためのものである。 The memory 13, the distinguished name (DN) or object entry to be searched by the user, is used to store the read entry like by the driver 16 from the stored DIB file 17.

【0023】ドライバ16は、DSAプロセス11による制御により、ファイル17に格納されたDIB17a The driver 16 is stored under the control of the DSA process 11, a file 17 DIB17a
から、メモリ13に格納された識別名(DN)をもとにエントリの読出し等を実行するものである。 From stored identification name in the memory 13 (DN) is to perform a reading of the entry based on.

【0024】ファイル17は、情報処理装置10が管理しているDIB17aを格納しており、その一部のエントリがドライバ16によって読み出されてメモリ13に格納される。 The file 17 stores a DIB17a the information processing apparatus 10 is managed by a part of the entry is stored in the memory 13 is read by the driver 16.

【0025】次に、本実施例の動作について説明する。 Next, the operation of this embodiment will be described.
はじめに、ハッシュ演算器12を用いない場合の動作について説明する。 First, the operation of the case of not using the hash calculator 12. まず、利用者が検索したい目的エントリの識別名(DN)が、DUAプロセス20、通信回線19を介してDSAプロセス11に送信される。 First, the identification name of the desired entry you want to search the user (DN) is, DUA process 20, is sent to the DSA process 11 via the communication line 19. DSA DSA
プロセス11は、受信した識別名(DN)をメモリ13 The process 11 is received identification name (DN) of the memory 13
に書き込む。 Write to.

【0026】図2は、DSAプロセス11によってメモリ13に書き込まれている、目的エントリに対応する識別名(DN)の一例を示している。 [0026] FIG. 2 is written in the memory 13 by the DSA process 11 illustrates an example of a distinguished name that corresponds to the object entry (DN). 識別名(DN)は、 Distinguished name (DN) is,
相対識別名(RDN)の並びであり、{{“国名”、 A sequence of RDN (RDN), {{ "Country",
“日本”}、{“組織名”、“会社X”}、{“一般名”、“橋本浩一”}}が格納されているものとする。 "Japan"}, { "organization name", "Company X"}, is assumed to be stored is { "common name", "Koichi Hashimoto"}}.
なお、ファイル17に格納されたDIB17aは図9に示す構成であるものとする。 Incidentally, DIB17a stored in file 17 is assumed to be the configuration shown in FIG.

【0027】次に、図3に示すフローチャートを参照しながら、DIB17aから目的エントリを取り出す処理について説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 3, the processing will be described taking out the object entry from DIB17a. この際、相対識別名(RDN)の比較処理、すなわち目的エントリの識別名にある相対識別名(RDN)とファイルに格納されている各エントリの相対識別名(RDN)との比較によって、目的エントリを取り出す。 In this case, comparison of the relative distinguished name (RDN), i.e. by comparing the relative distinguished name in the distinguished name of the object entry and (RDN) relative distinguished name of each entry stored in the file and (RDN), object entries the take out.

【0028】ここでは、情報処理装置10が目的エントリの識別名(DN)をDUAプロセス20から受信してメモリ13に格納しており、その識別名(DN)をもとにDIB17aに格納されたエントリを、ルートから「日本」を示すエントリまでたどっている状態を考える。 [0028] Here, the information processing apparatus 10 is stored DN object entry (DN) received from the DUA process 20 is stored in the memory 13, the DIB17a its distinguished name (DN) on the basis of the entry, consider the state has gotten to the entry that shows "Japan" from the root.

【0029】さて、DSAプロセス11は、ドライバ1 [0029] Now, DSA process 11, driver 1
6を使って、ファイル17のDIB17aから「日本」 Use the 6, from DIB17a of file 17, "Japan"
を示すエントリの、全ての下位エントリの候補をファイル17からメモリ13に読み出す(ステップA1)。 The entries indicating reads all candidate entries below from the file 17 into the memory 13 (step A1).

【0030】図4は、メモリ13に格納された下位エントリ21,22,23の候補を示し、「日本」を示すエントリの下位エントリがドライバ16によってファイル17から読み出されている状態を示している。 [0030] Figure 4 shows a candidate of the lower entry 21, 22, 23 stored in the memory 13, the lower entry of the entry indicating "Japan" is shows a state that is read from the file 17 by the driver 16 there.

