JPH07225707A - Test method for application and test supporting device for the same - Google Patents

Test method for application and test supporting device for the same

Info

Publication number
JPH07225707A
JPH07225707A JP6016846A JP1684694A JPH07225707A JP H07225707 A JPH07225707 A JP H07225707A JP 6016846 A JP6016846 A JP 6016846A JP 1684694 A JP1684694 A JP 1684694A JP H07225707 A JPH07225707 A JP H07225707A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
process
application
database
database server
server
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP6016846A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshihisa Eto
Koichi Shiga
Yoichi Yoshizawa
庸一 吉澤
浩一 志賀
敏寿 衛藤
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP6016846A priority Critical patent/JPH07225707A/en
Publication of JPH07225707A publication Critical patent/JPH07225707A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F11/00Error detection; Error correction; Monitoring
    • G06F11/36Preventing errors by testing or debugging software
    • G06F11/362Software debugging

Abstract

PURPOSE: To easily and efficiently test an application to act as a client to a data base managing system without changing the application for the test concerning a method and device for testing the application.
CONSTITUTION: The request of an application 32 and a debugger 31 to a data base server 34 is executed through a pseudo data base server 33. Therefore, the debugger 31 can access a data base 40 within the same transaction as the application 32. When the ending request of the transaction is requested from the application 32, the pseudo data base server 33 requests the abort of the transaction to the data base server 34. On the other hand, the transmission/ reception message of the application 32 during the transaction is logged according to an instruction set to a debugging environment file 60.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、クライアントとしてデータベースサーバを介してデータベースに対する各種トランザクション処理を行うアプリケーション・プログラムのテストを支援する方法及び装置に関する。 The present invention relates to a method and apparatus for supporting the test application programs for performing various transactions on the database via the database server as a client.

【0002】 [0002]

【従来の技術】クライアント/サーバ・システムにおけるデータベース処理形態としては、クライアント(アプリケーション・プログラム)からのトランザクションをDBMS(データベース管理システム)が直接受け付けるものと、クライアントとDBMSの間にTPモニタ(トランザクション処理モニタ)を介在させ、該TPモニタがクライアントからのトランザクションを一括して引き受けるものがある。 The database processing forms in BACKGROUND ART client / server system, TP monitor (transaction processing between transactions DBMS (database management system) is as accepting direct the client DBMS from the client (application program) monitor) is interposed, said TP monitor are those undertake collectively transactions from a client.

【0003】該TPモニタを利用した場合、アプリケーション・プログラムとしてはクライアント・アプリケーションとサーバ・アプリケーションを作成する必要がある。 [0003] When using the TP monitor, as the application program there is a need to create a client and server applications. 一方、TPモニタを利用しない場合には、トランザクション制御及びデータベース操作の命令が記述されたアプリケーションのみを作成すればよい。 On the other hand, when not using the TP monitor, it is sufficient only create applications that instruction transaction control and database operations are described.

【0004】後者のようなクライアント/サーバ・システムにおいてアプリケーションの単体テストを行う場合、データベース操作命令の記述のシンタックス・チェックを行うためにもDBMSを実際に使用する必要があった。 [0004] If, in the latter such a client / server system unit testing applications, it is necessary to actually use the DBMS in order to perform a syntax check DESCRIPTION database operating instruction. しかしながら、この場合、各単体のアプリケーションによってデータベースが破壊される可能性があるため、各アプリケーションのテスト担当者は、それぞれ個別にテスト用のデータベースを作成する必要があった。 However, in this case, since there is a possibility that the database is destroyed by each single application, testers for each application, there is respectively necessary to create a database for testing individually.
このため、1つのデータベースを複数のアプリケーションの単体テストに共用できず、資源の効率的な利用ができなかった。 Thus, unable to share a single database for unit testing a plurality of applications, can not efficient use of resources.

【0005】また、アプリケーションのテストの際には、正常処理のみならずデータベースに異常が発生した場合に対応する異常系のテストも必要となるが、このような場合、該異常を意図的に発生させるために、アプリケーションを書き換える必要があった。 [0005] At the time of application of the test is abnormal not normal processing only the database is also required test abnormalities system corresponding in the event of such a case, intentionally generating the abnormal to it was necessary to rewrite the application. すなわち、異常系のテスト効率が低かった。 In other words, test the efficiency of the abnormal system was low.

【0006】また、データベース・システムの開発者は、トランザクション実行中においてアプリケーションによって変更されるデータベースの内容を確認したい要求があった。 [0006] In addition, developers of database system, there is a request that you want to check the contents of the database to be changed by the application during the execution of the transaction. しかしながら、DBMSはトランザクションの独立性(isolation)または直列可能性(serializab However, it DBMS transaction isolation (isolation) or serializability (Serializab
ility)が保証されるようにトランザクション制御を行うので、あるトランザクションの中間結果を他のトランザクションは見ることができない。 Since the transaction control so ility) is ensured, the transaction intermediate results of a transaction other can not see. このため、例えばデバッガによりアプリケーションの処理途中におけるデータベースの内容を参照・更新することができなかった。 Thus, for example, could not be referring to and updating the contents of the database in the middle of the process of the application by the debugger.

【0007】したがって、このようなクライアント/サーバ・システムにおいて、アプリケーションをデバッグする際には、以下のような機能が有効である。 Accordingly, in such a client / server system, when debugging an application, it is effective following functions. (1) トランザクションの実行により、アプリケーションがデータベースの内容を更新した場合、該データベースの内容を該トランザクション開始前の状態に復元させる。 (1) by execution of a transaction, if an application has updated the contents of the database, to restore the contents of the database to the state before starting the transaction. これを、アプリケーションの変更を伴うことなく行えるようにする。 This will be so performed without changing the application. (2) アプリケーションが発行したデータベース操作命令に対するデータベースサーバからの復帰コードの変更を、アプリケーションを変更することなく行う。 (2) a change in the return code from the database server for a database manipulation instruction issued by the application, performed without changing the application. (3) トランザクション間でアプリケーションが更新中のデータベースの内容を参照・更新する操作を、アプリケーションを変更することなく行う。 (3) applications between transaction references and updating to manipulate the contents of a database being updated is performed without changing the application.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】次に、上記(1) 〜(3) The object of the invention is to solve] Next, the above-mentioned (1) to (3)
の機能を実現する際の従来の問題点を説明する。 The conventional problems will be explained in realizing the function. まず、 First of all,
図17は上記(1) の機能を実現する際の従来の問題点を説明する図である。 Figure 17 is a diagram for explaining a conventional problem in realizing the function of the (1). 同図においては、アプリケーション1はクライアント・プロセスであり、DBサーバ2はアプリケーション1からのトランザクション開始命令を受けてDBMSが起動するサーバ・プロセスである。 In the figure, the application 1 is a client process, DB server 2 receives the transaction start command from the application 1 DBMS is a server process to be started. 両プロセス1,2は、プロセス間通信によりメッセージの授受を行って、データベース3に対しトランザクションを行う。 Both processes 1 and 2, performs exchange of messages by interprocess communication, performs a transaction to the database 3.

【0009】DBサーバ2は、アプリケーション1からトランザクション開始指示のメッセージを受け取ると、 [0009] DB server 2 receives the message transaction start instruction from the application 1,
該トランザクションの登録を行う。 Carry out the registration of the transaction. そして、以後、アプリケーション1からデータベース操作命令を受け取ると、データベース3の構造・関係解析を行い、該データベース操作命令をデータベース3に対する操作に変換する。 Then, thereafter, it receives a database operating instruction from the application 1 performs structural-relation analysis in the database 3, and converts the database manipulation instruction to the operation to the database 3. そして、該操作を実行してデータベース3の所定のデータの参照・更新等を行う。 Then, the reference and update such predetermined data in the database 3 by running the manipulation. DBサーバ2は、このようなデータベース3の内容の更新を、アプリケーション1からトランザクションの終了を指示するメッセージを受信するまで行う。 DB server 2 updates the contents of such a database 3, until it receives a message indicating completion of a transaction from the application 1. DBサーバ2は、該メッセージを受け取ると、実行中のトランザクションを削除し、これにより該トランザクションは終了する。 DB server 2 receives the message, delete the transaction in progress, thereby the transaction ends.

【0010】このように、データベース3に対する直接のアクセスはDBサーバ2、すなわちDBMSによって行われる。 [0010] Thus, direct access to the database 3 DB server 2, i.e. carried out by DBMS. したがって、上記トランザクションによって更新された内容を該トランザクションの開始前の状態に復元するためには、アプリケーション1またはDBMS Therefore, in order to restore the contents updated by the transaction to the state before the start of the transaction, the application 1 or DBMS
がこの復元処理を行わなければならない。 There must be carried out this restoration process. したがって、 Therefore,
アプリケーション1を変更しないためには、DBMS内部にこの復元処理の機能を組み込む必要があるが、このための開発作業は大変でありコストもかかる。 In order not to change the application 1, it is necessary to incorporate the functionality of this restoration process inside DBMS, development work for this is very costly.

【0011】次に、図18は上記(2) の機能を実現する上での従来の問題点を説明する図である。 [0011] Next, FIG 18 is a diagram for explaining a conventional problem in realizing the functions of the above (2). アプリケーション1からのデータベース操作命令に対して、DBサーバ2は、該命令の実行によるデータベース3に対するアクセス結果等を示す復帰コードを、アプリケーション1 The database manipulation command from the application 1, DB server 2, a return code indicating the result of access, etc. to the database 3 by the execution of the instruction, the application 1
に返信する。 Reply to. デバッグ時においては、この復帰コードを故意に変えてアプリケーション1内部の例外処理(例えば、エラー処理等)をテストする必要が生じるが、このためには、デバッグだけのためにアプリケーション1の一部にこのための機能を組み込む必要があり、アプリケーション1の変更が必要となる。 During debugging, exception handling internal application 1 by changing the return code deliberately (eg, error handling, etc.) it becomes necessary to test, for this purpose, a part of the application 1 for debugging only There is a need to incorporate a function for this purpose, it is necessary to change the application 1.

【0012】続いて、図19は上記(3) の従来の問題点を説明する図である。 [0012] Subsequently, FIG. 19 is a diagram for explaining a conventional problem of the above (3). 同図は、端末4等からデバッガ5 The figure, a debugger 5 from the terminal 4, etc.
を起動して、アプリケーション1のデバッグを行う場合を説明する図である。 The start is a diagram for explaining a case where a debugging application 1. アプリケーション1のデバッグを行うとき、該アプリケーション1がトランザクション実行中において更新した内容をデバッガ5により参照したい場合や、該トランザクション実行中に該デバッガ5によりデータベース3の一部を変更したい場合がでてくる。 When debugging an application 1, the application 1 If you want to view the debugger 5 the updated contents during transactional execution, come out may want to change some of the database 3 by the debugger 5 during the execution of the transaction . この場合、データベース3の内容の論理的一貫性を保証するために、デバッガ5は上記のようなデバッグ操作を別トランザクションで行う必要がある。 In this case, in order to ensure logical consistency of the contents of the database 3, the debugger 5 should be carried out in a separate transaction debugging operations as described above. これは、デバッガ5がトランザクション開始宣言を行わないで、データベース3の更新を行うと、該データベース3に対する操作がデータベース3の整合性を保証しない順序で実行されてしまう場合がありうるからである。 This is in the debugger 5 does not perform a transaction start declaration is because the updating of the database 3, there may be a case where the operation to said database 3 from being performed in the order does not guarantee the integrity of the database 3. そして、このような場合、アプリケーション1が異常終了してしまう。 And, in such a case, the application 1 crashes.

【0013】しかしながら、デバッガ5がアプリケーション1とは別のトランザクションで上記デバッグ操作を行おうとすると、デバッガ5はアプリケーション1とデータベース3上の同一資源をアクセスすることになるため、デバッガ5のトランザクションはDBサーバ2によって排他待ちにされる。 [0013] However, if the debugger 5 attempts to perform the debugging operations in a separate transaction from the application 1, since the debugger 5 that will access the same resource on the application 1 and the database 3, the transaction debugger 5 DB It is exclusive waiting by the server 2. このため、結局、デバッガ5は上記デバッグ操作を行うことは不可能となる。 Therefore, after all, the debugger 5 becomes impossible to perform the debugging operations.

【0014】このため、上記デバッグ操作を行うためにはアプリケーション1を変更して、該アプリケーション1内に上記デバッグ操作のための命令を組み込む必要がある。 [0014] Therefore, in order to perform the debug operation by changing the application 1, it is necessary to incorporate the instructions for the debugging operations in the application 1.

【0015】このように、従来は、アプリケーション1 [0015] Thus, the prior art, the application 1
のテスト(デバッグ)を行うためには、アプリケーション1の中にデバッグ操作のための処理を組み込む必要があった。 To perform the test (debug), it was necessary to incorporate a processing for debugging operations in the application 1. また、アプリケーション1を変更しないようにするとDBMSに一部機能を追加する必要があった(上記(1) の場合)。 Further, (case (1)) that when not change the application 1 was necessary to add some functionality to the DBMS.

【0016】しかしながら、このようにアプリケーション1内部にデバッグ操作のための機構を組み込む方法は、各アプリケーション毎に該組み込み作業を行わねばならないため、非効率である。 [0016] However, a method of incorporating a mechanism for debugging operations thus within the application 1, since must perform the embedder for each application, which is inefficient. また、動作確認のテストを完了して出荷する際には、再びアプリケーション1を修正してそれらのデバッグ用に組み込んだ処理部分を取り除く作業も必要となり、開発効率の低下を招く。 Also, when the ship to complete the test of the operation check, the work also becomes necessary to remove the processing portion incorporating for those debugging by modifying the application 1 again, lowering the development efficiency.

【0017】本発明は、上記のような問題点に鑑み、クライアント/サーバ形態のデータベースにおいて、クライアント・プロセスとしてデータベースサーバを介して該データベースに対して各種処理を行うアプリケーションのテストを、該テストのためにアプリケーションの一部を変更することなく該アプリケーション及び該データベースサーバとも通常通りに実装したままで効率良く行えるようにすることを目的とする。 [0017] The present invention has been made in view of the above problems, in the database of the client / server mode, the test application that performs various processes with respect to the database via the database server as a client process, for the test and an object thereof is to allow efficiently while mounted normally with the application and the database server without changing the part of the application in order.

【0018】 [0018]

【課題を解決するための手段】図1は、本発明のアプリケーションのテスト方法の原理を説明する図である。 Figure 1 [Means for Solving the Problems] is a diagram for explaining the principle of the test method of application of the present invention. 本発明の方法は、クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、データベース11の管理を行うデータベースサーバ・プロセス21に対してクライアント・プロセスとして動作し、該データベースサーバ・プロセス21に対して上記データベース11に係わる処理要求を行うアプリケーションのテスト方法を前提とする。 The method of the present invention, in a database system of the client / server method, operates as a client process to the database server process 21 for managing the database 11, according to the database 11 with respect to the database server process 21 It assumes the test method of application to perform the processing request.

【0019】そして、該アプリケーションのプロセス2 [0019] Then, the process of the application 2
2に対してはサーバ・プロセスとして、上記データベースサーバ・プロセス12に対してはクライアント・プロセスとして動作する疑似データベースサーバ・プロセス23を設け、該疑似データベースサーバ・プロセス23 As for the second server process, for the database server process 12 provided pseudo database server process 23 which operates as a client process, 該疑 similar database server process 23
は、アプリケーション・プロセス22から受信するデータベース11の管理要求をデータベースサーバ・プロセス21へ依頼し、該アプリケーション・プロセス22からトランザクション終了要求を受信した際にはデータベースサーバ・プロセス21に対してトランザクションのアボートを依頼することを特徴とする。 May ask the administrative requirements of the database 11 to be received from the application process 22 to the database server process 21, the transaction abort the database server process 21 when it receives a transaction end request from said application process 22 characterized in that it ask the.

【0020】上記構成において、例えば、アプリケーション・プロセス22によるトランザクションをアボートするかまたはコミットするかを指定するファイルを設け、該疑似データベースサーバ・プロセス15は、該ファイルにトランザクションのアボート指定が設定されていた場合に、上記データベースサーバ・プロセス21に対するトランザクションのアボート依頼を行うようにしてもよい。 [0020] In the above configuration, for example, providing a file to specify whether or committed to abort the transaction by the application process 22, 該疑 similar database server process 15, abort specified transaction to the file has not been set If the may be performed an abort request transactions to the database server process 21.

【0021】また、他の発明においては、上記疑似データベースサーバ・プロセス23は、アプリケーション・ Further, in another invention, the pseudo-database server process 23, the application
プロセス22から受信するデータベース11の処理要求をデータベースサーバ・プロセス21へ依頼し、該依頼に対応する応答メッセージを該データベースサーバ・プロセス21から受信した際、上記処理要求に対する復帰情報の変更が予め指定されていたときには、該応答メッセージ内の復帰情報を該指定されたように変更して上記アプリケーション・プロセス22へ送信することを特徴とする。 It requests the processing request for the database 11 to be received from the process 22 to the database server process 21, when the response message corresponding to the request received from the database server process 21, override return information for the processing request in advance is when had will be, the return information in the response message modified as is the designated and transmitting to the application process 22.

【0022】このような構成において、例えば、アプリケーション・プロセス22から発行されるデータベース11に対する処理要求の内、復帰情報の変更を行うものについてその変更情報が定義されるファイルを設け、疑似データベースサーバ・プロセス23は、該ファイルを参照して上記復帰情報の変更を行うようにしてもよい。 [0022] In this configuration, for example, of the processing request to the database 11 which is issued from the application process 22 is provided with a file in which the change information is defined for that to change the return information, the pseudo-database server process 23 refers to the file may be performed to change the return information.

【0023】また、この他に、疑似データベースサーバ・プロセス23に対して、上記アプリケーション・プロセス22からの処理要求に対する復帰情報の変更を依頼するプロセスを設け、疑似データベースサーバ・プロセス23は、該プロセスからの依頼に従って上記復帰情報の変更を行うようにしてもよい。 Further, in addition, with respect to the pseudo-database server process 23, it is provided a process for requesting a change in the return information to the processing request from the application process 22, the pseudo-database server process 23, the process it may be performed to change the return information in accordance with request from.

【0024】そして、この場合、例えば、上記変更依頼プロセスは、端末から入力されるコマンドの指定に従って、疑似データベースサーバ・プロセス23に対して上記復帰情報の変更依頼を行うようにしてもよい。 [0024] In this case, for example, the change request process, as specified in the command input from the terminal may perform change requests of the return information to the pseudo-database server process 23.

【0025】また、さらに他の発明は、上記疑似データベースサーバ・プロセス21以外に、該疑似データベースサーバ・プロセス23に対してクライアント・プロセスとして動作し、上記アプリケーション・プロセス22 Further, still another invention, in addition to the pseudo-database server process 21 operates as a client process to the database server process 23 similar 該疑, the application process 22
に対して中断点を設定するデバッガ・プロセス24をさらに設け、該デバッガ・プロセス24は、アプリケーション・プロセス22が該中断点で停止しているとき、疑似データベースサーバ・プロセス23に対してデータベース11の参照または更新を依頼し、これを受けて該疑似データベースサーバ・プロセス23は該依頼に対応する処理要求をデータベースサーバ・プロセス21に送信し、その後該データベースサーバ・プロセス21から受信する該処理要求に対応する応答結果をデバッガ・プロセス24に送信することを特徴とする。 Further provided debugger process 24 for setting a break point with respect to, the debugger process 24, when the application process 22 is stopped at the break point, the database 11 with respect to the pseudo-database server process 23 ask the reference or update, database server process 23 similar 該疑 response to this sends a processing request corresponding to the request to the database server process 21, thereafter the processing request received from the database server process 21 and transmits the corresponding response result to the debugger process 24.

