JPH07167240A - 摩擦車式無段変速機 - Google Patents

摩擦車式無段変速機

Info

Publication number
JPH07167240A
JPH07167240A JP5318422A JP31842293A JPH07167240A JP H07167240 A JPH07167240 A JP H07167240A JP 5318422 A JP5318422 A JP 5318422A JP 31842293 A JP31842293 A JP 31842293A JP H07167240 A JPH07167240 A JP H07167240A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transmission case
continuously variable
friction wheel
variable transmission
piston
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5318422A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3022111B2 (ja
Inventor
Masaki Nakano
正樹 中野
Katsuya Kobayashi
克也 小林
Original Assignee
Nissan Motor Co Ltd
日産自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nissan Motor Co Ltd, 日産自動車株式会社 filed Critical Nissan Motor Co Ltd
Priority to JP5318422A priority Critical patent/JP3022111B2/ja
Publication of JPH07167240A publication Critical patent/JPH07167240A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3022111B2 publication Critical patent/JP3022111B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H15/00Gearings for conveying rotary motion with variable gear ratio, or for reversing rotary motion, by friction between rotary members
    • F16H15/02Gearings for conveying rotary motion with variable gear ratio, or for reversing rotary motion, by friction between rotary members without members having orbital motion
    • F16H15/04Gearings providing a continuous range of gear ratios
    • F16H15/06Gearings providing a continuous range of gear ratios in which a member A of uniform effective diameter mounted on a shaft may co-operate with different parts of a member B
    • F16H15/32Gearings providing a continuous range of gear ratios in which a member A of uniform effective diameter mounted on a shaft may co-operate with different parts of a member B in which the member B has a curved friction surface formed as a surface of a body of revolution generated by a curve which is neither a circular arc centered on its axis of revolution nor a straight line
    • F16H15/36Gearings providing a continuous range of gear ratios in which a member A of uniform effective diameter mounted on a shaft may co-operate with different parts of a member B in which the member B has a curved friction surface formed as a surface of a body of revolution generated by a curve which is neither a circular arc centered on its axis of revolution nor a straight line with concave friction surface, e.g. a hollow toroid surface
    • F16H15/38Gearings providing a continuous range of gear ratios in which a member A of uniform effective diameter mounted on a shaft may co-operate with different parts of a member B in which the member B has a curved friction surface formed as a surface of a body of revolution generated by a curve which is neither a circular arc centered on its axis of revolution nor a straight line with concave friction surface, e.g. a hollow toroid surface with two members B having hollow toroid surfaces opposite to each other, the member or members A being adjustably mounted between the surfaces