【0031】図4に示すように、下位エントリ21,2 [0031] As shown in FIG. 4, the lower entry 21,2
2,23は、相対識別名(RDN)を持っており、それぞれ{“組織名”、“会社A”}、{“組織名”、“会社X”}、{“組織名”、“会社B”}である。 2,23 are with a relative distinguished name (RDN), respectively { "organization name", "Company A"}, { "organization name", "Company X"}, { "organization name", "Company B it is "}. また、 Also,
下位エントリ21,22,23は「会社A」「会社X」 Lower entry 21, 22, 23 "Company A" and "Company X"
「会社B」に関する情報を「その他の情報」として持っている。 It has information about the "Company B" as the "other information".

【0032】DSAプロセス11は、第1の候補である下位エントリ21の属性値“会社A”と、目的エントリの識別名(DN)の2番目の相対識別名(RDN)の属性値“会社X”とを比較する(ステップA2)。 The DSA process 11, an attribute value of the lower entry 21 "Company A" is the first candidate, the attribute value "Company X of the second relative distinguished name DN object entries (DN) (RDN) It is compared with the "(step A2). その結果は不一致であるため、次の下位エントリ22を取り出す(ステップA4)。 Because the result is a mismatch, retrieving the next lower entry 22 (step A4).

【0033】次に、下位エントリ22の属性値“会社X”と、目的エントリの識別名の2番目の相対識別名(RDN)の属性値“会社X”を比較する(ステップA Next, the attribute value of the lower entry 22 as "Company X", compares the attribute value "Company X" of the second relative distinguished name DN object entry (RDN) (Step A
2)。 2). その結果は一致であるため、下位エントリ22の属性型“組織名”と目的エントリの識別名の2番目の相対識別名(RDN)の属性型“組織名”を比較する(ステップA3)。 The results for a match, compare the attribute types "organization name" attribute types "organization name" and the second relative distinguished name DN object entries of the lower entry 22 (RDN) (step A3).

【0034】その結果も一致であるため、目的エントリは下位エントリ22の下位にあることが判別される。 [0034] As a result also consistent, it is determined that the object entry is subordinate to the lower entry 22. これで識別名{{“国名”、“日本”}、{“組織名”、 This distinguished name {{ "Country", "Japan"}, { "organization name",
“会社X”}、{“一般名”、“橋本浩一”}}のうち{{“国名”、“日本”}、{“組織名”、“会社X”}}までたどることができる。 "Company X"}, { "common name", "Koichi Hashimoto"}} out of the {{ "Country", "Japan"}, can be traced to { "organization name", "Company X"}}.

【0035】従来のように属性型から比較すると、前述した状況では2回の属性型の比較と2回の属性値の比較で、計4回の比較が必要であるが、図3のフローチャートに示す手順によれば、1回の属性型の比較と2回の属性値の比較で計3回の比較だけで必要な結果が得られる。 [0035] Comparing the attribute type as in the prior art in comparison to two comparative and two attribute value of the attribute type in the situations described above, it is necessary to compare the four times, in the flowchart of FIG. 3 According to the procedure indicated, one attribute type comparison and required results in only compare three times comparison of two attribute values ​​are obtained.

【0036】以下、同様にして、下位エントリの候補について、図3に示すフローチャートに従って、相対識別名(RDN)の比較処理と、識別名(DN)にある相対識別名(RDN)の個数分だけ繰り返すことによって、 [0036] In the same manner, the candidate entries below, in accordance with the flowchart shown in FIG. 3, the comparison process Relative Distinguished Name (RDN), by the number fraction Relative Distinguished Name (RDN) in DN (DN) by repeating,
{{“国名”、“日本”}、{“組織名”、“会社X”}、{“一般名”、“橋本浩一”}}までたどり、 Follow up to {{ "Country", "Japan"}, { "organization name", "Company X"}, { "common name", "Koichi Hashimoto"}},
目的エントリを取り出すことができる。 It is possible to take out the target entry.

【0037】以上のような処理を行なうことにより、全体の比較回数を減らすことによって、検索速度を向上させることになる。 [0037] By performing the aforementioned processing, by reducing the overall number of comparisons, it will improve the search speed. 次に、ハッシュ演算器12を用いる場合の動作について説明する。 Next, the operation in the case of using a hash calculator 12.

【0038】まず、利用者が検索したい目的エントリの識別名(DN)が、DUAプロセス20、通信回線19 [0038] First of all, identify the name of the desired entry you want to search the user (DN) is, DUA process 20, the communication line 19
を介してDSAプロセス11に送信される。 Sent to DSA process 11 through. DSAプロセス11は、利用者が検索したいエントリの識別名(D DSA process 11, the distinguished name of the entry you want to search the user (D
N)を受信すると、相対識別名(RDN)の属性値をハッシュ演算器12に出力し、そこで求められたハッシュ値と共に識別名をメモリ13に書き込む。 Upon receiving the N), and it outputs the relative distinguished name attribute value of (RDN) the hash calculator 12, where writing the DN with the hash value obtained in the memory 13.

【0039】図5は、DSAプロセス11によってメモリ13に書き込まれている、目的エントリに対応する識別名(DN)の一例を示している。 [0039] Figure 5 is written in the memory 13 by the DSA process 11 illustrates an example of a distinguished name that corresponds to the object entry (DN). 識別名(DN)は、 Distinguished name (DN) is,
図2に示す相対識別名(RDN)の並びに、それぞれハッシュ値が付加される。 As well Relative Distinguished Name (RDN) shown in FIG. 2, the hash value, respectively, are added.

【0040】次に、図6に示すフローチャートを参照しながら、DIB17aから目的エントリを取り出す処理について説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 6, the process will be described taking out the object entry from DIB17a. この際、図3にフローチャートを参照しながら説明した比較処理に、さらに属性値のハッシュ値の比較処理が付加されたものである。 At this time, the comparison processing described with reference to the flow chart in FIG. 3, in which further comparison of the hash value for the attribute value is added.

【0041】DSAプロセス11は、ドライバ16を使って、ファイル17のDIB17aから「日本」を示すエントリの、全ての下位エントリの候補をファイル17 The DSA process 11, using the driver 16, the entry indicating "Japan" from DIB17a of file 17, the candidate of all the lower entry file 17
からメモリ13に読み出す(ステップB1)。 Read from the memory 13 (step B1).

【0042】図7は、メモリ13に格納された下位エントリ31,32,33の候補を示し、「日本」を示すエントリの下位エントリがドライバ16によってファイル17から読み出されている状態を示している。 [0042] Figure 7 shows the candidate entries below 31, 32, 33 stored in the memory 13, the lower entry of the entry indicating "Japan" is shows a state that is read from the file 17 by the driver 16 there.

【0043】図7に示すように、ファイル17にDIB [0043] As shown in FIG. 7, DIB to file 17
17aのエントリを格納する際には、相対識別名(RD In storing 17a entries, relative distinguished name (RD
N)の属性値のハッシュ値も格納する。 Hash value of the attribute values ​​of N) is also stored. すなわち、下位エントリ31,32,33は、相対識別名(RDN)の属性値のハッシュ値が付加されており、それぞれ{“組織名”、“会社A”、“53”}、{“組織名”、“会社X”、“77”}、{“組織名”、“会社B”、“4 That is, the lower the entry 31, 32 relative distinguished name (RDN) and the hash value is the addition of attribute values, respectively { "organization name", "Company A", "53"}, { "organization name "," company X "," 77 "}, {" organization name "," company B "," 4
9”}である。 A 9 "}.

【0044】DSAプロセス11は、下位エントリの属性値と目的エントリの識別名の相対識別名(RDN)の属性値を比較する前に、各々の属性値のハッシュ値の比較を行なう(ステップB2)。 The DSA process 11, before comparing the attribute value of the attribute value and distinguished name of RDN object entries subordinate entries (RDN), and compares the hash value of each attribute value (Step B2) .

【0045】DSAプロセス11は、第1の候補である下位エントリ31のハッシュ値“53”と、目的エントリの識別名(DN)の2番目の相対識別名(RDN)のハッシュ値“77”とを比較する(ステップB2)。 The DSA process 11, the hash value "53" of the lower entry 31 is the first candidate, the hash value of the second relative distinguished name DN object entries (DN) (RDN) "77" and comparing (step B2). その結果は不一致であるため、次の下位エントリ32を取り出す(ステップB5)。 Because the result is a mismatch, retrieving the next lower entry 32 (step B5).

【0046】次に、下位エントリ32のハッシュ値“7 Next, the hash value of the lower entry 32 "7
7”と、目的エントリの識別名の2番目の相対識別名(RDN)のハッシュ値“77”を比較する(ステップB2)。その結果は一致であるため、以下、図3のフローチャートに示したステップA2,A3と同様にして、 7 "and the hash value of the second relative distinguished name DN object entry (RDN)" for comparing the 77 "(step B2). The results are consistent, the following, shown in the flowchart of FIG. 3 in the same manner as in step A2, A3,
属性値の比較(ステップB3)、属性型の比較(ステップB4)を行ない、その比較結果に基づいて必要な結果を得る。 Comparison of attribute values ​​(step B3), performs a comparison of the attribute types (step B4), to obtain the desired result based on the comparison result.

【0047】図6に示すフローチャートの手順によれば、属性値の比較は2段階になるが、通常の属性値の長さは数十バイトになるため、ハッシュ値の長さを例えば1バイト程度にすれば、少ない比較処理時間によって候補の絞り込みができる。 [0047] According to the procedure of the flowchart shown in FIG. 6, the comparison of attribute values ​​is made in two steps, since the length of the normal attribute value is several tens of bytes, 1 byte about the length for instance hash value if done, it is narrowed down candidate with less comparing processing times. 従って、結果として、属性値の比較にかかる処理時間を短縮することができ、検索速度を向上させることになる。 Thus, as a result, it is possible to shorten the processing time for the comparison of attribute values, will improve the search speed.

【0048】次に、図6に示すフローチャートに従う処理において検索速度を向上させるために、ドライバ16 Next, in order to improve the search speed in the process according to the flowchart shown in FIG. 6, the driver 16
に設けられる機能について説明する。 The functions provided to explain. ドライバ16は、 Driver 16,
下位エントリ31,32,33をファイル17からメモリ13に読み出す際に、図8(a)に示すような、下位エントリ一覧テーブル41を作成してメモリ13に格納する。 When reading the lower entry 31, 32, 33 from the file 17 in memory 13, as shown in FIG. 8 (a), stored in the memory 13 to create a lower entry list table 41.

【0049】下位エントリ一覧テーブル31は、各下位エントリ31,32,33の相対識別名(RDN)の属性値のハッシュ値と、それぞれに対応する下位エントリ31,32,33を示すアドレスをもっている。 The lower entry list table 31 has a hash value for the attribute values ​​Relative Distinguished Name (RDN) of each lower entry 31, 32, 33, an address indicating a lower entry 31, 32 and 33 corresponding to each.

【0050】ドライバ16は、図6のフローチャートに従って相対識別名(RDN)の比較をするときに、下位エントリ一覧テーブル41を参照することで、図8 The driver 16, when the comparison Relative Distinguished Name (RDN) in accordance with the flowchart of FIG. 6, by referring to the lower entry list table 41, Fig. 8
(b)に示す下位エントリを高速に取り出すことでがきる。 Kill is by taking out a lower entry to high speed shown in (b).

【0051】このようにして、ディレクトリシステムを実現する情報処理装置がエントリを検索するために相対識別名(RDN)の比較を行なうときに、属性型の比較の前に属性値の比較を行なうことにより、属性値の比較で一致したエントリについてのみ属性型を比較することで、全体の比較回数を減らすことができ、検索速度を向上させることができる。 [0051] In this manner, when performing the comparison of the relative distinguished name to the information processing apparatus searches for entries for realizing the directory system (RDN), making a comparison of the attribute value before the comparison of attribute types Accordingly, by comparing only the attribute type for the matching entry in the comparison of attribute values, it is possible to reduce the overall number of comparisons, it is possible to improve the search speed.

【0052】また、ハッシュ演算器12によって目的エントリの識別名(DN)の属性値に固定長のハッシュ値をもたせ、このハッシュ値によって検索を行なってから、一致するものの中で属性値の比較を行なうことで、 [0052] The identification name of the desired entry by the hash calculator 12 imparted a hash value of a fixed length in the attribute value (DN), after performing a search by the hash value, the comparison of attribute values ​​in the matching ones by performing,
通常、数十バイトの長さとなるために処理時間を多く要する属性値の比較を少なくすることができるので、2段階の属性値の比較となったとしても、全体としての検索速度を向上させることができる。 Usually, it is possible to reduce the comparison of attribute values ​​that require a lot of processing time to a length of several tens of bytes, even a comparison of two stages of attribute values, improving the search speed of the entire can.

【0053】また、下位エントリの候補である会社A、 [0053] In addition, company A is a candidate for a lower entry,
会社Xと会社Bの相対識別名(RDN)を高速に取り出すために下位エントリ一覧テーブル41を使用することによって、高速に下位エントリにアクセスすることができ、全体としての検索速度を向上させることができる。 By using the lower entry list table 41 company X and the relative distinguished name of company B a (RDN) in order to extract a high speed, it is possible to access the lower entry speed, to improve the search speed of the entire it can.

【0054】 [0054]

【発明の効果】以上のように本発明によれば、エントリを検索するために相対識別名(RDN)の比較を行なうときに、属性値の比較で一致したものだけに属性型を比較すること、また属性値に固定長のハッシュ値をもたせ、その値による検索を行ってから、一致するものの中で属性値の比較を行なうこと、さらに下位エントリの候補である相対識別名(RDN)を高速に取り出すための下位エントリ一覧テーブルを使うことで、ディレクトリ情報ベースに対する検索速度を向上させることが可能となるものである。 According to the present invention as described above, according to the present invention, when in order to find an entry for comparing relative distinguished name (RDN), comparing the attribute type to only those that match the comparison of attribute values and remembering fixed-length hash value to the attribute value, a high speed after performing a search by the value, making a comparison of attribute values ​​in the matching ones, further relative distinguished name is the candidate of the lower entries (RDN) by using a lower entry list table to take out the one in which it becomes possible to improve the search speed for the directory information base.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例に係わる情報処理装置の構成を示すブロック図。 Block diagram of an information processing apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図2】本実施例におけるメモリ13に格納されている検索の対象となる目的エントリの識別名の一例を示す図。 It illustrates an example of FIG. 2 DN object entry to be searched which is stored in the memory 13 in the present embodiment.

【図3】本実施例におけるDIB17aから目的エントリを取り出す処理について説明するためのフローチャート。 Flowchart illustrating a processing for taking out the object entry from DIB17a in FIG. 3 embodiment.

【図4】本実施例におけるメモリ13に格納されている下位エントリの候補の一例を示す図。 It illustrates an example of a candidate of the lower entries stored in the memory 13 in FIG. 4 embodiment.

【図5】本実施例におけるメモリ13に格納されている検索の対象となる目的エントリの識別名にハッシュ値が付加された一例を示す図。 It illustrates an example in which the hash value is added to the identification name of the desired entry to be searched which is stored in the memory 13 in FIG. 5 embodiment.

【図6】本実施例における属性値のハッシュ値の比較が付加されたDIB17aから目的エントリを取り出す処理について説明するためのフローチャート。 FIG. 6 is a flowchart of the comparison for explaining processing for taking out the object entry from the appended DIB17a hash value for the attribute value in the present embodiment.

【図7】本実施例におけるメモリ13に格納されている属性値のハッシュ値が付加された下位エントリの候補の一例を示す図。 7 is a diagram showing an example of a candidate of the lower entry hash value is added to the attribute values ​​stored in the memory 13 in the present embodiment.

【図8】本実施例におけるメモリ13に格納されている下位エントリ一覧テーブル41の一例を示す図。 It illustrates an example of the lower entry list table 41 stored in the memory 13 in FIG. 8 embodiment.

【図9】ディレクトリ情報ベース(DIB)のエントリの一例を示す図。 9 is a view showing an example of entries in the directory information base (DIB).

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10…情報処理装置、11…DSA(ディレクトリサービスエージェント)プロセス、12…ハッシュ演算器、 10 ... information processing apparatus, 11 ... DSA (Directory Service Agent) process, 12 ... hash calculator,
13…メモリ、16…ドライバ、17…ファイル、17 13 ... memory, 16 ... driver, 17 ... file, 17
a…ディレクトリ情報ベース(DIB)、19…通信回線、20…DUAプロセス、21,22,23、31, a ... directory information base (DIB), 19 ... communication line, 20 ... DUA process, 21,22,23,31,
32,33…下位エントリの情報、41…下位エントリ一覧テーブル。 32, 33 ... lower entry of information, 41 ... lower entry list table.

