JPH07204604A - 焼却炉における飛灰処理装置 - Google Patents

焼却炉における飛灰処理装置

Info

Publication number
JPH07204604A
JPH07204604A JP6006884A JP688494A JPH07204604A JP H07204604 A JPH07204604 A JP H07204604A JP 6006884 A JP6006884 A JP 6006884A JP 688494 A JP688494 A JP 688494A JP H07204604 A JPH07204604 A JP H07204604A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
exhaust gas
incinerator
ash
dust collector
fly ash
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6006884A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3285692B2 (ja
Inventor
Shozo Umemura
省三 梅村
Sakae Kishimoto
栄 岸本
Michio Ishida
美智男 石田
Tadao Murakawa
忠夫 村川
Hiroshi Onishi
洋 大西
Akiko Narita
昭子 成田
Original Assignee
Hitachi Zosen Corp
日立造船株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Zosen Corp, 日立造船株式会社 filed Critical Hitachi Zosen Corp
Priority to JP00688494A priority Critical patent/JP3285692B2/ja
Publication of JPH07204604A publication Critical patent/JPH07204604A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3285692B2 publication Critical patent/JP3285692B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 従来、排ガス中に吹き込まれた薬剤により、
バグフィルターで飛灰と共に反応塩類が捕集されるが、
この塩類により灰溶融炉で生じる再塩化水素ガスと溶融
塩類による悪影響および再処理をなくする。 【構成】 焼却炉本体1から排出される燃焼排ガスの排
出経路11に、バグフィルター12と湿式洗煙装置13とを順
に配置し、前記バグフィルター12で捕集された飛灰を加
熱溶融する灰溶融炉21と、その溶融排ガスから飛灰を捕
集する灰溶融炉側集塵器24とを設け、この灰溶融炉側集
塵器24から溶融排ガスを湿式洗煙装置13の入口に導入す
る合流排ガス管27を設けた。 【効果】 バグフィルターで塩類を含まない飛灰を捕集
し、湿式洗煙装置で塩化水素等の有害物質を除去する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、都市ごみ等の焼却時に
排ガスに同伴されて集塵器に捕捉される焼却炉における
飛灰処理装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の飛灰の処理方法として、セメント
固化処理法が多く採用されてきたが、近年、埋立用地の
確保が困難となってきており、焼却残滓の減容化が要望
されている。このため飛灰も、固化容量の大きいセメン
ト化に代わって、減容効果の大きい溶融処理を行うため
の検討が進められている。
【0003】従来のごみ焼却設備において、飛灰も溶融
処理する為のフローを考えると、図5に示すようにな
る。すなわち、焼却炉本体1からボイラ2を介して排出
された排ガスは、調温塔3で冷却された後、消石灰、助
剤、活性炭からなる薬剤が添加されて焼却炉側乾式濾過
集塵器(バグフィルター)4により、排ガス中の飛灰
と、それに含まれる反応塩類(CaCl2,Ca2SO4等)、未反
応薬剤〔Ca(OH)2 等〕、フライアッシュ、捕集重金属な
どが捕集される。焼却炉側集塵装置4から排出された排
ガスは、触媒脱硝装置5で窒素酸化物を除去された後清
浄ガスとして煙突6から排出される。
【0004】一方、焼却炉側集塵装置4と調温塔3で捕
集された飛灰は、焼却炉本体1から排出される主灰と共
用、あるいは飛灰専用の灰溶融炉7に投入され、溶融塩
およびスラグが生成されて廃棄処理または再利用され