Abstract

(57)【要約】 【目的】 無段変速ユニットを予備組み立て可能にし
て、摩擦車式無段変速機の組み立て性を向上させると共
に、自動組み立てを可能にする。 【構成】 パワーローラ17,18は主軸線O1 上の入
出力コーンディスク間で摩擦係合により動力の受渡しを
行い、ピストン28,29によりトラニオン19,20
を介し、またリンク21,22による同期作用のもと、
首振り軸線O3 方向に変位される時、同軸線周りに首振
りして無段変速を行う。ところで当該無段変速ユニット
は、ピストン28,29を除いて、リンクサポート24
に予備組み立てし、この予備組み立て体を変速機ケース
1内に一端開口より挿入後、変速機ケース内にボルト2
7で取着し、その後ピストン28,29を変速機ケース
に外側から嵌合して、このピストンをトラニオン19,
20に結合する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、摩擦車式無段変速機
の、組み立て性についての改良提案に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】摩擦車式無段変速機は通常、例えば特開
平4−321855号公報に記載の如く、主軸上に対向
配置した入出力ディスクと、これら入出力ディスク間で
摩擦係合により動力の受渡しを行うよう、該入出力ディ
スクの回転軸線周りに配置された複数の摩擦車とよりな
る無段変速ユニットを、変速機ケース内に収納して構成
される。
【0003】そして、変速制御のために摩擦車式無段変
速機にあっては、各摩擦車を回転自在に支持した摩擦車
支持部材を個々にピストンで、摩擦車の回転軸線と直行
する首振り軸線方向へ同期してストロークさせることに
より、各摩擦車の首振りを生起させて変速を行うように
する。更に、摩擦車支持部材の隣合う端部同士を相互
に、上記ストロークの同期が補償されるよう、中央が変
速機ケースに枢支されたリンクにより連結させるのが常
套である。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記に代表さ
れる従来の摩擦車式無段変速機では、軸線が変速機ケー
スの軸線と同じ方向に延在するよう配置する主軸や入出
力ディスク等は、変速機ケースの端部開口から挿入し、
軸線が変速機ケースの軸線に対し横方向に延在するよう
配置する摩擦車や摩擦車支持部材やリンク等は、変速機
ケースの変速制御弁収納空間用に形成した下部開口から
挿入し、しかもこれら挿入部品を変速機ケース内で組み
立てる手順に頼らざるを得ない構成であったため、作業
スペースが極端に小さいこととも相俟って、組み立て作
業性が頗る悪く、また自動組み立てもほとんど不可能で
あった。
【0005】更に従来の摩擦車式無段変速機にあって
は、上記のリンクを夫々変速機ケースに支持するための
リンクサポートが、個々に別の部品であったため、リン
クサポートの強度を確保し難く、変速時の大きなモーメ
ントを受けるとき変形により変速制御精度への悪影響を
免れなかった。
【0006】かかるリンクサポートの強度に関する問題
を解消する対策として従来、特開平3−74667号公
報に記載の如く、リンクサポートを一体化することも提
案されたが、上記組み立て作業性に関する問題までをも
解消するものでなかった。
【0007】本発明は、リンクサポートの強度に関する
上記の問題を解消するのは勿論であるが、更に無段変速
ユニットを予備組み立てしても、この予備組み立て体を
変速機ケース内に、その端部開口から軸線方向に挿入し
得るような構成を提案することにより、上述の問題を解
消することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】この目的のため第1発明
は、主軸上に対向配置した入出力ディスクと、これら入
出力ディスク間で摩擦係合により動力の受渡しを行うよ
う、該入出力ディスクの回転軸線周りに配置された複数
の摩擦車とよりなる無段変速ユニットを、変速機ケース
内に収納し、各摩擦車を回転自在に支持した摩擦車支持
部材を個々にピストンで、摩擦車の回転軸線と直行する
首振り軸線方向へ同期してストロークさせることによ
り、各摩擦車の首振りを生起させて変速を行うと共に、
摩擦車支持部材の隣合う端部同士を相互に、前記ストロ
ークの同期が補償されるよう、中央が変速機ケースに枢
支されたリンクにより連結させた摩擦車式無段変速機に
おいて、前記ピストンを変速機ケースに外側から嵌合す
ると共に、このピストンおよび前記摩擦車支持部材間
を、変速機ケースの内側において分離可能に結合し、前
記変速機ケース内に一端開口より軸直角のまま挿入して
取着可能なリンクサポートを設け、該リンクサポートに
前記主軸が貫通する透孔を形成すると共に前記各リンク
の中央を枢支して、該主軸上で入出力ディスクが相互に
接近する方向に締め上げることにより、前記ピストンを
除いて無段変速ユニットを前記リンクサポートに予備組
み立てし得るようにし、この予備組み立て体を前記変速
機ケース内に一端開口より挿入後、前記リンクサポート
を変速機ケース内に軸直角な状態で取着し、その後前記
ピストンを変速機ケースに外側から嵌合して、このピス
トンを前記摩擦車支持部材に結合したことを特徴とする
ものである。
【0009】また第2発明は、上記第1発明において、
前記リンクサポートを取着すべき変速機ケースの部分
と、前記ピストンを嵌合すべきシリンダとを、一体に成
形したことを特徴とするものである。
【0010】さらに第3発明は、上記第1発明又は第2
発明において、前記変速機ケースの他端開口より前後進
切換え歯車装置を組み込み、この組み込みにより自動的
に、該装置および前記無段変速ユニット間で動力の受渡
しを行うべき要素間が嵌合により駆動結合されるよう構
成したことを特徴とするものである。
【0011】
【作用】第1発明において、複数の摩擦車は入出力ディ
スク間で摩擦係合により動力の受渡しを行う。また、各
摩擦車を回転自在に支持した摩擦車支持部材を個々に、
ピストンで摩擦車の回転軸線と直行する首振り軸線方向
へストロークさせると、摩擦車は首振りを生起されて入
出力ディスク間の伝動比を無段階に変化させることがで
きる。なお、この変速中にリンクは、摩擦車支持部材の
上記ストロークを確実に同期させるよう機能し、変速制
御を正確になし得る。
【0012】ところで、上記ピストンを変速機ケースに
外側から嵌合すると共に、このピストンおよび上記摩擦
車支持部材間を、変速機ケースの内側において分離可能
に結合し、変速機ケース内にその一端開口より軸直角の
まま挿入して取着可能なリンクサポートを設け、このリ
ンクサポートに上記主軸が貫通する透孔を形成すると共
に上記各リンクの中央を枢支して、該主軸上で入出力デ
ィスクが相互に接近する方向に締め上げることにより、
前記ピストンを除いて無段変速ユニットを上記リンクサ
ポートに予備組み立てし得るようにし、この予備組み立
て体を変速機ケース内に一端開口より挿入後、リンクサ
ポートを変速機ケース内に軸直角な状態で取着し、その
後ピストンを変速機ケースに外側から嵌合して、このピ
ストンを摩擦車支持部材に結合したから、ピストンを除
いて無段変速ユニットを予備組み立てし、この予備組み
立て体を変速機ケース内に一端開口より挿入する組み立
て手順を採用することができ、作業スペースの極端に小
さな変速機ケース内での作業をなくし得ることとなっ
て、組み立て作業性を大幅に向上させることができると
共に、自動組み立てを実現することができる。
【0013】更に第1発明の摩擦車式無段変速機にあっ
ては、上記のリンクを夫々変速機ケースに支持するため
のリンクサポートが単一部品であるため、リンクサポー
トの強度を確保し易く、変速時の大きなモーメントを受
ける時も変形しにくく、変速制御精度が悪くなるのを防
止することもできる。
【0014】また第2発明では、上記第1発明におい
て、リンクサポートを取着すべき変速機ケースの部分
と、ピストンを嵌合すべきシリンダとを一体に成形した
から、上記の手順による組み立てに際し、ピストンを上
記の予備組み立て体に対し後付けすると雖も、組み立て
精度が悪くなることがなくなる。
【0015】さらに第3発明では、上記第1発明又は第
2発明において、変速機ケースの他端開口より前後進切
換え歯車装置を組み込み、この組み込みにより自動的
に、該装置および前記無段変速ユニット間で動力の受渡
しを行うべき要素間が嵌合により駆動結合されるよう構
成したから、無段変速ユニットと前後進切換え歯車装置
との組み合わせになる無段変速機であっても、これらを
変速機ケースの両端から組み込むことで、組み立て作業
性を容易に保つことができる。
【0016】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づき詳細に
説明する。図1乃至図3は、本発明による摩擦車式無段
変速機の一実施例を示し、1は変速機ケース、2はその
前端開口に合体させたコンバータハウジング、3は後端
開口に合体させたリヤカバーを夫々示す。
【0017】変速機ケース1内に、その中央に配して孔
空き中間壁1aを一体成形し、この中間壁1aを挟んで
前方の変速機ケース内に前後進切換え歯車装置4を、ま
た後方の変速機ケース内に無段変速ユニット5を、それ
ぞれ収納する。また、コンバータハウジング2内にはト
ルクコンバータ6を収納する。
【0018】前後進切換え歯車装置4は、中心に入力軸
7を具え、無段変速ユニット5は、中心に主軸8を具え
る。これら入力軸7および主軸8は、隣接端を同軸、相
対回転可能に嵌合し、主軸8を中間壁1a上のラジアル
兼スラスト軸受9、およびリヤカバー3上のラジアルニ
ードルベアリング10により、変速機ケース1内に回転
自在に支持し、入力軸7を主軸8との嵌合部において、
および変速機ケース1に結合した中空固定軸11内にお
いて、回転自在に支持する。なお入力軸7は、トルクコ
ンバータ6を介して図示せざるエンジンに駆動結合し、
エンジン動力を入力されるものとする。
【0019】前後進切換え歯車装置4は、単純遊星歯車
組12、前進クラッチ13、および後進ブレーキ14よ
りなる周知のもので、前進クラッチ13の締結により入
力軸7の回転をそのまま主軸8に伝達し、後進ブレーキ
14の締結により入力軸7の回転を逆転させて主軸8に
伝達するものとする。
【0020】無段変速ユニット5はトロイダル型無段変
速ユニットとし、主軸8上に同軸に対向させて回転自在
に支持した入出力コーンディスク15,16を具え、こ
れら入出力コーンディスク間で摩擦係合により動力伝達
を行うよう、該入出力コーンディスクの回転軸線O1
周りに等間隔に配置した2個のパワーローラ(摩擦車)
17,18を有する。
【0021】パワーローラ17,18は上下に配置する
と共に、個々のトラニオン(摩擦車支持部材)19,2
0に回転自在に支持し、これらトラニオンを図2に示す
ように、パワーローラ回転軸線O2 と直行する首振り軸
線O3 の方向に延在させる。そして、トラニオン19,