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(R 1. A logical data structure is a tree structure, an attribute types and unique relative distinguished name consisting of a combination of attribute values ​​(R
    DN)をもつエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB)と、 前記ディレクトリ情報ベースのルートからの前記相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)をもとに、前記ディレクトリ情報ベースから候補となるエントリを読み出すドライバ手段と、 前記ドライバ手段によって読み出された候補となるエントリについて、同エントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリの識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較して、一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、その比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報ベースから前記目的エントリを検索する検索手段と、 を具備したことを特徴とするディレクトリシステムを実現する情報処理装置。 A directory information base entry is stored with the DN) (DIB), consisting of a sequence of the relative distinguished name from the directory information based route, based on the identification name of the desired entry (DN) to be searched a driver means for reading an entry as a candidate from the directory information base, the entry to be read candidates by said driver means, corresponding in DN of the object entry and attribute values ​​of the relative distinguished name of the entry by comparing the attribute values ​​of the relative distinguished names, and compares only the relative distinguished name attribute types for matching entries, including a search means for searching for the target entry from the directory information base based on the comparison result the information processing apparatus for realizing the directory system characterized by the.
  2. 【請求項2】 論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(R 2. A logical data structure is a tree structure, an attribute types and unique relative distinguished name consisting of a combination of attribute values ​​(R
    DN)を持ち、前記属性値にハッシュ値が付加されたエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB) Has a DN), the attribute value entry hash value is added to the the stored directory information base (DIB)
    と、 前記ディレクトリ情報ベースのルートからの相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)に対し、相対識別名の属性値からハッシュ値を算出するハッシュ演算手段と、 前記目的エントリの識別名をもとに前記ディレクトリ情報ベースから候補となるエントリを読み出すドライバ手段と、 前記ドライバ手段によって読み出された候補となるエントリについて、同エントリに付加されたハッシュ値と前記ハッシュ演算手段によって得られたハッシュ値とを比較して一致したものだけ同エントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリの識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較して、さらに一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、その比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報 When comprised of a sequence of RDN from said directory information base of the root, DN object entry to be searched with respect to (DN), the hash calculation means for calculating a hash value from the attribute value of the relative distinguished name, and driver means for reading an entry as a candidate from the directory information base based on the distinguished name of the target entry, the entry to be read candidates by said driver means, said hash and the hash value added to the entry by comparing the attribute values ​​of the corresponding RDN in DN of the attribute value object entry RDN only the entries that match by comparing the hash value obtained by the calculation means, further only by comparing the attribute type RDN for matching entry, the directory information on the basis of the comparison result ースから前記目的エントリを検索する検索手段と、 を具備したことを特徴とするディレクトリシステムを実現する情報処理装置。 The information processing apparatus for realizing the directory system characterized by the over scan equipped with, search means for searching for the target entry.
  3. 【請求項3】 前記ドライバ手段によって読み出されたエントリの相対識別名の属性値に付加されたハッシュ値と、対応するエントリを示すアドレスを格納した下位エントリ一覧テーブルを作成し、前記検索手段による比較を行なう際に前記下位ハッシュエントリ一覧テーブルに従ってエントリを探し出すことを特徴とする請求項2記載の情報処理装置。 3. A hash value added to the attribute value of the relative distinguished name of the entry read out by said driver means, to create a lower entry list table storing an address indicating the corresponding entry, by the search means the information processing apparatus according to claim 2, wherein the locating entry in accordance with the lower hash entry list table when performing comparison.
  4. 【請求項4】 論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(R 4. is a logical data structure tree, attribute types and a combination of attribute values ​​unique relative distinguished name (R
    DN)をもつエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB)から、前記ディレクトリ情報ベースのルートからの前記相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)をもとに目的エントリを検索するデータベース検索方法であって、 前記目的エントリの識別名に従って前記ディレクトリ情報ベースから下位エントリの候補を読出し、 読み出されたエントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリの識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較し、 この比較の結果、属性値が一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、 この比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報ベースから前記目的エントリを検索することを特徴とするデータベース検索方法。 From the directory information base entry with DN) is stored (DIB), consisting of a sequence of the relative distinguished name from the directory information based route, based on the identification name of the desired entry (DN) to be searched a database search method for searching a target entry, DN of the reading candidate entries below from said directory information base according to the identification name of the desired entry, the attribute value of the relative distinguished name of the read entry object entry comparing the attribute value of the corresponding relative distinguished name in the result of the comparison, only by comparing the attribute type RDN for the entry attribute values ​​match, the from the directory information base based on the comparison result database search method characterized by retrieving a target entry.
  5. 【請求項5】 論理的データ構造が木構造であり、属性型と属性値の組み合わせからなる固有の相対識別名(R 5. The logical data structure is a tree structure, an attribute type and a combination of attribute values ​​unique relative distinguished name (R
    DN)を持ち、前記属性値にハッシュ値が付加されたエントリが格納されたディレクトリ情報ベース(DIB) Has a DN), the attribute value entry hash value is added to the the stored directory information base (DIB)
    から、前記ディレクトリ情報ベースのルートからの前記相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)をもとに目的エントリを検索するデータベース検索方法であって、 前記ディレクトリ情報ベースのルートからの相対識別名の並びからなる、検索対象とする目的エントリの識別名(DN)に対し、相対識別名の属性値からハッシュ値を算出し、 前記目的エントリの識別名に従って前記ディレクトリ情報ベースから下位エントリの候補を読出し、 読み出された候補となるエントリについて、同エントリに付加されたハッシュ値と前記識別名に対して算出されたハッシュ値とを比較し、 この比較の結果、ハッシュ値が一致したエントリについてだけ読み出されたエントリの相対識別名の属性値と前記目的エントリ From consists of a sequence of the relative distinguished name from the directory information based route, DN object entry to be searched (DN) of a database search method for searching a target entry on the basis of the directory information consists of a sequence of RDN from the base of the root, the directory DN object entry to (DN), a hash value is calculated from the attribute value of the relative distinguished name, according to the identification name of the object entry to be searched reads the candidate entries below the information base, the entry to be read candidate is compared with the hash value calculated for the identification name and hash value added to the entry, the result of this comparison, the object entry and attribute values ​​of the relative distinguished name only read entries for entry hash values ​​match の識別名中の対応する相対識別名の属性値とを比較し、 この比較の結果、属性値が一致したエントリについてだけ相対識別名の属性型を比較し、 この比較結果に基づいて前記ディレクトリ情報ベースから前記目的エントリを検索することを特徴とするデータベース検索方法。 Corresponding comparing the attribute values ​​of the relative distinguished name, the result of the comparison, and compares only attribute type RDN for the entry attribute values ​​match, the directory information based on the comparison result in the distinguished name of database search method characterized by retrieving the object entry from the base.
JP2664694A 1994-02-24 1994-02-24 Information processor and data base retrieving method Pending JPH07234879A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2664694A JPH07234879A (en) 1994-02-24 1994-02-24 Information processor and data base retrieving method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2664694A JPH07234879A (en) 1994-02-24 1994-02-24 Information processor and data base retrieving method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07234879A true JPH07234879A (en) 1995-09-05

Family

ID=12199217

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2664694A Pending JPH07234879A (en) 1994-02-24 1994-02-24 Information processor and data base retrieving method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07234879A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000052600A1 (en) * 1999-03-03 2000-09-08 Sony Corporation Transmitter, receiver, transmitter/receiver system, transmission method and reception method
JP2006236305A (en) * 2005-01-31 2006-09-07 Canon Inc Image processing apparatus, image processing method
JP2010191999A (en) * 2004-12-17 2010-09-02 Microsoft Corp Extensible file system
JP2011227656A (en) * 2010-04-19 2011-11-10 Nec Corp Information retrieval system, information retrieval method, and program
US8321439B2 (en) 2004-12-17 2012-11-27 Microsoft Corporation Quick filename lookup using name hash
JP2013525881A (en) * 2010-04-06 2013-06-20 ジャストワン・データベース・インコーポレイテッドJustone Database,Inc. Database model-independent, data storage and / or retrieval from a schema-independent and workload independent data storage and access model
US9122695B2 (en) 2006-05-23 2015-09-01 Microsoft Technology Licensing, Llc Extending cluster allocations in an extensible file system
US9575972B2 (en) 2004-12-17 2017-02-21 Microsoft Technology Licensing, Llc Contiguous file allocation in an extensible file system

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000052600A1 (en) * 1999-03-03 2000-09-08 Sony Corporation Transmitter, receiver, transmitter/receiver system, transmission method and reception method
US9454542B2 (en) 2004-12-17 2016-09-27 Microsoft Technology Licensing, Llc Extensible file system
US9639554B2 (en) 2004-12-17 2017-05-02 Microsoft Technology Licensing, Llc Extensible file system
US9575972B2 (en) 2004-12-17 2017-02-21 Microsoft Technology Licensing, Llc Contiguous file allocation in an extensible file system
US8321439B2 (en) 2004-12-17 2012-11-27 Microsoft Corporation Quick filename lookup using name hash
KR101238510B1 (en) * 2004-12-17 2013-03-04 마이크로소프트 코포레이션 Extensible file system
US9575988B2 (en) 2004-12-17 2017-02-21 Microsoft Technology Licensing, Llc Extensible file system
US8583708B2 (en) 2004-12-17 2013-11-12 Microsoft Corporation Extensible file system
JP2010191999A (en) * 2004-12-17 2010-09-02 Microsoft Corp Extensible file system
US9336231B2 (en) 2004-12-17 2016-05-10 Microsoft Technology Licensing, Llc Extensible file system
US10303650B2 (en) 2004-12-17 2019-05-28 Microsoft Technology Licensing, Llc Contiguous file allocation in an extensible file system
JP2006236305A (en) * 2005-01-31 2006-09-07 Canon Inc Image processing apparatus, image processing method
US9558223B2 (en) 2006-05-23 2017-01-31 Microsoft Technology Licensing, Llc Extending cluster allocations in an extensible file system
US9122695B2 (en) 2006-05-23 2015-09-01 Microsoft Technology Licensing, Llc Extending cluster allocations in an extensible file system
JP2013525881A (en) * 2010-04-06 2013-06-20 ジャストワン・データベース・インコーポレイテッドJustone Database,Inc. Database model-independent, data storage and / or retrieval from a schema-independent and workload independent data storage and access model
US9965481B2 (en) 2010-04-06 2018-05-08 Edge Intelligence Software, Inc. Apparatus, systems and methods for data storage and/or retrieval based on a database model-agnostic, schema-agnostic and workload-agnostic data storage and access models
JP2011227656A (en) * 2010-04-19 2011-11-10 Nec Corp Information retrieval system, information retrieval method, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1291574C (en) Data retrieval system
US5153831A (en) Electronic text
JP4255373B2 (en) Management and synchronization application for Network File System
JP3844370B2 (en) Storing the multidimensional data and access to a computer method and storage structure
JP2929963B2 (en) Document retrieval apparatus and word indexing method and a document search method
EP0433964B1 (en) Search method to determine most closely match in a database directory
CA1287183C (en) Method and apparatus for data hashing
JP3149337B2 (en) Method and system for data compression using the system-generated dictionary
US5991862A (en) Modified indirect addressing for file system
US6304872B1 (en) Search system for providing fulltext search over web pages of world wide web servers
JP2683870B2 (en) Character string retrieval system and method
US6029170A (en) Hybrid tree array data structure and method
US5737732A (en) Enhanced metatree data structure for storage indexing and retrieval of information
JP2670383B2 (en) Prefix search tree with a partial key branch function
US6954759B2 (en) Data processing method using record division storing scheme and apparatus therefor
US5499358A (en) Method for storing a database in extended attributes of a file system
US5276874A (en) Method for creating a directory tree in main memory using an index file in secondary memory
JP3771271B2 (en) Apparatus and method for the storage of a collection of keys ordered in a compact 0 complete tree search
US6633953B2 (en) Range content-addressable memory
US8042112B1 (en) Scheduler for search engine crawler
US5551049A (en) Thesaurus with compactly stored word groups
US5418947A (en) Locating information in an unsorted database utilizing a B-tree
US5404507A (en) Apparatus and method for finding records in a database by formulating a query using equivalent terms which correspond to terms in the input query
JP2632092B2 (en) Apparatus and method for generating a database
US4241402A (en) Finite state automaton with multiple state types