JPH07193616A - Packet transmission method - Google Patents

Packet transmission method

Info

Publication number
JPH07193616A
JPH07193616A JP5347883A JP34788393A JPH07193616A JP H07193616 A JPH07193616 A JP H07193616A JP 5347883 A JP5347883 A JP 5347883A JP 34788393 A JP34788393 A JP 34788393A JP H07193616 A JPH07193616 A JP H07193616A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
packet
data
transmission
cycle
packets
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5347883A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shinji Hamai
Hiroyuki Iizuka
Yasunori Kawakami
Toshihiko Kurosaki
靖程 川上
信二 濱井
飯塚  裕之
敏彦 黒崎
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP5347883A priority Critical patent/JPH07193616A/en
Publication of JPH07193616A publication Critical patent/JPH07193616A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE:To allow a receiver side to discriminate that a packet is not sent or no packet is in existence because of a transmission error or because the transmission is finished when no packet is in existence in one cycle CONSTITUTION:Received data are restored at first in a buffer 1. Furthermore, a flag generating circuit 2 generates an identifier representing a transmission procedure and outputs it to a header generating circuit 3. When data to be outputted are not in existence and a dummy packet is outputted while the data to be outputted are not in existence, a dummy data generating circuit 4 generates dummy data. The header, the dummy data and data are given to a mixer 6, in which a packet is formed by a command of a control circuit 5. The packet is outputted to an output circuit 7, from which the packet is outputted in the synchronization communication mode.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、データの伝送方法に関するものである。 The present invention relates relates to a method of transmitting data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来の伝送方法について図面を用いて説明する。 It will be described with reference to the drawings Conventional transmission method. 図5は伝送システム全体のブロック図である。 Figure 5 is a block diagram of the entire transmission system.
ここで、101はルートノード、102はルートでないノードである。 Here, 101 is the root node, 102 is a node that is not a root. このような、複数の装置間での伝送においてバスの共有を図り、かつ、例えば映像信号のような継続的かつ大容量の伝送を行うための方法について説明する。 Such aims to share the bus in transmission between a plurality of devices, and, for example, a method is described for performing the transmission of continuous and large capacity such as video signals.

【0003】図6は伝送プロトコルとして、現在IEEEで審議中のP1394を用いたときのタイミングチャートである。 [0003] Figure 6 is a transmission protocol, a timing chart when using P1394 currently considered by IEEE. ここで、110はサイクルスタートパケット、11 Here, 110 cycle start packet, 11
1、113はアービトレーションフェーズ、112は同期通信モードによるパケット、114は非同期通信モードによるパケット、115は非同期通信モードによるアクノーリッジである。 1,113 arbitration phase, packet by synchronous communication mode 112, 114 packets by asynchronous communication mode, the 115 is an acknowledge by asynchronous communication mode.

【0004】図6(a)は125μs毎にサイクルスタートパケット110がルートノード101によって伝送されている場合である。 [0004] FIG. 6 (a) is a case where the cycle start packet 110 every 125μs is transmitted by the root node 101. ただし、同図(b)に示すように、125μs後にバスが使用されている場合には、サイクルスタートパケット110はバスの開放後に伝送される。 However, as shown in FIG. (B), when the bus after 125μs is used, the cycle start packet 110 is transmitted after opening of the bus. そして、次のサイクルスタートパケット110は125μsから遅延した分早く伝送される。 Then, the next cycle start packet 110 is transmitted min earlier delayed from 125 [mu] s. このようにして、ほぼ125μs毎にサイクルスタートパケット1 In this way, the cycle start packet 1 almost every 125μs
10は伝送される。 10 is transmitted.

【0005】バスに接続されているひとつのノードがルートとしてバスを管理する。 [0005] One of the nodes that are connected to the bus to manage the bus as root. ルートは、まずバスにサイクルスタートパケット110と呼ばれるサイクルが始まったことを示すパケットを送出する。 Route, first sends a packet indicating that the cycle, called a cycle start packet 110 to the bus began. その後、各ノードがバスの使用権を確保するアービトレーションと呼ばれるフェーズに進む。 Thereafter, the process proceeds to phase each node is called arbitration to ensure the right to use the bus. アービトレーションを行うことにより、バスを使用できるノードが決定される。 By performing arbitration, the node is determined that the bus can be used.

【0006】この時、伝送手順として同期通信モードと非同期通信モードの二つが設けられている。 [0006] At this time, two synchronous communication mode and asynchronous communication mode is provided as a transmission procedure. 非同期通信モードは、相手先を指定したパケットの伝送であり、パケット114の伝送と相手先のアクノーリッジ115によって1回の伝送が終了する。 Asynchronous Transfer Mode is a transmission of a packet is specified destination, one transmission is completed by the transmission and the destination of the acknowledge 115 the packet 114. 同期通信モードは相手先を指定しない伝送であり、パケット112の伝送のみで1回の伝送が終了する。 Synchronous communication mode is a transmission that does not specify a destination, the transmission of one time only in the transmission of packet 112 is completed.

【0007】サイクルの始まった最初のアービトレーションフェーズ111では同期通信モードを用いた伝送のアービトレーションが行われる。 [0007] Transmission of arbitration with first the arbitration phase 111 synchronous communication mode began the cycle. この時、他のノードに比較して優先度が高ければ、所望のパケット112の伝送が可能である。 At this time, the higher the priority in comparison to other nodes, it is possible to transmit desired packet 112.

【0008】アービトレーションに成功したノードによるパケット112の伝送が終了し、一定の時間がすぎれば各ノードは非同期通信モードによる伝送のアービトレーションを始めることができる。 [0008] arbitration node packet transmission 112 is completed by a successful, each node if a predetermined time has Sugire can begin arbitration transmission by asynchronous communication mode. これがアービトレーションフェーズ113である。 This is in the arbitration phase 113. アービトレーションに成功したノードはパケット114を伝送する。 Node successfully arbitration transmits packet 114. パケット11 Packet 11
4の伝送が終了すれば相手先であるノードはアクノーリッジ115を伝送し、一連の非同期通信モードによる伝送が終了する。 Node is a destination if the fourth transmission them ended transmit acknowledge 115, the transmission by a series of asynchronous communication mode is ended. この時、パケット114が相手先を指定しない同時通報のパケットであればアクノーリッジ11 At this time, the packet 114 if the packet of simultaneous report you do not specify a destination acknowledge 11
5は存在せず、また、アクノーリッジ115が伝送エラーを示すパケットであれば、再びパケット114が伝送される。 5 is not present, also, if a packet acknowledge 115 indicates a transmission error, the packet 114 is transmitted again.

【0009】非同期通信モードによる伝送では、バスが空いていなければ伝送できないのに対して、同期通信モードは非同期通信モードに比較して優先度が高く、バスの確保が可能である。 [0009] In transmission by asynchronous communication mode, whereas not be transmitted unless vacant bus, synchronous communication mode has a higher priority compared to the asynchronous communication mode, it is possible to secure the bus. このために映像信号などのように、実時間で伝送するデータを伝送するのに最適である。 Such as a video signal for this, it is best to transmit data to be transmitted in real time.

【0010】サイクルスタートパケット110はルートノード101によって、ほぼ125μs毎に出力されるが、バスの使用状況などによってその出力周期は変化する。 [0010] Cycle start packet 110 by the root node 101, but is output approximately every 125 [mu] s, the output period, such as by usage of the bus is changed. また、一般的にデータのレートはP1394のサイクルと非同期であり、パケットが伝送されるサイクルとパケットが伝送されないサイクルが生じる。 Also, generally data rate is cycle and asynchronous P1394, cycle cycle and packet the packet is transmitted is not transmitted occurs.

【0011】 [0011]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記の方法では、パケットが伝送されるサイクルと、パケットが伝送されないサイクルの両方が考えられるときに、受信側においてサイクル中にパケットが存在しないときにパケットが元々送られていないのか、伝送エラーのためにパケットがないのか、あるいは伝送を終了したためパケットがないのかを知る方法が無かった。 In however above method [0006], and cycle the packet is transmitted, when the packet is considered both cycles not transmitted, the packet when there is no packet in the cycle at the receiving side It does not originally sent, whether there is no packet for transmission errors, or way of knowing there is no packet for completing the transmission was not.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】第1の発明によるデータ伝送方法は、上記課題を解決するために、略一定時間のサイクル毎に時分割されているバスを用いてデータを伝送するに際し、データを複数のパケットに分割し、サイクルへのパケットの配置状態を示す識別子をパケットに内挿し、識別子に従った手順でパケットを伝送することを特徴とする伝送方法である。 Means for Solving the Problems A data transmission method according to the first invention, in order to solve the above problems, when transmitting data using a bus that is time-divided for each cycle of the substantially fixed period of time, data It was divided into a plurality of packets, interpolating the identifier showing the arrangement of a packet to cycle the packet is a transmission method characterized by transmitting a packet in the procedure in accordance with the identifier.

【0013】第2の発明によるデータ伝送方法は、上記課題を解決するために、略一定時間のサイクル毎に時分割されているバスを用いてデータを伝送するに際し、データを複数のパケットに分割し、サイクルに内挿されたパケットの配置状態を示す識別子に基づいてパケットの配置状態を識別することを特徴とする伝送方法である。 [0013] Data transmission method according to the second invention, divided in order to solve the above problems, when transmitting data using a bus that is time-divided for each cycle of the substantially fixed time, the data in a plurality of packets and a transmission method characterized by identifying the arrangement of the packet based on the identifier indicating the arrangement of the interpolated packets cycle.

【0014】 [0014]

【作用】第1の発明では、サイクルへのパケットの配置状態を示す識別子をパケットに内挿するよう作用する。 [Action] In the first aspect of the present invention, acts interpolated so an identifier showing the arrangement of a packet to cycle packet.

【0015】また、第2の発明では、パケットへ内挿された識別子によって、サイクルへのパケットの配置状態を知るよう作用する。 [0015] In the second invention, the interpolated identifier to the packet, acts to know the arrangement of the packets to the cycle.

【0016】 [0016]

【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照しながら説明する。 EXAMPLES Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, an embodiment of the present invention.

【0017】本発明は、伝送手順を示す識別子をパケット中に内挿し伝送するものである。 [0017] The present invention is intended to interpolate transmission identifier indicating a transmission procedure in the packet. 以下、伝送手順を示す識別子をPTTと呼ぶこととする。 Hereinafter be referred to as a PTT identifiers indicating the transmission procedure. 各伝送手順におけるデータの伝送図を図2に示す。 The transmission diagram of the data in each transmission procedure shown in FIG. ここで、10はサイクルスタートパケット、11は出力した同期通信パケット、12はダミーパケットである。 Here, 10 cycle start packet, 11 is synchronous communication packet output, 12 is a dummy packet. PTTは2ビットのフラグであり、PTTが図2(a)に示す「00」である時には、パケットのレートが一定であり、送るべきデータがないときには、パケットを送らないことを示す。 PTT is a 2-bit flag, when the PTT is "00" shown in FIG. 2 (a) is a rate of packets is constant, when there is no data to send may indicate that not send packets. また、PTTが同図(b)に示す「01」である時には、パケットレートが不定で、送るべきデータがないときには、パケットを送らないことを示す。 Further, when the PTT is "01" shown in (b), the packet rate is not fixed, when there is no data to send may indicate that not send packets. また、PTTが同図(c)に示す「10」の時には全サイクルでパケットを出力することを示す。 Also show that outputs the packet in full cycle when PTT is "10" as shown in FIG. (C). また、PTTが同図(d)に示す「11」の時には全サイクルでパケットを出力することを示し、データが無いパケットではダミーパケットを伝送することを示す。 Also, PTT indicates that outputs the packet in all cycles at the time of "11" shown in FIG. 2 (d), indicating that transmitting the dummy packets are no data packets.

【0018】以下、第1の発明の実施例を図面を用いて説明する。 [0018] Hereinafter, will be explained with reference to the drawings an embodiment of the first invention. 図1は送信側のパケット出力装置のブロック図である。 Figure 1 is a block diagram of a packet output device on the transmission side. ここで、1はバッファ、2はフラグ生成回路、3はヘッダ生成回路、4はダミーデータ生成回路、 Here, 1 is a buffer, 2 flag generation circuit, 3 the header generating circuit, the dummy data generation circuit 4,
5は制御回路、6は混合器、7は出力回路である。 5 control circuit, 6 mixers, 7 is an output circuit.

【0019】入力されたデータはまずバッファ1に記憶される。 The input data is first stored in the buffer 1. また、フラグ生成回路2では伝送手順を示す識別子PTTを生成し、ヘッダ生成回路3に出力する。 Also generates an identifier PTT illustrating a flag generator 2, transmission procedure, outputs to a header generation circuit 3. また、ダミーデータ生成回路4では、出力すべきデータがなく、かつ出力すべきデータがないときにはダミーパケットを出力する時にはダミーデータを生成する。 Further, the dummy data generating circuit 4 generates the dummy data when outputting the dummy packets when there is no, and there is no data to be output data to be output.

【0020】パケットの構成図を図4に示す。 [0020] illustrates a block diagram of a packet in FIG. ここで、 here,
31はパケットヘッダであり、P1394で定められたパケットのヘッダである。 31 is a packet header, a header of a defined packets P1394. 32はデータヘッダであり、データのヘッダを伝送する部分であり、ここでPTT35を伝送する。 32 is a data header, a portion for transmitting the header of the data, wherein the transmitting PTT35. 33はデータフィールドであり、実際のデータを伝送する領域である。 33 is a data field is an area for transmitting actual data. 34はCRC(サイクリックリダンダンシーチェック)である。 34 is a CRC (cyclic redundancy check).

【0021】このようにして生成されたヘッダ、ダミーデータ及びデータは混合器6に入力され、制御回路5の指示によってパケットとされる。 The header generated in this manner, the dummy data and the data is input to the mixer 6, is a packet in response to an instruction from the control circuit 5. このパケットを、出力回路7に出力し同期通信で出力する。 The packet is outputted to the output circuit 7 outputs the synchronous communication.

【0022】図3は伝送されたパケットの受信回路のブロック図である。 [0022] FIG. 3 is a block diagram of a receiver circuit of a transmitted packet. ここで、21はサイクルスタート検出回路、23はヘッダ分離回路、24はスイッチ、25は制御回路である。 Here, the cycle start detection circuit 21, 23 is a header separator circuit, 24 a switch, 25 is a control circuit.

【0023】まず、入力されたパケット群をサイクル単位に分割するために、サイクルスタート検出回路21でサイクルスタートパケットを検出する。 [0023] First, in order to divide the input packets in cycles, detects the cycle start packet at the cycle start detection circuit 21. そして、パケットのヘッダをヘッダ分離回路23で分離する。 Then, to separate the header of the packet header separation circuit 23. ここで、 here,
同期通信パケットである時にPTTを検出し、制御回路26に出力する。 Detecting the PTT when a synchronous communication packet, and outputs it to the control circuit 26. そして制御回路26はヘッダに含まれる宛て先などの情報によってスイッチ24を制御し、所望のデータを出力する。 The control circuit 26 controls the switch 24 by the information such as the destination included in the header, and outputs the desired data. 一連の同期通信パケットが伝送されるとき、このPTTは制御回路26に保存される。 When a series of synchronous communication packet is transmitted, the PTT is stored in the control circuit 26.
そして、あるサイクルにこの一連の同期通信パケットが伝送されない時には所定の判断によって伝送エラーあるいは伝送終了と判断する。 Then, it is determined that the finished transmission error or transmission by a given decision when not transmitted synchronous communication packets of the series in a cycle.

【0024】先に送られたPTTが「00」、「01」 [0024] destination sent PTT is "00", "01"
の場合、パケットの送られないときには、そのサイクルに送るべきデータが無かったと判断される。 For, when not sent the packet is judged that data is not to send to the cycle. また、PT In addition, PT
Tが「10」、「11」の時にはパケットが伝送されないときには伝送誤りまたは、伝送終了と判断することができる。 T is "10", "11" transmission error or when a packet is not transmitted when it is possible to determine completion of the transmission.

【0025】このように、PTTをデータヘッダに内挿して伝送することで、パケットが受信されないときに伝送エラーあるいは伝送終了と判断することが可能となる。 [0025] Thus, by transmitting by interpolating the PTT data header, it is possible to determine the error or transmission end and the transmission when the packet is not received.

【0026】なお、PTTがあらかじめ決定される装置においては、PTTを固定とし、ダミーデータ生成回路を省いてもよい。 It should be noted, in the apparatus PTT is previously determined, the PTT is fixed and may be omitted dummy data generation circuit.

【0027】なお、本実施例におけるパケットの構成は一例であり、他の構成においても伝送手順のフラグを伝送をすれば本実施例と同様の効果が得られることは言うまでもない。 [0027] Note that the structure of a packet in this embodiment is just an example, it is needless to say that the same effect as in this embodiment if the transmission flag of the transmission procedure can be obtained in other configurations.

【0028】また、本実施例では送信装置と受信装置とを分けて説明したが、送信・受信兼用装置の送信部と受信部であって、送信部と受信部の構成に共用部分がある構成でも同様な効果が得られる。 Further, although described separately and reception apparatus and the transmission apparatus in the present embodiment, a transmitter and receiver of both transmission and reception apparatus, configuration with a common area in the configuration of the transmitter and receiver But the same effect can be obtained.

【0029】 [0029]

【発明の効果】以上のように、本発明のデータ伝送方法は、同期通信パケット中に伝送手順を示す識別子を内挿することにより、サイクル中にパケットが存在しないときに、データが送られなかったのか、あるいは伝送エラーもしくは伝送終了なのかを明確に判断でき、サイクルレートと非同期なデータレートを持つ映像信号などの伝送に際し、信頼度の高い伝送を行うことが可能となる。 As is evident from the foregoing description, the data transmission method of the present invention, by interpolating an identifier indicating a transmission procedure in synchronous communication packets, when there is no packet in the cycle, not the data is sent It was the one, or be clearly determine transmission errors or transmission end of the, upon transmission of such a video signal having a cycle rate asynchronous data rate, it is possible to perform reliable transmission.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例におけるパケット出力装置のブロック図 Block diagram of a packet output device according to an embodiment of the present invention; FIG

【図2】同パケットの伝送図 FIG. 2 is a transmission view of the packet

【図3】本発明の一実施例におけるパケット受信装置のブロック図 Block diagram of a packet receiving apparatus in an embodiment of the present invention; FIG

【図4】同パケットの構成図 FIG. 4 is a configuration diagram of the same packet

【図5】従来例及び本発明の伝送システムの概略ブロック図 Figure 5 is a schematic block diagram of a transmission system of a conventional example and the present invention

【図6】同伝送システムのタイミングチャート図 FIG. 6 is a timing chart of the transmission system

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 バッファ 2 フラグ生成回路 3 ヘッダ生成回路 4 ダミーデータ生成回路 5 制御回路 6 混合器 7 出力回路 1 Buffer 2 flag generating circuit 3 header generating circuit 4 dummy data generation circuit 5 a control circuit 6 the mixer 7 output circuit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 黒崎 敏彦 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Toshihiko Kurosaki Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】略一定時間のサイクル毎に時分割されているバスを用いて同期通信データを伝送するに際し、前記データを複数のパケットに分割し、前記サイクルへのパケットの伝送手順を示す識別子を前記パケットに内挿し、前記識別子に従った伝送手順でパケットを伝送することを特徴とするパケット伝送方法。 Upon transmitting synchronous communication data using a bus that is time-division 1. A per cycle substantially constant time, dividing the data into a plurality of packets, an identifier indicating the transmission procedure of the packet to the cycle the interpolated to the packet, the packet transmission method characterized by transmitting a packet transmission procedure in accordance with the identifier.
  2. 【請求項2】識別子は、送信すべきデータがないサイクルではパケットを送信しない第1の伝送手順と、送信すべきデータがないサイクルではデータの入っていないダミーパケットを送信する第2の伝送手順と、すべてのサイクルでデータを送信する第3の伝送手順との3種の伝送手順のうちの少なくとも2つを識別できる識別子であることを特徴とする請求項1記載のパケット伝送方法。 2. A identifier, a second transmission step of transmitting the first transmission procedure in a cycle there is no data to be transmitted is not sending packets, dummy packets with no data in the cycle there is no data to be transmitted When a packet transmission method according to claim 1, characterized in that an identifier can identify at least two of the three transmission procedure of the third transmission procedure for transmitting data in every cycle.
  3. 【請求項3】略一定時間のサイクル毎に時分割されているバスを用いて同期通信データを受信するに際し、前記データを複数のパケットに分割し、前記サイクルに内挿されたパケットの伝送手順を示す識別子に基づいて前記パケットの伝送手順を識別することを特徴とするパケット伝送方法。 Upon receiving the synchronous communication data using a bus that is time-division wherein each cycle of the substantially fixed period of time, dividing the data into a plurality of packets, the transmission procedure of the interpolated packets in said cycle packet transmission method characterized by identifying a transmission procedure of the packet based on the identifier indicating.
  4. 【請求項4】識別子は、送信すべきデータがないサイクルではパケットを送信しない第1の伝送手順と、送信すべきデータがないサイクルではデータの入っていないダミーパケットを送信する第2の伝送手順と、すべてのサイクルでデータを送信する第3の伝送手順とのいずれかを示し、前記第2および第3の伝送手順で伝送しているときに前記パケットが受信されない時はエラーあるいは伝送終了とみなすことを特徴とする請求項3記載のパケット伝送方法。 4. A identifier, a second transmission step of transmitting the first transmission procedure in a cycle there is no data to be transmitted is not sending packets, dummy packets with no data in the cycle there is no data to be transmitted when, indicates one of the third transmission procedure for transmitting data in every cycle, the a error or transmission end when the packet is not received while the transmission by the second and third transmission procedure packet transmission method according to claim 3, wherein the considered.
JP5347883A 1993-12-24 1993-12-24 Packet transmission method Pending JPH07193616A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5347883A JPH07193616A (en) 1993-12-24 1993-12-24 Packet transmission method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5347883A JPH07193616A (en) 1993-12-24 1993-12-24 Packet transmission method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07193616A true JPH07193616A (en) 1995-07-28

Family

ID=18393250

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5347883A Pending JPH07193616A (en) 1993-12-24 1993-12-24 Packet transmission method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07193616A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006186816A (en) * 2004-12-28 2006-07-13 Icom Inc Communication method and communications apparatus
JP2007103999A (en) * 2005-09-30 2007-04-19 Toshiba Corp Data transfer control apparatus and data transfer control method
JP2010523387A (en) * 2007-04-06 2010-07-15 エアバス Aircraft maintenance methods and equipment
US7835397B2 (en) * 2003-04-25 2010-11-16 Alcatel-Lucent Usa Inc. Frame processing

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7835397B2 (en) * 2003-04-25 2010-11-16 Alcatel-Lucent Usa Inc. Frame processing
JP2006186816A (en) * 2004-12-28 2006-07-13 Icom Inc Communication method and communications apparatus
JP2007103999A (en) * 2005-09-30 2007-04-19 Toshiba Corp Data transfer control apparatus and data transfer control method
JP4693576B2 (en) * 2005-09-30 2011-06-01 株式会社東芝 Data transfer control device and data transfer control method
JP2010523387A (en) * 2007-04-06 2010-07-15 エアバス Aircraft maintenance methods and equipment

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3226140B2 (en) Wireless local area network system
US4423414A (en) System and method for name-lookup in a local area network data communication system
EP0073698A2 (en) System and method for synchronizing variable-length messages in a local area network data communication system
EP0076880B1 (en) A local area contention network data communication system
US4430651A (en) Expandable and contractible local area network system
ES2300386T3 (en) System and procedure for parallel transmission of critical data in real time and non-critical data in real time through switching data networks, especially ethernet.
US8098636B2 (en) Radio transmission apparatus and radio transmission method
US5121382A (en) Station-to-station full duplex communication in a communications network
US4500989A (en) Digital communication system
EP0372567B1 (en) Polling communication system with priority control
US4718060A (en) Station arrangement in data transmission network
JPH0522206A (en) Satellite communication system
US8254366B2 (en) Wireless MAC layer throughput improvements
US5740373A (en) Packet switching system having communication control unit for sending acknowledgment to the source upon receiving the receive response data associated with the last cell
JP2001223716A (en) Radio communication system
WO1987001253A1 (en) Bandwidth efficient multipoint date communication system
JPH07307977A (en) Communication method/device
US4827477A (en) Bus interface unit
JPH11505986A (en) Due to the high efficiency polling procedure data communication
US4561092A (en) Method and apparatus for data communications over local area and small area networks
JPH0618374B2 (en) Maruchinetsutowa - de of click system - data transmission method
US6320871B1 (en) Communication network
US4930122A (en) Message transfer system and method
JPH0832644A (en) Signal receiving device
JP2001223733A (en) Interface link layer device and decentralized network