20の隣合った一端同士をリンク21により、またトラ
ニオン19,20の隣合った他端同士をリンク22によ
り、ボールジョイント23を介して、回転自在および傾
動自在に連結する。
【0022】リンク21,22は中央に、図3に明示す
るように角孔21a,22aを有し、これに共通なリン
クサポート24を挿通した状態で、リンク21,22の
中央をピン25,26によりリンクサポート24に枢支
する。そして、リンクサポート24は図2に示す如く変
速機ケース1の軸線O1 に対し軸直角のまま、変速機ケ
ース1の後端開口より挿入し得る大きさとし、この挿入
状態でリンクサポート24の4隅角をボルト27により
変速機ケース1に取着する。かくて、リンク21,22
は変速機ケース1に間接的に中央を回動自在に枢支され
ることとなり、この回動を介してトラニオン19,20
の首振り軸線O3 方向へのストロークを同期させる用を
なす。なお、リンクサポート24は更に中央に、主軸8
を挿通させるための丸孔24aを有し、リンク21,2
2は、両端にボルトジョイント23のための丸孔21
b,22bを図3の如くに有する。
【0023】更に、図2に明示するように、トラニオン
19,20の相互に遠い一対の端部に夫々、ピストン2
8,29を同軸に突き合わせて結合させ、この突き合わ
せ結合を変速機ケース1の内側で行わせると共に、該突
き合わせ結合状態をボルト30,31により保持する。
なおピストン28,29は、変速機ケース1の外側に開
口させてこれに一体成形したシリンダ32,33内に摺
動自在に嵌合する。
【0024】図1に示すように、ラジアル兼スラスト軸
受9は主軸8の段差部8aにより抜け止めすると共に、
ボルト34により中間壁1aに結合し、このラジアル兼
スラスト軸受9と出力コーンディスク16との間に出力
歯車35を介在させる。この出力歯車35は出力コーン
ディスク16にスプライン結合して、主軸8上に回転自
在に支持する。そして、前記のリンクサポート24は、
当然入出力コーンディスク15,16間に介装する。
【0025】出力コーンディスク16から遠い入力コー
ンディスク15の側に、ローディングカム36を配置
し、このローディングカムをドライブプレート37によ
り主軸8に駆動結合する。ドライブプレート37は主軸
8にねじ込んだローディングナット38で抜け止めし、
これにより無段変速ユニット5を後述する如く、段差部
8aおよびローディングナット38間で軸線方向に締め
上げて、予備組み立てし得るようにする。
【0026】出力歯車35に噛合するカウンター歯車3
9を第1カウンターシャフト40に設け、このカウンタ
ーシャフトには更にカウンター歯車41を成形する。図
2に示す如く歯車41に噛合する歯車42およびこれに
同軸の歯車43を第2カウンターシャフトに一体成形
し、歯車43に図示せざるディファレンシャルギヤのド
ライブリングギヤ44を噛合させる。
【0027】以上の摩擦車式無段変速機は、図2に1個
を示すマウントブラケット45を介して車体46に搭載
して実用に供するもので、以下の如くに作用する。
【0028】図1において、トルクコンバータ6を経て
入力軸7に伝達された回転は、前後進切換え歯車装置4
により、そのまま又は逆転されて主軸8に至る。主軸8
の回転は、ドライブプレート37およびローディングカ
ム36を経て入力コーンディスク15に伝達され、その
後回転は、入力コーンディスク15からパワーローラ1
7,18の軸線O2 周りの回転を介して出力コーンディ
スク16に達する。ここで、ローディングカム36は伝
達トルクに応じたスラストを生起して、入力コーンディ
スク15を出力コーンディスク16に向け付勢し、これ
ら入出力コーンディスクとパワーローラ17,18との
間の摩擦係合を確実にして、上記の伝動を可能ならしめ
る。そして、出力コーンディスク16の回転は順次の歯
車35,39,41,42,43,44を経て図示せざ
るディファレンシャルギヤに伝達される。
【0029】次に変速制御を説明するに、図2において
ピストン28,29によりトラニオン19,20を首振
り軸線O3 の方向に、同期して同位相でストロークさせ
ると、パワーローラ17,18がコーンディスク回転軸
線O1 からオフセットされて軸線O3 の周りに分力を受
け、当該軸線周りに首振り回動される。これによりパワ
ーローラ17,18は入出力コーンディスク15,16
に対する摩擦係合円径を連続的に変化され、入出力コー
ンディスク間の伝動比、つまり変速比を無段階に変化さ
せることができる。そして、変速比が所定比になったと
ころで、周知のフィードバック制御によりピストン2
8,29は、トラニオン19,20を介しパワーローラ
17,18を、コーンディスク回転軸線O1 からのオフ
セットが0となるようなストローク位置に復帰せしめ、
当該所定変速比を保つ。
【0030】ここで、上記実施例による摩擦車式無段変
速機の組み立て手順を説明する。この組み立てに当たっ
ては、先ず、図1に示すピストン28,29を除いて、
無段変速ユニット5を図4および図5に示すように予備
組み立てする。即ち、主軸8上に順次、段差部8aに向
けて軸受9、出力歯車35、出力コーンディスク16を
挿入し、次いでパワーローラ17,18と、トラニオン
19,20と、リンク21,22と、リンクサポート2
4との組み立てユニットを主軸8上に挿入し、その後入
力コーンディスク15、ローディングカム36、ドライ
ブプレート37を主軸8上に順次挿入し、最後にローデ
ィングナット38を主軸8に緊締して軸線方向に締め上
げることにより、無段変速ユニット5の予備組み立てを
行う。
【0031】かかる図4および図5に示す無段変速ユニ
ット5の予備組み立て体を、図2に示す向きで変速機ケ
ース1の後端開口から変速機ケース1内に挿入し、図1
に示す如く軸受9を中間壁1aに衝接させて嵌合する。
そして、軸受9をボルト34により中間壁1aに取着す
る。
【0032】次に、図2に示すようにリンクサポート2
4を、その4隅角においてボルト27で変速機ケース1
に取着し、この変速機ケース1の後端開口に図1の如く
リヤカバー3を被せることにより、ベアリング10を介
し主軸8を軸承する。
【0033】次いで、ピストン28,29を変速機ケー
ス1の外側からシリンダ32,33内に嵌合して、対応
するトラニオン19,20の軸端に突き合わせ、ボルト
30,31によりピストン28,29をトラニオン1
9,20の軸端に結合する。
【0034】更に、変速機ケース1の前端開口からは図
1に示すように、中間壁1aに向け前後進切換え歯車装
置4を組み込み、この組み込みにより自動的に、前後進
切換え歯車装置4の出力要素である遊星歯車組12のサ
ンギヤ12aが、無段変速ユニット5の入力要素である
主軸8にスプライン嵌合されるようにする。合わせて、
前後進切換え歯車装置4の組み込み時に、入力軸7の端
部を主軸8の軸孔に嵌合させる。
【0035】かくして本例の摩擦車式無段変速機では、
ピストン28,29を除いて無段変速ユニット5を予備
組み立てし、この予備組み立て体を変速機ケース1にそ
の後端開口から挿入し、次いでピストン28,29を、
変速機ケース1の外側から装着してトラニオン19,2
0の軸端に結合する組み立て手順を採用することがで
る。従ってスペースの狭い変速機ケース1内での組み立
て作業を完全になくして、組み立て作業性を大幅に向上
させ得ると共に、自動組み立てさえも実現させることが
できる。
【0036】また、リンク21,22を変速機ケース1
に支持するためのリンクサポート24が単一部品である
ため、その強度を確保し易く、変速時の大きなモーメン
トを受ける時も変形を生ずることがなく、変速制御の精
度を向上させることができる。
【0037】更に、リンクサポート24を取着すべき変
速機ケース1の部分と、ピストン28,29を嵌合すべ
きシリンダ32,33とが、一体成形されているため、
図4および図5の予備組み立て体の取り付け後にピスト
ン28,29を嵌合すると雖も、該ピストンを正確にト
ラニオン19,20に突き合わせることができ、組み立
て精度が悪くなることがない。
【0038】加えて本例のように、変速機ケース1の後
端開口より無段変速ユニット5を挿入し、前端開口より
前後進切換え歯車装置4を組み込み、この組み込みによ
り自動的に、該装置4および無段変速ユニット5間で動
力の受渡しを行うべきサンギヤ12aおよび主軸8間
が、スプライン嵌合により駆動結合されるよう構成する
場合、無段変速ユニット5と前後進切換え歯車装置4と
の組み合わせになる無段変速機であっても、これらを変
速機ケース1の軸線方向両端から組み込むことで、組み
立て作業性を容易に保つことができる。
【0039】なお上述の例では、2個のパワーローラ1
7,18を設けた場合について示したが、3個以上のパ
ワーローラを設ける場合も、同様の考え方に基づき同様
の作用効果を奏し得る構成を提供することができる。
【0040】図6および図7は、入出力コーンディスク
15,16間に3個のパワーローラ51を、これら入出
力コーンディスク15,16間で個々に動力の受渡しを
行うよう介在させた例で、図中、前記実施例におけると
同様の部分を同一符号にて示す。本例でも、3個のパワ
ーローラ51を主軸8の軸線周りに等間隔に、また回転
軸線が主軸8の軸線に指向するよう配置し、各パワーロ
ーラ51を個々のトラニオン52上に回転自在に支持す
る。
【0041】トラニオン52は図6に明示する如く、パ
ワーローラ回転軸線と直行する首振り軸線方向に延在さ
せ、3個のトラニオン52の隣合った端部同士をL字状
リンク53により、ボールジョイント54を介して、回
転自在および傾動自在に連結する。各リンク53の中央
は、変速機ケース軸線に対し軸直角なままで変速機ケー
ス1内に挿入し得る共通なヒトデ形リンクサポート55
の対応アームにその中程においてピン56により回動自
在に支持する。これがため、リンクサポート55の各ア
ームは図7に55a,55bで示すように中程より先端
部を2股とし、この2股間においてリンク53をピン5
6により枢支するものとする。
【0042】リンクサポート55は、主軸8が貫入する
丸孔55cを有して、前記実施例と同様に無段変速ユニ
ットを予備組み立て可能とし、この予備組み立て体を変
速機ケース1に取着するに際し、リンクサポート55を
変速機ケース1に取り付けるに当たっては、図7に示す
ように各アームの2股端部55a,55bをボルト5
7,58により変速機ケース1に取り付けるものとす
る。
【0043】更に図6に明示するように、各トラニオン
52の相互に遠い軸端部にピストン59を突き合わせて
結合させ、この突き合わせ結合を変速機ケース1の内側
で行わせると共に、該突き合わせ結合状態をボルト60
により保持する。なおピストン59は、変速機ケース1
の外側に開口させてこれに一体成形したシリンダ61に
摺動自在に嵌合する。
【0044】以上により、3個のパワーローラ51を設
ける場合においても、本例の如くに構成することで、無
段変速ユニットを予備組み立てし、この予備組み立て体
を変速機ケース1に軸線方向に挿入して取着した後、ピ
ストン59を変速機ケースの外側から嵌合してトラニオ
ン52に結合するという、前述した例と同様の組み立て
作業手順を採用することができる。従って、スペースの
狭い変速機ケース1内での組み立て作業を完全になくし
て、組み立て作業性を大幅に向上させ得ると共に、自動
組み立てさえも実現させることができる。
【0045】また、3個のリンク53を変速機ケース1
に支持するためのリンクサポート55が単一部品である
ため、その強度を確保し易く、変速時の大きなモーメン
トを受ける時も変形を生ずることがなく、変速制御の精
度を向上させることができる。
【0046】更に、リンクサポート55を取着すべき変
速機ケース1の部分と、ピストン59を嵌合すべきシリ
ンダ61とが、一体成形されているため、上記したよう
に予備組み立て体の取り付け後にピストン59を嵌合す
ると雖も、該ピストンを正確にトラニオン52に突き合
わせることができ、組み立て精度が悪くなることがな
い。
【0047】
【発明の効果】かくして第1発明の摩擦車式無段変速機
は、請求項1に記載の如く、変速制御用に摩擦車支持部
材をストロークさせるピストンを変速機ケースに外側か
ら嵌合すると共に、このピストンおよび摩擦車支持部材
間を、変速機ケースの内側において分離可能に結合し、
変速機ケース内にその一端開口より軸直角のまま挿入し
て取着可能なリンクサポートを設け、このリンクサポー
トに、無段変速ユニットの主軸が貫通する透孔を形成す
ると共に、摩擦車支持部材間のストロークを同期させる
ための各リンクの中央を枢支して、無段変速ユニットの
主軸上で入出力ディスクが相互に接近する方向に締め上
げることにより、上記ピストンを除いて無段変速ユニッ
トをリンクサポートに予備組み立てし得るようにし、こ
の予備組み立て体を変速機ケース内に一端開口より挿入
後、リンクサポートを変速機ケース内に軸直角な状態で
取着し、その後ピストンを変速機ケースに外側から嵌合
して、このピストンを摩擦車支持部材に結合したから、
ピストンを除いて無段変速ユニットを予備組み立てし、
この予備組み立て体を変速機ケース内に一端開口より挿
入する組み立て手順を採用することができ、作業スペー
スの極端に小さな変速機ケース内での作業をなくし得る
こととなって、組み立て作業性を大幅に向上させること
ができると共に、自動組み立てを実現することができ
る。
【0048】更に第1発明の摩擦車式無段変速機にあっ
ては、上記のリンクを夫々変速機ケースに支持するため
のリンクサポートが単一部品であるため、リンクサポー
トの強度を確保し易く、変速時の大きなモーメントを受
ける時も変形しにくく、変速制御精度が悪くなるのを防
止することもできる。
【0049】また第2発明では、上記第1発明におい
て、リンクサポートを取着すべき変速機ケースの部分
と、ピストンを嵌合すべきシリンダとを一体に成形した
から、上記の手順による組み立てに際し、ピストンを上
記の予備組み立て体に対し後付けすると雖も、組み立て
精度が悪くなることがなくなる。
【0050】さらに第3発明では、上記第1発明又は第
2発明において、変速機ケースの他端開口より前後進切
換え歯車装置を組み込み、この組み込みにより自動的
に、該装置および前記無段変速ユニット間で動力の受渡
しを行うべき要素間が嵌合により駆動結合されるよう構
成したから、無段変速ユニットと前後進切換え歯車装置
との組み合わせになる無段変速機であっても、これらを
変速機ケースの両端から組み込むことで、組み立て作業
性を容易に保つことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による摩擦車式無段変速機の一実施例を
示す縦断側面図である。
【図2】図1のA−A線上における横断面図である。
【図3】同例におけるリンクサポートとリンクとの相関
関係を示す斜視図である。
【図4】同例における無段変速ユニットの予備組み立て
体を示す縦断側面図である。
【図5】同例における無段変速ユニットの予備組み立て
体を示す横断面図である。
【図6】本発明による摩擦車式無段変速機の他の実施例
を示す、図2と同様な横断面図である。
【図7】同例におけるリンクサポートの変速機ケースに
対する取着構造を示す詳細断面図である。
【符号の説明】
1 変速機ケース 2 コンバータハウジング 3 リヤカバー 4 前後進切換え歯車装置 5 トロイダル伝動ユニット(無段変速ユニット) 6 トルクコンバータ 7 入力軸 8 主軸 9 ラジアル兼スラスト軸受 10 ラジアルニードルベアリング 12 単純遊星歯車組 13 前進クラッチ 14 後進ブレーキ 15 入力コーンディスク(入力ディスク) 16 出力コーンディスク(出力ディスク) 17 パワーローラ(摩擦車) 18 パワーローラ(摩擦車) 19 トラニオン(摩擦車支持部材) 20 トラニオン(摩擦車支持部材) 22 リンク 23 ボールジョイント 24 リンクサポート 27 ボルト 28 ピストン 29 ピストン 30 ボルト 31 ボルト 32 シリンダ 33 シリンダ 34 ボルト 35 出力歯車 36 ローディングカム 37 ドラインブプレート 38 ローディングナット 51 パワーローラ(摩擦車) 52 トラニオン(摩擦車支持部材) 53 リンク 54 ボールジョイント 55 リンクサポート 56 ピン 57 ボルト 58 ボルト 59 ピストン 60 ボルト 61 シリンダ

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 主軸上に対向配置した入出力ディスク
    と、これら入出力ディスク間で摩擦係合により動力の受
    渡しを行うよう、該入出力ディスクの回転軸線周りに配
    置された複数の摩擦車とよりなる無段変速ユニットを、
    変速機ケース内に収納し、 各摩擦車を回転自在に支持した摩擦車支持部材を個々に
    ピストンで、摩擦車の回転軸線と直行する首振り軸線方
    向へ同期してストロークさせることにより、各摩擦車の
    首振りを生起させて変速を行うと共に、 摩擦車支持部材の隣合う端部同士を相互に、前記ストロ
    ークの同期が補償されるよう、中央が変速機ケースに枢
    支されたリンクにより連結させた摩擦車式無段変速機に
    おいて、 前記ピストンを変速機ケースに外側から嵌合すると共
    に、このピストンおよび前記摩擦車支持部材間を、変速
    機ケースの内側において分離可能に結合し、 前記変速機ケース内に一端開口より軸直角のまま挿入し
    て取着可能なリンクサポートを設け、 該リンクサポートに前記主軸が貫通する透孔を形成する
    と共に前記各リンクの中央を枢支して、該主軸上で入出
    力ディスクが相互に接近する方向に締め上げることによ
    り、前記ピストンを除いて無段変速ユニットを前記リン
    クサポートに予備組み立てし得るようにし、 この予備組み立て体を前記変速機ケース内に一端開口よ
    り挿入後、前記リンクサポートを変速機ケース内に軸直
    角な状態で取着し、その後前記ピストンを変速機ケース
    に外側から嵌合して、このピストンを前記摩擦車支持部
    材に結合したことを特徴とする摩擦車式無段変速機。
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記リンクサポート
    を取着すべき変速機ケースの部分と、前記ピストンを嵌
    合すべきシリンダとを、一体に成形したことを特徴とす
    る摩擦車式無段変速機。
  3. 【請求項3】 請求項1または2において、前記変速機
    ケースの他端開口より前後進切換え歯車装置を組み込
    み、この組み込みにより自動的に、該装置および前記無
    段変速ユニット間で動力の受渡しを行うべき要素間が嵌
    合により駆動結合されるよう構成したことを特徴とする
    摩擦車式無段変速機。
JP5318422A 1993-12-17 1993-12-17 摩擦車式無段変速機の組立方法 Expired - Fee Related JP3022111B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5318422A JP3022111B2 (ja) 1993-12-17 1993-12-17 摩擦車式無段変速機の組立方法

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5318422A JP3022111B2 (ja) 1993-12-17 1993-12-17 摩擦車式無段変速機の組立方法
US08/355,317 US5676618A (en) 1993-12-17 1994-12-12 Transmission having a friction-roller-type continuously variable transmission subassembly and separate externally connected control pistons
DE4444952A DE4444952C2 (de) 1993-12-17 1994-12-16 Reibrollengetriebe mit stufenlos veränderbarer Drehzahl und Verfahren zur Montage eines Reibrollengetriebes

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07167240A true JPH07167240A (ja) 1995-07-04
JP3022111B2 JP3022111B2 (ja) 2000-03-15

Family

ID=18098981

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5318422A Expired - Fee Related JP3022111B2 (ja) 1993-12-17 1993-12-17 摩擦車式無段変速機の組立方法

Country Status (3)

Country Link
US (1) US5676618A (ja)
JP (1) JP3022111B2 (ja)
DE (1) DE4444952C2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5803857A (en) * 1996-02-13 1998-09-08 Nissan Motor Co., Ltd. Continuously variable traction roller transmissions
JP2014015996A (ja) * 2012-07-10 2014-01-30 Nsk Ltd トロイダル型無段変速機及び無段変速装置

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5607372A (en) * 1995-01-13 1997-03-04 The Torax Company, Inc. Co-axial drive for a toroidal drive type transmission
JP3355941B2 (ja) * 1996-07-16 2002-12-09 日産自動車株式会社 トロイダル型無段変速機
JP3496417B2 (ja) * 1996-12-05 2004-02-09 日産自動車株式会社 トロイダル型無段変速機
EP0874178B1 (en) 1997-04-22 2002-02-20 Nissan Motor Company Limited Toroidal type continuously variable transmission
US6244985B1 (en) 1997-07-26 2001-06-12 Zf Friedrichshafen Ag Infinitely variable toroidal drive
WO1999005434A1 (de) 1997-07-26 1999-02-04 Zf Friedrichshafen Ag Stufenloses reibradgetriebe
JP3630297B2 (ja) 2000-03-23 2005-03-16 日産自動車株式会社 自動車用トロイダル式無段変速機
EP1164316B1 (de) * 2000-06-09 2009-11-25 FTE automotive GmbH Hydraulische Stellvorichtung für die Betätigung einer Schaltstange
JP4244512B2 (ja) 2000-09-14 2009-03-25 日本精工株式会社 トロイダル型無段変速機
DE10148399A1 (de) * 2001-09-29 2003-04-24 Zahnradfabrik Friedrichshafen Toroidgetriebe mit Verstelleinrichtung
JP3879913B2 (ja) * 2002-05-23 2007-02-14 日本精工株式会社 トロイダル型無段変速機
DE10308496A1 (de) 2003-02-26 2004-09-16 Daimlerchrysler Ag Toroidgetriebe
DE10309569A1 (de) 2003-03-04 2004-09-16 Daimlerchrysler Ag Toroidgetriebe
US8827864B2 (en) * 2009-10-08 2014-09-09 Ultimate Transmissions Pty Ltd Full toroidal traction drive
US8858389B2 (en) * 2012-01-27 2014-10-14 Gm Global Technology Operations, Llc Variator assembly
JP2015083864A (ja) * 2013-09-20 2015-04-30 日本精工株式会社 トロイダル型無段変速機及び無段変速装置

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1986264A (en) * 1932-08-12 1935-01-01 Frank A Hayes Variable speed transmission mechanism
GB392570A (en) * 1931-08-19 1933-05-19 Improvements in or relating to variable-speed and other friction gearing
US2097633A (en) * 1933-11-03 1937-11-02 Erban Operating Corp Transmission mechanism
US3810398A (en) * 1972-11-16 1974-05-14 Tracor Toric transmission with hydraulic controls and roller damping means
US5020384A (en) * 1988-10-17 1991-06-04 Excelermatic Inc. Infinitely variable traction roller transmission
JP2501911B2 (ja) * 1989-08-15 1996-05-29 日産自動車株式会社 トロイダル型無段変速機
US4974466A (en) * 1989-11-27 1990-12-04 Excelermatic Inc. Infinitely variable traction roller transmission
US5085089A (en) * 1991-02-06 1992-02-04 Excelermatic Inc. Infinitely variable traction roller transmission
JPH04321855A (en) * 1991-04-23 1992-11-11 Nissan Motor Co Ltd Frictional wheel type continuously variable transmission
US5261863A (en) * 1992-01-08 1993-11-16 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Toroidal type continuously variable speed transmission mechanism
US5330396A (en) * 1992-12-16 1994-07-19 The Torax Company, Inc. Loading device for continuously variable transmission

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5803857A (en) * 1996-02-13 1998-09-08 Nissan Motor Co., Ltd. Continuously variable traction roller transmissions
JP2014015996A (ja) * 2012-07-10 2014-01-30 Nsk Ltd トロイダル型無段変速機及び無段変速装置

Also Published As

Publication number Publication date
DE4444952C2 (de) 1997-04-30
DE4444952A1 (de) 1995-06-22
JP3022111B2 (ja) 2000-03-15
US5676618A (en) 1997-10-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07167240A (ja) 摩擦車式無段変速機
US6258003B1 (en) Infinite speed ratio transmission device and assembly method thereof
JP3758546B2 (ja) 無段変速装置
EP1586797A2 (en) Parking mechanism for transmission
US5052990A (en) Transmission using ball and screw mechanical actuators
JP3189677B2 (ja) トロイダル型無段変速機
JP2001116097A (ja) トロイダル型無段変速機
JPH09217803A (ja) 摩擦車式無段変速機
JP2003207042A (ja) 無段変速装置
JP2004211744A (ja) 無段変速装置
JP2004084816A (ja) トロイダル型無段変速機
JPH0539834A (ja) トロイダル無段変速機のパワートレーン支持構造
JP3055383B2 (ja) 摩擦車式無段変速機
US6283888B1 (en) Infinite speed ratio transmission device
JP2003090404A (ja) トロイダル型無段変速機のパワーローラ支持構造
JP3603544B2 (ja) トロイダル型無段変速機
JPH0835549A (ja) トロイダル型無段変速機
JP2936983B2 (ja) 摩擦車式無段変速型トランスアクスル
JP3225132B2 (ja) トロイダル型無段変速機
JPH074477A (ja) 変速装置
JPH10184834A (ja) 無段変速機
JP3374751B2 (ja) トロイダル型無段変速機
JP2002227999A (ja) 自動変速機のパークロック装置
JP4496892B2 (ja) トロイダル型無段変速機
JPH0743491Y2 (ja) カップリング装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100114

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees