JPH07148544A - 複合加圧成形装置及び成形方法 - Google Patents

複合加圧成形装置及び成形方法

Info

Publication number
JPH07148544A
JPH07148544A JP29784993A JP29784993A JPH07148544A JP H07148544 A JPH07148544 A JP H07148544A JP 29784993 A JP29784993 A JP 29784993A JP 29784993 A JP29784993 A JP 29784993A JP H07148544 A JPH07148544 A JP H07148544A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
die
billet
shape
molding
forming
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP29784993A
Other languages
English (en)
Inventor
Shoichi Ando
Yoshihisa Doi
Makoto Otsubo
善久 土井
信 大坪
省一 安藤
Original Assignee
Honda Motor Co Ltd
本田技研工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Honda Motor Co Ltd, 本田技研工業株式会社 filed Critical Honda Motor Co Ltd
Priority to JP29784993A priority Critical patent/JPH07148544A/ja
Publication of JPH07148544A publication Critical patent/JPH07148544A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21CMANUFACTURE OF METAL SHEETS, WIRE, RODS, TUBES OR PROFILES, OTHERWISE THAN BY ROLLING; AUXILIARY OPERATIONS USED IN CONNECTION WITH METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL
    • B21C23/00Extruding metal; Impact extrusion
    • B21C23/001Extruding metal; Impact extrusion to improve the material properties, e.g. lateral extrusion

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明は、例えば軽合金材の押出しに際し押
出されたビレットの前面に同時に形状を付与するように
した成形装置及び成形方法に関する。 【構成】 押出し加工用の押出しダイ2の出口に、押出
されたビレットWの前面に形状を付与する加圧ダイ3を
開閉自在に設け、この加圧ダイ3と押出しダイ2によっ
て成形キャビティ8を形成し、押出し加工する。そし
て、成形キャビティ8内にビレットWを押込むことで、
ビレットWの先端に形状部Wkを形成し、加圧ダイ3を
型開きして形状部Wkをカットする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えば軽合金材の押出
しに際し押出されたビレットの前面に同時に形状を付与
するようにした成形装置及び成形方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、軽合金を押出し加工するような方
法において、例えば特開平4−59147号のような方
法が知られてい。この方法は、コネクティングロッドの
外形形状に近似したダイ孔を備えた押出ダイによって押
出成形材料から棒状材を形成し、この棒状材を所定間隔
おきに切断して異形押出材を成形するようにしている。
【0003】そして、このように切出された異形押出材
は、製品形状に対応する成形キャビティを構成する一対
の鍛造型の型面間にセットされて鍛造され、従来のよう
な棒状ビレットを使用することに較べて、製品の外形形
状に近似した異形押出材から成形することで材料の歩留
りの向上が図られるものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の製造法
においては、押出し成形では押出方向の直交断面の形状
を異形に成形することは出来ても、その前面とか後面に
形状を付与することが出来ないため、上記技術のように
押出し工程を行った後、形状部の切断工程、及び型鍛造
工程等の複数の工程を経る必要があり、多大な労力を要
するばかりでなく、設備の大型化等を招くといった問題
があった。
【0005】
【課題を解決するための手段】かかる課題を解決するた
め本発明は、押出し加工用の押出しダイの出口に、押出
されたビレットの前面に形状を付与する加圧ダイを開閉
自在に設け、この加圧ダイと押出しダイによって成形キ
ャビティを形成した状態で押出し加工するようにした。
そして、押出しダイから押出されたビレットの一部を成
形キャビティ内に押込んでビレットの先端に形状部を形
成し、加圧ダイを型開きして形状部をカットするように
した。
【0006】
【作用】押出し成形したビレットを成形キャビティ内に
押込むことで、押出し加工と同時に押出し方向の前面又
は後面に形状を付与する。そして加圧ダイを型開きして
形状をカットすれば工程数が短縮され、設備の小型化、
省スペース化が可能である。
【0007】
【実施例】本発明の複合加圧成形装置及び成形方法の実
施例について添付した図面に基づき説明する。図1は第
1実施例の複合加圧成形装置による成形方法の流れ図、
図2は第2実施例の複合加圧成形装置による成形方法の
流れ図である。
【0008】本発明の複合加圧成形装置は、例えば軽合
金によって図2(ホ)に示すような略馬蹄形状の車両の
サスペンションアームWsを成形するような装置として
構成され、ビレットWを収容するコンテナ1の下流に、
押出しダイ2を備えるとともに、この押出しダイ2の出
口側に加圧ダイ3を備えている。
【0009】そして、コンテナ1には例えば円柱状のビ
レットWを収容するための中空孔4が設けられ、この中
空孔4内にビレットW加圧用のステム5が進退動自在に
設けられている。
【0010】前記押出しダイ2は、上流側と下流側の一
対の押出し金型2a、2bから構成されており、これら
押出し金型2a、2bには、入口側から出口側に向けて
断面積が狭まる断面円形のダイ孔6、7が設けられてい
る。
【0011】また、下流の押出し金型2bのビレットW
の出口側の裏面には、押出された成形品の後面に形状を
付与するための成形部kが形成されている。
【0012】前記加圧ダイ3は、下流の押出し金型2b
の裏面に近接して配置され、押出し方向に沿って開閉自
在にされるとともに、加圧ダイ3の移動によって前記下
流の押出し金型2bとの間に成形キャビティ8を形成す
るようにしている。
【0013】そしてこの成形キャビティ8の押出し方向
から見た形状は、図2(ニ)に示すように、最終形状の
サスペンションマームWsより一回り大きめの形状とさ
れている。
【0014】また、この成形キャビティ8側に臨む加圧
ダイ3の前面には、押出されたビレットWの前面に形状
を付与するための成形部3kが形成されている。
【0015】以上のような複合加圧成形装置による成形
法について説明する。
【0016】図1(イ)に示すように、加圧ダイ3をや
や後退させた状態で、コンテナ1の中空孔4内に加熱し
たビレットWを収容し、ステム5によって押出しダイ2
に向けて押し出す。するとビレットWは、押出し方向に
対して直交断面形状を変化させながら成形され、ダイ孔
7の出口から成形キャビティ8内に流れ込む。
【0017】更にステム5を加圧することで、成形キャ
ビティ8の空所に材料を充満させ、また、(ロ)に示す
ように、加圧ダイ3を型締め方向に移動させて、加圧ダ
イ3の成形部3kによってビレットWの前面に形状付与
すると同時に、下流の押出し金型2bの成形部kによっ
てビレットWの後面に形状付与する。
【0018】そして、成形キャビティ8に入り込む前の
ビレットWの先端に、成形キャビティ8の形状と同一の
形状部Wkを成形する。
【0019】成形部Wkの成形が終えると、(ハ)に示
すように、加圧ダイ3を型開きし、押出し金型2bから
離型した後、(ニ)に示すように成形部Wkをカットす
る。
【0020】そして、必要に応じてこの成形部Wkをト
リミングして、図2(ホ)に示すようなサスペンション
アームWsを成形する。
【0021】次に、本案の第2実施例について図2に基
づき説明する。
【0022】この実施例の場合は前記第1実施例に較べ
て、下流の押出し金型2bの裏面に成形部kが形成され
ておらず、加圧ダイ3の成形部3kのみが形成されてい
る。尚、図番は上記構成品と同一箇所について同一番号
を付している。
【0023】そして、(イ)に示すように、加圧ダイ3
を僅かに後退させた状態で、ステム5を加圧してコンテ
ナ1内のビレットWを押出し、成形キャビティ8内に材
料を流入させる。
【0024】そして、(ロ)に示すように、成形キャビ
ティ8内にビレットが充満して押込まれたビレットWの
前面だけに形状が付与された形状部Wk1が成形される
と、(ハ)に示すように、形状部Wk1を切り離し、こ
の形状部Wk1をプレス工程で処理することによって、
(ニ)に示すように、裏面側にも形状付与した形状部W
2を成形する。
【0025】こうしてプレス工程で形状部Wk1の裏面
側にのみ形状を付与することで、プレス工程において大
きなプレス圧を必要とせず、設備の小型化が可能になる
とともに、歩留りも向上する。
【0026】そして、このプレス工程を経た形状部Wk
2を(ホ)に示すようにトリミング加工してサスペンシ
ョンアームWsを成形する。
【0027】
【発明の効果】以上のように本発明の複合加圧成形装置
及び成形方法は、押出しダイの出口に押出されたビレッ
トの前面に形状を付与する加圧ダイを臨ませ、この加圧
ダイを開閉自在にしたため、押出し加工と同時に押し出
されたビレットの前面に形状が付与され、爾後の工程を
簡略化することが出来る。しかも、設備の小型化、省ス
ペース化が図られ、設備コストも安価になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本装置による成形を示す流れ図
【図2】本装置の別構成例による成形を示す流れ図
【符号の説明】
2 押出しダイ 3 加圧ダイ 3k 成形部 8 成形キャビティ W ビレット Wk 形状部

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 押出し加工用の押出しダイの出口に、押
    出されたビレットの前面に形状を付与する加圧ダイを設
    け、この加圧ダイと押出しダイによって成形キャビティ
    を形成するとともに、この加圧ダイを開閉自在にしたこ
    とを特徴とする複合加圧成形装置。
  2. 【請求項2】 前記加圧ダイを型締めして押出しダイか
    らビレットを押出す工程と、前記成形キャビティ内にビ
    レットの一部を押込んでビレットの先端に形状部を形成
    する工程と、加圧ダイを型開きして前記形状部をカット
    する工程からなる複合加圧成形装置による成形方法。
JP29784993A 1993-11-29 1993-11-29 複合加圧成形装置及び成形方法 Withdrawn JPH07148544A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29784993A JPH07148544A (ja) 1993-11-29 1993-11-29 複合加圧成形装置及び成形方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29784993A JPH07148544A (ja) 1993-11-29 1993-11-29 複合加圧成形装置及び成形方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07148544A true JPH07148544A (ja) 1995-06-13

Family

ID=17851951

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29784993A Withdrawn JPH07148544A (ja) 1993-11-29 1993-11-29 複合加圧成形装置及び成形方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07148544A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1652598A1 (en) * 2003-07-22 2006-05-03 Katsuaki Nakamura Metal molding method and machine, and metal molded body
CN105921663A (zh) * 2016-06-30 2016-09-07 林天助 一种锻造用的模具及锻造工艺
CN106040766A (zh) * 2016-07-27 2016-10-26 东莞市闻誉实业有限公司 铝合金产品的挤出成型方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1652598A1 (en) * 2003-07-22 2006-05-03 Katsuaki Nakamura Metal molding method and machine, and metal molded body
EP1652598A4 (en) * 2003-07-22 2011-03-30 Rinascimetalli Ltd METHOD AND METAL MOLDING MACHINE AND METAL MOLDED BODY
CN105921663A (zh) * 2016-06-30 2016-09-07 林天助 一种锻造用的模具及锻造工艺
CN106040766A (zh) * 2016-07-27 2016-10-26 东莞市闻誉实业有限公司 铝合金产品的挤出成型方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4078415A (en) Process of manufacturing shaped bodies by cold shaping
US5490408A (en) Method of and apparatus for extruding a billet of a light metal alloy
US2967330A (en) Method of making a hollow body
US6866223B2 (en) Process for forming a sector of an air intake lip, device for practicing the same, and sector thus obtained
JPH07148544A (ja) 複合加圧成形装置及び成形方法
NL1021280C2 (nl) Meerstaps buissmeedwijze voor het buitenproportioneel vergroten van een eindsectie van een buis van een framedeel voor een rijwiel.
GB2088256A (en) Manufacturing toothed racks
JPH06182472A (ja) ラックバーの製造方法
US3037623A (en) Method of forming tubular bodies
SU608579A1 (ru) Способ изготовлени несимметричных профилей
JPS5858952A (en) Precision closed forging method
JP3528492B2 (ja) 車体構造用筒状部材の製造方法
DE102017104496A1 (de) Verfahren zum Herstellen eines Profils und Spitzmaßmatrize sowie Vorrichtung
SU1738456A1 (ru) Способ изготовлени стержн со ступенчатой головкой
RU2058844C1 (ru) Способ непрерывного прессования заготовок и устройство для его осуществления
US2934206A (en) Apparatus for die expressing plastic materials
SU640776A1 (ru) Сотсавна подвижна оправка дл полунепрерывного гидроэкструдировани труб
JPH09253736A (ja) 押出形材の曲げ加工方法
JPH0626847B2 (ja) 屈曲製品のブロー成型方法
SU1248717A1 (ru) Способ изготовлени изделий типа стержн с утолщением
SU707671A1 (ru) Способ изготовлени -образных изделий с концевыми утолщени ми
SU956124A1 (ru) Способ гидромеханического прессовани полых изделий
RU1797514C (ru) Способ изготовлени изделий типа колес
SU831603A1 (ru) Способ изготовлени абразивногоиНСТРуМЕНТА
SU576140A1 (ru) Способ последовательной холодной штамповки из листового материала деталей сложной формы с отверстием

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20010130