JPH07186005A - ボールねじの熱変位補正方法 - Google Patents

ボールねじの熱変位補正方法

Info

Publication number
JPH07186005A
JPH07186005A JP30131393A JP30131393A JPH07186005A JP H07186005 A JPH07186005 A JP H07186005A JP 30131393 A JP30131393 A JP 30131393A JP 30131393 A JP30131393 A JP 30131393A JP H07186005 A JPH07186005 A JP H07186005A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ball screw
temperature
correction
correction amount
thermal displacement
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP30131393A
Other languages
English (en)
Inventor
Haruhisa Yamashita
Shuichi Yoshii
吉井秀一
山下晴央
Original Assignee
Enshu Ltd
エンシュウ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Enshu Ltd, エンシュウ株式会社 filed Critical Enshu Ltd
Priority to JP30131393A priority Critical patent/JPH07186005A/ja
Publication of JPH07186005A publication Critical patent/JPH07186005A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 実際のボールねじの稼働状況に対応してその
温度変化を時々刻々と捉えた補正量をNC制御装置のメ
モリに入れて書き替え、常に正しいボールねじの熱変位
補正量の補正値にてボールねじの熱変位補正を行なうこ
とを目的とするものである。 【構成】 ボールねじ2の標準温度での累積精度測定
と、ボールねじの任意温度に対する累積精度測定と、上
記標準温度と任意温度との差温に対する補正量を求めそ
の変化の度合いを決定し、この後の運転開始で、前記ボ
ールねじ2に螺合するナット5の温度測定により標準温
度との差温に対する変化割合に応ずる補正量を所定の温
度変化毎に決定し、この補正量にNC制御装置10のピ
ッチ誤差データを随時書き替えるボールねじの熱変位補
正方法である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、工作機械等のボールね
じの熱変位補正方法に関するもので、室温との差温によ
り温度補正をする方式の改良したものである。
【0002】
【従来技術と問題点】従来、工作機械等のボールねじの
熱変位補正方法は、特開昭63ー256336号等に見
るものが提供されている。しかし、ボールねじの熱変位
の変化を時間と共に変動するものとして捉えていから、
実際のボールねじの稼働状況によりその温度変化が時間
に関係無く大幅に変動するにも係らず、時間管理したボ
ールねじの熱変位補正量により刻々とその補正係数、補
正量をNC制御装置のメモリに入れ書き替えられ、正し
いボールねじの熱変位補正量に対して誤差のある補正値
にて補正制御される欠点問題点がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題,目的】本発明は、前記
従来の問題点に鑑みこれを解消することを課題とし、実
際のボールねじの稼働状況に対応してその温度変化を時
々刻々と捉え、その補正係数、補正量をNC制御装置の
メモリに入れて書き替え、常に正しいボールねじの熱変
位補正量の補正値にてボールねじの熱変位補正を行なう
ことを目的とするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の具体的手段は、
ボールねじの標準温度での累積精度測定と、ボールねじ
の任意温度に対する累積精度測定と、上記標準温度と任
意温度との差温に対する補正量を求めてその変化の度合
いを決定し、この後の運転開始で、前記ボールねじに螺
合するナット温度の測定により標準温度との差温に対す
る変化割合に応ずる補正量を所定の温度変化毎に決定
し、この補正量にNC制御装置のピッチ誤差データを随
時書き替え、常に正しい補正値にてボールねじの熱変位
補正を実行することを特徴とするボールねじの熱変位補
正方法である。
【0005】
【作用】本発明によると、工作機械等における、実際の
ボールねじの稼働状況に対応してその温度変化を時々刻
々と捉え、その補正係数、補正量をNC制御装置のメモ
リに入れて書き替えられる。そして、常に正しいボール
ねじの熱変位補正量の補正値にてボールねじの熱変位補
正を実行することができる。
【0006】
【実施例】以下、図面に示す実施例にて説明する。図1
は本発明に係る工作機械のボールねじの熱変位補正系を
示す概要の正面図であり、図2は本発明に係るボールね
じの熱変位傾向線図を示している。図3は本発明に係る
工作機械のボールねじの熱変位補正方法を示すフローチ
ャート図である。
【0007】図1において、1は工作機械等のベツド
で、この上面に配置した移動体Tは裏面のナット5をボ
ールねじ2に螺合させ、このボールねじ2の一端に装備
したサーボモータMにより左右に移動する。上記ボール
ねじ2は、両端を軸受3,4により支持されており、サ
ーボモータMの回転力を円滑に受けると共に前記移動体
Tに伝達する。尚、前記移動体Tは図示されていない
が、摺動面によって支持され且つ円滑に移動する。三軸
直交の工作機械では上記移動体Tが三組み備えている。
【0008】続いて、サーボモータMの駆動系は、NC
制御装置10と、これから発する移動制御指令でサーボ
モータMを駆動するドライバーDと、サーボモータMの
回転量を検出しNC制御装置10へフイードバックする
エンコーダEとからなる。
【0009】本発明は、上記サーボモータMの駆動系に
対して装備するもので、ボールねじ2の温度を間接的に
測定する温度センサS1をナット5に備え、機体温度を
測定する温度センサS2を機体のベッド1等の温度変化
の少ない部分(室温を間接的に測定する為)に装着す
る。上記二つの温度センサS1,S2からの情報は、演
算処理部Cに入力される。この演算処理部Cは、図2に
示すように、ボールねじの標準(基準)温度での累積精
度測定(実測値)と、ボールねじの任意温度(温度差1
℃ごと)に対する累積精度測定(実測値)と、上記標準
温度と任意温度との差温に対する補正量を求めてその変
化の度合いを決定する。そして、運転開始になると、前
記ボールねじ2に螺合するナット温度の測定により標準
温度との差温に対する変化割合に応ずる補正量を所定の
温度変化毎に決定する。この補正量によりNC制御装置
10のピッチ誤差データを随時書き替え、常に正しい補
正値にてボールねじの熱変位補正を実行するよう構成さ
れている。
【0010】次に、図3,1で本発明のボールねじの熱
変位補正方法を説明する。先ず、運転開始に先立ち、
「ボールねじの標準温度での累積精度の測定」(ア)
と、「ボールねじの任意温度(温度差1℃ごと)に対す
る累積精度測定」(イ)と、「標準温度と任意温度との
差温に対する補正量を求め」(ウ)と、「差温に対する
変化の度合いを決定」(エ)する。続いて、運転開始に
なると、ボールねじ2に螺合する「ナット温度の測定」
(カ)を行い、例えば標準温度に対する任意温度の温度
差1℃ごとの「差温に対する変化割合に応ずる補正量を
決定」(キ)する。そして、この補正量に基づき、NC
制御装置10の「ピッチ誤差データを随時書き替え」
(ク)ることで、常に正しい補正値にてボールねじの熱
変位補正を実行することが出来る。
【0011】本発明は、上記各実施例に限定されること
なく考案の要旨内での設計変更が可能であること勿論で
ある。例えば、工作機械の軸数は問われない。
【0012】
【効果】本発明によると、ボールねじの標準温度での累
積精度測定と、ボールねじの任意温度に対する累積精度
測定と、上記標準温度と任意温度との差温に対する補正
量を求めてその変化の度合いを決定し、この後の運転開
始で、前記ボールねじに螺合するナット温度の測定によ
り標準温度との差温に対する変化割合に応ずる補正量を
所定の温度変化毎に決定し、この補正量にNC制御装置
のピッチ誤差データを随時書き替え、常に正しい補正値
にてボールねじの熱変位補正を実行するから、工作機械
等のように環境の温度変化や機械の温度変化の激しいも
のにおいて、移動体の精密送りを高精度に保証できる最
適作用の効果が得られる。
【0013】特に、実際のボールねじの稼働状況に対応
してその温度変化を時々刻々と捉えた補正量をNC制御
装置のメモリに入れて書き替え、常に正しいボールねじ
の熱変位補正量の補正値にてボールねじの熱変位補正を
行なえる効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る工作機械のボールねじの熱変位補
正系を示す概要の正面図である。
【図2】本発明に係るボールねじの熱変位傾向線図であ
る。
【図3】本発明に係る工作機械のボールねじの熱変位補
正方法を示すフローチャート図である。
【符号の説明】
1 ベッド 2 ボールねじ 3,4 軸受 5 ナット 10 NC制御装置 11 メモリ C 演算処理部 T 移動体 M サーボモータ S1,S2 温度センサ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ボールねじの標準温度での累積精度測定
    と、ボールねじの任意温度に対する累積精度測定と、上
    記標準温度と任意温度との差温に対する補正量を求めて
    その変化の度合いを決定し、この後の運転開始で、前記
    ボールねじに螺合するナット温度の測定により標準温度
    との差温に対する変化割合に応ずる補正量を所定の温度
    変化毎に決定し、この補正量にNC制御装置のピッチ誤
    差データを随時書き替え、常に正しい補正値にてボール
    ねじの熱変位補正を実行することを特徴とするボールね
    じの熱変位補正方法。
JP30131393A 1993-11-05 1993-11-05 ボールねじの熱変位補正方法 Pending JPH07186005A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30131393A JPH07186005A (ja) 1993-11-05 1993-11-05 ボールねじの熱変位補正方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30131393A JPH07186005A (ja) 1993-11-05 1993-11-05 ボールねじの熱変位補正方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07186005A true JPH07186005A (ja) 1995-07-25

Family

ID=17895353

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30131393A Pending JPH07186005A (ja) 1993-11-05 1993-11-05 ボールねじの熱変位補正方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07186005A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002200501A (ja) * 2000-12-28 2002-07-16 Matsushita Electric Ind Co Ltd 流体軸受スリーブ加工用旋盤装置とその加工方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002200501A (ja) * 2000-12-28 2002-07-16 Matsushita Electric Ind Co Ltd 流体軸受スリーブ加工用旋盤装置とその加工方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100207816B1 (ko) 수치제어공작기계에 있어서의 동적오차보정방식
US6471451B2 (en) Method of correcting thermal displacement of machine tool
US8924003B2 (en) Thermal displacement compensation method and thermal displacement compensation device for machine tool
EP2708322B1 (en) Apparatus and method for automatically detecting and compensating for a backlash of a machine tool
US20060089745A1 (en) Method and apparatus for correcting thermal displacement of machine tool
JP3136464B2 (ja) 工作機械の熱変位補正方法
JPH11333670A (ja) 工作機械の熱変形誤差測定及び補正システム
CN100496837C (zh) 螺纹切削控制方法及其装置
JP3151655B2 (ja) 工作機械の熱変位推定方法
WO1998043139A1 (fr) Procede se rapportant a la correction d'une commande de decalage et systeme de servocommande dans lequel la commande de decalage est corrigee
JPH0569275A (ja) 数値制御装置
US9298177B2 (en) Machine tool and control method therefor
JP2006116654A (ja) Nc工作機械の熱変形補正方法及び熱変形補正装置
JPH08215983A (ja) 工作機械の熱変位補正方法及びその装置
JP2004148443A (ja) 工具の熱変位補正方法
JPH07266194A (ja) 工具刃先位置計測補正装置
JPH07186005A (ja) ボールねじの熱変位補正方法
JP4503148B2 (ja) 数値制御工作機械の送り機構の補正装置および数値制御工作機械
JPH07132438A (ja) ボールねじの熱変位補正方法
JPH07132437A (ja) ボールねじの熱変位補正方法
JPH08110808A (ja) 数値制御工作機械の制御方法及び装置
JP3495255B2 (ja) 工作機械の熱変位推定方法
JPH05169351A (ja) 工作機械の熱変位補正方法
JP2703096B2 (ja) コンベア付きロボットシステムの教示方法
JP2002224935A (ja) 工作機械の定寸装置およびその制御プログラムを記録したコンピュータ読取り可能な記録媒体