JPH07182111A - Variable length block storing system for fixed length sector type disk - Google Patents

Variable length block storing system for fixed length sector type disk

Info

Publication number
JPH07182111A
JPH07182111A JP32677093A JP32677093A JPH07182111A JP H07182111 A JPH07182111 A JP H07182111A JP 32677093 A JP32677093 A JP 32677093A JP 32677093 A JP32677093 A JP 32677093A JP H07182111 A JPH07182111 A JP H07182111A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
input
output
sector
block
length
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP32677093A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2546528B2 (en )
Inventor
Hideki Nasu
秀樹 那須
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To improve the capacity efficiency of a variable length block type file and also to improve the access efficiency in an input processing mode in order attain the sequential processing of a fixed length sector type disk.
CONSTITUTION: When an output request is received from an input/output requester 9, an input/output control means 10 starts an input/output sector number acquiring means 6 and refers to the block length stored in a buffer 8 to acquire the output sector number. Then the means 10 gives an output request to a disk 11, starts a following access disk address calculating means 7 after the end of output, and acquires the next access disk address to successively carry out the output processings. Meanwhile the means 10 starts the means 6 by an output request given from the requester 9 and refers to the block length stored in the buffer 8 to acquired the input sector number. The means 10 given an input request to the disk 11 as necessary and acquires the next access disk address after the end of input or when no input request is required to successively carry out the input processings.
COPYRIGHT: (C)1995,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納方式に関する。 The present invention relates to a variable-length block storage scheme in the fixed-length sector-type optical disc.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一般にユーザプログラム内で処理するデータは可変長となる場合が多く、ディスク上のデータも可変長となるのが通常である。 BACKGROUND OF THE INVENTION Data to be processed generally in the user program is often made variable length, the also a variable-length data on the disk is normally. ディスク上に記録されるデータの単位をブロックとよび、上記可変長データは可変長ブロックと呼ぶ。 And a unit of data recorded on the disc and the block, the variable length data is referred to as a variable-length block. 可変長ブロックはブロックの先頭に当該ブロックのデータ長を持つ。 Variable-length block has a data length of the block to the beginning of the block.

【0003】また、ブロックのサイズ範囲はファイル単位にファイル作成時に最大ブロック長として定義し、ディスク上のファイルラベルに記録され、当該ファイルの使用開始要求でメモリテーブルに展開され、データ出力時、要求されたデータ長とメモリテーブル上の最大ブロック長を比較し、最大ブロック長以下の出力を許可するようになっている。 [0003] The size range of the block is defined as the maximum block length when the file created in the file unit, is recorded in the file label on disk, developed in the memory table using the start request for the file, when data is output, the request data length and compares the maximum block length in the memory table, so as to enable the output of less than the maximum block length.

【0004】上記のように出力したデータのあるデータに位置付け参照/更新する時、ユーザは出力したデータ件数によりファイルの先頭からの順次ブロック番号を指定する。 [0004] When the positioning reference / update the data in the data that is output as described above, the user specifies a sequential block number from the beginning of the file by the data number that is output. ディスクに対するアドレスの指定はセクタ番号であることから、通常ブロック番号からセクタ番号に変換している。 Since the specified address on the disk is the sector number, it is converted from the normal block number in the sector number.

【0005】この変換はブロック当たりのセクタ数が一定であれば簡単に求められ変換可能であるが、可変長ブロックのようにブロック当たりのセクタ数が一定でない場合は、変換は困難である。 [0005] This conversion can be converted number of sectors per block is easily determined if a certain, when the number of sectors per block, as a variable-length block is not constant, conversion is difficult. したがって、図3で示すようにブロックがたとえ1セクタ分で足りる場合でも最大ブロック長が占めるセクタ数が確保される。 Therefore, the number of sectors occupied by the maximum block length, even if the block is even sufficient for one sector as shown in FIG. 3 is ensured.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】上述したように、従来の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納方式では未使用セクタが発生し、データの順次処理のみを必要とするユーザプログラムが処理するファイルでも、データの格納効率が悪くなるという問題があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION] As described above, in the variable-length block storage mode of a conventional fixed-length sector type optical disc and unused sectors occurs, the file that the user program requiring sequential processing only the data is processed But, there is a problem that the storage efficiency of data is degraded.

【0007】本発明は、上記問題点に鑑み、順次処理を目的とする可変長ブロック化ファイルのデータ格納効率を向上させ、入力処理の処理効率についても向上させることを目的とする。 [0007] The present invention has been made in view of the above problems, to improve the data storage efficiency of a variable-length block of files for the purpose of sequential processing, which aims to also improve the processing efficiency of the input processing.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】第1の発明の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、固定長セクタ方式のディスク装置上の順次処理を目的とする可変長ブロック化ファイルの入出力処理を行う可変長ブロック格納システムであって、該可変長ブロック化ファイルの使用開始要求時において、ディスク上に有するセクタサイズ、最大ブロックサイズ、ファイル位置を示す開始セクタ番号、および終了セクタ番号からなるファイル属性情報をファイル属性管理テーブルに格納するファイル属性取得手段と、このファイル属性取得手段を起動し、このファイル属性取得手段がファイル属性管理テーブルに格納した開始セクタ番号をディスクアクセス管理テーブルに記録するファイル使用開始手段と、前記可変長ブロック化ファ Means for Solving the Problems] variable length block storage system of a fixed-length sector type optical disc in the first invention, the input and output of variable-length blocked file for the purpose of sequential processing on a disk device having a fixed length sector scheme a variable-length block storage system that performs processing, in use start request of the variable-length blocked file consists sector size having on the disk, the maximum block size, start sector number indicating the file position, and the end sector number and file attribute acquiring means for storing the file attribute information to a file attribute management table, and starts the file attribute obtaining means records the start sector number file attribute acquisition means is stored in the file attribute management table in the disk access management table and a file use start means, said variable-length blocked file ルの入出力要求時において、入出力を行う固定セクタ方式のディスク上の複数セクタで構成され、データの先頭に該ブロックのサイズを有する可変長ブロックの入出力を行う入出力制御手段と、この入出力制御手段により起動され、前記ファイル属性管理テーブルよりセクタサイズと最大ブロックサイズを得て、入出力セクタ数を求める入出力セクタ数取得手段と、前記入出力制御手段による入出力処理完了後、前記入出力制御手段より起動され、次に入出力を行うブロックのディスク上のアドレスを、前記入出力制御手段が取得したセクタ数とディスクアクセス管理テーブル内のディスクアドレスより求め、ディスクアクセス管理テーブルのディスクアドレスを更新する次アクセスディスクアドレス計算手段から構成されている。 During Le of output request, it is composed of a plurality of sectors on the disk of the fixed sectors method of performing input and output, and output control means for performing input and output of the variable-length block at the head of data having a size of the block, this is activated by the output control means, said file attribute management table to obtain a sector size and maximum block size than the input sector number acquiring means for obtaining the number of input and output sectors, the rear output process completion by output control means, is activated from the output control means, the block next to input and output the address on the disc, the seek from the disk address of the input and output control means in the sector number and the disk access management table acquired, the disk access management table and a next-access disk address calculation means for updating the disk address.

【0009】第2の発明の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、第1の発明の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムにおいて、前記入出力セクタ数取得手段より入力処理時に起動され、バッファ内に存在するブロックが可変長であり、 A second variable-length block storage system of a fixed-length sector type optical disc of the present invention is directed to the first fixed-length sector type optical disc variable-length block storage system of the invention, when the input process from the input sector number obtaining means is activated, a block is variable length in the buffer,
次ブロックの一部を含むセクタが存在する時、該ブロックをバッファの先頭に移動するバッファ再構成手段を含む。 When sector exists, including some of the following block, comprising a buffer reconstruction means for moving said block at the beginning of the buffer.

【0010】 [0010]

【実施例】以下本発明の一実施例について、図を参照しながら詳細に説明する。 An embodiment of EXAMPLES Hereinafter the present invention will be described in detail with reference to FIG.

【0011】図1を参照すると、本発明の第1の実施例である固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、可変長ブロックで構成される固定セクタ方式ディスク上のファイルのファイル使用開始要求1と、 Referring to FIG. 1, the first embodiment is a fixed-length sector type optical disc variable-length block storage system of the present invention, the start of the file using the file on the fixed sector-type optical disc composed of variable-length block the request 1,
該ファイルのファイル使用開始要求1により、ディスク上に有するファイル属性情報をファイル属性管理テーブル5に展開するファイル属性取得手段3と、このファイル属性取得手段3を起動し、ファイルのディスク上の開始位置を示す開始セクタ番号を取得し、ディスクアクセス管理テーブル4に記録するファイル使用開始手段2 The file use start request 1 of the file, the file attribute acquiring unit 3 to expand the file attribute information having on the disk in the file attribute management table 5, to start the file attribute acquiring unit 3, the start position on the disk of the file get the starting sector number indicating the file use start means 2 for recording in the disk access management table 4
と、該ファイルの入出力要求9により、入出力を行う固定セクタ方式のディスク上の複数セクタで構成されるブロックで、データの先頭に該ブロックのサイズを有する可変長ブロックの入出力を行う入出力制御手段10と、 When, by input and output requests 9 of the file, at block composed of a plurality of sectors on the disk of the fixed sectors method of performing input and output, input for inputting and outputting a variable-length block of the head of the data having the size of the block and output control means 10,
この入出力制御手段10を介し、ディスク11上のデータをメモリに読み込むための領域、またはメモリ上のデータをディスク11に書き込むための領域であるバッファ8と、入出力制御手段10が入出力処理で必要とするディスクアドレス、入出力セクタ数、バッファアドレスのうち、入出力セクタ数をバッファ8内のブロックの先頭にあるブロック長とファイル属性管理テーブル5より求める入出力セクタ数取得手段6と、入出力処理完了後、入出力制御手段10より起動され、次入出力を行うブロックのディスク11上のアドレスを入出力セクタ数取得手段6を起動し、取得したセクタ数とディスクアクセス管理テーブル4内のディスクアドレスより求め、ディスクアクセス管理テーブル4のディスクアドレスを更新する次アクセスデ Via the input-output control unit 10, the buffer 8 is an area for writing region for reading data on the disk 11 in the memory, or the data in memory to disk 11, input-output control means 10 is input and output processing in disk address that need, the number of input and output sectors, among buffer address, and input and output sector number acquiring means 6 for determining from the block length and the file attribute management table 5 with the number of input and output sector at the beginning of the block in the buffer 8, after output processing completion is started from the output control unit 10 starts the output sector number obtaining unit 6 addresses on the disk 11 of the block to be next output, acquired sector number and the disk access management table 4 obtained from the disk address, the next access de to update the disk address of the disk access management table 4 スクアドレス計算手段7から構成される。 It consists disk address calculation unit 7.

【0012】次に本発明の第1の実施例の動作について、図1、図4、図5、図6、図8、図9、および図1 [0012] Next, the operation of the first embodiment of the present invention, FIGS. 1, 4, 5, 6, 8, 9, and FIG. 1
1を参照して説明する。 1 with reference to the description.

【0013】まず、固定セクタ方式ディスク11上に、 [0013] First of all, on the fixed sector-type optical disc 11,
可変長ブロックとして定義されたファイルに対しての、 Against defined file as a variable-length block,
ファイル使用開始要求処理について説明する。 It will be described file use start request processing.

【0014】該ファイルに対して入出力要求を行う場合、まずファイル使用開始要求1は、ファイル使用開始手段2を呼び出す。 [0014] When inputting and outputting requests to the file, the file use start request 1 first calls the file use start means 2.

【0015】ファイル使用開始手段2は、まずファイル属性取得手段3を呼び出す。 [0015] The file use start means 2, first call the file attribute acquiring means 3.

【0016】ファイル属性取得手段3は、ディスク11 [0016] The file attribute acquiring means 3, the disk 11
上の該ファイルのファイル属性情報であるセクタサイズ、最大ブロックサイズ、ファイル位置を示す開始セクタ番号、および終了セクタ番号をディスク11よりファイル属性管理テーブル5に格納する。 File sector size is attribute information of the file on, and stores the maximum block size, start sector number indicating the file position, and the end sector number in the file attribute management table 5 from the disk 11.

【0017】ファイル使用開始手段2は、ファイル属性取得手段3の処理完了後、ファイル属性管理テーブル5 [0017] The file use start means 2, after the completion of processing of the file attribute acquiring means 3, file attribute management table 5
より開始セクタ番号を取得し、ディスクアクセス管理テーブル4に格納する。 Get more start sector number, it is stored in the disk access management table 4. 以上の処理により、ファイル使用開始要求処理は完了する。 By the above processing, the file use start request process is completed.

【0018】次に、該ファイルに対し出力要求を行う場合の処理を説明する。 [0018] Next, processing in the case of performing the output request to the file.

【0019】出力要求では、ユーザが出力するデータをバッファ8に格納し、入出力要求9を行う(ステップ5 [0019] In the output request, and stores the data for the user to output to the buffer 8, and inputs and outputs required 9 (Step 5
1)。 1). このときユーザが出力するデータはデータの先頭に該データのサイズを格納しておく。 Data at this time the user output stores the size of the data to the beginning of the data. このデータのサイズが当該データのブロック長となる。 The size of the data is the block length of the data. 入出力要求9はステップ51終了後、入出力制御手段10を呼び出す。 Output request 9 after the completion of step 51 calls the output control unit 10.

【0020】入出力制御手段10は、まず出力するディスク11上のアドレスをディスクアクセス管理テーブル4より取得する(ステップ52)。 The output control means 10, an address on the disk 11 to first output is obtained from the disk access management table 4 (step 52). 次に入出力制御手段10は、入出力セクタ数取得手段6を呼び出し、出力するデータのサイズであるセクタ数を求める(ステップ5 Then output control unit 10 calls the output sector number acquiring means 6 calculates the number of sectors which is the size of the output data (Step 5
3)。 3).

【0021】入出力セクタ数取得手段6は、バッファ8 [0021] The number of input and output sector acquisition means 6, buffer 8
のデータの先頭にあるブロック長を取得し(ステップ8 Gets the block length at the head of the data (Step 8
3)、ファイル属性管理テーブル5よりセクタサイズを取得する(ステップ84)。 3), to obtain the sector size from the file attribute management table 5 (step 84). 入出力セクタ数取得手段6 Number of input and output sector acquisition means 6
はステップ84終了後、このブロック長とセクタサイズより、出力するセクタ数を求める(ステップ85)。 After step 84 completion, than the block length and the sector size, obtaining the number of sectors to be output (step 85). 例えば、ブロック長が1500バイトでセクタサイズが5 For example, the block length is the sector size of 1500 bytes 5
12バイトである場合ブロック長をセクタサイズで割り、セクタサイズの整数倍に合わせた値3が出力セクタ数となる。 Dividing the block length when it is 12 bytes in a sector size, combined value 3 is the number of output sectors to an integral multiple of the sector size.

【0022】入出力制御手段10は、入出力セクタ数取得手段6により出力セクタ数を求めた後、該ファイル上に今回出力するデータが出力できるかファイル属性管理テーブル5より取得したファイルの終了セクタ番号と比較し(ステップ54)、ファイルに今回出力できる空きセクタが存在すれば、すなわちステップ85において求めた出力セクタ数が終了セクタ数以下であれば、出力処理を実行する(ステップ55)。 The output control means 10, after determining the number of output sectors by input sector number acquiring means 6, end sector of the file data to be output this time on the file acquired from the file attribute management table 5 can output compared with number (step 54), if there is an empty sector capable of outputting this to a file, that is, the number of output sectors determined in step 85 is equal to or less than the number of end sector, it executes the output processing (step 55). 空きセクタが存在しなければ、すなわち出力セクタ数が終了セクタ数より大きければ、出力処理を終了する。 If the free sector does not exist, that is, the number of output sectors is greater than the number of end sector, to end the output process. ステップ54およびステップ55において、空きセクタが存在し、出力処理が実行完了したなら、次出力のためのディスクアドレスを計算するために、次アクセスアドレス計算手段7を呼び出す(ステップ56)。 In step 54 and step 55, there is free sectors, if the output process is completed execution, to calculate the disk address for the next output, call the next access address calculation unit 7 (step 56).

【0023】ディスクアドレス計算手段7は、まずディスクアクセス管理テーブル4上のディスクアドレスを取得し(ステップ91)、入出力セクタ数取得手段6を呼び出してセクタ数を取得する(ステップ92)。 The disk address calculation unit 7 first obtains the disk address of the disk access management table 4 (step 91), and acquires the number of sectors by calling the input and output sector number acquiring means 6 (step 92). ディスクアドレス計算手段7はステップ92終了後、次ディスクアドレスを計算し(ステップ93)、ディスクアクセス管理テーブル4のディスクアドレスを更新する(ステップ94)。 The disk address calculation unit 7 after step 92 ends, and calculates the next disk address (step 93), and updates the disk address of the disk access management table 4 (step 94).

【0024】次出力アドレス計算を行った入出力制御手段10はディスクアドレス計算手段7の処理完了後、入出力要求9に対し処理完了を報告し、さらに入出力要求9が次データの出力を行い、処理が繰り返される。 [0024] After the next output address calculation output control means was performed 10 of the completion of processing of disc address calculation unit 7, and reports the completion of processing to the output request 9, further output request 9 performs output of the next data , the process is repeated.

【0025】以上の処理により、ディスク11上のブロック格納イメージは図4のようになり、該ファイルに対しての出力要求処理が終了する。 [0025] By the above processing, the block stored image on disk 11 is as shown in FIG. 4, the output request processing for the file is completed.

【0026】次に、該ファイルに対し入力要求を行う場合の処理を説明する。 [0026] Next, processing in the case of performing an input request to the file.

【0027】入力要求では、入出力要求9がデータを読み込むバッファのアドレスを、入出力制御手段10に渡す(ステップ61)。 [0027] In the input request, output request 9 an address of the buffer to read data, and passes the output control unit 10 (step 61).

【0028】入出力制御手段10は、まずディスクアクセス管理テーブル4よりディスクアドレスを取得する(ステップ62)。 The output control unit 10 first obtains the disk address from the disk access management table 4 (step 62). 次に入力するセクタ数を求めるために入出力セクタ数取得手段6を起動する(ステップ6 Then start the number of input and output sector acquisition means 6 for determining the number of sectors input (Step 6
3)。 3).

【0029】入出力セクタ数取得手段6は、ファイル属性管理テーブル5よりブロックサイズとセクタサイズを取得し(ステップ86)、セクタ数を計算する(ステップ87)。 The input and output sector number obtaining unit 6 obtains the block size and the sector size from the file attribute management table 5 (step 86), calculates the number of sectors (step 87). このセクタ数はファイル作成時に定義したブロックサイズから求めたものであり、これから読み込むブロックのサイズではない。 This number of sectors are those obtained from the block size that was defined at the time of file creation, not the size of the block to be read from now on. したがって、これから読み込むブロックのサイズが小さい場合は、図11の左図のようにその次のブロックの一部を入力する可能性がある。 Therefore, if the size of the block to be read therefrom is small, there is a possibility to enter a part of the next block as shown in the left diagram of FIG. 11.

【0030】入出力制御手段10は、入出力セクタ数取得手段6により入力セクタ数を取得した後、該ファイルの作成時の領域を越えてアクセスしないようにチェックを行う。 The output control means 10, after obtaining the number of input sector by output sector number obtaining unit 6, a check to prevent access beyond the area when creating of the file. まず、該ファイルの残りセクタ数を計算するために、ファイル属性管理テーブル5より取得したファイルの終了セクタ番号に1を加えたものからステップ62 First, step 62 from in order to calculate the number of remaining sectors of the file, plus 1 to the end sector number of the file acquired from the file attribute management table 5
で得たディスクアドレスを減算する(ステップ64)。 In resulting disk address subtracting (step 64).
次にステップ64の算定結果である残りセクタ数が0以下か否かを判定し(ステップ65)、すなわち該ファイルの残りセクタが存在するか否かを判定し、もはや残りセクタが存在しない場合には、入力処理を終了する。 Then the number of remaining sectors calculating the result of the step 64 it is determined whether or not zero or less (step 65), that is, whether or not the remaining sectors of the file exists, if there are no more remaining sectors It terminates the input processing. 入出力制御手段10はステップ65において該ファイルに残りセクタが存在すると判定した場合、入出力セクタ数取得手段6により求めた入力セクタ数と、ステップ64 If output control means 10 it is determined that the remaining sectors present in the file in step 65, the number of input sectors and determined by input and output sector number acquiring means 6, Step 64
の算定結果すなわち該ファイルの残りセクタ数を比較し(ステップ66)、入力セクタ数が残りセクタ数より大きいと判定した場合には、残りセクタ数を入力セクタ数とする(ステップ67)。 Calculation results namely comparing the number of remaining sectors of the file (step 66), the number of input sectors when it is determined to be greater than the number of remaining sectors, the number of input sectors the number of remaining sectors (step 67). ステップ66において入力セクタ数が残りセクタ数以下であると判定した場合には、 If the number of input sectors is equal to or less than the number of remaining sectors in step 66,
入力セクタ数をそのまま採用する。 As it is to adopt a number of input sector. 入力セクタ数を求めた後、入出力制御要求10は入力処理を実行し(ステップ68)、次入力アドレスを求めるために、次アクセスディスクアドレス計算手段7を起動する(ステップ6 After determining the number of input sector, output control request 10 executes an input process (step 68), in order to obtain the next input address, to start the next access disk address calculating unit 7 (Step 6
9)。 9).

【0031】次アクセスディスクアドレス計算手段7では、出力処理と同様に次ディスクアドレスを計算し、ディスクアクセス管理テーブル4に格納する。 [0031] In the next access disk address calculation means 7, similarly to the output processing to calculate the next disk address is stored in the disk access management table 4.

【0032】次アクセスディスクアドレス計算手段7の処理終了後、入出力制御手段10は入力要求9にデータを返却し、入力要求は入力したデータ処理した後、再度、入出力制御手段10を起動し、データ入力が繰り返される。 [0032] After the processing of the next access disk address calculation unit 7, the input-output control means 10 returns the data to the input request 9, input request after the data processing inputted again activates the output control means 10 , data input is repeated.

【0033】以上の処理により、図4のように未使用セクタが存在しないファイルの入出力処理が可能となり、 [0033] By the above processing, it is possible to input and output processing of the file unused sector exists as shown in FIG. 4,
該ファイルに対しての入力要求処理が終了する。 Input request processing for the file is completed.

【0034】以上により、本発明の第1の実施例である固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムの処理が完了する。 The [0034] above, the process of a variable-length block storage system of the first is an example fixed-length sector type optical disc present invention is completed.

【0035】本発明の第1の実施例の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、固定長セクタ方式ディスクの順次処理を目的とする可変長ブロック形式のファイルの容量効率と入力処理時のアクセス効率を高めることが可能となる。 The first embodiment variable length block storage system of a fixed-length sector type optical disc of the present invention, fixed-length sector scheme during sequential processing input processing capacity efficiency of the file of a variable-length block format for the purpose of the disc it is possible to enhance the access efficiency.

【0036】図2を参照すると、本発明の第2の実施例の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、第1の発明である固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムにおいて、入出力セクタ数取得手段6より入力処理時に起動され、バッファ8内に存在するブロックが可変長であり、次ブロックの一部を含むセクタが存在する時、当該ブロックをバッファ8の先頭に移動するバッファ再構成手段12を含む。 Referring to FIG. 2, a second embodiment variable length block storage system of a fixed-length sector type optical disc of the present invention, the first invention is a fixed-length sector type optical disc in the variable length block storage system, It is started when the input processing from the number of input and output sectors acquisition unit 6, a block is variable length in the buffer 8, when the sector containing a portion of the next block exists, move the block at the beginning of the buffer 8 a buffer reconstruction means 12.

【0037】次に本発明の第2の実施例の動作について、図2、図7、図10、および図11を参照して説明する。 [0037] Next, the operation of the second embodiment of the present invention, FIG. 2, FIG. 7 will be described with reference to FIGS. 10 and 11.

【0038】入力要求では、入出力要求9がデータを読み込むバッファのアドレスを、入出力制御手段10に渡す(ステップ71)。 [0038] In the input request, output request 9 an address of the buffer to read data, and passes the output control unit 10 (step 71).

【0039】入出力制御手段10は、まずディスクアクセス管理テーブル4よりディスクアドレスを取得する(ステップ72)。 The output control unit 10 first obtains the disk address from the disk access management table 4 (step 72). 次に入力するセクタ数を求めるために入出力セクタ数取得手段6を起動する(ステップ7 Then start the number of input and output sector acquisition means 6 for determining the number of sectors input (Step 7
3)。 3).

【0040】入出力セクタ数取得手段6は、ファイル属性管理テーブル5よりブロック長とセクタサイズを取得し(ステップ106)、セクタ数を計算する(ステップ107)。 The input and output sector number obtaining unit 6 obtains the block length and the sector size from the file attribute management table 5 (step 106), calculates the number of sectors (step 107). このセクタ数はファイル作成時に定義したブロックサイズから求めたものであり、これから読み込むブロックのサイズではない。 This number of sectors are those obtained from the block size that was defined at the time of file creation, not the size of the block to be read from now on. したがって、これから読み込むブロックのサイズが小さい場合は、図11の左図のようにその次のブロックの一部を入力する可能性がある。 Therefore, if the size of the block to be read therefrom is small, there is a possibility to enter a part of the next block as shown in the left diagram of FIG. 11. このような入力はファイルの使用開始要求直後の入力処理のみとし、すでにバッファ上にデータが存在する場合は、次入力するブロックがバッファ内に完全なものとして存在するかどうかチェックし、存在するのであればI/O実行を行わないように制御するため、以下の方法をとる。 Such input is the only input processing immediately after use start request for the file, if there is data already in the buffer, block next input is checked whether there as being entirely within the buffer, since there to control so as not to perform I / O execution if, taking the following method.

【0041】入出力セクタ取得手段6は、まずディスクアクセス管理テーブル4の有効セクタ数をバッファ内の残りセクタ数として一時メモリに記憶する(ステップ1 The input and output sector acquiring means 6 first stores the number of valid sectors of the disk access management table 4 in the temporary memory as the number of remaining sectors in the buffer (Step 1
09)。 09). 次にバッファ上の先頭にある入力済ブロックのブロック長を取得し(ステップ10A)、そのブロック長が有するセクタ数を求める(ステップ10B)。 Then obtains the block length already entered the block at the head of the buffer (step 10A), obtains the number of sectors in which the block length has (step 10B). 次にステップ109で求めた残りセクタ数からステップ10 Next step 10 from the number of remaining sectors determined in step 109
Bで求めたセクタ数を減算し(ステップ10C)、ステップ10Cの算定結果が0より大きいか否か、すなわち次入力するブロックがバッファ11内に存在するか否かを判定する(ステップ10D)。 Subtracting the number of sectors obtained in B (step 10C), or the calculation result is larger than 0 or not in step 10C, that is, whether or not the block to be next input is present in the buffer 11 (step 10D). ステップ10Dにおいて、ステップ10Cの算定結果が0以下である、すなわち次入力するブロックがバッファ11内に完全なブロックとして存在しないと判定した場合は、入力セクタ数としてファイル属性管理テーブル5上のブロックサイズとセクタサイズより求めたセクタ数を返却する(ステップ10E)。 In step 10D, the calculation result of Step 10C is 0 or less, that is, the block to be next input is determined not to exist as a complete block in the buffer 11, the block size of the file attribute management table 5 as the number of input sectors and to return the number of sectors that were obtained from the sector size (step 10E). また、ディスクアクセス管理テーブル4内の有効セクタ数にも該セクタ数をセットする(ステップ1 Further, to set the number of the sectors to the number of valid sectors of the disk access management table 4 (Step 1
0K)。 0K).

【0042】入出力セクタ取得手段6は、ステップ10 The input and output sector acquisition means 6, step 10
Dにおいて、ステップ10Cの算定結果が0より大きい、すなわち次入力するブロックがバッファ11内に完全なブロックとして存在すると判定した場合は、まずステップ10Cの算定結果を残りセクタ数とし(ステップ10G)、バッファ再構成手段12を呼び出し(ステップ10H)、図11のように今回入力するブロックをバッファの先頭から始まるように移動し、さらにディスクアクセス管理テーブル4の有効セクタ数の変更を行う(ステップ10I)。 In D, greater than the calculation result of Step 10C is 0, that is, the block to be next input is determined to be present as a complete block in the buffer 11, first, the calculation result of step 10C the number of remaining sectors (Step 10G), call the buffer reconstruction means 12 (step 10H), move to begin the current input block as shown in FIG. 11 from the beginning of the buffer, further changes the number of effective sectors of the disk access management table 4 (step 10I) . 入出力セクタ取得手段6はステップ10I終了後ステップ10Aに戻り、再度バッファの先頭に移動したブロックが完全であるか否かを判定し、 Output sector acquisition unit 6 returns to step 10I after the end step 10A, it is determined whether the complete block has been moved to the beginning of the buffer again,
完全であると判定した場合、入力セクタ数に0をセットし返却する(ステップ10J)。 If it is determined to be complete, it is set to 0 to the number of input sectors is returned (step 10J). 不完全であると判定した場合、上述の通り、入力セクタ数としてファイル属性管理テーブル5上のブロックサイズとセクタサイズより求めたセクタ数を返却し(ステップ10E)、さらにディスクアクセス管理テーブル4内の有効セクタ数にも、 If it is determined that the imperfect, as described above, as the number of input sector and returns the number of sectors obtained from the block size and the sector size on the file attribute management table 5 (step 10E), further disk access management table 4 also the number of valid sectors,
該セクタ数をセットする(ステップ10K)。 It sets the number of the sectors (Step 10K).

【0043】入力セクタ数を取得した入出力制御手段1 The input and output has obtained the number of input sector control means 1
0は、入力セクタ数が0であるか否かを判定し、入力セクタ数が0であると判定した場合、次アクセスディスクアドレス計算手段7を呼び出し、次ディスクアドレスを求め処理を完了する。 0 determines whether the number of input sectors is zero, if the number of input sectors is determined to be 0, calls the next access disk address calculation unit 7, completes the process obtains the next disk address. 入出力制御手段10の完了通知を受けた入出力要求はデータを処理し、再度入出力制御手段10を呼び出し処理を繰り返す。 O request received the completion notice of the output control unit 10 processes the data, and repeats the call processing input and output control unit 10 again.

【0044】入力セクタ数が0でないと判定した場合は、当該ファイルの作成時の領域を越えてアクセスしないようにチェックを行う(ステップ74、75、7 [0044] If the number of input sectors is determined not 0, a check to prevent access beyond the area when creating of the file (step 74,75,7
6)。 6). まず、該ファイルの残りセクタ数を計算するために、ファイル属性管理テーブル5より取得したファイルの終了セクタ番号に1を加えたものからディスクアクセス管理テーブル4より取得したディスクアドレスを減算する(ステップ74)。 First, in order to calculate the number of remaining sectors of the file, subtracts the disk address acquired from the file attribute management table 5 disk access management table 4 from one plus the end sector number of the acquired file from (Step 74 ). 次にステップ74の算定結果である残りセクタ数が0以下か否かを判定し(ステップ7 Then the number of remaining sectors are the calculation results of the step 74 it is determined whether 0 or less (Step 7
5)、すなわち該ファイルの残りセクタが存在するか否かを判定し、もはや残りセクタが存在しない場合には、 5), that is, whether or not the remaining sectors of the file exists, if there are no more remaining sectors,
入力処理を終了する。 To end the input process. 入出力制御手段10はステップ7 Output control means 10 Step 7
5において該ファイルに残りセクタが存在すると判定した場合、入出力セクタ数取得手段6により求めた入力セクタ数と、ステップ74の算定結果すなわち該ファイルの残りセクタ数を比較し(ステップ76)、入力セクタ数が残りセクタ数より大きいと判定した場合には、残りセクタ数を入力セクタ数とする(ステップ77)。 If it is determined that the remaining sectors present in the file in 5 compares the number of input sectors and determined by input and output sector number obtaining unit 6, the calculation result of Step 74 In other words the number of remaining sectors of the file (step 76), the input If the number of sectors is determined to be greater than the number of remaining sectors, the number of input sectors the number of remaining sectors (step 77). ステップ76において入力セクタ数が残りセクタ数以下であると判定した場合には、入力セクタ数をそのまま採用する。 The number of input sectors in step 76 if it is equal to or less than the number of remaining sectors, as it employs a number of input sectors. 入力セクタ数を求めた後、入出力制御要求10は入力処理を実行し(ステップ78)、次入力アドレスを求めるために、次アクセスディスクアドレス計算手段7を起動する(ステップ79)。 After determining the number of input sector, output control request 10 executes an input process (step 78), in order to obtain the next input address, to start the next access disk address calculation unit 7 (step 79).

【0045】次アクセスディスクアドレス計算手段7では、出力処理と同様に次ディスクアドレスを計算し、ディスクアクセス管理テーブル4に格納する。 [0045] In the next access disk address calculation means 7, similarly to the output processing to calculate the next disk address is stored in the disk access management table 4.

【0046】次アクセスディスクアドレス計算手段7の処理終了後、入出力制御手段10は入力要求9にデータを返却し、入力要求は入力したデータ処理した後、再度、入出力制御手段10を起動し、データ入力が繰り返される。 [0046] After the processing of the next access disk address calculation unit 7, the input-output control means 10 returns the data to the input request 9, input request after the data processing inputted again activates the output control means 10 , data input is repeated.

【0047】以上により、本発明の第2の実施例である固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムであるファイルに対しての入力要求処理が完了する。 [0047] Thus, the input request processing for the second embodiment and is a fixed-length sector scheme file is a variable-length block storage systems of the disk of the present invention is completed.

【0048】本発明の第2の実施例である固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、ブロック長が小さく、バッファ内にnブロック分のデータが存在する時、無駄な入出力操作を行わないため、アクセス効率を高めることが可能となる効果を有している。 The second variable-length block storage system of a fixed-length sector type optical disc according to the embodiment of the present invention has a small block length, when n blocks of data in the buffer, wasteful input and output operations since not performed, it has the effect of making it possible to enhance the access efficiency.

【0049】 [0049]

【発明の効果】以上説明したように、本発明の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システムは、固定長セクタ方式ディスクの順次処理を目的とする可変長ブロック形式のファイルの容量効率と入力処理時のアクセス効率を高めることが可能となる。 As described above, according to the present invention, a variable-length block storage system of a fixed-length sector type optical disc of the present invention, sequential processing type capacity efficiency of the file of a variable-length block format for the purpose of fixed length sector type optical disc it is possible to enhance the access efficiency during processing.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】図1は、本発明の第1の実施例を示すブロック図である。 FIG. 1 is a block diagram showing a first embodiment of the present invention.

【図2】図2は、本発明の第2の実施例を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a second embodiment of the present invention.

【図3】図3は、本発明の第1および第2の実施例における従来の固定セクタ方式ディスクに作成される可変長ブロック形式ファイルのブロック格納形式を示す図である。 Figure 3 is a block diagram showing the storage format of a variable-length block format file created conventional fixed sector type optical disc in the first and second embodiments of the present invention.

【図4】図4は、本発明の第1および第2の実施例における固定セクタ方式ディスクに作成される可変長ブロック形式ファイルのブロック格納形式を示すブロック図である。 Figure 4 is a block diagram showing a block storage format of a variable-length block format file created in a fixed sector-type optical disc in the first and second embodiments of the present invention.

【図5】図5は、本発明の第1の実施例における入出力要求9、入出力制御手段10の処理をを示す流れ図である。 Figure 5 is output request 9 in the first embodiment of the present invention, is a flow diagram illustrating the processing of the output control unit 10.

【図6】図6は、本発明の第1の実施例における入出力要求9、入出力制御手段10の処理をを示す流れ図である。 Figure 6 is output request 9 in the first embodiment of the present invention, is a flow diagram illustrating the processing of the output control unit 10.

【図7】図7は、本発明の第2の実施例における入出力要求9、入出力制御手段10の処理を示す流れ図である。 Figure 7 shows output request 9 in the second embodiment of the present invention, a flow diagram that illustrates the processing of input and output control unit 10.

【図8】図8は、本発明の第1の実施例における入出力セクタ数取得手段6の流れ図である。 Figure 8 is a first flow diagram of the input and output sector number acquisition means 6 in the embodiment of the present invention.

【図9】図9は、本発明の第1の実施例におけるディスクアドレス計算手段7の流れ図である。 Figure 9 is a flow diagram of a disk address calculation unit 7 in the first embodiment of the present invention.

【図10】図10は、本発明の第2の実施例における入出力セクタ数取得手段6の流れ図である。 Figure 10 is a flow diagram of the second embodiment input and output in the example sector number acquiring means 6 of the present invention.

【図11】図11は、本発明の第2の実施例におけるバッファ再構成手段12の処理を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing the processing of the buffer reconstruction means 12 in the second embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ファイル使用開始要求 2 ファイル使用開始手段 3 ファイル属性取得手段 4 ディスクアクセス管理テーブル 5 ファイル属性管理テーブル 6 入出力セクタ数取得手段 7 次アクセスディスクアドレス計算手段 8 バッファ 9 入出力要求 10 入出力制御手段 11 ディスク 12 バッファ再構成手段 1 file usage start request 2 file usage starting unit 3 file attribute acquiring unit 4 disk access management table 5 file attribute management table 6 output sector number acquiring means 7 primary access disk address calculation unit 8 buffer 9 O request 10 output control means 11 disk 12 buffer reconstruction means

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 固定長セクタ方式のディスク装置上の順次処理を目的とする可変長ブロック化ファイルの入出力処理を行う可変長ブロック格納システムであって、 該可変長ブロック化ファイルの使用開始要求時において、ディスク上に有するセクタサイズ、最大ブロックサイズ、ファイル位置を示す開始セクタ番号、および終了セクタ番号を有するファイル属性情報をファイル属性管理テーブルに格納するファイル属性取得手段と、 このファイル属性取得手段を起動し、このファイル属性取得手段がファイル属性管理テーブルに格納した開始セクタ番号をディスクアクセス管理テーブルに記録するファイル使用開始手段と、 前記可変長ブロック化ファイルの入出力要求時において、入出力を行う固定セクタ方式のディスク上の複数セクタで構 1. A variable length block storage system that performs input and output processing of variable-length blocked file for the purpose of sequential processing on a disk device of a fixed-length sector scheme, use start request of the variable-length blocked file during, sector size having on the disk, the maximum block size, start sector number indicating a file position and a file attribute acquiring means for storing the file attribute information having an end sector number in the file attribute management table, the file attribute obtaining means start, and a file use start means for recording the start sector number file attribute acquisition means is stored in the file attribute management table in the disk access management table, when output request of the variable-length blocked files, input and output up of multiple sectors on the disk of the fixed sector method of performing 成され、データの先頭に該ブロックのサイズを有する可変長ブロックの入出力を行う入出力制御手段と、 この入出力制御手段により起動され、前記ファイル属性管理テーブルよりセクタサイズと最大ブロックサイズを得て、入出力セクタ数を求める入出力セクタ数取得手段と、 前記入出力制御手段による入出力処理完了後、前記入出力制御手段より起動され、次に入出力を行うブロックのディスク上のアドレスを、前記入出力制御手段が取得したセクタ数とディスクアクセス管理テーブル内のディスクアドレスより求め、ディスクアクセス管理テーブルのディスクアドレスを更新する次アクセスディスクアドレス計算手段とを備えることを特徴とする固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システム。 Made, resulting input-output control means for input and output of a variable-length block is activated by the output control means, the sector size and maximum block size than said file attribute management table at the head of data having a size of the block Te, the number of input and output sector acquisition means for obtaining the number of input and output sectors, after output process completion by said output control means, wherein the activation from the input-output control unit, the address of the next on the disk of the block which performs input and output , fixed-length sectors, wherein said output control means obtains from the disk address of the sector number and the disk access management table acquired, and a next access disk address calculation means for updating the disk address of the disk access management table variable-length block storage system-type optical disc.
  2. 【請求項2】 前記入出力セクタ数取得手段より入力処理時に起動され、バッファ内に存在するブロックが可変長であり、次ブロックの一部を含むセクタが存在する時、該ブロックをバッファの先頭に移動するバッファ再構成手段を備えることを特徴とする請求項1記載の固定長セクタ方式ディスクの可変長ブロック格納システム。 2. A is started when the input processing from the input sector number obtaining means, a block is variable length in the buffer, when the sector containing a portion of the next block exists, the block of the buffer head fixed-length sector type optical disc variable-length block storage system according to claim 1, characterized in that it comprises a buffer reconstruction means for moving the.
JP32677093A 1993-12-24 1993-12-24 Variable-length block storage systems in the fixed-length sector type optical disc Expired - Fee Related JP2546528B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32677093A JP2546528B2 (en) 1993-12-24 1993-12-24 Variable-length block storage systems in the fixed-length sector type optical disc

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32677093A JP2546528B2 (en) 1993-12-24 1993-12-24 Variable-length block storage systems in the fixed-length sector type optical disc

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07182111A true true JPH07182111A (en) 1995-07-21
JP2546528B2 JP2546528B2 (en) 1996-10-23

Family

ID=18191505

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32677093A Expired - Fee Related JP2546528B2 (en) 1993-12-24 1993-12-24 Variable-length block storage systems in the fixed-length sector type optical disc

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2546528B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6134640A (en) * 1997-08-22 2000-10-17 Oki Electric Industry Co., Ltd. Method for transforming flash memory storage format based on average data length

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6134640A (en) * 1997-08-22 2000-10-17 Oki Electric Industry Co., Ltd. Method for transforming flash memory storage format based on average data length

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2546528B2 (en) 1996-10-23 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5734892A (en) Efficient method and apparatus for access and storage of compressed data
US6584520B1 (en) Method for dynamically generating a file allocation table base upon files storage information on a CD-ROM for retrieving compressed files directly from the CD-ROM
US6449687B1 (en) Computer readable medium and information processing apparatus
US6282609B1 (en) Storage and access to scratch mounts in VTS system
US6098148A (en) Storage and access of data using volume trailer
US6378031B1 (en) Data processing apparatus and file management method therefor
US5813011A (en) Storage of a compressed file containing its own compression management table
US5870756A (en) Interchangeable storage medium containing program for processing data files thereupon to match a data file format to a computer system
US5761373A (en) Device for controlling format operation of recording medium
US5983317A (en) Storage device and method for data sharing
US6697795B2 (en) Virtual file system for dynamically-generated web pages
US5774715A (en) File system level compression using holes
US7016908B2 (en) File processing method, data processing apparatus and storage medium
JP2000181764A (en) File managing system
JP2003052006A (en) Information editing controller and method therefor, and disk device
JPH0844598A (en) Method and device for file management
US20030037019A1 (en) Data storage and retrieval apparatus and method of the same
JPH1063551A (en) Information processor
JPH11120690A (en) Disk device and buffer control method
US5404549A (en) Method for efficient access of data stored in a nexus table using queue tag indexes in a table portion
JPH0837638A (en) Digital still camera
JPH05204725A (en) File managing device
KR20040104481A (en) Moving image management method and apparatus
JPH06202921A (en) File compression processor
JPH09223049A (en) Disk array system

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960618

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070808

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080808

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080808

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090808

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090808

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100808

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110808

Year of fee payment: 15

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees