JPH07223399A - 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置 - Google Patents

台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置

Info

Publication number
JPH07223399A
JPH07223399A JP4037394A JP4037394A JPH07223399A JP H07223399 A JPH07223399 A JP H07223399A JP 4037394 A JP4037394 A JP 4037394A JP 4037394 A JP4037394 A JP 4037394A JP H07223399 A JPH07223399 A JP H07223399A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
card
mount
envelope
roller
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4037394A
Other languages
English (en)
Inventor
Kinichi Mitsunari
欣市 三成
Koichi Yano
康一 矢野
Original Assignee
Kansetsu:Kk
株式会社カンセツ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kansetsu:Kk, 株式会社カンセツ filed Critical Kansetsu:Kk
Priority to JP4037394A priority Critical patent/JPH07223399A/ja
Publication of JPH07223399A publication Critical patent/JPH07223399A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 小形で、処理を精確、迅速、かつ、容易に、
台紙にカードを自動的にセットでき、その台紙を自動的
に封筒に挿入して送り出す装置を提供することを目的と
する。する。 【構成】 台紙積載台13の最上部の一枚の台紙を移送
する機構7と、カード積載台30の最上部の一枚を前記
移送された1枚の台紙の下方へ移送する機構9と、その
移送されたカードを曲げて台紙の孔に挿入する機構10
と、封筒積載台の最上部の1枚の封筒を下方へ開封の状
態で移送する装置と、その封筒を立てて待機させる支持
板と、カードをセットした台紙またはその他のシート状
物体を前記支持板の上方へ送り一時停止させる装置と、
その台紙等を支持板で支持されて待機する封筒内に送り
込む機構と、その封筒を横に移行させる機構と、その封
筒を上方へ蓋を折り畳んだ状態で送り出す機構と、それ
らの検知制御機構と、それらの駆動機構とを設け、外部
電源に接続可能とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、台紙にテレホンカー
ド、プリペードカード等カードまたは写真(以下カード
と言う)をセットする装置、カードを取り付けた台紙ま
たはその他挨拶状、写真、絵はがき等シート状物体を封
筒に挿入する装置またはそれらの二種類の装置を一体化
した装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】最近、慶弔用等にカードを配布または郵
送されているが、その場合、人手で、カードの対角部分
の二箇所を台紙の孔に挿入セットし、その台紙を封筒に
挿入している。また、シート状物体を封筒に挿入するの
も人手によっている。
【0003】図1の(A)に示すものは二枚のカード
3、3をセットする台紙1であって、カード3の対角部
分の二箇所を挿入するための、一対の長孔2、2と一対
の長孔2a、2aとを二対設けられたものである。
(B)に示すものは、一枚のカード3をセットする台紙
1aであって、カード3の対角部分の二箇所を挿入する
ための一対の長孔2、2を設けたものである。図中孔2
bは従来の台紙にはない、カードの有無の検知用の孔で
ある。
【0004】図2は台紙1に二枚のカード3、3を長孔
2、2および2a、2aにセットした状態を示す。台紙
1aには一枚のカード3が同様にセットされる。その状
態の図面は省略した。
【0005】図3はカードを挿入した台紙やシート状物
体を挿入するための封筒4であって、封筒本体4aの表
上縁に蓋4bが連続し、その境界の折り曲げ線5で折り
曲げて蓋4bを封筒本体4aの裏の上縁部に重ねて貼付
するか、または、封緘紙を貼付して使用するものであ
る。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】従来の台紙へのカード
のセット、カードをセットした台紙の封筒への挿入、し
ーと状物体の封筒への挿入蓋の貼付または封緘ラベルの
貼付、更には内容物の有無および内容物の枚数の検査は
すべて人手で行っているので、時間と人件費がかかる問
題がある。この発明はこれら作業をすべて自動化した装
置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】 カードの二つの対角部を挿入するための孔を設けた
台紙を積載し、上方へ付勢された昇降台を備えた台紙積
載用ラックと,前記台紙積載用ラックの上方で間欠回転
してラックに積載する最上部の台紙一枚を送り出すロー
ラーと、送り出された一枚の台紙をカードセット位置に
移送する複数のローラーと、カードセット位置でその一
枚の台紙を一時停止させるストッパーと、そのストッパ
ーによる停止解放後カードをセットした台紙を送り出す
ローラーとを備えた台紙移送機構と,カードを積載し、
上方へ付勢された昇降台を備えたカード積載用ラック
と,前記カード積載用ラックの上方で間欠回転してラッ
クに積載する最上部のカード一枚を送り出すローラー
と、送り出された一枚のカードを、前記台紙移送機構に
おいて送り出されて停止する台紙の下方に移送する複数
のローラーと、その位置でカードを停止させるストッパ
ーとを備えたカード移送機構と,前記カード移送機構の
送り出されたカードの停止位置の下方に、台紙の孔に対
応するカードの二つの対角部分を押し上げるための突き
上げ棒と、カードの二つの長手側部を押さえ、前記突き
上げ棒によるカードの対角部分を押し上げた後に回動し
てカード上より離脱することを可能とした爪とを備えた
カードセット機構と,を備えたカードセット機構と, 封筒を積載する昇降台を備えたラックと,そのラッ
クの上方で間欠回転してラックに積載する最上部の封筒
一枚を送り出すローラーと、開封板と、送り出された一
枚の封筒を開封状態で下方へ移送する複数のローラーと
を備えた封筒移送機構と,該封筒移送機構の下方で、移
送された封筒を立てて支持する二枚の垂直の支持板と,
カードをセットした台紙またはシート状物体を受け入
れ、前記支持板の上方に移送して一時停止させる台紙移
送機構と,前記一時停止している台紙またはシート状物
体を押して、支持板間に開封状態で支持されている封筒
内に台紙またはシート状物体を落下挿入させる機構と,
前記台紙またはシート状物体を挿入した封筒を横に移行
させる機構と,横に移行した封筒を、封筒の蓋を折り曲
げて送り出す機構と,よりなる台紙またはシート状物体
を封筒へ挿入する機構と, 前記各機構を作動させる駆動機構と, 前記各機構のための検知制御機構と, 外部電源に接続し、電流を開閉できる手段,とで台
紙にカードをセットし、その台紙またはシート状物体を
封筒に挿入する装置を構成する。
【0008】上記のカードセット機構と台紙または挨拶
状を封筒へ挿入する機構をそれぞれ別の装置とし、それ
らそれぞれの装置に駆動機構と制御機構、および、外部
電源に接続し、電流を開閉できる手段を設ける。
【0009】 カードをセットした台紙、または、シー
ト状物体を下方へ移行させる機構において、二枚の垂直
の支持板の上方で台紙またはシート状物体を一時停止さ
せる受板に対向して、横方向の中間部が縦に膨らんだ案
内板を備え、前記台紙またはシート状物体を前記受板よ
り落下させる機構に押されて台紙またはシート状物体が
曲げられて落下することを可能とするのが好ましい。
【0010】台紙、カード、または、封筒の積載用ラッ
クの最上部の台紙、カード、または、封筒一枚を送り出
し移送する機構において、台紙、カード、または、封筒
一枚を分離する機構を設けるのが好ましい。
【0011】
【作用】カードセット機構において、台紙積載の昇降台
は、積載する最上段の台紙が常に、ラックの上方で間欠
回転するローラーに接するよう上昇する。
【0012】台紙移送機構の、ラック上方のローラー
は、間欠回転して、ラックの昇降台に積載された最上段
の一枚の台紙を他のローラーの方へ移送する。台紙移送
機構の台紙一枚を分離する機構は、台紙一枚だけを分離
して移送することを確実にする。他のローラーは、送ら
れて来た一枚の台紙をストッパー位置まで移送する。ス
トッパーは、台紙をカードセット機構の上方で一時停止
させ、台紙にカードがセットされた後その停止を解放す
る。移送機構の端の一連のローラーは、カードをセット
した台紙を送り出す。
【0013】カード積載の昇降台は、積載する最上段の
台紙が常にラックの上方で間欠回転するローラーに接す
るよう上昇する。
【0014】カード移送機構のラック上方のローラー
は、間欠回転して、ラックの昇降台に積載された最上段
の一枚のカードを他のローラーの方へ移送する。カード
移送機構のカード一枚を分離する機構は、カード一枚だ
けを分離して移送することを確実にする。他のローラー
は送られて来たカードをストッパー位置まで移送する。
ストッパーは、カードを、一時停止している台紙の下方
で台紙の孔に正しく対応して停止させる。
【0015】カードセット機構の、突き上げ棒は、カー
ドの二つの対角部分を押し上げて、カードを曲げ、二つ
の対角部分の間隔を狭めて、その二つの先端縁を台紙の
二つの孔の中に位置させる。カード押さえの爪は、カー
ドの二つの長手側部を押さえて、前記突き上げ棒がカー
ドの二つの対角部分を押し上げたときにカードを曲げ、
回動してカードの長手側部より離脱して、カードを水平
に復元させ、その反動でカードの二つの対角部分を台紙
の二つの孔に挿入させ、カードを台紙へセットさせる。
【0016】駆動機構は、上記の台紙移送機構、カード
移送機構およびカードセット機構を作動させ、検知制御
機構は台紙、カード、枚数、有無を検知し、かつ、上記
各機構の関連した作動を制御する。
【0017】台紙等を封筒へ挿入する装置において、封
筒積載の昇降台は、積載する最上段の封筒が、ラックの
上方で間欠回転するローラーに常に接するように上昇す
る。
【0018】封筒移送機構のラック上方のローラーは、
間欠回転して、ラックの昇降台に積載された最上段の一
枚の封筒を他のローラーの方へ移送する。他のローラー
は、その封筒を、下方の支持板の間に開封、かつ、立っ
た状態で移送落下させる。
【0019】開封板は、封筒の移行中に、封筒の蓋の先
端に当たり、封筒本体の移行によって蓋を開封する。
【0020】台紙移送機構は、カードをセットした台紙
またはシート状物体一枚を受け入れて、下方の封筒の支
持板の上方で、一時停止させる。台紙移送機構の台紙等
一枚を分離する機構は、台紙等一枚だけを分離して移送
することを確実にする。
【0021】揺動部材は、二つのローラーを支持し、そ
れらのローラーが揺動部材の揺動により、一時停止して
いる台紙等を押して下で待機する封筒内へ落下させる。
その内下方のローラーは、支持板の間隔内の封筒を支持
板間隔の下方へ確実に達せしめる働きを合わせ持つ。
【0022】封筒を横に移行させる機構は、蹴り出しで
封筒を横に押し,封筒をローラーで封筒等の送り出し機
構の下方に横に移行させる。
【0023】封筒の送り出し機構は、蹴り出しで封筒を
持ち上げ、封筒の蓋を閉じてローラーで移行させて送り
出す。移行途中でガイド板により封筒の蓋をほぼ水平に
折り曲げる。
【0024】駆動機構は、ラックおよび各機構を作動さ
せ、検知制御機構は封筒、台紙の枚数、台紙にカードが
セットされているかどうかの検知および上記各機構の関
連した作動を制御する。
【0025】
【実施例】この発明にかかる装置の実施例を図面により
説明する。カードセット装置Aは、カードの台紙1を積
載するための台紙用ラック6と、台紙移送機構7と、カ
ード3を積載するカード用ラック8と、カード移送機構
9と、台紙1にカード3をセットするカードセット機構
10と、それらの機構の駆動機構11と、それら機構の
制御装置12とよりなる。
【0026】台紙用ラック6は、バネ(図示省略)によ
り上方へ付勢された台紙積載台13を有し、それに積載
した台紙1の最上段の一枚の上面が台紙移送機構7のロ
ーラー16の下方に接し、そのローラー16により台紙
1の一枚が送り出される毎に順次台紙積載台13が上昇
する公知の構造のものである。
【0027】台紙移送機構7の構成は次のとおりであ
る。すなわち、駆動機構11のベルトを装着するための
プーリー14を備えたシャフト15に設けたローラー1
6を台紙用ラック6の上方に設け、その側方、すなわち
図4において右側にローラー16と平行に、フリー回転
のローラー17を設け、更にローラー17の右側方に駆
動機構11のベルトを巻き掛けするためのプーリー18
を備えたシャフト19にプーリー20を設け、更に右側
に順次プーリー21、22、23を設け、プーリー20
と21、21と22、22と23にベルト24を巻き掛
け、プーリー20の回転により他のプーリー21、2
2、23が連動して回転するようにする。
【0028】そのシャフト19の、プーリー18を取付
端部と反対端部に、歯車20bを設け、プーリー20の
シャフト19に設けたローラー20aの下方に、ローラ
ー20aに対向してローラー20cを設け、ローラー2
0cのシャフトの端部に歯車(図示省略)を設け、これ
ら二個の歯車を噛合させて、ローラー20aと20cと
を連動させる。また、プーリー23のシャフトに歯車2
3bを設け、プーリー23のシャフトに設けたローラー
23aの下方にローラー23aに対向してローラー23
cを設け、そのローラー23cのシャフトに歯車(図示
省略)を設け、これら二個の歯車を噛合させて、ローラ
ー23aと23cとを連動させる。図5において、ロー
ラー20aが左回転することにより、ローラー20aの
下を台紙1がローラー23a方向へ移行する際に、ロー
ラー20cは右回転し、ローラー23aは左回転し、ロ
ーラー23cは右回転して台紙1の移行を円滑にする。
【0029】ローラー20a、21a、22a、23a
は、それらのシャフトを同一の枠25に軸受を介して取
り付けられ、その枠25は、図4において、ローラー2
0aの左側で、装置に軸止され、ローラー23a側から
枠25を持ち上げられるようにし、不良の台紙やカード
または異物等を取り除くことを可能とする。
【0030】ローラー20a乃至23aの下方を台紙1
が通過する際に、台紙1を支える床26の上面は、ロー
ラー16の下端よりも高くし、その段差間にゴム、合成
樹脂、コルク等よりなる傾斜板26を設ける。傾斜板2
6は、ローラー16と台紙1との摩擦力と、台紙1と傾
斜板26との摩擦力の差と、その傾斜により、ローラー
16に当接した一番上の台紙1を一枚だけ順次ローラー
20a、20c間に送る。
【0031】更にローラーの数を増やしてローラー間の
間隔を小さくすることにより、ローラー20a、20c
間より送られる台紙1の移行を円滑にしてもよい。
【0032】ベルト24は摩擦力のある丸紐ベルトと
し、その丸紐ベルトが下方を通過する台紙1の表面に接
するようにすれば、丸紐ベルトの回転により台紙1がロ
ーラー23a方向に移行するのが円滑に行われて好まし
い。この場合には、ローラー21a、22aを省略する
ことができる。
【0033】ローラー16のシャフト15には、クラッ
チブレーキ15aを取り付け、後述の制御器61に配線
接続して、制御器61の指令でローラー16を間欠回転
させる。
【0034】バネ27で上方へ付勢された棒28の上端
にストッパー29を設け、該ストッパー29を図5にお
いてローラー23a、23cの左側に突出させ、送られ
て来た台紙1を一時停止させ、台紙1にカード3がセッ
トされた後に、後述の制御器61の指令により、棒28
の下部と連結したソレノイド29aが作動して、バネ2
7に抗して棒28が引き下げられ、ストッパー29も同
時に下降し、カード3をセットした台紙1がローラー2
3a、23c間を通過して送り出される。
【0035】カード用ラック8は、バネ(図示省略)に
より上方へ付勢されたカード積載台30を二台備え、そ
れらに積載されたカード3のそれぞれの最上段の一枚の
上面がカード移送機構9のローラー31の下方に接し、
そのローラー31によりカード3の一枚が移送される毎
に順次カード積載台30が上昇する公知の構造のもので
ある。 二台のカード積載台30はそれぞれラッチによ
り停止を可能とし、一方のカード積載台30だけをラッ
チによる停止を解放して上昇可能とすれば、その一方の
カード積載台30だけを作動させて、台紙1または1a
に一枚のカード3をセットすることができる。
【0036】カード移送機構10は次のように構成す
る。すなわち、カード用ラック8の上方にローラー31
を設け、そのシャフト32にプーリー33を設け、その
プーリー33に駆動機構11のベルトを巻き掛け掛けし
て駆動機構11の作動によりローラー31を回転させ
る。
【0037】シャフト32にはクラッチブレーキ32a
を取り付け、後述の制御器61に配線接続し、制御器6
1の指令でローラー31を間欠回転させる。
【0038】カード3の移送方向、図4においては、ロ
ーラー31の上側、図6においてはシャフト32の右側
に、ローラー31に平行に、フリー回転のローラー34
を設ける。
【0039】ローラー34に次いでカード3の移送方向
にローラー35、36a、36b、36cを設け、ロー
ラー35のシャフトにはプーリーを設けて、それに駆動
機構11の丸紐ベルトを巻き掛けし、ローラー35と3
6a、35と36b、36bと36cとに丸紐ベルトを
巻き掛けしてローラー35の回転に連動してローラー3
6a、36b、36cも回転するようにする。
【0040】ローラー35の上方にローラー35に対向
してローラー35aを設け、ローラー35のシャフトに
歯車(図示省略)を設け、ローラー35aのシャフトに
歯車(図示省略)を設け、これら二個の歯車を噛合させ
ローラー35の回転により、ローラー35aが連動して
回転し、ローラー35と35a間をカード3を通過させ
る。
【0041】ローラー35、36a、36b、36cは
同一の径で、各シャフトは同一水平線上にあり、各ロー
ラーの上方接線は、カード積載台30上のカードの最上
段のカード3がローラー31および34に当接した際の
最上段のカード3の上面より高い位置にあり、その段差
間に、台紙移送機構7の傾斜板26と同様の材質の傾斜
板37を設ける。この傾斜板37は、傾斜板26と同様
に、確実にカード積載台30上の最上段のカード一枚を
ローラー35、35a間に送るためのものである。
【0042】カードセット機構10は、次のように構成
する。装置の基台38に立設した棒39を上下に摺動す
る支持部材40の先端部に、突き上げ棒41を垂直状態
で支持し、後述の駆動機構11のシャフトに設けたクラ
ンク52の回転により昇降する棒42の上端で、支持部
材40の下方を押して、突き上げ棒41の先端を移送さ
れたカード3を支持する支持板43より上方へ突出させ
ることを可能とする。支持板43は、その上面が、前述
のローラー35、36a、36b、36cの上方の接線
と同一か、またはやや下方に位置するように設ける。支
持板43には、その上方へ送られて来た台紙1の長孔2
に対応してカード3を停止させるためのストッパー44
を設ける。
【0043】突き上げ棒41は、移送されて停止した台
紙1の下方の支持板43上に、後述のとおり移送され停
止したカード3の対角部分を押すように、一枚のカード
3に対して一対設ける。図7に示す実施例においては二
枚のカード3を一枚の台紙1にセットするためのもので
あるので、突き上げ棒41を二対設ける。
【0044】クランク52の回動で突き上げ棒41、4
1により、カード3の対角部分が突き上げられたとき
に、カード3の2つの長手側部を押さえる爪45をカー
ド3一枚につき一対設ける。それぞれの爪45は、一端
が棒46に支持され、棒46は装置の固定部材に軸止さ
れ、その下端は、装置の固定部材に軸止された部材48
の、斜上方向きの傾斜面47に当接している。部材48
の軸止位置は、その傾斜面47の対角部分とする。
【0045】支持部材40には、上向きの突部49を設
け、支持部材40が上昇したときに、突部49が部材4
8の下面端部を押して部材48を回動させ、それにつれ
て部材48の傾斜面47が棒46の下端を押し、爪45
が、図6において右回りに回動して、爪45がカード3
から離れるようにする。突き上げ棒41の先端によるカ
ード3の突き上げと、爪45のカード3からの離脱のタ
イミングは、先ず突き上げ棒41の先端がカード3の二
つの対角部分を突き上げた後に、突部49の先端が部材
48の下面端部を押して爪45がカード3より離脱する
ように、突き上げ棒41と突部49の長さを設計する。
【0046】上記のカード移送機構9は、上記台紙移送
機構7における台紙1の移行方向に対して、カード3が
直角に移行して来て、停止した台紙1の下方で、カード
3の二つの対角部分が台紙1の長孔2に対応して、スト
ッパー44で停止するように配置する。
【0047】カードセット機構10は、カード移送機構
9の下方で、カード移送機構9により送られストッパー
44で停止したカード3の下方で、突き上げられた突き
上げ棒41の先端が、カード3の二つの対角部分を突き
上げ、カード3の上面が爪45に当接して押さえられる
ように配置する。
【0048】駆動機構11は、次のように構成する。モ
ーター50の主軸にスプロケット51を設ける。カード
セット機構10の棒42を昇降させるためのクランク5
2を備えたシャフト53を軸受を介して装置の基台38
に設け、そのシャフト53にスプロケット54を設け
る。更にもう一本のシャフト55を軸受を介して装置の
基台38に設け、そのシャフト55にスプロケット56
を設ける。
【0049】モーター50のスプロケット51と、シャ
フト53のスプロケット54と、シャフト55のスプロ
ケット56とにチェーン57を巻き掛け、モーター50
の主軸の回転に連動してスプロケット54、56を回転
させる。
【0050】シャフト55に、プーリー58aを設け、
該プーリー58aと台紙移送機構7のプーリー14とに
ベルト59aを、プーリー58aとプーリー20とにベ
ルト59bを巻き掛けし、シャフト55の回転に連動し
てプーリー14、およびプーリー20を回転させる。
【0051】シャフト55には更にプーリー58b、5
8cとを設け、プーリー58cと、カード移送機構9の
プーリー33とにベルト60aを、プーリー58bとロ
ーラー35のプーリーとにベルト60bを巻き掛けし、
シャフト55の回転に連動してプーリー33およびロー
ラー35のプーリーを回転させる。
【0052】シャフト53にはクランク52を備え、ク
ランク52にカードセット機構10の棒42の下端部を
軸止し、シャフト53の回転によりクランク52も回転
し、クランク52が棒42を昇降させる。
【0053】検知制御機構12は次のとおり構成する。
図において配線の図示を省略した。装置内の上方部に制
御器61を設ける制御器61とクラッチブレーキ15
a、32aとを配線で接続し、クラッチブレーキ15
a、32aに信号を送り、プーリー14、33の回転
を、ローラー16、31に断続して伝達させる。
【0054】台紙移送機構7のローラー16に近接して
センサー62を設け、制御器61と配線接続し、ローラ
ー16の下方の台紙1の有無を検知して、制御器61に
信号を送る。
【0055】ローラー22aとストッパー29の間にセ
ンサー63を設け、制御器61と配線接続し、台紙1の
位置とローラー16の回転・停止のための信号を制御器
61に送る。
【0056】カード移送機構9のローラー31に近接
し、それぞれのカード積載台30の上方にセンサー64
を設け、制御器61と配線接続し、ローラー31の下方
のカード3の有無を検知し、制御器61に信号を送る。
【0057】ローラー36aに近接して、センサー65
を設け、制御器61に配線接続し、カード3が二枚通過
したかどうかを制御器61に通報させる。
【0058】制御器61とソレノイド29aを配線接続
し、制御器61よりソレノイド29aに信号を送り、ソ
レノイド29aにより台紙移送機構7のストッパー29
を支持する棒28を昇降させて、ストッパー29を昇降
させる。
【0059】上記検知制御機構12の構成は一つの実施
例を示すものであって、それに限定するものでなく、例
えば上記各センサーによる各種の検知も、センサーを用
いないでマイクロスイッチを用いたり、ローラーの回転
数または角度の設定などによる公知の方法を採用するこ
とができる。
【0060】なお、装置の各部分の作動のタイミングを
適正にするために、モーター50のシャフトの回転に連
動するシャフト、例えばシャフト55にプーリーを設
け、そのプーリーとロータリーエンコーダーとにタイミ
ングベルト等を巻き掛け、ロータリーエンコーダーより
タイミングの信号を出して回転軸の位置を検出し、制御
器61に通報させるようにしてもよい。
【0061】以下カードセット装置Aの作動状況を説明
する。先ず、台紙用ラック6の台紙積載台13上に台紙
1を積載し、最上段の台紙1の上面をローラー16の下
方稜線に当接させる。
【0062】次いで、スイッチ(図示省略)を入れてモ
ーター50を作動させると、モーターの回転によりチェ
ーン57によりスプロケット56が回転し、シャフト5
5が連動して回転し、台紙移送機構7のローラー16、
20aがベルト59a、59bにより回転し、ベルトに
よりそれらに連動してローラー21a、22a、23a
が回転する。
【0063】ローラー16が回転すると、ローラー16
が最上段の台紙1をローラー17の下方と傾斜板26と
の間に送る。その際に、ローラー16と台紙1との摩擦
力と、台紙1と傾斜板26との摩擦力の差、および傾斜
板26の傾斜により、台紙一枚だけが送られる。ローラ
ー17はフリーローラーであるので、台紙1が通過する
間だけ回転する。
【0064】台紙1がローラー20aと20cとの回転
で送られ、順次他のローラーで送られて、台紙1の後端
縁がローラー16より離れると、制御器61の指令でク
ラッチブレーキ15aによりローラー16の回転が止ま
る。ローラー20a、21a、22a、23aは回転を
続ける。このためには、送り出された台紙1の位置をセ
ンサーにより検知するか、または、ローラー16が回転
を開始してから台紙1の後端縁がローラー16より離れ
るまでのローラー16の回転数、回転角度を予め制御器
61にプログラムし、その回転数、回転角度を回転する
と制御器61よりの指令でクラッチブレーキ15aが作
動してローラー16の回転が停止するようにする。
【0065】他方、前記のモーター50のスイッチを入
れる前に、カード用ラック8にカード3を積載し、その
最上段のカード3の上面をローラー33の下方の稜線に
当接させ、前記のとおりモーター50のスイッチを入れ
る。
【0066】モーター50が作動すると、チェーン57
によりスプロケット56が回転し、ベルト60a、60
bによりカード移送機構9のローラー31、35が回転
し、ローラー35の回転に連動してローラー36a、3
6b、36cが回転する。
【0067】ローラー31が回転すると、最上段のカー
ド3はローラー31に押されて、ローラー32と傾斜板
37との間を移行する。この際、前記台紙移送機構7に
おいて説明したのと同様の理由で、ローラー31、34
および傾斜板37がカード用ラック8の各カード積載台
30の最上段の一枚のカードだけを送る。
【0068】カード3は、更にローラー35と35aの
間に入り、それらのローラーに押され、ローラー36
a、36b、36cにより移送されて、カード3の先端
縁がストッパー44に当接して止まる。この際、カード
3は爪45の下に位置し、かつ、前述の停止した台紙1
の下方で、カード3の二つの対角部分が台紙1の一対の
長孔2に対応している。なお、カード3の後端縁がロー
ラー31から離れたときに、制御器61の指令でクラッ
チブレーキ32aが作動してローラー31の回転が停止
する。
【0069】カード3が台紙1の下方に停止すると、ク
ランク52の回転によりカードセット機構10の棒42
が上昇し、その先端で支持部材40を押すと、支持部材
は棒39を摺動して上昇し、支持部材40に支持された
一対の突き上げ棒41の先端がカード3の対角部分を押
し、一対の爪45がカード3に当接しているので、突き
上げ棒41の先端に当接した対角部分だけが持ち上が
り、対角部分の先端間の間隔が狭まり、二つの対角部分
の先端が一対の長孔2内に位置する。
【0070】突き上げ棒41によるカード3の突き上げ
にわずかタイミングを遅らせて、支持部材40に支持さ
れた突部49の先端が部材48の下面端部を押し上げ、
部材48はその傾斜面の対角部分で軸止されているので
図6において右廻りの回転をして、その傾斜面に棒46
の下端が当接し、棒46の上方先端の爪45も図6にお
いて右廻りに回転して、爪45がカード3の上面から離
脱する。その際に、突き上げ棒41の先端はカード3の
対角部分を押し上げたままで、カードは水平に復元する
ので、その力でカード3の対角部分が長孔2内に入り、
カード3が台紙1にセットされる。
【0071】台紙1にカード3がセットされると、モー
ター50の作動によるクランク52の回転により、棒4
2が下降し、従って、支持部材40、突き上げ棒41、
突部49が下降し、爪45が元に戻り、制御器61から
の信号でソレノイド29aが作動して棒28が引き下げ
られて、ストッパー29が下降し、台紙移送機構7の各
ローラーの回転により、カード3をセットした台紙1が
装置外へ押し出される。
【0072】制御器61の指令でクラッチブレーキ15
aが作動して、再びローラー16が回転し、台紙積載台
13上の台紙1の一枚を送り出し、上記の作動を繰り返
して台紙1にカード3をセットして送り出す。
【0073】台紙1、1aの代わりに、台紙1に三枚ま
たはそれ以上のカード3をセットするための三対または
それ以上の対の孔2を設け、カード用ラック8に三また
はそれ以上のカード積載台30を設け、カードセット機
構10の突き上げ棒41および爪45の数をカード積載
台30の数に応じた数とすれば、台紙1に三枚またはそ
れ以上のカード3をセットすることができる。また、上
記のカード積載台30のうち、所望のカード積載台30
を下げて係止しておくことにより、任意の数のカード3
を台紙1にセットすることができる。
【0074】台紙またはシート状物体を封筒に挿入する
装置(以下封入装置Bという)は次のとおり構成する。
【0075】前記カードセット装置Aより供給を受ける
か、または、別に設けたラックより供給を受けて、シャ
フト100からベルト駆動される二連のローラー157
と157a、158と158aとの間に挟まれて送られ
たカードをセットした台紙1または挨拶状、写真等シー
ト状物体の受板101を、装置の上方に設けたシャフト
102に固定した支持部材103で保持する。シャフト
102にギヤー104を設ける。
【0076】支持部材103の下方に設けたシャフト1
05に扇形ギヤー106を回動自在に軸止し、ギヤー1
04と扇形ギヤー106とを噛合させる。扇形ギヤー1
06には腕部107を固定し、その先端を、主軸108
に設けたクランク109の寒天により昇降する棒体11
0の先端に軸止する。
【0077】扇形ギヤー106の下方に傾斜した案内板
111を設け、扇形ギヤー106の回動により受板10
1が下方に傾動し、案内板111の面を過ぎると、受板
101上の台紙等が案内板111上に移り、滑落する。
案内板111の下方に受板112を設け、滑落して来た
台紙等を受けて一時停止させる。
【0078】案内板111に対向し、かつ、案内板11
1と台紙等が通過しうる小間隔を空けて案内板113を
設ける。案内板113は縦方向に中間部を両脇よりも膨
出させると、受板112に停止する台紙等の中間部を押
して台紙1を反り返らせ、台紙等を後述の封筒4へ容易
に挿入できて好ましい。
【0079】案内板111の背後に、後述駆動機構によ
り回転するシャフト114を設け、そのシャフト114
を軸として駆動機構のクランク(図示省略)で揺動する
揺動部材115を設け、その揺動部材115に、ベルト
でシャフト114と連動するローラー116と、ベルト
でローラー116と連動するローラー117とを設け
る。ローラー116および117は、後述の封筒4が下
方に停止した後に、揺動部材115の揺動により、受板
112上に停止している台紙等の下部を押して、台紙等
を受板112より封筒4内へ挿入させるためのものであ
る。また、ローラー117は、後述の封筒4の下方への
落下を確実にし、正しく下方まで移行させる働きをも兼
ねる。
【0080】装置内の前記台紙等の一時停止位置の反対
側の側方に封筒積載用のラック118を設け、ラック1
18には後述の駆動機構により上方に付勢された封筒積
載台119を設ける。
【0081】ラック118の上方にローラー120を設
け、更にローラー120に平行に、装置の内部方向に、
順次ローラー121、122を、ローラー120よりは
少しく高い位置に設け、ローラー121の下方にはロー
ラー123を、ローラー122の下方にはローラー12
4を設ける。
【0082】ローラー124はシャフト100に設けた
プーリー100aとベルトで連動し、ローラー122と
124とは、それぞれのシャフトに設けたギヤー(図示
省略)を噛合させて連動させ、ローラー121はベルト
でローラー122と連動させ、ローラー120はクラッ
チブレーキを介してベルトでローラー121と連動さ
せ、ローラー123はそのシャフトに設けたギヤー(図
示省略)とローラー124のシャフトに設けた前記ギヤ
ーとを噛合させて連動させる。ローラー123は、その
シャフトの回転が、ギヤーでローラー124と連動して
いるので、ローラー123は、封筒を押し戻す方向に回
されており、ローラー120により送り出された封筒1
が二枚以上重なっている場合に、最上部の一枚以外をラ
ック側に戻す働きをする。封筒が一枚だけ取り出された
場合には、ローラー123は軸とローラーがスリップし
てローラー121につれ回りするように、プーリーと軸
との摩擦力を適正に調節する。
【0083】ラック118の上方で、装置内方側に上方
へ傾斜する案内板125を設け、ローラー120で送り
出される一枚の封筒4をローラー121、122と12
3、124間へ案内する。
【0084】ローラー121と122との間には、送ら
れて来る封筒4の蓋4bの先端が当たることによって、
蓋4bを開封状態にする開封板126を設ける。
【0085】ローラー124の下方に案内板127を設
け、それに対向してローラー128と、その下方にロー
ラー128とベルトで連動するローラー129を設け、
ローラー128と129により、上方のローラー122
と124の間を通過した台紙等が案内板127の面に沿
って下方へ移送するようにする。
【0086】台紙等の受板112と案内板127の下方
に、ローラー128と129により移送された封筒4
を、開封の状態で、立てて支持する二枚の垂直の支持板
130と130aとを、封筒4が入る間隔を空けて立設
する。
【0087】支持板130と130aの一方の側方には
切り欠き(図示省略)を設け、その切り欠きに対向した
突部を有する蹴り出し131の下端部を装置の基台38
に固定した部材に軸止し、その側方に後述の駆動機構に
より回動するカム132を設け、封筒4に台紙等の挿入
が完了すると、その封筒を蹴り出し131で横に押すこ
とを可能にする。
【0088】支持板130と130aにおいて、蹴り出
し131が設けられている側方の反対側の側方寄りの中
間に切り欠き(図示省略)を設け、その位置に二つのロ
ーラー133と134とを対向させ、更に前記反対側側
方に二つのローラー135と136とを対向させ、それ
ら二組の対向したローラーのそれぞれのシャフトにギヤ
ーを設けて噛合させ、後述の駆動機構により連動させ
る。これらローラーは、蹴り出し131で押され、ロー
ラー133と134間に入った封筒4を、ローラー13
5と136との間に送り、ローラー135と136が更
に横へ送って、次に説明する封筒送り出し機構の下方へ
送り、ストッパー(図示省略)が停止させる。封筒4の
最初の停止位置と横移送されて停止する位置の中間の上
方に、封筒4の移行時に蓋4bに当接して蓋4bを水平
に(90度)に倒す蓋折り曲げのガイド部材164を設
ける。
【0089】封筒送り出し機構は次のとおり構成する。
前記のとおり、封筒4が横に移行して停止する位置の上
方に、ギヤーで連動する二つのローラー137、138
を横に対向させて設け、装置内上方側方にギヤーで連動
する二つのローラー139、140を上下に対向させて
設ける。
【0090】ローラー137、138の上方からローラ
ー139、140の側方間に湾曲傾斜する案内板141
を設ける。案内板141の上面に、案内板141に対向
して、下方より順次プーリー142、143、144を
設ける。これらプーリーは三個に限定するものではな
く、更に増加させてもよい。
【0091】後述の駆動機構のモーターのシャフトとベ
ルトでローラー139とを連動させ、ローラー140は
ギヤーでローラー139と連動させ、プーリー144は
ベルトでローラー140と、プーリー143はプーリー
144と、プーリー142はプーリー143とベルトで
順次連動させ、ローラー138はベルトでローラー13
9と連動させ、ローラー137はギヤーでローラー13
8と連動させる。
【0092】上記ローラーおよびプーリーの連動順序は
上記に限定するものでなく、ローラー139以外のロー
ラーとモーターのシャフトを連動させ、そのローラーと
他のローラーまたはプーリーとを順次連動させるように
してもよい。
【0093】封筒4が横に移行して停止する位置の下方
に、主軸108に設けたカム159により揺動するレバ
ーに取り付けた棒体160により回動される傘歯車60
aに噛合して連動して回動する傘歯車145に一端を軸
止し、傘歯車145の回動により上下に回動する蹴り出
し146を設ける。 支持板130、130aには、蹴
り出し146が回動できるスリットを設ける。
【0094】上記封筒送り出し機構において、封筒4の
送り出しは次のようにする。蹴り出し146が上方への
回動で封筒4を持ち上げ、封筒4の上縁をローラー13
7と138の間へ挿入させる。その際に、封筒4の蓋4
aが水平状態になっているので、蓋4aがローラー13
7に当たり、ローラー137と138との間を通過する
際に、蓋4aは閉じられる。ローラー137と138の
回転で封筒4を上方へ移行させ、封筒4は案内板141
に案内され、プーリー142、143、144間に掛け
られたベルトの回転で移行し、上縁がローラー139と
140との間へ挿入され、ローラー139と140との
回転により装置外へ押し出される。プーリー142、1
43、144のかわりに、ローラーを設けて封筒をロー
ラー139と140との間へ移行させてもよい。
【0095】駆動機構は、封筒積載台119を上昇させ
る駆動機構と、封筒4と台紙1とを移行させて、台紙を
封筒に挿入し、その封筒を送り出す駆動機構とよりな
る。
【0096】ラック用の駆動機構は、ラック118の側
方に、モーター147のシャフトのスプロケットとプー
リー149と同軸のスプロケットにチエーンを巻き掛け
て連動させ、上下二個のプーリー149、150との間
に更に二個のプーリーをを設け、それらプーリーをベル
ト148で連動させ、ベルト148に封筒積載台119
に固定した部材の突部151を噛ませて、ベルト148
の回転により封筒積載台119を上昇させる。封筒積載
台119の上昇は、バネで封筒積載台119を上方へ付
勢させることも可能であるが、積載した個々の封筒4内
の空気量により幾分膨れて、その度合いに差があるの
で、ベルト148の回転により上昇させるのが好まし
い。突部151をレバーの回動で解放させることよに
り、封筒積載台119を手動で下降させることができ
る。
【0097】封筒4と台紙1とを移行させ、台紙1を封
筒4に挿入し、その封筒4を送り出す機構の駆動機構は
次のとおりである。
【0098】モーター152のモーターのシャフト15
2aのスプロケット153とシャフト100に設けたス
プロケット154とにチェーンを巻き掛けて、装置上方
の台紙入口156の側方の二連のローラー157、15
7aと、158、158aのうちローラー157aとシ
ャフト100とを数個の中間駆動プーリー(図示省略)
を介して、ベルトで連動させ、157aと157とはギ
ヤーで、157と158とはベルトで、158と158
aとはギヤーで連動させる。
【0099】モーターシャフト152aのスプロケット
153と主軸108のスプロケット155とはチェーン
を巻き掛けし、二つのスプロケットを連動させる。スプ
ロケット154の回転により、主軸108の端部に設け
たクランク109の回動により棒体110が昇降し、扇
形ギヤー106が回動し、それにつれてギヤー104が
回動し、受板101が上下に回動する。
【0100】シャフト100のプーリー100aとロー
ラー124のプーリーとにベルトを巻き掛けして連動さ
せる。ローラー124は、そのシャフトに設けたギヤー
で、ローラー122と123のシャフトのギヤーを回転
させてローラー122と123とを連動させる。ローラ
ー123は、前述のとおり、その上方のローラー121
との間を二以上の封筒が重なって通過するときには、ロ
ーラー121の回転と逆回転して、最上部の封筒以外を
ラック方向に戻し、封筒一枚だけ通過するときにはスリ
ップしてローラー121につれ回りする。ローラー12
2のシャフトのプーリーとローラー121のシャフトの
プーリーとにベルトを巻き掛け、ローラー121のシャ
フトのプーリーとローラー120のシャフトのプーリー
とにベルトを巻き掛けて、ローラー121と120とを
連動させる。ローラー120のシャフトにはクラッチブ
レーキ(図示省略)を設けて、ローラー120の所定の
回転角度によりローラー120を間欠回転させる。ロー
ラー123は、前述のとおり、封筒の移行方向に対して
逆回転し、二枚以上の封筒が重なって要る場合に、その
最上部の封筒以外の封筒を逆送りする。
【0101】ローラー128のシャフトのプーリーとロ
ーラー124のシャフトのプーリーにベルトを巻き掛け
て、ローラー128とローラー124とを連動させる。
ローラー129のシャフトのプーリーとローラー128
のシャフトのプーリーとにベルトを巻き掛けて、ローラ
ー129と128とを連動させる。
【0102】シャフト114に設けたギヤーで連動する
ギヤーのシャフト114aに設けたプーリーとローラー
124のシャフトに設けたプーリーとにベルトを巻き掛
けしてシャフト114に設けたプーリーを連動させる。
ローラー116のシャフトのプーリーとシャフト114
のプーリーとにベルトを巻き掛けて、ローラー116と
シャフト114のプーリーとを連動させる。ローラー1
17のシャフトのプーリーとローラー116のシャフト
のプーリーにベルトを巻き掛けて、ローラー117と1
16を連動させる。
【0103】主軸108に設けたカムにより揺動部材1
15を揺動させる。主軸108に設けたカム132が回
転して蹴り出し131を押す。
【0104】封筒4を横に移行させるローラーの内ロー
ラー135をベルトでローラー133と連動させ、ロー
ラー133をベルトでプーリー129と連動させ、プー
リー129はベルトでプーリー128と連動する。
【0105】主軸108に設けたカム159により揺動
されるレバーに取り付けた棒体160により回動される
傘歯車160aが傘歯車145を回転させ、蹴り出し1
46を回動させる。
【0106】モーター152のスプロケット153とシ
ャフト100のスプロケット154とにチェーンをまき
かけて連動させ、ローラー139のプーリーとにベルト
を巻き掛けて連動させ、ローラー139のプーリーとロ
ーラー138のプーリーとにベルトを巻き掛けて連動さ
せ、ローラー139のギヤーとローラー140のギヤー
とを噛合させ、ローラー140のプーリーとプーリー1
44、プーリー144とプーリー143にベルトを巻き
掛け、プーリー143と142とにベルトを巻き掛けて
連動させる。ローラー138のギヤーとローラー137
のギヤーとを噛合させて連動させる。
【0107】検知制御機構は次のとおりである。台紙入
口156とローラー157との間に台紙4が移送されて
来たことを確認通報するためのセンサーを設ける。封筒
用のラック118に封筒積載台119の上限を確認通報
するセンサーをもうける。ローラー120の側方に、ロ
ーラーの回転角を確認通報するセンサーを設ける。支持
板130、130aの下方に、封筒4が支持板間にセッ
トされたことを確認通報するセンサーを設ける。支持板
130、130aの側方に、封筒内のカードまたはシー
ト状物体を検知確認して通報するためのセンサーを設け
る。封筒4の横送り停止ストッパーの側方に横送り完了
を確認通報するためのセンサーを設ける。装置の上部に
ラベラーを設けた場合には、プーリー144の側方に、
封緘ラベルを貼付するタイミングを確認通報するための
センサーを設ける。主軸108の側方に、全体の駆動軸
の回転角を確認通報のためのセンサーを設ける。各セン
サーの図示省略した。センサーを設ける位置は、上記の
位置に限定するものでなく、他の位置にも設けてもよ
い。
【0108】制御器161を設け、上記センサーを配線
で制御器161に接続する。配線は図示省略した。
【0109】主軸108の側方にロータリーエンコーダ
ー162を設け、主軸108のプーリー163とにタイ
ミングベルト等を巻き掛け、ロータリーエンコーダー1
62よりタイミングの信号を出して回転軸の位置を検出
し、制御器161に通報させるようにするのが好まし
い。
【0110】封入装置Bには、モーター147、152
および制御器161を外部電源に接続するための手段
(図示省略)と、その接続を開閉するスイッチ(図示省
略)を設ける。
【0111】この封入装置Bを用いて、封筒4に台紙を
挿入して送り出すのは、次のとおり行われる。すなわ
ち、まず電源のスイッチをONにする。カードセット装
置Aにより台紙1にカード3がセットされて送り出され
ると、その台紙1は、封入装置Bの台紙入口156より
ローラー157と157a、158と158aに送られ
て受板101上に至る。
【0112】クランク109の回転により、扇形ギヤー
106が図11において右へ回動すると、ギヤー104
が左廻りに回動して支持部材103が左廻りし、それに
つれて受板101も左廻りし、案内板111を過ぎてな
お左廻りすると、受板101上の台紙1は受板101よ
り離れ、案内板111に案内されて滑落し受板112に
より受け止められる。クランク109の回転で扇形ギヤ
ー106が反対に回動し、受板101は持ち上げられて
水平となり、次の台紙1を受け入れる。
【0113】一方封筒積載台119に封筒4の裏側を上
にし、底を装置の内方向に向けて積載し、モーター14
7の作動で最上段の封筒4がローラー120に当接する
よう、封筒積載台119が上昇する。
【0114】ローラー120が回転して最上段の封筒4
の一枚をローラー121と123、122と124の間
に送る。この際、逆転ローラー123および傾斜する案
内板125は、確実に封筒一枚を移送するのを助ける。
【0115】封筒4がローラー121から122へ移送
される間に、蓋4bの先端が開封板126に当たり、封
筒本体4aが先に移送されるので、蓋4bは開かれ、そ
の状態で封筒4は案内板127に案内され、ローラー1
28と129に送られて支持板130と130aとの間
に落下する。
【0116】次いで揺動部材115が揺動して、台紙等
を受板112より離して案内板113に当接させ、ロー
ラー117が封筒4を支持板130と130aとの間の
底まで送り、ローラー116と117等が台紙1を押し
て、台紙等を案内板113に沿って落下させ、下に待機
している封筒4内に送り込む。ローラー116と117
ガ台紙等を案内板113に押した際に、案内板113の
中間部が膨れているので、台紙等が曲げられて封筒4に
容易に挿入される。
【0117】封筒4に台紙1が挿入されると、カム13
2の回転により蹴り出し131が封筒4を横に押して、
封筒4はローラー133と134、次いでローラー13
5と136の間を順に横に移行し、移行途中で蓋4bが
ガイド部材164で90度水平に曲げられ、ストッパー
まで横に移行して止まる。
【0118】次いで、蹴り出し146が回動して、封筒
4を押し上げ、封筒4は、蓋4bが水平状態にあるの
で、ローラー137に当たって折り曲げ線5で曲げら
れ、折り曲げられた縁部よりローラー137と138に
入り、蓋4bが蓋本体4aの裏面に接した状態で、プー
リー142、143、144間に巻き掛けたベルトの回
転ににより、案内板141に案内されてローラー139
と140の間に入り、ローラー139と140の回転に
より送り出される。プーリー142、143、144間
に巻き掛けたベルトで封筒を移送する代わりに、連動す
る複数のローラーを設けてそれらのローラーで封筒を移
送してもよい。
【0119】装置の上部にラベラーを設け、プーリー1
43と144との間で、蓋4bと蓋本体4aとに封緘ラ
ベルを貼付するようにするのが好ましい。
【0120】カードセット装置Aと封入装置Bとに係止
具を設け、カードセット装置Aのカードセット済台紙の
送り出し口と、封入装置Bの台紙入口156とを対向さ
せて、両装置を係止連結させるのが好ましい。また、駆
動モーターをチェーン等により連係させ、両装置の動作
タイミングを一致させるか、または、単一のモーターで
駆動してもよい。更に、制御器をどちらか一方にまとめ
てもよい。
【0121】カードセット装置Aと封入装置Bとを係止
連結させないで、封入装置B単独で使用するために、封
入装置Bの台紙入口156の側方に、カードセット装置
Aの台紙用ラック6と同様の構造の台紙等のラックを設
け、その上方に、カードセット装置の台紙移送機構と同
様に、クラッチブレーキを備えて間欠回転するローラー
を設け、このローラーの回転により台紙用ラックの最上
段の一枚のカードセット済の台紙をローラー157と1
57aとの間に移送させるようにしてもよい。この場
合、台紙等のラックに挨拶状等シート状物体を積載すれ
ば、封筒4にシート状物体を自動的に封入することがで
きる。
【0122】カードセット装置Aと封入装置Bをそれぞ
れ独立の装置としないで、両装置のそれぞれの機構をま
とめて一台の装置としてもよい。この場合には、制御装
置61と161とを一つの制御器にまとめてもよく、ま
た、モーター50と152とを何れか一方のモーターに
し、そのモーターで両装置の駆動機構を駆動させてもよ
い。
【0123】上記いずれの装置においても、台紙積載
台、カード積載台および封筒積載台をエアーシリンダー
で上昇させることも可能である。
【0124】上記いずれの装置においても、各所に設け
たセンサーおよび二枚送り防止機構と、処理枚数を制御
器に支持し、更に、途中経過を表示することにより、枚
数のや誤動作を防止できる。特に、台紙に孔2bを設け
て光の透過度の差を利用した検査機構を用いた場合に
は、台紙等が封筒に挿入された後に、封筒内の内容物を
検査することができ、他の方式に比べて小形、軽量、安
価に製造でき、また、人手によらずに迅速に検査でき
る。
【0125】
【発明の効果】この発明による装置は、移送された台紙
の下方にカードを移送しそれらの下方にカードセット機
構を設けており、また、封筒を下方に移送して立て、そ
の封筒へ台紙等を上方より挿入し、その封筒を上方へ送
り出す等各機構を上下に構成しているので、小形化で
き、従って安価に製造でき、卓上に置く等設置に場所を
とらず、また、台紙にカードをセットし、その台紙を封
筒に挿入することをすべて自動的に速く、誤りを防止し
て精確に、容易に行うことができ、作業に要する時間と
費用を節約することができる。
【0126】また、装置の台紙を挿入する機構におい
て、その封筒送り出し機構にラベラーを設ければ、封筒
の封緘も自動的に行えて、時間と費用をさらに節約する
ことができる。
【0127】台紙にカードをセットする機構と、カード
をセットした台紙を封筒に挿入する機構とを分離して、
それぞれ別の装置としたものは、購入経費の問題によ
り、いずれか一方を採用して経費を節約することができ
る。
【0128】カードをセットした台紙を封筒に挿入する
機構、または、その独立した装置は、カード以外に、挨
拶状等シート状物体を自動的に封筒に挿入することがで
きる。
【0129】なお、この発明に係る装置は、台紙または
シート状物体を封筒内に送り込む機構において、案内板
の横方向の中間部を送りローラー方向へ膨らませば、送
りローラーと案内板により台紙またはシート状物体を湾
曲させて、他の複雑な機構を用いることなく、容易に短
時間で台紙等を封筒に挿入できる。
【0130】また、カードを台紙にセットする機構にお
いて、突き上げ棒と爪でカードを湾曲させた後に水平に
復元させると言う簡単な機構でカードをセットしている
ので、カードのセットが短時間に容易にでき、また、装
置を安価に製造できる。
【0131】駆動源をモーターのみにすることにより、
他の方式に比べて騒音が少なく、排気ガス等排出物がな
い。また、装置を小形にできる利点がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】台紙の平面図である。
【図2】カードをセットした台紙の平面図である。
【図3】封筒の背面図である。
【図4】カードセット装置の平面図である。
【図5】カードセット装置の台紙移送機構側の側面図で
ある。
【図6】カードセット装置のカード移送機構側の側面図
である。
【図7】カードセット装置の平面図である。
【図8】台紙移行機構の駆動説明図である。
【図9】カード移行機構の駆動説明図である。
【図10】図4と同一図面によるカードセット装置の検
知制御機構の説明図である。
【図11】封入装置の内部側面図である。
【図12】封入装置の内部の要部の平面図である。
【図13】封入装置の封筒送り出し機構の側面図であ
る。
【図14】封入装置の内部の要部の側面図である。
【図15】封入装置の内部の要部の正面図である。
【図16】封入装置の要部駆動説明図である。
【図17】封入装置の、台紙を挿入した封筒の横移行機
構の駆動説明図である。
【図18】封入装置の、台紙を挿入した封筒の送り出し
機構の駆動説明図である。
【図19】封入装置のラックおよび封筒移送機構の駆動
説明図である。
【符号の説明】
1 台紙 1a 台紙 2 長孔 2a 長孔 2b 孔 3 カード 4 封筒 4a 袋本体 4b 蓋 5 折り曲げ線 A カードセット装置 6 台紙用ラック 7 台紙移送機構 8 カード用ラック 9 カード移送機構 10 カードセット機構 11 駆動機構 12 制御機構 13 台紙積載台 14 プーリー 15 シャフト 15a クラッチブレーキ 16 ローラー 17 ローラー 18 プーリー 19 シャフト 20、21、22、23、 プーリー 20a、21a、22a、23a ローラー 20b、23b 歯車 24 ベルト 25 枠 26 傾斜板 27 バネ 28 棒 29 ストッパー 29a ソレノイド 30 カード積載台 31 ローラー 32 シャフト 32a クラッチブレーキ 33 プーリー 34 ローラー 35、35a ローラー 36a、36b、36c ローラー 37 傾斜板 38 基台 39 棒 40 支持部材 41 突き上げ棒 42 棒 43 支持板 44 ストッパー 45 爪 46 棒 47 傾斜面 48 部材 49 突部 50 モーター 51 スプロケット 52 クランク 53 シャフト 54 スプロケット 55 シャフト 56 スプロケット 57 チエーン 58a プーリー 58b プーリー 58c プーリー 59a ベルト 59b ベルト 60a ベルト 60b ベルト 61 制御器 62 センサー 63 センサー 64 センサー 65 センサー B 封入装置 100 シャフト 100a、100b、100c プーリー 101 受板 102 シャフト 103 支持部材 104 ギヤー 105 ギヤー 106 扇形ギヤー 107 腕部 108 主軸 109 クランク 110 棒体 111 案内板 112 受板 113 案内板 114 シャフト 115 揺動部材 116 ローラー 117 ローラー 118 ラック 119 封筒積載台 120 ローラー 121 ローラー 122 ローラー 123 ローラー 124 ローラー 125 案内板 126 開封板 127 案内板 128 プーリー 129 プーリー 130 支持板 130a 支持板 131 蹴り出し 132 カム 133 ローラー 134 ローラー 135 ローラー 136 ローラー 137 ローラー 138 ローラー 139 ローラー 140 ローラー 141 案内板 142 プーリー 143 プーリー 144 プーリー 145 傘歯車 146 蹴り出し 147 モーター 148 ベルト 149 プーリー 150 プーリー 151 突部 152 モーター 152 モーターシャフト 153 スプロケット 154 スプロケット 155 プーリー 156 台紙入口 157 ローラー 157a ローラー 158 ローラー 158a ローラー 159 カム 160 棒体 160a 傘歯車 161 制御器 162 ロータリーエンコーダー 163 プーリー 164 ガイド部材

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 カードの二つの対角部を挿入するた
    めの孔を設けた台紙を積載し、上方へ付勢された昇降台
    を備えた台紙積載用ラックと,前記台紙積載用ラックの
    上方で間欠回転してラックに積載する最上部の台紙一枚
    を送り出すローラーと、送り出された一枚の台紙をカー
    ドセット位置に移送する複数のローラーと、カードセッ
    ト位置でその一枚の台紙を一時停止させるストッパー
    と、そのストッパーによる停止解放後カードをセットし
    た台紙を送り出すローラーとを備えた台紙移送機構と,
    カードを積載し、上方へ付勢された昇降台を備えたカー
    ド積載用ラックと,前記カード積載用ラックの上方で間
    欠回転してラックに積載する最上部のカード一枚を送り
    出すローラーと、送り出された一枚のカードを、前記台
    紙移送機構において送り出されて停止する台紙の下方に
    移送する複数のローラーと、その位置でカードを停止さ
    せるストッパーとを備えたカード移送機構と,前記カー
    ド移送機構の送り出されたカードの停止位置の下方に、
    台紙の孔に対応するカードの二つの対角部分を押し上げ
    るための突き上げ棒と、カードの二つの長手側部を押さ
    え、前記突き上げ棒によるカードの対角部分を押し上げ
    た後に回動してカード上より離脱することを可能とした
    爪とを備えたカードセット機構と,を備えたカードセッ
    ト機構と, 封筒を積載する昇降台を備えたラックと,そのラッ
    クの上方で間欠回転してラックに積載する最上部の封筒
    一枚を送り出すローラーと、開封板と、送り出された一
    枚の封筒を開封状態で下方へ移送する複数のローラーと
    を備えた封筒移送機構と,該封筒移送機構の下方で、移
    送された封筒を立てて支持する二枚の垂直の支持板と,
    カードをセットした台紙またはシート状物体を受け入
    れ、前記支持板の上方に移送して一時停止させる台紙移
    送機構と,前記一時停止している台紙またはシート状物
    体を押して、支持板間に開封状態で支持されている封筒
    内に台紙またはシート状物体を落下挿入させる機構と,
    前記台紙またはシート状物体を挿入した封筒を横に移行
    させる機構と,横に移行した封筒を、封筒の蓋を折り曲
    げて送り出す機構と,よりなる台紙またはシート状物体
    を封筒へ挿入する機構と, 前記各機構を作動させる駆動機構と, 前記各機構のための検知制御機構と, 外部電源に接続し、電流を開閉できる手段と,を備
    えたことを特徴とする、台紙にカードをセットし、その
    台紙またはシート状物体を封筒に挿入する装置。
  2. 【請求項2】 カードの二つの対角部を挿入するための
    孔を設けた台紙を積載し、上方へ付勢された昇降台を備
    えた台紙積載用ラックと,前記台紙積載用ラックの上方
    で間欠回転してラックに積載する最上部の台紙一枚を送
    り出すローラーと、送り出された台紙をカードセット位
    置に移送する複数のローラーと、カードセット位置でそ
    の一枚の台紙を一時停止させるストッパーと、そのスト
    ッパーによる停止解放後カードをセットした台紙を送り
    出すローラーとを備えた台紙移送機構と,カードを積載
    し、上方へ付勢された昇降台を備えたカード積載用ラッ
    クと,前記カード積載用ラックの上方で間欠回転してラ
    ックに積載する最上部のカード一枚を送り出すローラー
    と、送り出された一枚のカードを、前記台紙移送機構に
    おいて送り出されて停止する台紙の下方に移送する複数
    のローラーと、その位置でカードを停止させるストッパ
    ーとを備えたカード移送機構と,前記カード移送機構の
    送り出されたカードの停止位置の下方に、台紙の孔に対
    応するカードの二つの対角部分を押し上げるための突き
    上げ棒と、カードの二つの長手側部を押さえ、前記突き
    上げ棒によるカードの対角部分を押し上げた後に回動し
    てカード上より離脱することを可能とした爪とを備えた
    カードセット機構と,前記台紙移送機構、カード移送機
    構およびカードセット機構を作動させる駆動機構と,前
    記各機構のための検知制御機構と,外部電源に接続し、
    電流を開閉できる手段と,を備えたことを特徴とする台
    紙にカードをセットする装置。
  3. 【請求項3】 封筒を積載する昇降台を備えたラック
    と,そのラックの上方で間欠回転してラックに積載する
    最上部の一枚の封筒を取り出すローラーと、開封板と、
    送り出された一枚の封筒を開封の状態で下方に移送する
    複数のローラーとを備えた封筒移送機構と,該封筒移送
    機構の下方で、移送された封筒を立てて支持する二枚の
    垂直の支持板と,カードをセットした台紙またはシート
    状物体を受け入れ、前記支持板の上方に移送して一時停
    止させる台紙移送機構と,前記一時停止している台紙ま
    たはシート状物体を押して、支持板間に開封状態で支持
    されている封筒内に台紙またはシート状物体を落下挿入
    させる機構と,前記台紙またはシート状物体を挿入した
    封筒を横に移行させる機構と,横に移行した封筒を、封
    筒の蓋を折り曲げて送り出す機構と,前記封筒積載の昇
    降台、および各機構を作動させる駆動機構と,前記昇降
    台および各機構のための検知制御機構と,外部電源に接
    続し、電流を開閉できる手段と,よりなる台紙またはシ
    ート状物体を封筒へ挿入する装置。
  4. 【請求項4】 カードをセットした台紙またはシート状
    物体を受け入れ、支持板の上方に移送して一時停止させ
    る台紙移行機構において、二枚の垂直の支持板の上方で
    台紙またはシート状物体を一時停止させる受板に対向し
    て、横方向の中間部が縦に膨らんだ案内板を備え、前記
    台紙またはシート状物体を前記受板より落下させる機構
    に押されて台紙またはシート状物体が曲げられて落下す
    ることを可能とした、請求項1に記載の台紙にカードを
    セットし、その台紙またはシート状物体を封筒に挿入す
    る装置、または、請求項3に記載の台紙またはシート状
    物体を封筒へ挿入する装置。
  5. 【請求項5】 台紙、カード、または、封筒の積載用ラ
    ックの最上の台紙、カード、または、封筒一枚を送り出
    し移送する機構において、台紙、カード、または、封筒
    一枚を分離する機構を備えたことを特徴とする、請求項
    1、請求項2、および請求項3のいずれかに記載の装
    置。
JP4037394A 1994-02-14 1994-02-14 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置 Pending JPH07223399A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4037394A JPH07223399A (ja) 1994-02-14 1994-02-14 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4037394A JPH07223399A (ja) 1994-02-14 1994-02-14 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07223399A true JPH07223399A (ja) 1995-08-22

Family

ID=12578854

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4037394A Pending JPH07223399A (ja) 1994-02-14 1994-02-14 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07223399A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003341631A (ja) * 2002-05-24 2003-12-03 Fuji Mach Co Ltd 横型製袋充填機
JP2006095695A (ja) * 2004-09-28 2006-04-13 Toppan Forms Co Ltd カード付き台紙及びこの台紙におけるカード脱落検出方法
JP2006103820A (ja) * 2004-09-30 2006-04-20 Toppan Printing Co Ltd カード取り付けシステム、カード取り付け方法、カード取り付けプログラム
JP2018058258A (ja) * 2016-10-04 2018-04-12 株式会社リコー 封入物検査装置、封入封緘検査システム、封緘物及び封入物検査方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003341631A (ja) * 2002-05-24 2003-12-03 Fuji Mach Co Ltd 横型製袋充填機
JP2006095695A (ja) * 2004-09-28 2006-04-13 Toppan Forms Co Ltd カード付き台紙及びこの台紙におけるカード脱落検出方法
JP4606107B2 (ja) * 2004-09-28 2011-01-05 トッパン・フォームズ株式会社 カード付き台紙におけるカード脱落検出方法
JP2006103820A (ja) * 2004-09-30 2006-04-20 Toppan Printing Co Ltd カード取り付けシステム、カード取り付け方法、カード取り付けプログラム
JP2018058258A (ja) * 2016-10-04 2018-04-12 株式会社リコー 封入物検査装置、封入封緘検査システム、封緘物及び封入物検査方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5107171B2 (ja) 空袋供給方法及び空袋供給装置
US3720408A (en) Apparatus for separating and feeding exposed film sheets from a magazine into a film processor
US4531344A (en) Device for aligning and banding a pile of paper sheets
EP0166253B1 (en) Device for accommodating cash enclosing envelopes
JPH07223399A (ja) 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置
JP2530208Y2 (ja) シート状ブランクを容器へ充填する装置
JP4528078B2 (ja) 硬貨包装装置
US3815896A (en) Automatic document handler
JP2013035607A (ja) カートンマガジン、カートンハンド及び文書積載挿入装置
JP3659277B2 (ja) 丁合封入封緘装置
JPH0543066A (ja) 給紙装置
JP4283400B2 (ja) シート状物排出装置
JP3766742B2 (ja) 枚葉紙給紙装置およびそれを用いた給紙方法
JP4576064B2 (ja) パウチ袋充填システムにおけるパウチ袋搬送装置
JPH0752596A (ja) 封入封緘機
JP4210726B2 (ja) シート状商品の自動払出装置
JP2001192124A (ja) シート材供給装置及び画像形成装置
JP2733408B2 (ja) 結束紙葉類放出装置における放出補助機構
JP3494316B2 (ja) 長尺物仕分け装置
JP3054332B2 (ja) 結束紙葉類受け渡し装置
KR200194910Y1 (ko) 현금자동지급기의 명세표 자동 로딩장치
JP3000229B2 (ja) 簡易包装機
JPH0637492Y2 (ja) コイン両替装置
JPH06227697A (ja) 原稿搬送装置
JPH05278873A (ja) 給紙装置