JPH07168749A - Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever - Google Patents

Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever

Info

Publication number
JPH07168749A
JPH07168749A JP6247476A JP24747694A JPH07168749A JP H07168749 A JPH07168749 A JP H07168749A JP 6247476 A JP6247476 A JP 6247476A JP 24747694 A JP24747694 A JP 24747694A JP H07168749 A JPH07168749 A JP H07168749A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
file
directory
area
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP6247476A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takuya Igarashi
Masafumi Minami
卓也 五十嵐
雅文 南
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP25991293 priority Critical
Priority to JP5-259912 priority
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP6247476A priority patent/JPH07168749A/en
Publication of JPH07168749A publication Critical patent/JPH07168749A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE:To perform quick access. CONSTITUTION:The data track of a magneto-optical disk is separated to a volume management area and an extent area, and the data of a file is recorded on the extent area, and directory managing information and file managing information on the volume management area. The volume management area is constituted of 32 clusters. The data allocation unit of the volume management area is set at 2k bytes, and that of the extent area at 8k bytes. A relative recording position in the volume management area of a subdirectory is recorded on the volume management area as directory information.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、例えば光磁気ディスクや光ディスクなど、アクセス速度が比較的遅い情報記録媒体に対して記録した情報を管理する場合に用いて好適な情報管理方法、データ記録媒体、データ記録方法、情報検索方法、情報検索装置に関する。 The present invention relates, for example, a magneto-optical disk or an optical disk, a suitable information management method used when the access speed to manage the recorded information to the relatively slow information recording medium, a data recording medium , data recording method, information retrieval method, an information retrieval device.

【0002】 [0002]

【従来の技術】現在、パソコン用のオペレーティングシステムとして普及しているMS−DOS(商標)においては、ディレクトリ管理情報もファイルデータも、同一の領域に、同一の記録単位で記録されている。 At present, in the MS-DOS which is popular as an operating system for personal computers (TM), also the file data directory management information also, in the same area, are recorded in the same recording unit. この方法は、ファイルの管理方法とディレクトリの管理方法を区別することなく、階層ディレクトリファイルシステムを構築することができるいう利点がある。 This method, without distinguishing management method managing and directory file, there is an advantage that it is possible to construct a hierarchical directory file system.

【0003】UNIX(商標)の方法においては、記録領域が、Data BlockとSuper Bloc [0003] In the method of the UNIX (TM), the recording area, Data Block and Super Bloc
kとに区分される。 It is divided into a k. Data Blockには、ディレクトリファイル、サブディレクトリファイル、データファイルが記録され、Super Blockには、i− The Data Block, directory file, sub-directory file, the data file is recorded, the Super Block, i-
nodeリストが記録される。 node list is recorded.

【0004】ディレクトリファイルには、そのディレクトリに属するファイルの名前と、i−node番号が記述されている。 [0004] The directory file, and name of the file belonging to the directory, i-node number is written. i−nodeリストは、所定の番号が付けられた複数のi−nodeで構成され、各i−nod i-node list consists of a plurality of i-node that predetermined numbered, each i-nod
eは、サブディレクトリやデータファイルのData e is, of sub-directories and data files Data
Block内の記録位置を記述している。 It describes the recording position in the Block.

【0005】さらに、例えば、米国特許4,945,4 [0005] Further, for example, US patent 4,945,4
75、特開昭63−116232号公報などに開示されているMacintosh(商標)の方法においては、 75, in the method of Macintosh (TM) which is disclosed in, JP-A-63-116232,
ディレクトリ管理情報は、すべて、カタログファイル(Catalog File)中に、B−Treeの構造を利用して階層管理されている。 Directory management information are all, in the catalog file (Catalog File), it is hierarchically managed using the structure of a B-Tree. 即ち、B−Tree In other words, B-Tree
のレコードのキー(親ディレクトリの識別番号とファイル名の組み合わせ)によって、全てのファイル、ディレクトリを一括管理している。 By the record of the key (a combination of the identification number and file name of the parent directory), all of the files, the directories are managed collectively. このカタログファイルは、 This catalog file,
実際は集中した領域に記録されている。 In fact it is recorded in a concentrated area. データファイルの検索には、ディレクトリの階層情報を直接用いるのではなく、このB−Treeを使用して、階層ディレクトリ中のファイルが間接的に検索される。 The search of the data files, rather than using a hierarchical directory information directly, using the B-Tree, files in a hierarchical directory is searched indirectly.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、MS− The object of the invention is to, however, MS-
DOSの階層ディレクトリファイルシステムにおいては、各ディレクトリの情報が記録媒体上に分散して記録されるため、階層ディレクトリの下位の層に存在するファイルは、ディレクトリ検索のために、記録媒体全体に渡ってシークしなければならなくなる可能性があり、アクセス速度の遅い記録媒体の場合は、ファイルアクセス速度の著しい低下を招いてしまう。 In the hierarchical directory file system of DOS, since information of each directory are recorded distributed on a recording medium, the file existing in the lower layer of the hierarchical directory, for the directory search, over the entire recording medium You might not have to seek, in the case of a slow access speed recording medium, thereby causing a significant reduction in file access speed.

【0007】このように、ディレクトリ管理情報が分散して記録されている場合、集中して記録する場合に比べて、ディレクトリの更新のための物理的な書込み、読込みの回数が増加し、ディレクトリ管理情報のバッファ利用効率も悪くなる。 [0007] Thus, if the directory management information is recorded in a distributed, as compared with the case of recording a concentrated manner, the physical writing for updating the directory, the number of reading is increased, directory management buffer utilization efficiency of the information also becomes worse.

【0008】また、UNIXの方法は、バッファリングを行うことにより、Super Blockの物理的な書込み回数を低減することができるが、i−node自体はディレクトリ階層とは独立した方法(i−node Further, UNIX method, by performing buffering may reduce the physical write count of Super Block, a method that is independent of the i-node itself directory hierarchy (i-node
リスト)によって管理されているため、これらのi−n Because it is managed by the list), these i-n
odeの管理方法が複雑になり、高性能なワークステーションならともかく、パーソナルコンピュータ等の小型の機器には、この管理方法は効果的ではない。 Management method ode is complicated, anyway if high-performance workstations, the small device such as a personal computer, this management method is not effective.

【0009】さらに、B−Treeによる管理は極めて複雑であり、また、ディレクトリ階層情報を使用して直接サブディレクトリにアクセスするのではなく、間接的にサブディレクトリにアクセスするので、ディレクトリの検索毎に、B−Treeのノード木の検索をする必要がある。 Furthermore, management by B-Tree is extremely complicated and, directory hierarchy information instead of accessing directly to the sub-directory using, so to access indirectly subdirectory for each directory search , it is necessary to make the search of the node tree of B-tree.

【0010】B−Treeは、木の根から全ての葉までが同じ距離(段数)になっており、検索は効率的に行われるが、この距離(段数)は、ディレクトリ、ファイルが多くなると、3段、4段と多くなり、ディレクトリの位置が直接示される場合に比較して、実質的には、アクセス回数が増える傾向にある。 [0010] B-Tree is, until all the leaves from the root of the tree has become the same distance (the number of stages), but the search is performed efficiently, the distance (the number of stages), the directory, the file is large, three-stage , the more the 4-step, as compared with the case where the position of the directory is shown directly, in effect, they tend to access frequency increases. このため、この方法は、 For this reason, this method is,
非効率的であり、小型の機器には不向きである。 Inefficient, it is not suitable for small-sized equipment.

【0011】本発明はこのような状況に鑑みてなされたものであり、簡単な方法で、階層ディレクトリ中の所定のディレクトリファイル検索が行え、かつ、ファイル検索の高速化と、ディレクトリ更新のための物理的な読込み、書込み回数の低減を図るものである。 [0011] The present invention has been made in view of such circumstances, in a simple manner, a predetermined directory file search in the hierarchical directory is performed, and high-speed file retrieval and, for directory updates physical read, but to reduce the number of writes. また、ディレクトリ情報を短時間で更新することができるようにするものである。 Also, it is to be able to update in a short time directory information.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】請求項1に記載の情報管理方法は、記録媒体に記録された情報を管理するための情報管理方法において、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1 Means for Solving the Problems An information management method according to claim 1, in the information management method for managing information recorded on a recording medium, a recording medium on which data of the file is recorded (e.g., FIG. 2 a first region of the magneto-optical disk 804) on the (e.g. extent area in FIG. 4), first
の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1 Managed by management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) first allocation unit by using a (e.g. allocation blocks), a second area on the recording medium that is distinct from the first region (e.g. volume management area of ​​FIG. 4), the second management information (management table of example, FIG. 7 (MT)) using a first
の割当単位とは独立した第2の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ(例えば図5のディレクトリレコードブロック(DRB)) The allocation unit managed by separate second allocation units (e.g., Management Block), at least one second directory consists of allocation units (e.g., Fig. 5 of the directory record block of the second region (DRB ))
中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード)は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIndex to DRB)を含むことを特徴とする。 Sub directory information (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8) in the includes information (e.g., Index-to DRB of Fig. 8) shows a position in the second region of the second allocation unit constituting that sub directory it is characterized in.

【0013】第2の割当単位は、第1の割当単位より小さくするようにすることができる。 [0013] The second allocation unit may be configured to be smaller than the first allocation unit.

【0014】1つのファイルが、複数の離れた位置にある第1の割当単位から構成される場合、第2の領域に記録されたデータは、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報(例えば図15のエクステントレコードインデックスや図16のエクステントディスクリプタを含む図14のエクステントレコード(ER))を含むようにすることができる。 [0014] One file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, data recorded in the second area, one file, the first which of the first region it is possible to include the file extent information (e.g., extent record of Fig. 14 including extent descriptor extent record indexes and 16 in FIG. 15 (ER)) indicating whether the configuration from the assignment units.

【0015】ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、第2の領域におけるファイルエクステント情報を含む第2の割当単位の位置を示す情報(例えば図8のIndex toER)を含むようにすることができる。 [0015] File information corresponding to one file in the directory (e.g., Directory Record for file of Fig. 8), the information (e.g., Fig. Showing the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region it is possible to include the Index TOER) of 8.

【0016】1つのファイルが、連続した第1の割当単位から構成される場合、ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtent Start [0016] One file, if composed of continuous first allocation unit, file information corresponding to the one file in the directory (e.g., Directory Record for file of Fig. 8) is a single file, Extent of first what first file location information indicating either consist allocation unit area (for example, FIG. 8 Start
Location)を含むようにすることができる。 Can be made to contain a the Location).

【0017】1つのディレクトリが、複数の第2の割当単位によって構成される場合、第2の管理情報は、複数の第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報(例えば図10のIndex to n [0017] one directory, be composed of a plurality of second allocation units, the second management information, the link information indicating that the plurality of second allocation unit is information linked to each other ( Index to n of FIG. 10, for example
ext DRB)を含むようにすることができる。 It is possible to include the ext DRB).

【0018】第2の領域に記録されたデータは、第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ(VD))を含むようにすることができる。 [0018] Data recorded in the second area, it is possible to include information indicating the position of the root directory in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5 (VD)).

【0019】請求項8に記載のデータ記録媒体は、階層ディレクトリ構造を有するデータを記録したデータ記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)において、 The data recording medium according to claim 8, in the data recording medium for recording data having hierarchical directory structure (e.g., a magneto-optical disk 804 of FIG. 2),
第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)に、ファイルのデータが第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で記録され、第1の領域とは区別された第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)に、複数のディレクトリが第1の割当単位とは独立した第2の割当単位(例えばマネージメントブロック) A first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the data files are recorded in first allocation units (e.g., Allocation Block), the second region (e.g., Fig. 4 that the first region is distinct the volume management area), a second allocation unit more directories independent of the first allocation units (e.g., Management block)
で記録され、各ディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード)は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIndexto DRB)を含むことを特徴とする。 In is recorded, sub directory information in each directory (e.g. directory record for directory of Fig. 8), the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories characterized in that it comprises a Indexto DRB).

【0020】第2の割当単位は、第1の割当単位より小さくするようにすることができる。 The second allocation unit may be configured to be smaller than the first allocation unit.

【0021】1つのファイルが、複数の離れた位置にある第1の割当単位から構成される場合、第2の領域に記録されたデータは、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報(例えば図14のエクステントレコード(ER))を含むようにすることができる。 [0021] One file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, data recorded in the second area, one file, the first which of the first region it is possible to include the file extent information (extent records in example FIG. 14 (ER)) indicating whether the configuration from the assignment units.

【0022】ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、第2の領域におけるファイルエクステント情報を含む第2の割当単位の位置を示す情報(例えば図8のIndex toER)を含むようにすることができる。 The file information corresponding to the one file in the directory (e.g., Directory Record for file of Fig. 8), the information (e.g., Fig. Showing the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region it is possible to include the Index TOER) of 8.

【0023】1つのファイルが、連続した第1の割当単位から構成される場合、ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtent Start [0023] One file, if composed of the first allocation unit continuous, file information corresponding to the one file in the directory (e.g., Directory Record for file of Fig. 8) is a single file, Extent of first what first file location information indicating either consist allocation unit area (for example, FIG. 8 Start
Location)を含むようにすることができる。 Can be made to contain a the Location).

【0024】1つのディレクトリが、複数の第2の割当単位によって構成される場合、第2の領域に記録されたデータ内の管理情報は、複数の第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報(例えば図10のIndex to next DRB)を含むようにすることができる。 [0024] one directory, be composed of a plurality of second allocation units, management information within the recorded data in the second region, the information a plurality of second allocation units are connected to each other it is possible to include a link information (e.g., in FIG. 10 Index to next DRB) indicating that it is.

【0025】第2の領域に記録されたデータは、第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ(VD))を含むようにすることができる。 The data recorded in the second area, it is possible to include information indicating the position of the root directory in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5 (VD)).

【0026】請求項15に記載のデータ記録方法は、階層ディレクトリ構造を有するデータを記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)に記録するためのデータ記録方法において、第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)に、ファイルのデータを第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で記録し、第1の領域とは区別された第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)に、複数のディレクトリを第1 The data recording method according to claim 15, in the data recording method for recording data having hierarchical directory structure onto a recording medium (e.g., magneto-optical disk 804 of FIG. 2), a first region (e.g., FIG. extents area) for 4, records the data of the file in the first allocation units (e.g., allocation block), the second region and the first region is distinguished (e.g., volume management area of ​​FIG. 4), a plurality the directory first
の割当単位とは独立した第2の割当単位(例えばマネージメントブロック)で記録し、各ディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード)は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIndex to DRB)を含むことを特徴とする。 The recorded at a second allocation unit independent of the allocation unit (e.g., Management Block), (directory record for directory e.g. Figure 8) sub directory information in each directory, second constituting the subdirectories characterized in that it includes information indicating the position in the second region of allocation units (e.g., Index-to DRB of Fig. 8).

【0027】第2の割当単位は、第1の割当単位より小さくするようにすることができる。 The second allocation unit may be configured to be smaller than the first allocation unit.

【0028】1つのファイルが、複数の離れた位置にある第1の割当単位から構成される場合、第2の領域に記録されたデータは、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報(例えば図14のエクステントレコード(ER))を含むようにすることができる。 [0028] One file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, data recorded in the second area, one file, the first which of the first region it is possible to include the file extent information (extent records in example FIG. 14 (ER)) indicating whether the configuration from the assignment units.

【0029】ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、第2の領域におけるファイルエクステント情報を含む第2の割当単位の位置を示す情報(例えば図8のIndex toER)を含むようにすることができる。 [0029] (directory record for file, for example, FIG. 8) file information corresponding to the one file in the directory, information (e.g., Fig. Showing the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region it is possible to include the Index TOER) of 8.

【0030】1つのファイルが、連続した第1の割当単位から構成される場合、ディレクトリ中の1つのファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)は、1つのファイルが、第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtent Start [0030] One file, if composed of continuous first allocation unit, file information corresponding to the one file in the directory (e.g., Directory Record for file of Fig. 8) is a single file, Extent of first what first file location information indicating either consist allocation unit area (for example, FIG. 8 Start
Location)を含むようにすることができる。 Can be made to contain a the Location).

【0031】1つのディレクトリが、複数の第2の割当単位によって構成される場合、第2の領域に記録されたデータ内の管理情報は、複数の第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報(例えば図10のIndex to next DRB)を含むようにすることができる。 [0031] one directory, be composed of a plurality of second allocation units, management information within the recorded data in the second region, the information a plurality of second allocation units are connected to each other it is possible to include a link information (e.g., in FIG. 10 Index to next DRB) indicating that it is.

【0032】第2の領域に記録されたデータは、第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ(VD))を含むようにすることができる。 The data recorded in the second area, can be made to include information indicating the position of the root directory in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5 (VD)).

【0033】請求項22に記載の情報検索方法は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information search method according to claim 22, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval method for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータの内の所定の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、ルートディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)中の所望のファイルが第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExt Based on predetermined position information of the data recorded in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), to access the root directory, file information (e.g., Fig. 8 corresponding to the desired file in the root directory Ext desired directory record) in a file for files of file location information (e.g., Fig. 8 indicating which is composed of any first allocation units of the first region
ent Start Location)に基づいて、 ent based on the Start Location),
記録媒体上の所望のファイルにアクセスすることを特徴とする。 Wherein the access to the desired file on the recording medium.

【0034】請求項23に記載の情報検索方法は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information search method according to claim 23, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval method for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の位置情報(例えば図8のI Based on the first position information in the recorded data in a second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), to access the root directory, the second position information (e.g., FIG. 8 in the root directory and parent directory I of
ndex to DRB)に基づいて、所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスし、サブディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)中の所望のファイルが第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtent Start Locat Based on ndex-to DRB), the desired access to a subdirectory containing the file information corresponding to the file, desired in the file information corresponding to the desired file in the subdirectory (eg directory record for file of Fig. 8) Extent Start locat files of file location information (e.g., Fig. 8 indicating which is composed of any first allocation units of the first region
ion)に基づいて、記録媒体上の所望のファイルにアクセスすることを特徴とする。 Based on ion), characterized in that access to the desired file on the recording medium.

【0035】請求項24に記載の情報検索方法は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information search method according to claim 24, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval method for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の位置情報(例えば図8のI Based on the first position information in the recorded data in a second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), to access the root directory, the second position information (e.g., FIG. 8 in the root directory and parent directory I of
ndex to DRB)に基づいて、所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスし、サブディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)中の第3の位置情報(例えば図8のInd Based on ndex-to DRB), and access to a subdirectory containing the file information corresponding to the desired file, the in the file information corresponding to the desired file in the subdirectory (eg directory record for file of Fig. 8) position information of 3 (e.g., Ind 8
ex to ER)に基づいて、所望のファイルが第1 Based on the ex to ER), the desired file is first
の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報(例えば図14のエクステントレコード(ER))にアクセスし、ファイルエクステント情報に基づいて、記録媒体上の所望のファイルにアクセスすることを特徴とする。 Which first accesses the file extent information indicating the configuration (e.g., Extent Record of Fig. 14 (ER)) from allocation unit, based on the file extent information, access to the desired file on the recording medium in the region characterized in that it.

【0036】記録媒体から第2の領域に記録されたデータを読み出し、読み出された第2の領域に記録されたデータをメモリ(例えば図1のRAM18)に記憶し、ルートディレクトリへのアクセス、サブディレクトリへのアクセス、及び又はファイルエクステント情報へのアクセスをメモリに記憶されたデータを用いて行うようにすることができる。 The read out is recorded from the recording medium in the second area data, the data recorded in the second area which is read and stored in a memory (e.g. RAM18 of FIG. 1), access to the root directory, it can be performed using access to a subdirectory, and or access to the file extent information data stored in the memory.

【0037】請求項26に記載の情報検索装置は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information retrieval apparatus according to claim 26, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval apparatus for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータの内の所定の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段(例えば図18のフローチャートのステップS2)と、ルートディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)中の所望のファイルが第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtentStart Location)に基づいて、記録媒体上の所望のファイルにアクセスする手段(例えば図20のフローチャートのステップS13)とを有することを特徴とする。 Based on predetermined position information of the data recorded in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), means for accessing the root directory (for example flowchart of step S2 of FIG. 18), in the root directory desired file which first file location information indicating either consist allocation units of the first area in the (directory record for file, for example, FIG. 8) file information corresponding to the desired file (e.g., FIG. 8 based of the ExtentStart Location), and having a means for accessing a desired file on the recording medium (for example, step S13 in the flowchart of FIG. 20).

【0038】請求項27に記載の情報検索装置は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information retrieval apparatus according to claim 27, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval apparatus for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段(例えば図18のフローチャートのステップS2)と、ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の位置情報(例えば図8 Based on the first position information in the data recorded in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), and means for accessing the root directory (for example flowchart of step S2 of FIG. 18), the root directory and parent second location information in the directory (e.g., FIG. 8
のIndexto DRB)に基づいて、所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスする手段(例えば図18のフローチャートのステップS3)と、サブディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報(例えば図8のファイル用のディレクトリレコード)中の所望のファイルが第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報(例えば図8のExtent Start Lo Based of the Indexto DRB), means to access the subdirectory that contains the file information corresponding to the desired file (for example step S3 in the flowchart of FIG. 18), the file information corresponding to the desired file in the subdirectory (e.g. Extent Start Lo of file location information (e.g., Fig. 8 indicating whether desired file directory record) in the file of Figure 8 is configured from which the first allocation units of the first region
cation)に基づいて、記録媒体上の所望のファイルにアクセスする手段(例えば図20のフローチャートのステップS13)とを有することを特徴とする。 Based on the cation), and having a means for accessing a desired file on the recording medium (for example, step S13 in the flowchart of FIG. 20).

【0039】請求項28に記載の情報検索装置は、ファイルのデータが記録される記録媒体(例えば図2の光磁気ディスク804)上の第1の領域(例えば図4のエクステントエリア)を、第1の管理情報(例えば図6のボリュームスペースビットマップ(VSB))を用いて第1の割当単位(例えばアロケーションブロック)で管理し、第1の領域とは区別された記録媒体上の第2の領域(例えば図4のボリュームマネージメントエリア)を、 The information retrieval apparatus according to claim 28, a recording medium on which data of the file is recorded (for example, a magneto-optical disk 804 of FIG. 2) on the first region (e.g., Extent Area of ​​Fig. 4), the managed by the first allocation unit by using first management information (e.g., volume space bitmap of Fig. 6 (VSB)) (e.g., allocation block), a second on the differentiated recording medium and the first region region (e.g., volume management area of ​​FIG. 4),
第2の管理情報(例えば図7のマネージメントテーブル(MT))を用いて、第1の割当単位とは独立した第2 Using second management information (e.g., FIG. 7 of the management table (MT)), a is independent of the first allocation unit 2
の割当単位(例えばマネージメントブロック)で管理し、第2の領域内の少なくとも1つの第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報(例えば図8のディレクトリ用のディレクトリレコード) Unit allocation (e.g., Management Block) managed by at least one sub directory information in a directory consisting of the second allocation units within the second area (e.g., Directory Record for directory of Fig. 8)
は、そのサブディレクトリを構成する第2の割当単位の第2の領域における位置を示す情報(例えば図8のIn It is, In the second information indicating a position in the second region of allocation units (e.g., 8 constituting the subdirectories
dexto DRB)を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 From the recording medium has been made to include dexto DRB), the information retrieval apparatus for retrieving a desired file,
第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報(例えば図5のボリュームディスクリプタ)に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段(例えば図18のフローチャートのステップS2)と、ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の位置情報(例えば図8 Based on the first position information in the data recorded in the second area (e.g., Volume Descriptor of Fig. 5), and means for accessing the root directory (for example flowchart of step S2 of FIG. 18), the root directory and parent second location information in the directory (e.g., FIG. 8
のIndexto DRB)に基づいて、所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスする手段(例えば図18のフローチャートのステップS3)と、サブディレクトリ中の所望のファイルに対応するファイル情報中の第3の位置情報(例えば図8 Based of the Indexto DRB), means to access the subdirectory that contains the file information corresponding to the desired file (for example, the flow chart of step S3 in FIG. 18), in the file information corresponding to the desired file in the subdirectory third position information (e.g., Fig. 8
のIndex to ER)に基づいて、所望のファイルが第1の領域のどの第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報(例えば図14のエクステントレコード(ER))にアクセスする手段(例えば図19のフローチャートのステップS10)と、ファイルエクステント情報に基づいて、記録媒体上の所望のファイルにアクセスする手段(例えば図20のフローチャートのステップS15)とを有することを特徴とする。 Of Index-to ER) on the basis of the desired file means for accessing the file extent information (extent records in example FIG. 14 (ER) indicating whether the configuration from which the first allocation units of the first area) ( for example the step S10) in the flowchart of FIG. 19, based on the file extent information, and having a means for accessing a desired file on the recording medium (for example, step S15 in the flowchart of FIG. 20).

【0040】記録媒体から第2の領域に記録されたデータを読み出す手段(例えば図2の光学ピックアップ80 The means for reading the recorded from the recording medium in the second region data (e.g., the optical pickup 80 of FIG. 2
6)と、読み出された第2の領域に記録されたデータを記憶するメモリ(例えば図1のRAM18)とをさらに設け、ルートディレクトリへのアクセス、サブディレクトリへのアクセス、及び又はファイルエクステント情報へのアクセスをメモリに記憶されたデータを用いて行うようにすることができる。 6), read further provided a memory (e.g. RAM18 of FIG. 1) for storing the data recorded on the second region, access to the root directory, access to a subdirectory, and or file extent information data stored to access the memory can be performed using the.

【0041】請求項30に記載の情報管理方法は、情報を記録することが可能な記録可能領域(例えば図23のレコーダブルエリア)と、一度記録した情報を書き換えることが不可能な書換不能領域(例えば図23のプリマスタードエリア)とを有し、ディレクトリ管理情報が書換不能領域に記録されている情報記録媒体(例えば図2 The information management method according to claim 30, the information recording area capable of recording (e.g., recordable area of ​​Fig. 23), once recorded unrewritable area can not be rewritten information (e.g. pre-mastered area of ​​Fig. 23) and an information recording medium in which the directory management information is recorded in the rewrite disable area (e.g., FIG. 2
3のハイブリッドタイプのディスク)の情報管理方法であって、記録可能領域を初期化するとき、書換不能領域に記録されているディレクトリ管理情報(例えば図23 A third information management method for a hybrid type of disc), when initializing recordable area, directory management information recorded in the rewritable region (for example, FIG. 23
のボリュームマネージメントエリア(VMA))を、記録可能領域に複写し、以後、記録可能領域のディレクトリ管理情報をもとに情報を管理することを特徴とする。 The volume management area (VMA)), and copied to the recordable area, hereinafter, wherein the managing information on the basis of the directory management information of the recordable area.

【0042】情報記録媒体は、プリピットとして情報が予め記録されている光学的に再生が可能な再生専用の領域(例えば図23のプリマスタードエリア)と、光磁気的に情報の書き換えが可能な記録領域(例えば図23のレコーダブルエリア)とを有するハイブリッドディスクとし、ディレクトリ管理情報は、再生専用の領域に記録するようにすることができる。 The information recording medium includes an information is previously recorded can optically reproduced is a read-only area (e.g., pre-mastered area of ​​Fig. 23) as a pre-pit, magneto-optically rewritable information recording and hybrid disc having a region (e.g., recordable area of ​​Fig. 23), the directory management information may be to record the reproduction-only area.

【0043】請求項32に記載の情報管理方法は、一度だけ情報を記録することが可能な追記型の情報記録ディスク(例えば図25のライトワンスタイプのディスク) The information management method according to claim 32, write-once information recording disk capable of recording information only once (e.g., write-once type disk of FIG. 25)
の情報管理方法であって、所定のデータ(例えば図25 A information management method, predetermined data (e.g., FIG. 25
のファイル3)と、データを管理するディレクトリ管理情報(例えば図25のボリュームマネージメントエリア(VMA))を第1の領域(例えば図25のセッション2)に記録した後、新たなデータ(例えば図25のファイル4,5)を第2の領域(例えば図25のセッション3)に記録するとき、第1の領域に記録されているディレクトリ管理情報を含む新たなディレクトリ管理情報を、第2の領域に記録し、以後、第2の領域のディレクトリ管理情報をもとにデータを管理することを特徴とする。 And file 3), after recording the directory management information (volume management area, for example FIG. 25 (VMA) for managing data) in the first area (e.g., session 2 of Fig. 25), the new data (e.g., FIG. 25 when the file 4, 5) of the recording in the second region (e.g., session 3 of Fig. 25), a new directory management information including directory management information recorded in the first area, the second area recorded, thereafter, characterized by managing the data on the basis of the directory management information of the second region.

【0044】 [0044]

【作用】請求項1に記載の情報管理方法および請求項1 [Action] The method of information management according to claim 1 and claim 1
5に記載のデータ記録方法においては、ボリュームマネージメントエリアにサブディレクトリ情報が、ボリュームマネージメントエリアにおける位置を示すIndex In the data recording method according to 5, sub directory information in the volume management area, Index indicating the location in the volume management area
to DRBを含んで記録される。 Is recorded contains to DRB. 従って、ディレクトリ更新のための物理的な読み込み、書き込みの回数を低減し、階層ディレクトリ中の所定のディレクトリファイルを、簡単かつ高速に検索することが可能になる。 Therefore, the physical loading for directory update, to reduce the number of writes, a predetermined directory file in the hierarchical directory, it is possible to search easily and fast. また、ディレクトリ情報を短時間で更新することが可能になる。 In addition, it is possible to update in a short period of time directory information.

【0045】請求項8に記載のデータ記録媒体においては、ボリュームマネージメントエリアにサブディレクトリ情報が記録されている。 [0045] In the data recording medium according to claim 8, sub directory information is recorded in the volume management area. そして、サブディレクトリ情報が、ボリュームマネージメントエリアにおける位置を示すIndex to DRBを含んでいる。 Then, the sub directory information includes Index-to DRB indicating location in the volume management area. 従って、 Therefore,
簡単かつ高速に検索が可能なデータ記録媒体を実現することが可能となる。 Easy and fast it is possible to realize a data recording medium that may be searched.

【0046】請求項22に記載の情報検索方法および請求項26に記載の情報検索装置においては、ボリュームディスクリプタからルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリ中のExtent Start [0046] In the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 26 according to claim 22, root directory is accessed from volume descriptor, Extent in the root directory Start
Locationに基づいて、ファイルがアクセスされる。 Based on the Location, the file is accessed.

【0047】請求項23に記載の情報検索方法および請求項27に記載の情報検索装置においては、ボリュームディスクリプタからルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリおよび親ディレクトリ中のIn [0047] In the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 27 according to claim 23, root directory is accessed from volume descriptor, In in the root directory and parent directory
dex to DRBに基づいて、サブディレクトリがアクセスされる。 Based on the dex to DRB, sub-directory is accessed. そして、サブディレクトリ中のExt And, Ext in the sub-directory
ent Start Locationに基づいて、ファイルがアクセスされる。 Based on the ent Start Location, the file is accessed.

【0048】請求項24に記載の情報検索方法および請求項28に記載の情報検索装置においては、ボリュームディスクリプタからルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリおよび親ディレクトリ中のIn [0048] In the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 28 according to claim 24, root directory is accessed from volume descriptor, In in the root directory and parent directory
dex to DRBに基づいて、サブディレクトリがアクセスされる。 Based on the dex to DRB, sub-directory is accessed. そして、サブディレクトリ中のInd And, Ind in a sub-directory
ex to ERに基づいて、エクステントレコードがアクセスされ、さらに、エクステントレコードに基づいて、ファイルがアクセスされる。 Based on ex-to ER, extent record is accessed, further, on the basis of the extent record, file is accessed.

【0049】従って、いずれの場合においても、簡単かつ迅速なアクセスが可能になる。 [0049] Thus, in either case, it is possible to easily and quickly access.

【0050】請求項30に記載の情報管理方法においては、記録可能領域を初期化するとき、書換不能領域に記録されているボリュームマネージメントエリアが記録可能領域に複写され、以後、この記録可能領域のボリュームマネージメントエリアを基に、情報が管理される。 [0050] In the information management method according to claim 30, when initializing the recording area, volume management area recorded in the rewritable area is copied to the recordable area, thereafter, the recordable area based on the volume management area, the information is managed. 従って、記録可能領域と書換不能領域の情報を一元的に管理することが可能になる。 Therefore, it becomes possible to centrally manage the information recording area and the rewritable area.

【0051】請求項32に記載の情報管理方法においては、新たなセッションにデータを記録するとき、古いセッションに記録されていたボリュームマネージメントエリアを含む新たなボリュームマネージメントエリアが記録され、以後、この新たなボリュームマネージメントエリアを基に、情報が管理される。 [0051] In the information management method according to claim 32, when recording data in a new session, a new volume management area including volume management area which has been recorded in the old session is recorded, thereafter, the new based on such volume management area, the information is managed. 従って、古い情報と追記された情報を一元的に管理することが可能になる。 Therefore, it becomes possible to centrally manage the information is additionally written with old information.

【0052】 [0052]

【実施例】図1は、本発明の情報管理方法を応用した情報処理装置の一実施例の構成を示す。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 shows the structure of an embodiment of an information processing apparatus which applies the information management method of the present invention. 入力装置10は、 Input device 10,
操作者のキー操作に応じたデータおよびコマンドを、マイクロコンピュータ(以下、マイコンと略称)12へ供給する。 Data and commands according to the operator's key operation, the microcomputer (hereinafter, microcomputer abbreviated) supplied to 12.

【0053】マイコン12は、メインCPU14と、このCPU14が使用するプログラムが予め格納されたR [0053] The microcomputer 12 includes a main CPU 14, a program which the CPU 14 uses are stored in advance R
OM16と、ワークエリアとして使用されるRAM18 And OM16, is used as a work area RAM18
と、時間情報を発生するタイマ19と、CPU14と外部周辺装置との間で各種データの授受を行う入出力インターフェース20とを備えている。 When provided with a timer 19 for generating time information, and input and output interface 20 for exchanging various data between the CPU14 and the external peripheral device.

【0054】光磁気記録再生装置8は、記録モードのときには、メインCPU14から入出力インターフェース20を介して供給されるデータを、装填されたディスクに記録し、再生モードのときには、ディスクからデータを再生し、入出力インターフェース20介してメインC The magneto-optical recording and reproducing apparatus 8, when the recording mode, the data supplied via the input-output interface 20 from the main CPU 14, and recorded in the loaded disc, when the reproduction mode, the reproduction data from the disc and, the main C through output interface 20
PU14に出力する。 And outputs it to the PU14.

【0055】図2は、図1の光磁気記録再生装置8の一構成例を示す。 [0055] Figure 2 shows an example of the structure of a magneto-optical recording and reproducing apparatus 8 in FIG. 1. ここに例示する光磁気記録再生装置(M A magneto-optical recording and reproducing apparatus illustrated herein (M
DXD)8は、直径64mmの読み出し(再生)専用型光ディスク、読み書き両用型のすなわち書換可能なMO DXD) 8 reads diameter 64 mm (playback) only optical disc, a read-write type i.e. rewritable MO
(光磁気)ディスク、または読み書き両用(すなわち書換)領域および読み出し専用領域を有するハイブリッド(パーシャルROM)ディスクの何れかを、カートリッジ内に収納した記録メディアに対して、情報を記録または再生する。 (Magneto-optical) disk or read-write (i.e., rewritable) either hybrid (partial ROM) disc having a region and the read-only area, the recording medium housed in the cartridge, the information recording or reproducing.

【0056】MOディスクやハイブリッドディスクに対しては、磁界変調オーバーライト記録方式によってデータを記録する。 [0056] For the MO disk or a hybrid disk, to record data by the magnetic field modulation overwrite recording system. 読み出し専用型の光ディスクの場合、目的トラックのピット列における光の回折現象を利用することにより再生信号を検出し、読み書き両用型の光磁気ディスクの場合、目的トラックからの反射光の偏光角(カー回転角)の違いを検出して再生信号を検出する。 For a read-only optical disc, detecting a reproduced signal by utilizing a diffraction phenomenon of light in pit train of the target track, for a read-write type magneto-optical disk, the polarization angle of the reflected light from the target track (Kerr by detecting the difference in rotational angle) detects the reproduction signal.
ハイブリッドディスクの場合、読み出し専用領域においては、目的トラックのピット列における光の回折現象を利用することにより再生信号を検出し、読み書き両用領域においては、目的トラックからの反射光の偏光角(カー回転角)の違いを検出して再生信号を検出するものである。 For hybrid disc, read in a dedicated area, detects a reproduced signal by utilizing a diffraction phenomenon of light in pit train of the target track, in the read-write area, the polarization angle (Kerr rotation of the reflected light from the target track by detecting the difference in angular) detects a reproduction signal.

【0057】このような光磁気記録再生装置8は、パーソナルオーディオ機器(携帯型、据置型、車載型)の用途で開発されたMD(ミニディスク(商標))システムの一部を流用することができる。 [0057] Such a magneto-optical recording and reproducing device 8, a personal audio device (portable, stationary, on-board) MD developed in applications (Mini Disc (trademark)) is able to use parts of the system it can. MDシステムは、パーソナルオーディオ機器としての開発過程において、各回路素子の集積化や各機構部品の最適化が図られ、装置全体の小型化、軽量化が達成されていると共に、低消費電力化によりバッテリオペレーションが可能となっている。 MD system, in the development process of the personal audio equipment, integration and optimization of the mechanical components of each circuit element is achieved, the overall size of the apparatus, the weight reduction has been achieved, the power consumption battery operation is possible. さらに、既存の3.5インチMOディスクドライブとほぼ同じ記憶容量(140Mbytes)を有し、記録メディアの交換が可能であるという特徴に加え、量産効果により、他のMOディスクドライブと比較して、装置本体や記録メディアの製造コスト低減が可能であり、 Furthermore, has substantially the same storage capacity as the existing 3.5 inch MO disk drive (140Mbytes), in addition to the feature that is replaceable in the recording medium, the volume efficiency, as compared to other MO disc drives, manufacturing cost of the apparatus body and a recording medium are possible,
パーソナルオーディオ機器としての使用実績からして、 And from the record of use as personal audio equipment,
信頼性も充分に実証されている。 Reliability has been well documented.

【0058】図2において、スピンドルモータ802により回転駆動される光磁気ディスク804に対し、光学ピックアップ806によりレーザ光を照射した状態で記録データに応じた変調磁界を磁気ヘッド808により印加することにより、光磁気ディスク804の記録トラックに沿って磁界変調オーバーライト記録を行い、光磁気ディスク804の記録トラックを光学ピックアップ80 [0058] In FIG. 2, with respect to the magneto-optical disc 804 which is rotated by a spindle motor 802, by applying a magnetic head 808 a modulated magnetic field corresponding to recording data in a state irradiated with the laser beam by the optical pickup 806, perform magnetic field modulation overwrite recording along the recording track of the magneto-optical disk 804, the optical pickup 80 to the recording track of the magneto-optical disc 804
6によりレーザ光でトレースすることによって、磁気光学的にデータの再生を行う。 By tracing a laser beam by 6, to reproduce the magnetic data optically.

【0059】光学ピックアップ806は、例えばレーザダイオード等のレーザ光源、コリメータレンズ、対物レンズ、偏光ビームスプリッタ、シリンドリカルレンズ等の光学部品、ならびに所定の形状に分割されたフォトディテクタ等から構成されており、光磁気ディスク804 [0059] The optical pickup 806 includes a laser light source, a collimator lens, such as, for example, a laser diode, an objective lens, a polarization beam splitter is constituted by a optical component such as a cylindrical lens photodetector and is divided into a predetermined shape, such as, light magnetic disk 804
を挟んで磁気ヘッド808と対向する位置に、送りモータ810によって位置づけられる。 At a position facing the magnetic head 808 across the, positioned by a feed motor 810.

【0060】光磁気ディスク804にデータを記録するとき、磁気ヘッド駆動回路809により磁気ヘッド80 [0060] When recording data on the magneto-optical disk 804, the magnetic head 80 by the magnetic head drive circuit 809
8が駆動され、記録データに応じた変調磁界が光磁気ディスク804に印加される。 8 is driven, the modulation magnetic field corresponding to recording data is applied to the magneto-optical disk 804. 光学ピックアップ806 The optical pickup 806
は、光磁気ディスク804の目的トラックにレーザ光を照射することによって、熱磁気記録によりデータ記録を行う。 , By irradiating a laser beam to a target track of the magneto-optical disc 804, performs data recording by thermomagnetic recording.

【0061】また、光学ピックアップ806は、目的トラックに照射したレーザ光を検出することによって、例えば非点収差法によりフォーカスエラーを検出し、また例えばプッシュプル法によりトラッキングエラーを検出する。 [0061] Further, the optical pickup 806, by detecting a laser beam irradiated to the target track, for example, to detect a focus error by the astigmatic method and also detecting tracking error by a push-pull method, for example. 光磁気ディスク804からデータを再生するとき、目的トラックからの反射光の偏光角(カー回転角) When reproducing data from the magneto-optical disk 804, the polarization angle of the reflected light from the target track (Kerr rotation angle)
の違いを検出して再生信号を生成する。 To detect the difference of generating a playback signal.

【0062】光学ピックアップ806の出力は、RF回路812に供給される。 [0062] The output of the optical pickup 806 is supplied to an RF circuit 812. RF回路812は、光学ピックアップ806の出力から、フォーカスエラー信号やトラッキングエラー信号を抽出して、サーボ制御回路814 RF circuit 812, the output of the optical pickup 806, and extracts a focus error signal and a tracking error signal, the servo control circuit 814
に供給するとともに、再生信号を2値化して、アドレスデコーダ816に供給する。 Supplies to, by binarizing the reproduced signal is supplied to the address decoder 816. アドレスデコーダ816 Address decoder 816
は、供給された2値化再生信号からアドレスをデコードして、EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ818に出力するとともに、アドレスに関連した2値化再生データ以外の2値化再生データも、EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ818に供給する。 Decodes the address from the supplied binary reproduction signal, and outputs the EFM · CIRC encoder / decoder 818, also binary reproduction data except for binary reproduction data related to address, EFM · CIRC supplied to the encoder / decoder 818.

【0063】サーボ制御回路814は、例えばフォーカスサーボ制御回路、トラッキングサーボ制御回路、スピンドルモータサーボ制御回路およびスレッドサーボ制御回路等から構成される。 [0063] The servo control circuit 814, for example, a focus servo control circuit, a tracking servo control circuit, a spindle motor servo control circuit and a thread servo control circuit.

【0064】フォーカスサーボ制御回路は、フォーカスエラー信号が零になるように、光学ピックアップ806 [0064] focus servo control circuit, as the focus error signal becomes zero, the optical pickup 806
の光学系のフォーカス制御を行う。 Performing focus control of an optical system of. トラッキングサーボ制御回路は、トラッキングエラー信号が零となるように、光学ピックアップ806の送りモータ810(またはトラッキング用アクチュエータ)の制御を行う。 Tracking servo control circuit, such that the tracking error signal becomes zero, and controls the feed motor 810 of the optical pickup 806 (or tracking actuator).

【0065】さらに、スピンドルモータサーボ制御回路は、光磁気ディスク804を所定の回転速度(例えば一定線速度)で回転駆動するようにスピンドルモータ80 [0065] Furthermore, the spindle motor servo control circuit, a spindle motor 80 to rotationally drive the magneto-optical disk 804 at a predetermined rotational speed (e.g. constant linear velocity)
2を制御する。 To control the 2. また、スレッドサーボ制御回路は、システムコントロールCPU820により指定される光磁気ディスク804の目的トラック位置に磁気ヘッド808 Further, the sled servo control circuit, a magnetic head 808 to the target track position of the magneto-optical disc 804 designated by the system control CPU820
および光学ピックアップ806を送りモータ810により移動させる。 And moved by the motor 810 sends an optical pickup 806.

【0066】EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ8 [0066] EFM · CIRC encoder / decoder 8
18は、インターフェース800を介して供給されたデータに対して、エラー訂正用の符号化処理すなわちCI 18, the data supplied via the interface 800, the encoding process i.e. CI for error correction
RC(Cross Interleave Reed− RC (Cross Interleave Reed-
Solomon Code)の符号化処理を行うとともに、記録に適した変調処理すなわちEFM(Eight Performs coding processing solomon Code), suitable for recording modulation processing other words EFM (Eight
to Fourteen Modulation)符号化処理を行う。 Perform to Fourteen Modulation) encoding process.

【0067】EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ8 [0067] EFM · CIRC encoder / decoder 8
18から出力される符号化データは、磁気ヘッド駆動回路809に記録データとして供給される。 Encoded data output from 18 is supplied as recording data to the magnetic head drive circuit 809. 磁気ヘッド駆動回路809は、記録データに応じた変調磁界を光磁気ディスク804に印加するように磁気ヘッド808を駆動する。 Magnetic head drive circuit 809 drives the magnetic head 808 to apply a modulated magnetic field corresponding to recording data on the magneto-optical disk 804.

【0068】システムコントロールCPU820は、インターフェース800を介して書き込み命令を受けているときには、記録データが光磁気ディスク804の記録トラックに記録されるように、ディスク804上の記録位置の制御を行う。 [0068] System control CPU820, when receiving a write command via the interface 800, so that recording data is recorded on the recording track of the magneto-optical disk 804, controls the recording position on the disk 804. この記録位置の制御は、EFM・C Control of the recording position, EFM · C
IRCエンコーダ/デコーダ818から出力される符号化データの光磁気ディスク804上の記録位置をシステムコントロールCPU804により管理して、システムコントロールCPU820から、光磁気ディスク804 The recording position on the magneto-optical disc 804 of encoded data outputted from the IRC encoder / decoder 818 and managed by the system control CPU 804, the system control CPU 820, the magneto-optical disc 804
の記録トラックの記録位置を指定する制御信号をサーボ制御回路814に供給することによって行われる。 A control signal designating the recording position of the recording tracks is carried out by supplying to the servo control circuit 814.

【0069】再生時においては、EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ818は、入力された2値化再生データに対し、EFM復調処理を行うとともにエラー訂正のためのCIRC復号化処理を行って、インターフェース800を介して出力する。 [0069] During reproduction, EFM · CIRC encoder / decoder 818, the inputted binary reproduction data, performs CIRC decoding processing for error correction performs EFM demodulation process, an interface 800 through to output.

【0070】また、システムコントロールCPU820 [0070] In addition, the system control CPU820
は、インターフェース800を介して読み出し命令を受けているときには、再生データが連続的に得られるように光磁気ディスク804の記録トラックに対する再生位置の制御を行う。 , When receiving a read command via the interface 800, controls the playback position on the recording track of the magneto-optical disc 804 as reproduction data can be continuously obtained. この再生位置の制御は、再生データのディスク上の位置を、システムコントロールCPU82 Control of the reproduction position, the position on the disk of the reproduction data, the system control CPU82
0により管理して、光磁気ディスク804の記録トラック上の再生位置を指定する制御信号をサーボ制御回路8 0 managed by the servo control circuit a control signal designating the reproducing position on the recording track of the magneto-optical disk 804 8
14に供給することによって行われる。 It carried out by supplying 14.

【0071】図3は、書換可能な光磁気ディスク804 [0071] Figure 3 is a rewritable optical disk 804
にオーディオデータとコンピュータデータとを記録した例を表している。 It represents an example of recording audio data and computer data to. 同図に示すように、最内周(図中、左側)から最外周(図中、右側)までのインフォメーションエリア(Information area)のうち、最内周側と最外周側に、それぞれリードインエリア(Lead−in area)とリードアウトエリア(Lead−out area)が設けられる。 As shown in the figure, (left side in the figure) innermost (right side in the figure) from the outermost of the information area (Information area) until, in the innermost side and the outermost side, the lead-in area, respectively (lead-in area) and lead-out area (lead-out area) is provided. このリードインエリアとリードアウトエリアには、TOC(T The lead-in area and the lead-out area, TOC (T
able of Contents)データなどが必要に応じて記録される。 able of Contents) data and the like are recorded as necessary. これらの領域には、一般の使用者は情報を記録することができない。 These regions, the general user can not record information.

【0072】インフォメーションエリアのうち、リードインエリアとリードアウトエリアを除くエリアが、レコーダブルエリア(Recordable area)とされ、そこに一般の使用者がデータを記録または再生することができるようになされている。 [0072] Among the information area, area except for the lead-in area and the lead-out area, is a recordable area (Recordable area), there is generally the user's been made so as to be able to record or reproduce the data there.

【0073】レコーダブルエリアの最内周側には、UT [0073] in the innermost side of the recordable area, UT
OC(User TOC)エリアが設けられ、その外側にプログラムエリア(Program area)が設けられている。 OC (User TOC) area is provided, a program area (Program area) is provided on its outer side. UTOCエリアには、使用者がプログラムエリアに記録する記録データに対応するUTOCデータが記録される。 The UTOC area, UTOC data corresponding to recording data for a user to record the program area is recorded. プログラムエリアには、オーディオデータやコンピュータで処理するデータ、その他のデータを記録することができるようになされている。 The program area is adapted to be able to record data, and other data to be processed by the audio data or the computer.

【0074】プログラムエリアにおいては、各データは、必要に応じて離散的に記録される。 [0074] In the program area, respective data are discretely recorded as needed. 離散的に配置された各領域は、パーツと称され、関連するパーツで1本のトラックを形成する。 Each region is discretely arranged is referred to as the parts to form one track on the associated parts. 図3の実施例においては、トラックTrk1にオーディオデータが記録されている。 In the embodiment of FIG. 3, the audio data recorded on the track Trk1. 即ち、このトラックは、オーディオトラックとされている。 In other words, this track is an audio track. このトラックTrk1は、2つのパーツ(Trk1 This track Trk1, the two parts (Trk1
−1,Trk1−2)から構成されている。 -1, and a Trk1-2). パーツ(トラック)Trk1−1とTrk1−2は、ディスク上において離れた位置に形成されているが、例えば、そのデータを再生するとき、パーツTrk1−1の再生が終了したとき、光学ピックアップ806は、パーツTrk1 Parts (tracks) Trk1-1 and Trk1-2 has been formed at a distance on the disk, for example, when reproducing the data, when the reproduction of part Trk1-1 is completed, the optical pickup 806 , parts Trk1
−2にシークし、そこを再生する。 And seek to -2, to play there. このため、再生データは、連続して得ることができる。 Therefore, the reproduction data can be continuously obtained.

【0075】この実施例においては、この他、オーディオトラックTrk2−1とTrk4−1が、それぞれ1 [0075] In this embodiment, this addition, the audio tracks Trk2-1 and Trk4-1, respectively 1
つのパーツで構成され、オーディオデータが記録されている。 One of which is composed of parts, audio data are recorded.

【0076】さらに、この実施例においては、パーツT [0076] In addition, in this embodiment, parts T
rk3−1乃至3−3から構成されるデータトラックT rk3-1 or data track T consists of 3-3
rk3が形成され、そこには、メインCPU14により処理されるデータが記録されている。 rk3 is formed, there is data to be processed by the main CPU14 is recorded.

【0077】EFM・CIRCエンコーダ/デコーダ8 [0077] EFM · CIRC encoder / decoder 8
18は、プログラムエリアの各トラックに対して、クラスタ(64キロバイト)を単位としてデータが記録および/または再生(以下、単に、記録再生と記す)されるように処理する。 18, for each track of the program area, a cluster (64 kilobytes) data recording and / or reproducing (hereinafter, simply recording referred to playback) as a unit for processing as is.

【0078】データトラックは、ディレクトリ情報など、ボリュームを管理する情報が記録されるボリュームマネージメントエリア(Volume Managem [0078] data tracks, volume management area such as directory information, is information for managing the volume is recorded (Volume Managem
entArea)と、実際のファイルのデータが記録されるエクステントエリア(Extent Area)により構成される。 And entArea), composed of Extent Area (Extent Area) in which data of actual files are recorded. ボリュームマネージメントエリアは、 Volume management area,
プログラムエリアに最初に形成されたデータトラックの先頭に形成される。 It is formed on top of the initially formed data tracks in the program area. エクステントエリアは、それ以外の領域とされる。 Extent Area is the other regions.

【0079】この実施例においては、プログラムエリアに最初に形成されたデータトラックの先頭は、パーツT [0079] In the beginning of the initially formed data tracks in the program area in this embodiment, parts T
rk3−1の先頭に相当し、ここに、ボリュームマネージメントエリアが形成されている。 Corresponds to the beginning of Rk3-1, here, the volume management area is formed.

【0080】ボリュームマネージメントエリアとエクステントエリアのデータの割当単位は、独立の管理とされ、例えば、前者は2キロバイトとされ、後者は、2キロバイト、4キロバイト、8キロバイト、16キロバイト、32キロバイト、または64キロバイトのいずれかの値(例えば8キロバイト)とされる。 [0080] allocation unit of data volume management area and the extent area is the independent management, for example, the former is 2 kilobytes latter two kilobytes four kilobytes 8 KB, 16 kilobytes 32 kilobytes or, It is one of the values ​​64 kilobytes (for example, 8 kilobytes).

【0081】ボリュームマネージメントエリアは、図4 [0081] volume management area, as shown in FIG. 4
に示すように、32個のクラスタより構成される。 As shown in, composed of 32 clusters. ボリュームマネージメントエリアの1クラスタ前には、1クラスタ分のブートクラスタ(Boot−Cluste In one cluster before the volume management area, one cluster of boot cluster (Boot-Cluste
r)が配置される。 r) is placed.

【0082】図5は、ボリュームマネージメントエリアのフォーマットを表している。 [0082] FIG. 5 shows the format of the volume management area. ボリュームマネージメントエリアは、32クラスタから構成され、1クラスタは64キロバイトにより構成されるため、ボリュームマネージメントエリアには、2キロバイトのマネージメントブロックが1024個形成され、昇順に番号0乃至10 Volume management area is composed of 32 clusters, since one cluster is composed of 64 kilobytes, the volume management area is formed at two kilobyte management block 1024, in ascending order numbers 0 to 10
23が付されることになる。 So that 23 is attached.

【0083】最初の番号0のマネージメントブロックには、ボリュームディスクリプタVD(Volume D [0083] The management block of the first number 0, volume descriptor VD (Volume D
escriptor)が記録される。 escriptor) is recorded. このボリュームディスクリプタには、ボリューム名、作成日付などのボリューム全体についての情報の他、例えばルートディレクトリが記録されているマネージメントブロックの番号(0乃至1023のいずれかの値(この実施例の場合、 The volume descriptor, a volume name, other information about the entire volume of such creation date, for example, one of the values ​​of the number of management blocks root directory is recorded (0 to 1023 (in this example,
4))が記録される。 4)) is recorded.

【0084】番号1のマネージメントブロックには、ボリュームスペースビットマップ(Volume Spa [0084] The management block of the number 1, volume space bit map (Volume Spa
ce Bitmap(VSB))が配置される。 ce Bitmap (VSB)) is placed. このV This V
SBには、光磁気ディスク804全体の使用状態を表すデータが記録される。 The SB, data representing the use state of the entire optical disk 804 is recorded.

【0085】即ち、ボリュームスペースビットマップは、アロケーションブロックと呼ばれる割当単位でディスク全体(特に、エクステントエリア)の使用状況を管理する。 [0085] That is, volume space bitmap, the entire disk allocation units called allocation block (in particular, the extent area) to manage the usage. アロケーションブロックは、2キロバイト、4 Allocation block is 2 KB, 4
キロバイト、8キロバイト、16キロバイト、32キロバイト、64キロバイトのいずれかの値とされるが、これにより、実質的にエクステントエリアの割当単位が指定されることになるので、上述したように、この実施例の場合、8キロバイトとされる。 It kilobytes 8 Kbytes 16 Kbytes 32 Kbytes, but is one of the values ​​64 Kbytes, Thus, since allocation unit of a substantially extent area is to be specified, as described above, this embodiment for example, are eight kilobytes. ディスク中の全てのアロケーションブロックには、昇順に0から始まるアロケーションブロック番号が付される。 All of the allocation blocks in the disk, the allocation block number is assigned starting from 0 in ascending order. この番号により、ディスク上の絶対的位置が特定される。 This number, absolute position on the disc is specified.

【0086】ボリュームスペースビットマップは、例えば図6に示すように、各アロケーションブロックの番号に対応した番号が付された2ビットのエントリにより構成され、各エントリは、アロケーションブロックと同様、昇順に配置される。 [0086] The volume space bitmap, for example, as shown in FIG. 6, numbers corresponding to the numbers of the allocation block is constituted by 2 bits of the entry attached, each entry similar to the allocation blocks, arranged in ascending order It is. 全てのアロケーションブロックを表すのに、1つのマネージメントブロックで足りない場合は、複数のマネージメントブロックでボリュームスペースビットマップが構成される。 To represent all allocation blocks, if not enough in one management block is the volume space bitmap is composed of a plurality of management blocks.

【0087】ボリュームスペースビットマップの各エントリの2ビットの値は、以下のような意味を持つ。 [0087] The value of 2 bits of each entry in the volume space bitmap, have the following meanings. 00 使用可能 01 使用済 10 欠陥 11 使用不能 00 available 01 spent 10 defects 11 disabled

【0088】ディスクの初期化時に、データトラックを作成し、このデータトラック以外に属するアロケーションブロックは、使用不可能(00)としてボリュームスペースビットマップに登録する。 [0088] at the time of disk initialization, create a data track, allocation blocks belonging to other than the data track is registered in the volume space bitmap as unusable (00). ブートクラスタおよびボリュームマネージメントエリアのアロケーションブロックは、使用済(01)として登録する。 Allocation block of boot cluster and volume management area is registered as a pre-use (01). エクステントエリアのアロケーションブロックは、使用可能(00) Allocation block of the extent area is available (00)
として登録する。 To register as.

【0089】ファイルのデータは、エクステントエリアに登録され、ファイルのデータを記録する場合は、ボリュームスペースビットマップより、使用可能(00)のアロケーションブロックを探し出して、そのアロケーションブロックにデータを記録後、ボリュームスペースビットマップの対応するエントリを使用済(01)に変更する。 [0089] Data files are registered in the extent area, when recording data in the file, from the volume space bitmap, locate the allocation blocks available (00), after recording the data into that allocation block, to change the corresponding entry in the volume space bitmap spent (01). ファイルが削除された場合は、使用可能(00) If the file has been deleted, it can be used (00)
のアロケーションブロックとして、そのエントリを登録し直す。 As of the allocation block, re-register the entry. このようにして、エクステントエリアは、ボリュームスペースビットマップにより管理される。 In this way, the extent area is managed by the volume space bitmap.

【0090】図5の番号2と番号3の合計4キロバイトのマネージメントブロックには、マネージメントテーブル(Management Table(MT))が配置される。 [0090] the total of four kilobyte management blocks of No. 2 and No. 3 in FIG. 5, Management Table (Management Table (MT)) is disposed. このMTには、ボリュームマネージメントエリアの使用状態が記録される。 The MT, use state of the volume management area is recorded.

【0091】図7は、番号2と番号3の2つのマネージメントブロックにより構成されるマネージメントテーブルを模式的に表している。 [0091] Figure 7 represents schematically management table constituted by two management blocks of No. 2 and No. 3. 同図に示すように、0乃至1 As shown in the figure, 0 to 1
023の番号で示す4バイトの大きさの各エントリは、 Each entry in the size of 4 bytes indicated by numbers 023,
図5における0乃至1023の番号で示す2キロバイトのマネージメントブロックに対応している。 It corresponds to the two-kilobyte management blocks indicated by 0 to 1023 numbers in FIG. 図5に示す番号0乃至3の4個のマネージメントブロックは、予め規格により定められているもの、すなわち固定であるため、図7のマネージメントテーブル上の対応する4個のエントリには、予め定められた固定のデータが記録される(Reservedとされる)。 Four management blocks of numbers 0 to 3 shown in FIG. 5, which are determined in advance by specifications, namely a fixed, the corresponding four entries on the Management Table of FIG. 7, a predetermined fixed data are recorded (are Reserved).

【0092】図5に示すように、番号4以降のマネージメントブロックには、ディレクトリレコードブロック(Directory Records Block [0092] As shown in FIG. 5, the management block of number 4 and later, directory record block (Directory Records Block
(DRB))またはエクステントレコードブロック(E (DRB)) or extent record block (E
xtent Records Block(ERB)) xtent Records Block (ERB))
が配置されている。 There has been placed.

【0093】1つのディレクトリは、1つ以上のDRB [0093] One of the directory, one or more of the DRB
により構成され、このDRBは、図8に示すようなディレクトリレコードから構成される。 It is composed of, the DRB is constructed from the directory record shown in FIG. ディレクトリレコードは、ディレクトリ用の情報及び又はファイル用の情報とからなり、それぞれ次のような情報が記録される。 Directory record is composed of a information for information and or file directory, the following information, respectively, are recorded.

【0094】Directory(Name, Ind [0094] Directory (Name, Ind
ex to DRB, ID, Size, Dat ex to DRB, ID, Size, Dat
e, etc. e, etc. ) File (Extent Record of Fi ) File (Extent Record of Fi
le Data, Name, Index to E le Data, Name, Index to E
R(Index to ERB, Offset of R (Index to ERB, Offset of
ER), Extent Start Locati ER), Extent Start Locati
on, Number of Blocks, ID, on, Number of Blocks, ID,
Size, Date, etc. Size, Date, etc. )

【0095】Extent Record of Fi [0095] Extent Record of Fi
le Dataは、1ビットのフラグで、ファイルがエクステントレコードブロックを用いて示されているか否かを表している。 le Data is a 1-bit flag, the file represents whether shown using extents record block. Nameは、サブディレクトリやファイルの名称、IDは、その固有の番号、Sizeは、その大きさ、Dateは、その形成日付をそれぞれ表している。 Name is the name of the subdirectory or file, ID is the unique number, Size is the size, Date represents the formation date, respectively.

【0096】インデックストゥDRB(Index t [0096] index-to-DRB (Index t
o DRB)は、サブディレクトリの内容が記述されている最初のディレクトリレコードブロックDRBのボリュームマネージメントエリア内の相対的位置を、番号0 o DRB) is the relative position of the volume management area of ​​the first directory record block DRB in which the content of sub directory is described, number 0
乃至1023のいずれかの値(図5に示すマネージメントブロックの番号)により表している。 To represent the value of either 1023 (No. of the management block shown in FIG. 5).

【0097】インデックストゥER(Index to [0097] index-to-ER (Index to
ER)は、インデックストゥERB(Index t ER), the index-to-ERB (Index t
o ERB)と、オフセットオブER(Offset And o ERB), the offset of ER (Offset
ofER)からなり、インデックストゥERBは、所定のファイルのデータが記録されているアロケーションブロックを記述するエクステントレコードブロックERB Consists Ofer), index-to ERB is extent record block ERB which describes allocation block where data of a predetermined file is recorded
のボリュームマネージメントエリア内の相対的位置を、 The relative position of the volume management area of,
番号0乃至1023のいずれかの値(図5に示すマネージメントブロックの番号)により表している。 It represents the value of either numbers 0 to 1023 (No. of the management block shown in FIG. 5).

【0098】オフセットオブERは、後述するように、 [0098] offset of ER, as will be described later,
0乃至63のいずれかの番号により、図14に示すエクステントレコードブロックERBの64個のエクステントレコードのうちのいずれかを指している。 The 0 to 63 either number, points to one of 64 Extent Records of Extent Record Block ERB shown in FIG. 14.

【0099】エクステントスタートロケーション(Ex [0099] Extent start location (Ex
tent Start Location)は、エクステントエリアに記録されているファイルのスタート位置(絶対的位置)を、アロケーションブロックの番号で表している。 tent Start the Location), the start position of file recorded in the extent area (absolute position) is represented by the number of allocation blocks. ナンバオブブロック(Number of Number of blocks (Number of
Blocks)は、そのスタート位置よりスタートするファイルのアロケーションブロックの数を表している。 Blocks) represents the number of allocation blocks of file starting from its start position.

【0100】但し、上記したファイル用情報のうち、I [0100] However, among the files for the information mentioned above, I
ndex to ERは、1つのファイルが複数のEx ndex to ER is, one file multiple of Ex
tentによって構成されているとき(即ち、1つのファイルが複数の離れたアロケーションブロックによって構成されているとき)のみ記録され、Extent S When configured by the tent (i.e., when one file is constituted by a plurality of remote allocation blocks) only recorded, Extent S
tart Locationは、1つのファイルが1つのExtentによって構成されているとき(即ち、1 tart the Location, when one file is constituted by one Extent (i.e., 1
つのファイルが連続したアロケーションブロックによって構成されているとき)のみ記録される。 One of when the file is configured by consecutive allocation blocks) only is recorded.

【0101】図9乃至図12は、ディレクトリレコードブロックDRBのデータの記録を管理するためのマネージメントテーブルMTのディレクトリレコードブロックエントリ(Directory Records Bl [0102] FIGS. 9 to 12, directory record block entry of Management Table MT for managing the recording of the directory record block DRB data (Directory Records Bl
ock Entry)のフォーマットを表している。 It represents the format of ock Entry).

【0102】図9は、ディレクトリレコードブロックD [0102] FIG. 9, directory record block D
RBが単独である場合における、マネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリのフォーマットを表している。 When RB is independently, represent the format of directory record block entry of the management table. この場合、4バイトのデータのうちの最初の第31ビットに、0がセットされ、残りの第3 In this case, the first 31 bits of the 4 bytes of data, 0 is set, the third remaining
0ビットから第0ビットまでの31ビットに、IDが記録される。 0 to 31 bits from bit to the 0th bit, ID is recorded. 例えば、図5の番号4のマネージメントブロックに対応するディレクトリレコードブロックエントリは、図7に示すように、この図9のフォーマットで構成されている。 For example, the directory record block entry corresponding to the management block of No. 4 in Fig. 5, as shown in FIG. 7, is constructed in the format of FIG. 9. この実施例の場合、IDとして、0000 In this embodiment, as ID, 0000
0002が記録されている。 0002 has been recorded. このIDは、ルートディレクトリを表している。 This ID represents the root directory.

【0103】ディレクトリが複数のディレクトリレコードブロックDRBで構成される場合においては、最初のDRBに対応するマネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリが、図10に示すようなフォーマットで構成され、最後のDRBに対応するエントリが、図12に示すようなフォーマットで構成され、その間のDRBに対応するエントリは、図11に示すようなフォーマットで構成される。 [0103] In case the directory is composed of a plurality of directory record block DRB is directory record block entry of the management table corresponding to the first DRB is constituted with format as shown in FIG. 10, corresponding to the last DRB entry is configured in a format such as shown in FIG. 12, entry corresponding to the intervening DRB is constituted with format as shown in FIG. 11.

【0104】図10のエントリにおいては、最初の1バイトに、エントリのタイプを示すF0が記録され、次の1バイトに、4バイトのIDのうちのMSB側の1バイトのIDが記録される。 [0104] In the entry of FIG. 10, the first 1 byte, F0 indicating the type of entry is recorded, the next byte, 1 byte of ID of MSB side is recorded among the 4 bytes of ID . そして次の2バイトには、次のマネージメントブロックのDRBへのインデックス(I And in the next 2 bytes, index into the DRB of the next management block (I
ndex to Next DRB)が配置されている。 ndex to Next DRB) is located.

【0105】図11のエントリにおいては、最初の1バイトに、エントリのタイプを示すFEが配置され、次の1バイトは未使用とされている。 [0105] In the entry of FIG. 11, the first byte, it is FE is arranged to indicate the type of entry, the next 1 byte is unused. そして、残りの2バイトに次のマネージメントブロックのDRBへのインデックスが配置されている。 The index to DRB of the next management block to the remaining 2 bytes are arranged.

【0106】また、図12のエントリにおいては、最初の1バイトに、エントリのタイプを示すFFが配置され、残りの3バイトに、図10の2バイト目に記録した1バイトのMSBを除く、残りの3バイトのIDが記録されるようになされている。 [0106] In the entry of FIG. 12, the first 1 byte, FF indicating type of entry is located, the remaining 3 bytes, excluding the 1-byte MSB recorded at the second byte of FIG. 10, the ID of the remaining 3 bytes is adapted to be recorded.

【0107】図7の番号7、番号8及び番号10で示すエントリが、この図10、図11及び図12で示すフォーマットでそれぞれ規定されている。 [0107] No. 7 in FIG. 7, the entry indicated by the number 8 and number 10, FIG. 10, are defined respectively in the format shown in FIGS. 11 and 12. マネージメントブロック番号7に対応するエントリの最後の2バイトには0008が記録され、これは、関連するデータが記録されている次のDRBが、番号8で表されるマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBであること(従って、番号7のエントリに関連して番号8のエントリがあること)を表している。 The last two bytes of the entry corresponding to the management block No. 7 0008 is recorded, which, next DRB where related data is recorded, a directory record block DRB of the management block represented by numbers 8 lying (and thus, the connection with the entry number 7 is an entry number 8) represent. また、番号8に対応するブロックのエントリの最後の2バイトにおいては、000A(16進)が記録されており、これは番号10(16進数のAに対応する10進法による値)のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックが続いていること(従って、番号10のエントリが続いていること)を表している。 In the last two bytes of a block of the entry corresponding to the number 8, the management block 000A (hexadecimal) is recorded, (value by decimal corresponding to A of hexadecimal) This number 10 of the directory record block is followed (and thus, it is followed by entry of the number 10) it represents.

【0108】そして、番号7のエントリの2番目のバイトに00が記録されており、番号10のエントリの2番目乃至4番目のバイトに000005のIDが記録されているため、結局、この3つのエントリにより規定されるディレクトリのIDは、00000005であることが判る。 [0108] Then, and 00 in the second byte of the entry number 7 is recorded, since the ID of 000005 in the second through fourth byte entry number 10 is recorded, after all, of the three ID of the directory defined by the entry is found to be 00000005.

【0109】図13は、図7のマネージメントテーブルのERBを管理するためのエクステントレコードブロックエントリ(Extent Records Bloc [0109] Figure 13 is extent record block entry to manage the ERB management table of FIG. 7 (Extent Records Bloc
kEntry)のフォーマットを表している。 It represents the format of kEntry). このフォーマットにおいては、最初の1バイトに、エントリのタイプを示す80が配置され、残りの2バイトは未使用(Reserved)とされ、最後の1バイトには、ユーズドカウント(Used Count)が配置されている。 In this format, the first byte, 80 indicating the type of entry is located, the remaining 2 bytes are unused (Reserved), at the end of 1 byte, Used count (Japan Import] Used Count) is arranged ing. このユーズドカウントは、後述する図14のエクステントレコードブロック(Extent Recor The Used Count is extent record block of FIG. 14 to be described later (Extent Recor
ds Block)の0乃至63の番号に対応するレコードのうち、使用済みのエクステントレコードの数を表すようになされている。 ds Block) 0 to among the records corresponding to the 63 numbers, have been made to represent the number of used extent record.

【0110】図7のマネージメントテーブルにおいては、図5の番号5及び番号11で表すマネージメントブロックに対応するエントリが、それぞれ図13で示すエクステントレコードブロックエントリのフォーマットで表されている。 [0110] In the management table of FIG. 7, the entry corresponding to the management block represented by the number 5 and number 11 in FIG. 5 is represented in the format of extent record block entry shown in FIG. 13, respectively. 番号5の例の場合、その一番最後の1バイトには、04の値が記録されている。 For example number 5, the top of it last byte, the value of 04 is recorded. これは、図14 This is, as shown in FIG. 14
に示すエクステントレコードブロックの0乃至63の6 6 from 0 to 63 of Extent Record Block shown in
4個の番号で表されるエクステントレコードERのうち、使用済みのエクステントレコードの数が4(番号0,1,2,4の各エクステントレコードが使用済み) Of Extent Record ER represented by four numbers, the number of used extent records 4 (each extent record the spent numbers 0, 1, 2, 4)
であることを表している。 It indicates that it is.

【0111】図5に示したエクステントレコードブロックERBは、エクステントエリアに記録されるファイルのデータが、どのアロケーションブロックに記録されているかを記述するものであり、例えば図14に示すように構成されている。 [0111] Extent Record Block ERB shown in FIG. 5, the data of file recorded in the extent area is intended to describe or recorded in any allocation blocks, for example, is configured as shown in FIG. 14 there. 同図に示すように、2キロバイトのエクステントレコードブロックERBは、それぞれが、 As shown in the figure, extents record block ERB 2 kilobytes, respectively,
32バイトの、番号0から番号63で表される64個のエクステントレコードERにより構成される。 Of 32 bytes composed of 64 Extent Records ER represented by No. 0 No. 63.

【0112】各エクステントレコードERは、最初の1 [0112] Each extent record ER is, first of 1
バイトに、そのエクステントレコードがインデックスであることを示すFFFFが記録された4バイトのデータと、図15に示すエクステントレコードインデックス(Extent RecordIndex)が7個集められて構成されるか、あるいはまた、図16に示す4バイトのエクステントディスクリプタ(Extent D Byte, and 4 bytes of data FFFF is recorded indicating that the extent record is indexed, or extent record index is shown in FIG. 15 (Extent RecordIndex) is constituted seven collected and, alternatively, Fig. 4 bytes of extent descriptor shown in 16 (extent D
escriptor)が8個集められて構成されている。 escriptor) is composed of eight collected and.

【0113】図15に示すように、エクステントレコードインデックスの最初の2バイトには、ロジカルオフセット(Logical Offset)が配置され、次の10ビットには、インデックストゥERB(Inde [0113] As shown in FIG. 15, the first two bytes of the Extent Record Index, Logical Offset (Logical Offset) is arranged, the following 10-bit index to-ERB (Inde
x to ERB)が配置され、最後の6ビットには、 x to ERB) is arranged, at the end of the 6-bit,
オフセットオブER(Offset of ER)が配置されている。 Offset of ER (Offset of ER) is located.

【0114】エクステントエリアにおいては、アロケーションブロックを割当の最小単位としてデータが記録される。 [0114] In the extent area, data are recorded allocation blocks as the smallest unit of allocation. ロジカルオフセットは、エクステントレコードインデックスによって示されるデータが、ファイル中で先頭からどの位のところに位置しているかを(ファイル内における相対的位置を)、そのファイル内におけるアロケーションブロックの相対的番号によって表している。 Logical offset is data indicated by Extent Record Index is, (the relative position in the file) or a located at the how much from the top in the file represents the relative number of allocation block within that file ing.

【0115】また、インデックストゥERBは、10ビットの構成とされ、エクステントレコードブロックER [0115] Also, the index toe ERB is a 10-bit configuration, the extent record block ER
Bのボリュームマネージメントエリア内の相対的位置を、番号0乃至1023のいずれかの値(図5に示すマネージメントブロックの番号)により表すようになされている。 The relative position of the volume management area of ​​B, and adapted to represent the value of either numbers 0 to 1023 (No. of the management block shown in FIG. 5).

【0116】さらに、オフセットオブERは、6ビットにより構成され、0乃至63のいずれかの番号により、 [0116] Further, the offset of ER is constituted by 6 bits, by any number of 0 to 63,
図14に示すエクステントレコードブロックの64個のエクステントレコードのうちのいずれかを指している。 It refers to any of the 64 extent record of the extent record block of FIG. 14.

【0117】図16に示すように、エクステントディスクリプタのうち、最初の2バイトには、エクステントスタートロケーション(Extent Start Lo [0117] As shown in FIG. 16, of the extent descriptors, the first two bytes, Extent start Location (Extent Start Lo
cation)が配置され、残りの2バイトには、ナンバオブブロック(Number of Blocks) cation) is arranged, in the remaining 2 bytes, number of blocks (Number of Blocks)
が配置されている。 There has been placed. このエクステントスタートロケーションは、エクステントエリアに記録されているファイルのスタート位置(絶対的位置)を、アロケーションブロックの番号で表している。 The Extent start Location, the start position of file recorded in the extent area (absolute position) is represented by the number of allocation blocks. また、ナンバオブブロックは、そのスタート位置よりスタートするファイルのアロケーションブロックの数を表している。 In addition, the number of blocks, which represents the number of allocation blocks of the file you want to start from the start position.

【0118】図14において、番号1で表される32バイトのエクステントレコードERは、エクステントレコードインデックスを表している。 [0118] In FIG. 14, Extent Record ER of 32 bytes indicated by No. 1 represents the extent record index. 最初の4バイトのうちの先頭の2バイトには、FFFFが記録されている。 The first two bytes of the first 4 bytes, FFFF is recorded. そして、この実施例の場合、次の4バイトには、最初の2 In the case of this embodiment, the following 4 bytes, the first two
バイトにロジカルオフセットとして、0000が配置され、インデックストゥERBとして5が、また、オフセットオブERとして2が、それぞれ記憶されている。 As logical offset bytes, 0000 is arranged, it is 5 as the index toe ERB, also 2 as an offset of ER, are respectively stored.

【0119】インデックストゥERBが5であるということは、その(図14に示す)エクステントレコードブロックERBのマネージメントブロックの番号が5であることを示している。 [0119] fact that the index toe ERB is 5 indicates that the (14) number of management blocks of the extent record block ERB is 5.

【0120】オフセットオブERが2であるということは、図14において、番号2で表されるエクステントレコードERが存在することを示している。 [0120] fact that the offset of ER is 2, 14, it shows that the presence of Extent Record ER represented by No. 2. そして、そのロジカルオフセットは、0000であるが、これは、番号2で表されるエクステントレコードに表されている、 Then, the logical offset is the 0000, which is represented in the extent record represented by number 2,
そのファイル内におけるファイルの最初のアロケーションブロックの番号(相対的番号)は、0000である(即ち、そのファイルを構成する一番最初のアロケーションブロックである)ことを表している。 Number of the first allocation block of file within that file (relative numbers) represents that the 0000 (i.e., a very first allocation block constituting that file). そして、番号2のエクステントレコードERには、例えば、その先頭(図中、左側)に、データトラック上の絶対的な位置(エクステントスタートロケーション)で15番目のアロケーションブロックに、1個(ナンバオブブロック) Then, in the Extent Record ER of No. 2, for example, (left side in the figure) that the top, the 15-th allocation block in absolute position on the data track (Extent Start Location), 1 (number of blocks )
のアロケーションブロックが存在することが示されている。 It has been shown that the allocation block exists.

【0121】番号1で表される32バイトのエクステントレコードERのさらに次の4バイトには、オフセットオブERが4であることが示されている。 [0121] In the further next 4 bytes of Extent Record ER of 32 bytes indicated by No. 1, it is shown that the offset of ER is 4. これは、番号0乃至63で表されるエクステントレコードのうち、番号4のエクステントレコードにデータが存在することを示している。 This, of extent records represented by numbers 0 to 63, it indicates that the data exists in the extent record number 4. そして、この実施例の場合、そのロジカルオフセットは000B(10進数で11)とされている。 In the case of this example, the logical offset is the 000B (10 in decimal 11). 即ち、この図14の実施例においては、番号2で表されるエクステントレコードERのアロケーションブロック数の合計が、後述するように、11(=1+1+2 That is, in the embodiment of FIG. 14, the total number of allocation blocks of Extent Record ER represented by No. 2, as will be described later, 11 (= 1 + 1 + 2
+1+1+1+3+1)となる。 + 1 + 1 + 1 + 3 + 1) and a. このため、番号4で表されるエクステントレコードERに記録されている光磁気ディスク804上の絶対的位置としてのエクステントスタートロケーションが053Cである位置には、第1 Therefore, the position Extent start location is 053C as an absolute position on the optical disk 804 recorded in the Extent Record ER represented by No. 4, the first
2個目(相対的アロケーションブロック番号11)から始まるファイルが存在する。 File exists starting from 2 th (relative allocation block No. 11).

【0122】尚、図14に示すように、この実施例では、1つのエクステントレコードERは、最高で7つのエクステントレコードインデックスしか含むことができないため、7つのエクステントレコードERしか指示することができないが、エクステントレコードERがそれ以上増えた場合においては、さらに他のエクステントレコードインデックスが生成され、複数のエクステントレコードインデックスをまとめるインデックスがさらに生成される。 [0122] Incidentally, as shown in FIG. 14, in this example, one extent record ER, it is not possible to up to contain only seven Extent Records Index, but can only instruct seven Extent Record ER , extent record ER is in the case of increased more, is further generated other extent record index, index to combine a plurality of extent record index is further generated.

【0123】ボリュームマネージメントエリアのマネージメントブロックを使用するには、マネージメントテーブルより未使用のマネージメントブロック(00000 [0123] To use the management block of the volume management area is, of unused than management table management block (00000
000のマネージメントエントリ)を探し出し、使用状況に対応して、図9乃至図13に示すフォーマットのデータを、そのエントリに登録する。 Locate the management entry) of 000, corresponding to the usage data in the format shown in FIGS. 9 to 13, it is registered in the entry. 所定のマネージメントブロックが不要になった場合は、そのエントリに、0 When the predetermined management block becomes unnecessary, in the entry, 0
0000000を登録する。 To register 0000000. このようにして、ボリュームマネージメントエリアは、マネージメントテーブルによって管理される。 In this manner, the volume management area is managed by the management table.

【0124】図17は、エクステントレコードブロックERBに記録されているインデックスとエクステントレコードERの関係を模式的に表している。 [0124] Figure 17 shows the relationship between index and Extent Record ER recorded in the Extent Record Block ERB schematically. 同図に示すように、所定のディレクトリレコードブロックDRB(図5)のファイル用のディレクトリレコード(図8)から、Index to ERにより、エクステントレコードインデックスを含む所定のエクステントレコードブロックERBのエクステントレコードER(図14)が指定される。 As shown in the figure, from directory record for file of a predetermined Directory Record Block DRB (Fig. 5) (Fig. 8), Index-to the ER, the predetermined including Extent Record Index extent record block ERB extent record ER ( Figure 14) is specified. そして、指定したエクステントレコードには、最大7個のエクステントレコードインデックスが記録されている。 Then, the specified extent record, up to seven extent record index is recorded.

【0125】そして、各インデックスで指定されるエクステントレコードERには、最大8個のエクステントのスタート位置(エクステントスタートロケーション) [0125] and, to the extent record ER, which is specified in each index, up to eight of the Extent start position of the (extent start location)
と、そのエクステントを構成するアロケーションブロックの数(ナンバオブブロック)の情報でなるエクステントディスクリプタが記録されている。 If, extent descriptors becomes the information of the number of allocation blocks (number of blocks) constituting the extents is recorded. 尚、上述の例では、エクステントディスクリプタを含むERの番号を、 In the above example, the number of ER containing Extent Descriptor,
エクステントレコードインデックスを介して示すようにしているが、1つのファイルを構成するExtentが8個以内の場合、Index to ERにより直接エクステントディスクリプタを含むERを示すことができる。 Although as shown through the extent record index, if it is within Extent eight constituting one file may indicate ER direct including Extent Descriptor by Index-to ER.

【0126】図14と図17に示すように、アロケーションブロック番号0015,0017,023A,00 [0126] As shown in FIGS. 14 and 17, the allocation block number 0015,0017,023A, 00
16,03A2,03B2,04AA,04CDの各位置から、1(相対ブロック番号0000),1(000 16,03A2,03B2,04AA, from the position of 04CD, 1 (relative block number 0000), 1 (000
1),2(0002,0003),1(0004),1 1), 2 (0002,0003), 1 (0004), 1
(0005),1(0006),3(0007,000 (0005), 1 (0006), 3 (0007,000
8,0009)及び1個(000A)、すなわち合計1 8,0009) and one (000A), i.e. a total of 1
1個のアロケーションブロックにより、1つのファイルの一部分が構成されていることが、番号2のエクステントレコードERに記述されている。 By one allocation block, that portion of one file is constituted, are described in Extent Record ER of No. 2. さらに、これに続くファイルの残りの部分が、アロケーションブロック番号053Cから4個(相対ブロック番号000B,000 Further, the remaining portion of the file subsequent thereto, four from the allocation block number 053C (relative block number 000B, 000
C,000D,000E)のアロケーションブロックにより構成されていることが、番号4のエクステントレコードERに記述されている。 C, 000D, that is constituted by allocation block 000E), it is described in Extent Record ER of No. 4. 即ち、この例の場合、1つのファイルが合計15個のアロケーションブロックにより構成されている。 That is, in this example, one file is constituted by the total of 15 allocation blocks.

【0127】次に、図18乃至図20のフローチャートを参照して、所定のファイル内の所定のデータを検索する動作について説明する。 [0127] Next, with reference to the flowchart of FIGS. 18 to 20, the operation will be described searching a predetermined data within a given file. 尚、ボリュームマネージメントエリアのデータは、光磁気ディスク804が装填されたときに読み出され、既にRAM18にバッファリングされているものとする。 The data of the volume management area is read out when the magneto-optical disc 804 is loaded, it is assumed that already buffered in RAM 18.

【0128】最初にステップS1において、複数のサブディレクトリ名よりなるルートディレクトリからの階層ディレクトリパス、ファイル名、およびファイル中の検索すべきデータのバイトオフセット(Byte Off [0128] First, at step S1, hierarchical directory path from the root directory consisting of plural sub directory names, file names, and to be searched data byte offset in the file (Byte Off
set)を、入力装置10を介してメインCPU14に入力する。 The The set), and inputs to the main CPU14 through the input device 10. 次にステップS2に進み、メインCPU14 Next, the process proceeds to step S2, the main CPU14
は、RAM18に記憶されているボリュームマネージメントエリアのボリュームディスクリプタVD(図5)へアクセスし、ルートディレクトリのディレクトリレコードブロックDRBのアドレスを得る。 Accesses the volume descriptor VD of the volume management area stored in the RAM 18 (FIG. 5) to obtain the address of the directory record block DRB in the root directory. 即ち、図5における4乃至1023の番号で表されるマネージメントブロックのうち、ルートディレクトリが記録されているディレクトリレコードブロックDRBの番号が求められる。 That is, of the management blocks, represented by numbers of 4 to 1023 in FIG. 5, the directory record block DRB numbers root directory is recorded is determined.

【0129】次にステップS3に進み、メインCPU1 [0129] then proceeds to step S3, the main CPU1
4は、RAM18に記憶されたボリュームマネージメントエリア内のステップS2で求めた番号のマネージメントブロック(ディレクトリレコードブロックDRB)へアクセスする。 4, access to the management block number determined in step S2 of the volume management area stored in the RAM 18 (the directory record block DRB). そして、そのディレクトリレコードブロックDRBに記録されているサブディレクトリを、その名称で探索する。 Then, the sub-directory that is recorded in the directory record block DRB, to explore in its name. 次にステップS4において、メインC In step S4, the main C
PU14は、ステップS1で入力されたディレクトリのうち、ステップS1で入力された階層ディレクトリパスの一番最後のディレクトリまで到達したか否かを判定し、まだ一番最後のディレクトリに到達していなければ、ステップS5に進み、メインCPU14は、現在のディレクトリレコードブロックDRBから、次のディレクトリレコードブロックDRBの位置を求める。 PU14, among the directories inputted at step S1, it is determined whether or not reached the last directory of the hierarchical directory pass inputted at the step S1, if not reached yet the last directory , the process proceeds to step S5, main CPU14 is the current directory record block DRB, determine the position of the next directory record block DRB. そして、ステップS3に戻り、ステップS5で求めた位置のDRBへアクセスが行われる。 Then, the process returns to step S3, the access is made to the DRB position obtained in step S5.

【0130】以上のステップS3乃至S5の処理を繰り返し実行することにより、一番最後のディレクトリに到達したと、ステップS4において判定されたとき、次にステップS6に進み、メインCPU14は、そのディレクトリレコードブロックDRB内においてファイルの名称から、ファイルのディレクトリレコードを求める。 [0130] By repeating the processing of steps S3 to S5, and have reached the last directory, if it is determined in step S4, then the process proceeds to step S6, main CPU14, the directory record from the name of the file in the block DRB, determine the directory record of the file. 即ち、指定したファイルのエントリを求める。 In other words, seek the entry of the specified file.

【0131】次にステップS7に進み、メインCPU1 [0131] then proceeds to step S7, the main CPU1
4は、指定したファイルは、エクステントレコードブロックERBを有するか否かを、ファイル用のディレクトリレコードのExtent Record of Fi 4, specified file, whether or not having an extent record block ERB, directory record for the file Extent Record of Fi
le Dataから判定する。 Judges from le Data. 指定したファイルがエクステントレコードブロックERBを有する場合、ステップS9に進み、メインCPU14は、ステップS6で求めたファイルのディレクトリレコードに含まれるInd If the specified file has Extent Record Block ERB, the process proceeds to step S9, main CPU14 is included in the directory record of the file determined at the step S6 Ind
ex to ER(Index to ERB,Off ex to ER (Index to ERB, Off
set of ER)からエクステントレコードERの位置を求める。 Determining the position of the extent record ER from the set of ER). そしてステップS10に進み、メインC Then, the process proceeds to step S10, the main C
PU14は、RAM18に記憶されたボリュームマネージメントエリア内のステップS9で求めたエクステントレコードERへアクセスする。 PU14 accesses to Extent Record ER determined at the step S9 in the volume management area stored in the RAM 18.

【0132】ここで、メインCPU14は、得られたエクステントレコードERの内容から、それが、エクステントレコードインデックスであるか、エクステントディスクリプタであるのかを判定し、エクステントレコードインデックスの場合は、ステップS11へ進み、エクステントディスクリプタの場合は、ステップS13へ進む。 [0132] Here, the main CPU14 from the content of the obtained Extent Record ER, it either is extent record index, to determine whether an extent descriptor, if the extent record index, the process proceeds to step S11 , when extents descriptor, the process proceeds to step S13.

【0133】ステップS11において、メインCPU1 [0133] In the step S11, the main CPU1
4は、ステップS10でアクセスしたエクステントレコードERから、ステップS1で指定されたバイトオフセットのデータを含むロジカルオフセットを有するエクステントレコードインデックスを、次のようにして求める。 4, from the Extent Record ER accessed at the step S10, an extent record index having a logical offset containing the data specified byte offset in step S1, determined as follows.

【0134】最初にステップS1で指定されたバイトオフセットを、ファイルが記録されているエクステントエリアの割当単位としての1アロケーションブロックのバイト数(この実施例の場合、8キロバイト)で割算し、 [0134] The first byte offset specified in step S1, the number of bytes of 1 allocation block as allocation unit of the extent area in which file is recorded (in this example eight kilobytes) divided by,
得られた商の整数をXとする。 An integer of the resulting quotient and X. そして、この得られた値X以下であり、かつ、最大のロジカルオフセット(図1 Then, not more than the value obtained X, and the maximum logical offset (FIG. 1
5)を有するエクステントレコードインデックスを求める。 5) determine the extent record index with.

【0135】このステップS11の処理により、図17 [0135] By the process of step S11, FIG. 17
に示したインデックス(エクステントレコードインデックス)が求められたことになる。 Index (Extent Record Index) is that it has been determined that illustrated in.

【0136】次にステップS12に進み、メインCPU [0136] then proceeds to step S12, the main CPU
14は、ステップS11で求めたエクステントレコードインデックス内のIndex to ERBとOffs 14, Index-to ERB and Offs in the extent record index calculated in step S11
etof ERを用いて(図15)、所望のエクステントレコードERの位置を求める。 Using etof ER (Fig. 15), determining the position of a desired Extent Record ER. 即ち、図14に示す0 That is, 0 shown in FIG. 14
乃至63の番号のうちの所定の番号のエクステントレコードERの位置を求める。 To determine the position of the Extent Record ER of a predetermined number among the 63 numbers. これにより、図17に示すエクステントレコードERのいずれか1つが求められたことになる。 Thus, any one of Extent Record ER of FIG. 17 will be obtained.

【0137】次にステップS13に進み、ステップS1 [0137] then proceeds to step S13, step S1
2又はステップS10で求めたエクステントレコード内の最初のエクステントディスクリプタ(図16)から順に、次の条件を満たす最初に近いエクステントディスクリプタを求める。 From the first extent descriptor in the extent record obtained in 2 or step S10 (FIG. 16) in order to obtain the following condition is satisfied first close extent descriptor. 即ち、ステップS1で指定されたバイトオフセットを、1アロケーションブロックのバイト数でモジュロ加算した値、即ち、バイトオフセットを1アロケーションブロックのバイト数で割算した結果得られた余りを求める。 In other words, the byte offset specified in step S1, the value was modulo addition by the number of bytes of 1 allocation block, i.e., obtaining a remainder obtained as a result of dividing the byte offset in bytes of 1 allocation block. さらにまた、そのエクステントレコードERにおけるブロック数(ナンバオブブロック)を順次累積し、その累積した数に、1アロケーションブロックのバイト数を乗算した値を求める。 Furthermore, the number of blocks in the Extent Record ER (number of blocks) are sequentially accumulated, the number you the accumulated obtains a value obtained by multiplying the number of bytes of 1 allocation block. そして、この乗算した値より、上述した余りが小さいという条件を満たすエクステントディスクリプタを求める。 Then, from the multiplication value, obtaining a satisfying extent descriptor that remainder described above is small.

【0138】即ち、図17の例においては、例えば番号4で表されるエクステントレコードERが、ステップS [0138] That is, in the example of FIG. 17, for example, Extent Record ER is expressed by the number 4, step S
12において求められる。 Required in 12. そしてステップS13において、例えば番号4のエクステントレコードERの最初のエクステントディスクリプタが、上記した条件を満足するものとして求められる。 In step S13, for example, first extent descriptor extent record ER of No. 4 is obtained as satisfying the above-mentioned conditions. 即ち、ステップS13の処理は、8個のエクステントディスクリプタのうち、いずれのエクステントディスクリプタにより指定されるエクステント中に、所望のバイトオフセットが存在するのかを判定するのである。 That is, the processing of step S13, the eight Extent Descriptors, in extent specified by any extent descriptor is to determine whether there is a desired byte offset.

【0139】次にステップS14に進み、メインCPU [0139] then proceeds to step S14, the main CPU
14は、ステップS13で求めたエクステントディスクリプタと上記余りから、どのアロケーションブロックに所望のバイトオフセットで指定されるデータがあるのかを求める。 14, the extent descriptors and the remainder obtained in step S13, obtains whether the data is located in a specified by a desired byte offset to which allocation block.

【0140】さらにステップS15に進み、メインCP [0140] Furthermore, the process proceeds to step S15, the main CP
U14は、光磁気記録再生装置8に対して、ステップS U14 is magneto-optical recording and reproducing apparatus 8, the step S
14で求めたアロケーションブロックに対応するディスク上の位置にアクセスを行うように指示する。 It instructs to perform access position on the disk corresponding to the allocation block determined at 14.

【0141】尚、ステップS7において、検索対象とされているファイルが、エクステントレコードブロックE [0141] Incidentally, in step S7, the file being searched, the extent record block E
RBを有しないと判定された場合、メインCPU14 If it is determined that does not have a RB, the main CPU14
は、ステップS8に進み、ステップS6で求めたファイルのディレクトリレコードのエクステントスタートロケーションと、ステップS1で入力されたバイトオフセットから、そのバイトオフセットを含むロジカルオフセット、すなわち、そのバイトオフセットを含むアロケーションブロックの番号を求める。 Proceeds to step S8, and the Extent start location of the directory record of the file obtained in step S6, the byte offset input in step S1, Logical Offset including that Byte Offset, i.e., the allocation block including the byte offset determine the number. そして、ステップS15 Then, step S15
に進み、メインCPU14は、光磁気記録再生装置8に対して、そのアロケーションブロックに対応するディスク上の位置にアクセスするように指示する。 Proceeds to the main CPU14, to the magneto-optical recording and reproducing apparatus 8, an instruction to access a location on the disk corresponding to the allocation block. 尚、上記の実施例では、ボリュームマネージメントエリアのデータを予めRAM18にバッファリングし、このRAM18 In the above embodiment, buffering advance in RAM18 data volume management area, this RAM18
のデータに対してアクセスし、ディレクトリの検索を行うようにしたが、各ステップにおいて、その都度、光磁気ディスク804にアクセスし、ディレクトリの検索を行うようにしてもよい。 Accesses the data, but to perform a search of a directory, at each step, each time to access the optical disk 804, may be to search for the directory.

【0142】図21は、以上のようにしてファイルを検索する場合の処理を模式的に表している。 [0142] Figure 21 shows the processing when searching for files as described above schematically. 同図に示すように、最初にIDが2であるルートディレクトリが、ボリュームディスクリプタVD(図5)の記述から求められる。 As shown in the figure, the root directory first ID is 2 is determined from the description of the volume descriptor VD (Fig. 5). このルートディレクトリは、この例の場合、図5 The root directory, in this example, FIG. 5
における0乃至1023の番号のうち、番号4で表されるマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに記録されている。 Of 0 to 1023 number in are recorded in the directory record block DRB of the management block shown by number 4. この番号4のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBには、2つのディレクトリ用のディレクトリレコードが記録されており、番号6と番号7のマネージメントブロックに、サブディレクトリが記録されているディレクトリレコードブロックDRBが存在することが、各々のディレクトリレコード中のIndex to DRB(図8)により記述されている。 The directory record block DRB of the management block of No. 4, the two are directory record is recorded in the directory, the management block of No. 6 and No. 7, the directory record block DRB in which the sub-directory is recorded exists it is described by Index-to DRB in each directory record (Fig. 8) that.

【0143】番号6のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBには、IDが3である名称Sysのサブディレクトリが記録されている。 [0143] The directory record block DRB of the management block of number 6, ID is recorded sub-directory names Sys is 3. 番号7 Number 7
のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBには、IDが5の名称WORKのサブディレクトリが記録されている。 Management in the directory record block DRB blocks of, ID sub-directory of 5 of the name WORK has been recorded.

【0144】さらにまた、この番号4のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBには、 [0144] In addition, the directory record block DRB of the management block of the number 4,
IDが4の名称Readmeのファイルの管理情報(ファイル用のディレクトリレコード)も記録されている。 ID is also recorded management information of the file of 4 of name Readme (directory record for the file).
従って、ファイルReadmeには、ルートディレクトリから直ちにアクセスすることが可能となる。 Therefore, the file Readme, it is possible to immediately access from the root directory.

【0145】このように、ファイルを構成するExte [0145] Exte be configured in this manner, the file
ntが1つ、即ち、1つのファイルが連続したアロケーションブロックで構成されている場合においては、エクステントレコードERを介さずに、ディレクトリレコードブロックDRBから直ちにアクセスが可能となっている。 nt is one, that is, in the case where one file consists of continuous allocation blocks, without using the extent record ER, which immediately becomes accessible from the directory record block DRB.

【0146】これに対して、IDが12である名称De [0146] On the other hand, name ID is 12 De
viceのファイルは、複数のExtent、即ち、離れた位置にある複数のアロケーションブロックにより構成されるため、番号6のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBから、Index t vice file is a plurality of Extent, namely, because it is composed of a plurality of allocation blocks located away from the directory record block DRB of the management block of No. 6, Index t
o ER(図8)を介して探索されることになる。 o ER it will be searched through (Fig. 8).

【0147】また、この実施例においては、WORKの名称のディレクトリは、番号7のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBだけでなく、 [0147] In addition, in this embodiment, directory of WORK of the name, not only the directory record block DRB of the management block of No. 7,
番号8と番号10のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに、順次、その記述が行われている。 In the directory record block DRB of the management block of No. 8 and No. 10, sequentially, the description has been performed. そして、番号8のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBのIndex t And, of directory record block DRB of the management block of No. 8 Index t
o DRB(図8)には、さらに番号12のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBが記述されており、この番号12のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに、IDが2 o The DRB (Fig. 8), is further described directory record block DRB of the management block of No. 12, the directory record block DRB of the management block of No. 12, ID 2
1であるファイルM930908のファイル管理情報(図8のファイル用のディレクトリレコード)が記述されている。 File management information 1 and is file M930908 (directory record for file of Fig. 8) is described.

【0148】このように、ファイルM930908のファイル管理情報は、番号12のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに記述されており、この番号12のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBの管理情報は、番号8のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに記述されており、この番号8のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBと、番号7のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBからなるディレクトリの管理情報は、番号4のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックDRBに記述されており、さらに、番号7と番号8のマネージメントブロックのリンク情報が、マネージメントテーブル [0148] In this way, the file management information of the file M930908, are described in the directory record block DRB of the management block of No. 12, management information of the directory record block DRB of the management block of the number 12, the number 8 are described in the directory record block DRB of the management block, and the directory record block DRB of the management block of No. 8, management information of directory consisting of the directory record block DRB of the management block of No. 7, the management block of No. 4 It is described in the directory record block DRB, further, the link information of the management block of No. 7 and No. 8, management table Tに記述されている。 It is described in T. 従って、ファイルM930908の位置情報は、番号4,7,8,1 Therefore, the position information of the file M930908 is, number 4,7,8,1
2のマネージメントブロックの各ディレクトリレコードブロックDRBを介して得ることができる。 It can be obtained via the directory record block DRB in second management block.

【0149】以上のように、ボリュームディスクリプタVDがルートディレクトリを構成する先頭のDRBのマネージメントブロック番号を記述している。 [0149] As described above, the volume descriptor VD is describing the DRB of the management block number of the head that make up the root directory. そして、そのマネージメントブロック番号のDRBにおけるディレクトリの親ディレクトリ中に記録されたディレクトリレコードに、そのディレクトリの内容を構成する先頭のD Then, the recorded directory record in the parent directory of the directory in the DRB of the management block number, D of the top which constitutes the contents of the directory
RBのマネージメントブロック番号が記述されている。 RB of the management block number is written.

【0150】また、ディレクトリが複数のDRBよりなる場合には、先頭と中間のDRBのマネージメントテーブルのエントリに、次の部分を構成するディレクトリレコードブロックを示すリンク情報(Index to [0150] When the directory is composed of a plurality of the DRB, the beginning and the entry of the intermediate DRB of the management table, the link shows the directory record blocks constituting the next partial information (Index-to
next DRB)(図10、図11)を記述する。 next DRB) (FIG. 10 describes the Figure 11).

【0151】このように、ボリューム全体を管理しているボリュームディスクリプタVD(図5)により、ルートディレクトリのボリュームマネージメントエリア内の位置が記述され、ルートディレクトリ(親ディレクトリ)に、サブディレクトリのボリュームマネージメントエリア内の位置が記述される。 [0151] By this way, the volume descriptor VD that manages the entire volume (Fig. 5), the position of the volume management area of ​​the root directory is described, the root directory (parent directory), volume management area of ​​the subdirectories position of the inner is described. このような記述が順次繰り返されて、階層ディレクトリ構造を構築している。 Such description is repeated sequentially, are building a hierarchical directory structure.

【0152】例えば、ボリュームディスクリプタVD [0152] For example, volume descriptor VD
は、ルートディレクトリの先頭のDRBが、図5のマネージメントブロック4であることを示し、そのルートディレクトリは、1つのディレクトリレコードブロックD Indicates that DRB beginning of the root directory, a management block 4 of Figure 5, the root directory, a directory record block D
RBよりなることが判る(図7)。 It is found to consist of RB (Fig. 7). ルートディレクトリ中のいくつかのディレクトリレコードのIndex t Some of the directory record Index t of in the root directory
o DRB(図8)がサブディレクトリの位置を記述し、その先頭のディレクトリレコードが番号6のマネージメントブロックをサブディレクトリの記録位置としている。 o DRB (Fig. 8) describes the position of the sub directory, and the recording position of the head of the directory record number 6 Management block subdirectories. そのサブディレクトリも、1つのDRBより構成されることが判る(図7)。 Also its subdirectories, seen to be composed of one DRB (Fig. 7).

【0153】また、このルートディレクトリ中の別のディレクトリレコードのIndexto DRB(図8) [0153] In addition, Indexto DRB of another directory record in the root directory (Figure 8)
がサブディレクトリの位置を記述し、その先頭のディレクトリレコードが番号7のマネージメントブロックであることを示す。 There describes a location of the sub-directories, indicating that the head of the directory record is management block of No. 7. 番号7のマネージメントブロックのエントリ(図7)は、先頭のディレクトリレコードブロックであり、このエントリのリンク情報は0008、つまり、番号8のマネージメントブロックを示している。 Management block of the entry number 7 (Fig. 7) is a head of the directory record block, the link information of this entry 0008, that is, an management block of No. 8.

【0154】さらに、この番号8のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックは中間のブロックであることが判り、このエントリのリンク情報は、00 [0154] In addition, it found to directory record block of the management block of the number 8 is the middle of the block, the link information of this entry, 00
0A(16進数)で、番号10のマネージメントブロックを示している。 In 0A (16 decimal), it indicates the management block of No. 10. そして、この番号10のマネージメントブロックのディレクトリレコードブロックは、最後のディレクトリレコードブロックであることが判る(図7)。 The directory record block of the management block of No. 10, it can be seen that the last directory record block (Fig. 7).

【0155】この2つのサブディレクトリは、図21のサブディレクトリ名SysおよびWORKに各々相当する。 [0155] The two sub-directories corresponds each subdirectory names Sys and WORK of Fig. 21.

【0156】これらのディレクトリレコードブロックD [0156] These directory record block D
RBとエクステントレコードブロックERBは、上述したように、連続する32クラスタで構成されるボリュームマネージメントエリアの範囲内にまとめて記録される。 RB and extent record block ERB, as described above, is recorded together within the volume management area consists of successive 32 clusters. 即ち、エクステントエリアには記録されない。 That is, not recorded in the extent area. 従って、迅速に、ディレクトリ管理情報とファイル管理情報を得ることができる。 Therefore, it is possible to quickly obtain directory management information and file management information.

【0157】また、ファイルが、エクステントエリアのどのアロケーションブロックにより構成されているかを、エクステントディスクリプタ(図16)として、ボリュームマネージメントエリアのエクステントレコードブロックERBに記録するようにしたので、これを、ディレクトリ情報とともに、バッファリングすることができ、ファイルデータの高速読み出しが可能となる。 [0157] In addition, files, or is constituted by any allocation block of the extent area, as an extent descriptor (FIG. 16), since to record the extent record block ERB volume management area, this directory information together, it can be buffered, it is possible to high-speed reading of file data.

【0158】従って、この実施例においては、次のような効果を奏することができる。 [0158] Thus, in this embodiment, it is possible to obtain the following effects.

【0159】(1)階層ディレクトリの検索の高速化 階層ディレクトリ情報を、集中した領域(ボリュームマネージメントエリア)に記録しており、また、その構造が簡単なため、ディレクトリ検索時に起こる光磁気装置のヘッドのシークの移動距離およびシークの回数を低減し、高速にディレクトリを検索することができる。 [0159] (1) faster hierarchical directory information of the search for hierarchical directory, are recorded in a concentrated area (volume management area), and since its structure is simple, the head of the magneto-optical device that occurs during directory search it can be a reduced number of moving distance and a seek seek, search the directory at a high speed. 従って、例えば、頻繁に交換が行われる記録媒体のディレクトリ情報を、記録媒体の交換時に、メモリ中にバッファリングしない構成とした場合のディレクトリの検索に有効である。 Thus, for example, frequently the directory information of the recording medium is exchanged, when replacing the recording medium, it is effective to search the directory in the case where the structure is not buffered in the memory. また、一般的に記録再生装置のシーク時間の遅い記録媒体において、特に有効である。 Further, the slow recording medium seek time generally recording and reproducing apparatus is particularly effective.

【0160】(2)ディレクトリ情報の効率のよい管理 ファイルのデータが、分散したアロケーションブロックに記録されることによるファイル読出し、書込み速度の低下を防ぐために、アロケーションブロックを大きくし(例えば64キロバイトにし)(但し、記録媒体の容量の利用効率は低下するので、一般的にファイルのサイズが大きい場合に有効)、かつ、ディレクトリが殆ど1セクタ(2キロバイト)くらいしか利用しない場合でも、 [0160] (2) Data for efficient management file directory information is distributed allocation file reading by being recorded in the block, in order to prevent a decrease in write speed (to eg, 64 kilobytes) increase the allocation block (However, since the utilization efficiency of capacity of the recording medium is reduced, typically effective when the size of the file is large), and, even if the directory does not only use about most one sector (2 kilobytes),
ファイルの管理単位(アロケーションブロック)と、ディレクトリ等のボリューム情報(ボリュームマネージメントエリア)の管理単位とを独立としたので、ディレクトリなどのボリューム管理情報は、比較的小さな領域に記録することができる。 And management units of the file (allocation block), since the management unit of volume information in the directory, such as (volume management area) were independent, the volume management information such as directory may be recorded in a relatively small area.

【0161】(3)MDなど記録の最小書込み単位が大きい場合における高速な書込み MDでは、記録時の最小書込み単位(クラスタ)が、6 [0161] (3) In the high-speed writing MD in the case where the minimum write unit of the MD such as a recording is large, the smallest writing unit at the time of recording (cluster) is, 6
4キロバイトと、ハードディスクなどが512バイトなのに比べると、かなり大きくなる。 4 and kilobytes, and a hard disk or the like compared to 512 bytes, is much larger. このため、通常は、 For this reason, usually,
メモリに1クラスタ分のバッファを用意し、そのバッファ分のデータを一度に書き込むことになる。 Providing a buffer of one cluster in the memory, it will be writing the data of the buffer at a time. 従って、1 Therefore, 1
クラスタの1部分のデータのみの書き換えの場合でも、 Even in the case of rewriting the only data of 1 part of the cluster,
一旦、1クラスタ分のデータをバッファに読み込んだ後、バッファ中のデータの一部の更新を行い、さらにその後、バッファ中のデータの書込みを行う必要がある。 Once, after reading the data of one cluster in the buffer, performs part of the update of the data in the buffer, Thereafter, it is necessary to carry out the writing of data in the buffer.
この場合、MDでは読込みに約0.5秒、書込みに約0.5秒以上かかるので、クラスタの書込みには、1秒以上の時間をとることになる。 In this case, about 0.5 seconds to read the MD, it takes about 0.5 seconds or more to write, to write the cluster will take longer than a second time. もし、ディレクトリの管理情報が、複数の離れたクラスタに分散して記録されているとすると、ディレクトリの更新時には、1クラスタ分の読込みと書込みが複数回必要となり、非常に時間がかかることになる。 If the management information of the directory, and to have been recorded in a distributed cluster away more of, at the time of updating the directory, one cluster of reading and writing is required multiple times, it takes a very long time .

【0162】しかしながら、本実施例の管理方法では、 [0162] However, in the management method of the present embodiment,
ディレクトリ管理情報が集中しているために、一度の1 In order to directory management information is concentrated, once of 1
クラスタ分の読み込みで、上記の場合に比べて、より多くのディレクトリ管理情報を読み込むことができる。 In reading the clusters, as compared to the case of the above, it is possible to read more of the directory management information. よって比較的少ない読み込みと書き込みの回数で、従って短時間で、ディレクトリの更新を行うことができる。 Thus a relatively small read and the number of write, thus in a short time, it is possible to update the directory.

【0163】また、ディレクトリの管理領域が小さくなることから、この領域のクラスタのバッファの利用効率が上がる。 [0163] In addition, since the management area of ​​the directory is reduced, the utilization efficiency of the buffer of the cluster of this area is increased. このため、多くのディレクトリ情報が一度にバッファリングされることになり、ディレクトリの検索の多くがメモリ中のデータで行えるため、高速化が可能になる。 Therefore, results in a lot of directory information is buffered at a time, many search directory for enabling the data in the memory, it is possible to speed up.

【0164】尚、上述の実施例では、記録媒体として書換可能なディスクを例にあげて説明したが、書き換えが可能な領域と、書込み不可能の領域とが混在するハイブリッドディスクや、記録は可能であるが、書き換えが不可能な(1度だけ記録が可能な)追記型光ディスク(ライトワンスタイプのディスク)などにおいて、ディレクトリ情報が、書込み不可能の領域あるいは書換不可能な領域に既に記録されている場合、そのディレクトリ情報を書換可能な領域、あるいは新たな記録領域にコピーし、以後、その領域に記録したディレクトリ情報を必要に応じて更新する(書き換える)ようにして用いるようにすることができる。 [0164] In the embodiment described above, description was made by taking a rewritable disc as an example of a recording medium, rewritable and capable area, hybrid disc and that the writing impossible area are mixed, record available although, in such rewrite (can be recorded only once as) impossible recordable optical disc (write-once type disc), the directory information is already recorded in the area or rewritable area in the non-writable If it has, it copies the directory information rewritable area or a new recording area thereafter to allow use in its area is updated as required the recorded directory information (rewritten) as it can.

【0165】図22は、このような場合のフォーマットの処理例を表している。 [0165] Figure 22 shows a processing example of the format of such a case. 最初にステップS31において、メインCPU14はTOCを読み込む。 First at step S31, the main CPU14 reads the TOC. このTOC The TOC
は、ハイブリッドディスクはもとより、プリマスタードディスク(再生専用ディスク)、あるいは記録更新が可能な通常のMOディスクのいずれにおいても、予めそのプリマスタードエリアに形成されているものである。 Is hybrid disc, as well as pre-mastered disc (read-only disc), or in any of the conventional MO disk capable of recording updated, those which are formed in advance in the pre-mastered area. T
OCには、ディスクの種別を示す識別情報が記録されており、このTOCのデータから、そのディスクが、ハイブリッドタイプのディスクであるのか、プリマスタードディスクであるのか、通常のMOディスクであるのかを認識することができる。 The OC, and identification information indicating the type of the disc is recorded, from the data of the TOC, the disc is, whether a disc of the hybrid type, whether it is pre-mastered disc, is to do a normal MO disk it can be recognized.

【0166】そこで、ステップS32において、メインCPU14は、いま装着されているのがプリマスタードディスクであるか否かを判定する。 [0166] Therefore, in step S32, the main CPU14 is that is now attached determines whether the pre-mastered disc. プリマスタードディスクである場合、このディスクは再生専用のディスクであり、フォーマットの必要がない。 If a pre-mastered disc, the disc is a playback-only disc, there is no need for format. そこで、ステップS Then, step S
33に進み、メインCPU14は、フォーマットを行うことができないとする処理(エラー処理)を実行する。 Proceeds to 33, the main CPU14 executes processing for the inability to perform formatting (error processing).

【0167】これに対して、装着されているのがプリマスタードディスクではない(ハイブリッドディスクまたは通常のMOディスクである)と判定された場合においては、ステップS34に進み、メインCPU14は、光磁気記録再生装置8に対して、そのレコーダブルエリアにUTOCを作成するように指示する。 [0167] In contrast, in the case where Mounted is determined to not premastered disc (a hybrid disc or ordinary MO disc), the process proceeds to step S34, the main CPU14 is a magneto-optical recording the reproduction apparatus 8, an instruction to create a UTOC in that recordable area. 光磁気記録再生装置8は、この指示に基づいて、装着された光磁気ディスク804上にUTOCを作成する。 Magneto-optical recording and reproducing device 8, based on this instruction, creates a loaded UTOC on the magneto-optical disk 804. そしてステップS And step S
35において、メインCPU14は、いま装着されているのがハイブリッドディスクであるか否かを判定し、ハイブリッドディスクではないと判定された場合(TOC In 35, the main CPU14, if that is now attached to determine whether the hybrid disc, is determined not to be a hybrid disc (TOC
の記録エリアを除き、全てのエリアがレコーダブルエリアとして形成されている通常のMOディスクである場合)、ステップS36に進み、メインCPU14は、光磁気記録再生装置8に対して、ボリュームマネージメントエリアの作成を指示する。 Except for the recording area, if an ordinary MO disc) that all areas are formed as a recordable area, the process proceeds to step S36, the main CPU14, to the magneto-optical recording and reproducing apparatus 8, the volume management area to instruct the creation. 光磁気記録再生装置8は、 Magneto-optical recording and reproducing device 8,
この指示に基づいて、装着された光磁気ディスク804 Based on this instruction, the optical disk 804 mounted
のレコーダブルエリアに、新たにボリュームマネージメントエリアを作成する。 The recordable area of, to create a new volume management area.

【0168】これに対して、ステップS35において、 [0168] On the other hand, in step S35,
いま装着されているのがハイブリッドディスクであると判定された場合、ステップS37に進み、メインCPU If that is now mounted is determined to be a hybrid disc, the process proceeds to step S37, the main CPU
14は、光磁気記録再生装置8に対して、ボリュームマネージメントエリアのコピーを指示する。 14, with respect to the magneto-optical recording and reproducing apparatus 8 instructs the copy of volume management area. 光磁気記録再生装置8は、光磁気ディスク804上のプリマスタードエリアから、プリピットで予め形成されているボリュームマネージメントエリアを読み取り、これをレコーダブルエリアに複写(コピー)する。 Magneto-optical recording and reproducing device 8, a pre-mastered area on the magneto-optical disk 804, reads the volume management area are formed in advance by pre-pits, which is a copy to the recordable area (copy).

【0169】このようにして、レコーダブルエリアにボリュームマネージメントエリアをコピーした後、以後、 [0169] In this way, after copying the volume management area to the recordable area, thereafter,
このレコーダブルエリアに記録したボリュームマネージメントエリアのデータに基づいてファイルを管理する(レコーダブルエリアにファイルを記録するとき、その管理情報をこのボリュームマネージメントエリアに記録する)ようにすることで、プリマスタードエリアに予め記録されているファイルと、レコーダブルエリアに新たに記録されたファイルとを、一元的に管理することが可能になる。 Managing files based on the data of the recorded volume management area to the recordable area (when recording files to recordable area, the management information recorded to the volume management area) By the way, pre-mastered and file recorded in advance in the area, and a file that is newly recorded in the recordable area, it becomes possible to centrally manage.

【0170】図23は、ハイブリッドディスクにおいて、プリピットで形成されているプリマスタードエリアに予め記録されているボリュームマネージメントエリアを、レコーダブルエリアにコピーする様子を模式的に表している。 [0170] Figure 23 is a hybrid disc, the volume management area recorded in advance in the pre-mastered area formed by pre-pits, schematically showing a state in which copying the recordable area.

【0171】この実施例においては、プリマスタードエリアにファイル1とファイル2が記録され、レコーダブルエリアにファイル3が記録されている。 [0171] In this embodiment, file 1 and file 2 are recorded in the pre-mastered area and the recordable area file 3 is recorded. レコーダブルエリアにコピーされたボリュームマネージメントエリアには、プリマスタードエリアのファイル1とファイル2 The copy volume management area to the recordable area, the pre-mastered area file 1 and file 2
のディレクトリ管理情報およびファイル管理情報が予め記録されている。 Directory management information and file management information is recorded in advance. これを、レコーダブルエリアに新たに記録されたファイル3のディレクトリ管理情報とファイル管理情報を含めるように更新して、レコーダブルエリアに記録することで、このボリュームマネージメントエリアを用いて、プリマスタードエリアとレコーダブルエリアに記録されている全てのファイルを一元的に管理することが可能となる。 This, updated to include directory management information and file management information of file 3 newly recorded in the recordable area, by recording the recordable area, with reference to the volume management area, pre-mastered area it is possible to centrally manage all files recorded in the recordable area and.

【0172】図24は、ライトワンスのディスク(追記型ディスク)の処理例を表している。 [0172] Figure 24 shows a processing example of a write-once disc (write-once disc). この場合、ステップS51において、セッション(session)を追記する。 In this case, in step S51, the write once the session (session). ここにおいてセッションとは、一度に記録される情報の単位である。 A session in this case, is a unit of information recorded at a time. 次にステップS52に進み、直前のセッションに記録されているボリュームマネージメントエリアを読み出し、その内容に、ステップS51で追記したファイルのディレクトリ管理情報とファイル管理情報とを含めた状態にして、新たなセッションに追加、 The flow advances to step S52, reads the volume management area recorded in the previous session, to the content, and the conditions including the directory management information and file management information of files recordable in the step S51, a new session Add to,
記録する。 Record.

【0173】図25は、このようにしてセッションを追記する動作を模式的に表している。 [0173] Figure 25 represents an operation to append a session in this manner schematically. 即ち、セッション1 In other words, Session 1
においては、ファイル1とファイル2が記録されるが、 In, the file 1 and file 2 are recorded,
このとき、このファイル1とファイル2を管理するディレクトリ管理情報とファイル管理情報を含むボリュームマネージメントエリアが同時にセッション1に記録される。 At this time, volume management area including directory management information and file management information for managing the file 1 and file 2 are recorded into the session 1 at the same time. そして、次にセッション2においてファイル3を記録するとき、セッション1のボリュームマネージメントエリアを読み出し、これにファイル3のディレクトリ管理情報とファイル管理情報とを追加して、ファイル3のデータとともにセッション2に記録する。 Then, the next time of recording the file 3 in the session 2 reads the volume management area of ​​the session 1, to which was added the directory management information of the file 3 and a file management information, recorded in the session 2 along with data of the file 3 to.

【0174】さらに、セッション3において、ファイル4とファイル5を記録する場合においては、これらのデータ以外に、セッション2のボリュームマネージメントエリアを読み出し、これにファイル4とファイル5のディレクトリ管理情報とファイル管理情報を追加し、新たなボリュームマネージメントエリアとしてセッション3 [0174] Further, in the session 3, in the case of recording file 4 and file 5, in addition to these data, it reads the volume management area of ​​the session 2, to which the directory management information and file management file 4 and file 5 Add the information, session 3 as a new volume management area
に追記する。 To append to.

【0175】このように、新たなセッションを形成する度に、ボリュームマネージメントエリアを更新して、新たに記録するようにすることで、最新のセッションのボリュームマネージメントエリアに基づいてファイルを管理することで、全てのセッションのファイルを読み出すことができる。 [0175] In this way, each time to form a new session, to update the volume management area, that to be newly recorded, by managing the file based on the volume management area of ​​the latest session , it is possible to read the files of all of the session.

【0176】尚、この実施例の場合、ボリュームマネージメントエリアが、新たなセッションを形成する度に記録されるため、ディスクの本来の情報を記録するための容量が少なくなることになる。 [0176] In the case of this embodiment, the volume management area, because it is recorded each time to form a new session, so that the capacity for recording the original information of the disk is reduced. そこで、この実施例の場合においては、できるだけ多くのファイルをまとめて1 Therefore, in the case of this embodiment, together as many file 1
つのセッションとして記録するようにすることが好ましい。 It is preferable that the recording as One session.

【0177】以上のように、ボリュームマネージメントエリアをコピーする場合においても、このボリュームマネージメントエリアは1つのまとまった領域に形成されているため、そのコピーの処理を、ディレクトリ管理情報が分散して記録されている場合に比べて、迅速に完了することが可能となる。 [0177] As described above, even when copying a volume management area, since this volume management area is formed in one coherent area, the processing of the copy, the directory management information is recorded in a distributed as compared with the case in which it is possible to rapidly complete.

【0178】また、図8に示す、Index to D [0178] In addition, shown in Figure 8, Index to D
RB,Index to ERや、図15に示すInd RB, and Index to ER, Ind shown in FIG. 15
ex to ERBなどの位置情報を、ボリュームマネージメントエリア内の相対的位置(マネージメントブロックの番号)で表すようにしたので、その位置情報を新たにコピーした領域においても、そのまま用いることが可能となる。 The position information, such as ex-to ERB, since to represent a relative position of the volume management area (No. of management block), even in a region where the newly copying that location information, it is possible to use as it is. また、このようにボリュームマネージメントエリア内の相対的位置を用いるようにすることで、エクステントエリアを含めた絶対的な位置で表す場合に比べて、その相対的位置を表すために必要なビット数が少なくて済み、それだけディスクの利用効率を向上させることができる。 Furthermore, by so thus use the relative position of the volume management area, as compared with the case expressed by absolute position, including the extent area, the number of bits required to represent the relative position less finished, it is possible to correspondingly increase the utilization efficiency of the disk.

【0179】以上、本発明を光磁気ディスクに対して、 [0179] While the present invention with respect to the magneto-optical disk,
情報を記録または再生する場合を例として説明したが、 Although a case of recording or reproducing information has been described as an example,
本発明はこの他、磁気ディスクなど、アクセスが早い情報記録媒体はもとより、光ディスク、その他、比較的アクセスが遅い情報記録媒体に対して適用することが可能である。 The present invention In addition, such as a magnetic disk, access is earlier information recording medium as well as an optical disk, other, it can be applied to a relatively slow access information recording medium.

【0180】 [0180]

【発明の効果】以上の如く、本発明によれば、次の効果を奏することができる。 As evident from the foregoing description, according to the present invention can achieve the following effects.

【0181】請求項1に記載の情報管理方法および請求項15に記載のデータ記録方法によれば、第2の領域にサブディレクトリ情報が、第2の領域における位置を示す情報を含んで記録される。 [0181] According to the data recording method according to the information management method, and claim 15 according to claim 1, sub directory information in the second area is recorded contains information indicating a position in the second region that. 従って、ディレクトリ更新のための物理的な読み込み、書き込みの回数を低減し、 Therefore, to reduce the physical reading, the number of times of writing for directory updates,
階層ディレクトリ中の所定のディレクトリファイルを、 A predetermined directory file in the hierarchical directory,
簡単かつ高速に検索することができる。 Simple and can be retrieved at a high speed. また、ディレクトリ情報を短時間で更新することができる。 In addition, it can be updated in a short period of time directory information.

【0182】また、ディレクトリ管理情報に、サブディレクトリの第2の領域中の相対的な記録位置を記述するようにしたので、ディレクトリ管理情報を他の領域に記録するような場合においても、その記録位置をそのまま用いることが可能となる。 [0182] Further, the directory management information. Thus describe the relative print position in the second area of ​​sub directory, even if such records the directory management information in the other areas, the record position it is possible to directly used. また、その記録位置を、第2 Further, the recording position, the second
の領域だけでなく、第1の領域を含めた絶対的な位置で表すようにする場合に比べ、その位置を表すために必要なデータ量を小さくすることができ、それだけ、本来記録再生すべきデータの容量を大きくすることができ、記録媒体の利用効率を向上させることが可能となる。 Well region, compared with the case of to represent an absolute position, including the first region, it is possible to reduce the amount of data required to represent the position, it only should be originally recorded reproduction it is possible to increase the capacity of the data, it is possible to improve the utilization efficiency of the recording medium.

【0183】請求項8に記載のデータ記録媒体によれば、第2の領域にサブディレクトリ情報が記録されている。 [0183] According to the data recording medium according to claim 8, sub directory information is recorded in the second area. そして、サブディレクトリ情報が、第2の領域における位置を示す情報を含んでいる。 Then, the sub directory information includes information indicating a position in the second region. 従って、簡単かつ高速に検索が可能なデータ記録媒体を実現することが可能となる。 Therefore, it is possible to realize a data recording medium that may be searched easy and fast.

【0184】請求項22に記載の情報検索方法および請求項26に記載の情報検索装置によれば、第2の領域の位置情報からルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリ中のファイル位置情報に基づいて、ファイルがアクセスされる。 [0184] According to the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 26 according to claim 22, root directory is accessed from location information of the second region, on the basis of file location information in the root directory , the file is accessed.

【0185】請求項23に記載の情報検索方法および請求項27に記載の情報検索装置によれば、第2の領域の第1の位置情報からルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリおよび親ディレクトリ中の第2 [0185] According to the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 27 according to claim 23, root directory is accessed from first location information of the second area, in the root directory and parent directory the second
の位置情報に基づいて、サブディレクトリがアクセスされる。 Based on the position information of the sub directory is accessed. そして、サブディレクトリ中のファイル位置情報に基づいて、ファイルがアクセスされる。 Then, based on the file location information in the sub-directory, file is accessed.

【0186】請求項24に記載の情報検索方法および請求項28に記載の情報検索装置によれば、第2の領域の第1の位置情報からルートディレクトリがアクセスされ、ルートディレクトリおよび親ディレクトリ中の第2 [0186] According to the information retrieval apparatus according to the information retrieval process and claim 28 according to claim 24, root directory is accessed from first location information of the second area, in the root directory and parent directory the second
の位置情報に基づいて、サブディレクトリがアクセスされる。 Based on the position information of the sub directory is accessed. そして、サブディレクトリ中の第3の位置情報に基づいて、ファイルエクステント情報がアクセスされ、 Then, based on the third position information in the sub-directories, files extent information is accessed,
さらに、ファイルエクステント情報に基づいて、ファイルがアクセスされる。 Furthermore, based on the file extent information, a file is accessed.

【0187】従って、いずれの場合においても、簡単かつ迅速なアクセスができる。 [0187] Thus, in either case, it is easy and quick access.

【0188】請求項30に記載の情報管理方法によれば、記録可能領域を初期化するとき、書換不能領域に記録されているディレクトリ管理情報が記録可能領域に複写され、以後、この記録可能領域のディレクトリ管理情報を基に、情報が管理される。 [0188] According to the information management method according to claim 30, when initializing the recording area, directory management information recorded in the rewritable area is copied to the recordable area, thereafter, the recordable area on the basis of the directory management information, and the information is managed. 従って、記録可能領域と書換不能領域の情報を一元的に管理することができる。 Therefore, it is possible to centrally manage the information recording area and the rewritable area.

【0189】請求項32に記載の情報管理方法によれば、第2の領域にデータを記録するとき、第1の領域に記録されていたディレクトリ管理情報を含む新たなディレクトリ管理情報が記録され、以後、この新たなディレクトリ管理情報を基に、情報が管理される。 [0189] According to the information management method according to claim 32, when recording data in the second area, new directory management information including directory management information recorded in the first area is recorded, Thereafter, based on the new directory management information, information is managed. 従って、古い情報と追記された情報を一元的に管理することができる。 Therefore, it is possible to centrally manage the information is additionally written with old information.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の情報管理方法を応用した情報処理装置の一実施例の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the structure of an embodiment of an information processing apparatus which applies the information management method of the present invention.

【図2】図1の実施例における光磁気記録再生装置の構成例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing a configuration example of a magneto-optical recording and reproducing apparatus in the embodiment of FIG. 1;

【図3】図2の光磁気ディスク804のフォーマットを説明する図である。 3 is a diagram illustrating a format of a magneto-optical disk 804 of FIG.

【図4】図3データトラックのフォーマットを説明する図である。 [4] 3 is a diagram illustrating the format of data track.

【図5】図4のボリュームマネージメントエリアのフォーマットを説明する図である。 5 is a diagram illustrating the format of volume management area of ​​FIG.

【図6】図5のボリュームスペースビットマップの構成を説明する図である。 6 is a diagram illustrating the configuration of volume space bitmap of FIG.

【図7】図5のマネージメントテーブルの構成を示す図である。 7 is a diagram showing a configuration of a management table of FIG.

【図8】図5のディレクトリレコードブロックを構成するディレクトリレコードを説明する図である。 8 is a diagram illustrating a directory record constituting directory record block of FIG.

【図9】図7のマネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリのフォーマットを説明する図である。 FIG. 9 is a diagram illustrating a format of directory record block entry of the management table of FIG. 7.

【図10】図7のマネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリのフォーマットを説明する図である。 It is a diagram illustrating a format of directory record block entry of the management table of FIG. 10] FIG. 7.

【図11】図7のマネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリのフォーマットを説明する図である。 FIG. 11 is a diagram illustrating a format of directory record block entry of the management table of FIG. 7.

【図12】図7のマネージメントテーブルのディレクトリレコードブロックエントリのフォーマットを説明する図である。 FIG. 12 is a diagram illustrating a format of directory record block entry of the management table of FIG. 7.

【図13】図7のマネージメントテーブルのエクステントレコードブロックエントリのフォーマットを説明する図である。 13 is a diagram illustrating the format of extent record block entry of the management table of FIG.

【図14】図5のエクステントレコードブロックの構成を説明する図である。 14 is a diagram illustrating the configuration of extent record block of FIG.

【図15】図14のエクステントレコードインデックスのフォーマットを説明する図である。 15 is a diagram for explaining the format of extent record index of Fig. 14.

【図16】図14のエクステントディスクリプタのフォーマットを説明する図である。 16 is a diagram for explaining an extent descriptor format of Figure 14.

【図17】エクステントレコードブロックのインデックスとエクステントレコードの関係を説明する図である。 17 is a diagram illustrating the relationship between the index of the extent record block and extent record.

【図18】図2の実施例の動作を説明するフローチャートである。 18 is a flowchart for explaining the operation of the embodiment of FIG.

【図19】図18に続くフローチャートである。 Is a flowchart continued from FIG. 19 FIG. 18.

【図20】図19に続くフローチャートである。 Is a flowchart continued from FIG. 20] FIG 19.

【図21】図18乃至図20の処理動作を説明する図である。 21 is a diagram for explaining the processing operation of FIG. 18 to FIG. 20.

【図22】光磁気ディスクのフォーマット時の動作を説明するフローチャートである。 22 is a flowchart for explaining an operation when the format of the magneto-optical disk.

【図23】図22のフローチャートに示す処理を説明するハイブリッドディスクの図である。 23 is a diagram of a hybrid disc for explaining processing shown in the flowchart of FIG. 22.

【図24】ライトワンスタイプのディスクの記録処理を説明するフローチャートである。 FIG. 24 is a flowchart illustrating recording processing of the write-once type disc.

【図25】図24のフローチャートの処理を説明する図である。 25 is a diagram for explaining the processing of the flowchart of FIG. 24.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

8 光磁気記録再生装置 10 入力装置 12 マイクロコンピュータ 14 メインCPU 800 インタフェース 802 スピンドルモータ 804 光磁気ディスク 806 光学ピックアップ 808 磁気ヘッド 809 磁気ヘッド駆動回路 820 システムコントロールCPU 8 magneto-optical recording and reproducing apparatus 10 an input device 12 the microcomputer 14 main CPU 800 interface 802 spindle motor 804 magneto-optical disk 806 the optical pickup 808 magnetic head 809 the magnetic head drive circuit 820 System control CPU

Claims (32)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 記録媒体に記録された情報を管理するための情報管理方法において、 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、 上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、 上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むことを特徴とする情報管理方法。 1. A data management method for managing information recorded on a recording medium, a first area on the recording medium where data of file are recorded, the first based on the first management information managed in allocation units, the second area on which distinguished the recording medium than the first region, using a second management information, the second allocation that is independent of the said first allocation unit managed in units, it said at least a sub directory information in a directory constituted one by the second allocation units within the second area, the second allocation unit constituting that sub directory the second information management method which comprises information indicating the position in the region.
  2. 【請求項2】 上記第2の割当単位は、上記第1の割当単位より小さいことを特徴とする請求項1に記載の情報管理方法。 Wherein said second allocation unit, the information management method according to claim 1, characterized in that less than the first allocation unit.
  3. 【請求項3】 1つのファイルが、複数の離れた位置にある上記第1の割当単位から構成される場合、上記第2 Wherein one file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, the second
    の領域に記録されたデータは、上記1つのファイルが、 The data recorded in the area of, the one file,
    上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の情報管理方法。 Information management method according to claim 1, characterized in that it comprises a file extent information indicating whether the configuration from which the first allocation units of the first area.
  4. 【請求項4】 上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記第2の領域における上記ファイルエクステント情報を含む上記第2の割当単位の位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項3に記載の情報管理方法。 Wherein file information corresponding to the one file in the directory, characterized in that it includes information indicating the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region information management method according to claim 3.
  5. 【請求項5】 1つのファイルが、連続した上記第1の割当単位から構成される場合、上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記1つのファイルが、上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の情報管理方法。 If 5. One file is composed of successive said first allocation unit, file information corresponding to the one file in the directory, the one file, the first region information management method according to claim 1, characterized in that it comprises a file location information indicating either consist throat of the first allocation unit.
  6. 【請求項6】 1つのディレクトリが、複数の上記第2 6. one directory, a plurality of the second
    の割当単位によって構成される場合、上記第2の管理情報は、上記複数の上記第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の情報管理方法。 Optionally assignment unit formed, the second management information claim 1, characterized in that it comprises a link information indicating that the plurality of the second allocation unit is information linked to each other information management method according to.
  7. 【請求項7】 上記第2の領域に記録されたデータは、 7. A data recorded in the second area,
    上記第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の情報管理方法。 Information management method according to claim 1, characterized in that it comprises an information indicating the position of the root directory in the second area.
  8. 【請求項8】 階層ディレクトリ構造を有するデータを記録したデータ記録媒体において、 第1の領域に、ファイルのデータが第1の割当単位で記録され、 上記第1の領域とは区別された第2の領域に、複数のディレクトリが上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で記録され、 上記各ディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むことを特徴とするデータ記録媒体。 8. A recording data recording medium data having a hierarchical directory structure, the first region, the data files are recorded in first allocation units, the second, which is distinct from the first region the area, a plurality of directories are recorded in second allocation units independent of the first allocation unit, subdirectory information in each directory, the second allocation unit constituting that sub directory data recording medium, characterized in that it includes information indicating the position in the second region.
  9. 【請求項9】 上記第2の割当単位は、上記第1の割当単位より小さいことを特徴とする請求項8に記載のデータ記録媒体。 9. The second allocation unit, the data recording medium according to claim 8, characterized in that less than the first allocation unit.
  10. 【請求項10】 1つのファイルが、複数の離れた位置にある上記第1の割当単位から構成される場合、上記第2の領域に記録されたデータは、上記1つのファイルが、上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報を含むことを特徴とする請求項8に記載のデータ記録媒体。 10. one file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, the data recorded in the second area, the one file, the first how the data recording medium according to claim 8, characterized in that it comprises a file extent information indicating whether being composed of a first allocation unit in the area.
  11. 【請求項11】 上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記第2の領域における上記ファイルエクステント情報を含む上記第2の割当単位の位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項1 11. The file information corresponding to the one file in the directory, characterized in that it includes information indicating the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region claim 1
    0に記載のデータ記録媒体。 Data recording medium according to 0.
  12. 【請求項12】 1つのファイルが、連続した上記第1 12. one file, consecutive to the first
    の割当単位から構成される場合、上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記1 From the allocation unit configured, the file information corresponding to the one file in the directory, the 1
    つのファイルが、上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報を含むことを特徴とする請求項8に記載のデータ記録媒体。 One of the files, the data recording medium according to claim 8, characterized in that it comprises the which the file location information indicating the configuration of the first allocation units of the first area.
  13. 【請求項13】 1つのディレクトリが、複数の上記第2の割当単位によって構成される場合、上記第2の領域に記録されたデータ内の管理情報は、上記複数の上記第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報を含むことを特徴とする請求項8に記載のデータ記録媒体。 13. One directory, be composed of a plurality of the second allocation unit, the management information in the stored in the second region data, the above plurality of the second allocation unit data recording medium according to claim 8, characterized in that it comprises a link information indicating that the information that has been interconnected.
  14. 【請求項14】 上記第2の領域に記録されたデータは、上記第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項8に記載のデータ記録媒体。 14. The data recorded in the second area, the data recording medium according to claim 8, characterized in that it comprises an information indicating the position of the root directory in the second area.
  15. 【請求項15】 階層ディレクトリ構造を有するデータを記録媒体に記録するためのデータ記録方法において、 第1の領域に、ファイルのデータを第1の割当単位で記録し、 上記第1の領域とは区別された第2の領域に、複数のディレクトリを上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で記録し、 上記各ディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むことを特徴とするデータ記録方法。 15. The data recording method for recording data onto a recording medium having a hierarchical directory structure, the first region, and records the data file in the first allocation unit, and the first region a distinct second region, a plurality of directories recorded in second allocation units independent of the first allocation unit, subdirectory information in each directory, said first forming the subdirectories data recording method which comprises information indicating the position in the second region of the second allocation unit.
  16. 【請求項16】 上記第2の割当単位は、上記第1の割当単位より小さいことを特徴とする請求項15に記載のデータ記録方法。 16. The second allocation unit, the data recording method according to claim 15, wherein the smaller than the first allocation unit.
  17. 【請求項17】 1つのファイルが、複数の離れた位置にある上記第1の割当単位から構成される場合、上記第2の領域に記録されたデータは、上記1つのファイルが、上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報を含むことを特徴とする請求項15に記載のデータ記録方法。 17. one file, if composed of the first allocation unit in the plurality of remote locations, the data recorded in the second area, the one file, the first data recording method according to claim 15, characterized in that the containing what the first file extent information indicating either consist allocation unit of area.
  18. 【請求項18】 上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記第2の領域における上記ファイルエクステント情報を含む上記第2の割当単位の位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項1 18. The file information corresponding to the one file in the directory, characterized in that it includes information indicating the position of the second allocation unit including the file extent information in the second region claim 1
    7に記載のデータ記録方法。 Data recording method according to 7.
  19. 【請求項19】 1つのファイルが、連続した上記第1 19. one file, consecutive to the first
    の割当単位から構成される場合、上記ディレクトリ中の上記1つのファイルに対応するファイル情報は、上記1 From the allocation unit configured, the file information corresponding to the one file in the directory, the 1
    つのファイルが、上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報を含むことを特徴とする請求項15に記載のデータ記録方法。 One of the files, the data recording method according to claim 15, characterized in that it comprises what the file location information indicating the configuration of the first allocation units of the first area.
  20. 【請求項20】 1つのディレクトリが、複数の上記第2の割当単位によって構成される場合、上記第2の領域に記録されたデータ内の管理情報は、上記複数の上記第2の割当単位が相互に連結された情報であることを示すリンク情報を含むことを特徴とする請求項15に記載のデータ記録方法。 20. One directory, be composed of a plurality of the second allocation unit, the management information in the stored in the second region data, the above plurality of the second allocation unit data recording method according to claim 15, characterized in that it comprises a link information indicating that the information that has been interconnected.
  21. 【請求項21】 上記第2の領域に記録されたデータは、上記第2の領域におけるルートディレクトリの位置を示す情報を含むことを特徴とする請求項15に記載のデータ記録方法。 21. Data recorded in the second area, the data recording method according to claim 15, characterized in that it comprises an information indicating the position of the root directory in the second area.
  22. 【請求項22】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 上記第2の領域に記録されたデータの内の所定の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、 上記ルートディレクトリ中の上記所望のファイルに対 A first region of 22. on a recording medium in which file data is recorded, by using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired an information retrieval method for retrieving a file, based on predetermined positional information of the data recorded in the second area, access to the root directory, pair the desired file in the root directory するファイル情報中の上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスすることを特徴とする情報検索方法。 That the desired file in the file information is based on the file location information indicative of the configuration from which the first allocation units of the first area, access to the desired file on the recording medium information search method according to claim.
  23. 【請求項23】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 上記第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、 上記ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の A first region of 23. on a recording medium in which file data is recorded, by using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired of the information retrieval method for searching a file, the based on the second first position information in the recorded data in the area, access the root directory, the second in the root directory and parent directory 置情報に基づいて、上記所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスし、 上記サブディレクトリ中の上記所望のファイルに対応するファイル情報中の上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスすることを特徴とする情報検索方法。 Based on the location information, the desired access to a subdirectory containing the file information corresponding to the file, the in subdirectory in the file information corresponding to the desired file the desired file of the first region which of based on the file location information indicating the is composed of a first allocation unit, the information retrieval method characterized by access to the desired file on the recording medium.
  24. 【請求項24】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索方法において、 上記第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスし、 上記ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中の第2の The 24. files first area on the recording medium on which data is recorded using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired of the information retrieval method for searching a file, the based on the second first position information in the recorded data in the area, access the root directory, the second in the root directory and parent directory 置情報に基づいて、上記所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスし、 上記サブディレクトリ中の上記所望のファイルに対応するファイル情報中の第3の位置情報に基づいて、上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報にアクセスし、 上記ファイルエクステント情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスすることを特徴とする情報検索方法。 Based on the location information, and access to a subdirectory containing the file information corresponding to the desired file on the basis of the third position information in the file information corresponding to the desired file in the sub directory, the desired file to access the file extent information indicating either constructed from which the first allocation units of the first area, based on the file extent information, access to the desired file on the recording medium information retrieval wherein the.
  25. 【請求項25】 上記記録媒体から上記第2の領域に記録されたデータを読み出し、 上記読み出された第2の領域に記録されたデータをメモリに記憶し、 上記ルートディレクトリへのアクセス、上記サブディレクトリへのアクセス、及び又は上記ファイルエクステント情報へのアクセスを上記メモリに記憶されたデータを用いて行うことを特徴とする請求項22、23又は24 25. reading the data recorded on said recording medium from said second region, the data recorded in the second area which is read above is stored in the memory, access to the root directory, the claim access to a subdirectory, and or access to the file extent information and performing with the data stored in the memory 22, 23 or 24
    に記載の情報検索方法。 Information retrieval method according to.
  26. 【請求項26】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 上記第2の領域に記録されたデータの内の所定の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段と、 上記ルートディレクトリ中の上記所望のファ A first region of 26. on a recording medium in which file data is recorded, by using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired fa in the information retrieval apparatus for searching a file, based on predetermined positional information of the data recorded in the second region, and means for accessing the root directory, the desired in the root directory ルに対応するファイル情報中の上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスする手段とを有することを特徴とする情報検索装置。 The desired file in the file information corresponding to the Le is based on the file location information indicative of the configuration from which the first allocation units of the first area, to the desired file on the recording medium information retrieval apparatus characterized by having a means for accessing.
  27. 【請求項27】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 上記第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段と、 上記ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中 27. The first area on the recording medium in which file data is recorded, by using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired in the information retrieval apparatus for searching a file, based on the first position information in the recorded on the second area data, means for accessing the root directory, in the root directory and parent directory 第2の位置情報に基づいて、上記所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスする手段と、 上記サブディレクトリ中の上記所望のファイルに対応するファイル情報中の上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイル位置情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスする手段とを有することを特徴とする情報検索装置。 Based on the second position information, the desired means for accessing the subdirectory containing the file information corresponding to the file, the desired file in the file information corresponding to the desired file in the sub directory is the based on the file location information indicative of the configuration from which the first allocation units of the first area, the information retrieval apparatus characterized by having a means for accessing to the desired file on the recording medium .
  28. 【請求項28】 ファイルのデータが記録される記録媒体上の第1の領域を、第1の管理情報を用いて第1の割当単位で管理し、上記第1の領域とは区別された上記記録媒体上の第2の領域を、第2の管理情報を用いて、上記第1の割当単位とは独立した第2の割当単位で管理し、上記第2の領域内の少なくとも1つの上記第2の割当単位で構成されるディレクトリ中のサブディレクトリ情報は、そのサブディレクトリを構成する上記第2の割当単位の上記第2の領域における位置を示す情報を含むようになされた記録媒体から、所望のファイルを検索する情報検索装置において、 上記第2の領域に記録されたデータ内の第1の位置情報に基づいて、ルートディレクトリにアクセスする手段と、 上記ルートディレクトリ及び親ディレクトリ中 A first region of 28. on a recording medium in which file data is recorded, by using the first management information managed by the first allocation unit, which is distinct from the first region above a second area on the recording medium, by using the second management information, and the first allocation unit managed by the second allocation unit independent, at least one of said of said second region first sub directory information in a directory consisting of 2 allocation units from the recording medium has been made to include information indicating the position in the second area of ​​the second allocation unit constituting that sub directory, the desired in the information retrieval apparatus for searching a file, based on the first position information in the recorded on the second area data, means for accessing the root directory, in the root directory and parent directory 第2の位置情報に基づいて、上記所望のファイルに対応するファイル情報を含むサブディレクトリへアクセスする手段と、 上記サブディレクトリ中の上記所望のファイルに対応するファイル情報中の第3の位置情報に基づいて、上記所望のファイルが上記第1の領域のどの上記第1の割当単位から構成されるかを示すファイルエクステント情報にアクセスする手段と、 上記ファイルエクステント情報に基づいて、上記記録媒体上の上記所望のファイルにアクセスする手段とを有することを特徴とする情報検索装置。 Based on the second position information, and means for accessing the subdirectory that contains the file information corresponding to the desired file, the third position information in the file information corresponding to the desired file in the sub directory based on, and means for the desired file access to which the first file extent information indicating either consist allocation units of the first area, based on the file extent information, on the recording medium information retrieval apparatus characterized by having a means for accessing to the desired file.
  29. 【請求項29】 上記記録媒体から上記第2の領域に記録されたデータを読み出す手段と、 上記読み出された第2の領域に記録されたデータを記憶するメモリとをさらに有し、 上記ルートディレクトリへのアクセス、上記サブディレクトリへのアクセス、及び又は上記ファイルエクステント情報へのアクセスを上記メモリに記憶されたデータを用いて行うことを特徴とする請求項26、27又は28 29. means for reading the data recorded on the second region from said recording medium, further comprising a memory for storing data recorded in the second area which is read out above, the route access to the directory, according to claim 26, 27 or 28 access to the sub directory, and or access to the file extent information and performing with the data stored in the memory
    に記載の情報検索装置。 Information retrieval apparatus according to.
  30. 【請求項30】 情報を記録することが可能な記録可能領域と、一度記録した情報を書き換えることが不可能な書換不能領域とを有し、ディレクトリ管理情報が上記書換不能領域に記録されている情報記録媒体の情報管理方法であって、 上記記録可能領域を初期化するとき、上記書換不能領域に記録されている上記ディレクトリ管理情報を、上記記録可能領域に複写し、 以後、上記記録可能領域の上記ディレクトリ管理情報をもとに情報を管理することを特徴とする情報管理方法。 A recordable region capable of recording 30. The information, and once recorded information the rewritable area can not be rewritten, the directory management information is recorded in the rewritable region an information management method for an information recording medium, when initializing said recording area, the directory management information recorded in the rewritable region, is copied to the recordable area, thereafter, the recordable area information management method which is characterized in that the management based on the information of the above-mentioned directory management information.
  31. 【請求項31】 上記情報記録媒体は、プリピットとして情報が予め記録されている光学的に再生が可能な再生専用の領域と、光磁気的に情報の書き換えが可能な記録領域とを有するハイブリッドディスクであり、上記ディレクトリ管理情報は、上記再生専用の領域に記録されていることを特徴とする請求項30に記載の情報管理方法。 31. The information recording medium is a hybrid disc having an optically reproducing capable read-only area in which information is recorded in advance as pre-pits, and a recording area rewritable optical magnetically Information , and the above-mentioned directory management information, the information management method according to claim 30, characterized in that it is recorded in the area of ​​the reproduction-dedicated.
  32. 【請求項32】 一度だけ情報を記録することが可能な追記型の情報記録ディスクの情報管理方法であって、 所定のデータと、上記データを管理するディレクトリ管理情報を第1の領域に記録した後、新たなデータを第2 32. A write-once information recording disk information management method capable of recording information only once, and the predetermined data was recorded directory management information for managing the data in the first region after, the new data the second
    の領域に記録するとき、 上記第1の領域に記録されている上記ディレクトリ管理情報を含む新たなディレクトリ管理情報を、上記第2の領域に記録し、 以後、上記第2の領域の上記ディレクトリ管理情報をもとにデータを管理することを特徴とする情報管理方法。 When recording in the area, a new directory management information including the directory management information recorded in said first area, recorded in the second region, thereafter, the directory management of the second area information management method characterized by managing based on the data information.
JP6247476A 1993-10-18 1994-10-13 Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever Withdrawn JPH07168749A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25991293 1993-10-18
JP5-259912 1993-10-18
JP6247476A JPH07168749A (en) 1993-10-18 1994-10-13 Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6247476A JPH07168749A (en) 1993-10-18 1994-10-13 Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07168749A true JPH07168749A (en) 1995-07-04

Family

ID=26538284

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6247476A Withdrawn JPH07168749A (en) 1993-10-18 1994-10-13 Information managing method, data recording medium, data recording method, information retrieving method, and information retriever

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07168749A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006024286A (en) * 2004-07-08 2006-01-26 Sony Corp Information recording device and method, program storage medium, and program
KR100653658B1 (en) * 2003-09-25 2006-12-05 가부시키가이샤 리코 Image data creating method, recording method, medium storing a program for the method, optical disk, optical disk apparatus, information recoeding system
JP2007506217A (en) * 2003-09-16 2007-03-15 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド Data recording and / or reproducing device for recording data recording state information on optical disc, and optical disc
JP2007528563A (en) * 2003-05-09 2007-10-11 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド Recording medium having data structure for managing at least data area of recording medium, and recording / reproducing method and apparatus
JP2011138514A (en) * 2010-01-04 2011-07-14 Thomson Licensing Method and device for detecting if computer file has been copied, and method and device for enabling the detection

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007528563A (en) * 2003-05-09 2007-10-11 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド Recording medium having data structure for managing at least data area of recording medium, and recording / reproducing method and apparatus
JP2007506217A (en) * 2003-09-16 2007-03-15 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド Data recording and / or reproducing device for recording data recording state information on optical disc, and optical disc
KR100653658B1 (en) * 2003-09-25 2006-12-05 가부시키가이샤 리코 Image data creating method, recording method, medium storing a program for the method, optical disk, optical disk apparatus, information recoeding system
JP2006024286A (en) * 2004-07-08 2006-01-26 Sony Corp Information recording device and method, program storage medium, and program
US8014648B2 (en) 2004-07-08 2011-09-06 Sony Corporation Information recording apparatus, information recording method, program storage medium, and program
JP2011138514A (en) * 2010-01-04 2011-07-14 Thomson Licensing Method and device for detecting if computer file has been copied, and method and device for enabling the detection

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3232945B2 (en) Pre-processing method and input-output device
JP3459215B2 (en) Optical disk device
JP4606693B2 (en) Optical disc, recording device, playback device, recording method, playback method
EP0712130B1 (en) Optical disk write method
JP3435703B2 (en) Reproducing apparatus, reproduction method
CN100345188C (en) Recording apparatus, recording method, and disc-shaped record medium
JP3141241B2 (en) Disk recording apparatus and disk reproducing apparatus
US5210734A (en) Information management method for appendage type additional information recording medium
US7440374B2 (en) Recording medium, recording apparatus, reproduction apparatus, recording method and reproduction method
KR100245156B1 (en) Disc recording and/or reproducing apparatus and disc therefor
JP3158474B2 (en) Recording method, disc recording apparatus and disc reproducing apparatus
US7277371B2 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduction method
US7203153B2 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduction method
JP3355649B2 (en) Recording or reproducing apparatus
KR100763671B1 (en) Recording/playback apparatus and editing method
EP0621596B1 (en) Reproducing apparatus
RU2180140C2 (en) Method for organizing digital data record medium, slot installation for their recording, method and device for their recording on medium, digital data recording and/or reproducing medium, computer system for recording digital data on medium
KR20060087595A (en) File management device, file management method, file management method program, and recording medium containing the file management method program
JP3180366B2 (en) Recording reproducing apparatus and recording and reproducing method
US7027384B2 (en) Storage medium recording method and storage medium having multiple recording areas
JPH0845246A (en) Recording medium, reproducing method, recording device and reproducing device
JP2003208779A (en) Information reproducing apparatus, data management information acquisition method, data management information acquisition program, and storage medium
CN1115473A (en) Recording apparatus for overwriting data
JPH07121311A (en) Recorder
US5802028A (en) Method of data management using recorded flags to discriminate used allocation blocks and unwritten allocation blocks

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20020115