JPH0714517Y2 - 屋根パネルの接続部の防水構造 - Google Patents

屋根パネルの接続部の防水構造

Info

Publication number
JPH0714517Y2
JPH0714517Y2 JP7932287U JP7932287U JPH0714517Y2 JP H0714517 Y2 JPH0714517 Y2 JP H0714517Y2 JP 7932287 U JP7932287 U JP 7932287U JP 7932287 U JP7932287 U JP 7932287U JP H0714517 Y2 JPH0714517 Y2 JP H0714517Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
protective cover
panel
protective
roof panel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP7932287U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63187635U (ja
Inventor
正樹 黒川
充宏 山田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Electric Works Co Ltd
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP7932287U priority Critical patent/JPH0714517Y2/ja
Publication of JPS63187635U publication Critical patent/JPS63187635U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0714517Y2 publication Critical patent/JPH0714517Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 【技術分野】
本考案は、パネル本体の上面に瓦を葺設した屋根パネル
を屋根部分に載置して屋根を構築する場合の屋根パネル
同士の棟軒方向の接続部分の防水構造に関するものであ
る。
【背景技術】
従来の屋根構造は、屋根面に配設された野地板の上にル
ーフィングを敷き、その上に瓦を一枚一枚葺設してい
た。したがって、在来工法により屋根を構築する場合に
は、屋根上作業が多く、作業手間がかかり、施工時間も
長くなるという問題があった。 そこで、屋根の構築作業を簡単にするため、パネル本体
の上にルーフィングなどを敷き、その上に瓦を葺いて予
め一体に形成された屋根パネルを工場などで生産し、こ
の一体物の屋根パネルを現場へ運び、家屋骨組の棟木と
梁との間に屋根パネルを載置し、屋根上では隣合う屋根
パネル同士を接続するだけにした工法が開発されてい
る。 しかして、このような新しい工法では、屋根パネル同士
の接続部での水漏りをいかに防止するかという点が、新
たな技術的課題となっている。更に、このような屋根パ
ネルでは、パネル本体の上面にスレート系などの瓦を葺
設した状態で運搬されるため、屋根パネルを表面に葺か
れた瓦の端に小さな欠けなどを生じることがあった。
【考案の目的】
本考案は叙上のような技術的背景に鑑みて為されたもの
であり、その目的とするところは屋根パネルの接続部に
おいて、屋根パネル間での水漏れを確実に防止できるよ
うにすることにある。
【考案の開示】
しかして本考案は、パネル本体1とこのパネル本体1の
上面に葺設された瓦2とからなる屋根パネルA同士の棟
軒方向の接続部の防水構造であって、屋根パネルAにお
ける瓦2の側端縁には表裏及び側端面を覆う保護カバー
3a,3bが被せられて上記接続部において保護カバー3a,3b
同士が対向しているとともに、この対向している両保護
カバー3a,3b間に防水パッキン4が挟み込まれ、上記一
対の保護カバー3a,3bのうちの一方3bから他方の保護カ
バー3a側に向けて延出された重なり部5が他方の保護カ
バー3bの瓦2表面の被覆部上に重ねられていることに特
徴を有するものである。しかして、瓦2の側端縁には夫
々保護カバー3a,3bが被せられているので、屋根パネル
Aの運搬中に瓦2の側端縁に欠けが生じても、この欠け
を保護カバー3a,3bにより隠すことができ、屋根の外観
を損ねないものである。また、保護カバー3a,3b間には
防水パッキン4が挟持させてあるので、隣合わせに配設
された屋根パネルAの保護カバー3a,3b間から水が浸入
するのを防止することができるのである。更に、一方の
保護カバー3bから他方の保護カバー3a側へ延出した重な
り部5により防水パッキン4を隠すことができ、外観を
良好にできると共に防水パッキン4の劣化を防止して耐
候性を向上させることができるものである。 以下本考案の実施例を添付図に基いて詳述する。屋根パ
ネルAは、パネル本体1の上面にルーフィング(図示せ
ず)を敷き、その上に瓦2を葺設したものであり、第3
図にはその一例を示してある。パネル本体1は木材によ
り組まれており、野地板部7の裏面には棟軒方向に沿っ
て複数本の垂木材8が一体に取着されており、垂木材8
と直角に複数本の母屋材(図示せず)が取着されてい
る。また、野地板部7の両側側縁は、段落とし状に表面
が少し低くなった保護カバー支持部9となっていて保護
カバー支持部9と瓦2との間に保護カバー3の下片12を
挿入するための隙間10を形成されている。瓦2はスレー
ト系や石綿セメント系などのもので、パネル本体1と等
しい幅を有しており、上下方向に部分的に重ねるように
してパネル本体1の上面に複数枚の瓦2が葺かれてい
る。従って、この屋根パネルAを屋根部分に配設し、隣
合う屋根パネルA同士を接続した状態では、両側の屋根
パネルAの水切り板支持部9と瓦2との間の隙間10が軒
と平行な方向に並ぶ。 第2図に一組の保護カバー3a,3bを示す。同図右の保護
カバー3aは塗装鋼板や合成樹脂被覆鋼板などを略コ字状
に折曲したものであり、瓦2の上下方向の幅と略等しい
長さを有している。また、保護カバー3aの下片12は多少
幅が広くなっていて排水用の水切り板の役目を果たして
おり、下片12の側端縁には水返し11が折り返すように形
成されている。また、同図左の保護カバー3bは、更に縦
片13と上片14の間のコーナ部から外側方に向けて上片14
と略平行に重なり部5を延出させてある。 しかして、この保護カバー3a,3bは、第1図のように屋
根パネルA上面の各瓦2の側端縁に被せるように取着さ
れ、瓦2の側端縁の表裏面及び側端面が隠される。そし
て、屋根パネルA同士を隣合わせに配設すると、保護カ
バー3a,3bの縦片13同士も近接して対向する。しかも、
屋根パネルAを屋根部分に載置する時、保護カバー3a,3
bの縦片13間及びパネル本体1の側面間にはゴム製など
の防水パッキン4が挟み込まれる。従って、防水パッキ
ン4により保護カバー3a,3b間の隙間6から水が浸入す
るのを防止することができるのである。しかも、保護カ
バー3bの重なり部5は他方の保護カバー3aの上片14の上
に重ねられ、防水パッキン4を挟んである隙間6は重な
り部5により覆い隠される。また、保護カバー3a,3bの
上片14の下面と瓦2表面との間から水が浸入した場合に
は、この水は下片12の上に流れ、保護カバー3a,3bの下
片12に沿って下方の軒先へ排水させることができるので
ある。
【考案の効果】
本考案は叙上の如く瓦の側端縁には保護カバーを被せて
あるので、屋根パネルの運搬中に瓦の側端縁に欠けが生
じても、この欠けを保護カバーにより隠すことができ、
屋根の外観を損ねないものである。また、保護カバー間
には防水パッキンを挟持させてあるので、隣合わせに配
設された屋根パネルの保護カバー間から水が浸入するの
を防止することができるものである。更に、一方の保護
カバーから他方の保護カバーへ向けて延出した重なり部
により防水パッキンを隠すことができ、外観を良好にで
きると共に防水パッキンの劣化を防止して耐候性を向上
させることができるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の一実施例を示す一部分の断面図、第2
図は同上の一対の保護カバーを示す一部破断した斜視
図、第3図は同上の屋根パネルを示す一部破断した斜視
図である。 1……屋根パネル、2……瓦、3a,3b……保護カバー、
4……防水パッキン、5……重なり部、6……隙間。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】パネル本体とこのパネル本体の上面に葺設
    された瓦とからなる屋根パネル同士の棟軒方向の接続部
    の防水構造であって、屋根パネルにおける瓦の側端縁に
    は表裏及び側端面を覆う保護カバーが被せられて上記接
    続部において保護カバー同士が対向しているとともに、
    この対向している両保護カバー間に防水パッキンが挟み
    込まれ、上記一対の保護カバーのうちの一方から他方の
    保護カバー側に向けて延出された重なり部が他方の保護
    カバーの瓦表面の被覆部上に重ねられている屋根パネル
    の接続部の防水構造。
JP7932287U 1987-05-26 1987-05-26 屋根パネルの接続部の防水構造 Expired - Lifetime JPH0714517Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7932287U JPH0714517Y2 (ja) 1987-05-26 1987-05-26 屋根パネルの接続部の防水構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7932287U JPH0714517Y2 (ja) 1987-05-26 1987-05-26 屋根パネルの接続部の防水構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63187635U JPS63187635U (ja) 1988-12-01
JPH0714517Y2 true JPH0714517Y2 (ja) 1995-04-10

Family

ID=30929075

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7932287U Expired - Lifetime JPH0714517Y2 (ja) 1987-05-26 1987-05-26 屋根パネルの接続部の防水構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0714517Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103758270B (zh) * 2014-01-16 2015-12-09 中衡设计集团股份有限公司 屋顶停车场的屋面变形缝构造

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63187635U (ja) 1988-12-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4741132A (en) Multiple panel metal roofing system with overlapping panel edges
US4864781A (en) Multiple panel metal roofing system with overlapping panel edges
US3626651A (en) Panel for surfacing buildings
US3785114A (en) Building panel enclosures for valley and hip structures
JPH0714517Y2 (ja) 屋根パネルの接続部の防水構造
US3760856A (en) Building panel enclosures for valley and hip structures
JPH0714515Y2 (ja) 屋根パネルの接続部の防水構造
JPH0714514Y2 (ja) 屋根パネルの接続部の構造
JPH0633078Y2 (ja) 屋根の構造
JP2564345Y2 (ja) 屋根パネルユニット
JP2740311B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP3141257B2 (ja) 屋根パネル
JP2871297B2 (ja) 建物の屋根の施工方法
JP2889717B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JPH0714516Y2 (ja) 屋根パネルの接続部の構造
JP2721565B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2639467B2 (ja) 屋根用部材及び屋根工法
JP3498822B2 (ja) 谷部の防水構造
JPH063061Y2 (ja) 屋根パネルの換気構造
JP2617672B2 (ja) 屋根パネルおよびその施工方法
JP2705856B2 (ja) 屋根パネル間の防水シート連続構造
JP2549450Y2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2510366B2 (ja) 棟飾りの取付構造
JPH0810616Y2 (ja) 大版瓦の葺き構造
JP2740710B2 (ja) 屋根の隅棟部の防水構造