【0026】該構成において、例えば、前記デバッガ・ [0026] In the arrangement, for example, the debugger
プロセス24は、端末から入力されるコマンドの指示に従って、上記アプリケーション・プロセス22の中断点の設定及びデータベース11の参照または更新の依頼を行うようにしてもよい。 Process 24 according to an instruction of the command input from the terminal may perform a request for reference or update of the configuration and database 11 of the interruption point of the application process 22.

【0027】また、前記アプリケーション・プロセス2 [0027] In addition, the application process 2
2は、データベース11に対する処理要求を依頼するサーバ・プロセスとプロセス間通信を行うための宛先情報を環境変数から獲得するようにしてもよい。 2, the destination information for performing inter-server processes and process communication for requesting the processing request to the database 11 may be obtained from the environment variable.

【0028】また、この場合、前記デバッガ・プロセス24は、前記環境変数に前記疑似データベースサーバ・ [0028] In addition, in this case, the debugger process 24, the pseudo-database server in the environment variable
プロセス23の宛先情報を設定した後、前記アプリケーション・プロセス22を生成するようにしてもよい。 After setting the destination information of the process 23, it may generate the application process 22.

【0029】尚、上記環境変数に宛先情報の他にプロセス間通信に用いるプロトコルも設定するようにしてもよい。 It should be noted, it may be also set protocol used in addition to the inter-process communication destination information to the environment variable. この場合、アプリケーション・プロセス22は宛先情報に加えプロトコル情報も環境変数から獲得することができる。 In this case, the application process 22 can also be obtained from the environment variable protocol information in addition to the destination information.

【0030】また、さらに他の発明は、該アプリケーションのプロセス22に対してはサーバ・プロセスとして上記データベースサーバ・プロセス21に対してはクライアント・プロセスとして動作し、アプリケーション・ Further, still another invention is, for the process 22 of the application acts as a client process for the database server process 21 as a server process, application
プロセス22から依頼されるデータベース11に対する処理要求をデータベースサーバ・プロセス21に送信し、該データベースサーバ・プロセス21から受信する上記処理要求に対する応答結果をアプリケーション・プロセス22へ送信する疑似データベースサーバ・プロセス23を設け、該疑似データベースサーバ・プロセス2 And transmitting the processing request to the database 11 is requested from the process 22 to the database server process 21, the pseudo-database server process 23 to send a response result of the processing request to the application process 22 received from the database server process 21 the provided 該疑 similar database server process 2
3は、上記アプリケーション・プロセス22から依頼されるデータベースサーバ・プロセス21に対する処理要求及び該処理要求に対するデータベースサーバ・プロセス21からの応答結果をロギングすることを特徴とする。 3 is characterized by logging the response result from the database server process 21 to the processing request and the processing request to the database server process 21 that is requested by the application process 22.

【0031】この構成において、例えば、アプリケーション・プロセス22によるトランザクションのログをロギングするか否かを設定するファイルを設け、疑似データベースサーバ・プロセス23は、該ファイルにロギング指示が設定されていたとき、前記ロギングを行うようにしてもよい。 [0031] In this configuration, for example, providing a file that sets whether logging application by the process 22 transaction log, the pseudo-database server process 23, when logging instruction to the file has been set, it may perform the logging.

【0032】また、さらに他の発明は、前記データベース11、前記データベースサーバ・プロセス21、及び前記疑似データベースサーバ・プロセス23は、サーバマシン側に実装され、前記アプリケーション・プロセス22は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、前記アプリケーション・プロセス22と前記疑似データベースサーバ・プロセス24が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段をさらに設けたことを特徴とする。 Further, still another aspect of the present invention, the database 11, the database server process 21, and the pseudo database server process 23 is implemented on the server machine side, the application process 22 includes the server machine implemented on the client machine side, which are connected via a network, wherein said application process 22 pseudo database server process 24 is further provided communication means for transmitting and receiving messages through the network to.

【0033】さらに、他の発明は、前記データベース1 Furthermore, another aspect of the present invention, said database 1
1、前記データベースサーバ・プロセス21、及び前記疑似データベースサーバ・プロセス23は、サーバマシン側に実装され、前記アプリケーション・プロセス22 1, the database server process 21, and the pseudo database server process 23 is implemented on the server machine side, the application process 22
及び前記デバッガ・プロセス24は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、前記アプリケーション・プロセス22または前記デバッガ・プロセス24が前記疑似データベースサーバ・プロセス23と上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段をさらに設けたことを特徴とする。 And the debugger process 24 is implemented on the client machine side connected via the server machine and the network, the application process 22 or the debugger process 24 the pseudo-database server process 23 and the network through and wherein further provided communication means for transmitting and receiving messages.

【0034】一方、本発明のアプリケーションのテスト支援装置は、クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいてデータベースの管理を行うデータベースサーバに対してクライアントとして動作し、該データベースサーバに対して上記データベースに係わる処理要求を行うアプリケーションのテストを支援する装置を前提とする。 On the other hand, test support device applications of the present invention operates as a client to the database server for database management of the database system of the client / server method, the processing request related to the database for the database server It assumes the device to support the testing of applications that perform.

【0035】そして、該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段を設け、該疑似データベースサーバ手段は、アプリケーションから受信するデータベースの処理要求をデータベースサーバへ依頼すると共に、該依頼に対するデータベースサーバからの応答をアプリケーションへ返し、該アプリケーションからトランザクション終了要求を受信した際にはデータベースサーバに対してトランザクションのアボートを依頼することを特徴とする。 [0035] Then, as a server for the application, for the database server is provided a pseudo-database server means operating as a client, 該疑 similar database server unit, the process requests the database server database for receiving from an application with requests to return the response from the database server for the request to the application, upon receiving a transaction completion request from the application it is characterized in that to request an abort of the transaction to the database server.

【0036】また、本発明の他の装置は、該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段を設け、該疑似データベースサーバ手段は、アプリケーションから受信するデータベースの処理要求をデータベースサーバへ依頼し、該依頼に対する応答メッセージを該データベースサーバから受信した際、 [0036] Another apparatus of the present invention, as a server for the application, for the database server is provided a pseudo-database server means operating as a client, 該疑 similar database server unit, received from the application a processing request for the database to ask the database server, when a response message to the request received from the database server,
上記処理要求に対する復帰情報の変更が予め指定されていたときには、該応答メッセージ内の復帰情報を該指定されたように変更して上記アプリケーションへ送信することを特徴とする。 When a change of return information for the processing request has been specified in advance, the return information in the response message modified as is the designated and transmitting to said application.

【0037】さらに、本発明の他の装置は、該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段と、該疑似データベースサーバ手段に対してクライアントとして動作し、上記アプリケーションに対して中断点を設定するデバッガ手段とを設け、該デバッガ手段は、アプリケーションが該中断点で停止しているとき、疑似データベースサーバ手段に対してデータベースの参照または更新を依頼し、これを受けて該疑似データベースサーバ手段は該依頼に対応する処理要求をデータベースサーバに送信し、その後該データベースサーバから受信する該処理要求に対応する応答結果をデバッガ手段に送信することを特徴とする。 Furthermore, another apparatus of the present invention, as a server for the application, for the database server operation and the pseudo database server means operating as a client, as a client to 該疑 similar database server means and, it provided a debugger means for setting a break point with respect to the application, the debugger means, when the application is stopped at the break point, to request a reference or update the database with respect to the pseudo-database server means and characterized by receiving this 該疑 similar database server means transmits a processing request corresponding to the request to the database server, and then transmitted to the debugger means responding result corresponding to the processing request received from the database server to.

【0038】また、さらに本発明の他の装置は、該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作し、アプリケーションから依頼されるデータベースに対する処理要求をデータベースサーバに送信し、該データベースサーバから受信する上記処理要求に対する応答結果をアプリケーションへ送信する疑似データベースサーバ手段を設け、該疑似データベースサーバ手段は、上記アプリケーションから依頼されるデータベースサーバに対する処理要求及び該処理要求に対するデータベースサーバからの応答結果をロギングすることを特徴とする。 [0038] Still other devices of the present invention, as a server for the application, for the database server acts as a client, sends a processing request for the database to be requested from the application to the database server , provided a pseudo database server means for transmitting a response result of the processing request received from the database server to the application, 該疑 similar database server means, the database server for processing the request and the processing request to the database server to be requested from the application and wherein the logging responses result from.

【0039】また、さらに本発明の他の装置は、前記データベース、前記データベースサーバ、及び前記疑似データベースサーバ手段は、サーバマシン側に実装され、 [0039] Still other devices of the present invention, said database, said database server, and the pseudo database server unit is implemented on the server machine side,
前記アプリケーションは、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、前記アプリケーションと前記疑似データベースサーバ手段が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段をさらに設けたことを特徴とする。 The application is implemented on the client machine side connected via the server machine and the network, the said application pseudo database server unit is further provided communication means for transmitting and receiving messages through the network it is characterized in.

【0040】また、さらに、本発明の他の装置は、前記データベース、前記データベースサーバ、及び前記疑似データベースサーバ手段は、サーバマシン側に実装され、前記アプリケーション及び前記デバッガ手段は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、前記アプリケーションまたは前記デバッガ手段が前記疑似データベースサーバ手段と上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段をさらに設けたことを特徴とする。 Further, still another apparatus of the present invention, said database, said database server, and the pseudo database server unit is implemented on the server machine side, the application and the debugger means, the server machine and the network is implemented in the connected side client machine through, characterized in that the application or the debugger means is further provided communication means for transmitting and receiving messages via said pseudo database server means and the network .

【0041】 [0041]

【作用】本発明の方法においては、疑似データベースサーバ・プロセス23を生成・起動し、これをアプリケーション・プロセス22のサーバ・プロセス、データベースサーバ・プロセス21のクライアント・プロセスとして動作させる。 In the method of the present invention, it generates and start the pseudo-database server process 23, which server process of the application process 22, operates as a client process for the database server process 21.

【0042】そして、アプリケーション・プロセス22 [0042] Then, the application process 22
はデータベース11に対する操作命令を疑似データベースサーバ・プロセス23に依頼する。 It requests the operation instruction to the database 11 to the pseudo database server process 23. これを受けて疑似データベースサーバ・プロセス23は、該操作命令をデータベースサーバ・プロセス21に依頼する。 The pseudo-database server process 23 In response to this, to ask the manipulation instruction to the database server process 21. そして、 And,
データベースサーバ・プロセス21から該操作命令に対する応答を受け取ると、これをアプリケーション・プロセス22に返す。 Upon receiving a response to the manipulation command from the database server process 21, and returns it to the application process 22.

【0043】したがって、アプリケーション・プロセス22は疑似データベースサーバ・プロセス23を介してデータベース11の参照・更新をできる。 [0043] Thus, the application process 22 can reference and update the database 11 via the pseudo-database server process 23. 疑似データベースサーバ・プロセス23は、アプリケーション・プロセス22からトランザクションの終了要求を依頼されると、データベースサーバ・プロセス21に対しアボート命令を送信する。 Pseudo database server process 23, when the application process 22 is requested to end request transaction, transmits an abort instruction to the database server process 21.

【0044】したがって、アプリケーションのテストにおいてデータベース11を使用しても、該テスト終了後にはデータベース11はテスト開始前の状態に復元される。 [0044] Thus, the use of the database 11 in the test of the application, after the completion of the test database 11 is restored to test the state before starting. このため、データベース11を複数のアプリケーションのテストに共用できる。 Therefore, can be shared database 11 for testing a plurality of applications.

【0045】また、疑似データベースサーバ・プロセス23は、アプリケーション・プロセス22から予め復帰情報の変更が指示されているデータベース操作命令を受信すると、該命令の依頼後、データベースサーバ・プロセス21から送られてくる応答メッセージの中の復帰情報を指示された値に変更する。 Further, the pseudo-database server process 23 receives the database operating instruction changes advance return information from the application process 22 is instructed, after the request of the instruction is sent from the database server process 21 change to the indicated value to return information in the response message coming. そして、この変更した復帰情報をアプリケーション・プロセス22に返す。 Then, return this changed return information to the application process 22.

【0046】したがって、アプリケーション内の異常復帰に対する処理のデバッグを容易に効率良く行うことができる。 [0046] Thus, it is possible to perform easily and efficiently debug the processing for abnormality restoration in the application. さらに、アプリケーションのデバッグ用のプロセス24を生成・起動し、該デバッガ・プロセス24を疑似データベースサーバ・プロセス23のクライアント・プロセスとして動作させる。 Furthermore, it generates and start a process 24 for debugging the application, operating the debugger process 24 as a client process of the pseudo-database server process 23. 疑似データベースサーバ・プロセス23は、デバッガ・プロセス24から受信するデータベース11に対してアクセスするコマンドを解釈し、該コマンドをデータベースサーバ・プロセス21 Pseudo database server process 23 interprets the command to access the database 11 to be received from the debugger process 24, the database server process 21 the command
のAPI(Application Programming Interface )に合ったデータベース操作命令に変換してデータベースサーバ・プロセス21に送信する。 And it transmits to the database server process 21 to convert the API in a database operating instruction for your (Application Programming Interface). そして、データベースサーバ・プロセス21から該命令の実行結果を受け取ると、これをデバッガ・プロセス24に送信する。 Then transmitted from the database server process 21 receives the execution result of the instruction, this debugger process 24.

【0047】この場合においても、アプリケーション・ [0047] In this case, the application
プロセス22のときと同様に、疑似データベースサーバ・プロセス23がデータベースサーバ・プロセス21のクライアント・プロセスとなる。 As in the case of process 22, the pseudo-database server process 23 is a client process of the database server process 21. このため、データベースサーバ・プロセス21は、デバッガ・プロセス24から発行されるデータベース操作要求をアプリケーション・プロセス22により開始されたトランザクション内で処理する。 Therefore, the database server process 21, is treated with the transaction started for the database operation request issued from the debugger process 24 by the application process 22.

【0048】また、デバッガ・プロセス24は、端末からアプリケーション・プロセス22の中断点(ブレーク・ポイント)の設定を指示するコマンドが入力されると、アプリケーション・プロセス22に対し該指示された中断点(ブレーク・ポイント)を設定する。 [0048] In addition, the debugger process 24, the command is input to instruct the setting of the breakpoint of the application process 22 from the terminal (breakpoint), interrupted point marked finger to the application process 22 ( breakpoint) to set.

【0049】したがって、アプリケーションのテスト担当者またはDBMSの開発者は、端末操作によりトランザクション中においてアプリケーション・プロセス22 [0049] Therefore, the application of the test personnel or DBMS developers, the application process 22 during the transaction by the terminal operation
の実行を所望の位置で停止させ、該実行までにアプリケーション・プロセス22が更新したデータベース11の内容を参照できる。 Of the execution is stopped at a desired position, you can see the contents of the database 11 that the application process 22 is updated to said actual line. また、データベース11の更新もできる。 In addition, it also updates the database 11. このため、正しいデータベース処理が行われない原因がアプリケーションまたはDBMSのいずれの側に原因があるのかを容易に調べることができ、デバッグ効率が向上する。 Therefore, due to the correct database processing is not performed can be examined easily whether there is a cause to either side of the application or DBMS, debugging efficiency is improved.

【0050】また、さらに、疑似データベースサーバ・ [0050] In addition, further, the pseudo-database server
プロセス23は、トランザクション中において、アプリケーション・プロセス22から依頼されるデータベース操作命令及び該命令の実行に対するデータベースサーバ・プロセス21からの応答メッセージをロギングする。 Process 23, during a transaction, logging a response message from the database server process 21 for performing a database operation instruction and the instruction that is requested by the application process 22.

【0051】したがって、アプリケーションのテスト終了後に、上記ロギング結果を外部出力させることにより、該ロギング結果の内容を基にアプリケーションの動作を検討できる。 [0051] Therefore, after application of the test is completed, by externally outputting the logging results can consider the operation of the application based on the contents of the logging results.

【0052】また、上記のようなアプリケーションのテストは、同一マシン内にアプリケーションとDBMS及びデータベース11が実装される形態のクライアント/ [0052] Further, the test application as described above, form the application and the DBMS and database 11 are implemented in the same machine of the client /
サーバ方式のデータベース・システム以外にも、アプリケーションとDBMS並びにデータベース11がネットワークを介して接続された別々のマシンに実装される形態のデータベース・システムにおいても、通信手段によりサポートされるネットワーク上でのプロセス間通信を利用することにより、同様にして行うことができる。 Besides the database system of the server system, also in the application and the DBMS and forms a database system in which the database 11 is implemented on separate machines connected via a network, the process on the network supported by the communication unit by utilizing between communication can be carried out in the same manner.

【0053】また、本発明の装置においては、データベースサーバ、アプリケーション、疑似データベースサーバ手段、デバッガ手段が、上記データベースサーバ・プロセス21、アプリケーション・プロセス22、疑似データベースサーバ・プロセス23、デバッガ・プロセス24と同様な作用を行うので、上記方法と同様な効果が得られる。 [0053] Further, in the apparatus of the present invention, a database server, an application, a pseudo database server means, the debugger means, said database server process 21, the application process 22, the pseudo-database server process 23, the debugger process 24 since the same operation, the same effect as the above method is obtained.

【0054】 [0054]

【実施例】以下、図面を参照しながら本発明の実施例を説明する。 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図2は、クライアント/サーバ形態のデータベース・システムであって、データベースサーバ34に対してトランザクションの実行を依頼するクライアント・プロセスとして動作するアプリケーション32が同一のサーバマシン30内に実装されるシステムの一構成例を示す図である。 Figure 2 is a client / a server embodiment database systems, one system application 32 that operates as a client process for requesting execution of a transaction to the database server 34 is implemented on the same server machine 30 it is a diagram illustrating a configuration example.

【0055】このサーバマシン30は、例えばワークステーション等から成り、ユーザがデバッガ31を起動して被テスト対象のアプリケーション32をテストするための端末50が接続されている。 [0055] The server machine 30, for example, a work station, a user terminal 50 to test the application 32 of the test to start the debugger 31 is connected.

【0056】該デバッガ31は、デバッグ環境ファイル60に格納されているデバッグ環境情報を読み出して、 [0056] The debugger 31 reads the debugging environment information stored in the debug environment file 60,
アプリケーション32のプロセスを生成する。 To generate a process of the application 32. また、これ以外にも、端末50からオペレータの入力したデバッグ・コマンドを受け取り、該デバッグ・コマンドを解釈して、疑似データベースサーバ33のプロセス生成を行い、疑似データベースサーバ33に各種デバッグ操作を依頼する。 In addition to this, receives the debug command inputted by the operator from the terminal 50 interprets the debug command, performs a process generation of the pseudo-database server 33, and requests various debug operations to the pseudo database server 33 .

【0057】疑似データベースサーバ33は、宛先定義ファイル80からデータベースサーバ34のサービス名とプロセス間通信用の宛先情報、さらに該データベースサーバ34とプロセス間通信を行うための通信手順(通信プロトコル)を読み出し、データベースサーバ34及びアプリケーション32とコネクションを確立する。 [0057] Pseudo database server 33 reads a service name and interprocess destination information for communication of the database server 34 from the destination definition file 80, the communication procedure for further communication between the database server 34 and process (communication protocol) , establish a database server 34 and application 32 and connection. そして、これらとメッセージ(電文)通信を行い、アプリケーション32からトランザクション開始要求のメッセージを受信すると、データベースサーバ34に対してトランザクション開始要求メッセージを送信する。 Then, make these and message (message) communication, when receiving a message of a transaction start request from the application 32, it transmits a transaction start request message to the database server 34. そして、これ以後、アプリケーション32からデータベース40に対するデータベース操作要求のメッセージを受信する毎に、該データベース操作命令を取り出しこれをデータベースサーバ34へ送信する。 Then, Hereafter, whenever receiving a message database operation request from the application 32 to the database 40, and transmits the taken out the database operation instruction to the database server 34. また、デバッグ環境ファイル60内のデバッグ情報またはデバッガ31から受信するメッセージにログ取得を指示するコマンドがあったら、データベースサーバ34に対し送信するデータベース操作処理要求のメッセージをテスト結果ログファイル70にロギングする。 Further, if there is a command that instructs the log acquisition to messages received from the debug information or debugger 31 of the debug environment file 60, to log messages database operations processing requests sent to the database server 34 the test result log file 70 . また、該メッセージに対するデータベースサーバ34からの応答メッセージも該ログファイル70にロギングする。 Also logged in the log file 70 response message from the database server 34 for the message. また、さらに、デバッグ環境ファイル60にトランザクションのアボート(abor In addition, further, the debug environment file 60 to the transaction abort (abor
t)を指定するデバッグ環境情報が設定されていたらアプリケーション32から受信するトランザクション終了要求をロールバック処理要求に変更してデータベースサーバ34に送信する。 And it transmits to the database server 34 the transaction end request received from the debug environment information application when I set 32 ​​to specify t) by changing the rollback request. そして、さらに、デバッグ環境ファイル60内のデバッグ環境情報またはデバッガ31からのデバッグコマンドの指定によって、データベースサーバ34からのアプリケーション32によって発行されたデータベース操作命令の実行結果を示す復帰コード(復帰情報)を所定の値に変更する旨の指定がなされていた場合には、該復帰コードを該指定値に変更してアプリケーション32に送信する。 And further, by specifying the debug command from the debug environment information or the debugger 31 of the debug environment file 60, the return code indicating the execution result of a database manipulation instruction issued by the application 32 from the database server 34 (return information) if the specified instruction to change to a predetermined value it has been made is transmitted to the application 32 to change the return code to the finger value.

【0058】このように、疑似データベースサーバ33 [0058] In this way, the pseudo-database server 33
はアプリケーション32またはデバッガ31とデータベースサーバ34との間に介在し、データベースサーバ3 Interposed between the application 32 or the debugger 31 and the database server 34, database server 3
4に対するクライアントとして動作する。 To operate as a client to the 4. すなわち、アプリケーション32及びデバッガ31からのデータベースサーバ34に対するアクセスは疑似データベースサーバ33を経由して行われる。 That is, the access to the database server 34 from the application 32 and debugger 31 are performed via the pseudo database server 33. したがって、データベースサーバ34は、実際はアプリケーション32とデバッガ31という2つのクライアントからデータベース操作要求を受け付けるにもかかわらず、疑似データベースサーバ33という1つのクライアントから該要求を受け付けているものとしてトランザクション管理を行う。 Thus, the database server 34 is actually despite receiving a database operation request from two clients that the application 32 and the debugger 31 performs transaction management as being accepted the request from one client as the pseudo database server 33.

【0059】したがって、アプリケーション32とデバッガ31は同一トランザクション内で同一データベース40に対しアクセスでき、デバッガ31はトランザクション内でアプリケーション32の実行を制御することにより、該トランザクション中において該アプリケーション32により更新されたデータベース40の内容の参照や、自らデータベース40を更新する操作も行うことが可能となる。 [0059] Thus, the application 32 and the debugger 31 can be accessed for the same database 40 in the same transaction, the debugger 31 by controlling the execution of the application 32 in the transaction, which is updated by the application 32 during the transaction reference and the contents of the database 40, it is possible to also be carried out operation to update its own database 40. これが、本実施例の特徴である。 This is a feature of the present embodiment.

【0060】データベースサーバ(データベース管理システム)34は、疑似データベースサーバ33から受信するSQL(Structured Query Language)等のデータベース操作用の言語で記述されたデータベース操作命令を解釈・実行して、該命令によって指示されるデータベース40の参照及び更新を行う。 [0060] Database server (database management system) 34, interprets the database operating instruction described in a language for database operations, such as SQL (Structured Query Language) to receive from the pseudo database server 33, running by instruction performs reference and update the database 40 indicated. そして、その実行結果を応答メッセージにより疑似データベースサーバ33に通知する。 Then notifies the pseudo database server 33 by the response message and the execution result.

【0061】次に、図3はデバッグ環境ファイル60の内容を示す図である。 Next, FIG. 3 is a diagram showing the contents of the debug environment file 60. このファイル60には、デバッグ環境及びデバッグ動作条件等を指定するデバッグ情報が格納されている。 The file 60, debug information specifying the debug environment and debug operation conditions and the like are stored.

【0062】まず、先頭行の“dvsv-sim”という記述は、疑似データベースサーバ33のサービス名である。 [0062] First, the statement that "dvsv-sim" of the first line is a service name of the pseudo-database server 33.
また、同行の“appl=・・・”という記述の右辺にはテスト対象のアプリケーション名すなわち本実施例においてはアプリケーション32の名称を記述する。 In the application name That embodiment of the bank's "appl = ···" tested in the right side of the statement that describes the name of the application 32.

【0063】次に、“tran=・・・”という記述の右辺には該テスト対象のアプリケーション32のトランザクションをコミット(commit) またはアボート(abort) するかを指定する。 [0063] Then, in the right-hand side of the statement that "tran = ···" to specify whether to commit (commit) or abort (abort) the transaction of the test subject of the application 32. 尚、コミットとは、不図示のメモリに記録しておいた更新ログを実際に実行してデータベース40の実更新を行うことである。 Note that the commit is to perform actual updating of the database 40 to actually perform the update log that has been recorded in a memory (not shown). 一方、アボートとは、 On the other hand, is an abort,
該更新ログを無効としてデータベース40の実更新を行わないことである。 It is that it does not perform the actual update of the database 40 as invalid the update log. したがって、アボートの場合にはデータベース40の内容はトランザクション開始以前の状態に保たれる。 Therefore, the contents of the database 40 in the case of an abort is kept in the transaction initiation previous state.

【0064】また、続く、“log =・・・”という記述の右辺にはテストデータすなわちアプリケーション32 [0064] In addition, followed by, in the right-hand side of the statement that "log = ···" test data that is application 32
の発行するデータベース操作命令及びデータベースサーバ34からの該演算命令に対する応答(処理結果)等をロギングするか否かを指定する。 Specifying whether to log the response (processing result), and the like for the operation instruction from issuing database operating instruction and a database server 34 to the.

【0065】さらに、次の“rc=( ・・・, ・・・)” [0065] In addition, the following "rc = (···, ···)"
の記述は、疑似データベースサーバ(疑似DBサーバ) Description of the pseudo database server (pseudo DB server)
33がアプリケーション32から発行されるデータベース操作命令の実行に対するデータベースサーバ33からの復帰情報の変更値(シミュレート値)を指定する。 33 specifies the change value of the return information from the database server 33 for performing a database operation instruction issued from the application 32 (predicted value).

【0066】尚、上記データ操作命令は、例えば、データベース40がオブジェクト指向データベースである場合などにおいては、データデータサーバ(DBMS)3 [0066] Incidentally, the data manipulation instruction, for example, in a case database 40 is an object-oriented database, data data server (DBMS) 3
4がAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)として提供する関数であり、この場合には、上記復帰情報は関数値となる。 4 is a function that provides as an API (Application Programming Interface), in this case, the return information is a function value. 一方、データベース40が、例えば、リレーショナル・データベースであった場合には、上記データ操作命令はSQL文等により記述される。 On the other hand, the database 40, for example, if there were a relational database, the data manipulation instruction is described by such SQL statements.

【0067】次に、図4は、宛先定義ファイル80の内容の一例を示す図である。 Next, FIG. 4 is a diagram showing an example of the contents of the destination definition file 80. 同図において、「dserver ” In the figure, "dserver"
193.431.23.45 ”102 :tcp 」の記述は、データベースサーバ34のサービス名が“dserver ”であり、IPアドレスとして“ 193.431.23.45”を、ポート番号(アドレス)として“102”を用いてTLI(Transport La 193.431.23.45 "102: Description of tcp", the service name of the database server 34 "" a, as an IP address "dserver" a, as the port number (address) "193.431.23.45 using 102" TLI (Transport La
yer Interface)またはソケットを利用したTCP/IP yer Interface) or TCP / IP using the sockets
プロトコルによりデータベースサーバ34とプロセス間通信を行うことを指定している。 And specifies that the database server 34 and inter-process communication by the protocol.

【0068】一方、「dbsv-sim”193.431.23.45 ”:10 [0068] On the other hand, "dbsv-sim" 193.431.23.45 ": 10
3 :tcp 」の記述は、疑似データベースサーバ33のサービス名が“dbsv-sim”であり、IPアドレスとして” 3: Description of the tcp ", the service name of the pseudo-database server 33 is" dbsv-sim ", as the IP address"
193.431.23.45 ”を、ポート番号(アドレス)として“103”を用いてTLIまたはソケットを利用したT 193.431.23.45 "and, as a port number (address)" using the TLI or socket using the 103 "T
CP/IPプロトコルにより疑似データベースサーバ3 The pseudo-database server 3 by the CP / IP protocol
3とプロセス間通信を行うことを指定している。 And specifies that the 3 and interprocess communication.

【0069】すなわち、この例においては、IPアドレスとポート番号がプロセス間通信を行うために必要となる宛先情報となっている。 [0069] That is, in this example, IP address, and port number are destined information required for communication between processes. 疑似データベースサーバ33 The pseudo-database server 33
は、宛先定義ファイル80を参照して、データベースサーバ34とのコネクションを確立する。 Refers to the destination definition file 80 and establishes a connection with the database server 34. また、デバッガ31は該宛先定義ファイル80を参照して疑似データベースサーバ33とコネクションを確立する。 Also, the debugger 31 to establish a pseudo-database server 33 and connections with reference to the destination definition file 80. また、アプリケーション32は、宛先定義ファイル80を参照してデータベースサーバ34とのコネクションを確立する。 The application 32 establishes a connection with the database server 34 refers to the destination definition file 80.

【0070】テスト結果ログファイル70は、アプリケーション32が疑似データベースサーバ33に対して発行するデータベース40の操作命令及び該操作命令に対応するデータベースサーバ34からの応答結果等がロギングされるファイルであり、該ロギングは疑似データベースサーバ32によって行われる。 [0070] Test result log file 70 is a file response results and the like from the database server 34 that the application 32 corresponding to the operation instruction and the manipulation instruction database 40 issued to the pseudo database server 33 is logged, the logging is performed by the pseudo-database server 32. そして、このファイル70内にロギングされたテスト結果は、端末50のモニタにリアルタイムで表示されたり、不図示のプリンタにダンプ出力される。 Then, the file 70 logged test results within the or displayed in real time on the monitor of the terminal 50, are dumped to a printer (not shown).

【0071】次に、図5は、本実施例におけるアプリケーション32のデバッグ方法の全体の流れを説明する図である。 Next, FIG. 5 is a diagram for explaining an overall flow of the debugging of the application 32 in the present embodiment. 同図において、デバッガプロセス31P、アプリケーションプロセス32P、疑似DBサーバプロセス33P、及びDBサーバプロセス34Pは、それぞれ前記デバッガ31、アプリケーション32、疑似データベースサーバ33、及びデータベースサーバ34の各プログラムのサーバマシン30上での実行形態であるプロセスである。 In the figure, the debugger process @ 31 P, application process @ 32 P, the pseudo-DB server process 33P, and DB server process 34P, the respectively debugger 31, the application 32, the server machine 30 for each program of the pseudo database server 33 and a database server 34, the upper is a process which is performed form at.

【0072】ユーザは、アプリケーション32のデバッグを、端末50からデバッガ31に対するコマンドを入力することにより開始する。 [0072] The user debugging of application 32 begins by inputting the command for the debugger 31 from the terminal 50. まず、ユーザは端末50からデバッガ31起動用のコマンド(“ndbx appl ”)を入力する(図5の(1) )。 First, the user inputs a command for the debugger 31 starts from the terminal 50 ( "ndbx appl") (in FIG. 5 (1)). これにより、デバッガプロセス31P(ndbxプロセス)が生成・起動される(同図の Thus, debugger process @ 31 P (Ndbx process) is generated and activated (in the figure
(2) )。 (2)).

【0073】続いて、ブレークポイントを設定するためのコマンド(“stop appl.kc:200”)を、端末50から入力する(同図の(3) )。 [0073] Subsequently, a command to set a breakpoint ( "stop appl.kc: 200"), and inputs from the terminal 50 (in FIG. 3). これにより、デバッガプロセス31Pは、アプリケーションプロセス32Pに対し該デバッグコマンドにより指定されたブレークポイントを設定する(同図の(4) )。 Thus, debugger process 31P is for the application process 32P setting a break point specified by the debug command (in FIG. 4). 尚、このブレークポイントの設定は1個のみに限定されず複数設定してよい。 The setting of the breakpoint may be multiple set is not limited only to one.

【0074】次に、アプリケーション32を実行させるためのコマンド(“run ”)を端末50から入力する(同図の(5) )。 Next, enter a command ( "the run") for executing the application 32 from the terminal 50 (in FIG. 5). デバッガプロセス31Pはこのコマンドを入力すると、デバッグ環境ファイル60を参照して、まず疑似DBサーバプロセス(疑似データベースサーバ・プロセス)33Pを生成し(同図の(6) )、次に、所定の環境変数に疑似DBサーバプロセス33Pのアドレス(ポート番号)を設定してからアプリケーションプロセス32Pを生成する(同図の(7) )。 When the debugger process 31P to enter this command refers to the debug environment file 60, first, the pseudo-DB server process generates a (pseudo database server process) 33P (in FIG (6)), then a given environment generating an application process 32P after setting a pseudo DB server process 33P address (port number) to a variable (in FIG 7).

【0075】これにより、アプリケーションプロセス3 [0075] As a result, the application process 3
2Pは実行を開始し(同図の(8) )、上記環境変数から疑似DBサーバプロセス33Pのアドレスを取り出し、 2P starts running (in the figure (8)), retrieves the address of the pseudo DB server process 33P from the environment variable,
疑似DBサーバプロセス33Pとプロセス間通信を行うためのコネクションを確立する。 Establishing a connection for performing a pseudo DB between server process 33P and process communication. そして、トランザクション開始の宣言文のメッセージを疑似DBサーバプロセス33Pに送信する(同図の(9) )。 Then, it transmits a message declaration statements in the transaction initiated pseudo DB server process 33P (in FIG. 9). 疑似DBサーバプロセス33Pは、該メッセージを受け取るとこれをDB Pseudo DB server process 33P is it receives the message DB
サーバプロセス34Pに送信する(同図の(10))。 To the server process 34P (in FIG. 10). 尚、 still,
疑似DBサーバプロセス33Pは、生成された際に宛先定義ファイル80を参照してDBサーバプロセス34P Pseudo DB server process 33P is, DB server process 34P when generated with reference to the destination definition file 80
とプロセス間通信を行うためのコネクション確立する。 That connection establishment for performing inter-process communication.

【0076】続いて、アプリケーションプロセス32P [0076] Subsequently, the application process 32P
は、データベース40に対する更新命令をメッセージにより疑似DBサーバプロセス33Pに送信する(同図の Sends the update command to the database 40 by the message to the pseudo DB server process 33P (in the figure
(11))。 (11)). これを受けて疑似DBサーバプロセス33P Pseudo-DB server process 33P In response to this
は、該データ更新命令をDBサーバプロセス34Pへメッセージにより送信する(同図の(12))。 Sends the message to the data update instruction to the DB server process 34P (in FIG. 12). 該DBサーバプロセス34Pは該命令を解釈・実行し、データベース40に対し当該データ更新処理を行う。 The DB server process 34P interprets and execute the instruction, performs the data updating process with respect to the database 40. また、図示してはいないが、DBサーバプロセス34Pはこのデータ更新結果(正常終了かまたは異状終了など)を疑似DBサーバプロセス33Pに返す。 Further, although not shown, it returns the DB server process 34P This data update result (such as normal end or abnormal termination) the pseudo-DB server process 33P. 疑似DBサーバプロセス3 Pseudo-DB server process 3
3PはこのDBサーバプロセス34Pの応答結果を復帰情報としてアプリケーションプロセス32Pに送信する。 3P sends a return information response result of the DB server process 34P to the application process @ 32 P. また、疑似DBサーバプロセス33Pは、デバッグ環境ファイル60内にログ取得の指定が記述されていた場合にはこのデータベース40の更新についてのログ(アプリケーションプロセス32Pから受信したデータ更新命令及びDBサーバプロセス34Pからの該命令の実行について応答結果)をテスト結果ログファイル70 Further, the pseudo-DB server process 33P, the debug environment if the specified logging has been described in the file 60 in the data update instruction has been received from the log (application process 32P for updating the data base 40 and DB server process 34P the response result) test results for the execution of the instruction from the log file 70
に格納する。 And stores it in.

【0077】尚、図示してはいないが、アプリケーションプロセス32Pは、ブレークポイントで停止する(同図の(13))まで、記述されているデータベース操作命令を疑似DBサーバプロセス33Pに対し送信し続ける。 [0077] Incidentally, although not shown, the application process 32P is stopped at a breakpoint until (in the figure (13)), continues to transmit a database manipulation commands described with respect to the pseudo-DB server process 33P .
そして、各命令毎に上記のような動作が繰り返される。 The above-described operation is repeated for each instruction.
また、疑似DBサーバプロセス33Pは、デバッグ環境ファイル60内に“rc=( , ) ”の形式で指定されているデータベース操作命令に対しては、DBサーバプロセス34Pから受信する応答結果を該“rc=( , Further, the pseudo-DB server process 33P is the debug environment file 60 in "rc = (,)" for the database manipulation instructions that are specified in the form, the response result received from the DB server process 34P "rc = (,
) ”の記述によって指定されている復帰値に変更してアプリケーションプロセス32Pに返す。 ) Was changed to the reset value that is specified by the description for "returning to the application process @ 32 P.

【0078】次に、アプリケーションプロセス32Pがブレークポイントで停止すると、その旨が端末50のモニタに表示され、オペレータは端末50から次のデバッグコマンドを入力することが可能となる。 [0078] Next, when the application process 32P is stopped at a breakpoint, the fact is displayed on the monitor of the terminal 50, the operator becomes possible from the terminal 50 to enter the following debugging command. ユーザは、このとき、例えばデータベース40のあるデータの表示を指示するコマンド(“print ・・・・”)を入力する(同図の(14))。 The user at this time, for example, entering a command ( "print · · · ·") for instructing the display of data that the database 40 (in FIG. 14). デバッガプロセス31Pは、該データ表示コマンドを入力すると、それによって指定されているデータの参照を疑似DBサーバプロセス33Pに依頼する(同図の(15))。 Debugger process 31P is, entering the data display command, requests the pseudo DB server process 33P references data designated by it (in the figure (15)).

【0079】疑似DBサーバプロセス33Pは、この依頼を受信すると、これをDBサーバプロセス34Pが理解できる形式に変更してDBサーバプロセス34Pに送信する(同図の(16))。 [0079] Pseudo DB server process 33P receives this request, which was changed to the DB server process format 34P can understand transmits to DB server process 34P (in FIG. 16). 図示してはいないが、これを受けてDBサーバプロセス34Pは指定されたデータをデータベース40から読み出して、疑似DBサーバプロセス33Pに送信する。 Although not shown, the DB server process 34P receives this reads the designated data from the database 40, and transmits the pseudo-DB server process 33P. そして、このデータはさらにDB Then, this data further DB
サーバプロセス33Pからデバッガプロセス31Pに送信され、デバッガプロセス31Pは該参照データを端末50のモニタに表示させる。 It sent from the server process 33P to the debugger process 31P, debugger process 31P To display the reference data on the monitor of the terminal 50. 以上のデータ参照についてのログも、ロギング指定がデバッグ環境ファイル60内でなされていた場合には、疑似DBサーバプロセス33 Or log for data references also when logging designation has been made in the debug environment file within 60 pseudo DB server process 33
Pによりテスト結果ログファイル70にロギングされる。 You are logged in test result log file 70 by P.

【0080】尚、アプリケーションプロセス32Pから発行されるデータベース操作命令に対するDBサーバプロセス34Pからの復帰値を、疑似DBサーバプロセス33Pが別の値に変更してアプリケーションプロセス3 [0080] Incidentally, the return value from the DB server process 34P to a database manipulation instruction issued from the application process @ 32 P, application process 3 pseudo DB server process 33P is changed to another value
2Pに返すシミュレーション指定は、端末50からデバッグコマンド(“simrc ”)を入力することによっても可能である。 Simulation designation returned to 2P is possible by entering the debug command ( "simrc") from the terminal 50.

【0081】図6は、このデバッグコマンドの入力形式の一例を示す図である。 [0081] Figure 6 is a diagram showing an example of an input form of the debug command. “simrc ”はコマンド名、“rc "Simrc" is the command name, "rc
1”, “rc 2”は復帰値が設定されるラベル名であり、 1 "," rc 2 "is the label name of the return value is set,
該ラベル名を用いて、“rc 1=A”,“rc 2=B”という形式でシミュレートする復帰値“A”,“B”を指定する。 By using the label name, "rc 1 = A", "rc 2 = B" return value to simulate in the form of "A", designates a "B". 尚、指定する復帰値の個数は、2個に限定されるものではなく1個のみであってもよく、さらに多い個数であってもよい。 The number of the return value to be specified may be only one is not limited to two, but may be a still larger number.

【0082】また、このsimrc コマンドにおいては、上記復帰値の変更を停止する指定も可能である。 [0082] Further, in this simrc command, it is also specified to stop changing the reset value. この指定がなされると、以後、復帰値のシミュレートは行われなくなる。 If this designation is made, and thereafter, simulation of the return value is not performed. また、ユーザが端末50から入力可能なデバッグコマンドとしては、上記のもの以外に、"next","se Further, as the input can debug command user from the terminal 50, in addition to those described above, "next", "se
t","quit" などがある。 t "," there is such quit ".

【0083】"next"は、ブレークポイントの次の行に記述されているデータベース操作命令を実行させるコマンドである。 [0083] "next" is a command to be executed by the database operation instructions that are described in the following line of the break point. 上記simrc コマンドの入力は、通常、このne The input of the simrc command, usually, this ne
xtコマンドの入力前に行う。 Carried out prior to the input of the xt command. これにより、上記ブレークポイントの次行に記述されているデータベース操作命令の実行によるDBサーバプロセス34Pからの復帰コードが、擬似DBサーバプロセス33Pによって上記simr Thus, the return code from the DB server process 34P by performing a database operation commands written in the next line of the breakpoint, the simr by the pseudo DB server process 33P
c コマンドによって指定された復帰コードに変換されて、アプリケーションプロセス32Pに返される。 Is converted to the specified return code by c command, it is returned to the application process @ 32 P. この this
simrc コマンドは、デバッグ環境ファイル60に設定される同等の機能を有する上記"rc =( , )"の記述よりも優先される。 simrc command the functionally equivalent set in the debug environment file 60 "rc = (,)" is given priority over description.

【0084】また、"set" はデータベース40の任意のレコードの更新を指示するコマンドである。 [0084] In addition, "set" is a command to instruct the update of any of the records in the database 40. さらに、"q In addition, "q
uit"はデバッガプロセス31Pの終了を指示するコマンドである。 uit "is a command that instructs the end of the debugger process 31P.

【0085】次に、上記のようにして、アプリケーションプロセス32Pから各種データベース操作命令が発行され、データベース40の更新・参照が行われた後、アプリケーションプロセス32Pが擬似DBサーバプロセス33Pに対しトランザクションの終了を依頼すると(同図の(17))、擬似DBサーバプロセス33Pはデバッグ環境ファイル60にトランザクションのアボート指定がなされていた場合、DBサーバプロセス34Pにロールバック処理を依頼する。 Next, as described above, various database manipulation commands from the application process 32P is issued, after the update and reference of the database 40 has been performed, completion of the transaction application process 32P Whereas pseudo DB server process 33P when requesting (of FIG 17), pseudo DB server process 33P If abort specified transaction has been made to the debug environment file 60, and requests a rollback process to DB server process 34P. これを受けてDBサーバプロセス34Pはデータベース40の内容を該トランザクションの開始前の状態に復元させる。 DB server process receives this 34P is to restore the contents of the database 40 to the state before the start of the transaction.

【0086】このように、デバッグ環境ファイル60にトランザクションのアボート指定を設定しておくことにより、アプリケーション32のデバッグ時において、データベース40を更新した場合でも、該デバッグ終了時に該データベース40の内容をデバッグ開始前の状態に戻すことができる。 [0086] debug this manner, by setting the abort specified transaction debug environment file 60, at the time of debugging an application 32, of updating a database 40, of the database 40 at the exit from debug contents it can be returned to the state prior to the start. このため、データベース40が他のテスト中のアプリケーションによって破壊されてしまうことを考慮する必要がなくなり、該データベース40を複数のアプリケーションでテストに共用できる。 Therefore, it becomes unnecessary to consider the database 40 is broken by an application in another test, it can be shared to test the database 40 by a plurality of applications.

【0087】また、アプリケーションプロセス32Pから発行されるデータベース操作命令の復帰コードを、疑似DBサーバプロセス33Pによって所望の値に変更して該アプリケーションプロセス32Pに返すことができるので、アプリケーション32の一部をデバッグ用に変更することなく、データベース40やDBMS(DBサーバプロセス34P)等に異常が発生した場合に対するアプリケーション32側での処理のテストを容易に行うことができる。 [0087] Furthermore, the return code of the database manipulation instruction issued from the application process 32P, it is possible to return to the application process 32P is changed to a desired value by the pseudo-DB server process 33P, some applications 32 without changing for debugging, it is possible to easily test operations on the application 32 side with respect to the case where the abnormality in the database 40 and DBMS (DB server process 34P) or the like occurs.

【0088】さらに、デバッグ担当者はデバッガ31を利用して、端末50の操作により、アプリケーションプロセス32Pがトランザクション中に更新したデータベース40の内容を確認できる。 [0088] In addition, debugging personnel using the debugger 31, by the operation of the terminal 50, the application process 32P can confirm the contents of the database 40 has been updated during the transaction. また該トランザクション実行中にアプリケーションプロセス32Pが参照・更新するデータを、該アプリケーションプロセス32Pがそれらの処理を実行する前に所望の値に設定することもできる。 The data application process 32P references and updated during the execution of the transaction, the application process 32P can also be set to a desired value before performing their processing. このため、アプリケーション32のデバッグを効率良く行うことができる。 Therefore, it is possible to debug the application 32 efficiently. また、DBMS(データベースサーバ34)の開発者も、トランザクション中においてアプリケーションプロセス32Pからの依頼に対するDBサーバプロセス34Pの処理結果(データベース4 Developers of DBMS (database server 34) also, DB server process 34P processing result for the request from the application process 32P during a transaction (database 4
0の更新結果)を確認できるので、DBMSのデバッグを効率良く行うことができる。 It is possible to check the 0 update result of), it can be carried out efficiently debug of DBMS. また、DBサーバプロセス34Pがデータベース40を誤って更新した場合でも、トランザクション中において該更新データを正しく修正できるので、以後のデバッグも続行でき、データベースシステムを効率良くデバッグすることができる。 Further, even when the DB server process 34P has updated incorrectly database 40, it is possible to properly modify the update data during a transaction, subsequent debugging also can continue, it is possible to efficiently debug the database system.

【0089】次に、上記のようなデバッグ操作を実現するデバッガプロセス31Pの動作を図7及び図8のフローチャートを参照しながら説明する。 [0089] Next, a description will be an operation of the debugger process 31P to realize debugging operations as described above with reference to the flowcharts of FIGS. デバッガプロセス31Pは起動されると、まず初期化処理を行う。 When the debugger process 31P is activated, an initialization process is carried out first. すなわち、まず、デバッグ環境ファイル60をオープンして、 That is, first, to open the debug environment file 60,
該ファイル60の内容を読み出す。 Read the contents of the file 60. そして、該内容により指定された動作環境情報を不図示の主記憶上に作成した制御表に展開するなどの処理を行う(S1)。 Then, the processing such as developing operating environment information designated by the contents of the control table created in the main memory (not shown) (S1).

【0090】そして、端末50からのコマンド入力待ちとなる(S2)。 [0090] Then, the command input waiting from the terminal 50 (S2). その後、端末50から入力されたコマンドを受信すると、該コマンドを解析・実行する(S Then, upon receiving the commands entered from the terminal 50, analyzing and executing the commands (S
3)。 3). まず、stopコマンドの場合には該コマンドにより指定されたアプリケーションプロセス32Pのアドレスにブレークポイント(中断点)を設定する(S4)。 First, in the case of stop command to set a breakpoint (breakpoint) to the address of the application process 32P designated by the command (S4).

【0091】また、run コマンドの場合には、以下の〜の処理を行う(S5)。 [0091] In addition, in the case of a run command performs a process of - of the following (S5). 制御表を参照して、疑似デバッグベースサーバ33 Refers to the control table, the pseudo-debug-based server 33
のサービス名"ndsv-sim"を求め、このサービス名をコマンドとしてシェルに実行させ疑似DBサーバプロセス3 Determine the service name "ndsv-sim", the pseudo-DB server process 3 to execute the shell this service name as command
3Pを生成・起動させる。 Generate a 3P · to start.

【0092】 次に、宛先定義ファイル80を参照して、該ファイル80から疑似DBサーバプロセス33P Next, with reference to the destination definition file 80, the pseudo-DB server process from the file 80 33P
のポート番号を求め、これを所定の環境変数に設定する。 Determine the port number, set this to a given environment variable. そして制御表を参照してアプリケーションプロセス32Pを生成する。 And generate the application process 32P refers to the control table.

【0093】 宛先定義ファイル80を参照して、疑似DBサーバプロセス33Pのポート番号を求め、これを用いて、TLIを利用したTCPプロトコルにより該疑似DBサーバプロセス33Pとコネクションを確立する。 [0093] Referring to destination definition file 80, obtains a port number of the pseudo-DB server process 33P, and used to establish a 該疑 similar DB server process 33P and connection by TCP protocol using TLI. 一方、simrc コマンドの場合には、以下の〜の処理を行う(S6)。 On the other hand, in the case of simrc command performs the processing of ~ below (S6).

【0094】 疑似DBサーバプロセス33Pへ前記復帰コード(復帰情報)を該コマンドにより指定された値に変更するように依頼する。 [0094] The pseudo-DB server process 33P to the return code (return information) for requesting to change to a value specified by the command. 疑似DBサーバプロセス33Pから応答を待ち合わせる。 It waits for a response from the pseudo-DB server process 33P.

【0095】 該応答を受信したら、この応答メッセージを端末50に送信し、該端末50のモニタ画面に該応答メッセージを表示させる。 [0095] Upon receiving the response, sending the response message to the terminal 50, and displays the response message on the monitor screen of the terminal 50. また、print コマンドなら疑似DBサーバプロセス33 In addition, pseudo if the print command DB server process 33
Pへ該コマンドにより指定されたデータベース40のレコードの参照を依頼し、その後上記simrc コマンドのときの、と同様の処理を行う(S7)。 Requests the reference records in the database 40 specified by the command to the P, performed subsequent time of the simrc command, the same processing as the (S7).

【0096】さらに、set コマンドの場合には、疑似D [0096] In addition, in the case of the set command, pseudo D
Bサーバプロセス33Pへ該コマンドにより指定されたデータベース40のレコードの更新を依頼し、その後上記simrc コマンドのときの、と同様の処理を行う(S8)。 Requesting an update of the B server process to 33P database 40 specified by the command record, perform subsequent time of the simrc command, the same processing as the (S8).

【0097】このように、上記ステップS6〜S8においては、疑似DBサーバプロセス33Pへの依頼後、該プロセス33Pからの応答を待ち合わせる。 [0097] Thus, in the step S6 to S8, after a request to the pseudo DB server process 33P, it waits for a response from the process 33P. そして応答を受信すると、端末50のモニタに該応答メッセージの内容を表示させる。 And when receiving a response, to display the contents of the response message on the monitor of the terminal 50. したがって、print コマンドの場合にはデータベース40の指定されたレコードの内容が端末50に画面表示される。 Therefore, if the print command is the contents of the specified record of the database 40 is displayed on the screen on the terminal 50. すなわち、アプリケーション32のテスト担当者は、トランザクション中において、 In other words, the test person in charge of the application 32, in a transaction,
アプリケーションプロセス32Pにより更新されたレコードの内容を確認できる。 You can confirm the contents of the application process 32P by the updated records. また、set コマンドの場合には、トランザクション中においてデータベース40の指定されたレコードが更新される。 In the case of set command, record specified database 40 during the transaction is updated.

【0098】また、nextコマンドの場合には、アプリケーションプロセス32Pを次の行まで実行させる(S [0098] In the case of next command to execute an application process 32P to the next line (S
9)。 9). 以上のような入力コマンドの解析・実行処理を終了すると、再び前記ステップS2に戻り、端末50からのコマンド入力待ちとなる(S2)。 Upon completion of the analysis and execution processing of the input commands as described above, the process returns to the step S2 again, the command input waiting from the terminal 50 (S2).

【0099】一方デバッガプロセス31P、quitコマンドを入力した場合には、以下に示す〜の処理を行う(S10)。 [0099] On the other hand debugger process @ 31 P, if you enter the quit command, it performs a process of ~ shown below (S10). アプリケーションプロセス32Pに残りの処理を実行させる。 To execute the rest of the process to the application process @ 32 P.

【0100】 疑似DBサーバプロセス33Pとのコネクションを切断する。 [0100] to disconnect the connection with the pseudo-DB server process 33P. アプリケーションプロセス32Pを終了させる。 To terminate the application process 32P. 以上のようなステップS10の処理に続いて、 制御表を回収する。 Following the processing of step S10 as described above, to recover the control table.

【0101】 デバッグ環境ファイル60をクローズする。 [0101] to close the debug environment file 60. 自プロセスの終了処理を行う。 The termination process of its own process. などの終了化処理を行う(S11)。 The termination process, such as (S11).

【0102】次に図9及び図10はアプリケーションプロセス32Pの本発明に係わる要部の動作を説明するフローチャートである。 [0102] Next 9 and 10 are flowcharts for explaining an operation of a main portion according to the present invention the application process @ 32 P. アプリケーションプロセス32P Application process 32P
は、生成されると、まず最初の実行において親プロセスであるデバッガプロセス31Pから継承する前記所定の環境変数にDBサーバプロセス(この場合のDBサーバプロセスは、疑似DBサーバプロセス33PまたはDB , Once generated, first DB server process (DB server process in this case is in the predetermined environmental variables inherited from the parent process debugger process 31P in the first run, the pseudo-DB server process 33P or DB
サーバプロセス34Pのいずれかが該当する)のアドレス(ポート番号)が指定されているか否か判別する(S It determines whether or not any of the server process 34P address of the corresponding) (port number) is designated (S
31)。 31).

【0103】そして、該アドレスが指定されていれば(S31,yes)、該環境変数からそれを読み込み(S32)、このアドレスを用いてDBサーバプロセスとコネクションを確立する(S34)。 [0103] Then, if the address is specified (S31, yes), reads it from the environment variables (S32), establishes a DB server processes and connections using this address (S34).

【0104】一方、上記ステップS31でDBサーバプロセスのアドレスが指定されていなければ(S31,n [0104] On the other hand, if it is not the address specified in the DB server process at step S31 (S31, n
o)、宛先定義ファイル80からDBサーバプロセス3 o), DB server process 3 from the destination definition file 80
4Pのアドレス(ポート番号)を読み込み(S33)、 4P of address (port number) to read the (S33),
該アドレスを用いてDBサーバプロセス34Pとコネクションを確立する(S34)。 Establishing a DB server process 34P and connections by using the address (S34).

【0105】このように、アプリケーションプロセス3 [0105] In this way, the application process 3
2Pは、環境変数に設定されているアドレス(ポート番号)の方を優先して、DBサーバプロセスとのコネクションを確立する。 2P is preferentially towards the address (port number) set in the environment variables, it establishes a connection with the DB server process. 本実施例においては、デバッガプロセス31Pは該環境変数に疑似DBサーバプロセス33P In the present embodiment, debugger process 31P pseudo DB server process 33P to the environment variable
のアドレスを設定するので、デバッグ時においてはアプリケーションプロセス32Pは疑似DBサーバプロセス33PをDBサーバプロセスとみなして、これとの間にコネクションを確立する。 Since setting the address, at the time of debugging the application process 32P pseudo DB server process 33P is regarded as the DB server process, it establishes a connection between this. 一方、システムの実際の稼働時には、アプリケーションプロセス32Pは宛先定義ファイル80に指定されているDBサーバプロセス34P On the other hand, the actual During system operation, DB server process 34P application process 32P is specified in the destination definition file 80
とコネクションを確立する。 And to establish a connection. したがって、アプリケーション32に上記ステップS31〜S34の処理を予め組み込んでおいても、この部分はターゲット・システムに実装する際に変更する必要はない。 Therefore, it is previously incorporated in advance the processing of steps S31~S34 the application 32, this part need not be changed when mounted on the target system.

【0106】次に、アプリケーションプロセス32Pのデータベース処理を説明する。 [0106] Next, a description will be given of database processing of the application process 32P. アプリケーション32の記述に従ってDBサーバプロセスへ依頼するデータベース操作命令のパラメタを作成し(S41)、これにより作成したデータベース操作命令を、上記のようにしてコネクションを確立した疑似DBサーバプロセス33Pまたはサーバプロセス34Pへメッセージ送信する(S4 As described in application 32 creates a parameter database operation instruction requests the DB server process (S41), the database operating instruction created by this, the pseudo-DB server process 33P or server process 34P has established a connection in the manner described above to the message transmission (S4
2)。 2). 上述したように、デバッグ時においては、疑似D As described above, at the time of debugging, the pseudo D
Bサーバプロセス33Pの方とコネクションが確立されるので、このときにはアプリケーションプロセス32P Since people and connections B server process 33P is established, in this case the application process 32P
は疑似DBサーバプロセス33Pに対しデータベース操作を依頼する。 To ask the database operations to the pseudo-DB server process 33P.

【0107】続いて、DBサーバプロセス34Pまたは疑似DBサーバプロセス33Pのいずれか一方のコネクションを確立したDBサーバプロセスから応答メッセージを受信する(S43)。 [0107] Then, receiving a response message from the DB server process establishing the one of the connection DB server process 34P or pseudo DB server process 33P (S43). そして、該メッセージから上記データベース操作命令に対する処理結果を取り出し、 Then, take out the processing result for the database operating instruction from the message,
復帰値が“正常終了”または“異常終了”のいずれを示しているか判別し(S44)、該判別結果に応じて“正常処理”(S45)または“異常処理”(S46)のいずれかを行う。 Return value is "normal end" or "abnormal termination" Determine shows either (S44), performed either "normal processing" (S45) or "abnormality processing" (S46) according to 該判 Results by . そして、この後、不図示の編集プログラムを呼び出して、該処理結果をサーバマシン30の不図示の表示装置または印字装置に出力させる(S47)。 After this, it calls the editing program (not shown), and outputs the processing result to a display device or printer (not shown) of the server machine 30 (S47).

【0108】上記ステップS41〜S47の処理を、データベース操作のイベントが発生する毎に行い、アプリケーション32の終了が指示されると、DBサーバプロセス34Pまたは疑似DBサーバプロセス33Pとのコネクションを切断し、自プロセスを消滅する(S5 [0108] The processes in steps S41 to S47, is performed each time the event database operation occurs, the termination of the application 32 is instructed to disconnect the connection with the DB server process 34P or pseudo DB server process 33P, to extinguish the self-process (S5
1)。 1).

【0109】このように、アプリケーション32は、環境変数または宛先定義ファイル80を参照して、デバッガプロセス31Pによりプロセス生成される場合には疑似DBサーバプロセス33Pに対してデータベース操作の依頼を行い、システム稼働時にエンド・ユーザから起動される場合にはDBサーバプロセス34Pに対してデータベース操作の依頼を行うように動作する。 [0109] Thus, the application 32, by referring to the environment variable or destination definition file 80, performs the requested database operations for the pseudo-DB server process 33P if the process produced by debugger process @ 31 P, system if it is launched from the end user during operation operates to perform a request for a database operation to the DB server process 34P.

【0110】次に、アプリケーションプロセス32Pとデバッガプロセス31Pに対してはサーバとして、DB [0110] Next, as a server for the application process 32P and the debugger process 31P, DB
サーバプロセスに対してクライアントとして動作する疑似DBサーバプロセス33Pの動作を図11乃至図14 Figure The operation of the pseudo-DB server process 33P to operate as a client to the server process 11 to 14
のフローチャートを参照しながら説明する。 It will be described with reference to the flowchart of.

【0111】疑似DBサーバプロセス33Pは、デバッガプロセス31Pにより生成・起動されると、まず初期化処理を行う(S61)。 [0111] Pseudo DB server process 33P, once generated and activated by the debugger process @ 31 P, initializing process is performed first (S61). 該初期化処理は、主に下記の及びの処理から成る。 The initialization process is mainly composed of a processing Oyobi below.

【0112】 デバッグ環境ファイル60をオープンし、該ファイル60からトランザクションをコミットするかアボートするかの指定、テストデータをロギングするか否かの指定、復帰値をシミュレートするデータベース操作命令及びそのシミュレート値などの動作条件の指定データを読み出す。 [0112] debug environment file 60 to open, designation of whether to abort to commit the transaction from the file 60, specify whether or not to log the test data, database operation to simulate the return value of the instruction and the simulated It reads the specified data of operating conditions, such as the value. また宛先定義ファイル80もオープンし、該ファイル80からDBサーバプロセス34P The destination definition file 80 also opens, DB server process 34P from the file 80
のポート番号(アドレス)を読み出す。 Read the port number (address). さらに、テスト結果ログファイル70をオープンし、これを初期化する。 In addition, it opens the test result log file 70, to initialize it.

【0113】 主記憶上に制御表を作成し、該表内に上記で読み出した各種動作条件の指定データを展開する。 [0113] create a control table in the main storage, to deploy the designation data read various operating conditions in the inside said surface. 続いて、該制御表からDBサーバプロセス34Pのアドレスを読み出し、これを用いてDBサーバプロセス34Pとコネクションを確立する(S62)。 Then, reading the address of the DB server process 34P from the control table, to establish a DB server process 34P and connection with this (S62).

【0114】そして、コネクションが確立されているプロセス31P,32P,34Pからの電文(メッセージ)の受信待ちとなる(S63)。 [0114] Then, the process 31P a connection is established, @ 32 P, the reception waiting of the message from the 34P (message) (S63). そして、電文を受信すると、該電文の内容を調べ、それがデバッガプロセス31Pからの自プロセスの終了要求であるか否か判別する(S64)。 When receiving the message, examines the content of the electrolyte statement, it is determined whether or not the end request of the current process from the debugger process 31P (S64). デバッガプロセス31Pは、quitコマンドを入力したときに、この要求を疑似DBサーバプロセス33Pへ送信する。 Debugger process 31P, when you enter the quit command, sends the request to the pseudo-DB server process 33P.

【0115】上記ステップS64において、終了要求でなければ(S64,no)、次に受信電文がアプリケーションプロセス32Pからのものであるか判別し(S6 [0115] In step S64, if an end request (S64, no), then the received message is determined whether those from the application process @ 32 P (S6
5)、そうであれば(S65,yes)、さらに該電文の内容がトランザクション終了要求であるか判別する(S66)。 5), and if so (S65, yes), further the contents of the electric statement to determine whether a transaction end request (S66). そして、トランザクション終了要求以外の要求であれば(S66,no)、制御表を参照してログ取得(ロギング)の指定がなされているか調べ、該指定があればこのアプリケーションプロセス32PからのD Then, if the request other than the transaction termination request (S66, no), with reference to the control table checks whether the specified logging (logging) have been made, D from the application process 32P if there is the designated
Bサーバプロセス34宛の要求をテスト結果ログファイル70にロギングする(S69)。 Logging request B server process 34 destined test results to a log file 70 (S69). そして、この後該要求をDBサーバプロセス34P送信して(S70)、上記ステップS63に戻り再び電文受信待ちとなる。 Then, the request Thereafter sends DB server process 34P (S70), the re-message reception waiting process returns to the step S63.

【0116】このステップS70の処理によりアプリケーションプロセス32Pからのトランザクション開始要求及びデータベース40の参照・更新要求などがDBサーバプロセス34Pへ送信される。 [0116] such as transaction start request and a reference-update request database 40 from the application process 32P is transmitted to the DB server process 34P By the process of step S70. またこれらの要求は、上記ステップS69の処理でテスト結果ログファイル70にロギングされる。 Also these requests are logged in test result log file 70 in the process at step S69.

【0117】一方、上記ステップS66でトランザクション終了要求であると判別すると(S66,yes)、 [0117] On the other hand, when determining that a transaction end request in step S66 (S66, yes),
制御表を参照してトランザクションのアボート指定がなされているかを調べ(S67)、該指定があれば(S6 Refers to the control table Determine abort specified transaction has been made (S67), if there is the designated (S6
7,yes)上記トランザクション要求をロールバック処理要求に変更する(S68)。 7, yes) to change the transaction request to rollback processing request (S68).

【0118】そして、続いて上記ステップS69,S7 [0118] and, followed by the step S69, S7
0の処理を行い、ログ取得の指定があれば該ロールバック処理要求をテスト結果ログファイル70にロギングした後(S69)、さらにそれをDBサーバプロセス34 Performs processing 0, after logging the rollback processing request if specified in the log acquisition test results to a log file 70 (S69), further DB it server process 34
Pへ送信する(S70)。 And transmits it to the P (S70).

【0119】このステップS70の処理により、アプリケーション・プロセス32Pのトランザクションは、D [0119] By the process of step S70, the application process 32P transaction, D
Bサーバプロセス34Pにより無効化される。 It is disabled by B server process 34P. このように、疑似サーバプロセス33Pは、アプリケーションプロセス32Pに対して、あたかもDBサーバプロセス3 Thus, the pseudo-server process 33P, to the application process @ 32 P, as if DB server process 3
4Pであるかのように動作し、該アプリケーションプロセス32PからインタセプトしたDBサーバプロセス3 Behaves as if it were 4P, DB server process 3 was intercepted from the application process 32P
4Pに対するトランザクションの開始/終了要求やデータベース40の参照/更新要求を該DBサーバプロセス34Pに依頼する。 The reference / update request start / end request and database 40 of the transaction for 4P requests to the DB server process 34P. すなわち、DBサーバプロセス34 That, DB server process 34
Pに対してはクライアントとして振る舞う。 For P behaves as a client.

【0120】また、さらに上記ステップS65で受信電文がアプリケーションプロセス32Pからのものではないと判別すると(S65,no)、次に該電文がデバッガプロセス31Pからのものであるか判別する(S7 [0120] In addition, further received message in step S65 it is determined not to be from the application process @ 32 P (S65, no), then the electric statement to determine is from debugger process @ 31 P (S7
1)。 1).

【0121】そして、デバッガプロセス31Pからの電文であれば、その電文にデータベース40に対する参照・更新処理要求のコマンド(print,set 等)が設定されているか否か判別し(S72)、該コマンドであれば(S72,yes)、これをDBサーバプロセス34とのアプリケーション・インタフェース(API)に沿った形式すなわちアプリケーションプロセス32Pが発行するデータベース操作命令と同様の形式に変換する(S [0121] Then, if the message from the debugger process @ 31 P, and determines whether or not the command reference and update process request for the database 40 to the message (print, The set, etc.) is set (S72), in the command if (S72, yes), which is converted into a format similar to a database manipulation instruction issued by the format that application process 32P along the application interface (API) to the DB server process 34 (S
73)。 73). そして、制御表を参照してログ取得の指定があれば、上記変換により得られたデータベース操作命令(データベース40に対する処理要求)をテスト結果ログファイル70にロキングし(S74)、さらにそれをDBサーバプロセス34Pへ送信する(S75)。 If there is reference to the log acquisition specifies control table, Rokingu database operating instruction obtained by the conversion of (processing request to the database 40) test results to a log file 70 (S74), further DB server it and transmits it to the process 34P (S75).

【0122】次に該受信メッセージに対する応答メッセージをDBサーバプロセス34Pから受信すると、制御表を参照してログ取得の指定の有無を調べ、該指定があれば上記応答メッセージをテスト結果ログファイル70 [0122] Turning now to receive a response message for the received message from the DB server process 34P, with reference to the control table checked for designation of logging, if there is the designated the response message test result log file 70
にロギングする(S76)。 Logging in (S76). そして、この後、該応答メッセージ内の処理結果をデバッガプロセス31Pへ送信した後(S77)、上記ステップS63に戻り、再び電文の受信待ちとなる。 Then, after this, after transmitting the processing result of the response message to the debugger process @ 31 P (S77), it returns to step S63, the re-reception waiting message.

【0123】また、上記ステップS72で受信電文にデータベース40の参照・更新処理要求以外のコマンドすなわちsimrc コマンドが設定されていれば(S72,n [0123] Further, if the command i.e. simrc command other than referring to and updating process request database 40 to received message in step S72 is set (S72, n
o)、該simrc コマンドを解析して、DBサーバプロセス34Pからの復帰値を変更するシミュレートを停止する旨の指定がなされているか否か判別する(S78)。 o), by analyzing the simrc command, determines whether or not specify the effect to stop the simulation for changing the return value from the DB server process 34P has been made (S78).
そして、該指定がなされていれば(S78,yes)、 Then, if the designated have been made (S78, yes),
制御表に設定されている全ての変更復帰値情報をクリアした後(S79)、上記simrc コマンドの受信に対応する応答メッセージをデバッガプロセス31Pへ送信して(S80)、上記ステップS63に戻り電文の受信待ちとなる。 After clearing all changes return value information set in the control table (S79), and transmits a response message corresponding to the reception of the simrc command to the debugger process 31P (S80), the message returns to step S63 the reception waiting.

【0124】このように、simrc コマンドにより制御表上の復帰値の変更情報をクリアできるので、デバッグ環境ファイル60に復帰値の変更が指定されているデータベース操作命令を実行する前に、このsimrc コマンドを入力すれば該データベース操作命令における復帰値のシミュレートを無効にできる。 [0124] Thus, it is possible to clear the change information of the return value in the control table by simrc command before executing the database manipulation instruction change of the return value in the debug environment file 60 is specified, this simrc command by entering the can disable simulated return values ​​in the database operating instruction.

【0125】一方、上記ステップS78で復帰値情報の変更停止を指示するsimrc コマンドではない、すなわち図6に示すような形式のsimrc コマンドであれば(S7 [0125] On the other hand, not a simrc command instructing a change stop return value information in the step S78, that is, if the form simrc command as shown in FIG. 6 (S7
8,no)、制御表をクリアした後に該simrc コマンドにより指定された復帰値情報を該制御表に設定する(S 8, no), the return value information designated by the simrc command after clearing the control table set in the control table (S
81)。 81). そして、該simrc コマンドに対する応答をデバッガプロセス31Pへ送信する(S82)。 Then, it transmits a response to the simrc command to the debugger process 31P (S82).

【0126】この動作により、端末50からsimrc コマンドを入力することにより、次行で実行されるアプリケーションプロセス32Pから発行されるデータベース操作命令の復帰値を所望する値に変更できる。 [0126] By this operation, by inputting the simrc command from the terminal 50, it can be changed to a desired value the return value of a database manipulation instruction issued from the application process 32P to be performed on the next line. これにより、例えばデバッグ環境ファイル60に復帰値の変更指定がなされていないデータベース操作命令のエラー処理のテストを行うとき等に有効である。 Thus, for example, it is effective such as when testing the error for a database operating instruction override return value to the debug environment file 60 is not performed. 一方、上記ステップS71で受信電文がデバッガプロセス31Pからのものではない、すなわちDBサーバプロセス34からのものであると判別すると(S71,no)、制御表を参照してDBサーバプロセス34Pからの復帰情報の値を変更する指定がなされているか判別する(S83)。 On the other hand, it is not intended from the debugger process 31P received message in step S71, i.e., return from DB when determining as being from server process 34 (S71, no), DB server process 34P with reference to the control table designation to change the value of the information it is determined whether have been made (S83).

【0127】そして、該復帰値の変更指定があれば(S [0127] and, if there is a change designation of the return value (S
83,yes)、該DBサーバプロセス34Pからの復帰情報の値を、制御表に設定されている値に変更する(S84)。 83, yes), the value of the return information from the DB server process 34P, changing the value set in the control table (S84).

【0128】この変更処理では、次のような処理がなされる。 [0128] In this changing process, the following process is performed. DBサーバプロセス34Pに実行を依頼したデータベース操作命令の復帰情報の値を変更する旨の指示(si DB server process 34P to the value changes to that of the indication of the return information database operation instruction requesting execution (si
mrc コマンド)が、該データベース操作命令をアプリケーションプロセス32Pから受信する直前にデバッガプロセス31Pから通知されていた場合には、デバッグ環境ファイル60の指定よりもこのデバッガプロセス31 mrc command), when being notified by the debugger process 31P immediately before receiving the database operating instruction from the application process 32P, the debugger process 31 than the specified debug environment file 60
Pの指示の方が優先されて、上記復帰情報の値が該指示値に変更される。 Towards P's instructions have priority, the value of the return information is changed to the indicated value. この処理は、アプリケーションプロセス32Pから疑似DBサーバプロセス33Pに対してデータベース操作命令が発行される直前に、端末50から復帰値変更指示のsimrc コマンドが入力されることにより行われる。 This process, just before the database operation instruction is issued from the application process 32P against the pseudo-DB server process 33P, Simrc command return value change instruction from the terminal 50 is performed by the input.

【0129】 一方、デバッガプロセス31Pから復帰情報値の変更指示がないままにDBサーバプロセス3 [0129] On the other hand, DB server process 3 to remain there is no instruction to change the return information value from the debugger process 31P
4Pに対して実行を依頼したデータベース操作命令の復帰情報については、制御表に展開されているデバッグ環境ファイル60に設定された復帰値情報が参照されて、 For resumption information database operation instruction requesting the execution for the 4P, it is referenced the return value information set in the debug environment file 60 that are deployed in the control table,
該指定が有るデータベース操作命令についてはその指定値に該復帰情報の値を変更する。 For database operating instruction which the designation is present to change the value of the return information to the designated value.

【0130】そして、この後、復帰値の変更情報を制御表から消去し(S85)、続いてデバッグ環境ファイル60に指定されている復帰値情報を制御表に設定する(S86)。 [0130] Then, after this, to erase the change information of the return value from the control table (S85), followed by setting the return value information specified in the control table in the debug environment file 60 (S86).

【0131】これにより、制御表に設定されるsimrc コマンドにより指定された復帰値情報は、該コマンドの次に実行されるデータベース操作命令についてのみ有効となる。 [0131] Thus, the return value information specified by simrc command configured to control table is effective only for database operations instruction executed following the command. そして、それ以後のデータベース操作命令に対しては再びデバッグ環境ファイル60に指定されている復帰値情報が有効となる。 Then, the return value information is valid specified in the debug environment file 60 again it against subsequent database manipulation instruction.

【0132】次に、制御表にログ取得の指定があれば、 [0132] Then, if there is a designation of logging in the control table,
DBサーバプロセス34Pからの応答メッセージと変更した復帰情報をテスト結果ログファイル70にロギングする(S87)。 Logging the return information you have changed and the response message from the DB server process 34P to the test result log file 70 (S87). そして、該復帰情報の変更された応答メッセージを自プロセスのメッセージに変換してアプリケーションプロセス32Pへ送信する(S88)。 Then sent to the application process 32P a modified response message of the return information is converted to a message of its own process (S88).

【0133】一方、上記ステップS83で復帰情報の変更指定がないと判別すると(S83,no)、制御表を参照してログ取得の指定の有無を調べ、該指定が有るときのみDBサーバプロセス34Pからの応答メッセージをテスト結果ログファイル70にロギングする(S8 [0133] On the other hand, when determining that there is no change designation return information in step S83 (S83, no), with reference to the control table checked for designation of logging, DB server process 34P only when the designated there logging a response message test results to the log file 70 from the (S8
9)。 9). そして、該応答メッセージを自プロセスのメッセージに変換してアプリケーションプロセス32Pへ送信する(S90)。 Then sent to the application process 32P the response message is converted to a message of its own process (S90).

【0134】上記ステップS88及びS90の処理を終了した後は、前記ステップS63に戻り電文(メッセージ)の受信待ちとなる。 [0134] After completing the processing of the steps S88 and S90 is a reception waiting message (message) back to the step S63. また、上記ステップS64でデバッガプロセス31Pから自プロセスの終了要求を受信した場合には(S64,yes)、DBサーバプロセス34Pとのコネクションを切断し(S91)、次に終了化処理を行う(S92)。 Further, when receiving the termination request of the current process from a debugger process 31P in step S64 (S64, yes), it disconnects the connection with the DB server process 34P (S91), and then performs a termination process (S92 ). 該終了化処理においては、 In the finalization processing,
制御表の回収デバッグ環境ファイル60、宛先定義ファイル80、及びテスト結果ファイル70のクローズなどを行う。 Collecting debug environment file 60 in the control table, it performs such as closing of the destination definition file 80 and the test result file 70,.

【0135】そして、自プロセスを終了する(S9 [0135] and, to end the self-process (S9
3)。 3). このように、疑似DBサーバプロセス33Pは、 In this way, the pseudo-DB server process 33P is,
デバッグ環境ファイル60にトランザクションをアボートする指定がなされているときは、アプリケーションプロセス32Pからトランザクション終了要求(トランザクション終了命令)を受信すると、DBサーバプロセス34Pに対しアボート命令(ロールバック処理)の実行を依頼する。 When designation of aborting the transaction in the debug environment file 60 has been made, request receives the transaction completion request (transaction end instruction) from the application process @ 32 P, the execution of the abort instruction to the DB server process 34P (rollback) to. これにより、DBサーバプロセス34Pはアプリケーションプロセス32Pから発行されたデータベース操作命令の実行により行ったトランザクションのロールバック処理を行い、データベース40を該トランザクションの開始前の状態に戻す。 Thus, DB server process 34P performs rollback processing of transactions carried out by performing a database operation instruction issued from the application process @ 32 P, return the database 40 to the state before the start of the transaction. このため、アプリケーション32のテストを行っても、データベース40の内容は破壊されることはない。 Therefore, even if the test of the application 32, does not contents of the database 40 is destroyed.

【0136】また、疑似DBサーバプロセス33Pは、 [0136] In addition, the pseudo-DB server process 33P is,
デバッグ環境ファイル60に復帰値の変更指定がなされているデータベース操作命令またはアプリケーションプロセス32Pからの実行依頼の直前にデバッガプロセス31Pから復帰値の変更指定の通知があったデータベース操作命令については、DBサーバプロセス34Pからそれらの命令の実行に対する応答メッセージを受信したとき、該応答メッセージ内の上記データベース操作命令の実行結果を示す復帰値を上記指定された値に変更する。 For database operation instruction had database operating instruction or notification of changes specified return value from the debugger process 31P just before execution request from the application process 32P changes specified return value to the debug environment file 60 has been made, DB server when the process 34P receives a response message for the execution of those instructions, to modify the return value indicating the execution result of the database operating instruction of the response message to the value specified above. そして、この変更された復帰値をアプリケーションプロセス32Pに通知する。 Then notifies the changed return value to the application process @ 32 P. このため、アプリケーション32のDBMSから異常復帰した場合に対する処理のテストを、該テストのためにアプリケーション32を変更せずに容易に行うことができる。 Therefore, the test process for the case where the abnormality returned from the DBMS application 32, can be easily performed that without changing the application 32 for the test.

【0137】さらに、疑似DBサーバプロセス33PはDBサーバプロセス34Pに対するクライアント・プロセスとして動作し、アプリケーションプロセス32Pとデバッガプロセス31Pのそれぞれから依頼されるデータベース操作命令を同一トランザクション内でDBサーバプロセス34Pに対して依頼するので、アプリケーション32のテスト担当者はアプリケーションプロセス3 [0137] Further, the pseudo-DB server process 33P operates as a client process for the DB server process 34P, the database operating instruction is requested from each of the application process 32P and debugger process 31P in the same transaction to DB server process 34P since the request Te, testers of the application 32 is the application process 3
2Pがトランザクション中で更新するデータベース40 Database 40 2P is updated in the transaction
の内容をデバッガプロセス31Pを介してリアルタイムに参照できる。 You can see in real time of the contents through the debugger process 31P. また、デバッガプロセス31Pを介して該トランザクション中にデータベース40の任意のデータを更新することもできる。 It is also possible via the debugger process 31P to update any data in the database 40 in the transaction. このため、アプリケーション32及びDBサーバ(DBMS)34の開発を効率良く行うことができる。 Therefore, it is possible to develop the application 32 and the DB server (DBMS) 34 efficiently.

【0138】また、疑似DBサーバプロセス33Pは、 [0138] In addition, the pseudo-DB server process 33P is,
デバッグ環境ファイル60にテストデータのロギング指定がなされていた場合には、アプリケーションプロセス32Pまたはデバッガプロセス31Pから依頼されるデータベース操作命令及びDBサーバプロセス34Pから受信する該命令の実行に対する応答結果をテスト結果ログファイル70にロギングする。 When the debug environment file 60 logging specifies the test data has been performed, the test results for a response result to the execution of the instruction received from the database operating instruction and DB server process 34P is requested from the application process 32P or debugger process 31P to logging in the log file 70. これにより、該ファイル70の内容をダンプすることにより、アプリケーション32の動作を全体的に検証することができる。 Thus, by dumping the contents of the file 70, it is possible to verify the overall operation of the application 32.

【0139】次に、図15は本発明の第2実施例であるクライアント/サーバ形態のデータベースシステムの構成図である。 [0139] Next, FIG 15 is a configuration diagram of a client / server configuration database system according to a second embodiment of the present invention. このシステムは、例えばパーソナルコンピュータ(PC)やワークステーション(WS)等から成るクライアントマシン110と例えばUNIXマシン等から成るサーバマシン120とが、LAN(ローカル・ This system, for example, the client machine 110 composed of a personal computer (PC) or a workstation (WS) or the like and the server machine 120 consisting of a UNIX machine or the like for example, LAN (Local
エリア・ネットワーク)140を介して接続されている。 It is connected via the area network) 140.

【0140】クライアントマシン110内には、デバッガ31a、アプリケーション32a、及びデータベースサーバ・ゲートウェイ36の各ソフトウェアが実装されている。 [0140] In the client machine 110, the debugger 31a, applications 32a, and each software of the database server gateway 36 is implemented. デバッガ31a、アプリケーション32aは、 Debugger 31a, 32a application is,
それぞれ上述した図2のデバッガ31、アプリケーション32と同等の機能を有する。 Debugger 31 of Figure 2 respectively above, includes an application 32 and equivalent. すなわち、デバッガプロセス(デバッガ31aのクライアントマシン110上での実行形態)は、クライアントマシン110側のオペレータにより端末50Aから起動される。 That is, (implementation for on the client machine 110 of the debugger 31a) debugger process is started from the terminal 50A by the operator of the client machine 110 side. そして、デバッガプロセスは起動されると、デバッグ環境ファイル60 Then, when the debugger process is started, the debug environment file 60
aを参照してアプリケーションプロセス(アプリケーション32aのクライアントマシン110上での実行形態)を生成する。 Referring to a generating application processes (execution form of on the client machine 110 of the application 32a). 該デバッグ環境ファイル60aの内容は、前記図3に示すデバッグ環境ファイル60と同様であり、テスト対象のアプリケーション32aの名称が設定されている。 The contents of the debug environment file 60a is similar to the debug environment file 60 shown in FIG. 3, the name of the application 32a of the test target is set.

【0141】また、クライアントマシン110側の宛先定義ファイル80aは、図15に示すように、前記第1 [0141] Further, the destination definition file 80a of the client machine 110 side, as shown in FIG. 15, the first
の実施例の宛先定義ファイル80の内容にさらにデータベースサーバ・ゲートウェイ36のサービス名(dbsv-g Service name examples of destination definition file 80 further database server gateway 36 to the contents (dbsv-g
w)とIPアドレス(204,321,34,56)並びにポート番号(100)から成るアドレス情報、及びプロセス間通信用の指定プロトコル(tcp)が付け加えられたものとなっている。 w) and IP address (204,321,34,56) and address information comprising a port number (100), and the process between the designated protocol for communication (tcp) becomes as having been added. アプリケーションプロセスとデバッガプロセスはこの宛先定義ファイル80aを参照することにより、データベースサーバ・ゲートウェイプロセスとのコネクションを確立する。 Application process and the debugger process by referring to the destination definition file 80a, establishes a connection with the database server gateway processes.

【0142】一方、サーバマシン120内には疑似データベースサーバ33aとデータベースサーバ34の各ソフトウェアが実装されている。 [0142] On the other hand, the software of the pseudo database server 33a and the database server 34 is implemented on the server machine 120. このシステムにおいては、疑似DBサーバプロセス(疑似データベースサーバ33aのサーバマシン120上での実行形態)は、サーバマシン120のオペレータにより起動される。 In this system, the pseudo-DB server process (execution form of the server machine 120 on the pseudo-database server 33a) is activated by the operator of the server machine 120. また、 Also,
このサーバマシン120に実装されているOS(オペレーティング・システム)にはLAN140上でのプロセス間通信をサポートする通信ドライバが組み込まれている。 This is the server machine 120 are mounted on an OS (operating system) that incorporates a communications driver to support interprocess communications over LAN 140. また、クライアントマシン110側の宛先定義ファイル80aと同一内容の宛先定義ファイル80bが設置され、さらに前記第1実施例と同様にテスト結果ログファイル70が設置されている。 Further, it disposed destination definition file 80b of the destination definition file 80a the same content as the client machine 110 side, further the first embodiment similarly to the test result log file 70 is located.

【0143】クライアントマシン110側に実装されているデータベースサーバ・ゲートウェイプロセス(データベースサーバゲートウェイ36のクライアントマシン110上での実行形態)は、宛先定義ファイル80aを参照して上記通信ドライバを介してサーバマシン120 [0143] (implementation for on the client machine 110 of the database server gateway 36) database server gateway processes that are implemented on the client machine 110 side, the server machine via the communication driver refers to the destination definition file 80a 120
側の疑似データベースサーバプロセスとのコネクションを、TCP/IPプロトコルにより確立する。 A connection with the pseudo-database server process side, established by the TCP / IP protocol. そして、 And,
アプリケーションプロセスまたはデバッガプロセスからデータベース40に対する処理要求(データベースアクセス要求またはトランザクション制御要求)を受け付け、該要求の解析を行う。 Receiving a processing request to the database 40 (database access request or transaction control request) from the application process or debugger process, analyzes of the request. そして、該解析後、当該処理要求のメッセージを疑似DBサーバプロセスへ送信する。 Then, after transmitting the analysis, the message of the processing request to the pseudo DB server process.

【0144】疑似DBサーバプロセスは、該メッセージを受信すると上記第1実施例の疑似DBサーバプロセス33Pと同様の処理を行う。 [0144] Pseudo DB server process performs the same processing as the pseudo-DB server process 33P of the first embodiment when receiving the message. すなわち、この第2実施例は、アプリケーション32aとデータベースサーバ34 That is, the second embodiment, the application 32a and the database server 34
がそれぞれ異なるマシン110,120に実装され、疑似DBサーバプロセスがLAN140を介してアプリケーションプロセスまたはデバッガプロセスからのデータベース操作命令の依頼を受け取る以外は、ほとんど上記第1の実施例と同様であり、この第2の実施例においても上記第1の実施例と同様にしてアプリケーション32 There are mounted on different machines 110, 120, respectively, except that pseudo-DB server process receives a request for a database operation command from the application process or debugger process via the LAN 140, is almost same as in the first embodiment, the second exemplary applications also in the same manner as in the first embodiment in example 32
aのデバッグを行うことができる。 It is possible to perform the debugging of a.

【0145】すなわち、疑似データベースサーバプロセスは宛先定義ファイル80bを参照してデータベースサーバプロセスとコネクションを確立する。 [0145] That is, the pseudo-database server process to establish a database server process and connections with reference to the destination definition file 80b. また、デバッグ環境ファイル60の内容は、図3に示す前記第1実施例のデバッグ環境ファイル60の内容とほぼ同様であり、疑似データベースサーバプロセスは、このファイル60bを参照してアプリケーションプロセスのトランザクションのロギングやアボート、さらにはアプリケーションプロセスから発行されるデータベース操作命令に対する復帰情報のシミュレートなどを行う。 The contents of the debug environment file 60 is substantially the same as the contents of the debug environment file 60 of the first embodiment shown in FIG. 3, the pseudo-database server process, the transaction application process with reference to this file 60b logging and abort further has various functions, including simulated return information for the database manipulation instruction issued from the application process.

【0146】また、疑似データベースサーバプロセスは、アプリケーションプロセス及びデバッガプロセスによるトランザクション・ログをテスト結果ログファイル70にロギングする。 [0146] In addition, the pseudo-database server process, logging the transaction log by the application process and the debugger process test results to the log file 70. このログファイルの内容は例えば、以下に示すような手順でクライアントアシン110 The contents of this log file, for example, client A thin 110 in the procedure as shown below
側のテスト結果ログファイル70cにダウンロードされる。 It is downloaded to the test result log file 70c of the side.

【0147】すなわち、 デバッガプロセスは、端末50Aからテスト結果ログファイルのダウンロードを指示するコマンドが入力されると、データベースサーバ・ゲートウェイ(以下、ゲートウェイと略称する)へテスト結果ログファイル70 [0147] That is, the debugger process, the command is input to instruct the downloading of test results log file from the terminal 50A, the test result log file 70 to the database server gateway (hereinafter, abbreviated as a gateway)
内のログデータのマージ(merge)処理要求を送信する。 Transmitting a merge (merge) processing request log data within. ゲートウェイプロセスは、LAN140を介しテスト結果ログファイル70に格納されているログデータの転送処理要求を、疑似データベースサーバプロセスへ送信する。 Gateway process, the transfer processing request of the log data stored in the test result log file 70 through the LAN 140, and transmits to the pseudo-database server process. 疑似データベースサーバプロセスは、該要求を受信すると、テスト結果ログファイル70からログデータを読み出し、これをLAN140を介してゲートウェイプロセスへ転送する。 Pseudo database server process receives the request, reads the log data from the test result log file 70, which is transferred to the gateway process via the LAN 140. ゲートウェイプロセスは、転送されてくる上記ログデータをテスト結果ログファイルへ書き込む。 Gateway process writes the log data transferred test results to a log file. そして、 And,
このログデータの転送が完了すると、デバッガプロセスへその旨の応答を返す。 When the log data transfer is complete, and returns a response to that effect to the debugger process.

【0148】クライアントアシン110側のオペレータは、該ログファイル70cに格納されているアプリケーション32aのテスト結果の内容(トランザクション中でのアプリケーションプロセスとデータベースサーバプロセス間での送・受信メッセージの内容)を、例えば端末50Aのモニタに表示してテスト内容の確認を行う。 [0148] The client A thin 110 side of the operator, the test results of the application 32a stored in the log file 70c contents (contents of the application process and transmitting receiving messages between the database server process in the transaction), for example, to check the test content is displayed on the monitor of the terminal 50A.

【0149】尚、上記のようなファイル転送を行わずに、端末50Aからサーバマシン120へリモート・ログインして、テスト結果ログファイル70の内容を参照するようにしてもよい。 [0149] It should be noted that, without the file transfer, such as described above, from the terminal 50A to remote login to the server machine 120, it is also possible to see the contents of the test result log file 70.

【0150】ところで、データベースサーバ・ゲートウェイプロセスが疑似データベースサーバプロセスへ処理を依頼する際に、該依頼電文の中にクライアントマシン110側のデバッグ環境ファイル60aに設定されている当該情報も埋め込むようにして、サーバマシン120 [0150] Incidentally, when a database server gateway process requests processing to the pseudo-database server process, so as to fill also the information set in the debug environment file 60a of the client machine 110 side in the request message , the server machine 120
側にデバッグ環境ファイル60bを設置しないようなシステム構成とすることも可能である。 It is also possible to system configuration not install the debug environment file 60b on the side.

【0151】尚、この第2の実施例はサーバマシン12 [0151] Incidentally, the second embodiment is a server machine 12
0とクライアントマシン110がLAN140を介して接続されたクライアント/サーバ・システムとなっているが、本発明はこれに限定されることなくWAN(ワイド・エリア・ネットワーク)を介してサーバマシンとクライアントマシンが接続されるシステムにも適用可能なものである。 0 and A client machine 110 is in the connected client / server system via the LAN 140, the present invention is via a WAN (wide area network) is not limited to this server machine and a client machine There are those applicable to a system to be connected.

【0152】また、上記実施例においては、プロセス間通信にいずれもTCP/IPプロトコルを用いているが、本発明はこれに限定されるものでなく、OSI(Op [0152] Further, in the above embodiment, both the inter-process communication uses a TCP / IP protocol, the present invention is not limited thereto, OSI (Op
en Systems Interconnection) 、IPX/SPX(Inte en Systems Interconnection), IPX / SPX (Inte
rnetwork Packet Exchange/ Sequenced Packed Exchang rnetwork Packet Exchange / Sequenced Packed Exchang
e)などその他の通信プロトコルを用いてもよい。 e) or the like may be used other communication protocols. さらに、本発明は、TPモニタが実装されるデータベース・ Furthermore, the present invention, the database of TP monitor is mounted
システムにおいても適用可能なものである。 Even those applicable in the system.

【0153】尚、本実施例におけるアプリケーション3 [0153] Incidentally, the application 3 in this embodiment
2,32aには、DBMSが提供するAPIに沿って作成される全てのプログラムが該当する。 The 2,32A, all programs that are created along the API provided by your DBMS is applicable. 従って、DBM Therefore, DBM
Sとエンド・ユーザ向けのアプリケーションとの間に位置するミドルウェアも該当する。 Middleware located between the S and end users of the application is also applicable.

【0154】 [0154]

【発明の効果】以上、説明したように本発明によれば、 Effect of the Invention] According to the present invention, as described,
以下のような効果が得られる。 The following effects can be obtained. アプリケーションのテストの際、該アプリケーションがDBMSをアクセスしてデータベースの参照・更新を行っても、テスト終了時には該データベースはテスト開始前の状態に復元されるので、テスト用のデータベースを特別に作成する必要はない。 During the application of the test, the application be subjected to refer to and update the database to access the DBMS, because at the end of the test is restored to the state before the database is the start of the test, to create a database for test specially You need not be. また、実際に稼働中のシステムにバグが発生しても、システムに実装された修復後のデータベースを用いてテストが行える。 Further, actually even bug occurs running system, perform a test using a database after restoration implemented in the system. さらに、 further,
複数のアプリケーションの開発者が1つのデータベースを共用してテストを行うことが可能となる。 Developers of a plurality of applications it is possible to perform the test by sharing a single database. 疑似データベースサーバを用いて、DBMS(データベースサーバ)からの復帰コードを意図的に変更してアプリケーションに渡すことができるので、アプリケーションでの異常復帰に対する処理のテストを容易に効率良く行える。 Using pseudo database server, it is possible to pass to the application by intentionally changing the return code from the DBMS (database server), easily and efficiently test the processing for abnormality restoration in the application. また、このテストのために、アプリケーションを修正する必要はない。 In addition, for this test, there is no need to modify the application. デバッガによるデータベースへのアクセスを、アプリケーションと同一のトランザクション内で行うことが可能となるため、該トランザクション中におけるデータベースの内容を確認できる。 Access to the database by the debugger, it becomes possible to carry out in the application and the same transaction, can check the contents of the database during the transaction. このため、不具合の原因がDBMS側にあるのかアプリケーション側にあるのかを容易に確認できるので、アプリケーションの開発者のみならずDBMSの開発者もデバッグを効率良く行うことができる。 For this reason, since the failure of the cause can be easily confirmed whether there is to whether the application side is in the DBMS side, it is possible to perform DBMS developers not only by the developer of the application also efficiently debug. 疑似データベースサーバを用いて、アプリケーションのトランザクション中におけるDBMSへの送・受信メッセージをロギングできるので、該ロギング結果を用いてアプリケーションの動作を詳細に解析できる。 Using pseudo database server, it is possible to log the transmission and reception message to the DBMS in the application of a transaction, it can be analyzed in detail the operation of the application using the logging results.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の原理説明図である。 1 is a diagram illustrating a principle of the present invention.

【図2】本発明の第1実施例のシステム構成を説明する図である。 2 is a diagram illustrating a system configuration of a first embodiment of the present invention.

【図3】デバッグ環境ファイルの内容の一例を示す図である。 FIG. 3 is a diagram showing an example of the contents of the debug environment file.

【図4】宛先定義ファイルの内容の一例を示す図である。 4 is a diagram showing an example of the contents of the destination definition file.

【図5】第1実施例におけるアプリケーションのデバッグ方法の全体の流れを説明する図である。 5 is a diagram for explaining an overall flow of the debugging process of an application in the first embodiment.

【図6】デバッガにおけるsimrcコマンドの入力形式の一例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of an input format simrc command in the debugger.

【図7】デバッガ・プロセスの動作を説明するフローチャート(その1)である。 7 is a flowchart for explaining the operation of the debugger process (Part 1).

【図8】デバッガ・プロセスの動作を説明するフローチャート(その2)である。 8 is a flowchart for explaining the operation of the debugger process (Part 2).

【図9】アプリケーションプロセスの動作を説明するフローチャート(その1)である。 9 is a flowchart for explaining the operation of the application process (Part 1).

【図10】アプリケーションプロセスの動作を説明するフローチャート(その2)である。 10 is a flowchart for explaining the operation of the application process (Part 2).

【図11】疑似DBサーバプロセスの動作を説明するフローチャート(その1)である。 11 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo DB server process (part 1).

【図12】疑似DBサーバプロセスの動作を説明するフローチャート(その2)である。 12 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo DB server process (part 2).

【図13】疑似DBサーバプロセスの動作を説明するフローチャート(その3)である。 13 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo DB server process (part 3).

【図14】疑似DBサーバプロセスの動作を説明するフローチャート(その4)である。 14 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo DB server process (part 4).

【図15】本発明の第2実施例のシステム構成を説明する図である。 15 is a diagram for explaining the system configuration of the second embodiment of the present invention.

【図16】クライアントマシン側の宛先定義ファイルの内容を示す図である。 16 is a diagram showing the contents of a destination definition file on the client machine side.

【図17】従来のアプリケーションのテスト方法の問題点を説明する図(その1)である。 17 is a problems of testing methods of the prior application will be described FIG. (Part 1).

【図18】従来のアプリケーションのテスト方法の問題点を説明する図(その2)である。 18 is a problems of testing methods of the prior application will be described FIG. (Part 2).

【図19】従来のアプリケーションのテスト方法の問題点を説明する図(その3)である。 19 is a problems of testing methods of the prior application will be described FIG. (Part 3).

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 データベース 21 データベースサーバ・プロセス 22 アプリケーション・プロセス 23 疑似データベースサーバ・プロセス 24 デバッガ・プロセス 11 Database 21 database server process 22 application process 23 Pseudo database server process 24 debugger process

Claims (27)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、 データベース(11)の管理を行うデータベースサーバ・プロセス(21)に対してクライアント・プロセスとして動作し、該データベースサーバ・プロセス(21) 1. A client / server method database system, the database database server process for managing (11) operates as a client process with respect to (21), said database server process (21)
    に対して上記データベース(11)に係わる処理要求を行うアプリケーションのテスト方法であって、 該アプリケーションのプロセス(22)に対してはサーバ・プロセスとして、上記データベースサーバ・プロセス(12)に対してはクライアント・プロセスとして動作する疑似データベースサーバ・プロセス(23)を設け、 該疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、アプリケーション・プロセス(22)から受信するデータベース(11)の処理要求をデータベースサーバ・プロセス(21)へ依頼すると共に、該依頼に対するデータベースサーバ・プロセス(21)からの応答をアプリケーション・プロセス(22)へ返し、該アプリケーション・プロセス(22)からトランザクション終了要求を受信した際にはデータ A method of testing an application for performing processing request related to said database (11) with respect to, as a server process for the process (22) of the application, for the database server process (12) pseudo database server process (23) that operates provided as a client process, 該疑 similar database server process (23), the process requests the database server process of database received from the application process (22) (11) ( with requests to 21), returns a response from the database server process (21) to said request to the application process (22), upon receiving a transaction completion request from said application process (22) data ースサーバ・プロセス(21)に対してトランザクションのアボートを依頼すること、 を特徴とするアプリケーションのテスト方法。 To ask the aborted transaction to Susaba process (21), the test method of application that features.
  2. 【請求項2】 アプリケーション・プロセス(22)によるトランザクションをアボートするかまたはコミットするかを指定するファイルを設け、 該疑似データベースサーバ・プロセス(15)は、該ファイルにトランザクションのアボート指定が設定されていた場合に、上記データベースサーバ・プロセス(2 Wherein providing a file that specify whether or committed to abort the transaction by the application process (22), 該疑 similar database server process (15), abort specified transaction to the file has not been set in the case was, the database server process (2
    1)に対するトランザクションのアボート依頼を行うこと、 を特徴とする請求項1記載のアプリケーションのテスト方法。 1) performing the abort request transaction for test method of application according to claim 1, wherein.
  3. 【請求項3】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、データベース(11)の管理を行うデータベースサーバ・プロセス(21)に対してクライアント・プロセスとして動作し、該データベースサーバ・プロセス(21)に対して上記データベース(1 3. A client / server method database system, the database operating as a client process for a database server process for managing (11) (21), said database server process (21) the database (1
    1)に係わる処理要求を行うアプリケーションのテスト方法であって、 該アプリケーションのプロセス(22)に対してはサーバプロセスとして、上記データベースサーバ・プロセス(21)に対してはクライアント・プロセスとして動作する疑似データベースサーバ・プロセス(23)を設け、 該疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、アプリケーション・プロセス(22)から受信するデータベース(11)の処理要求をデータベースサーバ・プロセス(21)へ依頼し、 該依頼に対する応答メッセージを該データベースサーバ・プロセス(21)から受信した際、上記処理要求に対する復帰情報の変更が予め指定されていたときには、該応答メッセージ内の復帰情報を該指定されたように変更して上記アプリケーション・プ A method of testing an application for performing processing request related to 1), the pseudo against the process (22) of the application as a server process, which operates as a client process to said database server process (21) the database server process (23) is provided, 該疑 similar database server process (23), and requests the processing request for the database (11) for receiving from the application process (22) to the database server process (21), said when a response message to the request received from the database server process (21), when a change of return information for the processing request has been specified in advance, the return information in the response message changed as is the designated the above application-flops Te セス(22)へ送信すること、 を特徴とするアプリケーションのテスト方法。 It is sent to Seth (22), the test method of application that features.
  4. 【請求項4】 アプリケーション・プロセス(22)から発行されるデータベース(11)に対する処理要求の内、復帰情報の変更を行うものについてその変更情報が定義されるファイルを設け、 疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、該ファイルを参照して上記復帰情報の変更を行う、 ことを特徴とする請求項3記載のアプリケーションのテスト方法。 Wherein among the processing requests to the database issued from the application process (22) (11), provided with a file in which the change information is defined for that to change the return information, the pseudo-database server process ( 23) performs change of the return information by referring to the file, the test method of application according to claim 3, wherein a.
  5. 【請求項5】 疑似データベースサーバ・プロセス(2 5. The pseudo-database server process (2
    3)に対して、上記アプリケーション・プロセス(2 Against 3), the application process (2
    2)からの処理要求に対する復帰情報の変更を依頼するプロセスを設け、 疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、該プロセスからの依頼に従って上記復帰情報の変更を行う、 ことを特徴とする請求項3記載のアプリケーションのテスト方法。 The process of requesting the change of the return information to the processing request from 2) provided, pseudo-database server process (23), according to claim 3 for changing the return information in accordance with a request from the process, it is characterized by the test method of application described.
  6. 【請求項6】 上記変更依頼プロセスは、端末から入力されるコマンドの指示に従って、疑似データベースサーバ・プロセス(23)に対して上記復帰情報の変更依頼を行う、 ことを特徴とする請求項5記載のアプリケーションのテスト方法。 Wherein said change request process in accordance with an instruction of a command inputted from the terminal, performs change request of the return information to the pseudo-database server process (23), that according to claim 5, wherein test how the application.
  7. 【請求項7】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、データベース(11)の管理を行うデータベースサーバ・プロセス(21)に対してクライアント・プロセスとして動作し、該データベースサーバ・プロセス(21)に対して上記データベース(1 7. A client / server method database system, the database operating as a client process for a database server process for managing (11) (21), said database server process (21) the database (1
    1)に係わる処理要求を行うアプリケーションのテスト方法であって、 該アプリケーションのプロセス(22)に対してはサーバプロセスとして、上記データベースサーバ・プロセス(21)に対してはクライアント・プロセスとして動作する疑似データベースサーバ・プロセス(23)と、 該疑似データベースサーバ・プロセス(23)に対してクライアント・プロセスとして動作し、上記アプリケーション・プロセス(22)に対して中断点を設定するデバッガ・プロセス(24)と、 を設け、 該デバッガ・プロセス(24)は、アプリケーション・ A method of testing an application for performing processing request related to 1), the pseudo against the process (22) of the application as a server process, which operates as a client process to said database server process (21) a database server process (23) operates as a client process on 該疑 similar database server process (23), the debugger process for setting a break point to said application process (22) and (24) the provided, the debugger process (24), application
    プロセス(22)が該中断点で停止しているとき、疑似データベースサーバ・プロセス(23)に対してデータベース(11)の参照または更新を依頼し、これを受けて該疑似データベースサーバ・プロセス(23)は該依頼に対応する処理要求をデータベースサーバ・プロセス(21)に送信し、その後該データベースサーバ・プロセス(21)から受信する該処理要求に対応する応答結果をデバッガ・プロセス(24)に送信する、 ことを特徴とするアプリケーションのテスト方法。 When the process of (22) is stopped at the break point, to request a reference or database updates (11) to the pseudo-database server process (23), 該疑 similar database server process receives this (23 ) is transmitting the processing request corresponding to the request sent to the database server process (21), thereafter response result debugger process corresponding to the processing request received from the database server process (21) (24) to test the method of application, characterized in that.
  8. 【請求項8】 前記デバッガ・プロセス(24)は、端末から入力されるコマンドの指示に従って、上記アプリケーション・プロセス(22)の中断点の設定及びデータベース(11)の参照または更新の依頼を行う、 ことを特徴とする請求項7記載のアプリケーションのテスト方法。 Wherein said debugger process (24) according to an instruction of a command inputted from the terminal, performs a request for reference or configuration updates and database interruption point of the application process (22) (11), test method of application according to claim 7, wherein a.
  9. 【請求項9】 前記アプリケーション・プロセス(2 Wherein said application process (2
    2)は、データベース(11)に対する処理要求を依頼するサーバ・プロセスとプロセス間通信を行うための宛先情報を環境変数から獲得すること、 を特徴とする請求項7記載のアプリケーションのテスト方法。 2), the server process and to the destination information for the inter-process communication is acquired from an environment variable, method of testing applications according to claim 7, wherein to request processing request to the database (11).
  10. 【請求項10】 前記デバッガ・プロセス(24)は、 Wherein said debugger process (24),
    前記環境変数に前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)の宛先情報を設定した後、前記アプリケーション・プロセス(22)を生成すること、 を特徴とする請求項9記載のアプリケーションのテスト方法。 After setting the destination information of the pseudo-database server process (23) to the environment variable, method of testing applications according to claim 9, characterized in that, to generate the application process (22).
  11. 【請求項11】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、 データベース(11)の管理を行うデータベースサーバ・プロセス(21)に対してクライアント・プロセスとして動作し、該データベースサーバ・プロセス(21) 11. A client / server method database system, the database database server process for managing (11) operates as a client process with respect to (21), said database server process (21)
    に対して上記データベース(11)に係わる処理要求を行うアプリケーションのテスト方法であって、 該アプリケーションのプロセス(22)に対してはサーバプロセスとして、上記データベースサーバ・プロセス(21)に対してはクライアント・プロセスとして動作し、アプリケーション・プロセス(22)から依頼されるデータベース(11)に対する処理要求をデータベースサーバ・プロセス(21)に送信し、該データベースサーバ・プロセス(21)から受信する上記処理要求に対する応答結果をアプリケーション・プロセス(22) A method of testing an application for performing processing request related to said database (11) with respect to the client as a server process for the process (22) of the application, to said database server process (21) operates as a process, and sends a processing request for the database to be requested from the application process (22) (11) to the database server process (21), for the processing request received from the database server process (21) response result the application process (22)
    へ送信する疑似データベースサーバ・プロセス(23) Pseudo be sent to the database server process (23)
    を設け、 該疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、上記アプリケーション・プロセス(22)から依頼されるデータベースサーバ・プロセス(21)に対する処理要求及び該処理要求に対するデータベースサーバ・プロセス(21)からの応答結果をロギングする、 ことを特徴とするアプリケーションのテスト方法。 The provided 該疑 similar database server process (23), the response from the database server process (21) to the processing request and the processing request to the database server process (21) that is requested from the application process (22) logging the results, the test method of application, characterized in that.
  12. 【請求項12】 アプリケーション・プロセス(22) 12. The application process (22)
    によるトランザクションのログをロギングするか否かを設定するファイルを設け、 疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、該ファイルにロギング指示が設定されていたとき、前記ロギングを行うこと、 を特徴とする請求項11記載のアプリケーションのテスト方法。 The file that sets whether to log a log of transactions provided, pseudo database server process (23), when logging instruction to the file has been set, to perform the logging, and wherein the billing test method application to claim 11.
  13. 【請求項13】 前記アプリケーション・プロセス(2 Wherein said application process (2
    2)は、データベース(11)に対する処理要求を依頼するサーバ・プロセスとプロセス間通信を行うための宛先情報を、環境変数から獲得すること、 を特徴とする請求項1、3または11記載のアプリケーションのテスト方法。 2), the destination information for performing inter-server processes and process communication for requesting the processing request to the database (11), be obtained from the environment variable, according to claim 1, 3 or 11, wherein the application how the tests.
  14. 【請求項14】 前記アプリケーション・プロセス(2 14. The application process (2
    2)は、上記環境変数にアドレス情報が設定されていなかった場合には、予め定められた宛先定義ファイルから上記サーバ・プロセスの宛先情報を獲得すること、 を特徴とする請求項9または13記載のアプリケーションのテスト方法。 2), when the address information in the environment variable has not been set, to acquire destination information of the server process from a predetermined destination definition file, claim 9 or 13 wherein test how the application.
  15. 【請求項15】 前記宛先定義ファイルには前記データベースサーバ・プロセス(21)の宛先情報が設定されていること、 を特徴とする請求項14記載のアプリケーションのテスト方法。 15. The method of testing applications according to claim 14, wherein the destination information that has been set, and wherein the said database server processes the destination definition file (21).
  16. 【請求項16】 前記データベース(11)、前記データベースサーバ・プロセス(21)、及び前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)と前記疑似データベースサーバ・プロセス(24)が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項1または3記載のアプリケーションのテスト方法。 16. The database (11), wherein the database server process (21), and the pseudo database server process (23) is mounted on the server machine side, the application process (22), said server implemented on the client machine side connected via the machine and the network, the communication means for the said application process (22) the pseudo-database server process (24) for exchanging messages via the network the test method according to claim 1 or 3 wherein the application is characterized in that further provided.
  17. 【請求項17】 前記データベース(11)、前記データベースサーバ・プロセス(21)、及び前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)及び前記デバッガ・プロセス(24)は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)または前記デバッガ・プロセス(24)が前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)と上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項7記載のアプリケーションのテスト方法。 17. The database (11), wherein the database server process (21), and the pseudo database server process (23) is mounted on the server machine side, the application process (22) and said debugger process (24), said implemented on the server machine and the client machine side connected via a network, the application process (22) or the debugger process (24) the pseudo database server process (23) and communication means for sending and receiving messages through the network, the test method of application according to claim 7, wherein the further provided.
  18. 【請求項18】 前記データベース(11)、前記データベースサーバ・プロセス(21)、及び前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーション・プロセス(22)と前記疑似データベースサーバ・プロセス(24)が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項11記載のアプリケーションのテスト方法。 18. The method of claim 17, wherein the database (11), wherein the database server process (21), and the pseudo database server process (23) is mounted on the server machine side, the application process (22), said server implemented on the client machine side connected via the machine and the network, the communication means for the said application process (22) the pseudo-database server process (24) for exchanging messages via the network the test method of application according to claim 11, wherein the further provided.
  19. 【請求項19】 前記疑似データベースサーバ・プロセス(23)によってロギングされたデータを、前記通信手段を介してサーバマシン側からクライアントマシン側へ転送すること、 を特徴とする請求項18記載のアプリケーションのテスト方法。 19. A is the logged by the pseudo-database server process (23) data, the be transferred from via the communication means the server machine side to the client machine side, the application of claim 18, wherein The test method.
  20. 【請求項20】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、 データベースの管理を行うデータベースサーバに対してクライアントとして動作し、該データベースサーバに対して上記データベースに係わる処理要求を行うアプリケーションのテストを支援する装置であって、 該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段を設け、 該疑似データベースサーバ手段は、アプリケーションから受信するデータベースの処理要求をデータベースサーバへ依頼すると共に、該依頼に対するデータベースサーバからの応答をアプリケーションへ返し、該アプリケーションからトランザクション終了要求を受信した際にはデータベースサーバに 20. A client / server method database systems, operating as a client to the database server for managing the database, to support testing of the application for a processing request relating to the database for the database server machine a is, as a server for the application, for the database server is provided a pseudo-database server means operating as a client, 該疑 similar database server means, the processing request for the database to be received from an application to a database server with requests, returns a response from the database server for the request to the application, the database server upon receipt of a transaction end request from the application 対してトランザクションのアボートを依頼すること、 を特徴とするアプリケーションのテスト支援装置。 To ask the abort of a transaction for, test support apparatus of an application that features.
  21. 【請求項21】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、データベースの管理を行うデータベースサーバに対してクライアントとして動作し、該データベースサーバに対して上記データベースに係わる処理要求を行うアプリケーションのテストを支援する装置であって、 該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段を設け、 該疑似データベースサーバ手段は、アプリケーションから受信するデータベースの処理要求をデータベースサーバへ依頼し、 該依頼に対する応答メッセージを該データベースサーバから受信した際、上記処理要求に対する復帰情報の変更が予め指定されていたときには、該応答メッセージ内の復帰情報 21. A client / server method database systems, operating as a client to the database server for managing the database, to support testing of the application for a processing request relating to the database for the database server machine a is, as a server for the application, for the database server is provided a pseudo-database server means operating as a client, 該疑 similar database server means, the processing request for the database to be received from an application to a database server ask, when a response message to the request received from the database server, when a change of return information for the processing request has been specified in advance, the return information in the response message を該指定されたように変更して上記アプリケーションへ送信すること、 を特徴とするアプリケーションのテスト支援装置。 The test support device applications, characterized in that, to transmit modified as is the designated to the application.
  22. 【請求項22】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、データベースの管理を行うデータベースサーバに対してクライアントとして動作し、該データベースサーバに対して上記データベースに係わる処理要求を行うアプリケーションのテストを支援する装置であって、 該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作する疑似データベースサーバ手段と、 該疑似データベースサーバ手段に対してクライアントとして動作し、上記アプリケーションに対して中断点を設定するデバッガ手段と、 を設け、 該デバッガ手段は、アプリケーションが該中断点で停止しているとき、疑似データベースサーバ手段に対してデータベースの参照または更新を依頼し、これを 22. A client / server method database systems, operating as a client to the database server for managing the database, to support testing of the application for a processing request relating to the database for the database server machine a is, as a server for the application, for the database server operates and the pseudo database server means operating as a client, as a client to 該疑 similar database server means, interruption points with respect to the application a debugger means for setting, to provided, the debugger means, when the application is stopped at the break point, to request a reference or update the database with respect to the pseudo-database server unit, it けて該疑似データベースサーバ手段は該依頼に対応する処理要求をデータベースサーバに送信し、その後該データベースサーバから受信する該処理要求に対応する応答結果をデバッガ手段に送信する、 ことを特徴とするアプリケーションのテスト支援装置。 Applications can only be 該疑 similar database server means transmits a processing request corresponding to the request to the database server, and then transmitted to the debugger means responding result corresponding to the processing request received from the database server, and wherein the test support device.
  23. 【請求項23】 クライアント/サーバ方式のデータベースシステムにおいて、 データベースの管理を行うデータベースサーバに対してクライアントとして動作し、該データベースサーバに対して上記データベースに係わる処理要求を行うアプリケーションのテストを支援する装置であって、 該アプリケーションに対してはサーバとして、上記データベースサーバに対してはクライアントとして動作し、 23. A client / server method database systems, operating as a client to the database server for managing the database, to support testing of the application for a processing request relating to the database for the database server machine a is, as a server for the application, it acts as a client for the database server,
    アプリケーションから依頼されるデータベースに対する処理要求をデータベースサーバに送信し、該データベースサーバから受信する上記処理要求に対する応答結果をアプリケーションへ送信する疑似データベースサーバ手段を設け、 該疑似データベースサーバ手段は、上記アプリケーションから依頼されるデータベースサーバに対する処理要求及び該処理要求に対するデータベースサーバからの応答結果をロギングする、 ことを特徴とするアプリケーションのテスト支援装置。 Sends a processing request for the database to be requested from the application to the database server, a pseudo database server means for transmitting a response result to the application for the processing request received from the database server is provided, 該疑 similar database server means, from the application logging the response result from the database server for processing the request and the processing request to the database server is requested, the test support device applications, characterized in that.
  24. 【請求項24】 前記データベース、前記データベースサーバ、及び前記疑似データベースサーバ手段は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーションは、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーションと前記疑似データベースサーバ手段が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項20または21記載のアプリケーションのテスト支援装置。 24. The database, said database server, and the pseudo database server unit is implemented on the server machine side, the application is implemented on the client machine side connected via the server machine and the network, the application and the communication means for the pseudo-database server means for exchanging messages via the network, further provided with that test support device application according to claim 20 or 21 wherein.
  25. 【請求項25】 前記データベース、前記データベースサーバ、及び前記疑似データベースサーバ手段は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーションは、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーションと前記疑似データベースサーバ手段が上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項23記載のアプリケーションのテスト支援装置。 25. The database, said database server, and the pseudo database server unit is implemented on the server machine side, the application is implemented on the client machine side connected via the server machine and the network, the application and the pseudo database communication means for the server means transmits and receives messages via the network, further test support device application according to claim 23, wherein the provided.
  26. 【請求項26】 前記疑似データベースサーバ手段によってロギングされたデータを、前記ネットワークを介してサーバマシン側からクライアントマシン側へ転送する転送手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項25記載のアプリケーションのテスト支援装置。 The method according to claim 26, wherein the pseudo-database server unit data logged by the transfer means for transferring from the server machine side to the client machine side through the network, according to claim 25, wherein the further provided application test support device.
  27. 【請求項27】 前記データベース、前記データベースサーバ、及び前記疑似データベースサーバ手段は、サーバマシン側に実装され、 前記アプリケーション及び前記デバッガ手段は、該サーバマシンとネットワークを介して接続されたクライアント・マシン側に実装され、 前記アプリケーションまたは前記デバッガ手段が前記疑似データベースサーバ手段と上記ネットワークを介してメッセージの授受を行うための通信手段を、 さらに設けたことを特徴とする請求項22記載のアプリケーションのテスト支援装置。 27. The database, said database server, and the pseudo database server unit is implemented on the server machine side, the application and the debugger means, the client machine side connected via the server machine and the network is mounted on, the test support of the application or application according to claim 22, wherein said debugger means is characterized in that the communication means for exchanging messages via the pseudo database server means and the network, further provided apparatus.
JP6016846A 1994-02-10 1994-02-10 Test method for application and test supporting device for the same Withdrawn JPH07225707A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6016846A JPH07225707A (en) 1994-02-10 1994-02-10 Test method for application and test supporting device for the same

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6016846A JPH07225707A (en) 1994-02-10 1994-02-10 Test method for application and test supporting device for the same
US08/381,071 US5561763A (en) 1994-02-10 1995-01-31 Method and apparatus for testing an application in a client/server database system using pseudo-database server and debugger processes

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07225707A true JPH07225707A (en) 1995-08-22

Family

ID=11927581

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6016846A Withdrawn JPH07225707A (en) 1994-02-10 1994-02-10 Test method for application and test supporting device for the same

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5561763A (en)
JP (1) JPH07225707A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005165600A (en) * 2003-12-02 2005-06-23 Nec Corp Transaction processing system and method, and program
JP2007179347A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Exa Corp Program verification support system
JP2007226695A (en) * 2006-02-27 2007-09-06 Seiko Epson Corp Information processor, control method, and control program
JP2009271840A (en) * 2008-05-09 2009-11-19 Mitsubishi Electric Corp Testing device, testing method, and test program
JP2011013792A (en) * 2009-06-30 2011-01-20 Fujitsu Ltd Device, method and program for control of database in program model inspection
JP2013232187A (en) * 2012-04-12 2013-11-14 Netflix Inc Method and system for evaluating resiliency of distributed computing service by inducing latency
JP2016021161A (en) * 2014-07-15 2016-02-04 株式会社日立製作所 Simulator system, gateway system test device, and gateway system test method

Families Citing this family (63)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2130065C (en) * 1994-08-12 1999-03-02 Michael Joel Cincinatus Utilizing pseudotables as a method and mechanism for providing database monitor information
US5802291A (en) * 1995-03-30 1998-09-01 Sun Microsystems, Inc. System and method to control and administer distributed object servers using first class distributed objects
CA2224689C (en) * 1995-06-02 2002-10-29 Rational Software Corporation Remote monitoring of computer programs
US5701471A (en) * 1995-07-05 1997-12-23 Sun Microsystems, Inc. System and method for testing multiple database management systems
US5862362A (en) * 1995-10-05 1999-01-19 Microsoft Corporation Network failure simulator
US5799305A (en) * 1995-11-02 1998-08-25 Informix Software, Inc. Method of commitment in a distributed database transaction
US5974568A (en) * 1995-11-17 1999-10-26 Mci Communications Corporation Hierarchical error reporting system
US6061517A (en) 1997-03-31 2000-05-09 International Business Machines Corporation Multi-tier debugging
US5892941A (en) * 1997-04-29 1999-04-06 Microsoft Corporation Multiple user software debugging system
US5920863A (en) * 1997-05-31 1999-07-06 International Business Machines Corporation System and method for supporting transactions for a thin client lacking a persistent store in a distributed object-oriented environment
JP3865483B2 (en) * 1997-10-16 2007-01-10 富士通株式会社 Client / server type database management system and recording medium recording the program
US6938245B1 (en) * 1997-10-29 2005-08-30 Veritas Operating Corporation Interactive debugging system with debug data base system
US6044398A (en) * 1997-11-21 2000-03-28 International Business Machines Corporation Virtual dynamic browsing system and method for automated web server and testing
JP3507681B2 (en) * 1998-01-08 2004-03-15 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション An information processing method and information processing apparatus, an information processing system, a storage medium storing a program for controlling an information processing apparatus
US6119247A (en) * 1998-06-22 2000-09-12 International Business Machines Corporation Remote debugging of internet applications
US6757868B1 (en) 1998-06-22 2004-06-29 International Business Machines Corporation Programmatic switching of arbitrary HTML forms
US6304982B1 (en) * 1998-07-14 2001-10-16 Autodesk, Inc. Network distributed automated testing system
US6219804B1 (en) * 1998-08-05 2001-04-17 International Business Machines Corporation Debugging client server programs from third party workstations
US7117433B1 (en) 1998-09-29 2006-10-03 International Business Machines Corporation HTML mapping substitution graphical user interface for display of elements mapped to HTML files
US6108659A (en) 1998-12-22 2000-08-22 Computer Associates Think, Inc. Method and apparatus for executing stored code objects in a database
US7526468B2 (en) * 1999-01-08 2009-04-28 Computer Associates Think, Inc. System and method for recursive path analysis of DBMS procedures
US6922708B1 (en) * 1999-02-18 2005-07-26 Oracle International Corporation File system that supports transactions
US6421677B1 (en) * 1999-07-19 2002-07-16 International Business Machines Corporation Extension of data definition language (DDL) capabilities for relational databases for applications issuing DDL statements
US7418435B1 (en) * 1999-08-05 2008-08-26 Oracle International Corporation Multi-model access to data
US6549916B1 (en) 1999-08-05 2003-04-15 Oracle Corporation Event notification system tied to a file system
US7280995B1 (en) 1999-08-05 2007-10-09 Oracle International Corporation On-the-fly format conversion
US6393435B1 (en) * 1999-09-22 2002-05-21 International Business Machines, Corporation Method and means for evaluating the performance of a database system referencing files external to the database system
US6671825B1 (en) 1999-11-19 2003-12-30 Oracle International Corporation Method and apparatus for debugging a software program
US6839894B1 (en) 1999-11-19 2005-01-04 Oracle International Corporation Method and apparatus for debugging a software program using dynamic debug patches and copy on write views
US6671826B1 (en) * 1999-11-19 2003-12-30 Oracle International Corporation Fast database state dumps to file for deferred analysis of a database
US7949606B1 (en) * 1999-12-03 2011-05-24 William Sweet Intellectual property brokerage system and method
US8799208B2 (en) * 2000-03-07 2014-08-05 E-Rewards, Inc. Method and system for evaluating, reporting, and improving on-line promotion effectiveness
US7185005B1 (en) 2000-05-12 2007-02-27 Oracle International Corporation Nested transactions in a file system
US7200666B1 (en) 2000-07-07 2007-04-03 International Business Machines Corporation Live connection enhancement for data source interface
US7058648B1 (en) 2000-12-01 2006-06-06 Oracle International Corporation Hierarchy-based secured document repository
US7110936B2 (en) * 2001-02-23 2006-09-19 Complementsoft Llc System and method for generating and maintaining software code
US7437450B1 (en) * 2001-11-30 2008-10-14 Cisco Technology Inc. End-to-end performance tool and method for monitoring electronic-commerce transactions
US20030105758A1 (en) * 2001-12-05 2003-06-05 International Business Machines Corporation System and method for testing and promoting database update code
US8229932B2 (en) 2003-09-04 2012-07-24 Oracle International Corporation Storing XML documents efficiently in an RDBMS
US8694510B2 (en) 2003-09-04 2014-04-08 Oracle International Corporation Indexing XML documents efficiently
US7930277B2 (en) 2004-04-21 2011-04-19 Oracle International Corporation Cost-based optimizer for an XML data repository within a database
US20060074979A1 (en) * 2004-09-29 2006-04-06 Martin Kaiser Static sample data switch
US7406457B2 (en) * 2004-09-30 2008-07-29 Sap Ag Dynamic sample data switch
US7536378B2 (en) * 2004-09-30 2009-05-19 Sap Ag Copy template/read only data in application tables
JP4463661B2 (en) * 2004-11-01 2010-05-19 株式会社日立製作所 Computer system, computer, database access method and database system
US7627547B2 (en) 2004-11-29 2009-12-01 Oracle International Corporation Processing path-based database operations
JP2006163596A (en) * 2004-12-03 2006-06-22 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Information processing system, control method and program
US7921076B2 (en) 2004-12-15 2011-04-05 Oracle International Corporation Performing an action in response to a file system event
US8131766B2 (en) 2004-12-15 2012-03-06 Oracle International Corporation Comprehensive framework to integrate business logic into a repository
US8279874B1 (en) 2007-03-30 2012-10-02 Extreme Networks, Inc. Self-configuring network
US8751649B2 (en) * 2005-06-07 2014-06-10 Extreme Networks Port management system
US8775571B2 (en) * 2005-06-07 2014-07-08 Extreme Networks, Inc. Methods, systems, and computer program products for dynamic network access device port and user device configuration for implementing device-based and user-based policies
US8073841B2 (en) 2005-10-07 2011-12-06 Oracle International Corporation Optimizing correlated XML extracts
US8356053B2 (en) 2005-10-20 2013-01-15 Oracle International Corporation Managing relationships between resources stored within a repository
US8949455B2 (en) 2005-11-21 2015-02-03 Oracle International Corporation Path-caching mechanism to improve performance of path-related operations in a repository
US7797310B2 (en) 2006-10-16 2010-09-14 Oracle International Corporation Technique to estimate the cost of streaming evaluation of XPaths
US7827177B2 (en) 2006-10-16 2010-11-02 Oracle International Corporation Managing compound XML documents in a repository
US9183321B2 (en) 2006-10-16 2015-11-10 Oracle International Corporation Managing compound XML documents in a repository
US8307343B2 (en) * 2007-10-19 2012-11-06 Microsoft Corporation Application and database context correlation for database application developers
US7958112B2 (en) 2008-08-08 2011-06-07 Oracle International Corporation Interleaving query transformations for XML indexes
US8676774B2 (en) * 2009-03-20 2014-03-18 Microsoft Corp. Min-repro framework for database systems
US8756573B2 (en) * 2012-07-06 2014-06-17 Amazon Technologies, Inc. Digital item ingestion process
US9721116B2 (en) 2013-06-24 2017-08-01 Sap Se Test sandbox in production systems during productive use

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2602205B2 (en) * 1986-01-16 1997-04-23 株式会社日立製作所 Database access control method
US5249293A (en) * 1989-06-27 1993-09-28 Digital Equipment Corporation Computer network providing transparent operation on a compute server and associated method
EP0470322B1 (en) * 1990-08-07 1996-04-03 BULL HN INFORMATION SYSTEMS ITALIA S.p.A. Message-based debugging method
JPH06187275A (en) * 1992-12-18 1994-07-08 Fujitsu Ltd Testing method for server application
WO1995004968A1 (en) * 1993-08-03 1995-02-16 Forte Software, Inc. Flexible multi-platform partitioning for computer applications

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005165600A (en) * 2003-12-02 2005-06-23 Nec Corp Transaction processing system and method, and program
JP2007179347A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Exa Corp Program verification support system
JP2007226695A (en) * 2006-02-27 2007-09-06 Seiko Epson Corp Information processor, control method, and control program
JP2009271840A (en) * 2008-05-09 2009-11-19 Mitsubishi Electric Corp Testing device, testing method, and test program
JP2011013792A (en) * 2009-06-30 2011-01-20 Fujitsu Ltd Device, method and program for control of database in program model inspection
JP2013232187A (en) * 2012-04-12 2013-11-14 Netflix Inc Method and system for evaluating resiliency of distributed computing service by inducing latency
JP2015092354A (en) * 2012-04-12 2015-05-14 ネットフリックス・インコーポレイテッドNetflix, Inc. Method and system for evaluating resiliency of distributed computing service by inducing latency
JP2016021161A (en) * 2014-07-15 2016-02-04 株式会社日立製作所 Simulator system, gateway system test device, and gateway system test method

Also Published As

Publication number Publication date
US5561763A (en) 1996-10-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Chan et al. MobiPADS: a reflective middleware for context-aware mobile computing
US5621885A (en) System and method for providing a fault tolerant computer program runtime support environment
US7093005B2 (en) Graphical editor for defining and creating a computer system
US8612551B2 (en) Method and system for identifying and obtaining computer software from a remote computer
US6031528A (en) User based graphical computer network diagnostic tool
US6687817B1 (en) Configuration of a network device via the network
US6961926B2 (en) System and method for distributed debugging and recording medium on which control programs are recorded
US6298457B1 (en) Non-invasive networked-based customer support
US6397245B1 (en) System and method for evaluating the operation of a computer over a computer network
Kramer et al. CONIC: an integrated approach to distributed computer control systems
Dolan NEOS Server 4.0 administrative guide
US6170065B1 (en) Automatic system for dynamic diagnosis and repair of computer configurations
US6263456B1 (en) System for remote debugging of client/server application
US6654793B1 (en) System and method for facilitating dynamic loading of stub information to enable a program operating in one address space to invoke processing of a remote method or procedure in another address space
US5546584A (en) System and method for establishing communication protocols between application programs
US8146073B2 (en) Updating software while it is running
JP2529377B2 (en) De - data conferencing equipment
JP4778950B2 (en) Virus detection and removal equipment for computer networks
US5968131A (en) System and method for securely synchronizing multiple copies of a workspace element in a network
US6463446B1 (en) Method and apparatus for transporting behavior in an event-based distributed system
US5974454A (en) Method and system for installing and updating program module components
US8949364B2 (en) Apparatus, method and system for rapid delivery of distributed applications
US20030101245A1 (en) Dynamic reconfiguration of applications on a server
US7681080B2 (en) Diagnostic repair system and method for computing systems
US20050135384A1 (en) Virtual endpoint

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20010508