る。さらに灰溶融炉7から排出された溶融排ガスは、調
温塔8で冷却された後、消石灰、助剤、活性炭からなる
薬剤が添加されて灰溶融炉側乾式濾過集塵器(バグフィ
ルター)9により、飛灰および反応塩類、未反応薬剤、
フライアッシュ、捕集重金属などが捕集される。捕集さ
れた飛灰等は、灰無害化処理装置10により、セメント
固化法またはキレート法により無害化処理される。溶融
炉側集塵装置9から排出れる排ガスは清浄ガスとして煙
突6から排出される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記の飛灰処
理には下記に示すように、 (1)灰溶融炉において高温に加熱されるため、反応塩
類等が再度ガス化して塩化水素を生成し、排ガスに同伴
されて排出されるため、再度薬剤を排ガス中に投入して
溶融炉側集塵装置9で捕捉しなければならず、2倍の薬
剤が必要となる。 (2)飛灰に含まれる塩類の一部が灰溶融炉7内で溶融
塩を形成し、炉内の耐火レンガを浸食して寿命を縮め
る。また水砕スラグ化した場合、塩類の一部が溶出する
と下水放流ができず、さらに無害化処理が必要になる。 (3)消石灰により、飛灰中のカルシウム分が多くなる
と、塩基度(CaO/SiO)が高くなり、灰の溶融温度が高く
なって溶融方法が制約されるとともに、耐火レンガの浸
食が加速され、さらに灰溶融の為の消費熱エネルギーが
増大して運転コストが嵩むなどの問題がある。
【0006】本発明は、上記問題点を解決して、薬剤の
添加量を増加することなく、また灰溶融炉内での塩類の
生成を防止して、耐火レンガの浸食を防ぐとともに排水
処理も不要とし、さらに融点も高くならず、運転コスト
を減少できる焼却炉における飛灰処理装置を提供するこ
とを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記問題点を解決するた
めに本発明の第1の手段は、焼却炉本体から排出される
燃焼排ガスの排出経路に、焼却炉側集塵器と湿式洗煙装
置とを焼却炉本体側から順に配置し、前記焼却炉側集塵
器で捕集された飛灰が供給されて飛灰を加熱溶融する灰
溶融炉と、灰溶融炉から排出される溶融排ガスから飛灰
を捕集する灰溶融炉側集塵器とを設け、この灰溶融炉側
集塵器から排出される溶融排ガスを前記湿式洗煙装置の
入口に導入する合流排ガス管を設けたものである。
【0008】また、第2の手段は、上記第1の手段にお
いて、焼却炉側集塵器を乾式濾過集塵器とするととも
に、この乾式濾過集塵器により、入口で排ガス中に助剤
と活性炭のみを吹き込んで、ダイオキシンと飛灰とを捕
集するように構成したものである。
【0009】さらに第3の手段は、上記第2の手段にお
いて、湿式洗煙装置の排ガス出口側に、焼却炉本体に付
設されるボイラの熱媒を加熱源とする排ガス再加熱器を
介して脱硝装置を設けたものである。
【0010】また第4の手段は、第1の手段において、
焼却炉側集塵装置を静電気式集塵器とし、湿式洗煙装置
の排ガス出口側に、入口で助剤と活性炭のみを排ガス中
に吹き込んでダイオキシンを捕集するダイオキシン捕集
用の乾式濾過集塵器を配置したものである。
【0011】さらに第5の手段は、第4の手段におい
て、静電気式集塵器と湿式洗煙装置の間に脱硝装置を介
在させたものである。さらにまた、第6の手段は第1〜
第5の手段において、焼却炉本体から排出される主灰を
灰溶融炉に供給する主灰供給装置を設け、灰溶融炉で飛
灰と共に主灰を加熱溶融するように構成したものであ
る。
【0012】
【作用】上記第1の構成によれば、焼却炉本体から排出
される燃焼排ガス中に含まれる低沸点重金属や塩化水素
をはじめとする有害ガス成分を湿式洗煙装置で捕集する
ことにより、焼却炉側集塵器で有害ガス成分から生成さ
れる塩類を含まない飛灰を捕集させ、これを灰溶融炉で
加熱溶融させることにより、灰溶融炉において灰の溶融
時に塩化水素の発生もなく、溶融排ガスへの塩化水素捕
集用薬剤の投入を不要にできる。また塩類が溶出するこ
とがないので、耐火レンガの寿命を縮めることもなく、
水砕スラグ化した場合にも、冷却水に塩類が溶出するこ
となく下水放流が可能となる。さらに飛灰中のカルシウ
ム分も少ないため、溶融温度が上昇することなく各種の
溶融方法で対応することが可能となり、運転コストの減
少に寄与できる。これにより、飛灰の減容化が図れる。
【0013】また、集塵後の溶融排ガスを、燃焼排ガス
の排出経路に設置された湿式洗煙装置の入口に合流させ
るので、溶融排ガス専用の有害物除去装置が不要とな
り、設備コストを低減することができる。
【0014】第2の構成によれば、焼却炉側集塵装置で
飛灰と共にダイオキシンを捕集することができ、排ガス
の無害化を促進できる。第3の構成によれば、湿式洗煙
装置により温度が低下された排ガスを、焼却炉本体に付
設されたボイラの熱媒を利用して、脱硝に適した温度に
昇温するので、効率良く排熱を利用することができ、運
転コストを増大させることなく、排ガス中から窒素酸化
物を除去することができる。
【0015】第4の構成によれば、燃焼排ガス中から飛
灰を集塵する集塵器を静電気式集塵器としたので、温度
を下げることなく排ガスを導入して飛灰を捕集すること
ができ、排ガス温度を低下させる必要がある乾式濾過集
塵器を配置するのに比べて、熱効率が良く省エネルギー
運転が可能となる。
【0016】第5の構成によれば、静電気式集塵器から
排出されて温度低下の少ない燃焼排ガスを、脱硝装置に
直接導入することができ、さらに熱効率を向上させるこ
とができる。
【0017】第6の構成によれば、薬剤として消石灰が
添加されていない飛灰を、主灰と共に灰溶融炉で加熱溶
融するので、塩化水素の発生や溶融塩の生成もなく、焼
却炉から排出される灰の全てを溶融して効率よく減容化
を図ることができる。
【0018】
【実施例】以下、本発明に係るごみ焼却炉の第1実施例
を図1に基づいて説明する。なお、従来と同一の部材は
同一符号を付し、説明は省略する。
【0019】この第1実施例は飛灰の単独溶融システム
で、焼却炉本体1から燃焼排ガスを排出する燃焼排ガス
排出経路11には、焼却炉本体1から順に、第1調温塔
3、焼却炉側乾式濾過集塵器を構成するバグフィルター
12、湿式洗煙装置13、排ガス再加熱器14および触
媒脱硝酸装置5がそれぞれ配置されている。また、飛灰
を溶融処理する灰溶融炉21から溶融排ガスを排出する
溶融排ガス排出経路22には、第2調温塔23と灰溶融
炉側集塵器24がそれぞれ介在されている。
【0020】バグフィルター12は、第1調温塔3によ
り、ダイオキシンを捕捉するのに適した燃焼排ガス温
度、すなわち200℃以下、好ましくは150〜170
℃に冷却された燃焼排ガス中に、入口手前で薬剤として
活性炭と助剤のみが吹き込まれる。助剤は、バグフィル
ターの濾布をプレコートして通気性を高め、焼損を防止
するためのもので、珪藻土を主成分とする粉体が使用さ
れる。したがって、この燃焼排ガス中に、吹き込まれた
薬剤に消石灰〔Ca(OH)2 〕が含まれていないため、反応
生成物である塩化カルシウム(CaCl2)や未反応薬剤〔Ca
(OH)2 〕等をほとんど含まない飛灰が捕集される。
【0021】湿式洗煙装置12は集塵後の燃焼排ガスお
よび後述する溶融排ガスを処理するもので、排ガス中に
水を散布して水溶性の成分を溶出させるとともに、排ガ
スの温度を低下させて排ガス中の金属類を凝縮し、排ガ
ス中からHCl やSOx ,Hg などを除去するものである。排
水されたHCl やSOx ,Hgなどを含む水溶液は廃水処理装
置15により、公知の技術で分離除去される。
【0022】排ガス再加熱器14は、ボイラ2で得られ
た熱媒蒸気を利用して、湿式洗煙装置12で低下された
排ガスの温度を触媒による脱硝に適した温度、すなわち
約210℃程度にまで加熱して昇温し、触媒脱硝装置5
に導入するものである。
【0023】灰溶融炉21は、第1調温塔3およびバグ
フィルター12に捕集されスクレーパコンベヤ装置から
なる飛灰供給装置25により搬入された飛灰を、加熱溶
融してスラグを形成するもので、灰溶融炉21はバーナ
ー式や電器式(アーク式、ブラズマ式、電器抵抗式な
ど)が使用される。この時、飛灰中に消石灰の反応生成
物である塩化カルシウム(CaCl2)等を殆ど含まないこと
から、塩化水素が再生成されることもなく、溶融塩が形
成されて耐火レンガの腐食を増大させることもない。
【0024】前記第2調温塔23により冷却された溶融
排ガスが導入される溶融炉側集塵器24は、サイクロン
式や静電気式、乾式濾過型など、コンパクトに構成でき
るものであればよく、たとえばバグフィルターからなる
溶融炉側集塵器24により、溶融時に飛散する低沸点金
属類、たとえば水銀や鉛、亜鉛などを含んだ塵埃が捕集
され、無害化処理装置26により処理されて廃棄され
る。
【0025】この溶融炉側集塵器24から排出された溶
融排ガスは、合流排ガス経路に配設された合流排ガス管
27を介して、湿式洗煙装置13の入口に導入されて燃
焼排ガスと共に処理される。
【0026】上記構成において、焼却炉本体1で発生し
た燃焼排ガスは、ボイラ2で熱回収された後、第1調温
塔3で冷却されてバグフィルター12に導入される。こ
のバグフィルター12の濾布で捕集された飛灰および第
1調温塔3で回収された飛灰は、飛灰供給装置25によ
り灰溶融炉21に供給される。そして、灰溶融炉21で
加熱溶融されてスラグが形成され減容化されるとともに
ダイオキシンが高温で熱分解され、スラグは再利用され
るかまたは埋立地等に投棄される。灰溶融炉21内で発
生した溶融排ガスは、溶融排ガス排出経路22に介在さ
れた灰溶融炉側集塵装置24により低融点金属類等が捕
集された後、合流排ガス管27を介して湿式洗煙装置1
3に導入され、燃焼排ガスと共に処理される。この灰溶
融炉側集塵装置24および第2調温塔23で捕集された
塵埃および飛灰は、灰無害化処理装置26により、セメ
ント固化法やキレート法により無害化処理されて廃棄さ
れる。湿式洗煙装置13では、燃焼排ガスおよび溶融排
ガス中に含まれる塩素ガスや硫化物、水銀等が捕集さ
れ、それらを含んだ水溶液を廃液処理装置15により処
理する。さらに、排ガス再加熱器14で昇温された排ガ
スは、触媒脱硝装置15で窒素酸化物が除去されて煙突
6から清浄ガスとして排出される。
【0027】上記第1実施例によれば、焼却炉本体1か
ら排出される燃焼排ガス中に含まれる低沸点重金属や塩
化水素をはじめとする有害ガス成分を湿式洗煙装置13
により捕集し、入口で助剤と活性炭のみを燃焼排ガス中
に吹き込んでバグフィルター12により有害ガス成分か
ら生成される塩類を含まない塩類を含まない飛灰とダイ
オキシンとを捕集し、これを灰溶融炉21で加熱溶融す
るので、灰溶融中に塩化水素の発生や溶融塩類の生成が
無く、溶融排ガスから塩化水素を捕集するための薬剤の
投入を不要にでき、溶融塩による耐火レンガの浸食量を
増大させて寿命を縮めることもない。また溶融灰を水砕
スラグ化した場合にも、冷却水に溶融塩が混入すること
がないので、冷却水を無害化することなく下水放流が可
能となる。さらに飛灰中のカルシウム分も少ないことか
ら、飛灰の溶融温度が上昇することもなく、したがって
灰溶融炉の仕様や耐火レンガの材質等を高温に対処可能
なものとする必要がなく、耐火レンガの浸食量も小さく
てすむ。したがって、飛灰の減容化が図れるとともに、
設備コストおよび運転コストの減少に寄与でき、メンテ
ナンスの回数も減らせる。
【0028】また、第2バグフィルター24により集塵
された後の溶融排ガスを、合流排ガス管27を介して湿
式洗煙装置13に導入し燃焼排ガスと共に処理するの
で、溶融排ガス専用の有害物除去装置が不要となり、設
備コストを低減することができる。さらにバグフィルタ
ー12により飛灰と共にダイオキシンを捕集し、湿式洗
煙装置13により排ガス中からHCl やSOx ,Hg などを除
去し、さらに触媒脱硝装置5によりNOx を除去し、ガス
の無害化を図ることができる。また湿式洗煙装置13に
より温度が低下された排ガスは、焼却炉本体に付設され
たボイラの熱媒を利用して、排ガス再加熱器14で脱硝
に適した温度に昇温するので、効率良く排熱を利用する
ことができ、運転コストを増大させることがない。
【0029】図2は第1実施例を利用した主灰と飛灰と
の混合溶融システムの第2実施例を示す。溶融炉本体1
から排出される主灰は、灰処理装置31により水冷され
るか、または散布された噴霧水により冷却される。水冷
された場合には、乾燥装置32に導入されて乾燥された
後、スクレーパコンベヤからなる主灰供給装置33によ
り、灰溶融炉21に供給されて飛灰と共に加熱溶融され
る。また噴霧水により冷却された主灰は、直接主灰供給
装置33により灰溶融炉21に供給される。
【0030】前記乾燥装置32から主灰の乾燥時に排出
される乾燥排ガスは、乾燥排ガス清浄装置34により、
粗塵用のサイクロン式集塵器34aおよび細塵用バグフ
ィルター35bを介して塵埃が捕集された後、乾燥排ガ
ス排出経路に配置された乾燥排ガス排出管36により、
燃焼排ガス経路11のボイラ2と第1調温塔3の間に流
入され、燃焼排ガスに合流される。
【0031】上記第2実施例によれば、灰溶融時の塩化
水素の発生および溶融塩の生成がないので、第1実施例
と同様の効果を奏することができるとともに、主灰と同
時に飛灰を溶融処理できるので、設備コストを低減で
き、既設の灰溶融炉を使用して飛灰の溶融処理が可能と
なる。
【0032】図3は省エネルギーを目的とした飛灰単独
溶融システムの第3実施例を示す。この第3実施例は、
バグフィルターにより飛灰を集塵するためには、焼却炉
本体1からボイラ2を介して排出される高温の燃焼排ガ
スの温度を、第1調温塔3により冷却しなければならな
いという問題点を、高温の排ガスから飛灰の捕集が可能
な電気集塵器(静電気式集塵器)42を採用することに
より解決して、熱効率を向上させたものである。
【0033】すなわち、燃焼排ガスの排出経路41に
は、焼却炉本体1から順に、電気集塵器(静電気式集塵
器)42、触媒脱硝装置5、湿式洗煙装置13、排ガス
再加熱器43およびダイオキシン捕集用バグフィルター
44がそれぞれ介在される。
【0034】上記構成において、焼却炉本体1から排出
される燃焼排ガスは、ボイラ2で熱回収された後、電気
集塵器42に導入されて飛灰が回収され、さらに触媒脱
硝装置5に導入されて窒素酸化物が除去される。電気集
塵器42で捕集された飛灰は、飛灰供給装置25により
灰溶融炉21に供給される。そして、灰溶融炉21で加
熱溶融されてスラグが形成されて減容化され、再利用ま
たは埋立地等に投棄される。灰溶融炉21内で発生した
溶融排ガスは、溶融排ガス排出経路22に介在された灰
溶融炉側集塵装置24により低融点金属類等が捕集さ
れ、合流排ガス経路の合流排ガス管27を介して湿式洗
煙装置13に導入され、燃焼排ガスと共に処理される。
この灰溶融炉側集塵装置24で捕集された塵埃は、灰無
害化処理装置26により、セメント固化法やキレート法
により無害か処理されて廃棄される。湿式洗煙装置13
では、燃焼排ガスおよび溶融排ガス中に含まれる塩素ガ
スや硫化物、水銀等が捕集され、それらを含んだ水溶液
が廃液処理装置15により処理される。さらに、排ガス
再加熱器43で昇温された排ガスは、ダイオキシン捕集
用バグフィルター44に導入され、入口で吹き込まれた
助剤と活性炭により、ダイオキシンが吸着されて濾布に
より除去される。捕集されたダイオキシンと飛灰は飛灰
回収管45を介して灰溶融炉21に投入され、ダイオキ
シンは溶融熱により熱分解される。排ガスは煙突6から
清浄ガスとして排出される。
【0035】上記第3実施例によれば、電気集塵器42
により捕集された飛灰中に、反応塩類や未反応薬剤が含
まれることがないので、灰溶融炉21による溶融時に塩
化水素の発生や溶融塩の生成はなく、第1実施例と同様
の効果が実現できる。
【0036】また、焼却炉本体1からの出口に電気集塵
器42を配置したので、乾式濾過集塵器に必要な第1調
温塔3による燃焼排ガスの冷却を不要にできるととも
に、電気集塵器42の出口の排ガス温度も230〜20
0℃となり、第1実施例のように排ガス再加熱器により
排ガスを昇温しなくても、直接燃焼排ガスを触媒脱硝装
置5に導入して脱硝処理することができる。したがっ
て、これにより熱効率を向上させて省エネルギーを推進
することができる。
【0037】なお、第3実施例では、湿式洗煙装置13
から排出された排ガスを排ガス再加熱器43により加
熱、減湿してダイオキシン捕集用バグフィルター44に
導入しているが、この排ガス再加熱器44による排ガス
の昇温は、ダイオキシンの除去に適し、かつ白煙の発生
を防止できる140〜150℃前後でよく、第1実施例
における排ガス再加熱器14による加熱温度210℃よ
りかなり低くてよい。
【0038】図4は第3実施例に第2実施例を付加した
主灰と飛灰との混合溶融システムを示し。第2実施例と
第3実施例とで示した両方の効果を奏することができ
る。
【0039】
【発明の効果】以上に述べたごとく本発明の第1の構成
によれば、焼却炉本体から排出される燃焼排ガス中に含
まれる低沸点重金属や塩化水素をはじめとする有害ガス
成分を湿式洗煙装置で捕集することにより、焼却炉側集
塵器で有害ガス成分から生成される塩類を含まない飛灰
を捕集させ、これを灰溶融炉で加熱溶融させることによ
り、灰溶融炉において灰の溶融時に塩化水素の発生もな
く、溶融排ガスへの塩化水素捕集用薬剤の投入を不要に
できる。また塩類が溶出することがないので、耐火レン
ガの寿命を縮めることもなく、水砕スラグ化した場合に
も、冷却水に塩類が溶出することなく下水放流が可能と
なる。さらに飛灰中のカルシウム分も少ないため、溶融
温度が上昇することなく各種の溶融方法で対応すること
が可能となり、運転コストの減少に寄与できる。これに
より、飛灰の減容化が図れる。
【0040】また、集塵後の溶融排ガスを、燃焼排ガス
の排出経路に設置された湿式洗煙装置の入口に合流させ
るので、溶融排ガス専用の有害物除去装置が不要とな
り、設備コストを低減することができる。
【0041】第2の構成によれば、焼却炉側集塵装置で
飛灰と共にダイオキシンを捕集することができ、排ガス
の無害化を促進できる。第3の構成によれば、湿式洗煙
装置により温度が低下された排ガスを、焼却炉本体に付
設されたボイラの熱媒を利用して、脱硝に適した温度に
昇温するので、効率良く排熱を利用することができ、運
転コストを増大させることなく、排ガス中から窒素酸化
物を除去することができる。
【0042】第4の構成によれば、燃焼排ガス中から飛
灰を集塵する集塵器を静電気式集塵器としたので、温度
を下げることなく排ガスを導入して飛灰を捕集すること
ができ、排ガス温度を低下させる必要がある乾式濾過集
塵器を配置するのに比べて、熱効率が良く省エネルギー
運転が可能となる。
【0043】第5の構成によれば、静電気式集塵器から
排出されて温度低下の少ない燃焼排ガスを、脱硝装置に
直接導入することができ、さらに熱効率を向上させるこ
とができる。
【0044】第6の構成によれば、薬剤として消石灰が
添加されていない飛灰を、主灰と共に灰溶融炉で加熱溶
融するので、塩化水素の発生や溶融塩の生成もなく、焼
却炉から排出される灰の全てを溶融して効率よく減容化
を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るごみ焼却炉設備の第1実施例の構
成を示すブロック図である。
【図2】本発明に係るごみ焼却炉設備の第2実施例の構
成を示すブロック図である。
【図3】本発明に係るごみ焼却炉設備の第3実施例の構
成を示すブロック図である。
【図4】本発明に係るごみ焼却炉設備の第4実施例の構
成を示すブロック図である。
【図5】従来のごみ焼却炉設備の構成を示すブロック図
である。
【符号の説明】
1 焼却炉本体 2 ボイラ 3 第1調温塔(調温塔) 5 触媒脱硝装置 6 煙突 11 溶融排ガス排出経路 12 バグフィルター 13 湿式洗煙装置 14 排ガス再加熱器 21 灰溶融炉 22 溶融排ガス排出経路 23 第2調温塔 24 灰溶融炉側集塵器 25 飛灰供給装置 27 合流排ガス管 31 灰処理装置 32 乾燥装置 33 主灰供給装置 34 乾燥排ガス清浄装置 35 乾燥排ガス排出経路 41 燃焼排ガス排出経路 42 電気集塵器 43 排ガス再加熱器 44 ダイオキシン捕集用バグフィルター
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B01D 53/70 53/86 ZAB 53/94 F23J 1/00 ZAB A B01D 53/34 134 E 53/36 ZAB 101 A B09B 3/00 ZAB (72)発明者 村川 忠夫 大阪府大阪市此花区西九条5丁目3番28号 日立造船株式会社内 (72)発明者 大西 洋 大阪府大阪市此花区西九条5丁目3番28号 日立造船株式会社内 (72)発明者 成田 昭子 大阪府大阪市此花区西九条5丁目3番28号 日立造船株式会社内

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 焼却炉本体から排出される燃焼排ガスの
    排出経路に、焼却炉側集塵器と湿式洗煙装置とを焼却炉
    本体側から順に配置し、前記焼却炉側集塵器で捕集され
    た飛灰が供給されて飛灰を加熱溶融する灰溶融炉と、灰
    溶融炉から排出される溶融排ガスから飛灰を捕集する灰
    溶融炉側集塵器とを設け、この灰溶融炉側集塵器から排
    出される溶融排ガスを前記湿式洗煙装置の入口に導入す
    る合流排ガス管を設けたことを特徴とする焼却炉におけ
    る飛灰処理装置。
  2. 【請求項2】 焼却炉側集塵器を乾式濾過集塵器とする
    とともに、この乾式濾過集塵器により、入口で排ガス中
    に助剤と活性炭のみを吹き込んで、ダイオキシンと飛灰
    とを捕集するように構成したことを特徴とする請求項1
    記載の焼却炉における飛灰処理装置。
  3. 【請求項3】 湿式洗煙装置の排ガス出口側に、焼却炉
    本体に付設されるボイラの熱媒を加熱源とする排ガス再
    加熱器を介して脱硝装置を設けたことを特徴とする請求
    項2記載の焼却炉における飛灰処理装置。
  4. 【請求項4】 焼却炉側集塵装置を静電気式集塵器と
    し、湿式洗煙装置の排ガス出口側に、入口で助剤と活性
    炭のみを排ガス中に吹き込んでダイオキシンを捕集する
    ダイオキシン捕集用の乾式濾過集塵器を配置したことを
    特徴とする請求項1記載の焼却炉における飛灰処理装
    置。
  5. 【請求項5】 静電気式集塵器と湿式洗煙装置の間に脱
    硝装置を介在させたことを特徴とする請求項4記載の焼
    却炉における飛灰処理装置。
  6. 【請求項6】 焼却炉本体から排出される主灰を灰溶融
    炉に供給する主灰供給装置を設け、灰溶融炉で飛灰と共
    に主灰を加熱溶融するように構成した請求項1乃至5記
    載の焼却炉における飛灰処理装置。
JP00688494A 1994-01-26 1994-01-26 焼却炉における飛灰処理装置 Expired - Fee Related JP3285692B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP00688494A JP3285692B2 (ja) 1994-01-26 1994-01-26 焼却炉における飛灰処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP00688494A JP3285692B2 (ja) 1994-01-26 1994-01-26 焼却炉における飛灰処理装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07204604A true JPH07204604A (ja) 1995-08-08
JP3285692B2 JP3285692B2 (ja) 2002-05-27

Family

ID=11650667

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP00688494A Expired - Fee Related JP3285692B2 (ja) 1994-01-26 1994-01-26 焼却炉における飛灰処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3285692B2 (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002219335A (ja) * 2001-01-30 2002-08-06 Babcock Hitachi Kk 排ガス処理装置
WO2005005025A1 (ja) * 2003-07-10 2005-01-20 Taiheiyo Cement Corporation 燃焼排ガス処理装置及び処理方法
JP2007117890A (ja) * 2005-10-28 2007-05-17 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス処理方法及びシステム
US7837963B2 (en) 2006-10-24 2010-11-23 Taiheiyo Cement Corporation Method for removing lead from cement burning furnace
US7947229B2 (en) 2005-08-26 2011-05-24 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for dissolution reaction
US8282263B2 (en) 2005-10-31 2012-10-09 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for adding wet ash to cement
US8439202B2 (en) 2006-12-05 2013-05-14 Taiheiyo Cement Corporation Coal ash treatment method and apparatus
US8470273B2 (en) * 2005-01-06 2013-06-25 Taiheiyo Cement Corporation Device and method for processing cement kiln combustion exhaust
JP2014508638A (ja) * 2011-01-31 2014-04-10 アンコル インターナショナル コーポレイション 煙道ガスのスクラビング
US8893892B2 (en) 2005-12-07 2014-11-25 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for removing unburned carbon from fly ash
JP2016169881A (ja) * 2015-03-11 2016-09-23 株式会社神鋼環境ソリューション 溶融炉の運転方法

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002219335A (ja) * 2001-01-30 2002-08-06 Babcock Hitachi Kk 排ガス処理装置
JP4615443B2 (ja) * 2003-07-10 2011-01-19 太平洋セメント株式会社 燃焼排ガス処理装置及び処理方法
WO2005005025A1 (ja) * 2003-07-10 2005-01-20 Taiheiyo Cement Corporation 燃焼排ガス処理装置及び処理方法
JPWO2005005025A1 (ja) * 2003-07-10 2007-09-20 太平洋セメント株式会社 燃焼排ガス処理装置及び処理方法
US7799297B2 (en) 2003-07-10 2010-09-21 Taiheiyo Cement Corporation Device and method for processing combustion exhaust gas
US8470273B2 (en) * 2005-01-06 2013-06-25 Taiheiyo Cement Corporation Device and method for processing cement kiln combustion exhaust
US7947229B2 (en) 2005-08-26 2011-05-24 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for dissolution reaction
JP2007117890A (ja) * 2005-10-28 2007-05-17 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 排ガス処理方法及びシステム
US8282263B2 (en) 2005-10-31 2012-10-09 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for adding wet ash to cement
US8893892B2 (en) 2005-12-07 2014-11-25 Taiheiyo Cement Corporation Apparatus and method for removing unburned carbon from fly ash
US7837963B2 (en) 2006-10-24 2010-11-23 Taiheiyo Cement Corporation Method for removing lead from cement burning furnace
US8439202B2 (en) 2006-12-05 2013-05-14 Taiheiyo Cement Corporation Coal ash treatment method and apparatus
JP2014508638A (ja) * 2011-01-31 2014-04-10 アンコル インターナショナル コーポレイション 煙道ガスのスクラビング
JP2016169881A (ja) * 2015-03-11 2016-09-23 株式会社神鋼環境ソリューション 溶融炉の運転方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3285692B2 (ja) 2002-05-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003251146A (ja) 高温プラズマを用いたダイオキシンと粉塵除去方法及びその装置
JP3285692B2 (ja) 焼却炉における飛灰処理装置
JP2004532967A (ja) 高濃度の酸素を用いた焼却プロセス
JP3191877B2 (ja) 廃棄物焼却方法における高温の酸性ガスおよび粒状物質の除去
JP4127656B2 (ja) 湿式バグフィルタ装置
JP2004263952A (ja) 排ガスからの熱回収方法及び装置
JP4033420B2 (ja) 排ガス中の塩化水素の乾式除去方法および乾式除去装置
JP2001212430A (ja) 廃棄物焼却炉の排ガス処理方法及びその設備
JP2005195228A (ja) 廃棄物溶融処理システム
CN108452663A (zh) 固废物焚烧烟气净化处理方法
JP3664941B2 (ja) 灰溶融炉の排ガス処理方法およびそのシステム
JPH10227431A (ja) ごみ焼却設備
JP2017087099A (ja) 廃棄物焼却における排ガス処理装置および排ガス処理方法
JP2742847B2 (ja) 高性能総合排ガス処理方法
JP3603648B2 (ja) 排ガス処理方法
JP3491141B2 (ja) 排ガス処理方法および装置
JP2005046815A (ja) 溶融炉の排ガス処理方法およびその装置
JP3343328B2 (ja) 湿灰の溶融処理装置及び溶融処理方法
JPH11244653A (ja) 灰溶融炉の排ガス処理装置
JP3692279B2 (ja) 灰溶融炉の排ガス処理方法およびそのシステム
JP2003117520A (ja) 焼却灰の処理方法
JP3489938B2 (ja) 燃焼排ガス処理装置
JPH11239706A (ja) 焼却炉排ガスの集塵方法および装置
JP3966485B2 (ja) 塩素化合物を含有する廃棄物の焼却処分過程において生じる排ガスの処理方法およびその装置
JP2001201270A (ja) 排ガス処理装置および方法

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100308

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110308

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees