JPH07219736A - マルチメディア適用業務の作成方法 - Google Patents

マルチメディア適用業務の作成方法

Info

Publication number
JPH07219736A
JPH07219736A JP6269647A JP26964794A JPH07219736A JP H07219736 A JPH07219736 A JP H07219736A JP 6269647 A JP6269647 A JP 6269647A JP 26964794 A JP26964794 A JP 26964794A JP H07219736 A JPH07219736 A JP H07219736A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
screen
zone
multimedia
template
author
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6269647A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2752040B2 (ja
Inventor
Muriel D Caravel
デクロー・カラヴェル・ミュリエル
Original Assignee
Internatl Business Mach Corp <Ibm>
インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP94480008A priority Critical patent/EP0663639A1/en
Priority to FR94480008.5 priority
Application filed by Internatl Business Mach Corp <Ibm>, インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレイション filed Critical Internatl Business Mach Corp <Ibm>
Publication of JPH07219736A publication Critical patent/JPH07219736A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2752040B2 publication Critical patent/JP2752040B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/10Office automation, e.g. computer aided management of electronic mail or groupware; Time management, e.g. calendars, reminders, meetings or time accounting
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F16/00Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor
    • G06F16/40Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor of multimedia data, e.g. slideshows comprising image and additional audio data

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 効率よくマルチメディア適用業務を実施す
る。 【構成】 それぞれのディレクトリが対応するイメージ
又はビデオ情報を表示するのに必要な所定の表面の特性
を示すn個1組の所定のディレクトリに、ビデオ又はイ
メージ情報を表す様々なマルチメディア・ファイルを格
納するステップ、それぞれのゾーンが前記所定の表面の
うちの1つを有し、重なり合う可能性のある様々なゾー
ンを含む一連のマルチメディア・テンプレートを、適用
業務を作成する作成者の要求に応じて提供するステップ
及び、画面上の特定のゾーンを選択する可能性を作成者
に提供するステップを備え、前記選択に対する応答とし
て、選択ゾーンの表面に正確に対応し、イメージ又はビ
デオのいずれかの特定のディレクトリに格納されている
ファイルが入ったウィンドウを作成者に対して表示す
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、データ処理分野に関
し、より具体的にはマルチメディア適用業務の作成方法
に関する。

【0002】

【従来の技術】マルチメディアは、媒体の種類にかかわ
らず、ビデオ、音声、イメージ、データなどの情報に容
易かつ非常に効果的にアクセスする手段をユーザに提供
するものなので、データ処理およびコンピュータの分野
では大きく発展する派生分野であると予想されている。

【0003】背景となるマルチメディア適用業務の代表
例は、以下の文献に記載されている。

【0004】"Visual Programming abstractions for i
nteractive multimedia presentation authoring" Loeg
el, J.F. Rutledge, J.L. Heines, IEEE Comput. Soc.
Press, Seattle, WA, USA, 15-18 Sept. 1992。

【0005】"A new communication tool: time depend
ent multimedia document" Yonedaet al., Fac. of Sc
i. & Technol:, Keio Univ., Japan, IEE Compt. Soc.
Press, Yokohama, Japan 9-12 June 1992。

【0006】"Tool support for the synchronization
and presentation of distributedmultimedia", G. Bla
kowski et al., Computer Communications, vol. 15, n
c10, December 1992, page 611; "Hypermedia, multime
dia and hypertext: definitions and overview", H. B
ornman et al., The electronic Library, vol. 11,nc
4/5, August/October 1993。

【0007】"Windows shopping, Pricey and Elegant
Multimedia Development", Byte, August 1990, page 1
14-156。

【0008】"Generating multimedia presentations a
utomatically using TYRO, the constraint case based
designer's apprentice", R. MacNeil, IEEE Comput.
Soc.Press, Proceedings. 1991 IEEE Workshop on Visu
al Languages 1991 P74-9。

【0009】"Object description and representation
for visual and multimedia databases, M. Rhiner, I
FIP Trans. A, Comput. Sci. Technol: (Netherlands)
Vol.A 7 1992 P331-45。

【0010】これらの従来技術の文献から判断すると、
マルチメディア技術分野には主な特徴が2つあるよう
だ。

【0011】まず、この技術分野の主要対象は、プログ
ラマまたはコンピュータ・エンジニア以外のユーザであ
ることに留意されたい。実際のところ、マルチメディア
適用業務の作成は一般に、データ処理分野に現存する各
種ソフトウェア・コマンドやツールに十分精通した技術
者ではなくむしろ芸術家であるユーザの行為である。

【0012】また、このようなツールの一部を特定のマ
ルチメディア情報に応用した場合、重大な欠点が発生す
る場合もある。図形オブジェクトおよびイメージの回
転、拡大などを可能にするソフトウェア・コマンドを使
用する場合がこれに該当する。実際のところ、このよう
なコマンドを使用する場合は、回転または拡大といった
所望の機能を実行するためにそれに対応するソフトウェ
ア・ルーチンがいくつか必要になる。しかし、元のイメ
ージが入ったファイルに関してこのようなルーチンを応
用すると、画面に表示されたときに元のイメージの品質
と美しさに多大な影響を及ぼす可能性がある。

【0013】このため、データ処理分野に関する知識が
最小限でもマルチメディア適用業務を作成できる容易な
方法に対する必要性が高まってきた。しかも、この作成
がシステム内に元々格納されているイメージまたはビデ
オ情報の品質に及ぼす影響を最小限に抑える必要もあ
る。

【0014】

【発明が解決しようとする課題】本発明が解決しようと
する問題は、表示されるイメージの品質にマイナスの影
響を与えずに、作成者またはソフトウェア・プログラミ
ングの知識があまりない人でもイメージ、ビデオなどが
入ったマルチメディア・ファイルからマルチメディア適
用業務を作成できるようにするための単純かつ効果的な
方法を提供することである。

【0015】

【課題を解決するための手段】上記の問題は、本発明に
よるマルチメディア適用業務の作成方法により解決さ
れ、その方法は、それぞれのディレクトリが対応するイ
メージまたはビデオ情報を表示するのに必要な所定の表
面の特性を示すn個1組の所定のディレクトリに、ビデ
オまたはイメージ情報を表す様々なマルチメディア・フ
ァイルを格納するステップと、それぞれのゾーンが前記
所定の表面のうちの1つを有し、重なり合う可能性のあ
る様々なゾーンを含む一連のマルチメディア・テンプレ
ートを、適用業務を作成する作成者の要求に応じて提供
するステップと、画面上の特定のゾーンを選択する可能
性を作成者に提供するステップと、前記選択に対する応
答として、前記選択ゾーンの表面に正確に対応し、イメ
ージまたはビデオのいずれかの特定のディレクトリに格
納されているファイルが入ったウィンドウを作成者に対
して表示するステップとを含む。

【0016】このため、ユーザは、情報を表示したい特
定のゾーンにぴったり「収まる」イメージまたはビデオ
を含むマルチメディア画面を作成することができる。イ
メージ、(xy座標による)画面上のイメージの位置、
およびイメージのサイズを操作するのに通常必要な複雑
なソフトウェア・コマンドやツールを使用せずに、この
ような技術上の成果が得られる。しかも、(拡大処理な
どの)ファイル処理を一切含まないため、情報の品質に
影響しない。

【0017】本方法は、作成者に対してビデオ・ファイ
ル、イメージ・ファイル、およびアニメーション・ファ
イルを個別に表示するステップを含むことが好ましい。

【0018】本発明の一実施例において、本方法は、特
定のマルチメディア画面を作成するのに通常必要な最も
一般的なテンプレートを最初に表示するステップを含
む。どのようなマルチメディア適用業務を作成する場合
でも、実際に必要なテンプレートの数は限られており、
実施例では10個に限られていることが明白になってい
る。したがって、一連のテンプレートをその有効なユー
ティリティの一機能として配列してから、それらのテン
プレートを適切な順序で表示するステップによって、作
成者が本方法を使用する場合の機能性と速度が大幅に向
上する。

【0019】

【実施例】図1には、本発明の方法によりマルチメディ
ア適用業務を実行するためのデータ処理システムが示さ
れている。このシステムは、処理手段、メモリ手段、表
示手段、表示手段上にオーバレイするタッチ画面、およ
び音声出力手段を含む。

【0020】マルチメディア適用業務を実行するための
データ処理システムは、その適用業務を開発するための
ものと同じでも構わないが、通常、開発用のシステムで
は、エンド・ユーザがシステムに対して入力しなければ
ならない場合、タッチ画面を使用して入力するので、キ
ーボードやマウスが不要になる場合も考えられる。

【0021】テンプレート 本発明では、作成者が対話式マルチメディア適用業務を
構築できるようにするため、一連のテンプレートがすで
に構築されている。このようなテンプレートの1つ(ク
ロム)を図2に示す。各テンプレートはそれぞれ固有の
ものであり、すべてのテンプレートを組み合わせると、
マルチメディア適用業務を作成するための柔軟かつ効果
的なベースがマルチメディア作成者に提供されるように
設計されている。実施例では10種類のテンプレートが
用意されているが、任意の数のテンプレートを提供でき
るはずである。

【0022】本発明によるテンプレートは、作成者が対
話式マルチメディア適用業務を構築する場合のベースと
なるフレームワークとして表示することができる。各テ
ンプレートは、タイプとサイズが異なるいくつかの定義
済みゾーンを含む。これらのゾーンは、あるスクリプト
に属す各種マルチメディア・オブジェクトを作成者が表
示できるようにするためのもので、各種機能を表すよう
に選択定義することができる。所与のゾーンは、マルチ
メディア適用業務の実行中にユーザがコンピュータに対
して行う入力に反応する。これらのゾーンは、固有の識
別コードによってテンプレート上に表される。このゾー
ン識別コードは、ユーザがこのようなタッチ・センシテ
ィブ・ゾーンの所定位置で画面に触れたときにどの画面
を表示するかを示すために、リンク・フェーズ中に使用
する。タッチ・センシティブ・ゾーンの例としてはボタ
ンとセルがあるが、これらの機能については後述する。
画面背景などのその他のゾーンは、イメージ、ビデオ・
シーケンス、またはアニメーションを表示するためのも
のであるが、エンド・ユーザに動作選択権を与えるもの
ではない。このため、これらのゾーンは、タッチ・セン
シティブである必要はなく、別の画面にリンクさせる必
要もない。作成者が接続したいゾーンとともに、マルチ
メディア・オブジェクトのタイプを記憶しておけば十分
である。

【0023】テンプレートは、各種のマルチメディア・
オブジェクトがそれぞれのゾーンに接続される「画面作
成」フェーズ中に「画面」として作成され、保管され
る。完成した画面は、その後、「画面リンク」フェーズ
時にシステムによって相互にリンクされる。

【0024】本発明のすべてのテンプレートは、所与の
特性を共用する。どのテンプレートも画面の最下部にナ
ビゲーション・バー(20)を含むが、このバーはどの
テンプレートでも同じである。ナビゲーション・バーに
はナビゲーション・ボタン(21〜28)が用意されて
いる。作成したマルチメディア適用業務の実行を制御す
るのに必要な各種機能をコーディングする義務から作成
者を解放するために、これらのボタンには、システムに
おいてすでに実現されている定義済み機能が1つずつ割
り当てられている。

【0025】これらのボタンの機能は定義されている
が、作成した適用業務用のボタンのデザインは定義され
ていない。本発明はこのような適用業務を構築するため
のツールを提供するが、画面上に表示される情報を提供
するのは作成者側の責任である。

【0026】図2に示すように、ナビゲーション・バー
の右端にあるナビゲーション・ボタンは"next"(2
1)という名前が付けられている。このボタンの機能
は、マルチメディア適用業務の実行中に現行画面を出
て、次の画面を呼び出すことである。作成者が(マウス
でそのボタンをクリックするなどの方法により)そのボ
タンを選択すると、ボタンが活動化され、以下の「画面
の作成」の項で説明する手順によりイメージにリンクさ
れ、この画面では"next"ボタンが表示され機能する
ようになることを示す項目がメモリ内に作成される。
「画面リンク」フェーズ(後述する)時にそのボタン
は、適用業務内の次の画面にリンクされる。

【0027】省略時にはテンプレート上のすべてのゾー
ンが非活動状態になっているため、適用業務の実行時に
機能するように、作成者がすべてのゾーンを活動化し、
マルチメディア・オブジェクト(イメージ、ビデオな
ど)にリンクさせる必要がある。

【0028】"return"ボタン(22)も、"ne
xt"ボタンと同じ方法で機能するようになるが、その
目的は現行画面の前の画面を表示することである。

【0029】"quit"ボタン(23)を押すと、ユー
ザ向けの評価アンケート用紙などの"quit"画面の実
行を開始する。"quit"ボタンと"quit"画面との
リンクは、「リンク・フェーズ」で行われる。

【0030】"repeat"ボタン(24)は、画面の
実行を再始動するもので、ビデオ・シーケンスの再生
や、音声の再始動などが行われる。

【0031】"help"ボタン(25)は、ヘルプ適用
業務にリンクされる。ヘルプ適用業務は、テンプレート
およびすべてのマルチメディア・オプションを備えた主
適用業務と同じように機能する。唯一の違いは、ヘルプ
画面のナビゲーション・バーに設けられた"help"ボ
タンには、そのボタンを押すとユーザは主適用業務に戻
ることを示すマークが付いている点である。しかし、作
成者が多数の画面を有するヘルプ適用業務を作成し、主
適用業務内と同じように音声およびビデオを統合するの
を妨げるものは何もない。

【0032】"print"ボタン(26)は、作成者が
システムをプリンタに接続したいときに活動化される。
この場合は、このボタンを別の画面にリンクするのでは
なく、印刷制御ルーチンにリンクする。

【0033】印刷制御ルーチンが入ったファイルは、各
種のマルチメディア・オブジェクトと同様に個別のディ
レクトリに格納されるため、作成者には"print"ボ
タンに接続するファイルのリストが提示される。

【0034】"pay"ボタン(27)は、ユーザが何ら
かの支払を行わなければならないときに作成者によって
活動化されるもので、システムをクレジット・カード・
リーダに接続する場合などが考えられる。"pay"機能
用の制御ファイルは、"print"ファイルと同様に個
別のディレクトリに置かれている。

【0035】システムをプリンタまたはクレジット・カ
ード・リーダに接続するためのルーチンを実現したもの
は周知であり、先行技術に記載されているため、これ以
上ここで説明する必要はないだろう。

【0036】最後のナビゲーション・ボタンは"ind
ex"ボタン(28)である。"index"ボタンを押
すと、ユーザが所与の主題または画面などを探索できる
ようにするためのインデックスが画面に表示される。イ
ンデックスを作成するために本発明で使用する新規の方
法については、後で詳述する。

【0037】各種画面を作成する際にイメージをナビゲ
ーション・バーに関連付けるために作成者がナビゲーシ
ョン・バーを見て選択できるように、ナビゲーション・
ボタン同士の間に所与の間隔が設けられている箇所もあ
る。また、実行中の適用業務でナビゲーション・ボタン
が非活動状態になっている場合、そのボタン自体はユー
ザには見えないが、その代わりナビゲーション・バーが
表示される。

【0038】テンプレートの中には、"main me
nu"ボタン(29)を備えたものもある。このボタン
の機能は、適用業務の初期画面を再始動することであ
る。

【0039】ナビゲーション・バーとは別に、各テンプ
レートは、背景とタイトル・ゾーンを含む。背景には、
イメージ、ビデオ・シーケンス、またはアニメーション
を表示できるが、それらは背景と同じ形式、この実施例
では640×480ピクセルという形式を共用する。

【0040】図2に示すテンプレートのタイトルは、画
面の各部ごとにタイトルを表示するために2つの部分に
分かれている。それぞれの部分は、イメージを表示する
ためのゾーンと、テキスト・ゾーンの2つのゾーンを含
む。適用業務でタイトルが必要な場合は、作成者はそれ
らのゾーンをクリックすることで、いずれか一方または
両方のゾーンを活動化することができる。

【0041】図2のテンプレートは、5つの「押しボタ
ン」(A1〜A5)も含んでいる。これらの押しボタン
は、作成者が次にどこへ移動するかを選択するための各
種オプションをユーザに提供したい場合に活動化する。
それぞれの押しボタンはイメージ・ゾーンとテキスト・
ゾーンを含み、A1からA5までの識別コードが1つず
つ割り当てられている。任意の押しボタンを活動化する
と、その識別コードがテンプレート名とともにメモリに
格納され、エンド・ユーザがそのボタンを押したときに
実行される画面にそのボタンを接続するために「画面リ
ンク」フェーズで使用される。

【0042】図3のテンプレート(銅)は、図2のテン
プレートと同様であるが、テンプレート上の押しボタン
の配置と数が異なっている。

【0043】図4は、本発明の別のテンプレート(ネオ
ン)を示している。このテンプレートには6個のタッチ
・センシティブ・ゾーンがあり、それぞれに固有の識別
コードが付いている。任意の数のゾーンを活動化するこ
とができ、それを各種マルチメディア・オブジェクトに
割り当てることができる。この場合のゾーンC3は、ア
ニメーションを表示すると同時に、音声の再生などによ
りゾーンへの接触に反応することも可能である。

【0044】図5には、図4のテンプレートに非常によ
く似たテンプレート(パラジウム)を示す。このテンプ
レートは、図4のテンプレートとは異なる形式でテキス
トまたはイメージを表示できるいくつかのゾーンを提供
する。

【0045】図6(銀)は、ゾーンのレイアウトが前の
2つのテンプレートと異なっているが、ゾーンがタッチ
・センシティブになっていない点も異なっている。この
テンプレートは、通常、ユーザ入力を必要とせずに作成
者が画面上に情報を表示したい場合に使用する。作成者
が必要と判断すれば、当然のことながら、"next"ボ
タン、"return"ボタンなどを活動化することがで
きる。

【0046】図7(鉄)は、背景と、「セル」のマトリ
ックスを含む。「画面作成」フェーズ中に活動化し、
「画面リンク」フェーズ中に別の画面にリンクするため
に、どのセルにも固有の識別コードが付いている。セル
のサイズはほぼ指先のサイズになるように選択されてい
る。この画面の用途として可能性が高いのは、ユーザが
自分の興味対象のオブジェクトを指し示した背景上に情
報を表示することである。

【0047】この画面の使用例としては、画面の背景に
パリの地図が表示され、最も重要な観光名所をそれぞれ
の位置にマークしたものが考えられる。マークした観光
名所に配置されたセルは、作成者によって活動化され、
選択した主題に関する詳細情報を示す画面にリンクされ
ているはずである。実行時にユーザが画面上の任意の観
光名所を指すと、システムはリンクを辿り、対応する情
報画面を見つけて実行する。

【0048】このテンプレートには、図4のテンプレー
トのゾーンの場合のように、背景と異なる形式のイメー
ジまたはビデオを示すための小さいゾーンが定義されて
いない。図6のテンプレートを使用しながら、ビデオ
(またはアニメーションの場合もある)を画面の一部で
実行させたいと作成者が考えている場合は、本発明は、
そのための手段も提供する。作成者が実行すべきこと
は、図4のテンプレートなどの別のテンプレートを使用
し、所望のビデオ、アニメーション、またはイメージを
選択して画面を作成し、作成したこの画面を図5のテン
プレートの背景として使用することだけである。システ
ムは、前述の通り、ゾーンのサイズに対応するすべての
マルチメディア・オブジェクトに関する選択権を作成者
に提示する。背景はすべて同じサイズなので、前に作成
した画面を別のテンプレートの背景として使用すること
も可能である。このため、システム資源(メモリのサイ
ズ、ビデオの容量など)だけが制約になるような場合、
テンプレートの数が限定されていても、作成者は多様か
つ複雑な画面を作成することができる。

【0049】図8(酸素)は図7とほぼ同じであるが、
図8のテンプレートには、"main menu"ボタン
を活動化するためのオプションが含まれている。

【0050】図9のテンプレート(スチール)は、0〜
9の各種数字に対応するタッチ・センシティブ・ボタン
を含んでいる。これらのボタンは、ユーザによって押さ
れたときに割り当てられた数字をデータ処理システムに
入力するように機能する。作成者は、「画面作成」フェ
ーズ中にそのボタンに表示するイメージを指定する。通
常、イメージはボタンの機能(すなわち、割り当てられ
た数字)をある程度まで示すものだが、ボタン上に表示
される情報の種類は、テンプレートの他の部分と同様、
作成者に任されている。

【0051】このテンプレートは、作成者がプロンプト
を出してクレジット・カードのPINコードなどの数値
入力をユーザに要求したい場合に使用することができ
る。

【0052】図10に示す次のテンプレート(プルトニ
ウム)は、アルファベットの各文字にリンクされた一連
のボタンを右側に提示する。

【0053】このテンプレートは、ユーザからのフィー
ドバック要求に対するベースを提供することができる。
たとえば、ゾーンA1〜A7はユーザへの質問を表示す
るのに使用し、その応答はゾーン101〜104に表示
される。また、このテンプレートは、各種の質問間を移
動するため、ならびに完成した応答を送出するために"
ok"、"back"、"next"、"correctio
ns"の4つのボタンを含む。また、テンプレートの左
下隅には、ユーザが数字を入力できるようにする場合に
活動化する、数字を表すボタンが用意されている。

【0054】実施例の最後のテンプレート(インデック
ス)を図11に示す。このテンプレートは、本発明で提
供される特別機能のためのもので、その機能により、作
成者は適用業務の各種画面のインデックスを作成するこ
とができる。また、そのインデックスは、所与の主題に
対応する画面を表示させるための手段としてユーザに提
供することができる。このため、このテンプレートで
は、図10と同様の文字入力ゾーンと、図2と同じ機能
の押しボタンを提供している。これらの押しボタンの目
的は、ユーザが入力した文字に基づいてインデックスの
一部を表示することである。「画面リンク」フェーズの
項で詳しく説明するように、インデックスの各項目はそ
れぞれの画面にリンクされるため、その項目が表示され
ているボタンをユーザが押すと、その項目に対応する画
面が次に実行されるようになっている。ボタン111
は、インデックス内の現在位置を表示するのに使用でき
る(たとえば、ユーザが"a"で始まる項目を走査検索し
ているときに、そのボタンで"a"を表示することができ
る)。ボタン112、113は、インデックスを順次探
索するための手段をユーザに提供したい場合に作成者が
活動化する矢印キーとして実現される。

【0055】画面の作成 図12は、本発明の実施例に従ってマルチメディア適用
業務の各種画面を作成する場合に含まれる諸ステップを
表した流れ図である。ステップ1では、マルチメディア
作成者に対し、画面の作成または画面のリンクを行うか
どうかを選択するオプションを提示する。マルチメディ
ア適用業務の開発を開始したときに最初に選択するのは
「画面の作成」になるはずである。

【0056】作成者が「画面の作成」を選択した後、流
れ図を辿ると、本方法はステップ2へ続く。このステッ
プでは、最も一般的に使用するテンプレート(実施例で
はテンプレート番号5)がコンピュータの表示装置に表
示される。

【0057】このテンプレートが所望のテンプレートで
ない場合、作成者は、各種マウス・ボタンを使用してテ
ンプレートのリストを探索することができる(ステップ
3)。マウスの左ボタンをクリックすると、テンプレー
ト番号4が表示され、もう一度同じ左ボタンをクリック
すると、テンプレート番号3などが順に表示される。同
様に、マウスの右ボタンをクリックすると、テンプレー
ト番号6が表示され、次にテンプレート番号7などが順
に表示される。

【0058】最も頻繁に使用する画面がリストの中央に
位置するようにテンプレートが構成されている。すなわ
ち、テンプレート番号5が最も頻繁に使用するテンプレ
ートで、次にテンプレート番号4と6が続き、テンプレ
ート番号1と10が最も使用頻度の低いテンプレートに
なる。このようにして作成者は最も一般的に使用するテ
ンプレートに最初に到達する。これらのテンプレートは
選択される可能性が高いため、この方法によりテンプレ
ート選択処理の速度が向上する。

【0059】所望のテンプレートが画面に表示される
と、作成者は、マウス・ボタンをダブルクリックするこ
とでこのテンプレートを活動化する。次にシステムは、
作成者が現在作業している画面を表す特別なリンク・フ
ァイルをメモリ内に作成する。

【0060】このリンク・ファイルは、「画面作成」フ
ェーズ中に構築され、マルチメディア適用業務を構成す
る各種画面をまとめてリンクするためにリンク・フェー
ズ中に使用されるので、本発明の重要な部分である。

【0061】テンプレートを選択すると、そのテンプレ
ートは「画面作成」フェーズの残りの時間の間、画面上
に表示され、現行テンプレートのうちで使用できるボタ
ンとフィールドを作成者に示す。

【0062】次のステップ(図12ではステップ4)
は、その画面において作成者が次に作業したい部分を選
択し、活動化することである。このステップは、画面上
のボタン、セル、フィールド、タイトル、または背景を
表す各種ゾーンのいずれか1つの内部でクリックするこ
とで実行する。

【0063】選択したゾーンがボタンまたはセルを表し
ている場合は、そのボタンまたはセルの名前でリンク・
ファイルが更新される。以下のリンク・フェーズの項に
示すように、このリンク・ファイルは、エンド・ユーザ
に提示する順序で画面をリンクする手段を作成者に提供
するために後で使用する。

【0064】ゾーンを活動化すると、作成者は、このゾ
ーンに表示されるマルチメディア・オブジェクトを定義
するようプロンプトで要求される(ステップ5)。

【0065】640×480ピクセルなど、そのゾーン
と同じ分解能を持つイメージ、ビデオ・シーケンス、ま
たはアニメーションなどの複数のオブジェクトをゾーン
に関連付けることができる場合は、作成者は、これらの
オブジェクトのうち、このゾーンに表示させたいものを
1つ選択するようプロンプトで要求される。

【0066】タイプとサイズが異なるマルチメディア・
オブジェクトは別々にメモリに格納される。このため、
システムは、活動化したゾーンに「収まる」オブジェク
トだけのリストを画面上に表示することができる。した
がって、作成者は、別のタイプの情報、またはゾーンの
設計対象とは異なるサイズのイメージを選択することが
できない。このような技術上の特徴は、作成者がデータ
処理およびコンピュータ・プログラミングの各種分野に
十分精通していないという事実を考慮した場合に特に有
利である。

【0067】実施例では、マルチメディア・データ処理
システムのメモリ内の別々のディレクトリに格納するこ
とにより、各種ファイルが区別されている。

【0068】この場合、あるディレクトリには、分解能
が680×480ピクセルのビデオ・シーケンスを含む
すべてのファイルが入っており、別のディレクトリに
は、同じ分解能(640×480ピクセル)のイメージ
が格納されており、もう1つのディレクトリには、分解
能が320×240ピクセルのビデオ・ファイルが入っ
ているものと考えられる。さらに、作成者は、自分専用
のイメージおよびビデオ・ファイルを作成し、それを適
切なディレクトリに格納することにより適用業務に組み
込むことができる。

【0069】画面上の指定ゾーンにイメージを表示する
ことを作成者が選択した場合、その位置に表示できるす
べてのイメージが画面上のウィンドウ内にファイル・リ
ストの形で作成者に提示され(したがってその他のイメ
ージは提示されない)、任意のイメージを表すファイル
名の1つを選択するようプロンプトで作成者に要求す
る。

【0070】使用するイメージを表すファイル名をクリ
ックして選択を行うと、選択したイメージがディレクト
リから読み出され、その瞬間以降、そのゾーンの指定位
置に表示される(ステップ6)。

【0071】正しい選択を行うと、作成者はただちに次
のステップ(おそらく、別のボタンの選択)に進むこと
ができる。この場合、識別コードと選択したイメージは
選択したときに自動的に記憶され、その瞬間以降、画面
上にも表示されているので、すでに選択した項目の保管
について心配する必要はない。

【0072】そのゾーンの指定位置にマルチメディア・
オブジェクトが表示されるという事実によって、所期の
操作がコンピュータの内部に登録されていることが目で
見えるようにフィードバックされる。

【0073】直前に行ったイメージの選択が間違ってい
たと気付いた場合、作成者は、そのイメージを非活動化
し、ゾーンとイメージとの関連を解除するため、そのゾ
ーン内部でもう一度クリックする。この機能はステップ
4の裏にある論理に統合されている。この論理では、ユ
ーザがすでに活動状態になっているゾーンでクリックし
た場合、そのゾーンが非活動化され、リンク・リストか
ら削除される。

【0074】このため、作成者は、必要なオブジェクト
が見つかるまで次々に画面上に各種オブジェクトを表示
できるので、使いたいファイルの名前を覚えている必要
はない。必要なオブジェクトが画面上に表示されたら、
作成者は、ステップ4に戻って別のゾーンを選択する
か、それ以上ファイルを含める必要がなければ、この画
面を保管する(ステップ7)ことができる。

【0075】画面のリンク リンク・フェーズの目的は、作成者が最終的な適用業務
で実施する予定の特定のシナリオ(またはストーリー・
ボード)に従って、「画面作成」フェーズで作成した特
定の画面を接続することである。この作業は、以下に説
明するように、画面が表示される順序を変更するために
実行中にユーザが行うことができる処置に関連して、画
面同士のリンクを確立することによって行う。

【0076】リンク・フェーズの最初のステップは、図
13に示すように、作成者に対して2つのウィンドウを
表示することである。"Entry"ウィンドウ(14
1)は、作成者が自分のスクリプトを構築する際に使用
できる画面と音声をリストで示す。また、"Scrip
t"ウィンドウ(142)は、リンク・フェーズ中に作
成者が作成したとおりにスクリプトを表示するためのも
のである。

【0077】次のステップは、適用業務で最初に実行す
る画面を選択することである。"Entry"ウィンドウ
の"Screen"オプションを選択することでこの選択
を行うと、作成したすべての画面がリスト・ボックス
(143)内に表示される。次に作成者は、完成した適
用業務で最初に表示させたい画面を選択し、"Addt
o script"ボタン(144)をクリックする。

【0078】"Script"ウィンドウのスクリプト・
リスト・ボックス(145)にこの画面の名前が表示さ
れ、選択した項目をユーザに示す。さらに、選択した画
面が表示装置の背景で実行されるので、作成者は自分の
選択が正しかったかどうかをただちに確認することがで
きる。

【0079】この画面に不満であれば、作成者は"Sc
ript"ウィンドウからスクリプト・ファイル内の項
目を削除し、別の画面を"Entry"ウィンドウから選
択できる。正しい画面が見つかったら、作成者は"En
try"ウィンドウからファイル名を選択することで同
じように次の画面を選択する。この選択により、新しい
画面の名前が"Script"ウィンドウのリストに追加
され、背景に表示される。

【0080】活動状態のボタンまたはセルを含む画面を
選択した場合は、ボタンまたはセルの識別名が"Scr
ipt"ウィンドウの画面項目の下に字下げして表示さ
れ(図13を参照)、"next"コマンドでユーザが順
次辿る画面ではなく、ユーザが選択可能な選択項目を表
していることを示す。ボタンまたはセルを選択したとき
に実行される画面にその選択項目をリンクするには、上
記と同じ手順を実行する。すなわち、作成者は次に表示
する画面を"Entry"ウィンドウから選択する。当
然、任意の選択項目に続く画面項目も字下げされ、自分
のスクリプトを構築するときに作成者に適切な概要が示
される。

【0081】簡単に説明すると、図13に例として示す
ように、作成者が"screenY"を選択すると、この
新しい選択を示す"Display screenY"と
いうステートメントによってスクリプト・ウィンドウ1
42が更新される。しかも、本プロセスは「画面作成」
フェーズ中に作成したリンク・ファイルの内容を読み取
って、すでに活動化されたボタンまたはセルが存在する
かどうかを判別する。この例では、本プロセスは"sc
reenY"について「画面作成」フェーズ中にボタン
A1とA3が活動化されていることを判別し、"Cho
ice"という単語を前に付けてその結果を"Scrip
t"ウィンドウ142に表示する。このため、作成者
は、エンド・ユーザに提示される2つの選択項目がこの
画面に含まれていることに気付く。次に、"Choic
e A1"という項目が活動項目になる。このようにし
てシステムは、シナリオ構築の進捗状況を作成者に示
す。

【0082】図14では上記の例の続きを示し、作成者
が"screenQ"を"screenY"の"Choic
e A1"に接続した場合の"Script"ウィンドウ
を示す。この例では、"screenQ"にはさらに3つ
の選択ボタンA2〜A4が含まれている。これらのボタ
ンは、上記と同じ手順により、"screenQ"項目を
基準にして字下げして表示される。

【0083】このようにして本プロセスは、"Scri
pt"ウィンドウの"Display"項目によって、実
行したステップを作成者に連続表示すると同時に、その
画面を背景で実行する。また、本プロセスは、"Cho
ice"項目によって、すでに活動化されたボタンおよ
びセルが指定画面に現れたときにそれらのボタンおよび
セルをリンクするよう、プロンプトでユーザに要求し続
ける。

【0084】図13に示すように、画面名の前に"Di
splay"という単語を付け、ボタンおよびセルの識
別コードの前に"Choice"という単語を付けること
で、スクリプト・リストの各種項目が区別されている。

【0085】作業するスクリプト・リスト内の項目を変
更したい場合は、作成者は、この項目をクリックするこ
とで項目を選択し、活動化する。それ以降に行われる処
置はすべてこの項目に関連したものになる。

【0086】新しい画面を選択するたびに、システムは
活動状態のナビゲーション・ボタンに関するリンクを確
立する。

【0087】リスト内で最も最近選択した項目より上に
ある画面項目の"next"ボタンは(活動項目である)
その最新画面にリンクされ、次にその最新画面のリンク
はその"return"ボタンからリスト内の上記画面へ
と確立される。この処置は、リストに新しい画面を入力
するたびに行われるが、「画面作成」フェーズ中にすで
にそのボタンが活動化されていることが条件になる。作
成者は、活動化されているボタンによってユーザが画面
間を移動できることだけを知っていればよいので、この
時点でリンクが確立することは作成者に示されない。

【0088】画面リンク・フェーズ中に任意の画面で"
quit"ボタンが初めて活動状態になると、作成者
は、どの画面を"quit"画面として機能させるかを示
すようプロンプトで要求される。この画面が定義される
と、システムは、ユーザにもう一度プロンプトを出さず
にこの画面に"quit"ボタンをリンクする。

【0089】"help"ボタンを活動化すると、作成者
が画面を割り当てて、現行画面に妥当なヘルプ情報を提
供できるように、ボタンまたはセルと同じように"he
lp"ボタンが画面名の下に字下げしてリスト表示され
る。

【0090】前述の通り、作成者が希望すれば、ヘルプ
画面を完成した新しいスクリプトの最初の画面にするこ
とができる。唯一の違いは、ヘルプ画面では"help"
ボタンの機能が変更され、このボタンを押すとヘルプ適
用業務が終了することを示す点である。このため、シス
テムは、各ヘルプ画面を起点画面にリンクし直す。

【0091】"return"ボタンは、それが属す画面
と同じ画面にリンクされる。"return"ボタンの用
途は、画面に統合されたビデオ・シーケンスまたは音声
の再生であると思われる。

【0092】"main menu"ボタンを活動化する
と、適用業務の初期画面へのリンクが確立する。

【0093】"index"ボタンは、ユーザがキーワー
ドを使って所与の画面を探索できるようにするものであ
る。このボタンは、図11の「インデックス」テンプレ
ートを使用して作成したインデックス画面にリンクされ
る。

【0094】新しい画面をスクリプトに組み込むたびに
インデックス内の項目を追加する選択権を作成者に与え
ることで、画面リンク・フェーズ中にインデックスが動
的に構築される。作成者は、1つまたは複数のキーワー
ドを入力して、現行画面に関連付けることができる。こ
れらのキーワードは、すべての項目がアルファベット順
に分類されているメモリ内のインデックス・ファイルに
追加される。

【0095】インデックス・ファイルには、テキスト項
目ごとに1つずつリンク・フィールドが存在する。キー
ワードをメモリに追加すると、リンク・フィールドには
現行画面の識別コードが記入される。

【0096】マルチメディア適用業務の実行中に、ユー
ザが任意の画面の"index"ボタンを選択すると、イ
ンデックス画面が表示される。ユーザは、図11のキー
パッドを使用してキーワードを入力するか、矢印キー1
12および113を使用してインデックス全体を走査検
索してキーワードを入力することができる。ユーザが探
している項目がA1〜A4のいずれかのボタンに表示さ
れると、ユーザがこのボタンを押したときに、この項目
にリンクされている画面が実行される。

【0097】マルチメディア適用業務への音声の統合
も、「画面リンク」フェーズで行われる。"Entry"
ウィンドウ(141)において、作成者は画面ファイル
を表示するか、または音声ファイルを表示するかを選択
することができる。"Entry"ウィンドウに音声ファ
イルがリスト表示されている場合は、ユーザは、画面フ
ァイルの選択と同じように音声ファイルの選択を行うこ
とができる。

【0098】選択した音声ファイルは、活動画面の指定
位置でスクリプトに追加され、この画面を適用業務で実
行したときに再生される。その音声は、画面が変わって
も停止または中止が行われるまで再生される。このた
め、作成者が希望すれば、適用業務を実行している間ず
っと、音楽を連続再生することができる。

【0099】一時的に別の音声を再生し、その後で元の
音声を続行するために、音声を中止することができ
る。"Script"ウィンドウには"Stop Sou
nd"および"Pause Sound"の各オプション
が統合されており、選択すると各オプションがスクリプ
トに入力される。音声ファイルの名前の前には"Pla
y"という単語が付く。図14に示した例では、"Ent
ry"ウィンドウで"soundA"という音声ファイル
が選択されているので、本プロセスは、"Script"
ウィンドウの"Display screenZ"の下
に"Play soundA"という項目を追加すること
で、"screenZ"という画面と同時にその音声ファ
イルが再生されることを示す。

【0100】まとめとして、本発明の構成に関して以下
の事項を開示する。

【0101】(1)マルチメディア適用業務を作成する
方法において、それぞれのディレクトリが対応するイメ
ージまたはビデオ情報を表示するのに必要な所定の表面
領域の特性を示す、n個1組の所定のディレクトリに、
ビデオまたはイメージ情報を表す様々なマルチメディア
・ファイルを格納するステップと、それぞれのゾーンが
前記所定の表面領域のうちの1つを有し、重なり合う可
能性のある様々なゾーンを含む一連のマルチメディア・
テンプレートを、前記作成者の要求に応じて提供するス
テップと、画面上の特定のゾーンを選択する可能性を作
成者に提供するステップと、前記選択に対する応答とし
て、前記選択ゾーンの表面に正確に対応し、特定のディ
レクトリに格納されているファイルが入ったウィンドウ
を、作成者に対して表示するステップとを含む方法。 (2)前記ゾーンの1つを選択すると、前記作成者に対
してビデオ・ファイル、イメージ・ファイル、およびア
ニメーション・ファイルを個別に表示するステップをさ
らに含むことを特徴とする、上記(1)に記載の方法。 (3)作成者に対して一連のマルチメディア・テンプレ
ートを提供するステップが、特定のマルチメディア画面
を作成する場合に通常使用する、最も一般的なテンプレ
ートを最初に表示するステップをさらに含むことを特徴
とする、上記(2)に記載の方法。 (4)前記ディレクトリの1つに640×480ピクセ
ルのビデオまたはイメージ・ファイルが入っていること
を特徴とする、上記(1)ないし(4)のいずれかに記
載の方法。 (6)前記ディレクトリの1つに320×240ピクセ
ルのビデオまたはイメージ・ファイルが入っていること
を特徴とする、上記(1)ないし(4)のいずれかに記
載の方法。 (7)上記(1)ないし(5)のいずれかに記載の方法
を実行するための手段を含むことを特徴とするマルチメ
ディア・システム。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明によりマルチメディア適用業務を開発す
るためのデータ処理システムを示す図である。

【図2】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図3】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図4】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図5】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図6】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図7】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図8】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図9】広範囲のマルチメディア画面を作成するために
本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図で
ある。

【図10】広範囲のマルチメディア画面を作成するため
に本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図
である。

【図11】広範囲のマルチメディア画面を作成するため
に本発明の実施例で使用するテンプレートの例を示す図
である。

【図12】本発明による方法に含まれる各種ステップを
示す流れ図である。

【図13】本発明による方法を応用する場合に画面に表
示される各種ウィンドウの例を示す図である。

【図14】本発明による方法を応用する場合に画面に表
示される各種ウィンドウの例を示す図である。

【符号の説明】

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】マルチメディア適用業務を作成する方法に
    おいて、 それぞれのディレクトリが対応するイメージまたはビデ
    オ情報を表示するのに必要な所定の表面領域の特性を示
    す、n個1組の所定のディレクトリに、ビデオまたはイ
    メージ情報を表す様々なマルチメディア・ファイルを格
    納するステップと、 それぞれのゾーンが前記所定の表面領域のうちの1つを
    有し、重なり合う可能性のある様々なゾーンを含む一連
    のマルチメディア・テンプレートを、前記作成者の要求
    に応じて提供するステップと、 画面上の特定のゾーンを選択する可能性を作成者に提供
    するステップと、 前記選択に対する応答として、前記選択ゾーンの表面に
    正確に対応し、特定のディレクトリに格納されているフ
    ァイルが入ったウィンドウを、作成者に対して表示する
    ステップとを含む方法。
  2. 【請求項2】前記ゾーンの1つを選択すると、前記作成
    者に対してビデオ・ファイル、イメージ・ファイル、お
    よびアニメーション・ファイルを個別に表示するステッ
    プをさらに含むことを特徴とする、請求項1に記載の方
    法。
  3. 【請求項3】作成者に対して一連のマルチメディア・テ
    ンプレートを提供するステップが、特定のマルチメディ
    ア画面を作成する場合に通常使用する、最も一般的なテ
    ンプレートを最初に表示するステップをさらに含むこと
    を特徴とする、請求項2に記載の方法。
  4. 【請求項4】前記ディレクトリの1つに640×480
    ピクセルのビデオまたはイメージ・ファイルが入ってい
    ることを特徴とする、請求項1ないし4のいずれかに記
    載の方法。
  5. 【請求項5】前記ディレクトリの1つに320×240
    ピクセルのビデオまたはイメージ・ファイルが入ってい
    ることを特徴とする、請求項1ないし4のいずれかに記
    載の方法。
  6. 【請求項6】請求項1ないし5のいずれかに記載の方法
    を実行するための手段を含むことを特徴とするマルチメ
    ディア・システム。
JP6269647A 1994-01-14 1994-11-02 マルチメディア適用業務を作成する方法 Expired - Fee Related JP2752040B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP94480008A EP0663639A1 (en) 1994-01-14 1994-01-14 Method for creating a multimedia application
FR94480008.5 1994-01-14

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07219736A true JPH07219736A (ja) 1995-08-18
JP2752040B2 JP2752040B2 (ja) 1998-05-18

Family

ID=8218112

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6269647A Expired - Fee Related JP2752040B2 (ja) 1994-01-14 1994-11-02 マルチメディア適用業務を作成する方法

Country Status (3)

Country Link
US (1) US5613057A (ja)
EP (1) EP0663639A1 (ja)
JP (1) JP2752040B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011130316A (ja) * 2009-12-21 2011-06-30 Seiko Epson Corp プロジェクター及び画像投射方法

Families Citing this family (64)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0728689A (ja) * 1993-07-09 1995-01-31 Hitachi Ltd 情報処理装置
JPH08314664A (ja) * 1995-05-17 1996-11-29 Olympus Optical Co Ltd データ再生システム
US5848249A (en) * 1995-06-15 1998-12-08 Intel Corporation Method and apparatus for enabling intelligent I/O subsystems using PCI I/O devices
JP2994996B2 (ja) * 1995-12-01 1999-12-27 松下電器産業株式会社 マルチメディア編集装置
US7124359B2 (en) * 1996-01-11 2006-10-17 Canon Kabushiki Kaisha Image edit device adapted to rapidly lay-out photographs into templates with means for preview and correction by user
US5852435A (en) * 1996-04-12 1998-12-22 Avid Technology, Inc. Digital multimedia editing and data management system
JP3100334B2 (ja) * 1996-04-26 2000-10-16 松下電器産業株式会社 マルチメディアタイトル編集装置及びこれに用いるスタイル作成装置
US5995103A (en) * 1996-05-10 1999-11-30 Apple Computer, Inc. Window grouping mechanism for creating, manipulating and displaying windows and window groups on a display screen of a computer system
US6570587B1 (en) 1996-07-26 2003-05-27 Veon Ltd. System and method and linking information to a video
US6628303B1 (en) 1996-07-29 2003-09-30 Avid Technology, Inc. Graphical user interface for a motion video planning and editing system for a computer
US5864338A (en) * 1996-09-20 1999-01-26 Electronic Data Systems Corporation System and method for designing multimedia applications
US6061054A (en) * 1997-01-31 2000-05-09 Hewlett-Packard Company Method for multimedia presentation development based on importing appearance, function, navigation, and content multimedia characteristics from external files
US6038573A (en) * 1997-04-04 2000-03-14 Avid Technology, Inc. News story markup language and system and process for editing and processing documents
US6141007A (en) * 1997-04-04 2000-10-31 Avid Technology, Inc. Newsroom user interface including multiple panel workspaces
DE19718658A1 (de) * 1997-05-02 1998-11-05 Philips Patentverwaltung Verfahren zur Kennzeichnung von Video-Daten und Video-Datenspeichern mit Mitteln zur Erzeugung eines Video-Daten-Codes
US6392665B1 (en) * 1997-05-29 2002-05-21 Sun Microsystems, Inc. Capture mechanism for computer generated motion video images
US6169534B1 (en) * 1997-06-26 2001-01-02 Upshot.Com Graphical user interface for customer information management
US6604144B1 (en) * 1997-06-30 2003-08-05 Microsoft Corporation Data format for multimedia object storage, retrieval and transfer
US6269403B1 (en) * 1997-06-30 2001-07-31 Microsoft Corporation Browser and publisher for multimedia object storage, retrieval and transfer
US7136870B1 (en) 1998-03-04 2006-11-14 The Regents Of The University Of California Method and apparatus for accessing and displaying multimedia content
US7269585B1 (en) 1998-06-26 2007-09-11 Alexander James Burke User interface and search system for local and remote internet and other applications
US6665687B1 (en) 1998-06-26 2003-12-16 Alexander James Burke Composite user interface and search system for internet and multimedia applications
US6295058B1 (en) * 1998-07-22 2001-09-25 Sony Corporation Method and apparatus for creating multimedia electronic mail messages or greeting cards on an interactive receiver
US6384846B1 (en) * 1998-12-11 2002-05-07 Hitachi America Ltd. Methods and apparatus for rendering multiple images using a limited rendering resource
WO2000067479A2 (en) * 1999-04-30 2000-11-09 Ibt Technologies, Inc. System and method for organizing and linking enriched multimedia
US6346950B1 (en) 1999-05-20 2002-02-12 Compaq Computer Corporation System and method for display images using anamorphic video
US7013428B1 (en) 1999-09-03 2006-03-14 Yakov Kamen Use of templates for cost-effective secure linking of video stream objects
US6603490B1 (en) * 1999-12-10 2003-08-05 John F. Coombs Web site screen rotation
US7725812B1 (en) 2000-03-31 2010-05-25 Avid Technology, Inc. Authoring system for combining temporal and nontemporal digital media
AU5278801A (en) * 2000-04-07 2001-10-23 Matthew William Hart Graphical environment
US7555557B2 (en) * 2000-04-07 2009-06-30 Avid Technology, Inc. Review and approval system
US7904922B1 (en) * 2000-04-07 2011-03-08 Visible World, Inc. Template creation and editing for a message campaign
JP2004505369A (ja) * 2000-07-28 2004-02-19 シンビアン リミテッドSymbian Limited メニューのユーザ・インタフェースを改善したコンピュータ装置
AUPR270401A0 (en) * 2001-01-25 2001-02-22 Quicktakes Pty Ltd A multimedia system
US7930624B2 (en) * 2001-04-20 2011-04-19 Avid Technology, Inc. Editing time-based media with enhanced content
US20020188628A1 (en) * 2001-04-20 2002-12-12 Brian Cooper Editing interactive content with time-based media
US8413205B2 (en) 2001-09-19 2013-04-02 Tvworks, Llc System and method for construction, delivery and display of iTV content
US8220018B2 (en) 2002-09-19 2012-07-10 Tvworks, Llc System and method for preferred placement programming of iTV content
US8352983B1 (en) 2002-07-11 2013-01-08 Tvworks, Llc Programming contextual interactive user interface for television
WO2003026275A2 (en) * 2001-09-19 2003-03-27 Meta Tv, Inc. Interactive user interface for television applications
US8042132B2 (en) * 2002-03-15 2011-10-18 Tvworks, Llc System and method for construction, delivery and display of iTV content
US20040024753A1 (en) * 2001-11-27 2004-02-05 Chane Lena D. Broadcast database
US8578411B1 (en) 2003-03-14 2013-11-05 Tvworks, Llc System and method for controlling iTV application behaviors through the use of application profile filters
US7199805B1 (en) 2002-05-28 2007-04-03 Apple Computer, Inc. Method and apparatus for titling
US8707354B1 (en) 2002-06-12 2014-04-22 Tvworks, Llc Graphically rich, modular, promotional tile interface for interactive television
JP2004171361A (ja) * 2002-11-21 2004-06-17 Canon Inc 画像表示方法、画像表示装置、プログラム、および記憶媒体
US8416952B1 (en) 2003-07-11 2013-04-09 Tvworks, Llc Channel family surf control
US7818667B2 (en) 2005-05-03 2010-10-19 Tv Works Llc Verification of semantic constraints in multimedia data and in its announcement, signaling and interchange
US8819734B2 (en) * 2003-09-16 2014-08-26 Tvworks, Llc Contextual navigational control for digital television
US9615061B2 (en) * 2003-07-11 2017-04-04 Tvworks, Llc System and method for creating and presenting composite video-on-demand content
US7703116B1 (en) 2003-07-11 2010-04-20 Tvworks, Llc System and method for construction, delivery and display of iTV applications that blend programming information of on-demand and broadcast service offerings
WO2006061574A1 (en) * 2004-12-06 2006-06-15 Silver Fox Limited Improved method for copying and manipulating data
US20070055928A1 (en) * 2005-09-02 2007-03-08 Microsoft Corporation User workflow lists to organize multimedia files
US7610554B2 (en) * 2005-11-01 2009-10-27 Microsoft Corporation Template-based multimedia capturing
US8667540B2 (en) * 2006-07-07 2014-03-04 Apple Partners, Lp Web-based video broadcasting system having multiple channels
US7921139B2 (en) * 2006-12-01 2011-04-05 Whitserve Llc System for sequentially opening and displaying files in a directory
TWI329268B (en) * 2007-02-09 2010-08-21 Asustek Comp Inc Automatic file saving method for a digital home appliance system
US20100125875A1 (en) * 2008-11-20 2010-05-20 Comcast Cable Communications, Llc Method and apparatus for delivering video and video-related content at sub-asset level
US8312105B2 (en) * 2009-04-28 2012-11-13 International Business Machines Corporation Natural ordering in a graphical user interface
US8559793B2 (en) 2011-05-26 2013-10-15 Avid Technology, Inc. Synchronous data tracks in a media editing system
US9112623B2 (en) 2011-06-06 2015-08-18 Comcast Cable Communications, Llc Asynchronous interaction at specific points in content
JP2014106882A (ja) * 2012-11-29 2014-06-09 Toshiba Corp 情報処理装置及び表示制御方法
US9553927B2 (en) 2013-03-13 2017-01-24 Comcast Cable Communications, Llc Synchronizing multiple transmissions of content
US9250761B2 (en) * 2013-04-30 2016-02-02 Microsoft Technology Licensing, Llc Auto-grouping of application windows

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01251225A (en) * 1988-03-31 1989-10-06 Toshiba Corp Input/output control system
JPH05204573A (ja) * 1992-01-29 1993-08-13 Chubu Nippon Denki Software Kk 画面表示方式

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4982344A (en) * 1988-05-18 1991-01-01 Xerox Corporation Accelerating link creation
US5408655A (en) * 1989-02-27 1995-04-18 Apple Computer, Inc. User interface system and method for traversing a database
US5297249A (en) * 1990-10-31 1994-03-22 International Business Machines Corporation Hypermedia link marker abstract and search services
US5367621A (en) * 1991-09-06 1994-11-22 International Business Machines Corporation Data processing method to provide a generalized link from a reference point in an on-line book to an arbitrary multimedia object which can be dynamically updated
WO1993015455A1 (en) * 1992-01-24 1993-08-05 Interactive Media Corporation System for performing function on second portal upon activation of related first portal
IT1259343B (it) * 1992-03-17 1996-03-12 Sip Circuito di controllo video per applicazioni multimediali
US5428731A (en) * 1993-05-10 1995-06-27 Apple Computer, Inc. Interactive multimedia delivery engine
US5414644A (en) * 1993-11-24 1995-05-09 Ethnographics, Inc. Repetitive event analysis system

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01251225A (en) * 1988-03-31 1989-10-06 Toshiba Corp Input/output control system
JPH05204573A (ja) * 1992-01-29 1993-08-13 Chubu Nippon Denki Software Kk 画面表示方式

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011130316A (ja) * 2009-12-21 2011-06-30 Seiko Epson Corp プロジェクター及び画像投射方法

Also Published As

Publication number Publication date
EP0663639A1 (en) 1995-07-19
US5613057A (en) 1997-03-18
JP2752040B2 (ja) 1998-05-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Zloof Office-by-Example: A business language that unifies data and word processing and electronic mail
US6147685A (en) System and method for editing group information
US7039875B2 (en) Computer user interfaces that are generated as needed
US6144380A (en) Method of entering and using handwriting to identify locations within an electronic book
US5845122A (en) Method and apparatus for allowing a user to select from a set of mutually exclusive options
US5263174A (en) Methods for quick selection of desired items from hierarchical computer menus
US5551030A (en) Method and apparatus for integrating applications in a graphical user interface environment with a rules database
JP4007666B2 (ja) システム・ロカールを設定するコンピュータ実現される方法
JP2525546B2 (ja) グラフィックリソ―ス・エディタ
US5991534A (en) Method and apparatus for editing a software component
US5787416A (en) Methods for hypertext reporting in a relational database management system
EP0173122B1 (en) Integrated multiple data editor
US5812862A (en) Computer-human interface system for compound documents
US5630080A (en) Method and system for the direct manipulation of information, including non-default drag and drop operation
EP0695448B1 (en) Interactive user interface
CA1169579A (en) Report preparation
JP3353812B2 (ja) Guiを表示するコンピュータ・システム及び操作方法
US5905498A (en) System and method for managing semantic network display
US5450538A (en) Graphical user interface control for expansion and re-sizing of data fields in forms
US6278455B1 (en) Pictorial interface for accessing information in an electronic file system
US8073836B2 (en) System for viewing databases
DE10135445B4 (de) Integriertes Verfahren für das Schaffen einer aktualisierbaren Netzabfrage
EP1197834B1 (en) Browser navigation for devices with a limited input system
CN1249577C (zh) 用于遗留软件与屏幕朗读器程序之间的互操作的方法和装置
US5835919A (en) Computer-human interface system which manipulates parts between a desktop and a document

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees