JPH07158016A - 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造 - Google Patents

鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造

Info

Publication number
JPH07158016A
JPH07158016A JP30561693A JP30561693A JPH07158016A JP H07158016 A JPH07158016 A JP H07158016A JP 30561693 A JP30561693 A JP 30561693A JP 30561693 A JP30561693 A JP 30561693A JP H07158016 A JPH07158016 A JP H07158016A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
steel pipe
steel pipes
joint
columnar body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP30561693A
Other languages
English (en)
Inventor
Hajime Ouchi
一 大内
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Original Assignee
Obayashi Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP30561693A priority Critical patent/JPH07158016A/ja
Publication of JPH07158016A publication Critical patent/JPH07158016A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 鋼管・コンクリート複合構造柱状体を施工す
るにあたり、簡単な工事で能率よく鋼管を継ぎ足すこと
ができ、また充分な強度の柱状体を構築することができ
るようにする。 【構成】 基礎上に立設された鋼管を順次上方に継ぎ足
し、その鋼管1,2を内包するようにコンクリート6を
打設することで構築される柱状体において、継ぎ足され
た上下2本の鋼管はほぼ同一軸上に配置され、その内部
にコンクリート4,5が充填されているとともに、両鋼
管の端部内周面にはリブ1a,2aが突設され、かつ両
鋼管の継ぎ目部分の内周部には両鋼管にわたってジョイ
ント鋼材3が配設されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、SRC造(鉄骨鉄筋
コンクリート造)に分類される鋼管・コンクリート複合
構造の高い橋脚のような柱状体に関し、特に、コンクリ
ート柱状体に内包される鋼管の重ね継手構造に関する。
【0002】
【従来の技術】山岳部の高速道路などの高橋脚の橋梁を
もっと能率よく施工することができないだろうか。この
ような要求に対して考え出されたのが、この発明の対象
となる鋼管・コンクリート複合構造高橋脚である。従来
一般的な橋脚がRC造(鉄筋コンクリート造)であるの
に対して、最近開発された鋼管・コンクリート複合構造
はSRC造に分類される。
【0003】RC橋脚は、多数の縦方向の主筋に一定の
ピッチで帯筋を配してコンクリートを打設する。山岳部
の高速道路のように橋脚の高さが30mを超え、100
mにも達するような場合には、配筋工事、型枠工事、コ
ンクリート工事にあたって膨大な手間と仮設物が必要と
なる。
【0004】これに対して鋼管・コンクリート複合構造
では、鉄筋の代りに縦方向は鋼管を、横方向はPCスト
ランドを使用している。またコンクリート工事の施工は
スリップフォーム工法によっている。つまり、基礎上に
立設した鋼管を順次上方に継ぎ足し、これにスリップフ
ォームの型枠・足場をつり、帯筋としてのPCストラン
ドを鋼管に螺旋状に巻き付けながらコンクリートを打設
する。このような新工法によれば飛躍的に施工スピード
が向上するものと期待されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前述した鋼管・コンク
リート複合構造高橋脚に関する既提案の技術では、30
〜100mもの高さにわたって鋼管を継ぎ足す方法とし
て、鋼管の端部を突き合せて溶接あるいはボルト止めに
よって接合していた。しかし、溶接接合およびボルト止
め接合で鋼管を継ぎ足す工法では、現場での溶接工事あ
るいはボルト止め工事が比較的面倒であり、特に他の工
事の進行状態との関係が複雑で工期上のクリティカルパ
スになることが分った。
【0006】この発明は前述した従来の問題点に鑑みな
されたもので、その目的は、前記の鋼管・コンクリート
複合構造柱状体を施工するにあたり、簡単な工事で能率
よく鋼管を継ぎ足すことができ、また充分な強度の柱状
体を構築することができるようにした鋼管の重ね継手構
造を提供するものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】この発明に係る鋼管の重
ね継手構造では、基礎上に立設された鋼管を順次上方に
継ぎ足し、その鋼管を内包するようにコンクリートを打
設することで構築される柱状体において、継ぎ足された
上下2本の鋼管はほぼ同一軸上に配置され、その内部に
コンクリートが充填されているとともに、両鋼管の端部
内周面にはリブが突設され、かつ両鋼管の継ぎ目部分の
内周部には両鋼管にわたってジョイント鋼材が配設され
ている。
【0008】
【作用】両鋼管の内部に充填されたコンクリートと両リ
ブ付き鋼管との付着力、および前記コンクリートと前記
ジョイント鋼材との付着力を介して、鋼管同士の応力伝
達がなされる。
【0009】
【実施例】この発明を採用した鋼管・コンクリート複合
構造柱状体における鋼管の重ね継手構造の一実施例を図
1に示している。図のように、下部の鋼管1の上端に同
じ径の鋼管2を同一軸上に継ぎ足すのであるが、その継
ぎ目部分の内周にジョイント鋼材としての短鋼管3を介
在させている。短鋼管3の長さは鋼管1と2の直径の2
〜4倍程度であり、その下半分が下の鋼管1の上端部内
に挿入され、上半分が上の鋼管2の下端部内に挿入され
ている。短鋼管3は、鋼管1の先端近くの内周に等間隔
で放射状に溶接固定された例えば4個の位置決めブラケ
ット1Aによって支持されている。また、鋼管2は、鋼
管1の天端上に設置された複数のスペーサ(図示しな
い)によって鋼管1上に同軸上に立設されている。
【0010】図1に示すように、鋼管1の端部の内周面
には多数の内リブ1aが突設されているとともに、まっ
たく同様に鋼管2の端部の内周面に多数の内リブ2aが
突設されている。さらに、短鋼管3の外周面には多数の
外リブ3aが突設されている。鋼管1と2の継ぎ目の内
部において、鋼管1、2の内リブ1a、2aと短鋼管3
の外リブ3aとが対向している。これら内リブ1a、2
aのある鋼管1、2の内周面と外リブ3aのある短鋼管
3の外周との間には適宜な間隔があく寸法関係になって
いる。なお、同図では鋼管1、2の先端部分のみに内リ
ブ1a、2aが形成されたものを示したが、全長に渡っ
て内リブを形成してもよいことは言うまでもない。
【0011】そして図1に示すように、鋼管1と鋼管2
の内部にコンクリート4が充填されているとともに、短
鋼管3の外周と両鋼管1と2の内周との間隔部分にもコ
ンクリート5が充填され、さらに鋼管1と2を全体的に
内包するようにコンクリート6が打設されている。なお
前述したように、立設した鋼管に帯筋としてのPCスト
ランドを螺旋状に巻き付けてからコンクリート7を打設
するが、この図ではPCストランドは省略している。
【0012】鋼管1と2およびジョイント鋼材である短
鋼管3の重合部分においては、鋼管1に内リブ1aがあ
り、鋼管2に内リブ2aがあり、短鋼管3に外リブ3a
があるので、これらの間隔部分に充填されたコンクリー
ト5と鋼管1、鋼管2、短鋼管3との付着力は充分に大
きくなる。従って、鋼管1と鋼管2との間でコンクリー
ト5および短鋼管3を介して応力が伝達される。また、
鋼管1と2の内部にもコンクリート4が充填されている
ので、ポアソン比による鋼管の細りやずれに対する大き
な拘束効果が得られる。
【0013】図2にはこの発明の第2の実施例を示して
いる。図1の実施例における外リブ付き短鋼管3と鋼管
1、2の間隔部分に、追加のジョイント鋼材である多数
のリブ付き鋼板7を放射状に配設してコンクリート4,
5を充填している。このリブ付き鋼板7も鋼管1と鋼管
2の間の応力伝達に寄与するので、鋼管1と鋼管2の力
学的結合力が図1の実施例より大きくなる。
【0014】図3にはこの発明の第3の実施例を示して
いる。この実施例では、鋼管1と鋼管2の継ぎ目の内周
部に、多数のリブ付き鋼板8を放射状に配設してジョイ
ント鋼材とし、鋼管内部にコンクリート4を充填してい
る。
【0015】図4にはこの発明の第4の実施例を示して
いる。この実施例では、鋼管1と鋼管2の継ぎ目の内周
部に、リブ付きのH型鋼9とやはりリブ付きの平鋼板1
0とを角筒型に組み合わせて配設し、ジョイント鋼材と
している。
【0016】図5にはこの発明の第5の実施例を示して
いる。この実施例では、鋼管1と鋼管2の継ぎ目の内周
部に、円筒枠状に組立てた異形鉄筋11を配設し、ジョ
イント鋼材としている。
【0017】いずれの実施例におけるジョイント鋼材
も、鋼管内に充填されたコンクリート4と結合して鋼管
1と鋼管2との間の応力伝達に寄与する。
【0018】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、この発明
は、端部内周面に内リブを有する2本の鋼管の継ぎ目部
分の内周に適宜なジョイント鋼材を配設して鋼管内にコ
ンクリートを充填し、そのコンクリートおよびジョイン
ト鋼材を介して鋼管同士の応力を伝達する重ね継手構造
としたので、前述した鋼管・コンクリート複合構造柱状
体の施工が簡単で合理的に行え、しかも充分な力学的強
度のある柱状体を構築することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施例による鋼管の重ね継手構造
の概略図である。
【図2】この発明の第2実施例の要部を示す平断面図で
ある。
【図3】この発明の第3実施例の要部を示す平断面図で
ある。
【図4】この発明の第4実施例の要部を示す平断面図で
ある。
【図5】この発明の第5実施例の要部を示す平断面図で
ある。
【符号の説明】
1 鋼管 1a 内リブ 2 鋼管 2a 内リブ 3 短鋼管(ジョイント鋼材) 3a 外リブ 4,5,6 コンクリート 7 リブ付き鋼板(ジョイント鋼材) 8 リブ付き鋼板(ジョイント鋼材) 9 リブ付きH型鋼(ジョイント鋼材) 10 リブ付き鋼板(ジョイント鋼材) 11 異形鉄筋(ジョイント鋼材)

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 基礎上に立設された鋼管を順次上方に継
    ぎ足し、その鋼管を内包するようにコンクリートを打設
    することで構築される柱状体において、 継ぎ足された上下2本の鋼管はほぼ同一軸上に配置さ
    れ、その内部にコンクリートが充填されているととも
    に、両鋼管の端部内周面にはリブが突設され、かつ両鋼
    管の継ぎ目部分の内周部には両鋼管にわたってジョイン
    ト鋼材が配設されていることを特徴とする鋼管・コンク
    リート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造。
  2. 【請求項2】 前記ジョイント鋼材は異形鉄筋を含むこ
    とを特徴とする請求項1に記載の鋼管・コンクリート複
    合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造。
  3. 【請求項3】 前記ジョイント鋼材はリブ付き鋼板を含
    むことを特徴とする請求項1に記載の鋼管・コンクリー
    ト複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造。
  4. 【請求項4】 前記ジョイント鋼材は外周面にリブを有
    するリブ付き鋼管を含むことを特徴とする請求項1に記
    載の鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の
    重ね継手構造。
  5. 【請求項5】 前記ジョイント鋼材はフランジ外面にリ
    ブを有するリブ付きH型鋼を含むことを特徴とする請求
    項1に記載の鋼管・コンクリート複合構造柱状体におけ
    る鋼管の重ね継手構造。
JP30561693A 1993-12-06 1993-12-06 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造 Pending JPH07158016A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30561693A JPH07158016A (ja) 1993-12-06 1993-12-06 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30561693A JPH07158016A (ja) 1993-12-06 1993-12-06 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07158016A true JPH07158016A (ja) 1995-06-20

Family

ID=17947286

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30561693A Pending JPH07158016A (ja) 1993-12-06 1993-12-06 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07158016A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100762166B1 (ko) * 2006-08-17 2007-10-05 재단법인 포항산업과학연구원 프리캐스트 교각 구조물 및 그 시공 방법
JP2013002054A (ja) * 2011-06-13 2013-01-07 Ohbayashi Corp コンクリート充填鋼管柱における鋼管の接合構造、及び、鋼管の接合方法
JP2013104172A (ja) * 2011-11-10 2013-05-30 Shimizu Corp 鋼板コンクリート構造
JP2015045177A (ja) * 2013-08-28 2015-03-12 株式会社大林組 管材の連結構造、及び、管材の連結方法
KR20160079458A (ko) * 2014-12-26 2016-07-06 주식회사 포스코 복합 교각 연결 구조체 및 이의 시공방법

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100762166B1 (ko) * 2006-08-17 2007-10-05 재단법인 포항산업과학연구원 프리캐스트 교각 구조물 및 그 시공 방법
JP2013002054A (ja) * 2011-06-13 2013-01-07 Ohbayashi Corp コンクリート充填鋼管柱における鋼管の接合構造、及び、鋼管の接合方法
JP2013104172A (ja) * 2011-11-10 2013-05-30 Shimizu Corp 鋼板コンクリート構造
JP2015045177A (ja) * 2013-08-28 2015-03-12 株式会社大林組 管材の連結構造、及び、管材の連結方法
KR20160079458A (ko) * 2014-12-26 2016-07-06 주식회사 포스코 복합 교각 연결 구조체 및 이의 시공방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5038540A (en) Sectional smokestack
JP2003041708A (ja) 構造用部材
JP3700102B2 (ja) 建築物の基礎構造
JPH09317008A (ja) 充填鋼管コンクリート柱の接合構造
JPH07158016A (ja) 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造
JPH07292783A (ja) Pc部材の接続構造
CN208105474U (zh) 一种上、下内墙与楼板的装配节点
JPH07158015A (ja) 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造
WO2002016701A1 (en) Reinforcement structure for a foundation pile
JPH0518003A (ja) 鋼管コンクリート柱とハーフプレキヤスト鉄筋コンクリート柱の接合方法。
JP3728653B2 (ja) フラットスラブとコンクリート充填鋼管柱との接合構造及びフラットスラブの施工方法
KR102017822B1 (ko) 충전 강관과 선조립 철근망을 이용한 내진 설계용 보-기둥 시공 방법
JP3818072B2 (ja) 多柱合成橋脚構造およびその構築方法
JP2002332691A (ja) 柱と梁の仕口部構造
JP3022107B2 (ja) 鋼管・コンクリート複合構造柱状体における鋼管の重ね継手構造
KR101576865B1 (ko) 역 t형 주형보를 이용한 교량 슬래브의 무지보 시공 방법
JP4298628B2 (ja) 鋼管柱接合部エレメントを用いた高架橋の梁部の施工法
JP4347195B2 (ja) 鋼管柱接合エレメントを用いた高架橋基礎部の施工法
JPH0959933A (ja) 充填被覆形鋼管コンクリート構造及び施工法
KR0150304B1 (ko) 건축구조물의 지상층 및 지하층 골조의 병행 시공방법
JP3106263B2 (ja) 充填コンクリート鋼管柱を用いる建物躯体の構築法
JPH05263421A (ja) 柱列式山留め壁
JPH0953229A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造地下壁を基礎とするコンクリート充填鋼管柱応用の構造物及びその施工方法
JPH0654049B2 (ja) 充填鋼管コンクリート柱および充填鋼管コンクリート柱の構築方法
JP2001207410A (ja) 橋脚構造物及びその構築方法